青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お客~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~お出で お出で~ ~お前 お前~ ~お前さん お婆さん~ ~お嬢さん お嬢さん~ お嬢様~ ~お客
お客~
お客様~ お家~ お寺~ お待ち~ ~お方 お方~ お松~ ~お母さん お母さん~ お母様~

「お客~」 3957, 43ppm, 2722位

▼ お客さん~ (683, 17.3%)

9 ですよ 87 だよ, のお 6 が来, のよう, の中 5 がある, は, はどこ, を連れ 4 か, があった, がお, が来る, が見え, です, の方, はお 3 が見えた, だから, となる, と一緒, にお, の前, の話, はどう, を案内

2 [49件] かね, かも知れない, がい, がいらし, がた, がはいっ, がひとり, がまだ, が來, が昨晩這, が来た, が行, が見, じゃねえ, だお客さん, だからね, だと, であるとは, では, でも, というの, といえ, とお話中, となっ, なの, にあげる, にお茶, にしよう, に上げ, に御, に挨拶, に来, のあと, のこと, のやう, の分, の物, の言葉, の部屋, はこの, はその, はまだ, はもう, は一人, は私一人, は誰, もある, よ, を逃がし

1 [457件] ある時, あんなお, あんまり大声, いふても, お支度, かえ, から, からお, からお前さん, からお送り, からださうです, からだす, から受け取る, から叱, から当然, から得た, があ, があっ, があつ, があり, がありました, があります, があるやろ, があんまり, がいた, がいたずら, がいる, がうまく, がおい, がくれた, がこない, がさき, がさんざめい, がずんと, がそう, がそこ, がその, がそろ, がたって, がない, がぬぎすてた, がひっくり返っ, がびっくり, がびつくり, がふしぎ, がまじめ, がまた, がゐる, が一々, が一しょ, が一人, が一杯, が一組, が乗り込ん, が二人, が伊勢佐木町, が何, が僕ら, が入っ, が出入り, が又, が口, が咽喉, が外出, が多い, が嫌がるでしょう, が己, が帰っ, が待っ, が御, が御酒, が怒り出す, が悪い, が悪う, が手, が持っ, が数人, が早かっ, が来たなら, が来たら, が来られました, が柄いき, が森, が歸, が泊り, が海, が病気, が眠ってる, が着い, が立て, が置い, が聞い, が腰, が自分, が見える, が言, が迎え, が逃げ, が這入られた, が通りかかりました, が遠慮, が酒, が飯, が鼓, この川底, さう, さえ宜しけれ, じゃ, じゃありません, じゃけ, じゃという, じゃア, すました顔, たる匪首, だか, だが, だったが, だったら今, だったん, だという, だとて, だとばかり, だもの, だろう何人, だわ, だわね, だ一室一燈, ちょっと往, って俺, て誰, であるから, であるべき筈, でいつ, でお客さん, でございますか, でした, でしたかい, でしょう, でしょうが, でしょうと, ですか, ですもの, ですわよ, でちようど, でつし, でな, でなかった腹立ちからか, で困って, で坐り込ん, で揉ん, で満員, で無い人, と, ということ, といっしょ, とお茶, とが街, として, としてとんぼ, としては私一人, として歓待, として田原, とその, となった, とは思はれなく, とは言われません, と一杯, と同じ, と対し, と屋形船, と枕, と舟, と言いまし, と言え, と間違え, と馬車屋, どす, どすよって, どす開けて, な, なああて, などを泊め, など主, ならおいら, なん, なんかに出逢っ, なんか一人, にあちら, にうち, にお座敷, にからかわれ, にこそ見せません, にしてやる, にすつかり, にそんな, にたのまれた, にでも物, になっ, になつて, になりゃ, にはあと, にはきっと, にはそんな, にはへん, には今わ, には即金, には姿, には少し, にまぎれこん, にまじつ, にもお, にサービス, にリンゴ, に下足, に会いたい, に何, に出した, に切符, に向, に咬みつく, に失礼, に失禮, に対つてウォツカ, に引かされた, に怪我, に悪い, に押寄せられ, に明けといた, に樂, に泣かされた, に用, に相談, に美しい, に聞い, に聽, に自分, に自由, に茶, に見せ, に話しかける, に貰, に迎える, に迷惑, に連れられまし, に頼まれた, に食べ, に食べさせる, のあいだ, のいる, のおっしゃる, のお気, のお蔭, のかえり, のため, のふり, のよりもみすぼらしい, のサーヴイス用, の一人, の事, の体, の出来る, の匂, の印象, の原稿, の口, の咽, の夜具, の好意, の姿, の子供, の家, の居る, の年齢ごろ, の座敷, の御, の念, の手, の手荷物, の手首, の数, の時, の書き散らした, の来る, の歓迎会, の火鉢, の煙草, の爲, の生命, の発信, の皿, の私, の立て込んだ, の荷物, の見たい, の負担, の赤チャン, の足ゃ, の迷惑, の頭痛, の顔, はあまり, はありません, はありませんでした, はいつも, はいない, はいよいよ, はおもに, はおれ, はお腹, はお金, はくたびれ, はこうした, はこれ, はこれから, はこんな, はご免, はすぐ, はずいぶん, はせいぜい, はそれ, はそんなに, はため息, はだいたい, はどうか, はどうもまことに, はない, ははにかん, はまア, はみんなハイキング, はみんな別室, はよく, はアトリエ, はスミレ地区, はミャーノ, は下, は何, は何方, は地質, は大丈夫, は大川さん, は女みたい, は女郎, は寝室, は将校, は帰, は引き, は憤慨, は料理屋, は斷わら, は日本人, は早く, は明日, は景慶雲, は来る, は東京, は殆, は水, は滅多, は無かっ, は無事, は無理, は皆, は睡つ, は硝子張, は私, は突きとばされ, は腹, は興奮, は豊島ガ岡, は逗留, は遠慮なく, は酒, は銀杏返し, は階下, は黙っ, ばかりあっ, ばかりだ, ばかりです, ばかりでなく, ふとん頭, ぶってるもん, へ, へお, へもなか, ほど大切, まいりましょう, また負けました, まだ寝つかれない, もあるでしょう, もうお, もう寝るだろう, もお, もござります, もご存知, もその, もたくさん, もなく, もぼつぼつ, もみんな, もやつ, も上手, も堕落, も実は, も時々, も無し, も無事, も疲れたらしい, も親切, も賑やか, も鱈腹, や, やが, や私たち, や言ふよつて, ようこそいらっしゃい, ゐて, をこちら, をことわる, をご, をじめつく, をつれこん, をとりまい, をのっけ, をまた, をみんなそこ, をむかえる, を一人, を乗せた, を事務所, を五六日, を伴, を倒そう, を兄さん達, を喜ばせ, を地下室, を引張っ, を怒らせ, を招ん, を拾った, を残し, を相手, を見た, を迎え, を送りつけ, を送り出した, を騙し, 分りましたか, 待って, 無かったはず, 眠ったか, 眠ったかね, 知るめえなア, 若い娘さんたち, 見えたん, 見た樣, 食べて, 馴れたら惡

