青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「かい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~お話し お話し~ ~お辞儀 お辞儀~ ~お金 お金~ お雪~ ~お願い お願い~ ~かい
かい~
~かいた ~かう かう~ かうし~ かうした~ ~かえ かえ~ ~かえって かえって~ ~かえる

「かい~」 4462, 48ppm, 2417位

▼ かい~ (2457, 55.1%)

105 いる 103 いた 62 いるの 49 ある 28 いて 22 います 21 あった, 寝て 19 あるの, ゐる 18 いたが, 眠って 16 ゐた, 居ります 15 いると 14 ありました 13 いました 12 いたの, 坐って 11 いるよう, 坐つて 9 あります, 下すった 8 あつた, いるうち, いるという, くれと, それを, ゐるの 7 いるとき, いるん 6 あるん, いること, いるもの, くれました, 来て

5 [11件] あったの, あるには, いるが, いるところ, いる人, くれた, しまった, ゐたが, 睡って, 見たいと, 酒を

4 [27件] あったが, あって, あつて, あるもの, あるよう, いても, いられる, いるから, いるわけ, いる机, おいて, しまいました, しまつ, その下, みようと, みる, みると, やった, やって, やると, ゐると, 寢て, 居る, 煙草を, 眼を, 自分の, 見ようと

3 [32件] あるから, あると, いたとき, いなかった, いましたね, いますが, いるし, いるので, おきました, きた, くれたの, しまったの, しまって, その上, それから, それが, みた, やったり, やる, ゐるところ, 下さい, 下さいな, 出して, 口を, 女の, 寝こんで, 居た, 座って, 新聞を, 砂利の, 見せた, 見せました

2 [114件] あげよう, あったか, あったもの, ありその, ありますよ, あるあの, あるか, あるという, あるので, あるほご, あるやう, あるよ, ある巻物, ある男, ある芸者, いいの, いたお, いたと, いたのに, いたよう, いた人, いた時, いない, いながら, いるか, いるこの, いるじゃ, いるその, いるだけ, いるのね, いるひま, いる場合, いる方, いる時, いる時間, いる最中, いる武士, いる膝, いる自分, いる間, おくこと, おります, かばんの, くれたが, くれて, ぐっすりと, それに, どこかの, ねて, ねむって, ひとりで, みたい, みたいと, みたいの, みたが, みましょうね, もらった, もらつて, やったこと, やったの, やらなければ, やりました, やりましょう, やるの, やろうと, ゆくという, よこしたり, ゐたの, ゐました, ゐること, ゐるので, ゐる圖, んのよ, 上着を, 下さいと, 何か, 傍に, 傍らに, 地球一面に, 坐った, 太平の, 寝込んで, 居た事, 居ります二階, 居ると, 帰って, 恐縮した, 昼寝し, 歩いて, 渡した, 盛に, 目が, 眠つてゐた, 眠り込んで, 眠る, 眺めて, 祖母の, 私の, 置いた, 行って, 見せると, 見た, 見たが, 見て, 見ましょう, 話を, 貰って, 貴方に, 送る, 送ると, 飛びました, 飛んで, 飯を, 首を

