青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おとうさん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おそく~ ~おそらく おそらく~ おそろしい~ おっ~ ~おっしゃる おっしゃる~ ~おった おった~ おと~
おとうさん~
おとなしく~ おどろい~ おなじ~ おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~ おばさん~

「おとうさん~」 1324, 13ppm, 8399位

▼ おとうさん~ (299, 22.6%)

7 そういっ 4 びっくりし, びっくりしました 3 いいました, おかあさんに, すぐに, それを

2 [13件] ある会社, いい人, うちに, おうち, そこでこんど, ふきげんな, もとボクシング, デスクの, 会社を, 何でも, 僕の, 少年の, 死んで

1 [246件] あすの, あたしたちみたいに, あたしを, あなたがたの, あのかた, あの子, あの小僧, あまりへんてこ, あるかい, いいながら, いいます, いくつです, いったいどうした, いったいどうなった, いつた, いつに, いつもにこにこ, いつもチビリチビリお金, いつも兵隊さん, いつも口笛, いつ帰つて, いないの, いま進駐軍の, いよいよふしぎ, いろいろな, うしろの, うちの, うなぎの, うなずいて, うなずきました, えが, おかあさんと, おかあさんの, おかあさんのね, おかあさんより, おかしそう, おたっしゃで, おちつきはらって, おやすみが, お仕事, お前たちだけは, お客さまは, お帰り, お年を, お忘れ, お日さま, お笑いに, お酒, お金に, かえっていました, かえらないばかりか, きっとよろこん, きのうの, くりかえしお, けっしてあれ, げじげじだ, こういう仏像, ことの, このごろお, このごろとても, このごろ仕事を, このごろ近所の, このふしぎ, こんどこそ, こんど会社の, こんなにおそい, こんなにおもしろい, こんなふう, ごはんが, ご藩, しかたなく, して, しばらく考え, しばらく考えた, じっと頭, じぶん, すぐ発見, そう言っ, そこでまたのこのこ, そこの, そのあらあらしい, そのとき, そのまま寝室, その社殿, そばに, そんな怪物, たけしくんと, ため息を, だまって, ちっともこわく, ちょうど八王子, ちらばった部屋, つまらないこと, できた人, とってもお, とてもお話, とてもかわり, とても音楽, とめて, どうし, どうしたろう, どうしても本気, どうもそんな, どこかの, どこで, どんな人, にこにこ笑っ, にっこり笑っ, ひじょうにいきごん, ひらいたガラス窓, びっくりぎょ, ふしぎそうに, へんな, ぼくの, まじめに, また, またちょんさん, また一つ, また戻っ, まだジャワ, まだ帰っ, まだ帰還, まだ銀行, まるい顔, まるで子ども, みはり, もううとうとし, もうすこしで, もうすっかり了見, もう台所, もう外, もたれて, ものも, やっと座っ, やはりいつ, よくいいました, よくいいます, よくこういう, よんどころない用事, グスコーナドリという, サイパンで, ビックリし, マニラで, 一度手洗い, 一郎少年が, 一郎少年の, 上天気に, 下にかけ, 両手を, 二三日の, 人に, 今から, 今日いろいろな, 何時ごろかえる, 俊一君たちの, 信じて, 僕が, 僕たちの, 先月から, 八王子の, 兵隊に, 冒険ずきだ, 出かけました, 出かけようとして, 函を, 動物園にも, 北海道に, 去年の, 古道具屋で, 吉田さんの, 和歌という, 四円八十銭の, 変な, 夕方に, 夜おそく, 大きな会社, 大きな懐中電灯, 大切に, 大砲は, 大谷君を, 女に, 娘に, 宏ちやんを, 宝石王でしょう, 小林少年の, 少年が, 岩に, 市バスの, 廊下に, 弁舌の, 待ちかねて, 従軍僧で, 心配し, 心配らしく, 忍耐なさいます, 応接間で, 戦争に, 戦争の, 教えて, 新年に, 昔から, 暑いので, 書生を, 来た道, 毎日お, 気味を, 気持の, 沈んだよう, 涙で, 深くうなだれ, 満足そうに, 玉村宝石店を, 病気な, 発動機の, 私の, 窓ガラスの, 立ちあがって, 竹の子だの, 竹も, 笑いながら, 笑い出して, 背中を, 脚絆の, 自分で, 自分の, 若いころ, 荷物を, 警察へ, 豹の, 賛成だ, 賢吉君の, 起きやしないよ, 足もとの, 近くの, 近所の, 運が, 酒飲みで, 野らへ, 鉄の, 鉄砲を, 銀座の, 長い棒, 靴を, 顎鬚の, 馬小屋に, 黒川と

