青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お母さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~お客 お客~ お客様~ お家~ お寺~ お待ち~ ~お方 お方~ お松~ ~お母さん
お母さん~
お母様~ お気~ ~お父さん お父さん~ お爺さん~ お玉~ ~お礼 お礼~ お腹~ ~お茶

「お母さん~」 6142, 66ppm, 1717位

▼ お母さん~ (1311, 21.3%)

33 おっしゃいました 16 いわれました 9 どうした 7 笑いながら 5 いいました, お猫さん, 目を, 私が, 笑って

4 [11件] お母さんで, お父さんの, お笑いに, すぐに, それを, 喜んで, 心配し, 死んで, 私の, 私を, 自分の

3 [18件] あひるさんの, いって, いつもの, お前を, さう, どうし, びっくりし, 一昨年没くなられました, 何か, 僕が, 僕を, 家に, 生きて, 私に, 答えました, 近所の, 返事も, 顔を

2 [73件] あなたの, あんなによく肥え, いつでも, えらいな, おきき, お父, お父さんと, お話を, お達者, このこと, さきに, しくしくしくしく泣い, しみじみと, しんから, そんなこと, そんな事, とても今, どうしていらっしゃるだろう, どうしていられるだろう, どうなさっ, どこへ, どこまで, ひとりで, びつくりし, ほんとうに, まだ何, フッと, 一度心臓病, 下を, 二人の, 二日程糸崎へ, 五十歳でした, 今よりも, 今年八十歳に, 何と, 何を, 何処に, 借金が, 僕に, 僕の, 八百屋が, 半分ひとりごとの, 台所の, 君が, 四国の, 声を, 大きなけら, 娘が, 子供の, 心配そうに, 心配なさいました, 急に, 日頃から, 曲げ物の, 村で, 横に, 気が, 気を, 泣いて, 炬燵の, 病気に, 知らない, 私と, 縫物を, 背中に, 自転車を, 茣蓙を, 許して, 豆の, 赤い旗, 赤ちゃんが, 達者で, 雑色で

1 [977件 抜粋] ああいう, あいつらに, あたしなんかとは, あたしを, あっちこっちさが, あとから, あの世で, あの木, あの通り, あの道, あひるさんを, あふ人ごと, あれで, あわて者, あんなところ, あんな立派, あんまりおそれ, いいお母さん, いくつ, いくら高く, いちいちうなずきなされ, いったの, いつか僕に, いつまでも, いつもお, いつもと, いつも公平, いつも忙し, いない, いませんでした, いま渡政ばかり, いよいよ慌て, いるの, うれしいやら, うんと偉い, おいましめ, おかえりに, おかしそう, おきなくては, おしるこ, おそろしい魔女, おっしゃいましたけれど, おっしゃったの, おどろいて, おほめ, おまえ一人が, おみやげよりも, おらに, おれよりも, おわかり下さるでしょう, お仏壇, お元気, お前が, お前の, お勝手や, お化粧, お困り, お好き, お家の, お才, お母さんじゃ, お洗濯, お父さんに, お父さん同様, お留守, お答えなさいました, お腹をか, お金の, お鍋と, かういひながら, かえって大, かわいいどころか, かんじょうしなく, きっとお父さん, きつい眼, きゅうりの, きよの, きよのようすを, くたびれたなんて, くつ屋の, けさ三時十二分かで, こういっ, こうして正ちゃん, こちらに, このおばけ, この世界, この夜中, この時, この近在, こまったこと, これからよそ, これから独り, こんなになつたん, ごくつとのど, さすがに, さだ子, さつと顔色, しかったんだい, しくしく鼻, しばらく三郎さん, しばらく物がい, じつにもの, すこし眼, すばらしい空想家, すましたもの, ずっと遠く, せんから, そういうところ, そういっ, そうおっしゃった, そこで爪切鋏, そっと云, そのそば, そのようすつき, その当座, その心掛け, その歯, その脚, そばについて, それと, それほどには, そんなにこぼしてる, そんな悪い, たいそうふびん, たいへん物, ただ子供たち, たなの, ためらって, たんすの, だいぶ髪, だれに, ちが, ちょうちんに, ちょっとも, ちょっと考え, ちよいと, ついでに長い, つぶやくやう, とうから, とてもお前さん, とても心配, となりの, どういう健康状態, どうしたろう, どうしてそれっきり他所, どうしてもだめ, どうしてる, どうするだろう, どうせ反対, どうだろう, どうなる, どこからか, どっかへ, どっちかで, どっち枕だ, どの子供, どの課目, どんなこと, どんなに涙, なかった, なくなったの, なにを, なんだかへん, にこにこ笑っ, にこにこ笑つて, ねんねの, のんびりと, ひとり燈火の, ひどく心配そう, びつくりいたしました, ふと気がついた, へんだ, ほっとした, ぼんやりとして, まあ, まさしく太陽, またいろいろ, また優しく, また目, まだお, まだこども, まだ生きてる, まぶしさうに, みんなの, もうお, もうき, もうすっかり得心, もうそれ, もうひとり下, もう仕度, もう朝, もう若い, もう裏口, もっとたいへんな, もともと体, やさしいお母さん, やさしくおっしゃいました, やっぱりここ, やつとの, やはりあの, やはり娘, やはり還暦, よくこの, よく私みたい, よろこんで, れいによって, わたしの, わたしを, アマチュアの, イヤだ, エプロンを, ガクリと, ケイサツで, ジャムに, ジヨセフに, タタリを, テーブルの, バスケットを, ホロリと, ボクの, ボールを, ルイに, 一ど, 一人で, 一円出し, 一度も, 一昨年歿くなられました, 一時は, 丁坊の, 七十近い, 丈夫かね, 三味線が, 三郎さんの, 上の, 不思議に, 九十九里で, 九時頃帰つて来ました, 乳母車を, 二人が, 二度とわが子, 二郎ちゃんの, 云って, 云ひました, 亡くなったの, 人形を, 人間を, 今ちょっと, 今どうして, 今の, 今まで, 今夜死にました, 今度達治が, 今日このごろの, 今朝早く, 令ちゃんを, 仲之町の, 何だかいじけ, 何とか云った, 何にも, 何んか, 何故佛樣, 何時一所にな, 余りこれ, 信濃の, 信用しなかった, 借金なし, 健ちやんだの, 僕たちの, 元気です, 兄さんの, 先刻ああ, 光子さんが, 全くちがった, 全く太陽そのもの, 八の, 写真が, 出かけるえい, 出来ないこと, 分らず屋ね, 初めてで, 別人の, 到頭故郷, 助かった, 半狂乱, 又いつ, 又金, 口に, 只今徳山へ, 叱らないからねと, 合点が, 呑気でも, 哀れっぽい, 喜んだらうよ, 器量が, 四百円も, 困って, 坊さんか, 塀の, 声楽の, 夕飯の, 外出なされ, 夜の, 夢中に, 大きい口, 大へん, 大よろこびです, 大事に, 大切な, 大病だった, 奥の, 女中に, 好いつて云つて, 娘だ, 嫌いな, 嬉し涙を, 子どもを, 子を, 子供らしい, 子供達を, 実母でした, 家中を, 寂しい山かげ, 寝たまま, 小野田という, 少ししゃがん, 少しばかり, 少しモジ, 少し進ん, 居りますから, 山の神様を, 川崎の, 市ノ瀬さんと, 常磐津が, 年寄には, 幾つで, 店を, 弟の, 弱々しい咳, 影も, 待って, 御丈夫, 御存じな, 御殿の, 御自まん, 微笑し, 徴兵が, 心配しはじめました, 心配の, 念を, 思い出しに, 怪しからん, 息子が, 悪い人, 悲しがっ, 悲しさ, 悲嘆の, 感心なさいました, 慎ちゃんの, 我が子, 或る, 探しに, 文六ちゃんが, 断然姉さん, 新しい糸, 日が, 日本人だ, 早うに, 早速あひるさん, 明日学校に, 昨夜物置の, 時男さんが, 暫く話, 有田さんの, 未だ, 本当に九州, 本当に気持, 東京の, 松子さんを, 林檎や, 柳橋で, 栄蔵の, 案外上手, 様々の, 欠かさず毎日, 歌よみで, 死ぬまで, 死んでも, 殺されるに, 毎日お前の, 毎日泣きの, 毎晩空から, 民子が, 気ちがいとき, 気の毒です, 気持ちよくゆるし, 水野の, 汚れたエプロン, 江戸っ, 決して妻, 没落の, 泣いたかね, 泣いてるのよ, 泣きだして, 泣きど, 泣き顔を, 泣くだろう, 注意を, 洋服屋へ, 浜子が, 淫売宿に, 溜め息を, 点頭きました, 無理に, 王さまの, 生きちや, 生きてるん, 生命を, 甲府の, 町へ, 留守だ, 病気が, 病身だ, 目が, 目鼻だち, 直ぐに, 相変らず, 眞實の, 知って, 知ってるだろう, 知らないの, 礼子ちゃんばかり, 稼ぎに, 窓ぎはから, 立ち上がられました, 立って, 競争心なんか, 笑ひ, 箪笥の, 箸を, 納得も, 継しい仲, 継母でございます, 縁を, 美智子の, 義理が, 考えるよう, 聞いて, 背中の, 背後に, 脇差を, 自分かってであっ, 自分で, 自分も, 自慢し, 良寛さんを, 若い時, 苦に, 茶の間に, 莫迦だった, 虫は, 血の気の, 裾を, 見て, 見ると, 見石先生, 言いました, 言いますわ, 話を, 詳しく話しはじめた, 誰も, 請じる, 警察に, 貰ふべき, 貴女亡くなりまし, 買つ, 賢吉の, 跳ね起きると, 近いうち, 遂にそれ, 達ちゃん一人で, 達者だ, 金さんの, 長い間, 長男の, 闇を, 随分呼ん, 隣の, 青い蛍籠, 面會に, 頭をば, 頭痛が, 飽きたん, 首肯いて, 駅の, 驚いた, 驚きと, 高松から, 髪を, 鶴さんの, 黙って

▼ お母さん~ (946, 15.4%)

25 ところへ 20 ことを 15 顔を 10 ように 9 お顔 8 方は 7 お乳, お手紙, ことが 6 お気持, そばに, ために, 姿が 5 いいつけ, お部屋, 事を, 声が, 夢を, 所に, 手を, 方が, 田舎へ

