青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お爺さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

お待ち~ ~お方 お方~ お松~ ~お母さん お母さん~ お母様~ お気~ ~お父さん お父さん~
お爺さん~
お玉~ ~お礼 お礼~ お腹~ ~お茶 お茶~ お蔭~ ~お話 お話~ ~お話し

「お爺さん~」 1335, 14ppm, 7733位

▼ お爺さん~ (421, 31.5%)

7 いひました 6 それを 4 いまは, お酒, 無言で, 苦笑し 3 何も, 眼を, 答えました

2 [64件] あわてず, あわてずにこにこ, いつもひどく低い, いつも一人きり此處, うなづきました, うるささうにぷつんと言ふ, お山へ, この朝, これを, そのやう, その枕元, たいてい知らぬ, ただまごつい, のち間もなく, はじめてお, ふと眼, ぼんやり答, まだすやすや眠つて, むきなほつて, もう答, やたらに, れいに, シロを, 不意に, 不機嫌さうに呟き, 人の, 仕方なく, 何かに, 何だか浮かぬ, 四つ這ひ, 夢中で探した, 大食ひでは, 失神し, 子供の, 家庭に, 少しも, 少し淋しい, 岩の, 幽かに, 悲しげ, 所謂お, 昨夜の, 書物を, 机に, 机上で, 格別おどろかず, 淋しさうに笑, 猿や, 生れて, 真青に, 私の, 私を, 立ち上り, 竹藪の, 笑つてか, 落ちついて, 見て, 調子に, 青竹の, 顔を, 首を, 驚き, 鬼どもの, 鷹揚に

1 [255件] あ, あたかも寺子屋, あたしを, あちらこちらと, あっけに, あなたの, あの黒い, あんなこと, いい人, いくたびもいくたびも竹, いつかな, いつの間にやら, いつもの, いつも元気すね, いとも気軽, いないかわり, いよいよ困っ, いよいよ慌て, おもいがけない仕事, おもしろいこと, お婆さんの, お宮へ, お年寄り, かんが, きつと, きのふも, くるりとうしろ, こしかけたま, こたへ, この山羊, この時, この間亡くなった, この鳥, ごんごろ鐘, さもさも嬉し, ざらに, しきりに一彦, しきりに首肯い, しばらく呆れた, しばらく経っ, しばらく経つ, しばらく經つて, しばらく考え, しんみりと, すぐに, すなわち母親, せっせと蝋燭, そう言い, そつぽ, そのままプイ, その血, その金, それから今度, それが, それでたばこ, それにか, そんなこと, そんなもの, そんな御, たった一人, ちょうどこの, ちょこちょこと, ちょっと会釈, ちょっと考える, つづいて, どこから, どこへ, なかなかききません, なかなか出, なかなか洒落た, なにを, にが笑, にっこりし, にっこりとも, はじめは, はつと, ぱくりと口, ふるえ上って, またねり, またアッハー, また困った, また箱, まだ何だか気がかり, みないひあてます, みんなを, もうその, もう寝床, もう彼女, もう起き, やさしくうなづい, やっと壁, わざと声, アムブロアジヌお, ガッカリし, ガツカリし, シロから, シロと, ニコニコ笑い, パイプの, ビックリし, ポン公を, 一代の, 一口一口噛みしめる, 一向に取済ました, 一寸唇, 一生懸命その後を, 一生懸命に, 三度も, 不思議さうに, 不思議そうに, 世間に, 中へ, 九十幾歳にも, 乳母車から, 二三町行った, 二人の, 五十センチほどの, 井戸好きだ, 亡くなられた奥さん, 亡くなる日, 人々に, 今日はな, 他人です, 何う, 何だって, 何やら思い当る, 何処からか, 例によって, 僕達が, 入口の, 八百屋へ, 六人の, 出て, 別に悪事, 別に惡事, 半分狂気の, 又うっかり, 又もや腰, 又困っ, 双手を, 叮嚀な, 可悔そう, 呆気に, 喜んで, 四国の, 四國の, 多分死ん, 大の, 大勢い, 大喜び, 大嫌いよ, 大急ぎで, 妾の, 娘の, 寝入って, 少し身体, 少し酔つて, 少し醉つて來, 居やんすか, 山へも, 崩れかかった牆, 帰りましたかと, 弱虫ねえ, 彼女の, 待って, 後から, 後片づけ, 徳利に, 怒ってるに, 思わず, 急に, 息子さんに, 感嘆し, 憤って, 承知し, 承知しました, 掌に, 斯う, 新しい板, 易者かね, 最前美留女姫と, 朝から, 木の, 本当にはだし, 本當, 枯木の, 柔和かに, 柳の, 栗虫から, 椿の, 歌っても, 此の, 死体が, 泣きそう, 浮かぬ顏, 浮かぬ顔, 温厚らしい, 満足らしい, 独言を, 猫に, 田舎に, 異様な, 異樣, 白い襟, 益々腹, 直に奥, 眉一つ動かされず, 着物を, 睡蓮の, 矢張り不機嫌な, 私が, 私に, 私達夫婦に, 笑いました, 笑ひました, 答えるの, 箱に, 縞の, 老体の, 老妖精, 考へ, 考へたの, 腕を, 腰に, 船に, 葬式代が, 藍丸王が, 見つけ默つて拾つて, 見つけ黙つて拾つて, 見世ものの, 親切な, 親切なり, 言いました, 言って, 言葉少なに, 話しをは, 財布から, 貨幣を, 買った着物, 赤ん坊を, 赤絵が, 車力を, 追っかける事, 通らない, 遅いじゃ, 道, 重々しくうなずい, 金持でしょう, 銀行に, 鐘が, 非道いよ, 頭から, 飽まで, 驚きません, 鶴の

