青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「お前~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~おろし おろし~ おん~ お上~ お世話~ お互い~ お供~ ~お出で お出で~ ~お前
お前~
~お前さん お婆さん~ ~お嬢さん お嬢さん~ お嬢様~ ~お客 お客~ お客様~ お家~ お寺~

「お前~」 42925, 464ppm, 211位

▼ お前~ (8405, 19.6%)

78 何を 77 それを 48 私の 39 誰だ 36 何か, 自分の 34 どうする, 俺の 33 お前の, 私を 27 どう思う 24 知って 23 おれの 22 何も 21 そんなこと 20 何者だ 19 わしの, わたしの 18 お前は, ここに, そこに 17 どうした, どうだ, どこの, 私に 16 どこから 15 どう思ふ, どこへ, 僕の, 僕を, 私が 14 お前で, 何んだ 13 ここへ, それで, 何だ, 何と, 何の, 何處に, 俺が 12 おれを, ここで, この家, それが, どこに 11 ここの, これを, まだ若い, 今まで, 俺を, 此の, 氣が 10 何う, 何という, 俺に, 己の, 本當, 馬鹿だ 9 あの女, いつまでも, 何に, 子供の, 知らないの, 確かに

8 [13件] あの男, いつでも, さっきから, それに, そんな事, わたしを, 何にも, 僕に, 泣いて, 生きて, 目が, 知つて居る, 自分で

7 [17件] どこで, なんという, ほんとうに, わしが, 一と, 何が, 何にか, 何んか, 何んと, 僕が, 口が, 女だ, 己を, 此家に, 誰に, 近所の, 默つて居ろ

6 [21件] あれを, いい子, おれに, こんなところ, さう, すぐに, そこで, もうこの, 一体何, 今から, 今の, 今日は, 家へ, 此處で, 気が, 疲れて, 眼が, 私と, 誰だい, 顏を, 黙って

5 [42件] あたしの, きつと, これまで, そのお, だまって, どこまでも, なんだ, まア, わしに, わしを, 人を, 今日から, 仲, 何うし, 何し, 何て, 何といふ, 何処へ, 何時までも, 何處の, 何處へ, 先へ, 其処に, 夢の, 妙な, 家の, 己に, 御苦勞, 急に, 感心だ, 明日の, 本当の, 男だ, 真実に, 知つてるだらう, 知つてゐる, 知るまいが, 私から, 見て, 覚えて, 誰です, 誰を

4 [61件] あっちへ, あの時, おれが, お君, かの女, こ, この辺, これで, その小さな弟, その男, だれだ, どうして, どんなもの, なんの, ばかだ, ひとりで, まあ何, まさかこの, まだそんな, もう帰れ, りっぱな, わたしに, 不思議な, 人生を, 人間の, 今までに, 今迄, 何でも, 何んで, 前に, 嘘を, 外で, 女の, 妙に, 小供, 帰って, 年を, 彼方へ, 忘れて, 手を, 昨夜何處に, 本を, 此家の, 此處に, 死んで, 江戸へ, 知つて居るだらう, 私より, 自分を, 若え, 行って, 見たの, 言つた, 誰か, 誰が, 變だ, 達者で, 酒を, 金を, 馬鹿な, 默つてゐろ

3 [136件] あいつに, あの人, いったいどこ, いつから, いつだって, えらい, お前が, お前な, お前自身の, お前自身を, お夏, お嫁, お父さんの, お父さんを, お組, お酒, お駒, このこと, これから後, こんなこと, さすがに, さつきから, その夜, その夢, その女, その時, それから, それだ, そんなら, ただの, ただむだ死に, だめだ, だれに, どう, どうかし, どこか, どんな事, なにか, ばかな, ほんとうの, またそんな, またどうして, また何, まだこの, まだ子供, まだ年, まだ知るまい, まア何, もう日本一, もう駄目, よくお, よく飽き, わたしが, 一人で, 一体何処, 一体誰, 一生の, 一緒に, 下女の, 不人情で, 世の中の, 主人を, 人の, 人間が, 今は, 今までの, 今何を, 今年の, 今日の, 他人の, 何んな, 何んの, 何処の, 何時から, 何處で, 先刻の, 出て, 出世を, 別だ, 前の, 力が, 勇敢な, 唯の, 喰ひなさらない, 国の, 変な, 大事な, 好きな, 妾の, 始めて, 字が, 家に, 家中の, 小さい時, 平常の, 弟と, 彼の, 心の, 怒つて, 思って, 思ひ切り, 悪魔だ, 悪魔に, 惜しくて, 敵の, 日記を, 昔の, 時計を, 来て, 東京へ, 森の, 此処に, 気の, 父さんの, 独りで, 相変らず, 知らないか, 私たちの, 立派な, 腹を, 臆病だ, 自家の, 若い, 親不孝子不孝少し, 誰, 誰かを, 誰の, 赤い豚, 足が, 足の, 運の, 酔って, 鉄の, 錢形の, 阿呆だ, 頭が

2 [515件 抜粋] ああいう, あちらへ, あとから, あの事, あの晩, あの村, あの殿様, あの犬, あの美しい, あの蛇, あの部屋, あの酔漢, あの雷鳴, あれに, いいところ, いい気持, いかにも機嫌, いくつだ, いけないよ, いったいあの, いったい誰, いつかお前の, いつまで, いつもの, いまここで, いやに, いろ, うまくおめかし, おいらの, おれより, お前わたしは, お勝手から, お國さん, お嬢様に, お常, お染さん, お柳さん, お母さんの, お滝, お瀧, お父様, お直, お糸さん, お部屋, お金を, お高, こいつを, こうやっ, このお, このおれ, このまま, この上, この世界, この二三日, この俺, この倉, この女, この屋敷, この島, この御, この物語, この私, この頃, これからその, これからは, これから何処, これから引返し, こんなもの, こッち, さうし, さっきの, しかしずいぶん, しかし押し黙っ, しばらくここ, じつさい意地, すこし鬱い, すべての, そ, そうで, そう云う, そう私, そう言う, そこから, そつと, そのこと, そのつもり, そのときお前, その娘, その少女たち, その年, その生活, その窓, その経験, その腕, その菱餅, その酔漢, その間ここに, それではあの, それと, そんなにまで, そんな暢気, そんな氣, ただ実, だれだい, ついさつき, どういう積り, どうかした, どうかしてる, どうかと, どうしたら, どうしてこんなに私, どうしてそんなに傷ましく散り果てた, どうだい, どうなつ, どうもお前, どう思っ, どう思つて, ないこと, なか, なぜおれ, なぜその, なぜそんな, なぜ白い, なにを, なんだか当惑, なんだって, なんでも, なんと思, ほかに, ほんた, ほんとうは, ほんとに馬鹿, ほんとの, まあ何ん, またいつも, またそれ, また大層, まだ大黒屋, まだ小さい, まだ少しも, まだ死ん, まだ生き, まだ私, むこに, もういい, もうじき, もうその, もう仙人, もう俺, もう夢, もう寝, もう東京, もう私, もう立派, もう自分, もしかしたら, やす子を, ゆうべも, よい子, よう, よくこそ, よく気, よく知っ, よく知ってた, よそゆきの, わざと曲げ, チャンフーの, ヂツとして, ニヤニヤ笑, フラフラに, 一々見る, 一体どこ, 一体何だ, 一体何ん, 一体泣い, 一体私, 一度も, 一番の, 一番稚い, 一週に, 三人の, 下へ, 不二屋の, 不幸な, 不思議だ, 世間の, 中, 主人殺しの, 二三日前から, 云うの, 亥太, 人が, 人殺しを, 今ごろは, 今その, 今でも, 今どこに, 今度の, 今日まで, 今輝く, 仕事が, 仕合せだ, 仕合せものだ, 仲間の, 何うだ, 何かね, 何だって, 何とも, 何と云, 何と答, 何と答えた, 何ん, 何んだって, 何人だ, 何処か, 何処から, 何処に, 何故自分, 何方だ, 何時でも, 何時頃から, 何気なく私, 何者か, 何處から, 例の, 俺と, 俺には, 俺達の, 偉い, 偉い人, 偉い男, 偉くなろう, 兄さん, 兄さんに, 兄さんの, 兄弟の, 先に, 先の, 兎, 兩國へ, 八五郎に, 其處で, 列車の, 利口だ, 到底仙人, 剃刀を, 前から, 力持だ, 助かるまい, 勝平の, 勝手に, 北国の, 卑怯だ, 原庭, 叔父さんに, 口に, 口留めされた, 只の, 可哀, 向うへ, 向こうへ, 和歌を, 唱歌が, 喜三郎といふ, 嘘つきだ, 四五日前明神下の, 国許に, 土地の, 地獄を, 夕ぐれ時の, 夢でも, 夢中に, 大層な, 大工の, 大底, 大急ぎで, 夫人から, 奉公に, 女か, 女で, 女でも, 女中の, 好くそんな, 妹, 娘さんを, 娘の, 嫁の, 嫌や, 子供が, 子供だ, 子供を, 学が, 学者だ, 安彦さんの, 家を, 寝て, 察して, 少しむっとした, 少しも, 尻尾を, 島民をも, 巨万の, 己が, 巳之吉と, 帰るが, 平次, 年寄りだ, 幾つだ, 弁信さんじゃ, 弓で, 引込んで, 強いから, 当家の, 役目を, 彼に, 後に, 御新造の, 心にも, 心配し, 心配しない, 忘れたの, 念入りに, 思う, 思うか, 思わず真っ赤, 思わないか, 性根を, 恐れて, 恐ろしくは, 息を, 悪い奴, 悪魔の, 惚れて, 感心な, 慈悲善根を, 憐れな, 我々の, 我ま, 我儘だ, 或る, 手出しを, 抜萃帖か, 持って, 教室に, 新潟を, 旅を, 日の, 日本人か, 日本人だ, 旦那が, 明日から, 昨夜の, 是から, 時々新, 晝の, 暖炉の, 書くため, 最初から, 最初の, 木津屋の, 本当に愛し, 本気で, 来た, 柳橋へ, 森さんの, 樹の, 機を, 次の, 歌ふ, 歌を, 正直な, 此処から, 此処で, 此處へ, 歩くこと, 死ぬこと, 死者の, 殿様の, 母さんが, 母親の, 気がついた, 気でも, 気に, 気の毒な, 気を, 氣の, 氣位が, 永遠の, 決して心, 泥棒の, 浦山し, 海から, 海水着の, 海軍の, 涙を, 無理に, 無邪気な, 熊谷と, 父が, 片付けるの, 狐だろう, 王様の, 生意気だ, 産みの, 田に, 男だろう, 痛い目, 相變ら, 真の, 矢つ, 知ってるの, 知ってる筈, 知つてゐるだらう, 知つて居た, 知らないだろう, 知らないん, 知らねえの, 知るめ, 石だ, 石女かと, 神と, 神の, 私という, 私みたいに, 立ち聴き, 約束を, 結局は, 美しい, 聞いて, 聞くこと, 背が, 自分一人の, 自由だ, 良い御用聞, 色が, 若いから, 若い梟, 若い者, 若旦那と, 若死にし, 苦労を, 英語を, 葉書を, 薄情だ, 薊の, 蚊帳の, 蛇の, 衆に, 行くの, 裏庭へ, 要屋の, 親分で, 覺えて, 言うの, 言って, 言ふ, 許して, 誰れだ, 赤ままの, 走って, 足を, 路地の, 踊らなくては, 軽くて, 近頃どうかし, 透綾の, 逢つたのか, 遊んで, 邪慳だ, 部屋を, 酔っぱらって, 釈放だ, 金の, 鈴が, 銭形のに, 長い間, 長生きする, 長生きを, 階下に, 隣の, 青年に対する, 静かに, 面白いこと, 顔に, 風太郎と, 風邪は, 風邪を, 飛んだこと, 飢饉の, 飯を, 餘つ, 馬鹿に, 駄目な, 高が, 高慢だった, 高見で, 鬼の, 黙っとれ, 黙つて, 鼠色の

1 [4958件 抜粋] ああ自由, あすこの, あつち, あのラジウム, あの十五スー銀貨, あの富士太鼓, あの時分, あの異人さん, あの踏切りで, あぶなっかしい人間, あれから, あんな悪い, あん時の, いい張ろう, いくつに, いったいこの, いったん死んだ, いつしか発見, いつのまに, いつもそう云う, いつも使われてる, いつも粋客, いつ来たの, いまとんでもない, いま飛ん, いらんちゅうしおれ, うちへ, えらい決心, おじさんの, おぼえて, お上り, お別れ, お前次郎ちゃんは, お化けや, お喜多さん, お尋ね者に, お松を, お湯へ, お祈りを, お萩を, お関所, かつて私, きかぬか, きっと犯人, きょうから, きんかえ, けしからん奴だ, こうして出征, こさえると, このお方, このごろ嘘つきに, この世を, この国, この子供, この後, この沢山, この箱, この酒, こは, これから先, これから直ぐ向, これ程まで, こんな近い, さきに, さっきおれが, さつき出かけた, して, すぐロケット隊全部, すっかりここ, すべてを, そいつの, そうお, そう心配, そこらあたりの, そのいい, そのイワシ, その人, その品, その実際, その戻っ, その林谷蔵, その現金, その自由, その頃俺, それでとにかく, それでわざわざ, それより, そんなにこの, そんなに美しい, そんな大, そんな態, たいしてあれ, たしかに胸, ただ帰っ, たまり兼ねて, だれか, ちっとも知らなかった, つかれて, てて, とうとう殺された, とんだ可愛らしい, どういう理, どうさ, どうしてそれ, どうしても丈夫, どうしてゐた, どうして母さん, どうじゃ, どうせ死ななけ, どうもせず, どうも気, どう取る, どこかの, どしどし大きく, どの程度, どんな仁, なかなかよい, ながめてる, なぜついで, なぜ火, なにし, なんといった, にやにやし, はてなとも, ひと足先へ, ひばりの, へいぜ, ほんとに人さ, ほんとに眼, まあ大した, まさか本当にお, またこの, また何で, また来た, まだお父さん, まだだまっ, まだろくな, まだ何, まだ幾ら, まだ知らなかった, まだ餘, まるで喧嘩腰, まア姉弟衆二人, みな聞かない, もうい, もうすっかり大人, もう一度世間, もう今朝三里, もう可, もう専門家, もう死んだ, もう芸者, もう黙っ, もっと強い, もとの, やっぱりこの, やはり亀岡屋, ゆうべ此の, よくきよ子, よくやって来た, よく向, よく言, よそ様の, よもやあの御, わざとの, ゐる殆ど, イヤに, オレたちに, キット考えてるだろう, ゲロン・リンボチェに, サブ, スパイかい, ダシに, チロオヌに, ナゼそんなに, バカだ, ピアノに, ブルジョアだ, ホースを, ヤミ屋の, ロテイと, 一つ村方へ, 一体どこの, 一体俺, 一切そんな, 一度俺, 一昨日向島へ, 一番醜い, 一體どこに, 丈夫で, 三斎の, 下から, 下手人を, 不浄観を, 世間には, 中學へは, 久太郎と, 乞食の, 二三軒船宿を, 二進も, 五等官の, 京の, 人一人を, 人間である, 今あんばいが, 今ずい分, 今夜わしの, 今年幾歳だ, 今日三時半頃に, 今晩疲れ, 今目が, 仕事場の, 仙人掌の, 以前根津の, 伊那から, 伝六を, 何うなっ, 何だか淋し, 何とか言, 何ものを, 何処な, 何故しんこ細工, 何方が, 何時もの, 余つ, 侍の, 信用で, 俺と共に, 俺達仲間で, 健康だ, 傳三が, 僕なんかに, 元来気が, 兄さんに対して, 先仙吉と, 先日三国ヶ嶽へ, 全く無, 八丁堀か, 其のお客, 兼, 再昨日, 出られめえな, 分つて, 初めて落語家, 剃るの, 剣を以て, 助からない命, 労は, 動かして, 勝手すぎる, 北田卓一だ, 十八聯隊だ, 十銭の, 卑怯者だ, 卯の, 去っても, 又笑うだろう, 取合, 古い唐画, 可愛い娘, 右衛門さん, 同心くずれだろう, 向ふところ敵, 呑まなかつたの, 命令を, 唐澤の, 喀血した, 喧嘩に, 嘸かしわし, 器量望みで, 困るぞ, 土蔵へ, 坂本新太郎という, 堡塁に, 夕べから, 外国人では, 夜おそく, 大げさな, 大分下役の, 大学生に, 大抵の, 大道なんかで, 天国へ, 夫婦の, 奥に, 女中奉公なんか, 女給の, 好い子, 妊娠し, 妻を, 姉と, 娘として, 嫌いだ, 子供でも, 字を, 学校を, 安彦さんが, 定吉とか, 実は海, 家中で, 寒いの, 實は, 小さいとき, 小学校の, 小橋屋小, 少しあっち, 少し強情, 少し違う, 山へ, 岡崎屋三十郎の, 川を, 己ん, 帰ったの, 平中を, 幸福そうだ, 幾人もの, 床下に, 庭へ, 引っ張るん, 強え, 当分飲まず食わず, 彼が, 律義な, 得意そうだった, 徴兵検査の, 心配に, 忠実この, 怖がって, 思い当ること, 思ひの, 性悪だ, 恋するなら恋するが, 恐ろしい女, 恵ある, 悪く変, 悲しくない, 意地を, 愛妾とか, 憎まれて, 我々を, 戸締りを, 手術臺の, 折を, 掛り人の, 攻め手, 教会堂で, 文三郎と, 新聞記者に, 日傭稼ぎを, 日本人離れが, 日本語分る, 旧来から, 早く薬屋, 明暗荘へ, 昨夜お雪さんが, 昨夜二階へ, 昨夜辻斬を, 昼中働い, 時計は, 暫らく此處に, 最初ここに, 有頂天に, 木石で, 本当におしゃべり, 本当に声楽家, 本当に死んだ, 本所の, 杢介では, 東京に, 林谷蔵から, 桂庵の, 極道者よ, 檣の, 歌など, 此の世では, 此女を, 此頃は, 歸り, 死んだの, 死霊の, 殺したに, 母と, 毎日ただ引っぱり廻され, 民族主義者は, 気楽だ, 水茶屋の, 求めて, 決して人, 油絵描きだ, 活動し, 浪人者と, 涙ぐむの, 淵に, 満足に, 瀬川君に, 無事じゃった, 無謀な, 熱情を, 父親を, 物腰が, 狼より, 王子の, 現場に, 甚三の, 生れてから, 用も, 甲の, 男親だ, 畜生を, 番頭だ, 病人を, 癇癪で, 百さんじゃ, 盗賊の, 盲人では, 相應, 眠って, 矢っ, 知ってるわけ, 知らないでもね, 知らねえか, 石屋だ, 磔刑に, 神人合一の, 神變不可思議だ, 積極的に, 立川町の, 笑うの, 箱の, 精の, 紅い俺, 素晴しい, 給金なし, 綺麗な, 繩を, 美しいから, 義務に, 聞えないの, 職人だった, 胃の腑も, 脱け, 腹の, 自分だけ, 自己を, 自身番へ, 艇夫の, 色んなこと, 芸者に, 若宮の, 英国人の, 菊ちゃんを, 藤ちやんが, 蛇を, 血色の, 行くこと, 表から, 裏門へ, 見えるんだい, 見屆けたこと, 覚悟を, 親父さんから, 言ってると, 詩人な, 誠によく勉強, 読んだの, 誰だい何だ, 諜報部長だ, 象牙細工の, 賢い, 赤外線男という, 身体の, 辰蔵から, 近頃石本さん, 逃がさぬから, 逃れるだけ, 連れて, 遊佐の, 道徳生活に, 邪魔だ, 里見屋の, 金助さんで, 金魚鉢を, 鋸屑なりに, 鎌を, 開けて, 関わないと, 陸軍に, 随分気持, 離屋に, 青砥の, 預つたの, 顔回には, 飛んだ惡, 飲みも, 馬に, 駄目ばかり, 驚くかも, 髻を, 鴨下ドクトルの, 默つてゐ

▼ お前~ (7767, 18.1%)

169 ような 77 ように 73 方が 67 ことを 62 ために 60 やうな 47 方で 46 好きな 39 顔を 36 ことだ 32 名は 30 ところへ, 家の, 話を 28 言うこと 27 事を 25 家へ, 方は 24 言ふ 23 言ふこ 22 家は 21 心の, 心を, 顔は 20 お蔭で, 口から, 家に, 方の 19 お父様, やうに 18 手に, 母は 17 姿を, 手を, 方から, 為に, 話は 16 顏を 15 ことは, ところに, 云うこと, 命を, 心に, 方へ 14 お父さんは, 事だ, 外に, 心は, 手で, 眼は, 首を 13 ところの, 名を, 来るの, 様な, 身に, 身の 12 いうこと, おかげで, 大變, 手柄に, 持って 11 ためには, ものに, 処へ, 命は, 父親の, 知ったこと, 言う通り 10 お母さんは, 兄の, 前だ, 娘の, 心が, 所へ, 方を, 知って, 身体を, 部屋へ

9 [11件] お父さんが, ほかに, 事は, 云う事, 云う通り, 力で, 勝手に, 国の, 父は, 頭の, 顔が

8 [24件] お父さんの, すること, ためだ, 側に, 兄たちと, 処に, 女房の, 妹の, 姿は, 子供は, 小さな弟, 様子を, 母親の, 母親は, 気の, 気持は, 留守に, 眼で, 眼の, 眼を, 知つてる, 耳に, 胸に, 調べは

7 [27件] いうとおり, いう通り, ためにも, とこの, 上に, 世話に, 世話を, 事も, 云ふ, 体は, 前に, 命が, 女房に, 姉は, 家まで, 左の, 手は, 父の, 父親は, 父親を, 番だ, 肩に, 言うとおり, 言うの, 足は, 阿母さん, 頭は

6 [40件] いるところ, お母さんの, ことが, した事, せいだ, ものだ, 主人が, 今の, 代りに, 傍に, 兄たちに, 兄たちの, 処の, 勝手だ, 女房が, 姉と, 姉に, 姉の, 姿が, 実の, 家を, 弟の, 影が, 御亭主, 心には, 手が, 手の, 方にも, 本当の, 母に, 決心を, 父親が, 生れは, 病気を, 考えて, 荷物を, 言ひ, 身が, 身の上を, 顔の

5 [53件] いう事, いふこと, お母, お蔭だ, か, かい, ことじゃ, ことばかり, すきな, そばに, ためを, ところには, ところは, ほうが, 中に, 云ったよう, 亭主は, 体が, 体に, 友だちは, 友達の, 叔母さんの, 名も, 名前は, 姉が, 宅へ, 家では, 家と, 後を, 心持が, 心持は, 方に, 最後の, 母が, 為には, 為めに, 父さんは, 生命は, 生命を, 病気は, 知つた, 考えは, 考へは, 腹の, 自由に, 親父は, 身は, 身体は, 道を, 阿父, 面を, 顔に, 願いは

4 [68件] あたま, いいよう, お母さんと, お母さんに, お母さんを, お父, お父さんだ, からだに, からだを, せいじゃ, なかに, ほうの, ほうは, 主人は, 他に, 体を, 個性なる, 兄たちが, 厄介に, 名が, 噂が, 国では, 国を, 外には, 夢の, 夫は, 妹だ, 子か, 家で, 家でも, 家には, 弟子に, 悪口を, 所から, 所の, 手には, 持つて, 欲しいもの, 母と, 母の, 為だ, 爲めに, 父が, 父さんの, 物に, 生命が, 病気が, 目に, 眼には, 罪が, 罪は, 罪を, 耳は, 耳元に, 腕で, 言う事, 許へ, 話に, 話には, 話の, 身を, 部屋に, 部屋の, 部屋は, 頭を, 頭髪を, 顔も, 首が

3 [155件] あとを, いうの, うちに, おかげだ, おかみさん, お嫁さん, お師匠さま, お母さんだ, お父さんに, ことなんか, ご主人, して, その憂愁, その顔, ためじゃ, だと, ところから, ところへでも, ところへも, はそれ, ほうに, めえ, やうなお, パパは, 一生は, 一生を, 世話には, 主人の, 事で, 事ばかり, 亭主が, 仇だ, 仲間は, 伜の, 住んで, 信仰の, 個性の, 傍へ, 兄から, 兄さんの, 写真を, 出かた一つで, 分も, 前で, 前の, 口を, 名前を, 命の, 噂を, 声が, 声を, 大切な, 妹は, 妻は, 嫁に, 嫁の, 存在が, 学校の, 學は, 島へ, 帰りを, 幸福を, 役目だ, 御主人, 心から, 心がらだ, 心遣ひ, 思想は, 息は, 情夫は, 意見を, 手から, 持病は, 損に, 方じゃ, 方だ, 智慧に, 望みを, 本心は, 様子が, 様子は, 次は, 歌の, 死は, 母だ, 母や, 母を, 母親が, 気に入るん, 気を, 為を, 爲に, 父だ, 父親, 物だ, 物は, 物を, 生みの, 生死に, 男が, 留守中に, 病ひ, 病気に, 目には, 目の, 目は, 目を, 眼に, 眼にも, 眼前に, 着物を, 知っての, 知恵で, 素性も, 美しさ, 考へ, 考への, 聲は, 肩身も, 背中に, 背後に, 胸には, 胸の, 華族の, 行くところ, 行為を, 衣類の, 袖に, 親父が, 親父の, 親爺は, 言うよう, 言葉に, 言葉は, 話が, 話も, 起きて, 足が, 足を, 身なら, 身には, 身の上が, 身の上は, 身体が, 運命を, 部屋で, 部屋を, 都合の, 量見, 頭へ, 額に, 顏に, 顔には, 首に, 魂の

2 [530件 抜粋] あしを, い, いうよう, いふの, いま考え, いやな, いる場所, うちじゃ, うちの, うわさを, おかあさんの, おかあさんは, おっかさんは, おとなびた様子, おばが, おばに, おふくろが, おやじさんは, おやぢ, おツ, お世話にも, お友達, お国, お墓, お家は, お庇, お母さんが, お母様が, お母様だ, お母様は, お祖父さんが, お祖父さんに, お袋の, お酌, からだ, からだが, からだには, きばを, きらいな, くらし向きも, こだわったよう, ことから, ことなら, ことも, ご亭主, ご恩, さっきからの, しどけない寝, しなければ, すきに, するが, ずるさ, その別離, その時, その正直, そばから, そばへ, そんな黒いあどけない, たましい, たれた糞尿, だらう, つていふ, でき心, とこへ, ところじゃ, ところで, ところへは, ところまで, となりに, どんな手, はうは, ほうで, ほかには, まえで, ものじゃ, ものである, ものを, やって, やり方は, やり方も, をお, バケモノが, ブラブラ主義, ユーカラか, ワイフは, 一生の, 一身を, 三倍だけ, 上官だ, 不始末, 不孝者には, 不機嫌そう, 両親も, 中には, 主人を, 了簡は, 予言が, 事が, 事件の, 云うの, 云った通り, 云って, 井戸端は, 亭主じゃ, 亭主だ, 亭主の, 亭主も, 今日の, 仕事は, 他には, 仲間が, 企が, 伯父さんを, 住居へ, 体から, 体も, 何だ, 何に, 使命は, 個性が, 側には, 側を, 傍から, 傍で, 傍を, 働きで, 兄さんが, 兄さんは, 兄たちである, 兄たちとばかり, 兄たちは, 兄だ, 兄は, 兄弟たちと, 兄貴の, 先の, 先祖の, 先祖は, 内で, 処から, 出る幕, 出る幕ぢ, 出立前に, 出臍なんか, 分は, 利益に, 力に, 力を, 動機は, 勝手で, 十手を, 半分でも, 友だちといふ, 叔父さんは, 口からは, 口は, 右の, 名だ, 名義に, 命令を, 喜びの, 国に, 国には, 国は, 国へ, 國の, 國は, 在所は, 坐って, 場合は, 声も, 外聞だ, 夢は, 夢を, 大師匠, 夫が, 女房じゃ, 女房は, 好いお, 好いよう, 好い物, 好き勝手には, 好みの, 姉からの, 姉さんが, 姉さんの, 姉とが, 姨さんの, 姿だ, 姿の, 娘, 娘お, 娘と, 娘は, 娘を, 婚礼を, 婿に, 嫁にも, 子は, 子らが, 子供, 子供を, 存在を, 学校行きの, 學も, 學問の, 室を, 家にも, 家族たちと, 家族と, 寝るところ, 寝室の, 将来の, 将来を, 小さな紅提灯, 小さな靴, 小説は, 尺八は, 居ること, 居所を, 帰って, 帰りが, 幸福の, 幻覚を, 幾分こじれた, 店には, 店ばかり, 弟と, 弟を, 強さ, 当然な, 後に, 従妹で, 従弟は, 心と, 心底を, 心持ちを, 心持を, 心配は, 志は, 念頭から, 思い込んで, 思ふ通り, 性に, 性質は, 怨みは, 恋の, 恋を, 恩人とか, 悲しさ, 意の, 意見は, 意識の, 愚劣な, 愛しよう, 愛に, 態度が, 懇意な, 我儘の, 所に, 所へも, 手でも, 手と, 手にも, 手もとに, 手下だ, 手伝いを, 手拭は, 手柄だ, 手相を, 手紙は, 手紙を, 手術に, 手術の, 打つ球, 抱かれて, 拵えて, 持物の, 指一本髪一筋も, 指図を, 推察も, 推量は, 描いた絵, 故に私, 敵は, 敵を, 文学は, 文庫の, 文明よりは, 文身を, 料簡が, 新しいお母様, 方ぢや, 方には, 方へは, 方まで, 方も, 日記は, 日課の, 日頃の, 旦那さんは, 旦那は, 昔の, 智惠ぢや, 暖い, 書くもの, 望みが, 望みの, 望みは, 本気から, 来るところ, 枕元に, 柄じゃ, 樣子が, 樣子は, 樣子を, 歌は, 正直な, 歳は, 歸つて來る, 歸り, 死を, 母さんだ, 母にも, 母も, 母親だ, 気持が, 気持ちは, 氣に, 氣質が, 決心は, 泣声を, 海水着には, 潔白を, 火の, 火花を, 為にも, 煙草は, 煙草入を, 爲には, 父さんか, 父として, 父御, 父様は, 父親だ, 父親にも, 片口ばかり, 物で, 物思わし, 理窟は, 生れた家, 生れる時, 生命に, 生國, 生活が, 生活には, 用という, 甲羅に, 町の, 病氣な, 癪に, 監督は, 目が, 目つきから, 目つきには, 目なざし, 相手には, 看病を, 着て, 着物も, 知ったこっちゃない, 知った事, 知つた人の, 祖先の, 祖父さんが, 祖父の, 祭の, 私に, 窓枠の, 立場の, 竿では, 精神は, 素性は, 素性を, 組に, 経歴を, 結婚の, 縁談が, 縁談について, 縹緻が, 美しい顏, 義務を, 羽織を, 考えの, 耳を, 聲に, 聲も, 職業は, 聽いた, 肉親の, 背中を, 背後を, 胸を, 脣から, 脣の, 腕なら, 腕を, 腹の中は, 臆病が, 船は, 良人だ, 苦しんで, 落とす涙, 處置の, 血は, 血統を, 袂へ, 袖と, 見て, 見る通り, 見方は, 見當, 親だ, 親の, 親は, 親分の, 親切は, 親父あ, 親爺に, 親爺の, 親類の, 言うところ, 言ったこと, 言葉を, 訴へる, 評判は, 話ぢや, 話と, 誇に, 調子が, 負けだ, 責任ぢや, 足には, 跡を, 身の上, 身の上に, 身の上について, 身の上も, 身の上話が, 身も, 身体ぢや, 身分を, 身許だ, 迷惑に, 運が, 運勢はよかぞな, 運命が, 道楽にも, 道樂にも, 部屋でも, 部屋など, 部屋には, 郷里にや, 配偶は, 金は, 金を, 鑑定が, 阿呆にも, 阿母, 隣に, 隣りへ, 霊の, 霊魂は, 面な, 面に, 面倒を, 頭じゃ, 頭もて, 頭巾の, 頸に, 頸の, 額の, 額縁の, 顏の, 顏は, 顔へ, 顔色は, 願ひ, 養父に, 首は, 馬に, 馴染の, 體は, 體を, 髪の毛が, 髪は, 髷節は, 魂は, 魂を, 鼻が

1 [3192件 抜粋] あいだも, あの人, ありたけ, いい方, いう様, いう通り行, いったマジソン会社, いとこの, いのちに, いま踊った, うけとったその, うむ子, おこつた動機を, おっかさんに, おとうさんに, おほ, おハコ, お勉強, お媽さん, お家の, お望み通り, お気に, お父さんでは, お父つぁんと, お祖父さんを, お蔭, お連れ, かおつきを, かぶり初めた十夜頭巾, かわりに, こころもちの, ことだの, ことなど, ことばかりを, こと過去の, これからの, さういふ誤解, しどけない姿, すべてを, せなか, そうした態度, そのやう, その十夜頭巾, その小さな皺, その気持, その皮肉, その背中, その足, その鼻水, たつたひとり, ためな, ため花の, だとすると気の毒, ぢや, ときたら, とこでも, ところより, どこかに, なりを, に直した, のりものに, はどう, は三日, は何一つ, は小, は町, ぴんぴんは, ほうも, ほんとの, まだ小さかっ, もって, ものな, もんなら, やくめ, やりかた, やわらかい肢体, ようによ, わがままだ, を奪った, ウチは, オート, ギリシアの, シャツ貸せ, タバコ入れを, トボケた, ハンカチーフが, ピッチングも, ミロクは, 一つ後から, 一寸でも, 一生で, 一番氣に, 三十に, 下の, 下裳, 不心得が, 不祥だ, 世界では, 両眼以上, 中の, 主観が, 了簡ぢや, 事だけが, 事件を, 二階の, 云うところ, 云う通り戦争, 云った事, 云ふ通り, 亭主から, 亭主を, 人生も, 今やっ, 仕えて, 仕事の, 仕業, 代に, 仲の, 仲間を, 伯母さんの, 似非神秘感は, 体つきを, 体臭は, 何とも, 使いを, 価値は, 信念は, 値打ちも, 偽の, 働きによる, 兄さんで, 兄たちよりも, 兄弟だ, 兄貴は, 兜から, 全生命, 兵隊さんの, 写生した, 処じゃ, 出世によっても, 分に, 切ない破, 利巧に, 剣は, 力も, 努力次第だ, 勉強といふ, 務め時間以外の, 勝手という, 匂いは, 印籠の, 友だちや, 友人へね, 収入の, 叔母さんにも, 取柄だ, 口が, 口吻だ, 句に, 可愛がった, 右手の, 同胞, 名に, 名前も, 周圍を, 命乞ひ, 咽喉は, 唯一人の, 啖呵に, 嘗めねば, 噂で, 器量に, 困るの, 國が, 坊主頭や, 堪へて, 声だけが, 変り果てようだ, 外界を, 夢と, 大丈夫は, 大手柄という, 夫と, 失脚を, 奮闘の, 女房か, 女房では, 奴隷じゃあねえよ, 好みも, 妹お, 妻だ, 姉さんも, 姿から, 娘な, 娘子が, 嫁く, 嫁入道具を, 子じゃあねえか, 子にも, 子供の, 学が, 学校友達が, 學校を, 安全燈か, 宛で, 客だ, 家から, 家という, 家へなど, 家出ばかりを, 宿の, 寂しさ, 寝ぼけ眼で, 寝顔から, 将来に, 小ぎたねえその面, 小さな手, 小市民根性, 尻尾と共に, 居た場所, 居るの, 屋敷へ, 崇拝する, 左膳への, 師匠の, 帯の, 帳面の, 年ごろの, 年取ったお祖父さん, 年頃には, 幸福に, 幾歳の, 店から, 度胸を, 廻りで, 強いの, 影では, 役目が, 後か, 後影に, 後足の, 得手の, 御意次第だ, 御自慢, 心, 心づくしだけが, 心まかせだ, 心一ツだ, 心地を, 心意氣に, 心掛が, 心次第で, 志しを, 忘恩を, 怒つた顔, 思い過しであった, 思ひど, 思案は, 性分に, 怨は, 恋する女, 恋仇とは, 息子は, 悪い癖, 悲しみに, 惚氣は, 意は, 意氣込みが, 愛する夫, 愛情を, 態度や, 懈り, 成敗は, 所だけに, 所番地を, 手のひらの, 手助けと, 手柄じ, 手落ちだ, 手際で, 批評が, 抛棄出来る, 持ちこもうという, 持場へ, 指先は, 挙動という, 掌はじつ, 探偵眼の, 描きかけの, 携帯用無, 故郷の, 教科書だ, 料簡に, 方か, 方です, 旅の, 日記, 旧の, 昏睡の, 時は, 智惠試しに, 書いたり, 書簡は, 有様では, 望み通りわしが, 朝飯の, 本心が, 本職さ, 村さ行ぐからな, 枕元か, 果報を, 楡の, 槍の, 次郎批判は, 歌を, 武勇聡明に, 死んだお母さん, 母さんは, 母らし, 母者人が, 毎日毎時間が, 気に入った家, 気心を, 気持をよ, 永遠の, 決心一つさ, 洋傘は, 深切ぶりは, 滿足する, 烏瓜の, 無理想, 煩いを, 爲めには, 父さんといふ, 父なら, 父ペンドラゴンだ, 父親わしの, 父親武左衛門殿を, 物が, 特色だ, 狡いやり方, 王を, 理想の, 生まれた家, 生命も, 生活は, 産まれない前, 用なら, 用件を, 申立には, 男妾に, 留守中には, 番を, 疲労をも, 病室を, 病氣だけは, 癖は, 白い肌, 百倍も, 監督が, 目にや, 相という, 相談つ, 真つ, 真相を, 眼つき, 眼玉は, 着替えを, 着物貰っ, 知つ, 知らない人, 知人から, 礼儀でも, 祖先は, 神さまだけ, 神様だ, 神經だ, 稼いだ分, 空つ, 立って, 立場も, 笑を, 筋向, 簪と, 精神力を, 紙幣で, 素朴な, 終わりは, 絵の, 縁組みが, 縮尻は, 罰だ, 義伯さんも, 習つたばかりの, 老母さんが, 考えてること, 考え方が, 考へてるほど, 耳には, 職務に, 肉体と, 肉身を, 肚が, 肩の, 背中は, 胸へと, 脱殼, 腕から, 腕前で, 腸を, 腹部に, 臆病な, 自由だ, 船に, 良人が, 良人は, 艶種を, 芸は, 若さ, 苦しみも, 英語が, 莨入だらう, 處分を, 血汐を, 行くが, 行く末思う, 行為の, 袂くそ, 襟が, 見てる通り己, 見損, 親たちに, 親切を, 親御は, 親父さんも, 親父決議ん, 親爺も, 角突き合ひ, 言う気持, 言つた通りに, 言分を, 計画も, 許でも, 訴へて, 話こそ, 話で, 誠の, 調べたの, 論文を, 貞操が, 貴いその, 足だ, 足もとの, 足跡は, 踏切りでお前, 身の上ばかり, 身代りだ, 身体の, 身分は, 身扮は, 身體の, 軟かい肌, 農家の, 迷が, 送別会じゃ, 連れかよ, 運よ, 過去は, 道場じゃ, 部下だろう, 部屋にも, 配偶の, 金で, 鑑定では, 門出を, 間遠な, 際限ない, 雄弁は, 青い眼, 面なら, 音楽の, 頬ツぺたの, 頸にも, 頼みを, 額にも, 顏も, 顔つきには, 顔色の, 願ひなぞは, 食物および, 飲んで, 馬へ, 馴染が, 骨壺を, 高座を, 髪も, 髷は, 鰭に, 麻裏を, 鼻には

