青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~おりました おりました~ ~おります おります~ ~おる おる~ ~おれ おれ~ ~おろし おろし~
おん~
お上~ お世話~ お互い~ お供~ ~お出で お出で~ ~お前 お前~ ~お前さん お婆さん~

「おん~」 1759, 19ppm, 6038位

▼ おん~ (372, 21.1%)

4 の心, の爲め, は何故 3 が, が心, が物語, に語るべき, の才, は, は我, よ

2 [15件] が友, にふさ, のけふ我, の友, の如く, の姿, の手, の詞, はこの, はまだ, は物, も名, を愛する, を救, 御大切

1 [306件] からかかる, からし, から長い, がおわさで, がその, がため, がなぜ, がにくし, が一言, が上, が前, が剣, が城地, が場, が婚儀, が得し, が憩はん, が武蔵, が母, が物, が目, が祖先, が籘, が聞きえぬなら, が自重, が許, が足, が鞍馬, すら職, そう軽々しく, だから, だったの, で若松城, としてその, として軽々しく, とそれ, となら, との我側, とペスツム, と一緒, と伊太利, と共に暮す, と分ち, と我と, と戦う, と拙者, と此野, と物言, ならでは, なれば, に, におくるべし, におん礼, にかれ, にこそあれ, にこの, になじみしならん, には似あひ, には何, には好き稟賦, には帝, には語り, にもまちがい, にも總, により頼み, にわたし, に一ダース, に似たる, に利, に叫び, に地獄, に害, に就きまし, に忤, に接吻, に搖, に晩餐, に未来, に比, に眞, に聞せ, に腹, に見えぬなら, に見せん, に請, に返さじ, に馴れぬ, のおい, のこ, のたけ, のたけ高, のため, のつれなき, のにくし, のにや, のほか, のま, のみは情なく, のもと, のやどりた, のやどりたまいし, のよう, のダヰツト, のララ, の一撃媒, の不思議, の今, の伺候, の何人, の作, の來, の來給, の像, の兄, の兄弟, の兎角, の其畫, の内心, の剣, の友だち, の吭, の告げ給, の命, の唇, の喜, の喜び給, の外, の女子, の如き, の妻, の宣給ふところ, の幸, の往方, の恙, の恩, の情, の惠, の愛憐, の慾情, の憂, の我, の手帳, の振舞, の接吻, の改悛, の来, の来ん, の死せし, の父親, の物, の生涯, の美し, の老母, の耐忍, の聲, の脚下, の腹, の舟人, の艷やか, の芳紀, の落, の藝, の衣, の言, の記憶, の許嫁, の話, の護, の貌, の賜, の足, の車, の造り給ふところ, の靈, の餘, の首, の髮, はいか, はいかに, はこ, はこれから, はさき, はそ, はその, はつま, はなるであらう, はまことに, はよもや, はわが, はをぢ君, はアヌンチヤタ, はジエンナロ, はフランス, はフランチエスカ, は世, は人, は仏蘭西, は何事, は何人, は何時, は佛蘭西, は信長, は優しき, は先, は却って, は合戦, は善き, は妾, は定め, は強, は心地惡しき, は恵, は我側, は我友, は我母上, は或は, は手帳, は拙, は昔, は最早, は未だ全く, は機微, は歸, は深き, は猶, は男性, は病, は真理, は知らぬ, は礼遇, は立, は義経, は翔り, は聖母, は能, は自ら詩人, は衰運, は見つるなら, は親しき, は詩人, は誰, は身内, は都, は顔, は餘, は馬, ほど物覺好き人, も, もか, もなかま, も一たび, も人々, も今, も何, も僧, も夥, も女子, も嬉し, も年, も拂, も漢, も重く, よきところ, を, をおかけ, をおまかせ, をかしこ, をここ, をこの, をし, をその, をひるがえし, をまっ, をもっ, をゆだねられ, を何とか, を娶りし, を市長, を待つ, を惡, を惱ます, を愛し, を愛す, を戀, を捨てん, を教育, を斬る, を殺さん, を煩, を父, を犠牲, を監禁, を知る, を羨まざる, を羨むべし, を見放さん, を譽め給, を遇, 幼いに, 忘れ給, 若しそ, 若し彼夕もろひと, 若し我, 若し我言, 若し扶, 若し能

▼ おん~ (86, 4.9%)

