青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おやじ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おのれ~ おばあさん~ おばさん~ おぼえ~ おまえ~ おまけ~ ~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~
おやじ~
およそ~ および~ おら~ ~おられる おられる~ ~おり おり~ ~おりました おりました~ ~おります

「おやじ~」 1257, 14ppm, 8164位

▼ おやじ~ (245, 19.5%)

5 顔を 4 ところへ 3 代から

2 [14件] ように, シャッポ, タネだ, 事だ, 代にも, 前へ, 姿が, 手から, 手へ, 話を, 金を, 顔が, 顔の, 顔へ

1 [205件] あんなハッキリ, いうこと, うしろに, うちだ, えり首を, おかみさん, おめかけ, お気に入りに, かい, こころを, ことか, ことだ, ことは, ことも, ことや, ことを, こと城介に, このて, せりふが, その商売, そばに, そばへ, ために, ためには, ためにも, とのさま, とッ, においな, は, ひざわきに, ほう, ほうか, まえの, もので, ような出しゃばり, カンシャク頭は, サンパンの, ヒネクレ根性が, ミニィル・ヴァン・デル・ヴェルドこの, ヴァン・デル・ヴェルドは, 一喝を, 三人や, 三庵は, 世話で, 世辞を, 中将へ, 中将綱誠が, 中将綱誠や, 丸帽子を, 久八を, 二官が, 二官まで, 云い遺した言葉, 云う事, 仇を, 仏も, 仕事場らしい, 仕業に, 代からの, 何ものである, 傲慢貪慾ああ, 兄な, 兄弟も, 冬支度, 出る寄席, 助蔵, 勇蔵が, 十七回忌の, 千里眼順風耳の, 口から, 名を, 名前で, 嘉門次が, 場合は, 塩辛声は, 声が, 奴めが, 妻は, 姿に, 娘を, 嫌いな, 嫌疑が, 子だ, 家へ, 寝床に, 寝酒に, 専制ぶり暴君ぶり高圧的態度を, 小左衛門という, 小左衛門も, 帰った様子, 幸兵衛が, 幸兵衛を, 床几で, 強情な, 影を, 後を, 応援者が, 怒りが, 怪挙動を, 愛称らしい, 態度や, 態度を, 所へ, 手か, 手に, 手伝いを, 手紙は, 抗議を, 持って, 持合せで, 握り屋らしい, 放屁の, 敵は, 新兵衛, 方が, 方と, 方に, 方は, 時代よりは, 晩年を, 暑さ, 最後の, 望遠鏡を, 林友吉という, 業を, 様な, 横顔へ, 機嫌を, 武器は, 死に方, 死ぬとき一週間, 残したいま, 残り酒が, 毒つく, 法事は, 淫情に, 源五兵衛の, 演説を, 点の, 無残な, 生れ家男谷との, 用なんか, 病気見舞に, 発明でも, 白い頭, 百面相が, 目から, 眼つき面つきが, 眼には, 石塔を, 神だ, 禿頭が, 私が, 私の, 立場が, 罪を, 耳に, 職人でし, 職業の, 職業を, 肩に, 背中も, 背中を, 自叙伝が, 自叙伝に, 自慢する, 葬式の, 葬式は, 蒼い顔, 蓄えを, 表情は, 襟が, 見て, 視察談を, 親心で, 言うこともちッ, 言葉に, 許へも, 話した人相書き, 話じゃ, 話で, 話に, 話息子の, 身に, 身の上に, 遺憾は, 遺産を, 遺言としても, 部屋から, 部屋にも, 量見, 雄では, 霊感の, 面目を, 顔でが, 顔色が, 顔色は, 風体で, 飲み屋に, 首, 香典で, 馬鹿めこの, 髷を, 鬱憤晴らしだ, 鼻の

▼ おやじ~ (228, 18.1%)

