青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かう~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

お辞儀~ ~お金 お金~ お雪~ ~お願い お願い~ ~かい かい~ ~かいた ~かう
かう~
かうし~ かうした~ ~かえ かえ~ ~かえって かえって~ ~かえる かえる~ ~かかえ かかえ~

「かう~」 7884, 85ppm, 1303位

▼ かう~ (1336, 16.9%)

203 つた 46 ふ事 39 ふの 37 ひました 34 ふこと 30 ひながら 23 ふ時 22 ふ風 15 ふ話 13 ふ問題, ふ点 12 つて 11 ふ小説, ふ言葉 10 はれて, ふ, ふもの, ふ僕, ふ彼 9 ふ事実, ふ意味 8 ひ出した, ふ場合 7 ふ考 6 つたが, ふ所, ふ画 5 ふ人々, ふ光景, ふ返事 4 はれると, ひ乍ら, ふ人, ふ例, ふ問答, ふ場所, ふ種類, ふ間

3 [24件] つたからと, つたこと, つたやう, はれた, はれても, ひ云, ひ切つて, ひ掛けて, ふと, ふと君, ふ中, ふ仕事, ふ処, ふ力, ふ女, ふ小, ふ態度, ふ手紙, ふ時代, ふ男, ふ確信, ふ祈祷, ふ興味, ふ記事

2 [79件] つたとき, にし, はなけれ, ひながらも, ひます, ひ乍ら女, ひ乍ら彼, ひ掛けたが, ひ放つた, ひ放つて, ふことは, ふことも, ふと何, ふと彼, ふやう, ふわけ, ふんだよ, ふクリスト, ふマツグ, ふ一人, ふ一行, ふ一面, ふ不安, ふ事情, ふ人物, ふ作品, ふ作家たち, ふ先生, ふ叫声, ふ名称, ふ因縁, ふ声, ふ夢中, ふ好, ふ始末, ふ家, ふ己, ふ幸福, ふ彼女, ふ彼等, ふ心もち, ふ心持, ふ情熱, ふ想像, ふ意見, ふ挨拶, ふ日, ふ昼, ふ景色, ふ暴逆的, ふ森先生, ふ機会, ふ母, ふ気もち, ふ特色, ふ現象, ふ理由, ふ生活者, ふ田舎, ふ疑問, ふ発見, ふ社会的環境, ふ私, ふ美しい, ふ色彩, ふ芭蕉, ふ著作権侵害, ふ蕭條, ふ観照, ふ語, ふ説明, ふ調子, ふ逸話, ふ道, ふ間柄, ふ間違つた見方, ふ雑誌, ふ順序, ふ類

1 [441件] ってまた, つたかと, つたさうだ, つたさうです, つたつて, つたとき此人, つたので, つたま, つたもの, つたらもう, つたら外面道徳, つたら悟空, つたら箱根, つたんで, つとけば, はうあゝ, はれたが, はれた先生, はれた時, はれてかの, はれながらも, はれました, はれるので, ひかけて, ひきかせたの, ひさ, ひすてて, ひつけて, ひ乍ら父, ひ乍ら男, ひ乍ら納屋, ひ乍ら羞ぢら, ひ乍ら重役, ひ出したので, ひ切つて了, ひ切りながら, ひ度, ひ捨て, ひ捨てて, ひ放したら又, ひ直した方, ひ終つて, ひ終らないうち, ひ終るか, ひ終るが, ひ終ると, ひ續, ひ義直, ひ足した, ふお前, ふお方, ふが, ふしんみり, ふだらう, ふてから, ふて居る, ふとお前, ふときに, ふとすぐ一人, ふとすぐ待ち, ふとする, ふとちよい, ふとまた, ふとんちんかん, ふと上田君, ふと俯向き乍ら下駄, ふと先程ミルラン君, ふと共にこの, ふと共に彼, ふと切支丹宗門, ふと同時に突然両, ふと定め, ふと急, ふと有島さん, ふと浪漫的演出, ふと直ちに反対論, ふと美津子, ふと蒼, ふと薄暗い, ふと言葉, ふと詞, ふと誇張, ふと読者, ふと諸, ふと関口君, ふに, ふはめ, ふふざけたこと, ふふと, ふむほん氣, ふものの, ふわたし, ふんだ, ふゲエム, ふゲエル, ふサミユエル・バツトラア, ふシヨツク, ふシリイズ, ふディレツタント, ふトツク, ふドオミヱ, ふハガキ, ふバツグ, ふパフヌシユ, ふヒステリイ, ふピカソ, ふベアトリチエ, ふポツシビリテエ, ふマコ, ふメシア的欲望, ふユダ, ふ一事, ふ一国, ふ一点, ふ一節, ふ一群, ふ一首, ふ一點, ふ下界, ふ不調法もの, ふ世界, ふ久米, ふ予感, ふ事さ, ふ事件, ふ事実そのもの, ふ些事, ふ些細, ふ交際, ふ人工, ふ人情, ふ人物評, ふ人生, ふ人達, ふ人間, ふ今, ふ他力主義, ふ会話, ふ会食, ふ伝, ふ伝統, ふ伝言, ふ何, ふ作文, ふ例外, ふ依頼, ふ俊吉, ふ俗伝, ふ信仰, ふ信念, ふ俳人たち, ふ倅, ふ値, ふ偽者, ふ傾向詩, ふ僕等, ふ先例, ふ兩者, ふ具合, ふ内心, ふ円光, ふ出來事, ふ出来事, ふ出発点, ふ分子, ふ判断, ふ別々, ふ前置き, ふ劇場, ふ努力, ふ動物恩恵, ふ區別, ふ危, ふ危機一髪, ふ厚硝子張り, ふ厭世的, ふ友だち, ふ取留, ふ受驗生, ふ古道具屋, ふ句, ふ可愛らし, ふ名, ふ名声, ふ名誉, ふ向き, ふ周囲, ふ呪, ふ味, ふ命令, ふ命令的, ふ品定め, ふ唯物主義者グウルモン, ふ商人, ふ嘲笑, ふ四種類, ふ図, ふ土地, ふ土蔵, ふ堕落, ふ場, ふ塩梅, ふ境遇, ふ壮厳, ふ変化位, ふ夏, ふ夢, ふ大, ふ大騒ぎ, ふ天才たち, ふ天気, ふ天狗, ふ太平, ふ失望, ふ妙, ふ子供, ふ孤独, ふ安らか, ふ実感, ふ客, ふ家業, ふ寂光土, ふ對話, ふ小さな, ふ川柳, ふ工合, ふ工業上, ふ平和, ふ平坦, ふ年少, ふ年頃, ふ幼, ふ広告, ふ店, ふ強, ふ形式, ふ役, ふ役者, ふ彼女自身, ふ彼自身, ふ御坊, ふ循環論法, ふ志賀直哉氏, ふ忠告, ふ忠告さ, ふ怒鳴り声, ふ思出, ふ思想, ふ思案, ふ思議, ふ性格, ふ怪談小説, ふ恋愛, ふ恩恵, ふ悲劇, ふ悲劇中, ふ愛嬌ぢ, ふ感じ, ふ感じ周囲, ふ感情, ふ感慨, ふ感歎, ふ憂き目, ふ懊惱, ふ成行, ふ我々, ふ我儘, ふ我我, ふ戦, ふ所業, ふ所謂, ふ手, ふ手段, ふ手法, ふ手筈, ふ批評家, ふ押し問答, ふ文句, ふ文章, ふ文語体, ふ断案, ふ日米関係, ふ早熟, ふ旺盛, ふ時世, ふ時代精神, ふ普通, ふ書き出し, ふ書面, ふ有様, ふ朔北, ふ条件, ふ梅, ふ横, ふ機械, ふ欲望, ふ歌, ふ歎, ふ正宗白鳥氏, ふ歯車, ふ歴史, ふ死人, ふ殺気立つた光景, ふ氏, ふ気, ふ気質, ふ氣性, ふ氣持ち, ふ決闘, ふ活字, ふ浄瑠璃, ふ混雑, ふ湖州, ふ無, ふ煩, ふ物, ふ狡るい人, ふ独歩, ふ珈琲, ふ珍, ふ現世, ふ生活, ふ用意, ふ甲所, ふ町裏, ふ画趣, ふ疑惑, ふ瘤付き, ふ白金, ふ相談, ふ真面目, ふ矛盾, ふ短詩, ふ社会, ふ種々, ふ空, ふ空想, ふ答, ふ粗い, ふ紙味, ふ紙札, ふ組織, ふ経験, ふ結婚, ふ美し, ふ老, ふ考へ方, ふ肉体的, ふ脚本, ふ自, ふ自分自身さ, ふ自己中心, ふ自己欺瞞, ふ自省, ふ致, ふ芸人, ふ芸術, ふ苦しみ, ふ茂吉, ふ荒寥, ふ荒蕪, ふ荘重, ふ莫迦げた命令, ふ莫迦莫迦, ふ落語, ふ著者, ふ蒹葭堂主人, ふ薄情女, ふ藤浪君, ふ行きがかり, ふ裝, ふ製作, ふ製造, ふ西洋かぶれ, ふ見易い, ふ観念, ふ訓練, ふ記憶, ふ訳, ふ評語, ふ詞, ふ試み, ふ詩, ふ詩句, ふ詩集, ふ詭弁, ふ話題, ふ語感, ふ調べ, ふ請求, ふ論法, ふ諸家, ふ謂れ, ふ謙遜, ふ議論, ふ讃辞, ふ貼り紙, ふ賑やか, ふ質問, ふ趣意, ふ踊, ふ軍治, ふ軽捷, ふ軽蔑, ふ返答, ふ追想, ふ逸事, ふ道徳的, ふ遺憾, ふ酒, ふ醉興, ふ重々しい, ふ野郎, ふ金色, ふ金花, ふ関係, ふ閲歴, ふ陰気, ふ陳述, ふ階級, ふ随筆, ふ際, ふ難所, ふ電車, ふ青年, ふ静か, ふ静かさ, ふ顔, ふ風采, ふ飛躍, ふ食卓, ふ馬鹿息子, ふ騒きが, ふ騒ぎ, ふ鬼趣, ふ魂, ふ點, へばハルトマン, へば逢つた事, へば青年, へ馬鹿野郎

▼ かう~ (709, 9.0%)

71 つた 52 ふ風 44 ひながら 41 ふの 32 ひました 24 つたが 118 はれると 7 ふ形, ふ考 6 つたきり, つたやう, つて, ふんだ, ふ事 5 ひ, ひます, ふもの, ふ例, ふ場合, ふ話 4 はれた, はれて, ひかけて, ふこと, ふ動作, ふ時に, ふ種類, ふ若人

3 [13件] つたこと, ひきるの, ひさして, ひ言, ふと, ふので, ふ作品, ふ所, ふ時, ふ点, ふ行, ふ表題, ふ言葉

2 [36件] つたので, つたもの, つたわけ, つたん, はう, ひますと, ひ出した, ひ捨てて, ひ放つて, ひ棄てて, ひ残して, ひ終つて, ふことは, ふことも, ふ一節, ふ事実, ふ人, ふ人々, ふ信仰, ふ傾向, ふ処, ふ姿, ふ山脈, ふ平次, ふ復讐, ふ文句, ふ文章, ふ時代, ふ様, ふ歌, ふ現象, ふ知識, ふ細部, ふ経験, ふ自然, ふ頼み

1 [209件] たが, つたおくみ, つたおど, つたお光, つたかと, つたけれども, つたぜ, つたつて, つたつもり, つたところ, つたま, つたもん, つちま, つちや何, つてるん, ては何, はうと, はなかつた, はなけれ, はれても, はれてを, はれました, ひかけた婆さん, ひかけた言葉, ひかけた途端, ひきるか, ひきると, ひすてたなり, ひたかつたの, ひたかつたん, ひながらも, ひましたが, ひましたそして, ひわたしたらい, ひ乍ら, ひ乍ら川, ひ出したらもう, ひ切つた, ひ切ると, ひ含めたの, ひ掛けて, ひ放ちました, ひ放つた, ひ放つと, ひ終, ひ給, ひ置いて, ひ觸らさ, ひ足して, ふうち, ふお為向け, ふことの, ふだけ, ふては, ふです, ふとお, ふとその, ふとそんぢ, ふとりあげ方, ふと同時にこれ, ふと同時にダニーロ, ふと女, ふと誰, ふと鍛冶屋, ふに, ふはし, ふほどの, ふわけ, ふんで, ふリフレエン, ふ一行, ふ三郎兵衞, ふ上ずりの, ふ世間智, ふ中, ふ主張, ふ二方面, ふ二重, ふ人間, ふ仮説, ふ仲間, ふ伝, ふ伝説, ふ位置, ふ作家所生, ふ作物群, ふ信仰行事, ふ信輔, ふ借りもの, ふ偉大, ふ僅か, ふ儀礼, ふ先生, ふ内, ふ内儀, ふ内容, ふ又, ふ叙事詩, ふ古代生活, ふ台, ふ名, ふ君子, ふ呼び方, ふ問題, ふ喜劇, ふ噂, ふ囚徒, ふ困難, ふ地方, ふ境, ふ声, ふ変化, ふ夏祓, ふ大きな, ふ女傑, ふ小, ふ屈辱, ふ常, ふ平安朝, ふ形式, ふ彫刻, ふ往来, ふ必要, ふ想像, ふ意義, ふ態度, ふ憎々しい, ふ我々日本人, ふ批評, ふ批評家たち, ふ推定, ふ改正規定, ふ敬称, ふ数行, ふ新しい, ふ日, ふ日本, ふ材料, ふ柔軟, ふ模様, ふ歴史上, ふ気, ふ気分, ふ気持ち, ふ氣品, ふ法, ふ深い, ふ清純, ふ滑稽, ふ為立て, ふ父, ふ理由, ふ生活, ふ生活法, ふ用心, ふ町, ふ異形, ふ発表方法, ふ皆川半之丞, ふ相違, ふ短詩, ふ祝福芸能, ふ祝賀, ふ神, ふ程度, ふ立ち場, ふ範疇, ふ結論, ふ經歴, ふ羽目, ふ老女, ふ考へ方, ふ自身, ふ自身弁護, ふ芸術的, ふ若い, ふ英吉利文芸, ふ荒ぶる神, ふ薄田氏, ふ行き方, ふ表し方, ふ見すぼらしさ, ふ見方, ふ親し, ふ言ひまはし, ふ訣, ふ註文ぢ, ふ調子, ふ調子づいた原文, ふ議論, ふ身の上, ふ近代的, ふ追, ふ逆, ふ逸話, ふ過程, ふ邑, ふ間, ふ階段, ふ題材, ふ風潮, へば, へばあ, へばわかるだらう, へば段々, へば直ちに, へば足下, へる氣持, れた時

▼ かう云つて~ (216, 2.7%)

54 ある 38 ゐる 10 置いて 7 お鳥, かの女 2 ふいと, ゐるの, 出て, 始めて鋭く

1 [92件] あつた, あの男, あるの, おつかさ, おもしろが, お嫁さん, お幾, か, からふと, からまた, から僕達, から直ぐ, から自分, ぐるぐる巻, この想像, この點, さも意味, しまつて, じれつたさ, そのこんた, そのなま, その弁護士, とう, なだめた, にこ付き, は, はあんまり, は居た, は悪い, ふらふらする, ほめるで, まごころ, ましたわ, また例, また先頭, また直ぐ, まだころがした, まだその, もいい, も実際, も己, やりたかつた, わざと横, ゐたと, ゐました, ゐますああ, ゐますね, ゐられる, ゐるが, ゐること, ゐる内, をかし, をぢさん, 下さるん, 再びセルギウス, 動かないこと, 又笑つた, 叫んだ, 呉れと, 大きい藁蒲団, 宜しいか, 実際彼女, 尋ねるだらう, 少し考へた, 怒鳴つた, 怒鳴り散らした, 慰めた, 新しいもの, 更に詞, 来ると, 沈んだ眼, 深く物, 点頭いた, 無暗に, 然し友人, 直ぐに, 直ぐキユウ, 立ちあがつて次, 立ち上つた, 細い金, 結ぶのに, 若い女, 草臥れ切つた目, 褒めて, 見た, 見たが, 責めた, 軽く笑つた, 通じなければ, 除けたが, 高く笑, 黒い影

▼ かういふ風~ (182, 2.3%)

16 にし 4 に, に考へ 3 なこと, になつて, に書くべきである, に祝詞 2 になつ, にもできる, に文字, に自分, に葉, に見, に観, に言, に述べ