▼ お客~ (480, 12.1%)

6 あって, あると, 一人も, 来ると 5 あるん 4 あった, あつた, 来て 3 あっても, あるの, きて, 入って, 歸る

2 [24件] あったん, ある, あるかも, あるとき, いて, いると, うるさくて, これを, ついたため貸倒れ, ないね, なかった, 二人ある, 何か, 入つて, 多かった, 大變, 家の, 帰って, 後から, 来たと, 来ない, 来るん, 目を, 立込んで

1 [376件] あったから, あったが, あったってね, あったとしても, あったの, あったので, あったよ, あったよう, あったら知らして, あったり, あったわ, あった時, あっての, あっては, ありました, ありましたのよ, ありまして, ありましてね, ありますか, ありますと, あるか, あるから, あるそう, あるだろう, あるほど, あるよう, あるらしいな, ある様子, あれば, いた, いたもの, いっせいに溜息, いなくなった時, いなくなると, いふので, いますんで, いやがるから, いよ, いらしった, いるの, いるわ, えら有れ, おまえを, お二人, お二方, お前さんの, お取り, お客ゆえわざと, お玉を, お節句, かち合って, きたでまた, きたよ, きや, くる, くると, くるん, くるんだからね, くれたからと, くれば, こないので, こなかろうし, こなくなりますよ, この宿, こみあって, これに, ございましても, ございます処, ございませんから, ござって, ござりました, しみったれに, すつかり落ち, すんで, すんでから, ぜんぜん手, そうした言葉, そう答えた, そちらへ, その場, その寄席, それを, ぞろぞろやつ, たえない, たのう, たんとつきまし, だいぶ減っ, だね, ちょっとお前さん, ついて, つかずどう, つかないの, つく原因, つめかけて, できたもの, どこの, どんなに酔つて, どんな人, ない, ないから, なくっては, なくなるよ, なさそう, はいるそして, ぱつたり来なくなり, ひとり殖えた, ひと晩に, ひどく意味深長, ふえたこと, ふえたので, ぽつぽつ見えはじめた, まいりました, まぎれこんで, またと, また本筋, また私, まつたく来なくな, みんなかへ, みんな姉ちゃんの, みんな持っ, めだった, もつて, ものを, やす, やったの, やってきます, よう来, よくくる, よけいお, よろこんで, わいてるじゃ, わたしには, われ劣らじ, ゐた朝, ゐて, ゐても, ゐるん, ゐる前, エレベーターに, ギッシリ詰った, ギッチリ詰まっ, ステップに, チップを, テラスに, ノックする, ハチ合せし, バラバラバラバラ立ちかけ, ビール一本注文したら, ムリを, 一人あった, 一人ありゃ, 一人い, 一人で, 一人二階に, 一人入っ, 一向に現れない, 一向物, 一度に, 一杯という, 一番楽しみな, 三人この, 三人降りた, 与るという, 乘りすぎ, 二三人ある, 二三人かたまっ, 二三人一度に, 二三日たっ, 二人ほど, 二千円くれた, 二度とこない, 二組くらい, 二階へ, 云うと, 五人, 五十人ばかり, 今コート, 今奥に, 他の, 付いた, 何に, 來た, 來ました, 偶に, 僕一人な, 先へ, 全然なく, 其許の, 出て, 出来て, 十五人か, 十人近く集まっ, 十時前から, 取れなかったら取れるよう, 取れるで, 只た, 呶鳴る, 喜ぶだろうから, 喫ひさしの, 四五百人くらいも, 増えて, 変った, 多いから, 多いくらい, 多いの, 多いほど, 多いん, 多い方, 多かったり, 多かつ, 多くくる, 多くつい, 夜遅く, 大きらい, 大そう, 大勢あつ, 大勢ありまし, 大変に, 大変待あぐん, 女の, 女学院出だ, 宵寐が, 寄りつかなくなった, 少いので, 少くなかった, 少く此室, 少ないから, 尻ごみしてよう寄りつかん, 居ります, 岩や, 帰ったと, 帰つ, 帰つた, 帰つたあとで, 帰りだいたい打ち合わせ, 帰るまでは, 帰る時, 帽子と, 幾らあった, 座敷へ, 引込み思案で, 待って, 得心で, 御当家, 必ず下りる, 思わず扉, 恐縮する, 手を, 払うよう, 押しかけて, 押しよせて, 押し合いへ, 押すな, 持ち帰るの, 持つて, 接吻する, 握ると, 擦り傷を, 日本風の, 早天に, 月並だ, 有っても, 来た, 来たとき, 来たら庭, 来たん, 来ても, 来ないから, 来ないからと, 来なくなったんで, 来なくなつ, 来ねえじゃ, 来やんすな, 来られる様, 来る, 来るか, 来るから, 来るって, 来るといつて, 来るとしても, 来る心配, 来れば, 武山や, 歸つたら, 死んだと, 殆どなかっ, 殆ん, 殖えますまい, 殺されて, 殺到した, 沈み込んで, 沢山あるであろう, 沢山来る, 泊って, 泊つたら茗荷を, 泊つて食い殘し, 減つては, 減りだした, 減るどころか, 減るの, 満員に, 滞在し, 澤山食べない, 無あと, 物騒な, 特別な, 玉の, 珍らし, 現れるやう, 男を, 皆かえっ, 皆かへ, 皆この, 皆な, 皆んな出, 目っかち, 直接地, 眼醒めたら, 着く, 着くと, 祝儀を, 私の, 立ちます, 立ち上がった, 立ち去ってからも, 立てこんで, 立寄って, 立腹致しません, 第一, 紋附を, 絶えて, 絶えること, 繁昌し, 羅紗の, 翌晩, 翌晩は, 聴かなくなりとう, 自分の, 自分を, 自由に, 船舟べりに, 芸者に対する, 荷物を, 落した烟管, 落ち合ったな, 落合ってさ, 蝦蟆に, 行くと, 行って, 要求する, 見えたから, 見えて, 見えましたが, 見えましてね, 見えます, 見えるそう, 見舞に, 訪ねて, 誰だ, 逃げて, 這入ると, 遠退いた, 酒を, 重傷を, 関さんどう, 附いた, 附いたお客, 附くという, 集まって, 集まらないので, 面喰らう, 食べたいもの, 飲み食いした, 馬車の, 騒いで, 驚いて

▼ お客~ (428, 10.8%)

11 前で 7 ように, 前へ, 顔を 6 前に 5 中には, 数は, 方で 4 ところへ, ような, 一人が 3 ために, フリを, 一人に, 名前を, 方が, 方に, 方は, 間に

2 [30件] なかから, なかには, ようであり, 上には, 世話を, 中で, 中に, 中にも, 姿が, 御機嫌, 拍手が, 接待に, 方から, 方へ, 方へと, 有し時, 気を, 相手を, 種類は, 膝の, 言うこと, 身に, 身体が, 邪魔に, 部屋へ, 間を, 頭の, 頭を, 顔が, 顔さへ

