青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おりました~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おやじ~ およそ~ および~ おら~ ~おられた ~おられる おられる~ ~おり おり~ ~おりました
おりました~
~おります おります~ ~おる おる~ ~おれ おれ~ ~おろし おろし~ おん~ お上~

「おりました~」 1981, 20ppm, 5816位

▼ おりました~ (786, 39.7%)

12 そのうち 11 それが 6 これは, 急に 5 やがて, 近頃は 4 これも, その中, その時, それは 3 そのため, やがてその, 今から, 例の, 暫くし

2 [29件] いつまでも, お上の, お二人, お母様は, お父様, この時, こよい, そこは, その人, その朝, その間に, それでもとうとう, それも, それを, そんな事, とうとうその, どうした, まずこの, やがての, ガードを, 不意に, 主人が, 今日は, 何でも, 心の, 念の, 気が, 私の, 私は

1 [652件 抜粋] あいにく風邪, あくるどし, あなたを, あなた様と, あなた様には, あの娘, あの子, あの晩, あの辺, ある夜賊, ある日, あれは, いかに繊細, いずれも, いずれ兄, いつか邪気の, いつのまにかうとうとと, いつの間にかいなくなった, いつの間にかいなくなりました, いつもお供, いつもご, いつもの, いやはやどうも, いよいよ最後, いよいよ社会, いわば内政, おいちどの, おかしくって, お名前, お嬢様には, お尋ねが, お庭, お目, お目通り, お福, お絹殿, お茶を, お薬, お銀様, お銀様自身, お館, かほど信者, きょうあたりは, きょうという, きょうは, こうして室内, こうなれ, こうなろう, ここまで, こちらから, こちらさまでございます, このお, このごろに, このたび帰国, このとき, この娘, この小判, この川, この深夜, この猿ども, この連中, これが, これほど, これまた, これまでは, こんなこと, こんなに都, さすがに, さて一人前, さて何, しおくれたと, しばらくし, しばらくする, しばらく経っ, じゅんじゅんたる, すべての, そいつが, そういうわけ, そうすると他人, そこから, そこでこういう, そこの, そこへ, そのうちね, そのうち加賀, そのうち忽然と去っ, そのうち特に俊夫君, そのたんび, そのひも, そのままに, その光景, その坊さん, その室中, その年, その後は, その後次第に, その方, その日, その柳斎, その横顔, その武士, その甥, その百松, その穴, その結果, その翌日, その者たち, その評判, その話, その道中, その錦絵, その鼓, それから, それきり物音も, それだけにかえって, それだけにその, それでいて人, それでもまあ, それでもまだ, それでもまだまだ, それでも小判, それでも町内, それと, それに, それのみが, そればかりを, そんな気持, たいへん御, たしかにあの, ただいま琵琶行, ただ今の, ただ自分勝手, ただ賊, たった今祇園神社, たまたま帰京, たやすくお, だれも, だんなさまの, ちょうどその, ちょうど拙者, ついこの, ついに今暁, つい折, でもお, でもよく, とうとうこそこそみんな, とうとうこんな, とうとう洗面所, とっさに, とつぜんの, とても病人, とても逃げだす, とどのつまり首, どうしてあんなに沢山, どうしてです, どうしても, どうしても内, どうにも, どうも他人, どうも外国, どこへも, どなたも, どの部屋, なかなか元気, なかなか家, なにしろお腹, なにしろこの, なにぶん素手, なに子供の, なるほどアッタレーア, なんとも云えぬう, はからずも主君伊那丸さま, はっきりと, ひとり秦野屋九兵衛は, ふいに, ふと何, ふと彼, ふと思い出す, ふと或, ふと気, べつにお, べつにぬけ, ほんとうに, ぼく達は, まさかこんなにお, また密, まだ位, まったくその, まァ上れ, みんなの, もうお産, もう一日, もう長崎, もともと身分, もとより重く, やがてあの