▼ お前さん~ (5311, 12.4%)

11064 のよう 37 の方 35 のお, は何 31 の家 29 はお 26 のこと 24 はこの 22 の事 20 の処, はその, は私 19 はあの 18 のその 17 とこの, のため 16 のところ, はどこ 15 の顔, は誰 14 の好き, はどう, はまだ, も知っ 13 のやう, の名, はもう, は自分 12 がその, の前 11 がお, と一緒, どうした, の眼, はそう, もお 10 の心, はそんな 9 がこの, という人, の云う, の御, の話, は何処 8 か, が, がここ, がそう, と同じ, にし, のもの, の命, の言う

7 [15件] かえ, がそんな, が好き, じゃない, だ, だってそう, と私, に頼み, の為, の身, はここ, はこれから, はどなた, はよく, も御

6 [23件] が持っ, だったの, にはあの, に話, のお蔭, のとこ, の傍, の勝手, の姿, の手, の様, の身の上, はいい, はこんな, はそれ, はそんなに, はなぜ, はわし, は一体, は今, は何處, も人, も早く

5 [33件] がそれ, がわし, が一番, が何, が悪い, が私, そんなこと, だと, だね, とお, にそう, にはお, に訊きたい, の仕事, の先生, の噂, の子, の所, の様子, の言葉, の首, はいつも, はどんな, はなかなか, はなんと, はほんとう, は何ん, は御, は未だ, は馬鹿, も, もその, 知って

4 [46件] あの人, があの, がそんなに, が今, が来, そんな事, だから, ですか, と, なら大丈夫, にお, にそんな, によく, に見, に運, のあの, のいう, のいふ, のお母さん, のお父さん, の一座, の側, の娘, の志, の許, の頼み, はあたし, はたしかに, はまた, は人, は大変, は日の出, は此處, は江戸, は知っ, は立派, は若い, は誰だい, は邪鬼, もここ, もこの, ももう, も一緒, よりまだ, をお, を呼ん

3 [110件] お聞き, かね, からお, があんまり, がお出で, がまた, がまだ, が世話, が家, が強情, が御, が未練, が来た, が死んだ, が毎晩, が自分, が預かっ, だったか, だって私, だろう, ちょいと, でも, とあの, といふ人, となら, と二人, と夫婦, と話, なぞは以前, にこれ, に会いたい, に何, に出, に尋ねたい, に少し, に惚れ, に惚れた, に私, に言う, に逢いたい, に頼みたい, のうわさ, のからだ, のほう, の今, の仲間, の伯父さん, の兄さん, の分, の口, の名前, の子供, の小舟, の店, の弟, の性質, の手紙, の敵, の本当, の番, の目, の着物, の知っ, の腰, の身体, はいったい, はおっかない, はすぐ, はそれでも, はただ, はどういう, はどっち, はまア, はよくも, はわたし, は一緒, は主人, は今日, は何と, は何方, は俺, は僕, は元, は口, は大層, は好い, は小, は少し, は感心, は本当に, は此, は殺された, は相, は知つて, もあんな, もそう, もよく, も今, も本, も江戸, よりもっと, をいじめた, をどう, を助け, を尋ね, を待っ, を私, を連れ, 又例の, 早くお

2 [323件] あのこれ, お歸りか, お気の毒, かい, から八橋, があんな, がいくら, がいる, がこれから, がさ, がた, がだらし, がどう, がみんな, がわたし, が今夜, が仕事, が他人, が何と, が先, が内, が出, が口, が土蔵, が大, が帰っ, が得心, が御免, が心配, が忘れ, が持つ, が掴み殺した, が書いた, が本, が来たら, が来る, が死ね, が気, が無事, が男, が留守, が番頭, が知つて, が突然, が腹, が言った, が顔, が骸骨, が鬱金香, が鬼, こうし, この道, この頃, こんなとこ, こんなところ, すた, そんなに厭, そんなに腹, そんなもの, そんな約束, たあ, たつた一人, だけはなぜそんなに, だって何, でなければ, では, とこうして, とそう, とは気がつかなかった, とわたし, と喧嘩, と酒, どうする, どうでも, なの, なん, なんぞに奥, に, にいい, にお礼, にした, にしろ, にどう, にはまだ, には何, には罪, にも似合, にも心当り, にゃあ, にゃてんで心配, にやった, によ, に下手人, に今日, に使っ, に優しく, に小便, に差し上げる, に心配, に恥, に折, に来, に毒, に渡す, に漕げる, に笑われる, に約束, に聞い, に聞きたい, に見せたい, に貰った, に逢い, に逢いたくっ, に逢っ, に酌, に金, に預け, に顔, に食べさせ, の, のおかげ, のお世話, のお祖父さん, のくる, のここ, のご, のした, のせい, のそう, のにいさん, のはそれ, のほか, のウチ, の云った, の体, の出よう, の力, の占い, の味方, の噺, の声, の大事, の大切, の女房, の婚礼, の宿, の小, の小遣い, の役目, の心持, の心臓, の心配, の息子, の悪口, の意地, の懐, の手柄, の持っ, の旦那, の正直, の母様, の気, の気持, の災難, の為め, の父親, の物, の犬, の田舎, の病気, の相談相手, の看病, の知った, の知ってる, の符水, の罪, の考え, の胸, の舌, の親切, の親御, の言, の評判, の財産, の質問, の足, の身上, の迷惑, の邪魔, の部屋, の隠し, の頭, の馬, の髪, の鼻, はあっち, はいくつ, はいつ, はおいら, はお前さん, はお金, はきっと, はこ, はこれ, はさ, はずるい, はそこ, はちょっと, はと我知らず聲, はどうして, はどうしても, はどちら, はなん, はなんにも, はひどい, はやくざ, は世の中, は何だい, は何人, は何故, は例, は入口, は別, は又, は可哀想, は善い, は大, は大きく, は始終, は娘, は実に, は幾つ, は強い, は彼, は御存じ, は心, は心配, は来ない, は棄児, は正直, は此処, は此家, は歳どん, は死ん, は死人, は毎日, は気, は男, は真実, は知らない, は知らぬ, は確か, は色魔, は表, は見た, は親, は言った, は近頃, は運, は酒, は餅, は馬, ばかりそんな, ばかりだ, ばかりなぜそんなにくるくる, へお, までそんな, もあの, もあんまり, もお前さん, もことに, もこれ, もさ, もだらし, もまだ, もよっぽど, も亦, も何, も余程, も元, も厭, も可愛い, も変, も御存じ, も承知, も早い, も昨夜何ん, も此, も相当, も知つて, も私, も立派, も自分, も身, も随分, より外, をうち, をここ, をその, をそんな, を伴, を入れ, を可愛がっ, を呼んだ, を女房, を姉さん, を引っ張っ, を想いつづけ, を探し, を敵, を殺そう, を知ってる, を育てた, を苦しめ, を見かけた, を見た, を通し, 云って, 可い, 帰って, 知ってるの, 行って, 頼まれて

1 [2793件 抜粋] ああ何とか, あの女, ありゃ狂犬, いい年, いたの, いらいらしなさん, おひとり, お化粧, お武家, お言いなすった, かこっち, からの頼み, からよろしく, から受取る, から教え, から詳しく, から離縁状, があいつ等, がありましょう, がいっ, がお里, がくる, がしきりに, がそういう, がちゃんと, がどじ, がひと, がもっと, がわざわざ, が一度, が下手人, が久兵衛さん, が二十両私, が五目, が仙台, が伴, が供, が元気, が兵隊, が出る, が別館, が力, が可愛がる, が同じ, が四目, が声, が大好きさ, が嬉し, が寝る, が左様, が幾度来, が当て, が心, が怠け者, が戦死さッ, が折角, が敵討, が時間, が東京, が止め, が歴, が泣い, が無かっ, が狙, が町人, が盗ん, が石童丸, が笑う, が美事, が聞く, が自慢, が蓑, が行く, が見たら判るだらう, が言いだした, が請け出す, が走っ, が身支度, が連れ, が重, が長靴, が頭巾, が馬, くらいの妹, ぐらいバカ, こそこの間私, こそ子供, こそ落ちつい, この土地, この柳原, この胆吹山, これから何, こんな化物屋敷, さいぜんから, さえ愛想, さっさと買っ, しばらく見えなかっただ, ずいぶん意地, そう思わない, その人, その消え, それでそんなに, そんなにお話, そんな不自由, そんな遠慮, たとい三日天下, だからな, だけだ, だけにと云った, だけ良い, だってあて, だってわざわざ, だって早く, だって確か, だのお前, だ見なすったろう嘉吉さん許, ちょっと行っ, でしたね, でなくては, というおばさん, という方, とうとう小火, とこう, とっとと帰った, とはちがっ, とは今しがた, とは寝, とばかり暮し, と一つ夜具, と二度と, と佐野屋, と共に流し, と同棲, と寝れ, と当家, と朋友, と添わしたく思います, と組, と見立て, と違っ, どうしてこの, どうぞお, どうなす, なかなか人, などは未だ, ならば, なんかうら, なんかに分る, なんかはどうせ, なんか袖, なんぞそんな, なんぞはかっぷく, なんぞは尚さら, なんぞ決して, にあげ, にあやまらせよう, にいう, にお前さん, にこごと, にさし当り, にたいするわし, にだ, にとう, になつ, にはいや, にはかわいい, にはたった, にはばか, にはわからない, には中らなかつた, には分からない, には大事, には島田, には最初, には義兄さん, には返す, にひとつ, にもいろいろ, にもわかる, にも何分, にも変, にも散々苦労, にも肌拔ぎになつて貰, にも話せない, にゃわけがわかるかね, にゃ大事, によい, に一つ, に万一, に云う, に他人, に会っ, に何時も, に儲けさせよう, に判らない, に助け, に取らせよう, に吊れない, に噛, に娘, に実意, に差上げる, に弱い, に御用, に恩, に惚れました, に折り入っ, に捨てられたら, に救つて貰, に暇, に桑, に済まない, に物, に留められ, に真直ぐ, に突き當つて, に腕, に裸, に見習え, に訊け, に誘い出され, に辛く, に逢った, に限っ, に預けた, に食, ね親, のいふ空虚, のおい, のお客, のかかわり合い, のさっき, のそば, のに買っ, のはなし, のふだん, のむし歯, のよい, のゐる, のワナ, の下, の乳母, の今度, の代り, の何ぢ, の信用, の儲け分, の其の, の勝, の口一つ, の品, の因縁, の執念深, の奥方, の姉さん達, の実, の屋敷, の帰り, の彼, の念, の思惑, の意見, の戒名承知, の手助け, の拵えた, の指導者, の旦那様, の服装, の来る, の機, の母方, の法螺貝くら, の灯, の父, の狂態痴態, の甥, の発表, の眉毛, の知, の立場, の絵, の美徳, の背中, の自業自得さ, の良人, の草履, の行こう, の見識張らない, の言事, の証文, の足手, の農園, の連れ, の遣り, の銭ゃお前さん, の関, の雷嫌い, の頬ぺたの色, の食べる, の鬱金香, はあっし, はいくつぢ, はいや, はお前さん一人, はかたき, はこのごろ影, はさっき, はそういう, はだが, はつまり, はどうか, はどなたぢ, はなんてえ, はばか, はまあ, はもの, はりっぱ, はオレ, はッ, はフレンドシップ, はモリエエル, はローマ王, は一年, は一週間あと, は上方, は不思議, は乃公, は云いなさる, は亭主, は今どこ, は今朝土藏, は伊勢, は何事, は何者, は偉い, は先, は其の, は別に, は勝利, は占い者, は可愛い, は名主, は囚人, は坊, は外, は大した, は大童, は女中, は妙, は定め, は尾張様, は巧者, は常盤御前様, は幸福, は引つ込ん, は従五位下出雲守頼門様さ, は思う, は惡人ぢ, は戸, は数奇者, は方々旅, は旦那樣, は昨晩お湯, は最前, は札, は此の方, は死, は毎日座, は江州生れ, は沢井, は洋服屋さん, は火事場, は狂者, は甚蔵, は白骨, は相手, は矢, は知りません, は神様, は穢, は籤, は結婚, は美少年, は與七さん, は花聟さん, は萬兵衞, は行っ, は見附けない, は親類縁者, は話せる, は赤帽, は近しい, は道場, は金, は頼まれた, は飲まず, は騙し, は鴫, ばかりだった, ばっかりだ, への心中立て, へ渡した, ほど氣心, まあだって, またな, まだいた, まだ瘧, までが何, まで逆上, もいそがし, もう一度縁づきたい, もう御飯, もお互い, もきが, もしやそこ, もそんな, もつい, もどうやら, もまあ折角, もも少し, もよろしく, も一筆, も不思議, も亭主, も六郎組, も可, も堪, も大本, も安閑, も少し, も彼様, も性急, も我慢, も朝帰り, も気兼, も生々無事息災, も疑, も矢張旗下, も短, も笛, も芝居, も行っ, も警察, も酌, も高岡, や源公, よく今晩, よっぽど張り切っ, より前, を, をこわがる, をつかまえ, をひどい, をやらなくっ, をオブ, を休息, を喜ばせる, を婿, を少し, を弟子, を御, を扱うこた, を捲い, を救っ, を正直, を殺害, を生, を縛, を聟, を苛める, を見せたい, を見込ん, を警察, を追, を運び出す, を頼み, 一寸御, 云い掛り, 何とお, 働く気, 出来るわけ, 反魂丹, 叱られるよ, 守って, 帰るが, 御先祖さま, 急ぐの, 惚れて, 早く描かなき, 本当にそんな, 本当に見た, 泣いてる時, 甚だ了見違ひだ, 睡つて, 知らなかっただね, 考えとくと, 見ては, 這入って, 随分背, 飛んだ金

▼ お前~ (3609, 8.4%)

18 それを 15 自分で 14 私の 12 一人で, 出て, 帰って 11 俺の, 先に, 好きだ, 知って, 私を 10 何か, 勝手に, 持って, 来て, 自分の 9 ここに, ここへ, そんなこと 7 その気, わしの, 何も, 何を, 死んで, 行って, 見て 6 わたしの, 下手人だ, 好きな, 気が, 私に, 黙って

5 [12件] おれを, お前の, 俺を, 家を, 悪いん, 承知し, 来ると, 東京へ, 此処に, 此處へ, 犯人だ, 生きて

4 [27件] いたの, こ, そこに, そんな事, そんな馬鹿, つれて, ほんとうに, よくない, よく知っ, よければ, 何と, 何の, 余計な, 口を, 好きに, 家へ, 年頃に, 引受けて, 悪いの, 持つて, 書いたの, 此の, 殺して, 気を, 知ってる通り, 連れて, 金を

3 [62件] あの女, あの娘, いうよう, いると, おれの, お母さんの, お米, ここで, こんなところ, さう言, そうし, それで, はいって, やって, やるが, わしを, わたしに, 一緒に, 中に, 主人を, 云うの, 人を, 伐った木, 働いて, 僕の, 出世の, 十五の, 可愛いいんだ, 可愛いから, 嘘を, 子供の, 居なくなつ, 帰ってから, 帰つて来, 彼奴を, 心で, 志を, 愛して, 手づか, 最初に, 本当の, 此家に, 此處に, 殺したと, 泊って, 知らぬから, 立派な, 第一, 約束を, 考へたやう, 聞いて, 行った時, 裸に, 見張つて, 言つた通り上等の, 言は, 責任を, 邪魔に, 阿房を, 隱し, 飛び込んで, 馬鹿だ

2 [251件] あたしを, あのお, あのよう, あの男, あわてて, あんな豚, いう通り, いつも私, いて, いなければ, いやなら, いらいらし, いるから, うんと云う, おいでだったら, おれに, お前を, お比奈, お芳, お蔦, お通夜の, お金を, かえ, かならず不幸, こっちに, このコップ, この寺, この様, この間の, これを, さう, じたばたした, すぐ僕, そういうなら, そういう心がけ, そういう私, そういつ, そう云う, そう思う, そう言うなら, そこまで, そのおれ, その夏, その寝台, その男, その硯箱, その細部, それほどに, それまで, それ程に, そんなだつ, そんねえな, たが, たった一人, ついて, どうしてこの, どこに, どっかへ, どんなこと, なくては, なんだか不機嫌そう, なんと言おう, ひとりで, もう帰京, もしその, やったん, やつた, やつて, やめよう, ゆすいで, よくし, よくなる, わしに, わたしを, わるいの, ルルの, 一つの, 一生懸命に, 一番の, 一番よく, 七日も, 丈夫に, 上で, 下手だ, 下手人なら, 世話あし, 乃公の, 云い足した, 云えば, 云った, 云って, 人の, 今まで, 今度の, 今度島へ, 仔細を, 他の, 代って, 伯父さんの, 佐渡屋の, 何う, 何かに, 何ぞの, 何ともなけれ, 何時か, 何時までも, 何気なくそこ, 來る, 信じて, 俺と, 俺許さ泊め, 側に, 僕と, 僕に, 僕を, 八月に, 内証で, 刺せるん, 前の, 前もって何, 勝平の, 匿名で, 南方に, 厭なら, 取んなさいと, 口に, 可哀そうだ, 唐沢の, 喧嘩に, 困るだらう, 土の, 外へ, 外界に, 夢で, 夢にもこの, 夢中に, 大きくな, 大層らしく飛込んだ, 天の, 夫人の, 女に, 妊娠した, 姉で, 嫌や, 宇野の, 宵から, 家の, 尋ねて, 居ると, 己の, 己を, 帰ったあと, 幸福な, 引き受けて, 強情を, 後に, 心配し, 心配せいで, 急に, 怪しいこと, 怪しいと, 悪い, 悪いから, 悪いこと, 惚れて, 手を, 手紙の, 探して, 断つたと, 斯様な, 旅から, 春松を, 書いたん, 最後に, 木枯の, 本當, 来たの, 来てから, 歌へば, 此処へ, 此本を, 此樣な, 此樣に, 死ぬと, 死ぬの, 死ぬまで, 死ねば, 死んだの, 死んでは, 殺したの, 気に, 気に入ったよ, 江戸へ, 泣いて, 泥だらけに, 無理に, 無表情な, 然う, 独りで, 生まれる時, 生れて, 生れると, 田舎から, 病気で, 病気を, 盗んだと, 眺めて, 眼を, 知つてゐる, 知らない筈, 福造に, 私と, 私には, 私に対する, 突然一人前, 突然叫び出した, 結婚する, 線香たて, 耳打ちする, 聞いたら嘸, 聞ち, 背負って, 能く, 脱けだした, 若い娘, 若様を, 苦しまぎれに, 落ちたの, 蘇州へ, 血相を, 行くと, 行けば, 見ても, 見ると, 見損つたの, 言ったよう, 言ひ, 訂す, 訊いたお, 誰よりも, 負けたら刑務所, 跟けて, 運んだから, 運んで, 里へ, 釣って, 阿母, 陶器師か, 預かつて, 馬鹿な, 黙つて

1 [2453件 抜粋] あけたん, あったら孝行, あの土地, あの時, あの肖像, あまりに虐めた, あまり附合, あわて, あんなに心配, あんまりひけらかす, あんまり失敬, あんまり言う, いいやう, いうその, いかないと, いくら光る, いくら気に入った, いじっては, いったいどうしよう, いって, いつとは, いつもそば, いては, いながら, いなくなって, いまお, いやにな, いる, いる時, うっかりした, うや, おかしく思われ, おどろくだろうから, おれには, お冬, お化けの, お宣り, お母, お母樣, お留守, お迎, お針を, かくも, かならず戻っ, きいて, くれるの, こうして安心, ここを, このお, この上, この俺, この地蔵様, この孃子, この死人, この野原一面, これから深田, これ死んだ, こんな, こんなロク, さういふ了簡, さきへ, さっき泣いた, しきりにあたし, したの, して, しゃべくったアレ, すすめて, せいぜい佳い, そういうつもり, そういう方, そういう風, そうしなかったら, そう云やあ一日, そう考え, そげな事, そこらを, そのよう, その口, その工夫, その時刻, その父親, その盲目, その辺, その驕慢, それだけ考へ, それほど出来る, それほど階下, そんなにお前, そんなに好い, そんなに貧乏, そんな大, そんな感情家, た, たつたひとり, たまを, だいじに, だんだんいけなく, ちよつと, つき落したの, てえの, とめるとき, どうこうっていう, どうしてもこの, どうしても職業, どうして町方, どう違う, どじを, どれだけでも, どんなにのど, どんなに焦れた, どんな偉い, なくしたところ, なまじつか, なんでわたし, にぎって, はじまった, ばかな, ひとりでにホロリ, ひどく狼狽, ふびんでならない, ほんとに悲しむ, まあ喧嘩, まず道庵, またわるい, また磯谷, まだ五つ, まだ泉, まっしぐらに, みえない, むきにな, もう一つ, もう帰っ, もしわたし, もし宗教, もっと二十, やす子を, やってきて, やらなくて, やりゃア, やれ量炭, よく勤め, よく知ってる, れっきとした伯爵, わざわざ消し, わるい事, アノ忰の, カラカラと, ゴウマンに, ストーンか, チョークを, バクチが, ピストルと, ブレーデの, ボールを, ヨコハマの, ヲダハラの, 一人っきりで, 一号で, 一所懸命上ろう, 一枚入, 一番先に, 一番肝心な, 一等だ, 七歳の, 丈夫で, 三度三度に, 上だ, 下手人ぢや, 不具に, 不憫さに, 世話に, 中途で, 乗れば, 事に, 二円の, 二本棒か, 云えなけれ, 云った方, 五六年外国にでも, 京へ, 人に, 人殺し兇状持ちの, 今しがたあそこの, 今夜だって, 今日あの, 今日來る, 今考え, 仏蘭西から, 仕止めて, 仙太郎さんの, 仲の, 会っても, 何でも, 何もかも悪い, 何んにも, 何時も傍, 作さんを, 使ふと, 便だ, 信用する, 倉知さんへ, 借りでも, 偉くなる, 働くという, 優しくいっ, 先だつたといふ, 入って, 全く外界, 全力を, 其のお, 内儀を, 出かけて, 出るならしかた, 出掛ける番, 刃物だ, 切れ, 初めてあの, 前から, 剪り, 助けたという, 勉強を, 勝つに, 十スーばかん, 十四五位の, 半鐘泥棒だ, 危いんだ, 厭でない, 参ってから, 友さんだ, 取って, 取合わないの, 古市で, 可哀そうで, 可愛いば, 可愛くは, 叱られぬよう, 名代に, 吸ふ, 呼吸する, 唄うなら妾, 商売を, 喋ったから, 嗅ぎ付けて, 困つてるだらうと, 困る場合, 土手で, 坐って, 執って, 変な, 外界と, 外面的の, 夜光の, 夢中でゐた, 大人に, 大好きだ, 大日坊を, 大谷千尋に, 失策る, 女で, 女郎で, 好きさうな, 好きでなけりゃ, 妊娠など, 始終看, 嫁さんを, 嫌で, 学問を, 宇治山田の, 宜い, 宣るが, 家に, 寒そう, 小さい妹, 少し俺, 居なきや, 居ねえで, 居心持, 履いたの, 岡田なんぞから, 島津の, 己たちに, 帰ったので, 帰らねえもん, 帰る時, 常日ごろ, 幸福である, 床に, 引っ込んだ間, 弥, 強壯, 当家へ, 彼女を, 往って, 後を, 従う為め, 御不承知, 心から打ち解け, 心底は, 心配の, 忍び返しを, 怒る法, 思い出したという, 思って, 性急の, 恋しいから, 恐ければ, 恵んで, 悪かった, 悲しむの, 惡人だ, 愛するよう, 愛情の, 憎まれでも, 成就する, 戸を, 戻る一寸, 手柄顔に, 打首に, 折角さう, 抛らなければ, 担って, 拾つた相ぢや, 指揮する, 捕方に, 揚つてゐる, 擔が, 政治的な, 文学者で, 斬られ無え, 旅に, 日本で, 旦那と, 早く出, 早すぎた, 映画を, 是を, 時々疳癪, 暫時これを, 書いて, 月末にな, 朋輩なら, 末は, 本当に男, 来たか, 来てよ, 来なくとも, 来るよう, 松公だったら, 枕橋を, 楼に, 横浜へ, 欲しいと, 止さうと, 正直に, 此方に, 此間話した, 歸らなき, 死ぬか, 死ぬ時, 死んだら親御たち, 残念がらない, 殺されて, 殺し切れなかった赤ん坊, 母や, 毎朝働き, 気の毒が, 氣の, 永久に, 江戸で, 河合八十次郎か, 泊る気, 泣くの, 洗つたのか, 消えたって, 澄み渡った空, 無事に, 焦れて, 熱望し, 父さんの, 片づくの, 特待生に, 独で, 珍しがっ, 理窟を, 生まれたとき, 生存の, 甲府の, 男世帯を, 留つてさへ, 留守の, 病気だって, 病氣でも, 痩せるの, 登って, 皿一枚に, 目ざわりで, 直るの, 相沢様と, 真に神, 真実の, 真面目に, 知ってるその, 知つてゐ, 知らないといふ, 知らなきや, 知り合いに, 破つて, 祖父祖母の, 私とは, 突いて, 突然なんだか上ずった, 立ったまま熱心, 第一確, 篠田などと, 紅梅派で, 結婚などを, 緋呉絽の, 縁を, 縮尻を, 置いて, 羨んで, 考へ, 聖者な, 聞込んだ筋, 肝腎の, 脊後へ, 腕を, 臍った, 自分すら, 自惚れて, 良くなれ, 苛め殺したん, 若し其処, 荷いでいる, 萬兵衞を, 薩摩屋敷から, 螢を, 行かなくとも, 行くならば, 行く気, 行ったん, 行つてつれ, 行つて彼奴に, 行つて精一杯, 製造主任お松さんが, 要求する, 見たいん, 見たもの, 見るの, 見當, 見通した通り, 親爺の, 言うた通り, 言うよう, 言ったけど, 言ってたホント, 言はう, 言わなきゃア, 訊いたん, 訴人した, 話すまでは, 誤解した, 諦めて, 警察に, 負ける, 責任もっ, 賊だ, 起き出て, 踊りを, 身を, 軽はずみな, 迷惑する, 逃げさえ, 逃げようと, 逆せ, 造ったの, 道行と, 遠い国, 適きたい, 酔って, 野呂さんの, 釣ばかし, 鐵砲の, 開けたの, 関係し, 陰気に, 雑草園で, 静子さんと, 頭を, 頼もしいと, 顔色を, 飛び出したん, 飛んで, 食べても, 飲ますが, 養子に, 馴れ合, 騒ぐから, 髑髏を, 鰭を

▼ お前~ (2137, 5.0%)

17 何か 11 それが, 見せて, 話して 10 やる, 用は 9 云って, 任せて, 頼みが 8 それを, 惚れて, 聞いて 7 しては, やるから, 取って, 向って, 言って, 訊くこと 6 して, よくし, 迷惑を, 金を

5 [12件] しちや, しても, そんなこと, だつて, よく似, よく似た, 上げるから, 教えて, 言はせる, 逢いたいと, 預けて, 頭を

4 [22件] あげるから, くれて, やろう, 似て, 何も, 何を, 持って, 暇を, 見せたいもの, 見せるもの, 言われるまでも, 訊きたいこと, 訊き度, 訊くが, 話したいこと, 読んで, 貸して, 逢って, 遣る, 遣るから, 頼むん, 頼んで

3 [38件] あずけて, おれの, これは, してからが, そんな事, とっちゃ, なって, みんなで, やって, やると, わかって, 会いたいと, 何が, 何と, 何故わからない, 出来ること, 口を, 如才は, 子供が, 少し訊きたい, 弱られては, 思ふ事, 怪我を, 感謝する, 手紙を, 書き與, 特別に, 用事が, 眼を, 見て, 言わせると, 訊いて, 話が, 責任が, 買って, 退治が, 逢うの, 頼みたいこと

2 [168件] あいさつする, あげたの, あげます, あげるよ, いいもの, いつか読ん, いつまでも, いつも話し, いろ, うるさく言, お前の, お組, お願いする, かかって, きいた, きかなくても, きくが, きて, くれたの, くれた一人, これを, こんなこと, こんなところ, こんな大, したって, そう仰し, そう言い聞かせた, その役, それだけの, そんなに怒られる, だまかされて, とうと, とつて, まきこまれて, やるよ, わかつて, わかれて, わたして, 上げても, 上げよう, 上げる, 上げるよ, 不自由させる, 与えて, 世話し, 云いたいだけの, 仕立てて, 代って, 任せる, 任せるから, 会って, 会わす顔, 伝えること, 俺は, 僕は, 出て, 出來, 出来るか, 分けて, 分るか, 助けて, 厭がられ, 取っては, 命令する, 問うこと, 固く約束, 大事な, 嫌らはれる, 宜しく云う, 対すまい私, 尋ねるの, 岡惚れし, 帰って, 徳利の, 心が, 心當り, 怒られたと, 怒られると, 怒られる事, 恨まれると, 悦ばせようと, 惚れたと, 意見を, 感謝してる, 戻されても, 教へて, 断わって, 旅行免状を, 本を, 来て, 欺される, 此の, 殺されれば, 殺して, 気を, 渡すから, 溺れて, 用が, 番人を, 當つけようこの, 相談が, 相談しよう, 相談する, 相談だ, 相談という, 相談に, 知って, 知らせて, 知れないよう, 礼を, 神の, 私が, 立ち向いながら, 縋るの, 聞かせて, 聞きたいの, 聞くが, 聞くこと, 興味を, 苦労させ, 血刀を, 行かれて, 要求する, 見え出した, 見出されて, 見張らせたの, 見張らせて, 見當, 見透かされて, 親密で, 覺え, 言つて置く, 言はれ, 訊くと, 許して, 訴えかけながら, 試させるん, 話したあの, 話したつて, 話しても, 話すこと, 話を, 謝罪られる, 貰って, 貸すの, 身を, 返して, 逆らって, 逢いとうて, 逢い度, 逢うと, 逢ってから, 進呈する, 遣るが, 附いて, 附き纒つた, 降伏した, 限って, 隠して, 頸根つきなんぞ, 頼が, 頼みたい事, 頼む, 頼むもの, 頼んだよ, 頼んだ相手, 風呂場覗きを, 鼻緒の

1 [1352件 抜粋] あげよう, あげるもの, あそこへ, あったの, あとで, あの金, あふの, あるお前, あるの, あれが, あんな結構, あ分るまい, いい渡した, いうまい, いっしょに, いつか貰つたオペラ, いつて, いやな, いんねんを, うるさく言ったら, おかしいだろう, おっ惚れてよ, おぼえて, お世話に, お婿さん, お寺へ, お恵み下さる, お経, お願いが, かうして, かけたの, きくこと, きまつたやう, きょうとい望みを, くれた男, こうして抱っこ, この上, この厳重, この慰霊祭, この瓶かけ, この銀, これだけ, こんな手紙, こんな物, ごまかされるよう, さすやう, させて, した, したらこの, しちゃ, しなくとも, しろどこ, しろ道庵先生, すすめようと, ぜひとももらっ, そう云われ, そう手, そう言っ, そこが, そっくりだった, そっと捜, そのお金, その後の, その歌, その證據, そんなひどい, そんな働き, そんな教訓, そんな笑顔, ぞっこん参っ, たき付けたの, たずねて, ただ三つ, たのみたいこと, たのんだの, だまされて, だエーブラハム・グレー, ちっとばかり, ちょいと, ちょっと話, ぢかに, つとまるか, できるかね, でて, とつたら, どうしても出, どこまでも, どんなこと, どんな悪い, なくても, なにか口, なら任せて, なんか一寸, なんにもお, はじめて本心, ひけを, ひとつ相談が, ひと目会つてお前だけが, まさかのこと, まだ話したい, みじめな, もうじき, もう一度ラブレター, もう野暮, もし理想, もらったこの, やあいつかうに構は, やさしい言葉, やっちまわア, やらう, やり, やるとは, やる位, やる物, やれますか, よく似とる, よく話し, よく頼んだ, よろよろと, わからないの, わかる, わかるかなあ, わかるわけ, わしの, ゐら, スッカリ云っ, チヤホヤする, チヨツピリだ, ピストルで, ムダ骨を, ロシヤ語が, 一つ云っ, 一つ折入て, 一つ頼みが, 一人前の, 一度も, 一枚預け, 一番よく, 一肌脱いで, 丁度い, 三十万も, 三千両くれる, 上げては, 上げよう上げようと, 上気せられ, 下船を, 不為を, 不自由は, 不足を, 与えるため, 世話が, 乗り込んで, 二人寝台の, 二度の, 云うが, 云うの, 云ったの, 云はせ, 云へ, 云われたこと, 五本行った, 人なんか, 人格という, 今日大切な, 他人さまの, 代つて彼等, 任せたい, 任せること, 会いたかったよ, 会うて, 会う手段, 会えて, 会った, 会った時, 会つて礼を, 会わないよう, 会釈を, 伝授する, 似たの, 似てるけれど, 似ようと, 似合うの, 佃君が, 何ぞよい, 何だか愚痴, 何とか云, 何の, 使わせたいと, 來いと, 依頼心を, 俺の, 偉くなっ, 働きかけようと, 儲けさせて, 内々話したい, 再度おなじ, 出来たらこの, 出来ようとは, 出来るん, 分って, 分らねえ, 分れば, 切れて, 別れては, 別れる時, 力が, 加藤家の, 勝ち目は, 勤めて, 半分やる, 参りますると, 反いた, 取つちや一代, 口出ししろ, 叱られる事, 向ってじゃ, 吸われて, 告げて, 告白する, 呼入れられ我親, 命ずる, 咎は, 問うから, 喜んで, 嗾かけ, 噛り付いた, 墓を, 夢中な, 大臣の, 女という, 好きな, 姉さんが, 委せるからよ, 姦通く, 嫁を, 嫌われて, 学問を, 家名を, 宿つて居る, 寝つかれて, 尋ねは, 小唄を, 少々物, 少しばかり, 少し聞い, 少し頼み, 尽さうと, 居りますので, 岩井の, 差上げた道具ゆえ, 己を, 店へ, 弁当を, 当つけよう, 役目で, 後家附の, 御用だ, 心の, 心配かけ, 心配ばかり, 忘れられたら大変, 念仏を, 怒って, 思われるなら俺, 怪我さえ, 恋人でも, 恥を, 悪いよ, 惚てる, 惚れこんだん, 惚れたわけ, 惚れるだこれ, 意地惡ばかり, 感心し, 慫慂る, 懸想し, 我慢が, 戻るか, 手柄を, 打ち明けようとして, 打明けるの, 披露し, 拝伏します, 振られた振られたが, 捕まるよう, 捨てられてから, 授けられたもの, 接近した, 操られて, 支払うべきでない, 教えとくが, 教へる, 敬しむ, 斬られた良平様, 断わりなし, 斷り, 明かせたその, 是非打ちあけ, 智慧を, 最期の, 望みが, 朝顏の, 未練の, 板の間へ, 楽を, 欠点なんか, 歌子に, 此の世の, 武者修行を, 死相が, 残して, 殺された小林貞, 殺されるだろうとか, 殺されるの, 母の, 比べるとずつと, 気どられぬよう, 氣に, 永田組の, 油断が, 泣かれると, 浮かぬ顔, 深惚れし, 清水港まで, 渡した刀, 渡すよ, 満州や, 溺死する, 無心が, 焦れて, 然う, 物を, 猫の, 玄関の, 理窟を, 生きのびよと, 用も, 田舎の, 申し渡すわ, 留守居を, 疑ぐられるような筋, 白衣を, 百兩すられた, 皆罪を, 監督されなけりゃならない, 相当した, 相談しない, 相違あるまい, 着せたらどう, 着物を, 知せる訳, 知らせたつて, 知らせれば, 石を, 祝ふと, 祟るぞ, 私の, 科も, 突然な, 立ったん, 竹ちやんは, 精根を, 約束を, 紹介する, 紹介せたい, 綱を, 縁談でも, 縋ること, 罪が, 罪は, 置いて, 羅馬の, 耳よりな, 聞えるもの, 聞かさんけりゃならんことはこれだけだよ, 聞かれて, 聞きたい事, 聞きませう, 聴かないと, 肖て, 背いたこと, 腰を, 船から, 良いもの, 花束を, 藥草の, 行って, 裏切られたよう, 見えて, 見せたいよ, 見せないとは, 見せるの, 見せる物, 見咎められて, 見捨, 見詰められた者, 覚られるだろうと, 親切な, 解って, 解らない筈, 言いたいこと, 言いつける用, 言うん, 言ってるん, 言はれなくたつ, 言便次を, 訊きてえこと, 訊くだけの, 訊くまでも, 討たせたいもの, 許したよう, 試されるやう, 詫びねば, 話しかけられるまでは, 話したって, 話したの, 話した通り, 話し掛ける時, 話そう, 誘はれても, 説教する, 読まれると, 請負わせるよう, 諭したの, 講釋を, 譲ります, 譲る積り, 譲歩すべきだった, 豆を, 負けたの, 責任なんか, 貰った干菓子, 買った傘, 贈物に, 跟い, 跨つた, 辛い目, 迎えられる理由, 近づきは, 返る気, 迷惑は, 追はれ, 退屈が, 送られて, 逃げろって, 逆上せきってる, 逢いたい, 逢いてえだろうが, 逢い懐かし, 逢えないかと, 逢おうとでも, 逢ったが, 逢ってからは, 逢ひ, 逢ふ, 逢わせて, 逢われるの, 連絡が, 遇つて此事を, 過して, 違いない, 遣ったん, 遣るもう, 遭いに, 遺す財産, 金が, 鉄砲が, 銭湯で, 長い間世話, 関したこと, 関係の, 附着し, 限つた事では, 限りますね, 集まらなかったこと, 難儀は, 霊が, 非を, 面白いお話, 鞭が, 預けます, 頬ずるしてやる, 頼まれた一件, 頼みたいの, 頼みますよ, 頼み残して, 頼むぜ, 頼む義雄, 頼んだ, 頼んだ調べ, 顔へ, 飛込まれるばかりが, 食は, 食物を, 飴ば, 餒い, 首ったけな, 騙された, 鬼神の, 麻酔薬を

