青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おられる~ ~おり おり~ ~おりました おりました~ ~おります おります~ ~おる おる~ ~おれ
おれ~
~おろし おろし~ おん~ お上~ お世話~ お互い~ お供~ ~お出で お出で~ ~お前

「おれ~」 19942, 215ppm, 458位

▼ おれ~ (6076, 30.5%)

40 お前の 30 おれの, それを 20 自分の 19 何も 15 あの女 14 この女, 何を 12 いつでも, おれだ, 気が 11 いやだ, お前に, お前を, まだお前 10 ここで, 此世に, 自分で, 見て 9 あの人, おまえに, おめ, これで, それが, 知って, 自分が 8 おれで, ここに, これでも, そんなこと, 今まで, 君に, 彼女の 7 あいつの, おまえを, きさま, きみの, このおれ, もう, 何という, 思った

6 [17件] お前と, ここの, こんなこと, さっきから, すぐに, そこに, その間に, ちよつと, なにも, もう死んじゃう, 君の, 彼女に, 忘れて, 急に, 死んで, 知らない, 腹が

5 [26件] あいつを, おれは, おれを, お前が, きょうは, さう, そう思っ, その時, それに, だれな, どうもあきらめ, ほんとうに, みんな知っ, 人殺しは, 何の, 大丈夫だ, 彼の, 忘れた, 日本の, 此の, 活きた, 考へた, 若くも, 著物も, 誓って, 誰な

4 [53件] あの時, あれから, あれを, いったい何, いままで, おまえの, きつと, きのふこ, くい改める, この年, この時, これを, そこへ, どうしてこんな, どうでも, どうなる, なんにも, まだ藤原, もうこの, もつと, 一人で, 人の, 人を, 人間を, 今度は, 今日まで, 何んにも, 半七, 君を, 女が, 女に, 女の, 子供の, 帰る, 彼女を, 手を, 日本人だ, 死ぬぞ, 生きて, 男だ, 眼を, 胸が, 血を, 親父の, 貴様の, 貴様を, 身を, 逃げて, 運の, 頭を, 駄目じゃ, 魔法つかいだ, 黙って

3 [96件] ああいう, あいつに, あそこで, あの木, いい加減, いまその, いまでも, おかしかった, おまえが, おもち, おれ自身の, お前たちを, お蝶, けっしてつかまらない, こうやっ, こう見え, ここへ, ここを, この先, これまで, こんなばか, こんな処, すぐこの, そう思う, そのため, そのとき, そんな事, ちゃんと知っ, ちゃんと見, ちやんと, どうした, どうしたら, どこまでも, どんなこと, なんの, ばかだ, ひとりで, びっくりし, まだこんな, まだ現に出来るなら, もうだめ, もう何, もう我慢, よく知っ, 一体何, 三河町の, 中野の, 二十面相だ, 人間だ, 人間の, 今の, 今日から, 何にも, 何処に, 千年の, 君たちが, 喜んで, 変装の, 奇跡を, 女を, 嫌いだ, 少し気, 待って, 徳川の, 思い切って, 思うところ, 思うの, 思うん, 急いで, 悪党だ, 懺悔する, 昔から, 村の, 此処を, 死ぬの, 気でも, 江戸っ子だ, 江戸の, 海の, 涙が, 独りで, 生きた, 生れて, 眼が, 知つてゐた, 知つてゐる, 約束を, 肚の, 若い, 見たこと, 見たの, 覚えて, 誰にも, 進んで, 金は, 馬鹿だ

2 [410件] あけがた, あけ方, あしたお, あした山主の, あした山烏を, あした戦死する, あとから, あとで, あの少女, あの晩, あの爺さん, あの男, あやまりに, ある, あんたの, いい, いいが, いそがしいん, いちども, いつそ死, いつもこの, いつもは, いまずいぶん, いまに, いやしいけれども, いやだった, おせい様, おぬ, おれが, お前さまの, お前たちが, お前たちの, お奉行, かれこれ一年, かんが, がっかりした, きのうから, きみと, きみを, くるりと, けっして負けない, こ, こうし, こう不運, こう思う, こう思った, こう解釈, ここまで, ここらに, ことし二十八だ, この五六日, この人, この島, この眼, この箱, この紳士, この色黒, この蔓, この言葉, この通り, この間から, この頃, これからうち, これからお前, これからどうなる, これから天上, これから日名倉, これな, これは, こんどしばらく, こんどの, こんなところ, こんなにつらい, こんなゆかいな, こんな所, こんな處, さうさ, さすがに, すべてを, そいつを, そこで, そこの, そこまで, そちらを, そのあと, その前, その日, その栄え, その桃太郎, その榮, その男, その瞬間, その頃, その黄金, それから, それぎり永久に, それは, そんな意味, たいへんまずい, ただ君, たったひとつ, だまって, ちゃんと知ってる, ちょいと, ちらと, つかまらないぞ, てめえを, てれ隠しに, とにかく首尾, ともかくも, どうかし, どうかと, どうしてかうだらう, どうしてこんなに涙, どうしてもその, どうしてもやる, どうすれ, どうせ生まれ, どうだ, どうだい, どうも不器用, どう考え, どこへ, どっちの, どんなにきまり, なかなかえらい, なにが, なんだか蜘蛛, はだしで, ひそかに, ひとが, ひとりの, ひとりぼっちな, びくとも, へんに, ほんとうは, ほんとに知らなかつた, まだあの, まだこの, まだ二十一, まだ現に出, まだ生き, まだ見ねえ, まだ負けた, まちがいなく, まもなく町, みんなが, むかついて, もうあいつ, もうあの世, もうこれ, もうこんな, もうその, もうどんなに嬉しい, もう今夜限り, もう恥づ, もう手, もう死にたくなる, もう死ぬ, もう泣く, もう生きる, もう自分, もう貴様, もう頭, もともと高尚, やっぱり川, やつと, やる, イヤだ, ジョニイを, ジンの, ゾーッと, マダムに, ヤマハハに, 一人でも, 一体この, 一個の, 一度も, 一生懸命に, 三十七だ, 三十七な, 下の, 不思議に, 世間の, 中有に, 二人を, 二十めんそうだ, 二階の, 人が, 人ごろし, 人に, 人間が, 人間じゃ, 今から, 今この, 今そんな, 今でも, 今は, 今も, 今夜は, 今日かぎりで, 今日だけでも, 今日限り二度と, 今迄, 仕事を, 他の, 他人の, 代価を, 何かに, 何が, 何とも言, 何處に, 俄に, 信用が, 俺だ, 先へ, 先生な, 先祖以来の, 兎に, 別な, 助かる, 助かるか, 動いて, 勿論口, 医者だ, 十分君を, 千代の, 卑しい欲望, 即座に, 友人の, 叔父の, 口に, 口へ, 可笑しさ, 台所の, 右の, 君たちの, 君と, 命が, 命拾ひ, 咄嗟に, 唯お前, 善人だ, 喧嘩は, 地べたに, 地獄へ, 外の, 大急ぎで, 大次郎だ, 天下の, 天下を, 太いの, 女房の, 好きだ, 妬し, 妾の, 始めから, 学校の, 学校を, 実の, 小さいとき, 少しばかり, 峨眉山に, 平気だ, 平氣, 弱味を, 強情に, 後悔する, 御前の, 御前を, 御父さん, 御用聞き, 心に, 怒っては, 思うが, 思うよ, 思ったの, 思って, 思ふん, 思わず言って, 恩に, 息が, 悪かった, 悪人じゃ, 意気地が, 愛する, 憎い, 或る, 戦って, 手前の, 探し出すつもり, 敏感な, 旅に, 日本を, 日本一の, 明日にも, 昔は, 時々そんな, 木の, 本当の, 柏の, 梅の, 森へ, 檻の, 次の, 正直だ, 正直に, 死の, 死を, 死んだつてかまはん, 死んでも, 母とは, 母親の, 毎日その, 気を, 気違いに, 水の, 永久に, 永年この, 永遠の, 決して忘れない, 決心した, 沼の, 泣かなかった, 泰山の, 泳ぎが, 洋服だ, 涙を, 淋しいん, 満足だ, 無限の, 父親に, 物され, 狐にでも, 狸汁に, 狸汁にでも, 現在の, 生れてから, 畑姉弟を, 病気だ, 発つの, 発てない, 百姓だ, 目が, 眉を, 真剣に, 眼も, 知らないよ, 知らん, 破滅だ, 確に, 礼を, 神田の, 福の, 立派に, 籐の, 精神的には, 素人で, 繩を, 考えた, 耳に, 能なし, 腹がへ, 自分に対して, 自由だ, 苦労を, 荷物は, 荷物を, 落着い, 蛇だ, 行く, 行って, 親の, 覺えて, 言った, 詩を, 誰とでも, 負けた, 貧乏だ, 貴公に, 起き上って, 足を, 躊躇せず, 近いうち, 追剥を, 途中で, 違う, 部下の, 酒の, 酒を, 酔って, 金も, 隠居の, 電気総長だ, 青い空, 面目ない, 頭で, 飛んでも, 飛行機を, 食うため, 食慾が, 飯を, 飲んで, 馬鹿じゃ, 駄目かな, 駄目だ, 魔法使いだ, 魚屋の, 鮨の, 鰻を

1 [4047件 抜粋] ああいふ, あくまでもおれひとり, あっちの, あのふたり, あの句, あの幼芽, あの會計係, あの老僧, あの電話, あまり長い, ある私立, あんなにがみがみいう, あんまり臆病, いう, いちばんえらい, いったいどんな, いつぞや推参, いつもおまえ, いつも承知, いないし, いま初めて, いま牢屋から, いま陸上に, いよいよそれ, いろんな望, うちで, うんと書物, おこって, おどろいて, おまへの, おれには, おれ達が, お使い役, お前は, お手前物の, お葉, かういふ小説, かしこの, かなしく来た, かように, きっとおまえたち, きみたちの, きょう兵隊が, ぐいと手, けっしてきみたち, こういう冒険, こうしてあて, こうそば, こう考え, こっちの, このうえ, このとおり力, この世で, この僧正ガ谷, この天職, この工場, この憤り, この村, この甲府, この船, この道, こらえること, これからどうした, これから二人, これから少し用, これから町, これから親孝行, これきり原隊に, これらの, こんなにやすやすと, こんなの, こんな昔者, こんにゃく屋だ, さしより, さてさてと, しかって, しばしば中野, しんきろうを, すぐさまこの, すぐ花籠, すっかり信心家, する, ずいぶん長, せめて大, そういう薄命, そうな, そこまでは, そっぽを, そのほう, その中, その同じ疑い, その帳簿, その戦列大隊, その流れ, その箇所, その道, その頃将監さん, それからなほ一時間, そればかり, そろそろ飯, そんな下らない, そんな寂しい, そんな贅沢, たくさんだ, たすかるの, ただ一輪, ただ悲しい, ただ見, たびたびそうおもった, だね, だんぜんこの, ちっとも怖, ちゃんと君, ちやあんと, ちょっと屋敷, ちょっと迎い酒, つかまらないよ, つまりこう, できるだけ気, とうとうやっ, ときどきすべて, とび道具, とんちきでの, どうしてかうだろう, どうしてもお, どうしても蛇, どうもこの, どうも蝋燭, どこかへ, どっちへも, どんなにでも, なおれひとり, なぜあの, なにし, なるべく物, なんだかやたらに, なんとなく気, ぬくぬくと, はかせの, はっと思う, ひざまずいて, ひどく燥, ふたたび犬ども, ぶんなぐりに, べつに君, ほんとにまさかこんな, まけっきり, まずあした, またしみじみ, また三十銭がた, また最近, また興録, まだいわん, まだまだ生きる, まだ今月, まだ完全, まだ此処, まだ筋骨, まだ銀行, まぶたの, まるで馬鹿, みな知っ, むかむかっと, めくらでばか, もういよいよこれ, もうごめん, もうとてもだめ, もうま, もう一切, もう二度とお前, もう動く, もう大分巴里, もう帰還, もう歩けなくなっ, もう空振り, もう許婚, もう長く, もちろん昔, もっと暴れたかった, もともと賤民, やっぱりいつ, やつぱり口笛を, やましい良心, ゆくゆくは, よくは, よく親父, よっぽど臆病, わかんない, ウイスキーを, カブトムシだ, ケレンコ司令官の, シムラに, スリの, チンピラ隊の, ナタリーが, バッタの, ピッチャーに, マユミと, モウ死んだ, リコウじゃ, ワッチだ, 一ヶ月以前から, 一体何の, 一匹の, 一工夫し, 一心に騒がぬ, 一服し, 一生懸命本堂へ, 一足さきに, 三十日ばかり, 三月も, 下司では, 不得手だ, 不服だ, 世間を, 中尉だ, 丹波だ, 乞食の, 二三日うちに, 二十五歳であった, 二度目だ, 云うと, 五時間の, 京都まで, 人気女優と, 今ある, 今その, 今ひょっくり, 今二十四の, 今夜も, 今大きな, 今日の, 今暁飛行機で, 今毎日いっぱい, 今鎌, 仕事着と, 他人でも, 伊勢に, 会いたくないし, 伸び上り, 何か, 何だか好かぬ, 何と寢呆け, 何もかも知っ, 何年にも, 何時もお前たち, 余裕が, 侍だ, 信じろとは, 側に, 元来阿波を, 免職に, 全三日苦しみ通し, 公證人を, 其女の, 内職を, 冷静でも, 出帆の, 初めて敵, 別にお前, 別れること, 前に, 剣術を, 努めて, 動けも, 勤務の, 化けものじゃ, 北方の, 十五歳に, 千歳に, 南さんを, 博戯事に, 去る者, 又彼女, 叔父さんの, 口笛を, 可哀そうで, 吉良の, 向うを, 吹き出した, 呪われて, 唇を, 嘉平といふ, 四人も, 困る, 国香の, 地平の, 地頭てめえも, 堪へかねて, 変な, 外藩の, 夜通し明日, 大きらい, 大地に, 大岡市十郎の, 大田が, 天下に, 天照大神の, 奇態な, 女の子の, 好まない, 妻と, 始終持っ, 嬉しいよ, 孟獲だ, 學者風だ, 宗人では, 実際そうっと話さなきゃならん, 宿直事件で, 寝床の, 寺へ, 小さな資産, 小次郎だ, 少々失望, 少年探偵団の, 山の神に, 山男だ, 川崎の, 市之助の, 常々それを, 平らかな, 幸次郎の, 幾日も, 弁公を, 弱気な, 当人じゃ, 役目を, 彼等の, 後で西洋, 御用の, 心から惜しむ, 心身とも, 忌わしい気持, 忙しくなる, 怒ったの, 怖しいう, 思う存分あいつ, 思わずどきりとした, 急ぎの, 恐竜の, 悔いない, 悲しいこと, 惚れた, 愛しながら, 感情を, 懐中無一文な, 戸惑って, 手持ちぶさたな思ひ, 拵らへてから, 掏摸や, 改めてここ, 敗けて, 数しれぬ, 斗南から, 斯う, 新人だ, 旗本としては, 日若, 早や, 明日から, 易者では, 昨日から, 時々自分, 暫くお, 書物なんか, 月の, 朝飯前に, 本位田又八だ, 本能で, 東京の, 栄子殺害の, 森啓之助だ, 楽しみさ, 横死か, 歌を, 正しく太政官, 正直な, 武家が, 死なないぞ, 死ぬほど, 死骸を, 殿軍と, 毎日鉄砲打ちで, 毒蛇に, 気の, 気持が, 汚れの, 江戸無宿だ, 決して喧嘩, 沙漠の, 泣く事, 派手な, 海賊の, 湯槽が, 滅びる, 瀬戸内海で, 火葬の, 無力の, 無論行く, 爪楊枝けずり, 牢屋へは, 狐に, 狸でも, 王滝まで, 生きられるだろう, 生涯おれ自身の, 甲府から, 町には, 病むだらう, 発熱し, 皿の, 目の, 相手が, 真っ先に, 眠られない, 着物を, 知らなかった, 知らねど, 石川の, 確かな, 神さまな, 福士大尉だ, 穢れが, 突きとばされて, 窓に, 立つどころ, 笑つて妻を, 筋書を, 紀久ちゃんに, 素戔嗚だ, 絶対反対だ, 美人の, 考えて, 考へて, 聞いて, 職人だ, 能役者だ, 腸が, 自分でも, 自慢じゃ, 自重する, 船つきの, 色紙を, 芸者や, 若い時親, 茫然と, 莫迦だ, 落魄れても, 蕎麦が, 蜀の, 行かんよ, 襖の, 見た, 見ねえが, 親しい友人, 親爺に, 言葉や, 試験場で, 話を, 誰かを, 諦めたね, 警察署長が, 負け惜しみを, 貴公が, 賄賂なんかで, 赤木の, 跡を, 車の, 辞退し, 追いつめられたね, 逃げたぞ, 逆に, 遊びに, 道楽は, 邪魔に, 酒で, 酔わぬ, 野中を, 金兵衛さんの, 銚子では, 長崎を, 開幕の, 閨房論だの, 陸上の, 随分長い, 雑誌すら, 青山さんを, 面白い芝居, 頬を, 頼まれたから, 風邪を, 食ふ, 飲んだ, 首垂れ, 馬鹿な, 騒がなかったけれども, 高野物語だ, 魔術師なんて, 鰌を, 黄巾の

▼ おれ~ (3988, 20.0%)

