青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おも~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~ おばさん~ おぼえ~ ~おまえ おまえ~ おまけ~ ~おも
おも~
~おもしろい おもしろい~ おやじ~ およそ~ および~ おら~ ~おられた ~おられる おられる~ ~おり

「おも~」 2057, 20ppm, 5611位

▼ おもかげ~ (333, 16.2%)

8 が残っ 6 がある, もない 54 に立つ 3 があった, にし, に立っ, の, はどこ, をのこし, を残し

2 [25件] がなくなっ, が富岡, が自分, が見られよう, によく, に今, に添, はその, は残っ, は見る, も, もありません, もかはら, もなく, を, をいま眼, をした, を偲び, を偲ぶ, を夢, を失っ, を存, を見, を見た, 囁き憂愁

1 [233件] あるもの, うかべんと, うつし給, かしばし, から年月, があったでしょう, があつ, がありあり, がありました, がかすめた, がしじゅう, がただ, がどこ, がなかっ, がはう, がはっきり, がまるで, がよう, がスーッ, がホーフツ, が似寄った, が冴え, が初めて, が反映, が嚴重, が変った, が変り, が子供, が宿っ, が心, が感じられ, が残つて, が殘つて, が毎日, が浮びます, が浮ん, が眼, が眼前, が瞼, が知識人, が窺われる, が見え, が見えた, が見られない, さえもおぼえ, さえ醜い, すらあった, そのままで, そんなもの, ぞ立つ, だ, だけを残し, だけを殘, だった, であった, であつ, でこの, でたく, ではない, でもあり, とかいう東洋的, とかさなっ, との対話, とものご, とを保存, と今日, と共に幾分づつ, と島々, と相対, と結びつい, と酒, どころか, などは疾, など見る, なんかどこ, にそのまま, について大, にみた, に似たる, に名残り, に変わりだした, に支えられた, に母, に浮び, に立ちくる, に花, に見, に見る, に触れ, のある, のかわり, のない, のひと, のまのあたり, の似た, の変り, の幾分, の悲愁, の方, の残れる, の空, の花, の草, の身, はあとかた, はあの, はありません, はある, はいつも, はいま, はきのう, はこれ, はない, はなかっ, はなくなっ, はなくなりました, はほとんど, はまことに, はまるで, はみせず, はむしろ, はもはや, は今, は何, は失われます, は子等, は少し, は幾分, は殆ど殘ら, は殘つて, は消滅, は無い, は瞼, は見いだされなかった, は見えなかつた, は遠ざかる, は隠れ, ばかりがうかびつづけ, ばかり陽炎, へ飛びつい, もある, もいと, もいま, もすでに, もちがったであろう, もない汚い, もふと, も何となく, も残し, も直ぐ, も絶え絶え, や今, や先祖, よりも色濃く, をあまねく, をありあり, をいくら, をうつせし, をおぼろげ, をかれ, をきのふ, をこの, をさえもった, をしのぼう, をそれ, をつた, をつたえ, をつたへた庭つくり, をとどめ, をのみ遺し置き, をばまのあたり, をふつ, をほうふつ, をみいだした, をみせ, をみるごとくであり, をもっ, をも見, をよく, を伝え, を何処, を偲ばせる, を偲ぼう, を呼び生かし, を失った, を失わず, を幾分, を強いて, を彷彿, を心, を心ひそか, を忍ぶ, を忘, を忘れ, を忘れかね, を忠実, を思いだし, を思う, を思ひ浮べた, を想像, を慕いつ, を描い, を描き, を描く, を止めない, を殘, を求め, を油絵具, を泛, を漂わせ, を目, を自分, を薄, を見せ, を見る, を見わける, を見出す, を述べはじめた, を追い続けました, を追っ, を闇, を頭, を髣髴, を鮮, 似たり, 少しは, 忘れえぬ戀人, 思はれ候, 来ぬひま, 浮ぶ, 立たむ, 薄きが, 見せて

▼ おも~ (281, 13.7%)