▼ お前~ (1766, 4.1%)

47 知って 38 一緒に 12 知っての 10 知つての 9 私も 8 そのつもり, 知ってる通り, 聞いて 7 来い 6 さう思ふか, 手伝って 5 おいで, なか, よく知っ, 今に, 承知し, 来て, 気が, 知つ, 聽いた

4 [13件] いっしょに, ここで, 一しょに, 來る, 俺も, 少しは, 手を, 此方へ, 氣が, 行って, 見て, 覚えて, 達者で

3 [29件] い, おれの, おれも, ここへ, これで, そう思う, それを, そんなこと, わたしも, 今の, 今度は, 何か, 僕も, 好物なれ, 常に褒めたで, 承知を, 旅の, 欲しからう, 武士の, 氣を, 無事で, 知ってるだろう, 知つてゐる, 知つてゐるだらう, 私を, 立派な, 考へて, 自分の, 行くか

2 [104件] いくじの, いつまで, いつまでも, うまいこと, おとなしくしない, お上り, お休み, お前で, お前の, お父さんに, お父さんも, お聞き, こちらに, この物置, この頃, こんなこと, しっかり支度, すぐキラキラした迸る, そのこと, その一人, その仲間, その意, その数日前, その気, その積り, それが, だまって, もう寝る, もう点呼, やって来たし, やつぱりうちの, よく知ってる, よく覚え, わかって, わたしの, アメリカへ, 一つどう, 一パイの, 一度は, 一杯やっ, 今は, 仲間に, 何だ, 何時までも, 俺の, 俺達も, 出て, 可哀そうな, 同じこと, 同類だ, 大変だ, 家へ, 己も, 後から, 従いて, 得心の, 怨みの, 手傳つてこの, 支度を, 本意ない, 来たの, 東京に, 此の, 死に時, 死んで, 死んでも, 気を, 決めたら一緒, 淋しいかい, 淋しいの, 温泉場の, 甘いし, 生きて, 男じゃ, 男だろう, 男に, 知ってるじゃ, 知ってるとおり, 知つてるだらう, 私の, 私達と, 罪人の, 考えて, 聞いたで, 聞いたべ, 能く, 行くの, 行くん, 行つて見た, 見たはず, 見た筈, 見る通り, 認めて, 諦めろ好い, 講中の, 讀んで, 迷惑だろう, 連れて, 長いこと, 附き合, 降りて, 頼む, 馬鹿だ, 馬鹿な

1 [1215件 抜粋] あ, あいつを, あちらの, あのお店, あの古い, あの江戸絵, あまり気, あやかるん, ありのままを, あわただしくその後, あんなになついた, あんまりどん腹, あんまり因業, いいかげんで, いいかげん馬鹿, いい加減下手, いい息子, いい運, いっしょにやったのとちがうか, いま少し, いよ, いられまい誰, いろんな計, うすうすは, うつかり, うれしいじゃろう, ええといふ, おすがを, おぼえて, おれという, お出で, お前だ, お呑み, お帰り, お暇, お母様の, お父さんを, お蕗, お詫びを, お長屋月並, お飲み, かぜを, がまんし, きたかと, きっと俺, きっと変っ, くるが, ここは, こっちへ, このごろ少し, このわし, この事, この仙太郎, この近所, この頃はやり, これからその, これからわたし, これだけは, これを, こんどという, こんな苦労, さうでは, さぞかし気, さぞ晴れ晴れ, さびしい鳥, しけか, したくを, しばしその, しばらく辛抱, すぐ赤坂, すっかり笹尾党, するな, ずいぶんひどい, ずいぶん珍しい, せいぜい骨, そういうスカート, そういつ, そうかと, そうする, そうだった, そう怒らなく, そう言う, そこで, そこへ, そこを, そのままには, その位, その女, その方, その時, その覚悟, その通り白状, その魔法, それだ, それでは御免, それにな, それ廿一ね, そろそろ年貢, そんなに, そんなに道具, そんな歳, そんな長旅, たいして, ただの, だいぶもうろく, だまつて家出を, ちっと位僕, ちと常識, ちゃんとお辞儀, ぢや, ついて行くん, てつきり良い, とうとうパパ, どうせ女房, どこか, どの顔, なおなお勿体ない, なかなか強情, なかなか隅, なりたいであろうと, はいらないか, ひとたび家庭, ひとりで, ふびんな, ほほゑむ, まあよく無事, まことに摺古木野郎, またお前, またその道, また与, また私, また誰, また面白く, まだです, まだ若い, まったくおれ, まわりの, まア家, もうおいで, もうやすん, もう中学生, もう何, もう呑みこん, もう大人, もう少し気取っ, もう年頃, もう歸, もう白骨, もう隠居, もたないだろう, もっと信用, やがて人, やって, やっぱり, やっぱりお父さん流, やっぱり僕, やつて, やつぱり穴熊の, やな, やる時, ゆっくり寝てる, よくねばった, よく勤め, よく拝ん, よく眼, よく知つて, よく考え, よく見張っ, よく身, よすかの, よっぽど勘, わかるだらうお前, わしと, わしの, インテリじゃ, エライが, キサマも, クルディの, ソロソロ顔色が, ナカ, ヌカリは, マア健かで, 一つお, 一つやっ, 一つ御, 一人前と, 一処に, 一度ぐらい, 一度行っ, 一旦の, 一杯つきあわん, 一杯御, 一緒な, 一躍し, 三十に, 三千五百石の, 上京すれ, 下手人の, 不憫な, 世上の, 世間なみの, 丸燒で, 之を, 乗るん, 二度目だ, 云つたの, 亦莫迦, 人の, 人間界に, 今わの, 今年の, 今迄, 仕合せに, 仕度する, 仙台の, 仲間へ, 伺ふ事, 何だろう, 何卒帰つて, 何故人, 余っ程, 余り心持, 余程間, 來た, 信じて, 偉いや, 偶には, 働いて, 働くの, 優しくおとなしくて, 兄弟に, 先の, 光子さんも, 全く女らしい, 共産党に, 其の儘, 冒頭つ, 出るん, 分ってるやろ, 切結んだと, 前方から, 助かったの, 労働組合の, 動きが, 医者に, 十七虹蓋つくる, 十五だ, 十日會の, 厭, 参ったらしい, 又待たし, 受取ったろう, 可愛いなと, 可愛想, 同じ目, 同情し, 同然物を, 同罪に, 名前は, 向うの, 呑気ぢや, 命は, 唯の, 商売だ, 喜んで, 喰いねえ, 嘸悲しかっ, 四十二万六千石という, 地獄へ, 執念強く, 塔へ, 変ったね, 外出の, 多分知っ, 夢に, 大元気, 大夫の, 大抵知っ, 大馬鹿野郎, 奧さんが, 女と, 好きに, 妙な, 姪の, 嫌えかも, 子供では, 子柄は, 孤独の, 學校に, 安心したろう, 家には, 家を, 家族の, 寂しい鳥, 寅の, 尋ねお, 小作百姓か, 少さい時, 少ししっかりしなく, 少し僕, 少し密輸入, 少し見, 尻から, 屏風一面に, 己の, 己を, 帰さない, 帰りましょうね, 帰るだろう, 帰れ, 平安おれも, 年上で, 幾分この, 引けるの, 彈かれ, 彫れんか, 後日バカな, 御前も, 御苦労だった, 御賞, 心の, 心痛の, 心配したろう, 忘れて, 快く承知, 思案に, 怨むし, 悪いん, 悪戯や, 愉快に, 愛するが, 感付い, 懲れ, 成人する, 手伝え, 手傳つ, 手柄を, 打殺さなければ, 承知の, 抱いて, 捨てて, 掻い撫での, 改心しよう, 文通し, 新聞で, 方々歩い, 日本人だろう, 旦那に, 早くおいで, 早くこの, 早く兄さん, 早く斯, 早く行っ, 明日谷中へ, 是迄に, 景気が, 暴力団じゃ, 未だ出来, 本当に身, 本望ぢや, 来てるやろ思, 来年は, 柔道なんて, 案外鈍感, 横に, 次郎と, 歌ばかり, 此処に, 此処らが, 武者修業に, 歸る, 死ぬ方, 死んだの, 残念と, 殺されて, 気ぜんの, 気心が, 江戸の, 決して癖, 治平殿方へ, 泳いで, 浜町へ, 淋しからう, 満足じゃろう, 滅多に, 無理じ, 然しフランス仕込み, 爾う, 獨なら, 珍しい新顔, 田舍に, 男だ, 男必ず, 異存の, 疲れたろう, 皆んなに, 盗みもの, 盲目に, 相当な, 眠ったふり, 眼を, 矢つ張り, 知ってたの, 知ってるだろう早船, 知ってるとおりあれ, 知ってる敏子さん, 知つてる, 知つてを, 知つとる, 知らないの, 知らない國, 知らんかな, 確かに, 社中に, 私にとっては, 科人の, 稼ぎな, 立って, 箱の, 粋に, 結構な, 罪悪深, 義理を, 老る, 聞いたこと, 聞いたろう, 聞いた様, 聞いとるやらう, 聞知つて居る, 腕一本取られた, 自まま, 自分たちの, 舞臺に, 良くなる, 花見が, 若いお, 若い者, 苦しかろう, 苦労を, 茶化してばかり, 萩原に, 蔭に, 薄情な, 蛆に, 行かなかったぞ, 行きたいか, 行つ, 衛生兵の, 西丸へ, 見かけに, 見たずら, 規則通りに, 覚悟しとるだろう, 親を, 親切に, 言うだけの, 言うまいと, 詰らなかろう, 話しに, 認めるだろうが, 誰にも, 識って, 赤ちゃんの, 起きるん, 蹤い, 軍さ人なんぞは, 輜重輸卒と, 辛抱できるだろう, 迎へに, 迷いを, 退くの, 逃げろ, 道理の, 違って, 適つて見る, 酒すきか, 重々承知してる, 釣りに, 錯覚党の, 長く権現様, 長生きを, 間違つても, 随分しょんぼり, 随分ふてい, 随分切られた, 随分年, 隠して, 雅号を, 頭を, 頼むから, 飛んだところ, 飛んだ相棒, 食えよ, 飯の, 飲まんかい, 飲め, 餘計な, 騷ぎに, 骨が, 黄色の

▼ お前~ (1498, 3.5%)

32 愛して 23 連れて 18 つれて 14 待って 13 殺して 11 助けて, 呼んだの 9 可愛がって, 恨んで 7 好いて, 迎えに 6 呼びに, 抱いて, 知って, 縛って 5 愛する, 手に, 探して, 見て, 贔屓に

4 [11件] このまま, 信じて, 信用し, 助けに, 尋ねて, 怨んで, 愛してるん, 殺そうと, 相手に, 見ると, 隠して

3 [23件] お守り下さる, ぢつと, 先に, 入れて, 利用し, 助けるため, 可愛がった, 大切に, 幸福に, 待つて, 思って, 手離し, 探しに, 武家に, 殺す外, 狙って, 生かして, 用心棒に, 私は, 自分の, 見捨てる事, 送って, 静かに

2 [102件] あんなにも, いとしいもの, うっちゃって, おびき寄せる細工, こ, ここから, ここで, ここへ, ここまで, これまで, さがしに, じっと見つめ, ただは, のせて, もって, もらいたいと, やって, よんで, ボオイかなんか, 一つひっぱたい, 一人で, 一緒に, 不滅に, 二人だけ, 今まで, 今日まで, 伴って, 伴れ, 信用する, 僕に, 元気に, 出して, 可愛が, 呼びにでも, 呼んで, 呼返した, 嘲笑し, 変えて, 大事に, 家へ, 小鳥に, 引き取って, 往なしたうも, 征服しよう, 思うて, 思ひ続けて, 思ひ續, 愛さないの, 愛しては, 慕って, 憎むの, 憎んで, 憎んでは, 放すこと, 故郷へ, 救い出しに, 救って, 教育する, 斬って, 最初に, 欲する, 死から, 残して, 殺さうと, 殺さない処, 殺したの, 殺すという, 殺せば, 無理に, 父親へ, 犠牲に, 生んで, 産んだ民族, 祝福し, 私の, 立派な, 縛る氣, 罪に, 置いてきぼりに, 肉体的に, 育てて, 自由に, 苦しめて, 褒めて, 襲う筈, 見たがって, 見たと, 見つめ出した, 見ること, 見捨てようと, 見込んで, 診て, 認めたこと, 諦めた, 貰って, 踏みつけに, 蹂み, 迎いに, 迎へに, 避けるよう, 鉄砲で, 頼んで

1 [978件 抜粋] あずかって, あの中, あわただしく擔架, あんなに苦しめた, いじめた罰, いじめるもの, いつまでも, いびるらしい, うらみますぞ, うらやむよ, えらいもの, おいと, おどかして, おまえの, おもち, お先棒に, お呼びに, お嫁, お豊, かついだ樣子ぢ, からかったり, かわいがって, かわいそうに, きょうから, くれって, こうやっ, ここの, こちらへ, この国, この家, この檻, これからひいき, こんなに寂しい, こんな処, こんな風, さがして, さしとめるわけ, さらに叱りつけね, して, すこし先, せき立ては, そこへ, そのから, その場, それくらいまでの, そんなにし, そんなばか者, そんな不, そんな娘, たずねて, たぶらかさうと, たぶらかそうと, ためしに, だいて, ちっとも苦しめたい, ちょっと験した, ついぞ見かけた, つかまえたの, つけたいとは, つなぐ人情, とがめるの, とらえて, とりに, どうする, どう思ってる, どう思つて, どこの, どれいでなくしよう, どんなに困難, なくしたかなしみ, なだめる積り, のがすまい, はじめ衛兵隊全員銃殺に, はなしたの, ひっぱって, ひっ捕えさせて, ひどくする, ふるはすか, ほしが, ほんとうの, またあの, みんなが, もう病氣, もらい受けた男, やっつけて, やらねえと, やること, よく, よくねせ, よこしたの, わが兄弟たち, アメリカへ, シンから, ド・ヴーヴァンお上さんと, バッサリやっ, ホントウに, ボイコツトした, ムクしゅうの, 一つかけ, 一人前に, 一人帰し, 一晩喋らせ, 一足でも, 丁寧に, 上げるくらい, 下ろしたか, 下手人に, 与えること, 世話した, 両手に, 主義の, 九百九十兩の, 二階の, 人手に, 今年の, 今日は, 任命する, 何う, 何となく一番幸福者, 何処までも, 何時迄も, 侍女にも, 供に, 保つて, 信じてるなどと, 信じない者, 信ずる, 信用しとる, 信頼し, 偽善者だ, 傷けた当の, 僕の, 僞善者だ, 入れたぜ, 入れる早桶, 其様な, 出したよう, 分家する, 切るかも, 刺殺して, 前において, 力に, 助けたの, 助けられるか, 助ける, 助けるからは, 助けるよ, 助ける気, 助ける者, 労はる, 勉強に, 千代に, 友達の, 取って, 取つて食, 取り戻しに, 取立てて, 口説いたといふ, 口説きに, 叩き起して, 可哀そうがって, 可愛いと, 可愛がっては, 可愛がりたがって, 叱って, 叱りは, 合わせるの, 吹き飛ばして, 周助殺しの, 呪うかも, 味方と, 呼びは, 呼び出したの, 呼び寄せて, 呼び寄せると, 呼ぶ価値, 呼んだか, 呼んだ時, 呼出した者, 呼出すの, 唆か, 啓発し, 喜ばせるほど, 嗅いで, 嘘つきといふ, 四角に, 困らせた, 困らせない, 埋めて, 夜通し寝かさない, 大切の, 大変愛し, 大臣に, 失うため, 失った今, 奉公人の, 奪う唯一人, 女とお, 女房とは, 好きだ, 好きには, 妨げようとは, 妻として, 妾に, 始末し, 姪だ, 嫁に, 嫉妬て, 嫌い抜いて, 嫌う訳, 子供だ, 存分に, 守って, 安心させよう, 宮中に, 宿の, 密告する, 尊敬してる, 導いたの, 少尉に, 崇拝し, 帰して, 平地へ, 庇いながら, 床下へ, 庭番に, 式部卿に, 引き取るとも, 引き摺って, 引き止めては, 引き込んだの, 引っ張って, 引っ張り出して, 引取る, 引寄せる, 引張出して, 引留めるん, 張らせたわけぢ, 強請つてお前の, 役所で, 往生させ, 待ちかねて, 待ち焦れて, 待ってるだろう, 待受けて, 後継者と, 御守り下され, 御贔屓, 心から取り逃した, 心から氣, 忘れかねて, 忘れたわけ, 忘れない俺, 思いつづけた, 思い出したの, 思い切るくらい, 思う思い, 思ってるのに, 思はず秋, 急いで, 怨む, 怨む者, 怨んじゃ, 恥ずかしさ, 恨んだこと, 悦び迎, 悪う言った, 悪魔だ, 悲しませること, 愕かせ, 愛さなくなったとでも, 愛さねえ旦那, 愛してるから, 愛し出して, 愛し永久, 愛するおれ, 愛するから, 愛するなんぞと, 愛するよ, 愛するん, 愛す然し, 感じる, 慕う心, 慰めて, 慾の, 憎いとは, 憎むだろう, 戒めるの, 手招きした, 打ち破って, 打つくらい, 打擲する, 抱きあげて, 抱き上げるちから, 押し倒したこと, 招聘した, 拷問にかけ, 捕へて, 捕へる最後, 捜し出そうとも, 捨てるよう, 排斥した, 探したよ, 探しまわったこと, 探すの, 撒くつもり, 擇んだの, 改善する, 放しは, 救い起すという, 救うため, 救った, 救ふ, 敵に, 斬る, 斬れんわい, 日蔭者には, 是非くれ, 暫らく預け, 最後の, 本当にあぶない, 本気で, 柱木の, 棄てる気, 横抱きに, 欺す, 止め置いたん, 此の, 此所へ, 死なして, 死なせて, 死滅に, 殺さないで, 殺したいと, 殺したくなる, 殺したら, 殺し切らなかったろうお前, 殺すから, 殺すって, 殺すなぞ, 殺すん, 殺そうとして, 母や, 永田組では, 求めたよう, 求める心, 決して粗末, 泊めたん, 法王に, 泣かして, 注意してる, 深く愛する, 満足させ得ない, 満足に, 潔めた, 無理やりに, 煮て, 熟知し, 熱愛し, 父上も, 犬つ, 狙け, 狙つた者が, 玄関へ, 王さまから, 甘く見, 生むと, 産む爲め, 産んで, 男と, 町に, 當にから, 疑うもの, 疑って, 病院さ入れ, 瘉した, 百足屋の, 監獄に, 直ぐ自分, 相方に, 看取らせること, 眩ませたの, 瞞し, 知らないから, 知らねえだが, 穢した人間, 突き出して, 突出す代り, 笑ひ, 築き上げなければ, 素破抜い, 縛つ, 縛るの, 縛るんぢ, 置いてない, 置くこと, 美しくする, 羨むよう, 翫具に, 聟に, 育てた礼, 育てるの, 背負って, 脅かして, 自分と, 自由な, 良くした, 芸術の, 苛めでも, 苦しめず惱, 苦しめたろう, 苦しめちゃ, 苦しめないで, 苦しめる黒い, 落としこむため, 虐り出した, 虫干に, 螫した, 袋の, 裏切ったこと, 裏切つて此方, 裏切らせると, 裸に, 褒めあげて, 褒めては, 襲って, 西丸へ, 見かけたから, 見そこ, 見たいと, 見たばかり, 見た時, 見つけなかったろう, 見ないこと, 見ない二週間, 見に, 見ようと, 見世物に, 見初めたとでも, 見守つて, 見捨てるか, 見損, 見棄てるやう, 見立てたのよ, 見舞いに, 見詰めて, 見遁, 視る目, 解放しよう, 解雇します, 記念する, 許すこと, 誉めて, 認めること, 誘つてこれから, 誘ひ込んで, 誘拐した, 警察へ, 負い馴れない旅, 負ん, 貨物自動車に, 責める心, 貰いに, 貰うよう, 貰っちまう訳, 買いかぶった俺, 買い取って, 買ひきらう, 賞めてた, 起させようと, 跟けて, 身代金なし, 身請する, 載せた運搬車, 迎えるよ, 迎ふ, 近く横切っ, 返り討ちに, 追い払おうと, 追ひかける, 追求する, 送り出し窓, 逃がさないよう, 逃がして, 連れ帰ったお父さん, 運動に, 避けようと, 酔いつぶさにゃ, 金持ちに, 銃殺する, 長上衣に, 雇って, 非常に, 面白がらせる, 頼むこと, 頼むより, 養女に, 験すつもり, 驚かさないよう, 高いところ

▼ お前たち~ (1278, 3.0%)

23 の母上 14 のこと 12 のため 11 はこの 9 の方, は何 8 のよう, は, はまだ 7 の中, はもう 6 の仲間, はどう, はどこ 5 はすぐ, はそんな, は帰っ, は私

4 [15件] が私, のその, のもの, の一家, の嘆き, の姿, の宿命, の為, の間, はおれ, はここ, はそれ, はどうして, は馬鹿, を見る

3 [28件] がそんな, が厭, が大きく, にはそれ, には何, に分け, に私, のいう, のお母さん, のお父さん, の一人, の世話, の事, の仕事, の手, の考え, の顔, はあれ, はいい, はだめ, はなに, はまるで, はよく, は今, は今夜, は俺, は母上, も知っ

2 [96件] か, があの, がきた, がこの, がそう, が自分, が見た, が選考, こそ人, だけの尊い, とその, とたった, と一緒, と夕方, におれ, にそれ, にはこの, にはひと, にはまだ, にはよく, にはわからん, にも苦労, に一つ, に何, に招待, に撮られる, に知らせたい, に見せ, に話, に顔, ね今日, のうち, のかわいい, のくる, のごちそう, のそんな, の一生, の主人, の兄さん, の力, の勝手, の名誉, の国, の大, の家, の家族, の希望, の来る, の為め, の父, の生命, の目, の眼, の籠, の言う, の足, の身体, の頑是, の鼻, はあの, はいつも, はお前たち, はどんな, はなん, はひと, はまた, はみな, はみんな, はみんな僕, はわからない, はわたし, は不思議, は去年, は和子, は或, は早く, は明日, は星, は此処, は海岸, は狐, は皆, は祝福, は花, もう行っ, もお, もこれから, もただ, ももう, も一緒, をポオル, を幸福, を無理, を見, を見送り, 行くん

1 [788件 抜粋] あどう, いいかげんに, からも仲間, から見たら, から見れ, があり, がいう, がいくら死, がうらやましい, がおれ, がこしらえた, がこの先私, がその, がそれほど, がどんな, がふたりいっしょ, がまた, がみんな, がやがて, がわたし, がチョイチョイ青地, がテーブル, が一人前, が一日, が両親, が事実, が交わる交わる, が今, が今度こっち, が元気, が六つ, が出発, が勝手, が喧嘩, が夢, が大, が大口, が学校, が待ちかね, が心静か, が探し, が政治, が教会, が月, が朕, が東京, が死なね, が残し, が殺し, が毎日, が泣き騒い, が泳い, が矢代, が秘書, が稼いだ, が笛, が結婚, が聞いたら, が芝生, が見, が見逃がした, が言っ, が謂れ, が讃美歌, が退れ, が通っ, が重なり, が黒灰, こそその, この不思議, これから気, さえよけれ, しばらくお, じゃない, そこでなに, そこで何, そんな歌喧嘩, だけが悲運, だけだ, だけのその, だけはそれで, だけ出来ない, だってあの, だってきっと, だってどんな, だってわからねえだろ, だって民衆, だって甘茶, だまって, つが, ではだめ, ではない, で何と, とあそこ, とくい, との関係, との附, とも縁, とを労わり, とキヤンプ生活, と一つ鍋, と仲よく, と同じく, と母上, と話し, と関係, なぞのおもちゃ, なんぞ物, にあげられる, にいった, にう, におもしろく, にかか, にかくし, にかんがえなおせ, にこれ, にし, にそっくり, にたのむ, につけ, につけ覘, にとつ, にとつて, には, にはいい, にはその, にはまだよく, にはわかるまい, には信仰, には充分, には判るまい, には用, には真似, にひきわたそう, にひもじ, にもいい, にもその, にもの, にも一遍日本, にも呆れ, にも己, にも恩賞, にも面目, にゃ仕合せ, にゃ限らねえ, によろしく, にわからない, に一番, に与えられた, に会わない, に伝える, に働い, に出来る, に分る, に厄介, に取らせる, に喧嘩, に堅く, に対してこいつ, に常磐津, に引渡す, に役立つ, に必要, に惚れた, に手, に最大, に本当, に来い, に渡されない, に渡し, に真似, に祝福, に筆, に聞い, に見えなく, に見つからない, に親切, に話し, に豚, に買う, に逢わない, に重大, に集っ, に預ける, に願う, のいましめ, のいわゆる, のお, のおかげ, のかあさん, のかまい, のすき, のそば, のひとりぎめだ, のやり方, のやる, のツラ, のパパ, の不, の世紀, の中最初, の二日分, の今日, の仲, の伸び, の体, の側, の傍, の入れる, の全身, の前, の十九世紀, の厄介, の反対, の叔母, の取るべき, の口, の名前, の囀り, の大地, の姉, の姉さん, の子ら, の子供, の家庭, の将来, の小遣銭, の年頃, の心, の思い, の思い込ん, の恋愛, の愛, の愛情, の所存, の手帳, の指図, の故郷, の時世, の最期, の望みどおりいつ, の様子, の正義感, の気持, の泊る, の淫奔, の父上, の父兄, の生活, の生皮, の田舎暮らし, の画工, の発明, の知った, の知らん, の祖先, の筋肉, の縄張り内, の考え方, の考え方そのもの, の肌, の自慢, の若々しい, の若い, の行った, の行方, の親, の話, の話す, の誰か一人, の貧乏, の責任, の遊び, の運, の運命, の邪魔, の頼み, の鬣, はあきれ返り, はありとあらゆる, はいいつけた, はいつ, はいま, はうず, はえらい, はおどろい, はお母さん, はお父さん, はきっと, はけっして, はこれ, はさすが, はさっと, はす, はすっかり, はせっせと, はそういう, はたがい, はちょうど, はどういう, はどっち, はどつち, はなんだい, はのんきさ, ははいれ, はふたり, はほか, はまったく, はみな頭, はもらう, はわき見, はわし, はアラン, はウジ虫, はラノン海賊, は一体, は一文, は一臺, は丁度, は上, は上品, は不幸せ, は二台, は互いに, は人力車, は人間, は今ここ, は今そこ, は何と, は何商売, は何方, は僕, は僕ら, は先頃, は全く, は出, は初めて, は利休, は卑怯, は原子爆弾, は又, は同じ, は味方, は土地不案内, は土蜂, は外, は夜, は夢, は大きく, は天, は女, は如何に, は寝, は小さい, は年寄, は幸福, は引, は必ず, は怖い, は恋愛結婚, は恥ずかしく, は慎み, は敵, は日本, は智恵, は木虱, は札, は束, は機械, は母ちやん, は母娘, は毎晩毎晩, は永い, は無, は無造作, は犯し, は男, は男三人兄弟きり, は相手, は知ってる, は知恵, は穴, は結び, は自分, は若い, は苦しく, は血さ, は見る, は誠に, は逃げた, は過信, は遠慮なく, は鎌倉, は霧, は駄目, は黙っ, は黙んなさい, ばかりに働かし, まだ来る, まで将, まで角兵衛獅子, もあと, もいい加減, もいつ, もうち, もう今夜, もお互い, もここ, もす, もそこ, もた, もとうとう, もなかなか, もみんなプロレタリア, もみんな胸, もよろこん, もポラーノ, も一服馳走, も不幸せ, も之, も人, も仲よく, も勇気, も大きい, も少し, も心臓, も悪戯, も折角, も気, も油断, も相伴, も知, も童貞処女, も聞いてるだろう, も行く行く, も言うだろう, も認め, も路頭, も降参, も骨休み, やただ, や何, や勝手, よい子, よく探し, よく生きとった, よりは孫, よりも多く, をあすこ, をからかい, をからかひ, をこの, をせいばい, をだまし, をとらない, をどんなに, をみな罪, をゆるし, をペテン, を一刻, を事変前, を切っ, を助けた, を取り戻し, を喜ばせる, を売っとる, を寝かしつけ, を山, を待っ, を待つ, を情けない, を愛した, を打, を暖め, を残し, を母上, を没義道, を片づけ, を生かす, を知ってる, を祝ぐぞ, を罰し, を聾, を袖, を覚え, を訴え, を買い, を軽蔑, を離れ, を食い物, を養う, 何だ, 出来るだけ, 大馬鹿野郎ども, 早く持場, 暫くの, 眠るん, 知らないだろ, 逃げるの, 食うな

▼ お前~ (907, 2.1%)

13 のよう, は何 8 は, はその 6 に話した, の祖父さん 5 の家, の方, はそんな, はよく, は私 4 にその, に話す, のこと, の心, の顔, はそれ, はまだ, はみんな, は父さん

3 [24件] がその, だ, と一緒, にそれ, に教, に自分, のお, のやう, の中, の前, の好き, の想像, の知つて, の話, はあの, はどう, はどうして, はもう, は何者, は何處, は俺, は其の, は自分, を連れ

2 [65件] がこんな, がよく, だつて, と友達, と同じ, にこんな, には判らない, には取れません, には図書館, には母さん, にもつ, に一寸, に分る, に心配, に礼, に話し, のする, のところ, の事, の仲間, の先祖, の力, の境遇, の大将, の姿, の子, の来る, の母上, の毛虱, の為る, の知らない, の知識, の考え, の要求, の親達さ, の身の上, の身体, の間, はいつ, はえらい, はお前達, はさ, はどこ, はもっと, はやっぱり, は人間, は仲, は可, は地球, は子, は子供, は泥棒, は生意気, は皆, は肩身, は自分達, は虫, は見, は訝しい, は誰, は逃げ, も知つて, も聞い, も自分, よ

1 [590件 抜粋] あの人々, あ人間, あ何だ, か, かまた, からお, から話し, から返礼, がい, がいくら, がきのこ, がこないだ長野, がこねぇ, がさっと, がそんな, がそんなに, がつまらない, がなん, がまだ, がめいめい, がわし, がゐ, がチヤン, がホントウ, が一番頼り, が俺, が傍, が出来るならかうした, が分け, が力, が勝手, が又, が喧嘩, が喫, が困るだらう, が夜私達, が寄りつかない, が寝よる, が専門家, が少し, が帰り, が庭, が恥知らず, が悉く, が悪魔, が憐れ, が承知, が持つ, が昨晩, が木曾, が来た, が橋, が次, が此二階, が此処, が此處, が死ぬ, が死んだなら, が物事, が畠, が発っ, が皆, が皆んな如露, が皆んな目, が私, が空, が立てる, が網, が聞い, が聞いたら, が船, が話す, が譲歩, が風邪, こそこれから, こんなもの, じゃねえ, そんなところ, だけで一日中, だけの専売, だけの芸術, だ苦しめた奴, ですっかり, ですって, ではない, で片づける, といよいよ, とは人種, とも逢うだろう, と一, と喧嘩, と巳, と私, と違った, と違つて, と雪, と頼ん, なんかはどう, にお, においては家, にお話, にお願い, にかかっ, にし, にしなけれ, にしろ, にた, にちやん, につきあ, にとっても楽しかろ, にとつて, になり代っ, にはそれだけ, にはとても, にはもう, には会わない, には何, には分らない, には少し, には時々, には木, には知識, には聞こえぬ, には蜂, には見えまい, には見つけ出す, には騙されない, にもう, にもたやすく, にもはつきり, にもひどい, にも信じられるだらう, にも分るだらう, にも彼, にも本当に, にも無い, にも談, に不満, に与, に介抱, に似合つた, に何, に其の, に出来ない, に分らない, に分り, に前, に取つ, に大事, に對, に少し, に強, に後で, に思想宣伝, に改めて, に此, に猫, に知らせた, に罪, に肝, に見せる, に言, に話さう, に話さなく, に身, に迷惑, に迷惑の, に逢っ, に遣, に金, に雷, に頼ん, に驚く, のいふ事, のうち, のお爺さん, のせゐぢ, のたき火, のため, のものビタ, のやり口, の一人, の一番, の上, の不義, の世の中, の世話, の人柄, の人生, の仕事, の仕業, の伯父さん, の何, の侵略, の信ずる, の傲慢, の先生, の厄介, の口, の吸いたがる, の周囲, の味方, の命, の商売, の場合, の夢, の大切, の好運, の学校, の実体, の帰り, の弟, の後, の思う, の恐れ, の息, の戸籍, の所有物, の手工, の排日デモンストレーシヨン, の敵, の文明, の曾祖母さん, の来た, の棲所, の様, の母さん, の気, の気に入つ, の気持, の涙, の烈しい, の父, の王, の生れ, の申し出, の番, の知った, の知慧, の祖母さん, の素姓, の縛つたの, の耳, の聴い, の腰, の芸術, の行つた, の親, の註文通り, の誰, の諫, の谷, の責任, の送る, の野心, の雷, の面目, の鞭, の領分, の頭, の食卓, の骨, の髪, はあいつ, はあんな, はいろんな, はお, はおしまひ, はおとなしく, はおれ, はこれから, はさも, はすぐ, はずんで, はそう, はそこ, はそれ等, はそんなに, はたぶん, はちっとも, はときどき, はどうか, はどうしても, はどんなに, はなんにも, はぬれ, はひどく, はみんなキチガイ, はみんな弾, はもつ, はゆうべ, はゆらぐ, はよっ, はわし, はわれわれ, はカタニア, はパン, はロシア, は一切, は一本, は一緒, は一般, は下等, は二人, は二人共鼻, は二階, は互いに, は享楽主義, は人々, は今度, は仕合せ, は他, は何でも, は何方, は何聯隊, は俺達, は兎, は入らない, は力強く, は又, は叔父さん, は只, は向う, は吾, は咀, は善い, は基督, は変, は多分, は大, は大きな, は女中, は好い, は姫, は寄つて, は山, は山小屋, は常, は得生, は御存知, は心配, は忘れず, は悪人, は改心, は昨夜ドコ, は昨夜姫, は智慧, は最も, は栓, は桑港, は欧米流, は止所, は此, は此家, は毎日隱れん坊, は毎晩, は毎晩此處, は氣, は汽車, は消毒, は湿れた, は無知蒙昧, は父, は特別, は理由, は理窟, は男, は皆んな, は皆んな揃つて, は皆女子, は皆馬鹿, は盗人, は監視, は直ぐ, は眼鼻, は知, は知つて, は知らない, は知らん, は私等二人, は空, は粉々, は聾, は芭蕉翁, は荒神さま, は行儀, は親方, は誠意, は谷底, は銘々, は銭儲け, は鍵, は間違っ, は闇屋, は附き, は隣室, は離さない, は非常, は食べ, は飯島様, は飲まず, は驚きすぎない, は驚く, は魚, は鳥, は鵙屋, は龜, ばかりをやった, へ真, みて, も, もお, もかうし, もかかれ, もそう, もつれて, もまた, もみな馬鹿, もよく, も人, も兼, も出, も危険, も大きく, も寒かろ, も寝, も幸福, も後々, も感じ, も成田街道, も承知, も攘夷党, も早く, も此, も深入り, も用意, も百, も着物, も知, も知っ, も知ってるだろう, も私, も認め, も達者, も隠さず, も飲め, も馬車さ乗つて, も馬車さ乘つて, や中, よそれ, よりよっぽど, より早い, を, をその, をつれ, をどだい, をびつくり, をぼんやり, をモツケ, を伴, を助けた, を勿体ない, を呼び出した, を嚇, を大変好き, を子守, を安, を安心, を寄宿舎, を對手, を感心, を憐れむ, を抱い, を授け, を揺り起した, を攻め, を殺つつけ, を泣かせなく, を瞞, を知っ, を育て, を見つけた, を見世物, を見張らせた, を討たせ, を訴, を追っかけ, を鏖殺, を頼み, を養っ, を驚かす, を驚かすだらう, ァ黙っとれ, 一目見れ, 下りて, 優しい天, 手伝って, 無暗, 若い者, 逢わなかったかな