59 顔を 52 ような 37 ところへ 29 方が 28 ことを 27 心は 22 名を, 方で 20 方から 19 手に, 方を, 言うこと 16 前へ, 家の 15 知ったこと 14 いうこと, ために, やうな, ように, 事を, 方は 13 からだは, ものだ, 名は, 心の, 眼は 12 ことは, ものに, 妻の, 手を 11 前に, 姿が, 姿を, 家へ, 所へ, 頭の, 頭は 10 あとを, ほうが, 云うこと, 勝手だ, 心を, 耳は 9 ほうは, 前で, 家は, 眼に, 胸に, 顔に, 首を 8 女房に, 手で, 方に, 眼の, 眼を, 胸の 7 心が, 心に, 方にも, 話を, 部屋の, 面を, 顔が

6 [13件] うちへ, からだ, 仕事は, 傍に, 子に, 子を, 弟子に, 悪口を, 方には, 方へ, 耳には, 肩を, 腑に

5 [34件] からだに, からだを, こ, ことだ, とこへ, ところに, ほうには, 云う事, 仕事を, 体を, 力を, 名が, 命令に, 墓だ, 墓と, 女房だ, 女房の, 妻は, 姉御, 子だ, 家に, 昔が, 最後の, 番だ, 目の, 目よ, 眼が, 眼には, 考えでは, 見える奴, 負けだ, 身を, 部屋に, 頭に

4 [43件] いうの, うしろに, うちに, お母, ほうで, ほかには, もんだ, 三十に, 事だ, 体は, 別嬪さん, 口から, 名前を, 声が, 大事な, 女だ, 妹を, 家とは, 家来に, 崇敬は, 方じゃ, 方も, 気持が, 物だ, 生きて, 生涯の, 留守に, 目は, 知って, 知つた, 胸を, 腕で, 著物, 行動を, 褌は, 親父が, 足の, 足は, 部下の, 部屋だ, 部屋へ, 顔は, 骸が

3 [89件] あとについて, いうとおり, うちの, おやぢ, お父さんが, ことも, さいご, したこと, する事, ためには, とこの, ほうから, ほうへ, ほかに, まはり, クロだ, 一生の, 上に, 世界だ, 主人の, 云う通り, 仕事の, 仲間に, 体が, 傍へ, 匙に, 口の, 命が, 命の, 国の, 女を, 妹だ, 妻に, 子といふほどの, 家から, 家じゃ, 家だ, 家で, 家も, 家を, 寝て, 小屋の, 居所を, 帰るの, 帰るまで, 影を, 後を, 心臓は, 手は, 持って, 料簡が, 方の, 机の, 正体を, 死ぬの, 母は, 気に入った, 気の, 気持も, 気持を, 生命は, 畑の, 目から, 目にゃ, 相手を, 眼力に, 秘密を, 精神は, 絵を, 考えじゃあ, 耳を, 肉体は, 胸が, 胸へ, 腕に, 腕前は, 膝に, 見たところ, 言葉を, 身に, 連れだ, 運が, 部下が, 鑑定じゃあ, 頭を, 顏を, 魂は, 魂を, 鼻の

2 [273件] あたま, いいつけどおり, いう通り, いったこと, いふこと, いる家, うちで, うちには, おふくろは, お駒, からだなどは, からだの, きくとこ, ここへ, ことなんか, ことばに, この心苦し, この男らし, こんなに面白く, さかんな, すみかへ, すること, せいじゃ, そばへ, そばを, だ, でんしん, とこでは, ところでは, ところには, ところを, とても手, どこが, どなりを, なんだ, はうから, はもっとずっと, は漬物, ほうにも, ほうの, ほうも, ほんとうに, ほんとの, ものである, ものな, やうに, ズボンの, 一生は, 一番好きな, 丈よりも, 上には, 下劣な, 両手を, 中にも, 乗って, 事は, 云ひ, 五分刈の, 今の, 今日の, 介添を, 介添人に, 仕事が, 仕事に, 仕方で, 代りに, 代わりに, 仲間が, 仲間の, 任務は, 体に, 信念は, 側へ, 兄の, 兵隊だ, 兵隊には, 処に, 出て, 刀を, 前には, 前の, 力が, 力で, 力は, 力も, 勝ちだ, 包みを, 口には, 口へ, 右の, 名まえ, 名前は, 命, 命は, 命も, 咳が, 土地だ, 場合は, 墓の, 声は, 声を, 夜を, 夢は, 天下だ, 女, 女は, 女房が, 女房ぢや, 女房でない, 女房という, 女房は, 女房を, 好きな, 妹だって, 妹に, 妻だ, 妻と, 姿へ, 娘, 子では, 子供を, 家が, 家では, 家と, 家作だ, 寿命が, 尻だ, 屁の, 屋敷へ, 履物は, 左の, 帰りを, 床の, 店の, 心臓を, 念願が, 性に, 恩を, 想像が, 愛して, 愛を, 愛情だ, 所に, 所にね, 所の, 所へも, 手から, 手にかけて, 手には, 手の, 手のひらに, 手下さ, 手下だ, 抱へ, 敵は, 方からは, 方だって, 最期を, 本当の, 本箱の, 村へ, 枕もとへ, 横の, 武器は, 歯は, 死骸は, 潜水服を, 父は, 生の, 生命を, 生活の, 生涯は, 男が, 留守の, 留守を, 目には, 目を, 目玉は, 目的は, 直感に, 眷属たちが, 眼から, 眼玉の, 眼玉は, 着物を, 知恵は, 研究は, 社会上の, 神経を, 精神の, 精神も, 細君が, 縄目を, 罪じゃ, 美術館は, 羽根は, 考えて, 耳に, 耳の, 聞いたところ, 職を, 背中を, 胸は, 脳みそは, 腕が, 腕の, 腕を, 腹に, 自由に, 興味は, 舟の, 色黒は, 若いとき, 苦しい心, 苦しさ, 苦しみの, 藩が, 血の, 行くところ, 行く手が, 袷の, 裏を, 見こみでは, 見たうち, 親方の, 親父の, 親父は, 言いつけに, 言うとおり, 言う通り, 言ったこと, 言って, 言ひ, 言ふ, 計画の, 計略を, 記憶が, 話は, 誕生を, 財産を, 責任ぢや, 足に, 足を, 足音を, 身にも, 身の, 身の上だ, 身は, 身体は, 身体を, 躯を, 連れが, 道を, 邪魔を, 部下に, 部下は, 部屋が, 部屋は, 銭で, 鑑定では, 長い歴史, 頭から, 頭には, 頭も, 額の, 顔ばかり, 顔も, 餅を, 高札が, 魂が, 魂の, 魔法の, 鼻は

1 [1861件 抜粋] あいかたが, あとが, あらゆる苦悩, いうた事, いた座, いったとおり, いって, いぼは, いるの, うけた苦痛, うちおれの, うちを, おかげを, おそかった, おっかさんだい, おふくろに, おれの, お前に, お慈悲, か, かくれがから, かたきを, からだも, きいたこと, きものと, けらいに, こころは, こと, ことかと, ことじゃ, ことなら, ことについて, ことばが, こと狂人だ, この頃, これまでの, さきに, しくじりだった, して, しょうぶんだ, じまんだ, すっかりを, すみかを, せいだらう, その委託, たつたひとつ, たのみも, ためじゃ, ためよりも, だいじな荷物, だよ, つもりで, てめえの, ときより, ところから, ところも, どちらかが, なもん, のぞいて, はいった鎧櫃, はこんなに, はなん, はやわざ, は庄田真流, ばあいとは, ひたひを, ふくしゅうは, ふところ勘定は, ほうさ, ほうへは, まいた種, まえを, まねを, むっつり虫, ものじ, やったこと, やつて, やり方が, よごれた手, わきに, カンは, サノサを, セロの, デカダンスの, ハーリャ, パイプを, モティフだ, 一命は, 一家は, 一生なんか, 一番最初の, 万年ペンが, 三尺や, 下宿へ, 不始末, 不覚だった, 世帯は, 世話に, 中には, 主人が, 主義な, 予感は, 二十のちがった, 云いつけ, 云おうと, 云つた通りあの, 亡い, 人生に, 今までの, 仕出かしたこと, 代理として, 仲よしだ, 住ひ, 体には, 何, 作って, 使ったの, 使つたもの, 価値を, 俳諧は, 停めるの, 偶然の, 傲慢に, 優柔不断な, 兄弟が, 兄貴だ, 先輩と, 内部に, 冒険の, 出した手紙, 出勤した, 刀と, 分を, 初手の, 前を, 創作力の, 劇場は, 力量は, 努力を, 勘は, 勝つけんか, 勝訴と, 千年の, 南蛮渋茶の, 友だちだろう, 友達としてだけで, 取る月給, 口を, 右手を, 同志, 名, 名と, 名も, 名前が, 名義に, 吾家の, 命よりも, 命令どおりしない, 唯一の, 噂ひとつ親爺の, 国にしか, 国もや, 土地などは, 地盤は, 埋め草, 堪忍も, 境涯は, 声だ, 声名に, 外には, 外形を, 夜具の, 大きな眼, 大小を, 天眼鏡の, 失うの, 奢る酒, 奥の手だ, 女房じや, 女讐, 妻か, 妻も, 妻室を, 姿ときたら, 威厳に, 娘を, 婿だ, 嫌いな, 子でも, 子供, 子供心にも, 子分だった, 存在の, 存意を, 安否を, 実力で, 宥め料, 家まで, 宿の, 寝床の, 寝息なんぞ, 専門は, 小桶, 少年時代の, 尻について, 居所が, 屋敷まで, 山から, 島流しも, 差料に, 希望を, 帰って, 帽子を, 年頃も, 幼少からの, 広告の, 度胆を, 引き当てた切支丹屋敷, 弟だ, 弟子な, 弱点だ, 弾は, 彫った馬, 役に立たぬ道化癖, 役目は, 後ろから, 従弟の, 復命一つに, 微笑の, 心もちは, 心底が, 心臓よ, 快気祝いを, 思いちがいだった, 思うつぼな, 思ったとおり, 思想を, 性欲の, 恋しくおもう, 恋人であっ, 恐れて, 恩の, 悪口ばかり, 悲劇の, 惚れて, 愉悦は, 意見は, 愚鈍さと, 感じでは, 感情を, 態度が, 懐には, 懐工合は, 戟を, 戸棚へ, 所謂労農尊重主義が, 手だまに, 手の平みたいにさ, 手もとへ, 手柄に, 才は, 投身は, 持たないもの, 持ち場が, 持場は, 指に, 指図通りに, 掌に, 描いて, 携えて, 救わなければ, 教育に, 敵を, 料簡は, 方からも, 方にこそ, 方への, 旅の, 日々は, 昔だ, 時間じゃ, 智慧を, 書いた答案, 書斎で, 最初の, 月給を, 望みだ, 未来が, 本木傳を, 村だけじゃ, 条件を, 来る前, 根気の, 森な, 楽しみは, 横に, 欠点も, 歌の, 正体もか, 歯型の, 死ぬとき, 死んだ息子, 死骸の, 殿様は, 氏素姓を, 気に入らねえほどの, 気もちが, 気持ちが, 気持は, 永久に, 池の, 汽車は, 沽券に, 洗礼名を, 清々した, 漁場を, 潔白を, 灰は, 無意識界, 無知を, 燃えるやう, 父を, 片眼, 物さ, 物に, 犬に, 犯罪や, 珈琲飲ん, 理智を, 生きてるうち, 生まれたところ, 生れ在所は, 生活, 生活に, 生活全体が, 生涯に, 甥を, 甲羅は, 町へ, 留守ち, 番かな, 異常おれの, 疳性ばかり, 痩腕じゃ, 癖として, 発案の, 監視役兼取押え, 目に, 目的だった, 直感が, 相方だらう, 相談には, 真価も, 眼で, 眼を通して, 眼力は, 着物に, 知ったこったねえや, 知ってる女, 知らない人物, 知り合, 知恵には, 知慧の, 確信, 祖は, 神経が, 秘密が, 空耳であった, 立場が, 童話は, 粗相だ, 素性が, 細工物の, 結語は, 絵の, 網に, 縄張り近所へ, 罪を, 美しい恋人さん, 羽織に, 考えかたは, 考えるべきこと, 考へるべきことぢゃない, 聴き入って, 職業には, 肌に, 股ぐらから, 肩へ, 肺は, 背中の, 胴着一枚よこせ, 胸では, 能力を以て, 脱穀を, 脳みその, 腕く, 腕前を, 腹な, 腹掛けから, 自動車だ, 自慢を, 舌を, 色じゃ, 花火に関する, 苦悩の, 苦悶を, 草香流や, 葬式として, 薬の, 虱は, 行いについて, 行く時刻, 行く路, 行状から, 袖を, 襟髪を, 見そこ, 見る前, 見込は, 覚えて, 親切が, 親方や, 親父まで, 親達が, 言いなりに, 言う言, 言ふこ, 計画し, 計略に, 記憶は, 許すまで, 話なんて, 誤認だった, 講演を, 豪いこと, 負債を, 責任だ, 赤くいき, 足が, 足もとに, 足袋は, 路銀も, 身がわりに, 身よりは, 身体だ, 身体に, 身内に, 身分は, 身替りに, 車に, 辻斬りを, 述懐も, 退屈も, 造ったバット, 遊学中は, 過ぎて, 道具を, 道楽かな, 部下から, 部下も, 部屋まで, 配下に, 金まで, 金魚が, 鉄砲を, 鎌は, 鑑定も, 長兄も, 門前に, 関係を, 隊に, 隣から, 雪玉は, 霊は, 霊魂は, 青梅と, 面に, 面子を, 革鞄を, 音楽に, 頬に, 頭ん, 頭腦がから, 頼みを, 額に, 顔くらい, 顔の, 風流を, 食慾が, 飯を, 養子に, 首に, 馬の, 馬鹿な, 骨など, 骸は, 魂である, 鳶いろ, 鼻っぱしを, 鼻を

▼ おれ~ (2251, 11.3%)

19 悪かった 18 行って 12 持って 10 お前を 9 手を, 生きて 8 ここへ, 一人で 7 ここに 6 それを, ついて, とつて, なにを, 好いこと, 知って, 自分で, 見たの, 連れて, 金を 5 おめ, お前に, ここで, 思うには, 行く, 見て, 言って, 買って 4 あいつの, 何を, 悪いの, 悪いん, 悪かつ, 案内し, 死んだら, 死んで, 誰だつた, 預かって

3 [24件] おまえの, おれが, おれを, こうと, こんなこと, やって, よしと, 一緒に, 何だかちつ, 先に, 力に, 女なら, 女の, 帰って, 手に, 教へて, 死んだらこの, 殺して, 相手だ, 相手に, 言うには, 話を, 都に, 頭を

2 [117件] あいつを, あすこへ, あそこで, いっしょに, いって, いないと, いま, いるん, おぬ, おまえなら, かう腰, きさまら, こうして押さえ, ここを, ことは, この汽車, したこと, して, すぐに, すまん, する, そこら中に, その男, その町, それだけは, だれだか, つれて, どうかした, どんな人間, なにも, やったこと, やつて, やるから, やると, わるかった, スポンと, 一番さきに, 三つの, 三十何年間いや, 不意に, 云ふこ, 今なしうる, 今まで, 仏像に, 付いて, 代って, 代りに, 住居を, 何か, 保証し, 保証人に, 其処へ, 出して, 出て, 前へ, 助けに, 勝った, 半七, 叱られる, 呼ぶまで, 嘘を, 四十面相だったら, 声を, 夜中に, 天下を, 好きなら, 対手に, 幸福である, 引き取って, 引き受けて, 引受けた, 彼を, 彼奴の, 心の, 悪い, 悪いこと, 悪いって, 惡か, 慰めて, 戸を, 手伝って, 手柄を, 払って, 持つて, 教えて, 敵を, 日本の, 書いたん, 来たと, 様子を, 死ぬとき, 死ぬとは, 死ねば, 死んだらお前, 生まれる前, 生れてから, 生れるとき, 目を, 看護し, 知らないと, 知らないとでも, 確かに, 美い, 自由に, 行かず, 西班牙の, 親分に, 言うの, 貴様を, 迎えに, 退治し, 通ると, 邪魔に, 酔って, 間違えを, 隣の, 霊も

