青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お婆さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おん~ お上~ お世話~ お互い~ お供~ ~お出で お出で~ ~お前 お前~ ~お前さん
お婆さん~
~お嬢さん お嬢さん~ お嬢様~ ~お客 お客~ お客様~ お家~ お寺~ お待ち~ ~お方

「お婆さん~」 1763, 19ppm, 6027位

▼ お婆さん~ (412, 23.4%)

6 私の, 自分の 4 眼を, 私に 3 それを, 中

2 [28件] いつもの, お爺さんに, お美代, きんちゃ, どうして, どこへ, なほも, ほ, ぽつんと言, やさしくほ, ニコニコし, 与八に, 事も無げに, 何か, 健在である, 冷たくな, 喜んで, 女の, 家で, 布団の, 手を, 最後に, 眼に, 耳を, 腰も, 言いました, 退却する, 遠藤さんが

1 [330件] ああいう, いたく恐縮, いちいちその, いっかな聞きいれない, いつまで, いひました, いろいろの, うしろから, うちで, うれしさうな顔, うれしさうに金, うれしさうに食事, おいでです, おいらの, おはぎ, お土産, お増, お掃除, お椀, お爺さんの, お留守, お達者, かゆを, かわいそうだ, かわいそうです, きかなかった, きりりと身, くたびれて, このこと, このごろお, このとおり体, この人, この人品, この屑竹, ごくり, さう, さっそくシンデレラ, すぐおはぎをたべた, すぐに, すぐ眼, すつかり驚い, せっかくの, そういう人, そういう大切, そう言っ, そこに, そこの, そのお嬢さん, その両手, その中, その南瓜, その話, その身持ち, そばから, そら火事, それまで, それ迄に, そんな風, た, たつて, つい五, どうしても与八, どう思, どんな模様, なお諄々, なかなか承知, にこにこ笑い, にっと笑っ, はじめる, ひどく人, びっくりしました, ふうふう火, ふとこんな, ふと孫, ふるふると, ほんとに君, ぼくの, ますますにこにこ, また枕, また眼, また腰, また自分, また躊躇, まだ帰らなかつた, まだ達者, まるでお伽話, まるで紙布, みじんこの, みな家庭的に, もう我慢, もう泣い, やっと安心, ゆるゆる歩きだし, ゆるゆる歩きだす, よくその, より歓迎, よろめきよろめき老衰, わがこと, わざ, ゐませんでした, イキナリ豚吉を, ウロ, カンカンに, カーブの, キュリー夫人と, シュンという, シンデレラが, シンデレラを, ツンと, ニコニコ笑い, ニツコリし, ヴェランダに, 一そういらいらし, 一層怒っ, 一心に, 一時に, 一生懸命に, 一言も, 一躍花形役者, 三合五勺を, 三椀まで, 上り框まで, 上京の, 不意に, 与八の, 世にも美しい, 世界いたる, 両足を, 並ぶもの, 丸くなっ, 乗りか, 乘り, 二人の, 二度繰返し, 云いました, 云ふ, 云ふんだ, 亡くなって, 今夜きっと, 今日はじめて, 仔猫を, 低い嗄れた, 体中の, 何も, 何十年と, 何姓です, 何故我家, 俄に, 信心深い, 信用の, 僕たちを, 先ず坊主, 公平で, 六十五六です, 内へ, 出入りば, 出掛だ, 出来るだけ, 別として, 匙を, 却, 又こう, 口まで, 口を, 只コックリ, 可哀そうに, 吃驚した, 呶鳴りました, 咽喉に, 唸りながら, 問われも, 坊主頭でも, 変な, 夕方の, 外部からの, 多分五厘, 夜明けまで, 夢うつつに, 大きな桃, 大きな膝, 大勢な, 大喜び, 大変に, 大変有難がっ, 大層感心, 大層憤っ, 大層賢い, 太い溜息, 太郎の, 女が, 姫を, 娘婿の, 嫁の, 嫌いな, 子供の, 子供を, 字を, 富士の, 小さな包, 小さな店, 小児の, 少々跛, 少しでも, 就寝て, 尾州藩でも, 居なかったので, 居ませんか, 居ませんの, 山を, 川へ, 布団から, 帰らなかつた, 平氣, 幸内から, 広告に, 庄ちゃんが, 床の, 座が定る, 庭へ, 引つ込んで, 引込んで, 徐々, 徳大寺様と, 心から感謝, 心の, 思った, 急に, 息を, 意地悪さうに微笑む, 意地惡さうに微笑む, 感謝の, 懐中から, 成程とは, 戸を, 改まった調子, 新聞を, 日曜着の, 日頃から, 時々部屋, 智慧者だ, 最初の, 最初自分の, 本気に, 本氣, 歓んで, 此処に, 歯の, 死んで, 殆ど機械的に, 毎日郵報を, 毎朝自分で, 気楽で, 泣いて, 涙を, 湯槽から, 湿つた, 無事に, 然う, 燈火の, 物静かな, 生っ粋, 益勢付い, 相変らず, 相当な, 真先に, 真実に, 真面目に, 眩しそう, 眼鏡を, 知つてい, 知らないかね, 神主な, 私が, 私へ, 秋に, 秤で, 立上っ, 答へ, 箱に, 粥鍋の, 続けた, 美しい人, 耳も, 聞いた, 聞いたよう, 聞く事毎, 肉体の, 肝を, 臥床から, 自分が, 自分で, 苦笑した, 薄気味悪い思い, 蝋燭の, 行って, 覆面の, 見かけに, 見つくろって, 親戚の, 言うん, 言った, 言はれた, 言ふ, 話した, 誘うよう, 語らなそう, 起きて, 車に, 通り過ぎて, 通訳し, 達者かな, 遠い遠い昔, 部屋中見廻し, 閉じたまま, 雨戸を, 電車道へ, 青い静脈, 静かに, 非常に, 面白いのよ, 頭巾と, 頻りに遠慮, 額縁に, 顏を, 顔さえ, 顔を, 飽きるの, 騙されたと, 魚の, 黙ったまま