4 ことを, に君, のである, やうに 3 が如く, どち, に, に我, のであつ, 三十は, 事多し, 時に

2 [25件] ことに, にかく, には, にも母, に人, に余, に夢, に当時, に忽然と, に此淵, に癸辛雑識, の, のだ, のです, のは, はいかん, ばかりなり, わかきを, 事の, 人も, 旅人の, 望月の, 歌, 物か, 駱駝の

1 [191件] いま水に, かぎりを, かの夕, がこの, がそれとも, がの, がま, が今日, が國學, が朱買臣, これぞこの, ころしきりに, ごと思はまし, ざま其処で, ぞ, だけだつた, だけで, だけで胸先, だにくるし, だにこの, だに汗, だに難き, といふ意味, どちあそぶ, どちい, など言, にあの, にある, にいまなほ, にお, にこなた, にそも, につけそれ, にはや, にまかせぬ, にむかし母, にも今年, にも時に, にわが, にわれ, にジャンニ・デ・ソルダニエル, にスリ, にディーテ, に一家, に七〇行, に三人, に中古, に人麿の, に今宵, に光, に全, に前栽, に千餘, に古代, に古石場町富岡門前町, に同君, に四, に地方, に年少書生, に彼, に彼等ダンテ, に忍びじ, に恐らくは然, に我詩才, に所謂理想主義, に春, に暇, に最後, に此別宅願, に此山半, に汝, に淡き, に火, に甲斐境, に皇, に目, に私, に總, に蘭軒, に誰, に谷村, に逍遙子, に道聽塗説, に附會, ねがふところ, のか, のが, ので役場, ので私, はその, は唯一筋, は心痛, は是縁, ひとの, やう, やうこれが, やうつとり, やうな, やう安倍仲麿が, や紅, よりは寧, より外, わかき男, わかき看護婦夏, をけふ, ペンギン, 一節感服仕候当地の, 事なき身もとすゞろに, 事は, 事や, 二の, 二度三度唱へて, 人いと, 人が, 人に, 人の, 人は, 人はいづち, 人や, 今日の, 令孃甚之助の, 位ゐ, 余地は, 凡下の, 処へ, 別れ來ぬれ, 別れ来ぬれ, 君かな, 吾が恋, 哀愁は, 壺に, 外なにも, 外は, 姫六三暇を, 子の, 子弟たちが, 存分仏法僧鳥の, 室に, 少女と, 廬悲しみ, 御病さ, 心あやしく, 心か, 心が, 心より, 心易だ, 怠りからでも, 慈母の, 戀は, 我は, 所なき, 所月に, 支那を, 方が, 旅仕度し, 日あら, 日だ, 日本を, 時, 時である, 時など, 時に君いそ, 時忽ち, 時私は, 時絶対なる, 時自分は, 此池かへ, 水盤に, 沢の, 浦には, 涙の, 深山鈴蘭, 現身われは, 白馬の, 盡くる, 秋の, 程とし子, 老の, 色の, 色青ざめし, 行乞流転の, 谷中に, 豫想に, 赤彦は, 距離を, 身を, 都度笑む, 頃, 額を, 飯田で, 鳥を

▼ おも~ (144, 7.0%)

