青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お父さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

お寺~ お待ち~ ~お方 お方~ お松~ ~お母さん お母さん~ お母様~ お気~ ~お父さん
お父さん~
お爺さん~ お玉~ ~お礼 お礼~ お腹~ ~お茶 お茶~ お蔭~ ~お話 お話~

「お父さん~」 4977, 54ppm, 2163位

▼ お父さん~ (1060, 21.3%)

9 それを 6 どこへ, 僕の 5 いわれました, もう帰っ, 何を, 子供の, 私の, 立派な 4 お前が, この次, そんなこと, どうした, どこに, ぼくを, 僕が, 死んで, 漁へ

3 [15件] あるの, お前の, なぜお母さん, もうさき, わたしを, 出て, 嫌い何, 急いで, 相変らず, 笑って, 自分が, 自分で, 顔を, 駄目だ, 黙って

2 [49件] ああいう, あひるさんが, いって, いひました, いやだ, おっしゃいました, おれが, お前たちの, お役所, お父さんで, お達者, きっと間もなく帰っ, ここに, さうい, さっきから, しきりに西, そこに, だまって, びっくりし, ぼくの, まだそんな, ハルピンで, 一人で, 九つの, 二三度羽ばたき, 人が, 今から, 何か, 何も, 信一が, 君の, 在るけれど, 家と, 家へ, 州判を, 本を, 気が, 泣いて, 生きて, 病氣で, 知って, 私を, 立って, 笑ひました, 笑われました, 言った, 首を, 駄目です, 鼻が

1 [830件 抜粋] ああいった, あたしにさえ, あなたからの, あなたの, あの時, あの男, あの縁談, あの通り我, あの通り頑固, あまり物が, ある別, あれで, あわただしく駈け込ん, あんたを, あんなに元気そう, あんな寂しい, いいながら, いいの, いい方, いきなり赤ン坊, いくつなんだい, いくら頼ん, いずまいを, いったもの, いつもくやみます, いつもそんな, いつもは, いつも品, いつも現状維持主義, いつも議論, いない, いないけれども, いばって, いませんよ, いまは, いやな, いよいよ自前, いらいらし, いるかい, いわれたの, うちの, うなずきながら, うまさうに巻煙草, うれしそう, えらい楽, おきき, おこらないと, おひゃく, おぼれ死んで, お丈夫, お人好しだ, お前この, お前そういう, お前なんか, お前にこそ, お前を, お后さま, お国, お子さんたちの, お家で, お殿様, お母さんを, お留守, お花, お茶が, お踊り, お鼻, かすめ取ろうと, がんじがらめに, きっとまもなく帰っ, きっと大丈夫, きつと, くれぐれも仰言ったでしょう, けっしてこんな, こういうお見舞, こう云われました, こう言いました, こつちへ, こどもに, このさかずき, この国, この土地, この年, この金吾, この頃ぢ, これも, こんなこと, こんなにはらはらし, こんな冷たい, こんな道, さくらあらい, さぞ心配, しかし不幸, しきりにその, しばらくわたし, じきあれだ, じっとし, じっと遠く, すぐあれ, すっかりもう降参, すでに死んでなかった, ずっと人, ずるいのね, そういうう, そういう主義, そういう問題, そうお, そそくさと, そのくら, そのそば, そのときただ, そのとき自殺, その令嬢, その台所, その紙幣, その背中, その青白い, それに, それは, そんなお父さん, そんな事, そんな恨, たいへんあわて, たいへん忙しい, たくさん御, たしか石橋弥七郎, たってと, ちっとも悪う, ちっとも落胆, ちょっとそっち, ぢき, できないと, とうとう直接本人, とにかく政界, ともかくも, どうしたでしょう, どうしたろう, どうしていらっしゃるだろう, どうしてる, どうしました, どうだって, どうなさった, どうなすっ, どうなっ, どこか, どっちが, どなりました, どんなです, どんなに喜んだ, どんな人, ないと, なお主張, なくお母さん, なんだ, なんだろう, なんで助け, なんにも, にわかに気がついた, ねえやい, ねるとき, はじめてやさしい, ひよつと, ふりかえりながら, ほんとにいらいら, ぼくが, まあ自業自得, ますます目, また, またこの, またてれ隠し, また喫驚, また頷い, まだそんなに元気, まだまだこれからも, まだ六兵衛さん, まだ寝てる, まだ治る, まだ赤ちゃん, まだ達者, まるで僕, みんなの, みんなを, めしあがらなければ, もうあの, もうあんなに遠く, もうお出かけ, もうこんな, もうしくしく泣きだし, もうぢつきお家, もう一足, もう二度失敗, もう五, もう帰し, もう戻らない, もう歸つて, もう死ん, もう死んでる, もう泣い, もう筆, もう行つて, もう鼻, もはやお, やかましかつ, やはりこんな, ようやく不断, よかった, よくならない事, よく知ってた, よく酔っ払っ, りっぱな, わざと知れる, わたしが, わたしん, ウイスキーを, ウーム, エライ, コニャクに, シシリイ島生れの, ズカズカと, トランクから, ニコニコし, ホントは, モスコウなんかへ, ヨボ, ワイオミング州に, 一つ大きく, 一ぷくたばこを, 一人である, 一人でも, 一切の, 一日の, 丁度九日位に, 七日に, 三十日に, 上の空で, 世界中探したつ, 二十人ばかりの, 二十年も, 二郎ちゃんを, 五百貫の, 亡って, 人から, 仁科猛雄と, 今こうして, 今どう, 今まで, 今わきから, 今ハヤブサ司令官と, 今日お前たちに, 今日にも, 今日は, 仕事が, 以前参謀本部詰めで, 会津様の, 何してる, 何だか顔色, 何と, 何とかいう, 何にも, 何処に, 何処へ, 何故もつ, 何時, 何時に, 何時もお, 余りに寛大, 例の, 信州の, 偉いなあ, 僕に, 僕達が, 先年なくなられた, 公証役場を, 内に, 出して, 函の, 別に気, 剣術も, 力が, 勇ちゃんの, 医者で, 十九の, 千二君が, 博士でも, 厭な, 又叱りました, 取りわけ大, 古事記と, 可愛い娘, 君が, 君を, 吾家を, 困つて, 固いから, 地下室の, 墓参を, 声たかく, 外へ, 外國へをん, 外套を, 夜なかに, 夢中で, 大きな会社, 大よろこび, 大佐だ, 大喜び, 大変元気身体も, 大工だ, 大方誰, 天下国家の, 太鼓を, 夭折なすった, 女連中を, 如何に, 妹をも, 嫌に, 子供らに, 学問の, 実に好い, 実はまだ, 実はもう, 家が, 家に, 家の, 寝言の, 小刀で, 小屋の, 小田くん見た, 少将よ, 尾州藩だった, 屋根から, 山形で, 岩の上へ, 工場から, 市の, 帰って, 年中お, 年老って, 店頭の, 庭へ, 弱って, 役所の, 彼方へ, 待ちかねて, 御健在, 御存知ない, 御寢, 御病気だし, 微笑し, 徹夜し, 心配する, 必ず子供, 忘れっぽいのね, 怖ろ, 思ったの, 思ってるが, 思はず美津子, 息子が, 悔むように, 情なさ, 愛する愛すると, 態, 慾が, 戦で, 戦争前から, 戸田を, 手を, 指ざし, 政党の, 数学の, 數衛といふ, 料理屋の, 方々へ, 旅館の, 明日から, 昔から, 昨年お, 普遍妥当の, 暢気ぢや, 書きもの, 最も大切, 最後だ, 木田に, 未だお腹, 未だ名古屋, 本当に嬉しい, 本気に, 村長でした, 東京から, 柴田猛甫と, 梶は, 横町へ, 欲が, 歌を, 正ちゃんを, 死に損, 死に損つて, 死んじゃったん, 死んだの, 死んだん, 殊に栄蔵, 母さんが, 毎年夏に, 毎日お, 毎日町の, 毎晩めしあがる, 永年臥た, 没落を, 泣き上戸, 浦和中で, 火を, 無理を, 片方の, 玉を, 男だ, 男爵で, 町長を, 疑いが, 病気が, 白髪小僧の, 百姓だ, 百姓姿であった, 直ぐ其處, 相変わらず可愛, 県会議員です, 真平, 知らずに, 知らないはず, 知らないん, 社交とかからは, 福沢百助と, 私が, 私に, 穏やかな, 笑いながら, 笑つて言ひました, 笛を, 答えました, 続けた, 線路を, 縁側で, 考えて, 耕一郎は, 職工だ, 腎臓に, 腹の, 腹を, 自ら羽織袴で, 自分の, 自分も, 良い人, 色が, 若いうち, 若くて, 蓋を, 虎を, 行くえ, 袂糞位が, 裏の, 見なくたって, 親モルモット, 言い聞かせた, 言はれました, 許して, 誘拐なんぞ, 誰かれ, 論されました, 講中の, 財産家で, 責任上いまの, 貴方個人の, 買溜めする, 赤ん坊を, 赤ン坊を, 軍人だった, 迎えに, 近頃どうした, 運が, 道楽のみを, 酒くせで, 野球気ちがいの, 金吾小, 銀行の, 長官だ, 長火鉢の, 陸軍の, 随分認識不足, 随分酷い, 電気の, 青木さんの, 面目ない, 頭が, 頷いて, 頸を, 飛び上って, 首から, 馬マニヤな, 驚きました, 麹町三番町の, 鼻の

