青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お寺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

お前~ ~お前さん お婆さん~ ~お嬢さん お嬢さん~ お嬢様~ ~お客 お客~ お客様~ お家~
お寺~
お待ち~ ~お方 お方~ お松~ ~お母さん お母さん~ お母様~ お気~ ~お父さん お父さん~

「お寺~」 1695, 18ppm, 6257位

▼ お寺~ (666, 39.3%)

31 前を 21 鐘が 11 門の 8 境内の 7 方へ, 本堂の, 縁の 6 前の, 坊さんが 5 中へ, 前で, 坊さんは, 墓地に, 墓地へ, 庭に, 鐘を 4 和尚さんに, 境内には, 裏の, 門前に

3 [20件] やうな, 中に, 中の, 前に, 前へ, 和尚さんの, 坊さんと, 境内で, 境内へ, 子供で, 屋根から, 山へでも, 庭の, 庭は, 方で, 椽の, 鐘の, 鐘撞き, 門に, 門を

2 [37件] あつた, お堂, お開帳, ことを, なかへ, ような, ように, 上かと, 中で, 中は, 入口の, 和尚さんが, 地獄の, 坊さんに, 塔を, 墓地が, 壁画は, 多いところ, 太鼓が, 女房なら, 娘に, 宝物に, 山で, 山といふ, 床は, 建築が, 戸口の, 方は, 横を, 石垣に, 縁で, 裏は, 近くに, 鐘がなぁ, 鐘まで, 門が, 門前で

