青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~お嬢さん お嬢さん~ お嬢様~ ~お客 お客~ お客様~ お家~ お寺~ お待ち~ ~お方
お方~
お松~ ~お母さん お母さん~ お母様~ お気~ ~お父さん お父さん~ お爺さん~ お玉~ ~お礼

「お方~」 2812, 30ppm, 3853位

▼ お方~ (403, 14.3%)

5 お死, めでたく世 4 ありまして, おいでに, お見え, ございます 3 あったら, あんな所, 出て

2 [18件] ああいう, あのよう, ある, あるの, あるん, あれば, いらしった, おありなさる, お迎, 余人でない, 兎の, 入らっしゃる, 十七歳に, 大食や, 居らせられますので, 悪いこと, 私の, 通って

1 [332件] あちらで, あったの, あったらその, あったらイツ何時, あったればこそ, あって, あつて, あの有名, あの様, ありその, ありました, ありましたその, ありましたので, ありましたのに, ありましたらここ, ありましたら御, ありましたわ, あります, ありますよ, ありまする, ありますわい, あるかも, あるじゃ, あると, あるもう, あるン, あろうとは, あんまり判らない, いかにお, いたか, いつか双鶴館で, いなかったら私たち, いらして, いらっした時の, いらっしゃらないので, いらっしゃるでしょう, いらっしゃるならお目にかかろうじゃ, いらっしゃるならば, いられたの, いられたもの, いる, えへへへと, おいで, おいでくだされ, おいでた, おいでで, おいででございましょう, おいででございます, おいでの, おきく様, おっしゃって, おつくり, おひとり, おましてな, おめおめ首, おられまして, おられる筈, お上げ, お使者, お前様を, お吹きなすった, お咳, お在, お姉様, お姿, お宅, お帰り, お年寄り, お持ち, お書き, お目にかかりたいと, お目付役, お立ち下さい, お立ち合い, お立ち寄りに, お立派, お部屋, お金を, かかる奇禍, かかる恥辱, きっとお, きっと俺達二人, こういうもの, ここに, ここへ, ここらの, この七人, この胆吹王国, この谷, この鎌倉, この関所, これで, これほどまでに, こんなところ, こんな酔っぱらい, ございました, ございましたね, ございますか, ございまするが, ござりましたら, ござります, ござりますなら, ござるの, ごらんに, ご出家, ご城下, さむらい姿, しきりと, そなた, そのよう, そのわな, その人達, その塚, その箱, それでございましょう, それでは, そろって, そんなこと, そんな事, たいそう出世, ただいま御門, たった昨夜, たれか, だいいち少しも, ちかごろきゅう, ちゃんと上下, ちょっと瞑目, ていねいに, できた, どうしてあの, どうしてわたくし, どうして八ツ, どなただ, なかつたならば, なさること, なさると, なぜより, なにがしの, ひとたびこうと, ひとりおいで, ふとお, まあ何, まだいられる, まだお, まともじゃ, まぶしくお, みんなそうな, もう一ぺんおいで, もう一ぺんお出まし, もう二人, もう少し親切, やって来られまして, よくおっしゃる, よくまあそんな, よく今, よもや合戦, わからぬなどといふ, わたしの, アメリカから, カーキーの, ズルズルと, テーモ・リンボチェの, ヤマト煮, ヨイヨイや, 一人, 一人も, 一人存在なさる, 一半は, 一口立会を, 上方で, 世の常の, 中津川の, 主任教授として, 主任者と, 乗って, 乘合自動車から, 二三人その, 五六人ゾロゾロ, 人に, 人手に, 今日の, 今更未練, 仰しゃいますに, 何うし, 何かを, 何し, 何の, 何も, 何故なれ, 保証を, 俺達を, 偶然にも, 先に, 先生に, 入らしったと, 全く気, 出直されるまで, 刀の, 別々であろう, 別であっ, 別な, 刺繍を, 前の, 参られるしか, 取つて, 取次に, 吉兵衛の, 吉野に, 名づけ親, 呼んで, 喜びを, 土方先生だ, 在らっしゃるの, 在るかも, 在れば, 変な, 外にも, 多くぜひ, 大勢の, 大谷風呂の, 太守に, 奥から, 女帝に, 好きだ, 妾以外の, 媒人し, 実際に, 少からぬ, 市井の, 幼い者, 彼様なお, 後より, 後見に, 御入要, 御同族方, 御当家, 御征伐, 御息女さま, 御支配様, 御書院番, 御泊り, 御浪人, 御謀反, 御逗留, 心に, 忘れ物を, 懐刀で, 押しかけて, 持って, 探しに, 控へて, 敵の, 料理屋や, 斯う, 旅へ, 日に, 昔は, 昨日悪者の, 書いたん, 有つて, 有るかも, 有名な, 本気で, 本気に, 来て, 来ても, 来ましたから, 来や, 来られた, 案内も, 棒を, 歌舞伎を, 武芸を, 段々商人, 殺されるの, 殿方に, 民間へ, 永く御, 汝ごとき, 江戸へ, 江戸見物に, 沢山おいで, 泊って, 渡られたの, 温順で, 無慈悲でございます, 猟師で, 王宮の, 王様に, 現れたもの, 生きて, 甦るはず, 相談し, 確かに, 私は, 私を, 穢多の, 立って, 立戻っ, 第一位, 筆者を, 美作様だ, 腹ばって, 自分の, 血まみれと, 行くすえ, 行商などを, 見えまして, 見えるの, 見せて, 見てる前, 見る影, 見物に, 読んで, 誰であろう, 謂わば, 貧乏し, 贔屓に, 贔負に, 踉けて, 軍人に, 追福なさる, 通らんければ, 道廳の, 長くて, 陰気に, 雪いで, 雲の, 預けて, 頭巾を, 飛びかかった, 駕籠を

