青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おります~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

およそ~ および~ おら~ ~おられる おられる~ ~おり おり~ ~おりました おりました~ ~おります
おります~
~おる おる~ ~おれ おれ~ ~おろし おろし~ おん~ お上~ お世話~ お互い~

「おります~」 3310, 34ppm, 3416位

▼ おります~ (879, 26.6%)

23 これは 18 それは 6 それを 5 さすがに, その中, 平次は, 私は 4 今日は 3 これが, これに, これも, それが, 不思議な, 彼は, 昔の

2 [34件] あなたに, あなたの, あのお, あまりの, あれは, いうまでも, こうなる, この頃, これで, これを, しかしそれ, そういうよう, そこには, そこへ, そのとき, その上, どうした, なにかに, もうお, もし今, もとは, わたしの, 世間では, 何でも, 如何でしょう, 実は今, 実際は, 日本の, 昔は, 言葉の, 誰が, 貴方の, 顔を, 馬は

1 [719件 抜粋] あそこでは, あながちそれ, あの世界, あの主人公, あの女, あの娘, あの衆自身, あの鶴, あれも, いかが, いかない時, いかにも若く, いかんせん疫痢, いくらたたん, いずくんぞ知らん, いたずらに私ども, いつかしら, いつもわが, いよいよ本図, いわゆる特殊部落, おそらくあれ, おなおり, お今, お仕舞の, お国, お姫さまは, お差し, お杉, お母様の, お百姓, お目, お蔭で, お陰さまで, お雛, かかる寺院組織, かくは, かような, こうしてたびたび, ここでも, ここは, このほか, このよう, この中, この傷男, この前, この場合, この女学校, この弁護士, この意味, この憐れ, この方, この普賢菩薩, この松, この根, この物置, この蔽石それ自身穹窿形, この際彼ら, この集, この黙, これから大きな, これでは, これらが, これらの, ご入用, さてどれ, さて男, さりとて誰一人彼, さればとて, しかしこれら, しかしその, しかし彼等, しかし新しい, しかし魚類等, しばらくでも, しょうちしない, すべては, せいぜい三十, そうじゃ, そう云う, そちらに, そちらの, そのいわゆる哲学, そのうちうち, そのこと, そのままで, そのよう, その代り町家, その仮名, その入口板戸, その公表, その共同精神, その向う, その国, その後の, その後また, その恋, その日, その旧主, その横, その残っ, その男, その結果, その西端, その見, それからは, それで, それでもあちら, それでも親分, それでも飲まない, それの, それも, それらの, それ以上の, そんなもの, たしかに面白い, ただ一しょ, ただ変り果て, たとい自分, たとへ, たびたび申し上げる, だんだんお, ちょうど村境, ちょうど私, ついその, つい御, ではきっと, とにかく無明, どうしても商売, どうしても日本, どうして私達, どうもさらに験, どうもすこし内気, どことなく陰気, どこまで, どちらにも, どちらも, どれも, どんなお, なかなかの, なかなか埓, なかなか思う, なぜ胡先生, なるほどそう, なんせい, なんにも音, ひっくり返すと, ひわが, へい, ほかの, ほんとうに, まあお茶, まあ同じ, まことに日本左衛門, まず四十七, またある, また同時に, まだいくつ, まだごく幼稚, まだそうした, まだその, まだちょうどよい, まだほんの, まだまだ屋台骨, まだまだ腕っ節, まだ御, まだ新, まだ金, まったく応答, もう二十二三, もう心身共, もう時代, もう追, もしあなた様がた, もし風, もとどおり見える, もともと被, やはりこうお願い, やはり西の宮, やむをえず今日, やや度, よく研ぎ澄ました, よく見る, わざと取った, わしは, わたくしの, わたし一人の, アレは, キリリとして, シンガポールの, ツイ今しがたまで, 一人は, 一体そういう, 一度も, 一日十俵二十俵運ん, 一時お, 一時分離され, 一面には, 七十を, 万兵衛, 万太郎と, 三十人五十人橋を, 三十六時間水が, 三十前後の, 三郎も, 上から, 下から, 不断は, 与次郎という, 世の中の, 並大抵の, 中でも山王権現, 中についても, 中の, 中は, 中風を, 主君の, 九百六十年の, 事実は, 二人は, 二階家が, 人に, 人形の, 今から, 今もっ, 今ベルリン, 今夕この, 今夜お, 今夜は, 今度の, 今度ばかりは, 今日つらつら, 今日では, 今晩の, 今晩参った, 仕事が, 仲吉さんが, 伝六とは, 何かの, 何が, 何しろ常には, 何しろ幾ら, 何となく清浄, 何となく確り者, 何ぶん, 何分ひどく, 何分証拠, 何者が, 作に, 作者自身は, 俗に, 俳句の, 倫理学者に, 健康恢復すれ, 僅かの, 僕は, 元々私, 充分に, 先代の, 先年祇園祭りの, 先祖から, 全体の, 全部まとまりましたら, 八百年前に, 其の以後, 内実は, 写生は, 刃物が, 初めから, 前に, 前夜怪奇な, 副将の, 医学上で, 十一から, 半ばそれを, 単純な, 口を, 只今ちょッと, 召使の, 吉次は, 同じ宿河原, 同伴が, 向うで, 命を, 唯うた, 商人と, 喜平に, 器材と, 埋めた時, 声聞と, 外に, 外の, 外より, 多いところ, 多分それ, 大して悪びれた, 大丈夫です, 大岡越前守とか, 大抵の, 天子の, 太夫様以下四十七人一人残らず, 太政大臣の, 奉公人の, 奥様以外の, 女めいっこうに, 女同士の, 妙に, 妾という, 姉の, 娘を, 子には, 安房の, 安東氏のみは, 実はアリゾナ生れ, 実は思い, 実は生みの親, 実は聖上御覧, 家で, 家付の, 家内が, 家臣の, 密, 尊氏の, 小幡民部は, 少しお, 居睡りする, 山の神秘を, 岸には, 左の, 左様土蔵, 左翼的な, 平常は, 平次の, 年の, 引起し, 弟子という, 当時は, 当蜂須賀家, 彫んだよう, 彼の, 彼らを, 後世の, 御城内, 御存じの, 御承知, 御言葉, 御賛成, 心は, 心得の, 思いつくまま, 急に, 恋の, 悲劇の, 意地に, 慶長時代では, 慾も, 我々岡焼, 或る, 戸板に, 手下の, 折り折り夜, 拳骨を, 挿花の, 支那の, 故に少く, 教えた人, 日支朝鮮印度方面の, 日本人に, 日頃は, 旦那が, 旦那様の, 早いもの, 昔伺った, 昼の, 晩酌を, 最初に, 最初は, 本堂の, 本当か, 材が, 村落都邑に, 東北地方に, 柄に, 栗を, 案外に, 梵語の, 正味四里半しか, 正直一途で, 武蔵に, 残る人達, 殿様の, 民衆劇場は, 気の, 水際立った元禄姿, 汲む器, 決して然ら, 決して読めない, 決定的の, 海へ, 深々と, 渡良瀬川総体の, 温泉ご, 滝沢様の, 無理な, 燃え立つよう, 爬虫類社会から, 父上が, 物凄い血潮, 物分りの, 獄門に, 玉屋金兵衛の, 現在は, 理論的に, 生命科学の, 用事なら, 番人が, 畳ばかりは, 病人の, 皆目五里霧中, 皇后の, 相手の, 真理は, 眼の, 知らぬ者, 石川日向守の, 碁を, 私から, 私たちの, 私だって, 私との, 私の, 私共の, 秘し隠しに, 積荷よりは, 空という, 空中を, 細江と, 細面の, 終戦前までの, 結果が, 結構な, 絶対に, 絹姫の, 美しい顔, 老人が, 肝心な, 腹の中では, 自分の, 至って臆病者, 芸人は, 芸達者な, 若い人, 董卓を, 葱の, 蒙古, 血が, 行って, 補充いたしましょう, 要するに根, 見つかりませんで, 見てくれだけは, 見渡したところ, 親子二代が, 触って, 言葉には, 記憶力は, 詳しい話, 詳しくいえ, 読みにくい, 読本に, 誰も, 財源は, 財産の, 貧苦に, 貴い皇子さま, 貴老, 足利の, 路用が, 身体も, 車を, 近ごろ当代四大家の, 近頃の, 追手の, 過分な, 道場の, 邪気の, 邸宅侵入は, 野分の, 金の, 銭形が, 鎮守府将軍藤原清衡が, 長い鼻, 長く寺, 間違いも, 雲霧も, 非常に, 顔だけは, 顔に, 願わく, 首には, 黙然無言の

