青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~おられた ~おられる おられる~ ~おり おり~ ~おりました おりました~ ~おります おります~ ~おる
おる~
~おれ おれ~ ~おろし おろし~ ~おろした おん~ お上~ お世話~ お互い~ お供~

「おる~」 4440, 43ppm, 2710位

▼ おる~ (870, 19.6%)

1198661 であります 57 じゃ 50 です 42 である 27 では 24 でございます 16 ですが 13 だから, だが 8 でござる, ですから, は 7 だろう, を見 6 だぞ 5 じゃから, だな, でありますから, であるから, であろう, でございますよ, ですよ, で御座います 4 じゃな, じゃよ, でありますが 3 かな, さ, じゃろう, だと, だよ, だろうと, でありまして, ですか, ですからな, を見た

2 [21件] かしら, かも知れぬ, がその, じゃそう, じゃそれ, じゃぞ, じゃっ, じゃない, じゃろ, だろうか, であるが, であると, であろうか, であろうと, でございますか, でございますが, でござるよ, でした, は必ずしも, は諺, もその

1 [194件] かあたふた, かこんな, かその, かそれで, かっ, かと, かとも自分, かとわらっ, かどう, かのう, かもしれない, かもしれぬ, かもしれませんじゃ, かも知れない, かも知れません, かわからぬ, かわかりません, かッ, か泣い, か見, があの, があります, がある, がいい, がええ, がお, がご, がすなわち, がなに, がフォン・ゾン, が五, が分別, が厭, が唯物論者, が堂上, が多い, が大西洋航路, が山一, が怪しい, が感じられます, が戦闘主力, が月夜, が沢山, が画, が自然, が舎弟, が茶人, が見えました, が見えん, が見ゆる, が関西, じゃあ, じゃい, じゃがこんな, じゃがそれ, じゃがただ, じゃが間に合わせ, じゃたわけ, じゃまちがい, じゃもし, じゃろうところで, じゃわい, じゃわし, じゃッ, じゃ万, じゃ婆さん, じゃ孔夫子, だい, だからな, だそち, だて, だで, だのこのこ, だまだ, だもの, だ口上, だ幾らお前, だ日本人, だ馬鹿, であった, であったが, でありますけれども, でありまするが, であるけれども, であるそ, であるぞ, であろう気, でございました, でございまして, でございましょう, でございましょう迎えに, でございますけれど, でございますぞ, でございますという, でございまする, でござるか, でござろう, でしょう, でしょうがナ, でしょうし, ですかな, ですからなあ, ですさきほど, ですぞ, でなくては, でなく後, でも, で御座いますが, とこれら, と我が国婦人, と高慢, には感心, に違い, はあんた, はいかが, はお, はおもしろい, はかかる, はかなしむべき, はこの, はせがれ, はそりゃ, はそれ, はどう, はどういう, はなお, はなおさら, はまことに, はまちがい, はもとより当然, はわたくし, は一個, は一種, は丹下左膳, は交換局, は伊豆蔵人形, は何と, は何ゆえ, は俗界, は先頃, は千浪, は各地, は壯観, は外国条約, は大岡殿, は天一坊, は妖怪, は娘, は媽祖, は小学, は小野氏彦, は山影氏, は幾人, は怪しから, は本心, は浜田寅之助, は無礼, は相, は真, は私, は秘書官閣下, は竹童, は誰, は貴様, は辛い, は辛抱, も, もおのれ, もこれ, もまぎらわしい, ももっとも, もよい, も判らん, も大儀, も弟子, も忠義, も気, も知人, やらわし, をおもしろ, をご存じ, をちゃんと, を取っ, を幸, を御存じ, を救う, を殿, を知らん, を見かけました, を見れ, を認めまし, を買っ, 町人共の, 至りなり

▼ おる~ (322, 7.3%)

18 よい 8 いい 3 これは, よかろう 2 いずれも, ええ, これと, そのお, その余, 何と, 十中にて, 如きは, 明日に

1 [272件] ああ此処, あったに, あの痴漢, あの長談義, あの陣容, あらましは, あるもの, ある人, あれのみは, あれも, あわよくば宮方, あんなお, あんな漢, いいところ, いいわし, いかんせん冀州一円, いつか袁術は, えらいもの, えらい鍛冶, おのれの, おれの, お前たちも, お富士教, お方これは, お気の毒, お汝, きっとあれ, きっと行っ, きょうの, こういう理化学品, こうなった, ここ何十里一軒の, このところ, このどじょう, このへん, この先, この厳戒, この書, この浜村, この碑, この節欲たる, この際, この頃, これが, これで, これとても, これにて, これも, ごときも, ごとき病状, ごとき隣家, ごとくおらざるが, ごとくに, ごとく見ゆるは, ご承知, さては, さればと, しんから, すこしお, そういうやつら, そちは, そち達は, そのほか, その上, その中, その信, その倅, その出所, その唖男, その方, その方共, その贋, その顔, その風体, そもそも汝, そも何者, それが, それだけ, それでは到底, それでは思い出され, それでは罪業, それでも朝廷, それでも貴君, それともに, それに, それも, それを, ただ変らぬ, たといそれ, ためです, ために, ちょうどわが国, つい江戸, とてもそんな, とにかく浩然, とりあえず自分, どうした, どうしてこれ, どうも去年, なお景勝, なにしろ先生, ひとたび堤, まあよかろ, まことの, まだお婆さん, まだかつて苛政, まだ先祖, まだ大将, まだ拝姿, まだ民, まだ見えん, まだ鎌倉表, まだ首, もうこの, もとは, やはり最大縦線, よいという, よい寄手, よしこれ, よっぽどおまえ, よもやそうで, よろし, わけてこの, イヤさすが, シナより, トント喧嘩せぬ, プラトンアリストートル, 一旦の, 一歩播州へ, 一階建ての, 上の, 不断の, 両親は, 並の, 主水, 九州の, 五歳はじめて, 井戸掘りは, 人物らしい, 仁孝の, 今こそ, 今でも, 今の, 今回は, 今度の, 今更, 他に, 以前は, 伊勢武熊は, 何か, 何せい老齢では, 何も, 何よりも, 何を, 何故いま, 余は, 俺も, 元来不自然, 先刻筮竹を, 先生には, 全くその, 出発の, 判断力という, 前後の, 勝利は, 十分より, 右乳の, 君の, 君金を, 咄嗟の, 器量の, 四十三年である, 四十九日の, 国が, 国許は, 場合が, 太刀筋は, 姫山の, 宅地住居が, 宗門と, 実にその, 実は神経, 実際江戸ッ児, 家中の, 家老共は, 左様である, 左様な出たら, 延髄の, 当人は, 当家の, 彼と, 彼は, 後には, 後世この, 御三家の, 御家中, 心配する, 念の, 怖うなった, 怪我でも, 感服だ, 成立つと, 或いはそう, 戦場と, 戻ったら拙者, 手伝い人の, 拙者は, 掃滅され尽した, 故に必ずや, 斉彬であれ, 新思想, 新旧の, 旅籠もちと, 昔は, 昨年来当, 時々出, 時雨堂の, 朝皆が, 本家の, 本誌以外に, 柳沢吉保に, 根津あけぼのの, 梓君が, 武州秩父郷にて, 毛利と, 汝が, 江戸っ子は, 江戸の, 法を, 猶念, 生国は, 生物に, 甲斐守の, 疑わしい, 盲目であった, 直弼の, 相違あるまい, 真直ぐに, 知らぬ父, 秀吉が, 秀吉には, 秀吉は, 第十五国会, 緋縮緬の, 総ての, 罪人が, 美濃路へ, 群を, 義と, 老人気短か, 職人が, 肝腎かなめの, 肩には, 脚の, 臍が, 自体大器でいらっしゃる, 自慢との, 至極平然と聞い, 茶も, 落合うところ, 落第生の, 衆口は, 貝塚時代の, 賊軍の, 近ぢ, 近頃ある, 達者だろう, 配偶の, 隋は, 領民たちまで, 頬の, 高が