▼ お婆さん~ (300, 17.0%)

7 出て 5 ひとりで 3 あって, それを, 坐って, 杖を

2 [11件] いるから, 一人で, 住んで, 悪いの, 来て, 点々と, 私の, 聲を, 自分の, 豚小屋の, 連れて

1 [254件] あった, あったでしょう, あってね, あの若い, あらわれて, ありましたが, ありまして, ある, ある日上がり框, いうには, いかにもせいせい, いた, いたとて, いったでしょう, いつか覚え, いつも立っ, いなければ, いよいよ感心, いるでしょう, おずおずと, おっしゃる, おった, おやっといった, お出でなすった, お困りでしょ, お好き, お嫁, お巡査さん, お湯から, お湯に, お茶を, かける半襟, こう云った, じぶん, すぐに, そう言う, そこを, その通り, それに, それは, たずねるくらい, ちょっとした病気, つかって, つかつかと, とてもいい, どうした, どうしても承知, どうろ, どんなに親切, なくな, にこにこし, ねんねこで, はるかに, ばつちくな, ひとり乳母車を, ひとり合点で, ひとり呑込みで, まず三人, またしても, また深く, むっつりした, もう老いさき, やさしい善良, よく気, よびとめて, わが家へ, わざわざ年老いた, ゐたから, ゐたといふ, ゐましてね, ゐるで, ゐるはず, カモイの, トランプの, プントを, 一人, 一人ありました, 一人かと, 一人そこに, 一人と, 一人出, 一人古びた, 一人坐, 一人日本中の, 一人留守を, 一人白髪頭を, 一人突立って, 一人立っ, 一座の, 一等いい, 三浦環さんだ, 上京し, 下駄屋さんには, 不意に, 与八を, 世にもニコニコし, 両手に, 並んで, 主人に, 二三人迎え, 二人曇天の, 二階の, 云ったこと, 五間ほどの, 井戸番を, 亡者の, 人も, 今教, 仔猫を, 伴れ, 体も, 何か, 何ぞと, 何マイルかの, 何者な, 來て, 僕に, 入口で, 入院した, 全く驚異, 八十位の, 出す方, 剃刃, 半分腰を, 博士夫人に, 取次いで, 口ぎたなくお, 口を, 可愛い筈, 台所で, 同じよう, 名高い八釜, 味噌汁を, 唐突に, 唐黍の, 地べたに, 声を, 声涙ともに, 夜中でも, 夜中に, 大きな聲, 大胆な, 如何にも疲れ, 妙な, 孫を, 孫達に, 家へ, 寝る前, 寝転んで, 屈んだ腰, 山岳の, 巣鴨の, 左う, 帳場で, 平常あんなに見え, 床下に, 店で, 店先で, 彼んな, 彼方へ, 後を, 御隠居, 御飯炊き, 御飯焚きならある, 微笑した, 恋の, 愚痴話に, 我家に, 手拭を, 承知しない, 招待する, 揺籠を, 散歩に, 旧の, 晩めしを, 書け書けと, 曾根原氏の, 望み通りに, 来なくなる時, 来ました, 来ると, 柿を, 棒頭にな, 正面の, 歩いて, 歳をと, 死んだので, 死んで, 死んでから, 水の, 水を, 沢山の, 泊つた, 泊ります, 消えて, 深切だ, 湯気に, 濡れ紙, 火吹竹を, 煙草盆を, 甃のうへへ, 生きて, 留守を, 病気で, 病院へ, 白髪に, 目球を, 真白に, 真赤な, 真面に, 眠そう, 眠って, 眼で, 眼を, 私たちに, 私は, 立ち去っても, 立って, 笑ひ, 第の, 答へ, 糸を, 納豆を, 細ぼ, 経帷子を, 綿を, 聾で, 臍繰り金の, 若い燕, 茶を, 草鞋を, 袖無し羽織を, 襤褸を, 覚えちょ, 訊くと, 話して, 買って, 赤ん坊を, 迎えて, 近所の, 追い駆けて, 遅刻の, 道祖神の, 酒を, 針で, 鉄の, 長さ五尺位, 階子段を, 電車線路を, 青年ボーイの, 顏を, 顔を, 鶏を, 鼻緒を

