青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おぼえ~ おまえ~ おまけ~ ~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~ おやじ~ およそ~ および~
おら~
~おられる おられる~ ~おり おり~ ~おりました おりました~ ~おります おります~ ~おる おる~

「おら~」 1605, 17ppm, 6581位

▼ おら~ (242, 15.1%)

5 酒は 4 知らねえ 2 あいつの, ここに, そんなこと, やっぱり小作人, 何度も, 抵抗しなかった, 見て, 酒を

1 [217件] あのこ, あれから, いいよ, いい子, いつも肚ン中, いつ息, いやだ, うちの, うったこと, うれしかつ, おらあ, おらが, お姫さまの, お客じゃあ, お松坊が, お父つぁんの, お礼を, からだより, きさま, くやしくって, この年, この手, この通り, この通り片足, この隻眼, これからてめえ, これから三味線堀, これから目的, こんなこと, こんなところ, こんな荒くれ坊主, ざんねんに思うだ, すぐに, すっかり忘れ, すんでの, そう肚, その内, その子, その田, その裏, それに, それを, そんな事, そんな冷, そんな深い, そんな覚え, ただの, ただ面目, ちっとも知らなかった, ちつとも, ちと思惑, てッきり, とこを, なあ, ながいあいだ, なにも, なんでも, はじめ冗談だ, はっきり眼, はらはらする, ひとりで, ひとり者な, ひらいて, ほどこしを, ほんとうに, ほんとに帰る, ほんに女房, まあ獨, まだいい, まったく家内, もうあすこ, もうおっかなく, もうだめ, もう働く, もう往生, もっと悪い, やって来たん, やらねえ, やりとも, りっぱな, わいと, イヤな, カブトムシの, ズラかる, ビールより, ミツマメと, レヴュー小屋の, 一人で, 一切知らねえ, 一応五人, 一番表へ, 万寿が, 三日も, 二遍しけあ, 五番の, 今は, 今夜飲ん, 今日は, 今日下船した, 今日飛ん, 今肚を, 仏様の, 何だ, 何でも, 何時でも, 先刻は, 先生が, 八丁堀の, 出して, 別に人, 勇気を, 勘づいて, 勘づいてると, 勝ってるぜ, 十手を, 十手渡世が, 可哀そうで, 右手を, 吃驚し, 唯自分, 夢中で逃げ出した, 大名の, 好かねえよ, 好きで, 姐御, 嫌だ, 子持の, 學が, 峠に, 島田初年兵から, 帰って, 帰らんよ, 帰るっ, 強盗に, 当番だった, 当直の, 彰義隊くずれ, 彼奴の, 心配ごとが, 忍, 思うがネ, 思うの, 投げられても, 教えて, 敵に, 断わっただなげえ, 新入りな, 旅立ちだ, 日本左衛門と, 明智先生の, 春から, 時と, 木のぼりの, 本性で, 村の, 止めた, 止めだ, 正直いやな, 正直な, 正直に, 此所で, 死んでも, 毛唐の, 気が, 気合い術なんかは, 汝の, 江戸を, 江戸ッ子じゃねえ, 洋学者じゃねえ, 涙が, 源三が, 源吾の, 火いつけりゃ, 熊野へも, 片一方で, 猟師だ, 生きてるより, 田んぼを, 男だ, 町へ, 病気に, 病氣で, 目を, 真剣な, 知らねえよ, 窓から, 笑われるよう, 笛吹いてる, 考えた, 考えただが, 考えて, 職人だ, 胸騒ぎが, 脚を, 臍の緒を, 藤澤の, 虫が, 血の, 行かぬぞ, 行くよ, 見たこと, 見届けて, 親方の, 言いてえよ, 軍縮に, 辛い, 辛くって, 追っかけて, 酔つ, 金に, 鍛冶屋だ, 食わねえよ, 駄目だ, 駈け出して, 魂消たくらい, 魂消た位, 黙って

▼ おら~ (218, 13.6%)