▼ お爺さん~ (208, 15.6%)

8 顔を 7 姿が 6 姿は 5 ような, 前に 4 家庭は, 瘤が 3 世話を, 後について

2 [26件] おかみさん, おみやげは, ことを, この判定, トンキョウな, 一家に, 人品骨柄は, 勉強の, 大竹藪探索が, 家に, 家庭にも, 方で, 方は, 朝食の, 机の, 胸中に, 草庵の, 言ふ, 話を, 踊りも, 近所に, 部屋で, 間に, 頬杖つい, 頭の, 頭上に

1 [111件] いうとおり, いるうち, おそろしい顔, おみやげさ, お名前, お話では, お話は, お配偶, お顔, きず薬, こころざしで, こころざしは, ことか, ことなんかは, ことも, しゃべって, ところへ, ところへか, なさること, のった乳母車, ふうを, ふく竹法螺の, まわりに, やうに, わきに, ポケットからは, 一人よがり, 両方の, 乞食, 乳母車に, 云ひさうな, 人相書を, 今は, 供養を, 傍へ, 元気の, 内から, 処へ, 前へ, 友だちで, 口は, 商人ひとりきりじゃ, 喚めき, 噂へ, 場合歩が, 墓までの, 声が, 声を, 大事の, 如る, 娘か, 子供の, 孫である, 孫や, 家へ, 家まで, 寝起きの, 後生の, 後生を, 御話, 心を, 息子さんに, 情愛に, 手に, 投げ与へる餌, 投げ與, 指導霊に, 描いた竜, 教えて, 旅費ぐらゐの持合せは, 木や, 楽しみは, 様子では, 樂しみは, 横に, 歩みが, 気持は, 氣持は, 河, 炉端でした, 生活を, 癖が, 癖に, 白衣の, 着る着物, 着物か, 秘蔵娘であった, 笑い声が, 笑顔を, 約束を, 背中に, 胸は, 蜆賣り, 行きたいところ, 袖を, 要求する, 言われる通り, 言葉が, 言葉に, 許しで, 話, 説明で, 身の, 述べる所, 配達の, 銅像を, 隠退興行て, 頭か, 頭に, 顏を, 鼠は

▼ お爺さん~ (186, 13.9%)

3 出て, 煙の

2 [16件] あつた, あらはれると, ありました, いた, お酒, そのお, ちびちび晩酌, はしやい, ふつと, ゐたの, 五十の, 持って, 死んだ, 火鉢の, 私に, 這入って

