青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お母様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

お客~ お客様~ お家~ お寺~ お待ち~ ~お方 お方~ お松~ ~お母さん お母さん~
お母様~
お気~ ~お父さん お父さん~ お爺さん~ お玉~ ~お礼 お礼~ お腹~ ~お茶 お茶~

「お母様~」 1215, 13ppm, 8407位

▼ お母様~ (254, 20.9%)

7 お心 5 ところへ, 顔を 4 お言葉 3 お妃, お部屋, ことは, ことを, 処へ

2 [19件] お仕事, お声, お心持ち, お忙, お手伝, お腹を, お顔, ために, ような, 初恋を, 前で, 前です, 声が, 妾に対する, 形見の, 御病気, 故では, 方へ, 謎の

1 [180件] いそがしいこと, いらっしゃいます所, うしろの, おいでに, おかげです, おたより, おちちが, おっしゃるとおり, おっしゃるのに, おっしゃるよう, おっぱいが, おつ, おとなり, おなかの, おなくなり, おみやげは, おるす, お世話は, お云, お云い附け, お仕事ぶり, お仕事好き, お作りに, お使い, お兄様, お出なすった, お名前, お后, お喜び, お墓参り, お妃様, お姿, お寝間, お得意, お手紙, お持ち, お書き, お望み通り, お楽しみ, お死, お気に, お目, お蔭悪人の, お許しも, お話が, お話では, お跡, お邪魔, こと, ことだの, ことです, ことばっかり, ことも, この世に, ご希望, ご返事, ご鍾愛, せつないお, ない人, なつかしい白い肌, はそちら, は御, やさしい言葉, ようじゃ, クチナシ姫は, ズット前の, ベッドの, ホントの, ミメカタチを, 上へ, 不義の, 世間だけが, 世間に対する, 事です, 云い付け, 人間の, 今の, 介抱を, 代わりと, 代わりとして, 仰ゃる, 何時も, 信用が, 俤を, 前へ, 前を, 割烹前, 十五の, 命日に, 唇が, 場所に, 声だけは, 変装かと, 大切な, 女御が, 女御は, 好意を, 威光又は, 子な, 子に, 子守唄を, 宮様が, 小指が, 尼宮の, 工夫で, 左手にも, 後の, 御健康, 御写真, 御写真叔母様, 御命日, 御恩, 御息所は, 御満足, 御生前, 御遺言, 忌月でしょう, 思いが, 思い通りに, 怨みが, 恋は, 所に, 所へ, 手織ださうであります, 押し絵や, 押絵の, 押絵を, 敵だ, 敵は, 方か, 方がね, 方に, 方は, 方を, 書かれて, 書信で, 梭の, 機を, 死の, 気もちだけで, 気持ちから, 洋服を, 生れかわりとしか, 留守の, 白い襟すじ, 真似でも, 眼鼻が, 瞳に, 神々しかった, 純真な, 細長い小指, 罰でございます, 考では, 耳に, 肩を, 胎内に, 胴着にも, 自尊心は, 芸術を, 英語って, 英語も, 蔭に, 複写を, 角巻と, 言うこと, 言うとおり, 評判が, 讐敵を, 趣味, 運命が, 運命と, 部屋には, 錦絵に, 鏡台を, 霊魂が, 静かに, 顔が, 顔には, 顔は, 顔や

▼ お母様~ (210, 17.3%)