1 [279件] あさはかな虚栄, あしらひも金勘定の, あった時, あひ, あるため三日目, あるたんび, あるの, ある席, ある時, ある者, いたところ, うちでは, うちでも, おあつらえ, おっしゃることはことわるわけにいきませんからな, お供で, お供を, お名前, お婆さんに, お帰り, お相手, お膳, お酌, かえりたがって, かくしに, かたたちの, きて, ことで, ことには, ことも, ことを, このやり方, ごき, たしなみを, ためでは, つき合いなんか, つもりで, ところから, ところを, ないうち, ないこと, ないとき, ないの, ないよう, ない吊革, ない時, ない時間, ない晩, なかの, はノン, ふけを, ぶんを, ほうが, ほうで, ほうは, ほうまで, ほかに, ぼくたちに, ぼやきを, まえを, ままだ, みだらな, もてなしで, もてなしは, もとめに, ようで, ようです, よさ, よっかかりぶとん, をまでそ, コップや, サービスには, テーブルへ, トランクを, ハラワタに, ヒキで, ブラウンは, 一人くらいは, 一人じゃ, 一人で, 一人の, 一人は, 一人位お前の, 上がる入り口, 上った合図, 中から, 中でも, 乗替え, 争奪に, 事からさ, 事を, 人数には, 人柄建物の, 令夫人に, 会話だの, 伝右衛門どのは, 体が, 何ものであった, 傍を, 入って, 入らないところ, 全く底, 出来る次第, 前などで, 前には, 前をも, 剰余じゃ, 半分は, 南雲さんさ, 反感を, 取り付きが, 取れぬ時, 受けが, 口には, 口先を, 名を, 呉れる物, 品だ, 品定めを, 喰ひしん, 垣の, 増えて, 声に対して, 声を, 声色を, 多いせゐ, 多い少ないは, 多い時分, 多数を, 夜被, 大きな図体, 好き嫌いは, 好みが, 好みに, 始まりは, 姿は, 室の, 家に, 小供達, 少ない昼間, 少年たちは, 尻を, 居ない時, 居ない間, 居るところ, 居るの, 屍体は, 帰ったあと, 帰った跡, 帰って, 帰るの, 帰る傍, 年齢で, 座敷へ, 引き合いじゃあねえか, 影が, 後ろにく, 御多分なみに, 御接待, 御相談, 徳富蘇峰氏を, 心持と, 心理にも, 心理を, 心配は, 急に, 恨みと, 悪てん, 悪口を, 意見を, 態度に, 所へ, 手先と, 手前が, 扱いに, 批評と, 持つて, 振舞を, 接待も, 掴めない女達, 握りしめたお金, 敗けたの, 数が, 数を, 方ぢや, 方にも, 方へも, 方を, 旦那, 時や, 時よりは, 最後まで, 有無にか, 有金を, 朝が, 来たの, 来たらしい物音, 来ない日, 株を, 機嫌も, 機嫌気褄の, 歸つたのは, 死んだ度, 気分を, 気心に, 注文を, 注視の, 淘汰は, 淘汰を, 潔癖に, 為よ, 男女や, 百貨店に, 的が, 目の, 目を, 相手が, 真似を, 眼に, 眼の, 眼を, 祝儀だけは, 種類が, 積りで, 立派な, 筋, 約束あり, 給仕に, 給仕は, 絵描きの, 老中方が, 耳に, 耳や, 肚には, 肴を, 背中へ, 背中を, 自由という, 色黒く, 褒めもの, 要求が, 見えたの, 見えないの, 見えない時, 言ったこと, 註文など, 評判が, 評判は, 話の, 話を, 誰一人にだって, 貴婦人は, 買つて来た, 賜と, 足なら, 身の上を, 車を, 追従言葉を, 通るの, 都合で, 酒を, 重みで, 間に合わないでしょう, 需めに, 需要も, 面と, 面貌を, 頭は, 頭数は, 顔みた, 顔や, 顕官を, 食器が, 首と, 馬にだって, 馴染も, 鮮人人蔘売と, 黒ソフト, 鼻を

▼ お客さま~ (379, 9.6%)

11 のお 9 がお 5 があっ, にお, はお 4 がいらっしゃいました, です, の前, をお 3 があつ, がある, がた, だ, でございます, でも, の方, はどなた

2 [26件] が, があります, がご, が多い, が見えた, だから, ですから, ですが, ですよ, というの, なん, になっ, のお出で, のこと, のよう, の中, の相手, は, はこの, はずいぶん, はどこ, はみんな, は快活, や高級船員, らしいわね, を相手

1 [252件] あつかいして, おけが, か, かい, からいただい, から貰つたの, かわからない, がああ, があと, があり, がありまし, がい, がいらっ, がおいで, がお出で, がくる, がこうして, がこられ, がじっと, がぜひ, がそう, がそれ, がはいっ, がみえました, がみな, がみんなテーブル, がよろこん, がテーブル, が代, が仰, が何と, が叫んだ, が大, が奥さま, が好き, が居る, が店, が度々, が待たせ, が急, が朝ごはん, が来た, が来なくなります, が段々減つて, が殺され, が江戸, が濟むと, が着てる, が立込ん, が自由, が若い, が西洋, が見え, さえよろこん, じゃそ, じゃ起き, それからゆっくり, たるをもって, だぞ, だぞい, だったナ, だと, だな, だよ, だろうと, ちょっとうかがわせ, って誰, でございますが, でございますよ, でござんしたか, でしたら朝, でしょう, ですぜ, ですね, ですもの, ですわ, ですわね, という, というもの, という人々, といふこと, としていろいろ, として厚遇, として堂々, とでも思った, となつ, とやしき違い, と告げる, と小歌, と御, と応対, と荷, と見, と話, なんかはそれ, なんか来る, にあいさつ, におきせする, におした, におじぎ, におそれ, におみおつけ, にけが, にごちそう, にさし上げよう, にし, にしたい, にすこしも, にちょい, にとくい, にどこ, になつ, にのみたりる, にはいくらでも, にはお茶, にはじゅうぶん, にはちっとも, にめずらし, にもしも, によろこばれだしたら, によろこん, にケース, に一杯, に万一, に伽, に失礼, に宝冠, に屁エ, に差し上げよう, に御, に成っ, に手伝う, に申しあげ, に腰の物, に行った, に見せよう, に見せる, に金, に飛びかかっ, のうち, のご用, のざしき, のすじ, のため, のだれ, のところ, のなか, のほう, のほか, のやう, のよろこん, のズボン, の一人, の下駄, の仰せ, の声, の大, の好き, の形, の御用, の御馳走, の懐, の手, の手前, の来る, の案内, の男, の癖, の美し, の腰, の足, の顔, はあぶなく赤い, はいったいどう, はいつか, はおもしろい, はかう, はかへりました, はこちら, はことごとく, はことに, はすっかり, はそれ, はただちに, はどろ, はみんな平田先生, はみんな眼玉, はもう, はもとより, は一日, は今, は今晩, は何, は再び順に, は取られる, は名高い, は喜ばなかった, は大川さん, は大抵, は夫婦づれ, は帰っちまった, は平田先生, は新しい, は昨夜, は果然, は此處, は殆, は自分, は葡萄色, は遠い, は金色, は骨, ばかりで, へも御前, へ御飯, へ景物, まだいらっしゃいました, もおもわず, もすむでしょう, もそう, もぼつ, もまた, もみんな, も何, も嘸, も見え, よいま頃, らしく座ぶとん, をおどろかす, をお送り, をご, をし, をつれ, をどう, をよく, をよろこばせなく, をわざわざ, を三人, を使っ, を差しおい, を御, を怖がらせる, を振り落したら, を槍ヶ岳, を洋室, を満足, を笑わす, を粗末, を迎, を迎えた, を連れ, 悦びます