, やがてだんだんと, やがてふところ, やがてほっと大きな, やがてまた, やがて両手, やがて主, やがて人肉, やがて今, やがて何, やがて例, やがて十七八, やがて又, やがて吾, やがて小田さん, やがて小田原提灯一つ, やがて思, やがて思い出した, やがて思い定めた, やがて意, やがて手, やがて手帳, やがて押入, やがて書棚, やがて板, やがて気, やがて沖, やがて満願, やがて白井刑事, やがて眼, やがて算術, やがて美留藻, やがて自分, やがて船, やがて表, やがて近藤, やがて道中差, やがて重々しく, やがて長い長い, やがて雨戸, やがて頭, やっとその, やっと気がつい, やっぱりだまってうなずいたまま二人, やはり会, ようやくあなた, ようやくの, ようよう体, わざわざお, わずか一年, わたくしが, アラムハラドは, ガラッ八, クツ下カンヅメ石ケンタオルこれを, パデレフスキーによって, ベッドの, ホモイの, マッタクその, メルジイと, リヤトニコフの, 一ツ離し, 一両日前に, 一人が, 一度御寮人様, 一月寺に, 丁度お目にかかっ, 七日七夜目とうとう, 三人は, 三人目の, 三年前に, 三日責め抜いた, 三枚目あたりから, 三鞭に, 下御所, 不思議な, 与八が, 中にも, 主人や, 久しく出し, 久住さんには, 二人で, 二人の, 二人を, 二百年以上も, 五年前私が, 亡くなるまで, 人から, 人格の, 人殺しの, 今こそ, 今の, 今は, 今まで, 今丁度, 今与八が, 今回は, 今度の, 今日と, 今日の, 今日はじめて, 今日夢の, 今日帰っ, 今日風雪を, 今竹内さんの, 仏様から, 以てのほかな, 伴藏の, 何か, 何という, 何と足利家, 何の, 何も, 何を, 何分多勢, 何分学者, 何思うた, 俊夫君が, 俗に, 倅は, 僕らの, 元の, 兄妹の, 先年江刺郡という, 其の両, 其の医師, 其の折何処, 其の跫音, 出て, 別段熱, 十三歳の, 千両へ, 半刻, 半年程, 又, 只今は, 右往左往の, 向うの, 向うは, 向後は, 埋め立ての, 多年の, 夜中江戸表へ, 夢心地に, 大方父の, 大桝屋さん, 大榎の, 夫が, 夫は, 奈良の, 奥山どのが, 女は, 女一人父が, 女人芸術は, 妻の, 妾が, 子供の, 実に夢, 実はふ, 実は左近倉平, 家中の, 小宮山は, 小生は, 山住さんには, 巨木が, 希望の, 師匠に, 常に故主, 平次が, 平次の, 年は, 幸いな, 幾夜も, 張宝すでに, 影は, 後には, 後年兄の, 御丈夫, 御主人, 御出, 御家中, 御承知, 御用の, 御用聞手先と, 御老台, 徳川時代の, 志士浪人の, 忽ちピストル, 忽ち割れ, 忽ち血, 思いがけない西北, 思いついた風, 思いの, 思い直した様子, 悲しいこと, 悲しい昔, 愚図愚図し, 或る, 戦争中の, 所詮御, 拙者は, 掻い暮れ手掛り, 提灯が, 改めて関係者, 新宅は, 日蓮の, 明けてから, 明治三十二年八月十九日七十九歳の, 明治十五年父が, 春行かん, 昨夜に, 昨夜はからずも, 昨夜も, 是非にも, 時刻は, 暑気に, 暮しは, 曲者は, 更に止む, 朝の, 木下様の, 未練ながら, 枕頭に, 果しませんでした, 果せる哉, 栄吉の, 極寒の, 次第に眉, 次郎は, 死なせまして, 殿が, 母が, 母性の, 気の毒な, 水曜日まで, 決してさよう, 深沢深は, 温泉療養所の, 満つれ, 無事に, 無論下駄, 父の, 父はね, 獅子身中の, 玄以が, 生き返ったので, 甥御, 由や, 病後の, 真逆こんなに, 眼に, 神楽堂の, 私が, 私と, 私を, 程なく顔, 突然父, 童子の, 竹之助様の, 米友さんの, 米本国の, 紀行文の, 紹巴どのから, 組織的の, 結局そのまま, 織田の, 繻珍の, 考えて, 聞きおわりますと, 背丈や, 腹の中では, 自由に, 舌打ちし, 若君のみ, 血統という, 見ると, 見付かると, 親たちが, 親金が, 読経の, 警戒が, 貴女より, 赤化ロシアに, 赤飯を, 起居動作が, 近藤支配人は, 近頃では, 退役に, 遂にその, 運よく, 道ならぬ, 道庵先生が, 重ねて, 重二郎さん, 鉄の, 長与さんは, 間もなくその, 関白を, 青い顔, 静かに, 頂は, 頭から, 馬車が, 馬鹿な, 魯迅さんの, 龍太郎の