6 ものは 5 ものを 4 がで, 原因は 3 原因であろう 2 功績は, 新聞社に, 新聞社へ, 理由は, 目的と, 目的は, 種類は

1 [108件] でき事, ところだけを, のだ, はたらきを, みなばりにかけ, ものだった, もので, ものであった, ものであったらしい, ものである, ものでした, ものです, ものについて, 一人には, 事を, 事柄である, 人々並びに, 人たちを, 人だけに, 人や, 仕事だった, 仕事でありすぐれた, 仕事の, 仕事は, 似顔が, 体を, 個所は, 値打ちと, 値打ちという, 傷は, 働きを, 出来事を, 切字は, 利益は, 勉強であった, 動機で, 動機に, 動機は, 勤めは, 区域は, 原因だった, 原因であった, 収入源が, 味でした, 因子に, 団員が, 団員を, 団員をよ, 国語と, 場所である, 変化は, 宮方だけでも, 實業雜誌にも, 少年たちの, 少年たち十人が, 山木に, 島々を, 差別は, 平田門人の, 座敷に, 建物を, 建造物は, 役と, 役割を, 役目の, 役者は, 徳義的情操は, 性質によ, 感情である, 感情は, 教官の, 料理店は, 新聞に, 時間を, 書物を, 本性では, 条件は, 注意は, 源因に, 火山, 点であった, 特徴は, 特長は, 理由だった, 理由であろう, 用件は, 目的に, 社員の, 者には, 者は, 者七八名を, 而も, 苦しみは, 著作は, 衣類を, 表情が, 被告は, 証拠に, 話題に, 話題は, 読者は, 貢献は, 責任を, 近親だった, 部分には, 部分を, 部将を, 面々も

▼ おもへば~ (107, 5.2%)

2 余が, 吉野の, 吐けるらしかつ, 夢の, 恨みは, 我れ, 此女が

1 [93件] あの気味, あは, あらずせき, いい, いづれ普通, いまや廿年, かしこまで, きつと, こ, ここに, こちらの, この事, この女, この日, これも, しひて, その九月以前, その時, それ丈け, たとへ, どうしてくすぶり, どうやらわら, なにもかも平気, なるべし, はや六歳, ふしぎである, まことにまことにそれ, めづらしくあざやか, われは, ベルナルドオが, 一切は, 一度や, 一方には, 一日中寝そべ, 不思議や, 世の常なる, 世界は, 乘りぬ, 今は, 今も, 今年の, 何し, 何も, 作ること, 兎に, 全く嘘, 其声は, 其處には, 同人で, 唾湧き, 嘘の, 墓が, 大差は, 大空襲, 天地の, 妻も, 嬉しき夢, 己や, 年少祖父母の, 往事は, 心の, 怒るはらたつ何, 恥か, 恥かし, 恥かしい, 我も, 我国の, 或はその, 打物の, 扨も, 故らに, 既ざら, 明月は, 柿の, 此事あらは, 汝は, 浜松の, 涙しながる, 状師の, 猫の, 男に, 畑は, 白樫の, 目も, 肩の, 胸せまる, 腹が, 自分の, 言葉は, 詩稿をば, 赤松が, 身も, 魂はくづるゝに

▼ おもひで~ (106, 5.2%)

5 あつた, がある, に 43 の道 2 がそれ, がない, にふけつた, の種, は汐, や

1 [72件] あらう, あらうとも, があつ, があまりに, がさびし, がそこら, が夢, が私, が風, ことにピアノ, せつせつと洗濯物, て憂くつらし, である, とならう, となり果てた, にさ, にせ, にふけります, に春, のうごき, のさ, のさびしさ, のしづけ, のつきない, のなさけ, のふかい, のみち尾花墓場, のボール, の吐息, の山, の川, の感慨, の数々, の月, の歌ぐさかきあつめ, の籠, の翼, の花, の花びら, の草, の葉ざくら, の衣裳, の襟, の関門, の雨, の雪, の香煎, は, はあま, はかなしい, はこぼれ菜の花, はそれ, はつきない, ははて, は共に, は切れない, は尽きない, は山越え, は暑い, は波音, は菜の花, は軽井沢, ばかりがこびりつい, もうたかた, も今, や趣, をかき付け, を又は, を反芻, を挙げようなら, 少しばかりの, 見あげると

▼ おも~ (101, 4.9%)

7 する 6 ぬに 3 ざりき, ぬの, るる, れき

2 [13件] ざりしゆゑ弁当, ざるの, ざるは, ざるやう, しむ, ずくは, せたここ, ないわけ, なかつた, なくに, ぬかた, ねば, ばや

1 [50件] される, ざらめや, ざりける身, ざりしが, ざりし事, ざることを, ざれども, しくなく, しく無いにも, しむる, しめて, しめるもの, しめんとて, するいと, せたか, せないでも, ない, ないが, ないで, ないでね, なかつたの, なかつたよ, なくなつ, なんだ, ぬが如く寄せつけも, ぬし, ぬとき, ぬのに, ぬひと, ぬふり, ぬを, ぬ人, ぬ吾, ぬ家庭, ぬ小池局長, ぬ山, ぬ殆憎げ, ぬ汐路かな, ぬ花一つ, ぬ辺り, ぬ道草, ぬ部屋, ぬ霜, ねば美しき, るるこの, るる思へ, るれ, るれば, 俤で, 花散り

