青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お嬢さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

お世話~ お互い~ お供~ ~お出で お出で~ ~お前 お前~ ~お前さん お婆さん~ ~お嬢さん
お嬢さん~
お嬢様~ ~お客 お客~ お客様~ お家~ お寺~ お待ち~ ~お方 お方~ お松~

「お嬢さん~」 2545, 27ppm, 4247位

▼ お嬢さん~ (452, 17.8%)

9 ことを 7 ように, 顔を 6 ような 5 姿が, 方は 3 お照さん, お琴さん, ために, 事を, 声が, 姿は, 姿を, 所へ, 身体を

2 [27件] おとしは, お名前, お姿, お婿さん, お絹さん, お詞どおり, お部屋, たよりは, ほうは, 事件と, 写真を, 名は, 唄の, 声を, 婿に, 婿には, 居所を, 悲鳴は, 態度が, 方が, 方を, 消息も, 目に, 肩から, 行方を, 身の上を, 部屋の

1 [332件] あごに, あとから, あとを, あなたが, あの先生, いいところ, いかにも屈託, いなくなること, いらっしゃらないこと, いらっしゃる遠方, いられるという, いる房州, うちでは, おたく, おっぺえさ, おとしや, おとも, おひねり, おもりは, お世話を, お伴を, お供だ, お信さんあたり, お噂, お好, お姉さん, お宅, お家な, お家を, お小夜さん, お心, お志, お父さま, お父様, お礼どのだ, お粂さん, お考え, お艶, お艶さん, お詞, お酌, かみのけが, ことで, ことなど, ことなんか, ことばかり, ごしんせつ, ご様子, すべてを, するこッ, そばへ, たくさんいる, ためなら死のう, ためには, ためにも, つもりで, でございましょう, でしょうね, とこへ, ところへ, ところまで, と僕の, なくなったこと, はただ, はちやうどこん, ひとりが, ふりを, へやが, へやに, へやの, ほうが, ほうも, も同じ, やうな, やうに, ようなしなし, ようには, よそ行の, を聞かせ, イヤゴー的な, オナカの, オルガさんは, オーバーシューズは, シヤツクリ止めの, スリッパを, ツラばっか, テル子さんと, トシ子さんで, ナイフや, マリイさんが, マリイさんて, ムコに, 上にばかり, 下さるもん, 下さるん, 下手な, 世界とは, 乗る汽車, 事, 事が, 事で, 事ばかり, 云う通り, 今度の, 似顔でしょう, 似顔を, 住居も, 依頼で, 俗名を, 傍で, 傍へ, 兄さんが, 内じゃ, 写真がの, 出の, 分を, 初枝さんの, 卒業も, 危険な, 去りたる後, 友だちには, 叔母さんに, 叔父さんも, 可哀, 名を, 名前だけは, 呼びに, 命に, 命を, 唇の, 噂ばかり, 在家が, 型女だ, 場合は, 墓と, 声だ, 声も, 声楽家が, 外には, 多いばかり, 太刀は, 夫として, 失踪先を, 奈々子さんと, 女離れした, 婿さんと, 婿と, 婿にでも, 学校へ, 学校友達が, 安全僕お引き受けします, 室で, 家が, 家へ, 家を, 容態が, 容態は, 容色に, 富子さんは, 寝台が, 寝台の, 居る家, 居る西洋館, 屍体を, 履物が, 左の, 巴絵さんである, 帯だの, 年なんか, 幽霊だ, 幽霊の, 彰子さんから, 影さえも, 影を, 後ろを, 後姿が, 後毛が, 従兄子で, 御一家, 御健康, 御標格, 御立腹, 御縁談, 御身分, 御馳走だ, 心は, 心持は, 志津子さんを, 思いつく言葉, 怪我は, 恋人が, 恋人どころか, 悪口で, 惚れ気, 意志を, 意趣返しに, 感情を, 態度に, 態度の, 態度は, 所にか, 所作は, 所有でなけれ, 手が, 手でした, 手に, 手を, 手提を, 手柄だの, 手柄に, 手箱の, 手紙と, 手習ひだから, 技巧と, 持って, 挙止動作も, 接吻なる, 推理を, 敏子さまが, 敏子さまは, 方で, 方に, 方ばかり, 早苗さんの, 早苗さんを, 春子様が, 晴着が, 書いたもの, 本箱に, 杜松さんと, 杜松子さんと, 果だろう, 正体が, 死んで, 死体の, 死骸が, 死骸を, 気に入るよう, 気持ち一つで, 江戸見物です, 法事には, 洋子さんや, 湯帰りの, 為でも, 為めとも, 珊瑚を, 生命を, 生死は, 田園調布組と, 留守な, 留守中婆やの, 白い手, 目には, 目へ, 直ぐ前, 相手の, 眉の, 眼が, 眼そっくり, 眼に, 着物を, 睫毛を, 研究ノートを, 研究室を, 立ったあと, 笑い声が, 笑い声なども, 筆あとの, 節子に, 素振, 細い体, 組へ, 結婚について, 結婚式だ, 綺麗な, 綺麗な細っこい, 美しいお, 肌に, 肩に, 肩の, 背中に, 胸の, 脇に, 脇へ, 脈を, 脚の, 舌をな, 苦しみよりも, 萌さんです, 蒲団の, 行方不明と, 行方不明事件は, 装を, 裸体姿の, 見張り番で, 親友である, 言う通り, 言語動作を, 記憶, 記憶などは, 話に, 話を, 誘拐との, 語学の, 貞操は, 足も, 踊りを, 身の, 身体は, 身辺に, 身辺を, 逆立ちは, 部屋で, 部屋と, 部屋に, 部屋は, 部屋を, 酔興を, 金糸銀糸で, 金諾を, 鈴虫は, 隣の, 音楽を, 頭が, 頭を, 頼みで, 顔が, 顔も, 首筋を, 高らかな, 髪は, 黄八丈の

