青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おまけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~ おばさん~ おぼえ~ ~おまえ おまえ~
おまけ~
~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~ おやじ~ およそ~ および~ おら~ ~おられた ~おられる

「おまけ~」 2484, 24ppm, 4864位

▼ おまけ~ (2406, 96.9%)

20 それが 12 私の 11 彼は 9 私は, 自分の 8 彼女は 7 私が 6 それも, それを, 今は 5 相手は 4 ここは, 人を, 僕は, 風が, 風に

3 [23件] あいつは, これが, そこには, そのあと, その日, どうでしょう, わたしの, 二人は, 人の, 今の, 今度は, 今日は, 例の, 唯一の, 夏の, 相手が, 相手の, 眼も, 自分が, 自分は, 色が, 雨が, 頭の

2 [122件] あいつの, あっしの, あの女, あの方, あの瀬, ある日とんぼ, いくらかでも, おれの, お土産, かぎ穴, ここには, ここの, こっちは, こつちを, この俺, この女, この子, この辺, この間の, しても, そこから, そこの, そこまで, そのとき, その大きな榎木の下, その女, その日一本勝負, その時, その犬, その男, その背中, それは, つけましたよ, ひどいあらし, まだその, もし汽車, ケッタイで, 一つの, 一方は, 上の, 二人とも, 亭主の, 人に, 今夜の, 今夜は, 今朝は, 何だかぐるっと廻っ, 何時も級, 僕と, 僕の, 僕も, 僕等の, 先生の, 六日は, 冬の, 十九の, 午後には, 厭な, 又その道, 向ふ, 塀の, 多くの, 大の, 大切な, 奥さんを, 妙に, 子供が, 子供まで, 少し寒く, 山羊を, 幸福が, 康太郎の, 彼女の, 彼自らも, 意地の, 愛嬌の, 手を, 断絶を, 早かつ, 朝から, 木片が, 杉は, 梁の, 殺して, 水の, 海も, 湯へ, 濡れたの, 煙管は, 牛の, 珈琲皿の, 生命保険の, 男の, 異様な, 目を, 職を, 育つにつれて, 腕が, 腹が, 臀の, 襟の, 誰も, 谷の, 車内には, 近頃は, 途中で, 醜男だ, 金が, 金を, 長州勢に, 雪が, 雪さえ, 雪は, 雲が, 電車は, 霧に, 非常に, 靴の, 頭が, 骸骨を, 鰻飯などを, 黒い斑