▼ お父さん~ (886, 17.8%)

22 ところへ 11 ことを 10 ために 7 方へ, 話を 6 ことが, ように, 前に, 方は, 顔を 5 やうに, 事を, 家の

4 [14件] お墓, お帰り, ことだ, ことは, やうな, 前へ, 博士の, 名は, 所へ, 梟は, 蛙は, 蟹が, 話は, 顔が

3 [16件] おっしゃるとおり, お名前, お留守, お顔, ような, 事は, 処に, 子供に, 帰ること, 志を, 敵を, 方が, 方で, 方も, 病気の, 耳に

2 [59件] いうこと, お位牌, お手助け, お父さんが, お父さんの, お許しが, お部屋, こと, ことだって, ことなんて, これは, そばに, てかけはんの, とこへ, とならん, ほうが, 代わりに, 仰言, 例の, 傍へ, 写真が, 写真を, 前で, 名前は, 名前を, 大事に, 姿が, 子だ, 子だけ, 子な, 弟に, 御容態, 御様子, 御顔, 所へも, 手から, 手紙には, 持って, 教えは, 時計だ, 書斎から, 本を, 机の, 村長さんは, 毛も, 病気は, 病気を, 瘤は, 立派な, 考えて, 考えは, 耳へ, 職業は, 蟹は, 血を, 言葉が, 跡を, 遺伝は, 魂は

1 [562件 抜粋] ああした, あだ討ちを, あとに, あとを, あなたの, ある者, い, いい助手, いうとおり, うちは, えがいたゆめ, おい, おうち, おかげで, おかげです, おさらい, おっしゃったよう, おっしゃること, おゆずりな, お世話を, お人柄, お伴かい, お使い, お供を, お写真, お友だち, お友達, お土産, お声, お手柄, お手紙, お机, お母さんすなわち, お気が, お気に入りで, お眼鏡に, お祭り野郎, お考え, お耳, お職業, お肚, お葬ひも, お葬式, お言葉, お話は, お誕生祝, お鑑識, お馬鹿さん, かかりつけの, かたきだ, からだに, からだにでも, くせに, ことな, ことなら, ことなんか, ことに, ことについて, ことはっきり, ことばが, ことばに, こゑをきいてわたしも, ご意見, さういふ趣味, さげて, しような, すえっ子として, すすめるとおり法科, すること, せいにばかり, そのまた, その鏨, そばへ, たよりは, だし一つは, だらしの, ときほど, ところから, ところに, ところへと, とまあ, と兄さんの, なんで, におい, においが, はいつも, はお, はかりごと, はそんな, は早く, は菊, ふくろうが, ふくろふ, へやへ, またお父さん, まわりを, もお, もとへ, ものとは, ももらっ, やつて, やり方も, ゆだ, ゆるしを, ようすは, ようすを, ようにゃ, よりもまた, わるいくせ, カンは, コックニー博士と, コンクリート氏が, ステツキと, ズツと, パチンコの, ピストルで, ピストルを, ミュンツァ博士は, ムスタフは, モコッチャルの, 一人娘で, 一晩の, 三人姉弟が, 三年忌だ, 上京された, 上向いた表情, 中気だけ, 主義は, 九月来の, 事が, 事だけを, 事で, 事ばかり, 事や, 事務所で, 事務所の, 事務所へでも, 事情が, 云う事, 云った通り, 云ふ, 云付けを, 亡霊が, 人格には, 仇敵は, 介抱を, 仕事なんて, 仕付を, 代までは, 代りにも, 代筆を, 以南さんが, 以南は, 仰し, 仰しゃるように, 会社に, 伯良が, 位牌に, 何んである, 作夜の, 使いだ, 信念が, 信念の, 信念を, 俤を, 健康を, 側に, 側にも, 傍に, 働いた分, 先き, 先生が, 内へ, 写真と, 冠り, 処へ, 刺された気配, 前だ, 前掛, 力に, 助手を, 区別が, 口から, 口にも, 口癖の, 召し上がるお, 召使ひ, 右田作時代みんな芸も, 合羽きる, 名には, 名代に, 名刺を, 名前, 味方な, 命名なり, 命日に, 咄を, 商売は, 喋ってるの, 噂を, 国では, 国は, 国士気取りの, 場合は, 墓に, 声, 夢で, 夢を, 大きいお, 大事な, 大旦那, 大根さんは, 大臣に, 女学校が, 妹である, 妾であった, 妾腹の, 姿を, 娘でしょう, 娘です, 子, 子じゃ, 子である, 子でも, 子として, 子どもも, 子供と, 字とは, 学問の, 学問を, 守を, 家が, 家来じゃ, 家業の, 家筋に, 容子を, 寝間の, 寺田浅次郎五段も, 居る間, 居間に, 居間の, 山林の, 山田氏に, 岩瀬氏は, 工合が, 巧妙な駈, 席を, 帰った時, 帰って, 帰りを, 帰るの, 年金は, 年金も, 年齢で, 幸福に, 幽霊を, 建てたん, 弔を, 弟さんが, 弟子です, 形見だ, 役目で, 後から, 後姿を, 御き, 御不幸, 御墓, 御性分, 御決心, 御用で, 御用事, 御苗字, 御蔭さ, 御蔭に, 御骨, 心得違いを, 心持も, 志に, 怒り方は, 思つてる, 性分な, 性格の, 怪我は, 怪無電以外に, 恥だ, 息が, 悪いところ, 悪い病気, 悪口なんか, 情なしっ, 意見で, 意見も, 愚痴も, 愛によって, 我童や, 所謂, 手がと, 手で, 手は, 手伝いを, 手助けを, 扱われて, 拝んで, 採貝艇, 教えの, 数を, 敵が, 斬られなすった姿, 新聞の, 方からの, 方どうして, 方にも, 方の, 方へは, 旅の, 旧友で, 昔の, 昔仲間の, 時蔵や, 書いた短冊, 書斎で, 書齋から, 替え玉だ, 本当の, 来た事, 松永氏が, 格子の, 椅子も, 機嫌が, 歸る, 死なれた時間, 死は, 死んだという, 死んだ時, 死んだ直後, 死後どこか, 死後悲惨な, 死骸何うし, 残して, 殺された場所, 殺された時, 殺されなすった時刻, 殺した虎, 気が, 気に, 気に入らないよう, 気を, 気持ちに, 気象として, 永年の, 汽笛は, 没く, 油絵が, 法事の, 注意を, 洋服を, 海軍大佐の, 消息を, 温情お母さんの, 濟んだ, 為です, 為に, 無事を, 煎薬やら, 熱狂奔走ぶりに, 物だった, 犬さんは, 生きて, 生きてるうち, 生命は, 生死を, 生涯だって, 男兄弟の, 画は, 画を, 留守の, 病気でありまし, 癇の, 百年さんの, 看病だ, 看病を, 真似を, 真実を, 眠さ, 眼は, 眼を, 眼病を, 着物, 着物に, 着物を, 石塔を, 研究大, 空中に, 立場が, 立場は, 笛でも, 粉挽屋は, 紋章や, 絵を, 罪だ, 考えも, 考えるよう, 耳には, 耳の, 耳へだけ, 耳へは, 耳許で, 耻に, 肖像も, 肩を, 胃の, 背に, 胸の, 能力の, 脚本の, 脛かじり, 腎臓は, 腕の, 腕前は, 膝に, 膝の, 膝よりも, 良人としての, 良心, 若いこと, 若い時, 若かりし, 苦労が, 茫漠性が, 茫漠性は, 葉書勿論, 葬列の, 蛙が, 血から, 行く眼, 行って, 行衛なら, 褌一つな, 親類の, 言いつけは, 言うよう, 言う通り, 計画だ, 許に, 許へ, 許可を, 訴訟事件に, 診察に, 話だ, 話に, 説と, 読んだ歌, 読んだ沢山, 調子が, 諒解さえ, 讐仇の, 負債を, 財布を, 賛成によって, 足もとに, 踊上手が, 身を, 身丈も, 身代りに, 車を, 軽薄な, 近況を, 返事でした, 迷信にも, 選んだ藤井善一, 遺物は, 遺言で, 遺言状には, 部屋から, 部屋に, 部屋は, 部屋を, 部屋着は, 附添ひもなく, 隱し, 霊魂は, 面倒は, 音楽家の, 音頭で, 頭の, 頭を, 頭蓋骨だ, 頸っ, 顔に, 顔も, 顔色を, 顰め顔, 風ッたら, 首っ玉へ, 首尾さえ, 馬鹿野郎と, 高松さんは, 髯に, 魂なんて, 鳴らす汽笛