▼ お嬢さん~ (359, 14.1%)

5 私の 3 安全です

2 [19件] あなたの, おいくつ, そこに, どうした, どこに, なんだかお, ほんとうに, もう此, 何も, 何処かへ, 奥さんの, 女学校で, 学校へ, 彼に, 手を, 濃い緑色, 私が, 私を, 自分を

1 [313件] あすこには, あたしに, あたしの, あっしに, あっちの, あなたにとって, あの伊保木金太郎様, あの夕方一遍, あの頑丈, ありません, あんまり軽, いいました, いい気持ち, いえお, いかがです, いくつ, いつの間にか向う, いつもの, いつ帰る, いま時分起き, いよいよ十日, いるん, ええおいっ, おっしゃいました, おやすみです, お人形, お入り, お可哀想, お手車, お気の毒, お父さんの, お片, お身, お連れ, お遊さん, かくべつピエール, かすかに, かれが, きっと無事, ここに, こちらを, こっちだ, こっちの, この時又叫び, この町, この試合, これからどこ, これ程に, ごく真面目, しとやかで, しとやかに, すぐ座, すぐ障子, すべりだい, ずけずけと, そこへ, そのお, その人, その時, その時自由, その青年, それとも, たしかにお, ただ笑っ, たつた一人, だいぶ君, ちゃんと気がついた, では三上君, とたんに悲鳴, どういう方, どういう用, どういう考え, どうしておい, どうだ, どこか, どこかへ, どこへか, どのぐらい, どんな様子, なぜ口, ねむって, ねんねえ, はっとした, ひとりで, ひどく若く, びっくりし, びっくりした, ふいに, ふといま, へんに, ほんとにねんねえ, またわざわざ, また出, また少し, まだお, まだねんねえ, まだやっと八つ, まだよくなりません, まだ内, まだ十八, まだ来, まだ独身, みなびっくりする, みんなベッピンな, もうそこ, もう先, もう十七, もう舞台, やっとかの, やはり椅子, やはり美しく, よく睡れました, よく知っ, よそ, よつ, わざと灯, われわれの, われわれよりも, カギを, ケダモノの, ココアを, コップに, ジャズが, スベタまことに, チョコレートの, ッは, トテモ素晴らしい, パリで, ピアノが, ピアノを, ホガラカで, ママと, レエヌから, 一人残らず, 一体何処, 一言も, 上気した, 上野に, 下駄箱も, 不相変, 両手で, 両手を, 主人の, 二人と, 二十四か, 二度びっくりし, 二階の, 云うの, 云ふ, 人出入りの, 人形の, 今お, 今でも, 今年十七に, 今目の, 伸上る, 何う, 何か, 何と, 何とおっしゃる, 何となく結婚, 何処に, 何所へ, 何時でも, 何者かに, 例の, 俊夫君と, 傍に, 僕の, 元気な, 先に, 先生に, 初々しい頬, 動くこと, 勝見が, 十六か, 千代子さんと, 千代子さんとか, 危篤な, 叔父さんが, 同じ身分, 呑気です, 喜びましたよ, 嘸お, 均勢の, 垣根の, 売れ残りの, 夏羽織を, 外にも, 大声で, 大変な, 大層着飾っ, 大方, 大阪だけとは, 奇想天外な, 始めて, 嫌いだ, 嬌態を, 存外人に, 家来の, 小さい口, 小さい名刺, 居なさるかい, 左マキな, 市ヶ谷の, 帰還した, 常どん, 常どんと, 帽子の, 平太郎さんを, 平気です, 当分の, 当時中洲辺に, 彼にとって, 心持薄赤い, 心臓の, 心臓病が, 応接間に, 怒って, 思慮に, 恋の, 恐がりなさるだろうと, 恐らくもう生き, 恟りいたし, 悪い男, 愛を, 憎らしそう, 戦争中連合軍の, 戸棚を, 改めて頂戴, 放って, 敬二郎さんよりも, 新子も, 新橋に, 日傘の, 日記を, 早く結婚, 晴れ晴れと, 朝から, 朝日に, 本箱の, 柳屋さんという, 框へ, 正勝さんを, 段六さんと, 母乳です, 毎日ピアノを, 気の毒だ, 決して危害, 決して子供, 決して旨い, 泣いて, 泣きました, 海が, 無邪気な, 熱海に, 玄関の, 生きて, 生娘で, 用が, 番頭さんの, 白を, 皆さん方の, 眉毛が, 真中の, 真水で, 眼を, 眼敏く, 矢張り死んだ, 知って, 知らないという, 知らないね, 硯箱を, 私だけに, 私と, 私には, 私も, 空色の, 突然大声, 笑いながら, 笑ひ, 筋が, 答えた, 箱根の, 細い指, 綾吉と, 縁側を, 美しいかた, 背は, 自分の, 舞を, 花を, 英語を, 見えなかつた, 見て, 親切に, 許嫁だ, 誰からも, 誰にも, 謂わば, 財布には, 買い物を, 身体が, 身寄頼りも, 迷惑そうに, 金吾さんの, 金持ちの, 銃声を, 電柱の, 電燈を, 面白さうに, 騒がしい人ごみ, 高城鉄也君と

▼ お嬢さん~ (340, 13.4%)

4 私に 3 お見え

2 [17件] あるの, いら, お嫁, お待ちかねでございます, きみに, オヨメに, 一人それは, 出て, 待って, 悪侍, 探偵小説を, 来て, 淋しがっ, 私の, 結婚する, 這入って, 部屋に