▼ おりますから~ (396, 12.0%)

4 あなたは 3 それを, 他の, 御安心, 御心配

2 [12件] お客さんが, ここには, この辺, これは, ご心配, そこへ, その点, どうか御, 大丈夫です, 当節の, 御案内, 私は

1 [356件] あっしも, あとは, あなたも, あの家, あれへ, あれを, あわてるには, いずれどこ, いつでも, いつまで, おあがり, おあがりなさい, おうち, おそまつです, およそ察し, およそ船頭仲間, お入りなさい, お出かけなさる, お出で下さいませんでしょう, お参りも, お呼びなさらない, お心置き, お早く, お気に, お狭い, お登り, お目, お逢い, お酒, お髪, かならずいきかえる, きっと入らっしゃらない, きっと恩返し, きっと無理, くれぐれもお願い, けっして悪い, こういう機会, こうして数年, こう突然に, ことによる, このまま失礼, このまま言葉, この上, この方, この日, この見込み, この際, これから山越, これきり疎遠に, これも, これを, こんな谷底, ご承認, ご用が, さようか, して, じきにくろうと衆, じゃこれ, すぐお出まし, すぐさしむけます, すぐに, すぐ参ります, すぐ母, そういうこと, そうやっ, そこに, そこには, そこは, そのうえ騒ぎ出す, そのうちなんぞ, そのお, そのおつもり, その中, その人, その埋め合せ, その天才, その時代, その木, その舞台, その頃, それだけには, それで, それではわたし, それなら, それに, それについて, それまでの, それらに対する, それらの, そんなもの, そんな大した音, たいていの, たいへん助かります, たしかでございます, ただ溜息, たとえお, たとえ明智方, たまりませんや, ために, だれも, ちっとも恥ずかしい, ちょっと待っ, ちょっと心, つまりは, では, でヤミヨセ, で同じ, どうかあなた, どうかお, どうかしたら, どうかそこ, どうか人間一人, どうか朱孝廉, どうか皆さま, どうか私, どうする, どうぞ, どうぞ形, どうぞ心, どうぞ沢山召, どうぞ私, どなたか, どなたが, どなたでも, どんなこと, なお不都合, なお科, なかには, なの, なんでしたら, なんでも, なんなり, なんぼ泰平, にわかに魔獣, ほとんど記憶, ほんとうの, まずあなた, まずカタルニア街, まず華山廟, またなんぞ, まだ混雑, まるでもう御, むざとは入らない, めったな, もうお, もうすっかり癖, もう暫くここ, もう面倒, もとより声, やはり笛, よくは, インドの, シシュウを, ゼエフエリンの, ソヴェトの, ッて, メリヤスと, 一そうそれを, 一人こちらで, 一度この, 一方を, 一日に, 一歩誤, 一緒に, 一般信徒は, 一見何, 一言に, 万一御, 万事にわたる, 三年の, 不調法では, 中へ, 主人である, 久しい間, 九ツ半, 二人で, 亜砒酸を, 人ッ子一人見かけません, 人様同様に, 人馬も, 今が, 今の, 今夜は, 今日まで, 今晩は, 仕事が, 仕事には, 他に, 他日こちらから, 仮令此, 何ともない, 何卒御, 何時でも, 何程力が, 余程応えた, 例えば人間, 信徒と, 傷でも, 僕の, 先ず此方, 其所へ, 別段布衍, 利子さえ, 前へ, 助手ぐらいには, 勤王方の, 匕首や, 千蛾も, 却って御, 却て, 厭で, 友だちは, 呼んで, 唯今お, 喧嘩の, 団結の, 困ります, 坊ちゃんご, 外から, 外部からは, 多少老け, 夜でも, 大したこと, 大抵は, 太守には, 失礼させ, 妙な, 嫉まれるお, 嫌いと, 守護の, 実は瓢箪, 家へ, 家も, 家名を, 寝ませて, 少々これ, 少々ばかり, 少しの, 少しは, 少しも, 尼に, 尼院生活など, 山間の, 市民の, 席が, 帰りましたらお, 帰りましょうお召物, 常連の, 幾度でも, 引き分けられて, 弱ったの, 当人は, 後三日, 御便宜, 御入用, 御別荘, 御安神, 御成敗, 御用が, 御賞翫, 御都合次第, 悪しからず御, 我我日本の, 或る, 押戴き, 持って, 按ずるに, 支度が, 文吉と, 新三郎の, 日が, 日本の, 早く帰りたい, 早速お, 明日からでも, 昔から, 昔も, 時々見かけ, 朝晩汐時を, 本堂の, 李夫と, 案ずること, 此の, 残らずお話し, 殿様に, 殿様の, 母も, 毎日梅干を, 毒の, 毒殺すれ, 毛利の, 気の毒です, 気を, 気勢に, 水夫などが, 決して怠け者, 決して道, 満更溝, 火打を, 灯が, 煙草の, 独りこれらの, 現時は, 生きて, 生れた子供, 生活は, 甲州谷村の, 番頭に, 疾く参っ, 癒りまし, 百姓衆も, 直に往かれます, 相続者は, 知って, 石炭の, 確かな, 神田の, 私の, 程なく縛, 立身を, 竹藪は, 絶対に, 老先生, 肉付けの, 臥床中執筆第, 自分に, 若い方, 薬草の, 蝙蝠傘は, 行かれも, 行った日, 谷も, 貴方また, 路頭に, 近隣の, 追, 追ッつけ四十, 退屈そうな, 逢いたければ, 遅くも, 都督の, 金が, 針を, 鍛冶に, 開眼供養には, 間違いは, 間違つて居る, 階子に, 非常に, 面白いこと, 頭を, 顔を, 風波の, 飲み食いばかり, 香水の, 驚いて