1 [128件] だと, であつ, でした, でなければ, では和蘭人, では罰, で昔, で祝詞, なら時代, な作り, な公会堂, な大, な孤児院, な幼稚, な形, な書き方, な状態, な状況, な習慣, な説明, にあげつらふべきで, にあの, にあべこべ, にあらはれ, にいろいろ, にくろうと, にこんな, にさ, にしか受け取られ, にした, にしろ, にその, にな, にねゆ, にのべ, にはじまつた, にぶつ, にみ, にみられ, にみる, にクラブ, に一国, に一致, に二つ, に二十歳, に互に, に人生, に使用者, に傳え, に僕, に兼ね思ふ, に内外共多事, に再, に出来, に副詞, に動詞, に単に, に古語, に土地, に堕落, に塊, に塞外, に変化自在, に始め, に幾つ, に当局, に想像, に持つ, に日本, に日本語, に旧, に明確, に時間, に書い, に書かず, に書かれた, に書く, に書け, に最高至上, に朱子, に森林, に横道, に次ぎ, に次第に, に歴史, に決つた, に決めたい, に沖縄, に渠, に滅多, に演出, に無沙汰, に男女別居, に真, に神, に私, に筆, に答, に篇末, に純粋, に線, に考へます, に考へる, に考へれ, に自由, に致します, に舊相識, に芸術方面, に苦労, に見える, に解い, に解決, に解釈, に言つた, に訛つて, に訣ら, に變化推移, に踊る, に迎, に近代, に通信機関, に連續的, に道徳, に長道, に靜, に頭, に風流, の家屋被害

▼ かう~ (152, 1.9%)

6 すると 5 いふの, した, すれば, 云ふ 3 する, するの, 思つても 2 きめたこと, したが, した時, するけれど, ちやんと, 思つた, 思へば, 教へて, 知つたら

1 [99件] ありく, いつの間にか英国流, いふこと, いふのに, いふ事, うつなり, したの, したわけ合ひと, した其時, した奴, しないし, しないばかりか, しましたが, しますが, するだらうだの, するでも, するリズム, する処, する時, する瞬間, する稍, する見かけ, ついたベッド, はつきり分りを, ふと致し, ふに, め役に, よろめきに, カットは, ゴムで, 九尺二間の, 云ひ出されたら, 云ふこ, 今ぞ, 仏うつつに, 僧は, 再び火, 冴えた音, 努力し, 努力しはじめた, 勉めつ, 口で, 問ふた, 婆に, 帰り来ましぬ, 幾秀こもれり, 心積もりせ, 忠義顔し, 思つたら, 思つた土地で, 思つた日には, 思つてね, 思つてゐる, 思はれたらこの, 思ひたつた, 思ひます, 思ひ定めて, 思ひ立つたこと, 思ひ立つたらそれ, 思ひ込んだこと, 思ひ込んだらどこ, 思ひ込んだ一本気, 思ひ込んだ人, 思ふ, 思ふの, 思ふ人間, 思や, 思ツて, 手を, 書いて, 月は, 極まつた, 極めながら, 極り切つて居る, 氣が, 水車は, 決つたら, 決心し, 決心した, 為るには, 物珍しい心, 空に, 考へても, 見える, 見はるか, 言うリアリズム文学的, 言つたらた, 言ひ出した, 言ひ出したなら, 言ひ出したら, 言ひ得ない, 言ふ, 試みたが, 金の, 金柑の, 鉄の, 鐵の, 限られて, 風の

▼ かういふ~ (145, 1.8%)

6 考へ方 32 と, 前置, 狭い処, 破目, 義理堅いこと, 面白がり

1 [124件] あはた, あぶない喜び, ありさ, あり様, いい意味, いい文章, いい癖, いはれの, いひかた, いひ方, お人, お別れ, お医者さん, お吉, お宗さん, お料理, お百姓, お皆, お稽古, お答, お言葉, かういへば, かも知れぬ, ご相談, ご縁, せつぱつまつたわななきが, つまらない人, つまらない対話, でせう, ところが当時, と不思議, と卵屋, と平尾氏, と戯談, と當人, と自慢, と菊池氏, と話, どんよりと, には凡て私, に熟し, ひねこびた真実, ふうな, まじな, まちがひを, まるで人, みすぼらしい服装, ものぢ, も狂気, よさ, バカバカしい人々, 不覺, 似た言葉, 全人格, 剥げたやう, 取り止めなさ, 古いもの, 古い日本人, 可愛い男の子さ, 各方面, 大ざつぱなものしか作成, 大噴火, 大規模, 大都会, 奨め方, 寒い日, 寧ろ形而上的, 小さいお子さん一人, 小さいの, 広いところ, 広い場所, 弱い心, 強い印象, 強い色彩, 御客, 心づかひなぞ, 忙しい世の中, 怖いお化け, 思ひがけ, 思ひつき, 思ひを, 恐ろしい現象, 悪いもの, 悲しいこと, 悲しむべき傾向, 情ない奴, 放縱, 新時代, 新組織, 有樣, 楽しさ, 歪められた文章, 泥くさい不手際, 深處, 満ち足りた思ひを, 無法則, 無費用, 無躾, 煩い役務, 疎末, 純日本式, 素晴らしい人, 細かい皮肉, 美しい方, 美しい月, 美しい海, 美しい青い色, 考へてるの, 良い土, 華々しく豊か, 計畫, 詠み方, 誤つた判断, 諸關係, 赤い顏, 軽い気持, 醜惡, 長い手紙, 青い小雨, 青く無風, 面白い経験, 馬鹿げたこと, 馬鹿げた精神, 高いところ

▼ かう言つて~ (136, 1.7%)

7 ゐる 4 お文 3 かれは 2 から二度目, じつと, ゐた, ニヤリと, 下さる

1 [112件] あの人, あやまつて, ある人, いきなり俥, うまくはぐらかし, おちおち眠る, お光, お願, お鳥, かきくどくわけ, からすぐ, かれ等, くすくす笑, くは, くびかざりや金, この休み, こぼした事, さう, さつ, ざんねんがりますと, したり, しまつて, しみじみと, じろりと医者, すたすた帰つて, そのあくる晩, そのお, そのラムネ, その人, その儘表, その場, その婆さん, その星, その紙片, その英国人, それとなく催促, たまらなくな, たよ, どなりました, なが年, にた, はなん, はまた, は二人, は何, は此翁, ふかいため息, ぼつぼつ裾, またさめ, またし, また溢れ落つる, また男, もどうも, も悪く, も田舎, やさしくかの, やはり睡, やらう, やらうか, やる, よい様, わく, ゐたもの, ゐました, ゐます, ゐるが, ゐるやう, ゐる者, ゐる間, ゐれば, 仰向きに, 入つて來, 其の始終, 励まし合, 動かうとは, 勿体らしく頭, 叱り出すので, 叱るやう, 呟いて, 呼びかけた, 太い息, 尋ねて, 居りました, 引込んで, 心から感心, 思ひ出したやう, 態とらしく雀, 慰めた, 手早く窕子, 断つた爺さん, 来て, 来ますと, 泣きながら, 泣くより, 済まして, 白い歯, 眠さ, 立上がりました, 紛らしながら, 細い眼, 聞いて, 聞かせただけ, 若い将校, 若い母親, 苦しさうに笑つて, 逃げるやう, 重立つた世話人, 長いあごひげ, 間もなく空, 附け足すの, 頼みました, 食べかけを

▼ かう~ (127, 1.6%)

31 つては 10 つて 9 んです 7 のです 6 つて来る 5 んだらう 4 つて來る 3 つた上は 2 つたからには, つてゐました, つて來た, つて行く, つて見れ, のだ, のでございます

1 [38件] くつちやならない, くつちや負けだ, つた, つたといふ, つたの, つたのです, つたやら, つたらお前, つたらしかた, つたらなんと, つたらやぶれかぶれ生きられるだけ, つたら一つ, つたら乞食同様, つたら今日, つたら先, つたら君, つたら夢, つたら度胸, つたら引き受けます, つたら手, つたら直, つたら背中, つたら脊中, つた以上, つた日には, つた段に, つた身體だ, つた順序は, つちまつたん, つてまで, つてみね, つてゐる, つて居る, つて来, つて構はずに, のだらう, のである, のでした

▼ かう~ (106, 1.3%)

5 あらうかと 3 考へた 2 云つた, 云ふ, 大事な, 綺麗に, 言つた, 言ふ, 違ふも

1 [84件] ああも, ありやしませんよ, あれへん, いつたこと, いつて, いふこと, くだ, したいああ, したいと, しては, しやう, せやう, たふとい, つまらぬもの, ない, ないん, ならない程, ならんなあ, なるもの, ねえだよ, ねえん, ねむり慾, はかなくふるへ, ぼくを, まるで白人, りが, ヘンパの, 云つてゐる, 云ふであらう, 云へる, 今の, 仕樣, 仰有る, 出来るといふ, 卑下する, 反省し, 同じ女子, 名高き沼津, 変つた形を, 変るもの, 夕暮の, 夜と, 妻と, 安, 寂しいもの, 小さい見苦しい自分, 弱くなつ, 弱くなる, 後れるの, 思つて怖, 思つて末始終, 思ひました, 意気地なく善い, 手易く, 手軽に, 教へ, 日本に, 月の, 決して考へられない, 渠は, 熱心に, 生々しい感覚, 生意気な, 男性に, 白々しく, 白々しく出られる, 真実を, 簡單に, 続いて, 考へたので, 考へて, 考へられた, 致して, 見事に, 言つ, 言つてゐる, 言はれた, 言ひきつ, 言へ, 訳すべきだといふ, 論理を, 變る, 違ふかと, 鮮やかな

▼ かう~ (67, 0.8%)

5 てこの 3 てこ, てるところ, ろに 2 ちやゐられない, てじつと, てじつとして, てて, ませう

1 [43件] かいへ, たいかもの, たいから, たかぶき趣味, たかれの, たことも, たたしなみ, たたなの, たたの, たためたこと, たつて, たま, たまへ, たよごとの, ちやを, ちやアどう, てうや, てじぶんたち, てたうとう, てたが, てたつた一人, てたつた一人残つて, てたつた二人きり, てだら, てつかまへ, てても, てど, てながら, てるから, てるの, てるのに, てる間, てれば, てわたしたち, てわたし等雪國人種, とくと山羊, とけば, ます, ませうか, ませうよ, ませう僕, やうかと, やう乎あ

▼ かう~ (66, 0.8%)

31 へた 6 へる 4 へました 3 へるの 2 へて突放した, へるであらう, へるより

1 [16件] へざる, へたい, へたかつた, へたと, へたら, へて又, へて笑つた, へて英也, へながら足もと, へながら面倒, へね, へはした, へるばかり, へるや, へる事, へる聲

▼ かういふ事~ (62, 0.8%)

2 が書い, をいふ, をし, を聞いた

1 [54件] があつ, がいつか, が云, が先, が多, が昔, が流行, が起つ, であつ, では何時, にならう, になる, になれ, にはこれから, にはつきり, には少し, には慣れ, に二言, に倒れた, に就い, に本, に生き, はしかしながら, は何, は何だか, は余り真似, は例, は公然, は十四五歳, は失敗, は度々, は從來, は折々, は有, は百姓, は眞言宗, は考へない, も有りうる, も漏らさず, も知つた, も逆, をあり得べき, をすこし, をする, を云, を仕出かした, を公言, を御, を思ひ出した, を探り出す, を書きました, を考へた, を考へる, を見出した

▼ かういふ時~ (50, 0.6%)

3 である 2 になぜ

1 [45件] だ, だけは私, でなければ, でなけれや, にああ, にかの女, にはか, にはかう, にはふだん, にはチョウホウ, にはバカ, には全く, には嘘, には大抵, には妙, には實, には彈ん, には譬, にふつとこ, にや頭, にタバコ, に使, に庭, に廻つ, に思ひだす, に惚れ, に感心, に生理的, に男, に私, に胆, に良く, に誰, に起る, のきつ, の約束, の道づれ, はどこ, はハツキリ, は水底, は誰, は辛い, ほどい, わざわざ口辺, をいふ

▼ かういふ話~ (48, 0.6%)

3 がある, をし, をした 2 があつ, が出, もある, をきいた, をする, を聞いた, を聞かされました

1 [25件] が一度, が伝, が傳, である, で私, ならいくつ, に処すべき, のうち, はどれ, は時候見舞, は真面目, は聞いた, は聞く, もよく, も時々, をすれ, を傳, を尽く, を思ひ出した, を或, を持ち込ん, を杞陽君, を私ひとり, を簡單, を良寛上人

▼ かうやつ~ (47, 0.6%)

5 てゐる 2 てあなた, てここ, てさます, て笑

1 [34件] て, てあんまり, ていろ, てうむ, てかう, てかう挽いてる, てごらん, てめづらしく, てるん, てる方, てゐられ, て三人, て下す, て働く, て又, て土耳古, て坐つ, て威張つて, て少し, て時々, て来, て梨枝子, て死んだ, て深夜, て目上, て置く, て落附, て見る, て誰, て讀ん, て赤十字社, て遠く, といたら, とかう

▼ かう~ (45, 0.6%)

2 つて何時まで, つて書い, つて歩い

1 [39件] つたのは, つて, つておとなし, つてどぜ, つてね, つてぼんやりし, つても, つてゆツくり話を, つてゐます, つて一人で, つて三人も, つて三遍續けて, つて下を, つて二人なら, つて京都や, つて剃刀の, つて大勢講堂に, つて娑婆ふたげに, つて寢て, つて小娘の, つて小母さんたちが, つて忍従し, つて我慢し, つて手紙を, つて抱へる, つて方々を, つて月に, つて本でも, つて沢山の, つて病院で, つて絨氈の, つて置き, つて自分が, つて袋を, つて言葉すく, つて酒が, つて飯を, むやの, 鰐ざめなんかひそんでゐるだらう

▼ かう~ (44, 0.6%)

3 云ふ 2 いかないだらう, いつて, 云つた, 思ふもの, 思ふものの, 言つてゐる

1 [29件] いかない, いかなかつたの, いふものの, うまくゆきません, せぬこと, ならなかつた, ならなかつただらうに, なりは, まづさきいでつ, もてないの, 云つたもの, 出來, 太らねえ, 明るくない, 滑りを, 自分の, 行かぬらしい, 行かんよ, 行く筈, 言た, 言つても, 言つてゐない, 言はず必ず, 言ひ, 言ふ, 言へ, 訊ねたもの, 誰にも, 願つてゐる

▼ かうまで~ (44, 0.6%)

4 賢しい魂

1 [40件] して, せねば, なると, はかなく成った, よりすがる蠅, ヤキが, 世話が, 冷めたく死, 冷酷に, 卓一を, 変つてゐる, 威張らして, 巡査の, 年を, 心臓が, 惨めな, 意地を, 愛着を, 憤慨する, 持ちかけられると, 整然たる筋, 整然と死, 楓の, 比古さん, 気軽に, 油虫が, 煮だして, 用ゐ得た, 申すもの, 発達した, 皆が, 繪に, 自分達が, 親の, 言は, 言はれ, 通じ合, 酔は, 錯乱させた, 頼もしいかといふ

▼ かういふ場合~ (41, 0.5%)

3 には私

1 [38件] いつもなら, がある, が短歌, でないと, どう挨拶, にかう, にごまかし, にすべき, にその, にどんな, になる, にはいつも, にはかならず, にはアルコール, には一句, には傍観的態度, には句, には笑顔, には酔う, によく, に他人, に何度, に何故, に先づ, に当意即妙, に此, に眼, に自由, のアルコール, の処置, の太鼓, の孤独, の彼, の行乞, の読物, はあまり, を想像, 度々引合

▼ かう~ (41, 0.5%)

23 あつた 2 あつて

1 [16件] あらう, あらうと, あらうといふ, かうは, がんす, しよう, せう, その女, それも, ジャワ人の, 二三日勉強したい, 待ち受けて, 手で, 煙草か, 蒲団の, 走り去る疎林

▼ かうでも~ (41, 0.5%)

4 ないと 3 あらうかと, しなければ, 無いと 2 上手でも, 答へて, 行乞しなけれ

1 [22件] あつた, あつたら, うんと云, して, しなきや, しなけりや, ないん, 一転歩しなけれ, 云つて自分を, 云ひたい, 仕上げて, 保證人を, 原稿を, 呼びかける外, 旅にでも, 旅へ, 樹明君に, 私が, 言ひたさう, 言ふ, 酒を, 風呂代だけは

▼ かうやら~ (40, 0.5%)

3 私は 2 戻つて

1 [35件] あまり草履, うまく行つた, お天気, かたづきさうになつ, その日, それも, つかひこなして, ねぢ伏せて, ぼうぜんたる, やつて, われも, アルコールから, 事件を, 代だけは, 伝来の, 元氣, 其日の, 命が, 商賣, 夕飯にも, 大骨折, 払ふ, 晴れさ, 本格的に, 江戸に, 目的地に, 石の, 私の, 蕗の, 調子に, 辛抱し, 送りきしが, 野宿しない, 野菜だけは, 長吉は