▼ お父さん~ (755, 15.2%)

14 帰って 8 生きて 7 言った 6 お帰り, 生まれる前 5 出て, 持って, 死んで 4 お亡くなり, かなしいの, 急な, 黒い服 3 あの男, いわれました, お母さんを, 云って, 云ひました, 早く帰っ, 来たよ, 来て, 死んだ時, 監獄へ

2 [42件] あたしを, あなたを, あるん, いいました, いった, いなくなったの, いら, おっしゃいました, おむこ, きいた, この前, しょんぼり煙草, しょんぼり飛ん, それは, そんなこと, ついて, なくな, 久木さんの, 二度目の, 亡くなられてから, 今宵受けた, 何か, 何を, 先に, 大事に, 待って, 待つて, 惡い, 戻って, 死ぬ時, 死んだの, 歿く, 申しました, 病気に, 私に, 私を, 自分の, 言いました, 買って, 迎いに, 迎ひ, 進歩的な

1 [569件 抜粋] あ, ああ言っ, あそこの, あたしたちから, あちこち歩き, あったの, あつた, あつて, あなたと, あなたに, あなたへ, あの共同, あの方, あの様子, あの船, あまりにも, あまりやかましい, ありません, あるから, あるところ, あるの, ある病院, あんなにお前, あんなにしほ, あんなに真青, あんまりダラシ, いい人, いきなりどう言う, いくら物分かり, いずれこの, いたら, いたわって, いったよ, いっていなさる, いつでも, いつもの, いつもよく仰, いつもズル, いつも直ぐそこ, いて, いないと, いないという, いないの, いないん, いなくなったからって, いなくなってからは, いひました, いらっして, いらっしゃらなければ, いらっしゃるし, いらつし, いられたの, いるか, いるから, いろいろな, いろんなこと, いわれたの, うしろに, えびすさまの, おいでと, おかえりなさっ, おかへりに, おめくらさん, おやしき, おらんの, おわらい, お出かけなさろう, お前が, お前さんを, お前を, お妾, お妾さん, お守りを, お建て, お弁当, お役所, お検め, お父さんがよ, お爺さんの, お聞き, お芝居, お見え, お起き, お通り, かんとか, き, きっぱり云, きっぱり云いました, きっぱり言いました, きつぱり云, きて, くるんだもの, こちらに, こちらを, こつちを, この室, この家, この話, こんな病気, ご用が, ご自分, さきに, さっきから, したろう, じっと庭, すき焼なんか, すてろと, すんで, そういう安心, そういう行動, そうだった, そう云う, そう仰言った, そのまた, その掛け物, その気, その話, そばに, それでし, それを, そんなにあっさりぶ, たいしたこと, ただの, たぶんあの, ちゃんと話, ちょうど友だち, つれて, とがめた, どうかされた, どうかし, どうかした, どうした, どうしてもお, どうしました, どうやら病気, どんなこと, どんなに困るだろう, どんな人, どんな立場, なおしちゃったらしい, なかった, なくて, なくなったら一人, なくなった今, なくなって, なくなってからは, なくなられたか, なくなられたと, なくなる時, なんだかきたならしかっ, なんとおっしゃる, なんぼ喜ぶ, においあらせいとうの, のっそり玄関先, はいって, はじめたみんな, びつくりし, ふいに, ふっと心細く, ぶらぶらしてる, ほんとに病気, ぼくに, またお, また煮え切らない, また言った, また買, まだもっ, まだ壮, まだ帰らねえ, まっ黒に, みんな食べ, もう家, もし僕, やかましいから, やがて食卓, やはりおそろしい, ゆかいらしくさけんだ, ゆとりを, よくしてやる, よくそう仰った, よそからかへ, よわって, わざわざ会い, わたしから, わるいと, わるくなっ, ゐないから, ゐないからと, ゐら, ゐると, ゐるん, ゐれば, エラかった, グルーシェンカの, スメルジャコフの, チョッキすが, デタラメに, ニコニコ楽し, ビルマで, ラドベリーに, 一ちゃんを, 一と, 一ばん大事に, 一人あっ, 一切引きうけ, 一日いらつ, 一番悪い, 丈夫な, 下さらなくなったん, 不公平だ, 不幸だ, 不思議そうに, 不意に, 中風で, 乗って, 二三度お, 二人に, 二人の, 云いました, 云ったよ, 云ったら相当, 云つてらし, 云わしたばい, 云われましたから, 亡くなったとき, 亡くなって, 亡くなってから, 亡くなってからは, 亡くなってからも, 亡くなつたらあなた, 亡くなつて, 亡くなられたこと, 亡くなられたという, 亡くなられたら私, 亡くなられるの, 亡くなると, 今夜あたり帰っ, 今夜むごい, 今晩来られない, 今病気, 以前は, 仰しゃるとおりですと, 仰有, 会社を, 佐倉の, 何かに, 何かの, 何と, 何処かへ, 何度も, 來る, 信用し, 働きて, 僕ひとりに, 僕を, 元気を, 先生の, 免す, 出かける時分, 出さないと, 出るもん, 分けて, 創ったかわいい, 助けて, 労わりながら, 動いても, 勝手に, 包みの, 医者として, 十九お母さんが, 十五年も, 十日先に, 危ながっ, 原子学の, 又どうか, 反対し, 叔父さんに, 取りあげなかったので, 口で, 只た, 叫びました, 可哀そうだ, 可哀そうだった, 可哀そうで, 可哀そうです, 叱ると, 名古屋から, 向ふで, 商売が, 問題に, 喜びますよ, 喧しいこと, 困るん, 夕方村会から, 外道奴外道奴と, 夜おそく, 大丈夫だって, 大切に, 大声で, 大変おこっ, 大変心配し, 大好きな, 大層な, 大怪我, 大阪おばあさんの, 奈良で, 女の, 好いとおつ, 子供たちに, 子供なんかの, 子供の, 子供を, 学務委員などを, 守って, 官憲から, 宙に, 家にを, 家へ, 寝て, 寿命を, 小頭組合を, 少し出す, 少し頑固, 居ねえので, 居る, 居るで, 居るの, 川から, 川へ, 帰ったらよく, 帰つて来, 帰らねえでは, 帰ること, 帰ると, 床の, 役場の, 待つとるにな, 心配そうに, 心配顔に, 快よく, 怒って, 怒つて, 怒つてるから, 怒るならお父さん, 怖いなんて, 急病な, 恋しくて, 恐い夢, 恨めしくさ, 悪いの, 悪いのよ, 悪かった, 意気地なし, 懐かしく悲しくなる, 手を, 手打に, 承知さえ, 承知し, 拳骨で, 指さす方, 挽回しよう, 接吻し, 支那風が, 新派の, 新聞に, 方々の, 日本ほど, 明日來て, 明日帰っ, 暇なら, 書いたの, 書きましたので, 朝の, 村の, 来た, 来たって, 来たら上げて, 来てよ, 来ないという, 来られなかったこと, 東京から, 松さんに, 枯れるといった, 染めたん, 樽屋さんの, 止せって, 正しいか, 死んだこと, 死んどるう, 歿なり, 残した仕事場, 気が, 気ちがい, 気の毒で, 水を, 洗面所から, 派手好みで, 浚って, 浮ばれないつて言ふん, 浮べるという, 涙を, 淋しいん, 淫売だ, 満州へ, 漁に, 澤山出す, 牧を, 物堅いから, 特別に, 犯人でない, 獄中で, 玉ねぎさんの, 玉を, 玉井親分と, 理由の, 環と, 生きてたら僕達, 生き物を, 生命を, 用が, 田舎から, 画家だつた, 留守の, 疲れなけりゃいい, 病気し, 病気だ, 病気で, 病院へ, 白滝とかいう, 監獄へは, 目を, 福岡から, 私達の, 穂庵といふ, 笑いながら, 結婚の, 縛られるで, 繕って, 繰り反し, 聞きました, 腕を, 自分で, 自分を, 自転車で, 良いと, 芸者か, 草葉の, 薬を, 蝶々さんが, 行かれるなら, 行く前, 行って, 行らっしゃる, 見えたと, 見えて, 見ちや, 見当の, 親譲りの, 解って, 言うて, 言うの, 話して, 誘拐せられた, 読んだん, 財産を, 貫ちやんの, 貰って, 買つて呉れた, 起きかえって, 足を, 身を, 転勤なさる, 返して, 退院し, 通りましたらお知らせ, 連れて, 達者な, 選んだ養子, 遺して, 酒を, 酔つ, 野良で, 金持ちに, 釜うで, 釣に, 鈴木の, 鍋を, 鍛って, 長々煩いまし, 長い間癩病, 閑居し, 隠れて, 雪子さんの, 青年に, 非業に, 面会所で, 頑固過ぎる, 驚いて, 驚くぢ, 髪床や