▼ お方~ (364, 12.9%)

3 お前の, どういうお方, どなたです, 御大身

2 [14件] この世に, ございません, ひとりも, やつぱりあそこでたつた, わたしの, 一人も, 何かね, 大歓迎, 幽かに, 御自分, 法王の, 脱走し, 船を, 誰でも

1 [324件] ああいう, あちらから, あなたの, あなたも, あなたより, あなた様の, あのそれ, あの染井, あの闇太郎, ありません, ありませんと, ありませんね, あれは, あんな大きな仕事, いいえあの, いいお方, いくらも, いざ知らず, いったいどの, いつもゆったりし, いつもゆつ, いないかと, いま江戸中の, うとましくも, おいでに, おのり下さい, おめ, おられませんな, おりませぬ, お一方, お三人連, お乗換え, お侍, お偉い, お前様の, お名前, お墓, お尻, お年も, お支度, お歌もし, お歳, お父様, お留守, お相宿, お見かけしない, お見受け申しませぬ, お許しなすっ, からかったり, こういう風, このお, このご, この中, この土地, この広い, この建暦元年, この方, この老, これだ, これより, ございましたが, ございますまいが, ございますまいけれど, ございませんか, ござんすまい, ご婦人, さすが生れ, さっき方怪しい, しじゅうあの大, じつは千代田, その列車, その当時, その時代, その用事, その頃市場, そんな悪い, ただもう, ただ温厚, ちょっと外, ちょっと洒落, つい二三日前, つい先刻, つい先頃, ともかく武蔵様, どうか祭司次長, どうしても火, どうして舞台, どうなさいました, どこか, どこに, どこの, どこへ, どしどしと, どちらへ, どなたかの, どなたで, どなた様です, どんなにお, ない, ないか, ないもの, ないわけ, ない実に, ない額, なかなか御, なく皆, なぜか, なんだか気味, なんだって, なんといつ, なんとなく気持ち, なんとなし, はじめから, ふか川で, べつです, ほんとうに, ほんとに感心, ほんとに私, またとない私, まだお, まだ若い, まづ, まるでずば抜け, みな様そう, みんな宮仕えに, むかし志津ヶ岳の, むかし雨露次と, もうこの世, もうロンドン, もう胆吹, もとわたしの, やっぱし世の常, やはり温かい, やんごとないお, よく御覧, よく知っ, よほど不思議, わが御, わしが, イサベラ様と, セラの, チベットで, チャンタン, ナイチンゲールと, ネパール語で, 一つとして, 一ツ橋様, 一匹一両で, 一座の, 一杯あがらなけれ, 七百五十石お, 世事死生の, 世界中に, 世辞では, 丸山様とか, 丸袴の, 人の, 人形な, 仁愛に, 今では, 今に立派, 今日まで, 今言つた通り單, 他人を, 伊勢の, 何か, 何が, 何せい, 何だろう, 何て, 何も, 何処か, 何方で, 余人では, 余程の, 余程御意, 俯向い, 元来あ, 先年物故なさいました, 先生の, 公爵家の, 出来ないの, 別々の, 別として, 前に, 前の, 十月の, 半信半疑まさか, 古道具屋から, 可愛いお方, 命の, 唄本を, 喜之介様と, 嘲笑いながら, 噂に, 土部さまの, 大層姿, 大空から, 天下の, 天子さまだ, 失礼ながら, 奥に, 女の, 始終石臼, 孔明軍師の, 宴席の, 富強ご, 尾張の, 山で, 巌殿の, 平手様以外には, 年中その, 幾度も, 当大学, 役ノ, 後には, 徒歩でございました, 御免被る, 御勘当, 御叔父君, 御台様の, 御存じが, 御存じで御座いましょう, 御旅行先, 御案内, 御気質峻烈, 御記憶, 御退屈, 御遠慮なく, 徳大寺様で, 徳大寺様と, 徳川万太郎と, 心の, 必ず暴食, 思って, 思っては, 恋人に, 情の, 憑かれて, 手前どもに, 拙者の, 新古今集, 日本人では, 日本橋の, 旧は, 昔の, 書画が, 曾て, 最後の, 有りませんねえ, 有るまいかと, 木には, 本当に厳粛, 本当に天地, 本来少し, 来栖勘兵衛では, 案外な, 正親町様に, 此家の, 此方の, 殿様の, 気味を, 気持の, 気死致しました, 決して女, 決して左様, 沢山無えっ, 泣いて, 湯島とやらの, 源次郎様と, 無いと, 無かった, 無雙, 父の, 独り吾国のみ, 理が, 甚だ少ない, 生きて, 甲府の, 留守であろう, 癒る, 発狂し, 百年も, 皆な, 皆大風の, 皆肇国しろす, 直ぐに, 知らないが, 知りませぬと, 神学博士ヘルシウス・マットン博士でありまし, 神尾の, 神様と, 神通力を, 私たちとは, 立派な, 粥河様と, 美作の, 美濃の, 肥前の, 自然超, 色の, 苦労人の, 蒲田で, 薄化粧を, 親にも, 言葉すく, 誰で, 貴方の, 貴方より, 近ごろの, 違ったもの, 野村望東尼殿じゃ, 金でなけれ, 長寿を, 闇打ちは, 隼人佑殿の, 青年時代ひどく, 非道でございます, 頤を, 頭の, 風が, 駄目で御座います, 高貴な, 麻生農学校の