1 [1255件 抜粋] ああいう, あげたり, あげるいづれ何, あっただけの, あったでしょうぷりっとした体, あったらしい, あった鉄仮面, あと小説を, あの怪物, あらあよっぽど, ありましたそう, ありますね, あるいわゆる, あるが, あることば, あるそれ, あるでしょう, あるとは, あるひき方, あるグラス, あるヨ, ある事, ある人の, ある動物, ある地図, ある姿, ある建物, ある数字, ある昔, ある物, ある箱車, ある羅紗問屋, ある行灯, ある赤, ある通り, ある雜誌, あれや, あん蜜売つて, いくつも, いず私, いたおやじ, いたこころもち, いたころ, いたみどり, いたらしい, いたら少し, いたプロレタリア文学時代, いた中年, いた勘次, いた小説, いた時分, いた歴史的背景, いた相川良之介, いた若い, いつもの, いてつかれ, いないのよ, いながらも, いましょう, いますそれら, いやらしい犬, いらっしゃる, いられなかったのよ, いられるの, いるけれど, いるじぶん, いるため, いるつもり, いるでは, いるとしか, いるなか, いるのに, いるは, いるほう, いるむこうに, いるバルチック種, いる事件, いる人々, いる佃, いる佐竹, いる六畳, いる友人, いる子供, いる少数, いる患者, いる有様, いる横, いる点, いる男, いる画家, いる紙切れ, いる絵, いる評論, いる道庵先生, いる金五郎, いる顔, いれば, いろいろふさわしく, うつむいて, ええ御子供衆, おあたり, おいたの, おきたいと, おきましたが, おく, おけばこそ, おこうと, おられるが, おりその, おるので, お寝み, お熱, お詑びした, かきと, かけて, きたが, きた時代, きょとんと, くるからネ, くれた小出楢重君, くれた絵話, くれても, くれない, くれるかね, くれる人, ぐっすり眠り通す, こそこそ逃げ出そう, このあたり, この冬, これほどの, ございました, ご自分, さあさあ評判, さっきからの, さらりと, しまいそう, しまいましょう何, しまうの, しまうよう, しまう方, しまおうと, しまった儀作, しまってから, しまわず念, しみじみと, すこし横, すすむの, すわった, そうして眼鏡越し, そしてくしゃみ, その仕度見送り, その文学, その稿料, それからき, それから速度, それでも薔薇, そんな独言, ぞんざいな, たつた今, ためいきを, だいたいよくなった, だしたゴツデム, ぢつと, つゆを, とびまわって, どこまでも, なかなかいい, なだめすかして, なんべ, ねむった, はげましました, ひどい目, ふろしきを, ほったらかして, また路頭, まだこういう, まわりだしたの, みこれ, みせますと, みせろ, みたいとも, みたい気, みたくなるの, みたり, みて, みないか, みましょうと, みよう, みるため, みる勇気, むずかしい顔, もうへとへと, もって, もらいたい, もらうから, もらえなかったため, もらったり, もらつたが, もらふ目的, やが, やったら定めて, やつても, やらねば, やるからな, やるぞ, やる音信, やろう, ゆきたいと, ゆくこと, ゆくの, ゆく傾向, ゆく心持, ゆく空気, よく判らず, よこしたし, よこしなさいと, よろよろと, わたした, わらう, ゐたもの, ゐた癖, ゐましたらどんと, ゐますが, ゐられたが, ゐるあした, ゐるお前達, ゐるやう, ゐる三疊, ゐる人, ゐる奴, ゐる時, ゐる私, ゐる蝋石細工, キレイに, グイ, ジッと, タンカを, ニタニタ笑いが, ニヤリニヤリと, ビュルゴン婆さんを, ブルブル慄, ペーチャの, マアこの, レーニズムの, ワイ, 一人で, 一冊の, 一週間も, 三十位に, 上げて, 上甲板へ, 下さいました, 下さるかしら, 下すったら, 下を, 与えたという, 両手を, 並んだ連中, 中宮から, 乾と, 二の腕へ, 云った, 人の, 人集りの, 今日の, 他愛なく寝, 低いお, 何でも, 使う何倍, 侘しい食事, 俳優の, 停車場や, 傳へる, 先生宛に, 八端の, 共に苦笑, 出かけて, 出しました, 到底物, 前の, 勉学し, 動きません, 包みかけたら何となく, 十万部も, 千住だの, 参りましたが, 又明夜, 口の, 右の, 右肩に, 吾, 呉れと, 味ふ, 咲枝に, 四たび白い, 回転する, 國讓り, 地主が, 坐つたまま, 坐りやつ, 坐る, 塔上の, 夕方戻っ, 夜の, 大きくなっ, 大変もてはやされた, 大晦日の, 大笑いを, 奏管, 始めてその, 宅へ, 宙天へ, 実はまだよく, 家臣の, 寐た, 寝た, 寝ましたが, 寝入ったらしいので, 寝入つて, 寢込んで, 封を, 小娘の, 小首を, 屁鉾文士を, 居たそれ, 居ない, 居ます, 居りますが, 居りますので, 居ります珍しい, 居りません, 居りませんね, 居るが, 居る事, 居る序, 屋根裏に, 展覧会へ, 岸ちかく, 左脚の, 差配の, 巻き煙草, 平次の, 床に, 庭づたいに客間の, 引きさ, 張り付けたねだん付け, 当惑した, 彼の, 待って, 御用部屋の, 御覧なさらない, 御飯に, 念写する, 怪話を, 悠然と巻煙草, 惑うて, 慌てて, 我慢し, 戸の, 手を, 手足が, 払い退きょう, 投げつけると, 拳を, 掃除の, 探してるだろうが, 文壇に, 新七は, 日本の, 旨い物, 時々晴雨計, 暮らした, 有鎭, 本で, 来た, 来たの, 来ても, 来るの, 椅子に, 楽々と, 楽しんだり, 横にな, 歌舞伎座で, 歩いてを, 死んだ人, 母の, 水の, 汗を, 江戸から, 汽車に, 法事の, 泣きそう, 泳ぎまわって, 浮いて, 消えて, 涙を, 渋団扇で, 渡したの, 漁村の, 澄ましこんで, 灯した角行燈, 煮だし汁, 爛々たる, 牛が, 独りぽつねんと, 現物の, 甘い汁, 用事を, 申しました, 癖の, 発表し, 白い泡, 盃を, 目ざめること, 相合傘の, 真鍮の, 眠つ, 眠つて居る, 眠りを, 眠ること, 睡った, 稻垣の, 積み上げる, 立つて, 笑った, 筆を, 箱を, 終ったが, 終り, 置いたが, 置いた事故未熟, 置けば, 考えました, 肘を, 胸の, 腎ウ炎の, 腰の, 自分は, 舞つてゐ, 苦笑し, 草を, 荒い息吹, 荷を, 葉子が, 蓮台の, 血を, 行きますよ, 行くたのし, 行くの, 袋の, 見せて, 見せる男, 見たの, 見てると, 見ようか, 見ようかと, 見る, 見ると, 親しい人たち, 言わずに, 読書を, 謀叛人の, 貰うて, 貰おうと, 赤い舌, 走り廻つてゐる, 足元さえ, 身の, 軽井沢へ, 返事を, 送って, 送ります, 逃げ出した, 遙, 避けて, 都へ, 醤油を, 野から, 鉄拐屋と, 鉈豆煙管で, 長い時間, 長椅子で, 陸尺が, 隠から, 零した, 静かに, 頑張って, 頭を, 飛びのくや, 食うから, 食事する, 飲んだ酒, 馬を, 駈けつける真に, 高いところ, 高い價, 鳶の, 黒く光り, 黙った, 黙然と互に顔

▼ かい~ (167, 3.7%)

8 みた 5 みると 4 か, ゐる 3 いましたが, いると, いる時, ごらんなさい, は, みたり, みて, みました, 見て 2 いた, いる, いるの, じっとし, たまらぬという, みな, みる, ゐると, 見たばかり