▼ おる~ (274, 6.2%)

9 すれば 5 いう, 申すか 4 いっても, みえる, 申すの, 聞いて 3 いって

2 [12件] いうて, いうに, いうので, 思います, 思いますが, 思うて, 思えば, 申して, 申す, 申すこと, 考えると, 見えるな

1 [212件] あらば, あれは, あれば, いいました, いいますきに, いうからには, いうが, いうぞ, いうだけの, いうでは, いうと, いうのに, いえましょう, いかん, いつも横合, いわれて, いわれるか, うけたまわる息女, おだてあげた, お伝えあれ, お前一人の, お思いなされます, お武家さん, かえって油断, きまったわ, こうして松の木, この山寨, この心, この竈, この調べ書, これも, さまざまな, しましても, しようか, じりじり致す, すこしは, すること, すると, するならば, せっかく参った, そこらに, そのなか, その人, その側, その方, その由, その発句, それだけでも, それだけの, それでも車掌, そんなよう, だんだん自己, とんでもない, なおるもん, なすの, なん, ばかに, ふたりが, また土寇輩, まるで保養, まわりの, みえる狂人, みゆるの, むくむくと, もう齢, よろしく伝え, わかりましたらいずれ, オレの, ガスタンクが, 一人の, 一刀の, 一刀両断だ, 中国の, 乾くよう, 云うぜ, 云うなら俺, 云うの, 云う自覚, 云ったけんどさ, 云われて, 五郎左にも, 亡き御方, 他人の, 他日精神に, 仰せられた由, 伊勢詣り, 伝えて, 何か, 何となく力, 何も, 何時の間にか己, 何百万円です, 信じ蕃地, 信ずべき理由, 健やかに, 偵察の, 先生は, 其方どもは, 其許は, 円光の, 力強いで, 医科大学の, 口から, 叱られますぞ, 右馬介の, 同じ事, 同時に棺, 告げると, 咽喉が, 坪井山の, 垣根の, 変だ, 夜半に, 奥で, 女など, 好いがね, 存じます, 実に無遠慮, 寧子を, 小さなお, 川っ, 床の, 後ろ指を, 心持が, 思う, 思うか, 思うかよ, 思うが, 思うと, 思え, 思ったら何, 思って, 思ってる内, 思わるる僧侶, 思われる, 戸外は, 承わっては, 時代が, 案の定, 汝に, 深い感動, 狸は, 生徒の, 用捨せぬ, 用捨は, 申しその, 申したが, 申したでは, 申しますか, 申しますが, 申し伝えい, 申し伝えろ, 申すから, 申すで, 申すでは, 申せ, 疲れは, 真しや, 知れた場合, 知れては, 確かに, 答えました大胆, 築泥, 老師は, 考えても, 考えます, 聞いたが, 聞いたに, 聞いたの, 聞いたらそれ, 聞えては, 聞きおよぶ, 聞きさては, 聞きその, 聞きよそながら, 聞き一見, 聞き及びそうろう, 聞き及んで, 聞き彼, 聞き薬, 聞く, 聞く政子どの, 胸が, 自然に, 見えまして, 見える, 見えるのう, 見た, 見て, 見ゆるな, 見ると, 見るは, 見流して, 言うかと, 言って, 言っとるが, 言ひ放ち, 言われたが, 訴人あっ, 話して, 話声が, 認めて, 認めるが, 誰も, 賊の, 近いうち, 面白い処, 頭の, 頼もしくなっ, 魔情が, 鶏廉狼貪, 黒い素袍

▼ おるもの~ (165, 3.7%)

11 ですから 86 である 5 と思われる 4 です, では, を 3 だ, であります, にご

2 [14件] あり, かと存ぜられまする, がある, じゃ, だな, でも, とみゆる, にし, に相違, はござりませぬ, は彼, は決して, もある, を何で

1 [86件] あるが, かね, がそんな, がまた, が久延毘古, が名作, が多い, が更に, が精神, が運動, じゃのう, そのへん, たとえ御, だそう, だと, だという, だのう, で, であった, であるかの, であるから, であること, であるわい, でご, でございます, でございますから, でございますが, でございますゆえ, でござる, でござるが, でござろう, でさえ, でしょう, ですわ, でなくて, でなければ, で斉彬公, で殊に, で誰, とお, とおもわれまする, として信じ, とそれ, とみえる, と同じ, と思い, と思われます, と承, と私, と見, と見る, と観, などの中, なら段々, なり, なるは, なるべく今, にちがい, には一層, のご, のよう, の所業, はあるいは, はそんな, はほとんど, はわれら一両人, は一人, は一人溝壑, は一割, は人, は家相, は民族的競争, は狐狸, は甚だ, は精神, は西園寺公, は鼬, やらそれとも, よのう, らしい, をやっ, をわたし, を一々, を殿, を鉄砲, 故わしら

▼ おるよう~ (156, 3.5%)

17 です 4 だが, ですが, では, なわけ, に, に思う 3 だ, であります, でありますが, なもの, な始末, な気, に思われます 2 じゃが, で, で御座いますが, ないないと, な次第, にも思われる, に思われる, に見える

1 [78件] じゃ, じゃから, じゃの, じゃのう, だから, だな, だの, だ今晩, でありある, でありますから, でありますけれども, である, でご, でございましたが, でございます, でござる, ですから, でどかないの, でなければ, で判って, で御座いましたが, な, なこと, なところ, なに, なの, な人物, な人間, な仕業, な受取証, な呑気, な商業制度, な女, な心, な感じ, な有様, な気持, な熱心さ, な状態, な男, な私, な腰, な茶碗, な訳, な詩, な間がら, な陰気, な霧雨, な顔, な風, にあまりに, にいたせ, にご, にし, にそういう, にとの仰せ, になる, にの, に予, に分れ, に固定, に存ぜられます, に彼ら, に心得る, に思われた, に敵, に町人, に私, に私たち, に総, に考えられます, に見, に見えた, に見せ, に見られます, に見受け申し, に言いつけ, のもの

▼ おること~ (143, 3.2%)

4 がある

2 [17件] ができます, さらに疑い, じゃ, だ, だから, だが, だろう, であります, であろう, では, なれば, になっ, になる, はない, もある, やら, を

1 [105件] あらば, からみ, から大いに, があったなら, ができず, ができた, ができない, ができぬ, がもう, がわかる, が出来なかった, が出来ぬ, が勿体ない, が多い, が少ない, が手, この父, さえ彼, じゃろ, じゃろう, すら密か, ぞ, だか, だろうに, である, でか, でご, でございましょう, でございましょうよ, でございましよう, でございますから, でございますゆえ, でわれら探題職, で間違い, と, とある, と信じ, と察し, と思われまする, と知るべきだ, なく朝, なぞありました, などもあり, なども話した, なり, にした, にします, になった, になり, に都, は, はあの, はいい, はおった, はおります, はかの, はき, はそち, はできん, はよく, はわし, は一様, は今更, は出来ませぬ, は危険, は断じて, は明白, は申す, は私, は芸一方, は親, は誰, ほど私, までも何一つ, もござりましょう, もちろんなり, もない, も今, も南町奉行所, も知らず, ゆえすぐ, ゆえ常時, ゆえ自分, よ, よくお, をそっと, をみます, をよもや, をハッキリ, を今更, を利用, を察しうる, を心得, を愚僧, を朧ろ, を申す, を発見, を直感, を知り, を知れ, を考え, を良人, を解, 多しと, 残らず申せよ