▼ お客~ (338, 8.5%)

6 一人も 2 あまりない, どこの, 何か, 唯の, 大概僕より, 来て, 誰も

1 [318件] あたたかいお, あばたでございました, ありません, ありませんと, ありませんよ, ありや, いかに厚遇, いきなり飛び起きる, いくら頼ん, いつて, いつまで, いつまでも, いつ迄も, いなかったかい, いらないの, うっかり手出し, おお勢, おかしがらず, おろか席亭にまで, お一人, お互いの, お休み代, お前さんだけ, お前どう, お前の, お医者仲間, お婆さんばかり, お客, お客として, お客人を, お断り, かねてから, がたがたふるえ, きっと自分, こうして迎えべき, こうして迎えましょう, このあわれなる, これで, こんなに来てる, ご免だ, さうい, さしずめ夜盗, さっそく肝腎, しぜん, しまいには, じりじりし, すぐ歸, すぐ疲れ, せいぜい二十何人, そういうもの, そっちのけで, その友人, その泣声, その相合いがさ, その縄張り, その跡, それにしても何と, そろって, たいてい子どもたち, たくさんいる, たくさんだ, ただ口, たよりが, つかないしから, できる, とうに帰っ, とてもこれ, とりも, どうしたい, どうも婦人, どうやら鶸類, どこかの, どこに, どこにも, どちらの, どんな人, どんな都合, ない, なおさら少い, ねえ馬鹿野郎, はじめてでしょう, はじめほんの, ふえるばかり, ふへるぐらゐだ, ほぼ集まった, まず先, またうんと, まだ一人, まだ二十, まるで待遇, みな毛唐ばかり, みな立派そうな, みな賑やかに, みんなお, みんなその, みんな夫婦で, みんな河岸のだろう, めいめい盃に, もういなかった, もうお, もう帰っ, もう泣き, ゆうべの, よっぽどの, よろこんで, わしの, オイおや, サテハと, ダメだ, ビールと, ブルヂョアだ, ローレンス老人ローリイそれから, 一ぱいである, 一人しか, 一人の, 一切奥座敷から, 一列に, 一刻も, 一度間違つて懸り, 一組か, 一輪挿一つで, 七人の, 七八分労働者な, 上中下とも, 不入り, 主として中年以上, 主として四十歳以上, 二人とも, 二十何人呑ん, 二度と店, 二百五十を, 五つか, 五十ほど, 五十銭払った, 人が, 人を, 今夜も, 今幾箇有る, 他に, 佐野の, 何だった, 何者であろう, 何處に, 僕を, 元来蕎麦を, 入れ代って, 到着した, 前首相, 勿論当の, 十二三人で, 半分立っ, 協会の, 単身な, 取って, 取らずか, 取らないと, 取りませんからね, 可笑しさ, 吃驚した, 名医の, 吹き出したくなるの, 周囲に, 咳ひとつしない, 咳ひとつだ, 問題の, 四五日ぐらい, 増えて, 増えるばかり, 変だ, 夏口の, 多分暗く, 夜遲く, 大へん, 大入, 大半子供だった, 大詰めの, 好き自由に, 始終入れ, 婦人な, 安心した, 寄りつけまいと, 寝入った, 将監, 少し不気味, 少なかった, 岩公と, 布団を, 師匠東雲先生お, 帰り途, 年寄で, 幾人だ, 幾組も, 彼が, 彼の, 往生さ, 待たせっ放し, 御主人自ら, 御婦人, 忘れて, 思ってるん, 急に, 恐らく世界中どこ, 愚か顏馴染の, 慌て, 手を, 抱腹絶倒した, 挨拶に, 播磨守殿とやら, 放ッ, 断れないどう, 断わって, 新聞記者だ, 斷れない, 日が, 日本の, 旦那様の, 旦那甚だ, 昨夜は, 景品が, 有りませんあの, 来ず随分よく, 来やしないから, 東京人よりも, 桃太郎の, 椅子に, 楽に, 概して女, 横へ, 横山大観木村武山小杉未醒富田渓仙戸張孤雁と, 機関長の, 正直海へ, 此の, 毎日は, 気づかは, 気まえ, 気を, 河中へ, 減らず却つてこれ, 滅多に, 漫画家と, 無し困った, 無事だった, 熱狂した, 燕の, 爺さんの, 特に藤村, 特別伝染病を, 犬の, 狂っちゃ, 珠数屋の, 生理的に, 畳に, 病み上りの, 発狂し, 発音学専門の, 皆ハッ, 皆早く, 益々衰弱, 直ぐに, 石を, 碁の, 神尾主膳だけ, 私と, 私一人, 私一人で, 秋だ, 秋に, 笑いどよめい, 笑いも, 納まらないん, 絶えたかと, 老主婦, 脅える余地, 自分を, 興奮し, 芸や, 若い人, 若い医者, 莫迦に, 西の, 見なれて, 見事な, 見榮坊, 言いました, 註文の, 話し続けた, 誰, 誰か, 誰かと, 誰で, 誰な, 誰れであろ, 豚飼の, 貧乏に, 賞めそやした, 走り廻っ, 踊子である, 踵を, 車から, 逃げ出すさ, 通や, 通らない小川, 道に, 鄭重に, 酔から, 酔って, 酔へば, 鍵惣って, 難船が, 青木であった, 静かに, 頭も, 頭をが, 顔を, 飛鳥の, 馬鹿だ, 馴染の, 黒い丸い曲物

▼ お客~ (276, 7.0%)

