青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~お前 お前~ ~お前さん お婆さん~ ~お嬢さん お嬢さん~ お嬢様~ ~お客 お客~ お客様~
お家~
お寺~ お待ち~ ~お方 お方~ お松~ ~お母さん お母さん~ お母様~ お気~ ~お父さん

「お家~」 1727, 19ppm, 6152位

▼ お家~ (480, 27.8%)

15 方へ 9 ために 5 中に, 前で, 前を 4 ためには, 人は, 前に, 大事と, 方で, 習し 3 こな, バルコンは, 事情を, 人に, 庭には, 方が, 為と, 秘密を, 裏に, 裏の

2 [45件] あの画, うら, きつい法度, ことも, ことを, ためで, ためと, ためなら, ほうへ, まえに, ような, 一大事に, 中には, 中の, 中へ, 事情で, 人たちに, 再興を, 前は, 前へ, 危急を, 大事だ, 宝を, 宝物を, 害に, 屋根に, 庭先に, 御紋, 御運, 方々に, 方に, 方は, 時は, 爐邊の, 瑕瑾と, 瑕瑾に, 瑕瑾にも, 番を, 芸に, 西山さんの, 見付かるまで, 赤い煙突, 重寶友切丸, 門の, 門まで

1 [297件] あるところ, ある町, うしろに, おため, おんためを, お名, お墓, お嬢さんじゃ, お座敷からでも, お方は, お為め, お父さんお母さんに, お耻, お許しも, お近く, お首尾, かたちは, がらんと広い, ことが, ことたいてい, ことで, ことなぞも, ことなど, こわめし, ご別莊, ご次男伊那丸さま, すぐそば, ずっと後, そばの, ため, ためじゃからと, ためだ, ためという, ためとは, ためにも, ための, ため且容易な, ため信ずる, ため旦那の, ため父の, ちかくには, つもり, ときに, なかでも, なかを, はち, はどう, ひとは, ほうから, ほうが, ほうで, ほろびたの, ものです, ように, ようね, ようの, わるくなる, カステラよりも, ベツトの, ポストには, 一大事, 一大事であった, 一大事と, 三畳の, 三郎さんとの, 不利でございませぬ, 不義は, 不運を, 中, 中から, 中を, 九羽の, 乱れだ, 事で, 事でしょう, 事も, 事情が, 事情も, 二階屋根の, 人々でした, 人かしらと, 人じゃ, 人です, 人な, 人よりも, 人達が, 人達は, 仕事の, 伯父さんに, 信用の, 先祖は, 内を, 内秘, 別莊, 前から, 前には, 前の, 友伯父さんと, 召使たちは, 可愛いお宝ちゃん, 台所を, 名に, 名刀は, 名誉と, 名誉にも, 商売, 商売は, 嚴い, 四つ足の, 土藏には, 壁一杯に, 壕に, 声を, 外を, 大さわぎ, 大事, 大事あの, 大事つてえ, 大事とやらを, 大事なれ, 大事に, 大事また, 大事も, 大事を, 大事老中御, 大害, 天井という, 天井裏には, 奥さんから, 女中さんは, 女中にでも, 奸臣を, 威光に, 娘では, 子供衆方の, 安全また, 安危に, 安堵に, 安泰と, 安泰という, 宝だ, 宝なんとか, 宝に, 宝みたいな, 宝物の, 宝蔵に, 害毒と, 家寳でも, 家督を, 将来の, 屋根から, 屋根の, 屋根も, 帳場を, 座敷へ, 庭に, 庭の, 御二男様, 御先祖さま, 御先祖さま達, 御新造に, 御様子, 御法度で, 御法度と, 御法度といふ, 御法度などと, 御親類, 御迷惑, 忠臣花村家の, 恥に, 恥辱に, 恥辱また, 戸に, 戸口に, 掟で, 断絶後における, 方, 方々が, 方かまいません, 方から, 方です, 方も, 方方の, 方皆さんお, 方達も, 木小屋が, 木小屋の, 末を, 果てか, 柱石面を, 柿の木ばかりは, 柿の木へは, 桑畠が, 様子は, 橘屋では, 法度と, 法度などと, 法度を, 法度手討ちじゃ, 浮沈は, 浮沈を, 潰れるの, 潰れる気遣い, 災が, 災の, 為かも, 為じゃ, 為に, 為めに, 為を, 無事を, 焼けあとを, 爐邊で, 爺や, 爺やが, 爺やに, 牛を, 物先生と, 犬に, 獅子身中の, 玄関へ, 玄關の, 瑕理とも, 瑕瑾とも, 瓦斯燈が, 用事で, 畠で, 病人さんにも, 皆さんに, 皆様は, 直治の, 石臼は, 破滅を, 祖父さんは, 祖父さんも, 禍いでなく, 禍いの, 禍根を, 私田まで, 窓から, 窓からは, 窓は, 窓を, 笑い話の, 紋が, 織田どのに, 習はしは, 老職の, 者を, 耻と, 臺所の, 臺所まで, 興亡に, 興廃にも, 芸たい, 芸たる, 芸では, 芸でも, 芸と, 若先生, 葬式であろう, 藝だ, 蝸牛も, 蝸牛や, 行く末の, 行事も, 表に, 裏にも, 裏口の, 裏手に, 裏木戸から, 裏木戸の, 賊八つざきにしてもあきたりない悪党で, 踏臺で, 軒下を, 近くで, 近くに, 近くの, 近所です, 近所に, 選りすぐった宝, 重寶, 金の, 長いの, 長老で, 門へ, 門口で, 門口に, 風の, 食器類の, 騒ぎが, 騒動なんかで, 骨組みであった, 體面論を, 鳥籠に, 鳩が, 鷄も