▼ おも~ (57, 2.8%)

65 ばこそ 3 なかつた 2 かし, ば繁栄豊腴の

1 [39件] だした, だす, どこの, ないくら, ないほどの, なかつたが, ばあづさ弓亡き, ばいちはやく, ばいつ, ばいづべにかはぐゝもるべき人さへ, ばかなし, ばげに, ばさむし, ばぞの, ばた, ばな, ばゆか, ばわかき, ば三十年の, ば不足なし, ば与謝の, ば人恋ふる, ば力は, ば君が, ば哀し, ば四年の, ば堪忍の, ば悲し, ば浅き, ば目に, ば遠く, ば長い久しい, ば間違ひ, ば降誕八日めに, ますが, またいかに, わがかくい, 又同時に, 君かしらの

▼ おも~ (48, 2.3%)

2713 ゆるかも 3 へば 1 へばそ, ゆらくに, ゆるかもと, ゆ井戸を, ゆ水汲み

▼ おもふと~ (38, 1.8%)

2 もなく, 四角の, 私は

1 [32件] いつでも, いふこと, いふやう, いふ歌, おもふ, お婆さんは, かすかに, こんどは, も, もなし, わたしや, をどり出したい, 仰むけに, 呆気に, 土に, 妙な, 妾は, 心配で, 急に, 恥かしい, 日本の, 気遅れが, 涙が, 火の, 節ま, 膝頭が, 自分の, 自分は, 自分ひとりだけの, 落陽の, 途端に, 高い空

▼ おもはず~ (35, 1.7%)

42 して, といふも事, につこり

1 [25件] あつと, あらむ, おどろきのこゑをあげた, おもしろく陶器師, からだ, その真剣さ, ぞー, なる心地, にはゐられなかつた, にはゐられません, には居られなかつた, また帶, も訪ひき, や夢, アッと, キッと, 呟いたの, 大きな声, 居ずまひ, 微笑まずには, 洩らす溜息, 立ち止つた, 起き上り敷ぶとん, 跪いたほど, 高い声

▼ おも~ (32, 1.6%)

2 いとどか, うすいも

1 [28件] がまた, である, である何, でいい, では, では大工, でまだ, でよく, で笑ったとき唇, で美し, のじく, のた, はたとつく, まだ安から, むきで, むきの, より到着, わしは, 向は, 君が, 庭を, 柳生藩を, 皺み, 眺めず, 華やかに, 起すべき時, 隠れ里, 面倒だ

▼ おも~ (32, 1.6%)

2 がする

1 [30件] おのづか, が, がけない, こそ悲しけれ, この鐘, たちて, たちの, づま, づる, にあり, にうたれる, に変, のいづみ, の我が, をさし, をした, をしないです, をする, をつのらし, をつらぬかう, を我慢, を追う, 人が, 何と, 出も, 子や, 真昼の, 給はずや, 給ふか, 音なく

▼ おもひだ~ (32, 1.6%)

8 した 6 して 3 したやう 2 したから, つた

1 [11件] させる, された, された中学時代, された彼, される, される心, される雨, したといふ, しました, します, せない

▼ おも~ (27, 1.3%)

2 どんは

1 [25件] がひどく, が年, が念, が改めて, が死ぬ, どんに, に発見, の, の呼ぶ, は, はいよいよ, はまた, は俄, は六十, は咎める, は少しく, は急, は惡, は我が身, は気がついた, は海馬, は湯, は独り言, は眼, を貰つて

▼ おもざし~ (26, 1.3%)