▼ お前~ (696, 1.6%)

57 一緒に 12 二人で 11 同じよう 9 夫婦に 8 私とは 7 一しょに 6 私の, 話を 5 お前の, わたしと, 己と 4 いっしょに, おれの, おれは, ならば, 二人きりで, 同じこと

3 [17件] おれとは, わしとは, 一緒の, 云うもの, 俺との, 俺とは, 別れてから, 同じやう, 呼ばして, 喧嘩する, 己とは, 死別れ, 浜地との, 私と, 私は, 結婚した, 話して

2 [51件] あべこべだ, いつしよ, お京, お太陽さん, お父さんが, お秀, お隣り, ここで, この株内, して, ちがって, よぶの, わしと, わたしとの, わたしとは, わたしの, わたしも, 一しよ, 一処に, 一所に, 一緒なら, 並んで, 主人の, 二人きりだ, 付き合って, 仲の, 俺が, 入れ代って, 別れて, 口論は, 同様に, 寝よう, 心を, 心中する, 手を, 文子の, 旦那を, 時やん, 枕を, 死別れた, 母様の, 無駄話を, 私だけで, 結婚が, 結婚する, 芳男が, 言う人, 言ふ, 逢うた, 附き合つて, 離れて

1 [388件] あいつとの, あたしの, あの人, あの子, あの山, あの渦巻, あの貞雄君, あるいて, いう, いうより, いうよりも, いたずらを, いつまでも, いふものの, いわれたかったの, いわれては, いわれるか, うまく行く, おいらの, おっしゃらない, おなじやう, おなじよう, おれが, おれでは, おれと, おれとで, おれとでは, おんなじよう, おマン, お仙ちゃんの, お前とで, お半, お孃さん, お峯さん, お新, お柳, お槙, お母さんとは, お母さんを, お父さんは, お玉の, お筆, お粂, お袖, お辰, お高, きたらのろけるの, きっぱり訣別, きては, くらべると, こうして話し, こして, このお父さん, このこ, このと, この俺, この四人位, この子供, この家, この新さん, この秋, この赤髭コ, しても, じかに話したい, じゃア, その人, その他七人, その劉, それから俺, それから郁太郎さん, それを, そんな話, たいした變, たった二人っきり, ちがう, つながりが, てわたしとて, どっちが, なぞ結婚, なら面白かろ, なんか交際, なんか坐る, のりに, はげしい夫婦喧嘩, ひき蛙とは, ふたりで, また昔話, やくざな, やって, やっとの, よく絵, わかれて, わけの, わし等とは, わたしが, わたしより, わたしを, アグーシャお, アベコベぢや, ウラハラだ, オーナラバドコマデモオ, ジヤンケンした, ペエシエンスを, リッジーとが, 一つに, 一つの, 一つ床の, 一番の, 一緒ぢや, 一緒でない, 一緒でなきゃ生き, 一緒でなけれ, 一話ししよう, 三好と, 三田君の, 不和の, 世帯を, 丹次と, 乗に, 事業とは, 二人が, 二人ぐらいでは, 二人だけ, 二人だけで, 二人だけといふ, 二人っきりの, 二人とも, 云う可愛い, 云う言葉, 云つたら, 云ふ, 云ふも, 京子とは, 仰有, 仲よくなろう, 伊三郎は, 会ったな, 会って, 佃さんとは, 何か, 何にか, 何の, 何処へでも, 何方が, 供養の, 俺だけが, 俺と, 俺とが, 俺とで, 俺の, 俺は, 俺らが, 俺らの, 俺らは, 俺らも, 僕, 僕と, 僕とは, 僕とを, 僕の, 兄妹に, 兄弟分に, 入れ代つて, 入れ違, 六十八十までも, 共謀に, 兵二郎の, 兵二郎は, 其の女, 内内相談に, 出来て, 分る, 別れようと, 別れようなんて, 別れること, 別れるだろう, 別れるの, 別れろと, 別れ別れに, 別居を, 勇三郎の, 勘太親方とは, 勝手気儘な, 協定した, 反対な, 口を, 口利い, 吉三郎は, 同じくれ, 同じく民衆, 同じに, 同じ世界, 同じ人間, 同じ先祖, 同じ名前, 同じ国びとか, 同じ地球, 同じ年頃, 同じ扮装, 同じ状態, 同じ都人, 同クラス, 同一に, 同時にお茶, 同様な, 同樣目隱, 向いあって, 周信が, 呼ばずには, 呼ばれて, 呼ばれるの, 呼び掛ける権利, 呼ぶこと, 呼ぶべきなの, 呼んだ, 呼んだり, 呼んで, 善八と, 喧嘩し, 喧嘩を, 囘とは, 四人が, 国府津で, 大層眤懇, 夫婦じゃ, 夫婦の, 夫婦約束する, 夫婦約束を, 奥様に, 女の, 妾とだけ, 始終顏, 宿縁が, 寅松親分は, 密通し, 寝食を, 専次の, 小供, 小児の, 小萩さんの, 居ても, 居留木角左衞門と, 左の, 差しで, 差し向いの, 差向っ, 己の, 己は, 年の, 年を, 幸子の, 幽霊と, 弓勢を, 張合ふ, 思って, 情死を, 手分し, 抱きあつ, 掛り合, 散歩に, 文子が, 斬合ったでは, 斯う, 新吉は, 新屋を, 時々一緒, 暮して, 暮らして, 最初からの, 會は, 末ちゃんを, 来たら番僧, 来ては, 来るやっぱり, 格別の, 次郎と, 歌子は, 歩かないよ, 歩るいて, 死にわかれる年, 死んで, 死別れる, 殺されたお, 母とが, 母とは, 毎夜連れ立っ, 氷だ, 氷とで, 氷とでの, 永劫に, 江崎との, 浪江が, 添はせ, 清太郎の, 湯治場へなど, 滝と, 父とは, 理論を, 瓜二つで, 甚助の, 生れぬ先, 番頭とで, 異人と, 白旗直八とは, 百兵衛親分が, 百兵衞親分が, 百太夫とは, 目を, 相談し, 眠剤と, 矢並行方の, 知り合ってからは, 私とが, 私とで, 私とには, 私との, 私ばかり, 秘呪を, 突き合せて, 突き合せるまでは, 突つきあいばっかり, 立ち合い出来ぬよ, 立ち合った人間, 立合を, 竝んで, 競争する, 米友は, 米友を, 約束した, 約束しよう, 約束は, 紫錦さんとは, 組むの, 結婚さえ, 結婚したい, 結婚したら, 絶縁した, 継とは, 義兄弟に, 能く, 自分とに, 菊治が, 行きたいん, 見て取ったが, 親しそう, 親しゅうなり, 言いました, 言い俺, 言うこと, 言うもの, 言う男, 言ふも, 話したいこと, 話したならきっと, 話したの, 話しながら, 話は, 議論したく, 議論する, 谷蔵は, 足掛け七年一緒に, 踊ってからに, 逢うこと, 逢う時, 逢引した, 連れ立って, 遊びたいよ, 道, 違うぞ, 違ったこと, 違って, 金之助で, 長四郎とで, 間違えて, 間違へ, 間違へる, 阿父さん, 附き合うと, 附き合つて一, 離れないよ, 離れようとは, 離別せんならん, 雲とは, 顔を, 風は, 飲むの, 飲んで, 首と

▼ お前には~ (513, 1.2%)

6 逢は 5 それが 4 わかるまい, 智慧が, 気の毒だ

3 [12件] おれの, お職, ほんとうに, わかって, わからないの, 何の, 何も, 私の, 縁が, 見當, 関係の, 黙って

2 [29件] お前の, まだここ, もう用, もつと, わかるまいが, わかるまいよ, 下手人の, 人間の, 何にも, 出来ない, 分って, 分らないと, 分らないの, 叶は, 女が, 好いの, 少しお, 少しも, 少し荷, 氣の, 父さんの, 用は, 用事が, 用事は, 私も, 立派な, 荷が, 解らないかも, 隠して

1 [396件] あいそが, あした棺桶を, あとで, あなたの, あの児, あの燈, あの道具, あべこべ砲を, あること, あるの, いくつも, いつも先生, いるほど, いろ, いろいろ世話, いろいろ恩, いろいろ礼, おかみさん, お世話に, お主ぢ, お前には, お前を, お前以外の, お曾與, お父さんの, お組, お茶番, かならず見える, きっと出来る, こうした瞬間, こじつけとしか, このお祖母さん, このこと, このやう, この代り, この凄味, この名号, この大, この己, この店, この秋, この苦しい, これから母さん, これが, これまで, これを, こんなつきもの, さう, さっぱり分らない, すぐに, すべてが, すまないと, そうで, そうとしか, そう見える, そう言う, そう響かなく, その解決, それくらいにしか, それを, そんなおれ, そんなだらし, そんな事, そんな権利, そんな経験, そんな芸当, たいへん悪い, ただ黙る, ちゃんと未然, ちょっと千里眼, つきりと, つらく当たったであろう, とても文學者, とばっちりが, とりつけないから, とんだお, どうしても大阪, どうして鑿, どうだ, どう考え, どこか, どこと, どすが, どの子, なくても, なにも, なんとも済まない, なんにもとっとい, なんにもやる, なんにも知らさず, ひとに, ひどい眼, ふて腐れ, ほんとうの, まかさんぞ, まだまだ光, まだよくは, まだよく分るまい, まだわからない, まだ人間, まだ何, まだ修, まだ内々, まだ分らない, まだ学問, まだ日本語, まだ母さん, まだ知らしてなかった, まだ良い, まだ花, まだ若, まだ解らない, まだ訊い, まだ話さなかった, まだ読めない, まだ読めまい, まだ讀めない, まだ過ぎた, もうすこし背, もうその, もうなに, もう今日かぎり手紙, もう情熱, もう探索, もう百四五十円, もう訊ねん, もちろんわかっ, もっと広い, やれぬ, やれんぞ, よく似合ってる, よく分っ, よく分らない, よく分るまい, よほど気に入っ, わからない, わからないか, わからないこと, わからないん, わからなかったの, わからなくても, わからねえの, わかり過ぎる位, わかるか, わかるねえ, わしの, わたしや, アドルムあげる, カシミヤが, テンダーネスの, パパが, ピアノの, ピンと, ペテルスブルクの, ミルキ閣下ご, ラツパ吹き, 一つの, 一つ二つの, 一人の, 一円五十銭の, 一度逢う, 一生困らない, 丁度手頃, 三十五年越の, 三千フランで, 上田を, 不承知と, 不自由は, 世話を, 世間という, 世間の, 両親が, 中, 主殺し, 之を, 二つ食べさせ, 五千弗出す, 人生そのものすら, 今までの, 今日大役を, 今説明を, 他の, 他人の, 会せず, 会われないとばっかり, 似つかわしい, 似て, 似合うよと, 似合わない彼, 何から, 何んだ, 俺が, 俺の, 兄お, 兄弟か, 充分だ, 光禄卿を, 全く呆れた, 全く用, 其丈の, 其處までは, 凡ての, 出來, 出来ぬこッ, 刀は, 分かって, 分けて, 分ってるの, 分っとるだろうと, 分つて, 分らせたいが, 分らないか, 分らないかなあ, 分らないん, 分らねえが, 分らんか, 分るまい, 分家分禄そんな, 初対面だ, 判らん, 判りっこないよ, 判断出来よう, 別にご, 別に好き, 別に罪, 力が, 功が, 助ける工夫, 十分すぎる, 南条から, 及びも, 叔父甥の, 取って置きの, 右の, 向かないね, 善い事, 困るナ, 地獄の, 外で, 外に, 夜の, 夢の, 大事の, 大切な, 大叔父だ, 好く解るだらう, 如何なる意味, 始めて, 娘が, 子供も, 安穏は, 実に困る, 家も, 家内が, 寒い思い, 察しることも, 寮母みたいな, 小言を, 小説など, 少し不健康, 少なくともわし, 尽して, 岩の, 川が, 左の, 年よ, 年取った母親, 引越の, 後でお菓子, 御贔屓, 心当りは, 心配も, 必要だ, 怒りは, 怖ろ, 思えて, 怨が, 怪異が, 恐いらしい, 恐ろしい, 恨の, 悪魔が, 意志の, 愛すると, 感心し, 打つて, 指も, 教室の, 敵ひやしない, 敵わ, 敵わねえ, 早過ぎる, 書かなかったけれど, 書けそう, 望みが, 果物の, 楽しいこと, 権力って, 此の世の, 此下手人の, 此方のを, 武士の, 死が, 死と, 殺す氣, 母性の, 母親が, 気が付かぬかな, 気の毒じゃが, 気の毒な, 済まないと, 済まんな, 済みませぬ, 無理だ, 熊本が, 熨斗を, 父の, 物が, 珍らしい, 生活も, 申し分なく, 男の, 畑や, 留守中大變世話に, 皆に, 監獄の, 相談を, 知って, 知らせて, 碁の, 確か投げ, 秋安という, 納得が, 綿銘仙の, 義理が, 考えようとしても, 考えられるの, 聞えなかったか, 聞えなかッ, 腋臭が, 自分が, 良い師匠, 良人が, 血すじだ, 見えないの, 見せて, 見せられない, 見所が, 見覚えの, 見込が, 親が, 親しい友だち, 親父も, 覺え, 解って, 解つて居る, 解らないだろうなあ, 解らないよ, 解らなくたつて, 解らなくとも, 解りさうに, 解るだらうと, 解るの, 解るまいざつと, 解るまいよ, 言ひ, 言わなかったの, 話さなかったが, 話したいこと, 誠に気の毒, 買へ, 赤い舌, 身分が, 辛い道, 辛抱という, 辛抱は, 迷惑は, 迷惑を, 退治られた, 造作なく, 逢わなかった, 遇は, 遇わないから, 適しないらしい, 重荷に, 釣り合は, 陰険な, 離婚の, 面白くない, 頼まんまでよ, 頼みが, 頼もしい親方, 頼りなげに, 飛んだ骨, 飽気なく, 餘つ

▼ お前~ (423, 1.0%)

11 のお 96 の事 4 はお 3 だ, の心, はあの

2 [30件] お聞かせ申す, か, がお, が坊様, が温泉, それでも感心, では, といふもの, には始め, のお蔭, のこと, のもの, のやう, のよう, の位所, の子, の御, の方, の身, の顔, の鮒, はいったい, はこの, は何, も, もお, もこれから, も嬉しかろ, よく知っ, 飛んでも

1 [324件] あの常, あの徒, あの薄暗い, あぶねえところ, いえさ, いけましねえ, お叩きなさらぬ, お天守, お少えに, お手近, お手近ぢ, お梅はん, お船頭, かのそれ, からおっしゃる, からもよく, があの, がお母様, がここ, がさぞ, がつれ, がどうしても, がほんとう, が仇討, が仏, が仔細, が仕度, が何, が余り, が入らっした, が其の, が出, が大, が学校, が小児, が強, が御, が承知, が持つ, が捨身, が来, が来る, が武士道, が沢井, が清さん, が理屈, が疑はつせえた, が私, が行く, が行逢, が見さし, が覚悟どおり, が逃げ出すなら, が逢, が附添, こそお嬢様, こそのいひじら, こそエラク早起き, こそ何, このお, この土地, この年, この湯の谷, この馬, さえお, さえ打ち込んだら, する事, その猫, その重箱, そんなね, たちゃ何処, だその, だってずいぶん, だもの, ちゃんと理, ついしか, ついぞ見た, であった筈, とあの, というの, というもの, という者, とお, とおんなじ, とても何, とはどう, とは存じませぬ, とは格別, とも夫婦, と云はる, と俺, と入れ, と同一, と同国, と同国ぢ, と御新造様, と添う, と私, と私等, どうした, どうせ日, どうなさる, なつかしかん, ならタダ, なんざ, にお, におかせられまし, におとなしく, にお礼, にこの, にこんな, にそう, になった, になんと, にはお, にはおえい, にはこの, にはその, にはわからねえ, には二人, には孝行, には思う, には甥, にも清さん, にも見えなかった, にゃア何うし, に六百, に力, に殆ど可, に気, に渡し, に熟, に申し, に申し上げます, に育てられ, に限っ, に頼まれた, に願っ, ね, ね一ツ, のいう, のいちばん仲, のおっしゃる, のお世話, のお力, のお尋ね, のお母様, のお話, のきれい, のご, のそば, のため, のほか, のよろしき, のゴタゴタ, の仕業, の伝説, の住所, の側, の兄弟, の児, の兵卒, の前, の勝ち, の勝手, の厄介, の口, の可愛い, の品, の塩梅, の外, の奥様, の姿, の実家, の家, の念, の恨, の振舞, の料簡, の断念, の智慧, の汚名, の深き, の番, の眼, の秘密, の背後, の腹, の良人, の苦手, の蒔いた, の血統, の要求, の覚悟, の親御, の親父様, の読経, の足, の身体, の邪魔, の駕籠, の魂, はいつか, はいつも, はえらい, はおなじ, はお客様, はこのごろ, はさいぜん, はすっかり, はそれ, はどうして, はどこ, はどなた, はどの, はほんとう, はまあ, はもう, はもとより, はよい, は一人, は丹下, は亀山, は人, は人間扱い, は何で, は何と, は又, は可愛らしい, は君江さん, は唯, は固, は女の子, は小日向服部坂上, は山, は嵐, は御, は思った, は損, は文, は晩方, は様子, は此, は気, は物事, は知らない, は知らぬ, は私, は腕前, は臆病, は見透しじゃ, は誰だい, は鈴木様, は飛び付い, ほどの女, ほどの慧眼, ほどの物識り, まあどうした, もう浮ぶ, もこれ, もし旦那様, もどうぞ, もね当, もの祖父殿, もまた, もまだ, もやらっせ, もよく, も一人子, も二度と, も何ん, も明神様, も残らず, も殺られちまいます, も用心, も碁, も随分, より増, より多助さん, をかれこれ, をピチャピチャ, を一, を一緒, を三度, を仇, を入れた, を助け, を取っ, を尊敬, を引ッ, を後, を手, を捜し, を案じ, を残し, を見た, を見る, を見張る, を討とう, を訪ね, を迎え, を追出させる, 先立って, 其の采, 其の鉄砲, 取れますか, 御主筋, 御勘考, 御親切, 煽起が, 白い顔, 直ぐに, 真緑, 知って, 知れねえについて, 立つて, 見さ, 見さる, 見たばかり, 見たばかりじゃ, 見たよう, 見られた図, 誠におめでとうご, 高い金

▼ お前さま~ (264, 0.6%)

18 のお 9 のよう 6 にお 43 がお, の前, の御, はお

2 [13件] お一人, がわたし, そんなこと, と縁, のお家, のこと, の妹, はあの, はわたし, は強く, も, もやっぱり, も今

1 [189件] あんな家, おかみさん, おだるけりゃ, からお金, があの, がお呼び, がこんなに, がそんな, がほんとに, がまあ, がわし, が何, が勝つ, が勝て, が妾, が宅, が宜, が持っ, が此方, が若, が行くなら, が負ける, こそきょう限り, こそ人でなし, こそ歌, この年寄, この茶屋, せめて一生, そうやすやすと, その子, その鍛冶屋, そんなもの, そんなゆとり, そんな往来ば, だったの, だよ, でございますかと, ということ, といふ御, とくらす, とて用捨, とは違え, と同意, と添, と追, どうか, どうしただ, どうしてそんなにお, などのなさる, なにかね, にあいたがっ, にか, にはいと, には女房, には妹さん, にも何, にも済みませぬ, にゃ無理, に出, に劣る, に参られました, に売れ, に幼少, に御, に折り入っ, に本当, に神さま, に賛成, に逢おう, に逢った, のいう, のおふくろさん, のお母様, のこの, のその, のため, のところ, のまえだ, の事, の代わり, の厄介, の口, の命, の女房, の娘, の孫, の家, の将来, の形見, の心持, の念願, の戯言, の手遊, の損, の真心, の眼, の祖母様, の紙片, の肩, の親御, の証文, の責任, の身, の身体, の長上衣, の馬車, はいったい, はここ, はこの, はさぞ, はさっき, はじめて此処, はそう, はどこ, はまた, はまだ, はまったく, はもう, はやっぱり, はよく, はわれわれ, は一体, は五兵衛さま, は何, は修行, は値段, は其の, は和宮様, は唯, は売卜者, は変らず, は大岡様, は妾, は小野, は木, は構わっし, は海老屋, は渡世, は盛り, は眞實, は知るまい, は磯五, は算盤, は若, は軍隊, は飛んだ, ばかりは高, へまわし, ほんとに戻っ, まあ何, まだ馬車, まるで野豚, もうれしからず, もお, もつれ, もどうぞ, もまた, もよい, も一つ, も其の, も出, も出させる, も大きく, も妾, も知ってる, も立会っ, も聞かっせいた, も見覚え, よく知っ, よりよろしく, より人, を, をお, をさがし, をといひかけ, をぶち, をよう納得, を抱い, を生ん, を預ける, を頼り, 嫌って, 帰って, 帰るなんて, 御不在, 御無事, 持ってる, 殺しては, 羨ましと

▼ お前にも~ (243, 0.6%)

3 わかるだらう, 似合わないじゃ

2 [18件] お前の, また何, また私自身, もっと打ちとけ, 似合は, 分けて, 心當り, 心配を, 忠告し, 用が, 縁談の, 聞えないか, 色々世話, 苦労は, 見せて, 解って, 責任が, 顔向けが

1 [201件] あげるよ, あちらへ, あれが, あわないよ, いつかその, いろいろ世話, いろいろ御, いろいろ心配, おぼえが, ここが, この間話した, これだけの, しじゅう心配, すぐわかるだろう, するだろう, ずっと前, そう見える, そっちの, そのよう, その心持, その時, それから自分自身, それが, それだけの, たんと助力, だいぶ苦しい, だんだん世の中, ちょっと働い, できないだろうね, できるだろう, ひきあわせて, ほんとうに, まだ礼, もう逢, ゆつくり, よくおれ, よく判るだらう, よく聞い, よく話した, わかったらしいな, わかったろう, わかっては, わかってるだろうが, わかるじゃろう, わかるだろう, わざとつらい, わしの, わし等にも, わたしの, メッチェンを, 一つ頼みが, 一人の, 一度あやまっ, 一本さし, 一生土民で, 一辺俺の, 主殺し, 二三度教へた事も, 云った, 五十銭遺い, 人殺しの, 今度は, 今迄は, 付きまとって, 会えぬと, 伝わって, 似あわずあわてて, 似ないじゃ, 似ぬ氣, 似合つただらう, 似合わしからぬこと, 似合わない, 似合わないへま, 似合わない何, 似合わんえらく, 似気, 何にも, 僕にも, 出て, 分かるまいが, 分る, 分るけ, 分るだらうと, 分ろう, 判るだらう, 判るだらうな, 判るだろう, 厄介に, 合せる顔, 合点が, 同じ言葉, 同情する, 向う世界, 変わること, 大体は, 大体分ってる, 大切な, 大厄日だ, 大概わかつた, 孝の, 孫に, 少しわけ, 御馳走し, 心付を, 心当りが, 急用が, 恐しい當, 恥さらしさ, 悲しい思い, 想像が, 意見され, 憎い敵, 憎む人, 懸つて, 打明けなかったが, 掛り合, 敵の, 料簡ある, 早く養子, 明かすわけ, 最う逢, 最ッ, 柳沢の, 楽させるだ, 歯が, 気に入った, 気の毒で, 気の毒であった, 氣が, 決して迷惑, 決して面倒, 源次郎にも, 煙草銭やろ, 父と, 異存は, 盗めるし, 相談する, 着物や, 秘して, 秘法を, 結婚を, 結構な, 綽名を, 繩を, 繪ハガキが, 罪が, 聞えるだろう気の毒, 聽かせ, 肩身の, 能く, 腑なんて, 良いの, 色々厄介, 芝居らしい, 芸者は, 若者らしい, 落度は, 行かれて, 見えて, 見えないかな, 見えるはず, 見せるもの, 見當, 覚えが, 覚悟が, 解ったろう, 解らないと, 解らないという, 解るだらう, 解るであろう, 解るまいが, 言い分が, 言うて, 言って, 言ってたろうアプレゲール, 訊くこと, 話したい事, 話した事, 話すが, 話を, 読めたん, 読んで, 責任の, 迷信なんぞ, 迷惑が, 逢いたかったが, 逢えまいと, 進級の, 運が, 適用するだろう, 酌に, 金儲けが, 長らく御, 関係が, 阿母さん, 面白いもの, 面白いん, 頼みが, 頼んで, 飛んだ苦勞, 飮ませる

▼ お前~ (152, 0.4%)

3 はどう 2 のやう, のよう, の傲慢, の勢, の手, の知った, を出迎え

1 [135件] あ今, がいくら, がよくも, がウン, がオヤジ, が出, が家, が此世, が注意, が絶対, だ, だけで逃, だって同じ, では話, でもたまらない, で充分, とは身分, と出, と己, と違う, どうする, なんぼ画いた, にかつがれた, にはそれ, にはもう, には皇位, にもと何, にも悪い, にやる, に半分, に善い, に心配, に恩, に手紙, に掴まっ, に渡し, に負ける, ねらわれてるぞ, のからだ, のたずね, のでる, のゲス, のハラワタ, の上, の中, の主人, の仲間, の住ん, の使われ, の働き, の出る, の前, の厄介, の商売, の好き, の娘, の子供, の心, の指図, の掏, の新, の父親, の王, の緊張, の落ち口, の言う, の話, の面目, の首, は, はいったい, はおれ, はお前たち, はお前ら, はここ, はこの, はしばらく, はちょっと, はどうして, はなぜ, はまるで, はもう少し, はイブキ, はテュイルリー, はヨハネス, は五銭, は今後心, は他所, は何, は何事, は全部立会人, は六方者, は分らず屋, は初めて, は商人, は対手, は潮, は炭, は見, まだ新米, まだ親爺さん, まるで気違い沙汰, もそう, もその, もひがむ, もめいめい, も亦, も何, も儲け, も学校, も安心, も後顧, も本署, も来, も死ぬ, も死ん, も知ってるだろう, も道後案内, よく来た, よりもっと, をか, を十分理解, を巡査, を心から, を監獄イ, を踏み潰す, 出て, 帰るまでには, 救い出そうと, 聞いたか, 聞いたこと, 若い者, 行って, 見なかった, 遊んで

▼ お前から~ (149, 0.3%)

4 先へ 3 聞いて 2 して, よく意見, 切り離して, 奪ったもの, 百万円を, 見れば, 話して, 遠くは, 金を

1 [124件] あの時, いうが, いって, いふと, いわれて, お母さんに, お言い, お願, きらわれてるの, くらべると, くれた手紙, ここの, さきに, さんざんの, しても, じっくりいい, すっかりお, そう言われる, そこまで, そっと兄さん, その言葉, それとなく訊い, そんな風, だぞ, ついて, でなくては, もらうこと, もらった病気, ようく, よくお礼, よくもく, よく下手人, よく問いただし, よく詑び, よろしく云, ジョージの, ハガキもらった, 上陸命令を, 云いなさい, 云ったら若旦那, 云って, 依頼を, 俺が, 俺に, 俺の, 借りた本, 借りた男, 借りようとは, 充分に, 先に, 出して, 出たこと, 勘定書を, 勧めたらいい, 勧めて, 取る気, 向うへ, 呼びずてに, 命を, 土地を, 奪い去ったの, 好くさう, 始めて, 始めろいや, 娘の, 寸法書を, 尋ねられなくても, 引き離されて, 彼奴を, 御無沙汰の, 怨みを, 意見を, 戻して, 手を, 打たれた頬, 承知とも, 指図なんか, 教はる, 毎日毎日だ, 油を, 注文し, 注文しなさい, 海の, 無理に, 理事官長に, 皆に, 直下に, 相談を, 省みること, 着物ぬいだら, 礼儀の, 笑はれなき, 綱田屋の, 考えれば, 耳打ちし, 聞いたじゃ, 聞いた話, 聞き出すよ, 聞こうとは, 聞れ, 聽いた, 聽か, 臼杵先生に, 良さんに, 見たらさぞ, 見たら高, 見ると, 言ったの, 言って, 話す方, 説き聞かされるの, 論語を, 貰うの, 貰ったもの, 迷惑を, 進んで, 離れて, 離れれば, 離縁の, 電話で, 頂戴した, 頼まれたと, 頼んで, 願って

▼ お前~ (143, 0.3%)

653 から話す, つたのか, ツて

2 [11件] お前だ, からな, が素直, そうだ, つて, つてあの, つてね, つて見, ね, ッて, 赤の

1 [101件] あれを, から, からいう, からいふ, からいま, からこの, からこれ, からじゃない, からまあ, から云う, から何もかも, から厭, から心得, が事理, し天下泰平, ぜ, そのボロ, それでこそ, ぞ, ぞっ, ぞや, つた, つたのだ, つていつでも, つてかせがなけれ, つてさうだらう, つてさう思ふだらう, つてそうじ, つてそんな, つてちよつと, つては, つてわかつてる, つてラオコーンにでも, つて一生懸命に, つて三十まで, つて世の中へ, つて丸吉の, つて今に, つて何時までも, つて俺は, つて其位の, つて嫌ひ, つて小笠原を, つて心の, つて憤る, つて楽ぢや, つて此の, つて此頃こそ, つて汗を, つて百も, つて目さめれ, つて知つてゐるだらう, つて若い, つて解つてゐる, つて阿, つて馬鹿, つて驚くだらう, といふ, といふぢ, とちょうど, とて生, とは思っ, とは思つて, とは決して, とばかり思っちゃった, とわかった, と云, と勘違い, と思う, と思った, と暫らく感嘆, と皆, と知っ, と言, と言われる, なあ, なお前, なこいつら, なにが, なジョン, な畑あらし, ねえかよ, ねこの, ねッて恨めし, の, のう, のと, のにその, ものお前が, ものまさか, もの何を, よお前, よく睨んだ, よなぜもっと, よ今度, よ八, よ岡, よ番頭さん, 三役にでも, 何うも, 相だ

▼ お前一人~ (113, 0.3%)

5 か, では 3 だ, で来た 2 でお, で呑込ん, で心得, で行つて, なん

1 [87件] かえ, かじゃ, かね, が杖柱, が死ぬ, が頼み, が頼もしい, が頼り, しか通らない, じゃない, じゃ早く, たあ, だから, だけを, だぞ, だったの, だつた, だつたの, であがれる, であんな, でいる, でお供, ですっかり, でする, ででかした, でどこ, でやつ, で來, で働い, で僕, で喋っ, で大丈夫, で寂しい, で寢, で御, で手, で拵, で探偵, で此奴, で澤山, で濟, で片付け, で眼鼻, で破る, で行く, で行けます, で討つ, で調べ, で逃げなく, と決めた, なの, ならどう, ならどうにか, なら切られたろう, には任されない, に任せ, に苦労, に贔屓, のこと, のもの, の了簡ぢ, の仕事, の力, の思ひ, の情人, の手, の時, の為, の考え, の腕, の見知らない, の身, は味方, は殺さない, は殺し, は泥まみれ, は置けない, は親, よりない, を力, を恐ろしい, を文子, を頼り, 助かる気, 助かれば, 来て, 死なさない

▼ お前さん達~ (108, 0.3%)

4 のお 2 のこと, の情人, の方, の迎, は, は何, は力, まあ遠い, もお

1 [86件] かい, があの, がそこ, がぢ, が担がれ, が探し, が羨ましく, が肯かない, が頼ん, じゃあ判らねえ, だって一つ穴, だね, とも顏, ならそれ, においそれと, には分らない, には色々, に上げる, に何, に正直, に見せ付け, に貸す, に迷惑, に長く, のあと, のいい, のため, のやり口, のよう, の世渡, の仕事, の何, の前, の噂, の息子, の手, の描いた, の書いた, の無事, の行列, の見る, の顔, はあべこべ, はきっと, はここ, はこの, はその, はどこ, はまだ, はみんな, はみんな情人, はわたし, は並, は乃公, は修業金, は向う, は夫婦差向い, は安, は小橋屋, は弱い, は本統, は束, は案外, は母親, は気の毒, は現に, は男, は知つて, は知るまい, は笑ってる, は羨ましい, は長年, は騷ぎのあつた時, もお湯, もこんな, も一緒, も何ん, も先, も同じ, も苦々しく, も跡, らしいわ, をここ, を亜米利加, を怨ん, を絞

▼ お前さんたち~ (101, 0.2%)

2 かい, がどんなに, のよう, はだまされ, はどう, はどこ, は六人

1 [87件] あんまり近藤勇, がここ, がわし, が云っ, が当然, が担がれ, が揃っ, が本, が気, が水, が甘える, が甜めてる, が男一匹, が相当, が迂闊, この熊, さぞ疲れたろう, せっかくつかまえた, だって私, だ私, と仲よく, なんか何とも, なんか知らねえ, にいつ, にくれなす, にはわからねえや, には一露里, には分らない, には分るまい, には古い, にやあ, に恨み, に義理, に言っ, に話した, に返し, に限った, のありがたがっ, のオモチャ, の一件, の企み, の出, の勝, の国, の手, の方, の様子, の欲しい, の白粉, の眼, の足, の隠れ家, の首, の髪の毛, はあれ, はおなか, はこの, はそんな, はちょうど, はみんな, はみんな何, はもう, はわからない, は一万五千人, は一事, は兩方, は喧嘩, は大手, は女, は浪花節, は男, は要る, は青い, も先, も悪党, も用心, も私, よりもオレ, をかついだ, をこの, をたすけ, を大, を淫売, 動くと, 悪う思う, 知らぬもの, 買いかぶって

▼ お前さん方~ (100, 0.2%)

4 は何 2 に三拾両, の品, はこの, は何処

1 [88件] あ, あわしら, がお, がかうし, が五節, が仰, が何, が再び, が来, が泊っ, が無法, が陰陽, この加賀屋, じゃござんせん, そこで喧嘩, だもう, ついて, にお, にすれ, にとかく, になる, には, にはわからない, にめぐり逢おう, にもわっ, にケガ, に上げる, に何, に出来る, に助太刀, に済まない, に舐められる, のおど, のし, のため, のほう, のもの, のよう, の仲間, の名, の従者, の泣き言, は, はお, はすぐ, はそう, はなんと, はほんとに, はまあ, はみんな, は一足お先, は偶, は危, は商売, は夫婦養子, は山岡屋, は幕府, は弱い, は怪我, は愈, は手, は昨日今日, は江戸, は法律, は狂人, は皆, は知らねえ, は運, は馴れ, もその, もっとから, もっと此方, もまだまだ, も前, も助け, も早く, も月岡, より余程, らしいので, をみんな, を塾, を怒った, を水戸, を見, 御見物, 思って, 程の意地, 若い者

▼ お前~ (97, 0.2%)

7 をし 3 かえ, をいう, をする

2 [11件] ういう, うした, うも, か小言, か御, か心配, か欲しい, てん, をお, を思つて, を言う

1 [59件] うおもう, うして, うしても, うする, うもその, か, かあの, かこの, かそこ, かの小説本, か不快, か啣, か夢, か嫌, か急, か旦那, か考え, か腹, か訊ねたい, か訳, か頼みたい, か食, か食うなら, か食べたいなら, か食べなけれ, しただ, してるの, しに, じょ, するツ, だって巡礼, だな, て名, でもええ, でも無い, でも能, でも遊女, ということ, にも, の真似, ぼ使, もこっち, もそう, も心配, をいっ, をお父さん, をそんなに, を一体, を云, を云う, を思っ, を抱え, を知らない, を聞い, を見, を言, を誂ら, んしろ, んで厭

▼ お前だって~ (87, 0.2%)

2 そうだ

1 [85件] ああ詰まらない, あのお, あの行李, あんなところ, あんな奴, いつまでも, いま何か, いもざし, うすうす知っ, このジョン, この死人, これから身, これじゃ, こんなこと, そうだった, そうだろう, そう思うだろう, そう言うだろう, そのとき, それを, それ位の, そんな言葉, てんで洋裁, どうせろくな, なにか聞き覚え, まだ若い, もうおふくろ, もう主, もっと丈夫, よく知ってる, よっぽど本気, わたしの, マリを, ムキになって, ルミ子が, 一目その, 一目見れ, 万更素人じゃ, 世間への, 二人か, 二十年も, 人の, 人並みに, 仁義という, 今に子供, 今頃は, 伸子一人遠くへ, 何だろう, 作家の, 俺だって, 噂に, 塵木葉な, 声めふるえとる, 女子衆の, 女学校, 奴が, 小僧だ, 小笠原を, 少しは, 峠村の, 幾らか岸, 強くなれ, 忘れは, 怖かろう, 思いも, 折角健康, 時々そんな, 本心から, 来た甲斐, 此処え, 浅い方, 生きて, 生ッ粋, 男は, 矢張り, 知ってるだろうこの, 知らぬ筈, 知るまい, 私の, 考えて, 贔屓に, 近代人だろう, 邪魔だ, 長い一生, 集団農場さ加って