▼ おりましたので~ (147, 7.4%)

5 ござります 3 私は 2 それに, 何の, 私も

1 [133件] あの天窓, あれほど, いかにも間, いささかそれ, いささか地理, いずれに, いまさらこの, うっかり他人, お互に, お呼びに, お崎, お座敷を, お母さんに, お父様, お狂言, お読み, お遊さん, かくお, このごろの, このクチ姫, この共犯関係, この夜会, この正, これまた, これ究竟と, さだ子が, すぐさまそれ, すぐに, すぐ薬, そのこと, そのとき父, その三国, その光鋩, その原稿, その女, その年, そんな御, ただみ, ついうかとし, ついぞ御, ふしまわし, まず父, まだほか, みんな忘れ, めったにつれ, よほどそっとお知らせ, わざとあ, わたくしなどが, わたしが, カント・デックの, ザヴィエルの, ジッと, ス, ニッポン人を, マジャルドー氏に, リイの, 一寸見は, 不審に, 今日実は, 今朝も, 倅の, 六時半頃に, 内密話の, 前刻, 助かったの, 勘気も, 半四郎の, 取りあえずお知らせ, 同船の, 夏の, 夕方わたしは, 多分どこ, 大喜び, 大方そうと, 天皇の, 奇態な, 妙なる, 妾の, 家には, 小父貴だの, 少し求め, 山と, 引っとらえよう, 強直屍体とは, 当時行方不明の, 往来を, 後家に, 御挨拶, 忠実に, 折々好まぬ, 押鐘の, 数限りない, 斗丈様の, 料理人を, 新しい台所, 昨夜の, 普通の, 月姫は, 枕に, 楠正成の, 極力尽しました, 殿の, 父は, 現に只今, 甚しきに, 皆そう, 皆様と, 皮が, 直接間接に, 相当な, 看病の, 私共も, 自然お, 色気にかけては, 薬を, 藤枝先生に, 見えませんでした, 見かけること, 見物は, 親を, 言葉を, 誰も, 謝恩会にも, 警視庁から, 身体中を, 途の, 道端の, 醒めて, 鍛冶屋の, 鐚一文も, 随分驚い, 面白く思い, 驚かされまして

▼ おりました~ (133, 6.7%)

33 です 12 ですが 4 じゃ, でございますが, ですよ 3 で御座います 2 がこの, さ, でございますよ, ですから, ですけれど, は, はあの, は何

1 [57件] か, かそれ, が, がいつしか, がなお, がまよ, が久方ぶり, が今, が何より, が俄分限, が同じ, が斯様, が昨晩, が漸次, が皆学者, が私, が西条勘左衛門様, じゃが何, だそう, でございます, でしょう, ですか, です院長さま, と同様, に行っ, はえ, はお, はこうして, はこれ, はそれだけ, はは, はほんの, はわりに, は二十四日, は僅か, は意外, は斯様, は玄堂, は私, は私一人, は返す返す, も皆私, や, やけれども, をここ, をこの, をごらん, をだれ, をどう, を多く, を御存じ, を振り切っ, を狩人, を知る, を蔭, を見, 明け昏れ