1 [1705件 抜粋] あいずを, あけて, あとで, あのイソップ, あの娘, あの時東京, あの真似, あばたの, あやまつたらお前, あやまるこれから, あるいは, あんな大学生, あんまり稲刈り, いい名, いかさまを, いか銀, いさめて, いちいちずぼし, いったいあんな, いったんいかん, いつそんな, いつもさけ, いつ下宿, いないも, いひ聞かすいひ聞かすから, いまだにお, いま引いた, いやかと, いるから, いろいろいたわる, いわぬこと, うちでも, うまい返事, おちおちと, おはま, おまえを, おるん, おマンさん, お供を, お出馬, お前の, お通さん, かう云, かわいがって, きさま, きっと救っ, きみに, ぐるに, こうし, こうしてぶらりと, こうして無策, こう云っ, こう持っ, ここまで, ことを, この一両年, この仕事, この壺, この島, この道, これから引, これだけの, これを, こんなくだらぬ, こんなにぐずぐずし, こんなよう, さがして, さしずする, さっき斜めに, さっき露, しつかりと, しょって, じきじきこの, すきたくて, すてて, せっせっと, そうしない, そう言ったら, そこへ, そっちへ, そのほう, そのよう, その侍, その将来, その準備, その背中, その額, そばへ, そんなこと, そんな手, たたき殺して, ただで, ためら, たわいなく尾, だんだん調べ, ちゃんと知ってる, ちょっくら, ちよつかい, つかまえて, つけるよ, とったの, とても永久, どうしてそんな, どうして倭文子, どこから, どこへ, どっちが, どれほどの, どんなおもい, どんなに幸福, どんな得, なにか, なほし, なんで玉井さん, にらんでからの, のぞいて, はいるから, はじめてドイツ, はじめ心配した, ひきうけたからは, ひとつやっ, ひやかすと, ふいと, ふたり分堪能し, ほこらの, まじめに, また人穴城, また明日, まだ十六七, まだ独り者, まだ農家, みて, むやみと, もう一人, もう一遍佐伯, もう睨ん, もし兄貴, もし病気, もらった, やったよう, やって来なかったらこの, やるつもり, やろう, ゆるしちゃ, よい名, よく云っとく, ろうそくを, わからねえの, わるいん, ゐなくな, グレ出したという, ステージの, チビだ, ヒステリーを, ピストルを, ポルタワへ, 一つまとめ, 一つ探検に, 一二三四五と, 一人一人に, 一度お礼, 一度名前, 一旦こう云い出した, 一生の, 一番上手だ, 一発で, 一言たしなめる, 七ツの, 三年見, 上手に, 下宿へ, 不埒か, 不承知だ, 世界で, 世間に, 乗りだしたの, 乾して, 予章の, 事務長に, 二週間かかっ, 云ったら無論そう, 云わなくとも, 人の, 人類の, 今あの, 今こうして, 今どこに, 今云, 今夜行った, 今日にも, 今言った, 介添を, 仕止めるっ, 他人に, 仮りの, 仲通の, 会った女, 住むより, 何だかちっとも訣ら, 何の, 何もかも話しちゃう, 何時か, 使ったおまえ, 使わせる分, 俺だ, 傘を, 元気に, 先へ, 先生な, 入院すりゃ, 八丁堀の, 兼さんお, 内証で, 冷淡に, 出かけるぞ, 出しゃばるの, 出すのに, 出たら拙い, 出なければ, 出会ったわけ, 出過ぎて, 刈入れるのに, 初めて酒, 前に, 加集をも, 助けて, 勅使督郵を, 勝ったぞと, 勝つて, 匍いずりまわっ, 十まで, 十六七歳の, 半分助け, 參内を, 取ったに, 取りに, 受け合って, 受験から, 叩きなぐって, 可哀そうだ, 右の, 吉原行きを, 同情を, 向うの, 君に, 吹いて, 呼びだしに, 呼んだら駈けて, 命じて, 命令する, 喰い込んでも, 困る, 困るよ, 地上まで, 地球に関する, 堅気な, 変な, 夜光の, 大きくなつたら, 大事の, 大地と, 大挙し, 天下の, 奥山くんだりの, 女みたいに, 奴らに, 好きな, 始末する, 媒介を, 子供の, 安心するじ, 実地を, 家へ, 宿場の, 寄ったら刈り上げ, 寢坊な, 將官の, 小男, 少しちょっかい, 少し貰っ, 局長の, 居なければ, 山城屋で, 川から, 工面する, 市ヶ谷の, 帰るとき, 平生云ふ, 幽霊だ, 引かしてやらうか, 引き受けたから, 引分けて, 弟は, 弱いと, 強要した, 彼の, 待ち暮した, 後生気が, 従妹の, 心なかっ, 心得て, 忍びこんで, 忘れようか, 怒りさえ, 思って, 急に, 恐れて, 悪いか, 悪るかった, 惡る, 愛して, 憎くって, 成敗し, 所の, 手じ, 手にかけて, 手斧を, 打つ, 扱って, 承知だ, 担いで, 拾って, 持ち歩いて, 指南し, 捕まえて, 掛け合いに, 探らせたところ, 接吻する, 握り拳で, 救い出す, 教える幹男, 文を, 料理し, 断わった上, 方々宿屋を, 方は, 早合点する, 明智に, 智慧を, 暢気か, 書くの, 朝の, 木村以上に, 来たからには, 来たとは, 杭州で, 格別お, 案内者に, 横に, 歌うから, 止めようと, 正気に, 此下宿へ, 死にかかっとるのに, 死ぬみたい, 死んだと, 死んだらお許し, 死んだらは, 死んだら川, 死んでから, 殺したという, 殺人を, 気つけ薬を, 気楽に, 水を, 永年その, 決してそんな, 泣かなかったら, 添え手紙, 源兵衛の, 火を, 炭焼がまに, 無理矢理かどわかした, 燗を, 父親だ, 牛若, 犬なら, 玄関の, 王である, 生かしちゃ, 生きてる限り, 生れた冬, 用意し, 甲府の, 留守で, 疑深ひ, 癇癪持と, 盗っ人だ, 盗んだの, 監獄へ, 直々に, 直ぐ使つてし, 直接聞いた, 相手の, 真正面から, 着服しなけれ, 睨んで, 知ってるん, 知らぬ顔を, 知るもの, 碌でも, 神経病じゃ, 突き進んで, 立ち止ると, 笈摺を, 算術を, 紀久ちゃんを, 素気なく, 経験したこったろう, 縁側に, 翼賛会の, 考える, 考へたいの, 聞き役に, 脱出した, 腹の, 自分から, 自分の, 至るところ, 芝居気が, 若かった, 若干の, 苦悶も, 董卓を, 蛭田博士に, 行かなくても, 行くと, 行く方, 行けりゃ新聞社, 行て, 袂の, 見えるよう, 見たつて, 見ても, 見なかった裁判官, 見ると, 見込んだ通り, 覚悟を, 親父に, 言う, 言ったん, 計って, 討死したら, 許すまでは, 訳を, 話して, 誡めて, 読むから, 誰を, 談判してやろう, 謝罪つてやつから, 負けたかね, 負けよう, 貧乏で, 責任を, 貰った缶詰, 貴様たちに, 買い占めて, 資本その, 赦しを, 足場の, 蹴るに, 身命を, 辰の, 追っかけた子ども, 退屈してる, 送って, 通り一遍の, 逼塞に, 運転する, 遣つて, 選ぶの, 都を, 酒の, 酔うたの, 醫者に, 野芹川の, 釣ろうという, 鎮めて, 長生きの, 間違ってたと, 阿波を, 電話を, 面さえ, 面白い話, 預かったからにゃ, 頭でっかちでも, 頼む逃げて, 願え事, 飛ばして, 食えなくなった時, 飲ましたろか, 養って, 養家, 馬と, 馳け, 駕籠と, 高は, 髪を, 黙って

▼ おれ~ (1241, 6.2%)

10 一緒に 9 昔は 8 お前も, そう思う 7 それを 6 そう思っ, 男だ 5 いっしょに, これで, さっきから, 知って, 考えて, 行く 4 おれの, 急に, 悪かった, 気が, 考へれば, 黙って

3 [13件] そうだ, そうだろう, そう思った, その方, どうかし, 今まで, 今夜は, 元は, 安心した, 意地だ, 最初は, 聞いて, 行くよ

2 [77件] あしたで, あとから, あれには, いくよ, いって, いつまで, いやだ, うつかり, おまえの, おまえも, おめ, おりる, ここで, このごろは, このひと, これを, ずいぶん馬鹿, そうらしい, そんな事, そんな風, ちっとばかり, ついもの, つれて, ひどい火傷, まあ考え, もう何時, もう取る, やるぞ, 一しょに, 一つ海軍に, 一度は, 一旦は, 一時は, 人間だ, 今それを, 今に, 今までの, 仲間に, 何だかそんな, 何といふ, 侍の, 出て, 刈つた柴を, 加勢し, 困ったよ, 学者に, 彼の, 心配し, 我慢が, 持って, 早くその, 明日は, 昔の, 昨日までは, 武士だ, 武士の, 死ぬ, 死ぬかも, 気がつかなかった, 泣きたい, 焼きが, 生きて, 知つ, 聞いた, 腹が, 苦しみは, 行こう, 見て, 諦らめて, 負けずに, 負けない気, 貰へる, 貴様も, 路に, 途方に, 頭の, 飲もう

1 [940件 抜粋] ああいう, あきた, あき盲, あちこち聞き歩い, あのトランク, あの世の, あの女, あの妙ちきりん, あの時分, あの病室, あぶないところ, あや, あんまりあの, いいたくは, いうた, いくらか世間, いささかあんど, いっぱいかけ, いつか父と, いふ, いま考え直し, いやお前, いよいよ厄年, いろいろな, うたうぞ, うとうとと, うろ覺え, ええとき, おっ母, おどろいたぜ, おのずと気, おもわねえじゃ, おれで, お伴しよう, お前さまに, お前の, お十夜孫兵衛, お礼に, お綱, お船手, かうから, かえるん, かねがね癪, きっとそこ, きょうは, こうし, こうしちゃいられない, こうして仕返し, こうばかりは, こう因業, ここへ, ここを, このあいだは, このまま手, この事件, この伝, この六兵衞, この峠, この春, この濡れ燕, この話, これから一つ, これから箱根, これから踏み込ん, これは, こんどこそは, こんなお化け, こんなもん, こんな商売, こんな貧乏, さうだが, さすがに, して, しまいには, しらないが, じかに逢う, すぐうち, すぐ表, すこし困る, すッ, ずいぶんくろう, ずいぶん旅, せいせいした, そういうこと, そうおもっ, そうしよう, そう信じたい, そう思わねえで, そこまで, そっと覗い, そのお供, そのほう, その一人, その手, その松島, その狐, その船, その行列, その親分, その辺, その鼠小僧ぢ, それくらいの, それに, そろそろその, そろそろ時代, そんなうわさ, そんなに心配, そんな振舞い, たけだけしいけ, ただは, たちまちこっ, たまげた, たまらんから, だ, だんだん考えた, ちっと芝居気, ちょっとした文士, ちょっと癪, ちょっと身の毛, ぢぢイぢや, ついて, つい失念, つき合いに, つくづくそう思った, つづいて, とうとう不朽, どうしていい, どこかへ, どれ位気が, どんなにせがまれた, どんな力, なかなか用心, なに決して, なんだかそんな, なんだか怪しい, にらみが, はいるといふ, はっきりいっ, ばかだ, ひじを, ひとつで, ひとつ用い, ひとりと, びっくりし, ふとした機会, まあ上方, まさかと, まずほか, また何人, また君, また日本一, また目, まだ寝, まだ自分, まアだ, みたぞ, むっつり右門, もういちど親分, もうだめ, もう一度奮発, もう五年, もう堪忍袋, もう少しゃ, もう少し考える, もう我慢, もう永う, もう物心, もう途方, もう逢わん, もう隠居, やがては, やがて帰る, やって, やっぱり弱い, やつと, やられたぞ, やろうと, ゆく, よくよく焼き, よく調べ, よって, よっぽど臆病, よほどお, わる気, オリザの, グッドモーニングの, スキーを, ソバケーヴィッチの, タバコずきだ, ハイネの, バカにや, ミーチャと, ヤマハハに, 一つ, 一つこの, 一つもらっ, 一つ奮発し, 一つ運試しを, 一ぺんぐらいは, 一トつ, 一人, 一代武勇に, 一口買っ, 一寝入りし, 一度踏み出し, 一旦仲, 一生に, 一番陽気に, 一肩入れさせ, 一遍行っ, 丈夫に, 下総十五郎だ, 不審に, 不思議と, 久しぶりで, 乗りこんで, 予想しなかった, 二三度逢った, 二十一歳に, 二十日は, 二本差し, 云おうとして, 五十歳だ, 亦ま, 人だ, 人力を, 人穴城に, 今夜が, 今度ばかりは, 今引っ返し, 今日は, 今考へ, 仕事を, 仕込むが, 仲仕じゃけ, 何だかうち, 何も, 何思った, 何時かは, 元より, 入れて, 六十七の, 其の話, 出したよ, 出る, 出世した, 出家し, 刀を, 初めの, 初耳だ, 刳られたア, 力を, 助広を, 半蔵さんの, 南蛮国王だ, 原田甲斐の, 古徳利, 可怪し, 同じく此姿, 同じよ, 同じ値うち, 同じ日蔭, 同時に野, 名刺を, 君の, 君んと, 呆きれた, 呆れた, 商売なら, 噂に, 四十俵の, 四十年前横浜に, 困るからよ, 困るじゃ, 国を, 坊やに, 埋れ木に, 士官に, 変ったろう, 外国で, 夜の, 大だんなみたい, 大三, 大人気ない, 天津日子の, 天狗の, 好い加減おどかし, 好きで, 好きな, 始めから, 威張ろう, 嬉しい, 子々孫々の, 孤独だ, 安心が, 安心だ, 実あ, 実はその, 実は不思議, 実は心配, 家に, 寝よう, 察しるよ, 将校だ, 將官に, 尋常に, 小金井の, 少々心細い, 少しのぼせ, 少しぼけ, 少し恐い, 少し計画, 尺取だ, 屋敷の, 山岡屋だ, 帰ると, 平気な, 年取ったよ, 年老ったで, 庄屋の, 弥生てえ, 弱った, 弱って, 往くから, 後悔は, 御存じない, 徹底的に, 心細いで, 忍, 忙しくなるだろう, 思い切って, 思うぞんぶん敵, 思わなかった, 急ぐ, 意外だった, 愚にも, 感心した, 感応した, 懐中に, 或る, 手伝いに, 手伝つて一枚を, 打首に, 承知してる, 承知だ, 投げるかなと, 折れも, 拂つ, 拾ったおれ, 持っとっても, 捕われて, 探しに, 支配から, 教師として, 旗本に, 日暮れて, 早速一つ, 明日から, 昔黄疸を, 昨日この, 時々ご馳走, 時には, 替玉と, 最初から, 月並みに, 朝湯の, 村の, 来る気, 果報な, 案内し, 止したいよ, 正々堂々と, 武人だ, 武市と, 武蔵も, 歩くこと, 死ぬの, 死ぬ間際, 死んでも, 殺せと, 母さんも, 気がついたところ, 気を, 気持ちが, 永らく身世漂浪, 江戸の, 江戸表なら, 泳ぐよ, 浜へ, 漸く年, 火を, 然し痔, 爺さん婆さんに, 片腕を, 玉葱の, 生きられるもの, 生き物なら, 生涯てめえと, 用事が, 申訳ない, 男である, 畜生さ, 疲れて, 癪に, 盗つ人, 直ぐ行く, 相当人の, 真人間に, 真剣に, 眼が, 睡眠時間を, 知らないの, 知らんぞ, 知らん人間, 確かに, 禁煙で, 窮屈に, 立会おう, 素人だ, 結婚しない, 縁が, 老いこんだ, 考えた, 考えたん, 聞いたこと, 職員の, 肩身が, 腹ペコじゃ, 至極賛成だ, 良くなかった, 花々しく戦っ, 若い頃, 若くて, 若布採りに, 苦労する, 蔭で, 虎こ山の下まで, 行きたくないな, 行きたくなったな, 行くさ, 行くの, 行末は, 見えませんでした, 見つけたと, 覚えが, 覚悟が, 覚悟しとる, 親爺と, 訳なし, 試合に, 認めなくちゃ, 諸君の, 負けては, 負けるもの, 貢取りに, 貧乏だ, 責任を, 貴公に, 賛成だ, 起きられるよう, 足ぐらい, 身体さえ, 迂濶, 迂闊に, 近頃は, 迷って, 逃げたい, 逃げも, 遊ぼう, 遠くから, 遠く来た, 遣ふには, 邪慳な, 都には, 酔っ払うと, 重傷だ, 野武士の, 金が, 金を, 釣り込まれて, 鉛筆を, 長年烏帽子こそ, 間接の, 降りない, 陸に, 随分キャッキャッ, 随分罪, 随分鍋島家, 隠居する, 青山へ, 面白くねえ, 頭が, 頼まれたから, 顏くらゐ, 食いたいな, 食われるだけ, 飲みたい, 飲むよく, 驚いたよ, 骨を

▼ おれ~ (968, 4.9%)

9 見て, 馬鹿に 8 誰だ 7 ばかに 6 どうしよう, 忘れて, 憎んで 5 つかまえて, どうしろ, どうする, 呼び活けに, 訪ねて, 連れて 4 いとしが, 助けて, 待って, 愛して

3 [17件] だましたな, つけて, とらえようと, 侮辱する, 信用し, 前に, 呼んで, 好いて, 恐れて, 捨てて, 殺して, 殺しに, 殺す気, 殺そうと, 疑って, 知らんか, 軽蔑し

2 [56件] いやまさか, きつと, これから爺さん, こわがること, こんな無口, して, たすけて, だますの, だれだ, どうし, ぬす, ねたんでるん, はり倒した, 乗せて, 何だ, 入れて, 可愛がって, 向こうに, 呼ぶの, 呼ぶん, 失うの, 女ぎらひかと思つてゐる, 守って, 射たなかった, 尾行て, 弟子に, 待つて, 忘れたの, 怨むな, 恨んで, 憐んで, 指さした, 捕まえて, 揺り起したけれど, 斬ると, 欺す, 殴るの, 殺すつもり, 殺すな, 殺そうとでも, 無視し, 疑うの, 盲目に, 眺めて, 知って, 知らないの, 置き去りに, 裏切りやがったな, 裏切ろうと, 見る, 見込んで, 覚えて, 責めないで, 軽蔑する, 隠して, 高邁な