4 [11件] いうこと, お好き, ことは, ところに, 手に, 方へ, 梟は, 牛乳の, 牛乳は, 病気は, 胸に

3 [15件] おっしゃること, お心, かえるは, 事は, 処へ, 子だ, 家の, 後から, 愛情が, 所へ, 様子を, 看病を, 眼には, 膝へ, 許へ

2 [75件] おっしゃるよう, お世話を, お伴を, お傍, お疲れ, お耳, お話だ, お話で, お順, こと, ことだ, ことなど, ことも, ことや, これは, そういうお, そばで, ためにも, ところへは, とし子さんも, ない人, ひきが, ふところに, ほうは, ものを, やうに, ようには, エプロンを, 事が, 住んで, 何処から, 側へ, 傍に, 写真を, 前だ, 前で, 前です, 前に, 力に, 名が, 名だ, 名前は, 子供の, 実の, 家に, 家へ, 影が, 後について, 後へ, 御病気, 思いが, 怨みを, 情熱が, 意見も, 手じゃ, 手で, 手伝ひし, 手助けを, 方を, 旦那様です, 本当の, 梟がも, 様に, 気持に, 着物も, 知り合いの, 笑い声が, 腹に, 膝の, 若い時分, 許しを, 話を, 隣の, 顔が, 顔に

1 [530件 抜粋] あとについて, あとを, いうとおり, いうの, いう意味, いう通り拠, いつもの, いとこにあたる, いとし子, いふ儘, いらした, いろいろの, いわれたとおり, いわれたよう, うしろには, おかげで, おかげです, おくって, おこころ, おこしらえ, おっしゃったこと, おっしゃったことば, おっしゃられたよう, おっぱいでも, おつとめ, おてつだい, おなおりなさる, おなくなり, おひきあわせである, おびあげ友ちゃん, おふと, おみやげに, おみやげの, おもいも, おも湯, おられる中津, お上手, お云いつけで, お亡くなり, お仕事, お供を, お側へ, お古だ, お名前, お喜び, お国, お土産, お墓, お墓参り, お安心, お尻, お心ゆかせ, お手, お手伝い, お手伝いにも, お指圖, お暮し, お気が, お気に, お気に入りの, お気もち, お父さんの, お癖, お目, お砂糖, お考え, お腹の, お腹の中, お許しが, お話, お話では, お話を, かえるの, かえるも, かげに, かはり, こういっ, ことから, ことぢや, ことで, ことでしょう, ことなどが, ことに, ことばかり, ことばを, ことよ, ことより, このお, こわがって, さげて, したこと, すがた, すきな, すること, せいかも, そういう面, そう云う, その声, その時代, そばには, そばへ, そばを, たった一人, ためでも, ためなら, ためには, たよりでした, たより一通, つくって, とこに, とこへ, ところから, ところからは, ところです, ところへも, ない木田くん, なくなつた, なさったこと, なさる事, なら何故, ぬくとい懐中, はこれ程, ほうが, まえに, まはり, もとお, やうな, やさしい声, やること, ような, ようなたしなみ, よく御, わきで, ゐない所, ケーテが, スタンドは, ダネイに対して, ピニヨレは, プディング, ベーカー夫人が, ボリュームの, マトリョーナが, 一家は, 一方は, 一族であった, 一生と共に, 一生懸命な, 七年忌で, 三十五日だった, 三味線に, 上に, 上京後婆やにも, 不真面目, 世話でも, 世話に, 世話にも, 世話を, 丸髷は, 丹精の, 事これから, 事じゃ, 事だった, 事で, 事や, 事考へたらもつ, 二の舞いふみたくない, 二の舞ひ, 云いよう, 云うとおり, 云う事, 云ひ, 云ふ, 亡くなったの, 亡くなった前後, 亡くなつたの, 亡くなられたとき, 代にな, 代りな, 代りに, 代りを, 仰せを, 仰有るとおり, 会は, 位牌を, 体に, 体の, 体へ, 体を, 佗し, 佳い子, 使つてゐる, 來た, 健康を, 側が, 側で, 側としても, 側には, 傍へ, 傷口を, 僕が, 兄さんなら, 兄弟で, 入室, 兩親であります, 凝り性が, 処に, 出迎いに, 前では, 厳命を, 口にも, 口の, 名代に, 名儀, 名前を, 名義に, 后に, 呑んだ痛風, 味方ばかり, 命名, 命日ね, 唄でない, 唄では, 善いところ, 喜びを, 喪が, 喪は, 墓へ, 墓參り, 声と, 声に, 声は, 声を, 変死の, 外に, 好みは, 好物でし, 妖女だけは, 妖女は, 姉さんだ, 姿は, 姿も, 娘な, 嫁さんです, 子, 子じゃ, 子です, 子供に, 守護刀だ, 実家へ, 室の, 家を, 容態に, 寝室に, 寝間の, 寫眞が, 尻押しを, 巾着の, 帯の, 帰るの, 年では, 幻を, 店だ, 形見だ, 形見の, 役だ, 役を, 役目を, 後ろに, 後を, 従弟とかの, 御上か, 御上京, 御世乃さんは, 御境遇, 御希望, 御意見, 御立腹, 御都合, 心が, 心づかい, 心にも, 心は, 心添への, 心配し, 心配も, 忍耐に, 思いつきに, 思い出は, 思い出を, 思い違いです, 性質を, 恨みお, 悪かった, 意見洗った, 愛が, 愛情を, 感情は, 慈愛あゝ, 手から, 手でなく, 手の, 手は, 手よ, 手一つに, 手前も, 手紙の, 手紙を, 手紙受取りました, 持って, 故郷の, 教えだけは, 教え子の, 敵は, 敵を, 方から, 方で, 方に, 方には, 方の, 方へは, 方へも, 日ごろいった, 早く没, 昔の, 星だ, 星であろう, 時よりも, 東京行を, 枕もとには, 枕屏風も, 樣子を, 権利だ, 横に, 機嫌取っ, 櫛だ, 歓迎会浜の, 歯であった, 死を, 死んだこと, 死んだ時, 死後は, 殺されたこと, 気強さ, 気持が, 気持の, 気持を, 気紛れなんか, 永い間, 泣声が, 活動性は, 淋しそう, 炊いた御飯, 為に, 為めに, 物計り, 特別土産の, 生きて, 生まれたお家, 留守には, 異うこと, 異ふ, 病気から, 病気が, 病気だ, 病気だって, 病気の, 病氣が, 癖が, 白い指, 監視の, 目に, 目の, 目立った顔色, 看病で, 看病と, 看病には, 眼からは, 眼が, 眼は, 眼を, 着物を, 瞼を, 碑文といふ, 神経痛の, 科と, 秘蔵息子を, 突然の, 立場も, 竹が, 笑顔が, 筋を, 精神は, 絃で, 絵も, 綿を, 締まるこ, 織った袷, 罰が, 美しさ, 羽織を, 考え違いよ, 考へでは, 耳に, 耳へ, 聰明さを, 聲が, 聲だ, 職業から, 肩を, 背なかで, 背なかに, 背中に, 背中を, 胎内に, 胸の, 胸は, 胸を, 胸ん, 膝でといふ, 膝へも, 膝もとへ, 膝よりも, 臭いでも, 舵とりよろしく, 艶, 苗字だけでも, 苦労は, 苦労を, 菩提の, 蕾, 蕾フランス語に, 薬を, 袖に, 袖の, 裁判を, 裁決が, 見えないところ, 親戚や, 言うこと, 言うには, 言う事, 言ひ, 言葉だけ, 言葉に, 言葉を, 言附け, 許しなどを, 詩も, 話が, 話では, 話などは, 話なんだか, 話に, 話は, 話題は, 説に, 談に, 講演, 讐敵, 赤い羽根, 足もとの, 足を, 足音の, 身の上を, 身代りとして, 身体の, 返事が, 返事は, 連れ子で, 進めに, 道楽としては, 達者の, 遠縁の, 遺書という, 遺言て, 部屋から, 部屋でしょう, 部屋に, 部屋へ, 里が, 金を, 金歯まで, 金歯を, 間に, 雀と, 霊に, 面倒を, 面影を, 音と, 顔から, 顔でありました, 顔でも, 顔は, 顔も, 顔をと, 顔色を, 首っ玉へ, 馬にも, 髪で, 鼻を

▼ お母さん~ (929, 15.1%)

14 おっしゃいました 9 出て 7 心配し, 自分の 6 おっしゃると, 帰って, 来て, 生きて 5 おっしゃったので, 僕の, 言った 4 いいました, いわれました, おつ, すぐ入口, 云ひました, 待って 3 ちょうの, よく拵え, 何か, 狂気の, 風邪を, 髪を

2 [64件] あるの, あれだ, いったよ, いって, いて, いる, いるん, いわれたので, おっしゃって, おっしゃってよ, かわいそうだ, きいた, きめて, しょんぼりと, その子, そんなこと, ちょいと, どんなにわたし, びっくりし, 一郎を, 中に, 云って, 亡くなってから, 亡くなられて, 代って, 何を, 例の, 便所へ, 僕に, 加寿子さんたちの, 厭な, 口を, 叫びました, 呼んで, 大きな眼, 家に, 家の, 弁当を, 後家さんで, 御病気, 心配なさる, 忙が, 恋しくなっ, 手を, 持って, 梳くと, 止せと, 死ぬ前, 死んでも, 気が, 泣いて, 泣きむせびながら, 申しました, 畦の, 病気だ, 皆送っ, 私に, 私の, 立ち聞きし, 立つて, 笑って, 聞きでも, 買って, 飼って