▼ おります~ (329, 9.9%)

9 そのうち 5 そこへ 4 不意に 2 あの子, いう, いって, ちょうどその, 一つ一つの, 旦那様が, 狭い仕事場, 誰か

1 [295件] あなたが, あなたを, あのよう, あの反響, あの比良ヶ岳, ある日, いいと, いいました, いい気, いうぐらいの, いうので, いかにも比良ヶ岳, いきなり私, いつの間にか封筒, いろ, いろいろ腑, おくがた, おつぎさん, おりこの, おり岩, お二人, お八代さん, お堀, お父様, お神さん, お福, お頼み, かえって前, からだじゅうの, きりが, くだくだしい事, けさ早く, こうしたお誘い, こう云っ, この夜更け, この小女, この虎之助, この頃, これでも, これも, こんどは, こんなけち, さすがあなたさま方, しばらくし, しばらくなん, しまいには, しまいに指, ずいぶん面白い, そうお, そう云っ, そこに, そなた, そのこと, そのさ, その上, その中, その人, その声, その女, その姿, その横, その狭い, その短い, その紳士, その職務, その背後, その静寂, その音色, それから, それから半, たしかにさだ子, たしかにそうな, ただならぬ早, ただ御, たった一つ, たまたま一人, ちょっと長崎, つけ加えじつは, とうとうあまんじ, どうお, どうした, どうしても堕落, どうでしょう, どうも鼠, どうやら繁華, どこか, どんな大事, どんな尊い, どんな方, なぜか, なんだか自分, なんとも言えぬ, にわかにサンムトリ, はたしてこんな, ふいに, ふっとまた, また火事, また父, もうそれ, もう一度嬢, もう俗人, ものを, やがてお, やがてお袋さん, やがてわたくし, やがてフロックコオト, やがて三七, やがて些, やがて何処, やがて家, やがて御, やがて生, やがて舳, やって, やっと一昨年, やつと, やはりあすこ, やや暫くし, よいあんばい, よろしくお, わたくしは, わるもの, われんばかりに, オカミサンが, スタンド全体が, ツイ釣り込まれ, ドドーン, ナイチンゲールの, プーンと, ポートサイドあたりへ, モット美味しく, ランプの, リヤトニコフは, 一ぴきの, 一匹に, 一葉さんが, 万福丸, 三井寺の, 上流江夏の, 不思議に, 世を, 云いふらしますぞ, 云い触らして, 云う, 云った, 云って, 五百円の, 今までの, 今度は, 今日の, 今朝ほど, 仏壇の, 他から, 伝えさせたと, 伯父の, 伴藏の, 何か, 何かと入目, 何かに, 何だか独り, 何人か, 何時頃でした, 先生は, 入って, 全身の, 冗談を, 刑事さんに, 労働者が, 動脈瘤が, 去年の, 又仲間共, 又何となく, 叔父も, 只もう胸, 召使から, 叮嚀に, 吉宗も, 同時に悪意, 向うの, 吾妻岸に, 味覚が, 外は, 奥の, 女は, 姫君に, 威勢よく, 子を, 孤独は, 密訴し, 市内西大村片貝二四五番地成瀬半次郎さん, 帳場に, 底力味ある, 庭の, 廊下の, 廊下を, 弛んだ貴方, 役人どもまで, 彼奴は, 彼等の, 後ろから, 御病気, 心の, 思いがけない一人, 思わず涙, 急に, 怪しい人影, 怪物は, 戸口を, 手口から, 文荷さいどのが, 日の, 昨年の, 昨年伊香保に, 昨日の, 暫らく黙っ, 書いて, 最う悉皆, 最後に, 最早ビール, 木の, 松王様は, 果たしてお, 格別あわて, 案の定和尚様, 梯子段を, 正夫が, 段々色, 母の, 水, 流石は, 清光館の, 火の, 火事と, 火事に, 灯を, 災が, 無茶先生は, 照彦様が, 父は, 父も, 玄関口の, 王様の, 現われたの, 瓜畑の, 申しましたところ, 申し上げたところ, 申し出ました, 申すので, 申上げ, 男は, 相手に, 相手の, 矢張り新聞記事を, 知りましたゆえ, 私の, 私は, 空想する, 突然どこ, 突然に, 突然群衆, 竹内は, 答えますと, 答えると, 納豆納豆, 細やかな, 縁に, 聞きましたもん, 背後から, 花火の, 若旦那は, 虎が, 虫は, 蚤と, 行燈が, 行燈の, 表の, 被衣を, 覆面を, 見舞状を, 言っても, 豚吉と, 貴下の, 迎えの, 遊び半分の, 運転手も, 閉じた目, 間もなく私, 間もなく穴, 間もなく窓, 階段の, 青い西洋封筒, 頭が, 飛んでも, 骨身に, 黒ん