▼ おりましたから~ (88, 4.4%)

2 何も, 右門は, 私の

1 [82件] あの方, いくらか違います, いつしか変った, お考え通り, お駕籠, かなり小さく, きまりを, ことによ, この中, この二人, これを, ご用が, さっそく御返事, さっぱり分かりませんでした, すっかりレディ・ファスト, そのころ, その事, その呼び声, それでも今頃, だん, ちょっといかが, ちょっと先, です, なかなかのぼる, ほんとうに, まるで御, よく存じ, わざと私, クロヒコの, パンも, ビックリし, 主税介は, 人を, 人柄は, 今も, 今日おいでに, 仕方なし, 伊達千代松さまへ, 何か, 何の, 何を, 例の, 俊夫君は, 僕は, 共犯だ, 国家の, 妻は, 家の, 家人とは, 専念に, 少しも, 年紀は, 引連れて, 後から, 御老体, 持って, 新たに, 新聞紙は, 時の, 未然に, 東太の, 此方では, 水の, 水潦が, 決してそんな, 泥棒が, 滝沢様の, 濃紅姫, 烈しい勉強, 犬は, 犯行の, 瞬間の, 私が, 私も, 耕作する, 自分の, 自然顔を, 角の, 解りません, 非常口を, 鼓膜切解を, 龍太郎は

▼ おりましたところ~ (58, 2.9%)

43 でございます 2 で許宣, へお, へこの

1 [45件] あくる日, あたかもきょう, おくにどん, お帰り, から来た, が, このよう, この春ごろ, ご危難, ご老師, じつに大口様, そのうちにわかぎみ, ただいま新田, つい先ごろ, でこの, でご, です, ですお, ですよ, でへえ, で去年, どうもあと, によります, はからずもきょう, はからずも近頃, はからず極秘, は飾場, ぷんと煙硝口火, へいまし, へだんなさまがた, へはたして, へ人違い, へ思いがけない, へ折, へ裁判所, わざわざの, を丁度, 幸い今日, 怪しい女, 早くも, 果せるかな, 果たして賀相殿, 疑うならば, 離れて, 願うても

▼ おりましたのに~ (35, 1.8%)

1 [35件] あなたは, あのよう, あの桜丸様, あれほど, いつ盗まれた, お気の毒, ここには, こりゃ聞い, こんなに自分, そのまま小, その姉さん, それが, それを, どういたしました, なお吃驚, なんだか逆, ふいっと, またお, もうその, もしやと, もったいない御諚, 久尻窯から, 予想は, 今こうして, 今の, 何が, 半ばに, 御邪魔, 昨日ちょうど, 有為無常の, 東宮様は, 案に, 正木先生だけは, 真実嬉しゅう, 老体の

▼ おりましたもの~ (29, 1.5%)

9 ですから 2 だそう

1 [18件] かばたばた, がこの, が今, が計らず, で, でございます, でございますから, です, ですが, でどうぞ, でよく, と見え, と見える, の上, らしく妾, らしく集まって, を, をお

▼ おりました~ (26, 1.3%)

1 [26件] お頭, こうした問題, しまいまで, そう致さなけれ, そのよう, その航海, それに, それまでにも, またその, また田舎, まだ二, やがて御, 今日の, 偶然も, 好奇心とか, 実家の, 帯だって, 後に, 正木先生も, 気嫌も, 犯人の, 真暗な, 私は, 肯かない男, 良人が, 言葉を

▼ おりましたこと~ (25, 1.3%)

3 か, です 2 でしょうか

1 [17件] かわからない, か死ん, が今日, が誰, が間違い, だけを申しあげたい, でご, でしょう, で御座いました, と存じまする, はいつか私, は大勢, をお, を古い, を少し, を思います, を書きとめ

▼ おりましたよう~ (23, 1.2%)

6 なわけ 3 です, な事

1 [11件] す, で, でご, でございますが, ですが, でそれ, で口, で御座います, で気, なもの, な次第

▼ おりました~ (23, 1.2%)