▼ お婆さん~ (267, 15.1%)

5 ところへ, 傍へ 4 やうな, ような, ように, 顔を 3 やうに, 家へ, 顔が

2 [16件] いうこと, 儼然たる, 処へ, 友達らしく, 娘に, 御新姐, 手の, 方が, 方へ, 病気を, 皺くちゃな, 親切に, 言うこと, 語るところ, 退場後に, 顔の

1 [200件] あきれ顔, いたお, いるうち, いわゆる, おさがりだった, おだやかな, お伽話よりもよ, お作, お妻, お妻さん, お対手, お相伴, お相手ぢ, お酌, かいがいしい朝夕, きく様, くせに, くれた卓, こ, こっちを, ことから, ことが, ことじゃが, ことで, ことでしょう, ことなぞを, ことなどは, ことを, ために, とこへ, ところから, ところで, ところへは, なくなってから, はずだ, は感心, ふくらんだ大前掛, やさしい笑顔, ゐたところがち, ハイカラが, 一人が, 一人湯です, 一生は, 世話まで, 云う事, 亡くなつた連合, 仕事だ, 代りに, 伜の, 低い声, 來訪を, 側に, 傍に, 先生が, 処え, 前に, 前へ, 占いが, 占ひ, 印象みなさんそれぞれ個性的な, 口の, 口癖でした, 名に, 喜びは, 声が, 声らしかった, 大きい声, 大きな指, 女中頭が, 姿が, 姿に, 姿を, 娘が, 娘だった, 婿が, 子供か, 孫にあたる, 実の, 家という, 家に, 家へも, 寝息の, 小園さんよりも, 居眠りを, 居間でした, 巡礼は, 布団の, 帰るの, 店が, 廻りは, 形を, 後に, 後ろには, 後姿を, 御招伴, 心の, 志その, 忠義な, 怒って, 怨霊が, 息子が, 息子は, 息子夫婦それに, 愛情を, 感心に, 感歎に, 態度が, 懐が, 所に, 所へ, 手から, 手は, 手伝いを, 手料理です, 指さす秋日, 掛声みたいで, 故郷信州飯田, 故郷信濃の, 方で, 方は, 方も, 本名, 枕は, 枕元に, 枕元へ, 條に, 様に, 様子を, 歌が, 歌は, 歌を, 死んだあと, 死体を, 気の, 氣を, 水色エプロンの, 無知から, 物語るそういう, 独言, 生て, 病気見舞に, 白髪頭を, 監督の, 眼の, 着物は, 着物を, 瞼へ, 石の, 禿頭は, 私に, 穿いて, 突き出すの, 窓を, 細い声, 細腕で, 紹介で, 繍った, 繍とり上手を, 耳に, 背中を, 脚では, 腰の, 腹を, 膝から, 膝の, 血筋に, 親切から, 言う通り, 言付けを, 言葉では, 言葉には, 言葉を, 記念として, 証言は, 話が, 話でも, 話に, 話は, 話も, 話を, 読むもん, 身で, 身のうへには, 身の上を, 車が, 通訳ぶりは, 連中が, 選ぶ歌, 頬かぶりと, 頭は, 頭痛を, 頭越しに, 顏と, 顏を, 顔と, 顔には, 顔は, 顔へ, 養子は, 鼻さきにまで