1 [708件 抜粋] ああ怖がる, あざけりおれ, あの女, あの楼, あはれんで, あまく見, あまく見る, あんな眼腐れ金, いけどりに, いじめて, いったいだれ, うつ, うつかり蹴とばし, うつ気, うやまったが, うらぎって, うれしがらせる, おいつめたと, おこらせるの, おそれて, おっぽ, おどろかせた, おひ出しやしない, からかって, きっと女郎買い, きらいだった, くい殺そうと, くびじろのそばへやってくれ, こうまで, こきつかう分, ここから, ここに, ここまで, この哀れ, この四馬剣尺, こんなにし, こんなに背中, こんなに陶酔, こんな檻, こんな目, ご覧よ, さえぎるもの, さがして, さし措いて, さらして, しきりに責める, したたかぶちおった, しばろうとでも, しんじつ三世までの, じっと眺めた, じっと見てる, そそのかしに, そのよう, その下請, その侍, そんなに邪魔者, そんなに馬鹿, ただの, ただは, だしに, だまかして, だまして, だましでも, だましに, だませると, だまそうと, だらしない, つかまえに, つかまえようと, つかまえること, つかまえると, つくったこの, つけた, つけまわして, つらまえて, つれこんだの, とめた, とめに, とめようとでも, とらえるため, どれほど悪く, なぐって, なぐりやがった, なぐるとは, なにかに, なにくれ, なぶる気, ならずものの, なんとおもう, にせものだ, にらんで, ねらって, のけものに, のぞいて, ののしりつづけた, はじめたくさんの, はじめ生き, はやくた, ひっ叩きゃあがるん, ひつぱたく, ひどいめ, ひどい目, ふみつけさえ, ほんとに殺す, まいて, まず血祭り, まだ殺さぬ, まだ知らない, まだ足利家, まねいとるん, みじめな, みる眼元, やり込めに, やり込めるであろうな, ゆすぶっては, よく用いない, よく知っ, よんで, わらったもの, コニャクを, ノイローゼだ, ヒドク叱っ, ブチの, ペテンに, ロシアから, 一人で, 一体どうしよう, 一心に案じ, 一生涯でも, 一瞬間うつとりさせ, 三日間の, 下手人として, 不思議な, 亀の, 亡い, 亡き者, 人殺しに, 仇と, 仇の, 今の, 今より, 仕事着の, 仕止めたかも, 仲間っ, 伴れださせた, 何で上帝, 何と想, 何者と, 使う我々, 信じて, 信じられるよう, 信じろ, 信用しない, 信用すまい, 信用する, 偉いと, 偲んで, 僻ませようって, 先生などと, 免職する, 凌辱した, 出さないで, 出して, 分つて, 切りゃあがった, 利用し, 刺戟し, 前へ, 助けに, 助けると, 助けろっ, 助平だ, 勘当する, 勵し, 化かして, 化かすの, 匹夫だ, 印度人に, 厭がる, 去る時, 取り囲んで, 取り殺れと, 取捕まえるため, 口説きやが, 叩き割って, 召捕りお仕置, 可愛がった, 叱りとばしたか, 吸った藪ッ蚊, 吹き落そうと, 告訴するん, 呪い倒したの, 呼び起せば, 呼ぶ, 呼ぶよう, 呼べきっと, 呼んだの, 呼んだよ, 呼んだら便所, 嘲うと, 嘲けらせは, 嚇しを, 四人の, 困らすつもり, 困らせないで, 国へ, 圧迫し, 城外へ, 壁際へ, 売ったな, 外すなんて, 失恋させ, 失望させた, 婿に, 婿にと, 嫌うて, 嫌って, 嬲つて, 寝かさんな, 封じ込めたな, 尊敬せよ, 尋ねたが, 小つ, 小突き出した, 尾け, 尾行する, 局長にでも, 居残りに, 山師だ, 山狩りに, 左手の, 帯にて, 幸福に, 広福寺の, 弄る気, 引き渡すなら引渡せ, 引摺っ, 強請ろうという, 彼にたいして, 待たせると, 待て, 後ま, 忘れちゃ, 快しと, 思ってるなんて, 思ってるに, 思ってるの, 思つてゐる, 思ふ女, 怨むわけ, 怪しい奴, 恐れるあまりに, 恨まぬよう, 恨みなさんなよ, 恨めだが, 恨んでや, 悩ます, 意地めや, 意気地なし, 愕かす, 愚弄した, 愛したまま, 愛しては, 愛してる一度, 慕って, 慰めたり, 憎がって, 憎め, 憎めおれ, 手討ち, 打つて, 打つ力, 扱った, 抱えて, 抱き込む気, 押しつぶして, 担ぐの, 担ごうと, 招いて, 拜んだ, 括らして, 持って, 捉えて, 捕まえに, 捕らえて, 探偵だ, 接吻し, 措いて, 揶揄し, 撃つという, 撲って, 撲りにか, 撲る, 攻撃した, 故郷から, 救いに, 救うて, 救って, 数えて, 敵と, 斫る, 斬りてえの, 斬ること, 斬るとは, 斬る気, 新感覚派, 日にこそ, 暗討ち, 書いて, 本当に好き, 村の, 東京に, 棍棒で, 楯に, 欣ば, 欺いたの, 歓ばすため, 正しく識, 正面から, 死なせないで, 死地に, 殺さなくても, 殺したの, 殺したらあと, 殺すかも, 殺すなら殺せ, 殺すの, 殺すん, 殺す必要, 殺せるか, 殺そうという, 毒殺しよう, 毛嫌いし始めた, 気拙く, 気持よく, 気狂いあつかいする, 氣違ひ, 決めつけた老いぼれは, 油虫みたいに, 泊めて, 波止場乞食ッて, 温めて, 満足さす, 焦らしてや, 煽動し, 片づけてからに, 特殊な, 狂人だ, 独りに, 獄中に, 甘くみ, 甘く見た, 生かして, 生んだお, 生んだの, 産んだ日, 町の, 番下げに, 疑ぐったのもむりはねえ, 疑ぐってる, 病人扱いに, 瘋癲病院へ, 白洲で, 盛りつぶして, 目のかたきに, 相手に, 看病し, 眺めた, 睥みつける, 瞞し, 瞞した, 知ってるか, 知つてわるびれる, 知らない内, 知らねえかよ, 知らねえの, 矯正しただろう, 種に, 突きとばしたの, 窓から, 立たせて, 笑った, 笑は, 紹介わせて, 絞めつけおれ, 縛りたけりゃあ, 繋いだ, 罪人扱いする, 置いてけ, 羨むと, 義理ある, 肩車に, 肯定しない, 育てて, 脅かそうと, 脅そうという, 自分と, 自分の, 苦しめずに, 苦しめたな, 苦しめて, 苦しめるなら苦しめて, 苦しめ出して, 草葉の, 莫迦に, 落し入れようと, 蒔く気, 蓆の, 蛾が, 行燈部屋へ, 裏切ったの, 裏切るよう, 裏切ろうとは, 褒めて, 襲うという, 見そこ, 見た, 見たが, 見たもの, 見た筈, 見つめて, 見つめるよう, 見のがして, 見るが, 見るその, 見るんだい, 見る事, 見ろ, 見ろじっと, 見上げた, 見張って, 見抜いて, 覘って, 親不孝だ, 訓え, 訪問した, 訴えたの, 認めさせずに, 誘拐しだ, 誤魔化すこと, 誤魔化せぬ, 説き伏せようと, 誰や, 識って, 豚の, 貧乏な, 買ひ, 贔負に, 起しに, 足蹴に, 踏むなり, 軽蔑するだろう, 辱めるにも, 迎いに, 迎えたの, 迎えに, 追いかけて, 追いつめて, 追い出して, 追い出すかと, 追い出すこと, 追うにも, 追って, 退け者, 逃がしたいの, 逃がすか, 通せ, 連れた親方, 逮捕した, 遇した, 過らした生涯, 過らせたぞ, 道化者と, 遣り込めようとも, 遺棄する, 避けるの, 邦原家の, 都に, 金蔵破りの, 金魚と, 間の, 闇撃ち, 除くと, 陶酔させる, 陷れよう, 離れたと, 非常に, 非難する, 頼りに, 風来坊の, 食いに, 飯炊き婆と, 馬鹿な, 駆り立ておれ, 騙して, 騙そうと, 驚かせたらな, 高潔な, 黒奴の, 黙らせること

▼ おれ~ (840, 4.2%)

10 向って 7 しても 6 何の, 黙って 5 せられて, 恥を, 殉死に, 言うには, 隠して 4 ついて, まかして, 尾い, 教えて, 相談し, 礼を, 貸して, 貸しを

3 [14件] だつて, つづけ, なって, 似て, 何か, 入れた者, 化けて, 取つて, 好意を, 教へて, 相談しなかった, 見せて, 言わせると, 食って

2 [37件] いっても, かかっては, くれ, したって, すこし考え, その葡萄酒, とっちゃ, なんの, まかせて, ものを, ゃわからねえ, 任して, 任せて, 何を, 出来ること, 刃を, 力が, 意見を, 手伝わないか, 打ち明けて, 断りも, 楯を, 氣が, 渡して, 相談した, 知らせて, 縋いて, 考えが, 親切に, 訊いたって, 足を, 近寄らない, 返して, 返事を, 迷惑のかけど, 頭を, 食べさせて

1 [638件 抜粋] あいさつも, あいそが, あさっぱり, あずけて, あずけなさい, あつた, あてがわれて, あのライネル嬢, あの人, あばかれちゃ, あまだ, あまり手, あやうく大地, あるが, ある事, あんなところ, いうた, いくぶんあてつける, いただかせろ, いっそ仲間, いったい何, いって, いつに, いや気を, いわせろ, うやうやしく小さい包み, おじぎを, おまんま, お世辞, お前の, お礼を, お金を, かかって, かかってるもの, かかわらずに, かくしだて, かくして, かくす必要, かくす気, かせと, かつがせろよ, かなし, かまうな, かまわずに, きいたって, きいて, きくんだい, くっついて, くれさえ, くれたの, くれたら五十万円, くれたん, くれた本, くれるだろうか, くれるという, くれるべき約束, くれんか, こういう芸当, こういった, こうさんしろ, ことわりも, このぎん, このばかげた, このやくざ, この波, この甲府, こんな仕事, さう言, さへ, しおれて, したが, したところ, しちゃ, しゃべらせるの, しろお前, すすめるの, すねて, すべての, すること, ぜひ買わせ, そういうこと, そのおり, その幽霊水, その手錠, その薬, その藥, その資格, その金, そむく奴, そんな事, そんな力, そんな口, ただで, たのんで, たべもの, だつてルチェフ仕立て, だまされたァ, だらしない, だッ, ついて行くん, つかまれ, つきあえよ, つきあえよと, つき合うて, つづいて, つづけッ, つながる身寄り, できないこと, できるもん, とつて, とられて, ないの, なぜそんな, なったまま, なついて, ならっしゃるところだったによ, なるが, なるは, なろうとの, なんでも, なんともい, にわとりの, はかまふ, はきつと, はねかえって, ばけた明智, ひきくらべて, ひとつ京都へ, ぶったおれた, ぶつかれば, まかしちょ, まかしときゃわるい, まかすと, まかせろとかいう, まけて, まさる役者, まだ何, まづすすめてから, まるで腹, みこまれたらもう, みつぎをささげたのにおまえはいやだというのか, むかって, もう少し勇気, もつらに, ゃねえな, ゃわからねえ友様, やれるだろうか, ゆずったん, よく悪口, よく解っ, よこしても, わかる筈, わけを, わたくしあれや, ショパンを, ドコへ, ヒロポン打っ, ヤッペと, 一応知らせ, 一文だって, 一疋売っ, 一礼した, 万一が, 万一の, 万事を, 下駄を, 不動様が, 不安を, 不足を, 与えられた課題, 与えられた運命, 中の, 乗らないで, 二千五百圓足らずも, 二度頭を, 云わしゃるのじゃがのう, 人ごろし, 人生の, 今あんな, 仔細を, 代らせて, 代数と, 以前の, 仲間を, 任しと, 任せよ苦労, 任せろ, 任せろ田崎, 伊予の, 会いさえ, 会いたくば, 会うの, 会えないだろうなぜそんなに, 会えないの, 会ふ, 会わせろ, 会わないだろう, 会わぬか, 似あって, 似あわしくない, 似たもの, 似たん, 似合うか, 似合わねえ大, 何かを, 何らかの懲罰, 何処へ, 余所ながら, 使えと, 例の, 便所に, 信用の, 働きだした, 働きにくい, 免じて, 全然教える, 内所で, 出させる, 出会ったの, 出口を, 出放題を, 出来て, 出来ないわけ, 出資する, 出馬しろ, 別れたら, 加えたか, 加担し, 劣らない親, 劣らぬ肝, 助力し, 勝てるか, 匂わしたこと, 化けやがったな, 十万石を, 十手と, 卵を, 厭きたな, 又たせがむ, 及ぶ者, 反対する, 叔父は, 取っちゃ, 取っちゃあ, 取って, 取りあげられて, 取持って, 取持て, 口を, 右腕とは, 右門だ, 合図を, 同情し, 同行を, 向かって, 向けた, 向っては, 向つて二十二歳, 向つて平身低頭, 吠えかけて, 呉れ, 味わわせようという, 命を, 和睦を, 喧嘩を, 喰って, 喰われたがって, 囁いた, 囚われては, 四五日貸し, 困らせたん, 在るの, 報らせる, 報告した, 売らねえか, 変わりなく, 変態趣味が, 大恥, 妻えらび, 委せちょ, 委せといて, 委せとけよ, 委せろ, 委せろよ, 姿を, 子供でも, 定連, 寄越してるん, 密告した, 対って, 尋ねた, 對する, 届けて, 屋敷へ, 差し出しおれ, 差出して, 張り合って, 当ったの, 当てはめようと, 従いて, 従え, 従わないの, 得体の, 心は, 必要な, 必要に, 怒られへどもど, 怯みは, 恐がるん, 恐ろしい衝激, 恨みを, 悪いこと, 悪いところ, 悪事を, 惚れたと, 惚れたの, 惚れて, 意が, 愛せられようといふ, 愛想が, 感謝し, 戯う, 手だしを, 手むかおう, 手わたし, 手伝って, 手伝はせ, 手向かいするやつ, 打ちつけたが, 打つけ, 打開け, 抱いて, 抱きついて, 抱けとは, 押しつけたの, 担保証文利子期限なし, 持たして, 持たせて, 持ちかける時, 持って, 指でも, 挨拶し, 捕れと, 握らせる事, 攫い奪, 支払う義務, 故郷が, 教えるっていう, 文句を, 斬らせて, 斬れと, 断りなし, 断わりも, 旧悪が, 書かせるなんて, 書置きを, 有難うとも, 来て, 柚子さんの, 栗や, 案内を, 構うな, 構わず相談, 機密を, 次ぐいい, 歩けと, 死ぬまで, 死ぬ理由, 毒を, 気が, 江戸の, 注いで, 渡すの, 演らせれ, 無理を, 無関係だ, 煙草を, 片意地な, 狼の, 生命を, 用か, 用かい, 用とは, 用は, 用捨は, 画桿の, 異心, 當りちらす, 痺れ薬, 百姓か, 相当の, 相談しない, 相談しなく, 知らせた, 知らせなかったの, 知らせなかったら誰, 知らせんで, 破られたじゃあねえか, 破られたな, 稽古を, 穀物を, 竜介という, 童貞を, 答えて, 約束する, 約束すれ, 終るさ, 絵の, 縄が, 縄を, 繋るすべて, 署名を, 義務が, 義理立てなど, 耳こすり, 聞かせるでも, 聞かせるという, 聞かせるんだい, 聞きたいと, 聞けと, 肩を, 腕が, 臨むなどは, 芭蕉論を, 苦杯を, 茶飯を, 葡萄酒を, 董卓を, 見せねえ, 見せねえよう, 見せようたって, 見て, 見は, 言いおるには, 言い言いし, 言ったっけ, 言って, 言わねえで紀久ちゃん, 言葉を, 訊かんでも, 許したの, 訴えて, 詫びを, 話した事, 話しながら, 話すの, 誓へ, 読み書きが, 誰が, 調戯うため, 談判し, 謝る必要, 譲るという, 譲れ, 譴責を, 負けたらどう, 負けん役者, 貰つてやれ, 貸しおれ, 貸せ奴, 赤恥を, 身の上を, 輪を, 近づいて, 近侍などは, 追いつめられて, 追ひつ, 送り丁原, 逢いたければ, 逢いに, 遇うても, 運用を, 遠慮は, 部屋を, 酬う, 金を, 金持ちに, 釣られた魚, 鍬を, 関係が, 附いて, 陥ること, 隊なんぞ, 隊長の, 隠れろと, 靡き寄ったお前, 靡けと, 面と, 預けて, 頼って, 頼みに, 頼んだから, 飛んだ拾い物, 食えるか, 食べる権利, 食物を, 飲まして, 飲ませながら, 香水を, 黒麦酒

▼ おれたち~ (770, 3.9%)

14 の仲間 6 のよう, の仕事, は, はみんな 5 ぞよ, の手, は今, は故国 4 の前, の同志, の眼, の顔, はあの, は何

3 [12件] のお, のこと, のなか, の世界, の家, の生命, の行く, はあくまで, はこの, はまだ, は今日, は死ぬ

2 [51件] か, がいっ, がここ, がこの, がすき, が力, が黙っ, じゃない, といっしょ, とはまるで, と一緒, と肩, の, のあと, のいる, のお父さん, のがら, のところ, のどの, のもの, のやう, の中, の体, の円座, の力, の商売, の国, の子供, の敵, の稼業, の魂, はきっと, はここ, はそれ, はもいちどもと, はもう, は交運労働者, は今夜, は同じ, は咸鏡, は堂々, は火, は第, もずいぶん, もみんな, もよく, も壯盛りぢ, より強い, をみんな水, を何, を味方