1 [299件] あたしに, あった, あって, あなたに, あの部屋, あるとして, あるなどとは, あれほしい, あんなこと, あんなに云っ, あんなに体, あんまりあたい, あんまり伎倆, いいました, いた, いっしょに, いつ応接室, いなくなったの, います, いようなんて, いらっしゃると, いられて, いる, いるきり, いるん, うたって, おあり, おごるという, おっしゃいました, おひとり, おまえさんを, おまへ, お一人, お上り, お出かけに, お出ましに, お前に, お化粧, お友達, お困り, お帰り, お眼, お邸, かえって食客, こうやっ, ここに, こちらの, この問題, この姿, この家, この救うべからざる, この翠糸女塾, こんなアパート, さらわれたと, しっかりと, しっとり寂しい, すっかり好き, すっかり指図, すっかり気に入っ, すべったり, すべて私の, そう仰有った, その人, その反証, その幸運, その男, その騒ぎ, そんな者, たいへんです, たった三十分, だいすきだ, だい好きだ, となりへ, どうかなすった, どこへ, なかなか茶目公, のびちゃうの, はいりました, びっくりし, ほつそりとして, ぼくの, またよく, まだ生れない, もう一人, よむの, わざわざ一人分, わざわざ三輪山, わざわざ私, われわれの, ゐなくなつ, ゐましたよ, イニシアチブを, コロリンシャンと, ソワソワし, タンカを, ヌッと, ヒステリーで, ブランデーの, ホテルから, リイダア格で, 一人, 一人ある, 一人ぽっちで, 一人残らず, 一人生け垣に, 一冊の, 一番発達した, 三人です, 三味線の, 二人, 二人揃っ, 二十三という, 二歳の, 五人あった, 亜米利加へ, 人なつこくて, 人形の, 今にも帰つて, 今も, 今年の, 今日あなたが, 今日まで, 他所から, 休暇で, 体を, 何かしら積極的に, 傑出し, 先だったらあっしゃ生きて, 六人ばかり, 凡庸であった, 出た時, 出なさろうという, 出来たり, 初めから, 勾引される, 午後に, 卒倒し, 卒業する, 友だち二三と, 友達を, 取っついて, 取締って, 口惜がって, 可いんだ, 可哀そうに, 可哀想で, 名のった, 君に, 君を, 問題だった, 坐って, 塩梅が, 外へ, 大きな定紋, 大勢慰問に, 大好きだ, 大好きな, 大学に, 好きだ, 好きに, 娘手踊か, 学問以外に, 宅へ, 家の, 家出を, 居ようと, 居るん, 巡礼に, 席を, 床の間つきの, 庫裡へ, 廊下を, 引合いに, 弱々しい声, 御標格, 御病気, 御自分, 御自身, 御通行, 御馳走なさる, 心配し, 応接間から, 怪しいそう, 恵まれた, 情を, 惚れて, 惨劇の, 想いあって, 手前を, 抜けない証拠, 持ちこんでね, 探偵を, 掴まえて, 揃って, 撮つたエハガキ型, 教えて, 教え子だった, 敬二郎さんよりゃ, 日本女性としての, 日本橋の, 昏酔され, 映画界に, 曙染の, 更衣にしか, 望遠鏡を, 来や, 東京に, 枕橋から, 楼の, 橋の, 此処へ, 歩いて, 殺されたこと, 殺された時, 気がつくかと, 気どった様子, 求めてを, 泣くの, 洲崎になんぞ, 浅田屋への, 浮川竹や, 消えて, 涙あ, 濃艶, 無事に, 無慈悲に, 然うでございます, 片時も, 玄関へ, 現れたため, 生きかえると, 生れたばかりの, 生命から, 用が, 病気でも, 病気に, 白粉や, 相公, 真裸体, 眼の, 祭の, 私よりも, 私を, 稽古に, 窓から, 竹屋から, 笑っても, 結婚よりも, 絵の, 綺麗に, 縋りついて, 耶蘇の, 腫れあがった, 腹の, 自分の, 若いので, 茂ちゃんお前も, 茶を, 荒々しい叫声, 蒲団から, 行きました, 行方不明に, 裏の, 見えたばかり, 見えなくなってから, 見えなくなる前, 見合いし, 言うの, 言った, 証明し, 誘拐される, 誘拐されれ, 誰とも, 調べられさ, 貸本屋として, 踊りを, 踏込んで, 躾けも, 近所へ, 退屈し, 通る, 通訳に, 連れも, 遊ぶから, 遣つて, 酷く差, 金魚を, 長い袖, 降りて, 隠れん坊を, 雨戸と, 雪に, 須磨へ, 顔を, 食事中にも, 馬に, 馳け, 駅の, 鳩に

▼ お嬢さん~ (199, 7.8%)