11 なって 8 来て 7 して 4 向って 3 おいで, 化けて 2 お茶を, なりました, 会って, 彼女の, 手を, 招かれて, 来た人, 行って

1 [224件] あまえて, いって, いらっしゃらないこと, いらっしゃる方, いわれ, おびえて, お上手なんか, お世辞, お出でに, お勧め, お土産, お燗, お茶ぐらい, お邪げ, お酌, お銚子, からかわれたこと, きかせるならジャズ, きたよう, きて, くること, けがされました, これこれの, こんな天下, ござりまし, させて, さそわれたが, されて, したところ, しつこく口説かれ, しては, しても, しろやはり, すぎないこと, すすめて, すすめられようか, すっかり夢中, すりゃ御, する, するが, すると, するので, するよう, すゝめる, せめこまれる心配, たべさせて, ちがいない, ですか, なってたの, なりすまして, なりて, なると, なる話, ねだつて買つて, ひいて, まぎれて, まねいたの, むらさきだの, むりやりに, もって, やって来たり, やつて, ゆく日, よって, よばれるといった, わかっては, わしの, エロ出版の, カーチャの, コツプ一杯御馳走した, サービスしなく, ヒヤカサレたり, ワアワア言はれ, 不意に, 世辞を, 中華民国の, 二人だけで, 云って, 体よく, 何か, 何かと世話, 來た, 來たつ, 依っては, 依り時に, 出したらさぞ, 出して, 出しても, 出しますと, 出す, 出すため, 出すと, 出す事, 出ない花魁, 出るぢ, 割箸の, 加わりて, 卸値で, 取つて, 受けさせやう, 受けて, 合わして, 向うと, 向ッ, 呼ばれるか, 呼んで, 喰わせて, 噺を, 売った渋茶, 売り歩くこと, 売ること, 売るつもり, 売るに, 失礼する, 失礼を, 好かれる訳合い, 媚びお客, 嬌え, 安く売る, 少し親切, 差し上げたもの, 差し出す, 従は, 御飯を, 御馳走する, 御馳走を, 恐ろしい埃, 悪戯を, 惚れましょう私, 愛せられて, 戯らを, 押しかけて, 押し付けて, 招ばれよう, 拵え宵, 接して, 接するの, 掴まる, 損害賠償を, 断つたかも, 旅行に, 日本から, 明け渡しても, 来た, 来たもの, 来たよう, 来たん, 来た娘, 来た武州, 来られたり, 来られるっていう, 来るどころか, 来るほどの, 来る前, 来る少年たち, 欺され, 此杉の, 比べれば, 気を, 法外の, 派手な, 渡したもの, 烟草を, 無心を, 無駄足を, 用は, 発表手に, 登ってるの, 白いきれ, 相違なかつた, 眼を, 礼を, 私の, 縛つて頂きます, 置いても, 聘ば, 聞いたん, 聴いて, 肌を, 背を, 背中を, 自分の, 舐めさせるん, 花魁が, 蓑を, 行かなかった, 行く, 行くこと, 行ったり, 行った家, 褒められ友達, 覆面さえ, 見えたの, 見せずまた, 見せびらかしてるという, 見せる, 見ッ, 親切に, 訪問された, 話して, 誇りたき事, 誘われ田舎, 説明する, 貰った三十両, 貸したって, 起こされました, 身を, 身受けを, 身請を, 通って, 逢ふ, 連れて, 連れられて, 過ぎなかった, 閉口させる, 限って, 限っては, 障らないよう, 顔を, 食はせ, 食わせようと, 飲まして, 餘所行の, 高く売

▼ お客~ (275, 6.9%)

5 呼んで 4 して 3 つれて, 前に, 呼ぶに, 呼入れて, 大事に, 捉らへて, 相手に, 迎えに, 連れて 2 ことわって, するの, とって, 乗せて, 乗せれば, 入れないといった, 待たせて, 自分の, 見ると, 馬鹿に

1 [219件] あおって, いつたい何処, うちとけさせるには, おそれて, おっつけやがって, おっぽ, おれが, おろすと, くわえこんで, さしおいて, さす湯女, さそいこんで, しくじっては, した晩, しました, しましても, すきと, すつぽか, すること, するという, するらしい, する事, そっちのけに, そのまま妾宅, それは, たいせつに, だいじに, だいぶ追い返し, だますこと, つかまえる処, つかまへて, でも振つ, とめるに, とらうとして, とりかこんで, とりまくくだり, とり逃して, とると, とるの, なくして, のせて, ばかに, ひきよせる, ひっぱろうと, ひろいに, ふって, ほかの, まちがえて, まって, まもって, みて, むかえに, もって, もてなした, もてなしたいし, もてなすこと, もてなすという, もてなすに, もてなす主人夫妻, もみお, やりこめて, よんで, ゲラゲラ笑わし, タックルさせ, 一々記憶, 一々調べ, 一わたりざっと, 一人新, 上げえ, 下目に, 乗せる必要, 乗せる渡し, 乗せる目的, 乗っけたそう, 争って, 二人つれ, 人形以上に, 充分みくびった, 入れて, 入れないはず, 入れない筈, 公園の, 出て, 動員し, 十一時から, 取ったって, 取つたもの, 取りたいならお, 取りました芸者, 取るが, 取るよう, 取る時, 取ろうが, 取留めて, 叱りつけた, 吸ひよせる, 呼び寄せては, 呼ぶため, 呼ぶの, 呼ぶよりも, 呼ぶ方法, 呼ぶ晩, 呼んでの, 喜ばす事, 喜んで, 坐らせて, 増やす事, 外して, 外の, 大いに意識, 大切に, 妄者と, 嫉妬し, 安心させた, 家の, 小芋, 居間に, 屋敷の, 屋根裏へ, 山へ, 引かれる, 引きつける力, 引きましたところ, 引くたしには, 引くの, 引っぱり出したが, 引込むところ, 待ちながら, 待ちました, 待って, 待ってる様子, 待つの, 待つ有様, 待合へ, 待遇しました, 待遇す, 御案内申, 恨むよう, 招ぶ, 招んだ, 拾うこと, 拾うて, 持って, 探し出す, 探すこと, 接待する, 放り出して, 断って, 断わって, 棄てて, 欺す, 欺瞞する, 歎賞せしめる, 歓迎し, 求めながら, 泊めた, 泊めること, 湯屋の, 満載し, 煙に, 煽がした位, 熱海に, 物色し, 物色する, 疑ふなんて, 眼中に, 知って, 私の, 突き飛ばしでも, 笑い倒すなどという, 笑は, 笑わせようとして, 置去りに, 義務として, 肩車に, 苦しめて, 茶席へ, 落したこと, 見あげるの, 見つめた, 見なかったかと, 見ま, 見損なう男, 見詰めた, 訪ねて, 診察する, 誑すなど, 誰ぞと, 調べる権利, 起そうじゃ, 車に, 迎えそれ, 迎えた, 迎えて, 迎えました, 迎えること, 迎えるため, 迎えると, 迎えるの, 迎えるべく到着, 迎える前, 迎える時膝頭, 迎え販売部, 迎へる, 追い出すだろうその, 追っ払った後, 送つた妓たち, 送りだしたとこ, 送り迎えする, 送るよう, 送るよか, 通す八畳, 選ぶこと, 部屋の, 釣ること, 鋭くながめ, 集めて, 預かってて, 預る自動車屋

▼ お客~ (103, 2.6%)

