青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「およそ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おばさん~ おぼえ~ ~おまえ おまえ~ おまけ~ ~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~ おやじ~
およそ~
および~ おら~ ~おられた ~おられる おられる~ ~おり おり~ ~おりました おりました~ ~おります

「およそ~」 3055, 30ppm, 3855位

▼ およそ~ (72, 2.4%)

7 見当は 4 ことは, 事情を, 想像は 3 ことを 2 ようすは, 見当で, 見当を

1 [44件] いきさつが, うろ覚えで, こと誰が, つき合いの, ところは, 下図は, 事は, 事件の, 事情が, 事情は, 事態を, 体裁だけは, 値段は, 判定を, 勘を, 安心が, 察しは, 年代も, 当りは, 形勢は, 成行きが, 所半町ばかりも, 数量を, 敵は, 文明を, 方角を, 日取, 日数八十日の, 時刻を, 時刻身じたく覚悟の, 時間は, 時間を, 様子は, 物の, 短期力攻の, 行末が, 見当が, 見当に, 見積りを, 話の, 身の上は, 金額を, 風姿恰好を, 骨組の

▼ およそこの~ (67, 2.2%)

2 ような, 倭建の, 天皇の, 道庵の

1 [59件] くらいな, ひとつに, へんに, 世の中という, 世の中に, 世界に, 世界の, 中に, 事は, 二十年來あった, 二百年この, 二百年間において, 人生に, 人生は, 先廻りばかりは, 十年間には, 半島の, 原野の, 品陀の, 国の, 國は, 土地に, 地球を, 大帶日子, 大雀, 天の, 宗の, 差額五千両の, 席に, 帶中津日子の, 悪事かつて, 意味の, 方角に, 時代に, 時期である, 朝洛内の, 村には, 深川ほど, 無人島には, 田舎町に, 甲府の, 界隈で, 神倭伊波禮毘古の, 神尾の, 秘咒に, 編に, 舟橋が, 船で, 芝草には, 虫喰い, 虫喰ひ, 言葉という, 詩集以前に, 身ほど, 身を, 辭書編輯十年間は, 辺に, 部屋に, 類の

▼ およそ~ (55, 1.8%)

3 は知識 2 の子, の文辞, の知り得る

1 [46件] がその, がなしうる, が口, が大事, たるもの, というもの, とさえ名, として順境, と名, には必ず, には老若男女, に不覚作用, に対する尊敬, に知られ, のたえ得る, の一生, の一生血気, の住むべき, の力, の外部, の大き, の天, の家, の思惑, の思想, の日記, の昇進, の死ん, の気, の気根, の生活苦, の目, の睡眠, の聞きうる, の脊丈, の行為, の身体, の身心, の頭, はいかに, は天地, は醒時, ひとたび迷え, を取り扱う, を諫むる, 態と所持品

▼ およそ人間~ (39, 1.3%)

1 [39件] がこういう, が住み, が作りだす, が思いついた, が思いつく, が滅びる, たるもの, というもの, として何, として異議, と人間, なら誰, において何, に不徳, に関すること, のあるいは, のうち, のさいころ, のする, のなしうる, の家族, の徳目, の感受力, の感情, の手, の抱く, の気, の甘, の生き, の生命力, の生存理由, の知識, の精力, の脚, の脳力, の言動, の隠れ, は生まれながら, を観る

▼ およそその~ (26, 0.9%)

2 人がらを

1 [24件] あいだは, 人物が, 人自身の, 人間の, 人間を, 位な, 前十五分に, 十倍も, 原因の, 名前とは, 國の, 場の, 意味が, 条件が, 様子は, 気をもって, 短刀の, 背中ほどの, 見ゆる形, 言葉で, 言葉に, 釈迦堂は, 長立ち, 類を

▼ およそ世の中~ (26, 0.9%)

2 にお前位, に何

1 [22件] でめくら, で図々しい, にあの, にあんな, にこれ, には人, には常識, にヤーフ, に人間, に人間がち, に仕事, に割合, に可, に夫婦親子, に家, に恐し, に無知文盲, に老, に運命, の, のこと, の物事

▼ およそ~ (21, 0.7%)

2 にある, の事物

1 [17件] にあるまい, にあるまじき, に仕事, に分らない, に天下, に学問, に幽霊, に生き, に痛ましい, に虚名, に辞書, のこと人, のなか, の冤鬼, の夫婦仲, の投機的商才, の読者

▼ およそいかなる~ (18, 0.6%)

2 程度の

1 [16件] ことが, ものであった, ものである, ものであろう, 事柄が, 善人と, 団体も, 團體も, 学説でも, 意識と, 末枝小道にも, 物で, 瞬間にも, 言葉を, 賊であろう, 速度で

▼ およそ~ (18, 0.6%)

2 察して

1 [16件] こうと, この場, みな暇を, 多寡の, 定あれ, 征伐が, 推量が, 来年売べ, 柔弱ぞろいなら, 疑いを, 皆大名の, 知れたもの, 知れた虚無僧, 観察し, 計って, 読んで

▼ およそどの~ (17, 0.6%)

2 くらいある

1 [15件] くらい, くらいかとお, くらいか知れない, くらいである, くらいな, くらいのもの, くらゐ, くれえ, ような, 位の, 型に, 家々にも, 短い時代, 程度かといふ, 邊に

▼ およそ反対~ (17, 0.6%)

1 [17件] だね, です, なむしろ, な強, な気軽, な眼, な空気, な素朴, な見る, の主観的, の心境, の情火, の感じ, の歩きかた, の立場, の立派, の行き

▼ およそ~ (17, 0.6%)

1 [17件] がこれ, が何, とは似つかわしく, には似つかわしから, に似あわしから, に從, のほう, の光つた手際, の家庭, の日常, の画, の考え, の表面, の限界, は自分, は露骨, ほどの好き者

▼ およそ~ (17, 0.6%)

2 の現在

1 [15件] がそれ, が十四年間, くらい真情, にとっては結婚以来, にとつ, には想像, に想像, に於, のそれ, の友達, の居た, の愚昧, の目的, の趣味, は不徳

▼ およそ~ (16, 0.5%)

5 の遠い 4 のない 2 が遠い 1 が遠かっ, なきあいだがら, の無い, の遠い懐かし, は遠い

▼ およそこれ~ (15, 0.5%)

1 [15件] が舞台, とは似, と似た, に似たる, に做おうと, はと眼, は人, は想像, ほどのところ, ほどの生産力, ほどみずから, ほど不思議, ほど悪, を論究, を飮む者永遠

▼ およそ見当~ (15, 0.5%)

2 がつい, がついた, はつきました 1 がつきましょう, がつく, がつくであろう, のついた, のはずれた, の違った, はついてる, もつい, をつけ

▼ およそどんな~ (14, 0.5%)

3 ものかという

1 [11件] ことが, ものだ, ものを, 土塀も, 山間の, 性質の, 生木も, 者にでも, 貴重品が, 闘いをも, 風に

▼ およそ~ (14, 0.5%)

2 の得がたき

1 [12件] が人, には順序, の名前, の心, の曲った, の有害無害, の真, はほめよう, は品, は極度, を成功, 動かざれば

▼ およそ~ (12, 0.4%)

3 の時勢 1 のでたらめ天下, のところ不要, の日本国人, の時間, の社会, の警察官, はどこ, より四十五, 初めて私

▼ およそ今日~ (12, 0.4%)

1 [12件] くらい自分, その名, において南極洋, に遺っ, のそんな, のよう, の大勢, の颯爽, までこれ, まで経, まで貴所方, わが軍将士

▼ およそ~ (12, 0.4%)

1 [12件] から何, がいぶかしい, が恥ずかしい, が愉快, が浅ましい, が測り, が珍しい, に信頼, の功, も持たなかった, を信頼, を欲

▼ およそこれら~ (11, 0.4%)

2 の事 1 のごく, の事物, の動作, の微温湯, の恰好, の書物, の疑問, の話, の連中

▼ およそ察し~ (11, 0.4%)

3 がつく 2 てはいる 1 がつい, がつきます, がつくでしょう, ていた, ているだろう, はつい

▼ およそ~ (9, 0.3%)

2 町ほど 1 刻あまりする, 刻あまりも, 刻ぐらいの, 日程子供が, 時間, 時間は, 里距てて

▼ およそ天下~ (9, 0.3%)

2 に何事 1 にこんな, に吉, に夜, の人情, の物, の美食, を経綸

▼ およそ~ (9, 0.3%)

2 を見 1 が尊重, が物, と名, の心, の犯罪人, は決して, 教師の

▼ およそ想像~ (9, 0.3%)

2 して 1 がつくだろう, がつくであらう, がつこう, される, に難く, はつく, もされぬ

▼ およそ~ (9, 0.3%)

7 のよう 1 のやう, の三点

▼ およそこんな~ (8, 0.3%)

1 ところを, もので, ものであります, ものである, 感激的な, 手続きを, 抱負と, 男は

▼ およそ一時間~ (8, 0.3%)

1 ぐらいあと, でっぷり太った, ばかりの頃, ばかり休息, ばかり続き, も待ったであろう, も走った, も過ぎた

▼ およそ世界~ (8, 0.3%)

1 にありとあらゆる, に歴史, のいかなる, の中, の人類, の勢力, の悲劇, の文明史上

▼ およそ日本~ (8, 0.3%)

2 の詩壇 1 で尖端的, の家庭, の新劇, の新聞, の歴史上, を出発

▼ およそ無意味~ (8, 0.3%)

2 なこと 1 であるが, でなければ, でもあり, なもの, なよう, な騒音

▼ およそ生き~ (8, 0.3%)

5 とし生ける 2 ている 1 て繁殖

▼ およそ遠い~ (8, 0.3%)

1 おもむきの, ものの, 世界の, 人物で, 夢を, 小鳥の, 恋愛の, 気持で

▼ およそこの世~ (7, 0.2%)