▼ お家~ (277, 16.0%)

17 帰って 8 つれて 7 行って 6 お帰り, 帰ると 5 かえって, 持って, 遊びに 4 いって, お帰りなさい, かえりました, 入って 3 帰つて来ました, 帰りたい, 帰りました, 帰るの

2 [15件] お伺ひした, お帰りなさる, かえってから, 入りました, 奉公に, 帰ったの, 帰つて来, 帰りましょう, 帰ろ, 帰ろう, 来たこと, 行きました, 行きませう, 行くん, 走って

1 [160件] あずけて, あまり真向, いくん, いけないでしょうが, いったの, いったら大きな, いつて, いらしった, おかえりに, おみやげに, お入りなさい, お嫁, お帰り下さい, お歸, お泊まり, お礼と, お置きなさる, お著, お這入りつ, お這入りなさいません, お邪魔, かえったらお母様, かえったん, かえってきっとおかあさん, かえってきます, かえってその, かえって沢井君, かえって牛乳, かえりお湯, かえりましょう, かえると, かえるの, かえるわ, かえろうと, きたので, きました, ことわりに, ご相談, それを, ついたとき, ついたの, つきました, つれてか, とどけさせる事, とりに, とんで, はいって, はいらないと, はじめてお, まいりましたのに, もさう長く, やって来て, ゆくん, よいと, わたくしを, 三十人の, 上った, 上つたんです, 人夫が, 伺うこと, 來た, 來る, 入ったね, 入つて, 入られるやう, 入ろう, 入んな, 出かけたの, 出掛けるの, 参られて, 呼びに, 売り渡すこと, 大切な, 大原さんという, 奉公し, 婦人が, 寄つて竹さんを, 寄り付かないので, 小ちや, 川上トメさんなど, 帰ったのよ, 帰ったらみんな, 帰ったん, 帰ったクルミさん, 帰っちまった, 帰っても, 帰つた, 帰つたのと, 帰つた虹猫は, 帰つてけんくわ, 帰らうそして, 帰らなかったの, 帰らなければ, 帰り, 帰りたいと, 帰りたいな, 帰りたくなって, 帰りましたが, 帰りましたけれども, 帰りましたら耳長さん, 帰りましょうか, 帰りましょうよ, 帰り着くなり, 帰る覚悟, 帰れないところ, 帰れば, 帰ろうな, 帰ろうよ, 引越して, 御無理, 戻り静か, 担いで, 持つて, 捩じ込んで, 断って, 時々おいで, 来て, 来てから, 来ない前, 来ました, 案内された, 歸つたで, 歸つたら, 歸つた時分に, 歸つてお爺さんに, 歸らう, 歸りたくならない, 歸りました, 歸れ, 泊って, 泊りに, 火を, 知らして, 移って, 立寄つた甲斐, 立寄り船, 糸を, 脱いで, 落ち着きまして, 行き大内さん, 行くの, 行ったし, 行つてあひるさんの, 行つてこんどは, 行つてその, 見えるわけ, 覗きに, 訪ねて, 送りと, 逃げて, 這入って, 通つて來ました, 速達の, 連て, 連れこまないの, 連れて, 電話で, 飛んで, 駆け出して, 駈けつけること