1 [377件] あるあたり, あるじには, ある山, ある方, ある森, ある町, いすを, いちょうの, うちへ, お住持, お坊さん, お小僧, お布施も, お庫裡, お経, かねだ, かねつきどう, かべにどんな, きれいなむす, ことだ, ことで, ことです, ことな, ことは, こんだ, ご出身, ご本尊, さくに, さくの, しきい, しぐれと, すぐそば, すぐ脇, そとの, そとへ, そばには, そばよ, そばを, たけの, ちいさなかね, ちかくの, ちょうちんなんかに, できなかった前, ところ, どこを, なかでは, なかには, なかの, ふくろう, ほうも, ぼうさんが, まるい塔, まわりは, ものに, やうに, アネサの, ゴミ捨場に, ソースを, 一つで, 一夜は, 一室に, 一部な, 下に, 下の, 下まで, 世話を, 中から, 中にも, 中を, 中心に, 中興開山五代目の, 二つの, 二階に, 井戸に, 人な, 人などは, 人身御供みたいな, 什物の, 仏像を, 仕事も, 仕事を, 付近に, 付近には, 住職ボンゾが, 何を, 信者の, 信者や, 傍が, 傘を, 内へでも, 内儀が, 円屋根の, 分かれ地蔵に, 前でも, 前なんかに, 前にも, 前庭に, 勝手元でも, 区別なく, 印の, 古びた大きな, 古式に, 台所へ, 吊鐘, 名だけが, 名としか, 名に, 名を, 名前と, 向いの, 向うまで, 和尚さまに, 和尚さんだの, 和尚さんでした, 和尚さんと, 和尚さんは, 和尚さんも, 和尚ぢや, 和尚様も, 土間を, 地所十四五坪を, 坂の上あたりから, 坊さんでも, 坊さんな, 坊さんまでが, 坊さんも, 坊さんや, 坊さん儒者画家茶人それから, 坊の, 坊主から, 坊主が, 坊主こで, 坊主に, 坊主の, 塀ぎはにずらりとならぶ, 塔が, 塔も, 塔よりも, 境内から, 境内という, 境内や, 境内を, 墓を, 墓地で, 墓地を, 墓場で, 墓場に, 墓場の, 墓場へ, 壁に, 壁は, 壁画を, 多いだらだら, 多い国, 多い町, 多い通り, 夜店を, 大きな塔, 大きな屋根, 大きな床いっぱい, 大柳芽吹い, 大銀杏, 大門を, 天井に, 太鼓と, 奥の院で, 女性が, 娘さんたちでも, 娘さんです, 娘さんにも, 娘さんの, 娘さん分です, 娘で, 娘と, 娘は, 娘よ, 婆さんも, 婆さんや, 子でねえ, 宗旨が, 客と, 寂しい境内, 寺子屋に, 寺帳を, 小ぞうさん, 小僧かい, 小僧から, 小僧が, 小僧さんが, 居候で, 居候に, 屋根が, 屋根だった, 屋根の, 屋根へ, 屋根瓦を, 山から, 山つづき, 山門に, 山門を, 崖を, 庇の, 床の, 床の間には, 床板みたいに, 座敷で, 座敷に, 座敷の, 庫裏の, 庫裡の, 庭でも, 庭という, 庭などに, 庭などにも, 庭にも, 庭に対して, 庭までも, 廂を, 廊の, 建物に, 建物程の, 建築で, 後ろの, 御厄介, 御堂の, 御本尊, 御本尊様, 御門が, 心尽しで, 懺悔座で, 所得に, 持つて, 改築に, 方々は, 方が, 方です, 方にも, 方の, 方へも, 方まで, 方を, 方丈か, 日時計, 書役にでも, 書院の, 最初の, 末の, 本堂そっくり, 本堂で, 本堂では, 本堂とかを, 本堂とを, 本堂などで, 本堂に, 本尊に, 本尊の, 本山など, 林の, 格天井の, 梁を, 森の, 構造が, 様に, 横までね, 正門の, 正面玄関に, 段々から, 汚れに, 池に, 池は, 池を, 油を, 法師さま, 物が, 物だ, 犬の, 玄関の, 玄関へ, 玄關先水上瀧太郎さんに, 現住持, 瓦は, 甃石と, 生活が, 生活なんて, 田ね, 町であります, 番人だ, 白い塀壁, 白壁にも, 眞似, 真暗な, 石段を, 秘蔵画を, 稚児さんだろう, 竹の子竹にな, 竹籔, 筍, 紅葉, 納所で, 納所の, 細君を, 縁へ, 總菜, 美人は, 老禅師, 聖徒の, 胃の腑は, 背戸に, 脇から, 若い住職, 若衆の, 茶の, 茶釜に, 薄暗いお, 行人であろう, 襖に, 襖の, 西側が, 観世音の, 角の, 角を, 説教に, 説教を, 説法にでも, 誰に, 象が, 財政状態は, 跡へ, 近くへ, 近傍は, 近所を, 迷惑にも, 通りそれから, 過去帳とでも, 過去帳の, 金色塔に, 釣瓶も, 銀杏の, 銀杏も, 銀杏樹が, 鐘, 鐘がな, 鐘さえ, 鐘つき堂に, 鐘つき番に, 鐘に, 鐘は, 鐘も, 鐘や, 鐘音が, 門から, 門だ, 門で, 門も, 門内から, 門内には, 門前まで, 門前を, 門口あたりで, 門番から, 院内の, 障子を, 隠亡と, 隣で, 隣りであった, 隣りであつ, 雑炊だ, 離れでも, 離れ座敷, 音楽は, 顎を, 食責めの, 騷ぎのあつた朝主人は, 高い塔, 高い屋根, 高い窓, 鳩に

▼ お寺~ (217, 12.8%)

16 行って 5 行くの 3 いった, 来て, 納めて, 行つてその

2 [18件] いって, つれて, はいって, もって, やって, やられました, 使ひ, 出かけて, 参るの, 屡々連れ, 帰って, 往って, 行くと, 行けと, 遊びに, 預けて, 預けられて, 頼んで