3 お連れ, 受取りに, 殺したの, 私に, 連れて

2 [11件] だきおこして, つれて, よこすと, わたくし共の, 妾に, 嫁に, 左右してやれ, 抱いて, 相手に, 託して, 近づけぬよう

1 [162件] いかに扱うべき, おさそい申し, おつれ致す, おぶって, お助け, お国許, お宅, お父さんが, お貰いなさい, お送りし, お送りする, お連, かどわかしたの, かどわかして, かどわかそうって, からかって, きらい娘, ここへ, この箱, これへ, これほど, ご存知かな, さらったところ, さらったの, しきりに誘っ, しつかり抱いた, そんな風, だいて, だっこし, ちやほやする, つかまえて, どうかし, どうかした, どうしても殺さなけれ, どうして好く, どう思っ, ひとりぜひ, ひとりで, ほしがっ, もらいたいつもり, もらえるの, もらって, 一人前の, 一人東京が, 万年町の, 三人で, 乱暴だ, 亡くした知り合, 人力車に, 他家の, 伜の, 信じて, 先生に, 其処で, 出して, 刺したの, 刺した曲者, 刺青を, 助けたこと, 助けたの, 助けたので, 助けた積り, 助けて, 南三復の, 又暫く, 取戻す工風, 呉れろと, 呼んで, 嘘つきに, 固く信じ, 塵芥箱の, 大事に, 大勢まじへて, 大贔屓, 奥勤めさせる, 好きに, 妾なんぞに, 娶つた若い, 嫁られる, 守ります, 宵の, 専有したい, 引き取って, 引き立てて, 張りに, 彼が, 待て, 思って, 怨もうにも, 怨んで, 恋ってる, 愛して, 手馴付け, 抱き上げましたが, 拝借し, 拝見し, 持ち彼女, 捉まえ, 探した, 探しだそうと, 撮らして, 早く片付けた, 案じた婆, 正式に, 殺したもの, 殺したん, 殺した下手人, 殺し若旦那, 渡して, 物の数とも, 狙うよう, 甚い, 生埋, 甲板へ, 盗もうという, 眺めて, 知って, 知らずに, 確と, 私から, 私の, 私は, 突いたの, 突殺した, 等と, 綺麗だ, 考える私, 若旦那の, 見かけたの, 見せて, 見そめて, 見た, 見たさ, 見たと, 見たもの, 見つけて, 見て, 見ようと, 見ると, 見る眼つき, 見る私, 見付けたわけ, 見縊る事, 言訳に, 訴人しました, 誘拐しよう, 説得する, 貰い受ける話, 貰うこと, 貰って, 貴下英吉に, 追っかけるの, 運び出すこと, 運び出すの, 隠した奴, 隠して, 青幇の, 非常な, 頂戴する, 顧問に, 騙した薄情, 驚かす事

▼ お嬢さん~ (163, 6.4%)

3 お目, お眼, お願いし 2 して, なって, 私の, 結婚を, 自分の, 音楽を

1 [142件] あつて, あの女学生, おきき, おなりに, おなん, お休みなさいまし, お伺いいたします, お目にかかりたくて, お目にかかりやした, お聞きしましょう, お育てなすった, お願いしてた, この眼, こんなに親切, こんな恥, ご忠告, さう, しちゃ, すすめなお, すすめられて, すっかり払わせ, そう云う, そのこと, その厚い, その話, そんな芸当, ぞっこん参っ, たのまれたの, たんと可愛, ちがいありませんね, ちっともふさわしく, ついて, つかまって, つまらぬ物, どうにかすら, なり切って, なるべく, ねとられましたからって, ひどく好意, もうあの, もう一度会いたい, イヤな, オーカミイナリの, シヤツクリ止めの, ゾッコン上せあがっ, タンカを, フランス一の, ラブレタアを, 一定の, 一度ご馳走, 一式の, 一種の, 上げるん, 上原君でした, 云いながら, 仕立てるん, 仕立て田舎あたり, 付き纏って, 会えるん, 会った時, 会つて来給え, 伺いますが, 伺うの, 似てるだろう, 何か, 何んの, 何時通じ, 佳い花簪児, 入って, 取って, 取りついで, 可愛がられお嬢さん, 可愛がられて, 可愛がられてる, 向い, 向けるの, 向って, 嘘を, 団扇で, 園部さんに, 大変こがれ, 奥さんはと, 好かれりゃあ, 好かれるか, 媚びるよう, 家政と, 寝室を, 小藤次, 少しお尋ね, 差上げて, 差上げると, 引き合わされた, 引っ張り出されて, 御覧に, 心配させまい, 思い付かれる可能性, 恬然と, 悪いんで, 惚れやあ, 成掛け, 打って, 持って, 捉まりに, 新らしくできた, 本を, 来て, 棄てられて, 気の毒な, 用事が, 直接この, 相違ない, 眼を, 着て, 示唆した, 種々話し相手, 笑はれ, 素気なく, 縄を, 羽織が, 聞き返しました, 行き合いました, 見せたらお嬢さん, 見つけられなければ, 言っても, 証明し, 詫びなければ, 話を, 起されてから, 逢いましたが, 逢ったの, 進げて, 遇ったの, 遇って, 違いない, 開けて, 難癖を, 頂いたこの, 頼まれて, 頼みたいん, 顔へ, 食い下がって, 鳥渡と

▼ お嬢さん~ (120, 4.7%)

5 結婚する 4 二人きりで 3 駈け落ち 2 一緒に, 二人で, 呼ばれて, 話を, 顔を

1 [98件] あの日本, あらぬ人, あんなこと, あゝさう, あゝそう, いっしょに, いよ, いろいろな, いわれるの, お二人, お内儀さん, そういうこと, その青年, それを, ちがって, つまりおんなじ, よばれること, よんだ, オナジミな, カチンと, ボクが, 一しょという, 一介の, 一度も, 三人暮しだ, 与之助は, 二人ぎりでございます, 二人だけで, 二人っきりで, 二人づれで外に, 二人でばっかり, 云ったおぼえは, 云ふ, 云われること, 五十まで, 信清さんが, 僕の, 出会った時, 出来て, 半歳, 同じぐらゐの年, 同性愛に, 向かい合って, 向き合って, 呼びますので, 呼ぶに, 呼ぶわけ, 呼ぶん, 呼んで, 呼んでるよう, 因縁も, 多代子の, 夢中に, 大ぴら, 夫婦に, 女中とを, 宝石とを, 宰相中将との, 家来の, 寝る寝るよろしい, 対等に, 帰り途で, 常どん, 引分けられ, 御病人きり, 御結婚, 思われた, 思われる節, 掃除番の, 旦那様と, 明日から, 知りませんでしたから, 祝言させる, 私だけを, 私との, 私の, 私を, 米友が, 組んで, 結婚いたします, 結婚し, 結婚しました, 結婚なされ, 縁組を, 縒を, 聞いたばかり, 聞くと, 自分の, 蕗屋との, 言うん, 談話を, 軽業の, 違ふ, 附合っ, 隣合せに, 高城君の, 高城君を, 高岡さまの