▼ お父さん~ (399, 8.0%)

8 つれられて, 似て 7 話して 5 お願いし 4 買って 3 なる人, 内証で, 訊いて, 逢って, 頼んで

2 [30件] お尻, お話が, お金の, お願, しかられて, しても, すまない, たづねました, たよりを, つかまつて, つれて, なって, よく似, 上げて, 世話に, 二升の, 云って, 勧めて, 叱られたの, 大恩, 御心配, 来て, 気を, 相談した, 行って, 見せて, 見て, 言いは, 違ひない, 預けて

1 [292件] あ, あえたであろうよう, あげた防毒マスク, あたられては, あなたの, あるの, あんたが, あんなこと, いいもの, いい衣物, いうたげるさかい, いうとりましたわ, いちいち相談, いって, いつし, いひつかつ, いら, いわぬわけ, いわれたろう, いわれました, いわれると, おんぶしな, お会いな, お前と, お前の, お父さんの, お祈りし, お聞き, お見せなさい, お訊ねし, お詫びし, お話ししたい, お話した, お話しなす, お金を, お雛様の, きいたん, きいて, きくと, くつついて行け, こういうもの, こうし, ここへ, こないだ手紙を, こんなこと, ご挨拶, ご飯だ, ご馳走に, さうお, さう言つて, しいられて, しかられは, しかられるよ, しばらくこの, しばられました, しました, しらん顔, じゃれつきました, すすめて, すすめなさい, すっかりお話, すまなかったと, そうあなた, そういうの, そう云っ, そう言っ, そう言っとい, そう言われます, そっくりです, そのこと, そのままの, その面, それこそ, そんなこと, ちがいない, つかまったらなかなか, つめ腹, とどいたと, どうぞよろしく, なければ, なったの, なったネ, なつた, ならつて, なり所長, なるの, なるん, なる資格, なれば, ねだらなければ, ぶたれ通し, まかせて, もう一度逢っ, もしもの, もって, もっとはっきり言っ, やかういふこと, やられちやつた, よく似合いました, よく言う, よこしな, わかって, イヤに, ウント叱られる, キッスを, 一寸楯を, 丁度よ, 上げたから, 上げるん, 下すつたん, 不愉快な, 云いつけられた通り, 云いました, 云い聞かされて, 云ったん, 云つて来た, 云はれ, 云ひました, 云ひ付ける, 云われたから, 云われたが, 仕込まれたん, 代って, 会いたかろうにね, 会えたの, 会ったらよく, 会って, 会わせないよ, 伺って, 似てや, 体裁の, 何か, 何かとお世話, 何処かへ, 先立って, 入れて, 出して, 出来る筈, 分ったん, 刈って, 別れて, 勝てる迄, 千兩の, 半纏を, 取って, 取りなして, 取成し, 叱られたり, 叱られてばかり, 叱られは, 叱られるから, 叱られるよう, 叱られるわよ, 合す顔, 同じ音楽的, 同情は, 吐いた覚, 向かって, 向って, 君たちの, 告げると, 告げ口した, 四千五百ルーブルの, 報告を, 声を, 変ったこと, 奪られた, 如何いいわれた, 孝行を, 安心させたい, 実によく似, 実の, 家で, 対抗し, 就いての, 幻燈写真を, 建てて, 引き取られて, 彷彿です, 御帰り, 御礼を, 御飯を, 心配を, 怒られると, 怒られるよ, 怒りました, 思はれては, 恨みを, 悪いわ, 悪かった, 悪く取, 惚れて, 惚れとるその, 惚れとるとじゃ, 意見を, 慥へて, 手を, 手紙が, 手紙で, 抱かれて, 抱っこし, 押っ着け, 持てんもの, 挨拶したら, 接吻し, 接近し, 接近し過ぎた, 早くご, 殺されるよう, 毒味を, 気質が, 洋行費出し, 海へ, 済まないこと, 済まなかった, 渡したの, 渡して, 渡しながら, 然う, 環ちゃんに, 生き写しだ, 申しわけが, 申し込みました, 申訳が, 申譯おま, 異議の, 皆云, 直ぐに, 相談し, 着物を, 知らせは, 知られたらどんな, 知れたら猶, 知れ学資, 祝って, 私を, 聞かされたとき, 聞かして, 聽かせ, 肖て, 背いて, 背負はれ, 自分も, 自転車を, 薬も, 見せずに, 見せないで, 見せました, 見せますと, 見たもの皆報ら, 見つかつて, 見つかると, 見ぬかれたらだめ, 見られると, 見付けられたの, 見出したよう, 言いつけますわ, 言いつけるよ, 言いましたら俺, 言う訣, 言ったこと, 言って, 言ってね, 言ひ付けます, 言われて, 訊いたらお父さん, 許されるよう, 話したん, 話しました, 話すと, 読んで, 諸君の, 謝罪った, 買つ, 賛成し, 赤い電車, 蹴られたの, 返して, 返事が, 造って, 逢いたいわ, 連れられたそれ, 連れられて, 達ちゃんの, 酌せ, 隠したいから, 隠しました, 頼みなさいよ, 頼むこと, 骨を, 髪を, 麹町郵便局に

▼ お父さん~ (253, 5.1%)

58 お母さんも 3 来た, 連れて 2 あわてて, お父さんだ, それを, もうかみ, 出て, 切なかった, 叔父さんも, 寒いから, 知らない, 笑ひました

1 [169件] ああおっしゃる, あきらめるで, あたしの, あちらに, あの世で, あの人たち, あの行方不明, ありがとう, あれば, あんまり金, い, いい暮し, いっしょに, いつでも, いつどんな, いやがって, いらしった, ええとこ, おありなさらぬ, おじいさんも, おっしゃったよ, おつ, おまへも, お仕事, お呼, お母さんと, お父さんで, お疲れ, くたびれたの, くたぶれたぞ, ここから, こないだそう, この女, この頃, この頃よう, こんな草, ご同意, ご存じの, さぞお, さぞ力, すぐに, すっかり弱っ, すっかり田地, ずいぶんがんこ, せいぜいまっすぐに, そうあばれる, そうたびたび千歳, そう感情的, そう言った, そのため, その場, その席, それで, それでやつ, それならもう, だんだん折れ, ちっと考え, ついその, とうとう狂っ, なおりましたし, はじめてその, ひどい攻撃, びっくりし, まだ老, まるでご存じ, もうだいぶ年, やさしい兄さん, やつぱり画家だ, やりたくないん, わが家の, わたしを, コニャクは, ゴロゴロね, モウこの, レヤチーズには, 一緒に, 二三日前から, 二十時代には, 二度とおまえ, 云つてゐた, 亡くなりお婆さん, 人間か, 今では, 今度といふ, 仙吉に, 來た, 兄さんも, 兄弟も, 八方塞り, 八方塞りだ, 出るつもり, 初めは, 助からんよ, 医者に, 呆れました, 商売の, 喜んでるよう, 困るし, 困るじゃ, 大した腕, 大佐です, 大分年を, 大分開け, 大変御意に, 大変悲しみました, 大層よろこん, 大抵の, 太宰さんが, 嫁さんも, 学校の, 寐た, 少し短気, 居るし, 帰って, 帰つて来ました, 年を, 弟も, 弱って, 御存知の, 徴用から, 心に, 急いで, 承知の, 教会の, 昨日や, 晩酌の, 最後は, 最早居ない, 来たもん, 案外腹, 死ぬ前, 死んでしもうでから, 民政党, 気がついた, 水野さんが, 決して鉄道線路, 泣いた, 溜息を, 煙に, 病院へ, 百姓でした, 眠って, 知らないがね, 私も, 私達を, 立つて, 笑いました, 笑つておし, 羅両, 行くの, 行ったこたなか, 行ったのよ, 見えるだろう, 角力が, 計略は, 許して, 誠兄さんも, 誰も, 諦めて, 貴女も, 賛成, 賛成し, 起きて, 辛抱人に, 野原の, 開けて, 風野又, 首を, 驚いた顔