1 [683件 抜粋] あいぬ, あい子に, あたしたちの, あたしにと, あたしの, あったよ, あったん, あとで, あなたに, あなたの, あなたへと, あの小さな坊や, あの火事場, あやまりに, ありまして, ありません, あるから, あるはず, あれでは, あんなにお, あんなに呼ん, あんなに泣い, あんな危ない, あんな話, あんまり仰山, あんまり甘, いいと, いい按排, いくらかでも, いけないと, いけなかったらしい, いそがしく働い, いちばん可愛, いっしょに, いったいどうなさった, いってたわ, いつかこんな, いつでも, いつまでも, いつも家庭, いないじゃ, いないため, いないの, いなかったら玲子さん, いなくたって, いなくても, いふ, いませんでした, いよいよ九十九里, いら, いらっしゃったり, いらっしゃると, いらつし, いらないって, いるじゃ, いわれたけれど, いわれるの, うっかりし, うつって, おいいなされた, おいしいお, おいでに, おお来, おかえりに, おきき, おくって, おしかり, おたずねなされた, おっしゃいますと, おっしゃった, おっしゃったら, おっしゃられると, おっしゃり私, おどろいた程, おへや, おほめ, おもい病気, おられたら自分, お使い, お元気, お前と, お前の, お医者, お取調べ, お嫁, お帰り, お弟子さん, お気の毒, お父, お琴, お約束, お見え, お迎い, お送りに, お選び, お願, お餅, かいたもの, かうな, かぜを, かわいそうでなりませんでした, かわって, かわりに, ききかえしました, きき返しました, きく, きっとわたし, きつと, きらいでなけれ, くず屋さんの, くれた, こいしいの, こうあつ, こうお答え, ここへ, ここを, このお話, この人, この数年来, こまつたやう, こわがるの, ご所有, さうし, さしつかえが, さびしがる, しなければ, しましたが, しまつたの, じっとし, じっと正吉, せんたくを, そういっ, そういった, そう云う, そう仰言った, そう言っ, そこで, そこの, そちらからの, そつと, そのお, そのこと, そのしま, そのランプ, その引出し, その方, その町, そばに, それを, そんな女, そ言っ, たが, たずねました, ただ野原, たまらないわねえ, ちゃんと拵ら, ちゃんと着, ちやほやすると, ちょうを, ついて, つえを, つまりアリョーシャ, つめを, とても心配, とんで, どうかした, どうかなったら, どうかなる, どうしても上げ, どう言う, どこに, どの位お父さん, どんどん知らん顔, どんなにさびし, どんなに御, どんなに心配, どんなに足, ないか, ないの, なくなられたので, なくなられ弟さん, なく病身, なつかしくなり, なつかしく恋しくなりました, なめた, なんとか兄さん, ねえさんに, ねこを, はいるから, はたから, はらはらする, ぱっと目, ひきさがった後, ひとりで, ひとり娘の, ひょっこりやって来た, ふえて, ほんとうに, ほんとうの, まだわたし, まだ独身, みまいに, もうこの, もうやめい, もって, やって来て, やつて, ゆるされるか, ゆるして, よいよいに, よくご, よく娘さん, よわ虫, わかると, わたしを, ゐなくて, ゐなくな, ゐなくなつ, コンピラ詣り, ズンズン歩い, トキユタを, フランス人で, 一人で, 一台の, 一寸, 一生けんめいに, 三十年来商業に, 上って, 上るの, 下すった, 不図目, 世間の, 二人いらつ, 云いそう, 云いましたら民子, 云い出されたの, 云う通り, 云ってたの, 云われた言葉, 五円送っ, 亡くなったあと, 亡くなつて, 亡くなられてから, 亡くなられる時, 亡くなるちょっと, 交わる交わるお, 今お父さん, 今にも帰っ, 今日なさる, 今日安心し, 仏さまに, 代りに, 住んで, 何事かしようとして, 何気なく云, 何等かの, 何處に, 何處へでも, 佗し, 僕を, 先の, 先生を, 入っいらっしゃいました, 入って, 入れて, 六十一に, 出して, 初めてこの, 助けに, 勉強する, 十二時頃目を, 十五の, 去年の, 取り上げて, 受け取ってから, 叫びますと, 叫んで, 召して, 可愛くいじらしくなっ, 台所から, 叱つて, 向うに, 向うへ, 君に, 呼びに, 呼んだ, 呼んどりますよ, 咲枝に, 唸らなくなったから, 困つた顔, 困るに, 国から, 土佐で, 坐って, 塩梅が, 変な, 外に, 大きな洗濯物, 大へん, 大助さんの, 大工の, 太陽だ, 好きだ, 好きで, 好きな, 嫁さんを, 嫌ひかい, 子供に, 子供の, 子供は, 子供を, 寝こんだなどと, 寝て, 小声で, 小屋の, 少しでも, 少し怒っ, 少し病気, 少し長い, 居るうち, 居心地よく, 幾ら談判し, 座を, 弁当持っ, 弟息子を, 強いの, 彫ったという, 後で教え, 御上京, 御飯の, 心配してる, 心配する, 心配を, 忘れたつて, 怒って, 急用が, 恋しくなりました, 恨めしい, 悪かった, 悪かつ, 悪者ッて, 愚図, 愚痴云ふと, 慰めるやう, 憎いかい, 我が子, 手内職を, 手前の, 手紙に, 承知し, 承知の, 抱き起すと, 持つて, 指ざす, 旨く云っ, 早桶屋や, 明るくてきぱき, 昔お前の, 昔娘さん時代に, 昨夜の, 昼寝を, 時々あたし, 時々なだめる, 晩ごはんを, 暑い日中, 本当の, 本箱の, 本郷の, 来たぞ, 来たの, 来たら唄, 来ない, 来ますよ, 東京へ, 枕もとに, 校長さんに, 案じるから, 歩いて, 歩けは, 死ぬ, 死んだあと, 死んで, 死んでしまつたので, 歿く, 殺されて, 毎日なき, 毎晩愚痴を, 気ちがい, 気絶した, 氷まくらを, 泣いたか, 泣きついても, 泣きながら, 注意し, 注意ぶ, 洋服と, 涙を, 淫婦な, 潰しは, 炭一俵を, 無いの, 無事に, 無茶を, 片息に, 狐に, 珍しいと, 珍らしく, 生きてる間, 生んだ子供, 用だって, 留守だ, 留守で, 病弱で, 病気ださう, 病気な, 病気に, 病気を, 病院へ, 痛い痛いとおつ, 白い湯, 目ざとくみつけました, 目を, 直に鳶頭, 相変らず, 眼くじら立て, 着て, 知ったらどんなに, 知って, 祝福し, 私が, 私を, 立って, 端午の, 笑いながら, 笑ったから, 笑われるから, 筆記できた, 精の, 絶対な, 総勢すぐっ, 縫って, 織って, 耳元に, 聞いたらいい, 腕白小僧を, 腹が, 自分たちを, 自家を, 自慢し, 自転車を, 良ちゃんを, 花鋏を, 蚊を, 行って, 行つてしまつた, 見えて, 見えなくなるだろう, 見えましたよ, 見たければ, 見たばかり, 見たら喜ぶね, 言うのよ, 言う声, 言つて調べ, 計らぬこと, 訊いた, 許して, 許すまでは, 詫を, 話しました, 誰よりも, 買物を, 赤いひも, 赤い葉, 赤坊に対して, 起きれたら, 身體でも, 辛がっ, 辛棒し, 迎えに, 運動会が, 道, 達者な, 違ふからそれで, 違ふと, 酒でも, 鋭い剃刀, 長くつかっ, 附けて, 降りて, 隣りの, 離縁に, 電灯を, 靴を, 頭の, 頼りに, 風を, 食べさして, 食事の, 鳥屋へ

▼ お母さん~ (569, 9.3%)

11 つれられて 9 話して 5 なって, なつて, 抱かれて 4 会って, 向かって, 手を, 言って, 買って 3 しかられて, よろしく, 叱られやしない, 牛乳を, 聞いて, 送って, 逢って

2 [34件] あうこと, あずけて, あなたが, いいました, いわれると, お目, お願, お願いし, ききました, しかられるもの, すまないわ, そう言っ, そのこと, たのんで, だつて, ちよつと, なつた, なるの, むかって, 乱暴ば, 会いたくなりました, 会えないだろうな, 会えるかも, 似た人, 似て, 何か, 内証で, 告げると, 歌を, 訊いて, 誘惑者の, 連れられて, 違いない, 髪を