▼ お婆さん~ (172, 9.8%)

11 なって 6 化けて 3 なっても, なるの, 逢いました, 連れられて 2 いくつです, いたずらを, お給仕, さへ, なつた, なるかしら, 聞いた商人宿, 薬を, 見込まれて

1 [125件] あいさつを, いろいろ聞いた, おなん, お婆さんの, お孫さんの, お庄, お聞き申し, お蕎麦, お詫びを, お頼みやした, きいて, こう言い渡し, こんな電報, さんざん油, した様, そう言っ, なった, なったと, なったとき, なったよう, なった先, なった時, なった若く, なっちゃ, なってしも, なっては, なつて, なりたいな, なりました, なり伝兵衛, なり所謂年増美, なるし, なるだろう, なるつて意味, なるならね, なるばかりね, なるほか, なれば, なろうとは, はなつてを, やつて, よろしくやられた, 一枚うつし, 上げな, 与えた, 乗り移るん, 二十サンティム, 今に, 代わって, 会いました, 会う事, 似て, 何か, 何卒宜しくお前, 使者は, 出くわすと, 出遇うたから, 分けて, 前田君が, 化けた後, 占いを, 占ひ, 向きあって, 唐黍を, 問いただして, 嘗めさせる, 壮助は, 変ろうとも, 大怪我, 子供が, 尋ねたです, 導かれて, 己の, 席を, 恩返しの, 悪戯を, 成ったネ, 成っちゃ, 成っては, 成つてから, 成りましても, 手を, 持って, 掴みかかって, 断つて, 日本の, 昔は, 来て, 東京から, 死なれては, 殺されて, 毛糸の, 気軽く応対, 渡して, 理解が, 笑はれた, 約束を, 聞えなければ, 至るまで, 行逢った, 見えるかしら, 見せに, 言うと, 言はせる, 言はれた, 言ひ附けられた, 訊いた, 訊ねて, 詰めて, 詰問され, 話を, 贈りそうして, 返すの, 返そうと, 追い付きまして, 逢いたいと, 逢うという, 逢って, 逢ひました, 遇った時, 露払いを, 頼みたいこと, 頼むと, 頼んだの, 頼んで

▼ お婆さん~ (65, 3.7%)

2 あった, あれば, また息子, 息子も, 聖人も

1 [55件] あおぐよう, ありますッさ, ある, あるけれど, いい人, いい心持, いた, いつも私, お前さんを, お腹を, お金と, かるいかお, この子, この間に, すぐ誤り, それから敏雄, それを, そんな気, ぼんやりと, またムク, みな眼を, みんな一眼見, もう餌, オッカアも, 一時呆れ返った, 不思議な, 主人も, 乗客と, 亡くなりました, 今日は, 今月の, 住んで, 何の, 再び快く, 喜び私, 大人も, 好奇心に, 娘も, 子供も, 家へ, 少々我, 少しひるん, 御褒美, 昨日付い, 是非貴女を, 時代色の, 札の, 決して積極的, 突然な, 若者も, 話に, 遠い昔, 重宝がっ, 銅の, 鼠達も

▼ お婆さん~ (65, 3.7%)

4 呼んで 2 つかまえて, 欺せる, 見て, 訪ねて, 連れて

1 [51件] お嫌い, お送り申し, ごまかして, つれて, どんなに侮辱, やすまして, よく見ましたら, 一人置く, 一日何處かへ, 与八が, 促した, 先に, 冷やかして, 呼びませうよ, 喜ばせるため, 天の, 嫌ふもん, 宿所迄, 導いて, 席に, 座敷へ, 後ろから, 想像し, 慕って, 抱き止めて, 拵へる, 案内し, 橋の, 殺したこと, 満足させる, 滿足させる, 無人の, 皆に, 相手に, 睨み付けました, 知ってるでえ, 縁側に, 自分の, 見かけた, 見かけたもの, 見たのよ, 見る, 見舞ひ, 見覚えて, 見送りながら, 訪れたら喜んで, 負つて, 迎へに, 連れた青年, 間違わないでね, 除いては