▼ お方~ (330, 11.7%)

7 ように 6 お顔 5 お名前, 事は 4 お供を, お心持ち, ために, やうで, ようでございます, ようです, よし遊女, 骸を 3 お傍, お声, お屋敷, ことで, ことを, ようだ, 手に, 来て

2 [16件] あとに, いいつけ, お心, ことです, ため, ふところ手, ようで, 事が, 事を, 來て, 側室に, 処へ, 御日常, 御環境, 所へ, 方が

1 [219件] あらゆる希望, ありや, いうこと, いまだに浮かばれない, うわさは, おすすめで, おそば, おねだり, おは, お事, お伴を, お側に, お側にも, お側へ, お出ましでも, お命, お姿, お嬢さんが, お宅, お家の, お家へ, お宿, お心持, お志, お情, お指金, お歌の, お母さまな, お気に, お相手, お眼, お祈りと, お蔭な, お言葉, お話を, お部屋, お館, お髯, かくばかり, ことな, ことについて, ことは, ご家老, ご意見, ご次男様, ご用人, ご身分, そのおそろしい, その腕一つ, それらしき, たまたまな, ためと, ためにも, ところ, ところに, ところへも, とても足もと, なさる事, はずで, は天, は悲しく, ひとりに, ほうで, ほうに, もとへも, ものであろう, ものを, やうに, やつぱりただ人でない, やり口は, やり方が, ようだった, ようであります, ようには, よろづ, フルマイに, 一から, 一と, 一弟子であります, 一部が, 三味線を, 上手に, 下に, 下屋敷である, 不思議の, 乳母の, 事で, 事であろう, 事な, 云うこと, 亡き骸が, 人となりや, 代に, 休んで, 伝記は, 位置は, 佗しかった, 偉さ, 側へ, 其の奥様, 出来ないこと, 切ったもの, 前で, 前では, 力を, 半僧坊, 召し上がるお, 台所口で, 名が, 名は, 名何て, 名前ばかり, 名前を, 命令を, 場合でありまし, 声が, 天与の, 奥さまに, 奥様に, 好意に, 好意にたいしても, 姿を, 宇津木兵馬て, 宝石蔵にだって, 小さい御子達, 屋敷へ, 差金により, 巻いて, 座敷へ, 弟子だ, 御亭主さん, 御俤, 御器量, 御威徳, 御宿所, 御新造に, 御時, 御案内, 御機嫌, 御殿を, 御父, 御病気, 御登山, 御精力, 御身長, 微行とは, 心持ちが, 心理は, 怨みが, 恋した, 意の, 意志の, 愚かな, 愛人として, 態度も, 憎しみを, 成れの, 所に, 手もとに, 手土産を, 手紙を, 手綺麗だ, 打ち明けたお話, 持って, 持つ不可思議, 方ばかりへ, 方へ, 時には, 末とは, 本当の, 本心を, 果して幾人, 根気と, 様子を, 正直さでは, 熱い唇, 父御, 父親とか, 物だ, 生きる道, 生死について, 由で, 目的は, 直接の, 相貌には, 看板でも, 眼でございました, 眼の, 眼は, 碑でも, 福音として, 笑い声も, 総理大臣です, 縹緻と, 耳に, 肌が, 臨終には, 舞台の, 落し胤何の, 行方が, 袂を, 許へ, 証を, 詩を, 話では, 讐討の, 走り使いの, 足の, 身は, 軍勢は, 透視で, 遺子で, 遺蹟が, 門へ, 門口で, 面が, 順番に, 頸足が, 馬の

▼ お方~ (200, 7.1%)

5 相違ない 3 なって, なると, 違いない 2 お会い, お会いする, お尋ねなさる, お目, お目にかかったこと, お目にかかり私, して, ちがいない, 後顧の, 見て