1 [148件] あげた方, あんな手紙, いくと, いくとき, いつもの, いらっしゃい, おいでなさる, おさめて, おしらせ申し上げましょう, お出かけ下さいました, お参りしました, お嫁入り, お母さんが, お葬り下さる, お詣り, お連れ, かよって, なし, ひきとりくらし, まゐつ, やってくんな, やられても, ゆきました, ゆきますと, ゆくと, ゐら, ロケに, 上がったら心, 上げて, 上げるの, 乗せて, 今日お, 使いに, 修行に, 入るの, 入れちまうん, 入れられても, 入れるという, 出る迄に, 参つて坊さんに, 参り未来記, 参るよう, 向う者も, 埋めて, 墓参りに, 学校の, 寄進する, 寄進なさった, 寄進を, 小僧さんに, 少しづゝお裾分け, 属すべきもの, 帰りました, 年に, 引移ろう, 当分行っ, 往けば, 御参詣, 必ずお, 急ぐため, 手伝いに, 持って, 持参し, 持込む段, 掛無垢や, 散歩致しまし, 曲がる田舎道, 来たが, 来れば, 毎日出勤し, 毎朝閼伽の, 泊めて, 火を, 番頭さんは, 盗賊に, 着いたが, 知らせたの, 石を, 石屋へ, 移る事, 立てたいから, 紅白の, 納めたが, 納めましょう, 納める庭, 納めれば, 落着いたなら, 葬らなければ, 葬りに, 葬りましたか, 葬りました今日, 葬りましても, 行かうと, 行かつたん, 行かないで, 行かないの, 行かぬよう, 行かねば, 行きな, 行くところ, 行く方, 行く道, 行こう, 行こうお, 行こうと, 行った, 行ったの, 行ったら法蔵寺, 行ったら能, 行ったり, 行った日, 行っても, 行つた, 行つたつ, 行つてた, 行つて五時頃に, 行つて夕方に, 行つて居り, 行つて居りました, 行つて新聞紙か, 行つて留守主人は, 行つて踊り且つ, 見えた婦人, 訪ねて, 詣るとか, 詣るの, 詣るよう, 話を, 赴き坐禅修行, 迎へに, 送つて行つた, 逃げこみました, 逃げて, 逃げ込んだの, 逃げ込んだ時, 這入ったという, 通じる町, 通じる道, 連れて, 運ばれるまで, 部屋を, 金を, 隠れると, 集って, 預けられたん, 預けられるという, 頼んだ処, 顔出しを

▼ お寺~ (134, 7.9%)

3 御厄介 2 つかえて, 下宿し, 御逗留, 来て, 泊って, 泊めて

1 [119件] あげて, あずけて, あずけられて, あった現金七十何円, あるとか, あるの, あるやう, ある仏さま, いきました, いたという, いたの, いた人, いったよう, いっちまいましてね, いて, いては, いらっしった源氏, いるから, いると, おなごり, おりました折, しばらく修行, すわって, たくさんおりますでございます, たどりつきました, たのまれ明治大帝, ちげえねえです, ちなんだ抹香臭い, ついたらしく棺, なったの, なって, はおりませんか, はたいせつな, ひっこむ, みんな知れ, むかし馴染が, やっかいに, ゆけば, スン・チュン・ドルマ, 上げて, 上げるから, 乗りつけて, 二十三四の, 人別が, 人別届けを, 代って, 似て, 何か, 余り参りませんでした, 備えつけの, 入った泥棒たち, 入って, 入つたもの, 入れられて, 参らずに, 参るには, 参詣し, 合宿する, 吊って, 四年も, 埋めて, 墓まいり, 奉納した, 寄付させ, 寄附し, 寝ても, 居るからな, 居るだけ, 居るより, 屆けて, 屆ける, 属する坊さん, 巡礼を, 帰って, 引っ込んで, 引取られた, 引返して, 戻って, 押しかけて, 担ぎ込んで, 掛け合って, 昔わたしに, 昨夜紛失物が, 来た, 来たよう, 来るより, 桃林和尚といふ, 比べれば, 泊ったよ, 泊りこんで, 琵琶を, 盗賊が, 着いた, 着いて, 祭るよう, 納めて, 行くと, 行く気, 行った, 要りそう, 詣つた事, 詣でたり, 詣りここ, 貰われて, 走るもの, 起居する, 近づいた時我々, 送つて行, 這入つて僧侶, 運ばれた, 違いない, 還した方, 金盞花が, 閉じこもって, 隠れて, 集まって, 預けられて, 養われて, 養子に

▼ お寺~ (72, 4.2%)