▼ おりますので~ (209, 6.3%)

14 ございます 4 ございますが, それを 3 私は 2 ございますよ, それが, ただそれ, 今も, 今日は, 暇を

1 [172件] あたくし, あなたが, あなた様の, あの汚物, あの男, あるいは作り話, あれを, いよいよそれ, おむね, お尋ねの, お徒, お見舞い, かごは, きっとその, きっと幾分, きものの, くわしいこと, こう静か, ここでは, こちらの, こっちは, この一事, この屍体, この意味, これも, こんな事, こんな時, ございます私, ござります, ご用事, して, しばらく母, すぐまた, そいつが, そうしたところ, そこの, そのマブシイ事, その人柄, その前, その四人, その地方地方, その大き, その日, その点, その都度, その際, その鬱憤, そばに, そらあすこ, それから今年, それから出, それだけに非常, それは, それ以外に, そんな儚い, できること, どこから, なかなか果, なるべく電信, はい, ひとつそいつを, ひとを, へい, ほとんど町方, ほんとうに, まあいい, まあそんな, まことに結い, めったに市内, もうしばらくの, もう心配, もし八州, よう存じませぬ, よくは, わたくしどもの, わたしも, エロだ, ヘトヘトに, ホンの, 一口に, 一同は, 一度は, 一度御, 上等の, 不在勝ちでございます, 不審を, 不破の, 両方の, 両親も, 中には, 今日も, 何の, 何やら下手, 何事に, 何故と, 先から, 先ごろから, 克子さまの, 出来るだけは, 加勢には, 十一月から, 十日ほど, 南の, 即日山へ, 去来には, 取り調べかねるの, 古来の, 只今御覧に, 同時に正木先生, 吹針の, 土地も, 夜分でなけれ, 大切な, 大層腹, 失礼を, 妾の, 実は余り感服, 尋常のじゃ, 少しも, 屍体の, 山については, 帳面合わせとか, 引込みがちで隠れた, 彼が, 彼は, 往診という, 後日一冊の, 御存じの, 思うよう, 或いはそちら, 手前は, 折からの, 数日の, 日本文字なぞも, 旦那様の, 是非入れ, 昼間も, 本当に残念, 本籍の, 杖は, 桃花坊も, 業病やみの, 止むを, 正木先生は, 正面に, 毎日定刻の, 決してそんな, 汽笛の, 熱が, 父の, 片時でも, 物音が, 特別の, 真に国際的, 私も, 筆が, 糊の, 船から, 藤六の, 見る目, 見舞に, 記代子さんに, 誰でも, 謡った後, 谷村さんは, 貴男の, 隣の, 預金者は, 頭数に, 食べようもの, 馬方やら, 馴染では

▼ おります~ (116, 3.5%)

8 じゃ, です 5 ですが 43 か, はこの 2 がその, ですもの, ですよ, はこれ, ももっとも

1 [75件] かも分りません, か又, がお気, がそれ, がただ今, がわたし, が当家, が性格, が悲しく, が真実, が私, が通りかかりました, が顔, そしたら自分, そして弟, だ, でしょう, ですけれども, とそれから, と同じ, に心付きまし, はあの, はありき, はあんまり, はお許し, はかような, はすなわち, はただ, はまだ, はもともと, はよい, はアヤ子, はレデーケーキ, は三十年来眼, は世間, は何, は作行, は勿体, は吉原, は夜会服, は天, は平生, は本当, は東京, は母, は目指す, は私, は第, は素直, は職工的, は背, は芸術的, もいかが, もそうした, もはかない, も何, も奥さん, も意地, も確か, も罪, や, やら, や太閤さん, をどうやら, を取り敢えず, を微力, を恨ん, を悟りました, を聞きます, を聞き覚え, を良い, を見ます, オブリアンさんは, 矢張り石油の, 菊子さんは

▼ おりますうち~ (92, 2.8%)

4 に私 3 に, にその, にわたくし 2 にこれ, に御

1 [75件] からご, から私, その十三日, その正行, ちょうどこの, にあなた, にあの, にあれこれ, にいつの間にか, にいよいよ, にお, にお母様, にお話, にくさ, にこうした, にこの, にこんな, にただ, につい, にとうとう, にどなた, には乞食非人, には真夜中, にふと, にもし, にもみりょう, にも今年, にやっと, にやるせないおもい, にアラカタ五つ, にセミヨノフ将軍, にトテモ人間並, にフト, に丁度, に三時, に上海, に世の中, に世界, に偶然, に兄, に到る, に前, に去る, に又, に又聞き, に叔父, に受取人, に妹, に妾, に季節風その他, に市俄, に彼, に思い, に持病, に旅順, に早く, に柴忠さん, に此, に母, に江戸, に波, に聖ピヨトル号, に自然, に興, に過っ, に非常, に非道, に高い高い, はおよばず, はどんなに, は何, は始終, は弁護, ふと隅田, やがて十一月

▼ おります~ (81, 2.4%)

3 それに

1 [78件] あた, あなた方御, あんな出鱈目, おめおめと, お徳, お花, ここに, ここには, これに対して, こんなこと, する組織, そうしたもの, それにお, それにこの, それにこんな, つねよりも, つまり事実上, どんなほねおり, のみならずこの, まあ食う, ましてあなた様, またそう, また入京, また文献, また本能寺, また義政公, また貴い, もう一日中, アメリカは, イギリスの, カーテンも, 一々お気, 一生喰べ, 世間の, 今まで, 何主義と, 余計な, 借りた釣り竿, 出口の, 刺青の, 千島禮三と, 又ほんの, 又昔, 只台所口, 吉田八十松さんが, 吾, 土地も, 坊っ, 女だてらに, 婦人も, 子供が, 家内へも, 家内や, 年齢の, 庭には, 従って, 復員した, 拙者も, 文脈も, 日本の, 時刻も, 書生生活で, 李さんも, 柿沼は, 桃花坊は, 此処を, 民法と, 沈没船ひきあげ, 泳ぎを, 犬も, 眼を, 行燈は, 誰か, 誰にも, 警察と, 車も, 門は, 鹿苑院蔭凉軒の

▼ おりますこと~ (67, 2.0%)