▼ かう思つて~ (34, 0.4%)

3 ゐた, ゐる 2 またつく, 来ると, 見て

1 [22件] お光, かれは, その声, その時, よからう, ゐたの, ゐて, ゐるうち, ゐるが, ゐるの, ゐるま, ゐるんで, をります, 予め利仁, 又ぐたりと横, 呼んだ, 喜んで, 堅い木切れ, 恐しい, 来て, 終始法廷, 見ると

▼ かう~ (33, 0.4%)

3 と言 2 表見せたる

1 [28件] い, しか, だ, つちつたつて, であった, ですから, といふの, とか言つて, とか言つて騷ぐのだつたら, ときざ, とそれ, との爭, と云, と云つて, と仔馬, と色々, にも, はきらい, はな, はよせよ, ゆきか, をながめ, 市街で, 思慮も, 花, 花を, 部屋を, 黒い大きな

▼ かういふ種類~ (27, 0.3%)

3 の芝居 2 の人間, の芸術

1 [20件] の, のもの, のミリタリスティック, の作品, の卑下, の噂, の建物, の心配, の必要, の損害, の數多, の日記, の時計, の白, の管, の素人演劇, の著述, の記憶, の運動, の雑誌

▼ かういふ言葉~ (27, 0.3%)

2 を辷らせる

1 [25件] があります, がある, が利用, が徳川時代, が文献時代, が極, が自分, だつた, でも恩, で述べ, に微笑, の訓練, はちつ, はわが, は君, は現世, は矢張馬, は頭領, をそこそこ, を交した, を使, を投げかけ, を書いた, を議論, を附け

▼ かういふ問題~ (26, 0.3%)

2 を解決

1 [24件] から出発, がある程度, が婦人公論, が等閑, について少し, について棋士, について特に, について翼賛會, について議論, には何, にぶつつ, に答, はといふ, はどう, は君, は大した, は演劇, も直接, をあゝ, をひろ, を一概に, を提出, を数, を考へ

▼ かう~ (26, 0.3%)

20 やない 2 やありません, やなかつた 1 や, や無い

▼ かうした~ (25, 0.3%)

5 考へ方

1 [20件] いろんな人, ずるずるな, なりにぼくら, のつて人聞き, ひきしまりは, ふもだし, ほぅとした一生, や, やぶれた国, 恵まれた家, 沈んだ心持, 甚だもつ, 生れ方, 知らせたくも, 置いて, 美しく加之, 荒れた旅館, 躍り調子, 隠れた事実, 離れられない間柄

▼ かう~ (25, 0.3%)

11 しました 3 しちや, します 2 しながら 1 したら先生, した母, して, してを, しますと, 上げては

▼ かういふ時代~ (24, 0.3%)

2 に生れ

1 [22件] が要求, である, であるから, としてはまだまだ, にこそどうしても, にその, には各人, には国民, にわき目, に反省, に将門, に希望, に欧米人, に決して, に生れ合せた, に若い, のかう, の民衆, は古今東西, は非常, ほどめいめい, を私共

▼ かう~ (24, 0.3%)

19 つた 2 つたので 1 つたが, つてる時高村軍曹, 込むと

▼ かういふふう~ (22, 0.3%)

1 [22件] な作り, な思想, な民俗博物館, にごく, にし, にせいしつ, にぢ, につごう, に一言, に一首, に仄めかし, に古墳, に噴出, に天皇, に後退り, に意見, に最後, に現代, に考へ, に詠ん, のもの, の造り

▼ かう~ (20, 0.3%)

5 つし 2 もひました

1 [13件] もつた, もつて, 云ひ, 園といふ, 民さんは, 民に, 糸坊の, 綱が, 葉は, 言ひ, 雪伯母に, 鳥は, 鳥はかた

▼ かうにか~ (20, 0.3%)

1 [20件] くぐり抜けて, 事件解決ほつ, 今突進, 僕の, 原型に, 取押, 受驗準備を, 句に, 喜太郎を, 大した不自由, 太刀も, 恰好が, 打ち克つて, 暮らせるけれど, 會話らしい, 歸す人は, 脱したの, 道づれが, 遣つて, 食つては

▼ かういふ歌~ (19, 0.2%)

2 を作つて

1 [17件] が, がある, がいくつ, がこの, が先, が出, が後々, が書い, になる, の興味, は作られた, もそれ, も強, をくり, をまねた, をよむ, を詠ん

▼ かういふ点~ (19, 0.2%)

1 [19件] があつ, では一長, では十分, でも彼, で優れた, で尊敬, で従来, で新聞そのもの, で芸術的感銘, にかけては極端, について研究, に不満, に作者, に眼, はよく, までの指導, まで考慮, をも暗示, を考へます

▼ かう云つて義雄~ (19, 0.2%)

1 [19件] が時々, の顏, はお, はこんな, はまた, は一方, は今, は卷き納めた, は多少, は氷峰, は渠等, は獨酌, は直, は立ちあがり, は笑つた, は紙入れ, は言葉, は障子, を亂暴

▼ かう義雄~ (19, 0.2%)

2 はお

1 [17件] が云, が云つて, につ, の手帳, は一喝, は云つて, は今, は叱りつけた, は心, は思ひ返し, は答, は考へた, は聲, は自分, は語つて, は靜子, も殘忍

▼ かう説明~ (18, 0.2%)

11 して 2 されると, した 1 される土地, したの, すると

▼ かういふ人~ (17, 0.2%)

1 [17件] が三々五々, が來, が洋行, こそ大丈夫, だちは, だと, である, と対座対談, にとつて, に對, のゐる, は我々, は私, は香水, もゐた, をお, を尊敬

▼ かう云つたの~ (16, 0.2%)

3 である

1 [13件] だ, であるが, です, はトビアス, はドイツ人, は丁度, は女, は婆, は番頭, も一応, を聞いた, を覚え, を覺

▼ かう~ (16, 0.2%)

2 が言, は思

1 [12件] が下, が訊く, に口止め, に申し, に耳打ち, に訊ねた, はこれから, は決心, は自分, は頸卷, をおだてる, を責めなさる

▼ かう言つた~ (16, 0.2%)

2 と思ふ

1 [14件] からつて, だけで, だけであつ, だけで兼家, だけの事, と, と一撃, にしろ, のぢ, 古い言葉, 恐ろしい武器, 激しい言葉, 美しい一面, 若い嚊

▼ かう~ (15, 0.2%)

2 うしい, うしこの, うしその, うし寂し 1 うし明けの, うし菊の, うし鶴は, 専造には, 立てて, 適くまいがそんな, 駭くまいがそんな

▼ かう~ (15, 0.2%)

6 の中 2 に叫ん 1 から言, がいら立つ, で叫び, に決めた, に獨, に疊, に苦笑

▼ かういふ意味~ (14, 0.2%)

3 の詩 2 のこと 1 であつ, である, での勇者, でフランス語, で神, に眞實, の前置き, の義雄, の返事

▼ かういふ生活~ (14, 0.2%)

1 [14件] かういふ生活, からは自他, が続けられる, には, にはもう, にも少々, に溺れ, に興味, の中, はつづけられない, もある, もない, をし, を私たち

▼ かうなん~ (14, 0.2%)

43 だと 2 でせう 1 だあまり, ださうだ, だよ, だよく, でございますよ

▼ かうにも~ (14, 0.2%)

1 [14件] すること, ならないけれど, ならない時, まるで話, やりきれないから, やりきれなくな, 仕様の, 保ちさ, 手に, 染谷への, 気が, 泣いたり, 解けきらない矛盾, 訣らぬ

▼ かういふ人物~ (13, 0.2%)

1 [13件] がわれわれ, がスクリィン, が描かれ, が横行, だから, と情景, なん, に接する, のみが充満, の取合せ, は極度, は自分, を一番軽蔑

▼ かう~ (13, 0.2%)

2 うしさ, うと, うとうち 1 うしかじかの, う申し上げ, お孃さん, り組, 佐野松を, 書くがね, 答へる

▼ かうした形~ (13, 0.2%)

1 [13件] が定, が進む, が進ん, でなくて, で家々, に影響, の更に, の革命, は第, も単なる, をとつ, を文章, を発見

▼ かうといふ~ (13, 0.2%)

1 [13件] ぢや, やうな, 人も, 今日此頃でも, 位の, 前に, 当も, 批判は, 挨拶を, 考な, 野心を, 限られた問題, 風に

▼ かういふ人々~ (12, 0.2%)

1 [12件] があつ, がどんな, こそ頼母, と親しく, に心から, に贈らう, の口, の専門的, の最も, の目的, の間, をもつ

▼ かういふ所~ (12, 0.2%)

1 [12件] からである, がある, が面白, でもこつ, でも蟋蟀, で劉向, で大きな, で死ん, に女, の習慣, へ出掛ける, へ現れ

▼ かういふ手紙~ (12, 0.2%)

2 を読む 1 がある, のやり取り, はすべて, をあたし, をもらつ, を今日, を受け, を書いた, を書かなけれ, を書く

▼ かういふ状態~ (12, 0.2%)

1 [12件] から必然的, から抜け出なく, から演劇, がいつ, が二週間あまり, が人間, が今後半年一年, であるから, の下, の浪人, はつまり, を許すまい

▼ かう云つて渠~ (12, 0.2%)

1 [12件] が實際, はかの, はその, はまた, は以前, は再び, は政治家, は樺太, は歸つた, は自分, は袖さき, は鳥うち帽

▼ かう自分~ (12, 0.2%)

2 で自分 1 で言, に云, に呼びかけた, に囁いた, に言, の友だち, の歩い, は思つて, は思ふ, を励ました

▼ かうあつ~ (11, 0.1%)

42 さり, てほしい, て欲しい 1 さり片づけられ

▼ かういふ事実~ (11, 0.1%)

1 [11件] があつ, に対して青年, はザラ, は今日, は別段, は素人, をとら, を人びと, を基礎, を思ひ出した, を立証

▼ かういふ例~ (11, 0.1%)

2 は決して 1 の一つ, はたまさか, は他, は或, は無数, は諸方, をお, を挙げれ, を見

▼ かういふ態度~ (11, 0.1%)

2 をもつ 1 で, の鑑賞, はむしろ, はよい, はわれわれ, は学問的, は彼, は感謝, は私

▼ かういふ現象~ (11, 0.1%)

1 [11件] が起きた, の中, はつまり, は何, は先づ最近, は私, は長い, は風俗的, も往々, を呈し, を考へ

▼ かういふ議論~ (11, 0.1%)

1 [11件] がどうして, が出た, が起つた, について一, はさて, はその, は恐らくもう, も今日, をし, をする, を聴かされる

▼ かうなり~ (11, 0.1%)

1 [11件] や, やあんた達, やあ人間も, や仕方, や何だ, や唐天竺, や押しかけ, や毆, や皆んな言, 自分で, 読んで

▼ かう云つて彼~ (11, 0.1%)

1 [11件] の決心, はさ, はわざと, は又, は口, は慌て, は持参, は申訳, は私, は立ち上る, は薄

▼ かういふ女~ (10, 0.1%)

1 からの葉書, がお, であるから, には辟易, に一種, に憎まれ, はどう, は百姓, は腐れ縁, は陳腐

▼ かういふ形~ (10, 0.1%)

1 でなければ, で世に, で先づ世界, で常に, で私, で表面, において, にはならなかつた, のもの, の踊り

▼ かういふ日~ (10, 0.1%)

1 がある, がつ, が續, だとばかり, にこそ廢驛, には何, には何だか, には網代笠, の疎ましい懶, は警戒

▼ かういふ男~ (10, 0.1%)

1 が得意, であらう, には有り勝ち, に挨拶, のそば, は刑務所, は猛獣なみ, は銀行家, も一人ぐらゐあつていゝと, を向う

▼ かうした事~ (10, 0.1%)

3 に行き 1 から, からこみあげ, になつ, のくり, の氣, もみんな, も思はれる

▼ かうその~ (10, 0.1%)

3 女性は 1 時あの, 時は, 老人を, 耳に, 話かといふ, 静かな, 革命と

▼ かう~ (10, 0.1%)

2 の影 1 が出, の可, の名, の気持, は近江路, を求める, を物色, を疑ふ

▼ かう~ (10, 0.1%)

2 に出し 1 の中, をきつ, を入れた, を切, を滑らし, を開かれた, 籠るので, 遊んだ

▼ かう~ (10, 0.1%)

2 へ込ん 1 へそちら, へつい, へながらふと, へながらも渠, へ乍ら, へ直さう, へ込み, へ込む

▼ かういふ仕事~ (9, 0.1%)

1 にすぐさま, に不慣れ, に対する十分, に興味, は何時, は勿論, をえらばせた, をすれ, を勇敢

▼ かういふ私~ (9, 0.1%)

1 であるから, としてかう, にとつて, の素振り, の行動, の配慮, は浦潮, もその, をほんとう

▼ かうとして~ (9, 0.1%)

2 居る, 居る小説 1 かつ寂し, ねむって, ゐるの, 傾いて, 瀲

▼ かうやう~ (9, 0.1%)

2 の事 1 なるを, に別れ, に玉, のつらき, の事所々, の物, の言葉

▼ かう~ (9, 0.1%)

2 に話しかけた, に話しかけました 1 に囁い, に質問, は帽子, は独語, を悲しませるだらう

▼ かういふ傾向~ (8, 0.1%)

1 が作風, の劇評界, の景色, はやはり, は不知, は決して, は確か, を持ち来した

▼ かういふ光景~ (8, 0.1%)

1 に目, はしかし, はやがて, は映画, もまた, をどう, を演じ, を見る

▼ かういふ場所~ (8, 0.1%)

1 でかう, ではなかなか, では白い, で整然たる, で私事, で親しい, には地方的特色, を好まない

▼ かういふ結果~ (8, 0.1%)

1 が決る, になつたか, はどう, は単純, は第三者, を予想, を生じる, を生んだ

▼ かういふ考~ (8, 0.1%)

1 が矢張私, へが一寸, へが今, へが支配的, へは固, へをもつ, へを持つ, も私

▼ かういふ處~ (8, 0.1%)

1 にた, にも覗, にゐたく, に入, の人, へ出る, へ家, へ行かない

▼ かういふ調子~ (8, 0.1%)

1 だと, である, でした, でもっ, で一寸, に一筋, の句, は不

▼ かうした人~ (8, 0.1%)

1 があなた, がある, であ, と俳句, に依つ, の心, を得た, 喜ばせを

▼ かう~ (8, 0.1%)

1 かざす, かして, なつた, なり掃除, まゐりました, ゆきましたが, 行く途中, 足疾き

▼ かう返事~ (8, 0.1%)

3 をした, をしました 1 をし, をする

▼ かういふ人たち~ (7, 0.1%)

1 が好き, にだけ見せれ, の作品, の武者修業, は人, ばかりで, を楽しませる

▼ かういふ土地~ (7, 0.1%)

1 かういふ時勢, でかう, では金, では露骨, で彼女, のお, を選ん

▼ かういふ方面~ (7, 0.1%)

1 からもそれぞれ演劇, から探り, には用, にもかなり, に全く, の仕事, へも出かける

▼ かういふ次第~ (7, 0.1%)

2 で私 1 であるから, でメネラーオス, で君, で若し, なの

▼ かうむつ~ (7, 0.1%)

2 てゐる 1 た, た人, た後, て寝, て遂に

▼ かう~ (7, 0.1%)

2 して 1 ぢさんは, つけたの, る, 自分の, 見るよう

▼ かう二つ~ (7, 0.1%)

1 に分ける, に裂い, のタイプ, の白い, の道, を比較, 並べましたが

▼ かう云つた~ (7, 0.1%)

4 と思ふ 1 といふ, とする, ばかりで

▼ かう云つてセルギウス~ (7, 0.1%)

1 の手, は合掌, は壁, は居間, は扉, は立ち去らう, は頭

▼ かう叫び~ (7, 0.1%)

1 かけたが, かける, ながら二言, ながら忌々し, まはる, 立てた, 続けて

▼ かう~ (7, 0.1%)

1 が言, にたづねた, に言, は喜ばし, は私, は群集, は言

▼ かう~ (7, 0.1%)

1 が思つた時, に話しかけ, の胸, は心, は慣習, は考へた, を促した

▼ かう決心~ (7, 0.1%)

3 して 1 したかの, したん, した宋金花, しました

▼ かう言つた調子~ (7, 0.1%)

1 いかにも八五郎, だ, であの, です, で話, の三十, の殿樣

▼ かういふ事情~ (6, 0.1%)

1 がある, であるから, に胚胎, に通じない, の内, をひと通り理解

▼ かういふ人達~ (6, 0.1%)

1 がゐる, に比べれ, の事, の落ち合, はきまつ, を恐れた

▼ かういふ人間~ (6, 0.1%)