1 [101件] あのおばさん, いい心持, いたの, いたよう, いたらフランス, いた富士男, いた様, いた白い, いった, いても, いるうち, いるよう, いる素子, いれば, おやと, お姉さん, から呟, こい, これは, ごらん, ごらんよ, すっかりうれしく, それからそいつ, そんなとぼけた, たまらないという, たまらないの, たまらないよう, とかくに, どうする, どこまでも, なるほどと, にこ, はございまする, はどう, は恩賞, は息, は気, ひとなぐりし, ふしぎそうに, まだ肩腰, まわり玄関, みたって, みたまえたばこ, みたまえどんな, みたらかすか, みたんだい, みた後, みては, みながら, みねえな, みましたら娘, みろよ, みん, もええ, ものうもう一度, もよい, やって, やって来たん, ゐます, ゐるわけ, ゐる僞善, 一同土肥君の, 一夜を, 人間が, 好いと, 嫁を, 居たい, 居たが, 帰って, 廻つて, 御覧なさい, 急に, 悦んだこと, 意地悪く, 我慢が, 来たので, 東久邇宮師正, 歩いて, 歩きながら, 歩くの, 気の, 盃洗が, 立ち退いても, 置くと, 置けと, 臆病で, 見た, 見たらどんな, 見たり, 見た時, 見る, 見ると, 見る必要, 話したいと, 課長さんに, 賊の, 足れりと, 酒ずき, 酒に, 野天で, 驪姫の

▼ かい~ (148, 3.3%)

6 男は 5 ないこと 3 である 2 あること, つかぬよう, を一本, 手を, 角だの, 音が

1 [122件] あたま, あるまんま花, ある時, ある訳, おこらんほう, お前まあ, お婆さん, かい, かばんを, からだを, が, がとれる, が何より, ささこれ, しげかった, しずくも, しんしつ, ぜんぶの, だから, だろういつ, つかないよう, つかなかった若い, つかぬ明智, てんじょうまで, できないもの, でしょうね, です, とこっち, ところへ, とをもつ, ないのに, ないほどに, ない痴愚, ない花, ない野郎, なかで, なくなって, なさ加減, なる音, は, はいったかばん, はこびに, はそんな, は右, は大概畳, は当然, ひろいへや, へやに, へやへ, ほんまに, まだ, まだ枯れ枯れ, まどから白い, まどから赤い, まどの, もやむをえない, も来たし, やねの, ゆめの, ゆめは, ような, ように, ろうかを, を一本紙, を一本腰, を前半, を差し, を抜い, 一つの, 一室に, 上で, 上に, 中に, 中へ, 中を, 全盛時代に, 化粧部屋の, 半日が, 古ぼけた教会堂, 向こうに, 坂田礼之進, 夫人の, 妾かいの, 山の, 川かいの, 幻聴を, 影法師を, 後生楽, 御外戚, 折には, 挨拶じゃ, 方を, 方法において, 欲しない, 段じゃ, 気がかり, 火を, 由来談に, 男が, 男や, 男女は, 町はずれに, 皮から, 立てる水音, 義務では, 老婢も, 背中の, 腰が, 荷物を, 見えない不自由, 見えぬわたくし, 見える幸福, 評判が, 貧しい家, 起点から, 逢う瀬, 部屋に, 酒モリも, 間に, 音は, 音質が, 頬を

▼ かい~ (131, 2.9%)

4 なって 3 して, ならびなし, なると 2 しても, たぐひなし

1 [114件] あたらせるわけ, いわえつけられて, うたた山旅, おどりはじめました, かけた目立って, きいて, くらして, さかずきを, させたくなかった, しいしいプカプカ, せよ兎, そういう字, たぐいなし, たずねました, つかつかと, つっかかるよう, つった, とどろけり, とめて, なったところ, なったよう, なった形, なつた, なつて, ならずずっと, ならずに, ならねば, ならんだ小屋, なりたく前, なりました, なり下る, なるの, なるよりい, はやり切れない, むかって, やりのむ, ゆき彼, ゆく仕度, よぎって, よった, よろこんで, わたった, 下りて, 並んで, 亀裂が, 云うでは, 休らいながら, 似たやう, 何枚並ん, 余り間近, 凭れかかったまま女, 出かけたり, 出したりすら, 出て, 切り落された手, 十センチ近い, 十文字に, 向き直った, 坐った賢造, 坐って, 声を, 尾を, 崩し傾けて, 席を, 引っ抱え, 感じて, 戸口まで, 押しつける癖, 掛けたばかり, 掛けて, 撥ねあげられたくだん, 敷いた畳, 明の, 暮して, 横ぎった, 正宗の, 流れたかと, 流れて, 溜池の, 火鉢に, 照し出し, 盃を, 神社の, 私の, 空へ, 突き進む, 立って, 笑ったり, 細く黒く一本, 紺暖簾に, 繩を, 肩に, 肩へ, 背中へ, 胴が, 腰を, 腰掛けた, 腰掛けて, 苛立つ思ひが, 行きつ戻りつし, 行った, 見えた, 見えて, 見える, 見えるよう, 見ながら, 話しあうこと, 通りぬけて, 連結する, 運んで, 長く浮い, 閃めかし, 障子へ, 食べられた時

▼ かい~ (110, 2.5%)

9 あって 8 ない 4 あった, あったと, なかった 3 あると, ないという 2 あったか, ありません, ないと, わたしの

1 [67件] あったとでも, あったね, あったの, あったよう, あった上方, あってよ, あらア, ありとうとう, ありましたね, ありましょうはや, ありますから, ありゃしない, ある, あるだろうかという, あるで, あるという, あるなんて, あるの, あるべしとは, あるよう, あるん, あろうか, あろう苦しい, いいました, いて, こたえました, この世界, こめられるよう, ございました, すきでも, その間急速に, だんだんと, ついて, つかないか, つかないくらい, つかなくなった鶴見, つかなくなって, つかんとは, つくよう, できねえん, どうして公園, どこに, ないじゃ, ないため, なくなるん, なく土, なく大名, なく笠, ねえん, はいって, はじまりました, ひきとって, ひとりひとりとりの, ぴたぴたと音を, わたしに, 不思議に, 多かった, 手に, 気を, 添はる, 無くなったの, 目に, 羊や, 若い者, 見出せないの, 逞ましい, 過ぎらあ