1 [1974件 抜粋] ああやっ, あすこの, あたしたいへん, あとで, あの人, あの呉モヨ子, あの宝石, あの朝, あの迎え, あの騒ぎ, あばたの, あれで, あわてて, あんなすばらしい, あんな奴, いうの, いけないこと, いちばんまじめな, いつもの, いのちを, いまの, いろんなこと, うどん玉を, おかしな事, おすし, おつね, おまけを, おッ, お前も, お医者, お姫さまの, お屋敷, お足には, お金の, からだまで, きたない, くぎを, くれた鳳仙花, けっしてけちん坊, こうした予備的入費, ここから, こちらから, こっぴどくひっぱたき, このビラ, この地域, この宿, この幸福, この硝子, この虎猫, この軽妙洒脱さ, この長髪, この鳥, これだけは, こんどこそ, こんな裏, ご主人, さぶは, して, すぐ腹, すっかり自分, すべての, ずゐぶん, そいつが, そこが, そこへ, そのお仕置き, そのついで, そのシャベルこと, その二, その八人, その右, その妹, その寝巻, その崖, その後私が, その手数料, その数, その書きかけ, その正体, その熊, その真夜中頃, その羯鼓, その色, その釜, その雲, その首飾り, その黒い, それだけ, そればかり, そんな仕事, そんな美しい, たった一つ, たびたびの, だれが, ちょうどいい, ぢやり, つるべ, どうかし, どう云, どこで, どこを, どろっと, なかなかの, なみだ, なんといつ, ねこの, のびた, はずかしそう, ひっぱたかれた, ひどい睡魔, ひどくおなか, ひどく綺麗, ふうふうという, ふらんす, ぺんぺん草が, ほこりで, まあどうした, また乗った, また憂鬱, まだぽたぽたと, むちゃな, もう一時, もえ黄, ややこしい, よぼよぼの, わけえ, わたしは, アガっちま, アンタ無慈悲にも, ウイスキイの, オリムピック行は, オールスターキャストだ, キャベジ一つこさえる, グリージンゲルという, サルタノフまで, シャツも, シュタイン男爵な, ステッキの, ズルスケが, ソンナ下等動物は, チェロが, テエブルの, ドアを, ドウし, ニーナ嬢に, ノンダクレの, パテント外套と, ヒューヒュー風が, ピストルまで, フーフー息, ボリース・チモフェーイチの, ポケットには, マック・セネットの, リーザさんも, ワイシャツの, 一人かと, 一向土地不案内, 一文も, 一時間の, 一輪車の, 七曜も, 三十日も, 上さんは, 下は, 下品な, 不在証明は, 不穏な, 世間の, 両眼, 中野氏の, 丹下左膳の, 主人は, 乱暴である, 予審判事を, 二人の, 二度とも, 二階家と, 五百石の, 亡くなったん, 人っ子一人居ない, 人夫などの, 人殺しだ, 今ある, 今まで, 今夕の, 今年は, 今朝に, 他の, 伊部に, 会場の, 何だかぼう, 何度も, 信長は, 借金まで, 僕が, 先刻からの, 先生ときたら, 全市民, 八月に, 其の晩, 写して, 出来ること, 切支丹信仰の, 別嬪さんだ, 刷毛序でと, 前夜降雨が, 加十の, 勝手に, 匂いなぞ, 北西バンバデンガ境ムーラ河の, 十八の, 半ぼん, 博奕が, 厚い唇, 又僕, 友田喜造の, 口からは, 古い炭小屋, 召使たちは, 吉原帰りである, 同行者が, 名門の, 向うの, 君大分し, 呆けちまっ, 味方に, 咽喉を, 唇までも, 喉笛に, 嘔吐を, 四角な, 土は, 地主に, 坂道の, 垂れ滴るよう, 塩湯でも, 声が, 夏場らしく, 多勢に, 夜中起きず, 夢想で, 大きな浪, 大へん, 大仮屋, 大川端の, 大目玉八貫小僧の, 大阪の, 天井を, 失業積立金まで, 女には, 女好きという, 女王の, 奴らの, 妻籠へ, 娘には, 嫌って, 子まで, 子供ビービー泣き, 季節は, 孫は, 安い物, 客を, 家は, 寒い身, 寒くなっ, 寸の, 小さいユタンプ, 小僕, 小肥りであり, 小雨さへ, 少し慌てる, 尺八と, 履物も, 岡の, 工場地帯に, 巨巌は, 布施の, 帰りには, 平凡であった, 幸運と, 幽霊と, 庄助さ帰り道は, 店員の, 引きも, 強いて, 当の坂田, 彗星は, 役人に, 彼女, 彼等は, 後は, 従僕たちが, 御馳走まで, 快活な, 恋人つくっ, 恐ろしく略した, 情婦という, 我々の, 所々に, 手から, 手ひどく投げ付けられ, 手紙の, 手酌を, 抜け目無く, 指さきまでが, 探偵的推理に, 救命艇は, 文楽が, 新富町には, 新聞紙法違犯で, 旅川周馬の, 日本に, 旦那様の, 明日から, 昔気質の, 昨日火刑場で, 昼夜の, 時期も, 時間の, 暖炉の, 曇り日, 最近しばらく, 有ること, 木綿の, 本人の, 杉浦の, 村口多鶴子も, 東京弁だ, 林太郎様は, 柔道三段の, 校正まで, 桃色の, 植込みを, 極く安い, 横尾谷から, 横須賀の, 次男なんて, 正月だ, 此方に, 死体解剖の, 残忍ときてる, 母の, 毎朝暗い, 毛根からの, 気質が, 水平線の, 水溜りに, 江戸の, 決潰の, 沙漠は, 洛中名物の, 浮力の, 海水を, 清内路の, 満腹し, 潮の, 澱みきった新鮮, 火床がくづれたのである縁起の, 無性に戦争, 焼け穴まで, 煙草入れや, 熾んな, 父が, 片つ, 片足で, 物凄くよく, 犬が, 独りで, 狼藉ぶりが, 猿轡を, 現に二人, 甘ったるい微笑, 生れて, 用事が, 田舎は, 男に, 畜生, 病気に, 痔疾にも, 癆, 白足袋という, 百円の, 皺苦茶の, 目ぬきな, 盲目としか, 看病の, 眼に, 着物と, 矢だまが, 短水路, 碁は, 神社に対する, 私という, 私四人が, 秋口と, 税金も, 空気銃などを, 窓ガラスが, 竹童みたいな, 節くれ, 籔睨みらしく, 粗末ながらも, 紙の, 素足とも, 結果から, 給料だけ, 継子の, 総二階, 縁の, 罪のね, 美しい女, 美人まで, 老人は, 聖バルテルミー斎日の, 聞えよがしに, 肝心な, 肩に, 胃袋まで, 背後の, 脚気を, 腕力が, 腹は, 自分で, 自分地図を, 自白した, 自転車にの, 船の, 良心までも, 芹の, 若しそれ, 英米仏蘭四カ国の, 菊園では, 葉子は, 蒲生泰軒という, 薬まで, 藪医者で, 蝋受の, 衣服は, 袂へ, 見て, 親ゆずりの, 言いぐさが, 証文を, 話しベタ, 誰かれ, 調査の, 議論を, 財産の, 貴公子然, 贅沢な, 赫々と, 足袋まで, 路用の, 身に, 躾も, 車夫は, 迂散くさ, 近所の, 逃げて, 途端場へ, 運動家らしく, 道楽者の, 郊外で, 都合よく, 酒杯を, 酷い痩せつ, 里子は, 金も, 金廻りも, 鉄道の, 銘々が, 鍋も, 長いくきや, 長命な, 長押には, 闘犬に, 階下が, 雨あがりです, 雨期に, 雲の, 電燈を, 露骨に, 非常なら, 鞄を, 頗る女好き, 頭でない, 額が, 顔は, 風位が, 飛行機の, 飢死と, 飾りの, 香水まで, 駕籠舁が, 高いところ, 高尾の, 髪の, 鹽湯でも, 黒い艶, 鼻汁ばかり