▼ おとうさん~ (250, 18.9%)

6 ところへ, 顔を 5 お墓, ことが, ことを 4 部屋へ 3 書斎へ, 木村さんは, 甲野さんは

2 [23件] いいつけ, うちへ, お友だち, お城, こわい目, そばで, そばに, ように, 博士が, 園田さんは, 姿を, 手に, 手助けを, 持って, 淡谷庄二郎さんは, 病気は, 笠原さんが, 笠原さんも, 船に, 花崎検事と, 花崎検事の, 部屋に, 鉄砲を

1 [164件] あとから, あとを, あの気位, あらあらしい声, いい所, いうこと, いつて, おかげという, おけいこ, おしりあいで, おた, おはなし, お世話を, お仕事, お好き, お家へ, お約束, お話の, お部屋, かたみ, からだに, からだを, ことその, ことづけ, ことで, ことも, このとき, すきな, そばによって, そばへ, そばを, そんなおそろしい, そんな様子, たすけを, ためなら, だいじな鉢, ところへでも, なくされたお金, なくなった晩, ねむそう, はむずかしく, ひざへ, ほうせきを, ほうを, ほかに, ほかには, ほかは, まねを, まるい顔, まわりに, みじかい灰色, むすめたち, もその, もって, よくなられたこと, 一ばん好きな, 一番上の, 上に, 事を, 代から, 代わりに, 会社に, 会社へ, 保名も, 写真の, 前に, 前へ, 十四枚の, 友だちの, 古山博士と, 名を, 名前です, 向いに, 吹く口笛, 団長の, 園田さんに, 園田さんの, 声で, 大きな腰, 大型の, 天下で, 太一郎さんは, 好きな, 子だ, 宝物を, 宮瀬氏と, 宮瀬氏の, 宮田さんが, 宮田さんと, 宮田さんなどが, 家なぞに, 容態ブルック氏が, 寝室へ, 小屋の, 山下さんも, 帰りを, 帽子の, 年かね, 影法師が, 後ろす, 御容態, 御殿へも, 御病気, 心ぼそい, 手から, 手を, 手塚龍之介さんも, 方を, 書斎の, 有馬さんは, 木を, 村田さんが, 村長殿である, 椅子を, 様子を, 歌です, 洋服の, 涙が, 淡谷さんが, 淡谷さんは, 為義の, 為義はじめ兄弟たちは, 為義を, 片桐さんは, 玉村銀之助さんの, 甲野光雄さんは, 病気が, 発明は, 真似を, 神山さんも, 秘密を, 童話の, 笠原さんでした, 笠原さんと, 笠原さんに, 肩を, 胸に, 腕に, 腕時計を, 自転車の, 花崎俊夫さんは, 花崎検事は, 花崎検事を, 茶色の, 行くほう, 西村さんは, 話が, 誕生日だ, 返事です, 遠藤博士が, 部屋だった, 部屋で, 部屋の, 金を, 銀之助さんが, 銀之助さんは, 銀色の, 頬は, 頼義が, 頼義について, 顔が, 顔にも, 高橋さんも, 鶏小舎が

▼ おとうさん~ (177, 13.4%)

4 帰って 3 いいました, お帰り

2 [13件] いうの, いうん, いって, おかあさんに, だいじに, もと拳闘選手, 会社から, 出征される, 受話器を, 家へ, 明智たんていじむ所へ, 立って, 連れて