▼ お父さん~ (212, 4.3%)

15 お母さんは 12 一緒に 9 お母さんが 6 お母さんと 5 お母さんとが, お母さんに, お母さんの 4 いっしょに 3 お母さんとは, 一しょに, 並んで, 二人で, 呼んで

2 [11件] うちの, お母さんで, お母さんとに, お母さんを, 一しよ, 二人きりで, 僕たちとは, 同じよう, 喧嘩し, 寝たなら, 話しを

1 [114件] あなたが, あなたの, いえども, いま呼ん, いらっしゃりたいと, おじいさんの, おちかづき, おつ, おなじよう, おばあさんと, お姉さん, お嬢さんだろう, お母さんとから, お母さんとについて, お母さんとを, お母さんも, お母さん民子の, お父さんという, お爺さんが, お話しし, お銀ちゃん, これも, その他にも, それから君, ちい兄さんが, ひそしそ話, よんだ, よんだ寝小便じいさん, わたしは, バンジャメンと, マリちゃんの, ミーチェンカ兄さんを, ミーチャとの, 一寸目を, 一緒なら, 一緒の, 一角尊, 三ちゃんの, 二人きりな, 二人ぎりになった時にも, 二人分孝行するだ, 云うの, 今でも, 仲が, 伝えられて, 似たところ, 住んで, 何を, 何故いっしょ, 傍に, 働きに, 兄さんだけの, 兄弟だ, 別れちまつたらどう, 北海道に, 半蔵さんとは, 叔父さんは, 同じ皮肉, 同様感傷癖に, 同等で, 同郷だ, 同郷とかっていう, 呼ばせお母さん, 呼ばれ僕等三人, 呼びかえるよう, 呼びたくなる, 呼びなさい呼ばないと, 呼びも, 呼ぶが, 呼べって, 喧嘩を, 地球を, 娘が, 小僧は, 小父さんとど, 少女たちは, 川へ, 巴里に, 床屋ごつ, 心安い人, 心安くし, 思って, 思っては, 懇意だった, 暮したいと, 月野博士と, 月野博士とが, 来ると, 歌の, 清太郎が, 相談し, 相談しました, 私と, 私とで, 私とは, 竹一の, 約束が, 聞いただけ, 行くと, 裏の, 言うと, 言ったが, 言ったね, 言って, 話してたので, 話しとるの, 話し合って, 違って, 長女と, 離縁し, 馬之, 髯の, 鳥取へ, 黒牛とが

▼ お父さん~ (158, 3.2%)

20 お母さんの, お母さんは 19 お母さんに 12 お母さんが, お母さんや 7 お母さんを 6 お母さんたちは 4 きくよねえさんは 3 お母さんから, お母さんも, 阿母さん 2 おっ母さん, おッ母さん, おツ母さん, お母さんたちも, お母さんにも, 叔父さんに

1 [37件] あなたの, お母さんたちが, お母さんたちに, お母さんたちの, お母さんたち元気でいなさる, お母さんて, お母さんと, お母さんといふ, お母さんなるべく, お母さんなんか, お母さんには, お母さんに対する, お母さんはじぶんを, お母さんまでが, お母さんみたいに, お母様が, お母様や, お祖母さんの, またバルメラ男爵, みんなが, レーワや, 仲間の, 何かには, 僕の, 兄さんが, 兄さんに, 兄さんの, 兄さん姉さんの, 城介やなんかの, 姉さんの, 姉さんや, 子供を, 年取つた潜水夫などに, 従妹が, 春子に, 校長さんに, 祖父さんが

▼ お父さん~ (142, 2.9%)

5 殺したの, 連れて 3 呼んで 2 お起し, 出せ, 大切に, 怨んで, 殺して, 毒殺した, 見て

1 [115件] ある田舎, あんなにし, い, いじめなくたって, うらんで, おかきなさい, おなく, お呼びする, お父さんとは, お訪ねし, ころしたの, さがして, そのお, その勤め先, そんなに信用, たとえばミハイロ・ミハイロヴィッチ, ちっとも憎めない, つれて, どうして好かん, びっくりさせました, びつくりさせる, ふみつけに, まる裸, みなくちや, むかへに, めったに喜ばせ, もって, よく存じ, よぶ新町吉田屋, よんで, ガミガミどなりつけ, 一辺呼ん, 下から, 人間として, 伴って, 伴れ, 信用なさらず, 信頼し, 偉い偉いと, 先に, 助けたいけれども, 助けたげよ, 助けて, 助け出すッ, 助け出す事, 危いと, 叩けば, 呼びかけること, 呼びました, 喉が, 喜ばせて, 喜ばせるの, 好いて, 好きです, 守って, 安心させよう, 安心させる, 寝せ変えましょうかね, 山の上で, 帰すの, 後から, 心から尊敬, 怒らせなんか, 思い出しお茶, 思い出しほどきもの, 思い出し爪, 思い出すそう, 恋しがっ, 悪者呼ば, 想像お, 慰めるつもり, 憎いと, 憎みはじめた, 持った, 持った方達, 捨てて, 捨て先立つ不孝, 擲ったの, 救けて, 楽させ, 楽な, 模範社長と, 歌俳諧の, 殺されたうえ, 殺したから, 殺した下手人, 殺した男, 殺した者, 殺しは, 殺すやう, 殺すよう, 生かして, 知って, 知つてゐました, 知つて居る, 私が, 笑顔に, 組合に, 縛るぞ, 縛れここ, 縛れや, 苦しめるやう, 薪割で, 見ると, 見付る, 見送ったッけが, 親孝行だ, 説き伏せて, 赦すよう, 起こさないで, 起して, 起訴し, 金沢の, 門の, 離れて

▼ お父さんから~ (63, 1.3%)

3 聴いたわ 2 お金を, これも, もらって, らっ, 送って

1 [50件] いただいたの, いわれること, お小使い, お手紙, お話が, お金出し, こないだ竹さんに, して, そのこと, それまでは, たびたびきかされ, だという, ちょっと叱られた, ですか, どんなひどい, はつきり一家解体の, まっ先, むやみに, もらった小刀, ラッコの, ラツコの, 一字お祖父さんから, 乱打された, 何か, 富田さんへ, 年始状が, 教へて, 教わったとおり切り口上, 断るの, 本当に遺言, 治療を, 注ぎ込まれた民族主義, 注射される, 消息を, 習字の, 聞いた場所, 聞いた話, 聞いてるかも, 聽いた, 育てられたお父さん, 言って, 譲られた二字国俊, 譲り受けた品物, 貝の, 貰うだけ, 買ったの, 買って, 遺物に, 邪慳な, 金を

▼ お父さんには~ (45, 0.9%)

1 [45件] おかみさん, お后さま, お皿, かえられません, この太鼓, すまんけど, そういう詰らない似, それが, そんなにない, たいへん世話, つきり, とっくの, どうでも, まだはっきりした, もう両親, わからない, わかりますか, わたしの, 一種妙に, 世話に, 二つの, 他にも, 何んとも, 僕から, 取って, 小さい鞄, 少しも, 幾何云っ, 幾何云つても, 怖ろ, 懇意に, 持てん, 昔風流の, 歌俳諧の, 無論ききます, 理解できない, 相談し, 私から, 絶対に, 解らないから, 貴女との, 逢えないよ, 随分世話, 隠して, 養子の

▼ お父さん~ (36, 0.7%)