2 こ, どうした, 呆気に, 急に

1 [220件] あたま, あの空威張り, あまり自慢, あれで, あわてた, あわてて, いきなりペーチカ, いつ死んだ, いないの, いるか, おそくなるだろう, おふくろと, おるか, おれが, おれに, お通, がんりきに, ぐっと眼, こう白, この元気者, この喧嘩, この土間, この男, こまかいからね, ころがるよう, こんなこと, ごらんに, ご家人, ご承知, しばらく黙っ, じだんだを, すぐそれ, すましたもの, そこに, そして校長, そっとうまい, そっとし, そのため, その昔場末, それに, ちっともおれ, ちょうどその, つましいひと, とうとう団扇, とうに死んだ, どう, どうだ, どう自分, どこかへ, どこに, どこへ, なかなか説得, なかば不承不承に, にやりと赤い, にわかに態度, ねむげ, のそのそ立ち上がり, のみこんだ, ひとり落ちつき, ひどい釣気狂い, びっくりした, ふと立ちどまった, ぼくに, ぼくを, ぽんぽんと, またぐたりとなってしまって返事, また郭進才, まだお, まだ仕入れ, まだ寝てる, むっくりと, めちゃくちゃに, めったな, もうおれ, もうここ, もうどの, もう三上, もう死んだ, わしの, イヨイヨ勢い込ん, イヨイヨ面を, カイゼルの, チャンス取りか, ビックリしました, ピエールに, ブルンスウィックの, レスコフの, 一層おもしろく, 一日いっぱい往来へ, 七兵衛おやじで, 上り框に, 二三年前に, 二人の, 今まで, 今戸焼の, 今朝も, 仔細らしく, 代々の, 伜を, 何にも, 何も, 何十回と, 何者じゃ, 信じたん, 俺が, 俺の, 僕らの, 僕を, 兄貴の, 先刻御, 先年亡くなりました, 再生以来スッカリ天窓が, 出獄後どう, 別の, 前に, 半七, 半分登恵子にも, 博多の, 博徒の, 又おどろいた, 又も, 又八, 口を, 古り行く家, 只物でねえ, 吾輩の, 呆れたよう, 四十俵だ, 困って, 坂田の, 外で, 大きく眸, 大きな仏像, 妙な, 子供を, 安火, 実は県庁, 家に, 小声で, 小屋の, 小皿に, 居ますか, 屍体の, 幸いに, 店では, 店頭まで, 後ろに, 心魂に, 忰に, 怒った, 思ったが, 思わず顔, 思慮が, 息子という, 悟ったよう, 手に, 指合図が, 捉まえ, 捕鯨銃の, 早速団扇, 早速消え失せた, 時どき冗談半分, 月々三円か, 本気に, 来ないけれども, 東京に, 楊貴妃と, 正気に, 死んだけれど, 死んで, 気づよくなった, 気の毒そうに, 気を, 涙だけを, 湯島の, 激怒し, 火の玉に, 無慈悲である, 煙草屋の, 牛鍋が, 物も, 猫が, 用が, 甲蟲の, 町で, 相変らず, 相手の, 眠ってる, 眼を, 眼鏡を, 神月の, 笊の, 笑いだして, 笑った, 紫紺の, 絵馬を, 肺病で, 自分で, 自分の, 薪を, 蜘蛛の, 行燈に, 西洋音楽なんか, 見たところ一癖, 言った, 諦めるとしても, 起きて, 身体を, 近ごろおれが, 部屋じ, 鍋の, 閑寂で, 阿爺, 面目な, 靴屋です, 頑固だ, 顔色を, 飛び出して, 香具師の, 麦僊と

▼ おやじ~ (217, 17.3%)