4 ですが 3 だよ, ですよ, を乘 2 がお, が被, です, にあるい, の前, は手前店, へ出す, を案内

1 [74件] お二人, からはお, か何, が, がいらしつた, がおーい, がなかつたら, がね, がゐた, が一人, が一緒, が來, が喜ん, が夕立, が多分, が大分來, が泊り込ん, だ, だつて, で, ですか, ですから, ですなあ, でどう, で中, で相談相手, で鱈腹, といふこと, と思う, なの, なら大, なら私ン處, にお, になつて款待, に其, に對, に御, に拔, に提灯, に見せる, に賣るだ, に違, に願, のお, のお世話, のお供, のやう, の手前, の眼, の頃, はほんの, はまだ, は皆, は跣足, への世辭, への愛想, へ挨拶, もございます, も來, も町内, も被, も襖一重, も諦め, よ, をことわるい, をつれ, をどう, をどうぞ, をやんや, をコキ使, を中坂下, を横取り, を笑, 見たいなもの

▼ お客~ (97, 2.5%)

5 一緒に 3 なって 2 いへば, 同じに, 見て, 間違へ

1 [81件] あとを, あまり親密, あれば, いう, いうほどの, いえども, いえば, いって, いっては, いっても, いわず従業員, お会い, お秋, お話しに, きまって, して, しばらく話, すれば, その紹介, それからベンケイ, ちょいと, なつた, なりて, なること, なると, ふざけて, ふざけ合いそうして, むだ事を, やられて, ナレアイで, 一処に, 三人が, 乗り合わせたもの, 云うは, 云ふお, 僕は, 入れかえたの, 別れて, 同じよう, 喧嘩でも, 喧嘩らし, 囲碁の, 大塚へ, 女給と, 女給の, 対する時, 対座し, 差しで, 思ったの, 思って, 思ひも, 武蔵を, 比較し, 泊って, 消え失せて, 涼みに, 私とを, 稀に, 聞いて, 自分を, 舞妓, 芸者とだけの, 芸者との, 藝者と, 見くびってるだろうが, 見たの, 見たら臆面, 見れば, 見誤ったの, 言ったの, 話しながら, 話しを, 話し込んでるご, 話すこと, 踊る時, 逢うの, 連れに, 間違や, 面を, 顔を, 飲んで

▼ お客~ (86, 2.2%)

2 なかった

1 [84件] あがらないし, あった, あったであろう二階, あったよう, あつたり, あまり無い, ありませんし, ありませんでした, いないよう, いませんが, お客で, ここは, しくじっちゃったと, ずいぶん御座います, その一皿二円, その土地, その黙殺, たいへん機嫌, たくさんございます, たずねて, ちょいちょいある, つかずそう, ないくつろぎ, ないです, ないのに, ないらしい, ない自他融合, なかろうから, なくて, なければ, ひっくり返ったが, へるでしょう, またではやっぱり, まばらで, むきに, めったに, もつと, 一寸々, 一緒に, 上るまいに, 五番の, 内心の, 前夜の, 同前の, 同様でげす, 同様遠慮なく, 喜ばあ, 困るが, 多いけれど, 多かった, 多くなりました, 大勢い, 少々小うるさい, 少いし, 少いの, 少ないし, 少ないであろう, 帰られてから, 性の, 承知しない, 最前までは, 有りますまいから, 来なからうななどと, 根絶やしに, 次第に減ずるであろう, 此間夏休みで, 永くは, 派手な, 済んだから, 済んで, 珍らしい, 町人下賤の, 経営者も, 自然と, 船頭が, 荷も, 袖に, 見える, 見物し, 認めて, 逃げて, 随分ある, 飮む, 鴛鴦や

▼ お客たち~ (49, 1.2%)

2 がてんでに, はそれ

1 [45件] から極めて, がお, がゐ, がドーッ, が一斉, が喜ぶだろう, が四五人, が帰っ, が笑っ, が言いあわせた, が集っ, である, としてもペーピー, とも知り合い, と女給たち, にていねい, に一々, のうしろ, のお, のだれ, のはなし, の前, の命令, の怒, の怒号, の方, の来ない, の笑殺, の視線, の顔, はなおもしばらく, はまさか, はもう, はシーン, は上機嫌, は声, は差, は皆, へ見せびらかす, もいっしょ, もたいていうとうと, も今度, も次々, も首, 帰って

▼ お客~ (48, 1.2%)

432 といふ, ね

1 [37件] から, からお, からせいぜい, からその, からとらないで, から仕方, から入浴, から出します, から取っ, から喜ん, から大事, から失礼, かわからない, か判らない, か解らない, そうである, それを, ぞ, つたので, ということ, という実質精神, とお, とか云う, とさ, と一同, と云っ, と思つて遠く, な, なァ, のに区切られ, もの, もの口説きも, もんか, もんだ, ッて, 俺が, 業も

▼ お客~ (36, 0.9%)

3 あつた

1 [33件] あつたの, あなたなんかに, あれは, お二階, かよった荷風先生, ござりましょ, その若い, つぶれて, でも, にぎわって, もうずいぶん酔, やって来そう, 中断された, 十時までは, 家の, 年齢の, 幾分儀式, 忙しくって, 日本から, 曲りなりにも, 来るぜ, 来るの, 構図を, 気が, 溢れか, 滅多に, 無事御, 綽名を, 若い御, 賑つてゐた, 賑わった, 路地の, 駄目

▼ お客には~ (33, 0.8%)

1 [33件] いい玩具, いつも私, おうるさかろ, お通しつきを, しきりに受け, して, ちょうど可, ちょっと目礼, べた一面に, まづい, めいめいちょっとした, モグラモチを, 一幅宛大観氏の, 人目を, 何を, 充分間に合い, 凄いの, 出ねえ若草, 出逢わなかったので, 前の, 受けて, 受けなかったが, 大受け, 帰って, 廉く, 持って, 気の, 珍しいかも, 目が, 立派に, 親切この, 迎えられず春風柳, 高値で

▼ お客さんたち~ (28, 0.7%)

2 にも一杯御馳走, は

1 [24件] がよく, がわたし, がわたしたち, がわらったら, が六区, が帰, が腹, が飲みあきる, でさあ, と一杯, と用件, と話, にとってもあの, に殺されます, のため, のため戸, のほう, の考え, の間, は席, は評判, も艇員ども, も見え, をあっ

▼ お客でも~ (18, 0.5%)

2 なければ

1 [16件] あつた, い, したら毎日食器, するとか, する座敷, ないとき, みんな考え込ん, 何でも, 又隱席, 呼ぶ方, 来たとき, 来て, 泊めましねえから, 無いそう, 迎えるよう, 飲み手が

▼ お客という~ (17, 0.4%)

8 のは 1 お客が, ことも, のが, のを, ものが, ものの, ものは, ような, 状態でした

▼ お客さまたち~ (16, 0.4%)

1 [16件] がここ, がやって来た, にあした, にもどうやら, に吹聴, に私, に言ったら, のまえ, はあつまりました, はおいしい, はそれ, はのる, は責任, は都, は酋長ロロ, も同じ

▼ お客から~ (15, 0.4%)

1 [15件] あずかった金, お酒, しぼること, つけ届けは, なんべ, はぎとるが, ふみだ, やっと家, 意外な叱, 法外な, 祝儀とか, 絶対に, 貰って, 預かッ, 高く金