14 たちの 4 は人間 2 のくるしみ, の為, は此

1 [62件] かぐろい快楽, がしばしば, が唇, が夜夜, が御存じ, が瑪利亜, が菊, が軽やか, が造られた, が靜, たまも, にかしずく, には私, によつて鍛, に一切, に手, のみが真, の前, の踏み, はいま何, はおん, はこれから, はすべて, はそれ, はなに, はみつける, はもはや, は光りかがやい, は全, は彼等, は此の世, は死ん, は河内, は生死, は真に, は私, は靈魂, への讃歌, もしわれ, もそれ, らが, らこそは, らと, らによ, らは, らを, ら天の, ら我れ, をおも, をしたひ, を凝視, を凝視め, を慈しみ, を拜, を滅ぼす, を苦め, を蛆蟲, を讃め, 最も美しい, 聖なる夜, 自身の, 自身を

▼ おん~ (79, 4.5%)

12 ぁんは 8 ぁんが 5 ぁん, ぁんの 3 ぁんも勃凸も, ぁんを 2 ぁんに, あは

1 [39件] ぁんからの, ぁんがいつた, ぁんがぐうんと藤公の, ぁんがたうとう出, ぁんがゐねえばもう俺は, ぁんが杯に, ぁんではない生若い, ぁんと, ぁんとこさ行つたら, ぁんとろつ, ぁんと六つに, ぁんと勃凸とが, ぁんに会ひ, ぁんのおつかねえ顔つたら, ぁんのことなら俺何んでも, ぁんのとこさ行く, ぁんの店に, ぁんの顔が, ぁんの顔には, ぁんはあれでひでえおつかねえんだよ, ぁんはいつものやうに凄惨な, ぁんはいつものやうに笑つて勃凸と, ぁんはぐつたりして客車の, ぁんはさすがに何処か, ぁんはそれで自分の, ぁんはそんなことをいひながら二本の, ぁんはたうとう勃凸を, ぁんはほろりとかう答へ, ぁんはやうやく窓に, ぁんはやがて何処から, ぁんも, ぁんもうどこまで行つたらう, ぁん俺この, ぁん俺らこと連れ, ぁん凸勃が, ぁん凸勃に, ぁん騒げ, あ, あの事

▼ おん~ (38, 2.2%)

92 に候, 近う進み

1 [25件] だと, でいえる, なにとぞよろしき, にお, にかたく, にご, にし, にて屹度, にぬかずいた, に何, に出る, に参っ, に心から, に捧げまつ, に曝す, に眠る, に立ちふさがっ, に身, へ出, へ参らせ, へ引っ立て, へ曳い, へ来, へ遠国, もわきまえず

▼ おん~ (28, 1.6%)

1 [28件] おはつどの, が腹, こそまぎれ, だもう, だろうと, であらせ, とは随分, と申される, にいくつ, にお目にかかり, にけそうして, にていたく, に会ったらつたえ, のお供, の妻, の幻影, の御座所, の志, はお, はおん身, はたいそう, はただ, まではとさし, も誰, やお, を御, を案内しま, を誰

▼ おん~ (25, 1.4%)

6 を取り給い

1 [19件] づから筝, では勿論, とりしと, にお, には笑靨, に魚, のごときもの, のなか, のひと, の先, の葦, の詩, をし, をとり給い, を取りたまい, を彫る, を求め, を給わる, 要らざる妨げ

▼ おん~ (23, 1.3%)

2 しは

1 [21件] あいて, からだを, したなぎ, ほえたて, 呻いて, 和尚さんの, 声を, 嬉し泣きに, 打ちあげる事, 投げだしぼく, 春の, 暑い, 泣いた, 泣いて, 泣きだした, 眠ったよう, 空咳を, 胸を, 鐘の, 響いた, 響いて

▼ おん~ (20, 1.1%)

2 の高い

1 [18件] からし, である, と花押, にはかかわり, に依っ, に誓, のおの, のため, は, はおろか, はみえ, をいただい, を以ていたさね, を以てする, を呼びたたえ, を唱, を唱えなされ, 騙ったの

▼ おん大将~ (20, 1.1%)

2 でご

1 [18件] であらね, ともなる, なの, ならびに軍師, にせよ, に死におくれた, のお, のこ, の団十郎, の寝所幕, の御, の新田殿, の武ゆう, の秀吉様, の陣, より御題, をおがめ, をはじめ軍師