5 だんなの 4 佐倉宗五郎に, 春 3 曳いて, 村の

2 [13件] お父, だんなは, ひいきの, 伝六の, 偉くなったら, 力で, 家の, 悪いん, 持って, 方へ, 目は, 自慢の, 酒を

1 [173件] あすこで, あれから, あれに, いくら頼ん, いねえば, いまでも, いろッ, おじさんの, おっか, おぶいてえからよ, おぶって, お前に, お父ちやん, お蘭さん, お酒, かえ, ここに, ここまで, この亭主, この手, これから知ってる, これは, すぐに, するだ, するに, そばと, だんなだ, だんなにゃ, ちゃんと教え, ついて, つけて, ですか, とこは, ところの, ところへ, どこの, はいつて, ふるえてるだふん, ほうの, ほれて, また気, また送っ, ものだ, もらって, やる, やると, テレンチイ・コールジュである, ベソを, 三人担いだ, 三本あとにて, 世話あし, 世話すべえ, 久兵衛の, 乗ったの, 乗る番, 乳母の, 事だ, 二十三, 二十九号の, 二年働い, 亡くなったって, 交代に, 今だんな, 仕えて, 住んで, 住居よ, 佐倉宗五郎だってよ, 何で弱音, 借りてる馬, 偉くなれ, 先ごろ飼う, 先手と, 先生の, 先生は, 先祖だ, 六ツの, 処分する, 出しやしょう, 分も, 勝つ, 勝手に, 取って, 口から, 口じゃ, 口ぢや, 口で, 可哀そうだ, 和助は, 喋舌らなく, 困るべ, 国, 国の, 天窓より, 好き者か, 姉さん三人ござる, 始末すっ, 嬰児の, 子どもの, 密偵の, 射ったです, 居ねえもん, 帰って, 弱いん, 後の, 心臓で, 怒山, 思うに, 悪い, 所の, 手に, 手は, 抜いて, 抱いて, 拵えて, 捨てて, 方の, 春を, 時々行っ, 時計は, 書いて, 月ヶ瀬を, 有ったもの, 末っ子で, 本当の, 案内し, 案内すべえ, 案内する, 桝を, 横車を, 此の, 歩んで, 死んだら野田, 死んで, 母の, 毎晩寝る, 泥棒の, 深川で, 漕いで, 漬け込んで, 片づけて, 片手間仕事に, 犬の, 生きてるうち, 町から, 町で, 町の, 直すのに, 眼を, 知ったこっじゃねえ, 稼ぎ出して, 立つ前, 納所へ, 耳の, 肩も, 若し神様, 蕎麦, 薪を, 親分お気が, 親類の, 言うこと, 誰だ, 負けたん, 負って, 足の, 身もんで, 近くで, 返事に, 附いて, 隊長は, 領分の, 饒舌っ, 髪は, 鼻の

▼ おら~ (160, 10.0%)

4 縄を 3 お師匠様, ことを, ような

2 [12件] だんなが, だんなの, ほうが, 先生が, 国の, 子だ, 方で, 殿さまは, 畑ぁ日かげに, 畑ぁ日影に, 粟知らない, 道具知らない

1 [123件] あごの, うちは, おっ母さん, おとと, おととの, おふくろの, おふくろ様に, おらの, お古で, お家が, お師匠さん, お母さんは, お父さんは, お父さんを, くやしかつ, ことうすうす, ことおらの, ことも, だ, だい, だんなおらの, だんなと, だんなに, だんなは, ちゃんは, ちゃんも, とけへ, とこも, は乾草, ほう, ほうから, ほかに, ほんとの, やった悪, やり方が, ような在り, ベントウだ, 一人っ子です, 丹精で, 二人きりやつたら, 云うこと, 云うとおり, 亭主から, 仕えて, 仕事だ, 伜の, 体にも, 体は, 兄きで, 内職だ, 利益が, 前で, 前に, 前へ, 勉強場だ, 口惜しかつ, 名は, 名を, 名前は, 命乞いを, 墓を, 姉さんに, 嫁に, 嬶を, 子だけ, 子だって, 子を, 宅の, 家じゃ, 家と, 家など, 家なんか, 家の, 家へ, 家も, 小屋へ, 尻の, 巾着を, 帰らないうち, 年かい, 年け, 店へ, 後に, 恩は, 故郷にだって, 方だ, 方の, 方へ, 本当の, 本職だ, 机さ石かけは, 机代わってる, 村からも, 村では, 村に, 村長だい, 災難は, 物ンだ, 独りよがりだった, 生れた下総, 目どう, 目は, 眼の, 知って, 知ってる人, 知るこつちやない, 祖父みたいに, 膝ッこばか寝, 船へ, 苦労おらの, 苦勞の, 蜂だ, 許は, 連れの, 部屋へ, 隠れて, 雀は, 頭が, 頭を, 顔大きい, 飼って, 馬に, 馬を