1 がゐなかつたら, が明治, でてんから, として許し, のもの, を現在

▼ かういふ句~ (6, 0.1%)

1 があつ, となつて形, のある, はもう, も, を作つた

▼ かういふ奴~ (6, 0.1%)

1 が多数, にかか, は役に立ちます, は後, は鑑賞, もゐる

▼ かういふ旅~ (6, 0.1%)

1 が続けられた, するゲエテ, では珍, にかう, に慣れ, は田丸

▼ かういふ理由~ (6, 0.1%)

1 からみ, がある, で, で其の, による, によるの

▼ かういふ自分~ (6, 0.1%)

1 と世界, の周囲, の好き, の肝腎, の覚え, を軽蔑

▼ かういふ點~ (6, 0.1%)

1 から見ます, から説明, が最も, だらうとお, においても彼, を防ぐ

▼ かうから~ (6, 0.1%)

2 だが 1 かつた, やって来て, 出た称, 叩きつけて

▼ かうした心~ (6, 0.1%)

1 が開かれた, の告白, の焔, を刈り取つ, を寄, を見抜い

▼ かうべを~ (6, 0.1%)

1 あげて, なやまして, めぐらせば, 俯し, 昂げよ, 起して

▼ かう~ (6, 0.1%)

3 ひかけました 2 ふので 1 ひかけた

▼ かう~ (6, 0.1%)

3 をかけた 1 が鋭く短く, をかける, を掛けた

▼ かう思つたの~ (6, 0.1%)

2 である 1 が決して, が非常, は, は徒事

▼ かう~ (6, 0.1%)

2 が溢れ, を向けました 1 が動い, はかう

▼ かう言つたの~ (6, 0.1%)

1 が滿更出鱈目, である, は年, は錆び, も無理, を忘れなかつた

▼ かう言つて窕子~ (6, 0.1%)

1 はこつち, はその, はまた, は傍, は呉葉, は慌

▼ かういふ世界~ (5, 0.1%)

1 でのザラ, で本当に, にゐる, に長年, を好かない

▼ かういふ事件~ (5, 0.1%)

1 が起つた, のなん, はもうすぐ, は今日, は村落

▼ かういふ具合~ (5, 0.1%)

1 にだけは二つ, になん, にヂッ, に勵, に茶羅

▼ かういふ処~ (5, 0.1%)

1 から発し, から考へる, に来, を斥, を斥候

▼ かういふ夜~ (5, 0.1%)

1 であつ, には鼠, の事, はよく, を寝

▼ かういふ姿~ (5, 0.1%)

1 が獣, で実在, と踊り, になり, も珍しく

▼ かういふ家~ (5, 0.1%)

1 がある, が画, にゐた, に住みたい, の生活

▼ かういふ工合~ (5, 0.1%)

1 にし, にプルウスト, に書かれた, に活用, ひに

▼ かういふ彼~ (5, 0.1%)

2 であつ 1 が画家, のほとんど, の行動

▼ かういふ表現~ (5, 0.1%)

1 の仕方, の態, は多少, やかう, をし

▼ かういふ見方~ (5, 0.1%)

1 から云, はつまり, をし, をしなけれ, をする

▼ かういふ言~ (5, 0.1%)

2 ひ方 1 ひ, ひ方がい, を弄ぶ

▼ かういふ酒~ (5, 0.1%)

1 かういふ飯, がほんとう, しか飲めない, をのん, を私

▼ かうお出で~ (5, 0.1%)

3 下さいまし 1 なせえ, 下さいますやう

▼ かうした間~ (5, 0.1%)

1 ちが, にも夏, に余韻, の抜けた, の生

▼ かうした風~ (5, 0.1%)

1 が一般民間, が宮廷女流, が東国, の生じる, もある

▼ かう~ (5, 0.1%)

1 すくめて, はこ, 垂れ, 垂れ合掌す, 星の

▼ かう主婦~ (5, 0.1%)

1 が二人, に注意, に言, は同情, もお爺さん

▼ かう二人~ (5, 0.1%)

1 がいつも, して, にさ, の話, も勿論

▼ かう云つた女~ (5, 0.1%)

1 の唇, の声, の様子, の聲, の脣

▼ かう云つて男~ (5, 0.1%)

2 の手 1 の左, は敷島, を睨んだ

▼ かう云つて私~ (5, 0.1%)

1 がもの狂, の体, の処, は苦笑, を誘

▼ かう~ (5, 0.1%)

2 やいた, やきながら 1 やいて

▼ かう母親~ (5, 0.1%)

1 がその, は口癖, は絶え, は言つて, も言

▼ かう~ (5, 0.1%)

1 がつく, が閉ぢ, が鬱し, じゃな, のついた

▼ かう言つて自分~ (5, 0.1%)

1 の父親, の細君, の脚, は友, は尚

▼ かういふ不思議~ (4, 0.1%)

1 なほどの, な人物, な現象, の趣味

▼ かういふ作品~ (4, 0.1%)

1 にあらはれる, に感心, の日本, はたと

▼ かういふ作家~ (4, 0.1%)

1 が現れる, の態度, の良心, もあつ

▼ かういふ俳優~ (4, 0.1%)

1 が近代的色彩, は多く, は誰, ばかりなら

▼ かういふ宿~ (4, 0.1%)

1 で新年, にかへつて, にとつて, にはめつた

▼ かういふ店~ (4, 0.1%)

1 の女, の客, はお客, へ藪小路

▼ かういふ性質~ (4, 0.1%)

1 のもの, の事業, の劇団, は

▼ かういふ文句~ (4, 0.1%)

1 があります, がある, を四五枚, を読ん

▼ かういふ方~ (4, 0.1%)

3 へ不思議感 1 はどう

▼ かういふ機会~ (4, 0.1%)

1 がなかつた, に持ち出す, に文学, を活用

▼ かういふ結論~ (4, 0.1%)

1 なら双葉山自身, になる, に達した, を引き出させる

▼ かういふ者~ (4, 0.1%)

1 だと, だ明日, でございますが, です

▼ かういふ要求~ (4, 0.1%)

1 に歯, は勢, は太古以来我々, を持つ

▼ かういふ詩~ (4, 0.1%)

1 が一體何時, が実に, の文句, をも作つた

▼ かういふ身~ (4, 0.1%)

3 の不幸 1 になつて

▼ かういふ青年~ (4, 0.1%)

1 に魅力, のふてぶてし, の心持, は一体どうしたらい

▼ かういふ順序~ (4, 0.1%)

1 である, で持ち込むべき, で話し, になる

▼ かうかの~ (4, 0.1%)

4 女は

▼ かうざま~ (4, 0.1%)

2 にくも, 顧みがち

▼ かうした神~ (4, 0.1%)

1 の標野, の観念, は非常, を祀る

▼ かうした色~ (4, 0.1%)

3 の禁令 1 は許されぬ

▼ かうした訳~ (4, 0.1%)

1 からである, からに相違, に落ち, を読ん

▼ かうしようぢ~ (4, 0.1%)

4 やない

▼ かうとは~ (4, 0.1%)

1 およそ柄, しなかつた, 思はない, 思はないが

▼ かうとも~ (4, 0.1%)

1 しなかつた娘, しません, せぬので, 憚らず

▼ かう云つた時~ (4, 0.1%)

1 あのいま, です, のセルギウス, はじめてフランス人

▼ かう云つて女~ (4, 0.1%)

1 の心, は上衣, は又, を今度

▼ かう云つて己~ (4, 0.1%)

1 はワシリ, は序, は溜息, は目下

▼ かう云つて氷峰~ (4, 0.1%)

1 が冷かし半分, はきのふ, は今, は義雄

▼ かう何遍~ (4, 0.1%)

1 かの女, となく, も, 思ひ立つて

▼ かう千代子~ (4, 0.1%)

1 が勸め, が聽, は加集, を叱りつけ

▼ かう安らか~ (4, 0.1%)

4 に身

▼ かう恐れ~ (4, 0.1%)

4 謹しんで

▼ かう機殿~ (4, 0.1%)

4

▼ かう~ (4, 0.1%)

1 はさ, は力ん, は考へ, は自問

▼ かう独語~ (4, 0.1%)

3 した 1 をし

▼ かう突然~ (4, 0.1%)

2 叫んで 1 こゑがしてひとりの, にいつた

▼ かう~ (4, 0.1%)

1 をかけた, を掛けられる, を掛ける, を立てた

▼ かう解釈~ (4, 0.1%)

2 して 1 すると, せられたもの

▼ かう言つた八五郎~ (4, 0.1%)

4 です

▼ かう言つて母親~ (4, 0.1%)

1 が閾際, はおぼろ月夜, は娘, は鍬

▼ かう質問~ (4, 0.1%)

1 した, して, するで, のかたち

▼ かう~ (4, 0.1%)

1 うらぶれても, ぼくの, 慰め難い, 絶望した

▼ かういふアネゴ~ (3, 0.0%)

1 が好き, が恋人, の物語

▼ かういふ一日~ (3, 0.0%)

1 が一生, が時に, は一年

▼ かういふ人生~ (3, 0.0%)

1 に文学, の道, の風物

▼ かういふ会合~ (3, 0.0%)

1 が人生, でなければ, を開かね

▼ かういふ便利~ (3, 0.0%)

2 に馴れ 1 な言ひまはし

▼ かういふ僕~ (3, 0.0%)

1 の未, の話, を可笑しい

▼ かういふ冬~ (3, 0.0%)

1 が往つた, のま, の支度

▼ かういふ印象~ (3, 0.0%)

1 は今度, は勿論, を受けた

▼ かういふ告白~ (3, 0.0%)

2 をする 1 を続け

▼ かういふ問答~ (3, 0.0%)

1 から一, が行, の結果

▼ かういふ因縁~ (3, 0.0%)

1 がある, のある, の下

▼ かういふ型~ (3, 0.0%)

1 の人物, の女, を破つた

▼ かういふ境地~ (3, 0.0%)

1 かういふ境地, から湧い, でありたい

▼ かういふ声~ (3, 0.0%)

2 がした 1 が聞えた

▼ かういふ変化~ (3, 0.0%)

1 が起る, の絶え間, はをにも見られる

▼ かういふ家庭~ (3, 0.0%)

1 の陰鬱さ, の雰囲気, を切り廻し

▼ かういふ小説~ (3, 0.0%)

1 にはちよ, の愛讀者, を書きたい

▼ かういふ少年~ (3, 0.0%)

1 が彼, の事, の空想

▼ かういふ山の端~ (3, 0.0%)

3 を仰いだ

▼ かういふ形式~ (3, 0.0%)

1 で文章, に依る, を選んだ

▼ かういふ情勢~ (3, 0.0%)

2 の中 1 にあ

▼ かういふ惨め~ (3, 0.0%)

1 な口説き方, な正直, な破綻

▼ かういふ想像~ (3, 0.0%)

1 にあまる, はする, は決して

▼ かういふ方向~ (3, 0.0%)

1 に力, に赴かしめた, を取らない

▼ かういふ村~ (3, 0.0%)

1 でも村中, に生れた, を拵ら

▼ かういふ派手~ (3, 0.0%)

1 な奴, な思想, な考

▼ かういふ特殊~ (3, 0.0%)

1 な事情, な畸形児, の状態

▼ かういふ疑問~ (3, 0.0%)

1 が私, は絶え間, を提出

▼ かういふ目~ (3, 0.0%)

1 にはあの, に合, に遇

▼ かういふ相談~ (3, 0.0%)

1 ならいつ, をし, を掛けた

▼ かういふ瞬間~ (3, 0.0%)

1 である, にはそれ, はもう

▼ かういふ脚本~ (3, 0.0%)

1 がある, を上演, を演ずる

▼ かういふ芝居~ (3, 0.0%)

1 をうたざる, をやらせ, を観

▼ かういふ説~ (3, 0.0%)

1 が生れ, はあまり当然, を樹

▼ かういふ連中~ (3, 0.0%)

1 が五十人, は多少, は生活費

▼ かういふ部落~ (3, 0.0%)

1 が新, で宣撫, にも興亡

▼ かういふ間~ (3, 0.0%)

1 にも養父, に始終, も心

▼ かういふ雰囲気~ (3, 0.0%)

2 のなか 1 の中

▼ かういふ顔~ (3, 0.0%)

1 が好き, でねめつける, はどちら

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 物あ, 物自分でばかし, 豆とれる

▼ かうかと~ (3, 0.0%)

1 いろいろ考へぬいた, 思ひながら, 機嫌を

▼ かうからか~ (3, 0.0%)

1 ひ半分, ひ氣味, へると

▼ かうこと~ (3, 0.0%)

1 ができなく, そしてこの, もなく

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 う言, へづつて星, へ僻んだ

▼ かうした一種~ (3, 0.0%)

1 のシニツク, の創作, の気後れ

▼ かうした日~ (3, 0.0%)

1 のつづき, の連續, はこれから

▼ かうした話~ (3, 0.0%)

1 が弾んだ, に聞き入り, はもつ

▼ かうした道~ (3, 0.0%)

1 のその, を取らなけれ, を行く

▼ かうしるし~ (3, 0.0%)

3 てゐる

▼ かうたくさん~ (3, 0.0%)

1 に書生, の鉄砲, 殖えて

▼ かうつつか~ (3, 0.0%)

2 愕き見れ 1 温かい柔かい手

▼ かうまた~ (3, 0.0%)

1 一人が, 呑牛が, 義雄はかの

▼ かうよう~ (3, 0.0%)

1 なこと, にし, にも見られた

▼ かう~ (3, 0.0%)

2 景氣では 1 遠慮に

▼ かう世の中~ (3, 0.0%)

1 がす, がつまらなく, のこと

▼ かう並べて~ (3, 0.0%)

1 考へて, 見た, 見ても

▼ かう云つて友達~ (3, 0.0%)

1 の出した, は卓, は手の平

▼ かう云つて手~ (3, 0.0%)

1 で指図, にあつ, に持つ

▼ かう云つて自分~ (3, 0.0%)

1 の不手際, はその, を嘲つた

▼ かう云つて裕佐~ (3, 0.0%)

1 の前, は自分, を指した

▼ かう優しく~ (3, 0.0%)

2 言ひく 1 杉の

▼ かう大きな~ (3, 0.0%)

1 ものを, 声で, 河童が

▼ かう寒く~ (3, 0.0%)

2 ては 1 てはね

▼ かう平次~ (3, 0.0%)

1 に訊かれ, に説い, に頼ん

▼ かう弁解~ (3, 0.0%)

1 がまし, した, するに

▼ かう彼女~ (3, 0.0%)

1 のこと, の枕元, は独語

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 から後, になつて, の方

▼ かう思つて自分~ (3, 0.0%)

1 で怖, の気, は戸外

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 つんだすもん, に職, を合せ

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 へた, へてから, へられた

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 へあげれ, へて来る, へ立てる

▼ かう暗く~ (3, 0.0%)

1 ちや, てはどう, ては凉

▼ かう書き~ (3, 0.0%)

1 ながらいつぞや, ながら座右, ながら私

▼ かう毎晩~ (3, 0.0%)

1 のやう, の様, やつて來

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 たのみ, は云, を見つめる

▼ かう~ (3, 0.0%)

3 が無駄

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 いて, けます, け樣

▼ かう~ (3, 0.0%)

3 くと

▼ かう言つた時~ (3, 0.0%)

1 この大きな室, です, には兼家

▼ かう言つて坊ちやん~ (3, 0.0%)

1 に附い, の着物, の襟元

▼ かう言つて屹~ (3, 0.0%)

1 と口, と時雨女史, と睨めた

▼ かう言つて彼~ (3, 0.0%)

2 の方 1 は賞品

▼ かう言つて彼女~ (3, 0.0%)

1 はまた, は何, は縋りついた

▼ かう言つて笑~ (3, 0.0%)

2 ひました 1 ひ出した

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 がきまつ, の結末, をさせる

▼ かう~ (3, 0.0%)

3 つた

▼ かう~ (3, 0.0%)

1 くおどけた風, く外づした, く言つて

▼ かうあしら~ (2, 0.0%)

2 ひ人

▼ かうあの~ (2, 0.0%)

1 手ならかう, 魚は

▼ かういつ~ (2, 0.0%)

1 たたぐひ, までも心

▼ かういふあんばい~ (2, 0.0%)

1 で二人, ならしばらく

▼ かういふいろいろ~ (2, 0.0%)

1 の条件, の鬪爭

▼ かういふやり方~ (2, 0.0%)

1 がこの, では百位

▼ かういふセンセイシヨン~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ かういふ一節~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ かういふ下の句~ (2, 0.0%)

2 をつけます

▼ かういふ世~ (2, 0.0%)

1 であつ, に自分

▼ かういふ世の中~ (2, 0.0%)

1 になつて來, の広告気球

▼ かういふ中~ (2, 0.0%)