1 [550件 抜粋] あから, あこんな, あ船, おどかされて, から金, があの, がいう, がいなくなれ, がいれかわった, がお, がおれたち, がお座敷, がくっつけた, がこう, がこしらえた, がこれ, がしっかり, がたしかに, がのぼっ, がまごまご, がまた, がもうかる, がもう一度, がもつ, がもらった, が一手専売, が一生, が三人づれ, が人間並み, が仕え, が仕官, が仲直り, が入っ, が八人, が功績, が司馬道場, が君, が夜, が奉仕, が店, が引き揚げ, が当時, が待っ, が心配, が悪い, が悪もの, が村, が松吉, が洞窟, が火事見回り, が無理, が燈台沖, が片, が直ぐ, が知らぬ, が罰せられなく, が自由, が葬つ, が蔦, が行っ, が衰えた, が話し, が車, が遊んだら, が陣地, が青梅, ぐらいのもん, こそ実に, この土, これからどうなる, さ金を, じゃちょっと, じゃとても, そのうち, だけが無事ソクサイ, だけじゃ手, だけにある, だけのぜいたく, だったかの, だってこんな, だってさおふくろ, だって少し, だって日本人, だって気, だつて, だつて仕方, で, であげ, であんた, でもこれ, で何とか, で造る, とあまり, としては地球, とちがう, とちがっ, となか, との年, と売店, と遊ん, にいっ, にうまい, におしえ, にごちそう, についてこい, について来る, にでもできる, にとって何で, にどうして, にどんなに, になげつける, になんにも, にはいま仲間, にはおかしくっ, にはおれたち, には今夜, には天長節, には裏, には見られない, には追手, には難儀, にもう, にもお, にも大切, にゃくさったキャベツ, にゃ何, にわからない, にキッス, にショック, に会う, に会った, に助け, に向っ, に大, に女郎買い, に委し, に怒っ, に指, に柿崎, に汗, に渡した, に用, に聞こえない, に茶, に襲, に追いつい, に連絡, に遠慮, に遺恨, に金入れ, のある, のうしろ姿, のきょうだい, のこの, のこの小さな, のすべき, のすん, のせ, のせい, のぞうきん, のため, のどこ, ののむ, のほう, のほか, のやり口, のスポンサー, の一人, の一人一人, の一族, の万倍, の上, の世, の中佐, の主君, の事, の事務室, の仇, の住む, の住居, の何処, の何百倍, の係り合い, の偉大, の側, の党, の六親眷族, の処罰, の刀, の前途, の力強い, の友, の叔父共, の口, の叫び声, の場, の声, の女房, の姿, の存在, の寝室, の小間使い, の巣, の市長排斥, の影, の後, の後ろ, の御, の恩人, の愛, の懇親会, の戦列, の所, の技術者, の振舞い, の故国, の救われる, の時代, の暗い, の書いた, の村, の歓声, の正面, の歩い, の民族, の求める, の汗, の片, の班, の用事, の男, の町, の番, の盛大さ, の知った, の祭り, の秘密, の空間, の笠, の縄張り, の肩, の腕, の自由, の船, の若い, の血, の袍, の見せ物, の親分, の親切, の親方, の身, の身分, の運否天賦, の邪魔, の鍛, の阿片窟, の飲む, の飲んだ, の首, の首領, の鬱憤, はある, はいい, はいく, はいつも, はいつも堂々, はいま, はいよいよ, はお, はおばけ, はおれたち, はかならず, はかまわない, はきみ, はこうして, はこっち, はこれ, はこれから, はこんな, はこんなに, はしばらく, はしん, はすぐ, はその, はそんな, はたしかに, はたすかる, はだ, はちっとも, はちゃんと, はつい, はつまり, はとう, はどう, はどっか, はどっち, はどっち道, はなん, はな金銀廟, はにせもの, ははいれやしない, はばか, はひるやすみした, はぴょんぴょん, はほめ, はまた, はまるで, はみな, はみな農民, はみんな人間, はやはり, はよく, はんたいがわ, はアメリカじゅう, はツークーマン, はボンベ, は一切, は一心同体, は七人, は不器用, は不死身, は二人, は五百円生活, は人殺し, は今度, は仕事, は伐れ, は全く, は凍える, は出かけた, は助かる, は十分, は千里, は叩き倒さなけれ, は命, は善男善女, は地中海, は地球, は夢, は大いに, は大久保長安さま, は天, は失敗, は奥, は子供, は宮方, は小, は少し, は居る, は屠殺場, は彼奴, は御厨, は悪もの, は持ち場, は施し, は日, は日本, は日本交通運輸, は日本人, は早く, は暖炉, は書い, は木村, は来る, は極めつき, は極めて, は極楽, は楽しみ競べ, は機関車, は欺, は正直もの, は歩きつくし, は死骸, は毎月, は浜松城, は海賊, は火星人, は無法者, は焼ける, は生き延び, は生れ, は病気, は百万長者, は皆人柱, は相, は石炭仲仕, は空腹, は竜介, は第三者, は結束, は自分, は船大工, は船橋, は苦しい, は貰っ, は起ち上る, は逃げなけれ, は通りかかった, は野宿, は銭貰い, は長い, は間島, は電光ニュース, は食べ物, は高く, は魔法博士, ばかりでなく, ひどいめ, までしかられる, までも魔法, も, もあまり, もおまえたち, もけっして, もこのごろ茅ヶ崎, もしか, もせいぜい, もその, もなん, もひとつ去年, もほんとに, もまあ, もまた, もやろう, もらいが, もキャッキャッ, もメリケン, も人間, も吉兆, も壮, も壮盛りぢ, も壮盛りぢやつ, も大した, も巻き添え, も年齢, も文身庄, も早く, も晴れ, も物蔭, も知らない, も考え直す, も行きたい, も見, も飯どころ, やあ, よりもっと, よりも年上, よりやチャッカリ, より少し, より弱い, をいじめつける, をいっぱい, をおどかす, をおれたち, をごうも, をしめ殺す, をだました, をひどい, をバンザイ, を包まう, を匿, を喜ばせ, を喰ひもの, を土民, を外, を引っ, を待ってら, を怖, を押しつぶそう, を招待, を捨て, を救う, を月給盗棒みたい, を案内, を此処, を死骸, を気の毒, を泊め, を無益, を狙っ, を相手, を簀巻き, を裏切り, を見かけ, を見張っ, を見殺し, を蹴, を迎, を送っ, を配所, を釣り寄せる, を顎, ァおまえ, 幼いみなし, 忙しい人間, 持って, 殴るん, 若いもん, 見たいな

▼ おれ~ (609, 3.1%)

14 よい 13 いいの, よいの 12 よかった 7 いい 6 それで 4 おるほど, よろしいの 3 それでいい, わしも, 何の, 間違いない

2 [22件] あなたは, いいじゃ, いいという, お前は, かような, そちの, その中, その意味, それでよい, それで良ろ, それは, それを, よいに, よろしい, よろしいん, 人を, 何も, 何を, 僕に, 彼は, 私が, 間違いは

1 [480件] あっちの, あとは, あまりにやすやすと, あまりに覿面, あるいはその, いいかという, いいからと, いいが, いいし, いいで, いいのに, いいよう, いいわけ, いい小さい市井, いかなる建て, いかに神変自在, いくらあいつ, いくらか, いくらかその間, いくら彼, いずれは, いっそう長生き, いつでも, いつの間にか適当, いつ死ん, いろいろ内幕, おかげで, おかみも, おたずね, おのずから人, おのずから人情, おやりよ, お上も, お前らも, お手伝い, お茶屋散財し, お身さま, かかる夢, かならず助かりますでしょう, かならず彼ら, かならず救われる, かの鈴川, きっとそれ, きっとひと, きっと根, きっと治し, ここを, こちらが, この事件, この幼子, この期, この禁令, この魔, こやつ無礼, こんなこと, こんなばか, こんな処, ご苦慮, しばらくでも, じき平癒致そう, すぐさま千二, すぐに, すぐ被害者, すぐ見つかっ, すぐ見つかります, すべては, すむ, すむこと, ずっと安全, せきれい鳴い, そういう大家連中, そうした物思い, そうです, そう心, そこには, そのため, その人, その他は, その他多数の, その後ろ襟, その方, その約束どおり, それだけでも, それだけ伜たち, それでもう, それでオカタ, それで充分, それで十分, それも, それより, そんなもの, たいていの, たくさんじゃ, たくさんだ, たとえ鬼, だいたい間違い, だが, だれでも, だんだん平常の, だんだん良く, ちょうど十三四, ちょっと腹, ついに彼, つけ上がって, つまり地盤, できるという, ですが, とにかく, とにかく行方, ともかくそれ, ともかくである, どうかし, どうだろう, どのよう, どんなにし, なおいい, なおさらだった, なおさら悪例, なして, になっ, の, のこと, のべつ幕, ひとりぼっちな, ひどく冷淡, ひまなり, ひょっとし, ぷいと横, ほかの, ほとんど脂, ほんとうの, まず大丈夫, まず誤審, またその, また天眼通, また恵まれる, また昨日, また相当, また長広舌, まだしもこの, まだしも真, むしろこうした, もうこっち, もっとおくれ, もっと気取った, もはや今日, やがてベンチ, やがて焦土, やがて金脈, やはり幾分, やり方次第では, よいが, よいこと, よいと, よいのに, よいよう, よも敵対, よろしいでしょう, よろしいわけ, よろしかろう, よろしく天下国家, わかる, わが子は, わけなく犯人, わしが, わしなどへ, わしらが, わずかの, わたくしは, アンチテエゼの, インド人黒人も, キットわかる, サン・ジュストとも, ジャワの, スマートな, パンの, 一しょに, 一ペンに, 一切の, 一方で, 一生に, 七十を, 万が一にも, 三人は, 上杉家は, 下の, 世の, 両方が, 中途から, 丸木は, 久しくある, 事実の, 人に, 人の, 人は, 人も, 人形が, 人生の, 今さらこんな, 今にあなた, 今になにか異変, 今の, 今年五歳に, 今年生れの, 今日の, 仔細なかろ, 仔細は, 他の, 仮名を, 会いたく, 佐々の, 何うにか, 何だ彼, 何だ貴様, 何でも分る, 何とかしよう, 何とも思わぬ, 何もかもわかる, 何事か, 何発でも, 余は, 倒れたとて, 僧も, 儲かったのに, 充分, 充分に, 先に, 入って, 全主観, 全然別, 公私とも, 再婚を, 切りが, 刑法に, 助かるわけ, 匪賊達も, 医者も, 十分である, 千両に, 半日や, 危険は, 原稿が, 叔父も, 口幅ったい広言, 右馬介の, 吉次も, 名利が, 君は, 否ホテル, 咎むべき, 商売が, 喧嘩だろう, 困ること, 国都は, 堪能し, 声楽家として, 夜中でも, 大丈夫だ, 大丈夫だろう, 大人の, 大変面白い, 大多数, 大姫君, 大学の, 大概お, 大船に, 天光光氏も, 太夫さんの, 奴は, 好いと, 好いに, 好いの, 姉ほどには, 威あり, 嬋娟たる, 子どもらは, 孔明軍師が, 学校にも, 安全に, 安心し, 安心だ, 安心である, 安心です, 宗舟平凡画師も, 宜かろう, 実物から, 宮様を, 家の, 家を, 少しは, 少なくとも少将, 尚更の, 尚更結構, 山に, 山林の, 左まで, 平地人の, 年が, 幾らでも, 庶民が, 建築家の, 強いてとは, 彼らに, 彼らの, 彼らは, 彼女は, 彼女等も, 後の, 後悔する, 得てして邪魔, 御喙容, 御用聞き, 心は, 心配す, 心配は, 必ずまた逢う, 必ず博変, 必ず及第, 必ず坑夫, 必ず弁護, 必ず情けない, 必ず若, 必ず髯, 怒って, 思うよう, 怪しからん, 怪我は, 恐ろしい事, 恨めしさ, 悩みを, 悪いこと, 悪い遊び, 憐み, 成るほどと, 我らは, 或る, 所謂虎の, 手に, 手段も, 折り折りは, 挟撃を, 支那の, 攻めて, 政権が, 教会だけの, 敵は, 日本の, 日本は, 星雲のより, 時々腹, 普通の, 月が, 未だ未ださかのぼっ, 本人は, 村の, 東北なまりの, 楽だ, 機会を, 死んで, 殺されは, 母の, 比較的勤め, 水を, 水銀柱は, 永久に, 永遠に, 池の, 決して四種類, 決して火花, 汽車の, 治療す, 法の, 洋服を, 深山に, 済むこと, 湯茶の, 満足の, 潮も, 潰れる気づかいは, 為めに, 無事に, 無論正午, 熱狂児の, 牛が, 特別に, 犬死には, 狐に, 独善と, 狸とは, 生命まで, 田舎武者には, 白萩様を, 百ある, 盗人の, 直ぐに, 直ぐ黒ん坊, 相当な, 相当に, 相手の, 相手は, 知れる訳, 知恩院聖護院勧修寺あたりの, 私は, 私何も, 稀には, 立派な, 笥, 筆を, 純原種, 結局解答者は, 結果は, 結構あれ, 絶えず余震, 置て, 美しく勇, 美術室へ, 翌日は, 老境も, 肺病になんか, 胎児の, 自然に, 至って淡泊, 至る所, 船頭さんがと, 良いの, 良いわけ, 良かった, 色は, 苦労を, 荒々しくなりかねない, 菊は, 蟻田博士に, 訊きませぬ, 話に, 話題は, 誠に自然, 読んだ書籍, 読書の, 誰にも, 誰一人気づかないであろう, 謀叛の, 財宝船は, 貧乏人の, 貰い子も, 貴様が, 貴殿の, 起きられるよう, 身を, 軽部への, 迎えに, 近い家, 迷信とも, 退屈するだろう, 通り過ぎる, 造幣寮で, 進歩しなく, 運動は, 過失は, 郷党と, 都合よく, 金蔵破りの, 鑑識課って, 長いと, 長生きを, 間接に, 間違いの, 間違うの, 附録の, 隠すの, 雪である, 雪子の, 青江も, 非難される, 音楽浴の, 顎は, 顔形や, 食糧は, 馬や, 高う売れる, 鳥声頻

▼ おれには~ (421, 2.1%)

11 おれの 9 わからない 5 そんな事, だがこの, 子が 4 ない, なんの, 憂鬱な 3 おれで, それが, 何でも, 何も, 内緒で

2 [16件] いつでも, くれない, さいご, ちゃんとわかっ, どちらとも, なぜ酒, なんでも, ひよつと, 人の, 君の, 神さまが, 腑に, 苦手だ, 貸して, 酒を, 隠して