▼ おんおん~ (19, 1.1%)

2 お泣き, 泣いて

1 [15件] お泣きだし, というなに, というよう, とほえた, と呻い, と和尚さん, と嬉し泣き, と泣い, と泣いた, と泣きだした, ないて, 泣きつづけるうち, 泣きながら, 泣き伏して, 泣き出しました

▼ おん~ (17, 1.0%)

1 [17件] からみそ, がさめ, くばせの, こそ翅, ざしから, じりを, のうち, のすみ, の力, の雫, の雫拭, はふし穴, をふさい, をめぐらさせ給え, を一ツ, を象る, を迷惑

▼ おん~ (16, 0.9%)

3 にか

1 [13件] とお, にかけば, に掛り, のくぼみ, のふち, の前, は三世十方, は赤, をいからせた, をつりあげ, を凝らし, を懸けさせたまう, を拝ませ

▼ おんため~ (15, 0.9%)

2 には死

1 [13件] であるという, とかれ, にはこの, にまた, にもっともっと, に働く, に働けよ, に力, に害, に申し, に討死, をも考え, を思う

▼ おんなし~ (15, 0.9%)

32 で僕 1 ことで, じゃなに, じゃァない, じゃァねえか, だもの, だわ, である, でしょうが, やうな, 事だ

▼ おん輿~ (15, 0.9%)

1 [15件] ではありません, で忍びやか, とは道すじ違い, の内ゆえ, の屋根, の御, の行く, は京極, は大膳, は法師武者, は自分ら, をおろし, をみなそこ, を囲繞, を迎え

▼ おんだら~ (14, 0.8%)

1 [14件] あ何遍, いつも一人, がかいち, が先, が押, が止め, が見, にゃあよくわかんねえだが, のこと, の機械船, まだ見た, もここ, を千松, を騙した

▼ おん~ (14, 0.8%)

5 を捨てる 1 は勿論, へを守らせ, も御存知, を奉ずる, を捨てた, を捨てたけれ, を捨てました, を知る, を聞く

▼ おん~ (13, 0.7%)

1 [13件] して, すべきであるまいかと, つかまつりまする, などは相, につき従, にはどれ, に従う, の途次, は五, をし, を権右衛門, を申し出で, 仕つるべき大将共

▼ おん~ (12, 0.7%)

1 [12件] にはどこ, に御足労, のよう, の姓名, へは三河, へも懇願, へ伏し, まで, まで行こう, も高氏, をそっと, を訪う

▼ おん~ (11, 0.6%)

1 [11件] たりとも, であるから, に似た, に御, の, の尼公さま, の廉子, の為子, は藤原為子, または, よ大地

▼ おん~ (11, 0.6%)

2 をひそめ 1 で再度, にはまだ, の翳, はこの, はつね, は明るかっ, を凝らし, を見せ, を開き

▼ おんみずから~ (10, 0.6%)

1 お洩らし, このん, ご案内, なおさしずであった, にお触れ, のご, の垢, も艱難, やって, 親しく諸政

▼ おん~ (10, 0.6%)

4 りと 2 わたえ 1 おっちゃんが, おつ, よう, 朝顔の

▼ おん大事~ (10, 0.6%)

1 というよう, と御, につき, にはあまた, に会, の身, は必至, もすんで, をかたる, 惹いては

▼ おんかた~ (9, 0.5%)

1 が拙者, そのお, につながる, の知れ, へうらみ, へやるせなく, をこの, をどうして, を導き

▼ おん~ (9, 0.5%)

1 といたしまし, として江戸, のしるし, のため, の申し, をなし奉る, を忘れ, 申しあげる, 申し上げます

▼ おん~ (8, 0.5%)

2 かわをき 1 ある先君, うせ, うせとしては, ような, 字と, 字承知の

▼ おん~ (8, 0.5%)

2 の口中 1 がなんで, とは, と存じ, と知ったれ, に土足, をば

▼ おん~ (8, 0.5%)

3 仕へ 1 に感謝, のお, のしもべとなのる, は, 仕え

▼ おん身ら~ (8, 0.5%)

1 がその, の仇, の努力, の落度, はか, は劉玄徳, は自己, まことに開拓

▼ おんおば上~ (7, 0.4%)