▼ お家~ (150, 8.7%)

4 帰って 3 取っては, 帰るん 2 あだなす, あると, お帰りなさる, ついたの, ゐるの, 帰らないの, 来て, 遊びに

1 [124件] ありました, あるの, ある物, いた時, いた間中, いた頃, いて, いらした事, いらして, いらしても, いらっしゃいましたか, いらっしゃいよ, いらっしゃったの, いらっしゃりたい様子, いらっしゃるかと, いらっしゃるでしょうね, いらっしゃるよう, いらっしゃるん, いること, いるわ, いるん, おいたほう, おいででした, おいでな, おいでよ, おかえりなさい, おさまりかえって, おりおり発作, おるすい, お入り, お子供さん, お生れ, お金が, お雛, お風呂, かえ, きて, こうして居ますれ, しても, しばらくご, じっとし, じっとひそん, じつとして, ずっと世話, その時分, それを, つきました, つとめて, なつて, なりました, なんにもなかつた, のこるおかあさん, はよう這入らず, ひとりで, ほめられて, もちょうせんぶながいたけれどおなかが, よく似, ゐられなくなり人, ゐるやう, 一人かね, 一日でも, 一朝変乱, 一週間お客様として, 上れたかと, 不吉の, 仇するの, 仕えて, 代々伝は, 伝わる神通力, 伴ひた, 似合いませんね, 住まわれて, 出すという, 取つて, 変動が, 夏目先生が, 奉公し, 子供が, 居たお方, 居や, 属する一切, 山羊が, 帰して, 帰ったら熱, 帰つて叱られました, 帰りたくな, 帰りました, 帰りましょう, 帰ると, 帰るよりこ, 帰る田舎道, 帰る途, 待って, 御厄介, 恐ろしい災, 戻りましょう, 手前が, 招かれました, 早く, 早くおか, 春が, 来た時, 歸つてから, 残つて居られた, 永く滞在, 江戸の, 沢山の, 灯が, 災を, 留守を, 着く, 祟る絵巻物, 聴える, 薦めるの, 行きたい, 行ったら区長さん, 行って, 要る婆, 謀反人が, 這入りまして, 逸見家に, 運んだ, 飼つてある, 養われて

▼ お家~ (123, 7.1%)

5 どこです 2 こちらで, どこで, どこに, 何処と, 堅けれど, 御多人數, 改易に, 盛岡で, 私の, 見つかりませんでしょね

1 [98件] あすこです, あったのよ, あらもの, いくらも, いったい何処, おどろいた, おもち, おもてからは, おろか世間の, お取りつぶし, お客座敷, お年寄り, お広い, お父さんが, かなり広く, ここです, この五所川原町, この近く, ご主人, すごい高台, その原, その鎧, たいへん厳格, ちかいの, ちやんと, つぶれたも, どうなりましょう, どうなる, どこ, どこだ, どこだろ, どこな, どんな御, ないし, ないん, なかなかの, なかなか建たない, なんともい, まだ建たなかった, まだ遠い, まったくの, まるで音楽サロン, もう何とのう, もう駄目, サヰ河の, 一代の, 一寸した, 一番奥に, 万代である, 今でも, 代々文学の, 何処です, 何処な, 助かりましたぞ, 千俵余米と, 商売してる, 四散し, 士族です, 大あわて, 大坂な, 大変わかりません, 大家だ, 大金持, 宿屋な, 小搖, 川口町てえ, 断絶じゃ, 断絶の, 断絶跡目が, 新しく建て, 旧家です, 昔は, 普通の, 本所の, 東京に, 林の, 決して永続き, 滅茶, 焼けちゃったよ, 狭いから, 甲斐の, 町の, 相当の, 立派な, 紅宝石と, 裕福らしい, 貧乏だ, 貴族で, 近いうち, 近江源氏佐々木家と共に, 迚も, 遠いの, 長屋では, 静かな, 騒動です, 麹町の, 麻布の, 黒門町とか