1 [327件] ああいう, あきらめという, あたりは, あだ, あの人, あの傲慢, あの喉団子, ある, あるの, あんな事, いいところ, いまそんな, うすうす見当, おおかた見当, おおぜ, おかしい位, おくの手, おばば, おれが, お前が, お前の, お母さんの, お礼を, かえって幸, きかないよ, きまった顔, このくらいの, この町, こわくて, ごく大切, さっきの, さっきやっと, さつぱりわからんよ, すぐわかる, すっかりわかってる, すつかり, せんようが, そいつが, そういう偉い, そうとしか, そう思われ, そう舌, そのうちたつた, それほどの, そんなこと, そんな大金, そんな弓, そんな辛抱, そんな風, ただ一劇作家, ただ少し, だからそんな, だれの, ちっともめでたく, ちゃんとわかる, ちゃんと分かる, ちゃんと分ってる, ちやんと, つまらぬ片意地, できない, できないと, できないの, できぬできぬと, できぬと, できぬなかなか, できねえよ, できるつもり, とてもおまえ, とても分らない, とても手紙, とんと夢, とんと見当, どういふ, どうしてもあいつ, どうしてもさう思ふ, どうしてもそこ, どうしても好い, どうにも惜しかっ, どうもお父さん, どうもこれ, どうもそれ, どうも兄, どうも判らん, どう仕様, どっちが, どのくらい, どんなとき, どんな厚い, ないナ, なぜ買はん, なぜ買わん, なにも, なにもかもわかっ, なに苦労なんか, なんだかみょう, なんとも言えん, なんにも, のみこめないの, はっきり解らない, はて何, びっくりする, ふたつも, ほかの, まずいもの, またおれ, まだある, まだすこう, まだまだ若い, まだ本当に呑み込めない, まだ縁, もうそんな, もう分っ, もう力, もう大抵見当, もう故郷, もっとほか, もっと大きな, もっと面白い, もはや青春, やれない, よくのみこめ, よくわからん, よく聞えない, よく解らない, わかって, わかってるとでも, わからないが, わからないわからない, わからぬほど, わからねえ, わからん, わけも, コレまだ, ッきりと, マリの, 一向分らない, 一滴も, 一番便利な, 不安に, 不思議で, 不思議でならん, 不思議で堪らなかつた, 不気味で出来ねえ, 不用の, 五人の, 五本ばかりしか, 今, 今日昼から, 他に, 何だかわからなく, 何とも返事, 何に, 何の, 何もかもが, 何よりの, 何んにも, 何んの, 何時知らず熱い, 余りにも, 余計な, 信じられない, 兄弟子にあたる, 入用な, 分かんねえ, 分かんねえがな, 分って, 分っとる, 分らないの, 分らなかった, 分らなくなって, 判らぬ, 別に変, 別に陰気, 到底これ, 到底やり切れない, 到底出来ない, 前途は, 剣術が, 励みが, 勿体ないほどの, 十分彼女の, 厭な, 又おれ, 友達といふ, 叔父が, 叙情についての, 口が, 口は, 向かねえ, 君たちの, 命の, 困るん, 堪えられぬ, 大きすぎる, 大蛇が, 天の, 女なら, 女に, 女の, 女は, 女房の, 妙な, 嬉しいの, 子供が, 学は, 実の, 少しお, 少し合点, 少し思いついた, 少し腑, 山嵐の, 差当り心当は, 帰れぬ帰って, 幸いな, 当然充分, 往かれそう, 御古, 心配なんか, 忍ぶべからざる侮辱, 思えぬが, 思われる, 性慾が, 怪我は, 憂欝な, 我慢が, 才能が, 捕縄を, 撲るまでの, 政治向きの, 敵が, 敵わねえ, 方寸が, 日本語は, 時々他人, 最早過去, 有り得べからざる到底, 桔梗どのの, 植物に対する, 構わずに, 死ぬだけの, 死人の, 母の, 気に入るかも, 気の毒な, 氣が, 水の, 永久に, 沙金が, 清の, 無かった, 煙草を, 父さん母さん大きい, 牢屋の, 物置に, 特別に, 猫一匹も, 獄中の, 甘藍といふ, 生涯の, 産婆さんと, 用は, 異教徒を, 疑問だ, 百の, 百年も, 直ぐに, 眼が, 眼に, 知りたいの, 確かな, 神霊さまが, 科学は, 秘しかくし, 立派な, 笠原よりも, 精神的な, 紀久ちゃんの, 総領の, 縁の, 縁遠いもの, 美言を以て, 考えられそう, 考えられる筋, 聞きたいこと, 能く, 臍が, 自分ひとりを, 興味ふかい, 苗字が, 苦しくも, 苦痛である, 苦笑ものだ, 英雄的な, 藤夜叉さまに, 虫の, 行きどまりは, 見える, 見上げるもの, 覚悟が, 親も, 親兄弟, 解せねえん, 解って, 解らない, 解らなかったよ, 觸覺が, 証拠が, 話が, 語らない, 貴様の, 買はんか, 買わんか, 都合が, 酔客の, 重く弟, 重すぎる, 重たいん, 重荷だ, 鉱夫どもにさえ, 関係ない, 関東一円江戸の, 雨を, 青嶋で, 風馬牛だ, 飽きたろうな, 馬の, 馬鹿だ

▼ おれ~ (358, 1.8%)

25 一緒に 17 一しょに 8 いっしょに 7 おめ, したこと 6 山嵐は 5 同じよう 3 いつしよ, お前の, 云って, 夫婦に, 山嵐が, 紀久ちゃんとの

2 [17件] いうに, いうのに, お前と, お前とが, お前とは, ここに, 一しよ, 二人で, 云っても, 別れて, 妹の, 家内を, 弟とは, 言う人間, 言えば, 逢つた時うつとり, 遊びに

1 [231件] ああいう, ありますがね, ある, いいました, いい捨てて, いう, いうても, いうので, いえ, いけ洒亜, いったのに, いっても, いつし, いわれ衣食, うらなり君, おっしゃって, おっしゃるの, おとよ, おなじい, おなじくら, おなじこと, おなじだ, おなじ年, おなじ管轄, おふくろあとは, おふくろ様と, おまえとは, おまえは, おめえと, おんなじす, おんなじだ, お主, お京, お前とを, お前見覚えが, お可久, お吉, お才, お教え, お母さんとの, お通, きまって, きみとが, きみとの, この人, しても, そいつと, そっくりの, その野郎, だれか, ちんぴらの, どんな関係, なった, ならんで, なんの, ふしぎな, ほとんど対等, もう一人特務兵, やったが, やる気, ゆかぬか, よく似, わしが, わたりあった, カテリーナ・イワーノヴナとの, キキイが, マンとを, 一体何, 一度話さ, 一所に, 一緒だった, 一緒について, 一面の, 三人で, 不意に, 並んで, 中村が, 久保が, 二つの, 二人きりな, 二人一緒に, 云い甲斐, 云い立って, 云うたら, 云ったの, 云われたらお次, 云われまして, 交代する, 今の, 仏蘭西の, 仰っしゃいました, 仰っしゃいますので, 仰っしゃったのは, 仲よしに, 伝えよ, 伝える, 伯父さんは, 似て, 何の, 働け働くところ, 光丸との, 共に死ん, 共有し, 分家し, 別れたら直ぐ, 前田とは, 功名争いし, 加集と, 勝負を, 北の方の, 千代とは, 参右衛門と, 口を, 叱られるが, 合図しました, 同じく世間, 同じく彼女, 同じだ, 同じやう, 同じ一人ぼっち, 同じ上海, 同じ人, 同じ感じ, 同じ数学, 同じ村, 同じ様, 同じ確信, 同一の, 同伴に, 同席する, 同様とうに, 同様天下は, 同級な, 向きあって, 向き合って, 君と, 君とだけ, 君とは, 君らとは, 君勇の, 吩咐けられた, 告げて, 命じて, 命令し, 喜久子との, 四十面下げた, 固くお, 墨江とは, 夜と, 天堂一角との, 夫婦にな, 女の, 妻との, 山嵐だけ, 山嵐には, 山嵐の, 山嵐を, 山門から, 彼と, 彼女だけは, 彼女との, 彼女は, 御前は, 心の, 怒鳴り立てた遠藤, 思うか, 思ったの, 息子とは, 意氣投合した, 慰撫に, 手を, 握手した, 星との, 暮すならおれ, 望みに, 来い, 来たら, 来たら何処, 来ては, 正勝との, 此女との, 殿の, 泣いて, 源三郎は, 申されました, 申されまして, 申し付, 申し聞けまして, 申すに, 白丁を, 盗つ人, 相図, 相談の, 知恵くらべ, 碇と, 競争でも, 糸子さんと, 紀久ちゃんの, 結んだ悪い, 腕押しを, 自殺とを, 菊池さまは, 葱と, 見たばかりじゃ, 見損, 角力を, 言う, 言うだけれど, 言うのに, 言う男, 言った, 言った所, 言わないばかりに, 言われたの, 試合を, 諸君の, 警告し, 貴公との, 貴様との, 貴様の, 赤シャツとは, 遊ぶが, 遊べ, 関係ない, 關係が, 雲霧とで, 顎で, 養父とは, 馬さんは, 駒井の, 高氏とは

▼ おれ~ (183, 0.9%)

6 を靜 5 の仲間 3 の商売, の女 2 がこうして, のあと, のする, のよう, の眼, の顔, もおなじ, をキツス, を抱く, を靜かに

1 [146件] があんなに, がいくら, がこの, がどやどや, がどんなに, がキャッ, が偉い, が持てた, が探索, が無駄, が真実, が素直, が繋がっ, が親分, が迂闊, が鵜, だけになっ, だけのもの, だったの, だって, だよ, とはちがう, とは大, とは異, と一緒, と暮し, と違った, にたのめ, にとっては多難, にはあの, にはなん, には漠然と, にまかせろ, にゃあ目, に一つ, に槍, に煙草, に見せまい, に許される, に頼んだ, のいきさつ, のお, のそれ, のつら, のとこ, のほか, のダンス, の不覚, の世界, の任期中, の企て, の像, の前, の勝手, の及ぶ, の口, の家, の抒情的性質, の根性, の獸牲, の生れた, の生涯, の祝杯, の自動車, の血, の言, の連れ, の遅い, の部屋, の金, の長生き, の阿佐ヶ谷神楽, はあの, はあんまり, はおれ達, はお談義, はこの, はこんな, はさっき, はただ, はどう, はどういう, はどうも, はなん, はねずっと, はまあ, はもう, はわざと, は何とか, は到底, は十手, は同じ, は名寄, は土地, は城下, は太夫元, は孫将軍, は幸福, は掠奪, は本来, は江戸, は海, は渡り, は滅びる, は父母, は足, は随分, は面目, は頼まれた, ばかりで, までも一杯, まで巻添え, もその, もどんな, ももう, も一緒, も仕事, も例, も旦那方, も砂利場, も附き合っ, も随分, よりも上手, をあやす, をいも, をかついだ, をかまっ, をだまし, をふり動かす, をやきもき, を何, を入れない, を呼ぶ, を呼んだ, を嚇, を岡焼き, を怨む, を搖, を縛らせ, を苦しめ, を苦しめた, を見捨てない, を見習っ, を見附け, を迎, を通して浄瑠璃

▼ おれ~ (146, 0.7%)

419 ツて 8 おれだ 4 つたのだ 3 ぞ, と思っ 2 が, つていま立派に, つて弱い, つて舟の, よおれ, 張さん湧金門まで

1 [66件] あ, おれが, おれには, おれを, かそっち, かそれとも, かなんだか, かはつきり訣ら, からだ, からな, からなあ, から何度, から是非一派, がこの, がもう, が手間取らせる, これが, し運動場, それは, ぞとどなっ, ちのことを, つたのに, つて, つていのちの, つていめ, つてそいつあ, つてそう, つてまさに, つてバケツに, つて今に, つて呑みたかつた, つて大佐相當官ぐらゐにはなつて見せる, つて帰つて御, つて目が, つて直ぐ, つて真面目だ, つて稼ごう, つて虱と, でやっ, ということ, というの, というよう, という事, といふ, とおもっ, とそれだけ, とて何日, とも思った, と云う, と小春, と思え, と思つて, と新八, と結局, の料簡, よと言っ, よわからない, よアリス, よ厚木, ッ, ッて, 南条だ, 我だ, 竹だ, 誰が, 馬は

▼ おれにも~ (114, 0.6%)

4 わからない 3 考えが 2 よく分らない, わからぬ, 分って, 考へが

1 [99件] あいつの, あらましの, あれだけは, あんな子供, かんがえが, ここへ, こっちを, これで, こんな伯父, すこし見せろ, すすめたので, その生, その葉, たいした事, ちっと考え, どっちが, はっきりと, まあよくわからない, まだその, まだ判断, まだ見当, まんざらわからん, もういちど地獄, よく分らなかった, よこせ, わかって, わかってるの, わからねえさき, わからん, わかる, わかるぞな, 一つくれ, 一つ荷物を, 一人斬らせ, 一挺頼む, 一杯くれ, 五年か, 今日から, 似合わねえって, 似合わねえ早, 似合わねえ眼, 俺の, 倦きが来た, 出来そう, 分ったが, 分らない, 分らないが, 分らぬ, 分らねえ, 分り他, 初から, 判らない, 判らないたしかに, 判らぬが, 劇評が, 取るべき手段, 合点が, 咄が, 土瓶の, 女の, 子は, 少し了見, 少し考え, 幾らか見料, 心のこり, 心当りが, 息子が, 想像された, 手が, 救世治民の, 早いところ一合, 時には, 書いて, 本当とは, 殺せる, 母親が, 珍らしく, 盃を, 直ぐ後から, 祝って, 笞を, 罪は, 老母が, 聞かない先, 腕を, 行けと, 見えた, 見えないという, 覚悟が, 親が, 解せない夢, 言うこと, 誓って, 貸して, 運が, 遣えと, 量見, 銭を, 食わせて

▼ おれだって~ (111, 0.6%)

3 人間だ 2 おめ, おめおめと, お前に, 彼女の, 知って, 知ってるよ

1 [96件] あしたは, あと一年で, あれくらいの, いうの, いつまで, いつまでも, いのちの, いまこう, おまはん, ぎょッ, こういう機会, この二三日, こまるのこされた社会, これから先, これで, こんなもん, こんな刀, さっきまで, たまらねえや, どなりたくは, なにも, なんにも話し, はばかりながら刀, ひく気, まさに腰, まるっきりわかんねえ, むずかしい顔, もうどこ, もしこんな, やっぱりおれ, わるい人間, トケイに, ノッポに, 一口乗らねえ, 一生涯馬の足の, 中学に, 人を, 今, 今すぐ, 今に, 今までの, 今日が, 伊手ででも, 凶暴な, 出来るなんと, 別にそれほど面, 十手を, 十日や, 半こ, 口惜しいよ, 君が, 呑みたかった, 和歌山に, 場数は, 多少の, 夢は, 好きでやっとる, 威張れやしないが, 寂しいこと, 察して, 小六が, 帰って, 引揚げ, 影の, 後生は, 御多分に, 心得て, 忘れるもん, 手こずって, 手紙なんか, 昨晩それを, 死ぬだろうに, 毎夜若殿の, 決して忘れ, 泳げそう, 洒落や, 涙の, 無論いい, 父の, 生きながら, 相当な, 眼の, 知行取りじゃあねえ, 考える, 肉桂が, 若いし, 行末の, 見たこと, 見参し, 親身の, 読みたくない, 赤い頬ぺたになれるんだ, 赤シャツと, 迂闊な, 運が, 金の

▼ おれ自身~ (76, 0.4%)

5 このおれ, にすら忘れられ 2 の泣い, ばかりがいつも, までがぼんやり二重

1 [60件] あぶないぞ, いつのまにか曵きずられ, うまいもの, がよく, がインキ, がヤッペ, が寂しい, が気づかぬ, が考え, が遠から, さえ知らず, じゃちっともあせったつもりはねえんだが, その兵, でさえほんとう, でもみんな, で諦ら, どうしてあの, どうにも, にさえ同じ, にし, には分らない, には後ろ, にもわからない, にも意外, に外, に対してすまない, に対する好感, に罪, のこと, のこれから, のため, のシチュエエション, の中, の事, の喪失, の快活, の恥さらし, の息, の意志, の死, の気持, の物, の發展擴張, の相手, の苦しみ, はどう, は弁護士, もただ, もまた, も何だか, も実は, も無い, をあわれむべきわらうべき, をどうして, をも犧牲, を名残り, を失っ, を尊ぶ, を折檻, を認める

▼ おれ~ (67, 0.3%)

9 の親父 4 のお袋 3 は絶望, は逃走 2 のため, は本当に

1 [44件] あ, がそんな, が何, が保証人, が子供, が手, が揚げる, が畑, が知らね, が若旦那, が鉄砲, じゃねえ, で引き受ける, には何, にも少し, に作らせ, に委せ, の, のお願い, のこと, の嫁, の脳髄, はいたっ, はさまざま, はもう, は人間, は人間並み, は姓名, は忙しく, は明日, は正直, は死ん, は海, は監獄, は自分, は非力, をダシ, を信用, を引き取っ, を引き取った, を捕縛, を瞞, を育てる, を騙す

▼ おれから~ (60, 0.3%)

2 たのむの, 奪おうと, 宿の, 見ると, 財布を, 頼んで

1 [48件] あづかったん, あの磯屋さん, いいやう, いいよう, いう, うまく言っ, うまく言つて, そむくならもう, それを, たびたび手紙, とめられること, よろしくいっ, 云って, 云ふ, 五十両かたり, 今度は, 伝えても, 借りたもん, 先に, 出たこと, 出向くこと, 去って, 取つた肌着股引着物, 合図を, 声を, 奪ろう, 始まつて, 届ける, 戦いを, 拒んだやつ, 旦那に, 望んで, 止めたこと, 渡すまで, 渡りを, 物好きを, 紀久ちゃんを, 膝を, 自由に, 董卓の, 見れば, 言ひ出し, 話して, 話す, 逃げて, 雪之, 頂戴し, 預かって

▼ おれ一人~ (52, 0.3%)

3 だと 2 しか居ない, でいや, で大丈夫

1 [43件] が受け合った, が店, が沙金, が聴いた, が責任, が贅沢, じゃあ手, じゃねえ, じゃはははは, じゃ上れない, じゃ心細い, だ, だから, だけでたくさん, でいい, でいくら, でただし, でなら, では, でもう, でもシャンパン, でも何, でやれ, で充分, で楽しむ, で片付け, で稼がなけれ, で飲ん, という気位, といったふう, といったよう, ならば, にくれ, に云い付けられた, に取り, に限った, のこと, の物, を化かそう, を探偵, 帰って, 思えば, 食うマグソダケ

▼ おれ~ (44, 0.2%)

2 ことし三十七さへ

1 [42件] あんた方の, こうやってる, このごろとても, そんなこ, そんなこと, そんな勝手, たまげたぞ, たまでっか, たまでっかちだ, どうも手前, どうも欲, どうも腑, ぺてんに, ぼんやりしてた, もうあるけない, もう何, もう祈っ, もう諦めた, ゆうべ神田の, クビに, ドウし, 三平だ, 下谷だ, 先週なんざあ悪い, 別に今日, 子供心にも, 彼奴嫌い, 徳利を, 手前が, 手前に, 日に, 本石町の, 楽しみなごんだ, 磯五に, 祝福し, 祝福で, 稼業の, 苦手だ, 行って, 行つて見, 貴様の, 身代ありつた

▼ おれども~ (39, 0.2%)