4 出て 3 前の 2 カウンターの, 去年死んだ, 来て, 死んだからって, 死んだん, 火の, 首を

1 [196件] あくせくし, あたふたと, あっしを, あったもん, あれが, あんまりだ, いうの, いう言葉, いたらどんな, いったじゃ, いては, うまくウン, おぬ, おると, おれに, おれを, お前の, お前を, お城, お役所, くっ強, こういうもん, こっちへ, ことごとくもみ手, この席, この松, この町, さっき八丁堀で, さびしい丘, しようの, じいさんと, すげて, すべての, そう大声, そのとき, その日, その筋, その陳列箱, それだ, それらしい, たいせつな, ついて, つかまって, とって, どうなる, どうもちかごろ紫紺, どれ程, なくなったので, なぜ金魚, なにか知ってるなら, なんと福沢先生, ばかな, ひとりで, まきわり, むちゆうになってひとりの, もう少し気, やったの, やっぱり紋付き姿, やはりこんな, ゆうべどこへ, よけいな, カンシャク持ちで, コンナ調子に, シュッシュッと, ジャズ調である, スコットランドカルクシャイヤに, ホシだ, ムキになって, 一旦死ん, 七百両背負っ, 世話を, 世間には, 両手を, 丸坊主, 二度も, 云う, 云った, 人形を, 仏師で, 仙波さんなら, 価を, 倒れくだけて, 先に, 八年間遊ん, 処置に, 出前の, 勲章の, 博奕打の, 去ったあと, 又出しゃばっ, 口へ, 吾輩の, 呆気に, 四十面相だ, 土間炉の, 大きな眼, 大きな眼鏡越し, 大病で, 天下無双の, 奥から, 家族の, 寂然と, 小僧相手に, 小遣いを, 居たらちょっと, 居ないん, 居なければ, 屋根裏の, 己に, 巻線香と, 帰った, 帰ったらそう, 建てたもの, 弁解し, 役場の, 往来を, 従来見た, 御機嫌, 怪我を, 悪かった, 悪知恵を, 扉の, 手作りの, 抱き込んで, 捕まったの, 提灯を, 支那人部屋へ, 放蕩無頼に, 文句を, 昔から, 昨夜の, 是非み, 最後まで, 来ると, 来客に, 松竹梅白鷹菊正宗都菊と, 梯子段から, 死ぬと, 死んだ, 死んだという, 死んだの, 毎日の, 気に入らねえん, 気の, 永らくぶらぶらし, 池の, 沢山の, 海員手帳を, 無造作に, 番頭と, 痛いッ, 皆な, 相手と, 相良寛十郎という, 真赤に, 知ってるかも, 秘蔵し, 突き出して, 立って, 箒で, 縞シャツの, 背負い残した家霊, 腎臓炎から, 自分の, 薄暗い土間, 虎の子の, 蛸の, 蜻蛉釣る, 見つかれば, 言うには, 許さないん, 話しおわらないうち, 話したいこと, 買ったん, 買っても, 走るわ, 起き直ると, 身請けでも, 轢死当時の, 近所に, 近衛連隊に, 逃げこんで, 逃げだしてから, 逃げ走りだそうと, 通る, 酔っぱらった時, 鉱山へ, 鍵預かり, 長い竹, 陸軍大佐だつ, 電気ストーヴを, 青くなっ, 預かって, 頻りに竹, 馬に, 駿太郎の

▼ おやじ~ (81, 6.4%)

3 向って 2 似て

1 [76件] あのよう, あんな乱暴, いった捨てゼリフ, いわれたこたァ, おれが, かかっては, きけあ, ごく上, して, すぎんの, すりつけて, そう言え, そっと声, そなた, その述懐, たよらずに, つらまった, なった, なって, なら売れるだろう, なりすまして, にらまれ出したので, ねだって, ひけを, ひとり頼まれてる, むかつて, よく言っ, ガンと, 一パイ喰わされ, 一任なすった, 一矢酬ゆる, 仕事を, 代るだけの, 会うと, 会うまでは, 会ったら, 俺は, 出会う, 勘弁し, 同じこと, 吹っかけて, 大いに差別待遇, 大切な, 引き据えられて, 怨みの, 挨拶し, 掴ませられとるらしいん, 搾られてるばかし, 教わって, 新しいの, 星を, 現れた若, 用は, 移して, 納得させる, 紛れも, 紹介された, 縛らせて, 耳打ちし, 聞えよがしに, 聞くと, 見える男, 見どころが, 言って, 言付けた, 訊くと, 訪問を, 詫まっ, 話したッ, 話して, 金を, 銭を, 限って, 離れたらまた, 電報を, 黙殺され