1 [166件] あった, あなたから, あのよう, おすがり, おつけ申す, お任せし, お恥かしく, お恨, お悪い, お母さまの, お渡し, お目にかからせて, お目にかかりましたが, お目にかかれますのでな, お聞かせ申そう, お見知り, お訊ね致す, お話し申し, お話し申せ, お話の, お逢いし, お逢いできる, お電話, お頼みしまする, お願, かけたいと, かような, きいて, くらべられたら途方, ここで, ござりましょう, ご依頼, さげすまれても, ささげて, したところが, じかにお, すぎないの, ぜひとも逢わせ, ぜひ会いたい, そなた, たといどの, たよりたいと, ちがいありません, ちょいと, つつしんでご, ともかく一時政, どうしてお, ならなくても, なられたげなと, なりすましともかく, なりますねえ, もう一度お目にかからなけれ, もう心, ゃけえってめずらしいかもしれません, わたしを, チョット生きうつし, 一度あなた方, 一度お目にかかった, 乱暴な, 二百年前かなりの, 云うの, 付け狙われるお, 代えて, 仮にちょいとの, 会うたわい, 会おうと, 会ったの, 会われないの, 伺えば, 似あわず猜疑, 似合いましょうや, 似合ん, 何とか御, 何とも恐入ります, 何もかもお告げ, 係り合って, 保護を, 俺が, 候や, 僕たちの, 出られたが, 出会ったの, 出現され, 初めて, 初めてお, 劣るまい, 助けて, 助けられて, 十二単衣を, 取って, 叛いた, 可愛がられたと, 変な, 失礼です, 就いては, 山津主様が, 山田が, 差上げて, 差上げまするには, 従いて, 思って, 恋を, 悪い人, 悲しい思い, 想われながら, 愛されて, 感謝し, 憎まれま, 戴いて, 手が, 抜けかわり藍丸国, 捉まる, 捉らえられ, 捕まって, 断る間, 昔すてきな, 来て, 森様という, 比すれば, 水を, 無礼千万, 申しました, 申し上げようかと, 申し訳が, 白状し, 百四十年前に, 相違ご, 相違ございますまい, 着て, 礼を, 私は, 紛れない, 縋って, 義理が, 考えて, 落籍か, 見えぬよう, 見えました, 見えるかな, 見破られて, 診察し, 詰まらないお話, 貰うと, 貴様の, 貸すと, 躑躅ヶ崎の, 身を, 近づくべき身分, 逢えぬため, 逢えば, 逢って, 違い御座いませぬ, 違い御座いません, 違ひございません, 遺恨が, 邪な, 金を, 釣合わぬ, 鉄槌を, 長く社, 限って, 限られて, 靡きましょう, 頼まれたと, 頼まれて, 頼まれまして

▼ お方~ (132, 4.7%)

15 ござります 5 あつた 3 いらっしゃいます, はござりませぬ, 私も 2 ことに晩年, ござりました, 何んと

1 [97件] ああさよう, あつて, あのへん, あらう世, あらせられましょう, あらせられるの, あらねば, いらせられました, いらっしゃいますか, いらっしゃいますこと, いらっしゃいますね, おわしました, お変りに, お目通り, お若, お茶屋へなどは, げしょう裁判沙汰, げすな, このお, この額, ござって, ござりまし, ござりましょう, ごぜえます, さ, さいきん, しかも日本, すら御, せう, せうそれに, せうそんな, その時, それは, ちょっとの, ついに一度, つかつかと, どちらかと, な名主様, ねあなた, はござりませぬそれだけ, はござりやせんか, まさに聖人, また果して真に, やはりここ, よく先哲, わしらを, チブスで, 中にも, 中学の, 主家は, 今巡礼, 今年数え年十四歳武芸の, 今日チベットの, 仙洞御所への, 何の, 何事に, 何処の, 元来あの, 入らっしゃいましょう, 其きり跡の, 厶りました, 厶る, 和歌や, 士族さんだ, 大人で, 奥様も, 妻帶を, 寔に, 後生だ, 従来から, 御出家, 御座りやす, 御性格, 御親切, 恩に, 文学の, 既にインド, 旧知の, 本当に此, 本当に親切, 此の, 武芸に, 殺生禁断の, 現在この, 相済みません, 知ってる家, 神さまとまで, 神君家康公にとっては, 私どもの, 維新に, 芝居で, 萬助という, 落語家さんには, 誠に私, 近まわり, 陰陽師の, 高野山

▼ お方~ (114, 4.1%)

53 が, そうで, な 2 そのお方, ぞ, と思い込ん, と思う, なア, よ

1 [88件] かえ, かその見知らぬ, かそれから, からおれ, からさ, からだ, からとうとう, からどこ, からな, からね, からよし, から一, から二学期, から大丈夫, から己, から御機嫌, から時々, から私, から謝まれ, から違う, か存じません, か悪い, か知っ, か知らない, か知れない, か聞い, がこんど, がどうして, が世, が今度, が拙宅, が身持, が随順姉妹, けれどこの, けれどもわたし, けれど馴れる, しこの, しわが, し和田, そうだ, そうでおざりまするで, そうでございます, そうですね, そうで御座います, その何, そんなにまで, ぞなも, つたから, という評判, とうけたまわっ, とは夢にも, とは思ひませんでした, とは知っ, とばかし思つて, とばかり存じ, とばかり思っ, と云, と云っ, と今, と存じました, と尊, と御, と思, と思いました, と思っ, と思った, と思つて, と思ひました, と悦ん, と承知, と種々, と考え, と言っ, と言った, どこの, なもや, ねえ, むしろそういう, わ, アよ, ッて, 今日は, 何ぞと, 侍も, 其の娘, 怖いお方, 最う五十五六, 袖で

▼ お方~ (106, 3.8%)

