青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おまけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~ おばさん~ おぼえ~ ~おまえ おまえ~
おまけ~
~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~ おやじ~ およそ~ および~ おら~ ~おられた ~おられる

「おまけ~」 2409, 24ppm, 4861位

▼ おまけ~ (2333, 96.8%)

17 それが 12 私の 10 彼は 9 自分の 8 彼女は, 私は 7 私が 6 それも, それを, 今は 5 相手は 4 ここは, 僕は, 風が, 風に

3 [21件] これが, そこには, そのあと, その日, どうでしょう, わたしの, 人の, 人を, 今の, 今度は, 例の, 唯一の, 夏の, 相手が, 相手の, 眼も, 自分が, 自分は, 色が, 雨が, 頭の

2 [121件] あいつの, あいつは, あっしの, あの女, あの方, あの瀬, ある日とんぼ, いくらかでも, おれの, お土産, かぎ穴, ここには, ここの, こっちは, こつちを, この俺, この女, この子, この辺, この間の, しても, そこから, そこの, そこまで, そのとき, その大きな榎木の下, その女, その日一本勝負, その時, その犬, その男, その背中, それは, つけましたよ, まだその, もし汽車, ケッタイで, 一つの, 一方は, 二人とも, 二人は, 亭主の, 人に, 今夜の, 今夜は, 今日は, 今朝は, 何だかぐるっと廻っ, 何時も級, 僕と, 僕の, 僕も, 僕等の, 先生の, 六日は, 冬の, 十九の, 午後には, 厭な, 又その道, 向ふ, 塀の, 多くの, 大の, 大切な, 奥さんを, 妙に, 子供が, 子供まで, 少し寒く, 山羊を, 幸福が, 康太郎の, 彼女の, 彼自らも, 意地の, 愛嬌の, 手を, 断絶を, 早かつ, 木片が, 杉は, 梁の, 殺して, 水の, 海も, 湯へ, 濡れたの, 煙管は, 牛の, 珈琲皿の, 生命保険の, 男の, 異様な, 目を, 職を, 育つにつれて, 腕が, 腹が, 臀の, 襟の, 誰も, 谷の, 車内には, 近頃は, 途中で, 醜男だ, 金が, 金を, 長州勢に, 雪さえ, 雪は, 雲が, 電車は, 霧に, 非常に, 靴の, 頭が, 骸骨を, 鰻飯などを, 黒い斑