1 [425件] あいがん書という, あいに, あえる, あえるかしら, あえるという, あえるといった, あえるの, あかして, あげようと, あげるつもり, あげるわ, あげる時, あげればよ, あずけました, あてて, あなた様の, あまり必要, あやまって, あわれないこと, あんなに叱られた, あんなに思っ, あんなに苦労, いいお, いいつけますよ, いい様, いう, いうから, いうて, いくら貰った, いっそ言った, いった, いつた, いつて, いひました, いままでの, いらぬ心配, いろいろの, いろんな兄弟, いわれたので, いわれて, うかがって, うんとねだっ, おあし, おあやまりなさい, おきき, おこされなくても, おしつけて, おっしゃいました, おなりなさるでしょう, おなりに, おに, おねがいしとく, おぶさって, おんぶされ, お会いし, お怪我, お挨拶, お断りも, お父さんの, お目にかからなくちゃあ, お礼を, お祝いやら, お約束, お薬, お見せ, お見せしたい, お話いたしました, お話ししました, お話しする, お話しました, お近附, お金を, お銭を, お頼みいたしまし, お願いする, かう云, かわいがられたり, きいたの, きかして, きかれるの, ききかえしました, きくと, きくん, きょうは, けさの, こういわれる, こう話しました, この伯父さん, この端書, この間からの, こぼした, こりも, これから程よく, ごあいさつ, さういふと, さんせいし, しかられた, しかられたこと, しかられるから, しかられるよう, したの, して, しても, してやられましたねと, しばらくお, しろ, しろお, しろ何, しろ達ちゃん, すがりつくと, すぐ知らさなく, すてきな, すまないじゃ, そういったん, そういわれる, そう云っ, そう云わない, そう伝え, そう言ってた, そこまで, そつくりなさうだ, そのボール, その朝, その許し, それを, そんな乱暴, そんな風, たしなめられても, たずねました, たびたび小言, だきついて, だつこして, ちがいない, ちゃんとお, ちょっとお目にかかっ, ついて行く事, ついて行って, つかえて, ていねいに, です, とびついて, とめられました, とられちゃ, どうしてそんな, どぎまぎした, どんなにひどい, なったの, なにを, なら分るかな, なりました, なりますよう, なりますわ, なり職員, なる人たち, なる由, なんと言った, なんの, ねだったらいい, はばかりに, ほめられたよ, ほんとうの, ぼくが, まったくよく似, もうしわけない, もう三月, ゆり起されて, よい薬, よくいっ, よく孝行, よく聴い, よろしくと, よろしくね, よろしく言っ, わかつた, わるいこと, ウッカリ彼の, キツスしました, シンミリと, スリルを, チョッピリ女史, ナイショで, ボールを, リカが, 三度も, 上げたが, 上げました, 不義理と, 世話を, 乗移つて何時, 乾して, 二十銭お, 云いつかって, 云いつけます, 云ったじゃ, 云ったそう, 云ったって, 云って, 云つては, 云つて御覧, 云はれた, 云はれる, 云わなかつたか, 京都や, 今こ, 今夜あわれる, 今更表に, 仕えること, 代って, 代つて, 仰言ったの, 会いたいだろうね, 会いたいん, 会いたくなりましたの, 会いたければ, 会いましょう, 会えないで, 会った, 会ったの, 会つ, 会つてゐる, 会ひたいと, 伝言を, 伺ったお, 伺って, 伺わなくちゃ, 似なかったわけ, 似合ひさう, 何しろ親孝行, 元気を, 先生が, 其のオイ, 出したの, 出す手紙, 分らないという, 分るであろうか, 別れうそ, 別れてから, 別れなければ, 化けて, 受けた平凡, 可愛がられて, 叱られたこと, 叱られたら僕, 叱られた夢, 叱られて, 叱られました, 叱られますよ, 叱られるから, 叱られると, 叱られるの, 叱られるばかり, 叱られるわ, 叱られるん, 叱られる毎, 合鍵を, 吩咐られ, 告げて, 味方を, 報告する, 変に, 大へん, 失礼です, 威張って, 孝行しよう, 孝行つくしたい, 孝行を, 完全に, 害を, 少し許, 尼に, 履かせて, 幾重にもかかっ, 御心配, 御相談, 御飯を, 御馳走します, 心持の, 心配かけ, 心配を, 恥ずかしくなっ, 恨みが, 悪いじゃ, 愛された, 手紙を, 打明けた, 承知し, 抓られるより, 抱かれてるところ, 抱かれるやう, 抱かれるよう, 抱っこし, 押しつけ, 押しつけて, 按摩を, 挨拶し, 揺り起されるまで, 教えて, 教えました, 断ったらいい, 斯う, 日を, 春の, 昼間の, 書生として, 月五十円ずつ, 本当の, 来いたって, 機嫌を, 此金で, 殺されて, 比らべ, 気がつきませんでした, 済まない, 渡して, 渡せ, 濟ま, 爪切鋏で, 狐が, 王さまの, 生きて, 生き写しだった, 産まれた弟, 申しました, 申訣を, 男が, 留守番を, 疑いが, 皆んないいつけ, 相談し, 相談した, 相談する, 知らせたり, 知らせると, 知られないやう, 知れたらしかられると, 知れたら困るでしょう, 知れて, 知れないよう, 知れるの, 私が, 私の, 私を, 私今日少し, 突き落されたとき, 笑はれ, 聞いたって, 聞かなくて, 聞きました, 肖て, 育てられた内気, 背負はれ, 腹を, 荷を, 行って, 見えるところ, 見せたらどんなに, 見せて, 見せに, 見せようと, 見せると, 見せる勇気, 見たまま, 見て, 見ならへ, 見られないよう, 言いつけたら君, 言いつけられて, 言うの, 言った, 言ったらちょっと, 言つ, 言つてくんな, 言ひました, 訊かれると, 訊くと, 訊ねたの, 訴えますと, 詫言し, 詫言を, 詰らんこと, 話しかけようなどとは, 話しかけられちやつて, 話しちや, 話しますと, 話すの, 話を, 読ませて, 読んで, 買つ, 贈り物を, 赤いところ, 起されるまで, 起されるよう, 返した, 逆らうこと, 逆らうなら出て, 逢いたいって, 逢うという, 逢えたらいい, 逢っただろう, 逢ったらこう, 逢った時, 逢ひたいだらう, 逢わせましたという, 酷しく言われる, 関係する, 限って, 電報でも, 電車道へ, 静かに, 面会求め, 預かって, 預けて, 預けといて, 頭から, 頼まれたの, 頼みました, 頼んだこと, 頼んだもの, 頼んでも, 顔を, 願って, 食べさして, 飲ますが, 馴れ親し

▼ お母さん~ (346, 5.6%)

4 お姉さん 3 お父さんも, 御承知, 来て

2 [20件] いっしょに, お元気, お母さんです, お考え, お達者, さぞお, ずっと御, そう云っ, そう仰有っ, それが, それを, 何か, 大分衰え, 姉さんも, 安心した, 少し酷い, 感心し, 泣いて, 百合の, 自分の

1 [293件] あなたも, あの人, ありました, ありましたが, ありません, ありませんでした, あるだよ, あるの, あんまりくどく, いきたくないん, いくらか御, いちばん末の, いっしょうけんめい, いろいろの, いわれました, うとうとしました, おいでなさらねえで, おいでに, おけいこ, おっしゃいました, おなくなりなさいました, おぼえよかな, およろこび, お上京, お兄さん, お前さんの, お前に, お前も, お前を, お喜び, お変りは, お幸せ, お梅姉さん, お母さんだ, お気づかいです, お淋しい, お父さんの, お父さんを, お目にかかりたいと, お祖母さんも, お聞きでした, お起きなさらぬ, お辛い, かかったの, きっと喜ん, きっと喜んだろう, きました, けさは, このごろ工合が, この頃, これで, ご親類, さすがに, さだめて, しんでしも, すこしおかしかっ, すっかりおどろい, すっかり年, ずいぶん苦労, ずっとお, せめて庄司さん, そうしたん, そうだった, そのお, そのなり, そのまた, その一点, その天国, その通り, それからお祖母さん, それからアア, それと, たいへんだ, たまらないだらうけど, だらしが, だんだん分っ, ついてを, つかまったらどう, つまりは, とても心配, とんで, どうおっしゃる, どうしてこれ, ないから, ないの, ないん, ない今一人, なかなか技巧家, なくなって, なしの, なんとか早く, はたらき者だった, ばかだ, びっくりした, ほくほくご, ぼくと, まことに横溢的, またそれ, またまずい, また自転車, まだそこ, まだに, みんなが, みんなちりぢり, みんなみんな可哀想だ, もういらっしゃらない, もうかえって居られる, もうない, もう安心, やかましくいっ, やたらに, やって来て, やっぱりここ, やっぱり来年, やはり眠られぬ, よくそうおっしゃいました, よく知っ, よろこぶだろう, よろこぶだろうお父さん, ゐなくなつ, ゐる親切, アミでございます, ウンと, エンリコの, ダンスなさる, ニコ, ネルロを, ランプに, 一寸買物に, 一緒に, 丁寧に, 丁度終り, 三毛の, 不思議がっ, 乞食を, 二人いよいよ, 二階へ, 些とは, 亡くなって, 亡くなつて, 今井さんも, 今日は, 他界し, 仰天なさった, 休んで, 佐吉さんを, 何年も, 何時殺される, 俊ちゃんも, 僕の, 僕も, 元気を, 兄さんには, 出て, 労働者だった, 勉強には, 十六日には, 友ちゃんや, 叔父さんも, 可哀相だ, 可愛がっ, 同じ神さま, 同じ藩, 同意した, 同樣世話, 君の, 君を, 呆れて, 呼ばれてね, 喜んで, 坊やも, 変りなく, 外の, 多少言い分, 大分やかましかっ, 大変心配し, 大層お笑い, 奥さんも, 女房かい, 好きだ, 妾を, 始めの, 安心し, 安心です, 家で, 家業に, 家附き, 寝こんでしもう, 小さかつ, 少し勘違い, 少し安心, 尾道へ, 帰るだらうよ, 帰るやらうさかい, 年よせた, 幸福でした, 弟や, 彼が, 御婦人, 御得心, 御病気, 心配し, 心配するだろう, 心配なすっ, 忘れて, 思いがけずに, 早く亡くな, 昔気質で, 時々顔, 本当に, 本当によい可愛い, 本当に賢母, 染めて, 梅やも, 楽々と, 権利を, 死んだん, 死んだ姉さん, 死んでから, 歿く, 気を, 水月の, 永年の, 汗を, 決心し, 没く, 泣き出しなさった, 淋しいの, 無いくせ, 無しでした, 無条件の, 無理に, 父の, 琴平へ, 生きて, 産婆さんも, 田舎で, 田舎へ, 男の, 留守でございます, 異存が, 瘠せたよう, 発句を, 皆御, 目に, 眠れないん, 知って, 知ってるがネ, 知つて居る, 私と, 私に, 私のと, 私も, 私を, 笑いだしそう, 笑って, 箪笥の, 義父も, 芝居に, 苦労した, 草葉の, 薬の, 行つてらつ, 見たいこと, 誉めて, 誰も, 諦めて, 豪勢な, 貴女の, 赤いりんご, 赤ん坊の, 軽佻な, 返事に, 返辞だけ, 迷う心, 達者かい, 達者かと, 達者だろう, 達者で, 遣りたいと, 金のか, 針仕事や, 鏡を, 隆治さんの, 随分わからない, 障子を, 青二が, 顔を, 顕さんの, 食卓の, 驚いて, 黙つて炉, 齲歯が

▼ お母さん~ (264, 4.3%)

17 一緒に 13 二人で 10 いっしょに 5 話を 4 三人で, 二人の 3 御一緒

2 [14件] いっしょなら, お姉さん, お祖母さんは, マア坊が, 二人きりで, 云ふ, 何か, 僕との, 姉さんと, 家内は, 私と, 私を, 話して, 関係し