5 あつた 2 ありまた, ございましょうが, 私の

1 [95件] あった, あって, あつて, ありましたが, ありましたっけ, ありましょうが, ありましよう, ありますので, ありまするけれど, あり又, あり対米英戦, あり註文, ある, あるかも, あるしの, あるそう, あるひ, ある一方, あろうに, いかいこと, いつ切通し, いなかったのに, いらっしゃる, おいでや, おりまする, おわそうな, お出でに, お嫌い, こちらに, このわたくし, ございました, ございましょう妾, ございます, ございますからね, ございますやう, ございませうし, ございませんよ, ござれば, ご存じない, ご機嫌, し, そうして出来た, そうな, そこに, そなた, たしかどこ, ただ一人は, どうぞそのままで, なるほど人, またその, また私, もうこっち, もう十八, もてようという, やっぱり穢多, やつぱりこの桜桃の, やつぱりこの櫻桃の, コロリと, 一カ月せっせと, 亦御, 伊那の, 何処へも, 俗の, 前後に, 勝負が, 勿論必要, 喜之介という, 大変な, 存じませぬわいな, 存じません, 宮の, 少い, 少からずある, 御一緒, 御出府, 怖うは, 斯様に, 有りますけど, 格子を, 氣の, 決して珍しく, 申して, 盲目であった, 矢張り竜神さんでございます, 知ろうはず, 祝福を, 稀でございます, 老いては, 行方不明に, 親一人子一人, 言って, 認めて, 踊りなさい皆さん一緒, 運の, 阿波まで

▼ お方~ (104, 3.7%)

2 お話を, ご相談, 一緒に, 聞いて, 見て, 親しくお話

1 [92件] あなたが, いうから, いうが, おっしゃいますの, お二人, お交際, お前との, お察し, お打合せ, お見受け申し, お見受け申す, お遊び, こうお尋ね, この方, この時, ご懇意, ご推察, どんな事, なられると, なる, はじめてお, ひそかに, ふつ, ぶらぶら歩い, わたしたちとは, コリャ添や, 一緒なら, 世間知らずの, 二人で, 二方で, 云うの, 交際わ, 仮りの, 住めない以上, 信じ切って, 出して, 口を, 同じ場所, 同じ湯, 同席した, 喜之介という, 契った冥利, 存じて, 存じましたから, 存じまして, 存じます, 存じますが, 存じます左, 尊敬いたし, 巡り逢い身, 御一緒, 御懇意, 心に, 心得ます御, 思います脚半, 思う, 思うたが, 思って, 思つてを, 思はれまするので, 思われますが, 思われるのみ, 承り憎しみ, 水の, 清盛との, 狎れて, 申さなければ, 申しましたの, 申しましても, 申し上げなければ, 申すこと, 申上げ, 男惚れし, 相乘人力車, 知ったら手紙, 約束を, 結婚する, 縁談が, 聞くとお懐かしゅう, 聽い, 行きました, 見える, 見たが, 見ますと, 話合った, 誰が, 貴方の, 踊る光栄さ, 逢わせて, 選ばれたという, 頼んで, 顔を

▼ お方~ (97, 3.4%)

3 すりゃア 2 お助け, お泊め申し

1 [90件] あなたは, あやまらせたの, いとしい人, おたずねし, お入れ申す, お前に, お呼びし, お手, お招き, お父様, お見捨て, お貰いなすったら, お迎, お送りし, お連れ, このまま, この冬, この突きあたり, ご介抱, ご存じで, ずいぶん取逃がした, そなた, そんな目, たたすけて, たぶらかして, だれだ, つれて, どうかしよう, どうして女神様, なんとなく毛嫌, はなして, よもお, わがもの, わたしの, 下へ, 世にだしたい, 云うが, 介しお母さま, 介して, 何んと, 侍婢かなんぞの, 俗に, 出すやう, 助けてこそと, 同書に, 嗜いたらしい, 坊主坊主と, 大変好かれた, 天下の, 失敗らせた, 好きです, 婿殿にと, 存じませんが, 守りこなたへ, 客に, 幾人も, 弁, 後鳥羽院と, 得て, 怨んだり, 手軽に, 振りすてて, 捨てる世の中, 探して, 探し出して, 探し当てました, 擒に, 敬愛し, 数えて, 斬ったら私, 斬れと, 横取りしよう, 此方へ, 残念でございました, 汝らが, 知って, 知ること, 粗末に, 粗相とは, 総理殿下の, 見たらお, 見たん, 見ると, 見れば, 訪ねて, 護り立てて, 軽蔑など, 連れて, 除いては, 首座に

▼ お方では~ (85, 3.0%)

6 ありません, ない 5 ございません 4 ある 3 ございませぬ, ございませんか, 無いか 2 あつた, ありませんよ, あり此, ございませぬか, ないかと, ないよう, ないわたし, 決してない

1 [39件] ありこの, ありますが, ありますまい, ありませぬ, ありませぬぞ, ありませんか, ありませんでしたから, あるが, あるけれど, おざら, ごさ, ございますけど, ございますまい, ございますまいそんな, ございますまい幸内, ございますものの, ございませぬわたし, ございませんそんな, ござらぬか, ござらぬかな, ござんすまいね, ちょっとお気づき, ないか, ないかという, ないさ, ないと, ないの, ないもし, ないッ, ない今, なかったらしい, なかろうか, なくまつりごと, なくむしろ, なく足腰, よもあるまい, 御座いませんか, 決してありません, 無いの

▼ お方でございます~ (72, 2.6%)

987 こと 32 かそれとも, かな, な, なあ, のね, もの

1 [33件] あのお, え, お嬢様が, かえ, から, からお, からさだめし, からわたし, から幕府, から懇, から気苦労, か女, か甲州, か神尾様, か馬乗, があなた様, けれどもその, しそこ, ってね, と一当り, なその, ねえ, ね此, ので, もう御, ものねえ, わ, わねそれ, 多分江戸子, 御本名, 昨晩は, 立派な, 裏の