2 自宅に

1 [70件] あつた, あのお, いとなんだ, お園, お赤飯, お通姉, お逢い, かりて, この懺悔, ござり, するやう, その庭, ちょうどこれ, なよう相撲, ひくオルガン, もとその, ガランドウは, ギヤマンに, ヨハンネスは, 一夏を, 一度見た, 乗合馬車の, 人の, 今日では, 修業した, 修行を, 僧たちと, 出すこれ等, 十六年も, 取りかこまれて, 受容れる, 名高い清澄山, 向う町から, 吾, 喪服を, 坊さんたちに, 夜半の, 娘を, 子供を, 小銭を, 少しばかり, 左右が, 幼稚園の, 引受けて, 引受けないわけ, 悪いこと, 提唱し, 提灯でも, 朝の, 杢助は, 法事でも, 画工を, 番傘を, 知つてゐた, 素麪が, 聖母様の, 育ちました, 育ったお, 行はれた, 行を, 訊くと, 調印した, 貰ったの, 賭博が, 部落常会が, 鐘が, 鐘を, 開かれた市, 風邪なんぞ, 鳴ると

▼ お寺~ (64, 3.8%)

4 ありました, あるの 3 あった, ある 2 市区改正で, 立派に

1 [46件] あったの, あって, あつた, あつたらう, あつて切り, ありましたでしょう, ありまして, ありましょう, あります, ありますが, ありますね, あり田川, あるから, あるたあ, あるだらうし, あるだろうあの, あると, あるん, いい, いちばん好きです, ございます, ございますあの, ござりましょう, ご本寺, すでに一軒, たくさん有る, なかつたので, 一つあつ, 二十も, 何宗であろう, 出来たな, 多い, 多いもの, 好きだった, 好きであった, 寺領を, 幾らも, 建つて, 引受けて, 怪しくなった, 沢山ある, 焼けて, 神社の, 落陽の, 近い隣地, 間近に

▼ お寺~ (64, 3.8%)

4 出て 3 借りて 2 見に, 選んで

1 [53件] おうつし, おききなさいました, お立て, これから一つ, さして集まっ, したって, たくさん造った, つくりその, つくるから, ぬけ出して, よく見る, りっぱに, 一つお, 一つ潰す, 仕切つて借りました, 便ったと, 借りまして, 写して, 出たらどんな, 出ます, 尋ねましてな, 小学校に, 山の上へ, 崇拝される, 市中へ, 建てすばらしい, 建てそれ, 建てて, 建立なされ, 御草創, 拜まし, 拜見に, 捜せば, 改築しよう, 改築する, 散歩しました, 永久の, 沢山見, 焼いたり, 立ち出, 維持保存する, 見たよう, 見つけずに, 見つけると, 見て, 見るよう, 見物する, 覗きまた, 訪ねて, 訪ねると, 訪問し, 逃出し黙っ, 預つて

▼ お寺~ (61, 3.6%)

2 すぐ向う

1 [59件] ありませんね, あれあの高い, あんまり好き, いつごろの, お寺科学者は, お幾人, がんりきや, これで, さびしいと, すぐ前, たいへん古い, どこさ, どこだ, どこだい菱屋のだ, どこでござる, どこも, どちらへ, どのくれえ, なかなかに, むかしわたしが, もう無い, もちろんいま, もと戦国時代, テイデン和尚が, パリの, 一宗一派の, 一週間七日を通じて, 久しい間人, 何所だい, 六畳一間の, 十兩といふ, 収入が, 地所を, 報恩講さみしい, 大きな木, 女人禁制と, 妙行寺と, 日光の, 村中の, 東覚院です, 梅柳山木母寺, 止そうよ, 此方だ, 残らず空ッ, 浄土真宗である, 海端に, 火事と, 無いとかいう, 焼けて, 石川の, 練馬の, 荒れて, 荒れはてて, 華やかに, 谷中の, 貧窮山難渋寺と, 軒が, 都会の, 酒場ほど

▼ お寺から~ (43, 2.5%)