▼ お客~ (13, 0.3%)

4 んだ 3 んです 1 のだろう, のである, のでございます, のにあなた, の知っ, んだろう

▼ お客にも~ (13, 0.3%)

1 [13件] いちいち僕, ご不足, すぐハダカ, 出す明日, 変な, 會つて見たく, 楽に, 構わず飛んで, 白い上っぱり, 行く, 見えるし, 醉ひどれ, 顔が

▼ お客~ (13, 0.3%)

1 [13件] うるの, するとおり, 一円返, 出す前, 出て, 向かってさえ, 向って, 挨拶へ, 改めてご, 極彩色の, 行渡る訳, 重信が, 食事を

▼ お客~ (13, 0.3%)

1 [13件] さだめし御, さ道中差, です, ではない, にこういう, に何, に失礼, の遠慮, はいったい, はどなた, をお通し, を介抱, を殺し

▼ お客では~ (12, 0.3%)

4 ない 3 ないけれども 1 ありません, どこへ, ないらしい, なく内地, なし間に合え

▼ お客~ (12, 0.3%)

1 [12件] から, だって皆私, にとつて, に面会, に黙, の噂, の方, の笑う, は今, は思い思い, は長尻, を見

▼ お客さん方~ (11, 0.3%)

2 のよう 1 がよく, が帰っ, が申し合せ, には言っ, はみなさん酒, は持っ, も幕, 早くいらっしゃい, 早くいらつ

▼ お客~ (10, 0.3%)

2 まあ 1 あっち, あっ奥, あの背中, まで, までいらっしゃいました, までしよう, まで大人, まア

▼ お客とは~ (10, 0.3%)

2 どんな人 1 いぶかしい, 一体何流の, 友達な, 大迷惑, 思はなかつたに, 誰じゃ, 野だだ, 頻りに飮む

▼ お客~ (10, 0.3%)

2 芸者を 1 からいう, 女中たちの, 姉さん等に対して, 店に, 朋輩にも, 来たれと, 番頭や, 贔屓に

▼ お客~ (10, 0.3%)

1 ですから, としてこの, にも使っ, のお, のかなり贅澤, のじゃない, の猫モツ, の茶, の褞袍, の風呂場

▼ お客さん達~ (9, 0.2%)

1 がある, がサン・シユルピイス, と三, に盛ん, のゐない, の持っ, の目, はご, はみんな

▼ お客なら~ (9, 0.2%)

1 こちらから, ば或いは, わたしが, 大事に, 大玄關, 妾の, 早く取次ぐ, 特にていねい, 私も

▼ お客として~ (8, 0.2%)

1 一人前二十銭か, 或いは深夜, 招かれたの, 招待された, 持って, 歌吉と, 目立つよう, 迎え自分

▼ お客さま方~ (7, 0.2%)

1 が呆れる, にお, へ御馳走, へ申し上げます, も御, を待っ, を待つ

▼ お客への~ (7, 0.2%)

2 勘定書には 1 世辭の, 御馳走に, 愛嬌に, 茶と, 風味店員の

▼ お客じゃ~ (6, 0.2%)

1 ありませんか, そうな, ないから, ないの, ねえか, アね

▼ お客です~ (6, 0.2%)

51 もの酒屋へなんぞ

▼ お客とか~ (6, 0.2%)

3 贔屓とかいう 1 いうと, はじめて会った, 芸妓と

▼ お客にでも~ (6, 0.2%)

1 あぶれた退屈, 出せるそう, 往って, 来たよう, 犠牲に, 行ったよう

▼ お客に対して~ (6, 0.2%)

1 こんな毀れた, そう長く, 店全体は, 気の毒は, 運転手が, 間が

▼ お客~ (6, 0.2%)

1 で仔細, としてこの, にし, のつもり, の三宅軍兵衛殿, の渋沢栄一殿

▼ お客さまがた~ (5, 0.1%)

1 にちょっと, に売りさばい, に迎えられる, の間, はただ

▼ お客さんがた~ (5, 0.1%)

1 によくいろいろ, の話, は気分, も家, をご存じ

▼ お客であっ~ (5, 0.1%)

1 てそうして, ても一言, ても彼, て株主, て角帽

▼ お客である~ (5, 0.1%)

1 あなたがたは, からお前, からお前さん, から何処, 事が

▼ お客ばかり~ (5, 0.1%)

1 たくさん連れ, だと, でゆるゆる, で儲かると, フン反り返っ

▼ お客らしい~ (5, 0.1%)

21 あしらいも, からその, 華やかな

▼ お客樣ぢ~ (5, 0.1%)

2 やない 1 やあるまい, やなかつた, やなく

▼ お客といふ~ (4, 0.1%)

1 お客を, のは, ものは, 格で

▼ お客へは~ (4, 0.1%)

1 出ないから, 出ないという, 出ねえから, 枕を

▼ お客~ (4, 0.1%)

1 と御, の席, はあれ, 元上州箕輪

▼ お客~ (3, 0.1%)

1 え, えあの, さもなければお

▼ お客からは~ (3, 0.1%)

1 一人前一ルウベルの, 忽江戸風だ, 責められるし

▼ お客さまぢ~ (3, 0.1%)

2 やない 1 や無い

▼ お客さま用~ (3, 0.1%)

1 ときめ, のいま, の非常口

▼ お客さんあなた~ (3, 0.1%)

1 は早い, は脳充血, は腦充血

▼ お客だけが~ (3, 0.1%)

1 タッタ一人好いたらしい, 関さんに, 餓鬼な

▼ お客だろう~ (3, 0.1%)

1 か階下, としゃくにさわっ, と思い

▼ お客~ (3, 0.1%)

1 やねえか, やねえや, やモッタイ

▼ お客でなく~ (3, 0.1%)

1 ちやお茶を, ておんつ, もとからの

▼ お客としての~ (3, 0.1%)

1 云い草じゃ, 地位を, 礼儀作法を

▼ お客なれ~ (3, 0.1%)

1 どもお金, ば今美代ちゃん, ば貴僧

▼ お客に対する~ (3, 0.1%)

1 私の, 給仕の, 道を

▼ お客までが~ (3, 0.1%)

1 すっかりあいそ, その当り運, 吹き出してを

▼ お客一人~ (3, 0.1%)

1 もない, もなし, 増えたの

▼ お客同士~ (3, 0.1%)

1 が顔, の気分, の話

▼ お客同志~ (3, 0.1%)

1 でゆ, のケンカ, の余興づくし

▼ お客からの~ (2, 0.1%)

1 待遇に対する, 預り物の

▼ お客からも~ (2, 0.1%)

1 ご注文, 可愛がられます

▼ お客こそ~ (2, 0.1%)

1 どんなに迷惑, 大したもの

▼ お客さあ~ (2, 0.1%)

1 ここに, は今日

▼ お客さえ~ (2, 0.1%)

1 あれば, 取って

▼ お客さんこれ~ (2, 0.1%)