▼ おら~ (93, 5.8%)

2 おぼえただ, お嫁, 死ぬばかり

1 [87件] あど死ん, あの笛, あ寝, いい気もち, いつでも, おらの, おらは, おれ様の, お前の, お前を, お武家様, お通さんみたい, ここの, この生命, この辺, これを, こんな事, その侍, ただここ, ただ馬, どこさも, どんなこと, なっても, ばくち, またすぐ, もう何とも云, もう刀, もう太吉, もう茶わん屋奉公, やっぱり侍, らが, オヤゲナイような, スウとも, ハア一つ, 一度江戸の, 不断お, 丹羽郡御器所の, 今日からでも, 何も, 何んにも, 何度も, 侍に, 全く厭, 半兵衛先生の, 南朝鮮で, 呶鳴った, 商売を, 城太郎, 奈良の, 女工だ, 好かない, 子どもじゃ, 寝て, 小坂の, 小屋の, 山の, 帽子かぶっ, 後姿しか, 御新造さんに, 急いで, 恥かしくっ, 悪くねえ, 悲しかった, 揶揄った, 播州お, 村まで, 正太を, 死ぬだ, 死ぬべ, 殺生は, 気が, 物乞いじゃ, 猟師だ, 現つで, 生きてさえ, 用を, 田舎の, 看護兵だっただ, 眼が, 知って, 見ないふり, 覚えて, 謝る筋, 酒の, 陸の, 餓え死したくねえじゃ, 驚きは

▼ おら~ (72, 4.5%)

2 初めは, 枝打ぢする, 知らないぞ

1 [66件] いろいろ工面, いわないこと, うきまったよう, うちやんと, おぼえただ, このようすじゃあまにあうめえと, これには, こんな話, さうだらうと, さう思はんでもね, そうと, そのつもり, だんだん年, とるべがな, どうも疝気, はっきり分ん, ばくち, ひとりでにす, まだ, もう人なみ, わかんなかったどう, チョチョジに, 一杯やん, 一緒に, 三つの, 下手だ, 与倉の, 中つ, 乗って, 云っただ, 今のを, 何だ, 侍奉公したい, 出会ったこと, 助けて, 十六, 喧嘩に, 城を, 大きくなったら, 好きだ, 婿だ, 子を, 寝るの, 少しはやる, 弁当食う, 弁当食ふ, 心中が, 忘れて, 息を, 方々捜し, 死にますなどと, 死んでも, 源次郎も, 玩弄物を, 真似し, 腹あ, 行きたいご, 行く, 行くだ一緒, 行って, 話を, 諦めて, 連れでが, 金沢へ, 風に, 鼻が

▼ おら~ (49, 3.1%)

3 じゃない 2 かっ, だろう, だ人, では

1 [38件] あんなかんかん, かったがのう, からの, から直ぐ, がの, けりゃ成らん, しなあ, しねあの, そうだ, そうで, そうな, だお, だとか, だの緑茶, だろうが, だろうと, だろうな, だ人形, だ屋敷, だ渡り, であろうな, ですね, でも, でるん, と, とこの, とする, となる, と洒落, ならあんた, ならなあ, ならん, を入れ, ッ, 動物である, 城兵が, 場合には, 悪口だ

▼ おらるる~ (38, 2.4%)

2 か, なら悪い

1 [34件] かな, かの於丹どの, かもしれぬ, からつい, からナ, から埒, が, がよかろ, こそ兵家, この世界, しあと, しその, それを, だろう, だろうか, であろう, であろうか, であろうかと, であろうこと, であろうの, でのう, とみゆる, などとは勿体ない, ならば, なら何ゆえ, に相違, のみで, ものでない, や知れませぬ, 柳田君から, 次第である, 浩一に, 猫又殿にも, 英国人バチェラー氏らとともに

▼ おら~ (32, 2.0%)