2 の倭媛 1 からおさず, に向かっ, のおおせ, の飯豊王, は命

▼ おんちゃん~ (7, 0.4%)

2 おやとり, を呼ん 1 かちあるかい, しょんべん, へにゃしないねい

▼ おんみの~ (7, 0.4%)

2 見たる幻想 1 つかさどる霊たち, 御体, 御心, 御頭, 無智

▼ おんちやん~ (6, 0.3%)

2 おやとり, におんぼ, を呼ん

▼ おん~ (6, 0.3%)

1 くわれて, そむいて, まもらせ給候, ょごおんにょごと行る, よばわりながら, 呼ばわりましたので

▼ おん~ (6, 0.3%)

3 だえ 1 いないぞ, ぽけっ, ぽけっと

▼ おん~ (6, 0.3%)

3 コツコ 1 はマルクス, は三匹, へに禮拜

▼ おんむす~ (6, 0.3%)

4 めで 1 め, め御

▼ おん~ (6, 0.3%)

1 が悪い, でこそと見えた, で戈, に左様, もまだ, 悪しく候まま

▼ おん~ (6, 0.3%)

1 しちまったん, てし, てしまいたい, てしまう, て來, でまし

▼ おん~ (6, 0.3%)

5 を遣され 1 なりとする

▼ おん身の上~ (6, 0.3%)

2 をあなた様 1 にさる, に幸, をば妹, を氣遣

▼ おん身等~ (6, 0.3%)

1 に及ばず, に對, の物語, もかしこ, も忍べ, を

▼ おん~ (5, 0.3%)

2 泣きに 1 ぼへ, 庇も, 泣きだしに

▼ おん~ (5, 0.3%)

1 いて, いまにも, えしのいみで, ねそべって, まえあし

▼ おん~ (5, 0.3%)

2 の袂石 1 もおんこち, ゃらこっちりこぱあぱあと, 薊ルピナス躑躅いちはつなどの

▼ おん~ (5, 0.3%)

1 あつた, たんだ, やれ, シットリと, 聞こえる

▼ おんなみ~ (5, 0.3%)

2 だを 1 だで, だにさそわれてた, だの

▼ おんみの心~ (5, 0.3%)

3 の臓 1 をこそ, をわれ

▼ おん~ (5, 0.3%)

1 などへお, にもひとしお, は, もこれ, も飲み

▼ おん姿~ (5, 0.3%)

1 そのままである, といえ, は常, ばかりはお, を

▼ おん曹司~ (5, 0.3%)

1 が忍び上洛, が野州喜連川, だわ, としてよも, にはちがい

▼ おん~ (5, 0.3%)

1 が見られた, ですか, は日頃, は瀝ぎきれない, やら

▼ おん~ (5, 0.3%)

1 に, にそれ, にも, に悪い, に身

▼ おん~ (5, 0.3%)

2 がだいぶん 1 にあらゆる, はそんな, はふと

▼ おん~ (5, 0.3%)

2 をまもらせたまえ, を刺す 1 もかがやく

▼ おん~ (4, 0.2%)

1 な信雄, ゃんごはんおあがんなさいって, ゃんにおんぼしんだ, ゃんにおんぼしんだおんち

▼ おんちや~ (4, 0.2%)

1 んおんちや, んかち, ん御, ん金魚

▼ おんでる~ (4, 0.2%)

2 ような, んだ

▼ おん~ (4, 0.2%)

3 おんと 1 で陸戦隊

▼ おんびん~ (4, 0.2%)

1 にけり, になり, には行かない, に申し出た

▼ おんもと~ (4, 0.2%)

21 いいあっこと, に御

▼ おん~ (4, 0.2%)

1 どへお, 喜助さんと, 娘つ, 玉井の

▼ おん~ (4, 0.2%)

2 の御 1 は必ず, 大いなる御

▼ おん倶樂部~ (4, 0.2%)

1 とあだな, のメンバア, の名付親, の總會

▼ おん~ (4, 0.2%)

1 なんざ, に盗まれる, の血統, は上る

▼ おん怒り~ (4, 0.2%)

4 をお

▼ おん悲しみ~ (4, 0.2%)

1 その時, に何とも, に堪へ給う, はどれ

▼ おん祈り~ (4, 0.2%)

1 のこと, の大, を一心に, 犠牲なりとも

▼ おん~ (4, 0.2%)