2 お使, 催促の, 団子を, 坊さんが, 帰って, 拝借し

1 [31件] いくつもの, お使い, お布施を, お帰, お金を, かえって, この天王橋, その女, ぞろぞろと, だろう梵鐘, もらつて, 五目飯を, 出て, 妻が, 学校へ, 小豆飯を, 帰る途中, 或る, 旦那さまが, 月々年々の, 汲んで, 海賊が, 濠の, 盗みだした仏像, 盗み出して, 石塔を, 茄子の, 葬ひ, 葬式を, 譲り受けること, 迷い出すこと

▼ お寺さん~ (34, 2.0%)

2 のお, の話

1 [30件] か, かそれとも, ご自身, ですか, ですが, で用いる, とわかれ, と買い物, にあげる, にとてもよく, になられまし, に出す, のほう, の前, の厄介, の来る, の観光便乗, の話し, の話しだ, の買った, はこんな, は三十七八, は大はしゃぎ, は学問, は来た, は此, は白衣料, へもっ, へ納め, を囲ん

▼ お寺詣り~ (23, 1.4%)

4 をし

1 [19件] が出, が出来ない, においで, につれ, にでも行った, にはこの, には度々, に好い, に拠っ, に着, に行こう, に連れられる, のお, のおばあさん, のフリ, の着物, までずっと, をする, 許りし

▼ お寺~ (22, 1.3%)

1 [22件] あります, あるもの, おうち, このへん, さいたさいた, そうです, なく神様, なければ, やっぱりいけない, ゆかしいもの, わしの, 中, 収入が, 奴隷を, 嫌いだった, 広業寺っていう, 建てたといふ, 御先祖, 忘れられないね, 拝むよりか, 珍らしい, 黄色の

▼ お寺~ (22, 1.3%)

2 のお

1 [20件] からおいで, か何, でご, で借べ, で借り, で承りましょう, で聞い, にお, に頼ん, のほう, のよう, の上, の弟子, の御, の話, へ婆ア様達, へ御, へ持っ, へ知らせ, へ行っ

▼ お寺~ (21, 1.2%)

2 お社, 社に

1 [17件] 仏像を, 信心に, 博物館を, 塔が, 奇体な, 好事家から, 学校の, 宮殿などから, 宮殿舩水夫, 教会では, 教会に, 早桶屋へ, 水車や, 町の, 社を, 神社の, 祭壇を

▼ お寺~ (19, 1.1%)

32 が, ね

1 [12件] あ, から何となく, がどうして, つてそれつ, という, とか昔, とか父, と思う, なあ, なかなり, もんです, 橋だ

▼ お寺~ (18, 1.1%)

1 [18件] いえば, お寺の, きまっても, にらめっこを, ビルディングと, 一緒に, 云ふも, 同じ名, 墓所を, 小さな和尚さん, 御家人屋敷で, 懇意な, 承りまして, 来ては, 神社とが, 神社には, 親類で, 警官だけに

▼ お寺では~ (17, 1.0%)

2 これを

1 [15件] ありませんか, お寺で, かんかん鐘, このこわい, その女房, ないかと, ないん, なかった, やっと手おけ, 一ばんさ, 今から, 吉日を, 夜に, 小僧さんが, 年取ったいい

▼ お寺には~ (17, 1.0%)

2 いって

1 [15件] おおぜ, おかみさん, この仲間, よい絵, わたくしの, 厄病時の, 各々教区, 君と, 平常何, 疾う, 白と, 白雪稲荷の, 絶えずお客, 縁類の, 萩が

▼ お寺~ (9, 0.5%)

1 お堂, 何か, 何かが, 修道院か, 占者か, 教会堂の, 監獄の, 社を, 荒れはてたお寺

▼ お寺でも~ (9, 0.5%)

1 あるの, そんなもの, ないぢ, 変な, 家根が, 文句無しに, 新規に, 早くから鳴つ, 首を

▼ お寺~ (7, 0.4%)

1 のかね, のである, のです, のね, ものか, んだ, んでしょう

▼ お寺です~ (6, 0.4%)

1 から下, から用事, って, ね, もの, よ

▼ お寺へも~ (6, 0.4%)

2 氣の 1 帰るが, 気の毒です, 紹介し, 頼みお

▼ お寺まで~ (6, 0.4%)

1 おつれ, ちゃんともう眼, 一す, 行かなきや, 行くべきもの, 行く道のり

▼ お寺なら~ (5, 0.3%)

2 慈悲が 1 お師匠さま, ばお茶, ばと申しました

▼ お寺にも~ (5, 0.3%)

1 あるん, たびたび莫大, 一応ことわっ, 春が, 沢山に

▼ お寺ばかり~ (5, 0.3%)

1 ある処, でいつ, です, ですね, 歩いて

▼ お寺まいり~ (5, 0.3%)

1 に, に行く, に行った, をさせられた, をしたい

▼ お寺とは~ (4, 0.2%)

1 あまり仲よくしたくありません, すっかり縁, 知らなかった, 違い屋根

▼ お寺~ (4, 0.2%)

1 の仕事, の絵, へでも寄附, へ寄附

▼ お寺~ (4, 0.2%)

1 が來, と一緒, と相談, まで掛け

▼ お寺からの~ (3, 0.2%)

1 お使, 使も, 手紙には

▼ お寺さま~ (3, 0.2%)

1 から仏像, だけ教え, のお

▼ お寺へでも~ (3, 0.2%)

1 尻を, 行って, 養子に

▼ お寺への~ (3, 0.2%)

1 参道に, 布施から, 心づけ

▼ お寺へは~ (3, 0.2%)

1 ひつて, よくまいる, 何里だ

▼ お寺よりも~ (3, 0.2%)

2 此人の 1 宿屋の

▼ お寺ごと~ (2, 0.1%)

1 そっくりこの, で忙しく

▼ お寺だけは~ (2, 0.1%)

1 いつまでも, お妾

▼ お寺だった~ (2, 0.1%)

1 のでかえり, のよ

▼ お寺でございます~ (2, 0.1%)

1 がね, ね

▼ お寺などでは~ (2, 0.1%)

1 この日, 月々の

▼ お寺にでも~ (2, 0.1%)

1 入った気, 詣つたやう

▼ お寺~ (2, 0.1%)

2 ゐりの

▼ お寺より~ (2, 0.1%)

1 かいい, 大きい構え

▼ お寺暮し~ (2, 0.1%)

2 の八年間

▼ お寺詣りする~ (2, 0.1%)

1 くらいなら, にし

▼1* [68件]

お寺あんた能く御存じ, お寺小姓と, お寺かという顔つきで, お寺かも判らぬという, お寺さんぢやお, お寺さん今どんな風, お寺じみた門に, お寺そのものがだいいち, お寺ださうで壽阿, お寺だって晩は, お寺だらうが, お寺であったにちがい, お寺でありそこの, お寺でございましてねお, お寺でなきや墓場, お寺でなきゃ墓場の, お寺という想念が, お寺といふものが, お寺とかお宮とか, お寺とがこれでは, お寺とさえ言えば, お寺とで管理し, お寺との縁は, お寺とやらまではあれから, お寺どころかい, お寺ながらも風流すぎる, お寺などにこもって, お寺などの書いて, お寺なんかどうな, お寺なんぞにいられるもの, お寺において祈祷が, お寺について相談し, お寺になんぞゐるから, お寺にや姿を, お寺によってはずいぶん話, お寺和尚さんの, お寺のせゐかあまり, お寺ばかりは高いところ, お寺ふところにぐあいがちっと, お寺へとか百夜詣り, お寺へなんか行くの, お寺までと云って, お寺まではそう遠く, お寺まわりしながら, お寺みたいでは, お寺らしい大きい甍, お寺らしくしている, お寺をと探した末, お寺だ, お寺ん中に隠れ, お寺サツマで最大, お寺ビラ撒きボール箱屋, お寺二つへまいりました, お寺ひ坊主, お寺住い坊主から教育, お寺住居の上, お寺勤めの心掛け, お寺参りさっし, お寺りを, お寺嫌いのもの, お寺少し貧乏です, お寺左隣が古墳, お寺様アあるそれ, お寺科学者は科学者, お寺籠りがよく, お寺見たような, お寺近くにある, お寺ひの