▼ お婆さん~ (59, 3.3%)

3 一緒に 2 婚礼する, 言えば

1 [52件] いいここ, おっしゃる, お婆さんの, お朋友, きりで, この柿, さかんに, さし向い, それに, そんな関係, 一体人懐い, 一緒では, 二人きりで, 二人で, 似て, 何の, 僕だけ, 其処まで, 十二三に, 古綿, 同じちゃぶ台, 同じ恥辱, 同じ郷里, 向い合って, 呼ぶやう, 呼んで, 喧嘩を, 噺し, 坐って, 娘が, 娘さんと, 小菊に, 居たん, 擦れ違っても, 来たらそれ, 来ては, 男の, 病気が, 相談し, 知合ひ, 虹ヶ浜で, 見えたの, 見えないほがらかな声, 見え冬, 言はれたくなけれ, 言ひました, 話して, 話合いました, 談し, 道づれに, 階子段を, 顔を

▼ お婆さん~ (22, 1.2%)

2 夫の

1 [20件] あつた, いるに, およろしけれ, おれは, お八重さん, お富士さん, ござります, しかも二人, そしてツン, そのくせ跫音, もう一人, よろしければ, フッチと, 世界的な, 何と, 太郎は, 屠牛場の, 或る, 相手にも, 私も

▼ お婆さんから~ (16, 0.9%)

1 [16件] いろんな話, うまく二銭, こう云われ, そのこと, 二三間の, 二銭の, 先刻御, 取った二銭, 暫く忘れ, 突然に, 納豆を, 自分の, 蜜柑を, 読心術の, 貰って, 離れて

▼ お婆さん~ (15, 0.9%)

2 が何

1 [13件] からどうせ, から懐し, ぜ, と, という意味, と思っ, と言っ, な, のといふ, のへの, よ, わ, わね

▼ お婆さん~ (13, 0.7%)

1 [13件] オカミサンが, 中元の, 何と六人, 坊に, 姉さんから, 姉さんが, 姉さんの, 子供たちが, 小母さんが, 年を, 抱えを, 無事な, 赤い洋服

▼ お婆さんです~ (12, 0.7%)

42 からお, よ 1 から女, もの, ものね, よツ

▼ お婆さん~ (10, 0.6%)

3 のだ, んです 1 のちょい, のである, のになんて, んだ

▼ お婆さん~ (9, 0.5%)

2 の中 1 が時, が病児, の話, は一人, は其音, は捏ねた, は立ち上り

▼ お婆さんたち~ (8, 0.5%)

1 がはしゃいだ, が三夜様, が愚痴, の元気, の用具, の顔, は二十歳, は何

▼ お婆さんでも~ (8, 0.5%)

1 あった, おかみさんで, ないでしょう, め組には, 何でも, 小父さんを, 左樣, 被りそう

▼ お婆さん~ (7, 0.4%)

1 上り, 上りなさいな, 侍みんなお, 出しなさいまし, 庇で, 給仕を, 蕎麦が

▼ お婆さんには~ (7, 0.4%)

2 あの方 1 かぶと虫だらう, たった一人, 子供の, 孫与右衛門さんには, 違ひない

▼ お婆さん~ (6, 0.3%)

1 いらっしゃいお婆さんこの, お爺さん, 何か, 可哀想だ, 女さんかを, 若くても

▼ お婆さんこの~ (6, 0.3%)

1 二三日えらい忙し, 島でも, 比ちっとも, 比は, 竹藪を, 隣に

▼ お婆さんでは~ (6, 0.3%)

1 あった, あつた, ありませんでした, いけませんかしら, ないか, なんぼなん

▼ お婆さんという~ (6, 0.3%)

1 いわれる度, ところに, のは, 人は, 年でも, 訳で

▼ お婆さんお前~ (5, 0.3%)

1 はどう, は善智識, は見懸け, も知っ, を平地

▼ お婆さんお婆さん~ (5, 0.3%)

1 そんなにうなされ, と一体人, と呼ん, の実, 出して

▼ お婆さんその~ (5, 0.3%)