2

1 [24件] から年齢, が, があはれ, がいくらか, がうれし, が変わっ, が妹, が花形力士天竜, だけだった, でもあつ, には死ん, に似, の, のなか, の頤髯, はうかがい, は今, は母親, もいくらか, も父, や名前, を見おぼえ, 姉に, 父に

▼ おもふこ~ (24, 1.2%)

5 となく 2

1 [17件] ころの, ころは, ころを, とありき, とありける, といは, となし, とのなし, とは實, とは相手, ともある, と四, と更に, と楢, と神, と種々, と絶て

▼ おもわく~ (23, 1.1%)

1 [23件] さえも不快, だけで, など気, なんぞは歯牙, にも気兼ね, に合致, のはずれた, のほう, の下, の構想, の違, はその, はガラリ, は巧, ばかりお, もはばかったけれ, や出る, を晴らし, を案じ, を気, を考え, を見る, を都合

▼ おもひも~ (22, 1.1%)

3 寄らぬ事

1 [19件] いでずうばらさ, いでず薔薇さ, かけぬ大きな, するの, ぞする, なく, の, よらず隣家, よらない永井龍男君, よらぬこと, よらぬ事, よらぬ器用, よらぬ糸子, わたづみの, 乱れんか, 寄らない意気地, 掛けぬイイダ姫, 老いゆきぬ中年, 過ず恋

▼ おもてから~ (17, 0.8%)

1 [17件] ここへ, すっかり見える, のぞいて, みれば, ロープを, 一丈程, 一目散毬の, 使に, 屈強の, 手の, 折まわし, 掬われたさ, 来たよう, 目に, 眼を, 筵を, 背後へ

▼ おもては~ (16, 0.8%)

2 蛙が

1 [14件] いと, しんしんと, それでも決して, もう人, ストキから, 一面の, 冷やかに, 山ひらけ, 政務を, 朝から, 船特有の, 見つつ, 軟玉と, 雨が

▼ おももち~ (16, 0.8%)

32

1 [11件] でいう, でした, でぽかんと, で伸子, で眺めた, なり, にて, になっ, は, を, を見せた

▼ おもえらく~ (14, 0.7%)

1 [14件] これあに, わが邦, 世人が, 人死し, 営中の, 因果自然の, 奇を, 実に三世, 宮中の, 将来東西の, 干戈を, 政府真に, 死するとき, 生命は

▼ おもふも~ (14, 0.7%)

2 のが, みぢ, 雪国の, 骨を 1 かなしきはやう, のか, のから, のであ, のの, のひとり

▼ おも~ (12, 0.6%)

21 でいつも, で麻綱, とを考へる, にかく, の鉄, は雨, は齒, をあたふる, をかろんじ過ぎよう, を感じ

▼ おもへども~ (12, 0.6%)

1 [12件] たしかに見と, つら, 君と, 命かぎりありけり, 夕さりくれ, 尋めゆく, 悲しきとき, 烟草のみ, 現身われし泣か, 継ぎて, 腦を, 電流に

▼ おも~ (11, 0.5%)

2 の方 1 からその, から土間, と隔て, に引返した, の天井, の軒, の長い, まで突抜け, らしい

▼ おもても~ (10, 0.5%)

1 ある, こなたおも, たいそうな, ふらず行こうと, わかる年ごろ, 一樣に, 上げえない, 冴えて, 悽愴に, 菊路の

▼ おもての~ (9, 0.4%)

1 戸なんぞ, 方に, 方を, 棚畑の, 水之尾道は, 海の, 白豌豆の, 美しさ, 金剛寺という

▼ おも~ (9, 0.4%)

1 その一, ちよつと, チャールス・レイあたりの, 一個の, 次が, 社交室に, 窓ぎわの, 耐えられるか, 隨つてあまり多く旅行し

▼ おも~ (8, 0.4%)

2 も滿足 1 すら十分, にしろ, はどう, も啜れ, も満足, を啜る

▼ おもなる~ (7, 0.3%)