▼ おるから~ (133, 3.0%)

32 して, じゃ, それを, でございます, です, 大丈夫じゃ, 臨機応変の

1 [116件] あれに, あれを, いいかげんに, いけない, いけないという, いったの, うとうとと, おもにバラモン, おれが, お母さんの, かかる誤りたる論, かねて, きくの, きっと後, ここの, こまかく説明, こらえに, これより, これを, こんなこと, こんなもの, じゃ社会, そう泣い, そこ迄, そちらは, そのうち, その手, その旅商い, それでも尋ねたい, たとい他人, つまり人口五百人, であります, である, でございました, とても破れない, どう間違っ, どこかへ, どちらを, なまぐさ坊主, ふと見る, ほかへ, また厩, まっ先に報道, めくらなぐりに, もういささかも, もしその, もったもの, ものの良し悪し, よい若人, わしが, わしの, グランドホテルの, サキイワウすなわち, ロシア人は, 一も, 中の, 丹波に, 了解る, 云い聞かせて, 伊勢参りだ, 伝言せよ, 何もかもが, 余の, 余は, 先輩たる, 刀を, 取り替えて, 喜兵衛と, 夕飯を, 外へ, 大声を, 子供まで, 己も, 店賃も, 引込まれる, 彼らは, 往った, 御縁, 必ずこの, 必ず君, 手前味噌ながら, 挨拶も, 故郷に, 教えて, 数年の, 日を, 日常は, 早晩天子と, 民の, 気楽に, 汝は, 決して愕, 泣きを, 涼が, 渇きしのぎに, 申すまでも, 男役は, 皆まで, 益々取り立て, 神川なり, 私に対しても, 稀には, 笞でも, 簡単に, 結果は, 聞いて, 腹が, 自分の, 自然と, 船島まで, 藩の, 謀られるとは, 賊の, 追い返したが, 非常に, 頭からは

▼ おる~ (109, 2.5%)

4 じゃ, だが, でございます, もある 3 だ, であります, です, は 2 か, がある, ぞ, だから, だぞ, で, でござるが, はない, は誰

1 [63件] が, がいました, がそうコロコロ, が多々, が歌, じゃけに, すらある, だと, だ宰相, でありますが, であり然, でご, でございますが, でございますどうか, でございます私, でござる, では, でも, で今日これ, といずれ, とはかねがね, とはこの, とは日常, と太刀, と思わね, と見, ならどちら, なりお, にいる, にすぎません, にちがい, にてもなかなか, には贔負, にみつかった, に光, に大切, に渡し, に申せ, のある, のため, の手兵, の精神, はいかにも, はいったい, はそで, はたとい, はわれら, は何, は側, は僅か, は大, は少ない, は張飛, ばかりじゃ, もあろう, もおじゃる, もございます, もない, も呼びもどせ, も少く, をたより, を神様, 豈軽々しく

▼ おる~ (100, 2.3%)

18 相違ない 11 ちがいない 4 違いない 2 はおるが

1 [65件] あらざるか, あらざる以上, およばぬと, かかわらず夢, かかわらず御, かかわらず悪魔, きまっておる, ことば実に, しても, すぎず政治家, すぎない, すぎないの, すぎぬから, すぎません, その下, そばの, ちがいございませぬ, つけ込んで, なおかかる, なぜ返事, なにゆえに, なんでそち, はおったがのう, はおりましたが, はおります, はおりますが, はおる, グッと, 一同申し合わせ, 一朝宮方, 依って, 兄一人が, 反し後進, 口ぎたない罵詈, 古の, 同じ, 吾れ, 変な, 妻は, 幽玄清澄の, 忍びない, 拘わらず一般市民達, 拘わらず婦人, 東洋諸国では, 止る, 汝一県令の, 沙汰の, 湯に, 目を, 相違あるまい, 相違ご, 相違ございません, 相違ござらぬ, 相違なき, 相違なけれ, 過ぎぬ, 過ぎぬの, 過ぎません, 過ぎませんから, 過ぎん, 違いありますまい, 違いございません, 違いなかろ, 違い有りません, 非じ

▼ おる~ (73, 1.6%)

92 どうか, 知らんが, 聞いて

1 [58件] いずれそういう, おらなくとも, おらぬか, おらぬかを, こんな所, ご存じかの, さすがに, そこの, そちは, その者, そりゃア, それとも外出, それは, そんな場合, たしかな, たわけ, どうかと, どうかは, どうかを, わからぬ, ッ加賀宰相の, 一ツ大いに, 一同は, 人生と, 凡ての, 分らないが, 分らないの, 分らぬ事, 判らへんよ, 勝負に, 即日の, 否か, 奈良を, 存ぜぬが, 密かに, 巣鴨の, 幼年の, 徐々行りおる, 折も, 斎宮斎宮, 死んで, 消息の, 王は, 生れた子, 知らぬが, 知らんの, 糺して, 細川頼春, 考えて, 聞きたださぬと, 花世花世, 行って, 見て, 親を, 責めろ, 貴公とう, 陸軍兵部大輔という, 髯の

▼ おるという~ (72, 1.6%)

6 ことだ, ことを 5 ことは 4 ことです, のは 2 ことが, ことな, のが, のじゃ

1 [39件] ありさ, ありさま, ことじゃ, ことでございます, ことでござる, ことに, こと身を, こと身を以て, ところに, ところより, のだ, ので, のであります, のである, ような, ように, 一事実を, 事は, 仏蘭西の, 仕儀か, 光景を, 口の, 噂を, 場合では, 妖気の, 安心の, 張任とは, 惨めな, 意味で, 批難において, 有様である, 様な, 点を, 状態であります, 独身者さ, 現実を, 短が, 話じゃ, 風に

▼ おるところ~ (72, 1.6%)

54 でございます 2 じゃ, で, でござる, です, ですが

1 [53件] お見う, からである, から噴出, から通称, がござろう, が君, ご迷惑, じゃで, じゃと答えた, じゃよ, じゃ作造さん, じゃ私, そう気遣いせぬ, だが, だったの, であった, であります, であるが, でございますが, でございます御, でした, ではあります, では申し兼ねまする, でもあります, でもし, なら平凡, にある, にしかない, にもともと, に立っ, に食べる, の, のしかして, のもの, の二羽, の同志多数, の大, の大学, の娘, の感覚, の早稲田大学, の訓戒, はあたかも, はどう, は無, へその, へゆきかかっ, へ往, をお話し, をみる, を見, を見る, を見れ

▼ おる~ (59, 1.3%)

136 じゃ, です 4 じゃない 2 じゃあるまい, だが, だよ, である, ですが, ですよ

1 [18件] じゃが, じゃが何処, じゃぞ, じゃよ, だえ, だそう, だって, だて, だな, だ午前六時, だ毎日なに, でございます, でございますの, でござんす, ですか, ですから, ですぜ, では

▼ おるので~ (58, 1.3%)

8 ござります 2 そしてその

1 [48件] いつ召し戻される, お迎えいたし, がすよ, ここの, ござりましょう, ござりまする, して, そのままらしい, その人間, その腹心, その角兵衛どの, それを, つい顔, どうにも困る, どこへ, はござりませぬかな, わしも, わし達も, 一遍に, 万承知じゃ, 世界には, 五六日そこへ, 何ぼう奥が, 元寇, 先生の, 口が, 吉田の, 吉良の, 和議の, 国元から, 失礼なれ, 市会でも, 手が, 手ッ取り早く, 支那人は, 柴田から, 案じること, 浅野稲荷と, 無断で, 猿は, 生産用役の, 百も, 眼うつり, 腹が, 自分は, 諸侯の, 頭巾の, 頻りにそれら