2 の心

1 [21件] がそっと, がほんの, が人間, すらまだ, だったの, との二人, にも見えまし, に向っ, のま, の姿, の心持ち, の愚かさ, の楽しみ, の父, の目, の耳, の褞袍, の顔, は大, も少なから, を御覧

▼ おりましたけれど~ (22, 1.1%)

2 私は

1 [20件] おつらい, かえってその, こちら様で, その後の, それも, つい十日余り前, とてもお, どうしても引きつけられ, もうこれ以上ご無沙汰, 中には, 実はこの, 帰れんよう, 戦火の, 未だにその, 欲深な, 死んでから, 畳は, 私の, 自由に, 随分お

▼ おりましたそう~ (22, 1.1%)

84 です 2 ですが, な 1 でご, ですよ, でその, でそれ, で今回節句, で常住土蔵

▼ おりましたけれども~ (17, 0.9%)

1 [17件] あえぎ, お母様は, お遊さん, それが, そろそろ帰り支度, た, とうとう我慢, ひょっとするとおしずにしましたならばこういう風, またお, ようこらえなくなりまし, 今と, 何しろ旧い, 彼の, 斯様なっ, 段々材料, 父御, 間もなく彼

▼ おりました~ (16, 0.8%)

6 ですが 2 ですけれど, ですよ 1 じゃ, だそう, でございますけれど, です, ですけれども, ですね

▼ おりました~ (13, 0.7%)

31 だそう, でございます, でございますが, でその後, で日露戦争後, とご, の位階, の娘, はその, は正成

▼ おりましたゆえ~ (12, 0.6%)

1 [12件] お妹君様, お訪ね申さなけれ, さっそくご, ぜひなく, たしかにそやつ, てっきりもうあいつ, にわかに騒ぎだし, また買い, よくない, よくは, 少しは, 生きた心持ち

▼ おりましたせい~ (11, 0.6%)

1 [11件] かここ, かさ, かその, か一々, か人, か人心地, か思わず, か資産, か馬車, でからだつき, でしょうと

▼ おりましたため~ (10, 0.5%)

31 ああ申す, つい口, にあなた様, に一種, に取返し, に特別, に縁組み

▼ おりました~ (10, 0.5%)

21 には, にふと, に御, のこと, の事, の情, の情な, はまだそう

▼ おりました~ (9, 0.5%)

1 いえば, 云い委しく, 云う吉水, 井戸へ, 父の, 答えたそう, 言って, 記憶いたします, 語るの

▼ おりました~ (9, 0.5%)

2 しても 1 いつのまにこの, かかわらずあわれいつぞや, かかわらずお雪ちゃん自身, よくまア御, 不測の, 思ひも, 毛頭相違

▼ おりましたその~ (8, 0.4%)

1 おりたしか, 中の, 効験で, 少女で, 時あなたは, 時わたくしは, 罪で, 自然に対しまして

▼ おりました時分~ (8, 0.4%)

1 から篤と, で, でも猫, に, にあの, に先生, はいつ, はよく

▼ おりました~ (8, 0.4%)

1 あるお, からお, しばらく一緒, でございました, の手紙, は稀, 度々御, 或先輩

▼ おりましたものの~ (7, 0.4%)

1 この賢俊, ずいぶん悲しい, 御目, 怖ろ, 由, 結局前額部に, 覚悟は

▼ おりました~ (7, 0.4%)

1 が, さあ盲目, でございます, なん, へちょうど, へ実に何とも, をちょうど

▼ おりました~ (6, 0.3%)

1 なさけに, 作が, 八代さんは, 殿様が, 連れの, 顔を

▼ おりました~ (6, 0.3%)

1 これこそ, その容体, はいちょっと, われらは, 知らん, 私の

▼ おりましたころ~ (6, 0.3%)

1 いつも師匠, から続い, から非常, と忽ち, よりもお目にかかります, よりももっともっと

▼ おりましたそれ~ (6, 0.3%)

