青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お雪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

お茶~ お蔭~ ~お話 お話~ ~お話し お話し~ ~お辞儀 お辞儀~ ~お金 お金~
お雪~
~お願い お願い~ ~かい かい~ ~かいた ~かう かう~ かうし~ かうした~ ~かえ

「お雪~」 1826, 20ppm, 5818位

▼ お雪ちゃん~ (1296, 71.0%)

23 という子 15 が, はこの 14 はその 13 のため 11 の心 10 がまた 9 のよう, の面 8 の方, は何 7 その人, に向っ, はそれ 6 がこの, がその, です, の眼, はここ, は全く 5 が少し, のこと, の頭, は, はまた, は竜, をし

4 [14件] がお, であります, のいる, のところ, の傍, の前, の姿, の手, の耳, の言葉, の部屋, はこう, はまだ, は急

3 [27件] がこう, が今, が帰っ, が弁信, では, というもの, という娘, という娘さん, としてはお, の一行, の不安, の声, の気, の言う, の身体, はいよいよ, はお, はこんな, はそう, はただ, はどう, はもう, は久助, は今, は少し, は炬燵, ばかりで

2 [79件] があっ, がいない, がいる, がこうして, がそれ, がつい, がはじめて, が侍, が手, が昔, が気, が火, が目籠, が耳, が胸, が言いました, こういうわけ, というの, という名前, とその, と拙者, ならば, に, にし, にはよく, に導かれ, のほか, の体, の印象, の口, の唇, の帯, の手紙, の提出, の来る, の枕許, の気分, の立場, の胸, の話, の身の上, の連れ, はいっこう, はこのごろ, はこれ, はじっと, はそういう, はそこ, はそんな, はちょっと, はついに, はとりあえず, はどうも, はほとんど, はもとより, はやっと, はイヤ, は一時, は久助さん, は今度, は今日, は今更, は子供, は思わず, は恥, は早く, は眼, は米友, は自分, は頭, もいない, もこの, もその, もまた, をお, をおばさん, を前, を裂い, を見る