▼ お嬢さん~ (80, 3.1%)

2 お綺麗, 上林君を, 出て, 坊ちゃんも, 御一緒

1 [70件] ああ云う, いかにも幸福, いた, いなかったんで, いなくなって, いますよ, いらっしゃるん, いれば, おありなさる, おなじく見上げる, おばあさんまで, お大抵, お嬢さんじゃ, かえって来たし, ここに, これからいま, ご病気, じっと彼, そのピストル, その中, その宝石, その数, となりの, ぼくと, まえから, また澄し, まだ一向にお, もう十七八, もう年頃, やつれて, よく知らない, ゐて, ダンナも, バアへ, ビールも, 三人まじっ, 下らない事, 久しくに, 京都の, 人形も, 仕方が, 会釈を, 先生そっくり, 出かけたの, 前の, 召使いなどまでが, 国から, 左太松の, 彼に, 彼も, 御得心, 心配し, 晴がましく顔, 楽に, 死んで, 病気が, 確かに, 私も, 私を, 策略家では, 粂どんも, 臨終に, 自個, 行かなくては, 身代金の, 身体ばかり, 連れられて, 顔を, 飲まれたらしいよう, 黙って

▼ お嬢さん~ (45, 1.8%)

43 と思っ 2 そうです, ということ

1 [34件] からな, からね, からまた, から云々, から何, から軽々しく, から雪, か夫人, があんな, が一座, が云々, が奥さん, が近頃, しぼく, しもう, そうであっ, つたのである, つて, とかお, とは思っ, とばっかり思っ, と云う, と思う, と思ひました, と熱心, と申しあげましょう, な, なあ, ねハハハハハ貴女, の, よお嬢さん, よお父さん, わ, わ私

▼ お嬢さんたち~ (41, 1.6%)

2 のお

1 [39件] がい, がいつ, が一斉, が乱暴, が二組, が口, が花やか, が裕, じゃ危なかろ, だ, だけで校友会, だの厳めし, であつ, でも皆正直, とお, と立話, と見物, に旨い, に楽しみ, に気にいる, に申込ん, のため, の名, の好き, の機嫌, の継母, はお, はさけん, はそれ, はみな, はもう, は三日, は四人, は生前ここ, は目下, は聞えない, は芝居, もみな, も出

▼ お嬢さん~ (35, 1.4%)

5 坊ちゃんは 3 坊ちゃんに 2 坊ちゃんが, 坊ちゃんには, 奥さんの, 紳士達が

1 [19件] お新, お母さんが, しぶい結城, ねんけど, 何か, 坊ちゃんたちと, 坊ちゃんたちに, 坊ちゃんの, 坊ちゃんも, 坊ちゃん方は, 夫人たちの, 女の, 女中が, 女学校出の, 女学生上りの, 娘さんらしい, 小永井家の, 小皺の, 左太松には

▼ お嬢さん~ (33, 1.3%)

3 のお 2 が平生, に会っ

1 [26件] がおいで, が見える, だけであった, にとりまかれ, にとりまかれよう, の中, の入, の入る, の前, の多く, の家庭, の希望, の方, の智恵, の眼付, の鼻息, はこれ, は別, は巷談師安吾, は座布団, は私たち, もああ, もいつ, をどこ, をマドマアゼル何何, を数名

▼ お嬢さん~ (26, 1.0%)

1 [26件] あとは, いらっしゃいますか, おられると, お化粧, お邸, げすか, これは, ござります, そしてその, それが, なこれ, ふたりは, やっぱりその, 井上菊子と, 今は, 今度この, 入らっしゃいました, 宿屋の, 後に住友, 必ず両親, 手が, 生まれて, 白いシヨール, 着物は, 育ったかも, 通せますよ

▼ お嬢さんです~ (26, 1.0%)

4 か, ね 3

1 [15件] かえ, かさ, から, か今日, か先生, か知りません, が, がそれ, が種々訳, こと, こと本統に, とか, ねおやすみ, の, よといい張っ

▼ お嬢さん~ (25, 1.0%)

2 は貧民, は青い

1 [21件] があんなに, が友達, が集まっ, が面倒く, じゃあございません, だったらきっと, だってみんな平気, でした, と友達, には東京, にもごく, に不埒, に取り囲まれ, の衣装, はきっと, は皆, は笑い, もこっち, をちょっと, をつれ, を甲府市

▼ お嬢さん~ (20, 0.8%)

5 んだ 2 の, のです

1 [11件] ざあ御し, のかね, のさ, のだ, のでしょう, のよって, わけで, んざ何でも, んざ年紀も, んでげす, んです

▼ お嬢さんには~ (16, 0.6%)

1 [16件] あいつこのごろ何も, あたし感心しまし, いつも優しく, すでに恋人, どんな突飛, 三重の, 参るなあ, 柔かいソファー, 気が, 火が, 無論奥さん, 父母という, 許婚の, 違いない, 隠れて, 驚いたなあ

▼ お嬢さんあなた~ (13, 0.5%)

2 のお

1 [11件] がし, が誰, なんぞは年, に取っ, はいくつ, はそんなに, はヴァイオリン, は御存知, は昨日, もっと踊っ, を望み

▼ お嬢さん~ (11, 0.4%)

1 [11件] あたりなさいまし, ひとりにも, やんなさいヨ, 坊ちゃんたち一家揃っ, 師匠様に, 急ぎです, 灸は, 綾さんには, 聞き下さい構いませんとも, 袖様の, 風邪

▼ お嬢さん~ (11, 0.4%)

1 [11件] うっかりお, お時儀, この手紙, ようくい, 寄せ集め, 手の, 手紙を, 絡みつくの, 見向きも, 親分からの, 話し出した

▼ お嬢さんという~ (9, 0.4%)