1 [148件] あった, あまり逢っ, あるとき山, あんなこと, いうのに, いそう, いたはず, いつたと, いつの間にやら, いて, いとしい, いとどまじめくさっ, いましてねえ, いろいろ面白い, おどけた調子, お前を, お美夜ちゃん, ききながら, きちんとした分けまえ, きっと判事さん, くれて, こさ, このごろじゃ, この七人, すきな, そうだ, そう申しました, そう言われ, そこでお待ち, その帽子, ぢめんに, ついそちら, つれて, どこからか, なんでも, にこにこし, ひとり参詣に, ひょいと出, ひょっこり出, ひよつくり, ふらりと, むかうを, もう大分行った, やってくる, やって来ました, りっぱな, ゐたと, ゐます, オリンピックを, シロを, ターマンを, 一人居た, 一人屈みこん, 一向平気, 一緒に, 乗った, 二人の, 二人御飯を, 二人真赤な, 二郎さんにも, 代って, 何か, 何者かに, 例の, 僕の, 兄弟の, 先き, 先刻から, 入れるとか, 初めから, 勝手口の, 半泣き, 同行すれ, 喜ぶか, 土産に, 大丈夫と, 太い枝, 姉娘に, 子供の, 子息の, 実は稀代, 小僧の, 居る, 山の, 彼家の, 待って, 律義に, 御座います紅蓮洞, 思う間もなく, 提灯へ, 提灯を, 早速姿, 暮して, 来たので, 来て, 来るの, 柴を, 止めるの, 歯の, 歳をと, 気付かぬよう, 汲んで, 火縄を, 留守の, 病気な, 盗んだとかね, 目の, 直ちに側, 真先に, 私の, 穏かに, 立ち止まった隙, 立って, 竹笛を, 考へ, 聞きますと, 膏薬の, 自分で, 自分の, 自慢さう, 若者の, 荷いで, 蝋燭を, 見て, 見舞われた時私, 言うん, 言ったこと, 言って, 訪ねて, 説ききかせて, 説明し, 赤塗りの, 起きて, 車を, 車輪に, 造った釣竿, 酔って, 金公の, 鉱山が, 鍛った, 長い白い髭, 阿Qを, 附添っ, 震へ, 青い眼玉, 頭を, 首を, 駄々を

▼ お爺さん~ (97, 7.3%)

4 とつて 2 お娘さん, お目玉を, なって, 一目置い, 代用教員は, 伺って, 尋ねました, 無くて, 話ます, 追い縋って

1 [73件] あげたいと, あげて, あげました, あの年齡, いひました, おくって, お手紙, お話しする, お話を, お金が, お願, かつがれたの, さう云つて, されちゃあ, して, しましたらお爺さん, すがりつきました, すつかり話して, そう御, そっくりそのままで, その訳, たづねました, つれなくされる, つれられて, なったきりぎりす, なっても, なつて, なりお, なりました, なる前, もう少しで, シロが, 一口の, 与えた, 云ったでしょう恐い, 似たり, 似ない意地悪, 別れて, 別れ疵, 叱られるけれど, 向って, 呼びよせられましてね, 喰って, 尋ねますと, 小僧のめのめ, 山の, 山男の, 引っかかるもの, 従うこと, 御相談, 恐ろしい目, 懇意に, 手紙だし, 捧げ度, 教えて, 斯んな, 河豚鍋の, 用事が, 相違なかっ, 知らせます, 聞くん, 見せて, 言われると, 訊ねました, 話かけました, 追い付いて, 逢つてよろしく, 連れられて, 還元し, 釣りの, 頼みまして, 飛びかかって, 鵞鳥の

▼ お爺さん~ (52, 3.9%)

4 お婆さんが, アムブロアジヌお 2 お婆さんとが, お婆さんは, お鈴さん, シロと, 並んで, 喧嘩した

1 [32件] いうべきほどの, おしや, お婆さんと, お婆さんとがを, お媼さん, お美夜ちゃん, こんなこと, その連れ, つても, わかれるの, ポン公とを, ポン公は, マリアテレサが, 一処に, 一度話しし, 一緒に, 中学時代の, 二人で, 二人切りで, 孫とが, 寝て, 対ひ, 意見が, 懐かしがっ, 択ぶこと, 毛糸屋さんとが, 男の子が, 相談を, 話して, 連立って, 遊ばう, 釣に

▼ お爺さん~ (48, 3.6%)

4 お婆さんも 2 この低能, またその, 申しました

1 [38件] あんな目, いなければ, いる, こっちに, さういふ夢, さう思ふで, そう思うだろう, そんなこと, そんなにたくさん, です, ないだろう, にこにこし, びっくりし, びつくりし, またごんごろ鐘, やっと安心, ニコニコ顔, 一方ならず気, 一杯やらない, 乗つた, 二十二歳といった, 余程おもしろかっ, 又守護霊さん, 好きらしい, 妾の, 少し顔色, 弱つ, 手を, 旧は, 木を, 柳を, 死んだ, 笑い出して, 酔つてゐる, 醉つてゐる, 随分だ, 頼んで, 驚いたよう

▼ お爺さん~ (30, 2.2%)