1 で清ちやん, に咲く

▼ かういふ主張~ (2, 0.0%)

1 はしかし, は永久

▼ かういふ主題~ (2, 0.0%)

1 に首, を率直

▼ かういふ事柄~ (2, 0.0%)

1 が既に, にでも笑

▼ かういふ事業~ (2, 0.0%)

1 にこれ, は算盤

▼ かういふ云~ (2, 0.0%)

1 ひ廻し, ひ方

▼ かういふ些細~ (2, 0.0%)

1 なこと, な事実

▼ かういふ伝説~ (2, 0.0%)

1 が流布, をまる

▼ かういふ体~ (2, 0.0%)

1 になつ, になつて

▼ かういふ何~ (2, 0.0%)

2 の物音

▼ かういふ作~ (2, 0.0%)

1 からとう, の生育

▼ かういふ共感~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ かういふ出来事~ (2, 0.0%)

1 があつ, があなた

▼ かういふ力~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を有つて

▼ かういふ友達~ (2, 0.0%)

1 の二三, を現実

▼ かういふ反駁~ (2, 0.0%)

1 は予め, を受け

▼ かういふ取扱~ (2, 0.0%)

1 ひを, ひ方

▼ かういふ商売~ (2, 0.0%)

1 をし, を始めた

▼ かういふ問~ (2, 0.0%)

1 に対して素子, を發

▼ かういふ喜劇~ (2, 0.0%)

1 の行, は其性格

▼ かういふ噂~ (2, 0.0%)

1 があつ, を聞い

▼ かういふ国家~ (2, 0.0%)

1 にあ, の運命

▼ かういふ場面~ (2, 0.0%)

1 は實演, を現実

▼ かういふ塩梅~ (2, 0.0%)

1 に悪霊, に私

▼ かういふ境涯~ (2, 0.0%)

1 でありたい, の善し悪し

▼ かういふ境遇~ (2, 0.0%)

1 から私, にある

▼ かういふ夢~ (2, 0.0%)

1 の寝言みたい, を見ない

▼ かういふ奇怪~ (2, 0.0%)

1 な変てこ, な思想

▼ かういふ女優~ (2, 0.0%)

1 によつて自作, もあります

▼ かういふ子守唄~ (2, 0.0%)

2 をきかされた

▼ かういふ学校~ (2, 0.0%)

1 に学ぶ, の必要

▼ かういふ定義~ (2, 0.0%)

1 に当て嵌る, を女性

▼ かういふ對話~ (2, 0.0%)

1 をし, を交

▼ かういふ山~ (2, 0.0%)

1 の中, 住みには

▼ かういふ常識的~ (2, 0.0%)

1 な問題, な経験

▼ かういふ役者~ (2, 0.0%)

1 が出, の才能

▼ かういふ心~ (2, 0.0%)

1 になる, の影

▼ かういふ心理~ (2, 0.0%)

1 はなんと, を摘發

▼ かういふ悩み~ (2, 0.0%)

1 を悩ん, 多き人

▼ かういふ情景~ (2, 0.0%)

1 に係り, や動作

▼ かういふ意志~ (2, 0.0%)

1 が先, や眼

▼ かういふ感じ~ (2, 0.0%)

1 といふだけはこれ, をいふ

▼ かういふ戦争~ (2, 0.0%)

1 をひきおこし, を惹き起した

▼ かういふ手合~ (2, 0.0%)

1 がゐ, ひは

▼ かういふ批判~ (2, 0.0%)

1 は仕事, は結局

▼ かういふ改作~ (2, 0.0%)

1 が原文, やそれ

▼ かういふ放れ業~ (2, 0.0%)

2 ができる

▼ かういふ文章~ (2, 0.0%)

1 のリズム, を公

▼ かういふ方法~ (2, 0.0%)

1 もない, を使つて

▼ かういふ日本人~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, に一番

▼ かういふ時世~ (2, 0.0%)

1 になる, に男

▼ かういふ時勢~ (2, 0.0%)

1 かういふ思潮, に植物

▼ かういふ時間~ (2, 0.0%)

1 の長い, を利用

▼ かういふ書~ (2, 0.0%)

1 は支那, もある

▼ かういふ材料~ (2, 0.0%)

1 は日本, を自己中心

▼ かういふ構造~ (2, 0.0%)

1 に於, の地盤

▼ かういふ様~ (2, 0.0%)

1 に万葉集, に其

▼ かういふ標語~ (2, 0.0%)

1 をみ, を書いた

▼ かういふ機會~ (2, 0.0%)

1 にフランス語, は私

▼ かういふ機運~ (2, 0.0%)

2 の成長

▼ かういふ気持~ (2, 0.0%)

1 で結びつけた, も悪く

▼ かういふ気風~ (2, 0.0%)

1 ですから, の人

▼ かういふ注意~ (2, 0.0%)

1 を与へ, を附け

▼ かういふ熱心~ (2, 0.0%)

1 な態度, な文学者

▼ かういふ物~ (2, 0.0%)

1 も林檎, を持っ

▼ かういふ珍手~ (2, 0.0%)

2 もあみだした

▼ かういふ生き方~ (2, 0.0%)

1 が最も, は尊い

▼ かういふ生活態度~ (2, 0.0%)

1 は国政, も生活様式

▼ かういふ町~ (2, 0.0%)

1 に適当, の或

▼ かういふ目的~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ かういふ矛盾~ (2, 0.0%)

1 は私, を生きつ

▼ かういふ研究~ (2, 0.0%)

1 は全く, は無駄

▼ かういふ稀有~ (2, 0.0%)

1 な出来事, な場合

▼ かういふ筋~ (2, 0.0%)

1 の話, を書かう

▼ かういふ簡単~ (2, 0.0%)

1 な, な批評

▼ かういふ精神~ (2, 0.0%)

1 のはたらき方, やかう

▼ かういふ紀年~ (2, 0.0%)

2 の書き方

▼ かういふ経験~ (2, 0.0%)

1 が記憶, は私

▼ かういふ結構~ (2, 0.0%)

2 な土地

▼ かういふ習慣~ (2, 0.0%)

1 のため, を一掃

▼ かういふ翻訳~ (2, 0.0%)

1 も貧乏文士, を通して西洋

▼ かういふ色~ (2, 0.0%)

1 は未だ, をし

▼ かういふ苦しみ~ (2, 0.0%)

1 から人々, は無駄ぢ

▼ かういふ苹果~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ かういふ虫~ (2, 0.0%)

1 の好い, ぼしなど

▼ かういふ見解~ (2, 0.0%)

1 に対しては多かれ少なかれ, を持つ

▼ かういふ観点~ (2, 0.0%)

1 から例へば, から私

▼ かういふ記事~ (2, 0.0%)

1 のある, を掲げ

▼ かういふ訣~ (2, 0.0%)

1 である, で日本

▼ かういふ設備~ (2, 0.0%)

1 は出来, を持つた

▼ かういふ訳~ (2, 0.0%)

1 で東京, で死にまする

▼ かういふ訴~ (2, 0.0%)

1 へに対してなに, へを聞き流し

▼ かういふ詞~ (2, 0.0%)

1 が古人, の定義

▼ かういふ詩人~ (2, 0.0%)

1 の出現, の肖像

▼ かういふ詰問~ (2, 0.0%)

1 の裏, をした

▼ かういふ語~ (2, 0.0%)

1 が分別男, で終つて

▼ かういふ身の上~ (2, 0.0%)

1 になつて, のワシリ

▼ かういふ身分~ (2, 0.0%)

1 が気に入らず, の人々

▼ かういふ述懐~ (2, 0.0%)

1 につい, は田丸

▼ かういふ道~ (2, 0.0%)

1 を歩く, を通過

▼ かういふ重大~ (2, 0.0%)

1 な一事, な人間教育

▼ かういふ間違~ (2, 0.0%)

1 ひは, ひ方

▼ かういふ關係~ (2, 0.0%)

1 が重なる, は

▼ かういふ隱~ (2, 0.0%)

1 れたる世界, れて

▼ かういふ雰圍氣~ (2, 0.0%)

1 に身, の中

▼ かういふ静か~ (2, 0.0%)

1 な川原, な明るい

▼ かういふ風景~ (2, 0.0%)

1 もこの, を背景

▼ かううた~ (2, 0.0%)

1 がひ, ひました

▼ かうおなか~ (2, 0.0%)

2 が空く

▼ かうおも~ (2, 0.0%)

1 ふといふ, ふとすこし胸

▼ かうお前~ (2, 0.0%)

1 に斷, を唆

▼ かうお尋ね~ (2, 0.0%)

1 になりました, になるでせう

▼ かうきり~ (2, 0.0%)

1 出さなければ, 出しました

▼ かうけつ~ (2, 0.0%)

1 かう, こう足

▼ かうさま~ (2, 0.0%)

1 思ひめぐらせしが, 見給

▼ かうした一群~ (2, 0.0%)

1 にはそぐ, の上

▼ かうした声~ (2, 0.0%)

1 がし, がそこ

▼ かうした宴遊~ (2, 0.0%)

1 の場, の酒間

▼ かうした島~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の生活

▼ かうした所~ (2, 0.0%)

1 から天皇, に落ち

▼ かうした村~ (2, 0.0%)

1 の人々, の成年者

▼ かうした語~ (2, 0.0%)

1 の分散, の形

▼ かうして~ (2, 0.0%)

1 甲斐, 青木さんたちに

▼ かうしま~ (2, 0.0%)

2 しよう

▼ かうたけ~ (2, 0.0%)

1 といふの, の突起

▼ かうつぶやき白地~ (2, 0.0%)

2 の浴衣

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 ゐる, 居ましたが

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 なりました, ろ

▼ かうひとりごと~ (2, 0.0%)

1 をいひました, を言

▼ かうふり~ (2, 0.0%)

2 て信ずる

▼ かうぶり海~ (2, 0.0%)

2 の子

▼ かうまでも~ (2, 0.0%)

1 お扇, 思ふのに

▼ かうむりたいと~ (2, 0.0%)

1 存じます, 申し出るプロ

▼ かうむる~ (2, 0.0%)

1 と言っ, の恐れ

▼ かうもの~ (2, 0.0%)

1 が上手, は夜

▼ かうよく~ (2, 0.0%)

1 宙ぶら, 聞けよ

▼ かう~ (2, 0.0%)

2 かつて見る

▼ かうレヴコー~ (2, 0.0%)

1 はバンドゥーラ, は自分

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 と言づゝ, も二

▼ かう一人~ (2, 0.0%)

1 が言, で考へ

▼ かう世話人~ (2, 0.0%)

2 は言

▼ かう世話人達~ (2, 0.0%)

1 は寄り, は新しい

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 から返事, へ青海波

▼ かう云つた言葉~ (2, 0.0%)

1 の態とらしい, は輕

▼ かう云つてしまつて視線~ (2, 0.0%)

2 を膝

▼ かう云つてそれ~ (2, 0.0%)

1 が聞い, を女

▼ かう云つてドユパン~ (2, 0.0%)

1 が真に, は己

▼ かう云つてパシエンカ~ (2, 0.0%)

1 はまだ, は台所

▼ かう云つて主人~ (2, 0.0%)

1 が導く, は次ぎ

▼ かう云つて先生~ (2, 0.0%)

1 の方, は跳ね起きた

▼ かう云つて其次~ (2, 0.0%)

2 の詞

▼ かう云つて北海道~ (2, 0.0%)

1 には獸類, に來

▼ かう云つて喜助~ (2, 0.0%)

2 は口

▼ かう云つて娘~ (2, 0.0%)

1 はセルギウス, は返事

▼ かう云つて桃割~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ かう云つて涙~ (2, 0.0%)

1 を拭いた, を流した

▼ かう云つて石~ (2, 0.0%)

1 のやう, を投げ

▼ かう云つて笑~ (2, 0.0%)

1 ひながら, ひ声

▼ かう云ふか~ (2, 0.0%)

1 もしれない, も知れない

▼ かう云ふん~ (2, 0.0%)

1 だがね, だらうお前たち

▼ かう人々~ (2, 0.0%)

1 に混, は言つて眼

▼ かう八五郎~ (2, 0.0%)

1 に話し, のため

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 のある, の籠つた聲

▼ かう台詞~ (2, 0.0%)

2 を妻

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 が好き, つた

▼ かう報告~ (2, 0.0%)

2 して

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 聲で, 音楽家へ

▼ かう女子~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は虐げられなけれ

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 が申します, の声

▼ かう宣言~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ かう小声~ (2, 0.0%)

1 でつけ加, に返事

▼ かう少し~ (2, 0.0%)

1 ふんぞり返つて物, 掠れたが

▼ かう巡査~ (2, 0.0%)

1 に尋ね, に返事

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 元気が, 悲嘆あらせられた

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 へたい, へる

▼ かう思つた~ (2, 0.0%)

1 から圓朝, だけで無視

▼ かう思つた私~ (2, 0.0%)

1 は堪らない, は身

▼ かう思つて彼~ (2, 0.0%)

1 はゾツ, は再び

▼ かう思つて枕許~ (2, 0.0%)

1 のマッチ, のマツチ

▼ かう思つて私~ (2, 0.0%)

1 は, は一生懸命

▼ かう思つて義雄~ (2, 0.0%)

1 は振り返, は長く

▼ かう思惟~ (2, 0.0%)

2 した

▼ かう思案~ (2, 0.0%)

1 がきまつた, の果

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 になる, に聲

▼ かう想像~ (2, 0.0%)

1 した, したこと

▼ かう意気地~ (2, 0.0%)

1 がない, が無から

▼ かう感心~ (2, 0.0%)

1 したやう, するだらうぐらゐに

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 じたが, へました

▼ かう挨拶~ (2, 0.0%)

2 して

▼ かう揶揄~ (2, 0.0%)

1 ひながら, れる事

▼ かう暑く~ (2, 0.0%)

1 つちや, てはたまらない

▼ かう暗い~ (2, 0.0%)

1 塗籠から, 家な

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 いたさうです, して

▼ かう村長~ (2, 0.0%)

1 が部下, は別に

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 つたやうに, つて畢つたのである

▼ かう~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ かう歌つて~ (2, 0.0%)

1 やらう, をります

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 が附い, のせゐか

▼ かう氷峰~ (2, 0.0%)

1 に云つて, は多少

▼ かう混雑~ (2, 0.0%)

1 しちや厭, の中

▼ かう激しく~ (2, 0.0%)

2 肩を

▼ かう無数~ (2, 0.0%)

1 の火取虫, の鳩

▼ かう独り語~ (2, 0.0%)

1 を洩らし, を言

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 り呟, り考へながら

▼ かう獨語~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ かう直ぐ~ (2, 0.0%)

1 には承知, に承知

▼ かう相手~ (2, 0.0%)

1 の素姓, は言

▼ かう~ (2, 0.0%)

2 直に拔

▼ かう真面目~ (2, 0.0%)

1 であつ, に尋ねかけた

▼ かう確信~ (2, 0.0%)

1 して, を以て答

▼ かう窕子~ (2, 0.0%)

1 が思つた, は呼んだ

▼ かう~ (2, 0.0%)

2 ひながら

▼ かう~ (2, 0.0%)

2 をかがめ

▼ かう自問~ (2, 0.0%)

1 した, を起し

▼ かう良秀~ (2, 0.0%)

2 を御

▼ かう薄墨~ (2, 0.0%)

2 にかいた

▼ かう見え~ (2, 0.0%)

2 たつて

▼ かう親切~ (2, 0.0%)

1 なところ, にいひました

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 すること, すれば

▼ かう解釋~ (2, 0.0%)

1 する事, すれば

▼ かう言つた私~ (2, 0.0%)

1 には五十, の眼

▼ かう言つてお里~ (2, 0.0%)

1 はまた, は彈

▼ かう言つてちよ~ (2, 0.0%)

1 つと口, つと言葉

▼ かう言つて一間~ (2, 0.0%)

2 も此方

▼ かう言つて例~ (2, 0.0%)

2 のやう

▼ かう言つて千代松~ (2, 0.0%)

1 はヂツ, は靜

▼ かう言つて呉葉~ (2, 0.0%)

1 はまた, は丁寧

▼ かう言つて太政官~ (2, 0.0%)

1 は高らか, も笑つた

▼ かう言つて女~ (2, 0.0%)

1 は巧み, は手

▼ かう言つて姉~ (2, 0.0%)

1 は涙, は默

▼ かう言つて家~ (2, 0.0%)

1 に帰つた妹娘, の人たち

▼ かう言つて常~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれた, は立上

▼ かう言つて後~ (2, 0.0%)

1 がへり, に蹤

▼ かう言つて束~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ かう言つて構~ (2, 0.0%)

2 へ込む

▼ かう言つて涙~ (2, 0.0%)

1 をこぼしました, を流した

▼ かう言つて源太郎~ (2, 0.0%)