2 原因は 1 ものは, ものを, 作は, 目的は, 隊には

▼ おもひい~ (7, 0.3%)

1 づるぞさてはよき, づればわかかりしおのがすがたをいとしとおもふ, で, でも, とど切, と樂, よ

▼ おもひし~ (7, 0.3%)

1 ことなし, てうす暗く, も久しき, よりも耳疎かりき, 事やら, 紫の, 美術諸生の

▼ おも~ (7, 0.3%)

1 というもの, とミルク, にきみ, の加減, の親方, を拵え, を雨水

▼ おも~ (7, 0.3%)

2 に見えぬ 1 であつ, に立つ, のここ, はわが, を薄肉彫刻

▼ おもてを~ (6, 0.3%)

1 全体の, 冬の, 暗くし, 睨まえるよう, 鐘うち振れり為すあるごとし, 隠しながら

▼ おもなが~ (6, 0.3%)

5 な顔 1

▼ おもふべし~ (6, 0.3%)

3 上杉の, 色は

▼ おもてと~ (5, 0.2%)

4 なして 1 なりに

▼ おもてまで~ (5, 0.2%)

1 じゃ三時間, たれこめて, 届きそう, 汗が, 送つて

▼ おもはれ~ (5, 0.2%)

1 ね, 慕は, 聖人の, 至人の, 金田一博士などに

▼ おもふとき~ (5, 0.2%)

1 それが, わたしは, 帆ま, 忽ちにし, 此は

▼ おもよと~ (5, 0.2%)

4 お大 1 貰い娘

▼ おも立った~ (5, 0.2%)

1 ものが, 一人を, 新聞の, 者を, 連中は

▼ おも~ (5, 0.2%)

1 な禁欲者, な色, な顔, に御覧, の上品

▼ おも~ (4, 0.2%)

1 の親五郎右衞門, は女郎, は深く, を文右衞門

▼ おもはず目~ (4, 0.2%)

2 を伏せた 1 の上, を外けた記憶

▼ おもひと言~ (4, 0.2%)

2 ひます 1 ひひじき, ふの

▼ おもひま~ (4, 0.2%)

2 うけずし 1 うけない戰地, うけぬ災害

▼ おもへど~ (4, 0.2%)

1 その力, もし然ら, 少しさ, 近き國

▼ おもほゆる~ (4, 0.2%)

3 かな 1 心も

▼ おも~ (3, 0.1%)

1 とおり一片の, ひ, 堅蔵だ

▼ おもてか~ (3, 0.1%)

1 な, 裏かの, 青に

▼ おもてる~ (3, 0.1%)

1 と何ん, のです, んや

▼ おもはく~ (3, 0.1%)

1 なぞも考へよう, の橋, もなに

▼ おもはば~ (3, 0.1%)

1 しるべし時節因縁これ, 悲しからむ, 誰か

▼ おもひがし~ (3, 0.1%)

21 ないで

▼ おもひこし~ (3, 0.1%)

2 路の 1 濤は

▼ おもひと~ (3, 0.1%)

1 て恋, のゐ, 言うて

▼ おもひな~ (3, 0.1%)

1 しかその, ほして, やみ

▼ おもよどん~ (3, 0.1%)

1 かお金ちゃん, が紅絹裏, やお金ちゃん

▼ おもわく違い~ (3, 0.1%)

1 でかさみ, で温厚, なら云うまでも

▼ おも~ (3, 0.1%)

1 だ, っ, を引い

▼ おもかげ君~ (2, 0.1%)

1 はこ, はそこ

▼ おもかげ殘~ (2, 0.1%)

1 るらん, る武家

▼ おもくちから~ (2, 0.1%)

2 なく

▼ おもこそに~ (2, 0.1%)

2 ほひくれ

▼ おもざし見れ~ (2, 0.1%)

2 ば寒き

▼ おもたら~ (2, 0.1%)

1 刺青に, 手切れの

▼ おも~ (2, 0.1%)

1 が時には, ッた

▼ おもつて~ (2, 0.1%)