▼ お方です~ (61, 2.2%)

854 から 2 からこの, から何, から私, の, もの, よ

1 [32件] かとお尋ね, かと訊きます, からかかる, からそうした, からひとつ先生自身, からキャプテン, から二三度, から今, から先ず, から吠え, から引受け, から貴方, が, があまりに, がお, けれども剣, けれど好き, けれど戦, こと, し, し無学, ってね, な, なあ, ねえ現在自分, のよ, ものね, ものねえ, よここ, よこわい, わい, わねえ

▼ お方~ (56, 2.0%)

9 のだ 7 んだ 6 のでございます 3 ので, のでございましょう, んです 2 ことが, のであろう, のです, んでございます

1 [17件] のかも, のさ, のでいくら, のでいます, のでしょう, のでなんだか, ので人, ので問題, ので安土, ので御, ので油断, ので精神的, のに, のにも係らず, のに四十七歳, のね中, のよ

▼ お方には~ (43, 1.5%)

2 かれこれうるさく

1 [41件] あるか, おなじくつかえます, お怪我, お目にかかって, お目にかかりたくない心持, お覚え, ここに, このよく, ご家族, その真実, それ相当の, それ相當の, できませんやはり, とても向きません, ぶっつからないのよ, 一理窟こね, 世間が, 些とも, 何となく変, 何よりご馳走, 何より御馳走, 判りますまいが, 却ってしも, 参られぬ所, 呑み込みにくい, 多分に, 奥さまが, 宜しゅうございます, 少しも, 昔お, 決して楽, 猿の, 相当に, 相違ない, 石舟斎様は, 私は, 義の, 誰か, 逢われないの, 違いなかったでございましょう, 随分知る

▼ お方たち~ (38, 1.4%)

2 は洒落, は私たち下賤

1 [34件] から千何百両, から御馳走, から聞い, がそれ, がたくさん, がてんでに, が決して, だけで, ではありますまい, ではございません, と共鳴, と資本, にはどこ, にはほとんど, にもまた, にも知られ, に感じ, に相違, に足もと, に限られ, の暗, の特徴, はこの, はみんな, は揃つて武勇, ばかりで, ばかりでございました, ばかりを集め, もお, もそれ, もそんな, も余儀なく, も呆れ, を疑う

▼ お方とは~ (28, 1.0%)

4 思はれぬ

1 [24件] いつか詩人の, すばしこくお, どなたを, 交際も, 同門でございました, 変ったなされ方, 夙にお, 夢にも知, 存じませなん, 存じませんで, 思わなかった, 思わなかったお, 思われぬ, 思われませぬあなた様, 想像し得ない, 気が, 申されませぬ相州さま, 知らず先頃, 知らなん, 私の, 聞いて, 見えない, 語らうこと, 違います

▼ お方じゃ~ (23, 0.8%)

2 ありません, ありませんか, アありません

1 [17件] ありませんかね, ありませんな, ありません米友さん, いっそわたし, ございませんか, ございませんもん, そうに, ない, ないか, ないぞ, ないわ, ないわいなあ, なかろうと, なくて, なし, 此処へ, 若殿の

▼ お方~ (22, 0.8%)

3 存じませんが 2 それを, どちらへ, 存じませぬが, 西洋の

1 [11件] おや, どういう行列, よく訣ら, わたくしよく, 一度お, 但し御, 何という, 是非お, 知らねえけれど, 知りません, 覚えません私

▼ お方さま~ (20, 0.7%)

5 にお 2 のお

1 [13件] か知りません, があっし, じゃア, だお, とあっし, のお世話, の側, は, はこの, は只今, よりも御, をお, をね

▼ お方でした~ (20, 0.7%)

1 [20件] か, かあなた, から, からこの, から活かし, が, がお, が奥様, が私, けれど強い, じゃ, な, ね, の, ので, のでその, のにそれでも, のに栖鳳先生, のねえ, わ

▼ お方でも~ (20, 0.7%)

1 [20件] あってな, あの古, ありますから, ありますまい, いいせめて, おへん, お年を, お手本に, ございました, ございません, ごぜえ, そのよう, ないいわんや, よい, わたしは, 其処は, 右衛門さんとは, 木津では, 見送りに, 貴顕へは

▼ お方から~ (18, 0.6%)

2 お取次

1 [16件] いただいて, お声, お声がかり, お銭の, こういうよう, なにも, チベット語の, 伺いますると, 奥様に, 女そのまま, 密, 密書を, 手紙一本で, 特に焼い, 賜は, 頼まれたの

▼ お方なら~ (18, 0.6%)

1 [18件] いいけれど, かくかくで, この土地, この老人, ばこんな, ば伊之助, ば数日前, ば私, わたしあなたを, 一人残らず, 墓が, 御存じございますまい, 松の, 江戸に, 甚吉には, 私は, 私もうなんにも, 私達の

▼ お方でございました~ (17, 0.6%)

2

1 [15件] か, からあの, からその, からむげ, から御, か知ら, がこの, がそれ, けれどもこの, けれどわたくし, な, のでその, ので次第に, のにやや, ゆえ恨みを

▼ お方かと~ (12, 0.4%)

3 思って 2 申し傳 1 云うの, 存じますが, 思ったら存外, 申しますと, 申し伝えられる御方, 申し伝へて, 申し伝へられる御方

▼ お方である~ (12, 0.4%)