1 [180件] あの山奥, いいあんまり, いっしょでなけれ, いつし, いろいろ話しました, いわれて, おばさんは, おふたり, お二人, お二人ぎりか, お使い, お別れ, お医者, お君, お敏さん, お父さんと, お見世, お話し, お話し野原は, お話を, お駕籠, かさねていう, こうして夜ふたりきり, この家, ごいっしょ, ご一緒, たくさん洗濯を, どつち, なさったとき, なにか話し合った, なら火, なり亭主, めいとを, もも子さんが, やさしい兄さん, ゆくの, よぼう, わかれて, わたしとで, わたしの, アラジンに, マリちゃんが, 一しょに, 一しよ, 一処に, 一処の, 一年ぶりの, 一本ずつ, 一緒, 一緒じゃ, 一緒ぢや, 一緒でなけれ, 三人玖珂まで, 三人連れで, 三郎さんが, 上京し, 二人きり, 二人きりだ, 二人きりだった, 二人だけの, 二人っきりで, 二人分気を, 二人炬燵に, 云いそやされました, 云う人, 云ふお, 今井さんとが, 今井さんとの, 仲が, 仲直りを, 会って, 伯母さんが, 住んで, 健さんに, 僕の, 僕を, 入りか, 八っ, 共々に, 出て, 初めて俳句, 別れなければ, 別れねば, 別れるの, 友ちゃんが, 友ちゃんと, 叫んで, 台所の, 同じく虫, 同じやう, 同じ考え, 同樣, 君とじ, 呼ばせるの, 呼ばれる自分たち, 呼ぶの, 呼ぶもの, 呼べるやう, 呼んだとき, 呼んで, 喧嘩し, 喧嘩しちゃった, 大勢の, 大学病院の, 女の, 女中さんとの, 妹の, 妻君の, 姉さんとで, 姉さんは, 姉さんを, 娘さんで, 娘とで, 子どもたちの, 子供の, 宮島へ, 小さい人, 小さな声, 弟が, 弟さんとが, 弟さんは, 弟の, 弟妹たちは, 弟妹達それから, 彼とを, 後見してる, 徳山の, 思わなければ, 日光に, 昔からの, 暮したいと, 暮して, 暮らした山, 暮らして, 条約を, 来たとき, 来たら不精, 来たら随分, 楽しげ, 死に別れた頃, 気まずいこと, 煽りたてられて, 男の, 町へ, 相談し, 矢代の, 砂と, 私, 私だけに, 私という, 私とは, 私とへ, 私の, 称えて, 稱ばれ, 立って, 立派な, 結婚する, 美しい言い, 肥った血色, 肥料の, 背戸の, 自分だけが, 興行主の, 若夫婦, 見る人, 言いこの, 言うの, 言った, 言われる人, 話された, 話し込むと, 話す気, 貴方の, 近付に, 違って, 関係が, 雀の, 顔を, 香川さんと

▼ お母さん~ (205, 3.3%)

8 呼んで 5 幸福に, 連れて, 養って 3 つれて, 大事に, 安心させ 2 ゆっくり寝かし, 呼ばう, 怖れ, 思い出して, 残して, 殺したの, 知って, 苦しめて, 見て, 見ること

1 [153件] ありがたいと, いじめるので, いじめるもん, いたわるの, いぢめろ, いつも泣かせ, うらやましく思います, おつれ, おぶつ, おまえの, お呼び出し, お好き, お守りください, お迎えする, お迎えに, お送りしたら, ここまで, こっそり恨んだ, ごちさ, ごらんなさい, じっけんの, すぐに, そんけいしたくなりました, たんすの, ちっともかまいつけない, とかして, とめて, どんなこと, なかすなや, はじめ弟さん妹さんを, ひとに, ふうがわりな, ほんとうに, ほんのちょっと, みろちやん, もんで, ゆすり起しましたが, よぶため, よろこんで, 一人のこし, 一人養っ, 中心に, 二人しょってる, 二人とも, 亡くして, 伴って, 伴れ, 何か, 何と思ふ, 入れて, 出して, 利用する, 助けなければ, 呼ばうかと, 呼びお父さん, 呼び出して, 呼び寄せた, 呼ぶ幼児, 呼ぶ必要, 呼ぼうか, 呼んだ, 喜ばせたいなどという, 喜ばせて, 困らせようとして, 大切に, 大好きでした, 姉の, 嫌うから, 学んで, 安心さし, 安楽に, 家へ, 尊敬し, 小梅橋まで, 引っぱり出して, 御存じだった, 思い出しました, 思うと, 思ひ出すん, 思ふ手紙, 思わせこんな, 怨んでる者, 恨みましょう, 悪く思っ, 愛して, 慕う情, 手で, 手伝って, 手放さないの, 手本に, 抱きしめること, 押しのけるの, 持ったもの, 持ってるけれど, 振り返つて, 捨ててから, 探す事, 描いて, 描かれた二枚, 攻撃する, 放って, 救いの, 救うため, 斯んな, 月待, 案じて, 棄てて, 死なせては, 殺したなんて, 殺したん, 殺した処, 殺した敵, 殺すなんて, 毒殺した, 気を, 淋しがらせ, 湯治に, 狙撃した, 疑いたくは, 疑うの, 病気に, 直ぐ思い出す, 真ん中に, 知つてゐた, 突きのけたさ, 突ッついた, 絶対の, 縊り殺し, 縛りさ, 置いてきぼりに, 舟で, 苛めりゃいい, 苛めるの, 莫迦に, 葬って, 見あげました, 見せて, 見せてよ, 見たこと, 見たらその, 見ちゃったん, 見ると, 見るよう, 見ろ, 見下ろして, 訪ねて, 説得し, 起こそうかしらん, 起すん, 迎えて, 逢せる, 養わなくっても, 駄目に

▼ お母さん~ (94, 1.5%)

7 お姉さん 4 姉さんに, 自分の 3 おばあさんが, お父さんが 2 お父さんと, お父さんに, お父さんの, 妹の, 姉さんが

1 [63件] あたしの, おまえさんが, お兄さん, お前に, お姉さん方, お姉さん達, お民, お父さんたちの, お父さんばかり, お父さんや, お父さんを, お祖母さんが, お祖母さんに, お祖母さんや, お祖父さんお祖母さんも, お菊婆さん, それからしんるい, ねえさんは, ねえさんや, ばあやさんの, ぼくの, またポローニヤス, みいんな, もっと強い, ユリ子の, ワアニヤ叔父さんや, 兄さんたちは, 兄さんたちも, 兄さん姉さんたちに, 兄夫婦や, 内輪の, 叔父さんの, 叔父さんや, 和尚さんの, 女中に, 女中ばかり, 妹が, 妹たちを, 妹と, 妹は, 姉さんたちが, 姉さんたちに, 姉さんたちも, 姉さんと, 姉さんは, 子供の, 子供や, 小父さん, 弟さんも, 弟は, 恵子姉さんが, 恵子姉さんや, 惣吉の, 新子姉さんと, 書生さんも, 柿さんたちが, 田舎の, 皆に, 福本さんや, 私などよりも, 私を, 米屋を, 達ちゃんたち閉口する

▼ お母さんから~ (92, 1.5%)

7 お手紙 3 聞いたわ 2 だらうお母さん, 返事が, 頼まれて

1 [76件] あいさつの, あなたが, あんなに厭, いいきかされて, いじめられて, いた, うかがったり, おくって, おそわったこと, おたより, おやつ, お前枕を, お盆を, きいて, きた手紙, さらしの, そう聞かされ, そこの, そのお金, そんなお話, そんなこと, だ, とっちゃうん, なけなしの, またつまらない, もらっただいじに, もらったの, もらったよき, もらったんだい, もらった三銭, もらって, ゆすぶり起こされました, スタンドや, ハガキが, モスク, 三びきの, 九月三日に, 事情を, 云いつかって, 云われて, 何とも話, 何んとか, 優しく慰め, 先日伺った, 嫌と, 寄こされると, 少しきつく, 弱いもの, 悪智慧, 手紙が, 手紙を, 托されたお祝い, 教えて, 教へ, 新しいたこ, 昔の, 栗や, 止められてたん, 毛糸の, 父上の, 私が, 秘密に, 笑はれました, 習いました, 聞いたらうと, 聞いて, 聴いたわ, 英語で, 言われて, 訊かれたとき, 話が, 詳しく伺いました, 速達が, 金鵄勲章を, 離れるの, 頂いた健やか

▼ お母さんには~ (57, 0.9%)

3 分らないん

1 [54件] あんな乱暴, おじいさんの, おれが, お前の, お珍しかっ, お話する, すぐわかります, ずっと小谷さん, それを, そんな髪, そんな髮, だまつてものを, ちっとも似, どうかね, なれません, なんでも, はじめから, まことにいい, まだ知らせない, みんなで, もういふ, もうお話し, もう逢えない, もちろん黙つ, やはりしん底, よく叱られた, よく言, わかって, わからん, わかりませんわ, わけが, 一目おい, 云は, 似て, 何が, 何とも云っ, 何も, 内証だ, 分りは, 前に, 前の, 半分息子の, 姉さんが, 御丈夫, 早くお, 真実と, 私から, 私たちの, 空へ, 解りません, 遠慮が, 隠さないでね, 食堂の, 黙って

▼ お母さんたち~ (42, 0.7%)

2 がやっと, はうしろ, もあと

1 [36件] がかえられ, がもっと, が一生ケン命, が何, が向う, が心配さうに手, が心配そう, が泣き出した, が着いた, が託児所, とにともども, との交渉, にあいさつ, にない, に望む, に相談, に言, のいう, のお, の働く, の生活, の笑い声, はうれしい, はおどろい, はかう, はそれ, はどれ, はどんなに, はよく, は二匹, は坊や, は手術室, は昨晩, もやつ, も泣きました, やっと達ちゃん

▼ お母さん~ (39, 0.6%)

62 からと言う

1 [31件] お母さんにも, からとわかる, から大事, から自分, か妹, がいい, が己, しこれ, し今井田, ぜ分っ, そうだ, ぢと, つたのです, つてかう, つてやれない, つて惡いんだ, つて望ん, という感じ, とおもっ, と思う, と思っ, と思はれる, と知った, なあ, なんて可, ぼくらは, よお父さん, よといっ, わ, わかえって, わね

▼ お母さんにも~ (39, 0.6%)

2 見せて

1 [37件] いうまいと, お菓子お送りいたしましょう, お詫びを, お金を, きっとお気, こんな時代, すぐには, すまなかったわね, それが, そんなところ, たれながら, なれば, ねえさんにも, よくし, よく頼ん, よろしく, よろしくお, わかりませんでした, わびました, ペチャペチャの, 何でも, 兄さんだ, 兄さんにも, 兄さん私にも, 全くわかっ, 冷たいひと, 勧めようと, 叱られるだろうと, 命拾いの, 困りましたね, 姉さんにも, 申せば, 看病は, 紹介し, 話を, 負さったこと, 食べて

▼ お母さん~ (26, 0.4%)

1 [26件] がおなか痛, が働い, が所, にちょうだい, にもあんな, のかなしい, の体, の気持, はお姫さま, はここ, はとうとう, はもう, は今あなた, は何處, は全くそう, は千代女, は大きい, は少し, は東京, は死ぬ, は眞葛周玄, もう直ぐ寝みます, も一緒, を二本差, を行かせない, 寒いわ

▼ お母さん~ (22, 0.4%)

1 [22件] あがりなさい, かいこが, たのしみね, ゆるし下さい私, よろこびに, 一人放っ, 休みなさい, 元気です, 兄さんお, 叱りに, 呉れって, 困りと, 好きかしら, 姉さんに, 嫁さん, 手紙, 手紙は, 案じでない, 母さあん, 母さアん, 汗でしょう, 菊さんを