42 から是非, と思っ, な

1 [26件] からけっして, から怖く, がお母さん, けれど坊や, ぞ, つてお母さんの, つて宮内さんを, つて隨分迷惑を, ということ, という事, としたら, とはじめ, と云, と云っ, と云った, と思った, と言, と重症, なんていや, なんて呼ぶ, のに, よお父さん, よ分る, わよ, コゼット今こそ, ッ

▼ お父さんお母さん~ (31, 0.6%)

1 [31件] あの時, お兄さん, がさ, だから, だったらべつに, と呼ばれる, と称え, などと時々, にお礼, に内証, に可愛がられ, のお側, のなく, の丹精, の年ごろ, の性質, の恨み, の時, の職業, の背なか, の膝, はお, はむろん, は嘆き, まで非業, も死ん, を棄て, を苦しめ, を葬っ, 待って, 許して

▼ お父さんにも~ (31, 0.6%)

3 お目

1 [28件] あうこと, おっ母さん, おわかりでしょう, お母さんにも, お目にかかって, お金を, お頼みし, かけとこ, この私, その内容, ちょっとその, よくわからない, わびました, 一応話し, 困るね, 当分お出で下さらん, 御迷惑, 惡いこ, 承諾させる, 明りしない, 母さんにも, 済まなく思うた, 相談し, 私にも, 私の, 見境が, 誰にも, 資本だ

▼ お父さんという~ (25, 0.5%)

9 のは 4 人は 3 人が 2 のが 1 たった一つ, ものは, ように, 人から, 人と, 人も, 言葉が

▼ お父さん~ (20, 0.4%)

2 魚は

1 [18件] あがりよ, かくれに, さきへ, つゆが, ッ母さんは, 互にまんざら覚え, 休みなさい, 喜びに, 好き, 帰りなさい, 帰りん, 帰んなさい, 幾つでした, 庭です, 芽出とう, 買いに, 達者で, 風呂へ

▼ お父さんだって~ (17, 0.3%)

2 お母さんだって

1 [15件] こんなおいしい, そうだ, そうな, そんなに母ちゃん, よくご存じ, ヘドを, 何とも仰, 侍だった, 冷汗が, 大目に, 戸を, 直ぐなん, 誰だって, 食いつぶされて, 默っ

▼ お父さんとは~ (16, 0.3%)

2 ちょうどおまえたち

1 [14件] かなり遠く, ご懇意, ちゃうどおまへたちのやうに, ちやうどおま, なれて, もう二箇月, よべんわ, 仲よく育った, 別れようか, 呼ばないその, 呼ばなかった, 見へ, 近頃は, 違うの

▼ お父さん~ (15, 0.3%)

2 え, お母さんに, お母さんの 1 え何, お母さんかが, お母さんへ, さだ子か, はいさうですよ, へらうか, 何ぞの, 兄さんで, 始て

▼ お父さん~ (15, 0.3%)

1 [15件] からこんな, だけ忙しい, です, にすぐ, に大きな, はどう, はどうして, はもう, は京野家, は今, は何, は自分, もきょう, もやはり, をアメリカ

▼ お父さん~ (15, 0.3%)

1 [15件] のお母さん, の友達, の夫, はここ, はこれから, はその, はと何, はなに, は不幸, は先ア前, は嫁入道具, は帰る, は意気地, は浮気, は馬鹿

▼ お父さんです~ (14, 0.3%)

32 ね, よ 1 かお父さん, かびつくり, がね, こと, って, という, よ分っ

▼ お父さんもう~ (14, 0.3%)

2 沢山で

1 [12件] いいです, 何も, 僕かえろう, 十時です, 帰った, 帰ろうよ, 止めう, 気分は, 洋服着, 私は, 行きましょうよ, 行きませうよ

▼ お父さんたち~ (12, 0.2%)

2 はお, はまだ 1 が遠い, だって生き, の仲好し, の好き, の帰る, の黄金時代, は, もロマンチック

▼ お父さん~ (12, 0.2%)

1 [12件] このお父さん, さへ, アルキシーに, 修業中に, 川村という, 懲りないの, 眼が, 約束は, 紳士の, 肥前は, 自分の, 表面は

▼ お父さんなんか~ (11, 0.2%)

2 家に, 昭和二十年に 1 こっちの, どうする, 何と云おう, 剣が, 原子爆弾が, 大嫌い, 頑固で

▼ お父さんあなた~ (10, 0.2%)

1 のお, の子, の退役願い, はお, はぼく, はまだ, は少し, は御, は私, は証拠書類

▼ お父さんみたい~ (10, 0.2%)

1 じゃないだろう, じゃなくなるだろう, だと, な人たち, な無頼漢, な者, な顔, にそう, になっ, に凱旋

▼ お父さん~ (10, 0.2%)

2 といっそ, の事 1 が, が正当, の仰る, は到頭, は妾, をそんなに

▼ お父さんからの~ (9, 0.2%)

2 手紙と 1 お手紙, お話を, ことが, 丁寧な, 便りでは, 言づてがあったのでまいりました, 返事は

▼ お父さんこの~ (9, 0.2%)

1 子は, 字は, 歌を, 水ぬくい, 瓦斯マスクを, 節は, 花嫁を, 話は, 請願書には

▼ お父さんそんな~ (8, 0.2%)

3 いい山 2 ことを 1 こといけない, 心ぼそい, 酷いこと

▼ お父さん~ (8, 0.2%)

1 かお話し, か拵え, さ意, だったね, だって髭, やって, をぐずぐず, をし

▼ お父さんあの~ (7, 0.1%)

1 お山に, カレンダーの, シュナイダア事件の, 人たちは, 山は, 最後の, 銀杏樹の

▼ お父さんそれ~ (6, 0.1%)

1 は, はいけません, は違, は違っ, や違います, を一番心配

▼ お父さんだけ~ (6, 0.1%)

1 だ, ぢや, ですから, でないもう, マスクを, 帰れば

▼ お父さんでも~ (6, 0.1%)

2 みんなやさしくいい 1 いらっしゃったらねえ, お母さんでも, ないのに, 今原子医学界では

▼ お父さんとの~ (6, 0.1%)

1 ために, 仲が, 場合もさうでした, 約束が, 間が, 間に

▼ お父さんどう~ (6, 0.1%)

2 したの 1 いたしましょうか, したん, してるん, しようね

▼ お父さん~ (6, 0.1%)

1 のか, のかと, のかなあ, のだ, まだ帰らん, もんか

▼ お父さんまで~ (6, 0.1%)

1 この仕事, そんなこと, 世間の, 引っかけに, 至極満足そう, 難船し

▼ お父さんあれ~ (5, 0.1%)

1 は八百屋, は明治時代, もあんなに, よあれ, よストライキ

▼ お父さんお山~ (5, 0.1%)

1 だねッ, に登りたい, に登ろう, まだ, まアだ

▼ お父さんここ~ (5, 0.1%)

1 で見, に別, に石けん, に神谷八郎右衛門, に落款

▼ お父さん~ (5, 0.1%)

2 やない 1 やぞ, やにさあ, やア

▼ お父さんである~ (5, 0.1%)

1 が實社會, が当時僕, と同時に, と言, 村会議員を

▼ お父さんはと~ (5, 0.1%)

3 聞けば 1 聞くと, 見ると

▼ お父さんはね~ (5, 0.1%)

1 お侍, こんな事, それだ, 次郎ちゃんが, 猫が

▼ お父さんまだ~ (5, 0.1%)

1 いるの, 働けん年, 医者も, 温かいわ, 起きとるの

▼ お父さん今日~ (5, 0.1%)

1 の新聞, は, はお, はどんなに, は何

▼ お父さん~ (5, 0.1%)

21 に, は, も

▼ お父さん行っ~ (5, 0.1%)

1 てあげなさい, てき, てきます, てまいりました, てまいります

▼ お父さんからも~ (4, 0.1%)

1 お前の, ほめられました, 先生からも, 口添が

▼ お父さんじゃ~ (4, 0.1%)

2 ありませんか 1 なかった, なくって

▼ お父さんたら~ (4, 0.1%)

1 まあ何, もうその, 昔の, 赤ん

▼ お父さんだった~ (4, 0.1%)

1 か知れない, ね, ねえ, ので驚くまい

▼ お父さん~ (4, 0.1%)

1 あるもん, 人は, 何を, 偉いお方

▼ お父さんでは~ (4, 0.1%)