2 呼び出して, 大事に, 捕まえて, 連れて

1 [22件] あの峠, お孫さん扱いしよう, かえして, こちらへ, さがしに, そのお爺さん, どうにかした, ひとつ芸娼院の, 呼び出す手筈, 呼んで, 小間に, 届けに, 引っぱって, 想い描かずには, 愛し初め, 捕まえそこないましたけれど, 捕まえた捕まえた, 煙の, 町まで, 紹介し, 見な, 親の

▼ お爺さんから~ (18, 1.3%)

1 [18件] いきなり, いろんなこと教はつ, きかされたところ, そう注意, そう言い渡されました, そう言っ, ちょっと前, もらったもの, 伝えられた時, 伺って, 御注意, 承るところ, 教えられた通り, 教えられて, 海の, 私が, 竜神の, 話を

▼ お爺さん~ (14, 1.0%)

1 [14件] あつた, あとの, お爺さんは, その次, でも, とおって, ワイマールの, 人品は, 休みながら, 何でも, 何とか議員, 写真を, 毎日樽は, 軍談もどきに

▼ お爺さん~ (11, 0.8%)

2 つて知つてゐる, な 1 からこれ, からです, とばかり思っ, なと客, ねえ, わ, わね

▼ お爺さんには~ (11, 0.8%)

2 子供が, 息子が 1 どこに, ほろ酔ひの, ほろ醉ひ, よくわかります, わからないの, 今夜一晩, 驚いたよ

▼ お爺さんその~ (8, 0.6%)

1 またお婆さん, わけ聞かせ, 侍が, 嘉助に, 帽子は, 方は, 瓢箪を, 色敵は

▼ お爺さん~ (8, 0.6%)

2 お婆さんが, お婆さんの 1 お婆さんは, お婆さん達の, 犬を, 白い頭

▼ お爺さん~ (6, 0.4%)

1 のかい, のでした, のでわたくし, んざもう, んざ人が, んだらう

▼ お爺さんです~ (5, 0.4%)

1 かでも, がそれでも, が独身者, よ, わ

▼ お爺さんでは~ (5, 0.4%)

1 あの女, ありませんか, あるまいかと, ないが, 雪姉ちゃんが

▼ お爺さん~ (5, 0.4%)

1 か食べる, だろうね, に障, をし, をそんなに

▼ お爺さんあなた~ (4, 0.3%)

1 お濡れ, のお力, は平家, もその

▼ お爺さんこの~ (4, 0.3%)

2 お客さんたちにも 1 人を, 話は

▼ お爺さんでも~ (4, 0.3%)

1 お婆さんでも, とうとう今, ないから, 釣りの

▼ お爺さん~ (3, 0.2%)

1 大事に, 婆あ, 聞き

▼ お爺さんからは~ (3, 0.2%)

1 いろいろと, お宮の, 斯んな

▼ お爺さんこそ~ (3, 0.2%)

2 その左 1 安政の

▼ お爺さん~ (3, 0.2%)

2 自慢の 1 もっとも様で

▼ お爺さんだった~ (3, 0.2%)

1 がそれ, ね, わ

▼ お爺さんにな~ (3, 0.2%)

2 つてだから 1 つてお寺籠り

▼ お爺さんみたい~ (3, 0.2%)

1 な疲れかた, にアチ, に要らぬ

▼ お爺さんわたし~ (3, 0.2%)

1 が大きく, はどうも, もその

▼ お爺さんあたし~ (2, 0.1%)

1 が庭, が汲ん

▼ お爺さんお婆さん~ (2, 0.1%)

1 が仔猫, をごまかし

▼ お爺さんお爺さん~ (2, 0.1%)

1 とつて, と懐かし

▼ お爺さんこれ~ (2, 0.1%)

1 あげませうお, をあげよう

▼ お爺さんだって~ (2, 0.1%)

1 いいじゃ, 今と

▼ お爺さんなどとは~ (2, 0.1%)

2 較べもの

▼ お爺さんはじめ~ (2, 0.1%)

2 はぎよつとしたが

▼ お爺さん~ (2, 0.1%)

1 やる手紙, 目配せし

▼ お爺さんもう~ (2, 0.1%)

1 一つ頼みが, 好いいくら

▼ お爺さん一人~ (2, 0.1%)

1 です, で静か

▼ お爺さん一寸~ (2, 0.1%)

1 お尋ね申します, 待って

▼ お爺さん今日~ (2, 0.1%)

1 のう寅, の見と

▼ お爺さん少し~ (2, 0.1%)

1 だけれど, 墓らしい

▼ お爺さん見たい~ (2, 0.1%)