1 で最も, にこれ以上, に人, に必要, に生まれ出た, に顔, の酸い

▼ およそ世間~ (7, 0.2%)

1 から大人物, では問題, と足並, にある, のほとぼり, の人, も観

▼ およそ二里~ (7, 0.2%)

1 と覚しい, の川上, の間, はありましたろう, ばかりそれから, ほどの長, ほど行く

▼ およそ意味~ (7, 0.2%)

2 がない, のない 1 ないじ, の無い, はない

▼ およそある~ (6, 0.2%)

1 かぎりな, ところの, のは, 一定の, 場合の, 自然物が

▼ およそそれ~ (6, 0.2%)

1 くらいな, とは反, とは根本, の見えぬ, は察しられる, までの武者小路

▼ およそどれ~ (6, 0.2%)

1 くらいな, だけの手数, ほどであろう, ほどと言っ, ほどの価, 程の敵

▼ およそもの~ (6, 0.2%)

1 その平, の三月あまり, の二時間, を正面, を読まない, を食べ

▼ およそ一国~ (6, 0.2%)

1 が他国, の政治, の文化文明, の民心, の独立, の総理大臣

▼ およそ~ (6, 0.2%)

1 似合いな, 似合ひな事を, 健康な, 傑作であり, 本意な, 辜を

▼ およそ五十年~ (6, 0.2%)

1 に下らず, のあいだ, の後, の飛躍, ばかり前, ほどである

▼ およそ~ (6, 0.2%)

1 し國, に比較, に考えられよう, の国, の生命, の者

▼ およそ~ (6, 0.2%)

2 の若い 1 です, に近かっ, ばかりに震え, ばかりに高く

▼ およそ縁遠い~ (6, 0.2%)

1 ように, 人間であった, 作曲者として, 個性の, 厳格な, 生活に

▼ およそ自分~ (6, 0.2%)

1 とは性, とは関係, の理想, の運命, は現在, をよせつけないだろう

▼ およそかく~ (5, 0.2%)

2 のごとき, の如き 1 のごとくする

▼ およそこういう~ (5, 0.2%)

1 ことが, ところが, 局面に, 意味の, 論に

▼ およそそういう~ (5, 0.2%)

1 ふうに, ものは, キッカケを, 事とは, 人達でない

▼ およそ~ (5, 0.2%)

1 敵の, 日の, 者, 見当の, 頃

▼ およそ~ (5, 0.2%)

1 おふき, 打切る, 持って, 答えたら突如, 聞いて

▼ およそ三百人~ (5, 0.2%)

1 あまりと, の多数, ほどの手下, もある, もございましょう

▼ およそ二十~ (5, 0.2%)

1 の長篇小説, ばかりその, ばかり一つ所, ばかり並べた, 近い個所

▼ およそ人心~ (5, 0.2%)

1 に宿る, の働, の働き, の機微, の裏

▼ およそ何物~ (5, 0.2%)

2 かが私 1 も予, をも怖, をも愛せず

▼ およそ半年~ (5, 0.2%)

1 あまり縮, の滞在, の間, ばかりの間, ばかり前

▼ およそ四十年~ (5, 0.2%)

1 の後, ばかり前, ほども過ぎ, ほど以前, 程も前

▼ およそ国家~ (5, 0.2%)

1 ある以上, に職務, の法律, は人民, は如何なる

▼ およそ愚劣~ (5, 0.2%)

1 なこと, な国民, な話, の意匠, の愚劣

▼ およそ戦争~ (5, 0.2%)

1 というもの, などと申す, に三種, の芽, を好まない

▼ およそ推察~ (5, 0.2%)

2 すること 1 されるの, して, はつく

▼ およそ社会~ (5, 0.2%)

1 が完全, に於, の中堅, の平安, の清浄

▼ およそ~ (5, 0.2%)

1 であっても, でも嫁, でも自分, にも想像, に対しても相手

▼ およそ違った~ (5, 0.2%)

1 ものに, 性格らしかった, 感情の, 栄え極めた, 興味と

▼ およそ~ (5, 0.2%)

2 宗教的な 1 武人的な, 認識論的な考へ, 論理的よ

▼ およそいつ~ (4, 0.1%)

1 ということ, の時, 時分に, 頃の

▼ およそ~ (4, 0.1%)

1 使者の, 城普請には, 幾つぐらいまでは, 花の

▼ およそかけはなれた~ (4, 0.1%)

1 もので, ものでした, ものに, 生活である

▼ およそここ~ (4, 0.1%)

1 にいる, になびい, の人たち, は江東

▼ およそそんな~ (4, 0.1%)

1 ことだろう, ことは, ものを, 暗示を

▼ およそわかっ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 ていた, ていない

▼ およそわが~ (4, 0.1%)

1 九円八十銭に, 百六十五間, 百十万円なり, 社会の

▼ およそイエス・ノオ~ (4, 0.1%)

2 をた, をたずぬ

▼ およそ一切~ (4, 0.1%)

1 の万物, の文化, の法, の表現中

▼ およそ三つ~ (4, 0.1%)

1 に分つ, のもの, の形式, の民俗学的問題

▼ およそ三十人~ (4, 0.1%)

1 ばかりの人数, ばかりの賊, ばかりも行った, ばかり参詣

▼ およそ二町~ (4, 0.1%)

1 ばかりにて山, ばかりの間, ばかりを距, ほど先

▼ およそ五分~ (4, 0.1%)

1 という長い, ないし十分間, ばかり石, ほど過ぎる

▼ およそ人間世界~ (4, 0.1%)

1 において損益苦楽, に人望, に内乱, に夫婦別れ

▼ およそ人類~ (4, 0.1%)

1 の記憶, は威張る, は社会的, への愛

▼ およそ何時間~ (4, 0.1%)

1 ぐらいその, ぐらい眠った, ぐらい過ぎた, でもこの

▼ およそ~ (4, 0.1%)

2 県で 1 世界に, 國の

▼ およそ動物~ (4, 0.1%)

1 が一定, には朝, の団体, を互いに

▼ およそ対蹠的~ (4, 0.1%)

1 なこの, な例, な存在, な関内

▼ およそ~ (4, 0.1%)

1 に入っ, の中, の祖神自身, を見る

▼ およそ~ (4, 0.1%)

1 想像どおりな, 推察が, 迷惑だったろう, 避難あり

▼ およそ文明~ (4, 0.1%)

1 の事件, の洗礼, は唯一, は新

▼ およそ正反対~ (4, 0.1%)

1 と言っ, なあぶな, なもの, な感じ

▼ およそ此等~ (4, 0.1%)

1 の人々, の作用, の數件, の理由

▼ およそ現代~ (4, 0.1%)

1 の公卿気質, の少, の文明, の新

▼ およそ百年~ (4, 0.1%)

1 ほど前, も前, を要する, を費し

▼ およそ~ (4, 0.1%)

4 に落ちない

▼ およそ迷信~ (4, 0.1%)

1 とはかかる, の人心中, の程度, の起こる

▼ およそあらゆる~ (3, 0.1%)

1 入渠船舶の, 実体詳しく, 實體詳しく

▼ およそあり~ (3, 0.1%)

2 そうも 1 の儘

▼ およそありとあらゆる~ (3, 0.1%)

1 人間の, 汚物を, 社会の

▼ およそかけ離れた~ (3, 0.1%)

2 もので 1 職工の

▼ およそ~ (3, 0.1%)

3 うした

▼ およそそぐわない~ (3, 0.1%)

1 その場, 話を, 調子の

▼ およそだれ~ (3, 0.1%)

1 か分子, か恐るべき, でもはじめて

▼ およそ~ (3, 0.1%)

1 かどぐらいな器量, と月, と月餘

▼ およそ一人~ (3, 0.1%)

1 が数人, の人間, もいない

▼ およそ一年~ (3, 0.1%)

1 かかった, ばかりもたった, を經

▼ およそ一時間半~ (3, 0.1%)

1 ないし二時間, ばかりお話し, も眠ったろう

▼ およそ一週間~ (3, 0.1%)

1 に一度, ばかり前, も続いた

▼ およそ三十分~ (3, 0.1%)

1 なり, もかかっ, も南部なまり

▼ およそ三千人~ (3, 0.1%)

1 からの群集, からの見物, を出なかった

▼ およそ不審~ (3, 0.1%)

1 なこと, な光景, に打たれたらしく

▼ およそ不思議~ (3, 0.1%)

1 というのほか, なの, な右門流

▼ およそ世に~ (3, 0.1%)

1 つまらないもの, 哀れで, 喧しく言われ

▼ およそ二十年~ (3, 0.1%)

1 の間, ほど前, を費やし

▼ およそ二時間~ (3, 0.1%)

1 かかる頂, ばかりも海, ほども捜索

▼ およそ五六尺~ (3, 0.1%)

2 隔てたる処 1 を離れ

▼ およそ五十人~ (3, 0.1%)

1 ばかり, ほどいた, ほどを斬ったらしい

▼ およそ六十年~ (3, 0.1%)

1 といえ, の昔, ほど前

▼ およそ十一時~ (3, 0.1%)

2 をまわった 1 まで葉巻

▼ およそ十五六分~ (3, 0.1%)

1 くらいの距離, も続いた, も過ぎた

▼ およそ十分~ (3, 0.1%)

1 ばかりし, ばかり一生懸命, ほど過ぎる

▼ およそ十分間~ (3, 0.1%)

2 も祈念 1 ばかり催眠術

▼ およそ十四五人~ (3, 0.1%)

1 である, の同勢, もの大名

▼ およそ十町~ (3, 0.1%)

1 のあいだ, ばかりの道, ばかり道

▼ およそ半分~ (3, 0.1%)

1 ずつ摺り交ぜ, の処, を

▼ およそ古今~ (3, 0.1%)

1 に類, の歴史, の革命

▼ およそ同じ~ (3, 0.1%)