2 置いてきぼりに, 連れて

1 [28件] お弟子, こき使ってばかり, こんなところ, つかまえて, のぞいて, 一杯ひつ, 侍に, 信じて, 出て, 口説くから, 呼んだだかい, 奉公に, 居酒屋へ, 屋敷へ, 手下に, 捨てて, 暫く町, 木村様に, 無礼討ち, 猿, 盗人だ, 瞞か, 蜂須賀村まで, 見た眼つき, 見て, 観て, 踏みつけに, 追いかけて

▼ おら~ (29, 1.8%)

1 [29件] おぶせろ, お父さんの, お菓子を, お蘭さ嫁, かつがれたでねえか, かなうもの, くれる, この金, ぢかに, どうし, なんの, ゃあのもぐら野郎が, わかるもの, 世話あさし, 何か, 何んと, 分けて, 十万円くれただ, 呉れたで読んだだよ, 姉さんが, 尾い, 憑くでねえ, 持たしてさえ, 握り飯が, 断わりも, 止まらねえもの, 死ねつて, 罪を, 辛くあたる

▼ おら~ (24, 1.5%)

2 おつ

1 [22件] あの壺, あの目, ある物, あンまり, おツ母ア, お米, この場, そのうち, その方, ちっとも知らなかった, はやく大きくなりてえや, はア時, ほんとにどうし, またそこら中, もう, もうお腹, ドロドロと, 久しく美しいお嬢さん, 察したん, 直ぐその, 知らねえが, 言い飽きた科白

▼ おら~ (18, 1.1%)

3 この飯 2 この飯食はん

1 [13件] いっしょに, お主, お前とは, このオトト, このペーチャ, この蒲團さ, この豆飯, ベエを, 一緒に, 三人一しょに, 同じよう, 牛が, 生れが

▼ おらたち~ (16, 1.0%)

1 [16件] がなん, だって自分, と村, に毒饅頭, のたべる, の務め, の姿, の小麦, の血, はくだらねえ, は帰るです, は蒸気河岸, までお, みて, を嘲笑つて, を嚇かしやあ

▼ おらがの~ (14, 0.9%)

3 だんなが 2 辰を 1 おしゅんといっしょ, お殿様, この日記, だんなは, だんなを, マン坊に, 内の, 十手は, 向いた方

▼ おら~ (14, 0.9%)

10 んだ 1 んだり, んち, んであと, 寿命が

▼ おら~ (13, 0.8%)

2 素通り差支えない

1 [11件] たくさんじゃ, ちと尋ねたい, ひとりでも, 一切の, 三日も, 事穏か, 余は, 即ち躬, 屈強な, 控えさせい, 貫主御

▼ おら~ (12, 0.7%)

2 めえ 1 おら, たかの, まんまば, 父う, 父つ, 稲さんと, 稲さんに, 菰の, 蘭さ嫁に, 通の

▼ おらには~ (10, 0.6%)

1 お父さんは, そんなもの, ちゃっと, もっと欲しい, やっぱり手, よめないご, 何を, 判りませんや, 縁の, 背負って

▼ おらにも~ (10, 0.6%)

1 ああいう, ちょっと貸し, よくわからん, わからんがナ, 何処から, 分らない, 徳願寺の, 教えて, 煮え湯を, 鍬を

▼ おらもう~ (10, 0.6%)

1 こんな寂しい, じき洋服を, だめだ, 学校へ, 帰るよ, 捕ったからけ, 来ねえよ, 百姓いやん, 眠いから, 自分が

▼ おら~ (9, 0.6%)

21 おらが, つて逃げる, とて見れる, ようになあよ, よ春子おばさん, んべ, ッて

▼ おら~ (8, 0.5%)

1 がこう, だって食い, に縁起, のなか, の国, の親, はなぜ, をこうして

▼ おらいや~ (7, 0.4%)

21 だい, だいお父さんが, だい明日から, だなあ, だ明日学校

▼ おらこの~ (7, 0.4%)

2 馬だ 1 あひだ, とおり着のみ着のままこれじゃ, 下で, 気持を, 眼で

▼ おらだって~ (7, 0.4%)

1 さむらい, もう嫁, 口惜しくねえ, 嫌いだ, 歩ば, 用が, 知って

▼ おら~ (7, 0.4%)

3 ちは 1 しゃいよろしゅう, ちが, ちア旅駕, ち二人

▼ おらあお~ (6, 0.4%)

2 めえ 1 かしらの, くにやあ, さよさんこの, 城の

▼ おら一人~ (6, 0.4%)