▼ おやじさん~ (72, 5.7%)

2 は, はどこ, は親切

1 [66件] あの奥, あの島, いよいよ固く, おつり, から, が, があん時, がいかに, がこっそり, がすわっ, がぽんぽん, が半分, が是非また, が鍬, さぞ感慨無量, だけは林芙美子, だ文書き, といえ, と一緒, と別れる, にもお礼, に書かなく, に毎晩, のいう, のお, のひいき, の前, の嘘, の時計, の空巣, の自家用酒, の道徳, はおかみさん, はこの, はそれ, はただ, はひざかけ, はひざ掛, はほんの, はまた, はよき, はフト後ろ, は下, は人, は大変, は町人, は登歩渓流会, は自分, は見なかった, は顔, は風邪気, へたばったの, もその, もぼんやり, もやっと, も全く, も反りくり返っ, やさわがしい, をさそい出し, をちょっと, をふんじばっ, を東京駅, 俄然もち前, 困って, 起きろよ, 頼んますぜ

▼ おやじ~ (50, 4.0%)

2 いっしょに

1 [48件] あなたが, いえば, いっても, おふくろが, おふくろとで, おふくろの, おやじの, そっちの, その家族, それから沖, どんな妥協, また炉, よく似た, わたしとは, 下げすん, 中学二年の, 九大内科部長が, 乳母と, 伊勢源の, 兄と, 兄嫁に, 入れ代ってりゃ丁度, 別れるかも, 南部御, 呼びたいくらい, 呼んで, 大八め, 大喧嘩, 媼は, 尊称した, 小田切の, 少し含ん, 慶北丸の, 村田寛一と, 河豚を, 河豚内が, 称した御, 立話し, 言うと, 言うの, 言うん, 言ったぞ, 質屋の, 赤い舌, 轢死女の, 間違えられた不安, 首を, 鶴髪童顔長

▼ おやじ~ (50, 4.0%)

2 頼りに

1 [48件] あやなした時分, おしのけトーマス, しりめに, すぐに, そそのかして, そのままほうり, たたいて, なぐって, ばかに, やっつけたやり口, トッち, 世間に, 今と, 刃物で, 助けるところ, 助けろッ, 叩き斬って, 向こうへ, 呼べっおやじ, 呼んで, 引張って, 征伐する, 怖いとは, 思いだして, 憎んで, 払いのけて, 抱き込んで, 探して, 檻には, 殺さなかった事, 殺したいという, 殺せ, 生けどるなんぞ, 目標に, 相手に, 締めたらわかるわい, 脅喝ろうという, 船に, 色餓鬼という, 裏切りつつ, 見かけると, 見つけ出そうとして, 見て, 訴えて, 警戒しなは, 起して, 追い使う事, 頭から

▼ おやじ~ (37, 2.9%)

2 おふくろも

1 [35件] あったもの, あれば, いるし, うらまん, おぞけを, おやじです, おやじ娘も, ここで, ずいぶん困ったらしい, たしかに島田, ひまな, びっくり仰天し, やって来たの, 一緒に, 久しくつとめ, 乗り出して, 仕様が, 偏屈だ, 兄も, 卒中で, 台所の, 坊主に, 大学を, 小料理屋ながら, 少し不気味, 年中持て余し, 弟もね, 待って, 死んだと, 眼を, 行きつまって, 言って, 驚いたと, 魚心堂先生を, 鼻に

▼ おやじ~ (14, 1.1%)