▼ お前とは~ (81, 0.2%)

2 久しい間, 少しばかり, 年も, 物の, 身分が

1 [71件] あべこべだ, いつから, いつもかうし, この国, ずっと以前, たつた二人, どういう関係, もう会えないだろう, よく喧嘩, 一生を, 不思義, 二年越し, 仲が, 何です, 兄弟も, 全然交渉, 其処から, 其處から, 別だ, 別に日本植物志, 別れなければ, 別れ度く, 友達だったろ, 反が, 反りの, 叔父さん姪さんの, 口を, 喧嘩を, 大分と, 天縁が, 夫婦でござんした, 好く喧嘩, 妙に, 子供が, 実際と, 實際と, 年が, 弟子師匠の, 從兄妹同士ださうだ, 恋を, 或る, 手を, 改めて朋達, 敵同士の, 旧い馴染, 昔から, 松代で, 江戸に, 深い因縁, 相違し, 眞實の, 知らなかった, 知らなかつた, 私という, 絶交じゃ, 縁の, 縁切に, 親しいお方, 親しか, 言は, 話相手では, 誤まって, 赤の, 逆樣, 逢わないつもり, 逢わねえ, 違うよ, 長年いっしょに, 關係が, 附き合, 離縁だ

▼ お前こそ~ (79, 0.2%)

3 この頃, どうした, 何を, 何者だ 2 どこの, めだつ人間, わたしを, 早え, 気を, 美くし

1 [55件] いつまでも, おかしいぞ, お前こそ, お気の毒さま, この席, すぐの, どうしてお, どうしてこんな, どうして家, どこで, どこへ, なかなかこの, なんだ, ほんとうに, ぼんくら中の, もう少し元気, よい程, よッ, わたしにとっては, ブラブラぶら下つたら, 一人歩きを, 上で, 世話を, 人に, 伊勢の, 体に, 何ういう, 何し, 何んの, 俺の, 僕が, 元気を, 分らず屋です, 叛くだろう, 呑氣ぢや, 命が, 唇に, 大うそつき, 大きな聲, 妾の, 怪しい, 案山子に, 母屋や, 汚い性慾, 涙を, 眠ったが, 知ってるの, 空いて, 第一, 素直に, 若え, 落着きなさい, 逃げるな, 間男すん, 鬼じゃ

▼ お前~ (72, 0.2%)

14 とこの 6 とこへ 4 処の 3 とこに, とこは 2 ちに, ところに

1 [38件] お孝, が国手, じゃない, だ, だよ, ちどこ, ちのお客様, ちのお客様か, ちは, ちへは, とお, とこ, とこここの, とこで, とこでも, とこにゃ, とこよりや, ところの, との牝牛, に後, に手向い, に誰, に逢っ, の大学病院, の生命, の身, の身の上話, はまた, も因果, 中から, 二階から, 処へ, 勿体ないだ, 喧嘩した, 国な, 大学に, 産んだ赤, 誰も

▼ お前自身~ (72, 0.2%)

3 のこと 2 にもよく, の未経験, はどう

1 [63件] がお前, がこの, がこのごろ, がそんなに, がなん, が何者, が分らなくなる, が心配, が進歩, それからいうなら言う, だけじゃない, ではなくなっ, で取り, にさえ隠そう, にし, に名, に対する註文, に恥じなさい, に立ち帰る, に第三者, に辯解, のもの, の体, の全, の内, の力, の心, の思う, の感情, の本当, の汚物, の満足, の準備, の生活, の病毒, の線, の考, の血, の面影, は, はそう, はどこ, はソンナ事, は何者, は寸分, は詩, もなく, もよく, も私, よりあの, をお前, をそのまま, をも欲, を低く, を侮辱, を卑しめ, を呼び戻す, を宇野, を果實, を欺い, を欺く, を置い, 決して逃れ

▼ お前という~ (71, 0.2%)

9 人は 7 ものが 3 ものに, 女は, 子も, 男は 2 やつは, 人も, 子は, 男も, 者が

1 [33件] お人, ひとの, ものに対しての, ものは, ものを, イカもの食いも, 不気味の, 人から, 人が, 人柄が, 人聞は, 人間が, 人間に, 人間の, 人間は, 人間も, 人間を, 名は, 呼び方, 女と, 女とも, 女に, 女を, 奴は, 怖ろ, 意, 相手次第の, 美しい, 者に, 者の, 者を, 色男が, 魔物の

▼ お前~ (68, 0.2%)

2 の悪, は飛んだ依, 達の

1 [62件] か, がさう, がそれ, がとつ, がどう, が飲ませ, こつから, さんの, それから, だけだ, だど, だ悪い, ちょっと彼方, でないか, なんぞは好い, にこし, には分るまい, には駄目, に出来る, に話してえ, のあ, のうち, のこと, のため, の代役, の女房, の胸像, の首, の首ツ玉, はそんな, はだけど, はまあどうしてさ, は今, は伺う, は何, は俺, は先, は太吉, は好い, は居た, は職工, は見分ける, は詛われ, は誰, は鉄工, ばかりにある, ひどい目, まで俺, もお, もよっぽど, も余, より千倍, らの, を初めて, を可愛, を海, 何んか, 共産党か, 初めだ, 芳札幌で, 見たいな, 達幹部みたいに

▼ お前あの~ (67, 0.2%)

2 お方が, 人を, 時分は, 話を

1 [59件] おしやもじ, お前の, お長屋, とおりお父さんは, とおり町人気質の, ひとたちに, 事は, 事を, 二人が, 人あ, 人は, 伯父を, 僞極印の, 光子いう, 前の, 取引から, 吉田さんの, 大正六七年の, 奥の, 女に, 女を, 女軽業の, 娘と, 娘に, 娘を, 子も, 家に, 家の, 小が, 少佐を, 帽子の, 後家さんだ, 戸棚へ, 手文庫の, 方知っ, 方知つてゐる, 時どんな, 時の, 時罪も, 木戸を, 村の, 柳生一刀流の, 殿様と, 殿様の, 男に, 神尾様の, 米友さんは, 米友公なんぞも, 脚本は, 船室へ, 薄が, 虚無僧さんを, 血は, 辛かった, 通だ, 通りお客が, 門司の, 頃は, 黒ん坊を

▼ お前その~ (64, 0.1%)

3 好い運 2 お前との, 支那人を, 気が

1 [55件] うちに, う主義者, お前對おれの, お寺と, お松さんという, お盆なんぞ, へんを, ほとぼりが, めしも, よに, ベルトの, 一食が, 五両の, 伊勢の, 伝で, 侍が, 剃刀を, 剣で, 医者殴っ, 口笛を, 吉原という, 坊さんの, 女が, 女角力としての, 娘が, 小判が, 少姐, 手を, 手毬の, 指輪を, 時から, 時まで, 時同時に, 月給何に, 気は, 浪人者に, 物言いは, 男の子の, 畳んで, 目玉を, 石臼を, 翌日だった, 膝の, 薬を, 藁を, 行燈が, 術を, 袋に, 証拠を, 足で, 足に, 車を, 辺で, 金子は, 頬っ

▼ お前~ (62, 0.1%)

2 梅坊と, 検の, 母と, 美野さんの

1 [54件] うたいなさいな, からかいでない, せい様に, つ母さん, ぶつて, めえさんじゃ, よし, ッかさんか, ツか, 万殿だって, 二階に, 京の, 代官の, 八重と, 六じゃ, 内へ, 出かい, 勢を, 友だちが, 口が, 君さんが, 天気がい, 嬢さまを, 宿は, 宿もとまで, 寝よ, 小遣いが, 帰りか, 帰りよ, 庭先へ, 役人でも, 待ちかねの, 待ッてばねえ, 急ぎでなけれ, 手討だ, 明けよ, 書き, 母あ, 水を, 父様など, 目に, 砂糖を, 秀に, 笑え草, 筆さんと, 約束だ, 繼も, 藤さんを, 蘭さんの, 輿を, 酌を, 酒でも, 頼みだ, 高さんさ

▼ お前どう~ (60, 0.1%)

8 したん 7 したの 3 する, 思う 2 した, して, するつもりだい, するの

1 [31件] あっても, さ, したああ, したい, したって, したつうん, したという, したハルク, した工場, した狙ったか, した顔色, するい, するお気, するか, するもんぢ, するん, だい, だな, だオレ, でもいい, でもわたし, でも死にたい, でも風, 云う塩梅, 思うな, 思ってるの, 思つた, 考えて, 考える, 考えるかい, 詫びますか

▼ お前そんな~ (58, 0.1%)

12 事を 11 ことを 2 ことも, 事まで

1 [31件] あぶく銭, いこぢ, えらそう, お前, ことに, こと云っ, こと言っ, ところへ, はつきりした, ふうだ, ものぢや, わけに, わしは, ユックリした, 乱暴な, 事あ, 事は, 冷淡な, 嘘を, 失礼な, 心では, 怖い面, 無理を, 物を, 生意気な, 眼つきで, 知れ切って, 短気な, 筈が, 脂臭い, 馬鹿な

▼ お前なんか~ (57, 0.1%)

2 そんな身幅, 一人生き, 何を

1 [51件] いくら働き, いらないさ, いらないよ, ここに, すぐふん縛る, すごい見幕, そう取る, そんな事, そんな余計, だめだ, つまりは, でも, どうせろくな, どうな, どう掛け, どこで, どこへ, ほらたちまち, ほんとに苦労, まだまだ子供, もう眼中, もう私しゃ, 一年に, 不幸と, 両, 人間じゃ, 介わんで, 休むつたつて, 何處の, 側へも, 僕の, 勘定低い, 向うの, 大きな聲, 女の, 子供は, 学生と, 強いもん, 忘れたん, 恐くない, 戦後派の, 歯は, 死のうが, 死神を, 気の毒な, 獨り, 相手には, 真先き, 知らねえ昔, 見たくない, 黙って

▼ お前より~ (54, 0.1%)

6 外に 5 先に 3 他に 2 他には

1 [38件] おれの, ぐつと上だ, さきに, ずっと強い, なお臆病, はまり役だ, ほかに, ほかには, ほかの, 一つ年上の, 一足さきに, 三つ四つ年上で, 上だ, 二つ下だ, 二つ年上だ, 他の, 俺が, 俺の, 値打ある, 前に, 叔母さんの, 年が, 年とった, 年も, 弱か, 強いん, 強うなっ, 強ければ, 早よ, 早瀬の, 正しい者, 此方が, 歳上で, 立派に, 良い男, 英語が, 金の, 高いぞ

▼ お前この~ (50, 0.1%)

2 事を, 夜中だ, 頃湿気を

1 [44件] うちを, おれを, お屋敷, くらいの道理, ことは, ことを, とおりな, わしを, わたりに, 世の中に, 中を, 人を, 人間の, 俺を, 前の, 四月に, 図について, 圓生師匠の, 娘の, 寒いのに, 年に, 御一新だろう, 扉を, 手紙に, 抽斗を, 方の, 杉野様の, 爛漫と, 町の, 白絹を, 節は, 足跡を, 辺は, 釜に, 闇の, 雪駄を, 頃ぢや, 頃は, 頃へんな, 頃勉強する, 頃心配が, 頃情人が, 頭巾に, 骨ヶ原で

▼ お前じゃ~ (47, 0.1%)

20 ないか 3 なかったの 2 あるまいな, ないん, なかった

1 [18件] あるまい, あるまいし, あるまいね, い, な, ないけれど, ないと, ないの, ないのにねえ, ないよ, なかったか, なかったん, ねえわ, わからない, アあるまい, アな, 仕様が, 駄目よ

▼ お前でも~ (45, 0.1%)

2 可い, 花などに

1 [41件] あるまいと, あるまいに, いい酒, お夏, それからお前, そんな事, たった半年, どんな児, ないだろう, ないの, なければ, まだその, やっぱりやられる, よいが, よもや二度, 丹波高一の, 人を, 先刻すこし, 判るだらう, 夜の, 少しは, 尾い, 居れば, 彼でも, 怖いぜ, 怖いよ, 抱くの, 朋輩衆に, 来て, 樂に, 歌へば, 殺したらもう, 裁けるだらう, 褒められ度, 見當, 解ける謎, 讀めるぜ, 遠慮なんか, 酷いと, 門の, 飛んだ好い

▼ お前といふ~ (45, 0.1%)

23 人間は 3 ものが 2 ものを, 奴は, 後だてが

1 [13件] ものに, ものの, ものまで, 不幸な, 人は, 人殺し女を, 人間が, 人間の, 人間も, 大變者, 女に, 女は, 異国の

▼ お前~ (45, 0.1%)

4 のため 2

1 [39件] がいった, が仕合せ, が仮令, が先頭, が知らん, ださ, とおれ, と勉強, について行く, には分り, に慰労金, に蹴込まれる, のこと, のする, のよう, の仲間, の啼く, の家, の後, の指図, の方, の要求, の連れ, の魂胆, はそう, はわし, は悪事, は金, は首, ばかりでなく, もその, も兵隊, やな, より忠義者, をば頼む, ァし, 何だ酔つて, 注えで, 見たこと

▼ お前みたい~ (44, 0.1%)

2 なもの, な人間, な子供

1 [38件] だ, なあばれん坊, なの, なへ, なむこう, なもの大嫌いさ, なバイタ, なピーピー銀行員, な下手くそ, な人, な可, な垢, な執ッ, な外国人, な大きな, な学業, な小娘, な忠勤ヅラ, な恩知らず, な意味, な気, な狼, な生白い, な疳癪もち, な窮屈, な素人仕事, な老いぼれの, な者, な脳味噌, な臆病者, な野郎, な頭, な馬鹿, にぽんぽん, に何もかも, に怒鳴ったら使った, に汚れ, に盗

▼ お前どこ~ (40, 0.1%)

2 だね, にいる, へ行く, へ行っ, まで行く, 行く

1 [28件] かぐあいの, かで, かで会った, かで見た, かに出けるのけえ, かへ兵馬さん, からこんな, から持っ, から来た, か末広, か気分, が悪い, だイ, で寝せる, で遊ん, にいたんだ, にねる, に居た, の奴ぢ, の座, の町, へいく, へお, へ出した, へ生える, へ置く, へ行ってた, へ逃げる

▼ お前さん何~ (39, 0.1%)

2 か悪い, の御用, の用

1 [33件] うした, うして, うぞ, うだろう, うもね, かいや, かえ, かこの, か敵討, か本郷町, か腥い, がそう, してるの, だぜ, だってねえ, だって世帯, だって構, だねえ, だよ, だろう浮気, と云う, と云った, にもありません, にも船長, の為, をいう, をごらん, をし, をする, をそんなに, をそんなにぼんやり, をひとり, を見

▼ お前だけ~ (39, 0.1%)

63 先に 2 だよ

1 [28件] あちらへ, あって, お食べ, こんな綺麗, だがなあ, だのう, だらう, だわ, だ僕, でいい, ですよ, でない, では, ならって, わしについて, 二葉町へ, 会うが, 信じて, 勝手に, 工場長にでも, 引返して, 戻るが, 捨てるが, 此處に, 特別叱る, 生きたらええ, 行って, 酒を

▼ お前ばかり~ (39, 0.1%)

7 では 42 だと, だよ, 見つめて

1 [22件] そう働かし, だからね, だぜ, だべ, だらう, だ人徳, だ己, ぢや, である, でないこ, でないみんな, でなくお, でなくこの, で侠気, のだ, 便りに, 先に, 悪いん, 歩かせるよう, 殺しや, 知ってるん, 立派な

▼ お前なら~ (38, 0.1%)

2 その鍵, ばきっと, 大丈夫だ, 少しは, 話が

1 [28件] きっとなれる, きっと辛抱, こそここ, ことに, こんな事, その向う, たいした男, たぶん知っ, どうする, どうだい, どこまでも, ね, ば山女郎, ば屹度知つて, ば聞かれ, ば邪魔, よく分かるだろう, よく分るだろう, 丁度よい, 何う, 差向き食物の, 後から, 慰斗を, 毒にも, 決して其様, 百円札で, 確かに, 顔が

▼ お前~ (37, 0.1%)

2 訊くこと

1 [35件] いいたいお前, いいつけたの, お礼に, こんな大切, まかせること, やった手紙, 云うお前, 來た, 出しかたがた, 出て, 出ますたびごとにけっこうなかずけ物, 出られません, 参りましょう, 宛てて, 店を, 引き出す, 強くくれた, 心中立や, 念入りに, 教える者, 渡したはず, 渡すの, 礼を, 結婚を, 血薔薇の, 行かない者, 訊こう, 許すついては, 譲る, 譲ること, 道を, 頭を, 頼んだが, 頼んだこと, 餞別だ

▼ お前ひとり~ (36, 0.1%)

2 でお, でその, 置いて

1 [30件] がふくれ, が浮かぬ, が見た, ぐらいはたらふく, だから, では解決, でやる, でよい, で出, で出かけ, で十年, で当分辛抱, で掘れ, で春月亭, で留守番, で行く, で行っ, で行つて, に頼む, の, の力, の自由, は食わなかった, やれば, を前, を夫, を惜しむ, を死なせない, 何だつて李, 沈んでるよう

▼ お前さえ~ (35, 0.1%)

4 よければ 2 しっかりし, その気, よかったら, 承知なら, 行く気

1 [21件] あれあ, あれば, あんなこしゃく, いなけりゃまた, その方, なければ, はやく戻っ, 今から, 仕合せに, 俺を, 妾を, 得心なら, 応と, 承知し, 柔順しく, 此処を, 生む気, 知らん顔し, 詫まったら, 還る気, 附いて

▼ お前~ (35, 0.1%)

2 だよ, にかくれ

1 [31件] がお, がおもり, がお目にかかった, がきれれ, がこういう, がこんな, が居れ, が此処, が迷惑, だって祖父さま, と一緒, にお, にだって理窟, に取れ, のゆく, の云う, の前, の場合, の店, の洗面器, はそれ, は妙, は私, は飲みたくっ, へ恋慕, もかうし, よりずっと, より泰さん, を苛める, を見捨てない, ァ退屈

▼ お前がた~ (34, 0.1%)

3 に指 2 のため, は三ちやん

1 [27件] にこの, にはさっぱり, にも会っ, にも話した, に云い渡す, に奇蹟, に牽かれ, に白き, のうち, のお, のこと, の今, の年, の思う, の邪魔, の間, の頼もしい, はこの, はその, はどう, ははやくよい, は何, は分らない, は黙っ, も夜あかし, も御, も粗忽

▼ お前との~ (34, 0.1%)

2 息苦しい対話, 間の

1 [30件] ことに, ことは, ほかは, 三人で, 交際も, 交際を, 仲だ, 仲を, 児だ, 別離が, 問題の, 夫婦の, 思いがけない不思議, 思ひがけ, 恋を, 愛について, 戦に, 最初の, 約束が, 約束ね, 約束も, 約束を, 結婚に, 結婚生活を, 縁を, 縁談如何でございましょう, 間ぎりで祕密, 間に, 間には, 間は

▼ お前~ (33, 0.1%)

2 勝手に, 子供の, 年頃の, 強情そうに, 解らぬこと

1 [23件] あつた, あつて他, あらう, いるが, おしまいに, かつえ死にに, さへ, どうなと, どんな誓言, よかった, 働けば, 凝りたから, 出まかせなこと, 別に身, 力いつ, 己には, 心任せに, 暮しの, 澤山だ, 結構さ, 見張られるかな, 身を, 随意に

▼ お前もう~ (33, 0.1%)

2 去しますか, 持たんと

1 [29件] あきた, おれが, これへ, よろしいから, 一ヶ処なんて, 一晩泊まっ, 一遍今の, 三十くらい, 二つにも, 二三日で, 人形の, 休んでも, 何な, 利助さんの, 十二時です, 寝ろ, 帰って, 帰れよ試験場, 御飯でも, 御飯を, 心配し, 忘れたの, 戻りな, 横浜じゃ, 死ぬよと, 能い加減, 落語家を, 起きて, 飽いたならあっち

▼ お前まで~ (32, 0.1%)

3 そんなこと

1 [29件] おれに, お前は, きたの, このおれ, こんなこと, こんな姿, その気, そんなに金使い, そんな怒鳴り出し, そんな邪険, つれて, なにを, のんきな, わたしを, ヒステリイに, 俺の, 其那に, 勘当し, 変な, 大工を, 弱って, 影法師に, 御厄介, 急に, 来たっ切りで, 泣くには, 蒼くなっちまった, 長い鼻, 面倒な

▼ お前~ (31, 0.1%)

2 え, お秋

1 [27件] あ, あなた様かと, いやお前, いや俺, うむ島子, ええ白痴, おれの, お前は, お前みたいな, この乞食娘, しゅア, それともボーシュレー, どつちだらう, オイ正, タスキンは, ルイゾン今日は, 万兵衛, 五人じゃ, 五人ぢや, 今呼んだ, 今朝の, 婆か, 己か, 松吉であった, 爺く, 私は, 見て

▼ お前それ~ (29, 0.1%)

3 を何, を知っ 2 は本当

1 [21件] がとても, が何で, が分る, くらいのこと, じゃア, じゃア留守, じゃ死んだ, ですむ, にお出で, は, はこの, は本, は違うだろう, は鏡, までに思う, を取っ, を引受けた, を承知, を昨日, を本気, を知ってる

▼ お前はん~ (28, 0.1%)

2 のよう, の様

1 [24件] がお, が店, が知っ, しりへんの, だとばかり, だの, でいい, で子供扱い, とは, にお, にできる, に前, に纏まった, に返す, に迷った, のため, のな女房, の方, の来る, の顔, は帳面付け, もあの, もあまり, も何

▼ お前だけは~ (27, 0.1%)

2 私の

1 [25件] いつまでも, おれの, お母さんに, からだを, その頭上, たつた一人, どうぞ湖水, まさかと, みんなと, オレの, オレを, 今上京, 俺の, 俺を, 八重に, 助けて, 助け度い, 手伝いに, 拘束の, 満足な, 生きながらえて, 許すこと, 間道から, 雨風に, 馬で

▼ お前だった~ (27, 0.1%)

54 のか 2 な, ね, のかい

1 [12件] かい, かも知れない, かアルト, か私, そうじゃ, なさっき俺, ので, のにおいら, のマリイ, んじゃ, んだ, 筈だ

▼ お前達二人~ (26, 0.1%)

2 は俺

1 [24件] がこれ, が仲, が拙者, でお送り, でないと, でダージリン, とも殺し, などは急い, のうち一人, の素姓, の者, の都合, の間, の馴合仕事, はスウィートポテトー, は兩國橋, は的, は誠に, ばかりだ, より余程, を助けた, を忘れかね, を遠ざけ, を駕籠

▼ お前では~ (25, 0.1%)

3 ないか 2 あるが, あるめ, ないの

1 [16件] いけない, とうてい出来ない, ないという, ないはず, なかった, なかつたの, なくって, なくて, なさそう, わかるまい, 分らない, 可かん, 氣が, 無い, 解らぬ主人, 證人に

▼ お前~ (24, 0.1%)

10 んだ 4 のだ 3 のか 1 の, のさ, のびつくり, のよ, んだろう, んでそんな, んや

▼ お前までが~ (24, 0.1%)

2 いつに, こんな苦しい

1 [20件] いつまでも, こんなこと, さう, それだ, そんなこと, そんな事, そんな無理, そんな風, どこへか, どっと笑った, やって, ソウ云ふなら, トラ十トラ十といいやがる, 問題に, 土民に, 嫌って, 小母さんの, 母ちゃんに, 然うい, 鷹揚な

▼ お前~ (23, 0.1%)

7 やない 3 やあるまい 2 やなかつた, や無い 1 やあ, やある, やな, やわかるまい, やア, や似合, や意地燒, や無, や色若衆

▼ お前なんかに~ (23, 0.1%)

2 何が, 落ちて

1 [19件] こんな好い, ウンと, 不憫を, 來いと, 俺の, 入られると, 写真を, 口を, 可愛がられちゃ, 呑まれて, 怖れる, 構ってる暇, 用の, 用は, 表紙の, 詩が, 負けねえよ, 負けやしないん, 負けるかい

▼ お前にゃ~ (23, 0.1%)

1 [23件] あこの, あ何, あ髑髏, いつまで, すまねえよ, ひどく怒ってる, わからんと, ァ何ん, ア似合う, ア免職に, ア種々世話に, ドスを, 仕合せだ, 単た, 愚痴ばかり, 智慧が, 済まねえ, 珍しいもの, 空々寂々だ, 行けねえ, 見えねえん, 見覚えは, 解らない事

▼ お前また~ (23, 0.1%)

2 あんまりお

1 [21件] あすこへ, お友達, くわしく話し, このお, それを, なぜ黙っ, やってや, カミサンを, 今日も, 妙な, 小金ヶ原の, 少しでい, 此頃学校に, 此頃學校に, 猫を, 私の, 笛を, 腹が, 轟と, 酒を, 高燈籠

▼ お前~ (23, 0.1%)

1 [23件] あらへんか, おれの, お前の, お夏, ないか, まじゃ, ジヨンニーも, 俺の, 俺よりは, 借りたもの, 六兵衞は, 啓之助が, 妹の, 子供たちを, 己が, 己は, 東京の, 柳町の, 爺さまに, 玉の, 皆の, 路三の, 雪子ちゃんの

▼ お前ここ~ (22, 0.1%)

3 にいた

1 [19件] から出, から帰らぬ, でいっそ, で寝込ん, にある, にいたかったらい, におれ, にゐなさい, に働いてる, に坐っとい, に立っ, はもう, は四国二十三番, は自由主義, へ帰っ, へ来, へ立っとい, やられてのう, をどこ

▼ お前これ~ (22, 0.1%)

2 をお

1 [20件] が分る, だけの事, ちょっと卸し, でも生きたい, でも解らぬ, で何, の噺, は大もうけ, まで相応恋, もお前, をだれ, をなん, をにぎってどうするつもりか, を持っ, を止し, を盗まれた, を粂どん, を聞いた, を見た, 持って

▼ お前さん一人~ (21, 0.0%)

1 [21件] か, が一生懸命骨, が迷, ぐらいはあたし, だけが心配性, だけのこと, だけを大切, だつたね, でさぞ, でゐた, で十人, で討っ, なの, に惚れてる, に成っ, の一生, の事, は, はやれない, を置い, 遊んで

▼ お前よりも~ (21, 0.0%)

2 もっと前, もつと

1 [17件] ずっと心配性, ずっと早く, もっともっと惨め, もっと広い, わしに, わたしの, 何倍も, 傍系の, 先に, 出来ないか, 妹の, 此方が, 綺麗だ, 自分は, 若くて, 變か, 達者や

▼ お前そんなに~ (20, 0.0%)

1 [20件] あたしの, うつむいて, たくさん貰っ, 咳嗽い, 川窪はんを, 待たして, 心配しなくっ, 息せき切ってさ, 意気地が, 来るの, 無理し, 花魁の, 蛇を, 運動が, 酒代が, 金が, 金を, 飲んで, 馬鹿な, 黙つてたん

▼ お前~ (20, 0.0%)

2 をおつけ

1 [18件] があったら, がつかなかった, がふれ, が変, が弱く, が立つ, が違った, ちが, でも狂った, でも違った, にしたあかん, に触った, の迷い, をきかし, をきかせ, をつけたはう, をつける, を附け

▼ お前こんな~ (19, 0.0%)

3 ところに 2 ところで, ものを

1 [12件] とこで, ところへ, ふうに, もの持っ, もの食う, バカバカしい一斗桝, 安直普請を, 所に, 所へ, 本を, 花なんか, 話の

▼ お前~ (18, 0.0%)

2 へしつかりし

1 [16件] ういふ, う目, に帰っ, へあれ, へよけれ, へ亡つて, へ仕合せ, へ歸つて, へ菊人形, まあ, まあ一人, まじかに, まア尋ねた, アばか勝手な, 出しな, 少なく書きすぎてる

▼ お前そう~ (18, 0.0%)

1 [18件] いえば, いつて, お前の, お泣きでない, して, してると, じゃない, じゃァない, は覚えきれねえ, ふくれ返って, やつて, ツケツケと, 云うこと, 思わないか, 思わないかい, 極りで, 氷を, 疑るから

▼ お前どうして~ (18, 0.0%)

3 そんなこと 2 こんなところ

1 [13件] あの男, いたの, お副菜, ここへ, これを, それが, それを, そんな灰だらけ, 今時分こんな, 女に, 知ってる, 表の, 飯を

▼ お前なんぞは~ (18, 0.0%)

1 [18件] おれの, すぐ癒, そこへ, そちらの, それで, はたで, まだその, 何時でも, 家の, 当世風の, 念仏を, 殺さうと, 殺そうと, 治世の, 特別に, 若いうち, 若いから, 苦労が

▼ お前にとっては~ (18, 0.0%)

2 妹の

1 [16件] いいこと, いかがわしい疑わしいもの, さまざまな, そうである, やはり僕, 俺は, 全く一大事, 己は, 怖い人, 怖ろ, 慰めだ, 死であった, 私の, 自然な, 苦手の, 運の

▼ お前よく~ (18, 0.0%)

3 考えて

1 [15件] みて, やって来て, 出られたね, 助かって, 支度を, 来られたわね, 気を, 氣を, 知って, 知ってるわけ, 考えなきゃ, 聞きねえ, 覺えて, 静に, 靜に

▼ お前~ (18, 0.0%)

2 までどこ

1 [16件] あすこで, おとよ, このお, この金, でこそ薯, では魚お菜, でも天, なんと言った, になっ, のま, の若, までどんな, まで仕事先, も浅田さん, も言う, 迄かかっ

▼ お前~ (18, 0.0%)

1 [18件] が嬶, にやつ, に三円, に楯突こう, のこと, のところ, の仕事, の前, の女房, の折りたたみナイフ, の真, の解釈, の蹤, はお前, は俺, も知っ, より年, を信じない

▼ お前お前~ (17, 0.0%)

2 の方

1 [15件] が前, が無理, が私, こそ唇, それで気, それで氣, とし, に煮, のやう, の前, の言う, はあの, はまだ, は別, 斬る積り

▼ お前さんどこ~ (17, 0.0%)

3 へ行く 2 から来なすった

1 [12件] かお茶屋, かへお, からかね, で働い, に立っ, の人, の子供, の生れ, へあの, へ隠れ, へ隠れた, も何とも

▼ お前さん私~ (17, 0.0%)

2 を連れ

1 [15件] がしじゅう, が此処, が然, が附いてる, だって若い, と一緒, の名, の言, の言つた, は今, は只, は私, を見, を見殺し, を親

▼ お前なんぞに~ (17, 0.0%)

2 用は, 男の

1 [13件] あの殿様, ふんづかまって, わかって, わかるはず, 付き纏われちゃ, 何が, 売られるよりや, 手伝って, 手柄を, 未練は, 話したつて仕方, 話しても, 附纒はれ

▼ お前よりは~ (17, 0.0%)

2 お照

1 [15件] おれの, ずっといい, よツ, 上手かも, 上手な, 二つ三つ若く, 偉い筈, 優しだ, 大人だ, 恭一君の, 節ちゃんの, 若え, 讀めるよ, 進んだ考, 長く生き

▼ お前~ (17, 0.0%)

2 へ寝

1 [15件] に, にお, に何処, に寝み, に立っ, に行っ, の人, へこの, へねれ, へ入れ, へ入ん, へ帰ん, へ行け, へ行っ, へ這入ん

▼ お前あれ~ (16, 0.0%)

2 は斑猫, をどう

1 [12件] が分らない, が見える, だけの仕事, だって買った, につれあんまり, に行く, ほどまでにすがる者, も今, をお, を知ってる, を知つて, を知らない

▼ お前からも~ (16, 0.0%)

2 お礼を

1 [14件] くれぐれも礼, ひとつお願いする, よくお, よくそう云っ, よくたのめ, よく云つておき, よく彼女, よろしく頼む, 何とか言っ, 先生に, 叔父さんに, 聞いたよう, 親爺へ, 話してよう御

▼ お前まだ~ (16, 0.0%)

1 [16件] あのこと, いけないかい, いたの, どっかへ, ひもじいの, わからないの, 一人か, 善くねえ, 彼が, 未練が, 眼が, 知らねえの, 聞かぬか, 蜜柑を, 見たこと, 起きて

▼ お前~ (16, 0.0%)

1 [16件] かね, がお, が今日, が好き, けえ, に姉樣, のお, は, はお, はお客樣ぢやあ, は一人, は錢形, ばかりが頼りなれ, も猫, も飛んだ, よりほか

▼ お前たち二人~ (15, 0.0%)

1 [15件] あらためてここ, が新聞, でこれからすぐ, で住め, とは知らなかった, ともでは, ともわし, にはコレラ, に手つだっ, のため, の恋愛, は好いた, は明日, を本当にそのまま, を私

▼ お前だけが~ (15, 0.0%)

2 おれの, 帰京した

1 [11件] いない, おれに, こんなふう, 俺に, 俺の, 判って, 生きて, 生き残ったもん, 知つ, 逃げそこ, 頼りな

▼ お前~ (15, 0.0%)

2 だ, に聞いた

1 [11件] かに教わった, かに斬られた, か同伴, か連れ, だと, といっしょ, にそんな, にも言つて, に頼まれ, れか, れの

▼ お前さんがた~ (14, 0.0%)

1 [14件] のここん, の方, の曲がった, の知った, の聴いた, は, はあの, はどういう, は何, は又, は寂しかろ, は気, もお, をた

▼ お前さんそれ~ (14, 0.0%)

2 を知っ

1 [12件] あの娘, が普通, こそ大, じゃ私, ではならぬ, は無理, も獺, をしらせ, を取り, を弟, を手, を承知

▼ お前ちょっと~ (14, 0.0%)

1 [14件] ここへ, これ沸しとい, わたしと, 一色ん, 代りに, 出て, 嗅いで, 来い, 水を, 田村の, 行って, 詫ごとを, 退って, 送って

▼ お前なんかの~ (14, 0.0%)

2 出る幕ぢ, 知ったこと 1 ために, ように, 出る幕, 口を, 唇つけられ, 女房には, 来るところ, 相手に, 知つた, 顔を

▼ お前ほど~ (14, 0.0%)

1 [14件] うまくいかない, むごい男, よく私, タンボの, ハッキリ記憶, 不用心だ, 可愛らしい女, 同情は, 奇妙な, 思いみだれて, 無慈悲でも, 瘠せて, 私の, 美しくお前

▼ お前今日~ (14, 0.0%)

1 [14件] えらいそわそわ, から俺, な馬, は, はどうか, はまあ少し, はわたし, はシガレット, は便秘, は学校, は平日, は行っ, も殿様, ウイリングさん

▼ お前これから~ (12, 0.0%)

1 [12件] どこへ, わたしたちと, 一生幸福に, 二階へ, 何処へ, 受持の, 大急ぎ馬でも, 帰んで一寸, 戦車の, 法律を, 直ぐに, 飯を

▼ お前さんみたい~ (12, 0.0%)

2 な變 1 なきたない, なしつッ, な人, な夫婦, な独身もの, な長い, な頓馬, な飛んでも, に世話, に闇

▼ お前とこ~ (12, 0.0%)

2 はほんま 1 から見え, が困るなら, が株内, が母屋, では寝る, で世話, ないし, に行く, へ來たん, へ来た

▼ お前ほんとう~ (12, 0.0%)

2 にお 1 か, かい, においら, にどうか, によっ, にわたし, にサナトリウム, に松公, に知らん, の千世

▼ お前ほんとに~ (12, 0.0%)

1 [12件] あれを, するかい, そんな装, なんぞちよろ, やる気か, 吃驚させ, 大丈夫かい, 手紙で, 済みませんがね, 癒った, 眠ってたの, 謀叛する

▼ お前様方~ (12, 0.0%)

1 [12件] が久能山道, でのうて, と同じ, にゃあ, のよう, はあの, はどう, は亡者, は何, も大丈夫, を中, 斬って

▼ お前見たい~ (12, 0.0%)

1 [12件] ぢや, な, なあわて, な世間知らず, な卑しい, な縁結び, な風, にと來, に嗅ぎ廻した, に湯, に覗く, に鼻

▼ お前いつ~ (11, 0.0%)

1 [11件] の年, までこ, までこのしろ, までもこんな, までも惚れ, 友田の, 大森に, 東京へ, 立つの, 車力に, 迄もそうして

▼ お前とも~ (11, 0.0%)

1 [11件] いつもの, おさらばだ, これきりだ, 亦別れる, 兄弟弟子に, 同じこと, 呼びつけに, 永い御, 永らくの, 永久に, 逢ふ

▼ お前などは~ (11, 0.0%)

1 [11件] その我まま, どんなに首, まだこれからが, ホンとに, ポッチャリ肥満って, 其我ま, 捨てられると, 百も, 眼中に, 聞かんでも, 足許にも

▼ お前はな~ (11, 0.0%)

2 とんでもなく 1 あのアルーエット, おとよ, これからその, もうせん八幡さま, ベンジャミン・ガン, 小僧, 帰つたら, 早くお, 監獄さ行く

▼ お前行っ~ (11, 0.0%)

2 てくれ 1 てお目にかかっ, てくる, てくんねえ, てそっと, てみない, てよく, て見, て見た, て見てくれ

▼ お前おれ~ (10, 0.0%)