3 でご 2 をまだ, を御

1 [60件] か, か今日, がどんなに, がもしも, がアリアリ, が成長, が最近, だけでもかの, で, でございますが, でだれ, で出すぎた真似, で安心, で恨めしい, と思います, と申します, なので, なり, なりまだ, なれば, なんか誰, にそんな, につきまし, になっ, には応仁, はあなた, はあらかじめ, はそれ, はどうして, はどこ, はどなた, はもう, は世にも, は仏様, は否定, は御, は必ずしも, は私ども, は若宮, は見上げた, も, もことごとく, もみな玄長様, も何, も終わりまし, やら, やらせめて, ゆえちと, ゆえどうぞ, ゆえもし, を, をお, をすべて, をどなた, をもう, をも身, をマザマザ, を庵主斗丈様, を私, 真にわれ

▼ おりますよう~ (56, 1.7%)

126 なわけ 5 な訳 3 なこと, なもの 2 ですから, な事

1 [23件] ですし, ですっかり, ですどう, で恐縮, で言葉, で遠く, な, なあの, なこの, なものの, なアンバイ, な地形, な建造物, な次第, な歴史, な気持, な話, にこの, にご, にまた, に思われる, に舞台, に誰か

▼ おりますもの~ (44, 1.3%)

7 ですから 65 でございますから 42 か, でございます

1 [18件] かあの, かこんなに, がございません, がせめて, がスグ, とすれ, どうぞお, ね, はたとえ, は主として, は大, は羅馬市中, やら上総, ゆえ別に, をあなたさま, をこの, をすこし, を臨終

▼ おります~ (38, 1.1%)

1 [38件] あなたも, あなた様の, あのお, いつもわたし, いやに, お姉様, お婆さんは, お師匠さん, お母さんを, お気を, こいつを, こっちで, こんな朱, それが, たいした御堂, みて, もしこちら, わかって, わたくしより, アッハッハと, 先生, 可哀そうに, 妙に, 守口さんが, 実は拙者, 島村君が, 幾通りもね, 悪友が, 感心な, 日本一の, 旦那, 林の, 梅の, 白骨絵巻といった, 総督さん, 自分の, 親分, 酷い目

▼ おりますけれども~ (34, 1.0%)

2 それは

1 [32件] あとは, あの石, いつのと, いよいよ真, おんな子供にも, これから一歩, これを, しかしこれ, そこの, それにしても相手, どうもこれ, どうも勢い止む, どこが, まえ, まそういう, やはり雪, アメリカ人の, 事実を, 人生五十年の, 今の, 今日の, 余には, 勿体ないほど, 婦人の, 情熱が, 我が家へ, 放生津の, 片方が, 私共は, 絶対的権威の, 考えること, 行く度

▼ おりますのに~ (32, 1.0%)

2 そういうこと

1 [30件] あのお, あのよう, お忘れ, お雪, きょうまで, このうえ何, さびしいなどと, すやすやと, せめてご, それでいてまるっきり, それでも鞦韆, それを, どうしてそれら, どうしてまあわ, ひとり旅でございます, もったいない御, わたくしの, わたくしは, 何の, 南側には, 奥様が, 姫君は, 御老人達, 武蔵国とだけ, 男の子の, 目を, 秀吉が, 私だけを, 米国の, 蔵しらべ

▼ おりますところ~ (29, 0.9%)

1 [29件] からはその, から永代橋, で, でございます, ですが, ではああ, で今一つ, と病気, によってその, の或, の茶碗, の謬説, の貴, はナカナカ, は右, へこの, へご, へ不意, へ二十人, へ今日ヒョックリ先生, へ先生, へ奥, へ昨日, へ横, へ聞, へ遣っ, までそっくりそのまま, をわたし, を見る

▼ おりますけれど~ (26, 0.8%)

1 [26件] あきらめなさった方, あなたの, あなた様が, あの娘さん, あの焼, これは, こんなふう, その兄, その骨, ただいま, たまらない親切, ちっとも上手, とりあえずあなた様, ひどい焼きもち, 一番はなへ, 五年でも, 今と, 実は浮世人形, 教師が, 田舎じゃ, 私の, 私は, 箪笥も, 貴方御用なら, 起信論に, 鼓ヶ嶽の

▼ おりますゆえ~ (25, 0.8%)

1 [25件] あの人物, あるはあっ, おとう, お殿様, このたび, このまま, この身, この辺, すぐお, すぐに, その一族, にもちろん, にわかに御, に少数, に父, に精通, に高見山, まずまずここ, やがては, よい仕官口, 会う伝手, 余りにお, 御方様, 思わず待て, 畏れあれど

▼ おります~ (23, 0.7%)

2 え, 知らん

1 [19件] あのこの戦車, いうたらおりませんいうたん, お聞き及びはござりませぬ, しれませんよう, それともただ面白い, それを, どうか, どうかは, どうです, 人間が, 今は, 存じませぬが, 実物は, 御存じです, 次席に, 知ら, 私どもは, 苦しんで, 誠に申し兼ねます

▼ おります~ (23, 0.7%)

5 です 4 ですが, ですよ 3 でございますが 1 じゃ, だすが, でございましょうか, でございます, でございますよ, ですけれど, ならば

▼ おります~ (21, 0.6%)

2 ですから, の顔

1 [17件] がそうした, がつい, が求める, が非常, しは, なども毎年, にとりましては痛ましい, には目, の一, の写真, の姿, の弟, の心持ち, の生涯, は冷泉院, へもったいない, をし

▼ おりますそう~ (16, 0.5%)

541 しますと, でご, でして, です, ですが, ですし, でトント当て

▼ おりますため~ (15, 0.5%)

1 [15件] か地球, に, にあの, にこの, にリンデンベルゲル大尉, に事件, に今, に以上直接, に只今, に手がかり, に斯様, に生涯, に美, に表面, に雨天

▼ おりますものの~ (15, 0.5%)

1 [15件] あんまりなお, いかにせん賊徒平定, それとてもまだ, とても傲慢, やはりその, ゆっくり睡れない, よいつて, 今宵かの, 何せい, 全部を, 初瀬での, 役者自身に, 所在は, 私の, 肝心の

▼ おりますという~ (10, 0.3%)

2 のである 1 ことなどは, のであった, のと, 亭主の, 侍女からの, 儀礼的な, 報告を, 返事を

▼ おりますとき~ (10, 0.3%)