1 [1918件 抜粋] ああやっ, あすこの, あたしたいへん, あとで, あの人, あの呉モヨ子, あの宝石, あの朝, あの迎え, あの騒ぎ, あばたの, あれで, あわてて, あんなすばらしい, あんまり下手, いかにも小学校, いけないこと, いっさいの, いつも外出勝ち, いまいましいの, いれといて, うしろを, えものの, おかしな鼓, おそらくはあの, おとなしく鼻, おやじは, お前あの, お前も, お墓, お孝さん, お母さん次第に, お酒, お雛様んでしょう, かれの, きっと承諾書, くっついて, ぐるりに, こういうこと, こう斜, ここなんざあ安い, こちらで, こどもの, この一回, この天災, この居間, この幸福, この硝子, この虎猫, この通り御念入り, この雨, こら, これだけは, こんどこそ, こんな裏, ご主人, さぶは, して, すぐおき, すっかり自分, すべての, ずゐぶん, そういう暮し, そこで, そこらに, そのお仕置き, そのついで, そのシャベルこと, その人酒, その内閣, その名案, その妹, その寝巻, その崖, その後私が, その手数料, その数, その晩, その棹, その液体, その皮膚, その絶頂, その船, その見返し, その鉢, その頃には, その髪の毛, それさえも, それに, そんなリボン, そんな大, ただの, たびたびいかにも引つ, だれかが, ちゃんと徳利, ちょッと, つるべ, どうかし, どう云, どこで, どこを, どの孔, なかなかの, なんだかぐるっと回っ, なんと清太郎老, ねてまで, はしっこい, はねの, ひつじの, ひどい睡魔, ひどくおなか, ひどく綺麗, ふうふうという, ふたりが, べらぼうに, ほか土地の, ぽッ, またあの, また夫, まだこっち, まるで壁みたい, もう一つ, もう眼, やっぱり紋, よぼよぼの, わけえ, わたしは, アガっちま, アンタ無慈悲にも, ウイスキイの, オリムピック行は, カメラを, キャベジ一つこさえる, グリージンゲルという, サルタノフまで, シャツも, シュタイン男爵な, スープに, ズロースや, ソヴェトでは, チョウド水入らずで, テカテカし, ドイツが, ドン底暮し貧民窟には, ニーナ嬢に, ハッキリした, パルチザンの, ビューレットも, フィルムの, ペコペコだ, ボートといふ, ポチの, ミドリは, リーロフ大佐の, 一つ一つの, 一人の, 一向土地不案内, 一文も, 一時間の, 一輪車の, 七曜も, 三十日も, 上さんは, 下の, 下品な, 不安から, 世捨人の, 両手を, 並んで, 丸善で, 主人から, 乗馬ズボンと, 亀裂が, 二つばかり, 二十分そこそこで, 二抱か, 五千円の, 亡き夫人, 人が, 人夫などの, 人情は, 人非人だ, 今まで, 今夕の, 今後の, 仏蘭西へ, 他の, 伊部に, 住宅は, 何も, 何時空襲が, 俺たちの, 値段が, 僕が, 先刻からの, 先生ときたら, 全身水しぶきを, 公方様は, 其臭気と, 凡そ能, 分署へ, 初めて味わう, 別莊, 前と, 剣術の, 労働時間は, 勝負に, 包の, 医者が, 十円という, 博士を, 卵を, 原文さへ, 又彼等, 反對派, 口が, 古ぼけた老朽船, 台詞以外には, 同じよう, 名まで, 向うから, 君の, 吾輩は, 呆ん, 呼びもどされると, 品行も, 唸り合, 喘息もちに, 四つ脚で, 四角な, 土は, 地主に, 坂道の, 垂れ滴るよう, 塩湯でも, 壁の, 変質者で, 多くは, 夜の, 夢の, 大きな浪, 大そう, 大人は, 大学者で, 大目玉八貫小僧の, 大阪の, 天井を, 太刀を, 奥さんが, 女中は, 女王の, 奴らの, 妻籠へ, 娘には, 嫁まで, 子づれ熊, 子供も, 字を, 学生の, 安い物, 宗兵衛は, 家の, 家財を, 寝台には, 寺道の, 小人に, 小僕, 小郷という, 少しずつ, 少し舌, 居酒屋で, 山は, 岩乗な, 左眼は, 巴屋の, 師匠の, 常識はずれの, 年寄りで, 幹事を, 広い川, 店から, 庭の, 弥生にとって, 強盗の, 当夜は, 形の, 彼の, 彼女らは, 後から, 後踵部, 得態, 御馳走を, 忰の, 恋文, 恥を, 懐から, 我々の, 所々に, 手さきが, 手前の, 手紙一本で, 打ちのめされたの, 抜け目無く, 指さきまでが, 探偵的推理に, 散々な, 文楽の, 新聞が, 新聞紙法違犯で, 旅川周馬の, 日本に, 旦那様の, 明日から, 昔気質の, 昨日火刑場で, 昼は, 時々身, 時間の, 暗い, 最も深く, 月も, 有ること, 木戸前に, 未成年者である, 本箱一個十円以上も, 村中の, 東京では, 東寺から, 染めた頭髪, 栓まで, 根っこまで, 植物学まで, 極く, 榎本君も, 横目で, 橋梁の, 歌まで, 此処は, 死んだって, 殆ん, 殺そうと, 毎晩かならず, 比較的被害, 気じる, 水っぽくうるんだ, 水沢さんは, 永い間日, 池袋の, 汽車の, 油の, 活動写真な, 浮力の, 海水を, 清内路の, 満腹し, 潮の, 濃い前髪, 火床がくづれたのである縁起の, 無性に戦争, 煙突が, 熔岩原を, 爆弾が, 父さんの, 片つ, 片足の, 物腰が, 狂犬にさえ, 狭くとも, 猪の, 王様で, 現場附近は, 生き生きと, 生前に, 用器画の, 由ちゃんまで, 男妾だの, 番地まで, 病気を, 痛さ, 癆咳もちで, 白雲堂から, 皆し, 皺苦茶の, 目ぬきな, 盲目としか, 真先に, 眼鼻立は, 着物も, 知らない振を, 石は, 社主の, 神経の, 私に, 私自身は, 秋口と, 税関に, 窓の, 立派な, 筑波おろし, 籔睨みらしく, 粗末ながらも, 紙の, 素足とも, 結果から, 給料だけ, 継子の, 綴り字, 縁に, 罪に, 美しいと, 美人まで, 老人は, 耳が, 聞えよがしに, 肝腎の, 肩の, 背が, 胡瓜の, 脚気を, 腕力が, 腹は, 自分で, 自分地図を, 自白した, 自転車に, 舶来の, 良人が, 花鳥は, 若しそれ, 英米仏蘭四カ国の, 菊五郎氏の, 華奢な, 蒲生泰軒という, 薬まで, 藪医者で, 蝋受の, 衣服は, 表紙にも, 褒める者, 見向きも, 触れなば, 証人は, 話しベタ, 読物が, 調度が, 警察でも, 豪雨に, 貰つて来た, 質の, 赤坂の, 足の, 路用の, 身に, 躾も, 車夫は, 軽いの, 近所の, 逃げて, 途端場へ, 運動家らしく, 道楽者の, 邸の, 都会の, 酒も, 酷いこと, 釈放される, 金がか, 金仏光り, 鉄条網の, 鉤は, 銭箱の, 鍵穴には, 長と, 長崎は, 開封東京から, 陽は, 雍, 雨は, 雪が, 雲の, 電燈を, 露骨に, 非常なら, 鞄を, 頗る女好き, 頭から, 額から, 顔に, 風さえ, 風采は, 食費は, 飽きられて, 首筋を, 馬鹿だ, 骨牌で, 高利の, 髪の, 鹽湯でも, 黒い艶, 鼻汁ばかり