1 が一度, が高島, でこれから, のため, の世話, の代理, をお, を使う, を売った, を嫌う

▼ お前さき~ (10, 0.0%)

9 にお 1 へねれ

▼ お前さっき~ (10, 0.0%)

1 からここ, から目, から隣, どうしてあんなに怒った, なるだけ, のこと, の千円札, の小袖, はつい, までさされた

▼ お前そこ~ (10, 0.0%)

2 にいた 1 い行くなら届けて, で何, にその, には人情, に何, に大きな, へお, んとこ

▼ お前どうか~ (10, 0.0%)

3 したの 2 して 1 したか, しやしないかな, しやせんのかい, 之から, 是で

▼ お前などに~ (10, 0.0%)

2 判るもの 1 世話し, 何が, 判って, 呼ばれる用, 寄り付いて, 對し, 構って, 隙を

▼ お前なにか~ (10, 0.0%)

1 いやっぱり, して, たべたいもの, ねお, 着替も, 答えて, 腰に, 腹を, 西国巡礼を, 金目の

▼ お前にだって~ (10, 0.0%)

1 きれいだ, これからは, こわがるもん, その事, 感情が, 水仕は, 知れるはず, 立派な, 解ろうじゃ, 責任の

▼ お前ほどの~ (10, 0.0%)

2 ものを 1 佳い女, 勇者について, 容貌じゃ, 容貌ぢや, 現代娘に, 神に, 縹緻の, 腕の

▼ お前まあ~ (10, 0.0%)

3 先へ 1 それを, 些と, 今まで, 何て, 大したお方, 大層な, 此錢を

▼ お前まア~ (10, 0.0%)

1 そんな遠慮, どうしてこんな, どうする, ねえ一杯, 何う, 宜く考え, 恐ろしい怪我, 恐ろしい酷い事, 此様な, 許して

▼ お前~ (10, 0.0%)

4 てえ 1 てえなべっぴん, てえな勝手, てえな小僧っ子, てえな小娘, てえな暴, てえな色男

▼ お前わし~ (10, 0.0%)

1 が欲ばり, の後, の案内, はお前, はこれ, はどうも, はわし, を忘れ, を斬りたい, を知っ

▼ お前知っ~ (10, 0.0%)

4 ている 2 て居る 1 ていやる, ているだろう, ているらしい, てのとおり

▼ お前あんまり~ (9, 0.0%)

3 じゃない 1 ぢや, と言う, な御, 可哀そうだ, 慾の, 我儘という

▼ お前こっち~ (9, 0.0%)

3 へおいで 1 にいた, のほう, の百姓, の質問, へ掴んでる, を向き

▼ お前なんぞ~ (9, 0.0%)

1 こ, のは, よりゃ早い, 夢にも見た, 年が, 松川さんが, 知らねえだろう, 知るまいが, 船長と

▼ お前への~ (9, 0.0%)

2 中傷の 1 土産じゃ, 恋を, 戀を, 手土産の, 觸り, 遺言だ, 餞別じゃ

▼ お前~ (9, 0.0%)

1 から知っ, に, の人, の処, の峰, へ伸, へ出, へ廻っ, 入って

▼ お前少し~ (9, 0.0%)

2 其処に 1 お前の, のあいだ, 二階へ, 癇違を, 跡に, 酔って, 酔つた

▼ お前様たち~ (9, 0.0%)

1 がはいっ, だけでさっさと, だけで死ね, では入れさせられない, ならなんずら, にとって大切, にゃ危, の所, の話

▼ お前無理~ (9, 0.0%)

3 だ邪推 2 をいう 1 だよく, ってもん, に呼ん, をし

▼ お前達夫婦~ (9, 0.0%)

21 のもの, の孝, の手, の籍, はどんな, は左団扇, を見たい

▼ お前さんとこ~ (8, 0.0%)

1 かベドウス, が始め, が焦熱地獄, では一体, へ出向いた, へ押しかける, へ来る, へ行くだ

▼ お前すぐ~ (8, 0.0%)

1 まけて, 場所を, 嫌な, 家へ, 新聞社へ, 編集次長の, 行って, 警務班長を

▼ お前どんな~ (8, 0.0%)

2 ことを 1 もんか, 塩梅だ, 工夫が, 絵が, 隙間からでも, 鹽梅な

▼ お前なぞは~ (8, 0.0%)

1 其我ま, 分らんから, 勝手に, 四十に, 明日の, 本当によく気, 気楽で, 男だ

▼ お前などの~ (8, 0.0%)

2 出る幕 1 仲間の, 口を, 女房に, 来るところ, 来る場所, 目には

▼ お前なん~ (8, 0.0%)

1 だぜ, だってあたし, だってお嬢様, だな, なん, になる, のこたあ, のため

▼ お前なんかは~ (8, 0.0%)

1 そんなこと, 乗れやしないよ, 土百姓でも, 墓地の, 大勢の, 殺さないと, 薄のろの, 蟋蟀ほどの

▼ お前にだけ~ (8, 0.0%)

2 話すの 1 そんなこと, 云つ, 伝へるが, 教へて, 親が, 話すこと

▼ お前わたし~ (8, 0.0%)

2 はわたし 1 がこっち, が留守, と一緒, にはよく, の代わり, の家内

▼ お前をも~ (8, 0.0%)

3 今に 1 お捨てなされし, はばからず取りみだし, 悩ませる物, 愛して, 愛してる時

▼ お前一寸~ (8, 0.0%)

1 お入り, その靴, 京子の, 書いて, 案内し, 此方へ, 洗場へ, 行って

▼ お前~ (8, 0.0%)

2 なの, は俺 1 けの事, だ, にはな, は私

▼ お前何ん~ (8, 0.0%)

1 か知つて, じゃぞ, だってこんな, だろう, とか御, とか思わない, に来た, のこつた

▼ お前~ (8, 0.0%)

1 お父さんに, この森, た風邪, なんとか云った, 何か, 晩に, 長くなる, 阿父さん

▼ お前子供~ (8, 0.0%)

1 じゃあるめえし, だと, のくせ, の様, を叱ったろう, を生ん, を育てる, を親許

▼ お前御苦労~ (8, 0.0%)

6 だが 1 であった, でも一々

▼ お前持っ~ (8, 0.0%)

2 て往 1 てっ, てやい, て往く, て往け, て来た, て行っ

▼ お前旦那~ (8, 0.0%)

1 がお, にすむ, の御用, はな, は燒, も助かり, を揉ん, を案内

▼ お前早く~ (8, 0.0%)

1 あれを, お嬶, お寝よ, お逃げ, 人の, 真打に, 行かんけりや, 行って

▼ お前~ (8, 0.0%)

2 の事 1 の俺, の山, の志水, の溝, の話, の金

▼ お前~ (8, 0.0%)

6 の毒 1 をつけたはう, を確か

▼ お前知らない~ (8, 0.0%)

2 の, のかい 1 かい, とでもいう, のか, のだ

▼ お前~ (8, 0.0%)

2 ておい 1 ていられない, てえだ, て來, て来た, に行く, 掛は

▼ お前いくら~ (7, 0.0%)

1 って書く, つかった, ほしいの, 名人でも, 旦那が, 死病に, 馬鹿だ

▼ お前お母さん~ (7, 0.0%)

1 から何ん, が毎晩愚痴, に斯, に限っ, のおも, の生まれた, を気

▼ お前さんここ~ (7, 0.0%)

1 しばらく稼業, に何年, に居れ, のお, の土地, はもう, へ来る

▼ お前さん何ん~ (7, 0.0%)

1 だってあんな, ていう名, て顔だい, ですね, でも, とかって下郎, と思っ

▼ お前さん何処~ (7, 0.0%)

1 かへお, から出た, か知ってる, の者, へいらし, へお出で, まで往く

▼ お前たち三人~ (7, 0.0%)

1 のうち, の親, はここ, は兄弟三人, をやっつける, を生ん, を自分

▼ お前だけの~ (7, 0.0%)

1 ことだ, ものだ, 問題では, 姿を, 子か, 美貌が, 行く先だ

▼ お前なぞ~ (7, 0.0%)

1 おもとりやせん, おれの, その肚, そんないい, 待っては, 眼え, 飼って

▼ お前に対する~ (7, 0.0%)

2 父としての 1 ちょっとした告訴, ほんとの, 尊敬や, 忠告の, 憐憫から

▼ お前~ (7, 0.0%)

1 え鳩, これを, なんにも, むってるんじゃなかろうね, むつてる, 今此処, 私は

▼ お前みた~ (7, 0.0%)

2 やうのが, ような, よな 1 ように

▼ お前~ (7, 0.0%)

3 困らせといふ 1 が裸, となったら, の心, を強請る

▼ お前何処~ (7, 0.0%)

1 から這入っ, に, に行つたつて, へ, へ行き, へ行く, へ行っ

▼ お前~ (7, 0.0%)

1 それたこと, へんに, 先生に, 医博士深, 坂へ, 年増, 蟹が

▼ お前~ (7, 0.0%)

1 が受けれ, だって身寄頼り, にラム, に見込まれた, の積, れっちの娘, を忘れた

▼ お前知つて~ (7, 0.0%)

2 るか 1 は居なからう, ゐる, ゐるかい, ゐるの, 居るの

▼ お前見た~ (7, 0.0%)

2 ことは 1 か, からって仕様, とこ倒れ, のか, ような

▼ お前いい~ (6, 0.0%)

1 ことを, だろうあの, ところへ, 加減に, 子だ, 着物を

▼ お前さんだつ~ (6, 0.0%)

1 ても今, てネ, て今更, て昔, て樂ぢ, て浜

▼ お前たちゃ~ (6, 0.0%)

1 きのう船渠会社へ, どのみち見, まさかお父つぁん, 一年か, 先に, 頭領の

▼ お前だらう~ (6, 0.0%)

1 か, かそれとも, 一番後に, 真中に, 金貨を, 黒板に

▼ お前だろう~ (6, 0.0%)

1 それからお前, とおっかぶせられ, なんて, 万福寺の, 人形に, 手前が

▼ お前でない~ (6, 0.0%)

1 ことに, ことは, といふ證據, とは言, のだ, 事は

▼ お前でなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばならない 1 ばいけない, ばそういう, ば出来ない, ば知った

▼ お前なぜ~ (6, 0.0%)

1 こんな中国船, それを, キスし, 一昨年病気した, 其の事, 死んでしまつただ

▼ お前なんかも~ (6, 0.0%)

2 つまらない罪 1 その真似, 一本調子だ, 用心せん, 講中の

▼ お前にと~ (6, 0.0%)

2 つては 1 つて, つて不満で, つて食慾と, 云うので

▼ お前にまで~ (6, 0.0%)

1 いわれて, 呼出しが, 心配させ, 苦勞を, 行かれて, 長い間苦労

▼ お前に対して~ (6, 0.0%)

1 この小杉卓二, 信頼し, 恥ぢる, 敬するぞよ, 沈黙を, 済まないこと

▼ お前はね~ (6, 0.0%)

1 よく阿, 何も, 保井お前さん流の, 僕が, 可哀相に, 死亡遊ばした

▼ お前~ (6, 0.0%)

1 うくこれ, うく考え, つぽ, 一ト足先へ, 私を, 鳩の

▼ お前一つ~ (6, 0.0%)

1 お合, その飛行機, つかまえろ, やつて, 頼んで, 飲まんかい

▼ お前人間~ (6, 0.0%)

1 じゃない, に出来る, に近づき, の寿命, の首, は米

▼ お前今夜~ (6, 0.0%)

2 もお 1 は十七夜さん, は帰りゃしない, は泊り込, も明

▼ お前勝手~ (6, 0.0%)

1 なこと, にうち, にやる, に世話, に先, に極め

▼ お前~ (6, 0.0%)

1 にい, には売る, の三毛, の養子, は北海道, へ帰りたい

▼ お前寒い~ (6, 0.0%)

5 だろう 1 月夜の

▼ お前~ (6, 0.0%)

2 苦勞だ 1 挨拶も, 挨拶を, 親切に, 迷惑

▼ お前~ (6, 0.0%)

1 じゃ, じゃない, じゃア, だねえ, だ是, 斯う

▼ お前様達~ (6, 0.0%)

2 は後 1 あ畳, に御馳走, は何処, もうそんな

▼ お前江戸~ (6, 0.0%)

1 から来る, じゃない, で生れた, に親類, の女子, へ参ったら

▼ お前知ってる~ (6, 0.0%)

1 か, かい, かい何, じゃない, のか, のかい

▼ お前知らん~ (6, 0.0%)

21 かの, のか, のけ, わけじゃ

▼ お前自分~ (6, 0.0%)

1 で自分, で遣らなく, の愛し, の箪笥, の身の上, の部屋

▼ お前あと~ (5, 0.0%)

1 かたづけを, からつい, から取り, から誰, で冷吉

▼ お前いま~ (5, 0.0%)

1 おせい様, なんてッ, のよう, 言ったね, 赤い舌

▼ お前さん手~ (5, 0.0%)

1 に入れた, に馬勒, のかかる, ばかりがあすこ, を貸し

▼ お前さん気~ (5, 0.0%)

1 でも狂った, でも違った, にさわったら, の利いた, 込んで

▼ お前しっかり~ (5, 0.0%)

1 して, しろよ, するん, やって, やりさ

▼ お前それでも~ (5, 0.0%)

3 宜いの 1 忌か, 酒の

▼ お前たち何~ (5, 0.0%)

1 というそそっかしい, の因果, をむくむく, を考えた, を言っ

▼ お前たち夫婦~ (5, 0.0%)

1 のこと, のもの, の手, の身の上, を信用

▼ お前たち親子~ (5, 0.0%)

1 の事, の暮らし, はぐる, は多年, は立派

▼ お前だけに~ (5, 0.0%)

1 ほんとうの, 会ひたい, 内証で, 聞いて, 通る理窟

▼ お前でなく~ (5, 0.0%)

1 てよかっ, てわたし, て人, て俺, て誰

▼ お前なし~ (5, 0.0%)

2 では 1 に, には生き, に俺

▼ お前なんて~ (5, 0.0%)

2 いったらいい 1 烏賊の, 言葉つきを, 貧棒こそ

▼ お前はと~ (5, 0.0%)

2 訊くと 1 きくと, つくに, 息を

▼ お前はなんて~ (5, 0.0%)

1 だらしが, 名前だ, 恰好だい借金の, 早熟て, 馬鹿な

▼ お前~ (5, 0.0%)

5 とこの

▼ お前一緒~ (5, 0.0%)

1 にくっつい, にどうか, に京都, に往, に這入っ

▼ お前今度~ (5, 0.0%)

2 の戦争 1 の鎮守祭, は何時來, 第三交代

▼ お前何故~ (5, 0.0%)

1 この身, そんなこと, コムソモーレツに, 巾着切に, 早く起きない

▼ お前何處~ (5, 0.0%)

2 へ行き 1 へ行く, へ行つたつて, へ行つたの

▼ お前~ (5, 0.0%)

1 じゃない, だったらひどい, だらう, をいう, を吐い

▼ お前~ (5, 0.0%)

1 のくせ, の心, の癖, は出来た, 親で

▼ お前好い~ (5, 0.0%)

1 かい, のを, 児だ, 処へ, 處へ

▼ お前~ (5, 0.0%)

1 ってあの, ってこれ, って呼ん, って見, って訊い

▼ お前明日~ (5, 0.0%)

1 から元, にでも病院, にもこの, にも花子さん, の晩

▼ お前本当に~ (5, 0.0%)

1 今日斯う, 偽札を, 困るじゃ, 女郎に, 諾いて

▼ お前此処~ (5, 0.0%)

1 でそうして, に居, に居た, へ来, へ来る

▼ お前此方~ (5, 0.0%)

2 へお 1 の着物, へお出で, へ出

▼ お前決して~ (5, 0.0%)

1 そんな風, 何んにも, 失望し, 御迷惑, 牧師の

▼ お前~ (5, 0.0%)

1 が二人, に生れ, の筆跡, を思い切る, 振を

▼ お前等二人~ (5, 0.0%)

1 が余り, が脱, に世話, に会わせ, のいる

▼ お前覚え~ (5, 0.0%)

2 ているだろう 1 ていない, ておいで, てはなから

▼ お前あっち~ (4, 0.0%)

1 でも粗末, へお出で, へ行き, へ行っ

▼ お前あんな~ (4, 0.0%)

1 ことを, ところで, 出しぬけに, 騒動を

▼ お前お嬢さん~ (4, 0.0%)

1 が可哀そう, の年, は電柱, を呼ん

▼ お前かて~ (4, 0.0%)

1 僕許し, 光子さんかて, 天下の, 自分の

▼ お前きっと~ (4, 0.0%)

1 往くの, 昔の, 昼寝を, 火傷を

▼ お前きょう~ (4, 0.0%)

1 はだいぶ, は知事ん, は観音様, は顔色

▼ お前くらい~ (4, 0.0%)

1 なもん, 冷酷で, 変な, 薄情者は

▼ お前こういう~ (4, 0.0%)

1 お船, ものを, わけだ, 間道を

▼ お前このごろ~ (4, 0.0%)

1 から茶, どうかし, よほど生意気, 繰り込んで

▼ お前さま方~ (4, 0.0%)

1 が訴え出た, の御覧, の追っ手, は坂東

▼ お前さんあたし~ (4, 0.0%)

1 がそんなに, というもの, はお前さん達, を恨ん

▼ お前さんお茶~ (4, 0.0%)

1 がこぼれます, だぞ, でも持っ, を入れ

▼ お前さんこれ~ (4, 0.0%)

1 じゃ乞食, じゃ勘定, は私, を何と

▼ お前さんそこ~ (4, 0.0%)

1 にいた, にそう, に坐つ, へわたし

▼ お前さんぢ~ (4, 0.0%)

1 やあるまい, やない, やなかつた, やねえや

▼ お前さんひとり~ (4, 0.0%)

1 だと, でそこで, で威張っ, は何だ

▼ お前さんわたし~ (4, 0.0%)

1 と代っ, の草鞋, の面, を思い切っ

▼ お前さん俺~ (4, 0.0%)

2 んとこ 1 の気性, はお前さん

▼ お前さん後~ (4, 0.0%)

1 でその, へお下がり, ほどに私, 程に私

▼ お前さん此処~ (4, 0.0%)

1 で飲まね, に来, に長く, へ参る

▼ お前さん自身~ (4, 0.0%)

1 が片, だって忘れ, の中, を気

▼ お前さん誰~ (4, 0.0%)

1 かに肖, さ, だえ, だってそう

▼ お前そうして~ (4, 0.0%)

1 そこへ, ポカンとして, 兄いは, 締りなく

▼ お前そこで~ (4, 0.0%)

2 何を 1 あにゅう, 飲むなら飲みねえ

▼ お前たちの~ (4, 0.0%)

1 か, とはチト出来, はその, は踊ってる

▼ お前たちふたり~ (4, 0.0%)

1 の嘴, はたくさん, は仲よし, を深く

▼ お前たちみんな~ (4, 0.0%)

1 の中, の耳, を怖がらせ, 罰しなければ

▼ お前だけを~ (4, 0.0%)

1 時間に, 残して, 殘し, 殺しゃしない兄さん

▼ お前だつ~ (4, 0.0%)

2 てそれ 1 て俺, て喜ん

▼ お前って~ (4, 0.0%)

1 ひとは, ものは, 者が, 言ってたじゃ

▼ お前であった~ (4, 0.0%)

21 かそれにしても, 方が

▼ お前とが~ (4, 0.0%)

1 するよう, 想像あげ, 誰れ, 餘り

▼ お前とても~ (4, 0.0%)

1 その通り, 一時は, 一通りのこってねえ, 身分違いで

▼ お前~ (4, 0.0%)

1 つか悪い, つち, ないな, 偉い儲け

▼ お前なかなか~ (4, 0.0%)

1 シッカリモノだ, 味を, 字が, 良い子

▼ お前なぞが~ (4, 0.0%)

1 そんな生意気, なめやう, 欲しがる, 遇って

▼ お前なに~ (4, 0.0%)

1 かほしい, か私, も心配, 支えてる

▼ お前なんかには~ (4, 0.0%)

2 持てない位蕈 1 とてもひとり, わかりゃしないよ

▼ お前なんざ~ (4, 0.0%)

1 その謎, とても住めない, とても脚下, 引つ込んで

▼ お前なんぞの~ (4, 0.0%)

1 ために, ような, 出る幕, 指図は

▼ お前なんだか~ (4, 0.0%)

1 うなされて, おかしなこと, きょうは, 知って

▼ お前にだけは~ (4, 0.0%)

1 この顔, 打明けて, 聞いて, 見られとうないそれ

▼ お前にとって~ (4, 0.0%)

1 それは, どうした, 他の, 重大問題だろう

▼ お前にとっても~ (4, 0.0%)

1 一人の, 一番いい, 兄の, 忘れられねえ伊勢

▼ お前ねえ~ (4, 0.0%)

1 お前あの, カカ身体を, 知れまいかねえ, 私の

▼ お前ばかりか~ (4, 0.0%)

2 巳之吉の 1 わしの, 由美子の

▼ お前ばかりじゃ~ (4, 0.0%)

1 ありませんよ, ないお前, ないここ, ない絵草紙

▼ お前ばかりに~ (4, 0.0%)

1 その罪, まかいといたら困るやろが, 卵を, 小言を

▼ お前まさか~ (4, 0.0%)

1 そうして一, 俺を, 死んで, 神田兵太郎を

▼ お前までも~ (4, 0.0%)

4 侮辱し

▼ お前もう一度~ (4, 0.0%)

1 いって, よっく云って, よつく, 頼むぜ

▼ お前もし~ (4, 0.0%)

1 お前が, つかりして, 世話し, 出るところ

▼ お前らしい~ (4, 0.0%)

1 よ, 理屈だ, 赤い風船, 運命だ

▼ お前をば~ (4, 0.0%)

2 探して 1 あらゆる遊戯, あらゆる遊戲

▼ お前一体~ (4, 0.0%)

1 ここへ, どんな人, なん, なん犯かい

▼ お前主人~ (4, 0.0%)

1 が殺されりゃ, にどう, の俸給, をどう

▼ お前以外~ (4, 0.0%)

2 の力 1 にお前, にこの

▼ お前~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 ずうずうしい女, の年頃

▼ お前何で~ (4, 0.0%)

1 そんなこと, わたしを, 私が, 鎌を

▼ お前俺ら~ (4, 0.0%)

1 がここ, には気恥しくっ, の面, を殺し

▼ お前~ (4, 0.0%)

1 にも一緒, はここ, は貧乏, を愛してる

▼ お前別に~ (4, 0.0%)

1 お前怪しい, 何んで, 変ること, 心配な

▼ お前向う~ (4, 0.0%)

1 だってだまっ, の家, へいっ, 両国で

▼ お前~ (4, 0.0%)

1 から買つて, の道, へ出, へ行っ

▼ お前幾歳~ (4, 0.0%)

2 にお 1 かなあ, になる

▼ お前我慢~ (4, 0.0%)

1 ができません, が出来ません, して, 出来ないかい

▼ お前東京~ (4, 0.0%)

1 で云え, と代, へ行く, へ行くなら

▼ お前泣い~ (4, 0.0%)

2 てゐる 1 たりし, たり何

▼ お前~ (4, 0.0%)

1 がすき, がへり, の立つ, も立つだろう

▼ お前行く~ (4, 0.0%)

1 か, かはい, ところが, 気が

▼ お前~ (4, 0.0%)

1 が悪い, が痛む, の方, をやられた

▼ お前馬鹿~ (4, 0.0%)

1 な事, に本, の振り, ほどたのもしい

▼ お前あいつ~ (3, 0.0%)

1 になんと, をどう, を好き

▼ お前いくつ~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, になる

▼ お前いったい~ (3, 0.0%)

1 お手, これは, その荷物

▼ お前いろいろ~ (3, 0.0%)

1 の芸当, 心配し, 教へて

▼ お前うち~ (3, 0.0%)

1 のお, のとり, の師匠

▼ お前えら~ (3, 0.0%)

1 二人がよ, 俺の, 俺を

▼ お前おどろくだらう~ (3, 0.0%)

3 ね私

▼ お前お供~ (3, 0.0%)

2 をおし 1 をお

▼ お前お嬢様~ (3, 0.0%)

1 が御, についておいで, によけい

▼ お前お父さん~ (3, 0.0%)

1 にそれ, に何, を縛れや

▼ お前お蔭さま~ (3, 0.0%)

2 で此間 1 でこの間

▼ お前かい~ (3, 0.0%)

1 でみ, ジム, 今度の

▼ お前かと~ (3, 0.0%)

1 思つた, 言いました, 訊けば

▼ お前からの~ (3, 0.0%)

1 褒美を, 襃美を, 頼みで

▼ お前ぐらいの~ (3, 0.0%)

1 ものだ, 年頃には, 月給で

▼ お前こう~ (3, 0.0%)

1 おしな, しても, 袖を

▼ お前こちら~ (3, 0.0%)

1 の奥様, の目, は主筋

▼ お前こんなに~ (3, 0.0%)

1 一から, 思って, 手が

▼ お前さんあれ~ (3, 0.0%)

1 からも初, を滅多, ァ何

▼ お前さんお前さん~ (3, 0.0%)

1 の考え, は, はどう

▼ お前さんさ~ (3, 0.0%)

1 へ元, へ好, へ言

▼ お前さんそいつ~ (3, 0.0%)

1 を御存知, を知ってる, を知らねえ

▼ お前さんそう~ (3, 0.0%)

1 じゃない, じゃア, は思わない

▼ お前さんなに~ (3, 0.0%)

1 で切りなさる, もお前さん, をする

▼ お前さんの~ (3, 0.0%)

1 だ, だと, だという

▼ お前さんほんとう~ (3, 0.0%)

1 にここ, に然, に黙ってる

▼ お前さんわし~ (3, 0.0%)

1 と一緒, の草鞋, はこうして

▼ お前さん人~ (3, 0.0%)

1 の宅, の家, の引越し

▼ お前さん今~ (3, 0.0%)

1 からどこ, のうち, のお方

▼ お前さん何時~ (3, 0.0%)

2 か左樣言 1 かさう言

▼ お前さん余り~ (3, 0.0%)

1 な事, 働いたから, 草臥れたので

▼ お前さん元手~ (3, 0.0%)

2 いらずで 1 いらずで現

▼ お前さん先~ (3, 0.0%)

1 に行つて, は名誉, へ往

▼ お前さん処~ (3, 0.0%)

1 のお, の美代吉さん, の酒

▼ お前さん厭~ (3, 0.0%)

1 でございますか, でも一寸, な姿

▼ お前さん妾~ (3, 0.0%)

1 にはね, のこと, を殺す

▼ お前さん所~ (3, 0.0%)

1 の奉公人, の美代吉, へお

▼ お前さん旦那~ (3, 0.0%)

1 に助かっ, は何, も来

▼ お前さん本気~ (3, 0.0%)

1 で, でお, でぶつた

▼ お前さん正気~ (3, 0.0%)

1 かい, かと心配, ですかい

▼ お前さん此~ (3, 0.0%)

1 の薬, の鞄, の頃寺

▼ お前さん江戸~ (3, 0.0%)

1 にあります, の者, の衆

▼ お前さん等~ (3, 0.0%)

1 が騷, に殺される, のため

▼ お前さん腹~ (3, 0.0%)

1 でも痛い, を二三十, を立っ

▼ お前さん自分~ (3, 0.0%)

1 でそれ, で奥さん, の生れどころ

▼ お前さん蚊~ (3, 0.0%)

3 が喰

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 した所, そんなどういう訳, ないに

▼ お前そいつ~ (3, 0.0%)

1 あ飛んだ, の替, を知らねえ

▼ お前ただ~ (3, 0.0%)

1 ちょいと, の大工, 変てこりん

▼ お前だけには~ (3, 0.0%)

1 ない, 許し給うたの, 話して

▼ お前だち~ (3, 0.0%)

1 もどう, もゆ, 誰も

▼ お前ちょい~ (3, 0.0%)

1 と彼, と此, と見

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 ちの世話には, ちゃ一体, 方で

▼ お前っち~ (3, 0.0%)

2 は字 1 が上がるよりゃ

▼ お前とだけは~ (3, 0.0%)

2 屡々町 1 嫌です

▼ お前どうしても~ (3, 0.0%)

1 いると, 明日立つ, 江戸へ

▼ お前どうぞ~ (3, 0.0%)

1 今云った, 為なすつた, 私の

▼ お前どの~ (3, 0.0%)

1 くらい沢山, 道を, 顔さげ

▼ お前なぞに~ (3, 0.0%)

1 そんなむずかしい, よけいな, 何が

▼ お前など~ (3, 0.0%)

1 そんな浅はかゆえ, のは, ア時代の

▼ お前なんかと~ (3, 0.0%)

1 來た, 心得が, 格の

▼ お前なんぞが~ (3, 0.0%)

1 出なくても, 出ようとも, 知ったこと

▼ お前なんと~ (3, 0.0%)

2 もない 1 見た

▼ お前なんとも~ (3, 0.0%)

2 ないかいな 1 ないの

▼ お前にばかり~ (3, 0.0%)

1 こんな事, 寄ッかかっ, 強いるの

▼ お前にや~ (3, 0.0%)

1 ホントに, 分るまい, 手数がか

▼ お前のう~ (3, 0.0%)

1 ちょいと, でに, 未だ給金

▼ お前ばか~ (3, 0.0%)

2 にしを 1 にし

▼ お前ばかりは~ (3, 0.0%)

1 きっと助けたい, 帰って, 私の

▼ お前ひどい~ (3, 0.0%)

1 ぢや, のひどく, 目に

▼ お前もしや~ (3, 0.0%)

2 其處へ 1 其処へ

▼ お前もな~ (3, 0.0%)

1 しっかり勉強しな, できたこと, 青草ものの

▼ お前もね~ (3, 0.0%)

1 どうしても, わしの, 世間を

▼ お前やっ~ (3, 0.0%)

1 てくれ, てごらん, て見る

▼ お前やる~ (3, 0.0%)

1 かッ, つもりなら打っ, のか

▼ お前らしく~ (3, 0.0%)

2 もない 1 て似合っ

▼ お前ら二人~ (3, 0.0%)

1 でした様, で早く, ともこの

▼ お前わい~ (3, 0.0%)

2 の代り 1 に半分

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 はもう, は幸福, は服

▼ お前ドコ~ (3, 0.0%)

1 から来た, ぞへ行きました, にいた

▼ お前ン処~ (3, 0.0%)

1 の義作, まで一所, まで送っ

▼ お前~ (3, 0.0%)

2 と走り 1 と走り頼む

▼ お前一個~ (3, 0.0%)

1 で考へろ, の慾望, の方針

▼ お前一度~ (3, 0.0%)

1 くらゐ, でも吾家, 甲州という

▼ お前三味線~ (3, 0.0%)

2 がやれる 1 で合せ

▼ お前今朝~ (3, 0.0%)

1 は風, 早く暗いうち, 死んだお蔦

▼ お前代り~ (3, 0.0%)

1 に使い, に暇出し, に行っ

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 はあゝ, をゆすぶり起し, を洗わなかった

▼ お前何とか~ (3, 0.0%)

1 して, 云ったかい, 言ったけ

▼ お前先生~ (3, 0.0%)

1 なぐったって, にそんな, のお

▼ お前其様~ (3, 0.0%)

1 なこと, に薬, に酢

▼ お前冗談~ (3, 0.0%)

1 いうな, じゃない, じゃア

▼ お前勘違ひだ何~ (3, 0.0%)

3 も私

▼ お前医者~ (3, 0.0%)

1 じゃあなし, の方, 奪った

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 いの, い加減な, 笑な

▼ お前大変~ (3, 0.0%)

1 なこと, よく知つて, 喜んでのう

▼ お前女口一つ針仕事~ (3, 0.0%)

3 で通せない

▼ お前寒から~ (3, 0.0%)

3 うでは

▼ お前心得違い~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をしたろう

▼ お前忘れ~ (3, 0.0%)

1 てしまっ, てしまった, はしまい

▼ お前忘れた~ (3, 0.0%)

2 かえ 1 のか

▼ お前怖い~ (3, 0.0%)

21 と思わない

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 にお, にへん, に帰り

▼ お前怪我~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をした

▼ お前新網~ (3, 0.0%)

2 へ歸 1 へ帰る

▼ お前昨夜~ (3, 0.0%)

1 はどこ, はよく, も宵の口

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 から焼場, は一通り, れでも

▼ お前本気~ (3, 0.0%)

1 かお前, ではござりませぬ, で玉井金五郎

▼ お前案内~ (3, 0.0%)

2 して 1 をしねえ

▼ お前様これ~ (3, 0.0%)

1 がわたくしども, より先, をお

▼ お前様私~ (3, 0.0%)

2 は真赤 1 のため

▼ お前正太~ (3, 0.0%)

2 が明巣 1 の婚礼

▼ お前死ん~ (3, 0.0%)

1 でしまえ, でも寺, でも浮ばれる

▼ お前毎日~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 のやう

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 らしいお客, らしいこんな, らしいもの

▼ お前知ってるだろう~ (3, 0.0%)

1 両国の, 弓に, 藤野屋杢左衞門さんを

▼ お前知らず~ (3, 0.0%)

2 か己 1 に来た

▼ お前知らなかった~ (3, 0.0%)

2 のかい 1 のか

▼ お前知らねえ~ (3, 0.0%)

1 か, かや, のか

▼ お前立派~ (3, 0.0%)

1 なトラ, な人, な物

▼ お前笹づる錦~ (3, 0.0%)

3 の守り袋

▼ お前結婚~ (3, 0.0%)

1 した方, してから, してるの

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 の女の子, の方, の時計屋さん

▼ お前見てた~ (3, 0.0%)

3 のかい

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 の分った, をした, 分るな

▼ お前身体~ (3, 0.0%)

1 の工合, は健康, を大切

▼ お前達姉妹~ (3, 0.0%)

1 が借りた, は何, をコキ使つて

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 が好き, は駄目, を飲んだ

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 は持ってる, を儲けよう, を持っ

▼ お前附い~ (3, 0.0%)

1 てながら主人, て早く, て来る

▼ お前飛ん~ (3, 0.0%)

1 でもない, でもなえ, で逃げ

▼ お前~ (3, 0.0%)

1 が横倒し, なら荷物, に乗っ

▼ お前ああ~ (2, 0.0%)

1 いう気性, 見えたって

▼ お前あたし~ (2, 0.0%)

1 と一緒, を忘れ

▼ お前いう~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ お前いくらか~ (2, 0.0%)

1 懐に, 金を

▼ お前いつぞや~ (2, 0.0%)

1 お前は, 遣つて

▼ お前いつの間に~ (2, 0.0%)

1 や立派, 来たの

▼ お前いつも~ (2, 0.0%)

1 と顔, 口癖の

▼ お前いや~ (2, 0.0%)

2 なら一人

▼ お前うまい~ (2, 0.0%)

1 ことを, こと万年筆を

▼ お前ええ~ (2, 0.0%)

1 のけ, 隠居さんや

▼ お前えらい~ (2, 0.0%)

1 こっちゃ, 考え違いしてる

▼ お前えらいぼろい~ (2, 0.0%)

1 事した, 事したいう

▼ お前おっかさん~ (2, 0.0%)

2 が亡

▼ お前おとなしく~ (2, 0.0%)

1 して, しなくちゃ

▼ お前おぼえ~ (2, 0.0%)

1 があるだろう, のある

▼ お前お腹~ (2, 0.0%)

1 がすい, が減っ

▼ お前お金~ (2, 0.0%)

1 の心配, をもうけろ

▼ お前かしらと~ (2, 0.0%)

1 思って, 思つて私は

▼ お前かも~ (2, 0.0%)

2 知れないと

▼ お前からは~ (2, 0.0%)

1 千円くらいは, 聞こうとは

▼ お前くらいの~ (2, 0.0%)

1 年輩に, 年齢の

▼ お前ぐらい~ (2, 0.0%)

1 なもの, 綺麗だ

▼ お前これからどう~ (2, 0.0%)

2 する

▼ お前さまあんたさん~ (2, 0.0%)

1 とした, はどうして

▼ お前さま一人~ (2, 0.0%)

1 でなんで, の手

▼ お前さんちよい~ (2, 0.0%)

2

▼ お前さんところ~ (2, 0.0%)

1 の宗旨, へ嫁入り

▼ お前さんどっから~ (2, 0.0%)

1 だね, ついて

▼ お前さんなん~ (2, 0.0%)

1 か失礼, だって今時分

▼ お前さんゴム靴~ (2, 0.0%)

2 を一足工夫

▼ お前さん一つ~ (2, 0.0%)

1 召し上がれ, 頼んで

▼ お前さん一寸~ (2, 0.0%)

1 立合って, 行って

▼ お前さん人前~ (2, 0.0%)

1 ってもの, も構う

▼ お前さん今夜~ (2, 0.0%)

1 こそは除夜の鐘, 行って

▼ お前さん今日~ (2, 0.0%)

1 お米, は

▼ お前さん他人~ (2, 0.0%)

1 から金, の空似

▼ お前さん仙太公~ (2, 0.0%)

1 に会っ, の兄弟分

▼ お前さん元~ (2, 0.0%)

1 の粥河様, は大工

▼ お前さん其~ (2, 0.0%)

2 お酒

▼ お前さん医者~ (2, 0.0%)

1 に掛つたら, の勉強

▼ お前さん大丈夫~ (2, 0.0%)

1 かい, なん

▼ お前さん大変~ (2, 0.0%)

1 お気の毒, ですよお

▼ お前さん夫~ (2, 0.0%)

2 れでは

▼ お前さん失礼~ (2, 0.0%)