2 も七十一

▼ かう言つて牧師~ (2, 0.0%)

1 のやう, は書棚

▼ かう言つて登子~ (2, 0.0%)

1 の方, は自分

▼ かう言つて皆~ (2, 0.0%)

1 な其方, は鑑定家

▼ かう言つて翁~ (2, 0.0%)

1 は真面目, は顔

▼ かう言つて若もの~ (2, 0.0%)

1 をおくら, をさそひました

▼ かう言つて辻~ (2, 0.0%)

2 を西

▼ かう言つて返事~ (2, 0.0%)

1 をしました, をする

▼ かう言つて頭~ (2, 0.0%)

1 を一つ, を振つ

▼ かう言つて駒下駄~ (2, 0.0%)

2 を沓脱石

▼ かう言ひだ~ (2, 0.0%)

2 したの

▼ かう言ふよ~ (2, 0.0%)

1 り他, り外

▼ かう言ふ頭脳~ (2, 0.0%)

2 の持ち主

▼ かう言葉~ (2, 0.0%)

2 をかけた

▼ かう語つて~ (2, 0.0%)

2 ゐる

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 からも蔑まれ隣れ, も彼

▼ かう諸君~ (2, 0.0%)

1 に云, の御

▼ かう~ (2, 0.0%)

2 の輪

▼ かう邪険~ (2, 0.0%)

2 に突離

▼ かう長く~ (2, 0.0%)

1 なるなら今年, は書く

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 がふつ, がふりだした

▼ かう青い~ (2, 0.0%)

1 もんだらう, 小父さん

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 が吹く, が強く

▼ かう~ (2, 0.0%)

1 の前, を鳴らし

▼1* [1823件]