▼ お母さんだって~ (22, 0.4%)

1 [22件] あぶなくいらっしゃる, いつも, いつもそう云ってた, いろいろ世間, お前ひとり, きょうの, この間は, すぐに, そうでしょう, もう七十, 屹度お気に, 悪いこと, 悪いん, 百合子さんの, 知らなけりゃいい, 知らなけりや, 私だって, 私に, 私の, 若かった, 許して, 長いあいだよそ

▼ お母さん~ (20, 0.3%)

1 [20件] がどんなに, が大, が子供, が幸福, が自分, が行く, が郷里, とは大分, と一緒, と当り前, と草津, どうなる, にさう, に貴方, の態度, の方, の眼, はかう, ももう, を捜し出す

▼ お母さんです~ (19, 0.3%)

731 かお母さん, から, って, ねえと下宿の, の, よあなた, よあんな, わ, わの

▼ お母さん~ (17, 0.3%)

3 ござります

1 [14件] あたしじゃ, あつた, いっぱいな, いっぱいなん, これが, どれほど苦労, なしお, まだ年, やはり俤, 坊ちゃん挙周は, 大きい嫁, 嫁ごは, 小さな字, 見れば

▼ お母さん~ (17, 0.3%)

4 うぞ 2 か御用

1 [11件] うも, かした, かたべさせ, か一寸, か話し, だって己, の望み, をしてる, をなさる, を考えてる, を言い出す

▼ お母さんとは~ (15, 0.2%)

1 [15件] いい出した本人, お話しできない, お隣附合ひで子供の, それっきりな, たった二度御飯, どういうお, 一緒に, 呼ばないで, 安心し, 思わない己, 気の, 父兄会で, 結婚し, 貧しい暮し, 違いますから

▼ お母さん~ (14, 0.2%)

1 [14件] うむどん大好き, にもひょっとこ, に空気銃, のお腹, のため一生, のりんご, の床, の時計, はいりませんよ, はとにかく, は何時頃, もこんなに, も先祖, 考えて

▼ お母さんあの~ (13, 0.2%)

1 [13件] う, おばあさんの, きれいな, くず屋さんが, ね兄さん, ほら平家物語, 先生は, 子かわいらしい, 時の, 爆発した, 花びらが, 赤いの, 車は

▼ お母さんでも~ (13, 0.2%)

2 お父さんでも

1 [11件] あるが, いたら大石先生, おありなさる, お子さんの, ないのに, 子供を, 心持よく, 来たやう, 死んだらどう, 疲れれば, 近所でも

▼ お母さん~ (13, 0.2%)

2 電報ガワセを

1 [11件] お手紙, お祝いの, こんなこと, とんで, 向つて誇り気, 声を, 尻を, 拾五円送っ, 松坂屋から, 渡した, 行ったらば

▼ お母さんこの~ (11, 0.2%)

2 方は, 頃は 1 上に, 哀れな, 唄知つ, 方に, 病氣の, 親木は, 魚にも

▼ お母さん~ (11, 0.2%)

2 の, のよ, んです 1 のかい, のだろう, の仕立屋さん, んだ, んで御座いましょう

▼ お母さんへの~ (11, 0.2%)

2 手紙の 1 お土産, お手紙, たよりは, つとめだ, 勤労奉仕, 啓蒙を, 土産, 扶助料は, 警告

▼ お母さんこれ~ (10, 0.2%)

1 があんた, でいい, はみんな, は同級, は恐れ入りました, もあと, もやはり, をお, をどうして, を見

▼ お母さんという~ (10, 0.2%)

3 人が 1 のが, のは, ひとの, ものに, 人は, 懐しい名, 方を

▼ お母さんとの~ (10, 0.2%)

1 お約束, お話の, ことと, さびしい二人ぎり, たった二人, やうな, 二人きりで, 話なんかも, 間は, 関係さ

▼ お母さんより~ (10, 0.2%)

2 おばあさんより 1 おやそさん, お父さんの, ずっといろいろ見, ずっと綺麗, 何より自分, 太つて見せる, 好きだ, 遙か

▼ お母さんもう~ (9, 0.1%)

1 お寝み, なくなさないから, 今度から, 何も, 寢た, 戦争なんて, 春に, 目が, 起きますよ

▼ お母さんらしい~ (9, 0.1%)

6 人が 1 ね, のだ, 事を

▼ お母さん今日~ (9, 0.1%)

2 は角砂糖 1 になった, は, はお, はまあ, は富五郎, は遠く, も夜

▼ お母さんあなた~ (8, 0.1%)

1 あの叔父さん, が余外, とお, のよう, はきつ, はそんなに, はひどく, は実に

▼ お母さんお母さん~ (8, 0.1%)

2 はどう 1 あぶらげ何枚, あア, おやしき, とかさねて, と煽りたてられ, は知ってるだろう

▼ お母さん~ (8, 0.1%)

1 おつゆぐらゐだと思, お母さんでない, ろ返事を, 嘘の, 姉さんか, 姉さんが, 知らないが, 顔を

▼ お母さんがね~ (8, 0.1%)

4 立派な 1 けさね, 案じて, 行って, 麻の

▼ お母さんだけが~ (8, 0.1%)

1 いつの, いつも自分, なぜ, ほんとうに, また火, 台所を, 最後まで, 膝を

▼ お母さんとが~ (8, 0.1%)

1 おきいち, お家の, すぐに, どっちも, ならんで, 一どきに笑い出しました, 心配そうに, 本郷の

▼ お母さんはおつ~ (8, 0.1%)

8 しやいました

▼ お母さんさえ~ (7, 0.1%)

2 あれば 1 おいや, それで, 承知なら, 生きて, 生き残って

▼ お母さんでは~ (7, 0.1%)

1 ありませんまた, ないの, なかった, なかろうかと, もう五つ, 余り芝居が, 行って

▼ お母さんどう~ (7, 0.1%)

3 したん 1 したの, したので, でしょうこの, です

▼ お母さんいい~ (6, 0.1%)

3 かお父さん 1 ところです, んでしょう, 場所を

▼ お母さんからの~ (6, 0.1%)

2 お手紙 1 お消息, 二十円今月の, 手紙が, 豆など

▼ お母さんじゃ~ (6, 0.1%)

1 ありません, ありませんか, ない, ないかと, ないネ, なかろうか

▼ お母さん~ (6, 0.1%)

2 泣いて 1 あなたの, 世界に, 呼ばれて, 呼ぶの

▼ お母さんといふ~ (6, 0.1%)

2 人が 1 ものは, 人は, 人も, 女は

▼ お母さん~ (6, 0.1%)

2 の, は 1 が, も

▼ お母さんそれ~ (5, 0.1%)

2 は全く 1 は夢, は至極, をおとらせ

▼ お母さんそんな~ (5, 0.1%)

2 ばかな 1 ことを, こと言う, 事が

▼ お母さんだけ~ (5, 0.1%)

1 でなくお父さん, では, なん, はちよつと, 其のつもり

▼ お母さんなら~ (5, 0.1%)

1 いちばんよい, いつも兄さんの, 何でも, 心配しません, 直に起き上っ

▼ お母さんなんか~ (5, 0.1%)

1 この頃別居, なくても, ほとんど同じ, もう來, 来るたび

▼ お母さんぼく~ (5, 0.1%)

1 の考え, はあなたがた, はいま夢, はまだ, は勉強

▼ お母さんみたい~ (5, 0.1%)

1 なあんな, な人, にされる, にほら, に情熱

▼ お母さん少し~ (5, 0.1%)

1 は体, ばかり, 待って, 御相談, 落着いたら

▼ お母さん~ (5, 0.1%)

2 上京の 1 心配な, 気分が, 無理だ

▼ お母さん~ (5, 0.1%)

1 がいいました, のお, の待っ, は, は心配

▼ お母さんあれ~ (4, 0.1%)

1 が浮き, が長浜, は何, 阿国歌舞伎の

▼ お母さんお父さん~ (4, 0.1%)

1 がい, と呼びたくなる, に似, は死ん

▼ お母さんこんな~ (4, 0.1%)

1 ことして, ところに, のは, 閉め切った室

▼ お母さんその~ (4, 0.1%)

1 お七, 不思議な, 人を, 涙を

▼ お母さんたら~ (4, 0.1%)

1 うちの, ちっとも私, ジャズ娘ジャズ娘って, 情けない

▼ お母さんって~ (4, 0.1%)

1 仰有ったじゃ, 泣いて, 言う方, 言ったらどう

▼ お母さんである~ (4, 0.1%)

1 がとにかく, ことに, キュリー夫人は, 嫁であった

▼ お母さんとこ~ (4, 0.1%)

1 へ帰っ, へ帰りたい, までお出で, 離せないの

▼ お母さんとしては~ (4, 0.1%)

1 十五円は, 心配に, 自然な, 鵞鳥が

▼ お母さんとに~ (4, 0.1%)

1 ちが, ちがいありません, 別れましたが, 委せます

▼ お母さんどうか~ (4, 0.1%)

1 してよ, しました, しましたか, 旨い物

▼ お母さんどこ~ (4, 0.1%)

1 かへいっ, で菜, へいった, へゆく

▼ お母さんはと~ (4, 0.1%)

3 問へば 1 初めて聞く

▼ お母さんまで~ (4, 0.1%)

1 あたしに, 一団と, 来たのに, 非業に

▼ お母さんわたし~ (4, 0.1%)

1 あの梅, がというの, はお銭, は目

▼ お母さん一人~ (4, 0.1%)

1 じゃどう, だけ, であと, で大勢

▼ お母さん堪忍~ (4, 0.1%)

4 して

▼ お母さん~ (4, 0.1%)

1 が日本, に何と, の時間, を御

▼ お母さん~ (4, 0.1%)

3 をしめ 1 をしめて

▼ お母さん行っ~ (4, 0.1%)

2 てまいります 1 て参ります, て来ます

▼ お母さんお願い~ (3, 0.0%)

2 しますよ 1 がある

▼ お母さんがた~ (3, 0.0%)

1 の力量, はこれ, は子供たち

▼ お母さんきっと~ (3, 0.0%)

1 いいって, それを, 惜しくて

▼ お母さんここ~ (3, 0.0%)

1 に武田伊賀忰, の兄さん, はどこ

▼ お母さん~ (3, 0.0%)

1 う大騒ぎ, へ馬鹿, ア食べましょう

▼ お母さんそういう~ (3, 0.0%)