▼ おるそう~ (53, 1.2%)

145 だ, だが 3 ですから 2 じゃ, だな, で, であります, です, ですが

1 [14件] じゃから, じゃが生れ, じゃが貴殿水戸, じゃな, じゃない, だから, だつい, である, でご, でございます, ですな, では, ないい, やな

▼ おるのに~ (39, 0.9%)

1 [39件] あいつらこの, いまさっき日ぐれ, おん許には, お甲, すぐそれ, そちの, そのこけ, その暇, その目, それだけの, それに, それを, つむりを, どうして奥, なぜ答えん, まだ分らん, まだ寝ない, 人の, 今から, 何とて大王, 兄者ひとりが, 先生は, 又電車, 呑気らしゅう, 国民にたいしては, 安定城は, 庭を, 庭面へなど, 母上が, 気附いた, 漢室の, 無礼であろう, 直義は, 突然目先, 素見かすという, 貴様たちは, 貴様たち一向, 足音一つ人声半分聞かんじゃった, 飾窓に

▼ おるうち~ (38, 0.9%)

2 いつの間にか中, にふと

1 [34件] から羽柴藤吉郎, たちまちこの, におきましても夢, にそこ, にその, にどう, にはははははじ, にやっと, にようやく, にわたくし, に一度, に万一, に二, に写生, に勅使, に寺子屋, に居所, に峰先生, に幾たび, に彼, に御, に明治七年, に時, に真に, に私, に首, の興味, はそう, はっと武術, は写生, ふと刀鍛冶, ふと当の, やっとこの, 同じく開校準備

▼ おる~ (33, 0.7%)

1 [33件] あそこは, かつは, この後, その他の, ただいま門人, なおいつ, なにを, またそういう, もっと贅沢, わけも, キリスト教の, 一期の, 一部で, 主人殿なら, 事件の, 仁侠寛懐な, 何う, 出て, 十蔵三平の, 天智大友天武の, 工場に, 庄吉も, 形から, 御老中, 斉彬公の, 方法は, 日ごろの, 暇を, 武力では, 矢は, 自由な, 行けと, 調べて

▼ おる~ (32, 0.7%)

42 だし, になっ

1 [24件] だけど, で, であります, でいらっしゃるか, でございましたが, でございます, でもちゃんと, なの, なので, にある, にござんした, にし, になった, にならない, にはいり込ん, には私, にも似たる, の子供等, の間, は, ゐして, ゐに, をあずかる, をお

▼ おるわけ~ (29, 0.7%)

3 です, でも 2 だな, であります, では

1 [17件] がある, じゃない, で, である, でございますが, でござるが, ですが, ですよ, でなくって, にはいかない, にはまいりません, にはゆかぬ, には参りませぬ, にまいりませぬ, はございませぬ, はござりませぬ, はない

▼ おるはず~ (28, 0.6%)

43 だが 2 じゃ, はない

1 [17件] がない, じゃがこの, じゃがそれ, じゃがなぜ, じゃ出し, だがと, だのに, で, であるのに, でございます, です, ですが, どうしてあい, なの, のお, の者, はねえ

▼ おるかと~ (25, 0.6%)

2 いうに, いえば, 思えば, 案じて

1 [17件] いうと, きついご, ふと試み, 勿論暇, 呼んだ, 存じます, 察しられます, 思うと, 恐ろしいお, 感じた, 申しますと, 申しますると, 申すと, 知って, 聞くから, 言って, 訊かれたこと

▼ おる~ (25, 0.6%)

1 [25件] そちが, そのほう, どこまでも, よけれども, 其許も, 千々岩安彦なり, 各週別の, 如何, 妙なり, 小倉庵の, 弟の, 弟子の, 必ずわれわれ, 憂いの, 播州の, 晴天の, 本望で, 某の, 畢竟早く, 皆様御, 菊女殿か, 近頃珍重, 釣天井じゃ, 雨蛙草の, 魏の

▼ おるとは~ (24, 0.5%)

1 [24件] いうものの, いえ二心, ちと大物, どうした, もってのほかな, 不届きな, 不愍な, 以ての外の, 何たる逆賊, 何と, 何の, 嘘では, 奇ッ怪千万, 存じますが, 御重宝, 思わない, 楠木党に, 毛頭感ぜませぬ, 申されません, 申せ竹中半兵衛重治, 知らなん, 誰が, 近ごろの, 随分気楽

▼ おる~ (24, 0.5%)

3 恐れ我が 2 見て, 見ても, 見る

1 [15件] 人これを, 存じおるか, 岩田村役場の, 打ち止めなされよ, 明らかに, 欲せず, 知った上, 聞きこれ, 見ざる一事, 見たり, 見つけこれ, 認め一本, 認め全力, 認め恐れ, 認め猟師ら

▼ おるとの~ (21, 0.5%)

4 こと 3 ことに

1 [14件] お言葉, ことじゃ, ことじゃが, ことじゃった, ことで, ことである, ことです, 事じゃ, 事です, 御意に, 注進で, 由, 由に, 評判あれ

▼ おる~ (21, 0.5%)

2 である

1 [19件] お分り, があります, がそこ, が全く, が十年以上予, が多い, が宗教的, でなかったら決して, ないしは特殊科学, に, にはここ, の一行, の耳, はどう, はやはり, もある, もいずれ, も原句, も富

▼ おるかも~ (20, 0.5%)

4 知れぬ 3 知れん 2 しれぬ

1 [11件] しれぬが, しれませぬ, しれませんな, しれんから, 判らないぞ, 判らん, 判らんな, 知れぬが, 知れぬに, 知れませんが, 知れんが

▼ おるじゃ~ (20, 0.5%)

12 ないか 2 ありませんか, ねえか 1 そうしてニコリ, でどうか, によって天一坊, ねえですかよ

▼ おる~ (20, 0.5%)

3 がある 2 の室

1 [15件] だ, ではない, にいさせ, の位置, の線, はいかにも, は丘, へ這入っ, や金, より数町, をその, を見る, を観, 多し, 故せめて

▼ おる~ (19, 0.4%)

2 よい, 移ること

1 [15件] はっきりした, また同感, よし, よろしい, 他の, 同然ゆえ泥棒は, 如何, 心は, 感情に, 所在ない, 消息の, 番士の, 要するに信長公, 計れずいやいや, 諸家の

▼ おるその~ (18, 0.4%)

1 [18件] お方が, はずだ, 一人は, 一条のみにても, 下を, 人の, 外交の, 思い上がりが, 恐ろしさ, 犬は, 眼つきは, 短刀を, 磯五の, 者共早う, 薪のう, 道の, 面白そう, 類の

▼ おる~ (18, 0.4%)

2 じゃ, じゃが, はない

1 [12件] がない, じゃ追, だその, だ大阪, であります, です, ですから, ですが, では, のもの, の許婚, もない

▼ おる~ (17, 0.4%)

2 わしの

1 [15件] おるぞ, ここの, これには, そちも, っ, よってね, ッ, 人が, 怪しからん, 来おるぞ, 汝が, 確かに, 腹巻に, 貴様が, 近ごろの

▼ おるとか~ (17, 0.4%)

1 [17件] あの大, あるいはどういう, いろいろの, ちらと, で性来臆病, やれ今に, 信雄は, 内蔵助殿が, 又は近く, 捨ておいては, 水が, 申しまして, 申す者, 竜王様の, 聞いたが, 聞いて, 聞くお