かうつては, かうあぐらをかい, かうあたりの者, かうある婆さんが, かうに遲, かういくら殿に頼ん, かういつもあつけらかん, かういふいまの生きる, かういふお天気では人出, かういふお嬢さん批評家にか, かういふお寺の建築, かういふお話がつづく, かういふお銭をたんまり, かういふきらびやかさに目, かういふぐあいですから対称形より仕方, かういふぐあひに御返事申上げた, かういふこぢつけた見方, かういふしきたりの者, かういふしんとした, かういふぢやありません, かういふづうづうしい客に義理, かういふひそかな空気, かういふふうぢやわからない, かういふべら棒な事實, かういふむづかしい事はよく, かういふものたちを伴侶, かういふもの等が數, かういふやり口が何時, かういふわたしの語, かういふわれわれの風習, かういふインテリゲンチヤがどし, かういふオッチョコチョイなこと, かういふグアイに放送, かういふシニックな御仁, かういふシブイ人物であるから, かういふタイプの人々, かういふチャンスは人生, かういふツワイグもいよいよ, かういふトオンは作者, かういふニュアンスから無意識的, かういふニユースを出せ, かういふネクタイは銀座, かういふハガキといつ, かういふバカなこと, かういふバランスのよく, かういふパパやママ, かういふフザけたことが日本文化, かういふフザけたもので漱石, かういふフザけた退化精神が日本, かういふプルウストの筆, かういふポイントの上, かういふラヂオ文学の特殊技巧以外, かういふランシング氏は今, かういふ一つ一つがいつ, かういふ一事がある, かういふ一人ぼつちの寂しさ, かういふ一例を挙げ, かういふ一句がある, かういふ一戰は負け, かういふ一朝の場合, かういふ一段を讀ん, かういふ一續きの, かういふ一般概念を養ふため, かういふ一見フザけたことはすぐ, かういふ一風変つた道へ踏みこんだ, かういふ下品な探偵根性, かういふ不便は免れ, かういふ不可思議な取り引き, かういふ不安があ, かういふ不平を続け, かういふ不幸な目, かういふ不純な心持, かういふ不自由さを嘗める, かういふ不良青年兄弟の世話, かういふ不規則の面白い, かういふ不運ないぢ, かういふ不都合な結果, かういふ世間の論法, かういふ世間師のテクニツク, かういふ中腰の恰好, かういふ主人らしい男, かういふ主婦の尖, かういふ主客転倒のやう, かういふ主観的の句, かういふ乞食もあつ, かういふ予測を下した, かういふ事態はその, かういふ二人の氣, かういふ人為的或は堕性的, かういふ人間的風格は無論, かういふ人類の樣相, かういふ今まではこんな, かういふ今日の感じ, かういふ仕儀になつて, かういふ仕度で一日, かういふ仲間内でゴシゴシ, かういふ企てはむろん, かういふ会に引つ, かういふ会話などがあつ, かういふ住ひを, かういふ住ひで色女と一緒, かういふ体験は私, かういふ佗住居では殊に, かういふ作品はちよつと拾, かういふ作歌態度は態度, かういふ作物の価値, かういふ使ひ方, かういふ例証は挙げれ, かういふ俗悪無思想, かういふ俗物根性の奴, かういふ信念に落ちつく, かういふ催しをする, かういふ僧房を築く, かういふ元首連に比べ, かういふ先入主や獨眼龍, かういふ先生の言, かういふ先生方は皆一人, かういふ先駆的な努力, かういふ光輝がある, かういふ入江に近い, かういふ内心的の苦しみ, かういふ内情かういふ行, かういふ内醫者はどうして, かういふ冗談を言, かういふ写真がなぜ, かういふ冷情のしぐさ, かういふ冷汗の出る, かういふ几帳面さ凝り性癇性妙な贅澤さ, かういふ出鱈目さ加減は次, かういふ分析をする, かういふ分科もあつ, かういふ初期の作品, かういふ判断に到達, かういふ到来物は私一人, かういふ制度がこれ, かういふ刻々の変化, かういふ劇作家の出現, かういふ劇界の功労者, かういふ功名心もあの, かういふ努力を誰, かういふ勇気のある, かういふ動作を起させた, かういふ動物が此民譚, かういふ勘はたしか, かういふ千古の美談佳話, かういふ半日を與, かういふ半端者の貧乏人, かういふ単独の業, かういふ単純な偽, かういふ単調な生活, かういふ印章は故人, かういふ危險な事件, かういふ危難をこんなに, かういふ原理の上, かういふ原稿とはかけ離れた, かういふ厭な音, かういふ厭世主義である, かういふ友に別れ, かういふ反問に答, かういふ反省癖はその, かういふ叔父はこの, かういふ叙述がある, かういふ古風な川蒸汽, かういふ台詞のあと, かういふ各地の小, かういふ吉日が續, かういふ同情はあなた, かういふ名をつけた, かういふ名前のついた, かういふ名士つてえ奴, かういふ名文章が胸中, かういふ名称は文学, かういふ名義論に過ぎない, かういふ名香になる, かういふ君であ, かういふ周圍の影響, かういふ味ひは, かういふ命の瀬戸ぎはに, かういふ品物をも無くさず, かういふ唐突な古代史, かういふ唱和の歌, かういふ商人氣質として自分, かういふ單にユウモラス, かういふ噺であつ, かういふ囁きがそこら, かういふ四畳半の一間, かういふ回想風に渉, かういふ因循な村人たち, かういふ因習と惡, かういふ国に健全, かういふ国内機構の区分法, かういふ国家的な重大時局, かういふ国民は一面, かういふ国民的傾向を助成, かういふ国民的性格は実に, かういふ国民的罪悪の害毒, かういふ国際的な催し, かういふ園長先生のもと, かういふ土産話をした, かういふ地上の常, かういふ地下の働き, かういふ地方情況に對, かういふ地誌には軽から, かういふ地道な仕事, かういふ地震計で遠方, かういふ坊さんに限つて, かういふ埴輪の人形, かういふ場で述べる, かういふ場合保護者の膝, かういふ場合修正しようとして, かういふ場合年寄りの意見, かういふ場合熊川忠範はしかけた, かういふ場合率直にしか答, かういふ場合男の子ならまだ, かういふ場合私は私自身, かういふ場合責任者は責任者, かういふ墮落した女, かういふ壮士芝居の中, かういふ変つた例がある, かういふ変つた病院であるから, かういふ変則的な都会, かういふ外面的な条件, かういふ多くの人達, かういふ大切な森林, かういふ大変が私, かういふ大家の字, かういふ大政翼賛運動が起る, かういふ大胆な試み, かういふ大胆不敵な評, かういふ天下一品の足, かういふ奇談がある, かういふ奇蹟の行, かういふ奇蹟的な存在, かういふ女たちの生活, かういふ女子が何處, かういふ女性がかう, かういふ妄信を擁, かういふ妻のそぶり, かういふ始末だ, かういふ娘がひとり, かういふ婦人と対, かういふ婦人たちをみこ, かういふ子供を未, かういふ子供同志の馴れ, かういふ子守歌でした, かういふ孔をあけた, かういふ字のついた, かういふ存在は自分, かういふ孤島の僻邑, かういふ学課がある, かういふ安宿をやつ, かういふ安易な英語, かういふ実体はわかる, かういふ実例を知つて, かういふ実情におかれ, かういふ客観的状勢では, かういふ宣告を受けた, かういふ宣詞とも名, かういふ家族同士の関係, かういふ家業の者, かういふ家風はむろん, かういふ容態になる, かういふ宿命的な劣等感, かういふ宿屋に勤め, かういふ寺を山陰道, かういふ尻切れとんぼのよう, かういふ山中の自然, かういふ山道を越える, かういふ崇高な功績, かういふ崖の角, かういふ巣窟にあり, かういふ工場で働い, かういふ差別は三度三度, かういふ市井の芸人, かういふ希望が夢, かういふ席にははじめて, かういふ常識の上, かういふ平和なとある, かういふ平家の傳説, かういふ平野の間, かういふ年代別も嚴密, かういふ幼児に真実, かういふ序文を書い, かういふ度胸をきめ, かういふ弊害に傾き, かういふ彈壓に恐怖, かういふ当時の歌人, かういふ形のと又, かういふ形式的な権威, かういふ形態のもつ, かういふ彫刻の神秘的, かういふ影響は却つて豫期, かういふ役割を演じる, かういふ役目を引受けた, かういふ彼女の言葉, かういふ彼岸の常世, かういふ御両人であるから, かういふ御仁が多けれ, かういふ復讐が完全, かういふ心境をもらし, かういふ心尽しをされる, かういふ心情がいつたい, かういふ心持になつて, かういふ心持ちです, かういふ心理的傾向は徐々に, かういふ心配ばかりに捕はれ, かういふ応答は苦手, かういふ思想は思想自体, かういふ思想上に聯絡, かういふ思潮かういふ内情, かういふ性情のもの, かういふ性格が形づくられ, かういふ性癖の人間, かういふ怪物が一人, かういふ恋に似た, かういふ悪戯を思ひついた, かういふ悲しみや切な, かういふ悲劇はかなり, かういふ悲慘な仕事, かういふ悲痛の情, かういふ情態にある, かういふ惡いいたづら, かういふ惡歳に氣, かういふ想に耽りつ, かういふ想出は例へば, かういふ愉快な人物, かういふ愚かな弱, かういふ愚劣な哀愁, かういふ感応は今度, かういふ感情を起す, かういふ感覚によつて, かういふ慾望の激しく, かういふ憧憬と探究, かういふ應援者が多く, かういふ應答も少し, かういふ懸念は受けとり, かういふ懺悔の形容, かういふ戀しい心, かういふ戀愛的な考, かういふ成功主義的または英雄主義的心理, かういふ成敗をし, かういふ成立ちの事柄, かういふ戦だから, かういふ戦場ではどこ, かういふ戯曲の書方, かういふ戯画化された典型的人物, かういふ戯談も出る, かういふ手下とう, かういふ才能のはたらき, かういふ打合ひや, かういふ批評を戴い, かういふ批難を加, かういふ技術も修業, かういふ持論である, かういふ指導者は必ずしも, かういふ挨拶であつ, かういふ接待ぶりも其頃, かういふ描寫が合理的, かういふ提案をもちだした, かういふ插話がある, かういふ揚足取りは相手, かういふ放浪者の群, かういふ政府の政治的態度, かういふ政治ではいけない, かういふ政治情勢下に於, かういふ故事がある, かういふ效果を知つて, かういふ教へを形, かういふ教師の役に立たぬ, かういふ数々の奇蹟, かういふ數字であらね, かういふ文体も可能, かういふ文化政策を綜合的, かういふ文学はたま, かういふ断崖の間, かういふ新手にか, かういふ新聞を受け身, かういふ新聞記者を外科医者, かういふ方たちの生活, かういふ施設に金, かういふ日和にはし, かういふ日本の古い, かういふ日本的迷信に対して反逆, かういふ日蔭ものを連れ, かういふ昔の景色, かういふ映画が歓迎, かういふ昼の悩まし, かういふ時いつでも玉ちやん, かういふ時アスピリン見たいな, かういふ時井伏君はもう, かういふ時代潮流の中, かういふ時便利なやう, かういふ時分のこと, かういふ時博士の默つて, かういふ時安里に妹, かういふ時幽かなシユブタ, かういふ時彼はぐうつと胸一杯, かういふ時渡瀬さんが丈夫, かういふ時私は晝, かういふ時老人の過去, かういふ時蝙蝠でも飛ん, かういふ時計は日本, かういふ晩に車, かういふ景情だらうと, かういふ景色の処, かういふ暗黒な長い, かういふ暮しもあんまり, かういふ暴評をした, かういふ曇つた夕暮前の時刻, かういふ書き方はもつ, かういふ書出しの葉書, かういふ書卓をひろげ, かういふ書物の紹介, かういふ最初の記憶, かういふ最悪の欠点, かういふ會にめぐり, かういふ會話のやり取り, かういふ月並の一句, かういふ月並一句を作つ, かういふ月夜の晩, かういふ有様で試験, かういふ末路と待遇, かういふ本の上, かういふ本当の書斎, かういふ本末顛倒は僕, かういふ本格的な小説, かういふ札が建つ, かういふ条件をだし, かういふ来客に取, かういふ枢軸国の人々, かういふ根性はここ, かういふ根本的なこと, かういふ格構でヒゲ, かういふ棚や箱, かういふ極端に頑迷, かういふ楽がある, かういふ楽しみがある, かういふ楽天的な明朗, かういふ楽屋話はどちら, かういふ様子でゐる, かういふ樂しい自然, かういふ標準に照らし, かういふ標題で最近, かういふ機微な事情, かういふ歌特有の持味, かういふ武門は平家以後, かういふ歴史小説に近い, かういふ死生観は庶民, かういふ段になる, かういふ比較は手古奈, かういふ民族的性格との闘, かういふ気の毒な話, かういふ気性であ, かういふ気焔をあげたなら, かういふ氣はある, かういふ氣合で居る, かういふ水上生活者の夫婦位妙, かういふ水準でなければ, かういふ沒分曉漢の居ない, かういふ油断のならぬ, かういふ法則を發見, かういふ法悦のひと時, かういふ注文は幾分, かういふ注釈づきの, かういふ津浪は沖合, かういふ活動が往復, かういふ流儀こそ我輩, かういふ流浪人の心, かういふ流浪漂泊の生活, かういふ浴衣を甚だ, かういふ消息がとつく, かういふ深夜の心, かういふ深山を跋渉, かういふ深海に活字, かういふ混雜の起る, かういふ清明どきは, かういふ渾沌とした, かういふ滑稽な盲信位難有迷惑, かういふ演劇の実際, かういふ瀬戸際に自分, かういふ為事の出来ない, かういふ無理を重ね, かういふ無頓着さが近頃, かういふ無駄な努力, かういふ焦点の合, かういふ熟語はその, かういふ片輪者ですから, かういふ物騷な生き物, かういふ特攻隊員のツナガリ, かういふ特殊区域が今時都心, かういふ特色はただに, かういふ特質は文学, かういふ犯人にか, かういふ独創的な歴史家, かういふ独断に近い, かういふ獨特な性格, かういふ獨語が彼, かういふ率直な頼み方, かういふ玩具のやう, かういふ珍らしい話, かういふ現代教育に対する忌憚, かういふ現在において, かういふ理窟をこね, かういふ環境のなか, かういふ瓢箪舟に乗り, かういふ生れつき負はされ, かういふ生活信條だけは自得, かういふ町内づき合, かういふ畑ではなく, かういふ畫についてこそ不審, かういふ當時の男女風習, かういふ畸形稿が記念號, かういふ病人に對, かういふ痛感がある, かういふ百姓にとつて, かういふ目標がおの, かういふ相手方のひと, かういふ真似は人間, かういふ眼で平次, かういふ眼付であるに, かういふ眼附を自分, かういふ着物を着, かういふ知識上の考, かういふ砂の中, かういふ研究法は文芸, かういふ硝子質の鎔岩, かういふ礼譲のない, かういふ社会のかう, かういふ社會異變はおそらく, かういふ社會的斷面だけで, かういふ社會觀を固く, かういふ私娼窟が軒, かういふ私見を持つ, かういふ科をしろ, かういふ科学記事を読ん, かういふ科學的の眞實, かういふ移動は, かういふ種々の悲劇, かういふ空地にうめ, かういふ空想に耽り, かういふ空虚軽薄な形, かういふ突拍子もない, かういふ窮屈さに対して自分, かういふ立場から演劇, かういふ立派な瓦, かういふ笑止な豪傑, かういふ筆づかひの, かういふ筆法で行く, かういふ算術をとい, かういふ簡單で思ひ, かういふ系譜的な考へ方, かういふ約束の足場, かういふ純一無二の境, かういふ純粋な友情, かういふ素人の手, かういふ素地が有, かういふ細かな心づかひを, かういふ細君が絶無, かういふ紹介の常, かういふ組に別れた, かういふ組織に對, かういふ経路を辿る, かういふ經驗こそい, かういふ綜合的な傾向, かういふ緑青を溶かした, かういふ縁で二人, かういふ罰あたりにかか, かういふ美文が読者, かういふ義理がある, かういふ老人共の空襲下, かういふ老樹名木はた, かういふ老翁の死, かういふ聖人賢者は好き, かういふ聲が大きく, かういふ職の役人, かういふ肥料過剩, かういふ脈が所謂火山脈, かういふ自分事の話, かういふ自叙伝が複雑, かういふ自在の技法, かういふ自慢話はしない, かういふ自白をし, かういふ臭気は世間, かういふ興味が一般公衆, かういふ興奮を受けた, かういふ舞臺裝置です, かういふ船には籐, かういふ艶つぽい, かういふ芭蕉の句, かういふ花が海邊, かういふ芸のない, かういふ芸人の態度, かういふ芸術に結びつく, かういふ苦肉策を考へる, かういふ茫洋たる女, かういふ藏書や軸物, かういふ藝無しの先生, かういふ藝術論は彼, かういふ虚無的なやう, かういふ行懸り興世王, かういふ行き方のもの, かういふ行事には場, かういふ行動をさせよう, かういふ衝撃を地球, かういふ表現それ自身が生活自体, かういふ表題なら何, かういふ裏町にひつそり, かういふ裝飾品も行, かういふ複雜なもの, かういふ西洋の輓近, かういふ西洋式の採入れ, かういふ見事な健男児, かういふ見物に迎, かういふ規定がある, かういふ親子ばかりだ, かういふ親戚のあつ, かういふ観客によつて支持, かういふ観察の仕方, かういふ観方をすれ, かういふ角度から私, かういふ解決を要する, かういふ解釈を与へ, かういふ解釋をする, かういふ訂正をつけ加, かういふ計画が百年後, かういふ訓練があれ, かういふ設定日でもおかなけれ, かういふ詠嘆を感じる, かういふ詩作にのみ耽つ, かういふ詩句は何となく, かういふ話声が足音, かういふ話題は世間, かういふ該博な學識, かういふ誤りを生ずる, かういふ誤解といふもの, かういふ課題を与, かういふ調査は軍部, かういふ論法の悪態, かういふ謙遜な心掛, かういふ講演会といふやう, かういふ謬見から語法, かういふ譬へ話, かういふ譯である, かういふ讃嘆の言葉, かういふ變化が何, かういふ豐かな夫人たち, かういふ豪傑ぞろ, かういふ負けかたをした, かういふ貴賓には各戸, かういふ賜をいた, かういふ賢明な處置, かういふ質の河, かういふ質問をし, かういふ贈物を受け, かういふ趣味は解らん, かういふ趣旨で行かう, かういふ距りが, かういふ路上から誘はれた, かういふ身心では困る, かういふ躾けの効果, かういふ軍勢がある, かういふ輩に遭つて, かういふ農事の仕方, かういふ迂遠な道, かういふ逃亡は走り百姓, かういふ連想を持つ, かういふ遁げ路を取, かういふ遊び方は君, かういふ運動は我邦, かういふ運命に定められた, かういふ過去をかへりみる, かういふ道具でお, かういふ部分なので, かういふ部屋にお, かういふ都会が世界, かういふ都合のい, かういふ都市の治安維持, かういふ都會をよく, かういふ酒はめつたに飲める, かういふ重傷のとき, かういふ野卑な対話, かういふ野火の惧, かういふ鋭さといふもの, かういふ錯覚はしかし, かういふ錯誤をくり, かういふ長波長の津浪, かういふ長者に対してどうして, かういふ閑寂の境地, かういふ関係から日本, かういふ関係上重太郎は正家, かういふ闇の夜, かういふ阿呆な感傷, かういふ陰謀がある, かういふ陰謀政治家やクーデタ派, かういふ階級的組織從つてまたその, かういふ隙間の空, かういふ隣組はしかし, かういふ集りでは皆, かういふ集団的の行動, かういふ雑誌の存在, かういふ雨の降, かういふ露骨な冗談, かういふ青年男女がお, かういふ非常の際, かういふ非常時に對, かういふ面から見, かういふ面倒な問題, かういふ革命的な質問, かういふ韜晦の蓑, かういふ音數の多い, かういふ響きを聞く, かういふ頂点も大切, かういふ順に杯, かういふ頼みなんで, かういふ題を掲げ, かういふ題材はとかく, かういふ題目即ち日本, かういふ顏の婦人, かういふ顏色のあ, かういふ類ひの, かういふ風変りなこと, かういふ風態は隨所隨時, かういふ風潮の因つて, かういふ風習はなつかしい, かういふ風評は今, かういふ食事をしなけれ, かういふ飯がホンモノ, かういふ餘儀ない事情, かういふ饒舌もしん, かういふ馬を乗り廻し, かういふ馬鹿バナシはボードレエル, かういふ騒ぎを三十七日間, かういふ驛には附き, かういふ體驗がある, かういふ高みでは, かういふ高原にああ, かういふ髪を結, かういふ魅力なので, かういふ鹿や猪, かういまに尋ね, かういろいろと数, かううつとしくち, かううまく此処へ, かうおいひであつた, かうおいらの口, かうおのおのが考へまし, かうお母さんが言つて, かうかといふ順序に, かうかな現實, かうがかへつて熱帶地では, かうきびしく附けたしたもの, かうきれいさつぱり諦らめよう, かうくらいなもの, かうくらやみが言, かうくりかへした, かうぐいとか, かうぐつと胸がつまつ, かう給は, かうこちらもまた, かうざま日は寒し高き, かうしたしなを姿, かうした一人者のお婆さん, かうした一対のもの, かうした一日をわたし, かうした事實がほん, かうした二人にし, かうした人氣とりの世界, かうした代役の思想, かうした作のどうして, かうした信仰から来た, かうした出逢ひの, かうした口をきく, かうした君の無造作, かうした囚はれない情態, かうした国の讃詞, かうした型の記録, かうした家では何, かうした展抒は藤原朝以前, かうした峠がある, かうした巡游神人を, かうした度毎に身, かうした心切で且, かうした心掛に立脚, かうした愛の葛藤, かうした星の下, かうした機會を無益, かうした次のやう, かうした民譚や風習, かうした点も彼, かうした病氣の流行る, かうした神女が一群, かうした組踊りの衰運, かうした網は暫らく續, かうした群から少し, かうした者が完全, かうした自殺にもひとしい, かうした舞臺ですべて, かうした金の苦労, かうした間違ひが, かうした離れ小島にも税, かうした顔触に, かうした顔全体から来る, かうしづかに呟いた, かうしみじみと小生, かうしようといふやう, かうしようお前たちにはわし, かうしんみり話しだすの, かうすべいになじか, かうすら笑いを, かうすらりと脊, かうするとちやんと, かうせいの下女待遇, かうなたも, かうそこから出, かう本復は, かうたくさん大将に儲けさせる, かうただ何か, かうたづねました, かうだけ眞似る, かうだにとれて, かうだめであると, かうだんだんと芋, かうちよいとした, かうつけ加へた, かうつつかなよ竹の, かうつつかの境に, かうつと姉御が, かうていねいに云, かうでもなかりしに, かうとしか思はれないの, かうとしても大きい音, かうとなつてを, かうどこまでも正面, かうどことなくふつくりし, かうどすやろ, かうどんな事を, かうなくてはならぬ, かうなつたんだで, かうなつちやいくら威張, かうなつちやア僕が少く, かうなつちや何でも節倹, かうなつちや禍だね, かうなつちや經費が溜らん, かうなつちや迚も助かりつこ, かうなにかグロテスクな, かうはいへるもんぢ, かうはつきりした区別, かうはつきり言ひきるの, かうはの空で, かうはべの恰好さへ, かうしき草うる, かうひとびとをひとりひとり見送っ, かうひとりが云, かうひとりでに口から, かうひどく不気味で, かうひまが入る, かうひもじくては全く, かうふんばつてすこし, かうぶつのしな, かうぶりけるよ, かう泊るよ, かうべか何かの, かうべにまで痩せこけて, かうべもあげず, かうべらべらしや, かうべらぼうにさむい, かうぼくが述べる, かうまあ相場が