1 [774件 抜粋] あの曲, ある時, おたがいに白骨温泉, お聞き, お邪魔, からの伝授, からも絶えず, から哀求的, から左様, から思いがけなく, から提出, があたい, があぶない, があまり, があわただしい, があんな, がいた, がいつ, がうっかり, がうっとり, がお礼, がかよわい, がかわいそう, がこみ上げ, がこれ, がしかけ, がしとやか, がする, がそう, がたまらなく, がたまりかね, がちょいちょい, がどういう, がなけれ, がなんとなく, がほとほと, がまたなんとなく, がまだ, がもう, がわたし, がハッ, がハニカミ, が一切, が一度, が上野原, が丹精, が二の足, が井戸, が交っ, が今更, が今朝, が何もかも, が先, が出, が叫びました, が右, が呆れました, が喜ん, が夢, が女学校出, が妙, が存外, が寝床, が小笹, が少々, が庖丁, が弁信さん, が心得, が思いました, が思わず, が悸, が感じ, が感じました, が慄, が指した, が振袖姿, が敷きかけた, が新しい, が書き出した, が最も, が来た, が歯痒く, が江戸見物, が泣きました, が炬燵, が無性に, が焦った, が白骨, が相槌, が着物, が着込ん, が立ちすくん, が立ち上っ, が竜, が絶えず, が考え, が自分, が蒲団, が見届け, が見極め, が言う, が言った, が謙遜, が起き, が起し, が躍起, が追従, が関守氏, が雪, が頭, が頻りに, こそは全く, しっかりしなく, じょ, そうし, そんなに言う, だけが全く, だけは出られる, だけを残し, だってその, だの道庵先生, ちょっとお待ち, て人, でありました, でございましたね, でしたけれども, ですか, でないならば, でなければ, でも病みつこう, で前後, という人, という保護者, という小娘, という方, といっ, とお, とがたちまち, とこの, としていよいよ, としてはいい, としてはこの, としてはそれ, としては何, としては珍しい, としては白骨山中, としては自分, としてもそう, としても単に, としても多少, としても改まっ, との名, との間, とはかたみに, とはまだ, とは全く, ともお雪さん, とよく, と久助, と久助さん, と向い, と向い合せ, と呼びかける, と宇治山田, と弁信, と弥兵衛さん, と留守番, と知っ, と船住まい, どうした, どうしたい, どうです, なかなかそらさない, なら弁信, なりとは, なんぞを取られ, なんぞ一, にあっ, にお, においてをや, にお喋り, にこう, にちっとも, について廻り, にとってなんと, にとってはその, にとってはまあ, にとってはよい, にとっては新しい, にとって言い知れぬ, にとばしり, にはそれ, にはっきり, にははっきり, にはもう, にはハッキリ, には予想外, には似合っ, には受取れ, には意外, には草双紙, にもぜひ, にもよろしく, にも話し, にも雑作, によく, によって救われた, にカブ, に代っ, に取っついた, に取合わず, に味噌漉, に安心, に怨まれましょう, に悪い, に挨拶, に改めて, に於, に施し, に相違, に笑われた, に答えました, に行かれた, に見せました, に言われ, に話し, に説明, に護身, に限らず, に頼まれる, のうっとり, のおかげ, のからだ, のさし, のすすめる, のその, のつい, のはっきり, のは最初, のひとり舞台, のピント, の上, の世話, の主, の二人, の人生観, の仕事, の代り, の何, の侍, の到着, の危急存亡, の取った, の口ずさみ, の口癖, の周囲, の命, の問い, の壺, の夢, の如き, の姉さん, の寝, の寝室, の小, の帰る, の待つ, の御, の心配事, の怨み言, の想像心, の態度, の手許, の持物, の挙動, の振り上げる, の故郷, の文章, の日頃, の最も, の本心, の気色, の潔白, の為め, の生活, の異様, の知らない, の知れる, の神経, の空想, の策略, の米友, の純, の肉身, の胆, の背後, の行方, の親切, の記憶, の話しぶり, の話す, の調子, の論法, の赤ん坊, の身, の逆襲, の面影, の頭上, の館, の馬, の魂, の鼻先, はあしらい兼ねました, はあらかじめ, はあれ, はいい, はいくら, はいつも, はいない, はいません, はいろいろ, はうわ, はおり, はかねて, はぎょっと, はこたつ, はさとっ, はさとりました, はしみじみ, はするする, はそうして, はそのまま, はたまり兼ね, はだんだん, はとうとう, はとどめよう, はどうしても, はながめた, はなぜ, はなんとなくそわそわ, はのぼせる, はひた呆れ, はひとり上平館, はふい, はまたも, はまぶしく, はむせ返っ, はめまい, はやつれた, はようやく, はわけ, はわっ, はチグハグ, はハッ, はポッ, は一切, は一夜, は一目, は不審, は今年十七, は何かと, は再び, は初耳, は別に, は刻々, は口前, は名状, は問いつ, は多少, は大, は存外, は寝巻, は屋形船, は山城田辺, は幾度, は座敷, は当然, は心臓, は必死, は思い入り, は思案, は怪漢, は悄気, は意気込ん, は感, は我知らず顔, は振返っ, は摘草用, は昂奮, は昨晩, は本来, は村里, は枕, は案ぜられ, は次の間, は歩む, は気味が悪く, は済まない, は火箸, は無条件, は焦っ, は片腕, は物, は申しわけ, は目籠, は相, は相手, は眼前, は矢, は素直, は絶叫, は縫取り, は耳, は胸, は船ば, は苦し, は見, は見る, は親しく, は誰, は諦めました, は返答, は道庵先生, は重詰, は長浜, は隠れる, は飛騨, は駈けよ, ばかりでした, ばかりを当て, への義理, ほどの娘さん, またこのごろ雲隠れ, も, もいい, もう少しここ, もすらすら, もそう, もそれ, もつい, もていねい, もほとんど, ももう, もようやく, もわかっ, もハラハラ, もホッ, も同じ, も否応, も坐り, も夜中, も妙, も拒みきれない, も決して, も無事, も相, も米友, も語らず, も面, よりも追いかけられる, よりわたし, らしいもの, らしい人, をあしらった, をおびやかした, をその, をねらっ, をまた, をもの, を一時, を再び, を助け, を呼ぶ, を失望, を導い, を少し, を強盗, を憎い, を懐かし, を抱え, を抱き締め, を救うべく, を殺そう, を烈しく, を物, を自分, を苦しい, を見かけ, を見つけちゃった, を言葉, を誘っ, を讃, を退, を連れ, を顧み, を食おう, を驚かそう, 冷えては, 御精, 病んで

▼ お雪さん~ (223, 12.2%)

3 のこと, の方

2 [15件] が, がそんな, が部屋, だってあれ, というの, と一緒, に, にお, に私, のつもり, の姉さん, はさ, はその, はどう, を苛める