▼ おまけ~ (17, 0.7%)

2 ありましたが, ありますよ, ついて, もう一つ 1 ありさ, あるの, ついてるよ, つくやう, できないが, なかった, 付いて, 付いてるん, 付くしたがって

▼ おまけ~ (15, 0.6%)

2 して, つけて

1 [11件] したうえ, しないなまけ者, しよう, せぬ傾があるので, もらった, よこせと, 付けて, 付け針小棒大, 入れて, 謂は, 附着て

▼ おまけ~ (8, 0.3%)

2 附録 1 ついたべたべた, ついたもの, つもりで, 上に, 積りで, 贋の

▼ おまけ~ (4, 0.2%)

1 ておきます, てくれない, て五両, て呉れ

▼ おまけにね~ (4, 0.2%)

1 いい姉さん, どてらの, ぬかすん, 幸ひなことに

▼ おまけ~ (3, 0.1%)

1 ね勝つた, よ, 日給袋の

▼ おまけ~ (2, 0.1%)

1 三丁じゃ, 経師職の

▼ おまけです~ (2, 0.1%)

1 が三度々々, よ

▼ おまけ~ (2, 0.1%)

1 あるに, 欲しくは

▼ おまけ~ (2, 0.1%)

1 添えずそれ, 無い癪

▼1* [19件]

おまけすることは, おまけついでに言っ, おまけでござるよ, おまけでしょうけれどもね雪一条, おまけ言ひ, おまけという感じだ, おまけとして山水の, おまけんです, おまけなすって売っ, おまけにからだが, おまけにちゃあんと, おまけにというふうに, おまけにどいつもこいつ, おまけにはだしだ, おまけによお前さまは, おまけまでつけて, おまけみたいになっ, おまけ万一汽車が崖, おまけ中間どもに撲られ