1 [141件] ああし, あおむいて, あげて, あって, あの子, あの巨人, あらわれても, あんなおそろしい, あんなきみ, いい人, いくら用心, いちばんだいじ, いないの, いやで, いらしたらもうどう, いらっしゃれば, いるばかり, うしろから, おかあさんを, おきて, おくの部屋, おじさんに, おちついた声, おっしゃいました, おっしゃるあの, おとうさんが, おとが, おむかえ, お仕事, お店, かえっていらっし, かえっていらっした, かえっていらっしゃっ, かけて, きつぱりと云, けいさつ, けがが, こいしくなりました, このくらいの, こわい顔, こんな大胆, こんな映画館, こんばんにじ, さっきからの, しみじみと, すいとんを, すくっと, すこしよ, そういいました, そういいます, そのからだ, たずねました, つけて, ときどき夜, とびだして, のこぎりを, はじめての, ばかされて, ひどくわずらっ, ひどく怒, ひょいとこちら, びっくりし, ふたりの, ふとした病気, ぶじに, ほんとうに, まえに, まじめな, またうなされ, またお, またげんき, また声, また快方, まだ生き, まもの, まるでど, みんなと, もう大丈夫, ゆりかさんを, ゆるして, よく話し, わしの, イタリアの, グッと, ノロちゃんを, ボクシング選手だけに, ポケットへ, ポチの, 一寸なつかし, 一番こわい, 下さいました, 不幸な, 二十年来むす, 人間に, 何か, 僕と, 出征し, 勉強を, 台所を, 和歌を, 外国製の, 大すき, 大切に, 大砲って, 失望なさらない, 失業し, 好きです, 妙に, 帰られるころ, 帰れば, 平家の, 弟に, 心を, 戦争へ, 探して, 早くかえった, 明智を, 時計塔にかけ, 来られれば, 東京から, 楽あれ, 横腹を, 正一君の, 洗面室で, 涙を, 申しました, 男姿で, 百姓で, 突然男, 聞きました, 自分の, 船の, 行くこと, 話してたけど, 話しました, 説きつけて, 警察に, 貴族院で, 金持でない, 門の, 青ざめた顔

▼ おとうさん~ (118, 8.9%)

17 おかあさんは 12 おかあさんの 9 おかあさんが 8 おかあさんに 7 いっしょに 6 おかあさんと 2 おかあさんとが, おかあさんを, にいさんの, 一郎君は, 話を, 黒川記者は

1 [47件] あたしは, いっしょか, おかあさんあわせ, おかあさんでした, おかあさんとの, おかあさんとは, おかあさんとを, おかあさんにとっては, おかあさんには, おかあさんも, おばさんは, きみと, すれば, そっくりの, その林さん, ねながら, ふたりの, ぼくと, まるでちがっ, まるで人, ベス二人の, 一郎君と, 一郎君とで, 三人で, 二人で, 会わなかったの, 何を, 信州の, 別れました, 娘たちが, 小林少年の, 山下君の, 引きか, 弟の, 思いこんで, 戸田君は, 書生とは, 歩くの, 申して, 結婚し, 聞くと, 船長と, 話したこと, 賢吉君は, 銭湯の, 電話で, 顔を

▼ おとうさん~ (118, 8.9%)

6 つれられて 4 このこと 3 しがみついて 2 あいたいなあ, そういっ, そのこと, たずねて, ちがいない

1 [95件] あいます, あうこと, あう気力, あって, いって, いままでの, いわせると, うかがってから, おかあさんは, おさとう, おわびを, おんぶし, お仕事, お目にかかろうと, お話します, からだを, きいて, きくと, くれぐれもよろしくおっしゃっ, くれぐれもよろしくお伝え, くわを, こう言う, こんなこと, こんばん宝冠を, しがみついたまま, しました, すがりついて, すがりました, そういったん, そっくりな, そのふえ, その話, それを, たのまれて, だかれたミドリちゃん, ちょっと会わせ, とびついて, どんなところ, どんなにたたった, なじめないわけ, なったり, なにも, なにを, ならって, ねらいを, ぼくの, みて, ゆすりの, よくいっ, よろしく, よろしくお, よろしく云つて, わけを, わたしに, キスを, ボクシングを, 今日の, 会って, 何か, 出会いました, 出会いましたが, 化けて, 向かって, 問ひかけました, 夕べの, 大きな悲しみ, 孝心ぶ, 少し相談, 帽子が, 当たる人, 当るウイルヘルム, 従軍なさる, 手伝って, 拳闘まで, 教えられて, 早くいい仕事, 明智先生から, 時計塔の, 相談します, 知らせおとうさん, 知らせようと, 知らせるため, 知らせるわよ, 聞いたん, 見せて, 見せますと, 見せるため, 親切に, 言つて蜜柑を, 話しましたが, 話すと, 負ぶさって, 近づけば, 返事を, 送った写真