▼ お家~ (91, 5.3%)

3 大事に, 訪ねて 2 とび出して, 出て, 出てから, 出ました, 出る日

1 [75件] あこがれる, おあけ, おたずねし, おつぎ, お出, お抜け出し, お訪ねしましたら, お郷藩, お離れ, きいて, こしらえて, たて, つぶされて, つぶして, とられて, はなれて, まちがいなく見つけ, 一枝叔母さんが, 不遇な, 不首尾て, 乗っとろうなどと, 亡ぼそうと, 借りて, 出た, 出たとき, 出た時, 出ましたが, 出ました時, 出るの, 出る時, 取りつぶされて, 取潰したの, 呪うもの, 廻って, 御建て遊ばす, 御相続, 復興する, 忘れた, 忘れること, 憂うる者ども, 押領する, 拝借した, 持たして, 持ったこと, 持って, 捜すか, 捨て伊豆, 探して, 支える力, 救ったの, 教えて, 無瑾, 焼いちゃったもん, 焼きに, 狙ふ, 百円で, 知つてる, 知りませんよ, 私は, 窺い御, 立退いて, 覆さんと, 見捨て遊ばすの, 覗いてる男, 訪ねたの, 訪ねたわけ, 訪れたが, 訪問し合う, 護り合って, 賭して, 退轉, 造って, 離れては, 飛びだすと, 飛出す時

▼ お家~ (86, 5.0%)

5 ありました, 今は 4 ひとつ 3 あるの, 焼けたの 2 あつて, 広いので, 建つて

1 [60件] あったの, あったら幸福, ありお, ありましても, あります, ありますか, ありますので, あるといふ, あるやう, あるわ, いい, いいから, いくらでもあれ, お金持, こうなっ, ご親戚, そうだ, だんだん, どうしても只今, ないだろう, なけれや, ひろすぎ, ほしいん, ほろびたの, ぼうと, まずしいので, やけたの, よけいに, わからなくて, ゴタゴタし, ビクビク震え, ミルクホールなぞを, 乱れだしたらどう, 亡びるよう, 再興する, 剣術の, 医者だ, 危い, 壊れて, 大事で, 大切でも, 大層いたん, 大層な, 嫌に, 宇都宮へ, 恋しくなる, 撰り, 早く滅びまし, 月の, 潰れた, 無いの, 焼けちゃったろう, 玉子の, 知れなん, 立ち行かなくなると, 第一, 見えました, 見えますか, 近かった, 高すぎ

▼ お家~ (68, 3.9%)

4 おざりました 2 お拵え, お遊び, 私は, 遊んで

1 [56件] いつかピアノを, おまえにも, お家はん, お父さま, お留守番, お風呂, くらしたはず, せう, そうそう長く, そのお嬢さん達, たべませう, ちょっと紛失, なにを, ねずみが, はござりませぬか, はめくらの, みんなと, もらって, カステラを, 一人に, 一休みさせ, 一生女中に, 上手に, 不義を, 亡くなられてから, 休ませて, 何も, 使つて戴い, 僕が, 入らつし, 出して, 困るでしょう, 大事がられる, 大切な, 少しづゝ教はり, 幸福そうに, 御厄介, 御座りました, 御心配, 持参金づき, 昼食を, 柔和し, 沢山拵え, 煙草を, 生れました, 白い草, 私に, 試して, 質屋の, 迷惑される, 造り祖母さんが, 錐を, 面白くない, 食物研究会を, 饂飩を, 鹽漬を

▼ お家騒動~ (51, 3.0%)

2 の意味, の狂言

1 [47件] が出来した, が芽, が起こる, が起っ, が起り, が起りかけ, だよ, で改易, で腹違い, で青まゆ, というやつ, という含み, とかお家, とか仇討, となる, とも思われる, などは大団円, にからまっ, に仕立てられ, に捲き込まれ, に注意, のからくり, のよう, の事情, の例, の原因, の報告, の多少, の張本人, の悲劇, の挿話, の歴史, の犠牲, の秘密, の絵本, の絶え間, はきまりきった, へは嘴, まで起しかけた, や一国, らしいもの, を取扱, を引起, を町方, を起こす, を起しはじめた, を起す