2 工合に 1 ところの

▼ お母さんそっくり~ (3, 0.0%)

1 だよ, でありました, です

▼ お母さんそん~ (3, 0.0%)

1 ならこの, なら宜, なら私たち

▼ お母さんだけでも~ (3, 0.0%)

2 東京へ 1 育つぢ

▼ お母さんでさえ~ (3, 0.0%)

1 ずっとくる, つまらない目, 引張られて

▼ お母さんでない~ (3, 0.0%)

1 かは手, といふ, のだ

▼ お母さんとうとう~ (3, 0.0%)

2 巴里に 1 巴里へ

▼ お母さんなぞも~ (3, 0.0%)

2 それだけの 1 やっぱりずけずけと

▼ お母さんなんぞは~ (3, 0.0%)

1 土用が, 広く反省, 後生も

▼ お母さんに対して~ (3, 0.0%)

1 何の, 第二, 註文を

▼ お母さんに対する~ (3, 0.0%)

1 不義理に, 君の, 愛は

▼ お母さん~ (3, 0.0%)

1 ちが, ちに, 思い出すと

▼ お母さん~ (3, 0.0%)

1 このひさあし, ござんしたね, だから私

▼ お母さんよく~ (3, 0.0%)

2 長生きを 1 書けませんが

▼ お母さんよりも~ (3, 0.0%)

1 先に, 娘さんの, 私を

▼ お母さん今度~ (3, 0.0%)

1 の山林事件, の日曜, の日曜日

▼ お母さん先生~ (3, 0.0%)

1 お友だち, から頂いた, がああ

▼ お母さん同道~ (3, 0.0%)

1 しっかり者, でたずね, で来たらしい

▼ お母さん~ (3, 0.0%)

1 よろこびでした, 安心の, 變です

▼ お母さん姉さん~ (3, 0.0%)

1 だが, ですもの, などがつい

▼ お母さん~ (3, 0.0%)

1 なん, は悦ん, までがそんなに

▼ お母さん~ (3, 0.0%)

2 の手紙 1 に書く

▼ お母さん~ (3, 0.0%)

1 で飼, の猫, へ辻村

▼ お母さん山吹~ (3, 0.0%)

1 からあんなに, が咲きました, をもらっ

▼ お母さん待っ~ (3, 0.0%)

1 ているでしょう, てください, て頂戴

▼ お母さん心配~ (3, 0.0%)

1 かけて, して, しないで

▼ お母さん早く~ (3, 0.0%)

1 この人, ご飯に, やすんで

▼ お母さん~ (3, 0.0%)

1 かいる, かの縁談, がそんな

▼ お母さんあんな~ (2, 0.0%)

1 くつよ, くらいところ

▼ お母さんいっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てまいります

▼ お母さんいつ~ (2, 0.0%)

1 そどこかの, までも私たち

▼ お母さんいま~ (2, 0.0%)

1 の人だれ, 帰ったよ

▼ お母さんおかえり~ (2, 0.0%)

1 になっ, のとき

▼ お母さんからは~ (2, 0.0%)

1 さっきお, 料理浜子からは

▼ お母さんかんにん~ (2, 0.0%)

2 どっせ

▼ お母さんがかへ~ (2, 0.0%)

1 つてマッチを, つて来ました

▼ お母さんきょう~ (2, 0.0%)

1 はどう, もまた

▼ お母さんくらい~ (2, 0.0%)

1 いい人, 可笑しな

▼ お母さんこそ~ (2, 0.0%)

1 お草臥れでございましょう, 文句いいたかった

▼ お母さんこれから~ (2, 0.0%)

1 仲善く, 勉強する

▼ お母さんごめんなさい~ (2, 0.0%)

2

▼ お母さんすぐ~ (2, 0.0%)

1 に切っ, に王さま

▼ お母さんそう~ (2, 0.0%)

1 しますか, 云ったん

▼ お母さんそして~ (2, 0.0%)

1 このお, どうなった

▼ お母さんそれから~ (2, 0.0%)

1 お繁さん, 信子

▼ お母さんそんなに~ (2, 0.0%)

1 なにしない, までし

▼ お母さんたいへん~ (2, 0.0%)

1 な雨, 僕の

▼ お母さんだけは~ (2, 0.0%)

1 例外です, 自分の

▼ お母さんだったら~ (2, 0.0%)

1 べつにそれ, 娘さんは

▼ お母さんだめ~ (2, 0.0%)

1 じゃありません, だよ

▼ お母さんちっとも~ (2, 0.0%)

2 金を

▼ お母さんつまり~ (2, 0.0%)

1 先生の, 死んだ細君

▼ お母さんであった~ (2, 0.0%)

1 ことを, だけにいちばん

▼ お母さんでした~ (2, 0.0%)

1 がいつも, が此子供

▼ お母さんとも~ (2, 0.0%)

1 つかず姉さん, 相談し

▼ お母さんなどと~ (2, 0.0%)

1 呼ばれる事, 時々涙ぐん

▼ お母さんなどには~ (2, 0.0%)

1 お前さん達の, 悪い事

▼ お母さんなり~ (2, 0.0%)

1 お祖母さんなりは, 他の

▼ お母さんなんかに~ (2, 0.0%)

1 些とも, 何が

▼ お母さんにでも~ (2, 0.0%)

1 気づかれたの, 聞いたので

▼ お母さんにとって~ (2, 0.0%)

1 なんでも, 夫に

▼ お母さんに対しても~ (2, 0.0%)

1 ていさいの, 兄さんは

▼ お母さんねこ~ (2, 0.0%)

2 は鰹節

▼ お母さんはね~ (2, 0.0%)

1 あたしが, 昔の

▼ お母さんばかり~ (2, 0.0%)

1 いて, なんだ

▼ お母さんへは~ (2, 0.0%)

1 毎日お菓子や, 袋の

▼ お母さんほど~ (2, 0.0%)

1 こわいもの, 好い人

▼ お母さんほんとう~ (2, 0.0%)

1 でしょうか, にうたっ

▼ お母さんまた~ (2, 0.0%)

1 あんなこと, 明日の

▼ お母さんまでが~ (2, 0.0%)

1 その海ほおずき, 長年つれ添った

▼ お母さんまア~ (2, 0.0%)

1 そう泣いた, どうした

▼ お母さんもっと~ (2, 0.0%)

1 先へ, 早く行こう

▼ お母さんやっぱり~ (2, 0.0%)

1 あなたが, 漁に

▼ お母さんやはり~ (2, 0.0%)

1 おつかれ, 私の

▼ お母さん~ (2, 0.0%)

1 すぐ月謝, 貴女は

▼ お母さん今夜~ (2, 0.0%)

1 は旧, は重要

▼ お母さん以外~ (2, 0.0%)

1 にない, のひと

▼ お母さん~ (2, 0.0%)

1 かどちら, のやっぱり

▼ お母さん兄さん~ (2, 0.0%)

1 になんか, はきのうりんご

▼ お母さん助け~ (2, 0.0%)

1 てッ, て助け

▼ お母さん~ (2, 0.0%)

1 じゃ有りません, はたいへん

▼ お母さん好き~ (2, 0.0%)

2

▼ お母さん帰っ~ (2, 0.0%)

1 ていらした, て参りました

▼ お母さん御覧~ (2, 0.0%)

1 なさい, なさいこの

▼ お母さん敏子~ (2, 0.0%)

1 です, ですよ

▼ お母さん東京~ (2, 0.0%)

1 にいらっしゃるなら, へ出

▼ お母さん欲しい~ (2, 0.0%)

1 お母さん欲しい, といった

▼ お母さん~ (2, 0.0%)

1 の矢絣, の辺

▼ お母さん死んだ~ (2, 0.0%)

2 お母さん死んだ

▼ お母さん~ (2, 0.0%)

2 が見えた

▼ お母さん~ (2, 0.0%)

1 う前, う小言

▼ お母さん~ (2, 0.0%)

1 がさめた, をつぶった

▼ お母さん許し~ (2, 0.0%)

1 てください, て下さい

▼ お母さん読ん~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃるらしい, で下さる

▼ お母さん赤ちゃん~ (2, 0.0%)

1 はいじわる, はよく

▼ お母さん~ (2, 0.0%)

1 がし, が調子

▼1* [420件]