1 [39件] いかに神仏, いずく, がいただく, がやる, が帰っ, が預かっ, そこら煤, その実, だけは浮かばれない, のこの, の前, の力, の取った, の土地, の家, の急務, の考へた, はどう, は一応, は公儀, は公家, は日頃, は武士, は死ななかった, は足利方, へまず, も討たれ, をさし, を干ぼし, を食い逃げ武士, 一向に人, 今見たる, 加持は, 商売家に, 将来の, 格別恐怖心を, 水酸二素は, 碁を, 顔面には

▼ おれという~ (37, 0.2%)

3 ものを 2 人間は

1 [32件] お達しか, ことだ, のだろう, ばかな, ものに, ものは, ように, わけだ, 一つの, 一個の, 一個人は, 人間が, 人間の, 例の, 先生の, 呼称が, 大人と, 奴は, 奴も, 奴来, 好い友達, 家来, 息子にまで, 枝から, 気に, 紙きれさ, 者が, 者の, 被害者が, 軍令だ, 邪魔者が, 野郎も

▼ おれより~ (36, 0.2%)

3 先に

1 [33件] うまいよ, おまえたちが, ずっと幸福, ばかで, ほかに, もっと悪党, よっぽどえらい, よっぽどえらく見える, 一つか, 三つばかり, 上の, 下等な, 二つも, 二つ上だ, 二つ年上の, 五つ六つ上だ, 五日ばかり, 仕合せものじゃ, 先へ, 嗜きだつたかも, 四番上な, 大きいや, 左膳へ, 年した, 感傷的で, 手際が, 旨いかも, 智慧の, 気が, 背が, 詳しく知っ, 賑やかな, 遥かに

▼ おれ~ (34, 0.2%)

6 とこへ 3 とこの 2

1 [23件] か, からね, このところ, しったこ, だ, ちに, ちのやつを, ちの方は, ちは, ちへ, です, でない家主の, とこで, とこに, とこには, とこにも, とこにゃ, とこのあの, とこは, と申す, なもん, ので俺, 性だ

▼ おれとは~ (29, 0.1%)

2 違う

1 [27件] きっと父親, そのこと, その昔, どうだろう, なにも, もうもと, 一つの, 一方ならぬ, 主従の, 兄弟の, 兄弟弟子である, 叡山の, 同じだ, 同じよう, 同窓に, 対等だ, 性根が, 水入らずの, 汗を, 縁も, 見ず知らずの, 違うからね, 違うぞという, 違った見方, 部屋が, 関係が, 関係の

▼ おれよりも~ (28, 0.1%)

4 もつと 3 嗜きだつたかも 2 お前の

1 [19件] お前が, すぐれたよう, その方, たれよりも, ほめる本人, 上手かも, 上手だ, 下等だ, 倅の, 利巧らしい, 剣腕の, 力が, 嗜きだった, 学問を, 少し頭, 年う, 竜兄さんの, 見どころの, 貴様の

▼ おれでは~ (25, 0.1%)

5 ない 3 ないか 2 ないと

1 [15件] あるが, ないが, ないこの, ないぞ, ないただ, ないつもり, ないでは, ないラシャメン, なかった, なかつた筈, ねえが, よっぽど人格, 決められん, 無いぞ, 話し相手に

▼ おれなら~ (24, 0.1%)

1 [24件] いいよ, うまくやる, お絹物ぐるみ, こうする, そう云う, そのとき, その場, とても出来る, どうにでも, なにくそ, ばお, ばかう, ばくれる, ばこう, ばこれ, ばまっ先に, ば鯨鍋, もう少し巧, もっとがんばる, 何を, 即席に, 口も, 正成みたいな, 眼を

▼ おれ~ (22, 0.1%)

1 [22件] あのおかみさん, あれほど, おやじに対して, おれの, お前さんの, しない, ちよつと, ないと, もうおま, やきもち, ッて, 今の, 今日も, 別に, 別に誰, 奥歯に, 子分の, 昨日会つた, 真面目な, 論爭を, 足洗つて裏から, 部下が

▼ おれ~ (21, 0.1%)

1 [21件] あつたら, おれだい, お手前物の, これから話そう, こんなところ, さへ, すら嫌, する事, とまりだなあと, どうかする, どれが, もう少し草鞋, やつて, やれるところ, ビシビシと, 勝手に, 好きな, 役に立つこと, 話を, 談笑された, 野心が

▼ おれとの~ (21, 0.1%)

2 約束は

1 [19件] おいい, お指図, ことだ, ことで, ことを, ふたりに, まづい, ように, 二重人格を, 仰せだろう, 仰せでした, 仰せに, 仲が, 命令だ, 約束を, 親昵を, 話も, 話を, 間に

▼ おれじゃ~ (20, 0.1%)

9 ない 2 ねえか, よ 1 どんとくる, ないと, ないの, ないよ, ねえよ, わしじゃ, 長崎屋じゃ

▼ おればこそ~ (20, 0.1%)

1 [20件] かくまで, このお, これまでに, さまで人目, そう言う, だそう, だろう今, わが田, 世にまた, 儂も, 動物園へ, 只今あいにく, 御実検, 斎藤越後守も, 眼耳鼻舌身の, 自分で, 訳が, 身は, 遙かな, 重い雪靴

▼ おれ~ (19, 0.1%)

1 [19件] いつごろの, こうして歩く, これ以て, さりとて筑前, そなた, ほかならぬお召, まだ若々しい, 一同の, 一応の, 久々で, 交際広く, 全く唐土, 大原が, 大奥に, 御領主さま, 清らかな, 白井博士の, 腕ききの, 霜枯三月の

▼ おれひとり~ (17, 0.1%)

2 の力

1 [15件] がいっ, じゃない, だけが知っ, だけが知つて, だと, でお通夜, でたくさん, でも果し, で行っ, といはぬ, ならと, になっちまった, に任し, へのお, を番小屋

▼ おれなどは~ (16, 0.1%)

5 張文成ばかり 3 思ひ出 1 だめだ, まう一度, 何か, 思い出に, 怠け者だ, 石の, 石炭紀の, 邪魔には

▼ おれみたい~ (16, 0.1%)

2 な者, になる

1 [12件] なもの, な不器用, な乞食, な人間, な奴, な弱虫, な息子, な物騒, な独りもの, な風来坊, にみんな, に生活

▼ おれさま~ (15, 0.1%)

1 [15件] がだまっ, がみんな, が雨, だったらだれ, という強い, ともあろう, にあぶら, に張り合える, の命令, の虫, の食う, はどう, はなええ, よく見ろ, をひょうげた

▼ おれでも~ (15, 0.1%)

1 [15件] きみの, したらそれ, すれば, そう早く, ない生徒, ひやりとした, 先生が, 八つ裂きに, 兵を, 取れるという, 同じこと, 怒る, 扉を, 知ってる名, 面倒見

▼ おれ~ (14, 0.1%)

1 [14件] いた, いたわけ, いらあ, いるじぶん, いる湖, おります, しまいました, しまう, しまった, しまったの, しまった林太郎, しまって, 仲を, 奥の

▼ おれ~ (13, 0.1%)

6 おれは 1 おらあ, おれも, し, どちらかに, なし, テもう, 別荘番だ

▼ おれ~ (13, 0.1%)

7 んだ 4 のだ 1 心理に, 生活の

▼ おれにだって~ (13, 0.1%)

1 [13件] かして, それは, なごりを, やっぱり空想, わきまえという, 八艘飛び, 奥の手が, 少しは, 廻して, 意地は, 男の, 見当も, 誇が

▼ おれについて~ (13, 0.1%)

7 来い 1 こい, 來る, 来ない, 来りゃあ, 来るが, 歩けると

▼ おれにとっては~ (13, 0.1%)

1 [13件] すんで, ただ付属物, つまり女性, 何しろ手強い, 何という, 大したこと, 忘れ得ない初めて, 感激だ, 歯がゆいが, 生命を, 目に, 精一杯の, 血を

▼ おれにゃ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あおよそ, あちゃんと, あどうも, あ見える, ばかばかしくって, やっぱり解んねい, ァてんで, ア藤波なんぞから, 別の, 危なくって, 嘘と, 気に, 立派な

▼ おれ~ (12, 0.1%)

2 の探偵眼 1 か, がどんなに, だってこと, と来, の仕事, の役目, の村長だい, の計画, はこわい, や

▼ おればかり~ (11, 0.1%)

3 では 1 ご馳走を, だだを, だろう, ぢや, でも, 叱るし, 蛆虫の, 責めるなよ

▼ おれだけは~ (10, 0.1%)

1 おれだけは, お前らと, まるで陰謀, 事に, 徹頭数尾軍人として, 戸頭まで, 無論寄る, 父んと, 紀久ちゃんの, 赦免に

▼ おれたち二人~ (9, 0.0%)

1 が一番先, が中, だけか, のこと, の記憶, はさっき, は九江, を代る, を離す

▼ おれだけ~ (9, 0.0%)

1 こちらへ, だ, だと, だろうな, でない, ひとり死のう, 一足先に, 死ぬの, 殺すこと

▼ おれだけが~ (9, 0.0%)

1 がんばって, その水, 一人犯罪者と, 世界の, 占有し, 彫心鏤骨の, 生きて, 知って, 知っとるの

▼ おれにとって~ (9, 0.0%)

2 それは 1 あれほど, あんまりいい, それが, たぐいなく, ゆるがせに, ルウレットは, 嬉しいこた

▼ おれよりは~ (9, 0.0%)

1 うつくしい, おめ, ずっと幸福, その道に, 下手だ, 早かった, 本格だ, 考えが, 遙かに

▼ おれなんか~ (8, 0.0%)

1 どんなこと, 京都で, 問題に, 大学総長が, 憎くて, 絶対に, 裾野に, 誘わなければ

▼ おれに対して~ (8, 0.0%)

1 こんな半分唖, そういうこと, ちっとで, もたなかったに, 復讐の, 残酷な, 無礼を, 罪を

▼ おれはね~ (8, 0.0%)

1 あの大谷先生, ここに, これでも, だいたいここ, どうもあの, ひどい無, アリョーシカおまえを, 篠崎氏が

▼ おれなぞは~ (7, 0.0%)

1 おまえ明日を, お前できるだけ, お前十七の, だんだん年, はばかりながら世間月並み, もう日暮れ道, 時代を

▼ おれにや~ (7, 0.0%)

1 わからんけ, アもう, ア一擧兩得の, ア分つてる, ア妻も, ア行く, 値は

▼ おれ~ (7, 0.0%)

1 あの子, お嬢さん好きだ, 一度半蔵松葉, 師匠の, 帰る, 根こそぎ知ってる, 赤ん坊ぢあねえ

▼ おれ知る~ (7, 0.0%)

5 もン 1 もんか, もんかという

▼ おれこの~ (6, 0.0%)

1 おれが, がけを, 俺が, 帽子ちょっと, 病気を, 空襲葬送曲は

▼ おれさえ~ (6, 0.0%)

1 ついてれば, アイと, 一人前に, 何かに, 何事にも, 陰気臭いと

▼ おれすら~ (6, 0.0%)

5 忘れて 1 こうだ

▼ おれたちふたり~ (6, 0.0%)

1 のくう, の分, は, は意地, は泥棒, を見比べ

▼ おれだった~ (6, 0.0%)

4 のだ 1 がやっ, ので

▼ おれでなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばだめ 1 ばひらく, ばひらけない, ば出来ない, やわからん

▼ おれなんぞ~ (6, 0.0%)

1 お国風, ついぞ今日, まだ着物, もう死のう, 本当に不仕合せ, 職人言葉なら

▼ おれなんぞは~ (6, 0.0%)

1 いくらいたずら, いろんな事, 千三を, 牛乳が, 貸別荘, 追い出そうと

▼ おれにさえ~ (6, 0.0%)

1 いわねえん, わかったこと, わからなくなって, 相談し, 聴こうとは, 隠すほど

▼ おれ~ (6, 0.0%)

3 会釈を 1 口を, 宛てた書状, 当てつけの

▼ おれまでが~ (6, 0.0%)

1 いらん気, 世辞にも, 厄介に, 悲しくなっ, 朝寝を, 難儀し

▼ おれもう~ (6, 0.0%)

1 一日と, 京都が, 京都に, 死んじゃ, 涙が, 腹減つて腹減つて

▼ おれ自分~ (6, 0.0%)

5 すらおれ 1 が半兵衛

▼ おれだつ~ (5, 0.0%)

2 て大いに, て決して 1 てはじめ

▼ おれでさえ~ (5, 0.0%)

1 このくらい, ただ一度, まだいっこう, 上等を, 昔は

▼ おれでなく~ (5, 0.0%)

2 ちゃ判断 1 ちや出來ない, ちや出来ない, てはやれなかったろう

▼ おれとも~ (5, 0.0%)

4 あろうもの 1 まんざらの

▼ おれなくなっ~ (5, 0.0%)

1 ていた, てその, て其処, て無理, て長椅子

▼ おれにとっても~ (5, 0.0%)

1 いい出世仕事, お前にとっても, これは, 大きな問題, 都合が

▼ おれはな~ (5, 0.0%)

1 ちょッと, ペットを, 敵が, 軍隊に, 野中

▼ おればいいん~ (5, 0.0%)

2 です 1 じゃない, だ, ですよ

▼ おればかりじゃ~ (5, 0.0%)

2 ない 1 ない男, なくだれ, ねえん

▼ おれほどの~ (5, 0.0%)

2 馬鹿な 1 もので, 男の, 苦を

▼ おれ~ (5, 0.0%)

1 それにて, とぞ, やがて食事, 命を, 牛の

▼ おれ~ (5, 0.0%)

1 うっかり踏ん込む, こっそり道場, こんな情け, その女, もう

▼ おれ以上~ (5, 0.0%)

1 にこの, にわかる, に変わる, に腕, の腕

▼ おれあの~ (4, 0.0%)

1 あんこうな, 先生の, 悪党奴に, 紫に

▼ おれそう~ (4, 0.0%)

1 して, になった, になりました, にも思えなかった

▼ おれその~ (4, 0.0%)

1 口を, 物の, 細そり, 行って

▼ おれたち人間~ (4, 0.0%)

1 の先祖, はひねくれた, は木, は畜生以下

▼ おれだけじゃ~ (4, 0.0%)

1 できねえこと, なくだれ, なくみんな, 間が

▼ おれっち~ (4, 0.0%)

1 が行く, が遊び事, くらいくわしい, まで変てこ

▼ おれでなくっ~ (4, 0.0%)

1 たって出来る, たって誰, ちゃ見破る, てはできねえ

▼ おれといふ~ (4, 0.0%)

1 のが, ものは, ものも, 男はね

▼ おれなくなった~ (4, 0.0%)

1 ぞ百石, と見える, ものです, 彼は

▼ おれなんぞの~ (4, 0.0%)

1 でる幕, ように, 繪が, 顏は

▼ おれにと~ (4, 0.0%)

4 つては

▼ おれにばかり~ (4, 0.0%)

1 しゃべらせて, つきまとうん, 災難が, 食つてかかられ

▼ おれにまで~ (4, 0.0%)

1 つまらない心配, むけるの, 丁寧な, 聞える

▼ おれに対する~ (4, 0.0%)

1 ある侮辱, このよう, 同情の, 賠償の

▼ おれのう~ (4, 0.0%)

1 もう掴まる, もう頭, 街を, 頭の

▼ おれはなあ~ (4, 0.0%)

1 今夜っきりおまえが, 康子日本が, 柳, 貞爾お前から

▼ おれほど~ (4, 0.0%)

2 不仕合せな 1 な道, 奇道から

▼ おれまで~ (4, 0.0%)

1 お前の, ふりおとそうという, 物置小屋へ, 釣り込まれて

▼ おれ~ (4, 0.0%)

1 ちじゃあねえ, ちとおんなじ, ちも, て平常

▼ おれ~ (4, 0.0%)

1 から名主さま, だって取ろう, に見よ, の批評家たち

▼ おれ以外~ (4, 0.0%)

1 に誰, の何者, の如何なる, の誰

▼ おれ行っ~ (4, 0.0%)

3 て見 1 て来

▼ おれ見た~ (4, 0.0%)

2 ような 1 やうな, ように

▼ おれいや~ (3, 0.0%)

1 だぜ, だっていった, に電話

▼ おれからの~ (3, 0.0%)

1 お願いだ, お願ひだ, 呼びだしだ

▼ おれがと~ (3, 0.0%)

1 いうに, 争うであろうと, 云ったので

▼ おれこそ~ (3, 0.0%)

1 それを, 欠点の, 鳥の

▼ おれさまたち~ (3, 0.0%)

1 が御用, のなさる, を仲間はずれ

▼ おれそんな~ (3, 0.0%)

1 ことどう, ことに, こと言つた

▼ おれたち自身~ (3, 0.0%)

1 が何, が父, で研究

▼ おれだけで~ (3, 0.0%)

1 好きな, 東京へ, 背負うの

▼ おれ~ (3, 0.0%)

1 やあんまり, やない, や無い

▼ おれとが~ (3, 0.0%)

1 どんな風, ダン艇長に, 甲府の

▼ おれとを~ (3, 0.0%)

2 一緒に 1 比べれば

▼ おれなんかの~ (3, 0.0%)

1 ことは, ほうは, 画業の

▼ おれにだけ~ (3, 0.0%)

1 ちょっと耳打ち, 無際限, 見せて

▼ おれはい~ (3, 0.0%)

1 ぢらしく, つたいこれから, つたい何処

▼ おれ~ (3, 0.0%)

3 に叫ぶ

▼ おれ泊る~ (3, 0.0%)

2 ところねえ 1 所が

▼ おれ知らねえ~ (3, 0.0%)