1 な人, に思

▼ お爺さん~ (2, 0.1%)

1 か電話, に殺された

▼1* [136件]

お爺さんああそれに, お爺さんあなた提灯をつけ, お爺さんあんなことを, お爺さんいやな名前, お爺さんおいお爺さん, お爺さんおい爺さんもう宜い, お爺さんお前さんまた担ぐ, お爺さんお前さん眼が惡い, お爺さんお婆さんあなたたちはよほど, お爺さんお婆さん其隣の大尽, お爺さんお婆さん達の中, お爺さんお婆さん青年や若い, お爺さんお寺にはお, お爺さんお父さん息子といふリレー, お爺さんお爺さんあなたのお力, お爺さんお願いします, お爺さんお婆さんが, お爺さんかも知れない, お爺さんからも大へん, お爺さんくさくって若い, お爺さんくるの, お爺さんぐらゐ物の分かつた, お爺さんけれど私は, お爺さんここが頂上, お爺さんここらが焼け, お爺さんこそは言うまでもなく密偵, お爺さんこっちへ来, お爺さんこれお爺さん何をそんなに, お爺さんこんなになって, お爺さんごらんよあの, お爺さんを知らぬ, お爺さんそうするとね其処, お爺さんそれは見, お爺さんたち男ばかりな, お爺さんだいぶあっけに, お爺さんだけ恨みながら, お爺さんちょっと物を, お爺さんどこの, お爺さんでございましたからこの, お爺さんでございますよ, お爺さんでしたけれどちっとも, お爺さんでなく私の, お爺さんというのから, お爺さんとうとう報いられたの, お爺さんとか呼んで, お爺さんとでも呼ぶが, お爺さんとのおかげで, お爺さんとは思えない人品骨柄, お爺さんどうだい, お爺さんどうかこの人形, お爺さんどうも有り難う僕, お爺さんどこから来なすった, お爺さんなかなか観察眼が, お爺さんなぞの考えたこと, お爺さんならそのくらい, お爺さんなんかその前, お爺さんなんぞと呼びかけて, お爺さんなんぞもこの年, お爺さんなんて色消しな, お爺さんにばかりお縋りする, お爺さんにもあげよう籠, お爺さんはと見れば, お爺さんはね日本へ, お爺さんはもうごく気, お爺さんひょんな事を, お爺さんびっくりさせて, お爺さんまたここにも, お爺さんまでが今日は, お爺さんみたような, お爺さんもう一度京都の, お爺さんやらまっ裸, お爺さんよりお父さんより, お爺さんたい貴方, お爺さんアムブロアジヌお婆, お爺さんカラどうも酔, お爺さん一緒に降りません, お爺さん丹沢山のあの, お爺さん主婦それから便船, お爺さんの竹法螺, お爺さん今晩は, お爺さん余計なこと, お爺さんは貴方, お爺さん僕今日人形芝居の道具, お爺さん僕縫つてあげませう, お爺さん僕達が火, お爺さん初めッから怖, お爺さん判事が三人, お爺さんといふの, お爺さん大嫌いよ, お爺さん失礼ですが, お爺さん安心おしよ, お爺さんからお, お爺さんくやつ, お爺さん己ア此処迄に四度, お爺さんのせい, お爺さん後生ですから, お爺さん得ならぬにおいという, お爺さん怪我はなさらなかっ, お爺さん手拭を持っ, お爺さんひを, お爺さん教育部長のうしろ, お爺さん斯うしようじゃア, お爺さん明けて見よう, お爺さん昨日のよう, お爺さんの若, お爺さん此処におい, お爺さん歯ブラシおつかい, お爺さんをつけ, お爺さんを汲ん, お爺さん江戸鮨の孫娘, お爺さん漁師がモーター, お爺さんの中, お爺さん熱くして, お爺さん玉の井って知ってる, お爺さんへ知らせる, お爺さんに会っ, お爺さん私ゃ芸者のかざかみにも, お爺さん私やつぱり往きまつさ, お爺さんを切っ, お爺さんは毛, お爺さん自分で言う, お爺さんでも恋, お爺さん色気なくなった, お爺さん虞美人草はない, お爺さん襦袢でも洋服, お爺さん辻駕籠に出, お爺さんが, お爺さんのかわり, お爺さん野田あの人, お爺さん金婚式をやつ, お爺さん頭巾を冠, お爺さん頼むよ預かっ, お爺さんに乗せ, お爺さん馬車を止め, お爺さん騒ぎというの, お爺さん驚いちゃいけねえ