2 に私 1 から軍務, が何より, に何処, に取り分け, に浮かん, に釣り堀, は気, は申す

▼ おります~ (10, 0.3%)

1 が, が追, じゃ, は他人, は存じません, は明らか, をずっと, をよく, を御存じ, を承知

▼ おります~ (9, 0.3%)

1 あの附近, あれから, かいまだに, ちょっと立寄っ, 今に必ず尋ねだし, 常に生ける, 心配な, 決して此, 自然寒

▼ おります~ (9, 0.3%)

1 が一様, でございますが, です六郎左衛門殿, で他, には時間つぶし, にもなか, の眼, は見返り, を呼び寄せまし

▼ おります~ (8, 0.2%)

1 こころづけ, ほほほ, 垂髪の, 察し申します, 役も, 文倉を, 隅さんも, 雪を

▼ おりますからと~ (8, 0.2%)

2 おきまり 1 そう言っ, 事情を, 云いながら, 申上げ, 答えた, 言ったそこで

▼ おりますこの~ (8, 0.2%)

1 はしたない慎しみ, ノンセンスこの, 入留満, 手紙が, 病気で御座います, 身体を, 通り, 静かな

▼ おります~ (8, 0.2%)

5 ござります 1 そういう金, 手前は, 明朝は

▼ おりますあの~ (7, 0.2%)

1 大豆を, 女な, 巌を, 押絵の, 白髪頭の, 衆に対して, 雷に

▼ おりますどうか~ (7, 0.2%)

2 捉って 1 人間でない, 先生に, 前へ, 忘れないでね, 蛇も

▼ おりますんで~ (7, 0.2%)

1 いちどは, ここ当分あと口の, ござります, その知り合い, どうで, 先生な, 只今お

▼ おります~ (7, 0.2%)

1 主人という, 主人に, 侍たちは, 先祖の, 同情の, 姉妹なんぞ, 承知の

▼ おります~ (7, 0.2%)

1 だけを隠し, に, にどうしても, に子, は居眠り, は手もと, は近く

▼ おります~ (6, 0.2%)

1 にその, にも皆様, に一つ, に何ん, に劈頭, に蜘蛛

▼ おります~ (6, 0.2%)

1 でお話, などに時々, なので, に昨日, に朋輩, 突然たずね

▼ おります次第~ (6, 0.2%)

1 で, であります, でございます, でもあり, で御座います, 真に面目次第

▼ おりますからには~ (5, 0.2%)

1 いかなる大難, このふた品, とてもこの, なにも, めったな

▼ おりますがと~ (5, 0.2%)

1 いって, 念の, 断らせて, 言いながら, 言って

▼ おりますだけ~ (5, 0.2%)

1 その余, でお話, でございます, でその, 饒舌って

▼ おりますとの~ (5, 0.2%)

2 こと 1 事で御座います, 事に, 事もなげな

▼ おりますとは~ (5, 0.2%)

2 いえしかし 1 いうものの, いえしかも, いえなかった

▼ おりますとも~ (5, 0.2%)

1 ご一緒, なんといっ, よく知っ, 大寨, 赤羽根橋を

▼ おりますもし~ (5, 0.2%)

1 それを, まいりましたなら何とぞ, 天が, 来ない時, 私達が

▼ おりますやら~ (5, 0.2%)

1 その後は, とんと見当, 和田峠とやら, 存じませんでございます, 本当に知らない

▼ おりますよと~ (5, 0.2%)

2 いうので 1 いって, 云ったが, 請け合った

▼ おりますわい~ (5, 0.2%)

21 だろう, のお前様, 氷を

▼ おります~ (5, 0.2%)

1 がね苦しい, に今朝, の中, の子供, を介抱

▼ おります時分~ (5, 0.2%)

1 でしょうね, にローサンゼルス, に新聞専門家, はよう, 長い間

▼ おりますがね~ (4, 0.1%)

1 ご全盛, せいぜい五米, それは, 男のは

▼ おりますけど~ (4, 0.1%)

1 けれどけれど私, さうなりましたら, とてもこの, まだ来

▼ おりますこれ~ (4, 0.1%)

1 と云う, はあなた様, は圖書, を作品

▼ おりますその~ (4, 0.1%)

1 中の, 名刺を, 多くは, 洲崎の

▼ おりますはず~ (4, 0.1%)

31 もなし

▼ おりますばかり~ (4, 0.1%)

1 でて, でなく官憲, 甍を, 裏町横町などと

▼ おります~ (4, 0.1%)

1 に彼, に燃えさし, に狭い, を黒い

▼ おります以上~ (4, 0.1%)

1 どんな大, はあくまで, は一銭一厘, 万一御

▼ おります~ (4, 0.1%)

1 ちょうどこの, にあなた, の一羽, は殺生

▼ おります~ (4, 0.1%)

1 がハッキリ, だけのこと, もお, をお

▼ おりますあなた~ (3, 0.1%)

1 と生涯, に逢う, のご

▼ おりますくらい~ (3, 0.1%)

1 で, ですから, 当時は

▼ おりますけに~ (3, 0.1%)

1 おかげで, 何が, 海の

▼ おりますせい~ (3, 0.1%)

1 かその, かもう, か皆さん

▼ おりますそこ~ (3, 0.1%)

1 におります, の処女地, へ往

▼ おりますでな~ (3, 0.1%)

1 挿絵は, 父親として, 繕っても

▼ おりますとね~ (3, 0.1%)

1 いつもきまっ, ウィーンへ, 一人の

▼ おります~ (3, 0.1%)

21 あの犬

▼ おります~ (3, 0.1%)

1 どうした, 賈, 長政どのには

▼ おりますほどに~ (3, 0.1%)

1 失礼を, 早うお, 早や

▼ おりますほどの~ (3, 0.1%)

1 こと, 有名な, 異常な

▼ おります~ (3, 0.1%)

1 え, ホホホホホ, 先生なんなら

▼ おります不思議~ (3, 0.1%)

1 がって, な秘密, な運命

▼ おります~ (3, 0.1%)

1 は今, へばらばら, へ今朝

▼ おります姿~ (3, 0.1%)

1 がわたしたち, はさながら, をあげますなら

▼ おります通り~ (3, 0.1%)

1 に各国, に記し止めさし, の音色

▼ おりますかぎり~ (2, 0.1%)

1 は, はただ今

▼ おりますからね~ (2, 0.1%)

1 よく知っ, 仲よくふたり

▼ おりますからは~ (2, 0.1%)