1 が二枚目, が平湯峠

▼ お客たる~ (2, 0.1%)

1 僕なんぞも, 資格を

▼ お客だった~ (2, 0.1%)

1 から会話, の

▼ お客でない~ (2, 0.1%)

1 ことを, と言ッたん

▼ お客とも~ (2, 0.1%)

1 一人顔馴染の, 付かず離れずの

▼ お客とを~ (2, 0.1%)

1 収容しなけれ, 等分に

▼ お客などが~ (2, 0.1%)

1 あると, 見えますと

▼ お客なんか~ (2, 0.1%)

1 テンデ, 長続きは

▼ お客なんぞを~ (2, 0.1%)

1 ふり当て, 取つた事

▼ お客にな~ (2, 0.1%)

1 つて泊りに, つて泊る

▼ お客にまで~ (2, 0.1%)

1 つけつけと, 気を

▼ お客に対し~ (2, 0.1%)

1 相変らず, 立ち聴きする

▼ お客はん~ (2, 0.1%)

1 が裏, はハハー

▼ お客やった~ (2, 0.1%)

1 か, と思う

▼ お客より~ (2, 0.1%)

1 さきに, 一段低い

▼ お客よりも~ (2, 0.1%)

1 お客らしく, 馬鹿で

▼ お客をか~ (2, 0.1%)

1 へす秘密, へらせると

▼ お客一同~ (2, 0.1%)

1 はやがて, は前

▼ お客~ (2, 0.1%)

1 のお供, は大蔵卿その他

▼ お客好き~ (2, 0.1%)

1 の地主, の私

▼ お客~ (2, 0.1%)

1 と支出簿, をこツそり廣げ

▼ お客~ (2, 0.1%)

1 ひが, ひの

▼ お客扱い~ (2, 0.1%)

1 する傾向, は悪く

▼ お客樣方~ (2, 0.1%)

1 は參, も前々

▼ お客樣達~ (2, 0.1%)

1 には一つ, も御馳走どころ

▼ お客~ (2, 0.1%)

1 にまねかれまし, はひいき

▼ お客~ (2, 0.1%)

1 にコォフィ, へお茶

▼1* [190件]

お客あつかいにされた, お客いわゆる笑わざるを, お客ことわりに, お客かごがあっ, お客かと思って, お客かもしれぬと, お客がめつきり減つてもう, お客がよつて, お客ぐらいするの, お客ぐらいにしか僕は, お客ぐらいは楽に, お客さまうんぬんはお, お客さまお立ちどころでは, お客さまこれだから, お客さますじがお客さま, お客さまつていふの, お客さまどこへ行く, お客さまわしがこうして, お客さまわたくしがあなた, お客さまテントはみなさん, お客さま中国のひと, お客さま同士の話, お客さま扱ひに, お客さま案内して, お客さま次第お客さまさえよろこん, お客さま誰も来ない, お客さま達のため, お客さわぎなどいや, お客さんあんたが気に入った, お客さんあんたはんにお, お客さんいやに沈ん, お客さんいらっしゃいと待ちかまえ, お客さんお客さんそこはいま, お客さんお茶をあげましょう, お客さんこれ何の臭, お客さんそこはいま, お客さんそこらの桶, お客さんそばでお, お客さんたち一夏ゐるうち, お客さんだつた白船君, お客さんぢやない, お客さんとこへ行っ, お客さんとらまへ, お客さんどっかのお, お客さんなみにね, お客さんッて, お客さん一人の時, お客さん三人は私, お客さん二階はお, お客さん今時分こんなところ, お客さん何かの間違い, お客さん何シイに来, お客さん余計な真似, お客さん便所に入る, お客さん其処に坐, お客さん只今お聞き, お客さん四人みんな同行だ話題, お客さん大丈夫ですよ, お客さん御免なせえ, お客さん扱ひに, お客さん扱いにし, お客さん料理が来ました, お客さん方それぢやどうぞ, お客さん昔はニューマチック・ハンマー, お客さん来やはつ, お客さん次第だん, お客さん毎日のこと, お客さん気取りでいやがる, お客さん用に使っ, お客さん皆にたのん, お客さん若松行の馬車, お客さん貴方がた, お客さん足をけがし, お客さん階下の部屋, お客しか呼べない場合, お客したもんだ, お客しますからねえ, お客じゃあねえが, お客するのん, お客そのものもそんな, お客それは深川, お客アどなたに, お客たちのは妙, お客だい誰も来やしない, お客だけだと, お客だすあとを, お客だって番頭さんが, お客だつて喜びやしねえ, お客だつたら君達が, お客だらうがなん, お客ってみんなジュウみたいね, お客っていうわけでも, お客てえのが, お客であったかということ, お客でありおまけに, お客でありましょうし贔屓, お客でございましてツイ, お客でございましたがそれでも, お客でございますえ盲目, お客でござったか, お客でしょうよ, お客でつしやろ, お客でなくったっていま時, お客でなくなりたいから, お客でなければとても, お客でねえ今やっと, お客でもが独語の, お客といつては私一人, お客としてはわたしたちは, お客とのみが人物として, お客とりとの評判, お客と共に二階へ, お客どころでない非常時, お客どちらでもエトランゼ, お客どもは味, お客なかなかによい, お客なしでいらっしゃるなんて, お客などは誰だって, お客などを忘れて, お客なら出てもい, お客なら断らなくちゃならない, お客なんかになっては, お客なんかは出来なくなります, お客にかへられたら大変, お客にたいして失礼の, お客にとってまた苦労, お客になんかねだりゃア, お客にへつらつて, お客にやこれが, お客によって価の, お客によってはどんなにうまい, お客に対しては有りがたい, お客に対しても傲慢だった, お客たしかにあれ, お客はぞろ, お客はと尋ねれば, お客はめつきりと, お客はんたちに分れ, お客はんどこどすの, お客ばっかりしょっちゅう来る, お客ひろえるんだ, お客ぶりを発揮, お客へまで聞こえて, お客まかせの不, お客まで取らせて, お客ゆえわざとこの, お客よりやもつと, お客らしく自分たちの, お客をのッけて, お客ウ二人案内してね, お客てえの, お客てあたし嫌, お客バッカリ満載して, お客パリでお客, お客けはし, お客二人も言っ, お客人夜道の旅, お客人山崎でお, お客便所のこと, お客全部についても敵意, お客八九人いて, お客冥利に義理, お客分同様近いうち, お客場所馴れてること, お客太り肉でいい, お客待遇して, お客心理だ, お客その晩, お客招きへ伺わなけれ, お客振りも甚, お客攻めもつらい, お客料理としての体裁, お客で一日, お客樣ごとにその, お客樣ぢやあないかね, お客樣ばつかり乘, お客樣大事仲間の者, お客樣扱ひで暮すべき筈, お客次第でげす, お客に吹聴, お客用のだからと, お客相手の藝事, お客穢い夜具だ, お客二です, お客を見る, お客運転手にまかせ, お客部屋の時計, お客野郎などが泡, お客降込められて遅く, お客麦飯でござるが