▼ おる~ (16, 0.4%)

1 [16件] がある, が真に, が間々, でたびたび, と古代文明国, と地下茎, と存じまする, と思いし, はよく, は出来ませんでした, は吾人, を御覧, を知っ, を認め得べし, を説きし, 必ずとも

▼ おる~ (16, 0.4%)

1 [16件] でありますから, でありますの, であるから, でない, ではない, でもありますれ, で奈良, で自分, なりき, には御, に横絲, に正義, に汝, のこと, のよう, はつまらん

▼ おる~ (16, 0.4%)

2

1 [14件] にそぞろ, には必然, にも二階, にレオナール, に冬, に即日, に山伏ども, に恐ろしき, に着せかえ, に肥やし屋, のヨブ, は敵, は目, もめったに

▼ おる~ (15, 0.3%)

1 [15件] がいる, じゃった, だ, だが, で, でござる, でご存じ, でしたがね, でそれ一方, のおまえ, の体, の顔, は少う, は顔, より

▼ おるこの~ (14, 0.3%)

1 [14件] こけ猿, アメリカの, 品な, 国の, 天国の, 寝ぼけ小僧, 折衝に, 拙者の, 男は, 画は, 筑前かよ, 軽輩だけ, 霊窟は, 鰹が

▼ おるとも~ (13, 0.3%)

2 いう

1 [11件] おらぬとも, わが事, 今日の, 大丈夫だろう, 子を, 申しそえて, 知って, 知らぬげに, 聞えこの, 身支度を, 魂は

▼ おる~ (13, 0.3%)

1 [13件] が至る, である, でへ, でべつに, に本領, のもの, の庭先, は病人, へガラリ, へ最前ドブ, もある, を何, を見る

▼ おるけれども~ (12, 0.3%)

1 [12件] これが, それを, 人間は, 又記す, 古来真言の, 心の, 患難を以て, 日本の, 普通に, 本来は, 獺から, 生涯貧乏で

▼ おるため~ (12, 0.3%)

1 [12件] かく隣国, こうしておととい, そうやすやすとは, そんな保守的, だという, ついお目にかかる, と思われまする, なり, に不便, に大きな, に於弁, に村重

▼ おる様子~ (12, 0.3%)

2 です 1 か, だが, であったが, であります, でございまする, ではない, なので, なれば, に相, を見る

▼ おるとき~ (11, 0.2%)

1 [11件] じゃア, である, には夢, にもきわめて, にもよく, に何人, に夢, に夢みる, に敵, はどこ, は後に

▼ おるやも~ (10, 0.2%)

3 知れぬ 2 知れん 1 しれぬご苦労, しれませぬゆえ, はかられませぬ, 測られませぬゆえ, 知るべからずである

▼ おるかを~ (9, 0.2%)

1 すでにその, たずねたるに, 感ぜざるを, 知らんと, 知るを, 示して, 見ざるを, 解しない, 認識し

▼ おるつもり~ (9, 0.2%)

1 か, かの, だが, だよ, でありますが, でございます, でござるに, です, ですから

▼ おるには~ (9, 0.2%)

1 あらじ, いいかも, いま私が, おりますが, このこぞうめ, はやく地蔵様, 何ぞ劃策, 侍を, 家の

▼ おるのみ~ (9, 0.2%)

1 だ, で, であるけれども, でしょう, なの, ならず今, ならず如何なる, ならず私, ならず穀物

▼ おる~ (9, 0.2%)

1 でござるぞ, にあの, についに, にもお, に三々五々, に三匹, に俺, に力, に格別

▼ おる以上~ (9, 0.2%)

1 はおそらく, はこれ, は常に, は拙者, は更に, は自殺, は長安, わが主君, 種々その後

▼ おるほど~ (8, 0.2%)

1 その度合, それに, だ, ますます好き, 不思議な, 生きがいと, 面倒な, 鶴雄は

▼ おるゆえ~ (8, 0.2%)

1 ぎょッ, そのままおい, ちょくちょく出入り, にやわれら, べつだんな, またまた拝借, よも無二無三, 忘れずに

▼ おる~ (8, 0.2%)

1 が多い, でも見, におります, の婿, は, へ引っ越した, も見えず, を一廻り

▼ おる次第~ (8, 0.2%)

2 でございます 1 しかるに只今, であります, でありますが, でご, でござる, です

▼ おる~ (7, 0.2%)

1 ぬし, 人が, 味方を, 堂じゃ, 経です, 許の, 鷹匠を

▼ おるだけ~ (7, 0.2%)

3 じゃ 2 です 1 だ, であって

▼ おる~ (7, 0.2%)

21 エ, 口の, 当ておる, 種を, 若い者共

▼ おる場合~ (7, 0.2%)

1 か, が多い, ではあるまい, ではない, においてさえいつ, においてすら決して, をすべて狐

▼ おる~ (7, 0.2%)

1 じゃ, だから, でございますがんぜない, でございます生れたところ, として, なので, なのに

▼ おるかの~ (6, 0.1%)

3 ように 1 たれ死, ような, 感を

▼ おるなど~ (6, 0.1%)

1 これは, ご寵用, ほかでは, 不埒な, 信じられんこと, 奇怪な

▼ おるにも~ (6, 0.1%)

1 かかわらずその, 何も, 係わらず蟇, 当るまいて, 拘わらず日本, 拘わらず種々

▼ おるばかり~ (6, 0.1%)

1 だと, で, である, ですから, ですが, でなく武州小川

▼ おるやら~ (6, 0.1%)

1 うっちゃって, どうでも, わからないだろうそう, 死んだやら, 知れぬ, 鵯を

▼ おる~ (6, 0.1%)

1 じっとし, だがあいつ, はっははは, ふな, 何度聞いた, 爺

▼ おる人々~ (6, 0.1%)

1 が秀龍, だ, です, のこと, の生活, をもやはり

▼ おる場所~ (6, 0.1%)

1 があるまい, であらね, はもそっと, へ参りたい, へ図々しく, より鬼火

▼ おるあの~ (5, 0.1%)

1 すぐ側, 宝章に, 容子は, 小供, 馬鹿重臣共を

▼ おるくせ~ (5, 0.1%)

1 にその, になぜ, にわれ, に何, に分らぬ

▼ おる~ (5, 0.1%)

2 うだ 1 いちゅうでござろう, ね, 心配しなさんな

▼ おるなどと~ (5, 0.1%)

1 あらぬこと, 思わんで, 申し奉って, 聞えては, 胸の

▼ おるものの~ (5, 0.1%)

2 如し 1 ここを, これは, ごとくその

▼ おるやつ~ (5, 0.1%)

1 がある, だ, である, ならなおさら, をやっと

▼ おるやに~ (5, 0.1%)

1 伝えられて, 思われます, 考えられます, 聞きました, 見られまする

▼ おるわし~ (5, 0.1%)

1 の心中, はそれ, は少し, もまだ, も世話

▼ おる事実~ (5, 0.1%)

1 が数多く, であります, は果して, を, を徹底的

▼ おる人間~ (5, 0.1%)

1 じゃ, の魂, はいない, もずいぶん, を三つ

▼ おる~ (5, 0.1%)

1 がある, きさま, でご, にちがい, 休んで

▼ おる~ (5, 0.1%)

1 いいこと, そこで考え, と見, またまた八人, 起き出でて

▼ おる~ (5, 0.1%)

1 が透屋, であった事, である, ないや, を目撃

▼ おるこれ~ (4, 0.1%)

1 が私, は先ごろ, は海上, も困る

▼ おるしかし~ (4, 0.1%)