▼ かいたり~ (95, 2.1%)

20 して 4 した 3 すること, するの 2 しました

1 [63件] お手玉を, し, したの, しなかったから, しなかったころ, しましたが, するが, するくらい, するしか, するせい, するよりは, する人, する暇, する謙遜, その間には, ときにはまちがっ, とにかく彼奴, ねころんで, ひッぱたくのが親友, またたま, またはいつ, また創作, また自画像, コマ絵を, ノートを, ルーズヴェルトが, 中から, 亮の, 何か, 例によって, 博士に, 友人の, 友達に, 君の, 和歌を, 唸ったり, 園芸を, 大の字に, 寄せ書きし, 寐そべったり, 寒い時, 寝ころんだり, 年号を, 幸徳秋水と, 彫刻を, 徳永直さんの, 恐ろしい夢, 感想を, 敷物を, 方々駆けずり回っ, 時による, 本が, 毛脛を, 海藻を, 王国の, 白描に, 眼ま, 背中を, 茶を, 詩を, 釣を, 非常に, 鼻を

▼ かい~ (63, 1.4%)

3 言ふ 2 いって, 念を, 訊いて

1 [54件] いわぬばかりに, いわれても, おきき, きいた, きいたもん, くれよ, ぐちを, こう云った, さ, すと, なにも, はでやかなる, 一心に, 中を, 二かいの, 云った, 云って, 云つた顔で, 云はれ, 云はれる, 云ふ, 云ふと, 俺の, 同様だれに, 大きな声, 失敬な, 尋ねた, 尋ねると, 御尋ね, 思うか, 思うたに, 思つたら, 思ふが, 思ふと, 愚なる, 慰め顔に, 来てるん, 汚い土間, 申しますが, 笑つて云つた, 聞いた, 聞いて, 聞かれても, 聞くと, 聞くの, 聴た, 興奮を, 見え四時すぎ一回終る, 言うから, 言うだけで, 言へば, 訊くと, 質問し, 赤シャツは

▼ かい~ (57, 1.3%)

8 なかった 5 ない 4 ありません 2 ないと, ないの, ないん, なくとうとう

1 [32件] あらず, ありましてか, ありませんでした, ありませんね, あること, ある筈, このへん, ないでしょう, ないもん, ないわけ, なくお母さん, なくかき鳴らそう, なくて, なくなるでしょう, なくなんにも, なくふと, なくみる, なくリザヴェータ, なく何だかがっかり, なく冷静, なく判りません, なく夫, なく帝国領土内, なく戦死, なく目, なく絶えず, なく見る, なく雪, ろくろくない, 当然元, 心得て, 見えない

▼ かい~ (53, 1.2%)

5 して

1 [48件] あやつって, いうよりは, いたしました, うけずとして, うけなければ, うけるよう, かくして, さっそくに, した, してると, しや, すみの, するない, するの, せなか, せぬ事, つづけたあと, つの, つれて, ととのえて, とめて, ひねりました, ほうり出し大急ぎ, まわして, もって, やくな, やめ両, 事と, 出して, 出すと, 前に, 厳重に, 受けそれでも, 受けたよう, 失った鈍感さ, 失って, 描いたし, 欲しない, 求めて, 添えて, 美しい小, 習えと, 舞台的に, 見るに, 言つてる, 貯めて, 避けろと, 頼みに

▼ かい~ (48, 1.1%)

2 情けねえ

1 [46件] あって, ありました, ありません, あるまいし, いいました, かけだしました, かわいいゲルダ, けっしてとまろう, さるかい, して, じぶん, ぜんそくり, そのおばあさん, とまりました, ない, ないで, ないものの, ないよう, なかった, なし, ひるも夜, べつの, まずじ, またいっさん, もう一ぴき, やめて, よろこんで, るる身, ァ, カイと, 一時よかっ, 偶, 全くなかっ, 割合よろしゅう, 勿論から, 即ち三峰, 大阪のよりも, 山の, 恐ろしいも, 新に, 止して, 油断が, 火の, 瞥見的にすら, 致し方が, 要らない事

▼ かい~ (35, 0.8%)

7 んの 6 んを 2 ことも, わ

1 [18件] かと思ふ, から, からな, から出入, がお隣, ことが, ことの, てのお, てのふるい, といっ, といふ, と評判, のと, んが, んのかべに, 事の, 原人の, 気が

▼ かい~ (33, 0.7%)

3 をもらっ 2 を飼いたい

1 [28件] があります, がいよいよ, がぐんぐん, がめずらしかっ, が口, が生まれ, だなの, にやる, はちっとも, はどう, は大きく, は正ちゃん, や生糸, をあんな, をお, をかう, をかって, をたくさん, をたった, をどう, をどこ, をのせ, をもらい, を七匹, を置い, を見守り, を飼う, を飼っ

▼ かいても~ (29, 0.6%)

2 いいん

1 [27件] あるん, いいから, いいという, いられませんし, かまは, この態度, この日本主義, この頭, しようが, すこしも恐れない, それは, とてもつき, やはり自然, やれますが, よいの, 一寸お, 小説に, 役に立つかも, 心配の, 源氏の, 皆共有, 立っても, 絵に, 見たが, 鉄路の, 音を, 駄目だ

▼ かいもの~ (25, 0.6%)

4 であった 3 がある

1 [18件] が手, が飲みたく, だけをしかも, だつたの, であったに, である, であるだけに, である事, です, では, でも食べよう, との平均, なども面白から, の一つ, をしりぞけ, をのせ, をよばれ, を書い

▼ かいって~ (19, 0.4%)