1 おなじ色, のすそ, の奉仕, を

▼ おん~ (4, 0.2%)

1 と違, にては羅馬, の如くなり, はま

▼ おん~ (4, 0.2%)

1 のいろ, の色, を耳, 大きくお

▼ おんあり~ (3, 0.2%)

1 さまじゃ, さまの, さまを

▼ おんおんおん~ (3, 0.2%)

1 というなに, と和尚さん, と泣い

▼ おんかか~ (3, 0.2%)

3 かびさんまえい

▼ おん~ (3, 0.2%)

1 からふと, に光る, 彫る爺

▼ おんこと~ (3, 0.2%)

1 がしのばれ, そのほか, です

▼ おん~ (3, 0.2%)

1 らった, 強い南風, 誠に光沢

▼ おんという~ (3, 0.2%)

1 なにかの, ような, 轟然たる

▼ おんどき~ (3, 0.2%)

2 よへ 1 よの

▼ おんまえ~ (3, 0.2%)

1 にかしこまります, にならべ, まで召しあつめ

▼ おんみは~ (3, 0.2%)

1 あらゆる時, この記録, その美し

▼ おん~ (3, 0.2%)

1 おあげ, おきせに, おわすれなされお

▼ おん兄ぎみ~ (3, 0.2%)

1 にたよっ, に御, へのうらみ

▼ おん兄君~ (3, 0.2%)

1 と殿さま, の御, の御意

▼ おん~ (3, 0.2%)

2 にては親 1 の学生

▼ おん~ (3, 0.2%)

1 だ, に桜, に詣りたい

▼ おん太刀~ (3, 0.2%)

1 は御せん, をはじめ, を引出物

▼ おん~ (3, 0.2%)

1 なる神, は持明院統, より出

▼ おん~ (3, 0.2%)

1 はしい, はしく, わしく

▼ おん祭り~ (3, 0.2%)

1 に関しては一番参考, の今, は十一月

▼ おん自ら~ (3, 0.2%)

1 そのよう, は葵, 旧辞

▼ おん~ (3, 0.2%)

1 がしっとり, の泥まみれ, をなみ

▼ おんあるじ~ (2, 0.1%)

1 からお話, でご

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 さを, しきへ

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 おんう, おんといふ

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 おばせ, ほば

▼ おんがく~ (2, 0.1%)

1 がきこえ, にあわせ

▼ おんさん~ (2, 0.1%)

1 が怖い, 獲れるかね

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 うき, わざなり

▼ おんせい~ (2, 0.1%)

1 がうつくしく, でいらっしゃいましたが

▼ おんため天下~ (2, 0.1%)

2 のため

▼ おんちぎりで~ (2, 0.1%)

1 ござりました, ござります

▼ おんつかひ~ (2, 0.1%)

2 をがま

▼ おんふたかた~ (2, 0.1%)

1 がおし, に化けさせ

▼ おんぶった~ (2, 0.1%)

1 ままその, 祖母ちゃんと

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 という姉, といふ姉

▼ おんみこそ~ (2, 0.1%)

1 といふ, 識って

▼ おんみの行為~ (2, 0.1%)

1 の結果, は常に

▼ おんみの道~ (2, 0.1%)

2 はつき

▼ おんものがたり~ (2, 0.1%)

1 などきこえた, をあそばす

▼ おんもへ~ (2, 0.1%)

1 いきましょう, ねんねいやよう

▼ おんよろこび~ (2, 0.1%)

1 のしるし, ひとかたならずあさい

▼ おん亡骸~ (2, 0.1%)

2 を取収め

▼ おん仲至極め~ (2, 0.1%)

2 でたかりし

▼ おん企て~ (2, 0.1%)

1 を密告, を懐かせられまする

▼ おん倶樂部員~ (2, 0.1%)

1 は巖ちゃん, は月

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 でお, へ達する

▼ おん出され~ (2, 0.1%)

1 て俺ら隨分辛え目, 少しのみに

▼ おん出し~ (2, 0.1%)

1 てからへえつ, て行

▼ おん出す~ (2, 0.1%)

1 つもりでしょう, 人は

▼ おん厄拂ひま~ (2, 0.1%)

2 しよな

▼ おん友達~ (2, 0.1%)

1 の上, より承り

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 をお, 召させたま

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 だに煩悩, は泉

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 に依つ, もさまざま

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 で十七歳, は深窓

▼ おん婆さん~ (2, 0.1%)