1 ない, ないこと, ないはず, 本当に苦労

▼ お父さんとも~ (4, 0.1%)

1 あとで, 仲よしに, 相談した, 私は

▼ お父さんどうして~ (4, 0.1%)

1 あなたは, 御飯を, 會社に, 黙って

▼ お父さんぼく~ (4, 0.1%)

1 ですよ, の一生, の考え, は不孝者

▼ お父さんより~ (4, 0.1%)

1 お母さんより, かいい児に, まだ年, 肥って

▼ お父さん僕たち~ (4, 0.1%)

1 きようだい, の泡, の泡どっち, は愛し合っ

▼ お父さん大丈夫~ (4, 0.1%)

1 ですか, ですかね, ですよ, なの

▼ お父さん~ (4, 0.1%)

1 かい, で飼, にいる, に大事

▼ お父さん自身~ (4, 0.1%)

1 がこの, だって神経痙攣, で癇癪, の形式打破

▼ お父さんあたし~ (3, 0.1%)

1 さう, にアメリカ, はただ

▼ お父さんおっ~ (3, 0.1%)

2 母さん 1 母さんと

▼ お父さんお父さん~ (3, 0.1%)

1 と呼びなさい, はまだ, 蔑みは

▼ お父さんかんかん~ (3, 0.1%)

2 になっ 1 虫じゃ

▼ お父さんがね~ (3, 0.1%)

1 ゴーシュさんは, 二三日前何時もの, 君に

▼ お父さんこう~ (3, 0.1%)

1 したら, なると, 言ったのよ

▼ お父さんこそ~ (3, 0.1%)

1 ここに, どういうつもり, むかしは

▼ お父さんこれ~ (3, 0.1%)

1 が京都, ですかわいい, はいくら

▼ お父さんすぐ~ (3, 0.1%)

1 に出します, 九十九里へ, 歸る

▼ お父さんだけは~ (3, 0.1%)

1 いつまでも, もう約束, 知って

▼ お父さんとが~ (3, 0.1%)

1 僕を, 北京へ, 友達だ

▼ お父さんなんて~ (3, 0.1%)

1 だけど結局窮屈ぢ, 市会に, 言ふ

▼ お父さんについて~ (3, 0.1%)

2 来られましたね 1 蔵には

▼ お父さんばかり~ (3, 0.1%)

1 でありませんでした, では, 恋しがる

▼ お父さんまた~ (3, 0.1%)

1 狐が, 痩せちゃった, 雪が

▼ お父さんよりも~ (3, 0.1%)

1 えらいや, お偉い, すぐれて

▼ お父さんわたし~ (3, 0.1%)

1 の前, はありのまま, も一緒

▼ お父さん~ (3, 0.1%)

1 お電話, ですよ, 話してたけど

▼ お父さん~ (3, 0.1%)

2 へん 1 變な

▼ お父さん~ (3, 0.1%)

1 安心ください, 病気だった, 自身が

▼ お父さん思い~ (3, 0.1%)

1 だ, であるという, なん

▼ お父さん~ (3, 0.1%)

2 う云ったのよ 1 う云つたの

▼ お父さん~ (3, 0.1%)

3 が鏡

▼ お父さんあそこ~ (2, 0.0%)

1 に牛, へお

▼ お父さんあんなに~ (2, 0.0%)

1 いいにおい, 喜んで

▼ お父さんいったい~ (2, 0.0%)

1 どういうふう, どこへ

▼ お父さんいま~ (2, 0.0%)

1 おかしなもの, をかし

▼ お父さんお願い~ (2, 0.0%)

1 がある, です

▼ お父さんかと~ (2, 0.0%)

1 思つた, 思ふと

▼ お父さん~ (2, 0.0%)

1 ういはず, へ許し

▼ お父さんしっかり~ (2, 0.0%)

1 おしなさいよ, して

▼ お父さんそつくり~ (2, 0.0%)

1 ですね, なのよ

▼ お父さんその~ (2, 0.0%)

1 ことでしたら, ことなら

▼ お父さんだけに~ (2, 0.0%)

1 して, すれば

▼ お父さんだつ~ (2, 0.0%)

1 てきつ, てやる

▼ お父さんであっ~ (2, 0.0%)

1 てはいけません, て皆兄弟分

▼ お父さんでなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば引き受ける, ば解らない

▼ お父さんといふ~ (2, 0.0%)

1 人は, 意味にも

▼ お父さんとして~ (2, 0.0%)

1 そう考えられる, 死んだので

▼ お父さんどこ~ (2, 0.0%)

2 へ行った

▼ お父さんどんなに~ (2, 0.0%)

1 か私, しても

▼ お父さんなぞと~ (2, 0.0%)

1 云わせないでよと, 呼ばれると

▼ お父さんなら~ (2, 0.0%)

1 彼の, 私は

▼ お父さんなんで~ (2, 0.0%)

1 勝則を, 叔父さんを

▼ お父さんにあたる~ (2, 0.0%)

2 がん郎が

▼ お父さんにたいする~ (2, 0.0%)

1 反感, 反感の

▼ お父さんにな~ (2, 0.0%)

1 つてもらつ, つて一生懸命に

▼ お父さんにゃ~ (2, 0.0%)

1 わからねえん, 帰って

▼ お父さんに対して~ (2, 0.0%)

1 ご馳走に, 言ってるん

▼ お父さんに対する~ (2, 0.0%)

1 世間の, 私の

▼ お父さんねえ~ (2, 0.0%)

1 お父さんもし, お父さん返辞を

▼ お父さんばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ないよ, ないわ

▼ お父さんばかりは~ (2, 0.0%)

1 最後まで, 許さなかったそう

▼ お父さんへの~ (2, 0.0%)

1 恩返しって, 愛も

▼ お父さんまでが~ (2, 0.0%)

1 お出かけだ, お役所

▼ お父さんらしい~ (2, 0.0%)

1 ね, 人が

▼ お父さん三人~ (2, 0.0%)

2 この中

▼ お父さん今度~ (2, 0.0%)

1 お京さん, の事件

▼ お父さん仰った~ (2, 0.0%)

2

▼ お父さん僕エダマメ~ (2, 0.0%)

2 を喰

▼ お父さん僕エビフライ喰~ (2, 0.0%)

2 べよう

▼ お父さん助け~ (2, 0.0%)

1 てください, て下さい

▼ お父さん堪忍~ (2, 0.0%)

2 して

▼ お父さん~ (2, 0.0%)

1 で稼ぃでら, に何

▼ お父さん~ (2, 0.0%)

1 に登ろう, のごつ

▼ お父さん心配~ (2, 0.0%)

1 されやしないかな, して

▼ お父さん怖かっ~ (2, 0.0%)

1 た, たわ

▼ お父さん未だ~ (2, 0.0%)

1 居る, 醫者も

▼ お父さん正三~ (2, 0.0%)

1 が多少, もこの

▼ お父さん~ (2, 0.0%)

1 を慥か, を揉まない

▼ お父さん~ (2, 0.0%)

1 が出る, は夜

▼ お父さん自分~ (2, 0.0%)

1 がいつも, の罪

▼ お父さん許し~ (2, 0.0%)

2 て下さい

▼ お父さん金魚~ (2, 0.0%)

2 が死んだ

▼ お父さん~ (2, 0.0%)

1 母さん, 母さんも

▼ お父さん~ (2, 0.0%)

1 で怪我, に草

▼1* [321件]