1 [19件] けったいな, ごらん, しまわれるの, そらそこ, それ幸福に, みたまえ, もともとあなた, 一目見りゃ, 安心します, 安心です, 弱味見せたら, 御迷惑, 悪いさかい, 手軽うに, 気の毒に, 気イ付けへ, 町中の, 茶を, 邪魔に

▼ かいては~ (19, 0.4%)

2 消しかいては

1 [17件] ありませんか, あれだけの, いけないという, しゃぶりながら, たべて, ならぬと, ぼり, ゐるが, ロンドンの, 如何と, 安さんに, 小さな種, 消しし, 消す小さい, 白銀の, 面白くない, 餌を

▼ かい~ (19, 0.4%)

3 ことを 2 注文の

1 [14件] ことだ, ことに, さを, ものを, 光ちゃん光ちゃん, 女中が, 忠告ぢや, 性格を, 愚痴つ, 注文を, 老婆たちの, 行動を, 負惜みの, 辯

▼ かいだり~ (15, 0.3%)

4 して

1 [11件] いじり回したり, したの, しながら, する, もっと自分, やぶや, 上へ, 土の, 書物や, 薬を, 首を

▼ かいそれ~ (13, 0.3%)

2 じゃア, は御苦労 1 が皆さん, じゃまあ, じゃ往く, じゃ御前さん, じゃ早く, じゃ済まねえ, じゃ置い, はよかっ, は知らなかった

▼ かい~ (13, 0.3%)

1 [13件] だったとは, にお, にどう, に一, に園, に梁, に沢山, の人気, の果敢ない, みて, を彼ら, 見た思い, 見ることさ

▼ かいこと~ (12, 0.3%)

2 では 1 が特徴, だまるで, であったろう, であると, でしょう, に思った, はな, はわかる, をわし, を知った

▼ かいぶつ~ (12, 0.3%)

1 [12件] がす, のうごい, のうしろ, のくび, のくびがたけやぶの中, のくびのところへいそぎました, の一団, の中, の右, の目, はどこ, をてらし

▼ かいほう~ (12, 0.3%)

2 されて, をうけ 1 されたのに, されること, して, しましたが, しろ, するの, の壁, をくわえた

▼ かい~ (11, 0.2%)

1 [11件] ものを, 屏風だ, 明治最初の, 本は, 本ばかり, 柿の木の, 河童の, 絵に, 自由画は, 近江八景の, 鬼の

▼ かいから~ (10, 0.2%)

1 する事, だが, だった, どんどんと, はしごを, 出直したの, 学校の, 小菅は, 百五十かいまで, 食事どき

▼ かいない~ (10, 0.2%)

3 のだ 1 お筆, かも忘れ, ことも, のか, ものなら, 位です, 間に

▼ かいこの~ (9, 0.2%)

1 お今, しと, ように, 前へ, 卵, 箱を, 糸の, 話を, 頃

▼ かい~ (9, 0.2%)

2 であつ 1 が何時しか, だつた, で, の映つた, はもう, よりもなお, をあび

▼ かいあっ~ (8, 0.2%)

1 ていま, ていよいよ, てここ, て僅か, て先方, て私, て親しく, て追い追い

▼ かい~ (8, 0.2%)

1 いいう, くろひ鳴く, ないうち, ないか, ぶりを, 卿の, 彼女が, 物か

▼ かいそいつ~ (8, 0.2%)

1 あ危, は, はいかん, は奇縁, は御馳走, は有難い, は知らなかった, は頼母

▼ かいなき~ (8, 0.2%)

2 ことを 1 いのちを, わざなり, 世すぎを, 老朽に, 自由に, 茶店ながらも

▼ かい~ (8, 0.2%)

1 が一ぱい積み, としての蒼生, や麦, をきざん, をつくらね, をやろう, を与え, 水だ

▼ かい~ (8, 0.2%)

1 あがれ, いだん, かけあがって, ない, ないか, やるせに, やるの, 行っちゃ

▼ かい~ (8, 0.2%)

2 はらかい, 吸物という 1 あな気持に, つて仕方が, ーな, 箱の

▼ かい~ (8, 0.2%)

1 になっ, に尻, に張る, はし, をし, をした, を入れ, を挾んだ

▼ かいつて~ (7, 0.2%)

1 たから, も実際, も日本, ゐたが, ゐた芥川, ゐます, ゐますが

▼ かいつむり~ (7, 0.2%)

2 が水, は再び 1 が舳, ははっきり, を射ち損ねた

▼ かいてから~ (7, 0.2%)

1 です, 六時の, 出かけて, 小さい新聞包み, 後の, 急いで, 本を

▼ かいどう~ (7, 0.2%)

1 からほんの, すじの, に猪, の裏側, は舟行, を歩い, を西

▼ かいながら~ (7, 0.2%)

1 よく感性, 呆気に, 囀って, 生意気そうな, 眺め入って, 私には, 迸る血

▼ かいなく~ (7, 0.2%)

1 かえってこれ, てただ, やがては, 思いましょうし, 病は, 養生も, 鳥啼き

▼ かいじん二十めんそう~ (6, 0.1%)

1 がたけしくん, だな, です, でも, のすみか, もつかまっ

▼ かい~ (6, 0.1%)

3 えの 1 えに, なき, 若いぞ

▼ かいので~ (6, 0.1%)

1 やつたらしい, やりやすい, よく生徒, 太い肘, 憎くなった, 早く蕾

▼ かい~ (6, 0.1%)

2 がある 1 が近い, の木の実, の猿, もう春

▼ かいでも~ (5, 0.1%)

1 かすかに, するよう, みないで, 向いて, 私は

▼ かいという~ (5, 0.1%)

1 ほかない, ように, んだ, 問いに対しては, 御寸法

▼ かいとは~ (5, 0.1%)

2 申せまだまだ 1 云え昨日今日, 云われぬ, 腹が

▼ かい~ (5, 0.1%)