1 [187件] あたくし, あの衣裳箱, あの鏡台, いつまた, おうい, お入りなさい, お帰りなさい, かえ, から手紙, があれ, がお前, がさう, がそつ, がそれ, がどんな, がまだ, が乳, が何かしら狼狽, が何気ない軽い, が先頃拝跪, が出, が初めて, が可哀相, が呻きまし, が夢, が大阪, が太く, が嫌, が島原, が帰っ, が待っ, が後, が心配, が憎い, が抱い, が柳町, が此度, が氣, が洗濯, が白魚, が自分, が行っ, が見付け, が言, が足立屋, が頼母, が飯櫃, これからあなた, しっかりしなく, しっかりしろやい, じゃありません, そしてその, それからお, そんな田舎, だ, だけみたい, だったの, だってあなた, だってそう, だと, だね, ていう子, であ, ですか, でも, と, というペルシャ猫, という娘, という子, といっ, といふの, といふ妾, といふ妾上り, といふ娘, といふ美しい, とは, とは大層, とも言わない, と云う, と呼ぶ, と抱き合っ, と私, と言った, どうも有難う, なら必, なんかじゃございません, なんぼなん, にあまり, にかないません, にそう, になった, には初めて, には大阪, にも御, に会いたい, に怨, に暫く, に氣, に腰, に言ひつ, に逢い, に頼まれた, の, のおかげ, のこッ, の不, の不義, の事, の処, の前, の口, の娘分, の家, の心, の手, の故, の気, の父親, の真似, の肌, の肩, の観察評, の言, の言葉, の蹴出し, の身, の身元, の部屋, の養子, は, はいつも, はお, はといふ, はまだ, はわしら, は丸髷, は何だか, は何故か, は利巧, は南北, は変体仮名, は嫌っ, は平安, は急, は歌磨, は江戸育ち, は自分, は茸, は行きゃしない, は貴方, まあお, まあこちら, もっとこっち, も仕方, も何, も善い, も嫌っ, も御, も連れ, も長い, や森田等, ゆっくり御, らしくも, をおどかし, をわし, を丸髷, を前, を助ける, を呼ん, を好く, を横眼, を殺し, を無理強い, を虐めた, を見初めた, を親, を連れ, を鎌, 休みます, 嬉しいでしょう, 御待ち, 捨てられたの, 泣いてるん, 泣かないで, 済みませんが, 考え過ぎては, 頼まれて

▼ お雪~ (51, 2.8%)

2 下婢の, 子供を

1 [47件] あんなに可愛い, いまで, お淺, この色気たっぷり, すこし顔, どうしたろう, どうなるでせう, よくそれ, よそながら同情, 不思議そうに, 仏壇の, 何うし, 兄妹です, 冷かに, 台所から, 外の, 夫が, 夫婦に, 女の, 妹を, 姉さんを, 姪に, 姪を, 山吹の, 左右から, 左母次郎と, 恨めしそう, 息を, 懐を, 打戦い, 揃って, 揃つて美しく, 暖簾口まで, 楼梯の, 歩きながら, 湯上りの, 無邪気に, 煩さそう, 笑った, 膝に, 裏口へ, 言った, 言って, 返事に, 長火鉢の, 額の, 顔を

▼ お雪伯母~ (40, 2.2%)

1 [40件] から言, がさう, が客, が家, が縁, が自分, が襷がけ, が退院, とが次, とが関係, との間, とは帳場, と私, にとつて, にねだる, の予期以上, の声, の姉, の煙管, の眼, の行動, の諷示, の長, の顔色, はその, は仕方, は取り, は強, は恰も, は更に, は気の毒さうに, は相手, は眉, は笑, は笑つて, は見る, は言, は驚いた, も賛成, をば

▼ お雪~ (24, 1.3%)

2 二人の, 姉妹を, 死体を

1 [18件] うしろには, ことな, 両名宛, 二人で, 名は, 妹との, 姿早や, 家で, 帰国と, 惨めさが, 愛, 笑顔三吉の, 背中を, 蝋細工の, 門人たちも, 頭を, 顔へ, 顔を

▼ お雪ちゃんあなた~ (17, 0.9%)

2 はもう

1 [15件] ぐらいのそうして, にこの, に譲りましょう, のその, の珍重, はなん, はほんとう, はまだ, は名古屋, は幾つ, は直ぐ, は義姉さん, も, もわたし, 少しお

▼ お雪ちゃんお前~ (14, 0.8%)

1 [14件] から話し, こそどこ, という女, どうしていた, なんぞはまだ, の前, はお, はさいぜん, はだいぶ, は今, は何, は孕んだ, ももう, も行っ

▼ お雪~ (9, 0.5%)

1 お休み, だか, と口, と本格扱い, にも似合わしからぬ, の妹分, の血, もし, も見えませぬ

▼ お雪さんあなた~ (8, 0.4%)