2 だえ

▼ おん宿~ (2, 0.1%)

1 を申さば, を申しあげる

▼ おん密事~ (2, 0.1%)

1 をかぎ取った, をかぎ知った

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 の時鐘うち, の銀杏

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 と, にきんぎん五しき

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 はこの, も十六

▼ おん年百三十七~ (2, 0.1%)

2 でお

▼ おん悩み~ (2, 0.1%)

1 らしかった, を除いた

▼ おん情手~ (2, 0.1%)

2 にこもり

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 に與らんこと, み深き

▼ おん憐れみ~ (2, 0.1%)

1 がふこう, の政令

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 を申しあげ, を給

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 にもあれ, もだしがたしとて

▼ おん横顔~ (2, 0.1%)

1 へ寄せ合っ, や笛

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 きの, きを

▼ おん母マリヤ~ (2, 0.1%)

1 と神, に

▼ おん母上~ (2, 0.1%)

2 の皇后

▼ おん母子~ (2, 0.1%)

1 の姿, へ物申しまする

▼ おん泣い~ (2, 0.1%)

1 ている, ておりました

▼ おん為め~ (2, 0.1%)

1 ぞと身, には却って

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 いええ, があった

▼ おん物語~ (2, 0.1%)

1 せしこと, にそれ

▼ おん物語り~ (2, 0.1%)

1 も伺う, も種々

▼ おん痛わし~ (2, 0.1%)

1 いご, い御

▼ おん目見え~ (2, 0.1%)

2 をゆるされ

▼ おん直り~ (2, 0.1%)

2 のこと様々

▼ おん美し~ (2, 0.1%)

1 さに, さは

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 があんな, は

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 をば組みたま, 白く濡らし

▼ おん~ (2, 0.1%)

2 なればにや

▼ おん~ (2, 0.1%)

2 交しの

▼ おん言葉~ (2, 0.1%)

1 です, は見当違

▼ おん計らい~ (2, 0.1%)

1 に任せ奉る, 然る

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 の前半, は時代

▼ おん~ (2, 0.1%)

1 おはむ, を弔おう

▼ おん身たち~ (2, 0.1%)

1 か, では手

▼ おん身達~ (2, 0.1%)

1 は子々孫々, は落魄れ

▼ おん頼み~ (2, 0.1%)

1 にこたえ奉る, もだし

▼ おん齢十七~ (2, 0.1%)

2 を以て御

▼1* [397件]