4 それから 3 お達者, 私の 2 すぐに, 一体どうお, 何う, 何時まで, 却, 森さんの, 結婚なさる, 自分の

1 [184件] あとの, あのよう, あんまりいつ, いざと, いそがしくて, いつの間にか青い, いつも電気, いらっしゃらなかった, いろいろ工夫, うつ向いたままチャン, おっしゃいましたが, おっしゃられる二十五歳, お上手でした, お兄様, お台所, お国許, お寺参り, お年を, お抱き, お月様, お正月の, お父様, お許しくだすった, お遠慮, お金の, きっとこうした, きっと嬉しく, きのうから, このひと, この時, これまでの, こんなに身体, ご自分, さぞお, さほどお, しとやかに, しばらくだまっ, すきな, すこしも感情, そう云われる, そのまま言葉, その婆さん, その日, その残り, それを, そんなにお金, そんなにまで, そんな事, ただ私一人, とにかくお嬢さん, どうかと, どうしてお, どうしてよい, どうなさる, どうなされた, どうなすった, どう遊ばした, どこに, どれだけ, どんな事, どんな方, なんまみ様に, はかばかしく御返事, はしたない行, ほそい眉, ほんとうに, まだ, みすみすズルズルと, もう大きく, もう奥, もっと汚い, もつと, よけいな, わたしに対して, キッパリと, ナカナカお, ニヤ, ハフリ落つる, ビックリした, ピッタリと, ホッと, 一ぺんだって, 三人の, 不幸な, 世にも美しい, 両方を, 二人を, 井ノ口家の, 今朝二人の, 何ともいえない, 何ん, 例に, 信じるところ, 僕が, 六時の, 六月二日に, 別に局長, 只生きる, 同意なすった, 大層心配, 天国へ, 女中たちに, 子供部屋に, 家に, 家内四人, 寺参りに, 小さい人の, 小金原で, 己が, 年を, 幹子に, 度々の, 御兄弟, 御心配, 御用意, 御相談, 御贔屓, 心臓を, 心配に, 忙しいじゃ, 忙しいん, 怖い意地, 急に, 恥かしがって, 教えること, 数年前に, 日本髪でなく, 月に, 本当の, 東京へ, 東京へは, 根気好く, 根高弓子なんて, 案外にも, 桔梗が, 楽しみに, 機を, 死んで, 死んでしまつたよ, 泣く泣く引き受け, 涙を, 独り言を, 生きて, 申しました, 畳の, 目を, 相変らず, 眼を, 矢張東京に, 私が, 私と, 私にも, 私への, 私を, 私達二人を, 笑ひ, 結い上げたばかりの, 絵の, 継母だった, 罪の, 義理堅いお方ゆえ, 蒙古, 行っても, 覚束ない, 親切に, 言はれ, 許して, 試験の, 認めて, 赤ん坊の, 跡に, 路ばた, 退屈さうに欠伸を, 進ちやんの, 運動会の, 長い長い溜め息, 電気を, 青白い顔, 食慾は, 驚いた, 驚いて, 鳥目に, 黄色い洋燈, 黙って

▼ お母様~ (143, 11.8%)

4 おっしゃった 3 出て 2 出来たの, 家へ

1 [132件] あったそう, あの建物, あるけれ共生死, あるだろうかという, あれば, いきなり先生, いけないと, いやな, いらしたらどんなに, おいしいお, おのみ, おばあ, お一人, お作りに, お出, お出なすった, お友達, お呼びする, お呼びでございます, お国, お在, お家付き, お寝み, お帰りなさる, お帰宅, お引き止め, お手引, お斬られ, お流し, お父様, お聞き, お風呂, お食, ききました, こんなに心からお笑い, ご覽, さうお, さうし, すぐニコニコし, そうおっしゃった, そうした御, そう思いかえし, そう考える, そう言った, その後について, その錦絵, つけた灯, つけて, どうしてもそうと, どのよう, なさるよう, ねえやの, ほんとうに, まっすぐ帰れ, やはり私, よろこぶよう, チャンと, ラマ仏には, 一度御, 一番こわい, 上つ, 並の, 二三日来, 二十九に, 今わの, 仰しゃったことがあるでしょう, 何の, 余所の, 倅も, 側から, 僕に, 勧めるから, 十八の, 千住から, 呼んで, 大事に, 妾に, 嫉妬深くっ, 家に, 家中に, 屑屋に, 帯を, 帰って, 常に無い, 待ち受けて, 御婚礼, 御心配, 心配さう, 思って, 手紙は, 押絵の, 明治大正文学全集の, 朝晩に, 来ましたよ, 案外簡単, 此の, 死ぬまで, 死んでから, 湛も, 灰だらけの, 玄関へ, 生きて, 生さぬ仲で, 私に, 私の, 私を, 私共を, 笑つて云はれました, 美濃紙に, 義理を, 聞いて, 職人を, 脳の, 臨終に, 自動車へ, 荷物を, 見えなくなったの, 見えました, 見送って, 誰かに, 買えない議論, 走って, 迎えに, 連れて, 錦絵を, 阿古屋の, 隣の, 電話口に, 頻に, 風邪の, 風邪を, 駈け付けまして

▼ お母様~ (126, 10.4%)