お父さんああいうおや, お父さんあした抜かなくっちゃ, お父さんあたしきょうお金をいただきました, お父さんあぶないですよ, お父さんあら稲の, お父さんあれ家だろう, お父さんあんなトンネルお, お父さんいいお天気だ, お父さんいかがですか, お父さんいくらしたって, お父さんいちじくを取っ, お父さんいっそストライキを, お父さんいつ來る, お父さんいふ人は心臟, お父さんいらしてのこと, お父さんええ痛み止めの, お父さんおおお前が, お父さんおっしゃっていた, お父さんおっしゃったわ, お父さんおとなしく待つてる子, お父さんおねがいですから, お父さんおりゃさ新らしき, お父さんお前はお前, お父さんお前さんはもう, お父さんお客さまあ, お父さんお早うございます, お父さんお母さんおばあさんの思ひ, お父さんお母さんお先へ, お父さんお母さんこれを見, お父さんお母さんたちに相談, お父さんお母さんぼくはあなたがた, お父さんお母さん先生お友だち, お父さんお母さん秋が晴れました, お父さんお母さん要之助さんそれに友田喜造さん, お父さんお母さん達者で屋敷, お父さんお祖母さんもここ, お父さんお祖父さんどうして死んだ, お父さんかえって鯨が, お父さんかて呼ばれて, お父さんからさハツハツハ, お父さんがなんて云ふか難関は, お父さんがねえあんたの, お父さんがわづらつて, お父さんきょうはご, お父さんぐらいの年頃である, お父さんけさ着いたの, お父さんこちらの言葉, お父さんこっそりそれを, お父さんこの間あの石切場, お父さんこれから行って, お父さんごめんなさいと謝罪, お父さんごらんなさい, お父さんさえ丈夫なら, お父さんさっきの女, お父さんさ酒でも買っ, お父さんしつかり昇つて下さい, お父さんしばらくいらしても, お父さんじみて來, お父さんじゃったらどんな我儘, お父さんそう思って, お父さんそこに立つ, お父さんそっくりです, お父さんそれだけはどうか, お父さんそれぢや, お父さんそれでは正三, お父さんそんなら私, お父さんそんなに金貨や, お父さんたった一言いわし, お父さんたらからかってるのね, お父さんたらふざけて, お父さんたる神様の, お父さんだけのことです, お父さんだったら子どもが, お父さんだったら抱きつこうと待っ, お父さんだのお秀, お父さんだれでも死ぬ, お父さんだろう白面の, お父さんちょっとこの行燈, お父さんちよツと起きたら, お父さんっておいい, お父さんつてば, お父さんつてばねあの時, お父さんつて雨が降つてる, お父さんていうのは, お父さんてば早くいこう, お父さんでしたか, お父さんでないか, お父さんでなくつても, お父さんでなくなりましたね, お父さんというは今の, お父さんといった親しみを, お父さんといふは年老いた醫師, お父さんとうとう負けましたね, お父さんとかお友だち, お父さんとかの娘よ, お父さんとしてもだこの, お父さんとで引受けて, お父さんとにかくおでんと, お父さんどうした, お父さんどうかしましたか, お父さんどうしてそうなん, お父さんどうしても四五十円は, お父さんどうぞこれを, お父さんどうも共働組, お父さんどころかまだまだたまらない, お父さんどちらへ, お父さんなぞやっぱりカキガラ町, お父さんなど機関庫中の, お父さんなどのような, お父さんなどは何うも, お父さんなにかご用, お父さんならことわってしまう, お父さんなりお母さんなりから, お父さんなる王様の, お父さんなんですか, お父さんなんかにちつとも, お父さんなんかはよくありません, お父さんなんかよりえらいや, お父さんなんぞも死ぬ死ぬって, お父さんな怒んなさって風琴, お父さんにというのです, お父さんにとっていつもプロモーター, お父さんになんぞ言や, お父さんにまで伝染し, お父さんに対しても誰にも, お父さんに関する村の, お父さんあんなむずかしい, お父さんねえやは木登り, お父さんねえ少さいうちから, お父さんのねうちに, お父さんはおつ母さんを, お父さんはじめみんなでおっしゃっ, お父さんはじめ難船した人達, お父さんはどつちなんです, お父さんはな八歳か, お父さんはにこ, お父さんはナ人様から, お父さんツか, お父さんひとつ須藤さんの喉, お父さんひとりスッポカシテそんなところ, お父さん手紙を, お父さんほんとにひっぱたくよ, お父さんほんの二三日です, お父さんほんまに見た, お父さんまだなかなかね, お父さんむかしは随分, お父さんもうそれだけ伺へば, お父さんもしお父さんが, お父さんもっと糸を, お父さんやっぱり私が, お父さんゆうべは僕, お父さんゆずりのがん, お父さんゆるしてください, お父さんよかったら今日, お父さんよくわかりました, お父さんよしなさいそんな, お父さんよなあお父さんよ, お父さんたいお祖父さん, お父さんわからんよ, お父さんわざわざ事務所に, お父さんオネショの癖, お父さんコレコノ犬を買っ, お父さんシカゴ大学は立派, お父さんネルロはもう, お父さん一つ事ばかり云っ, お父さん一人のお仕置, お父さん一人殘して, お父さん一代で現在, お父さん一寸休みで帰りました, お父さん一週間に一度宛, お父さん七郎丸の仕事, お父さん三ちゃん行って, お父さん不思議ですね, お父さん不景気でだめ, お父さん世話をしてやろう, お父さん亡くなられたんだ, お父さん京都の方, お父さん人間は皆, お父さん今朝テオデュールがご, お父さん仕事ができない, お父さん以上の名, お父さん以外に誰, お父さん仰つしやつ, お父さん会社じゃア相当, お父さんかお母さん, お父さん似だわ, お父さん似でいらっしゃるのね, お父さん何たる事に, お父さん何とも云えない, お父さん使って下さい, お父さん俺アもう此ん, お父さん兄さんが小屋, お父さん兄さんたちはなかなか, お父さんへ行つて, お父さん光雲のうち, お父さん全廃じゃありません, お父さんの字, お父さん出かけましょうよ, お父さん剣術つかいが, お父さん勘忍して, お父さん千人以上からの百姓, お父さん印度に居ります, お父さんいわよ, お父さん同様海の底, お父さん同道で昨夜, お父さんっとしたろう, お父さん喜んで死んだ, お父さんったの, お父さん大げんかだよ, お父さん大変なこと, お父さん大工さんね, お父さん大抵えらかったい, お父さん天気さへ続け, お父さん姉兄たちの考えかた, お父さん始め家の人々, お父さんが親, お父さん安心して, お父さん実は僕は, お父さん宮内さん駄目よ, お父さん家ン中だつて斯, お父さん寿平次さんは塩野, お父さん小野宮吉さんはお, お父さん少し食べないと, お父さん左団次がゆるやか, お父さん巻きこまれんように, お父さん帰って来た, お父さん帰るごと, お父さん常務と宿, お父さんって来る, お父さん待って, お父さん御免なさい, お父さん怖いよう, お父さん思ひ切つて勢よく, お父さんにおしやれ, お父さん怪我して, お父さん恐いようっ, お父さん息子といふリレー, お父さんきなさるわ, お父さん愚痴なら云わん方, お父さん承知しないから, お父さん折角儲けたの, お父さん指環をとりもどし, お父さん掘ったんです, お父さん早い稲だ, お父さん早うおいなはれ, お父さん早く帰って, お父さん時々は横山町, お父さん時代の人たち, お父さん時計を買, お父さん暫くでも, お父さん最ういちど抱い, お父さん本当に寒いよ, お父さん本陣のつとめ, お父さん杉田さんの仕事, お父さんがなけりゃ, お父さんの中, お父さん歌六の弟, お父さん死んじゃえばいい, お父さん死んだんだ, お父さん殺されかかったもんだ, お父さんの意見, お父さん活動写真へ行きませう, お父さんだよ, お父さん湯ざめがするといけませんよまたこないだ, お父さん潜水艦が空, お父さんはなんて泣く, お父さん玉ねぎさんの髪の毛, お父さん現代の日本, お父さん申しわけがありません, お父さん病気だったのに, お父さん痛うないかと, お父さん白人の名誉, お父さんに見える, お父さん直ぐ行かうね, お父さん真喜は別に, お父さん知ってるの, お父さん私たちのできる, お父さん竹法螺を, お父さん等町へ船, お父さんちやんの, お父さん背中流しましょうか, お父さんく来た, お父さんの中, お父さんをお, お父さん芸州口にもありました, お父さん蔑みはしません, お父さんは鵙, お父さんて来た, お父さん見たいな帶, お父さん誠に御無沙汰を, お父さんが煮えやした, お父さん負けてくだ, お父さん郎は, お父さん貴方は私, お父さん赦してね, お父さん起きております, お父さん起きちやつた, お父さん起ぎて又燃やした, お父さんで蹴られた, お父さん辛い辛いをつけ, お父さん返辞をし, お父さん速達ですよ, お父さんは大丈夫, お父さん違うよ, お父さん郷士でもある, お父さんえお父さん, お父さん釣るのは, お父さん長谷川さんの御新造さん, お父さん防空壕うずめて, お父さん降ろして, お父さんが降, お父さん非常に感動, お父さん面倒だから, お父さん風船買って, お父さん飛んだことに, お父さん食べて下さい, お父さん飮んじまひ, お父さん飲みはしない, お父さん駄目ですったら, お父さん駒込の父さん, お父さん鹿とお母さん鹿