1 ほどの, 時刻に, 程度の

▼ およそ四つ~ (3, 0.1%)

2 の場合 1 の道

▼ およそ四百人~ (3, 0.1%)

1 その大, の総勢, を殲

▼ およそ地上~ (3, 0.1%)

1 にかく, にこう, のいつさい

▼ およそ~ (3, 0.1%)

1 喜劇という, 坂方の, 芸術家たる

▼ およそ~ (3, 0.1%)

1 つ下, の恵福, の道

▼ およそ天地~ (3, 0.1%)

2 の間 1 の遠

▼ およそ~ (3, 0.1%)

2 にも附かぬ 1 にし

▼ およそ戦国~ (3, 0.1%)

2 の世 1 の時代

▼ およそ文化~ (3, 0.1%)

1 といい, の発達, らしいもの

▼ およそ文学~ (3, 0.1%)

1 と云う, に限らず, の本質

▼ およそ~ (3, 0.1%)

1 というもの, の困苦, を好む

▼ およそ最も~ (3, 0.1%)

1 不合理な, 卑近な, 高貴な

▼ およそ~ (3, 0.1%)

1 と死に別れ, の弱点, は何ゆえ

▼ およそ現実~ (3, 0.1%)

1 な存在, の国力, の怪奇

▼ およそ~ (3, 0.1%)

1 あるもの, やさしい敵, を示す

▼ およそ生物~ (3, 0.1%)

1 が増加, に関する自然, の慾望

▼ およそ~ (3, 0.1%)

2 の人 1 と女

▼ およそ知っ~ (3, 0.1%)

3 ている

▼ およそ~ (3, 0.1%)

1 一の, 三部ぐらいまで, 十九世紀東欧の

▼ およそ考え~ (3, 0.1%)

3 得らるべき

▼ およそ自然~ (3, 0.1%)

1 である, なこと, ほど不可思議

▼ およそ街道~ (3, 0.1%)

1 という街道, に關, の右左

▼ およそ革命~ (3, 0.1%)

1 なるもの, の後, を中途

▼ およそ類似~ (3, 0.1%)

1 のある, の或, の社会的地位

▼ およそあい~ (2, 0.1%)

1 きょう者です, きょう者は

▼ およそありうる~ (2, 0.1%)

1 かぎり無意味な, 好意的な

▼ およそあり得べき~ (2, 0.1%)

1 ほどの不幸, 最高なる

▼ およそいくら~ (2, 0.1%)

1 ぐらいは持っ, と見つもっ

▼ およそおかしな~ (2, 0.1%)

1 ものである, 一対の

▼ およそきまっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ およそけんとう~ (2, 0.1%)

2 はずれな

▼ およそこう~ (2, 0.1%)

1 いった調子, まで大人

▼ およそここら~ (2, 0.1%)

1 に勤め, の恋

▼ およそこれ以上~ (2, 0.1%)

1 に偉大, の程度

▼ およそこんど~ (2, 0.1%)

1 の婚儀, の重大原因

▼ およそそうした~ (2, 0.1%)

1 一見哀愁, 人たちは

▼ およそそこ~ (2, 0.1%)

1 では人間, に起ち

▼ およそでたらめ~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ およそどこ~ (2, 0.1%)

1 の国, の屯所

▼ およそない~ (2, 0.1%)

1 と思われます, ものは

▼ およそながら~ (2, 0.1%)

1 綴りが, 藤吉郎の

▼ およそなん~ (2, 0.1%)

1 でもない, でも美味

▼ およそほか~ (2, 0.1%)

1 と違っ, のこと

▼ およそやかましい~ (2, 0.1%)

1 と言っ, ものの

▼ およそわが国~ (2, 0.1%)

1 のみならず, の噴火口

▼ およそわたし~ (2, 0.1%)

1 のきら, の時代觀

▼ およそわれわれ~ (2, 0.1%)

1 が個々, の生活

▼ およそクラム~ (2, 0.1%)

1 に会おう, の姿

▼ およそグロテスク~ (2, 0.1%)

1 だとは, を極めて

▼ およそチェーホフ~ (2, 0.1%)

2 の笑い

▼ およそフランドル名家~ (2, 0.1%)

2 の描きし

▼ およそ一カ月~ (2, 0.1%)

1 くらいも過ぎ去った, の間

▼ およそ一丁~ (2, 0.1%)

1 ばかり離れ, ほどの嶮

▼ およそ一丈四五尺~ (2, 0.1%)

2 にもおよび

▼ およそ一刻~ (2, 0.1%)

1 あまり何ごと, ほどののち

▼ およそ一割~ (2, 0.1%)

1 くらいを加えなく, と見

▼ およそ一尺~ (2, 0.1%)

1 ばかりまるで, ばかり左右

▼ およそ一物~ (2, 0.1%)

1 として偶然, の内

▼ およそ一町~ (2, 0.1%)

1 あまりにし, ほどなれ

▼ およそ一里~ (2, 0.1%)

1 か一里半, も追いかけ

▼ およそ一里半あまり~ (2, 0.1%)

2 の山みち

▼ およそ三十分間~ (2, 0.1%)

1 ばかり呆然と, ほどな

▼ およそ三十名~ (2, 0.1%)

1 ぐらいはいよう, 近い

▼ およそ三十年~ (2, 0.1%)

1 に及んだ, も龍麿

▼ およそ三四十人~ (2, 0.1%)

1 しかもみな, の眼

▼ およそ三時間~ (2, 0.1%)

1 ばかりすぎた, ほどし

▼ およそ三期~ (2, 0.1%)

1 ある, にわけ

▼ およそ三百二十尺~ (2, 0.1%)

2 の七重高塔

▼ およそ三百年~ (2, 0.1%)

1 ちかくの, ほとんど絶え間

▼ およそ三里~ (2, 0.1%)

1 という京都, ほどの遠

▼ およそ不気味~ (2, 0.1%)

1 なもの, な威嚇

▼ およそ不要~ (2, 0.1%)

2 である

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 に好悪, の些末

▼ およそ事実~ (2, 0.1%)

1 というもの, の起こる

▼ およそ事物~ (2, 0.1%)

1 は発生当時, を考察

▼ およそ二三十~ (2, 0.1%)

1 の足, も鍵

▼ およそ二三十人~ (2, 0.1%)

1 して, も真っ裸

▼ およそ二十分~ (2, 0.1%)

1 ほど過ぎ, もおさえつける

▼ およそ二十名~ (2, 0.1%)

1 ぐらいにしか当るまい, ほどの腕利き

▼ およそ二十年間~ (2, 0.1%)

1 は蜀山人, も茶色

▼ およそ二十日~ (2, 0.1%)

1 ばかり前, ほどまえ

▼ およそ二十町~ (2, 0.1%)

1 の近道, も来た

▼ およそ二十種~ (2, 0.1%)

1 ばかりある, ばかり記載

▼ およそ二千年~ (2, 0.1%)

1 で滅するであろう, の昔

▼ およそ二年前~ (2, 0.1%)

1 にゲオルク, に訪ねた

▼ およそ五十里~ (2, 0.1%)

1 ほどであります, も駈け続ける

▼ およそ五年~ (2, 0.1%)

1 の間, ばかりで

▼ およそ五里~ (2, 0.1%)

1 の間, ほども歩いた

▼ およそ人生~ (2, 0.1%)

1 の事業, の義務

▼ およそ以上~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 ても似つかぬ, もつかぬ

▼ およそ似つかぬ~ (2, 0.1%)

1 姿を, 清純たる

▼ およそ何事~ (2, 0.1%)

1 においても行き, も精神的

▼ およそ何回~ (2, 0.1%)

1 くらい日本, ぐらい彼

▼ およそ何日~ (2, 0.1%)

1 くらいをこの, に広島

▼ およそ何時頃~ (2, 0.1%)

1 であろうか, までこの

▼ およそ何程~ (2, 0.1%)

1 のもの, の力

▼ およそ信長~ (2, 0.1%)

1 がここ, の分

▼ およそ偶合~ (2, 0.1%)

1 に左, の起こる

▼ およそ八尺~ (2, 0.1%)

1 ばかりある, もある

▼ およそ六七年~ (2, 0.1%)

2 のあいだ彼

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 を動かす, を隠す

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 をさす, を持っ

▼ およそ十五分~ (2, 0.1%)

1 ばかりも待ってる, もたって

▼ およそ十五畳~ (2, 0.1%)

1 ばかりの西洋室, もある

▼ およそ十名~ (2, 0.1%)

1 ばかりの一行, ほどであった

▼ およそ十年余り~ (2, 0.1%)

1 のあいだ, も前

▼ およそ十月~ (2, 0.1%)

1 より歳, より翌年

▼ およそ十歩~ (2, 0.1%)

1 ばかり大通り, を隔て

▼ およそ千年~ (2, 0.1%)

1 の鶴, ほど以前

▼ およそ半日~ (2, 0.1%)

1 ばかりたつ, も経っ

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 で仰っしゃ, をもっと

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 のこと, の二途

▼ およそ問題~ (2, 0.1%)

1 となる, になる

▼ およそ喧嘩~ (2, 0.1%)

1 のもと, をする

▼ およそ四十分間~ (2, 0.1%)

1 も弱い, 弱い火

▼ およそ四尺~ (2, 0.1%)

1 ばかりの距離, ほどの長

▼ およそ四時間~ (2, 0.1%)

1 にし, もかかっ

▼ およそ困難~ (2, 0.1%)

1 という困難, といっ

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 の中, の勤め

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 なく言, の出し

▼ およそ売上げ~ (2, 0.1%)

1 のどの, の二割四五分

▼ およそ外界~ (2, 0.1%)

1 にあり, の事件

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 はつねに, は醒覚

▼ およそ大概~ (2, 0.1%)

1 な盲人, のこと

▼ およそ如何なる~ (2, 0.1%)

1 世界においても, 行為をも

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 なるもの, なタイム

▼ およそ始末~ (2, 0.1%)