1 だが, をし

▼ お前さん妙~ (2, 0.0%)

1 なこと, な年寄り

▼ お前さん床~ (2, 0.0%)

1 の拭き, を敷

▼ お前さん彼方~ (2, 0.0%)

1 へ行っ, へ行つて

▼ お前さん後生~ (2, 0.0%)

1 だ代わり, だ手紙

▼ お前さん故~ (2, 0.0%)

1 だよ, で斯様

▼ お前さん是~ (2, 0.0%)

1 から此方, で万事

▼ お前さん此子~ (2, 0.0%)

2 をもいれ

▼ お前さん氣~ (2, 0.0%)

1 でも違, をつけ

▼ お前さん無理~ (2, 0.0%)

1 だよ, をし

▼ お前さん煙草~ (2, 0.0%)

1 が好き, は

▼ お前さん眼~ (2, 0.0%)

1 が惡い, が見えない

▼ お前さん知つて~ (2, 0.0%)

1 ゐて, ゐるの

▼ お前さん経文~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ お前さん背中~ (2, 0.0%)

1 へ掛け, を高く

▼ お前さん能~ (2, 0.0%)

1 く来られました, く気

▼ お前さん資本~ (2, 0.0%)

2 要らずで

▼ お前さん運~ (2, 0.0%)

1 が向い, よくいい聟

▼ お前さん達許~ (2, 0.0%)

2 り詰らないやね

▼ お前さん馬鹿~ (2, 0.0%)

1 な目, のする

▼ お前しばらく~ (2, 0.0%)

1 ここに, ここを

▼ お前じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, 駄目だ

▼ お前すまん~ (2, 0.0%)

1 がな, が東南院

▼ お前そい~ (2, 0.0%)

1 でどう, で詛われた

▼ お前そっと~ (2, 0.0%)

1 背後に, 覗いて

▼ お前そつ~ (2, 0.0%)

1 ち持つて, と入

▼ お前それで~ (2, 0.0%)

1 気を, 氣を

▼ お前たちこんど~ (2, 0.0%)

1 の六助, はいよいよ

▼ お前たちったら~ (2, 0.0%)

2 仕方ない

▼ お前たちなに~ (2, 0.0%)

1 も天狗, をし

▼ お前たち一家~ (2, 0.0%)

1 のため, の者

▼ お前たち女~ (2, 0.0%)

1 の人, はいう

▼ お前たち子供~ (2, 0.0%)

1 が可愛, が可愛く

▼ お前たち誰~ (2, 0.0%)

1 からか聞い, も彼

▼ お前たった~ (2, 0.0%)

1 一人だ, 一度だ

▼ お前だけしか~ (2, 0.0%)

1 信じること, 知らないん

▼ お前だけで~ (2, 0.0%)

1 い, 解決しよう

▼ お前だけでも~ (2, 0.0%)

1 僕を, 助けて

▼ お前だれ~ (2, 0.0%)

1 かと寝やせん, かを待っ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 ょっくら町内を, 等のは

▼ お前ちよ~ (2, 0.0%)

1 つと上つて行つて, つと送つ

▼ お前つい~ (2, 0.0%)

1 この間頭を, 先へ

▼ お前でなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃあ, てもあの

▼ お前でねえ~ (2, 0.0%)

2 ことは

▼ お前とで~ (2, 0.0%)

1 この鉄, 天下を

▼ お前とを~ (2, 0.0%)

1 つきまぜたらちょうど, 招待したい

▼ お前とんだ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 子供だ

▼ お前どうしてそんなに~ (2, 0.0%)

1 のろくさやってる, 蒼い顏

▼ お前どっか~ (2, 0.0%)

1 のお婆さん, へ行く

▼ お前ども~ (2, 0.0%)

1 だ, はどこ

▼ お前なぞには~ (2, 0.0%)

1 なんにもわかりゃしない, わかるもん

▼ お前などが~ (2, 0.0%)

1 弁護する, 飛びこんで

▼ お前なら知つてる~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, 筈な

▼ お前なんかが~ (2, 0.0%)

1 一年働いた, 心配など

▼ お前なんざあ~ (2, 0.0%)

1 我が子, 知るめ

▼ お前なんぞと~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 附き合うの

▼ お前なんぞを~ (2, 0.0%)

1 これ以上だれが, 味方だ

▼ お前なんとか~ (2, 0.0%)

1 ひとつその, 詞を

▼ お前にこそ~ (2, 0.0%)

1 云は, 富樫でも

▼ お前につき~ (2, 0.0%)

1 あふと, ものだ

▼ お前にでも~ (2, 0.0%)

1 聞いて, 謀つたら

▼ お前によ~ (2, 0.0%)

1 つてたしかに, つて復讐され

▼ お前に対しては~ (2, 0.0%)

1 変って, 恐らく私

▼ お前のせゐ~ (2, 0.0%)

1 ぢや, ではあるまい

▼ お前はい~ (2, 0.0%)

1 つたいこれ, つたいどこ

▼ お前はど~ (2, 0.0%)

2 つち側

▼ お前はも~ (2, 0.0%)

1 一度あの, 少しの

▼ お前はよう~ (2, 0.0%)

1 分かったつもり, 紹介し

▼ お前ばかりが~ (2, 0.0%)

1 女の, 悪い訳

▼ お前ばかりの~ (2, 0.0%)

1 恥ぢや, 難儀でない

▼ お前ばかりを~ (2, 0.0%)

1 死なせは, 見て

▼ お前ほしい~ (2, 0.0%)

1 かというお話, なら別に

▼ お前まあよく~ (2, 0.0%)

1 会って, 話して

▼ お前まったく~ (2, 0.0%)

1 はお前, 変り者だ

▼ お前までを~ (2, 0.0%)

1 この儘, 押しひしぐの

▼ お前まるで~ (2, 0.0%)

1 あたり前の, 大人の

▼ お前みんな~ (2, 0.0%)

1 くだらない流行もの, の娘たち

▼ お前やった~ (2, 0.0%)

1 な, んか

▼ お前ゆけ~ (2, 0.0%)

1 お前ゆけ, と云う

▼ お前よう~ (2, 0.0%)

1 帰って, 考えて

▼ お前よくまあ~ (2, 0.0%)

1 こんなりっぱ, 無事に

▼ お前よそ~ (2, 0.0%)

1 の坑内, の子供

▼ お前よりか~ (2, 0.0%)

1 俺の, 此方が

▼ お前らしいふざけた~ (2, 0.0%)

2 料理法ぢや

▼ お前ら何~ (2, 0.0%)

1 しとる, も知らず

▼ お前ら兄貴~ (2, 0.0%)

1 を見たら, 知らんか

▼ お前ら家~ (2, 0.0%)

1 のおっ, へ行つて周子

▼ お前ら掏摸~ (2, 0.0%)

1 になる, のくせ

▼ お前わからん~ (2, 0.0%)

2 かねなんてお

▼ お前わざわざ~ (2, 0.0%)

1 品川へ, 迎えに

▼ お前サン~ (2, 0.0%)

1 の趣味, はどんな

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 ちにゃ, て女

▼ お前ンとこ~ (2, 0.0%)

1 に, へ遊び

▼ お前ン許~ (2, 0.0%)

1 の姉さん, へお

▼ お前一人ぢ~ (2, 0.0%)

1 や六, や無理

▼ お前一体どうして~ (2, 0.0%)

1 どこから, 寅を

▼ お前一年~ (2, 0.0%)

1 に一ヵ月, に二艘

▼ お前一時~ (2, 0.0%)

1 に入らん, はあの

▼ お前一生懸命~ (2, 0.0%)

1 だもの, でおや

▼ お前七八年前~ (2, 0.0%)

2 に還暦

▼ お前三十五銭~ (2, 0.0%)

1 のネクタイ, の板一枚

▼ お前上方~ (2, 0.0%)

1 で贋金, へも行っ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 で何, へ行っ

▼ お前与兵衛さん~ (2, 0.0%)

1 に聞い, のところ

▼ お前世間~ (2, 0.0%)

1 が騷, に女

▼ お前二階~ (2, 0.0%)

1 で遊ん, へ上ッ

▼ お前云っ~ (2, 0.0%)

1 てお, て御覧

▼ お前京都~ (2, 0.0%)

1 からお, へ行った

▼ お前亭主~ (2, 0.0%)

1 と思っ, を持たない

▼ お前今に~ (2, 0.0%)

1 叔父さんが, 好くし

▼ お前今晩ここ~ (2, 0.0%)

1 でわたし, で泊らない

▼ お前仕合せ~ (2, 0.0%)

1 か, な事

▼ お前仕方~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 が好くっ, 好うしてる

▼ お前伊丹屋~ (2, 0.0%)

1 といえ, の

▼ お前会社~ (2, 0.0%)

1 あたまらねえや, がある

▼ お前何だ~ (2, 0.0%)

1 つて食へる, 拾って

▼ お前何と~ (2, 0.0%)

1 云つたつて親一人子一人の, 答へる

▼ お前何所~ (2, 0.0%)

1 かへ行つて, へ行く

▼ お前個人~ (2, 0.0%)

1 として行く, のくだらぬ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 は, もささん

▼ お前元気~ (2, 0.0%)

1 がなくなった, が無い

▼ お前兄さん~ (2, 0.0%)

1 の御, の言

▼ お前兄貴~ (2, 0.0%)

1 だな, の家

▼ お前先きい~ (2, 0.0%)

1 読んだらえ, 讀んだらえ

▼ お前其の~ (2, 0.0%)

1 生々しい腕, 縄の

▼ お前出来るだろう~ (2, 0.0%)

2 といわれ

▼ お前加減~ (2, 0.0%)

1 でも悪, でも惡るい

▼ お前千貫橋~ (2, 0.0%)

1 に行, は怖い

▼ お前参覲交代~ (2, 0.0%)

1 の諸, はなくなっ

▼ お前友さん~ (2, 0.0%)

1 じゃない, の居所

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 がきかれねえなら, でこそそう

▼ お前可愛いい~ (2, 0.0%)

1 よなんて頬ずり, 雌鹿

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 の病人, は往かれねえ

▼ お前外套~ (2, 0.0%)

1 は田舎, を取る

▼ お前大切~ (2, 0.0%)

1 にお, の御用

▼ お前大金~ (2, 0.0%)

1 だろう, を貰った

▼ お前大阪~ (2, 0.0%)

1 で厄介, と東京

▼ お前奉公~ (2, 0.0%)

1 が飽きた, のとき十七ッ

▼ お前女房~ (2, 0.0%)

1 は産後, は美しかっ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 すぎるくらい, な處

▼ お前好き~ (2, 0.0%)

1 だったよねえ, なものこれ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 なら気楽, に惚れるなら

▼ お前姉さん~ (2, 0.0%)

1 だから, に抱っこ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 もつれて, を三両

▼ お前安次~ (2, 0.0%)

1 やし, やったのう

▼ お前寂しい~ (2, 0.0%)

1 だらうな, のか

▼ お前寝る~ (2, 0.0%)

1 がいい, 前にと

▼ お前小屋~ (2, 0.0%)

1 に寝起き, 建てるなら組

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 じゃア, にお

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 むかふが, を下っ

▼ お前帰り~ (2, 0.0%)

1 にはきっと, に貰つて

▼ お前帰りがけ~ (2, 0.0%)

1 にあの, に屹度剣難

▼ お前幕府~ (2, 0.0%)

1 のお, の方

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 だってこんなに, を開け

▼ お前度胸~ (2, 0.0%)

1 をお, を据えなけれ

▼ お前廻し~ (2, 0.0%)

2 を取る

▼ お前弾い~ (2, 0.0%)

1 てごらん, て呉れ

▼ お前役人~ (2, 0.0%)

1 が滅多, に手向い

▼ お前役者~ (2, 0.0%)

1 になる, を止める

▼ お前彼奴~ (2, 0.0%)

1 あ狂人, が居

▼ お前待ち待ち蚊帳~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ お前待つ~ (2, 0.0%)

1 ことに, てゐる

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 を跟, 毛を

▼ お前後生~ (2, 0.0%)

2 だから

▼ お前御飯~ (2, 0.0%)

1 お上り, は何

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 に掛け, 易いと

▼ お前心持~ (2, 0.0%)

1 の悪い, を悪く

▼ お前忘れやしないだろう~ (2, 0.0%)

1 ね, ねリューバ

▼ お前~ (2, 0.0%)

2 しても

▼ お前怪談~ (2, 0.0%)

2 を聴き

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 かしいこと, を知らず

▼ お前悪い~ (2, 0.0%)

1 よ此方, 料簡だ

▼ お前感心~ (2, 0.0%)

1 だな, にもなんにも

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 を出す, を放し

▼ お前折角~ (2, 0.0%)

1 の利益, 掏った

▼ お前~ (2, 0.0%)

2 を取っ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 ういう, うお

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 やもう死ん, 來た

▼ お前昨日~ (2, 0.0%)

1 きいて, ねェ

▼ お前書い~ (2, 0.0%)

1 て呉れ, て置い

▼ お前書いた~ (2, 0.0%)

1 と認め, のん

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 のうち, 頼んどいたぢ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 氣か, 氣で

▼ お前本当~ (2, 0.0%)

1 じゃア, だよ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 てくれた, てどう

▼ お前来た~ (2, 0.0%)

1 ねえ, のか

▼ お前来る~ (2, 0.0%)

1 ぐらいなら, 途で

▼ お前柳沢~ (2, 0.0%)

1 に逢った, の家

▼ お前株内~ (2, 0.0%)

1 はここ, や株内

▼ お前様いつ~ (2, 0.0%)

1 までそう, まで九ツ

▼ お前様うち~ (2, 0.0%)

1 の御新造様, の息子

▼ お前様それ~ (2, 0.0%)

1 にの鷺, にはみんな銭

▼ お前様ア~ (2, 0.0%)

1 くわねえか, 忘れも

▼ お前様一人~ (2, 0.0%)

1 で来なすった, のお方

▼ お前様何~ (2, 0.0%)

1 か尋ね, といっ

▼ お前様学校~ (2, 0.0%)

1 で体操, の先生様

▼ お前様足~ (2, 0.0%)

1 い洗って, が大分

▼ お前様遊び~ (2, 0.0%)

2 に出します

▼ お前檀那~ (2, 0.0%)

1 の死顔, を信用

▼ お前次第~ (2, 0.0%)

1 できまる, で決まる

▼ お前此罪~ (2, 0.0%)

2 は破廉恥罪

▼ お前此處~ (2, 0.0%)

1 から明神樣下, は始め

▼ お前此頃~ (2, 0.0%)

1 どうかした, のやう

▼ お前死ぬ~ (2, 0.0%)

1 のは, 気じゃ

▼ お前殿様~ (2, 0.0%)

1 の御前, をお

▼ お前母さん~ (2, 0.0%)

1 がいい, に甘ったれ

▼ お前母親~ (2, 0.0%)

1 はわかってる, は死ん

▼ お前気違い~ (2, 0.0%)

1 か, になれ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 だよ, を汲ん

▼ お前泣いてる~ (2, 0.0%)

1 じゃない, のか

▼ お前無茶~ (2, 0.0%)

1 な, をし

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 う云っ, う泣い

▼ お前煙草~ (2, 0.0%)

1 が大層, でそうとう

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 から身, なし児

▼ お前王様~ (2, 0.0%)

1 のお, の写真

▼ お前生き~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ お前生きてる~ (2, 0.0%)

1 か, 人間だ

▼ お前田舎~ (2, 0.0%)

1 の娘, は堅

▼ お前皮肉~ (2, 0.0%)

1 だの, ば申さるる

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 がさめ, をまわした

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 が開いた, の中

▼ お前着物~ (2, 0.0%)

1 を如何, を汚し

▼ お前~ (2, 0.0%)

2 つてるかい

▼ お前私達~ (2, 0.0%)

1 が探し, だって口

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 さつぱりした者, 巧妙な

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 がいい, の悪い

▼ お前約束~ (2, 0.0%)

1 したぜ, をした

▼ お前結構~ (2, 0.0%)

1 な建水, やが

▼ お前考へ~ (2, 0.0%)

1 て見てくれ, て見なさい

▼ お前聞いた~ (2, 0.0%)

1 か, かね

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 のぬぎ, をみがく

▼ お前肝腎~ (2, 0.0%)

1 のとこ, の弁天様

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 く己, く聞い

▼ お前若い~ (2, 0.0%)

1 時は, 物貰ひと言つたらう

▼ お前若く~ (2, 0.0%)

1 なったこと, なりたくは

▼ お前英語~ (2, 0.0%)

1 が分る, を話す

▼ お前茂ちゃん~ (2, 0.0%)

1 ですね, なの

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 なんぞ, の道

▼ お前行かなかつたら~ (2, 0.0%)

2 俺一人奈何すべと

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 から廻つて, は厳めし

▼ お前見なかった~ (2, 0.0%)

1 か, かい

▼ お前見覚え~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ お前覚えない~ (2, 0.0%)

1 かとは云えず, ごん

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 の身代, はあらうじ

▼ お前言う~ (2, 0.0%)

1 事に, 気だろ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 の奥様, の旦那様

▼ お前読ん~ (2, 0.0%)

1 ぢまつた, でみ

▼ お前~ (2, 0.0%)

2 ひ物

▼ お前起し~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て来い

▼ お前跣足~ (2, 0.0%)

1 になる, に成る

▼ お前踊っ~ (2, 0.0%)

1 てごらん, てみる

▼ お前車屋~ (2, 0.0%)

1 でまで聞く, まで行っ

▼ お前近頃~ (2, 0.0%)

1 大鳥井家, 惡い

▼ お前逃げ~ (2, 0.0%)

1 て行く先, もせん

▼ お前途中~ (2, 0.0%)

1 でふい, の山

▼ お前逢っ~ (2, 0.0%)

1 て, てお

▼ お前遊び~ (2, 0.0%)

1 とは定まっ, に来た

▼ お前達みんな~ (2, 0.0%)

1 が取り合おう, の中

▼ お前達わし~ (2, 0.0%)

1 が廟堂, のため

▼ お前達一同~ (2, 0.0%)

1 がわし, を咀

▼ お前達何~ (2, 0.0%)

1 か不満, も大して

▼ お前達四人~ (2, 0.0%)

1 の元勲, の者

▼ お前達自身~ (2, 0.0%)

1 で判断, の経験

▼ お前達親子~ (2, 0.0%)

1 は東京, を跟

▼ お前達軽輩~ (2, 0.0%)

1 でお前達, の身軽さ

▼ お前避病院~ (2, 0.0%)

1 に行かない, に行っ

▼ お前郷里~ (2, 0.0%)

2 はどこ

▼ お前酔つて~ (2, 0.0%)

1 るよ, ゐるん

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 がわるけれ, なら少し

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 母から, 母と

▼ お前降り~ (2, 0.0%)

1 て来, て行つてシヤンパン

▼ お前電車~ (2, 0.0%)

2 にしかれ

▼ お前~ (2, 0.0%)

1 にお前, のてっぺん

▼ お前頼ん~ (2, 0.0%)

1 でくれ, でくれまい

▼ お前魔物~ (2, 0.0%)

1 が夕立, だぜ

▼1* [2166件]