1 [12件] かない, かは, かまるきり, がその, が同格, ことなりは, だけにそういう, とこういう, と私, と言う, はずだ, を全く

▼ お方にも~ (12, 0.4%)

1 [12件] お目にかかって, お目にかかり不知哉丸さま, たれときやす, どうする, もう逢えぬ, 一方ならず, 似合は, 娘御, 御心配, 御異状, 気の毒だ, 退屈なれ

▼ お方~ (11, 0.4%)

2 あんたはん一つお 1 からかま, から涙一滴澪, すこし渋皮, ない, なかった, 与力の, 弦之, 若いお方, 身分の

▼ お方こそ~ (9, 0.3%)

1 ほかならぬ南, 俺達六人に, 前に, 山城守道三様に, 本当の, 神様に, 秀吉公の, 誰方様にも, 鎌倉一の

▼ お方~ (9, 0.3%)

1 おっしゃって, おもどしし, お聞かせしたかった, ご奉公, とんだ御, 帰って, 御奉公, 手紙を, 近寄って

▼ お方でございましょう~ (8, 0.3%)

421 がな, どうか

▼ お方ばかり~ (8, 0.3%)

21 でございますし, でしたら実に, です, ですから, ですな, なの

▼ お方~ (7, 0.2%)

1 いとしい事, なさけ深い, 一人だけ, 乗り換えの, 懐しいお方さま, 若いに, 逢いしなければ

▼ お方だろう~ (7, 0.2%)

21 かと改めて, がなんと, とお雪ちゃん, と思っ, ね

▼ お方でない~ (7, 0.2%)

2 ことは, ということ 1 からここ, 不思議の, 浅井の

▼ お方とも~ (7, 0.2%)

2 出入りを 1 どういう御, 存じて, 存じませず, 存じませんで, 見えない

▼ お方~ (7, 0.2%)

1 かもわかりません, がみな, でご, へえてんでに, やまた, よ眉, を下

▼ お方~ (6, 0.2%)

1 までごぜ, まで一時, まで只今, ような, ア殺すなら, 大甘

▼ お方であった~ (6, 0.2%)

1 かということ, がこれ, がその, がため, という事, という関係

▼ お方でありました~ (5, 0.2%)

1 からお, からただ, から苦しい, がその, のでそんな

▼ お方でいらっしゃる~ (5, 0.2%)

1 が御, し友さん, それとは, というお, のにあろう

▼ お方であろう~ (4, 0.1%)

1 かということ, とは存じませな, と断じて, な

▼ お方という~ (4, 0.1%)

1 ことであります, ことな, ことを, のが

▼ お方より~ (4, 0.1%)

1 わざわざ下された, 主人長崎殿へ, 入り込ませられた者, 悪人でも

▼ お方~ (4, 0.1%)

2 がお, 思ふ事

▼ お方この~ (3, 0.1%)

1 お二方, 伊勢守に, 馬大尽の

▼ お方さうな~ (3, 0.1%)

3 がどうして

▼ お方だけに~ (3, 0.1%)

1 お願いする, くやしさ, 届くところ

▼ お方だった~ (3, 0.1%)

1 けれどわたし, のでご, のです

▼ お方だって~ (3, 0.1%)

1 おありでしょう, ぽっくり明日, 木でも

▼ お方~ (3, 0.1%)

1 やけど, やでの私, やなう

▼ お方であり~ (3, 0.1%)

1 ながら日本, ながら貴方, 母や

▼ お方でございまし~ (3, 0.1%)

1 てあれ, てこころよく, て大僧正様

▼ お方でござんした~ (3, 0.1%)

21 ね敵

▼ お方でしたら~ (3, 0.1%)

1 かえって幸い, その身分, わたしは

▼ お方でしょう~ (3, 0.1%)

1 か, それでさえ, ねこんな

▼ お方で御座います~ (3, 0.1%)

21

▼ お方として~ (3, 0.1%)

1 そのころ, では, 従前から

▼ お方なれ~ (3, 0.1%)

2 ばたとえ 1 ども妾

▼ お方に対して~ (3, 0.1%)

1 かならず不足, 奉行所としても, 賢弟などと

▼ お方はな~ (3, 0.1%)

2 こんなぼく 1 お旗本白旗小左衛門様

▼ お方はん~ (3, 0.1%)

1 がお越し, とやったら, は皆別嬪

▼ お方ほど~ (3, 0.1%)

1 女にかけては, 学問の, 知って

▼ お方らしい~ (3, 0.1%)

1 が旅, ところが, やはり矢島さん

▼ お方あなた~ (2, 0.1%)

1 のお, は何

▼ お方あの~ (2, 0.1%)

1 お嬢さんも, お邸

▼ お方かは~ (2, 0.1%)

1 存じませぬが, 知りませぬが

▼ お方かも~ (2, 0.1%)

1 知れないけれど, 知れませぬ

▼ お方これ~ (2, 0.1%)

1 はどうも, は悲しん

▼ お方そう~ (2, 0.1%)

1 なが, 云う人

▼ お方それ~ (2, 0.1%)

1 がかえって, に相違

▼ お方であります~ (2, 0.1%)

2

▼ お方でござる~ (2, 0.1%)

1 か, かな

▼ お方でなく~ (2, 0.1%)

1 お嬢様が, ッちゃ

▼ お方でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば只今, ば有野村

▼ お方でのう~ (2, 0.1%)