▼ おとうさん~ (91, 6.9%)

29 おかあさんも 3 一郎君も 2

1 [57件] ああいう, あたしも, あとに, いつかその, うなずいて, うれしそう, おなじよう, きっとよろこん, きゅうには, こまって, したしみ, すぐに, すこしきみ, たのしいの, てつだって, とうとう不二夫君, どうしてそんな, なんだかそんな, にいさんの, にせものな, はげが, ひじょうに心配, びっくりし, ふしぎがって, ぶじでした, ほんのこ, まさかそこ, やっとそこ, やっぱり僕, よく知っ, 一度は, 一郎少年も, 世界一大好きです, 久しく会わ, 会社から, 僕と, 光子銀一の, 同じ考え, 同意し, 名探偵, 夏が, 夢を, 大分語り疲れた, 好きだ, 学校さえ, 小言を, 帰られたところ, 戦争しない, 白い歯, 緑を, 考えなおさないわけ, 見たいね, 負けないで, 賛成だった, 走って, 金井君の, 隣りから

▼ おとうさん~ (65, 4.9%)

13 おかあさんが 9 おかあさんに 8 おかあさんは 7 おかあさんの 5 おかあさんを

1 [23件] おかあさんから, おかあさんがたにも, おかあさんといっしょに, おかあさんなども, おかあさんには, おかあさんにも, おかあさんも, おかあさんや, おじさんたちが, おっかさんや, おまわりさんや, お巡りさんたちも, お母さんから, にいさんたちが, にいさんは, にいさんを, 一郎君に, 僕のべん, 妹たちの, 明智さんどこに, 明智先生は, 書生などが, 親戚の

▼ おとうさん~ (34, 2.6%)

2 おどかして

1 [32件] あざけるよう, お起こしし, ころして, こわがって, ごっちゃに, ご覧なさい, さがしに, たずねて, だいじに, ときつけて, はじめ白井家の, ばかしたん, ひっぱるよう, もつ井上一郎君, 出して, 助けて, 呼んで, 失わないという, 女に, 女の, 安心させる, 思い出して, 本気に, 生んだ母親, 知って, 神社の, 窮屈な, 見ようとも, 車の, 返して, 途中から, 電話口に

▼ おとうさんから~ (12, 0.9%)

2 ボクシングを 1 いいつかること, かたく禁じられ, けんどう, ことづけが, そうだ, 家を, 手紙が, 聞いて, 長いまき尺, 頂いて

▼ おとうさんには~ (10, 0.8%)

1 いい知恵, どうしてもその, ないしょで, なんにもいわない, よくお前, わからないね, エミイが, 信じられないね, 僕は, 命にも

▼ おとうさんおかあさん~ (9, 0.7%)

2 では, の家 1 とは思えない, に自然, のあとつぎ, をやしなっ, 行って

▼ おとうさん~ (7, 0.5%)

21 なあ, なと思いました, なんてうそ, わ, わホホホホホホ

▼ おとうさんにも~ (7, 0.5%)

2 そのこと 1 おかあさんにも, おなじもの, そう言っ, 左の, 来て

▼ おとうさん~ (6, 0.5%)

2 おかあさんが, おかあさんの 1 おかあさんかと, おかあさんに

▼ おとうさん~ (4, 0.3%)

1 くにいらっしゃるでしょう, 久しぶりそつち, 帰りなさい, 金持です

▼ おとうさんおとうさん~ (4, 0.3%)