1 がない, そして私, とやさしい, に届かなくなった, は今

▼ かいあの~ (4, 0.1%)

1 ネ, 女と, 母が, 男も

▼ かいじゃ~ (4, 0.1%)

1 お願いしよう, ない大事, 僕が, 構わないよ

▼ かいそん~ (4, 0.1%)

1 ならえいけど, ならわたし, なら君, なら頼もう

▼ かいちゃ~ (4, 0.1%)

1 アおけん, ッた, 大変だ, 駄目だ

▼ かいといふ~ (4, 0.1%)

1 叔父さんの, 合図を, 方で, 言葉が

▼ かいぼう~ (4, 0.1%)

1 して, にとりかかり, にま, をし

▼ かいもう~ (4, 0.1%)

1 お寝, 牡丹が, 用は, 見えるだろうが

▼ かい~ (4, 0.1%)

1 が鳴いた, くくく草, くく暗しとを, を抱い

▼ かい~ (4, 0.1%)

1 に肥つて, へ坐つた, へ持っ, を蹈

▼ かい~ (4, 0.1%)

1 が, にもたせました, は承知, は自分

▼ かい~ (4, 0.1%)

2 の日 1 だから, の夜

▼ かいいや~ (3, 0.1%)

1 お邪魔, に曲, 世の中は

▼ かい~ (3, 0.1%)

1 天道さんだ, 染さん, 精が

▼ かいかにも~ (3, 0.1%)

1 マアお正月だ, 從來の, 春雪という

▼ かいけれど~ (3, 0.1%)

1 きわめて形, 外は, 私たちよりは

▼ かいけれども~ (3, 0.1%)

1 すこぶる鋭, 微粉分子の, 慶造私は

▼ かいじん四十めんそう~ (3, 0.1%)

1 のもと, はペリスコープ, は夜

▼ かいそう~ (3, 0.1%)

2 かい 1 思って

▼ かいそりゃ~ (3, 0.1%)

1 お手柄, まアよく, よかった

▼ かいたち~ (3, 0.1%)

1 が喰, ですから, のよう

▼ かいたより~ (3, 0.1%)

1 があつ, が来た, をしてやった

▼ かいたる~ (3, 0.1%)

1 大津絵みな, 方なる, 証拠が

▼ かいです~ (3, 0.1%)

1 からそこからかい, ね, よ

▼ かいでは~ (3, 0.1%)

1 いろいろと, 此の, 見つからないはず

▼ かいとか~ (3, 0.1%)

1 思いながらも, 蕎麦買いとかを, 足が

▼ かいところ~ (3, 0.1%)

1 に持つてる, へ隠し, もある

▼ かいまで~ (3, 0.1%)

1 かけ上つて行つたの, しごとの, できました

▼ かいもので~ (3, 0.1%)

2 御父さん 1 あつた

▼ かいイヌ~ (3, 0.1%)

3 のよう

▼ かい~ (3, 0.1%)

1 が日, を目, を知つて

▼ かい~ (3, 0.1%)

1 のかい, はその, も今度

▼ かい~ (3, 0.1%)

1 という変, と云う, の奴

▼ かい~ (3, 0.1%)

1 だけで説明, であった, であつ

▼ かい寝床~ (3, 0.1%)

1 だつた, にはいつた, を持つ

▼ かい~ (3, 0.1%)

1 が私, に入る, に浸り

▼ かい潜る~ (3, 0.1%)

1 のが, やうに, 度に

▼ かい目つき~ (3, 0.1%)

1 でじっと, で太刀川, で眺めた

▼ かい~ (3, 0.1%)

2 の夜 1

▼ かい~ (3, 0.1%)

1 かもしれません, がわいた, をわかしとりました

▼ かい言葉~ (3, 0.1%)

1 が感投詞, しか二人, を註した

▼ かい~ (3, 0.1%)

1 から推測, などは出, をする

▼ かいお前達~ (2, 0.0%)

1 はその, は龜

▼ かいかに~ (2, 0.0%)

1 あるかを, 鹿島の

▼ かいかの~ (2, 0.0%)

2 ほて

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 うして, 詰らぬもの

▼ かいさぐる~ (2, 0.0%)

1 と握った, 我が指頭

▼ かいしよう~ (2, 0.0%)

1 とし, としてみごと

▼ かいじゃあ~ (2, 0.0%)

1 ない, パンを

▼ かいそういう~ (2, 0.0%)

1 ことが, 若い女

▼ かいだけ~ (2, 0.0%)

1 その光, それだけ一

▼ かいだった~ (2, 0.0%)

1 からで, のでだまりこん

▼ かいだるし~ (2, 0.0%)

2 胚芽米食ふ

▼ かいだろう~ (2, 0.0%)

2 なあ

▼ かいとき~ (2, 0.0%)

1 で八時間半, は一ヵ月

▼ かいとも~ (2, 0.0%)

1 云える, 見えたが

▼ かいなるほど~ (2, 0.0%)

1 そういえ, なあ

▼ かいなんて~ (2, 0.0%)

1 そんな事, 笑つてゐられる

▼ かいにて~ (2, 0.0%)

1 公道を, 左右へ

▼ かいには~ (2, 0.0%)

1 宇和島少将という, 驚きました

▼ かいにも~ (2, 0.0%)

1 もつと, 次の

▼ かいのが~ (2, 0.0%)

1 漆の, 通例に

▼ かいほど~ (2, 0.0%)

1 純粋なり, 落葉が

▼ かいまき~ (2, 0.0%)

1 の袖, をかけ

▼ かいもん~ (2, 0.0%)

1 だから, でないか

▼ かいやう~ (2, 0.0%)

1 なもの, な長い

▼ かいやりし~ (2, 0.0%)

2 夜の

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 ううきよく, しって

▼ かいらい~ (2, 0.0%)