1 こそちかごろ, のお, はこの, はわたし, は島田, は越後, もただ, も丸髷

▼ お雪ちゃん自身~ (7, 0.4%)

1 が今, でもそれ, にある, の善根, は白骨, もかなり, も一向

▼ お雪ちゃんわたくし~ (6, 0.3%)

1 が一足さき, の方, はあの, はこれ, はこれから, はそう

▼ お雪ちゃんお前さん~ (5, 0.3%)

2 の質問 1 という人, またな, も将来

▼ お雪~ (5, 0.3%)

1 そこへ, それに, やっと合点, 微笑んだ, 門に

▼ お雪~ (4, 0.2%)

1 あどけなくさえ, 毎日の, 生前に, 竜之

▼ お雪~ (4, 0.2%)

1 お六, 及ばず乍ら自身媒妁, 唄われたローマンス, 都合十人暮しの

▼ お雪~ (4, 0.2%)

1 導かれて, 廻り逢う一節, 言って, 言葉を

▼ お雪ちゃんわたし~ (3, 0.2%)

1 の方, はいま, は今日

▼ お雪という~ (3, 0.2%)

1 のは, 女を, 女笛師と

▼ お雪とは~ (3, 0.2%)

1 こんな風, 互に其本名, 表口へ

▼ お雪姉妹~ (3, 0.2%)

1 に娶, に娶合せる, は集っ

▼ お雪殿~ (3, 0.2%)

1 であつ, では, の生んだ

▼ お雪お前~ (2, 0.1%)

1 がそう, の体

▼ お雪さま~ (2, 0.1%)

1 はもう, へ千代

▼ お雪さん貴方~ (2, 0.1%)

1 とは信州以来, は今

▼ お雪ちゃんお前先~ (2, 0.1%)

1 に寝み, へ寝

▼ お雪ちゃん一人~ (2, 0.1%)

1 が狼狽, で空想

▼ お雪とが~ (2, 0.1%)

1 こんな話, 夫婦に

▼ お雪にも~ (2, 0.1%)

1 その辺, その邊

▼ お雪婆さん~ (2, 0.1%)

1 が帰りがけ, ですか

▼ お雪房ちゃん~ (2, 0.1%)

1 に薬, の玩具

▼1* [76件]

お雪いけねえ, お雪おなかの子, お雪お雪蓄音機を持っ, お雪さま清にお, お雪さんあなたこのごろどうかなさいました, お雪さんあなた一人で行っ, お雪さんあなた目を離さずつい, お雪さんお山へ登りましょう, お雪さんお雪さんといっ, お雪さんきょうはひとつ鬼ヶ城, お雪さんそこはそのまま, お雪さんぢやある, お雪さんところへしばらく, お雪さんわたしが注意, お雪さん人が悪い, お雪さん大変とは何, お雪さん無事でしたか, お雪さん独りで大層, お雪さん私も御, お雪さん自身さへ思ひ遣り, お雪さん雪岡さんがねえ, お雪すこしお前に, お雪ちゃんあれはどなた, お雪ちゃんいじめを抛擲, お雪ちゃんいやならば, お雪ちゃんうぶもいい, お雪ちゃんこちらにおいで, お雪ちゃんこのごろめっきり暗く, お雪ちゃんこのごろあなたはあの, お雪ちゃんこれがあなた, お雪ちゃんそこの火箸, お雪ちゃんそのものの実体, お雪ちゃんたちと懇意, お雪ちゃん今のをもう, お雪ちゃん同様の道庵, お雪ちゃん拙者をはじめ, お雪ちゃん本当でしょう道庵, お雪ちゃん気をつける, お雪ちゃん流の洗下げ髪, お雪ちゃん無邪気な生, お雪ちゃん着物がどう, お雪ちゃん竜之助, お雪ちゃん薪を集め, お雪ちゃん裏の方, お雪ちゃん鳩の方, お雪ちゃーんお雪さんしっかりしろやい, お雪とを救わんとの, お雪はんのこと, お雪みたいになるでしよう, お雪スタスタと幼児, お雪一行と上野原, お雪二人の熟, お雪の洋服, お雪何時だろう, お雪とお前, お雪公其様なこと, お雪ちゃん幾代という, お雪いねえ, お雪叔母さんよ, お雪は賢い, お雪坊やお前の阿, お雪坊や其麼に鼻, お雪坊や唐松へ行け, お雪夫人を持つ, お雪日本橋の務めさき, お雪様あなたも御, お雪様ここは閑静, お雪此奴あお前, お雪殿そつくりではない, お雪百姓するなあ, お雪なで, お雪がこれ, お雪自身の体, お雪蓄音機を持っ, お雪銀ちゃんを抱い, お雪でも取り