1 やはり社会, 池上が

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 この道, 熊が

▼ おりますそこで~ (2, 0.1%)

1 あなたの, 中田の

▼ おりますそして~ (2, 0.1%)

1 もし私, 伏見で

▼ おりますそれ~ (2, 0.1%)

1 はとても, を商

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 え, 道を

▼ おりますだから~ (2, 0.1%)

1 一人の, 冬暖かい

▼ おりますだけでも~ (2, 0.1%)

1 大体希臘人ガリヤ人オスケールラチネールフォルスケールウンブレール等各種族エトラスケールベネチェールリグレール, 怪しいほど

▼ おりますだけに~ (2, 0.1%)

1 一層甚, 深い感じ

▼ おりますだけの~ (2, 0.1%)

1 こと, ことは

▼ おりますちょっと~ (2, 0.1%)

1 お待ちを, 湯あみを

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 えとそれ金さん, や

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 あかねさす, あれは

▼ おりますもん~ (2, 0.1%)

1 だで, ですから

▼ おりますより~ (2, 0.1%)

1 旦那さんの, 死んだ方

▼ おりますわけ~ (2, 0.1%)

2

▼ おりますわたくし~ (2, 0.1%)

1 でさえ眼, の身

▼ おりますんでへ~ (2, 0.1%)

1 い, い一度清算

▼ おります一人~ (2, 0.1%)

1 の若い, の青年

▼ おります世の中~ (2, 0.1%)

1 では過激思想, に寂しい

▼ おります今日~ (2, 0.1%)

1 および将来, はお詫び

▼ おります今晩~ (2, 0.1%)

1 の回向料, は大水

▼ おります場合~ (2, 0.1%)

1 に左大将, は途中

▼ おります子供~ (2, 0.1%)

1 が一人, が気

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 の者, へ帰る

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 る不思議, る者

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 へ小, まで参ります

▼ おります拙者~ (2, 0.1%)

1 にさ, の従者

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 のこと, へ妾

▼ おります様子~ (2, 0.1%)

1 になおさら, に私

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 が神様, と妹

▼ おります気持ち~ (2, 0.1%)

1 の異様, は身

▼ おります犬塚信乃~ (2, 0.1%)

1 の凜, の顔

▼ おります留守中~ (2, 0.1%)

1 に小生, は役

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 という女, と云う

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 がまことに, や仏

▼ おります私ども~ (2, 0.1%)

1 にどうして, はこういう

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 ではござりません, で小生

▼ おります走り使~ (2, 0.1%)

2 をする

▼ おります阿古屋~ (2, 0.1%)

1 の琴責め, の色

▼ おります限り~ (2, 0.1%)

1 ではと申し, では祖父

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 に手裏剣, を見まし

▼ おります~ (2, 0.1%)

1 で昔, にしいて

▼1* [373件]