1 てはなかなか, て私

▼ お方とか~ (2, 0.1%)

1 で上品, 言うの

▼ お方とやら~ (2, 0.1%)

1 で三十, 申すは

▼ お方など~ (2, 0.1%)

1 あの娘盛り, ひとりも

▼ お方なども~ (2, 0.1%)

1 ありまして, ありやつ

▼ お方にと~ (2, 0.1%)

1 つては, つても

▼ お方に対しては~ (2, 0.1%)

1 まことにお, 階級が

▼ お方~ (2, 0.1%)

1 あなたという, とても頭

▼ お方はね~ (2, 0.1%)

1 この笛, 少しわけ

▼ お方はやく~ (2, 0.1%)

1 お落とし, と仰っし

▼ お方へは~ (2, 0.1%)

1 いつもの, 貴僧からも

▼ お方ゆえ~ (2, 0.1%)

1 いろいろご, 御一存

▼ お方をも~ (2, 0.1%)

1 いやしい穢多, お愛

▼ お方失礼~ (2, 0.1%)

1 だが, な事

▼ お方學問~ (2, 0.1%)

1 はえらから, はゑらからうとも何

▼ お方~ (2, 0.1%)

1 ぞんじ, 家来衆や

▼1* [156件]

お方ありはしない, お方いま直ぐこの, お方いろいろありがとう存じます, お方うちには入院, お方おれのかんげ, お方お出でになる, お方かさえも御存知なさらぬ, お方かつては我が, お方かなどというが, お方がたをこいつら, お方くらい美しい紅, お方ぐらい本当に御, お方この小さな私の, お方さえあるのに, お方さえもまるでそう云う, お方さお前さんでなければ, お方しかし欠点は, お方じかに返事し, お方じゃかそれを, お方じゃと思い込んで, お方じゃとの噂に, お方すら仲に, お方ぜひお目にかかりとう存じます, お方そういうお方が, お方そうしたお方にも, お方そのくらいな, お方そのものだな, お方そりゃ早うせぬ, お方それゆえ現金は戴かず, お方それ極熱じゃ, お方そんな事だろう, お方ぞと戒めながらも, お方たち以上の立派, お方たっしゃかい, お方たとえ毎晩そちの, お方だけあって, お方だけの固有名詞の, お方だったら殊更に, お方だつたらしく思はれます, お方だつたさうでその御, お方ちゃあんと, お方ぢゃかそれを話さなけれ, お方ったらないわ, お方であってすら時, お方であったらどんなに世の中, お方であればこの, お方でございましたさうでこのお寺, お方でございましたら何んで, お方でございますやろけど, お方でございますればすぐ, お方でござったか, お方でござろうかの, お方でござんすか, お方でもと思うのに, お方でやすな, お方で御座いましたからもし, お方というはもしやあの, お方といふものは, お方とがあって, お方としかみられなかった, お方としてはまことに珍しい, お方とだけをここでは, お方とて犬死は, お方とのみ存じ上げて, お方とへこのよう, お方どうかほんとの, お方どうして私などが, お方どうしてもはなしたくないわ, お方どんなお方です, お方なぞはあれから, お方などは古の, お方なら存じて居ります, お方なればって奥さま, お方なんかどこにも, お方なんぞは一人も, お方にだけして, お方についてほんのわずか, お方にとっては何一つとして, お方になんぞと首を, お方にまで耻を, お方にゃ逢えは, お方に対するあなたの, お方ねえなどと言うと, お方はの葡萄大谷の, お方ばっかりだったら苦労, お方へだけは差し上げること, お方へばかりはお前は, お方まで共にわめきなされ, お方までがしたり, お方もう一人は, お方もうすっかり種が, お方もござりますそうで, お方もござりますれど若い, お方もござりませんのでもうまったく, お方やら一向にわかりません, お方やらと思って, お方ゆえ何でもすがっ, お方ゆえ大事と思う, お方ゆえ娘よ和女, お方ゆえ我慢をなすっ, お方ゆえ武芸に達し, お方ゆえ泣附いて, お方ゆえ親父の位牌, お方ゆえ近臣に勇ましい, お方よと密かに, お方らしく私も, お方らしく云われぬ威厳を, お方らしく見えるわたしが, お方らしゅうございますこと, お方わたくし共にお, お方わたしは存じ上げません, お方をこそ我が王国, お方をと思うん, お方ア山さゐるん, お方グレシアの悲壮劇, お方すると女, お方ハルピイアイが糞, お方リッパハの駅, お方一代の誉れ, お方一個が狡く, お方万太郎様や釘勘, お方不幸なお方, お方までの非礼, お方八百屋の勘定, お方占いしましょうたった, お方只今は, お方同士で下, お方は申さぬ, お方大事にお世話, お方失敬だが, お方な人, お方学問はゑらからうともどうで此方, お方実はきらひどす, お方巷間の伝え, お方愚僧の申しました, お方をあげ, お方昨日ある処, お方東浦賀で侠客, お方には特に, お方のお方, お方死なれるのかしら, お方死ぬので, お方の弱い, お方済みませんがそこ, お方の束, お方発明で美人, お方神尾の殿様, お方も是, お方の上, お方はどうにも, お方蝙蝠の鳴く, お方誰かが一旦, お方遊女風情のこの, お方違うかな, お方重役のお方, お方間違だろうから