2 のわるい

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 なき婦人, の名

▼ およそ存在~ (2, 0.1%)

2 するもの

▼ およそ学生~ (2, 0.1%)

1 の喧嘩, らしくない人たち

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 たるもの, たる人は

▼ およそ小さな~ (2, 0.1%)

1 規模では, 鹿ほどは

▼ およそ小半日~ (2, 0.1%)

1 も待たされた, も飛んだ

▼ およそ少年~ (2, 0.1%)

2 というもの

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 ながらにし, を移す

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 に掲ぐるよう, の諸説

▼ およそ常識~ (2, 0.1%)

1 が科学的, のある

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 のある, は滅する

▼ およそ役所~ (2, 0.1%)

1 の公文書, の制服

▼ およそ彼女~ (2, 0.1%)

1 がこの, の養母

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 に備え, の雑草

▼ およそ念流~ (2, 0.1%)

1 という実用一点ばり, の剣法

▼ およそ思想~ (2, 0.1%)

1 といっ, などというよう

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 に合わない, の問題

▼ およそ~ (2, 0.1%)

2 る角

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 ということば, をした

▼ およそ感情~ (2, 0.1%)

2 を露出

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 に, に遇

▼ およそ我越後~ (2, 0.1%)

2 に名高く

▼ およそ戦い~ (2, 0.1%)

1 に負けた, の世

▼ およそ戰爭~ (2, 0.1%)

1 といふもの, をする

▼ およそ攘夷~ (2, 0.1%)

1 で負けた, という攘夷

▼ およそ政治~ (2, 0.1%)

1 には縁, ほど面倒

▼ およそ教育~ (2, 0.1%)

1 には人為, の精神

▼ およそ敵兵~ (2, 0.1%)

1 のすき, の出没

▼ およそ文字~ (2, 0.1%)

1 と筆, になった

▼ およそ日本人~ (2, 0.1%)

1 の皮膚, らしくない無神経

▼ およそ時代~ (2, 0.1%)

1 とはかけ離れた, のさかい

▼ およそ時節~ (2, 0.1%)

1 でない時処, の若

▼ およそ普通~ (2, 0.1%)

1 の場合, の日本料理

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 を愛する, を観

▼ およそ未来~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ およそ東洋~ (2, 0.1%)

1 の寺院, の芸術

▼ およそ果敢なく~ (2, 0.1%)

2 頼りなく

▼ およそ柴田家~ (2, 0.1%)

1 の一族, の近

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 など謡い, を見

▼ およそ此世~ (2, 0.1%)

2 の下

▼ およそ武蔵~ (2, 0.1%)

1 が六十年, の影

▼ およそ歴史~ (2, 0.1%)

1 というもの, を通じて存

▼ およそ民族~ (2, 0.1%)

1 にはそれぞれ, の尚武的分子

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 の長い, は尽く

▼ およそ~ (2, 0.1%)

2 汲みなどとは

▼ およそ水面~ (2, 0.1%)

1 から一尺, に近い

▼ およそ江戸中~ (2, 0.1%)

1 の粋, の評判

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 城の, 里子には

▼ およそ無縁~ (2, 0.1%)

1 で遠, なそして

▼ およそ熊本~ (2, 0.1%)

1 に落ち着い, に落着

▼ およそ物事~ (2, 0.1%)

1 には軽重, は

▼ およそ獅子~ (2, 0.1%)

1 の舞, 大じん

▼ およそ理解~ (2, 0.1%)

1 がついた, できるよう

▼ およそ生きん~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ およそ生命~ (2, 0.1%)

1 に附随, を有したる

▼ およそ生活~ (2, 0.1%)

1 の有無, を五十年

▼ およそ男性~ (2, 0.1%)

1 のこのみ, のもとめる

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 人種でもが, 種族間で

▼ およそ病気~ (2, 0.1%)

1 と称する, らしい病気

▼ およそ百マイル~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ およそ百五十年前~ (2, 0.1%)

1 からの戸籍, のこと

▼ およそ百年後~ (2, 0.1%)

1 の元, の奈良朝

▼ およそ目的~ (2, 0.1%)

1 からは一番, を達する

▼ およそ知る~ (2, 0.1%)

2 ことが

▼ およそ知れ~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ およそ研究~ (2, 0.1%)

1 というもの, を始める

▼ およそ私たち~ (2, 0.1%)

2 のかうした

▼ およそ秘密~ (2, 0.1%)

1 くさいところ, なん

▼ およそ立派~ (2, 0.1%)

1 という言葉, なお

▼ およそ竜燈~ (2, 0.1%)

2 といふものお

▼ およそ耐ら~ (2, 0.1%)

1 ないといった, なく可笑しいといった

▼ およそ聞く~ (2, 0.1%)

1 だに凄まじい, と

▼ およそ自己~ (2, 0.1%)

1 の不潔, の欲する

▼ およそ芸ごと~ (2, 0.1%)

2 にはその

▼ およそ芸術~ (2, 0.1%)

1 が普遍人間的, の制作

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 が好かん, の好かぬ

▼ およそ贅沢~ (2, 0.1%)

1 から遠い, な日常用品

▼ およそ越後~ (2, 0.1%)

2 の雪

▼ およそ近世~ (2, 0.1%)

1 の戰國時代, の文学

▼ およそ途中~ (2, 0.1%)

1 でやられた, で立

▼ およそ通俗~ (2, 0.1%)

1 な雑誌類, の信者

▼ およそ道庵~ (2, 0.1%)

1 の匙, の気性

▼ およそ違う~ (2, 0.1%)

1 親しさ, 身を

▼ およそ違つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, ゐたこと

▼ およそ酸っぱい~ (2, 0.1%)

2 顔を

▼ およそ醜態~ (2, 0.1%)

1 といっ, の極

▼ およそ関係~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ およそ~ (2, 0.1%)

1 隈で, 鼠頭魚は

▼ およそ面目~ (2, 0.1%)

1 とか個性, なさそう

▼ およそ顔見知り程度~ (2, 0.1%)

2 になっ

▼ およそ食事~ (2, 0.1%)

1 の如き, の時間五分前

▼1* [1556件]