▼ お家から~ (32, 1.9%)

4 出て 2 迎えが

1 [26件] おばさんが, お出でに, お錢, でて, ぬけ出しました, ねこの, また一合, もらったお金, 何の, 分けて, 姉さんが, 御写真, 持つて, 東京へ, 縄付を, 繩付を, 職人冥加に, 若奥様, 西洋人の, 見えませんね, 近いうち, 附いて, 離れないの, 飛び出して, 飛び出て, 馳出し

▼ お家~ (31, 1.8%)

1 [31件] あすは, あるくせ, いよ, おばあさんも, お名前, お江戸, お金持, これから大変, これで, ご無事, さかえ共白髪, ずいぶん焼けました, ついでに, とうとうお, ない, なくて, よかろう, よすわ, クリスマス, 出来上がる御, 勿論大切, 同じ方向, 売って, 大変まずしい, 宇津木も, 末と, 無事でした, 畠も, 矢つ, 立ちません気の毒, 見えて

▼ お家には~ (24, 1.4%)

1 [24件] あがって, いったいどの, いって, いつて, いるん, おいしい玉子, おいでが, お父さんも, お願いしないだ, るす, 一本の, 二つと, 井戸が, 可愛いお嬢さん, 堂上方から, 大切な, 子どもは, 廣い, 換えられぬという, 清ちゃんが, 煙突が, 目に, 蛇が, 雪子さんの

▼ お家~ (24, 1.4%)

4 をよく 2 の女文字, を達者

1 [16件] から世尊寺様, だが, で書いた, に書いた, の字, の御, の手, の手蹟, の文字, の書體, の正しい, の筆蹟, の細字, の美事, を習わした, を脱した

▼ お家では~ (22, 1.3%)

2 お茶を

1 [20件] おばあさんも, お父さんも, このお茶, せまくて, それを, 一目も, 三味線の, 三浦と, 何から, 商売が, 大きな盥, 奥さんは, 是非肉挽器械を, 狭いの, 祖母さんや, 箒の, 節分の, 自分の, 駒井様には, 鬪鷄や

▼ お家~ (21, 1.2%)

2 の部屋

1 [19件] が数寄屋, ですか, で御座います, というの, と松兵衛, にお目にかかっ, には可愛がられ, のご, のため, のよう, の文字, の旨, の義理合い, は, は恩, への言い訳, も噂, も蔭, も阿波

▼ お家~ (15, 0.9%)

1 [15件] からお, から御馳走, か見, そうです, つてああ, つて小華族だ, つて貴方の, との事, とは何ん, と思っ, などと思った, の, よ, わ, ツて

▼ お家~ (14, 0.8%)

1 [14件] ご家族, ちっともかわらなくなっ, 一緒に, 其許の, 別な, 和泉屋との, 存じまして, 思召し, 朱絃舎の, 浅からぬ, 申すの, 船を, 親類な, 近しくし

▼ お家です~ (10, 0.6%)

2 か, かえ 1 ねと云, のに, もの, ものを, よ, ネー

▼ お家まで~ (10, 0.6%)

3 送って 1 お供, とてもゆけない, ひ, 持って, 行かうと, 送ってからの, 送つて

▼ お家騷動~ (10, 0.6%)

1 かい, があり, さ, でも始まる, なんかに足, に口, の卵, の渦中, はする, は一體

▼ お家でも~ (8, 0.5%)

1 お弟子さん, この器械, またガラス戸, 一夜の, 一軒の, 相当に, 石を, 繁昌させ

▼ お家にも~ (8, 0.5%)

1 かかわる, これ以上ご, ざくろが, 出入の, 古くから, 瑕が, 行き馴れて, 金の

▼ お家へは~ (8, 0.5%)

1 いつて, お台所, お婿さん志願者, ひるなり, 始終通っ, 寄らずに, 此方から, 黙つて

▼ お家へか~ (7, 0.4%)

2 へりました 1 へらないで, へらなければ, へりたかつたか, へりましたと, へると

▼ お家へも~ (7, 0.4%)

1 ご心配, どうぞよろしく, 分けて, 御迷惑, 来ますよ, 済みませんが, 飛んで

▼ お家じゃ~ (5, 0.3%)