, かうまでからだが, かうまでに私共の, かうまでは微妙で, かうみわづらひ歩く, かうむき出しに云, かうむづかしい字で書かれ, かうむり第三, かうむりたいと私かに考へ, かうむりたりしに幾ほどなく, かうむり馬鹿飲みしたくて, かうむるぜ錢形の親分, かうむるやうに考へて, かうむる乗鞍嶽を望ん, かうむる可く候, かうやかましく云ふ, かうやが燒けても, かうやはり同じやう, かうゆツくり云つてにやり, かうよりも各自の, かうわけがわからなく, かうわしは信じ, かうわたしに話しかけた, かうオクサーナは狡, かうカテリーナは心, かうキツパリと言, かうキビキビした胸, かうサつてちよつと姿態, かうザワザワして, かうシンとした, かうスラスラといつ, かうスーツと消えた, かうセチがらく, かうソローピイの配偶者, かうヂッと見つめる, かうと, かうトウルゲネフへ声, かうハキハキしてるところ, かうハッキリと答, かうヒヤリとして, かうフンハリと花, かうホカホカとした, かうボケちやア木村はダメ, かうボール紙を剪つて, かう一々数へ, かう一つ一つの面, かう一同に言, かう一字づつバラバラに書き散らされた, かう一本突つこむと, かう一杯キユーツとやり, かう一緒に伴, かう一途に思ひつめ, かう一部始終を語り終る, かう三つあるの, かう三つ主人は此處, かう三人揃はなけれ, かう三日月姿に減らせた, かう三様有つて見惚, かう三輪の萬七親分, かう上さんは話した, かう下向になつて何時, かう不景気ぢや迚, かう不良ばかりだらう, かう世間一般に信じ, かう両側に生え, かう中年の看護婦長, かう中年男女の性的, かう出さずには, かう乞食へ声, かう事件が深刻, かう事務員の一人, かう事実が教, かうた子, かう二本の指, かう二段に分け, かう云つたこちらの顏, かう云つたセルギウスの目, かう云つた事があつ, かう云つた五色ガラスの家屋装飾, かう云つた儘すわつて, かう云つた兄は目, かう云つた切り取り扱つて, かう云つた切り女を見ない, かう云つた己の手, かう云つた後で少し, かう云つた後豚のやう, かう云つた敷島は澄し, かう云つた時クサンチスの声, かう云つた時セルギウスは全身, かう云つた時ワシリの顔, かう云つた時丁度風が出, かう云つた時女はさつき, かう云つた時渠はふと, かう云つた時義雄は身, かう云つた時老人はひ, かう云つた私の声, かう云つた老人のドイツ語, かう云つた詞だけは彼, かう云つた調子は強く, かう云つた途端に二匹, かう云つた鏡子の言葉尻, かう云つた風なこと, かう云つていちは門, かう云つてからだをゆすり, かう云つてこちらはこの, かう云つてごろんと仰向け, かう云つてたづねました, かう云つてちよつと詞, かう云つてひよろ長い体, かう云つてふろしき包みをひろげた, かう云つてみんなを残し, かう云つてやつと身, かう云つてわたし自身を叱り, かう云つてわななく胸, かう云つてインバネスをあ, かう云つてウ井スキイのグラス, かう云つてステッキで石, かう云つてステパンはくるり, かう云つてプラトンは少し, かう云つてリイケは夫, かう云つて一さかりのあつ, かう云つて一つあたま, かう云つて一口飲んだ, かう云つて一寸外を覗いた, かう云つて一生懸命土をい, かう云つて丁度皿を二枚, かう云つて上つて, かう云つて久保田はぢ, かう云つて久吉の方, かう云つて二人は再び, かう云つて五位の答, かう云つて人さし指で空中, かう云つて今まで笑つたこと, かう云つて伜と嫁, かう云つて伯母は溜息, かう云つて俺をせめる, かう云つて傍輩と一, かう云つて僧院長セラピオンは静か, かう云つて兄の臂, かう云つて劉は小さな, かう云つて勇がその, かう云つて包みをかツ浚, かう云つて北劍は同じ, かう云つて医者が眼, かう云つて千代子も失望, かう云つて吸物椀を下, かう云つて唐草模樣の燒繪, かう云つて問題を説明, かう云つて坂部は傍, かう云つて堀は中泉, かう云つて外には出た, かう云つて多勢の人々, かう云つて大勢が舷, かう云つて女王は狭い, かう云つて嫣然とした, かう云つて子供ふたりは直ぐ, かう云つて孫四郎は形, かう云つて少年は何, かう云つて山崎と平井, かう云つて巡査をにらみ付けた, かう云つて帰つた, かう云つて底光りのする, かう云つて庭口から出, かう云つて弁解するつもり, かう云つて彼女は首, かう云つて急に公爵, かう云つて患者は仰向い, かう云つて惚れ惚れする声, かう云つて所天を少し, かう云つて指で十字, かう云つて揶揄つた, かう云つて昇は目, かう云つて書生は群集, かう云つて朗かに笑, かう云つて木を痛められる, かう云つて横を向いた, かう云つて次の間へ行かう, かう云つて歎息したといふ, かう云つて此詞の意味, かう云つて気焔を吐いた, かう云つて溜息を衝き, かう云つて滿は顔, かう云つて無意識の衝動, かう云つて煙脂だらけの黒い, かう云つて爺いさんは, かう云つて爺いさん達は腹立たし, かう云つて琥珀群青色の指輪, かう云つて病室へ行く, かう云つて白川は自分, かう云つて直ぐにそれだけ, かう云つて矢張笑つてゐる, かう云つて窓を締め, かう云つて笛村樂塾の主人, かう云つて糸鬢奴の頭, かう云つて紅毛は大きく, かう云つて紙牌を示した, かう云つて細君は襖, かう云つて老人は話題, かう云つて胸を指さ, かう云つて臂を前, かう云つて自ら上り乍ら此の, かう云つて自問自答をし, かう云つて船頭に艪, かう云つて裁判長はぐつと被告, かう云つて記事を朗読, かう云つて貰ひたかつた, かう云つて赤インキで消し, かう云つて逃仕度をする, かう云つて酒の毒見, かう云つて鏡子は姪, かう云つて閭は座, かう云つて随いて, かう云つて隣室に居る, かう云つて静に後, かう云つて革新さるべき人々, かう云つて馬琴は自ら, かう云つて黒人の王, かう云つて鼻をかんだ, かう云はずに居られなかつた, かう云ひさして爺, かう云ひだした, かう云ひながら末の出す, かう云ふところにもプルウスト, かう互に言ふ, かう五體の肉, かう亭主運が悪い, かう人氣が無い, かう人間と云, かう人馬のため, かう今日の一日, かうの税, かう他愛もない, かう仰せらる, かう伯父に言, かう低い嘆聲を, かう低く呟いた, かう佐渡屋の掛り人, かううも, かう何だかいやさうな, かう何ともしれぬ物, かう何時までもぶらぶら, かう何気ない風を, かう何百という愉快, かう佛蘭西風に發音, かう作者は望ん, かうるがい, かう侍臣に言, かう信一郎が述べ来つた, かう信子に念, かうにし, かう倹約倹約つて口喧ましく絵具, かうのもの, かうを潛, かうどもつれ, かうつてしまへ, かうで夢, かう八方ふさがりにな, かう兼家が言, かう円かな寂けさ, かう冗談に叱りつけたら, かう冥想的なもの, かう冷えては, かうしいの, かう出し拔け寒く, かう出來つかな, かうつた方, かう初冬の一夜, かう初対面の挨拶, かう判つてみても, かう判断する, かう別れをつげた, かう力強い一つ, かう加集は強い, かう勇氣が盛ん, かう勘定するの, かう匕首なんかく, かう医者はあやし, かう千恵はうろうろ, かう刻も, かう即断すると共に, かうなもの, かう姉の, かう反問はし, かう収穫の時分, かう叙述的な書き方, かう口々に云つて, かう古めかしい怪異物語の, かう古事記ではかう, かう叫びざまダニーロは勇壮, かう吃驚して, かう合せながらも, かうをつけ, かう名乗つてそれから叮嚀, かう名人喋りまくる, かうしあがる, かうツ腹が, かう含み笑ひを, かう呆気なく終つて, かう呉清源は伺ひ, かう呉葉が訊く, かう告白して, かう呶鳴つたもの, かう呶鳴つてそこへ引つたてられ, かう咎めながら先刻, かう賣を, かう問はずには居られない, かうからほか, かう單純に白い, かうじて, かう嘆息を洩らし, かう嘲笑して, かう四字ならべたこの, かう四季のもの, かう四角な長い, かう圍爐裏の側, かう地位も変つて, かう地味な根強, かう執着れでも, かうの夕ぐれ, かう大事の時, かう大勢ゐるから, かう大観すれば, かう天使と問答, かう太く書いた, かう太政官は信じ切, かう夫人は言つて顔, かう奉答して, かう奉行の冷淡, かう女教師に話しかけ, かうもあり, かうに沈んだ, かうに呼びかけ, かうはべら, かう姉さんにお, かう始末でこんな, かう子供に教, かう子供等に話し, かう子供達は母親, かう子規が云つて, かう字引のやう, かう安藤は觀察, かうまつて, かう定めて居ると, かう定義すること, かうに先入観, かう宣戰布告をし, かうはめったに, かう家柄の方, かう容易に, かう宿六運が悪い, かう寂しい頃だ, かう寄附しろと, かう寒々としてゐ, かう寒うなつて, かうて居る, かう小さい張鳳に, かう小母さんは言, かう小股のきれ, かう小鬢のあたり, かう小鳥にむかつ, かう屋上の捕物, かうはかう, かうが二つ, かう川平さんも口, かうにいひのがれられる, かう巧妙に詰め込まれた, かう常に堂々と標題向き, かう常談などもつけ加, かう帽子を忘れ, かう平気で居られる, かう平生と違, かう年始の挨拶, かう幸福な二人, かう幾つも有る, かうのやう, かうが分つ, かうがだれ, かう弁護して, かうに言, かう弱くては困る, かう張りのある, かう張合ひの, かう強くいへる, かうみが, かう彼女性は思つて, かう御意遊ばすの, かう微かに女, かう心からしみ出るやう, かう必死に引つ, かう快活な声, かうを押し, かう思いは梭, かう思つた持主はその, かう思つてそれを搜, かう思つてわしは何事, かう思つてセルギウスは法衣, かう思つてソロドフニコフは不愉快, かう思つて一寸も動くまい, かう思つて今の此, かう思つて來ると, かう思つて先生はちよい, かう思つて単位を事件そのもの, かう思つて同郷の先輩, かう思つて呑気に吉三郎, かう思つて夕飯後弟の返電, かう思つて失望した, かう思つて専念にそれ, かう思つて強ひて, かう思つて心に深い, かう思つて感心したやう, かう思つて更に見る, かう思つて渠はさき, かう思つて父母は心配, かう思つて爺いさんは, かう思つて独り黯然とした, かう思つて腹を立てた, かう思つて行李を開け, かう思つて雪の階段, かう思つて静かに樹, かう思つて黙想した, かう怠惰ものでは, かうを吸, かう意地悪るなん, かう意識せずには, かう愚痴を言つて, かう愛しみ懷, かう愛情のない, かう感受する事, かう感嘆詞を連発, かう感想を述べ, かうがで, かう憤然として言, かう懐中が痛むで, かう懐手して, かう成つたにも為, かう成つたのがどう, かう成つた上は最早, かう我々はこの, かうの鳥, かう手ツ平でぶん, かう手品師が言, かう手堅い仕事を, かう手應へでもあ, かう手紙にも書い, かう手間を取, かう批評家たちに要求, かう拜む形に合せ, かう振り仰いだ八五郎, かう据身になつて, かう接吻して, かうへてみます, かうまつて, かう改良して, かう教父と一緒, かう教育した母親, かう敦圉いて, かうへて抑, かう文吾が叫んだ, かう断定して, かう新しい住職はを, かう新仏へ話しかけた, かう新造に騷, かう斷案を一番遠く, かうが照る, かう日増に芋, かう日本婦人はほめられた, かう旦那旦那と立て, かう早く金の, かう早く家へ帰りついた, かう早口に言ふよ, かう早松が生え, かう昂然としていつた, かう明るいやうな, かう春水が称し, かう時代だった, かう時勢が変つて, かう時子は喜ばし, かう晴れやかに呟き, かう暖かい叱責を, かう書き出しますると, かう有様を想像, かう朋輩から呼び起され, かう木の葉はかう, かうを遠く, かう本統のお, かうが言, かう松岡を叱りたかつた, かう大家が, かう之丞, かう根元が太つて先, かう桃割の女, かう條件を並べた, かう梨枝子ばかりを追, かう極端に論じつめなく, かう機嫌を取られ, かう歌つた喜んだ, かう歌つた作者は青春期, かう歌つた私の家, かう歌つて手品師がたくさん, かう歌つて雪を嫌, かう母者人がよく, かう毎日天文ばかり見, かう毎日毎日落ちて, かう毎日雨降りつて, かう毎月ぐれる樣, かう水島に答, かう決め込み乍ら寝間着の襟, かうだの油, かう注意して, かう流行的にな, かう魂しく叫ん, かうが出る, かう深く歎か, かう清一にも訊ねた, かう源吉が云つたの, かう入つて, かう漢字ばかりで, かう激賞するに, かうを燃, かうにおいて全く, かうたもの, かう烏萩こうや万年草いちはつ狐の行灯, かう無事に持つ, かう無遠慮に聞い, かうされるの, かう熱心に質問, かうの影, かうも母, かう片意地なところ, かう物静かな瞑想, かう特別な, かう独り考へながら, かう独り言をつづけた, かうじやら, かうが尋ねた, かうなもの, かう甘えさせて, かう甘く見えたつて, かう生活した, かう申升た, かう男らしくは云, かう町子は従姉, かう番ごと繻子張を持出した, かう番頭が引き, かう番頭さん鼠小僧の御, かうてつけられ, かうみかけて, かう病牀にある, かう発刊の都度, かう白いものが, かう百姓生意氣になつ, かう百舌の塒, かう百貨店がによき, かう百足にでも這, かうがなぶり, かう皮肉に出る, かうの盲, かう盲信したの, かう直感した私, かう對し, かう相談するやう, かう短くなつて行, かう砲弾も銃弾, かうでもない, かう祈り沈んで, かう神經をマヒ, かう秀吉をめぐる, かうへること, かうを眺め, かう空々しく言へる, かうつ込んだこと, かう突ツ込んでる, かう続けに, かう立派なこと, かう符合して, かう二信も, かう筋向うの三階, かう築地小劇場は云, かう簡単な会話, かう簡單に答, かうが廉, かう精神錯乱と云, かうが無駄, かう約束して, かう素人まかせでは我まま, かう素材の上, かう素知らぬ顏が, かうに棚引く, かう細長いやうな, かう紺ぺきの遠い, かう組み立てて, かう結論のやう, かう經緯を説明, かう続けざまに夏子, かう解きを, かう署長も刑事, かう美女はワクーラ, かう義雄はかの女, かう羽音のみがあたり, かう友の, かう老人達が言, かうにつきだしたら, かう職人風な人, かうにのつけ, かうを折りまげ, かう背後から声, かうのすく, かう胸元へ短刀, かうがぬけき, かう脇差の柄, かうを上げ, かうをきめ, かう腹工合が悪く, かう自ら叫んだ, かう自ら問ふて見て, かう自分以外のもの, かう自問自答する努力, かう良平を褒め, かうつぽく, かう色々に説く, かう花魁が申します, かう英語をつかふ, かう荒々しく声を, かう菖蒲ばかり植ゑなくても, かう落付かうと, かうをつめ, かう赤いおぼろ月夜, かうをかか, かうの群れ, かう蝙蝠の群れ, かうにも睡魔, かうの様, かう血汐に汚れ, かうつたらよろし, かう行き詰つた事件を打開, かう行つてかう曲つたとこ, かうを心得, かうの裏, かう西洋のお, かう見事に的, かう見物人の一人, かう見當を附け, かう覚えが悪い, かう覚悟をきめた, かうじて, かうを生やす, かう言つたわけ隔てのない, かう言つた一人は仲間, かう言つた七郎の瞳, かう言つた人は僕, かう言つた人達の胸, かう言つた女はまた, かう言つた妻の母, かう言つた宮廷と里方, かう言つた市太郎は言, かう言つた平次です, かう言つた後で思はずも, かう言つた意義がまつ, かう言つた態度で平次, かう言つた所で鎌田氏, かう言つた方法で自ら憐, かう言つた時彼の顔, かう言つた時蒸溜人の両, かう言つた曖昧茶屋などは確, かう言つた有徳人の中, かう言つた村長は相手, かう言つた気質の彼女, かう言つた水の神女, かう言つた浮世離れのした, かう言つた爺さんはもうかなり, かう言つた特殊の環境, かう言つた目つきが取り交される, かう言つた社會に多い, かう言つた種々の問題, かう言つた窕子の頭, かう言つた結婚法がやはり段々, かう言つた老婦の眼, かう言つた肌合ひの, かう言つた自分の語, かう言つた見事な歌, かう言つた言葉も決して, かう言つた離縁を目, かう言つた静的のもの, かう言つた風に天子, かう言つてあたりの人々, かう言つてあちらの市の, かう言つてあとを殘, かう言つていも虫のやう, かう言つておかみさんは話, かう言つておれを勵, かう言つてお母さんは買, かう言つてそこの柱, かう言つてその後姿を此方, かう言つてそれが蔵相, かう言つてなんべん, かう言つてほのかに顏, かう言つてほんとうに胃, かう言つてみんなをよぶ, かう言つてカタンと扉, かう言つてグラウンドになつ, かう言つてタバコの煙, かう言つてチヤツクにあやまる, かう言つてチリチリンと電話, かう言つてデピユウ氏は演説, かう言つてハンケチで眼鏡, かう言つてプイと座, かう言つてペツペツと唾, かう言つてボウトのそば, かう言つてマカールの手, かう言つてリカはし, かう言つてロイド・ジヨウジ氏は自慢, かう言つてロベエル・コンシャアルの方, かう言つて一寸言葉を切る, かう言つて上さんは話した, かう言つて上り口へ出, かう言つて下り口に膝, かう言つて主人はにこ, かう言つて久米氏は件, かう言つて亀縮むだ掌面, かう言つて二三日の暇, かう言つて二人はわかれた, かう言つて二度三度お辞儀をした, かう言つて人形のやう, かう言つて人達は其方, かう言つて伊豆は掌, かう言つて何か喰, かう言つて侯爵の顔, かう言つて信者の男女, かう言つて俳優のやう, かう言つて先に立つ, かう言つて兼家も笑つた, かう言つて分家や別家, かう言つて剃刀を取り出し, かう言つて前に立つた, かう言つて占つた, かう言つて厭がる夫人, かう言つて反身になつ, かう言つて叔母ちやんとお話, かう言つて吃驚する娘, かう言つて噂した, かう言つて地團太を踏ん, かう言つて堀川の殿, かう言つて声を立て, かう言つて夏蜜柑のやう, かう言つて大事さうにフツと一息, かう言つて大将はぐるぐる, かう言つて大王にお辞儀, かう言つて夫に顏, かう言つて始めは本, かう言つて婆やがこ, かう言つて定吉は二服目, かう言つて客は気持, かう言つて家内は自分, かう言つて小母さんは唖娘, かう言つて小舎の横木, かう言つて少年を寝床, かう言つて山ふところの方, かう言つて帯の間, かう言つて帰つて来た, かう言つて帰つて往つた, かう言つて平三を起し, かう言つて平公は常, かう言つて平次の袖, かう言つて平気な顔, かう言つて幾度か常春藤, かう言つて後れ毛を撫であげた, かう言つて得意さうに, かう言つて心配する主婦, かう言つて懐の上, かう言つて成金は女房, かう言つて手を合せ, かう言つて押入から不断, かう言つて拍子拔けのした, かう言つて拜むんだなえ, かう言つて教へてゐる, かう言つて方針をかへてあちこち, かう言つて日本中の平民, かう言つて旦那はお, かう言つて昔の山, かう言つて星島氏は孝行者, かう言つて晩になる, かう言つて村方の人さん, かう言つて果物を置いた, かう言つて梯子段の手, かう言つて横になつ, かう言つて正直さうなお, かう言つて水を浴び, かう言つて沈黙した, かう言つて沼岸のしげみ, かう言つて清正と二人, かう言つて湯桶に漬, かう言つて火鉢へ行, かう言つて炭団のやう, かう言つて獄門の首, かう言つて獣のやう, かう言つて玄關の扉, かう言つて用人はさつと, かう言つて画家の杉浦氏, かう言つて番茶を汲ん, かう言つて皿のなか, かう言つて私にもち, かう言つて空からもつ, かう言つて立留つた袖子の顔, かう言つて笑つてゐた, かう言つて箒で一つ定吉, かう言つて籠をお嬢さん, かう言つて絵の作家, かう言つて絶句して, かう言つて老婦はその, かう言つて聲をかけた, かう言つて肥つた男は一服喫, かう言つて肩を聳やかした, かう言つて胃の腑と愛国心, かう言つて腰に下げた, かう言つて自慢さうに, かう言つて船長は大きな, かう言つて良人の方, かう言つて苦笑した, かう言つて茂作はむつくり, かう言つて茸のやう, かう言つて荒縄でぐるぐる, かう言つて莞爾と笑つた, かう言つて薬の効力, かう言つて親切な白い, かう言つて言ひわけ, かう言つて誰も楽しみ, かう言つて調子を合せた, かう言つて調弄ふと給仕, かう言つて譽めた, かう言つて運動する, かう言つて道綱をなだめた, かう言つて道臣は盃, かう言つて釣竿を差出し, かう言つて長火鉢に炭, かう言つて雲や霧, かう言つて雲の上でつづけ, かう言つて面師に相談, かう言つて音楽家はポケツト, かう言つて首を傾けつ, かう言つて魚のやう, かう言つて麺麭をお, かう言つて鼻で笑, かう言はずには居られない, かう言ひさして身体, かう言ひざま彼, かう言ふかと思ふ, かう言ふさしぬき, かう言ふしどんな事, かう言ふつもりは, かう言ふところに正, かう言ふんです, かう言ふ育ちかた, かうもなく, かうへたん, かうを入れました, かう註文して, かう註釈したい, かうを結ぶ, かうじつめれば, かう詳しく説明した, かう認めてあつた, かう語り合つた, かう誡めてゐる, かう誰かに零し, かう調べ上げて, かう調戯はれると, かう諸式が高く, かうふもの, かう謂つた種類の数限り, かうひながら, かう警手に声, かうす, かう豊かにされ, かう貧しい余り余裕, かう貧乏な身代, かう貫禄とでもいつた, かう赤とんぼうの, かう走り廻るの, かう跫音ばかり, かうぬちへ, かう身分に差別, かう身體まで縛られ, かう軍用金が不自由, かう軽く言つてそして, かうずるの, かう辯ずるのでした, かういの, かう述懐して, かう追及します, かう退屈なん, かうします, かうかつた, かうが暗く, かう達辯に續, かう違ふかと謂, かう遠廻しに持ちかけた, かうれてるの, かう遺言して, かうばかり飲ん, かうつぱらつた中年, かう酔つた時の心持, かう酷い目に, かうの融通, かう金切声を出した, かうを刺した, かうのやう, かう鍛冶屋が挨拶, かうを渡した, かう長う引き留めて, かう長嘆したもの, かう長雨がつ, かう開化して, かうの拔けたやう, かう間伸びのした, かう降りつづいては, かう陶然としてゐれ, かう陽気な唄うた, かう障子越しに聲, かうの老人, かうに緩, かうの降る, かう電車もすべて, かうがしげく, かうになつ, かう静かに楽しく, かうかに訊きました, かう非常に遠い, かう非難を仄か, かうと向, かう面白いぢや, かうも騒がしからず, かう音読して, かう音豆を煎る, かう順々に仰る, かう順吉から誘, かう頓狂に叫ん, かうがもやもや, かうをグッ, かうをふり仰ぎました, かう顔ぶれを思ひだす, かう食料はどう, かうの名前, かう馬橇引や買物, かうを持ち上げた, かう騒がしくては本文, かう驚ろいて, かうが縮ん, かうびしやに出られる, かう高くなつて, かう魔性の地点ぢ, かうに言葉, かうがちつち, かう鶺鴒は忽ち, かう麹町が答, かう黒い騎士は, かう默つてポーズして