1 こんな寒い, でええ, でやるだ, の仕事, をどう, 知らねえと

▼ おら知らない~ (6, 0.4%)

2 ぞ, よ 1 が, でとった

▼ おら知らねえ~ (6, 0.4%)

31 からいい, しそう, なにも

▼ おらあの~ (5, 0.3%)

2 女房も 1 お婆さんには, 手に, 時だって

▼ おら~ (5, 0.3%)

1 の, の野郎, へは置けねえ, へ來, やねえ

▼ おらとこ~ (5, 0.3%)

1 でどう, に何, に間違, をからかふんだとばしおもうた, をたつたいまこつ

▼ おらにゃ~ (5, 0.3%)

1 あそう, あ交代, なりませんよ, ダイナマイトを, 今頃は

▼ おらあまた~ (4, 0.2%)

1 奉公に, 奥の, 犬かと, 胃は

▼ おら~ (4, 0.2%)

2 も粟餅, 杉苗七百本買っ

▼ おらした~ (4, 0.2%)

1 だに, に, のが, 事が

▼ おらそんな~ (4, 0.2%)

1 こた, こたあい, こと知らねえ, こと聞いた

▼ おらなんにも~ (4, 0.2%)

1 してねえだよ, しねえ, しねえおら抵抗, 抵抗しなかった

▼ おらまた~ (4, 0.2%)

1 お前が, 勉公に, 文ちゃんいる, 草刈るがら

▼ おら~ (4, 0.2%)

1 などよりか身上, の, の炭, はこつちだ

▼ おら~ (4, 0.2%)

2 にうしろ 1 にも, にも兄弟ぶん

▼ おらいつ~ (3, 0.2%)

1 でもいい, でもやめる, でもよく

▼ おら~ (3, 0.2%)

1 え, えるだ, えるべ

▼ おらここ~ (3, 0.2%)

1 からはいっ, に眼, へ来る

▼ おら~ (3, 0.2%)

1 ていた, てくれ, て入婿

▼ おらしん~ (3, 0.2%)

1 はほんとに, ばかりが惡, をた

▼ おらそれ~ (3, 0.2%)

1 から人形箱, が気に入らねえ, までに自分

▼ おらただ~ (3, 0.2%)

1 あきれて, 懸合, 番を

▼ おら~ (3, 0.2%)

3 しよ

▼ おらどう~ (3, 0.2%)

1 あっても, すんだ道ばたさ, 帰ったらいい

▼ おら~ (3, 0.2%)

1 が如く, な, 声起こる

▼ おら~ (3, 0.2%)

1 が呼ばる, が真似る, にゃあん

▼ おらんで~ (3, 0.2%)

1 お前も, わけを, 石を

▼ おらアお前~ (3, 0.2%)

1 が好き, をバッサリ, をブッタ

▼ おらア何~ (3, 0.2%)

1 しに, でも稼い, もむり

▼ おらア方~ (3, 0.2%)

1 でべ, で誰, へ買え

▼ おら~ (3, 0.2%)

1 でもえ, もお, も知らん

▼ おら抵抗~ (3, 0.2%)

1 しなかっただ, もしなかった, もしなかっただ

▼ おら死んじまう~ (3, 0.2%)

1 ようおっ, よう痛, よーっ

▼ おらあおっ~ (2, 0.1%)

1 母あに, 母を

▼ おらうち~ (2, 0.1%)

1 の田圃, へ歸

▼ おらお前~ (2, 0.1%)

1 がとく, に惚れこす

▼ おらがに~ (2, 0.1%)

1 よこしたもん, 断わりなし

▼ おらこんな~ (2, 0.1%)

1 アホずら, 家に

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 あ腕白友達, ちゃあ太陽さま

▼ おらつち~ (2, 0.1%)

1 は井戸, 一人行く

▼ おらどうせ~ (2, 0.1%)

2 馬鹿だ

▼ おらどうも~ (2, 0.1%)

1 切支丹屋敷にゃ, 忌々しくッ

▼ おらどこさ~ (2, 0.1%)

1 も一生どこさ, も行

▼ おらども~ (2, 0.1%)

1 の家, の腕白

▼ おらなんぞ~ (2, 0.1%)

1 あの婆さま, 軍務の

▼ おらにや~ (2, 0.1%)

1 できん, 知らせて

▼ おらへの~ (2, 0.1%)

1 おつ, おツ

▼ おらほう~ (2, 0.1%)

1 の産土, の若者ども頂上

▼ おらほんとに~ (2, 0.1%)

1 しんが, 泣きたくな

▼ おらもうこ~ (2, 0.1%)

2 の家

▼ おらより~ (2, 0.1%)

1 おばさんの, ちっとえれ

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 女に, 知らねえ

▼ おらアそれ~ (2, 0.1%)

1 から毎日, が気

▼ おら一等~ (2, 0.1%)

2 だぞ

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 が今, でも憶え

▼ おら今日~ (2, 0.1%)

1 と言う, は休ませ

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 になる, は嫌えだ

▼ おら初めて~ (2, 0.1%)

1 聞いた, 見ただよ

▼ おら大事~ (2, 0.1%)

1 にし, に取っ

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 だ, だと

▼ おら子供~ (2, 0.1%)

2 の時分

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 をじっとこう, を見

▼ おら正直~ (2, 0.1%)

2 だぞ

▼ おら河童~ (2, 0.1%)

2 捕りしたも

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 にさわっ, にさわった

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 がへっ, の皮

▼ おら自分~ (2, 0.1%)

1 でその, で行っ

▼ おら荷物~ (2, 0.1%)

1 置いて, 置いで

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 て来た, 覺え

▼ おら~ (2, 0.1%)

1 かと思った, にだって富麿

▼ おら隣り~ (2, 0.1%)

1 にいただ, の山

▼ おら駄目~ (2, 0.1%)

2 だよ

▼1* [278件]