お母さんアアアーアツ, お母さんああお母さん, お母さんあきましたよ, お母さんあそこへ虫屋, お母さんあたしゃどうしよう, お母さんあって, お母さんあぶらげ何枚たのむん, お母さんあるんです, お母さんあれラジオのうぐいす, お母さんぢめを, お母さんいっそ病院に, お母さんいったいそんなこと, お母さんいつかのよう, お母さんいつか家へ遊び, お母さんいま歸つたよ, お母さんいよいよ問屋も, お母さんいろいろ有難う御座います, お母さんうちのねこ, お母さんうつるもんだ, お母さんおかあさんだ, お母さんおそろしかったんで, お母さんおばあさんの思ひ, お母さんおみやげを心配, お母さんおめかしをし, お母さんおもしろいもの見せ, お母さんおやしきの, お母さんおりこうの, お母さんおりゃのごと湯さ入れ, お母さんお先へ, お母さんお出かけのすこし, お母さんお初にお, お母さんお前がお, お母さんお手伝いさせて, お母さんお早うございます, お母さんお母さんお母さんはどう, お母さんお母さんぼくたち今日から瓶, お母さんお母さんやみ市でも大豆, お母さんお母さん今井さんが, お母さんお母さん海が見えた, お母さんお父さんねえやは木登り, お母さんお父さん姉兄たちの考えかた, お母さんお祖母さん今度は良人, お母さんかが起きなされたようす, お母さんかってもいい, お母さんかと聞いたらそう, お母さんからもあやまって, お母さんがなアルマイトよりも, お母さんがなんかあげると, お母さんがねえ田原さんせがれが, お母さんてくださあい, お母さんきつと倒れちまいなさる, お母さんきまりが悪い, お母さんきゅうりがあんなに, お母さんきよはいつくる, お母さんきようは学校, お母さんくたびれたんです, お母さんくらゐの, お母さんくれやしないや, お母さんぐるみお引取, お母さんぐるみ引取って女房, お母さんけさの新聞, お母さんこの大きなお魚, お母さんこの間の十七日, お母さんこまったのよ, お母さんこんどは東京, お母さんこんど按摩さんにもん, お母さんこんど春日の料理, お母さん安心なさい, お母さんさきに帰っ, お母さんさっぱりなすったそう, お母さんさついでの人さ, お母さんさびしくなかった, お母さんしんから御, お母さんじきだまって, お母さんすなわち私の, お母さんすまないげつとまた, お母さんすみれの花, お母さんせいぜい懐かしがっ, お母さんそりゃ余り御, お母さんそれぢやうち, お母さんそんなにぶらぶらして, お母さんたくさん入れてよ, お母さんただいま戻りました, お母さんただ今帰りましたと, お母さんたち元気でいなさるか, お母さんだいぶおくたびれでしょう, お母さんだけじゃない, お母さんだけによろしくと, お母さんだけにしか見せません, お母さんだけにはもうすべて, お母さんだったのだ, お母さんだっても御覧なさい, お母さんだつてお前, お母さんだの女神だ, お母さんだれがあんな, お母さんちゃんと察して, お母さんちょいと手, お母さんちょうせんぶなを, お母さんちょっとまごつきはってなあ, お母さんや無い, お母さんったらねえ何, お母さんつれて行っ, お母さんていうのは, お母さんでありましたがふとした, お母さんでなかったりまた, お母さんでなかったらなにを, お母さんでなくっちゃ, お母さんとかそれくらいの, お母さんとかいうひとから, お母さんとから買収されとる, お母さんときどきこんなこと, お母さんとして一番切実な, お母さんとしても自慢の, お母さんとて精神は, お母さんとても交際が, お母さんとでありました, お母さんとについて変らざるねぎらい, お母さんとにはとりの, お母さんとばかり話して, お母さんとを殺して, お母さんどうぞこちらへ, お母さんどうも仕方が, お母さんどうやら病気の, お母さんどんなにかお喜びなさるでしょう, お母さんなかなか当意即妙でいらっしゃいます, お母さんなしでは, お母さんなぜ令二を, お母さんなど内の, お母さんなどといふものを, お母さんなどはあれでも, お母さんなどを引合に, お母さんなにかご心配, お母さんなめますよ, お母さんなら知っていた, お母さんなりから意向を, お母さんなるべくならば, お母さんなればこそあたし, お母さんなんですか, お母さんなんかは真率に, お母さんなんて辛い悲しい思い, お母さんにたいしてのぶあいそを, お母さんにだけ来たのよ, お母さんにとそういうこと, お母さんにとってはどうでも, お母さんになつてさ, お母さんになんかわかりやしないつたら, お母さんにね遠慮なくあがります, お母さんによくさう云, お母さんに対しては今でも, お母さんぼくリカに, お母さんのせゐかも知れない, お母さんのせゐとばかりは言, お母さんのだってお墓, お母さんはがつかりしましたが, お母さんはげしく起こさねたって, お母さんはじぶんをどう, お母さんはじめどのくらい, お母さんはじめうちじゅうのもの, お母さんはじめみんなで心配, お母さんはじめ三人の悪漢, お母さんはっきりいって, お母さんははだか, お母さんばかりかお祖母さんも, お母さんひとりは気, お母さんひと足お先にといふこと, お母さんふとっている, お母さんぼくたち今日から瓶, お母さんぼくらのピクニック, お母さんまあごらんよ, お母さんまあしばらく我慢し, お母さんまだ起きて, お母さんまでに御苦労を, お母さんておい, お母さんみっともないから怒鳴る, お母さんみんな持って, お母さんむだなせんぎ, お母さんもう一杯飲まない, お母さんもし都合が, お母さんもしも雨降っ, お母さんもつれずにたった, お母さんもねまきの, お母さんももうい, お母さんやみ市でも大豆, お母さんやら叔父さんやら, お母さんゆうべお話し申しあげた堀口, お母さんよりずつと綺麗だ, お母さんよりはお師匠さん, お母さんの子ども, お母さんをも大事に, お母さんアノ仙太郎親方が, お母さんクロを家, お母さんタンゲサゼンのまね, お母さんチンドン屋がこんな, お母さんトニイさんがきた, お母さんパリにいる, お母さんヒステリイが起こった, お母さんヒデ子ちやんはどこ, お母さんピアノを弾い, お母さんフーフーです, お母さんペンの跡淋漓, お母さんボールをなくした, お母さんマリ子ははしか, お母さんリカつたらね, お母さん一嵐子二受け取った, お母さん一日ぐらいお, お母さん一杯飲め, お母さん一荷をおろした, お母さん七面鳥は私, お母さん丈夫かね, お母さん三四日前にチョッ, お母さん上出来とほめ, お母さん上手だよ, お母さん不可ませんよ, お母さん中心の日, お母さん中村やの支那まんじゅう, お母さん二十一日に宇品, お母さん二千兩の小判, お母さんやしません, お母さん云う人なあ, お母さん亡くしててやっぱし, お母さん京都へお, お母さん人間はいつか, お母さん今井さんが, お母さん今日夕方山本の旦那さま, お母さん今貴女は戸塚, お母さん今頃三枚の写真, お母さんの事, お母さん代りではいけない, お母さん代わりをし, お母さん令二にそんな, お母さん休みましょうよ, お母さん会いたかったのに, お母さん何となしお, お母さん何ともいやはれしません, お母さん何んだか, お母さん何人か表, お母さん何処で聞き, お母さん何卒やって, お母さん余り疲れると, お母さんを持つ, お母さん僕一人でみ, お母さん僕夜業をし, お母さん僕達は二人心, お母さん氣かい, お母さん元来こういうこと, お母さん兄ちやんが帰つて, お母さん全くお好き, お母さん公平に分配, お母さん六つ卵をむだ, お母さん其のかわり屹度旦那様の, お母さんがお, お母さん円めてしもてそい, お母さんて来, お母さん千代紙を買っ, お母さん千博ちゃんはどんな, お母さん午後ほんの一寸体, お母さん南アメリカの温かい, お母さんいわよ, お母さん腎臓を, お母さんちゃんとわたし, お母さん友ちゃん七時近くおかえり, お母さん叔父さんをお, お母さん同様に御, お母さん同様わしの父親, お母さんっとし, お母さん呼ばわりをし, お母さん喜んで下さい, お母さん土鍋でご飯, お母さん多助さんが今朝帯, お母さん多賀ちゃん私眠ります, お母さん多賀子私河村さんの細君, お母さん大きなふろしきです, お母さん大変な事, お母さん女の子うんだ, お母さん女子大に行, お母さん妖女だつて, お母さん妹さん兄さんなど大勢改札口, お母さん姉妹も浜子, お母さん始め私また民子, お母さん孝行なこと, お母さん学校が休みたい, お母さんいじゃ, お母さん寒い日です, お母さん居らへんし妾等, お母さん居るぞ泣く, お母さん山崎のおじさま, お母さん山王さんまで遠足, お母さん岩本の小母上, お母さん巡礼の旅, お母さん工作満点じゃ, お母さん巴里へ帰っ, お母さん帰りに見番, お母さん帰りましょう家へ, お母さん帰りませう家へ, お母さん幸せだったでしょう, お母さんを出し, お母さんが新宿, お母さん後生だから, お母さん得心して, お母さん御用に買った, お母さん御馳走をし, お母さん必要なこと, お母さん怒ってそれ, お母さん怖くないよ, お母さんがある, お母さん意地悪ね, お母さん戦争まけたんで, お母さん手ブラで焼けだされ, お母さん手塚の家, お母さん手紙でなくても, お母さん折角の思召, お母さん捨てねこなら, お母さん支度が出来たら出掛けましょう, お母さん文子は決して, お母さん新しい半分の, お母さん新聞に出, お母さん日光は一泊, お母さん旦那が何, お母さんよ来, お母さん明けておく, お母さんになる, お母さん昼顔を読んだ, お母さん暮田さんのお立ち, お母さんは去年, お母さん有難うございますッ, お母さん木の実でしょうか, お母さん来るかと, お母さんにお, お母さんをなくしやしない, お母さん次第になるの, お母さん次郎ちゃんですよ, お母さんをうたっ, お母さん歌えよ, お母さん歓迎会にいかない, お母さん正ちゃんがなんか, お母さん此の間書換への事, お母さん此度は橋本さん, お母さん此方へ妹, お母さん民子の姉さん, お母さんでも違った, お母さん気がついて, お母さんやこい, お母さん泣いていた, お母さん泣かんのまけ, お母さん注いでおや, お母さん海ほおずきを買っ, お母さんをお, お母さんという方, お母さん漬物もって, お母さん玄関にどなたかい, お母さん用事ができた, お母さん田舎へ帰る, お母さん留守をお願い, お母さん登波と一緒, お母さん百円ばかり頂戴, お母さん百合の花, お母さん直ぐ帰って, お母さん真に民子は, お母さん砂糖壺を壊しました, お母さん神さまに感謝, お母さん神経にさえ, お母さん私何にも考へ, お母さん私昨夜清之介と喧嘩, お母さん私達お家賃, お母さん私隆達だけで小, お母さんが晴れました, お母さん美しくは, お母さん笑ったやつも, お母さん笹井私労救の人, お母さんが出, お母さん箪笥の鍵, お母さん素裸になっ, お母さんの靴下, お母さん美和ちゃん子供みたいですけれど, お母さんの低い, お母さん自分勝手に面白い, お母さん自家のこと, お母さん自身にも他, お母さんの白い, お母さん苦しいだろう, お母さん落ち着いてください, お母さんはぼく, お母さん薬缶を貸し, お母さん要之助さんそれに友田喜造さん, お母さん誠に御無沙汰を, お母さん警察であばれ, お母さん譲りだけあっ, お母さんのお腹, お母さん貞爾が来, お母さん貴女はこの, お母さん贋紙幣ってどうして, お母さん赤い魚を, お母さん足袋をはく, お母さん遊びに行っ, お母さん達ちゃんが二年出征, お母さん達ちゃん私山崎の小父さま, お母さん達者で屋敷, お母さん配給はぼく, お母さん重三郎が達者, お母さん錢形の親分さん, お母さん長いあひだ, お母さん長崎で生れた, お母さん長生きするよう, お母さん開けて, お母さん隆ちゃん私とリンさん, お母さん靖国の母, お母さん非常時でしょう, お母さん頓服がきました, お母さん顕家親房はほんの, お母さん飛んだ災難に, お母さん飼ってやりましょう, お母さんの所, お母さん馬鹿なのよ, お母さん駕籠は一挺ほか, お母さんをお, お母さんの雛子, お母さん鳴くおたま, お母さん鶯つてこのぐらゐかい, お母さん鹿は口, お母さん黒い細い顔で