おんぼきゃ, おんあいだがらことにいま, おんあいだがらゆえ御じょうあい, おんあい至上のおん, おんあずかり申される将軍家の, おんあとをつぎます, おんあの朝顔以来内で, おんあはれみ被, おんいたわしいかぎりです, おんいつはりの, おんうち東京でおや, おんうるわしくつゆも, おんりくびのりょうがわに手毬ほどの, おんおぼえこそなかり, おんおもかげを, おんおんおんおんと泣い, おんおん街をかけた, おんかおにお, おんかげ渓を深う, おんかでバクチを, おんぎょくを, おんけいだらう, おんけはひねびにたれどあくまで用意あり, おんこしなれバ乙女に, おんことづけの儀, おんこの大名小名が, おんしたわしき萩乃どの, おんしるしなされおんこし, おんじゃり申さない, おんじんですから, おんすくせわかき, おんそぎ髪の, おんたいしょうでござりますけれどものぶな, おんたまを故山, おんたまものの光, おんため後にいたっ, おんだされたのを, おんだったのでしょう, おんだぶってぶっ, おんだらのめえの兵, おんだら見てちゃんと, おんちちははに裏切り, おんちで君が代も, おんちゃんおんちゃんかちあるかい, おんちゃん金魚がへん, おんって泣くの, おんつかい不破河内の, おんつきそうらえ, おんでやでお, おんといふ号泣が, おんときに小, おんとの間の, おんとは玉葱の, おんとぶらいぐらいには, おんどう手拍子を, おんどの瀬戸で, おんどるみたような, おんないてうろうろ, おんなごりさえ惜まれ, おんなどいるはず, おんなどもであった, おんなどものかんざし, おんねがい奉るしだぁい, おんのくびがぬけてしまったのです, おんはじめいか, おんふみのたび, おんふみつかわされたく候, おんこちゃ, おんぼう仕穢多, おんぼりとした, おんまえつッ立っ, おんまくらべにおよびなされ, おんまけて, おんまご武田伊那丸さま, おんまなこを閉じられ, おんまわしひっ捉えようとし, おんみずからこれをお, おんみずから京極つぶら尾というところ, おんみずから南殿に出御, おんみずから孔明の門, おんみずから枉屈して, おんみずから皇居を捨て, おんみその力, おんみづから, おんみとの中, おんみのあでやかさを包み隠す, おんみのあとにのこる, おんみのおごそかな御, おんみのかなしみは大きい, おんみのたけも日まし, おんみのひとみより, おんみの上に明障子, おんみの不思議な夜宴, おんみの仕事はもう何一つ, おんみの叡智は無数, おんみの存在は私, おんみの家畜を建設, おんみの悲哀は祝福, おんみの愛をとつて柄, おんみの方へ絶え間, おんみの殘すその足あと, おんみの熱を病む, おんみの生は新しく, おんみの竪琴の上, おんみの聖衣は打, おんみの肉體は腐りはじめた, おんみの胸に埋, おんみの芸術のため, おんみの行爲は此の世, おんみの言葉を語る, おんみの詩人の, おんむつまじくまいりますよう, おんがみと, おんめでたき吉日では, おんめんどふニ候, おんもてなしはわたくしども, おんもという妹とを, おんもといふ妹とを, おんもとさまへの貸方二百五十両, おんもと云ひあつ, おんものおも, おんゆるしくだされたく候, おんよそおいそのうえふくよか, おんよろいにきんらん, おんよろこびねがいあげかしこ, おんざわいをちょうだいいたします, おんわかれの盃, おんわぼくの儀, おん一ト方の院宣, おんにもどんな, おんは見ね, おん主おん計らいに, おんは, おん二人の生計さ, おん亡骸そのものなの, おんのもの, おん仏間の五大尊, おん付添いは男, おん伺い申し上げそろ, おん高きを, おん住居を城内, おんなるご, おんか私, おん供三日昨夜もおそい, おん供養だという, おん借り申すことは, おん健やかにお, おんに急ぎゆけ, おんと存じ上げ, おん備被遊べく候, おん催しあらんこと, おん傷がちやんと, おん儀節会大饗, おん優しいお心, おん兄のぶなが, おんの得度, おん入りあそばしひきつ, おん内庭の御門, おん冑逆様に候, おん出さなくつちや仕, おん出されるしおら, おん出しちまへ, おん出しちまつて田地, おん出たという経歴, おん出ちまったんです, おんはこの, おん刀番の名, おん別れとはなりぬ, おん前さまがいじらしく, おん前様のこと, おんによって神, おん助けを祈り, おん口占に酬い, おん可懐さを存ずる, おん名のり合いもさせ御, おん名残の夜, おんの上, おん命おとどめくださるよう, おん咎めなされまじく左様遊ばされ, おん国人もをり, おん国母の巻, おん国母三十にし, おんを去りました, おん坊京に上る, おんも仏うま, おん壺春日野の銘, おん壺銘東雲宇津谷峠にて, おん大事今にある, おん大始め夫人までまだ, おん大将ンとこへ入っちまい, おん女房衆もそれ, おん妹君お市どの, おん姉君の