おらあおめえには, おらあがいねえば三十六号, おらあけふまで黙, おらあこんでもここら中, おらあごしよ平, おらあすは夜あけ, おらあど死んでも, おらあな定公, おらあないまに出征, おらあな一本の足, おらあな三十円という大金, おらあな娘の聟, おらあに組の, おらあはあ富士の, おらあへえどうしたずらな, おらあれからお, おらあんとき小林の, おらあハア三度の, おらあ他人事た, おらあ元四谷の, おらあ半瓦の, おらあ引っくり返った, おらあ生命がけで, おらあ第一こんだ, おらいくべ, おらいっそ死ぬべ, おらおじいやんと慎吉, おらおじけをふるっ, おらおっちぬよ, おらおととい町さ行ったら, おらおなかがへっ, おらおもしろくねえや, おらおらくくくやしくっ, おらお前らの指図, おらお父さんなんかにちつ, おらお金なんぞはいらねえ, おらお針は下手, おらかまいたぢに, おらがには解せねえ女, おらがはあんまりじょうず, おらきのう須田から帰っ, おらもすけたら, おらこったなものはず, おらこれでもお前, おらこんなに金を, おらちゃく, おらさうかた, おらざったところを見る, おらしまへんのどす, おらしむべき容態である, おらじだんだを蹈ん, おらじゃねえです, おらすぐに眼, おらすけんハハハハ, おらそう云っただよ, おらその金を, おらそんとき男泣きに泣いちまっただ, おらたちみんなが生れ, おらたち二人の子, おらたち村の見張り, おらだけがタンボやっ, おらだけは知ってるん, おらだっても字ぐれえ読める, おらだ開けて下せえ, おらちょっと顔を, おらちの山の, おらっしょしたのだ, おらってえ子, おらついそこの, おらつしよの祈, おらつまんねえもの, おらてめえの機嫌, おらでさえ見て, おらでねえことだけは, おらでも気味が, おらという奴が, おらときどき町さ下駄の, おらとを置いたまんま, おらつちでも, おらどうしても侍に, おらなくなった日を, おらなくなりましたのでついに, おらなくなればまた, おらなぞこうして戦争後家, おらなどよりうめえ, おらならここを, おらなるほど旅の, おらなんか百日千里歩い, おらなんだか気が, おらにだけ言えよ, おらにだっておぼえが, おらぬげなが程よい, おらはなつても取らない, おらばかりだおっと, おらばと名宰相, おら寄る時雨, おらびあっておしかけて来る, おらびはいまだ来ず, おらぶとも我, おらいったよう, おらべつな部屋, おらほめられるわきゃねえよ, おらほんとだと, おらほんにやんだわ, おらんつ, おらまあほんにあれが, おらまでがお叱, おらみたいに先生, おらめしのあと, おらもうどうしてもいやな, おらもう何もかもいやだい, おらもう少し草集め, おらもじゃあ手伝って, おらもっと取って, おらもなあそのうち逃げ出そう, おら子供たちぁポンと, おらゆうべの晩, おらゆんべらあたま, おらよりも先へ, おらよーくしらべて, おらら沼から出たでし, おらるるそうだが, おらるるらしく明朝筑前が, おらわけがわかん, おらわるかった, おらんじゃチョックラ行っ, おらアいくらちやんにお, おらアおとよさ, おらアお前さんのため, おらアお嬢さんのお, おらアぐるッとそこら, おらアたしかな証拠, おらアほんとの父, おらアむねきでならなかった, おらア一人で煩, おらア仮りの父, おらア元から朝起き, おらア先生が肌脱ぎ, おらア因果とこの, おらア当り前よここ, おらア彼奴の横っつら, おらア欣しいっ, おらア湯にへえってた, おらア腹がへっ, おらア虫がすか, おらイヤだ, おらゾーッとしていち, おらトム公だ, おらな, おらン家の亭主, おら一まわりそこらを歩い, おら一人きりじゃねえ, おら一年もこっち, おら一日でも思ひ, おら一生忘れねえ, おら一生懸命に艪, おら一番わるい籤, おら下座だちゅうはずぁあんまい, おら不快だからな, おら引きずり込んで, おら事気違いだという, おら今夜はどう, おら何だか人間でない, おら使いに来た, おら八丁堀の伝六, おら其処で暫く, おら兼こと可愛いから, おら出せねえよ, おら割合に気, おら十二社の中野村, おら博奕なんかしやしなかった, おら去年な新しい, おら去年烏瓜の燈火, おら口癖にいう, おら可哀そうだと, おら唄うたって踊り, おら喜んで話, おらを言, おら土佐節でなくつちや喰, おら地蔵でいきあったら, おら地震この方たださえ耄碌, おらへ行ったら, おら堪んなくなってベソ, おらを壊しやしねえ, おら塗り直しているだ, おら増さんに訊い, おら嫌え, おら奥さまにいいつかっ, おら始めて今, おらなんか貰わねえ, おら嫌んだ気, おらでもない, おらに泊った, おら宵の口まだお客さん, おら家宝にすんだ, おら小坂にいるです, おら屈んでな密, おら山口の孫左衛門, おら帰ろうてや連れ, おら氣, おらのお客, おら城内へ, おら忘れで来た, おら怒ってやしねえ, おら急ぐんでそう, おらかしう, おらかあ, おら悪いことなんか, おらもさはつ, おら承知ができねえ, おら捨子でのし, おらへも來, おらの者, おら旦那にいはれた, おら昨夜睡れなかったご, おら昨日確かなところ, おら昼間は来られねえ, おらへ行っ, おらなんぞしたく, おらなど唄えねえ, おら此処に眼張つて, おらるぞ, おら死にたいんだ, おら死んだ方が, おら残飯貰いじゃねえ, おら父ンのこと, おら独りぽッ, おら生まれてはじめて, おらがすめ, おら田舎の学校, おら田舎婆さまで今時, おら申わけがねえ, おら病氣なん, おら相續人なんざあ外, おら真平でがん, おら眠たいヨ, おら知ってんけえ, おら知らなぃよ, おら知らねえと, おら知らんと顔, おら知んねああ, おら知ンねえだよ, おら立派な衆, おらの家, おら絹三百ヤールより耕地, おら罪人になっ, おら義理がてえ, おら聞いていられなかった, おら聞いたこともねえ, おら胴の間へ転げ込んだ, おら雷也が, おらが永島, おらば食いてえや, おら茶屋奉公づら真平, おら荒木村へもう, おら行かねえよ, おら行かんさ, おらを歩く, おら裁判所さ届けて, おら見たこともねえ, おら見たくないなあいや, おら見ねえことに, おらのサブキ, おら言ってやった, おら詣りとうなござんすと言っ, おら貰うべえ, おら返辞がなくなる, おら道中師の伊兵衛, おら達今朝っから, おらは飲まねえだ, おらなんぞ鐚一文, おらの門, おら隠しておく, おら音楽がはじまった, おら頼まねえよ, おら飼っておく, おら餓鬼の時, おらを折った