3 のは 2 のが 1 その言葉, ものは, 境遇に, 言葉を

▼ お嬢さんから~ (8, 0.3%)

1 お声, ちょいと, 着せて, 美しい小さい鏡台, 返事は, 返事を, 頼まれたこと, 頼まれましたと

▼ お嬢さんがた~ (8, 0.3%)

1 が見える, に植えた, の意見, はあいつ, は日本, ほど信用, をつれ, を全部

▼ お嬢さんでは~ (8, 0.3%)

2 ない 1 あつた, ありませんから, ありません奥さん, ございません, ございませんか, ないの

▼ お嬢さんでも~ (8, 0.3%)

1 あろう, いらして, いらっしゃるの, どしどし社会, ピアノぐらい, 奥さんに, 私の, 貰わないと

▼ お嬢さんとは~ (8, 0.3%)

1 すこしちがう, 一々檻, 似あいの, 全然較べ, 受け取られへん, 比べものには, 身分が, 顔を

▼ お嬢さんにも~ (8, 0.3%)

1 いつそ, 会ったこと, 寝込まれちゃいましたので, 済まない事, 滅多に, 近づきたい, 通じて, 頼みました

▼ お嬢さん~ (8, 0.3%)

1 がこう, が口添え, にそつくり, の仕業, の口真似, はあなた, はただいま, は何とも

▼ お嬢さんとの~ (7, 0.3%)

1 一対が, 仲を, 会話で, 動作だけは, 御結婚, 膝に, 間の

▼ お嬢さん~ (6, 0.2%)

1 エ, 何かの, 奥さんが, 奥さんにでも, 綺麗な, 重三郎かという

▼ お嬢さんじゃ~ (6, 0.2%)

1 ありません, ありませんな, あるまいし, てて, ないわ, わいの

▼ お嬢さん~ (6, 0.2%)

1 うなさいます, かいいつけ, かお話, かご用, か返事, か音

▼ お嬢さん育ち~ (6, 0.2%)

1 だから, だつた嫁, のまま, の女, の甘味, の金持

▼ お嬢さんお嬢さん~ (5, 0.2%)

1 そんなに騒がなくっ, て, ていうん, ていわれ, も久しく

▼ お嬢さんそれ~ (5, 0.2%)

1 があなた方, に女中, はありがとう, は私, は証拠

▼ お嬢さんだけ~ (5, 0.2%)

1 だ, だったの, では, 先き, 先へ

▼ お嬢さんにゃ~ (5, 0.2%)

2 あ怨み 1 あ済まない, しかしもう一度, 会えませんよ

▼ お嬢さんに対して~ (5, 0.2%)

1 であると, 働いた暴行, 同じよう, 肉の, 進んで

▼ お嬢さんらしい~ (5, 0.2%)

1 わねむか, 図々しさ, 女学生も, 女性で, 時期が

▼ お嬢さんその~ (4, 0.2%)

1 場に, 方が, 貴嬢, 長安寺という

▼ お嬢さんだけは~ (4, 0.2%)

1 ちっとも働きません, どこを, 元の, 置いて

▼ お嬢さんだった~ (4, 0.2%)

2 ので私 1 がきりきり, 方だ

▼ お嬢さんだって~ (4, 0.2%)

1 おなつかしい, その方, なにか証拠, 私だって

▼ お嬢さんちょっと~ (4, 0.2%)

1 あたしの, お耳, 御覧なさい, 紙きれと

▼ お嬢さんとが~ (4, 0.2%)

1 この部屋, ひどい目, 居た, 旨そう

▼ お嬢さんとも~ (4, 0.2%)

1 奥さんとも, 御一緒, 笑談を, 評すべき

▼ お嬢さんもう~ (4, 0.2%)

1 ようございます, 何時ごろです, 大丈夫です, 早瀬さんには

▼ お嬢さん貴女~ (4, 0.2%)

1 が兄さん, はどうして, は手習, は氏神

▼ お嬢さんあっし~ (3, 0.1%)

1 のここ, の名案, を先

▼ お嬢さんこの~ (3, 0.1%)

1 お墓, 手紙に, 猿どう

▼ お嬢さんそんな~ (3, 0.1%)

1 ことを, 悪い真似, 邪慳な

▼ お嬢さんだったら~ (3, 0.1%)

1 さぞ愉快, それこそ, 一と

▼ お嬢さんちょい~ (3, 0.1%)

1 とお, と申し上げ, と見せ

▼ お嬢さんとして~ (3, 0.1%)

1 なんでも, 何不足なく, 立て通して

▼ お嬢さんなら~ (3, 0.1%)

1 どんな好い, まあやめます, 必ずお

▼ お嬢さんわたし~ (3, 0.1%)

1 はお前さん, は銀床, も全然

▼ お嬢さん一人~ (3, 0.1%)

1 で用, を, を占有

▼ お嬢さん~ (3, 0.1%)

1 でない技術, でね, といわれる

▼ お嬢さん面白い~ (3, 0.1%)

1 お話を, ものを, 唄を

▼ お嬢さんあの~ (2, 0.1%)

1 お小姓, 富士春って

▼ お嬢さんお供~ (2, 0.1%)

1 いたしまして, さしてくださいまし

▼ お嬢さんお前~ (2, 0.1%)

1 にだって知れる, はここ

▼ お嬢さんかと~ (2, 0.1%)

1 思つたと, 思われますよ

▼ お嬢さんがね~ (2, 0.1%)

1 あついあついと, いやに

▼ お嬢さんこれ~ (2, 0.1%)

1 は一体どう, をごらん

▼ お嬢さん~ (2, 0.1%)

1 気分は, 自身には

▼ お嬢さんさぞ~ (2, 0.1%)

1 あなたは, 歩きにくかっ

▼ お嬢さん~ (2, 0.1%)

1 や廓, ょウだ

▼ お嬢さんだろう~ (2, 0.1%)