1 あんなやつ, わしは, 人民は, 石には

▼ おるぞと~ (4, 0.1%)

1 不思議に, 云うお尋ね, 報せて, 書いて

▼ おるだけの~ (4, 0.1%)

1 ことです, ようです, 事は, 袁許禁厭じゃ

▼ おるなと~ (4, 0.1%)

1 お黙許, 察しては, 意識できる, 納得せず

▼ おるなり~ (4, 0.1%)

1 ああ帆船, されど余, 人数およそ, 走ると

▼ おる~ (4, 0.1%)

1 こんな中, でお, にある, は何

▼ おる人物~ (4, 0.1%)

1 かね, だ, です, ではない

▼ おる~ (4, 0.1%)

1 で, で広言, にて急, にて流し

▼ おる~ (4, 0.1%)

1 七が, 坂の, 天狗である, 痴け

▼ おる~ (4, 0.1%)

1 じゃなし, だ, なの, は奥

▼ おる始末~ (4, 0.1%)

1 じゃ, です, ですから, でな

▼ おる~ (4, 0.1%)

1 子息の, 息女は, 用金預り, 趣意から

▼ おる~ (4, 0.1%)

1 だが, です, にございまする, 承わり見あらわして

▼ おる~ (4, 0.1%)

1 さ, であって, には参りません, には行かない

▼ おる~ (4, 0.1%)

1 がある, じゃ, じゃたれ, もある

▼ おるかは~ (3, 0.1%)

1 この爺い, 楽屋から, 知らぬが

▼ おる~ (3, 0.1%)

21 じゃが調所殿

▼ おるすい~ (3, 0.1%)

1 もさみしかろ, やく, をする

▼ おるせい~ (3, 0.1%)

1 か, かつかれ, だ

▼ おるだけに~ (3, 0.1%)

1 こんどの, 過ぎぬ, 過ぎませぬ

▼ おるとかいう~ (3, 0.1%)

1 ことじゃ, ことで, 話じゃ

▼ おる~ (3, 0.1%)

1 そろそろ参る, 出羽に対して, 駒形の

▼ おるなどは~ (3, 0.1%)

1 いよいよ以, わが国において, 実に寸益

▼ おる~ (3, 0.1%)

1 否やなど, 否や受合い申さず, 早速にも

▼ おるより~ (3, 0.1%)

1 伯爵にでも, 新九郎ッ兄の, 長寿の

▼ おるよりは~ (3, 0.1%)

1 お台所, さらりと, ましで

▼ おるわい~ (3, 0.1%)

1 どうした, の, 天蓋無住の

▼ おるをもって~ (3, 0.1%)

1 その目的, 本職は, 用意の

▼ おるを以て~ (3, 0.1%)

1 名けたのであろう, 着物を, 詳細は

▼ おる~ (3, 0.1%)

1 の二老臣, の絵凧, の者

▼ おる~ (3, 0.1%)

1 その夫人, にも時, へはいり

▼ おる姿~ (3, 0.1%)

1 が現われ, のよう, もなかなか

▼ おる拙者~ (3, 0.1%)

1 さよう, であって, としては自分

▼ おる~ (3, 0.1%)

2 はない 1 を持とう

▼ おる有様~ (3, 0.1%)

1 である, です, を一目

▼ おる正太郎~ (3, 0.1%)

3 を取ち

▼ おる~ (3, 0.1%)

1 で吾輩, にかけてはわたし, は同

▼ おる~ (3, 0.1%)

1 は想像, を, を見

▼ おる~ (3, 0.1%)

1 にすっかり, の心, を

▼ おる自分~ (3, 0.1%)

1 の従弟, の金, を顧

▼ おる証拠~ (3, 0.1%)

1 じゃ, だ, でのうて

▼ おる通り~ (3, 0.1%)

2 ととさん 1 この一七日前

▼ おるあいだ~ (2, 0.0%)

1 が人生, にお

▼ おるあれ~ (2, 0.0%)

1 であります, を呼ん

▼ おるおれ~ (2, 0.0%)

1 は後見役, は江戸

▼ おるお前~ (2, 0.0%)

1 が愛し, も後

▼ おるお客~ (2, 0.0%)

1 が御, を誰

▼ おるかという~ (2, 0.0%)

1 ことを, 点を

▼ おるかなどと~ (2, 0.0%)

1 あるので, 此方の

▼ おるからと~ (2, 0.0%)

1 いつも申し, 思います

▼ おるからな~ (2, 0.0%)

1 それであいつ, ところがイワン

▼ おるからは~ (2, 0.0%)

1 お前の, 千年以前より

▼ おるくらい~ (2, 0.0%)

1 なの, なんだ

▼ おるけれど~ (2, 0.0%)

1 その身体, 尚お

▼ おるだが~ (2, 0.0%)

1 これは, まあ怒らない

▼ おるどころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ おるのみか~ (2, 0.0%)

1 ここの, 今も

▼ おるほどの~ (2, 0.0%)

1 店じゃけに, 者で

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 にすし, には

▼ おるまで~ (2, 0.0%)

1 なの, 踏んで

▼ おるゆえ今夜~ (2, 0.0%)

1 にも明日, は当所

▼ おるよし~ (2, 0.0%)

1 にござりまする, をたった

▼ おるわが~ (2, 0.0%)

1 叔父も, 甲軍が

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 お奉行, て書い

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 じゃ, だ

▼ おる一人~ (2, 0.0%)

1 かと自負, である

▼ おる事柄~ (2, 0.0%)

1 が芸術的, においても深い

▼ おる二人~ (2, 0.0%)

1 の心, の方

▼ おる人人~ (2, 0.0%)

1 というもの, は私

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 でござる, で別に

▼ おる信忠~ (2, 0.0%)

1 の加勢, の軍

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 であると, なので

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 天満与力の, 武田の

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 のはなし, を退けんかっ

▼ おる北町奉行~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の輩

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 とのお, のお

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 をそえ, を掲げ

▼ おる女子~ (2, 0.0%)

1 でござる, は箏

▼ おる将軍家~ (2, 0.0%)

1 のお, の御

▼ おる少年~ (2, 0.0%)

1 の身, はどこ

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 に右, の腕

▼ おる形跡~ (2, 0.0%)

1 ありとの, がある

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 の水晶球, を兄上

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 のこと, の方

▼ おる所存~ (2, 0.0%)

1 であったと, でござる

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 から或いは, へちょうど

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 が仕合せ, もありましょう

▼ おる最中~ (2, 0.0%)

1 にヘルツ, に廃止手当

▼ おる柳生~ (2, 0.0%)

1 の暴れ者, 新介

▼ おる模様~ (2, 0.0%)

1 でご, でございますが

▼ おる母親~ (2, 0.0%)

1 を御覧, を諭された

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 がせな, である

▼ おる水戸~ (2, 0.0%)

1 の臣, の藩士

▼ おる独楽~ (2, 0.0%)

1 をわし, を当方

▼ おる玄徳~ (2, 0.0%)

1 の弟, は同

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 がついてる, にアア

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 でござるから, にお

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 二の, 十五国会において

▼ おる者ゆえ~ (2, 0.0%)

1 そのつもり, 何かと噂

▼ おる者共~ (2, 0.0%)

1 だ, は今日

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 を見ます, 黒い痩せ

▼ おる蔡和蔡仲~ (2, 0.0%)

1 に対して何, の様子

▼ おる~ (2, 0.0%)

1 に, によるに

▼ おる道理~ (2, 0.0%)

1 であります, はない

▼ おる限り~ (2, 0.0%)

1 においてはここ, は頤

▼1* [628件]