3 似て 2 いいつけて, お目, お眼, 冷かされたの, 叱られて, 叱られますよ, 叱られら, 手紙を

1 [107件] あなたが, いいつける, いいつけると, いや世界中, いわれて, おねだり, お出下さる, お前なぜ, お尋ねし, お尋ねする, お戴かせ, お手紙, お正月御, お気の毒, お渡し, お目にかかったこと, お聞き, お蝶, お話を, お逢わせ申します, お願いし, お願いした, ききました, さう云, したの, せがみました, そういっ, そっくりでいらっしゃいました, それを, たのんで, どうしてこんな, なったあなた, なったつもり, なにか特別, ほめられるもの, もう無理, よろしく, よろしくね, ソックリで, 不孝を, 世話やかし, 云いにくけれ, 云い出したに, 云ったの, 今日は, 代つて, 会いました, 会うの, 会おうと, 会わして, 会わせて, 会わせる事, 伝わりましたもの, 先を, 出して, 分るよう, 只た, 叱られたから, 叱られます, 叱られるん, 合わせる顔, 問うこと, 問うて, 孝行しよう, 孝行も, 宜しく申し上げ, 尋ねて, 得心し, 御心配, 御覧に, 御話しすれ, 心配かけ, 心配を, 懐かれて, 我儘を, 手を, 抱かれること, 抱き締められお, 抱っこし, 押しつけて, 敗けないよう, 早く扁桃腺, 書いて, 深いお, 為立て直し, 猶更済み, 甘ったれて, 生き写しで, 申しあげましたら先生, 申しあげる, 申し上げませう, 私から, 私と, 聞いて, 聞くと, 褒められたの, 西洋の, 見せて, 詫言を, 逢って, 逢わせて, 連れられて, 違いない, 限って, 願って, 飛びついて, 馴れてるん

▼ お母様~ (80, 6.6%)

1 [80件] いらっしゃらないで, いるじゃ, おからだ, お休み, お前は, お変わりなさいました, お待ちなす, お月様, お殿様同様, お父様, お逝去, きっといらっしゃる, これから御, ごたごたした, さう, さういふもの, し外, そして代々, どうしただろう, どんなにお, ないや, ふとそんな, また是非, よくお, よく考え, わたしも, ハッと, ロンドンなら, 一心にお, 一晩も, 一緒だ, 一緒に, 三十前後では, 亡くなってからは, 今日に, 入らっしゃるでしょう, 初めてニコニコ笑つて, 前の, 只お, 召し上れな, 和一郎さんたちの, 坊ちゃんも, 大満足, 太郎さんの, 女中も, 妹共も, 屹度あなたを, 己と, 市十郎は, 当麻真人の, 御一緒だし, 御承知, 御機嫌ようこの, 御機嫌よく, 御留守, 心配する, 心配らしい, 意地に, 意地にな, 懲しめの, 拝奉りました, 方々の, 最早お, 柴忠さんの, 死んで, 泣いて, 直ぐ死ん, 真子も, 称めて, 種々心配なさる, 置いて, 聞かない事, 自分の, 花子さんも, 見て, 見に, 親類も, 走つて, 過去の, 顔を

▼ お母様~ (51, 4.2%)

3 お連れ 2 お呼びに, お待ちし, 見るよう

1 [42件] お亡くし, お出し, お台所, お叱り, お引取, お持ちです, お白眼, お見舞する, ここまで, つけて, どうする, どんなにか, みたら急, めがけて, よく覚え, ソンナ運命に, 一歩も, 一生懸命に, 伝馬町の, 助けて, 半月宛両方へ, 可愛がって, 困らせました, 坐らせました, 大切に, 存じて, 御存じな, 怖がってるから, 怨み, 悲しくさせます, 悲しませて, 慕ふ, 持って, 探す気, 殺しそう, 監視せよう, 縊殺した, 育てました乳母, 見舞いに, 誑かしわたし達, 誑し荏原屋敷, 追い込み

▼ お母様~ (50, 4.1%)