1 をりました, 好い気

▼ おもてからは~ (2, 0.1%)

1 いつて, 退いて

▼ おもながの顔~ (2, 0.1%)

2 は眼鼻

▼ おもなき~ (2, 0.1%)

1 もあり, 人に

▼ おもはずうち~ (2, 0.1%)

2 過けり

▼ おもはず一絶~ (2, 0.1%)

2 を得

▼ おもはず手~ (2, 0.1%)

1 をさしのべ, を合せ

▼ おもはず松嶋~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ おもはず笑~ (2, 0.1%)

1 ひ崩れた, を催され

▼ おもはん~ (2, 0.1%)

1 かつたけ, と一心に

▼ おも~ (2, 0.1%)

1 せに, せを

▼ おもひあがつ~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て居る

▼ おもひあがつた~ (2, 0.1%)

1 女優が, 女優は

▼ おもひいだし~ (2, 0.1%)

2 て独言

▼ おもひいだしたれ~ (2, 0.1%)

2 ば人

▼ おもひか~ (2, 0.1%)

2

▼ おもひき~ (2, 0.1%)

2 やさしも

▼ おもひする~ (2, 0.1%)

1 と私, にまだき

▼ おもひつ~ (2, 0.1%)

1 かれたり, づけて

▼ おもひもかけず~ (2, 0.1%)

1 來り合せたる, 順吉の

▼ おもひもかけない~ (2, 0.1%)

1 何らかの障害, 突飛な

▼ おもふか夫~ (2, 0.1%)

2 れこそは

▼ おもふともう~ (2, 0.1%)

2 大ぶ

▼ おもふと実に~ (2, 0.1%)

1 も逞しい, 夢の

▼ おもへたり~ (2, 0.1%)

1 する, ふと周囲

▼ おもほゆれ~ (2, 0.1%)

2 相者ならず

▼ おもむき~ (2, 0.1%)

1 をおびた, をさえそなえ

▼ おもよも~ (2, 0.1%)

1 一緒に, 続いて

▼ おも~ (2, 0.1%)

1 に伝っ, へ延び

▼ おも~ (2, 0.1%)

1 はたいへん, をひきうける

▼ おも~ (2, 0.1%)

1 こそをかしけれ, して

▼ おも~ (2, 0.1%)

1 をおろした, をす

▼1* [215件]