おるあいつは幼少, おるあちらに外れある, おるあらゆる宝を, おるありのままの事実, おるあんたは確か, おるあんばいだ, おるいちごは古く, おるいっさいの尊い, おるいや待てうん, おるうち一夜鉄砲で撃たれた, おるうち吉兵衛は国元, おるうち呉一郎が降り来りたる, おるうち日野朝臣のお, おるうち甲州の諜者, おるうち雪之丞, おるうん又四郎か, おるおかしいあるよ, おるおのれ坊主め動くな, おるおまえの義妹, おるおやじがおる, おるおやじめでご, おるお方は長寿, おるお父さんもお母さん, おるお目見得格松井一族をどう, おるお茶人との交遊, おるかい卿が, おるかが未だ明白, おるかしらぬが, おるかしらんた, おるかじゃあ借りるぞ, おるかとさえ怪しまれる, おるからだだ, おるからってびくびくする, おるからなあただあの, おるからには神様が, おるからにゃどこまで, おるからのこれだけ, おるがいかにも窮屈そう, おるがなどうだ, おるがもいちど念の, おるがや燐寸なぞは, おるがんまくという, おるきりだから, おるくらいじゃもの神様は, おるぐらいなんの, おるけしからん記事じゃ君, おるけに徳川も, おるけれどさアリョーシカは, おるげにござりまする, おるこう云って, おるここじゃよ, おるこそ不愍なれ, おることいつでも参られい, おることこれ以上の深入り, おることそちも存じ, おることに依ったら盗賊, おること三十年関西を風靡, おること三年因って, おること告ぐる者あって, おること必定です, おること拙者においては夙に, おること稀なれば, おるこれこれ身どもらは, おるこれ千代其の方, おる信望をも, おるさまは傍観, おるされどその答, おるしだいでございます, おるすかね, おるすしと生, おるすなわちこれを, おるそこの疎林, おるそして彼が, おるそちはいったい, おるそのうえ瓶の, おるそれから黒田どの, おるそれからわしの, おるそれでいいの, おるたびにもっと, おるためおのが悪事, おるため何かは知らぬ, おるため学者はその, おるため空気の圧力, おるため譫言申したので, おるため道具の宿直, おるつまりあの人ら, おるというばかりでした, おるというまでにて一より, おるとおり人間という哀れ, おるとかにて火の, おるとしか思えぬ, おるとして考えて, おるとしても私には, おるとはなんぞ深い子細, おるとばかり限りません, おるどうする気, おるどうか一と, おるどうして魚に, おるどうも不思議でたまらん, おるなぜ柳原で, おるなどという生き方こそ, おるなどとは夢にも, おるなども時々あった, おるなんて世の中という, おるなんでわるいか, おるなんどと今に, おるについては深い仔細, おるにてその服装, おるによってじゃしかも今, おるねといわれるくらいに, おるのでな夜分庭先などを, おるくち打, おるひとつの絶望的, おるひまはご, おるふうだ, おるふりをせね, おるえ, おるまさかに江戸ッ児は, おるまた和歌を, おるまでのこと, おるめずらしい心がけの, おるものこれなし, おるもの七ヶ所あり, おるもの兄弟にてもそもじ, おるもの姓は司馬, おるもんカフエに出, おるやうで第, おるやがて逆意, おるやと思われますれば, おるやの由に, おるやを申し上げたくと, おるゆえあとからかならず, おるゆえこよいは, おるゆえここで御免, おるゆえんだと, おるゆえ創のかたち, おるゆえ寧子様を伴い, おるゆえ年幾日かを御, おるゆえ搏飯あらば, おるゆえ殿さまがああ, おるゆえ考慮のうち, おるよい館は, おるようすにその, おるよりも剃り下ろしたほう, おるわいと微笑みながら, おるわが家の郎党, おるわけあいだからし, おるわと密かに, おるわれらの寸功, おるわれわれは御, おるんでござえんして, おるイヤ邪魔をいたした, おるオランダ解剖の書, おるクモは生れ, おるチョビ安という者, おる笠を, おるナとかえってこの, おるナというこころ, おるランカシアー運河の中, おるの曲輪, おる一万五千石を六十五石, おる一味の者, おる一押司です, おる一条が, おる一番近い親戚, おる三四郎は少し, おる三宅殿お目, おる三草山の砦, おるをいらっしゃる, おる下等動物であります, おる不作法があろう, おる不敵な賊臣, おる不敵さのみならず, おる不浄な皿, おる丑之助という者, おるの多く, おる世の中でもありません, おる世界が唯一, おる中学の旧友, おる中山数馬という男, おる中間でございます, おるとがわずか, おる二つの野路, おる井上大九郎, おる人たちを見る, おる人民が今日, おる人種の中, おる人達も聞いた, おるだ, おる仏性と一つもの, おる仕入れだ, おる仙台のとき, おる以上利他奉公の精神, おる以上斉彬公のお力, おる仮りの住家, おる伊丹城へ送っ, おる伊予橋上手の水面, おる会盟が何, おる会議だの寄合い, おる住宅は焼けずし, おるからなに, おる何卒か貴所, おる余暇をもたぬ, おる余裕を持つ, おる作品にまず, おる佳い作家も, おるの平地, おるの身, おる信用第一, おるを捉, おる個人的な探索, おるが重く, おる傾向あり, おる僧侶に指, おるをな, おる元宵節の行事, おる先君の御, おる先日ここへまいった, おる光景がとてもハッキリ, おる入口あり, おる兵学者へなぜ, おる其の繊細な, おる其処におる, おる其方の観念, おる内二月末ニもなれ, おる内蔵助殿にとって何, おる初瀬の檜原, おる別荘か, おる剛胆傲岸沈着普通人の出来ない, おる劉玄徳の臣, おる勇公というもの, おる勘太という, おる勘定でございます, おる北陸攻めにでも敗れた, おる医書を御身, おる十七の首, おる十兵衛も先刻, おる厄介な家人, おる厄介者である, おる反間苦肉と観, おるの中, おる古老などもあら, おる召使の女, おる台所庖丁人不愍なれば, おる吉田竜太郎と申される, おる同僚が先夜, おる同勢は敵, おるうで, おる呼延灼に如く者, おる和尚様達も他, おる和田呂宋兵衛という賊, おる品そちの手, おる品物をその, おるをいっぱい, おるが勿体なく, おる四十五六歳の男, おるではない, おる地主様では, おる地獄は竈, おる地蔵様のこと, おる坂本も相, おるは幾つ, おる場処を描写, おる場合ゆえ其許とは承知, おる塵芥の下, おるを助けん, おる壮士は汝南, おる多くの凡下ども, おる多人数の通夜, おる多勢の男女, おるでも見, おる大丈夫じゃ, おる大勢どもを語ろう, おる大名の家来, おる大根の肥料, おる天地間の無限, おる太鼓でご, おる女性はたれ, おる女王の感じ, おる奴らではない, おる如何に楽しい, おる姉たちに子どもたち, おる委員諸君は拍手, おるに縛らせ, おるが無礼, おる婦人があります, おるがある, おる子たちは正しく, おる孔孟の教え, おるが沢山, おる安いものです, おる安東高貞をみ, おるを残し, おる客臣付人の衆, おる宣教師を代表, おるに近い, おる家相はさき, おる容子だが, おる宿である, おる寝屋へ戻らぬ, おる寡婦があっ, おる寺僧に聞い, おる頼の, おる将士じゃ, おる