お前あした荷物ごしらえの, お前あした金物屋へ行っ, お前あすこへ来ない, お前あそこへ行っ, お前あたいにかまわず, お前あたりまへ, お前あったかえ, お前あつちのチユウリツプな, お前あての手紙, お前あぶらあげね, お前ありゃあ不可え, お前あるけるかい, お前あんとこで死なれ, お前あんなに持って, お前あん時もそんな, お前あゝ言う際, お前いいかげんじゃろう, お前いいっていうの, お前いいましたか, お前いけねえ和尚, お前いけないねえしかし, お前いたずらがいや, お前いって鶏小舎, お前いっそ正直に, お前いったん戻ってからも, お前いつお帰りたか, お前いつかの黒ん坊, お前いつか荒木田様が仰っし, お前いつここへきたん, お前いつのまに来て, お前いつのまにかえらく口が, お前いひましたか, お前いふことを, お前いま何をし, お前いま山から帰った, お前いま目刺を持っ, お前いろんな事が, お前いわばおれを, お前うかうか行って, お前うたうなら子供らしい, お前うれしいじゃない, お前うろついてるんだい旅に, お前えお母アば, お前えだつて鉄工に, お前えと一緒に, お前えなんかひっこめ, お前えばかだいち, お前えみだいた奴の, お前えらかろうが, お前えらば訴えてやる, お前おいママの, お前おいらを打つ, お前おいらんになっ, お前おう先公居る, お前おかあさんはこの, お前おかしな奴, お前おこつては行けない, お前おじさんの面, お前おっ母あに, お前おとといの晩, お前おなかは, お前おばさんの面, お前おふくろさんに薬, お前おまけだね, お前おやぢの, お前おらのこと, お前お仙ちゃんの話, お前お初ちやんはあん時チヤン, お前お前さんの方, お前お前さん君とふりがな, お前お前とこが株内, お前お客様が来, お前お寺にい, お前お座敷かえ, お前お目にかかってよく, お前お祭なのに, お前お茶をあがらん, お前お銭が有りません, お前かなりの豪傑者, お前からだの具合, お前からと皮切りを, お前からなんて言うよりゃ奴, お前かりにもあたし, お前かれこれ二タ月這入らん, お前かわいいね, お前かわいそうにすこし, お前かわりに見, お前かわれよと, お前がくッついて, お前がけふの, お前がずつと田舎に, お前がとのような, お前がねえ私の, お前がねへエ, お前がはいつてさ, お前がへマし, お前がも少し解り, お前がんりきがあの, お前ょうはほんとうにどうかしているわね, お前きいてくれるでしょう, お前きっちり十二時に, お前きつい女だ, お前きょうここへ持っ, お前きょう大巻に行く, お前きりなん, お前くらいな年紀で, お前ぐらゐの年のもの, お前ぐるぐる鍋の, お前ぐれえの赤児, お前けちくさ過ぎる, お前けんかでもなん, お前ちとら, お前こいつを船, お前ここいらの者, お前ここ四五日だな, お前こそは二度までも, お前こつち側を, お前ことしの夏, お前ことキスするん, お前こないだの友さん, お前このごろ我流で新しい, お前このごろ毎晩おそくまで, お前この世で一番, お前この間そう云った, お前この間銭持ってたの, お前この間頬を脹らし, お前こりゃどうした, お前これからすぐ部屋中を, お前これから直ぐ私立の, お前これ井谷さん所へ持っ, お前これ何だと, お前これ程まで云う, お前こん夜俺に, お前こんどの掛け, お前こんどのは割り, お前こんねえに物騒, お前ごまかしたな, お前さだ子がこのあいだ, お前さっき竹の杖, お前さまきのうやきょう, お前さまここの家, お前さまことしは柿, お前さまさへ御, お前さまたちの怨み, お前さまどれだけ証券用紙, お前さまなんの学校, お前さまわしの貧乏世帯, お前さまんとこの, お前さまノペタラに麦なんど, お前さまピストルなんぞは妾ゃちっとも気, お前さまマア此方へ這入んなせ, お前さま久子にどんな, お前さま五百二十把からかかりました, お前さま今までこんな, お前さま今夜ほうのき, お前さま何もわけ, お前さま何度わたくしも国, お前さま先刻のほど血相, お前さま全体どっちからおい, お前さま去年の暮れ, お前さま妻籠まで, お前さま妾ゃついぞこれまで死人を売った, お前さま子供さんを預かる, お前さま寝しなに誰, お前さま寝床の用意, お前さま御機嫌よろしゅう, お前さま昨年の十一月, お前さま杉雄の朋輩, お前さま江戸さ来て, お前さま海軍さんかえ, お前さま福島の山村様, お前さま置場の梁, お前さま谷中へか, お前さま足い垢, お前さま達はお, お前さんあすこにゐやしない, お前さんあそこはあらたか, お前さんあとから追いかけ, お前さんいくつにお, お前さんいつ孕ませられたか, お前さんいま結立てと見える, お前さんうちの人などと, お前さんうってつけの話, お前さんおいでなすった, お前さんおいでなさいよ, お前さんおいら古い友達, お前さんお上のお, お前さんお互いにこう, お前さんお仙なぞが三吉叔父さん, お前さんお前さんだつて浜, お前さんお前さん自分自身でどうしてそんなに, お前さんお嬢さんと, お前さんお嬢様の婿サア, お前さんお客様がお, お前さんお座敷が無い, お前さんお銭にする, お前さんかぎ屋の前, お前さんこいつを預かっ, お前さんこっちをじっと, お前さんこのごろは目黒, お前さんこの間飯場の前, お前さんごらんなすったか, お前さんご存じだ, お前さんご存知で, お前さんさっきの話, お前さんさっきお寺の縁, お前さんさっき何んといったい, お前さんしだいですよ, お前さんしらアきったって, お前さんそう幾日も幾日, お前さんそれ何の真似, お前さんそんならそれと, お前さんたちいつしよに, お前さんたちこいつはおれ, お前さんたちなんだってノコノコ, お前さんたちみんなに片身分け, お前さんたち一家のもの, お前さんたち二人の仲間, お前さんたち今夜なにか用事, お前さんたち四人に馬, お前さんたち家族は不幸せ, お前さんたち感違えを, お前さんたち昔と違っ, お前さんたち蛇が可, お前さんたち近藤勇を買いかぶっ, お前さんだれが見た, お前さんちの前で口, お前さんちやんと着, お前さんちょッと言伝, お前さんつていふ人はああ, お前さんどなただね, お前さんはつきり申し上げた方, お前さんはなしも聞かない, お前さんばかに手間, お前さんひとつ助けて, お前さんひょっとすると, お前さんふたりがさっそく, お前さんほかにする, お前さんまだあの, お前さんまっ黒になっ, お前さんみんな根こそぎ敲き売れ, お前さんもっての外な顔, お前さんらの耳, お前さんらサッサとこの, お前さんりっぱに一人, お前さんアカなん, お前さんエーをおいいだった, お前さんゴテゴテして, お前さんネエお前さんてば, お前さんバクチだもん, お前さんパチンコやるの, お前さんホラ今さんじゃア, お前さんヤソかねと云う, お前さんロシア人だろう, お前さん一人ぼっちでこんな, お前さん一人位に不自由, お前さん一人位何うにでも致します, お前さん一体どういう訳, お前さん一体何者だね, お前さん一千二百三十四番の札, お前さん一升奢るん, お前さん一家をうんと, お前さん一度でもあります, お前さん一悶着だろう, お前さん一昨々日の晩, お前さん一枚着換えて, お前さん一緒に取ろうで, お前さん一足先に外, お前さん一週間に一度, お前さん丈夫なん, お前さん三之丞, お前さん三つ目に, お前さん三十頭ものもぐら, お前さん三年の恋, お前さん三拾両貸し, お前さん上人様は御, お前さん上野を討取っ, お前さん下へ下り, お前さん下谷茅町の富山様, お前さん不服かね, お前さん中は土間, お前さん中泉の宿, お前さん串戯ではありません, お前さん主人と仲, お前さん乱暴じゃあがあせん, お前さん了簡違いでございますぞ, お前さん事がまんまと, お前さん二分じゃない, お前さん二番町の小川様, お前さん二百両という大金, お前さん二階へ床, お前さん云立てをし, お前さん些とも分らぬ, お前さん人間交際もすりゃ, お前さん今夜ひとつおいらをその, お前さん今年の春, お前さん今年幾歳になった, お前さん今度が初めて, お前さん今時の若い, お前さん他の奥様, お前さん休みもしない, お前さん位牌班といふ, お前さん住職になっ, お前さん佐七のところ, お前さん佐渡でも破っ, お前さん体が何とも, お前さん何一ツ不自由のない, お前さん何不足なく斯, お前さん何方へお, お前さん何日でも旦那, お前さん何時髯を剃り, お前さん何者だね, お前さん何貫ある, お前さん供をした, お前さん傍へ寄っ, お前さん先刻成戸さんに金, お前さん全体今まで働いた, お前さん八さんは, お前さん八丁堀の旦那, お前さん八五郎さんの本当に, お前さん其様な気, お前さん其處へ登, お前さん凡倉だねえ, お前さん前にあの, お前さん力に思う, お前さん動員令が下っ, お前さん博識ぶって, お前さん危いよそんなところ, お前さん卵が生める, お前さん去勢牛を二十留, お前さん取付いて, お前さん口を出し, お前さん可懐しい恋しいに, お前さん同職の癖, お前さん名古屋の人, お前さん君とふりがな, お前さん否と云え, お前さん商売は, お前さん四の五, お前さん四つ手でお, お前さん国はどこ, お前さん在郷の人, お前さん坊の始末, お前さん坊ちゃんのお, お前さん堪忍して, お前さん墓参りに能, お前さん変だよ, お前さん多勢黒山のよう, お前さん夜更けですよ, お前さん夜稼ぎなんか働い, お前さん大な態度, お前さん大変怜悧だってね, お前さん大変樽柿を潰した, お前さん大将が私, お前さん大道だったろう, お前さん天主閣へ上りたい, お前さん太夫様に会いたい, お前さん女を金, お前さん女人禁制で蔦ちゃん, お前さん妻子をうつ, お前さん娘のよう, お前さん媒妁になっ, お前さん嫁いびりしなさんなよ, お前さん嫉妬なの, お前さん子供がどう, お前さん宅の前, お前さん宗慈寺の永禪和尚, お前さん寒かア, お前さん寝坊だってね, お前さん寺で待つとる, お前さん尊王攘夷のなんの, お前さん小屋へ行く, お前さん尻へ咬付け, お前さん屑屋をし, お前さん山手の方, お前さん岩見重太郎かのし, お前さん己れと, お前さん布団ならあそこ, お前さん常磐御前から頼まれ, お前さん年齢はいくつ, お前さん幾つにお, お前さん広のお父さん, お前さん店は, お前さん当分わしのところ, お前さん御免なさいまし, お前さん御存じですか, お前さん御新造様と出来た, お前さん心配じゃない, お前さん思つてゐるの, お前さん怪我をしやしません, お前さん怯だよ, お前さん恒ならねえ, お前さん意をお, お前さん慾の無い, お前さん我慢なるめ, お前さん手合は余り虫, お前さん手巾でさ, お前さん拙者が通り, お前さん掏摸は現行犯, お前さん揶揄うのもいい, お前さん攘夷という攘夷, お前さん敷居を跨ねえ, お前さん新らしい着物, お前さん新吉が此方, お前さん新規な涼しい, お前さん方どこへ行きなさる, お前さん方ほんとの日本人, お前さん方みんながたびたび, お前さん方三人に掛られた, お前さん方二人でゆ, お前さん方何しに, お前さん方存分威張りかへ, お前さん方安房峠からおいで, お前さん方山三郎を生, お前さん方御存じかえ, お前さん方熊谷様はしの党, お前さん方神経質にし, お前さん方私共ソヴェト, お前さん方蓮生をレンショウ, お前さん旅をし, お前さん明日の晩竹ヶ崎, お前さん昔から隣山同志, お前さん昔のとほり, お前さん春のお, お前さん春次郎だってもう, お前さん昨夜は大層, お前さん昨夜どこへ行きなすった, お前さん昨夜何時ごろに寝た, お前さん時の運, お前さん時代が私, お前さん晩の支度, お前さん月の中十日, お前さん有象無象が声, お前さん朝になっ, お前さん末始終然う, お前さん本堂の床下, お前さん札をつけ, お前さん東京の人, お前さん桔梗屋のお, お前さん桜の咲く, お前さん棟梁に逢った, お前さん楼じゃあ構わなかった, お前さん槍が使える, お前さん槍祭あすっぽかし, お前さん橋を渡らない, お前さん次郎吉今度は辛抱, お前さん正直に受取った, お前さん此の間蓮見鮨の二階, お前さん此商賣は, お前さん此様な事, お前さん此頃は何だか, お前さん歳どんでしたねえ, お前さん歸りは, お前さん母子が今, お前さん母御をつれ, お前さん毎日廻って, お前さん気分が種々, お前さん気前がいい, お前さん江戸一番と評判, お前さん江戸弁だね, お前さん流の善い, お前さん浦和へ着く, お前さん深雪さんを一物, お前さん溜池から湧い, お前さん漁師でなく何ぞ, お前さん火の用心, お前さん火の玉の一件, お前さん火事だよ, お前さん火事騒ぎに散らかった, お前さん無理酒を飲ん, お前さん牛の屁, お前さん狂犬に吠えられた, お前さん狐にでも撮まれ, お前さん独で, お前さん独身生活のわびし, お前さん猫の子, お前さん猿におどかされなすった, お前さん瓢箪を紅葉, お前さん生れはどこ, お前さん生物は好き, お前さん田畝の葦簾張, お前さん疵でも着けられ, お前さん病人なら病人, お前さん病気だから, お前さん百も承知, お前さん皆んなが寄っ, お前さん盗賊をすりゃ, お前さん盲目滅法界に, お前さん相手にマンザイ, お前さん省作が深田, お前さん真先がけで新顔, お前さん真赤になっ, お前さん真青ぢやない, お前さん眠り薬でもかがされた, お前さん着物みんなぬいで, お前さん碁石じゃない, お前さん確かりなさいよ, お前さん確実な予想, お前さん秀郎さんの鼓賊, お前さん私一人置いて, お前さん私等段六さ滝さこれだけで, お前さん立派な悪党, お前さん等ア今日に限ツ, お前さん等二人に何, お前さん等田へ踏ん込ん, お前さん粂どんは其様, お前さん約束よか三分, お前さん翁さんから話, お前さん胡魔化されやしないかね, お前さん自分自身でどうしてそんなに, お前さん舶来のカノーネル, お前さん色恋をするなら, お前さん花魁が引, お前さん苦労でもどうぞ, お前さん苦笑いの顔, お前さん苫船屋根船に炬燵, お前さん茅葺屋根から虫, お前さん莫迦ね, お前さん落語ならちょうど, お前さん薬が利いた, お前さん薬屋かア, お前さん藤波さんのお, お前さん蝋だもの, お前さん血じゃない, お前さん行商に歩い, お前さん西洋まげより, お前さん見かけによらねえ, お前さん見ず知らずの他人, お前さん親の敵, お前さん親爺さんが泣きこん, お前さん角力取で金, お前さん言種が言種, お前さん診察が頼みたい, お前さん評判だぜ, お前さん詫はあたし, お前さん話がもうちやん, お前さん貞藏さんじゃア, お前さん貢さんて言う, お前さん貴女のお, お前さん貸元になっ, お前さん赤紙付の手紙, お前さん足へ穿く, お前さん足尾に居る, お前さん踊りをおどる, お前さん身よりの方, お前さん軽はずみな事, お前さん軽業が出来る, お前さん近所で聞く, お前さん連判状の筆頭, お前さん道の幅一杯, お前さん道楽の初, お前さん達ぁ尻に帆, お前さん達のは道楽商売, お前さん達ア悪事をやってる, お前さん達タフト先生に用事, お前さん達二人は磔刑柱, お前さん達人間の生命, お前さん達仲間の意気地, お前さん達此人を切支丹, お前さん遠慮をする, お前さん郷里は越後, お前さん配偶は, お前さん酒を打, お前さん酔興で夜夜中, お前さん重太郎が忌, お前さん鈴ヶ森で獄門, お前さん鈴川の殿様, お前さん銭形の親分, お前さん銭金に不自由, お前さん錢形の親分, お前さん錢箱なんか覗い, お前さん鑑定違ひぢ, お前さん長持ちがせ, お前さん陰気だ陰気, お前さん隠居でもしたく, お前さん雲だか, お前さん電信記号を知らない, お前さん音を立て, お前さん頭から血, お前さん顔に似合わねえ, お前さん風邪をひかない, お前さん飛騨の高山, お前さん馬廻りのごく, お前さん駄目になつ, お前さん駕でも云ったら, お前さん鶏卵と玉子, お前さん鼻を摘まれる, お前さンが京屋, お前っきりなし, お前しかたがない, お前しなくつても, お前しびれを切らした, お前しめていた, お前ょだんじゃねえ, お前じきに役に立たない, お前じっとしてる方, お前じゃけに打ちあける, お前じゃと堪りかねて, お前じゃとてなりゆきと, お前すこし遅れて, お前すっかり自分の, お前すつかり氣が, お前すでに去勢された, お前すねたというの, お前すまないが万屋, お前ずいぶん苦労を, お前せまかったら気の毒, お前そういう人だ, お前そうやきもきしないで, お前そっくりでお父さん, お前そつくりなん, お前そのまま王子様の, お前その間の道中, お前そばでそんな, お前そりや船, お前そりゃ本気か, お前それだけの為, お前それにしても襟の, お前それ何の注射, お前たちお上のなされ, お前たちお前たちは何と, お前たちお金あるの, お前たちこっちの寝室, お前たちこれができる, お前たちそうじゃア, お前たちそこへ立つでねえ, お前たちそんなくだらん, お前たちどこへいった, お前たちなぞの立ってる, お前たちはかへつて, お前たちへまをやる, お前たちまちどこへ, お前たちむやみにそう, お前たちゃいつまでたっても馬鹿だ, お前たちわしは少し, お前たちアプレにとっ, お前たちクマソタケル二人が服從, お前たち一緒にお, お前たち三羽の翼, お前たち下にい, お前たち二つのもの, お前たち五人はここ, お前たち五百人の母, お前たち人間が理性, お前たち今からそんな, お前たち兄妹に対しては俺, お前たち兵隊でないもの, お前たち内弟子に同じ, お前たち勝手にしろ, お前たち十銭銀貨を一つづ, お前たち南仏蘭西の田舎, お前たち双子が生れた, お前たち各自に思い思い, お前たち名古屋へ行くなら, お前たち天狗に借金, お前たち奴隷はおれたち, お前たち好きなの, お前たち姉妹こそ, お前たち小平やお, お前たち弟カルルと, お前たち御覧よ, お前たち忠義な家来たち, お前たち日本軍になる, お前たち檻の中, お前たち此処で番, お前たち潤ちゃんを見かけなかった, お前たち無礼を働く, お前たち父娘のもの, お前たち用事でもつけた, お前たち町のもの, お前たち白痴にわかる, お前たち百姓の分際, お前たち空も森, お前たち糸をその, お前たち紳士方坐ったらどう, お前たち胃袋をこしらえ, お前たち自体でおまえたち, お前たち自身よりももっと, お前たち花の姿, お前たち見舞いに行った, お前たち身を以てファッショ, お前たち野蒜摘みに, お前たち金があったら, お前たち銚子をかへな, お前たち順々に背中, お前たち風情が行っ, お前たち馬鹿どもがかわいそう, お前たった今領事警察に, お前たつた一枚の, お前だいぶ山林で, お前だいぶんお金を, お前だかんな, お前だけじゃないお, お前だけはネ今の, お前だけやない僕, お前だったらもう魚, お前だってもいつまでも, お前だつたかわたし, お前だに皆を, お前だの庄吉だ, お前だましてはだめ, お前だまって出歩き, お前だろそんダンブクロ見, お前だろう入れたのは, お前だろう殺したのは, お前だんだんお金が, お前だ掛けたものは, お前ちっとも酔わねえじゃ, お前ちつとも威張る, お前ちゃんと知ってるじゃ, お前ちょッと散歩, お前ったらまるで身体, お前つきあえよ, お前つき合つて見るか, お前つくばろうとしてる, お前つて人は時時, お前つまらない料簡は, お前つまらねえ細工物でも, お前であるのなら, お前できるだけ静かに, お前でさえあの子, お前ですか, お前でなきや誰, お前でなきゃアならない, お前でなけりゃ手引を, お前でんでん太鼓を, お前で無きや出来ねえ, お前とうとう謀叛人と, お前とおすがを逢, お前とかおれという, お前ところに掛けた, お前とこ俺とこの, お前とこ虫が湧きゃ, お前として今までの, お前としての心願も, お前としては随分口惜しい, お前とって来た, お前とっくの昔, お前とてもそうであろう, お前とにかく元の, お前とばかし踊るの, お前とばかり遊ぶよ, お前とりあえず支配地の, お前とんでもないところ, お前どうしていつも其処に, お前どうしてきっと女が, お前どうしてどうして体術の, お前どうしてまあこんなところ, お前どうにかしたん, お前どうも困るじゃ, お前どこぞで一座, お前どころでねえ五十何年, お前どっちの役, お前どっと酒桶へ, お前どんなに大虎, お前なあまた化物, お前ないか, お前なおさなくちゃあいけない, お前なかったこと, お前なぐったか, お前なぞと仲よしに, お前なぞの調べを, お前なぞよりも遙かに, お前などとたたかいまず, お前などには解るまいが, お前なども仕合せに, お前などを相手に, お前なにかたいへんなこと, お前ならもらえると思う, お前なら出來ない, お前なら助けないわけにも, お前なら吹けそうじゃ, お前なら居ても可, お前なら申すであろうがそれ, お前なら知ってる筈だ, お前なんかとは一緒に, お前なんかにと剣も, お前なんかよりお富, お前なんかをからかつちや, お前なんざあ見殺しにおらア, お前なんざどつちの口なん, お前なんざはじめっから, お前なんざア是迄さんざ, お前なんざ幸福ものだよ, お前なんざ無事で長生き, お前なんざ真実に苦労, お前なんぞから呼び捨てに, お前なんぞはのう喫べ, お前なんぞまでしかしそういう, お前なんぞもそのらし, お前なんぞよりいろんなこと, お前なんぞよりやアあばずれでない, お前なんでそんな風, お前なんどは肥たご桶, お前なんにも悪いこと, お前にあたる事も, お前にからかつて見たく, お前にこにこ笑いなど, お前にさえ似ないと, お前については行かれないん, お前にばっかり散財かけ, お前によりも従妹に, お前に対しその中是非, お前に対しての約束も, お前に対するよりもずッ, お前に関する手紙の, お前ぬからず目附を, お前ねむってはいかん, お前のくびを, お前のせゐだなと僕, お前のせゐだつたら大變, お前のなんぞはみんな出鱈目じゃ, お前のに別に刺身, お前のみみを, お前のやはらかい, お前はあ先へ, お前はかまはないだらう, お前はかまはず僕の足さき, お前はかまはんのかい, お前はからだが, お前はからの棺を, お前はけふ野原, お前はじめ五人の子, お前はぞつとして, お前はたおれも, お前はたとひ自分, お前はなああんまり主人, お前ははいからな顔, お前はめつたに人, お前はものしりだ, お前はやッぱり阿, お前はよなあ坊主, お前はんお前はんで子供扱い, お前はんそれじゃ情, お前はん一本槍でやってきた, お前はん腹を立っ, お前はん落語家を廃め, お前はナ十一月へ, お前はネ明朝は, お前しりに, お前ばかしでなくて, お前ばかしを残すの, お前ばかりじゃァねえみんな買冠って, お前ばさまの名前, お前ばっかりが頼りな, お前ばつかりになつ, お前ひっこめよ, お前ひとっ走り造営奉行所へ, お前ひとつ探しては, お前ひとつおいらの背中, お前ひとつお茶をいれ, お前ひとつ仁王様をつくらん, お前ひとつ算盤をおい, お前ひとつ音頭をとっ, お前ひと間住居とやらにでもなりんす, お前ひどすぎるや, お前ひどく血が, お前ひもじいのじゃ, お前ひもじゅうはござらぬ, お前ひるは何, お前ひ怠るてひ怠る, お前ふき出すかも知れねえ, お前ふるえている, お前ふるえてるじゃない, お前ぶったくりにかかん, お前ぷっつりこの道, お前へたばるが, お前へといって, お前へはいいにくい, お前へもそんな手紙, お前へんにこいつ, お前ほかに親しい, お前ほどに漢学が, お前ほどは達者ぢや, お前ほんとにそうだと, お前ほんに大丈夫な, お前ほんまに世話, お前ぼくのかわり, お前ぼけちゃいけない, お前まあどうした, お前まあ一寸借りて, お前まごまごして, お前までがどつと笑つた, お前まァ着物でも, お前みすみす講釈が, お前みなにそう, お前みんなペンだろう, お前みんな嘘だつたん, お前みんな平田の御門人, お前むすめが, お前むずかしいことばかり, お前めっきり気が, お前めったに七兵衛おやじと, お前もうすぐお嫁さん, お前もうそんなにハラハラ思はないで, お前もうちっとこっちに, お前もう随分たくし込んだが, お前もさような, お前もずつと將來の, お前もたないのか, お前もちよつと, お前もちつとお休み, お前もっと高い空, お前もと通りになれ, お前もどえらい経験, お前やせたねえ, お前やっと今来た, お前やっぱり後から, お前やにっこい身上じゃあ, お前やはり賊の, お前やめてくれ, お前やめとけよ, お前やらねえじゃねえ, お前やられた侍の, お前やる気なら俺, お前やれよおいやれ, お前やろさあこの, お前ゆうべは眠られた, お前ゆえの苦痛, お前よいところへ, お前ようやく癒って, お前ようようこっちの, お前よくよく考えて, お前よばわりをし給う, お前よびでパニマーエッシ, お前らくにし, お前らさきに出かけ, お前らしかつた, お前らしい遣口だ, お前らぼんやりしてんと, お前らみんなに分け, お前らみんな接吻てやらあ, お前らわいを掏, お前らチンピラのくせ, お前らチンピラ記者どもオレの社長, お前らボンヤリするな, お前らモッと前, お前ら一人で行く, お前ら一族の者, お前ら三十銭ばかりも持っ, お前ら三名裏口へ廻れ, お前ら人間達よ人間達, お前ら今みたいな役たい, お前ら多数で追っかける, お前ら妙にモジモジ, お前ら屋敷内にさよう, お前ら平民どもが, お前ら敵にわたす, お前ら海へはいっ, お前ら片手をだせ, お前ら珈琲飲み度, お前ら町人と蔑む, お前ら碌なこと, お前ら空の小鳥, お前ら腹がすいたやろ, お前ら自家の財産, お前ら表へでろ, お前ら運を取り, お前ら邪推深いん, お前ら駄目じゃねえ, お前ろくに物も, お前私の, お前わかしてやれ, お前わかって, お前わかりましたっていう, お前わかるか, お前をからかつた, お前をからかひ過ぎて, お前をさえ寄せ付けずそんなに, お前をな篠谷で, お前をまで相談に, お前をやらりょうか, お前んげと同じ, お前いい若え, お前アタマがどうか, お前アノ大鞆, お前アノ何を云っ, お前アノ様な者, お前アノ興行王じゃない, お前イザってとき, お前イフヒムは見た, お前ウンともスン, お前エらお父ツちやん, お前エナコに耳, お前エラクなるぐらいの, お前エ達も伴, お前オッ惚れたちゅうのかい, お前オレの女, お前カチヤの奴, お前カメのヨメ, お前カヤパに貰った, お前カリンサンと婆さま, お前カルモチンじゃない, お前キンタマを小さく, お前クラブへ行った, お前シュタイン夫人て知っ, お前ジウラをつれ, お前セエラさんにお礼, お前ソヴェトが今, お前ソヴェト同盟じゃあんなに, お前タケミカヅチの神, お前タバコ呑んだら何, お前チツスと云, お前チツト黙つて, お前チビだから, お前トラ十が急, お前トン公じゃない, お前ドウカしてや, お前ドスを仰山, お前ナア余り早く来る, お前バアへ稼ぎ, お前バカだな, お前パオロとフランチェスカ, お前パーマをかけた, お前ピオニェールだ, お前ファウストを知っ, お前フラフラなんだ, お前フリイデマンさんにあの, お前プロレタリアートじゃない, お前ベソ三なの, お前ホンまに, お前ボブロフにさう, お前ポケットに何, お前どうしてきた, お前マアこの頃, お前マア新吉さんは可愛い, お前マダムボバリーといふ小説, お前マツチ無え, お前マニラの冬, お前ミサコさんに世間, お前メシはタダ, お前モウ試験は済んだ, お前ラシャメンというもの, お前ラ・デュウゼつて女を知, お前ワシントンのお家, お前ン所は知っ, お前ン許のは, お前はーア御門ー, お前一たい何ができる, お前一つ下河原さんへ行っ, お前一つ二駄ばかりの荷物, お前一つ役人にならぬ, お前一つ臨時放送局となっ, お前一つ行つて来とくれ, お前一つ骨をおっ, お前一ツ内端じゃあねえか知己, お前一九三八年よ, お前一人ぎりだ, お前一人何して, お前一人便りに御座候間御身大切, お前一人後に残つて, お前一人得心で居, お前一体町せえ, お前一八郎さんと呼ん, お前一処には来, お前一度分の金, お前一昨日は定期市, お前一晩わしをおっ, お前一處には來, お前一走り行って, お前一足さきへかえっ, お前一軒かけ離れて, お前一食に一升, お前一體そのお前, お前丁度私が, お前七日のうち, お前七海の連中, お前と千, お前万事都合よくいった, お前三味線ひとつ引けめえに, お前三州宝蔵寺の捕, お前三年前に熊五郎, お前三杯も食べた, お前三百両の抵当, お前三里も向う, お前三銭はする, お前の伏見屋, お前上がれとおっしゃった, お前上れ手を, お前上等だもの, お前下るが好い, お前下宿屋の女, お前不思議だってえ, お前不自由があったら, お前不良な少女, お前世話ついでにひとつ, お前中将取られたの, お前中橋の真中, お前中津川の景蔵さん, お前中洲のお, お前丹精をし, お前久しく逢わなかったね, お前久能山へ行け, お前乗ってみる, お前乱暴しては, お前乳母やを母さん, お前亀さん亀さんツたらお前, お前了見が違う, お前の廓, お前二人ともまだ, お前二十三日だよ, お前二年間もただ, お前二度も遣つた, お前二百五十銭に負け, お前云う事を, お前云わないで好い, お前五六日そうだ, お前五円で釣り, お前五日頃まで此方, お前井伊掃部頭の若, お前井戸から冷めたい, お前亜米利加とかで, お前交番へ行つて, お前人殺しの母さま, お前今あたしたちが相談, お前今おらの前, お前今ここで血, お前今ごろ何し, お前今しがた河岸の角, お前今どきこの, お前今なにをし, お前今何んとか云わなかった, お前今夜あたりでも参る, お前今夜ここで泊っ, お前今夜人が寝静まっ, お前今夜夜伽をおし, お前今年いくつになる, お前今日クラブの反, お前今日ゴルフへ行く, お前今日買物に行くいう, お前今時分一体どこ, お前今時分ひとりでこんな, お前今時計を見なかった, お前今晩千隆寺へ行く, お前今朝ここを掃除, お前今朝下駄でここ, お前今頃から棺桶, お前今頃何して, お前仏様へお, お前仕掛で話す, お前仕様がない, お前他人にけじめ, お前他人様の体, お前他見をし, お前以前はずいぶん, お前伊勢路からも人足, お前伊太郎さんはお前, お前伯父に貰った, お前れて, お前伺って御覧, お前位づうづうしい女はありやしない, お前位イヤなもの, お前佐吉と言, お前体一面なの, お前何うして清之介さん, お前何だか顔色が, お前何でもわたしの, お前何でもかでも私の, お前何とも感じへんの, お前何もかも知って, お前何やら大まい, お前何事があっ, お前何卒お線香, お前何度かで見た, お前何故そんなに驚きなさる私, お前何時からそんな, お前何時の間にそんなに玉突が, お前何時頃出れるか, お前何歳だえ, お前何足絹の靴下, お前何遍言って, お前余り食べると, お前余計なこと, お前作って己, お前使うて了, お前に踏ん, お前保たん云いさらし, お前修行に出る, お前俺とこへ来た, お前俺んとこの, お前俺等みて, お前俺達の仲間, お前倉瀬泰助という, お前停車場まで行っ, お前健康になりたい, お前でもした, お前優しいお心掛, お前氣が, お前先公だから, お前先刻の松川ぢ, お前先刻何処かの二階, お前先刻異なこと, お前先刻茂左衞門が家, お前先月の十一日頃, お前先棒をかつげ, お前先程来た己, お前光丸という芸者, お前党員かい, お前つてみる, お前入って待っ, お前入れて呉れるだろう, お前兩國の橋番所, お前八円したぞな, お前八角のといいかかった, お前六両ぢやね, お前兵隊さえありゃ, お前までに思ふ, お前其処を退き, お前其方へ隠れ, お前其様なにお眠ツちや, お前へ往, お前内股まで白粉, お前になっ, お前に往, お前て行く, お前出かけないんだい, お前出かけるならついでに, お前出しゃばることならん, お前出すもんか, お前出刃の傷, お前出掛けて行っ, お前出来たこたあ, お前出来るかえ, お前分るかい, お前切つておくれと, お前初めの話, お前別して鬱いでを, お前別れようというの, お前剃刀がそこ, お前前々から知っ, お前を入れ, お前加勢して, お前加藤の雪さん, お前助かったの, お前助かりゃアしねえ, お前助けようってん, お前助太刀じゃア, お前労働者に払う, お前勇助さんが何処, お前勇美さんに言い, お前勉強の仕方, お前の前, お前勘違いをした, お前勾引をしかねねえ, お前勿体ねえ事, お前医学的な話, お前医者めが持たん云い, お前医者様が肺, お前十七の歳, お前十七本なんて飲みゃしない, お前十二月の二十日, お前十五両で買うた, お前十五六円やそこら, お前十五銭ばかし持ってない, お前十代の内, お前十年も昔, お前の家, お前南町御構い, お前を見, お前危ないさ, お前却つて善くない, お前原因がわかる, お前厳重にあずかっとい, お前友公じゃない, お前友吉君を好き, お前反吐ついたでないか, お前叔父貴に授けられ, お前取っておい, お前取締役に出させ, お前受け取ったか, お前受取るが宜, お前可哀想に, お前可愛いい可愛いい可愛いい坊や花よりも, お前可愛く真から, お前右側の傍馬, お前吃驚してのう, お前吉兵衛の菩提寺, お前吉原へ往, お前吉太郎はお, お前吉見ってひと, お前同様責めて, お前はなんと, お前名題の旅柳桜, お前向島までいも, お前だと, お前の死ぬ, お前吾儕の心持, お前味噌で溜り, お前呼ぶがいい, お前呼んで御覧, お前和宮さまは京都, お前和尚に借りねえ, お前咽喉を突いた, お前の好い, お前商売は出来ねえ, お前喋っちゃア, お前喜ばなくてはならない, お前喜助と言う, お前喜多川歌麿という艶, お前器量とかっぷく, お前四日も食わなかった, お前団十郎だって高田さん, お前困りゃしないのか, お前困ることが, お前図々しい構えてりゃこと, お前国々を渡り歩い, お前国定相場と暗黒相場, お前地獄へも行け, お前地獄谷へ突き落され, お前地雷火が伏せ, お前坂崎出羽守と本多中務, お前坂本さんにダンス, お前坊主丸儲けよ, お前つて休んだら, お前の甘, お前の隅ン処, お前なやつ, お前変ぢやない, お前夕飯前でこれから, お前多助が来ました, お前も晝, お前夜ふけになったら, お前夜中に這い出し, お前でも見た, お前大きな形を, お前大した金持の, お前大丈夫かい, お前大人はなお, お前大分やつれたぢ, お前大勢の中, お前大名への貸金, お前大坂へ帰るなら, お前大層な事, お前大島ッて流し, お前大河に, お前大袈裟な, お前天狗巌だ七不思議, お前天神様の御, お前天龍寺を再建, お前太い太い四斗樽の, お前奥さんを那処, お前奥庭になっ, お前奥様への何より, お前女子の左頬, お前女手一つじゃ大変, お前女角力というもの, お前女連れで遠く, お前如何かある, お前妊娠して, お前妬いてるのか, お前妹背山の芝居, お前始らんぢやない, お前姐さんと云った, お前威勢よく三人, お前に子供, お前嬉しいか, お前嬢さまに惚れ, お前にこんな, お前孝助と一緒, お前学問をしたい, お前学校でこんな, お前学者だなあ, お前へ泊れなけれ, お前宇都の宮, お前安次みたいな者, お前に送る, お前宝船やない, お前の所, お前実に感心な, お前宮本武蔵がここ, お前家族ないん, お前寐耄けたね何, お前寒くはない, お前寒くっていけまい, お前ている, お前寝たふりを, お前寝過ごしちゃいけない, お前対手はかよわい, お前寿平次さんのとこ, お前将軍家なんぞにこの, お前對おれの關係, お前桶に, お前小さなマダムに, お前小児を捨, お前小屋一杯蘭麝の香, お前小林から何, お前少しどうかおしか, お前尾張様へ取り入っ, お前尾鰭を付け, お前ておくれ, お前居留地三号の二番, お前届先を聞かねえ, お前山出しの馬鹿, お前と何, お前岡惚れして, お前岩村田へ帰れ, お前から働きもの, お前の中, お前川ん中にでもドンブリ, お前左樣なると, お前差支えがなく, お前己ら手合いは人間様, お前巴里だからなあ, お前巻パンを入れといた, お前巾着でも着け, お前帰るなり気の毒, お前帰るならうっかり往, お前帽子に喰, お前平家を語っ, お前に少し, お前年いくつだつた, お前年季に上りたい, お前年尾の金, お前幼稚園へ行きたい, お前干お金, お前幾つや, お前幾ら着物を作えた, お前幾才だ, お前広いことを, お前を展, お前床屋が居続け, お前店請になっ, お前座頭の勤める, お前弁信さん横になっ, お前弄るものぢや, お前ぐらいひかず, お前弓矢じゃねえ, お前引込む時間では, お前弥生軒で写真, お前当ったね, お前をつける, お前彼方へ引込ん, お前彼等が行い, お前往復に日数, お前往診に出てた, お前合わせるもの, お前待合に行け, お前得心ずくでなく疵, お前御存じだろうが, お前御苦労さまだがね, お前御難を見る, お前御飯前なら御飯, お前心あたりの空地, お前心配しないで, お前心配おしでないよと, お前のため, お前怒っている, お前怒らうぢや, お前怒るのか, お前怖くはない, お前思はねえのか, お前思ひ込んで居るだらう, お前思わないがいい, お前急いで行っ, お前怨んでお, お前怨霊が見たい, お前怪しいたッ, お前恐れ入ってこう, お前恐ろしくはない, お前息子を中学校, お前悉皆世話を, お前悟られない様に, お前悪かったかね, お前悲鳴を聞い, お前惚れてん, お前惜気もなく, お前愛想がつき, お前慍つたのか, お前憂欝じゃない, お前懺悔の心, お前に出かける, お前じまり, お前戻って来た, お前戻るのが, お前房州よりもあっち, お前手ぶらで来, お前手伝ってやり, お前手先の分際, お前手拭を持つ, お前手筈一つ狂わねえや, お前手紙を持つ, お前手金まで取った, お前技手をやつ, お前抱いてあげなさい, お前抱ッこして, お前抱一上人さまの名高, お前担いでおいで, お前拙者に隠し, お前拾いな, お前持たん云いさらし, お前持ってるのだ, お前持っとるか, お前持合せがある, お前でも差そう, お前按摩さんをし, お前捕り縄を, お前捜してお出で, お前捨てる神が, お前探しといでいらっしゃれ, お前探偵小説家になれ, お前掴んでいる, お前支倉の野郎, お前放さしてくん, お前政府の発表, お前へてお, お前教えてくれ, お前散歩にでも行っ, お前斎藤さんへ行つて, お前料理店へ奉公, お前料簡違いというもの, お前斬られりゃあ犬死, お前斬られる処だった, お前斬る積りじゃ, お前断ってくれ, お前斯んな暮し, お前新吉さん其方へ行っ, お前新米じゃが特別, お前新聞を, お前新聞配達にならねえ, お前へ行くなれ, お前旋盤か, お前旗本の遊女, お前旗本屋敷だ, お前日ごろあんなに目を, お前日本で無双, お前日頃のつとめ, お前旨く行くの, お前早い所やった, お前早苗さんを知らない, お前昂奮して, お前明後日の切符, お前のこと, お前の雪, お前昨夜ッからなら分りゃしねえ, お前昨夜髪を結った, お前是非算段をし, お前昼寝をし, お前昼眠をせん, お前の都合, お前普通の遺, お前があるなら, お前試合で, お前暫らく嫁の来る, お前曲馬団へ入りたい, お前書きつけがよめなく, お前書き遺すことは, お前書けない手でも, お前最う一度跣足に, お前月丸が大, お前月代が生え, お前月謝を二十円, お前有難えと思わなきゃ済ん, お前朝草刈をする, お前朝鮮人だろう, お前木曾街道からお, お前未だ私を, お前代わしゃ一期, お前本尊の前, お前本当にどうしたん, お前本当は泥棒な, お前本所の三つ半, お前本物じゃよ, お前に盗人, お前来ねえかと思った, お前来られまいちぇ, お前東三さんか, お前東京生れだろう, お前東京者やな, お前東清倉庫は八幡様, お前の根っこ, お前松明をつけ, お前を頭, お前林さんが不二屋, お前染吉といえ, お前格別荒れも, お前案じるほどの容体, お前案ずるこたあねえさ, お前案外もてやがるん, お前桝目の印, お前梅毒をやつ, お前森田の山, お前椋鳥と言, お前検めるが宜, お前まつてらア, お前を持っ, お前様このごろは根っから, お前様そいつあうっかり, お前様どこさ行かっしゃ, お前様どなたかねえ, お前様ひとつ何とかいっ, お前様ほんとうの話, お前様みたいな方, お前様ア丹波屋で飯ア, お前様ア先い出るとき, お前様ア斯う並ん, お前様ア留守勝で家, お前様キャアでけつ, お前様一廉の利もの, お前様一枚脱いで, お前様上かがりの, お前様不自由なん, お前様串戯ごとではあんめ, お前様二人でかね, お前様五位鷺の船頭ぢ, お前様五年ぶりで逢っ, お前様今の住居, お前様今日は彼, お前様今朝ねお, お前様仕方がねえせっせと, お前様何言はつしやる, お前様俺にはわからぬ, お前様八十にもなっ, お前様処のお嬢さん, お前様前へ戸, お前様吃驚さつせえたらうが, お前様唐人の化けの皮, お前様嘉吉めが今, お前様嚔をする, お前様天窓から塩, お前様婚礼の晩床入, お前様嫁入りし給, お前様子供を助けたい, お前様子守唄拵えさ, お前様対手が七六ヶ, お前様小名浜の網旦那, お前様小麦が高く, お前様尼様の清心様, お前様帰りがけに取違え, お前様影をのびのび長々, お前様心得違えを, お前様持たっせえて, お前様敵の大将, お前様新造盛りの事, お前様方どこへ泊る, お前様方刑事かね, お前様旦那に伺う, お前様旨がらし, お前様昨夜は夜祭, お前様曾祖父様や祖父様, お前様月夜の遠見, お前様村のもと, お前様東海道を江戸, お前様桑の価, お前様此の手際, お前様此地方ではハア, お前様死人とは知らぬ, お前様殿様のお, お前様沢山でもござりませぬ, お前様湊屋へ泊んなさろう, お前様湯治にご, お前様片手で櫓, お前様狐踊踊るづア, お前様用でもない, お前様疲れはしねえ, お前様発心のしどころ, お前様白山へ参ります, お前様眼が見えねえで, お前様祖父殿は家, お前様私ゃ飛んでも, お前様絵をかき, お前様網旦那んとこ, お前様腹アすかっしゃったろうと, お前様苦虫の親仁, お前様蓆戸の圧, お前様蝋燭火の傍, お前様貴女が御, お前様達一里駆ッこ, お前様雨よりは大きい, お前樣此地方ではハア, お前樣狐踊踊るづア, お前樺太を脱, お前橘屋の徳さん, お前機械を片, お前だの簪, お前次郎をつれ, お前次郎ちゃんは次郎ちゃん, お前欲しがって, お前欲しいつて云うてた, お前欲望にもいろいろ, お前正太さんには子供, お前正木のお祖父さんとこ, お前此の間何と云うた, お前此娘の一生, お前此間頬を腫らし, お前此頃松公に逃, お前武右衛門の死, お前武蔵の国, お前歩いていく, お前歩けるかえ, お前なくッ, お前死にたくないのなら, お前死にたければ寝る, お前死骸を見た, お前殺さなくっとも女中, お前殺したじゃない, お前母屋まで行っ, お前母様に結ん, お前毎晩ここへ来なさい, お前毎月家へやる, お前毎朝房ようじに塩, お前毒婦になった, お前比丘尼の手, お前毛虫の子, お前氏神さまへ参詣, お前気が付かなかったろうが, お前気の毒だが, お前気丈夫にしなけれ, お前気位が高い, お前気持が悪い, お前気違じみたお前, お前水呑百姓といえ, お前水田にかけては北海道, お前永田に行っ, お前江尾の秋山, お前江崎満吉と仲直り, お前江戸住居はむずかしかろ, お前河岸で一番首, お前河野さんの嫁, お前に浚, お前泣かずに訳, お前泣くことは, お前泥棒じゃア, お前注意して, お前泳いで見ない, お前洗濯して, お前津志田家に乘込, お前流行の海水浴, お前浦和の孫太郎, お前浪人をどう, お前の慈愛, お前もろい女, お前深雪さんの操, お前清水一角と名前, お前済まないがあの, お前渤海語が解る, お前へ行っ, お前湯治に行っ, お前満足に噺, お前滅多なこと, お前滅多にそんな物, お前の処, お前滝次郎てえ親分, お前火災にお, お前為ることは, お前烟草を人, お前暗に人殺し, お前無事に逢え, お前無駄をした, お前焼き餅だァ, お前焼跡で引火奴, お前照彦様は照彦様, お前熊野へ行こう, お前熟柿を買つて, お前を出した, お前を暗く, お前にい, お前父さんのよう, お前父様に, お前片方の眼, お前牢破りの悪人, お前物言わず門の, お前の性, お前独りで大丈夫, お前独身者かね, お前玉井金五郎という男, お前王子さまなん, お前珍しいお客が, お前現地へ行かない, お前理屈じゃアねえや, お前理想の人, お前琵琶をやめ, お前残って, お前生れつきだから, お前生れ變つて來たら奧さん, お前生涯にいっぺん, お前生爪エ剥した, お前が済んだら, お前用事が済んだ, お前田沼殿を疑がっ, お前田舎者だぞと, お前甲府へ何, お前甲賀流の霞, お前申訳がございません, お前の辻さん, お前町方役人となっ, お前町田さんをどう, お前留守居をし, お前番兵さん鯨だってありゃ, お前番町のさる, お前忽だ, お前疫病神の襟首, お前疲れている, お前疲れると, お前に済んだ, お前疾く行って, お前病気がつらい, お前癩病じゃねえ, お前白牛酪なんてのが, お前白状しろたって, お前白痴にお, お前白粉なんざ, お前白骨へ行きます, お前百何里という, お前百姓の子, お前皆さんと遊ぶ, お前皆吉って男, お前の性質, お前直ぐ道子の, お前変らず素, お前相手は当時上上吉, お前相良さんは, お前看板はかけ, お前眞個にお, お前真似をする, お前真先に, お前真剣になっ, お前真喜の方, お前真実に柳沢, お前真打になん, お前真直に出た, お前真面目にやる気, お前そうだ, お前眠れないそうだ, お前眼鏡なんてし, お前睡くないかい, お前知ってるでしょうね, お前知ってるんかい, お前知っといじょうが, お前知っとるかい, お前知っとるだろうダアリング, お前知事様のお, お前短気を出さない, お前石町では親方, お前のまじ, お前破ったのか, お前確かにつとめ, お前社交界へで, お前社会主義者に煽動, お前祖父さん思いだな, お前神妙な顏, お前私たちのこと, お前が安次, お前程の男を, お前程度というもの, お前稼ぎをしねえ, お前の中, お前に明り, お前立つ気は, お前ひ事ちや, お前笑うてや, お前笑っちゃア, お前笹子峠の七曲り, お前等いかんじゃない, お前等えい所へ行く, お前等こちらに寄らない, お前等みたいに眼, お前等みんなして, お前等ア家のノウ, お前等三人は俺, お前等両人でどこ, お前等兄弟に使わせ, お前等先に食え, お前等呑気そうに黙っ, お前等夫婦も小間物店, お前等弾丸はどっから工面, お前等荷を分けた, お前等貧乏な人民, お前節ちゃんはこれ, お前篠町から乗合, お前純子さんてひと, お前素人じゃない, お前細いのは, お前終えの方, お前組合ってどんな, お前結婚前にもその, お前結婚式に出られる, お前絵姿なんてもの, お前維新間ぎわのごたごたの中でさ, お前につかまっ, お前綺羅子にモーション, お前緩くりとって, お前縁日の宵の口, お前になつ, お前美人をつれ, お前美智子と一緒, お前義理が悪い, お前老耄れたの, お前考えて御覧, お前考へなければならん, お前い人, お前聞いていなすった, お前聞いたろうなあの, お前いたこと, お前肉屋まで走っ, お前肝心の仲人, お前肺病らしいと, お前のため, お前っ玉, お前脇差や匕首, お前ける支度, お前腸詰屋はいったい, お前膃肭獣なんぞが, お前自身ファッショの手先, お前自身何を考え, お前自転車工場で働いてた, お前臭いにおいが, お前を挽いとけ, お前興津江尻まで聞えた, お前を漕ぐ, お前の方, お前良い事に, お前良人がある, お前良心ないの, お前花火ぢやない, お前花笠をそう, お前花魁を知ってる, お前がわかる, お前芸者には駄目, お前芸者買ひを, お前苗字帯刀御免ということ, お前若しあの人, お前若宮んとこの, お前若旦那の彌, お前若芽薑ぢやない, お前若草のお, お前苦しいのかい, お前苦労せな嘘, お前苦労人の果, お前に逢い, お前を入れる, お前茶どころではない, お前茶壺しらねえか, お前の上, お前草臥たんべえな, お前草鞋を穿い, お前萬朝のほう, お前落ちたものは, お前落ちないさ, お前著物を著, お前葡萄酒を一罎, お前薩摩やで, お前薬草がたくさん, お前薬鑵を, お前藁草履を持っ, お前蛇口を見, お前行かにゃ何ん, お前行かんか, お前行かんでも可, お前行きにお, お前行けと言う, お前行ったことが, お前行ったらいいだろう, お前行つてつれて, お前行水ッて湯殿, お前衝きあたったら悪いじゃ, お前表口の締り, お前に石, お前裁判官じゃあるめえし, お前を開け, お前西洋へ行くなら, お前見たいな者に, お前見たらいいじゃ, お前見つもって見, お前見とくろっ, お前見なんだ, お前見捨てる了簡か, お前見計らって置け, お前見識りご, お前覚えてないのか, お前親分へ, お前親切で送って, お前親藩とはいえ, お前親類を粗末, お前に行っ, お前觀察が足りない, お前解らないなあ, お前言いに行く, お前言ってごらん, お前言わば見た目ばかり, お前言種に事, お前計りは誰, お前許す代りお前かて, お前が土地, お前試験のときカンニング, お前話してみた, お前誠に有難いお礼, お前説いても詮, お前読まなんだ, お前読み上げてみねえ, お前読んだのか, お前諷刺家を望む, お前警察へ出, お前警戒管制という奴, お前讀んで見, お前谷口の娘ッ子, お前豊平川で赤坊, お前豪傑の面影, お前負うてくれ, お前財布があるまい, お前貧乏の味, お前貫一の為方, お前資本をかし, お前贅沢を言っ, お前赤ちゃんでなくて, お前赤熊の為業, お前走ってってハリー, お前起き出した時は, お前路地の入口, お前身の上を大切, お前車力が戻っ, お前に行く, お前辛抱して, お前辛抱しなよお, お前辻斬に出る, お前迄が裏書きするで, お前に行っ, お前送って行き, お前逃げる工夫なんか, お前逃げ出す気は, お前逃出したの, お前這入らんか, お前通りまで行っ, お前通帳と認印, お前造花なんぞ, お前逢うたらきいてお, お前かつた, お前遅かったじゃ, お前遇うたものが, お前遊ぶじゃア, お前遊行上人というの, お前過般も下田, お前道後にいいかわした, お前道理を説いた, お前達おふくろが有るだらう, お前達お前達よ, お前達これだけが全, お前達せんぐり着物からおこし, お前達そうでは, お前達どこへも持っ, お前達のは掛け合い, お前達ほうびはたんと, お前達ア道具の無い, お前達ア馬鹿に, お前達一同打ち揃って, お前達一族は我々, お前達二十人位は楽, お前達五人に托する, お前達人間の金子, お前達位仲が好かつたら, お前達僕等に敵意, お前達兄弟の腕, お前達先へ入るなら入る, お前達六人にこれ, お前達力を合わせ, お前達器械だがな, お前達天の声等, お前達失恋の人達, お前達妙なこと, お前達少年の双肩, お前達工夫をする, お前達己の世嗣, お前達年寄が悪い, お前達彼奴等を相手, お前達徒党の三四十人, お前達心当りはない, お前達慥かな口, お前達暇なとき, お前達本当の神, お前達横著者奴は遠い, お前達母子でグル, お前達無益な争, お前達父娘のもの, お前達特殊部落の者, お前達町人の世の中, お前達町人共がうち, お前達皆んながやるだらう, お前達私を何, お前達親子三人の生命, お前達覺えは, お前達誰一人憎い可愛いと, お前達貴族と自称, お前達軽輩二十人で天下, お前達鉄の門, お前達陰気な円, お前達青年がシャン, お前達馬鹿にのんき, お前遠くも瞽女町, お前遠っ走りは出来る, お前遠慮なんかする, お前遠慮なく拝借を, お前遣つて見る, お前邪魔する, お前都合によっ, お前酒すきか, お前酒桶からまくれ落っ, お前酔ったな壮六さん, お前酔っとるよ, お前采女の馬場, お前へ行くなら頼みたい, お前野兎を手, お前金歯がある, お前金鎚を持つ, お前釣りをしてる, お前鉄砲を持ってる, お前鋳掛の松, お前を見た, お前長井を討ちとる, お前長谷の活動寫眞, お前の鍵, お前開けてやん, お前附けてみろ, お前階級は何だい, お前随分気を, お前隠している, お前隠れなくてもいい, お前隠れ場が, お前の嫁, お前隣りの家, お前雛妓なぞの穿く, お前離れちゃいけない, お前離れられないんなら, お前離縁せんいうこと, お前の降る, お前雪子という女, お前は泣く, お前音頭をとる, お前順吉に土方, お前預かっておい, お前頭痛はどう, お前を宜, お前顔色がよく, お前を引く, お前風情を相手, お前風邪をひいた, お前飛べるかえ, お前飛込んだ拍子に, お前食ってそこ, お前食ったろうそいつを, お前食べきれなけりゃ熊に, お前を炊かし, お前飲み過だよ疝癪, お前飲むのか, お前飲んだら一杯持っ, お前餅屋の店先, お前餘程あわてて, お前餘計なこと, お前え死, お前香代ちやんに餞別, お前香蔵さんとおれ, お前駆けっこの選手, お前落を, お前駒込の大分限, お前騒いじゃいけない, お前驚いてはいけん, お前驚くではない, お前高取に何, お前高山入り早々のがんりき, お前髪床やさん, お前られたぜ, お前鳥越のお松さん, お前が鷹, お前の火, お前の子, お前黒田んところ, お前つてろ俺が, お前黙っていや