おもひに, おもあいで喰べた, おもおもお貰いだ, おもお貰いだよ, おもかげそれは実に, おもかげ位景色などというの, おもかげ余情等種々な符号, おもかげ愛と徳, おもかげ是はどう, おもかげ自分の少年時, おもかげ落り過ぎたる紅葉, おもかげ身にそ, おもかりし鞍馬を, おもがな今日来た, おもけど人が, おもここに鋭利, おもさうに地上に直角, おもさすがに言い返した, おもさまへうしろ, おもさ二十両をそこ, おもすぎるうえに, おもすぐと病苦, おもそうなリュック, おもそぉ呼ぶ, おもその頬を, おもが搖れ, おもたかつた心が, おもたれば, おもつたのであるが, おもてぐらいのちがいしか, おもてぞ濁りたる, おもてだけではらの, おもてだけは飽くまでも巌丈, おもてなどが解って, おもてにかけてそれは, おもてのさざなみにもかかわらずそれは, おもてへ逆しまに, おもてまでの距離の, おもて迄おりかは, おもであって果ては, おもであったからかも知れぬ, おもでしたが諭吉, おもながのひきしまった顔, おもながのようでもあり, おもながの上品な婆さん, おもながの彫刻的な顔, おもながの気品の高い, おもなので名前だけでも, おもなもの三名ばかり, おもねつた, おもはしげにて何れ華族, おもはずかしここそ, おもはずこゑをのんだ, おもはずはつとして一間, おもはずわたしは, おもはずハツと思ひ, おもはず上り框へと飛上, おもはず今度は溜息, おもはず俗念一掃の清興, おもはず声を立てた, おもはず彼はほくそ笑む, おもはず恍惚となる, おもはず我猛く, おもはず指をく, おもはず接吻をも何とも, おもはず新聞とりおとしぬ, おもはず盃を下, おもはず眼眸をかへした, おもはず立上つてはいく, おもはず笑ひだしながら, おもはず聲をあらだて, おもはず聽衆はまた, おもはず胸をときめかせ, おもはず腰をあげた, おもはず腹のなか, おもはず苦笑されるの, おもはず語氣が強く, おもはず頭をあげ, おもはず顏をみあはせた, おもはず顔を背け, おもはず驚きの聲, おもはず魚のやう, おもはで物思はばや, おもはむ敬ひまつり, おもはん寿終のとき, おもはん果遂せずば, おもひあがつてるものだ, おもひあがれる心ひらき, おもひいたるといふ, おもひいたれば心, おもひいだししに, おもひいだされさう, おもひいだしたるゆゑしるせり, おもひいだせしが, おもひいでつつ, おもひいでられてなほさら, おもひきたればとき, おもひこんでゐる, おもひすて, おもひその日, おもひぞ泊つる青葉かげ, おもひぞ屈する河, おもひだすことも, おもひつめにき, おもひでお母さまのお, おもひでわが家のそば, おもひで云ふならば, おもひで何か文芸, おもひで其処を立ち去らう, おもひで弟は東京, おもひで態ア見や, おもひで果なし, おもひで果てなし, おもひで私はふつ, おもひで窓に凭りか, おもひで自分ひとりだけで, おもひで許りだけれど, おもひで金を貰, おもひで順吉は老婆, おもひとり玉ひけむ, おもひと恰度同じよう, おもひどほりに, おもひひとりしあ, おもひますが何, おもひみて, おもひもかけなかつたのです, おもひものだと, おもひも亂れんか凪ぎたる, おもひも苦みもなく, おもひやり深い此人, おもひ付く限の, おもひ出してゐた, おもひ出したやうに, おもひ叫ぶとすれ, おもひ起すことが, おもふかな, おもふかそれこそはお, おもふからの事, おもふき愚妻へ申, おもふくろんぼ, おもふけれど此点, おもふさまその, おもふさいはひ, おもふさまなことを云つてそれ, おもふしだいである, おもふその日, おもふたびに, おもふつぼには, おもふて骨さむく, おもふときさびしきこころ君にこそ, おもふところがあつ, おもふとしもあらなく, おもふとすこし胸が, おもふとずいぶん妙な, おもふとたしかあれは, おもふととてもぢつ, おもふとやはり何時読ん, おもふと丁度あたしの, おもふと何だか楽しみである, おもふと定めしイライラとし, おもふと直ぐにむか, おもふなら学校へ, おもふべきなり下り終らん, おもふまくらべちかき春, おもふゆゑいかにせん, おもふらしく或時, おもふんだけどそり, おもふ呼べど答, おもふ如くに聲出, おもぶせに, おもへしかはあれ春さり来れ, おもへたが誰, おもへは魯戎の, おもへれば浜, おもほへずわが老, おもほへぬかな, おもほへり見る人も, おもほゆべしも, おもみうらぶるる心, おもむろな姿をとっ, おもむろな孵化であり内的夢想, おもむろな成長が世紀, おもむろにずしんずしんと床をふみならし, おもゆおかゆそれから鯛, おもゆ五十グラムずつ位, おもようは, おもよというのは, おもよとの間に, おもわくどおりであります, おもシルクも無え, おもチャ屋の前, おもたが, おもしやるろ, おも一つ一つ消えたそして, おも入れで立つ, おも吃驚して, おも変りがし, おもと結ばれ, おもに出, おも心から嬉しそう, おも新聞紙をすっかり, おもまたは神祭月, おもとかいうこと, おもはあか, おも様々の疑点, おも目科を小, おも立つた人々よりも, おもを潰した, おも舵いっぱいなん, おも苦しかつた, おも苦しく悲しい日が, おも蒼ざめて見える久留雅雄, おもの戸前, おも躊躇して, おも面白いもんねエ