将来は大, おる小さき箪笥, おる小さな虫の, おる小野小町のなれ, おる少将どのの家中, おる尠くも時勢の眼, おる尤もそれは, おる尾張様をお, おる居士の右脚, おる屈強な隠密, おる山牢は一面, おる山部主税であるが, おるは躍り立ち, おる市毛甚之丞とこれ, おる師直はやや, おる幕府が異国, おる平家の重宝小烏丸, おる平面ではなく, おる年じゅうぶすくさ, おる年齢をとった, おる海屋に, おる広い大きな窓, おる庖丁人のひとり, おる座敷へバラバラ, おる座頭はしゃみせん, おる弁天の松代, おる体であります, おる当今の国士ぢ, おる形勢と申す, おる形容の枯槁, おる彼三宅木ベエこそ世, おる彼等の衣服, おる御仁もあります, おる徳川方の部隊, おるじゃ, おるの紐帯, おる心もちがよく, おる心理は吾人, おる心算か, おる忠次や直政, おる忠節な男, おる忠通に敵対, おる急進派とがきっと, おる怪物らの頭, おる恐ろしい決死の, おる悦之進がことば, おる悪い癖じゃによって, おる悪僧が衆生済度, おる意義はなかろうで, おる愚か者共じゃろうよ, おる感嘆とか感謝, おるなの, おる我らにとっては一大事, おる所以のもの, おる手前非人風情の差出口, おる指紋法を日本, おる探検隊一行の心中, おる措置法を改正, おる故おれも困っ, おる故これも相違, おる故それへ申しつけ, おる故上よりしたたか, おる故日限を約束, おる故毛皮は鎧, おる故襦袢一枚で乗っ, おる教会を見, おる教団の改革, おる数多の指紋, おるの間者, おる文章が二箇所, おる介から, おる方々です, おる方角でもない, おる於福じゃそう, おる日ごろの誓い, おる日本の家屋, おるひとづてによって, おる早く出さぬか, おる明智主従です, おるの光, おる昨年来のふしだら, おる時世だと, おる時分にふと, おる時遠雷の鳴る, おる智慧がそんな, おる暴力をもつ, おるは原本, おる最上家の仇, おる朋友の者, おる木下殿とまさか, おる木造の寺, おる末吉真吾, おる李逵と決闘, おるへ戻っ, おる村方名主及び五人組近隣, おるに後藤, おるこれからは, おる柿の木がとる, おるのよう, おる棟梁たちや人夫, おる検見役里見新兵衛, おる様子ゆえお出ましには十分, おる横川の和尚, おる樵夫の家, おる機作にもをさ, おるの木, おる正成は, おる此方にたいして御, おる此頃の火葬場, おる武士が瓢箪, おる武門は三家, おる歴史家のこと, おるではない, おる比良野氏の当主文蔵, おる毛利家の心中, おる気持を制せなくなっ, おる水上飛行機が十分間十円, おる水兵じゃろうか, おる水軍の一群, おる河内の赤坂, おる治部殿にとってはここ, おる法案は警察官, おる浅井の臣, おるに等しい, おる海賊等は上, おる淀屋の独楽, おる深い闇の, おる済まなかったと, おるの邪魔, おるの中, おる湯隆から聞きました, おる源三郎一味と捜索, おる漢字漢語もまた, おる火鉢は元, おる無能な昔, おる熊猫あり, おる熔岩は悉く, おる燕雀ではお, おるは, おるを何で, おる物々しさ逃走なぞ, おる物々しい男こそ, おる状態でありました, おる状況は犯行当時, おる独立であると, おるのよう, おる獅子や虎, おる当主楠木兵衛と, おる現代の歌壇, おるもない, おる理由が普通, おる理窟であるが, おる瓶割の刀, おる由ほんものを見, おる由内訴これありそうろう条, おる由常々承って, おる甲州の家人共, おる男子ありて, おる番頭の一人, おる異国人の消息, おる満ら, おる盗難よけのマジナイ, おる目貫で鉄地, おる相手は税務署, おる相田どのはそれ, おる真田源次郎という若輩者, おる着換えをいたしたい, おる知人に使者, おる砂浜の彼方, おる硝子戸を通してプラスビイユ, おる社会とを比較, おる社会観を一言, おる神仙であるかも, おる神経だよ, おる神財は皆, おるれた魂, おる私たちはヘッスラー, おる秋山博士も六畳, おる秘密な経, おる秘財の何分の一, おる程度が甚だ, おる程苦痛な事, おる積りでだが, おる穢き者, おるがそう, おる筆幸油御用の一件, おる筈どこにいる, おる筈のちのちまでの語り草, おるかような, おるが次第に, おる粉雪まじりの, おる紊乱して, おる紙屑古下駄, おるの頭巾, おる組紐打ちの細工場, おる組頭がこういう, おる之丞, おる編笠の侍, おる縛め取るぞ, おる織田軍の中, おるの法, おる群れをなし, おる義朝の子, おる義軍の将, おる老爺の老爺ぶり, おる考えじゃ, おる者いずれにもあれ, おる者どもがおる, おる者ゆえ申さば主従共苦労でゆこう, おる者今日日ではあなた様, おる者以外への口外, おる職人どもへ頒, おる肝心なところが, おる肥船南葛飾郡葛西村の船頭音吉, おるの底, おるも何, おるに覚え, おる自由なる深き, おるを疑い, おる船木頼春という浪人, おる船頭や仲仕, おる良人の顔, おる良民ではない, おる色々の点, おる花世の安否, おる花魁あがりが, おる若旦那たちはわたし, おる英国の騎兵隊, おるを結ん, おる蔵元屋に乗込ん, おるは仙薬, おる藩公に対しても闡明, おるを焚き殺します, おる行きおる, おる行動の自由, おる西国街道のほどよき, おる西郷吉之助と二人, おるもあるまい, おる覆面の男, おる覚兵衛じゃがこれ, おる覚悟を以て事, おる舟, おる角三郎との縁組, おる言葉ではなかろう, おる計画ではない, おるです, おる詔勅ですが, おる諏訪法性の冑, おるの物, おる諸点は心理遺伝学中, おる謀叛の事実, おる謂れはなし, おる講師諸君その他の校友諸君, おるじゃ, おる資盛が当然, おる赤隊の出鼻, おるという者, おる趣味がどうして, おる足利殿の御, おる身体じゃ仮に, おるの輪, おる軍奉行の職, おる軍需増産の実績, おる辛毘の兄, おる近松勘六めががら, おる迷惑であるが, おる遊徒のなか, おる遊芸人や工匠ども, おるというもの, おるもない, おるの中, おる遠き麓の, おる遠藤主計頭じゃが大工, おる部下も多い, おる部屋に入らぬ, おる都会なり, おるも飲める, おる里次という女, おる重三郎に祝酒, おる野添盛八漆間八郎右衛門の両人, おる野犬を思うさま, おる野西とか言う, おる売りから, おる鉄拐夫人だ, おる長坂血槍九郎はおらぬ, おる間じゅうは行儀, おる間に合せの小屋がけ, おる間一日叡山のうえ, おる関東勢は何万, おる閣僚の一人, おる附近の村, おる限り空身も同様, おる陣所だな, おるを狙う, おるに, おる際彼の言葉, おる隠士月叟の一子, おるを手のひら, おる電子が振動, おる電気学で電線, おる霊薬を差しあげ, おるを見, おる面々でも明国, おるは私, おる領民共のため, おる頼朝様にもお, おるを知らぬ, おるの変った, おる風呂場の釜, おる風邪ひとつひかぬと, おるを追う, おる駅員の言, おる高い窓の, おる鬱憤なり不平, おるをそれ, おる鮫洲の大尽, おるをうまく, おるは捕られん, おる鹿の子の許, おる黒猿もここ, おる黒田官兵衛のところ, おる黒衣の軍僧, おるが子, おるがそれ