2 豆一皿ください 1 人は, 証拠を, 銅貨を

▼ お婆さんにな~ (5, 0.3%)

1 つてお前さんが, つては, つて浦賀の, つて當時自分くらゐ, つて髪も

▼ お婆さんにも~ (5, 0.3%)

1 たびたびそれ, ひどくし, 同じよう, 言わずに, 赤い花

▼ お婆さん~ (5, 0.3%)

1 うして, うなす, か薬, も知らない, をなさる

▼ お婆さん~ (5, 0.3%)

1 がこんな, にも挨拶, はまだ, は直, も重

▼ お婆さん~ (4, 0.2%)

1 半々に, 持つて, 教えたり, 移りよそ

▼ お婆さんまで~ (4, 0.2%)

1 がたうとう, 列を, 手を, 棒きれ

▼ お婆さんみたい~ (4, 0.2%)

1 だった, なケチ, な柔和, に今にも

▼ お婆さんとが~ (3, 0.2%)

1 住んで, 入って, 加盟しました

▼ お婆さんなら~ (3, 0.2%)

1 まだ桑畑, 今朝も, 少し鼻

▼ お婆さんばかり~ (3, 0.2%)

1 いたの, ぢや, で腰

▼ お婆さんもう~ (3, 0.2%)

1 好いの, 好いん, 駄目です

▼ お婆さんより~ (3, 0.2%)

1 よほど手際, 二つ上です, 早く走れる

▼ お婆さん今日~ (3, 0.2%)

1 は, は不思議, も行く

▼ お婆さん~ (3, 0.2%)

1 承知の, 深切に, 満足でした

▼ お婆さん早く~ (3, 0.2%)

1 支度を, 歩こう, 被中炉

▼ お婆さんあの~ (2, 0.1%)

1 草鞋様がねえ, 赤シャツは

▼ お婆さんこう~ (2, 0.1%)

1 なん, 言って

▼ お婆さんこれ~ (2, 0.1%)

1 は誰, を讀んだ

▼ お婆さんじみた~ (2, 0.1%)

1 様子が, 猫背の

▼ お婆さんじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ないん

▼ お婆さんそれ~ (2, 0.1%)

1 には及ばぬ, は本当

▼ お婆さんそんなに~ (2, 0.1%)

1 うなされて, 大きな桶

▼ お婆さんだけが~ (2, 0.1%)

1 その娘, ひとりのみ

▼ お婆さんだけは~ (2, 0.1%)

1 廊下などで, 知って

▼ お婆さんだって~ (2, 0.1%)

1 奥様を, 知らないだろ

▼ お婆さん~ (2, 0.1%)

1 やありません, やお

▼ お婆さんであった~ (2, 0.1%)

1 が, がわれわれ二人

▼ お婆さんとこ~ (2, 0.1%)

1 にあったらゆずっ, へもお

▼ お婆さんとで~ (2, 0.1%)

1 看板を, 頻りに相談

▼ お婆さんとは~ (2, 0.1%)

1 ここを, 比べ物に

▼ お婆さんどこ~ (2, 0.1%)

1 かこの, から来た

▼ お婆さんなど~ (2, 0.1%)

2 おれみたいな

▼ お婆さんなんか~ (2, 0.1%)

1 いる訳, 両手に

▼ お婆さんひとり~ (2, 0.1%)

2 しかゐない

▼ お婆さんまでが~ (2, 0.1%)

1 洋服を, 牛に

▼ お婆さんよりも~ (2, 0.1%)

1 いやな, また紳士荘

▼ お婆さんらしい~ (2, 0.1%)

1 ところは, 年寄が

▼ お婆さんをも~ (2, 0.1%)

2 また品行方正

▼ お婆さん下げ~ (2, 0.1%)

2 ておく

▼ お婆さん~ (2, 0.1%)

1 とこの, の田舍

▼ お婆さん其の~ (2, 0.1%)

1 包みを, 後は

▼ お婆さん~ (2, 0.1%)

2 いッ

▼ お婆さん自身~ (2, 0.1%)

1 がむかし, だけがへん

▼ お婆さん連中~ (2, 0.1%)

1 が申す, なの

▼1* [143件]