1 そのお, ってば, ってばおきなさい, と申し

▼ おとうさんたち~ (4, 0.3%)

1 がいた, にしかられる, のいる, の冷たく

▼ おとうさんあの~ (3, 0.2%)

2 おき時計 1 たおれた人

▼ おとうさんたいへん~ (3, 0.2%)

3 です

▼ おとうさんって~ (3, 0.2%)

1 ば, りつぱな人だ, フアザアっていうのよ

▼ おとうさん~ (3, 0.2%)

1 それからおかあさん, 我々が, 私は

▼ おとうさんです~ (3, 0.2%)

1 か, からよっぱらっ, ね

▼ おとうさんよりも~ (3, 0.2%)

1 おかあさんよりも, もっといい, りっぱな

▼ おとうさんその~ (2, 0.2%)

1 お米, ぼくと

▼ おとうさんだけ~ (2, 0.2%)

1 おそい夕ごはん, なの

▼ おとうさんだって~ (2, 0.2%)

1 しからないよ, 殺すこと

▼ おとうさんどんな~ (2, 0.2%)

1 おみやげを, 考えだ

▼ おとうさんはも~ (2, 0.2%)

1 いちどちょっと, 一つホモイの

▼ おとうさん~ (2, 0.2%)

1 書いて, 送るシャツ

▼ おとうさんもう~ (2, 0.2%)

1 何も, 心配しない

▼ おとうさんタオル~ (2, 0.2%)

2

▼1* [75件]

おとうさんあいつは研究室, おとうさんあと一分で九時, おとうさんあやまってください, おとうさんあるいはおかあさんの, おとうさんあんまりお金つかっ, おとうさんいつお帰りになる, おとうさんうしろにへん, おとうさんうちの夜光, おとうさんおかあさんはじめなにもかも, おとうさんおかあさんぼくは無事, おとうさんおかあさん僕ここにいる, おとうさんおかあさん自身でさ, おとうさんおかしいですね, おとうさんおとなしくお留守番, おとうさんおみやげは, おとうさんおれもなにか, おとうさんかえって来て, おとうさんからもずいぶんいろいろの, おとうさんがの二十の, おとうさんごらんなさい, おとうさんじゃないかと, おとうさんそいつはありがたい, おとうさんただいまおかあさんただいま, おとうさんだいじょうぶそれくらいのこと, おとうさんだけはいつもそんな, おとうさんちょっとしかるよ, おとうさんっていうのさはじめは, おとうさんってばおきなさいよ, おとうさん山本先生と, おとうさんではなかった, おとうさんとしてはじぶん, おとうさんとはもとの, おとうさんどうしませう, おとうさんどうかなすったの, おとうさんどうしましょう, おとうさんなぞが若かった, おとうさんなどに海底の, おとうさんなどはときどきは, おとうさんなんかそばに, おとうさんについてはじめの, おとうさんにねすぐ明智探偵, おとうさんに対して失礼な, おとうさんのうでに, おとうさんはじめ船の連中, おとうさんはなんておっしゃるかしら, おとうさんはやくいきましょう, おとうさんはわふくすがた, おとうさんばんざい, おとうさんぼく考えて, おとうさんぼく少年探偵団にはいっ, おとうさんまあきいと, おとうさんまたあいつかも, おとうさんまで笑いました, おとうさんまでがと思うと, おとうさんもっと遠くもっと, おとうさんやっぱり明智先生に, おとうさんより先き, おとうさんらしい人にいさんらしい, おとうさんらしくもありません, おとうさんたいは, おとうさんわけをはなします, おとうさんわたしすこし用, おとうさん二十面相かもしれません, おとうさん大きな団栗こい, おとうさん小林さんは真珠, おとうさん心配しないで, おとうさん感心してるん, おとうさん新聞記事で見ます, おとうさんだなの, おとうさん白くまをとっ, おとうさん白犬は, おとうさんをかし, おとうさん背中に蒲団, おとうさん鰒一本洗はう, おとうさん黒川記者中村捜査係長の四人