1 [14件] あつた, くすぶって, ごぜえます, すらもが風流, どうにもならない, よかった, ナカナカそんな, 世の中に, 世話好きの, 持ち切りだ, 時に菓子, 満足し, 胴は, 詐欺に

▼ おやじ~ (14, 1.1%)

3 おふくろの

1 [11件] おふくろだ, おふくろって, おふくろと, おふくろに, おれなんぞは, せがれとも, 何か, 妻が, 曲馬団の, 母と, 番太郎には

▼ おやじ~ (13, 1.0%)

1 [13件] あわてくさって, がこんなに, がごうつくばり, がただ, がどなた, が折角, この七百両, でご, とがんりき, と取り決めた, のこと, はちっと, 死ぬにまでも

▼ おやじ~ (12, 1.0%)

2 と思っ 1 がきちんと, がそいつ, が徳川家, が雷, といい, と名乗っ, なお, よけさ吉さ, よ僕, 至極お

▼ おやじから~ (10, 0.8%)

1 乗客の, 利息の, 受けついだ交友, 大金を, 嫌われた木彫, 恐い話, 手紙の, 本多正純や, 聞いた話, 金時計を

▼ おやじ~ (8, 0.6%)

1 この仇, じゃ, とよばれた, とよん, と呼ぶ, の情け, の書かれた, は道理

▼ おやじには~ (6, 0.5%)

1 そんな物分り, 主人筋にでも, 出て, 別に委しい, 叱られる, 駄目だ

▼ おやじでも~ (5, 0.4%)

1 おふくろでも, その子, 一時間か, 実が, 親方でも

▼ おやじでは~ (4, 0.3%)

1 ある, ございますが, ない, ないと

▼ おやじどん~ (4, 0.3%)

1 お早よう, が使っ, どうする, に話しかけ

▼ おやじにも~ (4, 0.3%)

1 その喜び, 仕事を, 搾られてるん, 遣りました

▼ おやじもう~ (4, 0.3%)

1 一壺酒を, 一杯, 一杯酌ん, 釜へ

▼ おやじらしい~ (4, 0.3%)

1 ぞッ, 塔の, 戒名を, 振舞だ

▼ おやじこれ~ (3, 0.2%)

1 だけある, で線香, をもと

▼ おやじだって~ (3, 0.2%)

1 まだ五十, 万更じゃ, 力は

▼ おやじという~ (3, 0.2%)

2 のは 1 人がら

▼ おやじとは~ (3, 0.2%)

1 たれの, まるっきりはんた, 思ってなかった

▼ おやじなる~ (3, 0.2%)

2 ものを 1 者だろう

▼ おやじ~ (3, 0.2%)

1 っていう, へ行っ, を渡っ

▼ おやじ自身~ (3, 0.2%)

1 にさえ聞えない, はそれ, も応召

▼ おやじおやじ~ (2, 0.2%)

1 と呼ん, と尊称

▼ おやじからの~ (2, 0.2%)

1 仕送りで, 預り物つまり

▼ おやじこの~ (2, 0.2%)

1 小僧を, 経済の

▼ おやじさえ~ (2, 0.2%)

1 懐を, 改悛する

▼ おやじそう~ (2, 0.2%)

1 じゃねえ, だろう

▼ おやじその~ (2, 0.2%)

1 ほうは, 三十六本は

▼ おやじだった~ (2, 0.2%)

1 と言われなけれ, ね

▼ おやじとも~ (2, 0.2%)

1 疾う, 自然親しく

▼ おやじども~ (2, 0.2%)

1 が声, を見ろ

▼ おやじにだって~ (2, 0.2%)

1 そんなこと, 殴られた事

▼ おやじ~ (2, 0.2%)

1 宛てたもの, 気の毒を

▼ おやじみたい~ (2, 0.2%)

1 ですね, なもの

▼ おやじより~ (2, 0.2%)