1 かそれとも, どこやら

▼ お嬢さん~ (2, 0.1%)

1 いわれて, やつは

▼ お嬢さんである~ (2, 0.1%)

1 ことを, とかあるいは

▼ お嬢さんであろう~ (2, 0.1%)

2 水色の

▼ お嬢さんでしょう~ (2, 0.1%)

2

▼ お嬢さんでない~ (2, 0.1%)

1 公達が, 弾き手を

▼ お嬢さんでなく~ (2, 0.1%)

1 ても木, てよかっ

▼ お嬢さんとこ~ (2, 0.1%)

1 に幾枚, へ泊

▼ お嬢さんとを~ (2, 0.1%)

1 比較した, 連れて

▼ お嬢さんどう~ (2, 0.1%)

1 したの, ですか

▼ お嬢さんなんか~ (2, 0.1%)

1 では, 逢ったとき頬

▼ お嬢さんなんて~ (2, 0.1%)

1 はずかしいわ, 私は

▼ お嬢さんにでも~ (2, 0.1%)

2 上げれば

▼ お嬢さんにまで~ (2, 0.1%)

1 そんなこと, 飛んで

▼ お嬢さんに対する~ (2, 0.1%)

1 切ない恋, 私の

▼ お嬢さんはと~ (2, 0.1%)

1 いうと, 取って置きの

▼ お嬢さんみたい~ (2, 0.1%)

1 だったな, でパンパン

▼ お嬢さん~ (2, 0.1%)

2 なんといふ

▼ お嬢さんよく~ (2, 0.1%)

1 お寝, 来て

▼ お嬢さんより~ (2, 0.1%)

1 外に, 親切ね

▼ お嬢さんよりも~ (2, 0.1%)

1 その鮎, 二つ三つ齢上で

▼ お嬢さんらしく~ (2, 0.1%)

1 て悪い, グッと

▼ お嬢さんらしくない~ (2, 0.1%)

1 から, んです

▼ お嬢さん今日~ (2, 0.1%)

1 おめ, は

▼ お嬢さん今晩~ (2, 0.1%)

2 は僕

▼ お嬢さん坊ちゃん~ (2, 0.1%)

1 が人, もそこ

▼ お嬢さん夫婦~ (2, 0.1%)

1 はいつも, もみな無事

▼ お嬢さん失礼~ (2, 0.1%)

2 ですが

▼ お嬢さん好き名流好き~ (2, 0.1%)

2 で淀君

▼ お嬢さん弁信さん~ (2, 0.1%)

1 がここ, のこと

▼ お嬢さん悪い~ (2, 0.1%)

1 ことは, 踏みつぶして

▼ お嬢さん此方~ (2, 0.1%)

2 へお

▼ お嬢さん殺し~ (2, 0.1%)

1 なんて飛ん, の罪

▼ お嬢さん殿様~ (2, 0.1%)

1 が浪人, だってあんな

▼ お嬢さん気質~ (2, 0.1%)

1 と全く, のぬけきらない

▼ お嬢さん~ (2, 0.1%)

2 の学生風

▼ お嬢さん若旦那~ (2, 0.1%)

1 が潮来, にこの

▼ お嬢さん見た~ (2, 0.1%)

1 の, ようで

▼ お嬢さん~ (2, 0.1%)

1 なら文句, へ空罐

▼1* [239件]