2 を今晩 1 ととめ, のみならず, は武甕槌, をあの

▼ おりましたとき~ (6, 0.3%)

1 にちょうど, にもその, にクラーク先生, に病気, に議会, のよう

▼ おりました~ (6, 0.3%)

1 お首領, さよう家, アレクセイ・イヴァーノヴィチ, 十日も, 大磯の, 盲の

▼ おりました~ (6, 0.3%)

21 が程, は先生, もこの, をあと

▼ おりました~ (5, 0.3%)

1 につい, に火, はそれでも, は真面目, 心細い様子

▼ おりましたあの~ (4, 0.2%)

1 伊太利少年の, 兇悪無残の, 古参の, 私自身の

▼ おりましたうち~ (4, 0.2%)

1 に, にも御, に皆, に精神

▼ おりましたこの~ (4, 0.2%)

1 地方の, 秋田犬を, 花を, 魔海の

▼ おりましただけ~ (4, 0.2%)

1 でございました, で小生, で次いで, なん

▼ おりましたところが~ (3, 0.2%)

1 あなた様が, 仲人の, 嬢次君が

▼ おりましたどうか~ (3, 0.2%)

1 いっしょに, お援, 私の

▼ おりましたなどと~ (3, 0.2%)

1 たちまちに, 云って, 甘える妖しい

▼ おりましたもん~ (3, 0.2%)

2 ですから 1 で失礼

▼ おりましたゆえそれ~ (3, 0.2%)

1 がし, が何より, が忘れかね

▼ おりましたわたくし~ (3, 0.2%)

1 のからだ, の出生地, はやはり

▼ おりました~ (3, 0.2%)

1 の消息, は初めて, より至急

▼ おりました~ (3, 0.2%)

1 から会社, です, の關

▼ おりました次第~ (3, 0.2%)

21 でございます

▼ おりました~ (3, 0.2%)

1 にはその, に彼, 一方ならず

▼ おりましたあなた様~ (2, 0.1%)

1 と私, を

▼ おりましたお蔭~ (2, 0.1%)

1 で二人, で御座いましょう

▼ おりましたがな~ (2, 0.1%)

1 どない, はい一体全体まあ

▼ おりました~ (2, 0.1%)

1 んに, ンど

▼ おりましたけど~ (2, 0.1%)

1 大丈夫日本人じゃ, 近ごろまた

▼ おりましたこれ~ (2, 0.1%)

1 はお, 半治

▼ おりましたという~ (2, 0.1%)

1 ことで, のは

▼ おりましたとて~ (2, 0.1%)

1 心配が, 誰を

▼ おりましたとも~ (2, 0.1%)

1 あれは, 覚えません少なくとも

▼ おりましたはず~ (2, 0.1%)

1 その者, でお

▼ おりました~ (2, 0.1%)

1 ちゃんとうかがっ, 近頃の

▼ おりましたわけ~ (2, 0.1%)

1 で, です

▼ おりましたんで~ (2, 0.1%)

1 どうした, なにをっとばかり

▼ おりました卑しい~ (2, 0.1%)

1 私どもを, 身分の

▼ おりました~ (2, 0.1%)

1 はつい, は或

▼ おりました~ (2, 0.1%)

1 侍従が, 法師でございまし

▼ おりました~ (2, 0.1%)

2 はあけ

▼ おりました~ (2, 0.1%)

1 なので, に老

▼ おりました茂太郎~ (2, 0.1%)

1 が僅か, が死にました

▼ おりました貴方~ (2, 0.1%)

1 のたった, の古い古い

▼ おりました貴方様~ (2, 0.1%)

1 のお, のほのめき

▼1* [284件]