およそ〇・五ミリメートルのびるもの, およそあそこに残っ, およそあたしが生涯, およそあたしたちの忠告, およそあり得る限り善良で, およそはゆる, およそいかほどの費用, およそいかに安くうまくかつ, およそいちばん的確にその, およそいつも原稿の, およそいぶかしい三千両と, およそいまある鎌倉, およそうつくしいやぐる, およそうらさびしく象徴した, およそおかまいのない, およそおくびにも義父, およそおのれの理想, およそおもしろくないの, およそかかる場合において, およそかけ放れて晴れ, およそかれという, およそきちんと起こさせて, およそきょうの軍議, およそきれいでない新婦, およそくつじょく, およそこうした清澄な, およそここちよげな, およそこつけいだよ, およそこの上ない法律書類の, およそこれこれと見当, およそこれ位プロザイツクな文学論, およそこれ程無鉄砲な, およそこんなにあざやかな, およそさういふ意味の, およそしまらない男で, およそしようのない, およそすこしでも武蔵, およそすたれてしまっ, およそすべての人々, およそそぐはぬものであつたけれども一週間二週間と通つて, およそそしてこれは, およそその後今日までに私, およそその間に彼女, およそそれだけから成り立つ, およそそれほどまでに私, およそそれらの人間たち, およそたかのしれた, およそたくさんな新聞雜誌, およそちがった大らかな, およそちぐはぐの恨めし, およそつねに事重大である, およそつまりませんわ, およそできないが少し, およそできるうちもっとも, およそできるだけ断食を, およそとが書して, およそとんぼのこと, およそどういう原因の, およそどうしても一定の, およそどこのも見逃さず, およそなかったに, およそなにごとでもその, およそなんらかの観点で, およそな計らいなれば道誉一存, およそにおいほど記憶, およそのろい祈りなんて, およそはじめて太平洋を, およそはた目にも羨ましく, およそはるかに高い, およそばかげた書き方である, およそばかばかしくてめでたい, およそになり, およそひとつの新, およそひとりでやっ, およそぶら下り触れうる, およそぬけの, およそまあ姐御, およそまかせられた最初の, およそまた自由な, およそまだ人の, およそまったく健康な, およそまともな人間, およそみえたぞ, およそむずかしいことでした, およそめずらしいかわり種の, およそめんくらったとみえ, およそもっともらしい顔, およそゆく手に, およそわかるわ一日, およそわが身を狙ッ, およそわしは火星以外, およそわびしいかぎりの, およそわれながら調子, およそわれらが謙虚, およそわれわれ人類にはその, およそアラスカとは縁, およそアルコール分を含んだ, およそイミテーシヨンだ, およそウソなんぞ吐く, およそエタの身分, およそキモをつぶすだろう, およそシェラックに刻まれたる, およそストーヴと名, およそスポーツというもの, およそチェリーとは逆数的人物, およそチベットにありとあらゆる, およそハイキングだのパッ, およそハガキ大の餅, およそハッキリわからなくって, およそフリーダぐらいの年, およそプロレタリヤ的でない, およそベッド二つ分ほども大きかっ, およそベルリンぐらいおもしろく, およそベートーヴェンの作品中, およそボルシェヴィキとは無縁, およそマジナイが人, およそムダな骨折, およそヤソ教はその, およそヨタモノという連中, およそライオンの二倍, およそリアリズムであるべきだった, およそルナアルとは血縁, およそレヴォルウションというレヴォルウション, およそワーテルローは何, およそ一ばん美くしいものは恋, およそ一マイルほどの間, およそ一マイル半でそこ, およそ一ヵ月ぐらいな兵糧, およそ一ヵ月位で自然, およそ一ヵ月余の後, およそ一ヶ月もか, およそ一ヶ月あまりこれという大, およそ一ヶ月位のこと, およそ一ヶ月間は地主, およそ一丁半路の左右, およそ一万近い悪銭, およそ一万五千が加わり, およそ一万余続々と, およそ一丈半くらいにも成長, およそ一二センチメートル内外もあろう, およそ一個月間興行して, およそ一分弱から一分半余り, およそ一割方安く売る, およそ一千四百五十海里なり, およそ一千疋の子, およそ一千頁と計りし, およそ一升入りその代り昼後, およそ一合ほど削っ, およそ一哩ばかりの道程, およそ一国一城の大将, およそ一國には國民固有, およそ一婦人世帯の傍, およそ一定の建築法, およそ一家でこれ, およそ一寸角くらいに切った, およそ一尺余にも達する, およそ一幅の黒い, およそ一年中の夜明け, およそ一年冬次郎様と競ぎ, およそ一年半か二年, およそ一斗も飲んだろう, およそ一日に一人分幾錢, およそ一時代を風靡, およそ一時間十五分ないし三十分, およそ一月の間, およそ一月余りも頼朝, およそ一月余り後の出来事, およそ一枚が二間四方, およそ一様に均等, およそ一民族が隆盛, およそ一派の哲学, およそ一流を極めた, およそ一生の理想, およそ一町あまりも歩いた, およそ一町北に平泉館, およそ一百三年或いは四年前, およそ一百坪に余る, およそ一箇年ほどつづけ, およそ一箇月ばかりの後, およそ一致して, およそ一芸に秀で, およそ一芸一道に秀でた, およそ一貫した根本, およそ一週一度ぐらい姿, およそ一週日ばかりは殆, およそ一邦の貧富, およそ一里十余町町数にし, およそ一里半府中の宿, およそ一里許りも, およそ一里近い間は広々, およそ一間の四分の一, およそ七万の人口, およそ七倍而して, およそ七八分より末, およそ七八分社長に人工呼吸, およそ七八十人数の上, およそ七八十名ばかりのいずれ, およそ七八十畳も敷け, およそ七八千とみられる, およそ七八千騎の軍勢, およそ七分ばかり過ぎ, およそ七十余日経ったころ, およそ七十尺もある, およそ七十里余あって, およそ七十餘とほり, およそ七千を向け, およそ七千万人ギリシア宗徒もまた, およそ七尺しかし象, およそ七日ほどは柵, およそ七日十日に及ぶ, およそ七百ばかりの兵, およそ七百騎となっ, およそ七間くびじろだ, およそ万吉郎の趣味, およそ万物天日のお蔭, およそ万里の大海, およそある, およそ三か月ほどかよいました, およそ三ヶ年にわたって毎月末相談, およそ三丁ばかりある, およそ三万六千というもの, およそ三三五年前で右, およそ三分の一の所, およそ三分間ばかり話し, およそ三列三交代ぐらいになっ, およそ三割方の高価, およそ三十万以上の失業者, およそ三十九カ条の条件, およそ三十五歳ほどの女, およそ三十人余り城外へ遊山, およそ三十余年前なり, およそ三十分の後には彼, およそ三十分僕は不思議そう, およそ三十圓であると, およそ三十年前私が大学院, およそ三十年織田信長はすでに, およそ三十年間我外交の始末, およそ三十日ばかりで, およそ三十本ときまっ, およそ三十枚もあったでしょう, およそ三十歩ばかり隔てた, およそ三十種ばかりもある, およそ三十通ほどの手紙, およそ三十間ばかりの所, およそ三十間どまりといわれ, およそ三千マイルにちかい長, およそ三千万人の人口, およそ三千両なりと, およそ三千円を費した, およそ三千平方メートルも庭, およそ三千石ほどだった, およそ三哩もさかのぼらなけれ, およそ三四十分ぐらいね, およそ三四十分間を要, およそ三四十分間位弱い火, およそ三四十枚極彩色の絵看板, およそ三四十隻いずれも逃足, およそ三四年ほどごろつい, およそ三四時間土木業をやっ, およそ三四百尺もあるべく亙り, およそ三四銭余計にかけて三十五銭, およそ三寸ばかりもある, およそ三尺の刀身, およそ三年位幹について生き繁っ, およそ三斗八升ぐらい, およそ三斤ばかりの白く, およそ三時間家を空けた, およそ三段に分る, およそ三百余人正成がそれぞれ, およそ三百倍したほどな, およそ三百回ほど釜, およそ三百篇の詩, およそ三百騎ばかりで, およそ三種あり第, およそ三組から成る, およそ三罰のほか, およそ三貫目位のもの, およそ三通りの用い, およそ三週間くらいの胎児, およそ三里十町もあろう, およそ三里程ある, およそ三間に拡がっ, およそ三間余の長, およそ三面から総がかり, およそ上手な医者, およそ上述の如き, およそ下らない浪費にこそ, およそ下手な字, およそ不向きな顔, およそ不味いものの, およそ不安を感じてる, およそ不幸というもの, およそ不敵無双です, およそ不覚の起こる, およそ世上に定評, およそ世界中の船舶, およそ世界各国の人種, およそ両極ほどな, およそ中国の土, およそ中央の政情, およそ中庸の道, およそ中津にて酒宴遊興, およそ中流の処, およそに仕える, およそ九〇センチメートル内外に達し, およそ九マイルを隔てた, およそ九万人の婦人労働者, およそ九億人ありて, およそ九十万人の工場, およそ九十両ほど, およそ九十年元明天皇が平城京, およそ九十年前に, およそ九十年間あるいは宗教, およそ九十日ぶりで忍び遍歴, およそ九年の後, およそ九時間を経過, およそ九月の半, およそ乱雑でお, およそ予想もしなかった, およそ予感すらもっ, およそ事件に関係, およそ事情がわかった, およそ事柄が道理, およそ事業はみだりに, およそた月, およそ二〇分ばかりする, およそ二か年間に催促, およそ二か月にもわたった, およそ二つのこと, およそ二ときばかり飛翔, およそ二カ年の間, およそ二センチメートルばかりで, およそ二ヵ年足らずのあいだ, およそ二万ぐらい雲霞, およそ二万人位のもの, およそ二万余と聞えた, およそ二万余騎を穀倉守備軍, およそ二万円あまりの金, およそ二万年も前, およそ二丈もあろう, およそ二三十人中には竹馬, およそ二三十分して, およそ二三度鬢づらを, およそ二三町もはい, およそ二三百の変わり, およそ二三百個も煌々, およそ二三秒時間二人とも黙っ, およそ二三里の路, およそ二分経っても, およそ二刻あまりもかかった, およそ二割を加算, およそ二割引きくらいで, およそ二十一億余ある, およそ二十七セントになるらしい, およそ二十三万死刑八百十三人という狂気, およそ二十三四で五, およそ二十二三名は上洛, およそ二十五六間ほどな, およそ二十五分くらいだった, およそ二十人ばかりも彼方, およそ二十八九日めにやっと, およそ二十八箇条をあげ, およそ二十分の時間がすぎました, およそ二十分位蒸します, およそ二十台もあった, およそ二十品位もあるであろう, およそ二十四五歩の階段, およそ二十年後の当時, およそ二十幾畳か敷ける, およそ二十日余りも病気, およそ二十枚くらい画い, およそ二十歩も前進, およそ二十町余りも山, およそ二十畳も敷ける, およそ二十畳敷くらいの一室全部, およそ二十発であろう, およそ二千ほど残っ, およそ二千メートル後方の仮, およそ二千五六百の兵, およそ二千五百万人から三千万人, およそ二千余騎の兵, およそ二千円を減じ, およそ二尺五寸も積もった, およそ二年半死にもの狂い, およそ二年後にぼく, およそ二抱えもあろう, およそ二斤半要るとして, およそ二斤半位なもの, およそ二日が慣例, およそ二時間あまり熱心に研究, およそ二時間足らずの睡眠, およそ二時間電話をかけ, およそ二月ぶりで美沢, およそ二条しかありません, およそ二枚凧ぐらいな大き, およそ二町余も往ッ, およそ二百ばかり一団, およそ二百メートルぐらいの間, およそ二百七十年間にわたって江戸城, およそ二百万の人口, およそ二百三十五年のあ, およそ二百九十里からの旅, およそ二百五十人と積, およそ二百五十年前の嘉永三年, およそ二百人あまりの人数, およそ二百人余はいたろう, およそ二百余の死体, およそ二百余騎となった, およそ二百年ばかり前, およそ二百年近くも前, およそ二百年間は続いた, およそ二百貫はあつ, およそ二種ある, およそ二里群馬県下で一番, およそ二間ほどになった, およそ五か年の間, およそ五つの概念, およそ五インチばかりの何万, およそ五万をこえるであろう, およそ五万人の生徒, およそ五体が満足, およそ五六分時間にし, およそ五六分間は十分, およそ五六十ぴきの山猿, およそ五六千の天幕, およそ五六百少弐頼, およそ五六里も行った, およそ五六間もあらう, およそ五六間上までは小, およそ五分の一以下に減ずる, およそ五分間ぐらい尾, およそ五分間一同首を垂れ, およそ五十ばかりある, およそ五十センチに近い, およそ五十マイルあり山々, およそ五十万ほどだ, およそ五十万円の利子, およそ五十余年の昔, およそ五十余里河に在, およそ五十名もそこ, およそ五十尺ほども降りた, およそ五十歳ばかりの男, およそ五十畳も敷ける, およそ五十種あり, およそ五十銭となります, およそ五十騎ほどで, およそ五寸ぐらいで, およそ五尺ほどにも成長, およそ五日間はすでに, およそ五百ぐらいの部屋, およそ五百三十いく歳の時, およそ五百名ありみな下等, およそ五百坪くらいある, およそ五百年前に虎関和尚, およそ五百棟ありと, およそ五百艘さながら大鳥, およそ五通り備えて, およそ亡き人々は, およそ享楽的な集合所, およそまで五里, およそ京家には戦後, およそ人がらがわかる, およそ人たる者はそれぞれ, およそ人ちがいをし, およそ人なみの侍, およそ人世の珍, およそ人事に必要, およそ人助けには縁, およそ人口に膾炙, およそ人圈最小さき天, およそ人工の加わった, およそ人悪をなし, およそ人格的に人物養成, およそ人物の程度, およそ人目に触れ, およそ人種の憎悪, およそ人間どうしの交際, およそ人間らしいところを, およそ人類科學發展の歴史, およそ今上をめぐる, およそ今天下に虻, およそ今日民間に伝わる, およそ仏教の諸, およそ仏陀の鐘, およそ他人に害, およそ他国の遊び場所, およそ他愛のない, およそ以前は後醍醐, およそ仲間の廻文, およそ伊耶那岐伊耶那美の二神, およそ似つかしからぬ艶めいた, およそ似つかわしからぬ干からびて, およそにも計算, およそ位階あり王府, およそ低い声で, およそ佐官級の者, およそ何だ身体中の, およそ何もかも不思議な, およそ何人にてもいささか, およそ何人たるを問わず, およそ何人位まだ来る, およそ何分ぐらいに切ったら, およそ何十万噸いや福の神, およそ何十分くらいもたっての, およそ何回何十回とした, およそ何寸が手頃, およそ何故に哲学的, およそ何日ごろになりましょう, およそ何日間であったか, およそ何貫目というかね, およそ何里ほどあるだろう, およそ何間と数え, およそが各, およそ余されてはいなかった, およそというもの, およそ侍屋敷などで針, およそ侘しい限りで, およそと下根, およそ保存にたえる, およそ信玄の遺, およそ信用できないぞと, およそ俳優の芸術ぐらゐ, およそ借金だらけにし, およそ偶然の集り, およそ偽善的な臭み, およそ偽物の画, およそ備わらざるはない, およそを持たぬ, およそ働き得るほどな, およそにそんな, およその武大, およそ先入観とは恐ろしい, およそ先帝を惜しみ奉らない, およそ光明天皇ほどお, およそ光明授受に向っ, およそ光秀ほど信頼, およそ全部旅行した, およそ八つばかりよくベトベト, およそ八丁堀にお, およそ八九百人馬やら徒歩, およそ八十四五里の三河国幡豆郷横須賀村, およそ八十年前の, およそ八千坪からの敷地, およそ八時ころのこと, およそ八時間後のこと, およそ八百七十三人遠謫配流, およそ八百人ばかりが横山城, およそ八百年ほどもまえ, およそ公卿が日頃, およそ公卿一味の数, およそ六つほどに分れ, およそ六つ半時ごろになっ, およそ六フィートほど, およそ六七分はかかった, およそ六七分方引き上げねば, およそ六七十人中には騎馬, およそ六七十日のうち, およそ六七子ありと, およそ六七日で賊境, およそ六七枚も剥いちゃったろう, およそ六七里隔たりたる山中, およそ六万一千余と聞い, およそ六億万円の歳入, およそ六十年間位も何, およそ六十種あり熱帯アメリカ, およそ六千人の青年男女, およそ六千哩のかなた, およそ六呎たっぷりあろう, およそ六年間の両者, およそ六日ばかりの間, およそ六日前から魚, およそ六波羅や幕府方, およそ六百年前で後醍醐天皇, およそ六里はございましょう, およそ六里半か, およそ兵事を達する, およそ兵略として夜, およそ兵部の眼鏡, およそ兵馬が駐屯, およそ其奴等がなす業, およそ其様子合を合点, およそ其許の柄, およそ其領地の範圍, およそ円タクには不調和, およそ写真の作業一切, およそ冴えにも冴えまさった, およそ凡下なもの, およそ出世間的に超然, およそ出入りと名, およそ出来るわけの, およそ出没自在をきわめる, およそ分っている, およそ分ったことだった, およそ分つてゐた, およそ分らぬものは, およそ分りそうな, およそ分明になっ, およそ切り離すことの, およそ列座の諸侯, およそ初雪は九月, およそ判断のつく, およそなもの, およそ別人であること, およそ制限漢字など無視, およそ前代の漫芸, およそ前日来経歴した事, およそ前述の如き, およそ剣聖と名人, およそ剣道指南と名, およそ助手というもの, およそとかつかつ, およそ動作ののろい, およそ北京山東の尼姑, およそ十一万石の地, およそ十一二年前郷里の知人, およそ十一時半頃まで何, およそ十一里位歩いたです, およそ十七ばかり地丸左陣, およそ十七八足には革草鞋, およそ十七哩あるの, およそ十万と称する, およそ十三日間の大, およそ十二キロメエトルほど歩い, およそ十二三名一組ずつ三手, およそ十二三尺の距離, およそ十二歳ばかりの少年, およそ十二辰に生物, およそ十五万の大軍, およそ十五六より二十四五歳, およそ十五六人が鬨, およそ十五六隻周章てふためいて, およそ十五分の後その沈澱素, およそ十五分間ばかり続いた, およそ十五日の内, およそ十五歩ばかり離れた, およそ十人ばかりであろう, およそ十余町離れたる所, およそ十八世紀末以降の朝鮮西教史, およそ十八年にし, およそ十六里北は越中, およそ十分あまりも続い, およそ十分許りも, およそ十分間あまりも私達, およそ十四五分時を経, およそ十四五名もいるだろう, およそ十四五機もあったろう, およそ十四五間屋敷小路を出, およそ十四帝八十三回に及べり, およそ十回あまりも休んだ, およそ十年前幽霊に関する滑稽談, およそ十年国内に盗賊, およそ十挺ほど板, およそ十数分も経った, およそ十数名じわじわ詰め寄っ, およそ十数年ほど前, およそ十数里すすむと, およそ十日の後, およそ十日以上も直家, およそ十日間ほど続い, およそ十時に伽藍, およそ十時ころまでマットレス, およそ十時間である, およそ十歳にし, およそ十片内外もある, およそ十種に過ぎない, およそ十種類のおのおの, およそ十箇条をかぞえ立てた, およそ十里ほども北, およそ十里間吾妻川の流域, およそ十銭高くなる, およそ十間近くも下流, およそ十隻ほども集っ, およそ千三百余年前に支那, およそ千二三百一陣になっ, およそ千二百年になる, およそ千五百四十年前邪視は今, およそ千人の門弟, およそ千余の人影, およそ千坪ばかりの平坦, およそ千尺位の幾筋, およそ千本くらい, およそ千百三十年前既にあった, およそ千貫という額, およそ千里も遠い, およそ千鶴子の船, およそ午前一時ごろにおし, およそ半年百日に亙りまし, およそ半時もつづけ, およそ半時間ほどにもなろう, およそ半月も寝, およそ半減した, およそ半額に減じます, およそ単独ではこない, およそ単純という批評, およそ卜すに足りる, およそ卜筮により, およそ占領政策の行き過ぎ, およその刻過ぎ, およそに贄, およそ原田どのほど逆上, およそ厭味なの, およそ厳しい仮借の, およそ双方の間, およそ日本国民精神的な, およそ収入の大略八割, およそ収録すること, およそ口腹を満たし得る, およそ古いね, およそ古今世界に親子不和, およそ古今武将の中, およそ古代人の疫病神, およそ古典となる, およそ古文真宝, およそ古来から臣, およそ召し使いの, およそ可能だとしての, およそ史書を漁る, およそ右翼小児病というもの, およそ右門の身まわり, およそ各種の病人, およそ同数の兵, およそ同時に出た人, およそのある, およそ名実伴わぬ高名, およそ名将といわれる, およそとして民, およそ向きあって話, およそにとつて殺人, およそ吸殻のない, およそは汝, およそ吾人が生活, およそという味, およそ呼吸の数, およそ命中率の問題, およそ和えものの和え, およそ哲学と名, およそ哲学自身は超, およそ哲學といふもの, およそ商売において最初, およそ商家に育つ, およそ善悪をなせ, およそ喰えそうな, およそ嗜好飲料は香料, およそかへりし, およそ四カ月間は黒煙四方, およそ四キロメートルばかりのあいだ, およそ四ヵ月を要したる, およそ四丈ばかりの滝, およそ四五メートルも下った, およそ四五十もあつ, およそ四五十人も集まっ, およそ四五十分間ですね, およそ四五十合の大, およそ四五十間も御座候, およそ四五千だが, およそ四五百の兵, およそ四五百円になる, およそ四五百名もこの, およそ四五百艘の軍船, およそ四五里も先, およそ四五間もあろう, およそ四億人と称し, およそ四分がたいっせいに咲きだし, およそ四十ばかりの男, およそ四十一エーカーの広, およそ四十九銭なり, およそ四十五六年もたった, およそ四十人は来, およそ四十人近くもいっぱい, およそ四十余年の間継続, およそ四十分位です, およそ四十年近くにもなっ, およそ四十日ぐらいのあいだ, およそ四十日余りもお, およそ四十餘年間に亙る, およそ四十騎しか連れ, およそ四千法ほどすっ, およそ四回随って批, およそ四坪の硝子明取り, およそ四尋ほども沈ん, およそ四海に事, およそ四百ほどな, およそ四百三十年の期間, およそ四百両となにがし, およそ四百数十年ごろ門人の門人たち, およそ四百種あるそう, およそ四諦十二因縁のわからぬ, およそ回易のこと, およそ因果性とは何, およそ団七こそは武人, およそ団体を造っ, およそ団十郎とは遠い, およそ国民の負担力, およそ国民たるの分限, およそ国民たる者は一人, およその周り二畦三畦通り, およそ園菜家畜をあげ, およそ圓朝にとっては生き, およそ土堤の敷地, およそからはえ, およそ地球の人間, およそ地理に於, およそ地震にあらずし, およそ坂東平野の出来事, およそ均斉ほど人, およそ城内の勝手, およそ城攻めには初めて, およそ堂上の方々, およそ堂號によつて, およそ堅実でない私, およそ堕胎ということ, およそ場所違ひの, およそたるもの, およそ士君子の正, およそ変った風景である, およそ変わったことが, およそらしく桔梗, およそ夕刻頃にはすでに, およそ外人が使用, およそ多寡をくくっ, およそ多少とも良心的, およそ夢中に現, およそ大乗と名付けられる, およそ大体に於, およそ大勢の定まる, およそ大名旗本の奥向, およそ大敵に向う戦, およそ大望のおん大事, およそ大正の世, およそ大正四五年の頃, およそ大砲の連発, およそ大義に生き, およそ大衆団体の中, およそ大道具大仕掛, およそ大道芸人のうち, およそ天ヶ下の芸道, およそ天地草木の生々, およそ天地間の生類, およそ天子が武臣, およそ天災不幸は弱点, およそ天皇の御子たち, およそ太平洋を横断, およそ奇怪なもの, およそ奥義書風でなくむしろ, およそ奪われ得る限りの, およそ女子の美, およそ好まぬところだった, およそ如才がなく, およそ妖怪の正体, およそ妖怪屋敷の出来事, およその眼, およそを見, およそ媚びへつらう輩ほど, およそ媚薬はもと, およそなもの, およそ嫌いだ, およそ子どもっぽいいたずら, およそ字学というもの, およそ学問に入る, およそ学問技術機械みなそれである, およそ学者が少数識者間, およそ学説として世, およそ宇宙の極まる, およそ宇宙間の諸, およそ守り札は, およそ安価なイージーゴーイング, およそ安土の命令, およそ安土城が創, およそ安政万延のころ, およそ完全なるもの, およそ宗教には二つ, およそ官兵衛の献言, およそ官吏臭といふもの, およそ官府に不, およそ官途にある, およそっている, およそ実業に関係, およそ実際的に, およその用向き, およそ室内のひろ, およそ室町時代以後と見れ, およそ宮廷人ばかりの百二, およそ宮方色のもの, およそ宮本武蔵という人, およそと名, およそ家族全員をとらえ, およそ容易ならぬ女, およそ寄席の高座, およそ寄手の兵気虚実, およそ寝覚めが悪い, およそするに, およそ察したのでお, およそ察せられて私, およそ察せられるやうに, およそに対する多数, およそ寫樂によつて誇張, およそ対象は外, およそ将棋さしという将棋さし, およそ将門は本意, およそ尋常邑里の生存, およそ對蹠的な色彩, およそ一万も, およそ小学生徒くらいのもの, およそ小山ほどあろう, およそ小町に因み, およそ小説を書く, およそ小豆と名, およそ少しでも気, およそ尾上町の一年半, およそ尾張一国の半分以下, およそ屈託や気取り, およそ山中広野を過, およそ山巓から三百米突, およそ峻烈苛酷をきわめる, およそ巡洋艦の機関, およそ工場または農作等, およそ巴里中にある, およそ巾着銭の足し, およそ市中において自分, およそ希望にし, およそを興す, およそ師父らしくない態度, およそ師直の門, およそ幕府の力, およそ平凡から遠い, およそ平生彼の説, およそ年紀二十ばかりの時, およそ幸福が与え得る, およそ幾らくらいな, およそ幾人でご, およそ幾十年の声, およそ幾日位で出来ます, およそ幾晩くらいも続いた, およそ幾棟か知れぬ, およそ幾百匹東から西, およそ幾許の年日, およそ幾金のもの, およその見当, およそ廉恥を知らぬ, およそ廊下の中, およそ弁論の雄, およそ引っくるめた一つ, およそ之丞, およそ強奪したもの, およそを得ぬ, およそ当今では低廉随一, およそ当代の下劣, およそ当時の明治政府, およそ当時西欧における学問的教養, およそ当該の人, およそ当面の敵, およそ形容詞は要るまい, およそ彫刻でも絵画, およそにたたない, およそ彼等の精神, およそ彼處に出入, およそ待ちまうけない, およそ待ちくたびれを覚悟, およそ後人に刀剣鍛錬, およそ従業員にとってこの, およそ得意の絶頂時代, およそ得體のわからない, およそ復一の気持, およそ復古政府のあらゆる, およその一面, およそ徳教の書, およそ心中の死にぞこない, およそ心外なと, およそ心得難く見やりました, およそ心理療法は人, およそ必然来るべき事態, およそ忍術というもの, およそのある, およそ思惟の可能, およそ怪訝な顔, およそ恋愛の成る, およそ悪いことを, およそ悪事に名, およそ悪質なもの, およそ悲劇的な影, およそ悲運ときまった, およそのある, およそんみる, およそ意外な知らせ, およそ意気なお客, およそ意表に出る, およその表現, およそ愛宕山の三分の一, およそ感傷の響, およそ感覚感情を通じてうつたへる, およそ慶長美術なるもの, およそ慾念のかたまりで, およそ憐憫とか同情, およそ懸けはなれた, およそ懺悔はま, およそ成立しなかったであろうという, およそ我々が行い, およそ我が国の学者, およそ我と親しみて後, およそ我人の思想, およそ我国に行われる, およそというもの, およそ戦は兵力の, およそ戦勝者らしくも, およそ戦場において信玄, およそ戦局を大観, およそ戦意を失い, およそ戦闘の用, およそ戦雲のつばさ, およそ所在ないもの, およそにとる如き, およそ手綱の丈, およそ扱いにくい典型的, およそ批判はその, およそ技術芸能の士, およそ折檻ということ, およそ拝察に難く, およそ持明院派の公卿, およそ捕捉しがたい, およそ捕虜を見るなら, およそ探偵作家というもの, およそ探偵小説と名, およそ推量をつけ, およそ摘発者が出現, およそ攻撃目標たるわれわれ, およそ政治上においても経済上, およそ政治家らの利害, およそ政論派の起こる, およそ少い一つ, およそ数十マイルの間, およそ数千言を費し, およそ数寄を凝らした, およそ数百条書くところ, およそ数里の外, およそ数里日本の約, およそを倒す, およそ敵味方の分類, およそされるであろう, およそ文久頃と押え, およそ文学固有の生き方, およそ文武の百官, およそ文章では書きあらわせない, およそ料理についてももの, およそ斯くの如き, およそ兵器の, およそ新帝の一派, およそ新聞で拝見, およそ方角の異, およそ方面を異に, およそ旅人に窮屈, およそ旅先の旅館, およそ族長の後嗣, およそ旗本の家, およそ旗本悪のうち, およそ日子坐の, およそ日帰りの出来る, およそ日常生活のあらゆる, およそ日本国中の人口三千四, およそ日本精神を科学的精神, およそ日本美術を語ろう, およそ日焼けした小さな, およそ日頃から常陸源氏, およそ旧式の趣味, およそ早耳であったの, およそ明主と称し, およそ明日の試合順, およそ明智軍として今日, およそ明治の末年東京市内, およそ明治中葉以降芸者のこと, およそ明治二十二年の十月ごろ, およそも今, およその如く, およそのいかばかり, およそ時世粧であること, およそ時代遅れの縁遠い, およそ時代離れのした, およそ時候の変化, およそ時運に逆らっ, およそ時間の記憶, およそ智識道徳の教え, およそさとは, およそ暗鬱といえ, およそ暴力を知らない, およそ暴動の最初, およそ書物を手, およそ有りそうも, およそ有りうべからざる奇怪事であります, およそ有りふれた陳套な, およそ有り得べからざることです, およそ有縁にし, およそ望みうる最大の, およそ望むことを, およそは祖先, およそ朝帰りなるもの, およそ朝廷の人ども, およそ朝政を一新, およそ木魚のおじいさん, およそ末世的な荒みきつた, およそ本書編成の年月, およそ本来において国民全体, およそ本邦において肉眼, およそ材料に用いる, およそ村正と名, およそ村民との親しみ, およそ東亜の諸, およそにない, およそ柳ヶ瀬から下余吾方面, およそ柳営の隅々, およそも葉, およそが違っ, およその葉, およそ森羅万象一つとして常住, およそ植物を知る, およそ概念的に考える, およそは穂先下がり, およそ模範的だなぞと, およそ機械論などというもの, およそ欠けてゐる, およそ次にのべるよう, およそ次郎吉の虫, およそ欧州中礼拝所の多き, およそ歎息というもの, およそ正午と覚しい, およその如き, およそ此方にも目, およそ此村に住む, およそ武人化したという, およそ武勇人の戦場, およそ武家の奉公人たる者, およそ武将となる, およそ武者合戦の壮絶さ, およそ武蔵野原に土着, およそ武術の勝負, およそ武道の本義, およそ武門のよい, およそ歩き尽くしたといっ, およそ歴史上の判断, およそ歴史中一八一四年ごろから初, およその荘厳, およそどりを, およそ毎会ここでは出つくし, およそ民衆の先入主, およそ民間の事業, およそ気づいたとしてもこの, およそ気味の悪い, およそ気病いの厄神, およそ水村の風光初夏, およそ水茶屋とは関係, およそ汚いマドロスだった, およそにいと, およそ江戸という土地がら, およそ江戸っ子の全部, およそ江戸城の十重二十重, およそ江戸市中広しと, およそ江戸日本橋よりし, およそ江戸鳶の誇り, およその坊, およそ沈まぬ船という, およそを商う, およそ油絵というもの, およそ法学が学問, およそ法螺とは縁, およそ法返しのつかない, およそ波濤の健児, およそ泥土は決して, およそ泰平の世, およそ浮世のこと, およそ海浜の村落, およそ海辺の村落, およそ涙脆かつた, およそ淫奔の性, およそ秘な, およそ深き土中より, およそ深刻悲痛である, およそ深刻摯実なる魂, およそ混戦とは何物, およそ混沌たるもの, およそ清潔といふこと, およそ湖上湖辺のこと, およそ湖処子の, およそ湾岸全体人影一つなかった, およそ溌剌颯爽たる女性スキーヤァ, およそ滑稽至極なもの, およそ漢朝の旧臣, およそ激しい絶頂を, およそ火星人の気持, およそ災害は倉卒, およそ為政家が自分, およそ関心で, およそ無いと判断, およそ無愛想な様子, およそ無理のない, およそ無用な勢力, およそ父子夫婦兄弟の際, およそ物ときとして形, およそ物の数ではなくなっ, およそ物体が動き出した, およそ物品の価値, およそ特定の個人, およそ特権濫用破廉恥圧制不正専制不法盲信暴虐などと名, およそ特殊な芸風, およそ特異でいかにも, およそ犯罪をする, およそ狂人の片鱗, およそ狩人は己, およそ狭くて天井, およそ猟師に知れ, およそでない人間, およそ獣類は無心, およそ玄徳の感傷, およそ王位そのものに帰すべき, およそ現今の家, およそ生きてるもの動いてる, およそ生きるということ, およそ生き物の生命, およそ生活改善が唱えられる, およそ生産武備の二機関, およそ田畑とは縁遠い, およそ由良を贔負, およそ甲州の裏表, およそ男同士の旅館, およそ男女の歳, およそ男子を食う, およそに起こった, およそ町中の一夜, およそ異なった訓練が, およそ異常に強烈, およそを数え, およそ畳一枚くらい, およそ病因は彼, およそ白山白水谷を越え, およそ百キロの距離, およそ百メートルはあろう, およそ百万人見当の都市, およそ百万円の巨額, およそ百三十万石の地, およそ百九十マイルあり, およそ百二三十人あとに駈けつづい, およそ百二三十年今なおここ, およそ百二三十箱ほど詰めれ, およそ百五六十年ぐらい以前, およそ百五十めーとるから, およそ百五十前後の僧坊, およそ百五十名以上二百名まで居る, およそ百五十間としてある, およそ百五十騎にございまする, およそ百人あまりもいる, およそ百余人はまず, およそ百余張の半紙本, およそ百円一寸と玄人, およそ百分の六これでは米国百貨店, およそ百坪ありて, およそ百年ジュフールの説, およそ百年間も行われた, およそ百数十年の昔, およそ百数十騎の兵, およそ百日のあいだ, およそ百箇に近い, およそ百羽ほどの鳩, およそ百里の間, およそ百間ちかくも, およその話, およそ皇国の士民, およそ皇帝が立, およそなき戦, およそ盗む者は, およそ盗賊の跳梁ぶり, およそ盗難や遺失物, およそには見え, およそ目分量みたいなもの, およそ盲人は触覚, およそ刃に, およそ直参旗本の本来, およそ相反するもの, およそ相応しくない陰惨, およそ相手が渡渉, およそ相手方の諜者, およそ看る物同じ, およそ県試験の年頭, およそ真に国を, およそ眠いといった仏頂面, およそに入る, およそ眼さきも見えず, およそ睨みのきかない, およそ瞑想のうち, およそ知つてゐる, およそ知らないことは, およそ知られるというもの, およそ知るべきことは, およそ知れたもの, およその積んだ, およそ破れさけた道化服, およそ礫川の工廠, およそ礼儀正しい勤め人, およそ社会生活の事, およそ社会的の生活, およその解釈, およそ神仏は道徳, およそ神尾として今日, およそ神様でない人間, およそ神祇を祀る, およそ神経の太い, およそ禅僧であって, およそ福地家に出入り, およそ禽獣は必ず, およそ秀吉がわし, およそ私達を吃驚, およそ科学的精神とは乖離的, およそ科學者と縁, およそ程合いのある, およそ穀物何十石油何斗布何反と決った, およそっても知れる, およそ積つても知れる, およそ積極的に生活, およそ空気中に塵毛, およそ突きとめて, およそ立女形に属する, およそ答弁には予め, およそ築城の縄取り, およそにし, およそ米友としては若い, およそ米國の, およそというもの, およそ精神の高, およそ紅屋というもの, およそ紅毛人とは申せ, およそ紋切り型であるし, およそ納得出来るよう, およそ純粋比例に目ざめない, およそ紙きれなどを壺, およそ素人の想像, およそ素人づくりのソマツ, およそ細君以外の女性, およそ終わるということ, およそ経済世界自然分配の法則, およそ経済方面の要務, およそ絶世の美女, およそ絶望ということ, およそ絶賞せらるるほどの, およそ綺羅な波映え, およそ編物針ぐらいの長, およそ縁どおいものと, およそ縁遠くしたがって先生, およそのない, およそ羅刹の軍, およそのこと, およそなるもの, およそ美しくないもの, およそ美術的にかざった, およそ群集は首領, およそ羨しいと, およそ羨んだに違, およそ義経の径路, およそ老実の思想, およそ考えられろかぎりの, およそ考え得られる限りの, およそ考え得る劇場の, およそ聞き知っている, およそ聞き知った新九郎は, およそ肉体の病気, およそに合, およそ肥料中最も豊か, およそ胡散臭そうに, およそ脈絡はない, およそが立っ, およそ臣子の分, およそ自ら自己のうち, およそ自他共に文明国, およそ自然物を通覧, およそ自然界にいかに, およそ自由詩を好まない, およそ興亡に関わる, およそ興味がない, およそ舟出入りのある, およそ舟車の及ぶ, およその遊び, およそ船長たるもの, およそ船頭仲間のこと, およそ船鼠の出入り, およそ良い所が, およそ色気とは縁, およそ芝居にしろ, およそ芥川と同時くら, およそにも恥じよ, およそのほか一切, およそ芸事は慢心, およそ苦しみに二とおり, およそ苦手な応対, およそ苦痛とか快楽, およそ英国における一切, およそ英国正統経済学派の特徴, およそに関係, およそ荒木の領内, およそ荘厳なる光景, およそ落つくと, およそ蕭殺の声, およそ薙刀を閃, およそ虫一匹の生物, およそに鼠, およその火, およそのめぐり, およそ行方も消息, およそ行楽地といえ, およその衆臣, およそ表現行為や小説存在, およそ表面の突起, およそ被告によって弁護士, およそ裁判がほんとう, およそ裁判官的な意識, およそ西と南, およそ要約して, およそ見られないんです, およそ見るほどのもの, およそ見出し得るかぎりの, およそ見積ってそれだけ, およそ見識ある者, およそ視界や足もと, およそと名, およそ親戚たちのどの, およそ解った秀次だろう, およそ解るような, およそ言葉のもつ, およそ計り知られぬ, およそ計算には入れない, およそ討たれた者の, およそ評議を開い, およそ詩的に感じられる, およそ詰めてくれれ, およその辻褄, およそ話題はその, およそ認められそうも, およそ認められるが小角, およそ語学は先ず, およそ語義が通じ申さない, およそ誠実と親切心, およそ読み取れるのである, およそ読む仕事だけが, およそ読者の想像, およそ調和しない閑静, およそ調子のいい, およそ論派の名称, およそ論理には差當, およそ論部の講義, およそ葛瑾が, およそ諸国へ通じる, およそ貧しきも富める, およそ憂は, およそ貴族の僧侶, およそ赤児のごとく, およそ赤煉瓦の古風, およそを異に, およその早, およそ足利十数代のあいだ, およそ足利家の者, およそに適っ, およそ軌道をはづれた, およそ軍人を除い, およそ軽快にし, およそ軽蔑に値する, およそ辯證法的な物, およそ近世人の喜び, およそ近代の宗教現象, およそ近代人とその, およそ近代感覺からはる, およそ近代的でないらしい, およそ近代科学の驚異, およそ近代風の物, およそ退屈男程気まぐれ, およそ途方もなく, およそ這般のささい, およそや粋, およそ通人など, およそ週期がある, およそ進化の理, およそ遊ぶ手だてが, およそ遊冶放蕩の悪事, およそ過去十年の間, およそ道士だの神仙, およそ道徳とは何, およそ道徳的行為の意味, およそ道行はさ, およそ道誉のいたした, およそ達者に弾きまくる, およそつたところ, およそ遠くへ質子, およそ邪心が察せられます, およそ部将格以上の者, およそ部屋から出る, およそに見られる, およそ酒席とはかけ離れた, およそ酩酊には黒い, およそ醜い歩行の, およそばかりの山麓, およそ野蛮なざッ, およそ金瘡の病, およそ釣りの時節, およそと名, およそという銀, およそ銀座の街光, およそ銀行の中, およそ銅銕の腐, およそ鋭い音は, およそ鎌倉御家人のみな一, およそ鎌倉発向の東国勢, およそが淵, およそさ七尺幅三尺くらいの, およそ長い歴史を, およそ長政にたいしては最後, およそ長生すれば, およその岳, およそ間違いのない, およそ関ヶ原軍記のうち, およそ関東の武家方, およそのうごき, およそ陰謀などは彼, およそ陸鳥は夜中盲, およそなく捜査, およそ階級本能の退化, およそのない, およそ隙間を見せたら, およそ雄弁のきこえある, およそ雇人と名, およそ雑談はこういう, およそを凌げる, およそでないもの, およそといえ, およそ電柱よりも一廻り, およそ露出して, およそ青年の魂, およそ青年学生時代に恋, およそ静かに眠る, およそ静けさがほとんど, およそ面倒くさいうざうざじゃないかねえ, およそ面白いものでなけれ, およそ面白くないからね, およその世界, およそ音楽の世界, およそ韻律の形式, およそ領主というもの, およそ頭脳を持つ, およそを連想, およそ風俗を乱し, およそ風景を解する, およそ風格的でまず, およそ風致といふ風致, およそ風采のどこ, およそ飜訳という仕事, およそ食える物は, およその足し, およそ養蚕は原紙一枚, およそに二駄, およそ馬七頭につけ, およそ馭者たちほどぜいたく, およそ高踏冷笑傍観逃避批判のため, およそけもの, およそほど嫌い