おりますあいだおくがた, おりますあなた様がこんな, おりますあまり心を, おりますいまここでは私, おりますうえに御, おりますうち六月八日には遂に, おりますうち宮中叡山などのうごき, おりますうち百家の流派, おりますえお風邪でございます, おりますおそらくあのまま, おりますおりから信州伊那, おりますお前さんがたの曲がった, おりますかいの, おりますかの果物の, おりますかも知れません, おりますからっておっしゃるの, おりますからな道は, おりますからねえほんとにいろいろと, おりますがてまえにも, おりますえ今度, おりますこのごろは以前, おりますこれから舟へ, おりますご用ならお, おりますさえも身の, おりますさかいよう知っ, おりますさっき庭へ出, おりますしかしそれは, おりますしだいで, おりますそういう本当の, おりますそのうち折を, おりますそれで一度どうか, おりますそんな訳で, おりますぞと知らせるよう, おりますただ私の, おりますためこれに米, おりますため尊氏自身かくては一大事, おりますため昨夜小勢の兵, おりますってねいいか, おりますつもりでその, おりますでのあなたも, おりますというは羽根田で, おりますといったのは, おりますとうしろからその, おりますとおりで鉄漿, おりますとき片隅から小さな, おりますとき金助町の花世さん, おりますところでしかるにその, おりますところ座長幹部俳優ともなりますれ, おりますとだけ申し上げて, おりますどんな辱に, おりますなかで忍び音, おりますなと僕が, おりますなにしろ安治川を, おりますにも似ず目前, おりますによってどうでも, おりますのでてまえの, おりますのでとていねいに, おりますのでということだった, おりますのでねこんな所, おりますのよわたしの, おりますのよといって, おりますひとたちの所, おりますひとりぼっちでございます, おりますほうへもお, おりますほどでもござりませんが, おりますほんとにそういう場合, おりますまた女が, おりますままにもしか, おりますまるで菜根の, おりますみなさんは出, おりますもう一人おいせ, おりますものこれはこれ, おります存じませんでございます, おりますゆえお尋ねせねば, おりますゆえきょうお通り, おりますゆえこよいお, おりますゆえこれを持っ, おりますゆえご用の時, おりますゆえそれに聞い, おりますゆえようごろうじませ, おりますゆえ三人ずつ入れ替わっ, おりますゆえ上杉殿ほどには, おりますゆえ世上の女性方, おりますゆえ世間の男たち, おりますゆえ今朝はすこし, おりますゆえ厄病神の御, おりますゆえ四国屋様のお, おりますゆえ四天王寺詣でのせつに, おりますゆえ太守にも御, おりますゆえ巧く例, おりますゆえ幕府そのものには近頃, おりますゆえ役人たちの目, おりますゆえ彼を稽古台, おりますゆえ後刻でもちょっと, おりますゆえ手不足の当方, おりますゆえ旅路にもなに, おりますゆえ日のある, おりますゆえ殿から直接, おりますゆえ物見に出向きました, おりますゆえ町へやり, おりますゆえ萩原も伴藏夫婦, おりますゆえ領民が国主, おりますよりも少し極端, おりますわたくしどもの覗い, おりますわるいことよい, おりますわれわれの耳, おりますんでなどこから, おりますアヽそうか, おりますイングリード・アイネスと申す, おりますケン十人見張って, おりますセミヨノフホルワット両将軍, おりますゼロームでありました, おりますタイプライターの英文, おりますツル子と申します, おりますドジを踏んだ, おりますヒョットコヒョットコして, おりますビクビクして, おります一刻を争わね, おります一瓶の如き, おります一種の無頼漢, おります一軒家は, おります下宿に岡本一郎, おります不動は銘, おります世にも恐ろしい不思議, おります世界もこんな, おります世間では今, おります両親の言葉, おります中跫音もせず, おります丸顔の眼, おります乗客の神経, おります乳母なども初め, おります事実が確認, おります事情を知りました, おります事遊君の処, おります二つの押絵, おります二汁五菜のお, おります二百燭光の電球, おります五連発の拳銃, おります人間の手, おりますは快く, おります今朝ほどでございました, おります今村豊三郎の兄, おりますの者, おります伊吹村の独楽, おりますの嬢次, おりますのお母様, おります余吾之介様, おりますのハウス大佐, おりますが来, おります信仰というもの, おりますの爆撃, おりますで, おりますのお, おります先生御写真, おります六郎左衛門殿の御, おります共産主義とかキリスト教主義, おります写真でよく, おります出発点が間違っ, おりますの刺し傷, おりますと申します, おりますで約束通り, おりますがなくなりました, おりますうるに, おります十人ほどの青侍, おります纒を, おります半蔵と同宿, おります博多の櫛田神社, おります原子爆撃による元素, おります去年の夏, おりますいつの, おります古典的なもの, おります可愛そうに, おります可愛いい娘と, おりますの手附, おります幕の, おります吉岡先生に恥, おります博士にとりまして, おります問題というもの, おります四天王の侍ども, おります四天王寺に貝葉梵本, おりますの用, おります土地を今日, おります在学中はラグビー, おります地方の一般, おります地面は只今, おります垣根のわき, おります場所がわかります, おりますばかりの平和運動, おりますの女, おります外国からも時々, おります大変に安く, おります大学生の伊達正男, おります大金持ちの柴忠, おります天才女優天川呉羽嬢がその, おりますの方, おりますで御座いますがねえ, おります女房が尼, おりますは寄るべ, おりますでご, おりますがいろいろ, おります安本亀二郎という野郎, おります宗輔にもさして, おりますの娘, おります実に余り十分過ぎまし, おります実情をハッキリ, おります寝殿をお, おります溝の, おります少年呉一郎の精神鑑定, おります尾羽張神かそれ, おります居候なん, おります屋敷のほう, おります山樵がわたくし, おります山野辺は白鬚, おりますがじだらく, おります弁信と申す, おります式部さまがさ, おります弟源三郎を江戸, おります張作霖に軍資金, おります強いて合う, おります当地市民公衆浴場の内部, おります往来の者, おります御用がございましたら, おります御覧に入れましょう, おります心理遺伝と重大, おります恐ろしい疵痕を, おります恰好から吉良, おります意気地のない, おります戸室口から石, おります戻りをいそがなけれ, おります手前早速に, おります手創が治る, おります掛の, おりますの姪儀, おります支那の内, おります政党関係の因縁, おります故郷は忘, おります新聞記事と申します, おります於通と申す, おります日本中の女子, おります日本左衛門とその, おります日本橋式部小路の太物商, おります日蓮を説明, おりますを承わりました, おります漬大根に, おります早くお帰り, おります早瀬と申します, おります春日重蔵と申す, おります昨夜も兄さん, おります時御嶽冠者の同勢, おりますなので, おります暫く常陸へ, おります名品は, おります有力な日本人, おります有様では無下, おります未決監の賄部屋, おりますの人達, おります東北の飢饉, おります桜樹の多い, おります標本や参考品, おります模様でご, おります次第にござります, おります次第隠居ぐらし隠遁生活それこそ庭下駄, おります水戸様のお, おります水車橋の袂, おります汐水の中, おります法医学部へ転じ, おりますは厚化粧, おります洋袴のポケット, おります浅ましい有様が, おります浪人共の正論, おります混凝土の暗い, おります渡り者の折助, おります渡辺助右衛門の母め, おります源太様の仕事, おります漁師の角蔵, おります爺親に聞い, おります牧畜業からさらに, おりますを引, おります犬商のフリオ, おります状態で妾, おります玄堂捨てては, おります玉兎で御座います, おります現代の自分勝手, おります現状はまことに, おりますですから, おります生々しい血しお, おりますのもの, おりますで, おります至って人相, おります留守番と猟師, おります白い蔽いが, おります白系露人の有力者, おります百科全書には, おります皆小前の者, おります真中へ割込ん, おりますは姪浜石, おります破れモーニングの小男, おります福岡の町, おります福岡県の司法当局, おります私たちだってたまりません, おります私共もこうした, おりますからはこう, おります秘密を云い当てられた, おります突然あがりまして, おります竹ヶ崎と云う, おります笹田仁蔵と申します, おります筆子さんとおっしゃる, おります範囲では不明, おりますはただ, おります精神病の研究, おります精神科学と関係, おります精神科学的犯罪の好, おりますでございます, おりますとも付かず, おります紙帳へその, おります素人で少し, おります素封家でハルスカイン, おります結婚なんかしなく, おります結果その永い, おります結果他国からの侵入, おります綿貫栄次郎いうもん, おります縫子の花, おります美麗だなどと, おります者ゆえ矢文をつかわし, おります胸部腹部から頭部, おります自称樫尾初蔵と申す, おります舅さんは非常, おります色々なもの, おります花冠を戴いた, おります花車重吉という弱い, おります蔦家の, おります薬局で西郷, おります虚無の流れ, おります蛇頭は男子, おります蝋燭の灯火, おります血液がみんな涙, おります衣服を脱がしめ, おります衣裳だけを見える, おります複雑な部分, おります西洋の有名, おります親爺の方, おります証拠で, おります評判のお嬢さん, おります誠意だけはわかっ, おります郎は, おります貴方様と私, おります辺りには内裏, おります近く扶持も増される, おります通芝居でいたします, おります連中なんか上海, おります過去の御, おります過日も申し上げました, おります過激思想などとは全く, おります那珂川の口, おります郡境の争い, おります部分の中, おります部屋を丁度, おります部隊にいる, おります醜い娘で, おります庵ひとりで, おります長方型の大きな, おります長男からもその, おります関係から木乃伊, おります限り先生にインネン, おります陶器の如き, おります音松というやくざ者, おります音楽などはそれほど, おりますの白う, おりますを見, おりますの影響, おります高倉どののこと, おります高級船員たちもどこ, おります黒人がたぶん