第, おん姉末森殿ならびに御, おん婆ぢやありやしません, おん子城介どのまでがおなじく, おん宅ならではと思ひ, おん守りを取っ, おんよりもそ, おん容顔や, おん寂寞を慰め, おん小蓋の見識, おん小袖をめされ, おん屋形佐々木高秀公のお, おんの初雪, おん御十七, おん年七十八までお, おん年三十一で万乗, おん年三十八歳でお, おん年二十一歳の若, おん年八十三でお, おん年六十でお, おん年六十四でお, おん年十六歳のときその後家, おん年四十五でお隠れ, おん年百三十でお, おん年百二十四歳でお, おんにお忍び御幸, おん引き立てのほど, おん実夏卿, おん弟夏彦様でご, おん形音気はひ, おんこそ忘れ得, おん待ち候え, おん待合だから, おんに動く, おん心理を解, おんをひきとる, おん息女たるお方, おん息女知嘉姫さまという, おん恵みに酬い, おん悦び申し上げ候, おん悦び斜めならずわたくし, おん情けの袖, おん想いものであられる, おんれみ, おん慈しみを乞う, おん憤り少からず, おんを固く, おん手向け物など賜わり, おん数珠まで添え, おん敵手にはなるまじ, おんの着きし, おん文筥はこれ, おんの牡丹, おん方さまの御, おん方様これにてお, おんや御, おんに糟屋, おん時おん父輝国公隣国筑摩殿と御, おん時かぎりなく思されたり, おん曇りなきよう, おん曹子さまにさしあげ, おん曹子生涯衣食に窮, おん望みもだしがたしとて, おんの絶えさせられた, おんを押し除けられ, おん枕辺へ近々と, おんとは誰, おんを琴, おん栄光のため, おんをしみじみ, おん歌のかへしなからでや, おん歌今はわが身, おん歌毎度ありがたく存じます, おん歎きが積ったせい, おん身の, おん母おん身におん礼, おん母君淀のおんかた, おん母子心を協, おん母為子は後醍醐, おん母聖マリア罪人なるわれら, おん母遊義門院にわかれた, おん母麻利耶とは大, おん気色に直られ, おん汗ばみの廬, おん泣きながら大吉, おん泣きだしてしまいました, おん泣きつづけるうちじ, おん泣き伏しておりました, おん涙さへ浮べられ, おん淋しきブラック, おん渡し仕るまじくと, おん渡し候へもし, おん渡し候はずば押し掛け, おん焼餅より起りし, おん父上のご, おん父弾正政高公のおん形見, おん父弾正殿が此, おん父輝国公隣国筑摩殿と御, おん片隅に, おん物語りしたいとおもう, おん生顔をぜひ, おん申しいでにてもこれ, おんを重う, おん直垂のまま, おん直衣に太刀姿, おんにはちがい, おん相手となるべけれ, おん眉意志のつよげ, おん真似はあなかしこ私, おんに懸らん, おんじく, おん祖父はよほど, おん祝いに, おんの如く京都, おん秘密にすべき, おん移し遊ばされ候やうお, おん稚児の得度, おん空しさなども, おん窶れのはなはだし, おんをく, おんへもなく, おんが輕, おん義弟君と仰がれる, おんほどに蜆, おん羮おん小蓋の見識, おん者らに何権利, おん者らわしの兄弟, おん者らカフェーの女給, おんを啄木鳥, おん肌小袖を戴かせ, おん肌着など, おんをのせ, おんの石, おん脚もとに膝, おんから万機, おん自らこれへ龍駕, おん自ら太刀を振っ, おん自ら活躍された事, おん興じにや, おんに居こぞる, おんに従, おん若君様今はいず, おんきこしめせ梅干, おん菩薩南無かん, おん菩薩城太郎のうえ, おん薬園へちまの水, おん藥園へちまの水, おん行き先など知ろう, おん行くえも, おん行末を考えましたら, おんをかけた, おんに対しても, おんでなくても, おん襤褸でも綴, おん見舞に罷られる, おん覚えめでたく天下, おん許し願いたく貴意伺い上げそろ, おん許様には何角, おん誓いを果さるる, おん語らいでござりました, おん諱名の, おん謎これは武者ども, おん譫言さえ洩れ伺う, おん讃め尊め給え, おんを煎じ, おんなすつて門の, おん貸し申すこと, おん跡目相続のこと, おん身さへ健康, おん身さま一人ゐ残して, おん身なりしか, おん身のにや, おん身ら師友の間, おん身われ等を造りましぬ, おん身一たび翼を張り, おん身一人で, おん身二人にはわれ, おん身仲裁の煩, おん身体行末長う添う, おん身來まさば, おん身内才学は世, おん身宗治はここ, おん身心づくしのシャコ, おん身情強きもよも再び, おん身慕ふといふ, おん身我に罪障, おん身等夫婦にて私せ, おん身自ら推し給, おん身自ら歎き給, おん躬らから譲らしめられた, おん連れの方, おん酒宴としよう, おん里方としては御, おん面影が身, おん頼みあるべしとの内議, おん頼もしゅう存ずればこそ, おんは生ける, おん顔容はやはり, おん館牡鹿山へ被, おんばかりを戴いた, おん首宇佐美駿河守の家来梅津宗三, おん馬車の, おんはむすばず, おんのよう, おんはちと