お婆さんあたしに云ってた, お婆さんあなたは食べ, お婆さんあなたたちはよほど, お婆さんあんたあっちい往, お婆さんいい子供が, お婆さんうまいなア, お婆さんえッちらえッ, お婆さんおっさんおかみさん, お婆さんお前さんはよくも, お婆さんお婆さんそこにある, お婆さんお婆さん鼬が卵, お婆さんかお君ちゃんがとり, お婆さんかぶと虫をとつ, お婆さんからはいつも少し人, お婆さんがねあの若造, お婆さんがよくさう云つて, お婆さんけがはなかっ, お婆さんここは上等, お婆さんじしんだが, お婆さんじみてきた, お婆さんじみなければならぬ, お婆さんそこにある, お婆さんそっくりだ, お婆さんそつくりだつた, お婆さんそんなら私, お婆さんだったが後取り, お婆さんだろうと思いました, お婆さんちっとも驚くこと, お婆さんちょっとその, お婆さんちよつと手, お婆さんであっても娘, お婆さんであり似而非貞女であり, お婆さんであるから人気, お婆さんでございますか, お婆さんでしょう四十幾つかに, お婆さんでないとすれ, お婆さんといふことで, お婆さんとかごくの, お婆さんとがをりました, お婆さんとしか見えないの, お婆さんとしての社会保護が, お婆さんどうかこれを, お婆さんどうぞ御免や, お婆さんどちらも結構, お婆さんなどにつかまると, お婆さんなどの中には, お婆さんなどは本当に感心, お婆さんなんかが逃げ遅れ, お婆さんなんぞもこれ人力や, お婆さんなんて如何だ, お婆さんについて家の, お婆さんにでもなったら生涯, お婆さんにとって私は, お婆さんにばっかりなるもの, お婆さんに対しては意地が, お婆さんに対する考えも, お婆さんのみですから, お婆さんはかういつて, お婆さんはとぼとぼと家, お婆さんはもうとつく, お婆さんひどく弱って, お婆さんへの伝言を, お婆さんほおずきやのお, お婆さんまたやったなあ, お婆さんまでの女を, お婆さんめいた暮らしを, お婆さんやら子供たちが, お婆さんわしの, お婆さんよりはこの人, お婆さんわしが打った, お婆さんわたし今姉さん, お婆さんイヤなおばさん, お婆さんカヨが突然, お婆さんチェッコ・スロベキヤの青年, お婆さん一生懸命でこすり立て, お婆さん一銭のを貰う, お婆さんその, お婆さん二銭の喜捨拝受, お婆さん亡くなった人人も, お婆さん何と奇特な, お婆さん何処までも正太, お婆さん何所で切, お婆さん元気なもの, お婆さん其隣の大尽, お婆さん出して下さい, お婆さん勘定だ, お婆さん来るよ, お婆さん古賀さんは日向, お婆さん吉蔵が眠, お婆さん困るじゃない, お婆さん堪らないからもう, お婆さんに氣, お婆さん景色だ, お婆さん寸分違わねえ同, お婆さん小僧がお腹, お婆さん少しお願いが, お婆さん帽子をかぶった, お婆さん幾人の古い, お婆さんを取っ, お婆さん兼ねて, お婆さん怪我をした, お婆さん手もと見ねえつたつてさ, お婆さんへ寄せた, お婆さん附木を, お婆さんから聞馴染, お婆さん暑うおまん, お婆さん有難うヘエ大丈夫で, お婆さん東京へ行っ, お婆さん栄螺の壺焼, お婆さんの繪, お婆さん極りを云っ, お婆さん楽隠居だ, お婆さん止して下さい, お婆さん正直に本当, お婆さん此所に六つ, お婆さんがよほど, お婆さん特有の臭い, お婆さん相坂へ行く, お婆さん石鹸おつかい, お婆さん種々訳が有っ, お婆さん等どれもこれ, お婆さん納豆をおくれ, お婆さん編笠乞食のところ, お婆さんが立たない, お婆さんだからね, お婆さんを一杯, お婆さんつて, お婆さんてやっ, お婆さん見たかい, お婆さん見たいにうつむい, お婆さんり, お婆さんが知ってる, お婆さんが八人, お婆さん開けてくれない, お婆さん随分勝気らし, お婆さん霜焼けが痛い, お婆さん霜燒が痒い, お婆さん青年や若い, お婆さんらしい, お婆さん魔法使の噂, お婆さんの姿, お婆さんのよう, お婆さんが卵