おりましたあいつを最も, おりましたあまり遅いもの, おりましたあやしい女を, おりましたある時, おりましたあんな女などに, おりましたあゝ荒々しい情ない事, おりましたうさぎでございますが, おりましたおしんでございますよ, おりましたおしんさんという小母さん, おりましたおりからわざわざ, おりましたお慰みに御覧, おりましたお詫びも直接, おりましたかと存じます, おりましたからって賞めて, おりましたがてまえが, おりましたくらい髪なぞも, おりましたけれどもてきは, おりましたこれからは慶娘, おりましたころあなたやトダさん, おりましたころお針を頼ん, おりましたころ食器を新しく, おりましたごまの蠅, おりましたア此方へ, おりましたさあ坊や一つお, おりましたさぞよろこぶこと, おりましたしだいで, おりましたしばあやもつい, おりましたそうして表面には, おりましたそうすると明日は, おりましたそこでその調子, おりましたそばへ寄る, おりました殿, おりましただけにそうした心配, おりましたつけが此頃ぢ, おりましたでもあね, おりましたというのみのこと伝染る, おりましたとおりに大将さん, おりましたとおり至道の死去, おりましたとかで, おりましたとき何かのはずみ, おりましたとき妹のさだ子, おりましたとこへピイ, おりましたところあなた様のお越し, おりましたところお手数をかけまし, おりましたところこのごろそちこち新聞, おりましたところそれから五, おりましたところそれっきり物音が致しません, おりましたところどこかへお出まし, おりましたところわたくし良人の申します, おりましたところ一道の光, おりましたところ七日の夕方, おりましたところ人のうわさ, おりましたところ今し方てまえ, おりましたところ今回心を決しまし, おりましたところ今度お館, おりましたところ今日はしきりに, おりましたところ今日先生の御, おりましたところ先においで, おりましたところ初夜を過ごした, おりましたところ思いもかけないこぎゃん, おりましたところ急に何やら, おりましたところ明治三年に御, おりましたところ昨年の暮, おりましたところ貴下の御, おりましたところ貴族の方, おりましたところ運の尽き, おりましたところ風のたより, おりましたどうぞお身, おりましたなんでも先生, おりましたなんて言うの, おりましたにも拘わらずいつ如何なる, おりましたえ十数人, おりましたのでとのことであった, おりましたのでな頭を, おりました内の人の, おりましたはじめて識りあった, おりましたさきで, おりましたやさきある筋, おりましたやらおらぬやら, おりましたゆえだいじょうぶにご, おりましたゆえわたしを捨て, おりましたゆえツイお召しも知らず, おりましたゆえ上覧の日, おりましたゆえ今もなお, おりましたゆえ君前に罷り出る, おりましたゆえ奥女中の持ち, おりましたゆえ当夜もこの, おりましたゆえ役儀上伺って, おりましたよい女房で, おりましたわけさきほどの無礼, おりましたわたくし今この場, おりましたわにがむっと, おりましたアダルベルト二等機関兵曹が手真似足真似, おりましたウィルソン大統領の部下二三名, おりましたコンドルはかよう, おりましたツル子と申します, おりましたフクを平気, おりましたヨーロッパ生れの神父たち, おりましたロ市でも屈指, おりましたでね, おりました一寸離れて, おりました丁子油の髪油, おりましたに勤倹質素, おりました上日も暮れ, おりました上野の仏和女学校, おりました童が, おりました不思議な運命, おりました両手の力, おりました主人はやがて, おりました九月の初, おりました事実で近年, おりました二日目の事, おりました二見から鳥羽, おりました井上源兵衛の娘, おりました人相書御用人様へ返し, おりました人間並みではこれ, おりましたのお, おりました今屋の伊草, おりました今日から以後, おりました仕丁両三名, おりましたの人, おりました以上一座の方以外, おりましたの嬢次, おりましたの一人, おりましたで御座いますが, おりました位気の弱い, おりました余吾之介様, おりました依田の父, おりました係りの役人, おりました催促が来ます, おりましたの枕元, おりました僧院が破壊, おりました留満が, おりました其の頃愛敬角力で, おりました刀箱はこれ, おりましたはえらい, おりましたがあっ, おりました十五万円の財産全部, おりました千枚ばかりの長篇, おりました半田屋書店に頼みまし, おりました印度人シャイロック・スパダ氏を射殺, おりました危険な運命, おりました叔母だけがひとりしんぱいしておったのでござります, おりました古い古いお方の, おりました古市の新地, おりました合鍵を渡しまし, おりました囚の, おりました同役の者, おりました喜撰ヶ嶽三室戸など, おりました国広の刀, おりましたの表, おりました大将株とも見える, おりました大陸民族式の想像, おりました太子図書館へも時々, おりましたの人, おりました女房に少々, おりました女給の鞆岐久美子, おりましたのほか, おりました妻ノブ子はこの, おりましたが, おりました婦人たちの中, おりました子持ちすずり, おりました定めし神様も, おりました定期船に乗船, おりましたへ隠れ, おりました家内に出あいまし, おりました富有そうな老人, おりました尊敬の心, おりました小宮山は何, おりました小生に断る, おりました尾花沢で戸田, おりました山崎先生のおっしゃる, おりました岡沢先生御夫婦, おりました巨額の資金, おりましたはやがて, おりました彼女だったこと, おりました血統の, おりましたを顯, おりました思い出の花, おりました態度が今, おりました我慢の強い, おりましたる連載物, おりました所此度図らずお, おりました所表の御門, おりましたをやすめ, おりました手紙も戻っ, おりました折柄タキシー運転手姿の樫尾, おりましたいささか国土産, おりました故今日はキッ, おりました故何も存じませぬ, おりました故失礼をゆるされい, おりました故御無沙汰を致しました, おりました故郷の家, おりました数万の屍, おりましたどんが, おりました新古美術展へ出品, おりました旅役者上りの外蟇, おりました旅行案内をもと, おりました早速お帰宅, おりました明け方に珍しい, おりました昨夜あの方, おりました時乙女等の摘み, おりました時妙齢の埃及, おりました時節が参りました, おりました木下弥右衛門と申す, おりました本部を更に, おりました村尾さんのよう, おりました東西両陣, おりましたでご, おりました松平主税介という人, おりました板倉周防守はこの, おりました之助, おりました棒切れとその, おりましたより柱, おりました樫尾が立ち去る, おりました欄杆の端, おりました欧洲大戦前, おりました欧洲大戦は正に, おりました正木博士にもサッパリ見当, おりました武士でご, おりました死体をゆくりなく, おりましたのため, おりました気持ちももう, おりました決心の内容, おりました活動の話, おりました済まないこととは, おりました渋江典膳にご, おりましたもずいぶん, おりましたに事前, おりました然るにこの土地, おりました物音がすこしも, おりました甲斐の国, おりました町人に向っ, おりました病気のため, おりました白粉垢の着いた, おりました白衣白髪の老人, おりました皮肉屋もおりました, おりました盜伐事件のため, おりました着物でございます, おりました社会情勢と芸術, おりました禅宗というもの, おりましたでございました, おりました米友さんの唄い, おりました粗末な懐中鏡, おりました系図も尾張, おりました細川方の郎党衆, おりました結果総長の命, おりましたの中, おりました色々な報告, おりました若い娘を, おりました若殿原が早速, おりました苦しさを, おりました苦渋の色, おりました草原の中, おりました蒸籠の修繕, おりました藍丸王は矗, おりました藤六の娘, おりました藩士共にひと足早く, おりましたの滴り, おりました衣装の片, おりましたで, おりましただってその, おりました貨物船室戸丸はその, おりました方様と, おりましたの女, おりました赤い鼻緒の, おりました赤く染めた袖, おりました足軽衆の乱波, おりました通りそれは法律, おりました遅いと山, おりました道成寺の変化, おりました釘勘という目明し, おりました鏃鍛冶で徳川さま, おりましたの前, おりました長い間の, おりました門跡様のお, おりました関係から知っとる, おりました際加賀の白山, おりました青年の正面向き, おりました非人は先刻, おりました頃歌舞伎を見物, おりました願いが届きまし, おりました鳩渓平賀源内と申す, おりました黒岩清九郎さまとおっし