▼ おまけ~ (15, 0.6%)

2 ありましたが, ついて

1 [11件] ありさ, ありますよ, あるの, ついてるよ, つくやう, できないが, なかった, もう一つ, 付いて, 付いてるん, 付くしたがって

▼ おまけ~ (15, 0.6%)

2 して, つけて

1 [11件] したうえ, しないなまけ者, しよう, せぬ傾があるので, もらった, よこせと, 付けて, 付け針小棒大, 入れて, 謂は, 附着て

▼ おまけ~ (8, 0.3%)

2 附録 1 ついたべたべた, ついたもの, つもりで, 上に, 積りで, 贋の

▼ おまけ~ (4, 0.2%)

1 ておきます, てくれない, て五両, て呉れ

▼ おまけにね~ (4, 0.2%)

1 いい姉さん, どてらの, ぬかすん, 幸ひなことに

▼ おまけ~ (3, 0.1%)

1 ね勝つた, よ, 日給袋の

▼ おまけ~ (2, 0.1%)

1 三丁じゃ, 経師職の

▼ おまけです~ (2, 0.1%)

1 が三度々々, よ

▼ おまけ~ (2, 0.1%)

1 あるに, 欲しくは

▼ おまけ~ (2, 0.1%)

1 添えずそれ, 無い癪

▼1* [19件]

おまけすることは, おまけついでに言っ, おまけでござるよ, おまけでしょうけれどもね雪一条, おまけ言ひ, おまけという感じだ, おまけとして山水の, おまけんです, おまけなすって売っ, おまけにからだが, おまけにちゃあんと, おまけにというふうに, おまけにどいつもこいつ, おまけにはだしだ, おまけによお前さまは, おまけまでつけて, おまけみたいになっ, おまけ万一汽車が崖, おまけ中間どもに撲られ