2 ないん 1 ありませんか, なくって, ア驚かない

▼ お家大事~ (5, 0.3%)

1 と一生懸命, と仕え, と勤め, のため, の思想

▼ お家がら~ (4, 0.2%)

1 じゃそうした, でありました, でもございます, もよろしい

▼ お家~ (4, 0.2%)

2 んです 1 ので家, んだ

▼ お家累代~ (4, 0.2%)

4 の御

▼ お家なんか~ (3, 0.2%)

1 おもいからねえ, くださらないの, ないけど

▼ お家はん~ (3, 0.2%)

1 がさう, であ, であって

▼ お家へやら~ (3, 0.2%)

3 行くの

▼ お家重代~ (3, 0.2%)

1 のもの, の其の, の宝物

▼ お家さま~ (2, 0.1%)

1 から手, が命

▼ お家だけは~ (2, 0.1%)

1 この理屈以外, 残しといて

▼ お家~ (2, 0.1%)

1 や, やあたし

▼ お家である~ (2, 0.1%)

1 と思っ, 上に

▼ お家でした~ (2, 0.1%)

1 がこちら, のに

▼ お家でしょう~ (2, 0.1%)

1 か, 古綿打

▼ お家とは~ (2, 0.1%)

1 云うまでも, 違つて幾つもの

▼ お家などは~ (2, 0.1%)

1 無いの, 知らなかったの

▼ お家にとっての~ (2, 0.1%)

1 一大事には, 大兇器

▼ お家にとっては~ (2, 0.1%)

1 大切な, 御主筋

▼ お家はんお出で~ (2, 0.1%)

2 やす

▼ お家へかへ~ (2, 0.1%)

1 つて見ます, つて遠くから

▼ お家みたい~ (2, 0.1%)

1 でした, に勝手

▼ お家もの~ (2, 0.1%)

1 それから世話もの, と云

▼ お家万代~ (2, 0.1%)

1 でご, の礎石

▼ お家改易~ (2, 0.1%)

1 になった, の時

▼ お家~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ お家横領~ (2, 0.1%)

1 のたくらみ, を企て

▼ お家滅亡~ (2, 0.1%)

1 そんなこと, のみぎり

▼ お家繁昌~ (2, 0.1%)

1 で, ということ

▼1* [76件]

お家取立てに, お家かとお聞きなされ, お家からは富士さんが, お家がら例の田原どの, お家こんな淋しいところ, お家その向う, お家さえ判って, お家その奥庭の, お家だいじお国, お家だけでも突きとめ, お家ださうだからあんまり, お家だったよ, お家だって沢山ある, お家でがすか, お家でございましょうねえ, お家でございますか, お家でござんすかえ, お家というのは, お家とつとことつとこにげだした, お家との戦いは, お家どこなの, お家どすよって, お家など建る, お家などでチョイチョイお目にかかっ, お家なら万年スープを, お家なら聞きつけてお, お家なんぞは社会の, お家においてかわいがって, お家にずつと世話にな, お家にとって生かして, お家にとりまして厭な, お家にばかりでなければ事務所, お家にまで来るよう, お家はどつちだね, お家はん西さんの旦那, お家ばっかり孔雀や, お家ばっかりの日本が, お家への義理で, お家へまで遠いん, お家むこうは, お家もちゃあんときめてやるとその, お家やらへ行くの, お家より余程大尽, お家らしいものに, お家らしく風雅な, お家万歳の兆, お家乗っ取りとかそういった, お家にもお家, お家他人の家, お家代々の為め, お家伝来の芸, お家再興だよ, お家同様に振舞い, お家のもの, お家安泰のため, お家を作り, お家断絶となった, お家断絶一族離散の恨み, お家断絶後に古道具屋, お家杓子定規に納まっ, お家様あなたは大阪, お家様定家様唐様等を加味, お家流墨痕鮮かにかし, お家になっ, お家の家, お家維持のため, お家総理の神山外記, お家繁盛のため, お家藝十何種を持つ, お家見舞にあがる, お家附きの奥様, お家騒動どころのだ, お家騒動内輪の揉め, お家騒動戦争ゴッコの後, お家騒動的フンイキをかぎだし, お家騒動附たり武者修業