4 一緒に 2 お父様, 御一緒, 申上げる, 相談し, 私と

1 [36件] いつも並ん, おんなじよう, お喋りで, ずっとあの, その前, それから私, それに, たった二人, アイ子は, 一緒だった, 一緒なら, 三人お揃いで, 二人で, 云われた訳, 仲よしの, 別れる日, 叫びましたけれども, 同じ人間, 同じ病毒, 同一人物, 呼ぶよう, 和一郎さんとの, 安斉先生が, 家へ, 己との, 幹子とを, 御相談, 抱き合って, 校長先生に, 生きうつしの, 白いきれ, 私とを, 節ちやんと, 親密に, 言った, 頬摺りした

▼ お母様から~ (26, 2.1%)

2 後で散々, 逃げまわって

1 [22件] いた, いただき私, お手紙, お許, お話が, すでにお, もうお, 呼ばれて, 小切, 戴いた大きな, 手紙が, 濃紅姫, 生まれたの, 聞くと, 言い含められて, 言ひつかつて, 買って, 離れて, 頂いたおいし, 頂いた金剛石入り, 頼まれたそう, 頼まれて

▼ お母様~ (22, 1.8%)

3 お兄様

1 [19件] おばあ, お姉様, お父様, お祖母様, お隅さん, それから, 伯父様や, 兄様たちに, 叔母様は, 叔母様を, 女中の, 妹共を, 幹子の, 惣吉さんを, 救いに, 私を, 私共は, 親類の, 車掌さんを

▼ お母様には~ (15, 1.2%)

2 私の

1 [13件] いちいち申し上げ, こんなところ, そのお, その途端, どうかしら, ひどくお気, 今始め, 僕の, 実の, 紙入れを, 見せませんでした, 釣に, 頼もしげ

▼ お母様~ (11, 0.9%)

1 [11件] ききなさい, さかなは, 久しぶりねえ, 京さんは, 兄様が, 懐かしゅうございました, 気の毒だ, 父様くんちゃんみっ, 聞きください, 見忘れ, 駕へ

▼ お母様~ (8, 0.7%)

21 から孝行, けれど私, といふ, と思う, と思っ, わ

▼ お母様にも~ (8, 0.7%)

1 お死に別れ, お話な, この娘, もう一遍, 二年前に, 云われない事, 似て, 見せて

▼ お母様では~ (5, 0.4%)

3 ありません 1 ありませんか, ないかしら

▼ お母様とは~ (5, 0.4%)

1 いろんなこと, このお, 乳姉妹で, 唯一眼で, 顔を

▼ お母様だって~ (4, 0.3%)

1 きっとそうな, どんなにかお気の毒, まだ何処, 落着けるだろうし

▼ お母様でも~ (4, 0.3%)

1 お父様, お見えなさろ, どなたでも, 加減の

▼ お母様~ (4, 0.3%)

1 うして, をおっしゃいます, を仰, を仰し

▼ お母様~ (4, 0.3%)

1 には似, はもう, ほめるなんて, まだ帰る

▼ お母様~ (4, 0.3%)

1 の戻らぬ, は, もいる, もゐる

▼ お母様あの~ (3, 0.2%)

2 うもう一度 1 館で

▼ お母様お金~ (3, 0.2%)

3 をくだされ

▼ お母様じゃ~ (3, 0.2%)

2 ないや 1 ないの

▼ お母様だけは~ (3, 0.2%)

1 優しくし, 日本の, 私の

▼ お母様とが~ (3, 0.2%)

1 おっしゃいました, 再びその, 殆ど一時に

▼ お母様とも~ (3, 0.2%)

1 ご相談, 先生とも, 別れて

▼ お母様どう~ (3, 0.2%)

1 なさつたの, なすつたの, 遊ばしたの

▼ お母様~ (3, 0.2%)

1 お話を, よろしくと, 猶々不孝

▼ お母様への~ (3, 0.2%)

1 お手紙, 心がけなど, 申訳に

▼ お母様少し~ (3, 0.2%)

1 お待ちなすっ, ちがうのよ, 静かに

▼ お母様~ (3, 0.2%)

1 が止む, に心から, の御

▼ お母様~ (3, 0.2%)

1 がわるう, はもう, は真

▼ お母様お母様~ (2, 0.2%)

1 と叫びました, 寒いよう

▼ お母様~ (2, 0.2%)

1 あなたが, でなければ姉さん

▼ お母様からの~ (2, 0.2%)

1 お手紙, 親しい間

▼ お母様この~ (2, 0.2%)

2 日記の

▼ お母様さえ~ (2, 0.2%)