お嬢さんああですもの, お嬢さんあいての月謝, お嬢さんあたりましたか, お嬢さんあっちへ行きましょう, お嬢さんあなただいすきです, お嬢さんあなた陽気にならなきゃいけません, お嬢さんあれはいけません, お嬢さんあんまり虫が, お嬢さんいかがです, お嬢さんいくら声がよく, お嬢さんいけないことある, お嬢さんいまに魅入られます, お嬢さんお前どこからこんな, お嬢さんお前今日も殿様, お嬢さんお前怪我をし, お嬢さんお嬢さん貴女が兄さん, お嬢さんお客さんにもお, お嬢さんお話しになりますまい, お嬢さんお隣に越し, お嬢さんかというように, お嬢さんからじゃないの, お嬢さんがさつそく御馳走して, お嬢さんきっとあたいに, お嬢さんぎらいの感情と共通, お嬢さんぐらいの時分です, お嬢さんやつ怪しから, お嬢さんこうやって, お嬢さんここらで考え直しゃ, お嬢さんこれみんな融けて, お嬢さんころんだのです, お嬢さんこんな美しい石, お嬢さんご存じだったの, お嬢さんその色, お嬢さんさあここへ, お嬢さんさあさあこれを, お嬢さんすぎると言う, お嬢さんすみませんが傘, お嬢さんそこです, お嬢さんそしてお伴を, お嬢さんそんなに騒がなくっても, お嬢さんッて, お嬢さんたいへんなこと, お嬢さんたちのはどうも, お嬢さんたち三人だけで, お嬢さんだけでも御飯に, お嬢さんだけとは怪しからん, お嬢さんだけにお話したい, お嬢さんだけにはよろこばれて, お嬢さんだけのことは, お嬢さんつてどんなもん, お嬢さんていうんだ, お嬢さんであったらそれは, お嬢さんであれ女中であれ, お嬢さんでございましたが, お嬢さんでございますか, お嬢さんでしたね, お嬢さんでなかったならば私, お嬢さんでなくなること, お嬢さんといふのを, お嬢さんとかお嬢さま, お嬢さんとしか姉の, お嬢さんとしての資格は, お嬢さんとやらに会わせて, お嬢さんどういうご病気, お嬢さんどうして堪るもの, お嬢さんどうしてもあきらめられないもの, お嬢さんどうぞこちらへ, お嬢さんどうぞもう一度いや千度, お嬢さんどちらへお, お嬢さんどんな人, お嬢さんなあそれから, お嬢さんなぜ来ること, お嬢さんなぞで間違い, お嬢さんなどがモスリンの, お嬢さんなどに思い附いたもん, お嬢さんなどは私の, お嬢さんなどをわざわざ源様, お嬢さんなにか知ってること, お嬢さんなりの酌で, お嬢さんなんかとくっついて, お嬢さんなんだかあたいは, お嬢さんなんというもの, お嬢さんにだけは可愛がられるけれども, お嬢さんについていて, お嬢さんにとってはこれは, お嬢さんになつてしまつ, お嬢さんねとか綺麗ねとか, お嬢さんのよめいり荷物, お嬢さんはなありゃお前, お嬢さんはねおんなじお, お嬢さんばかりでなく紳士, お嬢さんばかりじゃない, お嬢さんばかりを仕入れたって, お嬢さんばっかりは働かないで, お嬢さんひとつよくお, お嬢さんへって宛名で, お嬢さんへと言って, お嬢さんへのおみやげにって, お嬢さんほうっておい, お嬢さんほしいの, お嬢さんほどの女を, お嬢さんほんとに誰が, お嬢さんまことに似合いの, お嬢さんまた呪いの, お嬢さんまたは未亡人の, お嬢さんまだ本が, お嬢さんまで頂戴し, お嬢さんみたような, お嬢さんもうこの辺, お嬢さんもしそのお, お嬢さんやっぱりそこが, お嬢さんゆるしてください, お嬢さんわたし洗濯ものを干さなけりゃならない, お嬢さんをとお蔦は, お嬢さんをもテニスの, お嬢さんインテレクトの光, お嬢さんオヤ番頭かと云っ, お嬢さんオレァ金なんざどうでもいいや, お嬢さんクッキングですか, お嬢さんコートに何ん, お嬢さんセエラ嬢さんにいちいち何だか, お嬢さんタイプの娘, お嬢さんチョコレェトや花束, お嬢さんボクお願いがある, お嬢さんマア此方へお, お嬢さんミツキイてん, お嬢さんローゼンのお嬢さん, お嬢さん一つ急ぎましょうね, お嬢さん一人ぼっちなの, お嬢さん一休みしようじゃあ, お嬢さん一寸仙波の, お嬢さん不思議なこと, お嬢さん久しぶりだね, お嬢さん二十年前のこと, お嬢さんの悪い, お嬢さんじゃあ柳屋, お嬢さん今夜は馬鹿, お嬢さん今度はすこし, お嬢さん今日一日だけ我慢, お嬢さん今時分何ういう理由, お嬢さんでもきい, お嬢さん以上三つを続ける, お嬢さん以外に打ち明け, お嬢さん何だつてさう浮かない, お嬢さん何だか知らねえが, お嬢さん俺らはほんとに, お嬢さん元気になった, お嬢さん先刻は大変, お嬢さん先生になる, お嬢さん入れてやる, お嬢さん別状ありませんか, お嬢さん剃刀で死んだ, お嬢さん千鳥の笛, お嬢さん台所へ土瓶, お嬢さん同行で木曽川あたり, お嬢さんまえいって, お嬢さんがあったら, お嬢さん四代目クラブのひと達, お嬢さんの中, お嬢さんへんお, お嬢さん大きなお札の, お嬢さん大変な事, お嬢さん大変古風なおこ, お嬢さん大変姿勢が悪う, お嬢さん大急ぎで村, お嬢さん大手柄だ, お嬢さん大方様子で, お嬢さん夫婦ここのウチ, お嬢さん奥方たち婦人の風采, お嬢さん女給がまとめ, お嬢さん好きだよ, お嬢さん姿のキャラメル, お嬢さん娘さんきいちやんみ, お嬢さん寝坊だね, お嬢さん藤次さんに, お嬢さん小さい娘の, お嬢さん屹度むずがるに違いない, お嬢さん屹度むづがるに違ひない, お嬢さん得心で, お嬢さん御免を蒙っ, お嬢さん心配なさること, お嬢さんであるという, お嬢さんかしいとは, お嬢さん批評家にか, お嬢さん掏摸は悪者, お嬢さん提灯をお, お嬢さん数人と友達, お嬢さん方こちらへとんと, お嬢さん早いのな, お嬢さん早速行って, お嬢さん明後日あたりでも大使館, お嬢さん昨日は失礼, お嬢さん毎々往来を, お嬢さんをおつけ, お嬢さん決してご心配, お嬢さん洋画家の夫人, お嬢さんの外, お嬢さんを歩い, お嬢さん満さんは何処, お嬢さん焼いたお薯, お嬢さん父娘を訪ねる, お嬢さん甚だなんでございます, お嬢さん生活の退屈凌ぎ, お嬢さん白島様が御, お嬢さん的云々という, お嬢さん的偸安とが結びつく, お嬢さん的逆転というよう, お嬢さん相手は相手, お嬢さんがさめたらあっ, お嬢さん知ってるかね, お嬢さん知らんで失礼, お嬢さんで無く, お嬢さんく考え, お嬢さん臭いとこあっ, お嬢さん行きずりのかた, お嬢さん行って参ります, お嬢さん衣絵の頃, お嬢さんの路地, お嬢さんになっ, お嬢さん記録は盗まれました, お嬢さんの灰, お嬢さんですか, お嬢さん誠に一国な, お嬢さん警官というもの, お嬢さん警察のほう, お嬢さんひ物, お嬢さん買いかぶってはいけません, お嬢さん迂闊り呼び掛けて, お嬢さんに相当ニラミ, お嬢さん遊びませんか, お嬢さん達ゃその金, お嬢さんをつけ, お嬢さんの古い, お嬢さん有う, お嬢さん難有うございました, お嬢さん風邪を引く, お嬢さん餓鬼あ頼んだ, お嬢さんがござんせん, お嬢さん騒いじゃァ