1 だからね, として表面上

▼ かいらした~ (2, 0.0%)

1 ようよ, わ

▼ かいりくいっしょ~ (2, 0.0%)

2 にわかります

▼ かいわたし~ (2, 0.0%)

1 が手, も行こう

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 だから, なさいまし

▼ かいズボン~ (2, 0.0%)

1 こんな間抜, をはい

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 て有名, て自分

▼ かい一本~ (2, 0.0%)

1 の紐, を私

▼ かい一節~ (2, 0.0%)

2 ながらここ

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 の腕, やり頭

▼ かい井上さん~ (2, 0.0%)

1 ありがたうまた, の人情

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 が通りました, の面倒

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 は消え, を与えた

▼ かい半分~ (2, 0.0%)

1 きっとそう, に半ば呉

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 に居處, のよい

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 で, でひとりごと

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 に住ん, の中

▼ かい小春日~ (2, 0.0%)

1 である, の日光

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 に長き, をひ

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 だったが, をし

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 をやっと, 操る

▼ かい手紙~ (2, 0.0%)

1 あた, が

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 がいい, なん

▼ かい春風~ (2, 0.0%)

2 に吹かれ

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 にはとても, は一日

▼ かい晩春~ (2, 0.0%)

2 の微風

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 がある, に真直

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 の蕾, は盛り

▼ かい歓待~ (2, 0.0%)

1 にすつかり抱きこまれた, をうけた

▼ かい死屍~ (2, 0.0%)

2 をた

▼ かい気味~ (2, 0.0%)

1 に, に訊ねた

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 だろうと, のエス

▼ かい生涯~ (2, 0.0%)

1 であった妹, を終った

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 がある, の子供

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 へかい給, へや

▼ かい脇差~ (2, 0.0%)

1 の所有者, を引つこ

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 がしづか, と肉

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 はある, を持つ

▼ かい返事~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ かい雷鳴~ (2, 0.0%)

1 も満更, も滿更惡

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 がさわがしく, に靡い

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 が食べたい, のうま

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 にする, をつみ入れた

▼ かい~ (2, 0.0%)

1 と薄い, の上

▼ かい黒い~ (2, 0.0%)

1 のかい, 空気の

▼1* [402件]