1 ましです, 他の

▼ おやじ一人~ (2, 0.2%)

1 いるわい, のフケイキ

▼ おやじ今日~ (2, 0.2%)

1 はいったい, はレーニングラード

▼ おやじ~ (2, 0.2%)

1 か着, ができる

▼ おやじ少し~ (2, 0.2%)

1 握り屋, 話が

▼1* [120件]

おやじああして, おやじうまくやった大, おやじぬしも, おやじおやじ紅屋のおやじ, おやじおれにもその, おやじお前んとこの, おやじどうじゃ, おやじからは勘当うける, おやじがとくりを, おやじがなあと思うと, おやじくどいようじゃ, おやじくらいごうつくばりで, おやじこそまさしく桃華堂無月, おやじさまもむずかしい, おやじさまたちによろしく, おやじさんこのごろ工面がよく, おやじさん俺にも飯, おやじさん君はいっとき, おやじさん威勢よくひとつ, おやじさん達の生活, おやじょんべん組の, おやじしばらく対手を, おやじすなわち絲満南風太郎君それ自身かも, おやじえウンと, おやじそれはほんとう, おやじそれに何ぞ温い, おやじだけだが, おやじだけに吾輩よりも, おやじだけの仕事が, おやじだのあやしいと, おやじっていうのも, おやじですがいう, おやじとして怖がられて, おやじとしてはずいぶん命がけ, おやじとてもそうロクでない, おやじとでもおっしゃって, おやじとのつごう四人, おやじとをしりめに, おやじどうした, おやじどん落胆しねえが, おやじんだ, おやじなかなかにしゃれ, おやじなどいわれて, おやじなどと申すと, おやじなどはしじゅうあれ, おやじなどもその一人, おやじならばいかに, おやじなんかもいつか言っ, おやじにとって一番幸福な, おやじに対してある種, おやじはずつとねて, おやじはのそりと, おやじふたりです, おやじへも就職を, おやじまた来たぞ, おやじまでをひとつなぎ, おやじまんざらでも, おやじむかし取った覚え, おやじめおれを馬鹿, おやじめ七百両に目, おやじめ商売の筋, おやじめ女房がいのち, おやじめ様子が怪しい, おやじめ油断をしない, おやじめ皮肉なこと, おやじもっと何か, おやじゆうべからけさ, おやじゆずりのその, おやじあわてて, おやじよく人が, おやじをどえらい所, おやじ処へ, おやじイヨイヨ以て瞑すべしだ, おやじバクチ打ちゴロツキ, おやじミニィル・ヴァン・デル・ヴェルドが分, おやじだ, おやじレイニンがゴッホ, おやじ一代の苦労, おやじ一流の遣り, おやじ不景気だと, おやじ事ムの人, おやじでむっと, おやじ何処へ行くっ, おやじへ帰っ, おやじ六尺棒を中, おやじ千百三十両は鈴文さん, おやじ同様検非違使の牢, おやじ同道ひとり残らずあした, おやじ呑気なもの, おやじ大きいぞ, おやじ女中などに満面卑屈, おやじ奴よけいなこと, おやじも娘, おやじ寒いのには, おやじに相, おやじ小欲が深, おやじ居合せた客それから, おやじへ来た, おやじ弥五右衛門の身辺, おやじを閉め, おやじ惣平次とひとり息子, おやじ惣平次夫婦は若い, おやじ慶応義塾はここ, おやじ救出に走っ, おやじ来んかなやっつけ, おやじ栄五郎は下絵, おやじ様漆桶の考え, おやじ毛利時親でお, おやじ永いこと世話に, おやじ湯漬でもよい, おやじ犯人説はこの, おやじ生涯会われぬぞ, おやじ稲荷さまのお, おやじ立ったり坐っ, おやじ紅屋のおやじ, おやじ話せるぞ, おやじ青くなって, おやじ頬紅なんかつけ, おやじ驚くかと思いの外平気, おやじへ酒