1 いらっしゃれば, それほど妾

▼ お母様その~ (2, 0.2%)

1 ほかうちの, 笛を

▼ お母様それ~ (2, 0.2%)

1 は何ゆえ縁, は私

▼ お母様たち~ (2, 0.2%)

1 ともよく, と出る

▼ お母様~ (2, 0.2%)

2 やない

▼ お母様なぜ~ (2, 0.2%)

2 だろうね

▼ お母様にさえ~ (2, 0.2%)

1 秘密に, 黙って

▼ お母様に対しても~ (2, 0.2%)

1 気の毒で, 置かれた義理

▼ お母様のみ~ (2, 0.2%)

1 ならず圭介様, ならず誰

▼ お母様はね~ (2, 0.2%)

1 いや実に, 僕が

▼ お母様ほんとに~ (2, 0.2%)

1 いつに, お美しい

▼ お母様わたし~ (2, 0.2%)

1 でございます, の和子

▼ お母様以外~ (2, 0.2%)

1 にありません, に食物

▼ お母様図書室~ (2, 0.2%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ お母様妾葉山~ (2, 0.2%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ お母様有難う有難う~ (2, 0.2%)

1 と未亡人, と頸

▼ お母様死ん~ (2, 0.2%)

2 じゃいや

▼ お母様直也様~ (2, 0.2%)

1 がいらっしゃいました, がいらつ

▼ お母様自身~ (2, 0.2%)

2 からな

▼ お母様誠に~ (2, 0.2%)

1 有り難うございまする, 私は

▼ お母様鉄砲~ (2, 0.2%)

1 がイヨイヨだめ, はどうしても

▼1* [95件]

お母様あなたにさ, お母様いってもいい, お母様いつ頃おかえり, お母様いらっしゃるの, お母様えーお累は, お母様お腹立でございましょう御, お母様お隣の伯父様, お母様お願いいたします, お母様かなんかのような, お母様かも知れない, お母様からもお話が, お母様ぐるみ引取って生涯安楽, お母様これは私, お母様こんな人形を, お母様こんやはお, お母様へそれほど, お母様せん和一郎さんが茶碗, お母様そうなん, お母様そんな気を, お母様たいへんだったん, お母様たち心配してらつし, お母様だけが御存じなかっ, お母様ちょっと着が, お母様少しばかり, お母様である方も, お母様ですこと, お母様としては勿論御, お母様とでお国, お母様とに連れられて, お母様どうか勘忍し, お母様どうしてお白粉, お母様どうぞ堪忍し, お母様どんなときにも, お母様なに御新造様どうぞ旦那様, お母様なんか入れ歯だ, お母様なんて大きな眼球, お母様にとって思って, お母様にとりましては最初の, お母様にゃ何遍も, お母様はじめ妹御も心配, お母様はぜすす様や, お母様はちよつと機嫌, お母様ばかりでなく全, お母様ばかりじゃないや, お母様ばかりは何も, お母様へも書置を, お母様までを憂目に, お母様もう少し関取が, お母様もしこの反物, お母様もしものこと, お母様もらい泣きしないでよ, お母様よく覚えて, お母様およこし申す, お母様ア己が連れ, お母様二番が出来ました, お母様五郎三郎さんがお, お母様今夜の事, お母様になられ, お母様似だと他人様, お母様何故御自害, お母様保さんぜひ一緒, お母様僕今日内藤君のところ, お母様先刻つい申上げ, お母様全体がまるで, お母様が参りました, お母様内藤さんはすこしも, お母様唯今かえりましたと, お母様よ, お母様大丈夫ですか, お母様大層早くお, お母様女子大迄を悪く, お母様始め皆で申しあげた, お母様く勘弁, お母様寒いよう, お母様工合がおわるいっ, お母様を遺憾, お母様御機嫌よう好い新年, お母様怖いこと宗慈寺の, お母様でしょうか, お母様日本髪好きやとかいう, お母様昨夜は大変, お母様れには, お母様有り難う存じますそれでは, お母様の両隣, お母様泣いていらっしゃる, お母様自身大浦博士と結婚, お母様若しやお, お母様行って来ます, お母様てください, お母様誤解して, お母様越智さんはお母様, お母様頭痛ならお, お母様があつい, お母様を放し, お母様鷹狩見に