かいああ私も, かいあらんやと言っ, かいありて世, かいあるもの, かいあるいは行く事, かいあんたの母様, かいあんなものは, かいいうがの自分, かいおくりものであったろう, かいおののきのよう, かいおまえもこの, かいおまえさん橋を渡っ, かいおもさ, かいお世話になる, かいお初にお, かいお前がちょいちょい, かいお前様が仕度, かいお天気のい, かいお嬢さんが, かいお山の客, かいお母さんにお願い, かいかがみ拾ふ, かいかがむ荒素膚の, かいかち奈子ちやんが, かいかな虹の, かいかも知れませんね, かいがらの中, かいきっとだね, かいくせに入院, かいぐり出したと, かいこいつあ偉い, かいこぐるみで年児, かいことばを耳, かいこれはおどろいた, かいころだった, かいこんどいくよ, かいこんなところへ, かいごうしたやう, かいさえして, かいさぐる手のさばき, かいゃのしゃちょうさんです, かいしょがありません, かいじんはへんそう, かいじん四十めんそうと, かいするかどわかすという意味, かいするまえに二つ, かいせいであろう椅子, かいせっかくの信心ごころ, かいそもそも醫學上男女といふ, かいそりや丁度, かいそりゃあせっかくだ, かいそれぢや彼處, かいそれで何んの, かいそれならいいけれど, かいそんなにすごいかい, かいそんな小さな流れだ, かいぞへ女と, かいぞへに中臣女, かいたかみを二つ, かいたりなどしつづけると, かいだがね, かいだしをやりたい, かいだって鰹節の, かいだの交ったいろ, かいちっとも知らなかった, かいちやならないから, かいちやんと眼, かいちやツた, かいつくばつて醜い顔, かいつくろはぬ, かいつくろつた両腕, かいつたのは, かいつたやうた數字が記し, かいつたやうだつたが, かいつた人の, かいつた風の人, かいつてお母さんが心配, かいつてもちツとも不思議, かいつてケナすの, かいつてタクシーで徳川夢聲, かいつて用ひなかつた, かいつて病院を出, かいつて笑はれるかも, かいつて要領を得ない, かいつて話をし, かいつて豌豆のやう, かいつて酒量を日数, かいつて非難される凡て, かいつて騷いでゐるといふ, かいつらねて堀切, かいつ咲くかと思っ, かいてあつたし, かいていうような, かいてからは一つも, かいてさうして, かいてしもうたがの, かいてだけある, かいてと云って, かいてねお前たち, かいてのん気な, かいてはと尻ごみを, かいてばかりいて, かいてばかりもいなかった, かいてまで見に, かいてまでも貸して, かいてもよござんす, かいてやがったから, かいてよかあさん, かいてらあ, かいてをる, かいであったのである, かいであるまいか, かいであろうことを, かいでたるこ, かいでないのは, かいとでは文法の, かいとの早稲の, かいどうしてどこに, かいどころの騒, かいどりの大きい, かいなお万一の, かいなし宮本二郎が, かいなってほ, かいなどと有仰つ, かいなーと不可思議である, かいにあたる向こう側の, かいにから出た別形, かいについては署長さんが, かいになつてゐた, かいに対してお礼を, かいねむりをめぐん, かいのか着方, かいのと巌壁を, かいのに感心し, かいのや太いの, かいのよ何時か, かいはずだ, かいはれねえんです, かいはんとする, かいばかりのこって, かいばさえいただきませば, かいばをやりそれから, かいびゃく以来の恩典, かいふくに大きな, かいふりてあ, かいぶちをやめた, かいへっつまんねえ, かいへどたしかならず, かいへんだなあ, かいべつには虫, かいほうして船, かいほんとうに子ども, かいほんとにもう海へ, かいぼうして見るで, かいぼうすればいい, かいぼりをするなら, かいぼりではなく, かい女の, かいませんか, かいまたおじさん遊ぼう, かいまたは僕に, かいまだ大ぶ, かいまでのぼつて, かいむしろぬくすぎる, かいめくさびといふ魚, かいめくらめっぽうな, かいめごとに用, かいもし此の, かいやい七面鳥, かいやすいからだ, かいやつを俺, かいよいよそこ, かいよく覚えて, かいよしよしお, かいよっく見てみたまえ, かいらしって下さいまし, かいらしったの, かいられないのだ, かいらッしゃるんですかと, かいむ, かいわれもした, かいをにわの, かいイヤにみみっちい, かいジユウルそのつまらない, かいストーブの傍, かいハツハツハツハツこいつは大, かいヤーロの奴, かいのめいじんだ, かい一冊を読んだ, かい一問一答記事の中, かい一夫には裏切られ, かい一年半にし, かい一時とはいえ, かい一生であつ, かい一瞥を投げた, かい一篇を記す, かい一角は飴, かい一語が佐助, かい上ぐるなどあまり, かい上聲に癖, かい世間様は有難, かいから私ら, かい丸まった鼻と, かい主人は道, かい二人は仲, かい二十三年の生涯, かい二十日間において生徒, かい二本の煙突, かい交渉をもつた, かいがヒドイ目, かい人間では一等, かい今日も不漁, かい休息にとき子, かいを記そう, かいはそれで, かい何だつてあの, かい何処までも白, かい作りかただ, かいを役者, かい儲け損なったね, かい兄さんが吐く, かい兵隊だつた, かいだが, かい出前持の幸平, かい出目でなけ, かい勇気をなくし, かい勘気をこうむっ, かい勝ち誇ったさげすむような, かい北君はあらゆる, かい十九とは, かいの国, かい危なつかしい処, かいをはね返し, かい又はおかいす, かいに案内, かい取除いて次第, かいを歪め, かい台所の方, かい君解つたかい, かい四本の脚, かい国男へ三円道男, かい土民輩と侮っ, かい外山卯三郎の切支丹文化史, かい外遊期間中なのに, かいなん, かい大事にな, かい大菩薩峠の路, かい天草物産バターと書い, かい太った老紳士, かい太宰は死んだ, かい奇麗だったろう, かいの一室, かいと歩く, かいがごろん, かいを吟味, かい家庭へ私, かい宿におちついた, かい寄りつつ, かい寒い時分な, かい小便を垂れ, かい小春日和がつ, かい小犬の心, かいの音, かい巻いた髯を, かい師走といふの, かい師走風景である朝, かい平然として近寄っ, かい年寄に, かいの中, かい弧線を描く, かい強慾も程, かいがながう, かいの無尽蔵, かい彼人かい, かい御飯の上, かい御馳走をいた, かい思ひやりなどそれ, かい愛情がこもっ, かい程此方, かいに北陸, かい抱くように, かい持って親, かいを持った, かい掘りでもしなきゃ出, かい撮影だった, かいへかや, かい新芽を分っ, かい方々ばかりだつた, かい方杖等いろいろの施工, かい旅館がなけれ, かい日日を過しませう, かい星城子君の志, かい昨日のこと, かい是非会いたけりゃすぐ, かい時にいつまでも, かい期間に東西南北, かい東郷さんもやっぱ, かいを貸し, かいの先, かい此家は広い, かい流布後はじめて, かい浮世である, かい海風に染められ, かい添え兼目付に, かい添え併せて目付け, かい済まないねえ, かい温味とを何, かい温情だけで, かい温泉かい, かい潜つた平次の手, かい潜つて今度は尻切, かい潜りながら自, かい火繩が埋め, かい無断ではいっ, かい無為の日, かいを切る, かいにでもな, かい物語の題, かい生命になっ, かい用事は, かいに怠り, かいにとつて, かい男児とし, かい疲れが出た, かい痙攣的な吐息, かいをこしれえただ, かい白い着物を, かい白船居も緑平居, かい白飯に玉葱, かいな調子, かいとである, かい皮外套を著, かい変らず早い, かいで見据え, かいかい時間, かいの捨炭, かい砲弾のやう, かい祈祷をのべよう, かいや薬, かいには一, かい空氣が重く, かい笑いがこもった, かいかも知れない, かいのよう, かい粗い毛が, かいがふきだした, かい精巧なもの, かい紹介を附録, かい綾織木綿の白ズボン, かいをし, かい繕ろいなどし, かいだと, かい美くしい少女, かいの下, かい胴着その袖, かいを延ばし, かい舌状の氷流, かい色々の細胞, かいなどが生え, かいつ葉, かいのやう, かい血潮の流れ, かい西瓜はうれしかろ, かい見舞の文句, かいのよう, かい詩人の胸, かい読むぜ, かいだって同じ, かい談話で国民文学記者, かい論稿に於, かい豪勢だね, かい財布寛永通寳が五六百枚, かい貧乏人にかい, かい質問をかけた, かいの方, かい蹲踞つてゐた, かいの監獄, かい輸血したの, かい退けてそれから, かいの善, かい道理でこの, かい遣り床の間の, かいを飮, かい銀山の鼠取, かい錢形の, かい長崎の水, かい間ぐってときおり妙, かい間人々の雜談, かい間違っても音, かい間龍介は, かい陽炎がチロチロ, かいのやう, かい露出でもっ, かい革鞄で, かいだった, かいの大きな, かい食前の黙祷, かいかい牛馬一点張り, かいを二ツ, かい魚ア石地蔵様に化け, かい麦飯のうま, かいかい