3

▼ おれ~ (3, 0.0%)

1 の行為, はもう, を引っ張る

▼ おれ行つて~ (3, 0.0%)

2 見べが 1 見で

▼ おれ達三人~ (3, 0.0%)

1 そんな事, でその, で送っ

▼ おれ達夫婦~ (3, 0.0%)

1 にはこの, に呉れた, の事情

▼ おれ達船乘~ (3, 0.0%)

2 りの 1 りには

▼ おれぁの家さ~ (2, 0.0%)

2 降った

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 めえ, 差図が

▼ おれおれ~ (2, 0.0%)

1 この俺, にわたくしあれ

▼ おれお前~ (2, 0.0%)

1 にあと, はもう

▼ おれかえって~ (2, 0.0%)

1 うなだれて, ベソを

▼ おれからは~ (2, 0.0%)

1 どんな偉い, 話しにくい

▼ おれくらい~ (2, 0.0%)

1 な声, 良い友達

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 は其の, 任せろよ

▼ おれこそは~ (2, 0.0%)

1 ワラタ号の, 圏外へ

▼ おれこんど~ (2, 0.0%)

1 の安中攻め, はこっち

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 寄越せや, 貸せな

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 やま, や謝罪

▼ おれじゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないよ, ねえん

▼ おれそこ~ (2, 0.0%)

1 で話し, なった

▼ おれたちここ~ (2, 0.0%)

1 にじっと, をひきはらっ

▼ おれたちの~ (2, 0.0%)

1 は義太夫, よりは上等

▼ おれたちみたい~ (2, 0.0%)

1 な風来坊, に道

▼ おれたちプロレタリア~ (2, 0.0%)

1 のため, の側

▼ おれたち二人きり~ (2, 0.0%)

1 だ, になった

▼ おれたち仲間~ (2, 0.0%)

1 と女, のうち

▼ おれたち八坂組~ (2, 0.0%)

1 の仲間, の掟

▼ おれたち夫婦~ (2, 0.0%)

1 のお, は熊

▼ おれたち蜂須賀党~ (2, 0.0%)

1 の手, の者

▼ おれだけでも~ (2, 0.0%)

1 しっかりしなけれ, 東京へ

▼ おれだけに~ (2, 0.0%)

1 云うと, 何を

▼ おれだったら~ (2, 0.0%)

1 千代を, 治六の

▼ おれだの~ (2, 0.0%)

1 松五郎なんざ貧乏神に, 連れだ

▼ おれぢやあ~ (2, 0.0%)

1 ないおれぢやあ, ないと

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 ちの持ち前だ, ちの若い

▼ おれである~ (2, 0.0%)

1 その者たち, と思っ

▼ おれでない~ (2, 0.0%)

1 のに多少, よ

▼ おれとおぬ~ (2, 0.0%)

1 しとはむかし, しとは心

▼ おれとしては~ (2, 0.0%)

1 かなりな, ふたたびきりこん

▼ おれとて~ (2, 0.0%)

1 お客様じゃ, 石や

▼ おれとに~ (2, 0.0%)

1 いいながら, はさまって

▼ おれない~ (2, 0.0%)

1 でうなだれ切っ, で自分

▼ おれなくなったら~ (2, 0.0%)

1 仕方が, 私は

▼ おれなどの~ (2, 0.0%)

1 例を, 及ぶところ

▼ おれなんざ~ (2, 0.0%)

2 こう見え

▼ おれにとがは~ (2, 0.0%)

2 無えの

▼ おれにはな~ (2, 0.0%)

1 いっ, そうたんと出来

▼ おれによ~ (2, 0.0%)

2 つて來い

▼ おれによつ~ (2, 0.0%)

2 て来い

▼ おれのく~ (2, 0.0%)

1 びから上だけが, よ

▼ おれのて~ (2, 0.0%)

1 がらは, なみが

▼ おれはげし~ (2, 0.0%)

2 ゆじんだ

▼ おれはさ~ (2, 0.0%)

1 もと鼻, 君が

▼ おれはて~ (2, 0.0%)

1 ているだろう, まえを

▼ おれはと~ (2, 0.0%)

1 つくの昔, 私は

▼ おれはは~ (2, 0.0%)

1 だかなので, ひつた

▼ おれはも~ (2, 0.0%)

1 一杯酒を, 少し見

▼ おれはナ~ (2, 0.0%)

1 あの晩夫婦, どこぞに

▼ おればかりに~ (2, 0.0%)

1 ある訳, しゃべらせないで

▼ おればと~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 瑠璃子も

▼ おれほうき~ (2, 0.0%)

1 で追, もつて

▼ おれまい~ (2, 0.0%)

1 ぞ, と思われる

▼ おれまでも~ (2, 0.0%)

1 お前と, サンティマンタアルに

▼ おれもね~ (2, 0.0%)

1 実はここ, 詩を

▼ おれもは~ (2, 0.0%)

1 あこう, はあこれ

▼ おれやろ~ (2, 0.0%)

2

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 これが, ボシュエ

▼ おれをからか~ (2, 0.0%)

1 ひに, ふの

▼ おれをさえ~ (2, 0.0%)

2 捨てようと

▼ おれア伊賀~ (2, 0.0%)

1 の暴れン坊, の源三郎

▼ おれ一流~ (2, 0.0%)

1 のやり, の吟味方法

▼ おれ今に~ (2, 0.0%)

1 その罰, 面白い事件

▼ おれ今日~ (2, 0.0%)

1 となった, の時刻

▼ おれ別に~ (2, 0.0%)

2 教授を

▼ おれ帰る~ (2, 0.0%)

2

▼ おれ恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 この土地, 力の

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 は先入, れに

▼ おれ東京~ (2, 0.0%)

1 へゆく, へ行けない

▼ おれ歌うだ~ (2, 0.0%)

2 うはん

▼ おれ独り~ (2, 0.0%)

1 できっと, で貰っ

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 が六七年前, は苦しく

▼ おれ紀久ちゃん~ (2, 0.0%)

1 を本当に, を酷い

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 がへっとるで, がへつた

▼ おれ~ (2, 0.0%)

2 買って

▼ おれ茉莉~ (2, 0.0%)

1 が死んじゃう, に借り切られてる

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 てき, てやりたいや

▼ おれ見たい~ (2, 0.0%)

1 な人, な奴

▼ おれ趣味~ (2, 0.0%)

1 じゃねえ, じゃねえや

▼ おれ返っ~ (2, 0.0%)

2 てしまった

▼ おれ~ (2, 0.0%)

1 がねえや, なんかいらない

▼1* [422件]

おれの爺, おれぁあんまり怒で悪, おれぁ二度起ぎで燃やした, おれぁ庄吉だお, おれぁ相撲部じゃねえ, おれぁ迎ぃに行がはん, おれあいつが変装, おれあおめえの, おれあご番所のお, おれあなじょ, おれあまたあんな風, おれあれに逆恨み, おれあ向うずねば, おれあ貸馬車み, おれいいか, おれいいっていい, おれいくさはすぐ, おれいまに骨, おれいよいよ手を, おれぬら, おれうれしくってたまらない, おれえれえ目に, おれえー用が, おれおしへてやら, おれおとっつあんなん, おれおのずから事多く, おれお互いに金, おれお前んとこ, おれお袋なんかねえよ, おれかいおれはさ, おれかがこの村, おれかけの小屋, おれかと云って, おれかねおれは, おれからも言って, おれがけえって, おれがで明け暮れして, おれがねお前は, おれがの時代である, おれさま, おれきいたことも, おれきょうかえるよ, おれきらいだよ, おれくちと不吉, おれくらいの学者が, おれくわしてやる, おれこいつで五年生, おれこそはという意気込みで, おれことぶつ飛ばしたん, おれこの間つから, おれこりたよ, おれこれがら出掛げて峠さ行ぐまでに行ぎあって今夜, おれこれ源助孝助を取逃がさん, おれしゃぐど, おれさっき出るとき, おれさもないと, おれさ掛げらせだぢ, おれ一枝の, おれじゃったら気も, おれじやが謝罪つて, おれじりじりと火焙り, おれぜんこはおい, おれそげなことし, おれそして扉を, おれそれでああの, おれたちぁ腕一本ありゃ食いっぱぐれ, おれたちあての食費, おれたちさっきの枝道, おれたちのいたアメリカ基地だった, おれたちはかまはない, おれたちアみな恨みッこなしだ, おれたちゴンゾが乾, おれたち一家が餓え死, おれたち一騎の器量, おれたち三人は濠洲, おれたち三名を頼む, おれたち世界じゅうの悪もの, おれたち今はみんな独身, おれたち俘虜ども一同そろって, おれたち兄弟はひしひし, おれたち内弟子どもはその, おれたち初年兵は, おれたち南の手, おれたち同様な無名, おれたち同様獄門台に目, おれたち四人しっかり盗人根性, おれたち家来も馬鹿, おれたち小人には皆目, おれたち少年の間, おれたち市民の心, おれたち日本人は救われねえ, おれたち昔彦島で吉田親分, おれたち村のもん, おれたち正面で待っ, おれたち母子が刃, おれたち町へいく, おれたち監視人をよこさざる, おれたち総がかりであの, おれたち貧乏人の忰, おれたち身分のない, おれたち風情と, おれたった一歩例えば, おれたり筋が, おれだけには十分だ, おれだけにはとその秘密, おれだけの気持お前と, おれだけはと将門は, おれだけを犠牲に, おれだちを生んだ, おれだったらやっぱりおれにへけつけお世辞を, おれだらうがあと, おれちっとも憎いと, おれちと用事を, おれちなんか敵, おれちゃあんと, おれちゃんと見たもの, おれちょっと部屋へ, おれちんぴらたいのポケット小ぞう, おれてっきり俊一さんだ, おれても明日の, おれであったということ, おれでなくちゃとでもおっしゃっていられるのかい, おれでんでん太鼓に笙, おれといったまま捨て, おれとうとう泊る所, おれときさまの江戸, おれとくびじろの関係も, おれとさえ仕事を, おれとしてベストを, おれとてもあれを, おれとでかたを, おれとでは学が, おれとともにたった五名, おれとななんの, おれとなんかあったなン, おれとはなお前の, おれとばかりしツ, おれとんでその, おれどうだか, おれどものは体, おれども三人の着物, おれなくなりそこに, おれなぞそばへ, おれなぞもいつ死ぬか, おれなどアどうして, おれなどという命令は, おれなにしに, おれならかかるよ, おれならよろこんで子分, おれなら構わない入れてやれ, おれなんかが嘉代さんへ, おれなんかはお母さんに, おれなんざあ錆びくちた蹄鉄, おれなんざあそこにとぐろ, おれなんざおぼろ夜となれ, おれなんざどこの国, おれなんざ故郷も生れた, おれなんざ身に沁み, おれなんぞも武術の, おれなんてどうだい, おれにあたってたまるか, おれにすら隙見, おれにだってもあごが, おれにちゃあんと, おれにとっての深刻な, おれにもといって, おれによって来い, おれに対しても一言礼ぐらいは, おれねむたくない, おれのじゃない, おれのせゐぢや, おれのせゐみたいぢや, おれのちからで, おれのてのひら, おれのでいり話, おれのというのは, おれのによく似た, おれのみならず舅どの, おれのみが憎むの, おれのるすに, おれはおまいをも殺さう, おれはかへつて, おれはからだが, おれはくさつた人間の, おれはけだもの, おれはげなん, おれはじくがない, おれはじつさい, おれはじぶんの目, おれはじめ沢山のもの, おれはずつと前から, おれはぜつたいぜつめいだ, おれはとのさまで, おれはどつさり壊れもの, おれはなんていま, おれはのう殴られた殴られた, おれはぶつきら棒にああ, おれはへいきだ, おれはほどよいところ, おれはむやくのせっしょうを, おれはや来たなと, おれはよう憶えとるはい, おれはるかに生, おれはわざとねらいをはずしてうつつもりだったよ, おればいィばらがとォめ, おればかりかと思ったが, おればかりが欣し, おればかりはいつも海, おればこその私が, おればっかり置いてけ, おればっかりにいやがらせを, おればとてじゃそ, おればねていたんだ, おれば取り附く島, おれへの手紙を, おれへんな, おれほどに物騒な, おれほんとうにこれから, おれませんからね, おれませんでしたよ, おれまたすぐ出掛ける, おれてえな野暮天, おれみずからしらべて, おれむばかりに娘のところ, おれもさうしよう, おれもてまえもと, おれもと十人ばかりの相手, おれもなないもの, おれもの後へ, おれもへぼくなった, おれもを二遍繰り返した, おれ大きくなったら, おれゃお奉行さまのし, おれゃきのどくで涙が出る, おれゃさっきあのおちつき, おれゃちょっくら朝湯にいっ, おれゃべっぴんというやつが気に食わねえ, おれゃ八丁堀でひと, おれゃ女に生まれ, おれやがて物見が, おれやちつとも知らなかつた, おれやつぱり歸るよ, おれやめるまえダートムーア刑務所, おれゆだんしちゃってすみません, おれようや, おれよといって, おれらこれ貧乏で貧乏, おれらしい生き方が, おれらしくもない, おれわたしは下, おれアこれでも主君, おれアスッパリと萩乃, おれア一文も払, おれア実あさっき, おれア日本室にしといた, おれア金がほしい, おれセントルイスへ取り, おれチンセイだ, おれチンピラ千太だよ, おれツモるよ, おれハラリハラリと地上, おれこそ龍馬, おれバンドをやめよう, おれバ右よふ, おれポケット小僧だよ, おれポン引じゃねえ, おれマネキン人形屋のゴミ箱, おれランプ屋だ, おれ一人眼をさました, おれ一人衆苦の大海, おれ一人赦免に洩れた, おれ一寸行って, おれ一瞬相手は佐藤, おれ一銭もない, おれ七つの時, おれけは事, おれ丈ケは旅宿, おれ不精に構えろ, おれ世間へ出る, おれ主人公そのものが没義道, おれ二度と陽子に, おれ二晩位ひは, おれ云ったなみんなうそ, おれ亡きあとは, おれ京極でひょっくり, おれ京都がいや, おれは人, おれ今夜泊る所, おれ今日仏さんの前, おれ今日陸へ上がりたい, おれ代議士だぞ, おれにまでなり得たら, おれ位顔の皮, おれ何さまかのお, おれ何時か云っ, おれ何者であるか, おれはたわけ者, おれの処置, おれ出るぞぉ, おれい初, おれ判るもんか, おれ剥ぐなよ, おれもつき, おれ十二の少年, おれ即ち四馬剣尺様だ, おれ友達の親父, おれみれば, おれ同様住居や飯, おれ喰ってしまった, おれ四人で行っ, おれ困ったなア, おれ困るよ, おれ坊やのおもちゃ, おれを出し, おれへ出, おれ大尉の肩章, おれはやっぱり, おれ女子の癖, おれの敵, おれ子供から感謝, おれ学園の園芸手葛岡, おれ実家さ行って, おれを知るまい, おれ宿屋へ泊る, おれさが, おれておれ, おれ少しでもかせい, おれ居候みたいだろう, おれにまがり, おれ年がら年中冷たい雪, おれ幾ら體が弱, おれ弟二三日すると, おれてっ, おれ忘れちやつた, おれ思い知らせてやる, おれ急ぐんだ, おれ急斜面に行ったら, おれ恨みを含んだ, おれを開いた, おれ悲しゅうて, おれるかん, おれ我慢するよ, おれ所信はどしどし, おれ手足を地面, おれ拾うよ, おれ掏摸になる, おれ支那高麗に押し寄せ, おれ新免伊賀守様の旧臣, おれ検事だ, おれが隣り, おれ歌うからな, おれ武士がひとたび, おれ死にたいんだ, おれ気ちがいならお, おれ汝ら鼠賊の輩, おれへ行っ, おれと賊, おれ無理するな, おれ照れたよ, おれ熊曾建二人伏はず禮なしと, おれぐさものが一日も, おれ田舎に帰る, おれ病気なん, おれ百日のうち, おれ直接に訊い, おれ相当の親切, おれ眼付のこわい, おれつきた訳, おれ矢つきたりかね, おれ知らんよ, おれ知らんげや知らんげ, おれ知んねえよ, おれおまへも, おれしくし, おれ窩人の一味, おれも不, おれ結んでは解け, おれ置いてやろう, おれ考えたんだ, おれ耳門はまだ, おれがしびれちゃった, おれ自身前から感じ, おれ自身恥かしい思ひを, おれ自身淮南の境, おれ自身酒を断ち, おれ自身酔後の息, おれ若い銀次の, おれ苦しくて苦しく, おれ苦悶中なりしをもって, おれ茉莉ン家で泊め, おれ葬儀屋ってどんな, おれ藥貰ひに, おれ蠶豆大好きよ, おれの母家, おれ裁判長になりたい, おれ見っつけだ, おれ見よがし, おれ見直すよ, おれやしない, おれがすくむようだて, おれ辛いよ, おれ農家が見つかったら, おれ達のは唄う, おれ達三名が親, おれ達二人は日本左衛門, おれ達兄弟のたれ, おれ達悪党も三舎, おれ達皆を眺め, おれ達者であ, おれ邪魔になる, おれ部下どもこの見ぐるしい, おれの一枚板, おれ間もなくおのれも, おれも皆食, おれ頼むよ, おれが赤い, おれを降りよ, おれからお, おれ騒ぐとかえって, おれ驍名天下に隠れなく, おれを奪われ, おれ鳥居前は安宅