青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おまえ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おとなしく~ おなじ~ おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~ おばさん~ おぼえ~
おまえ~
おまけ~ ~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~ おやじ~ およそ~ および~ おら~ ~おられる

「おまえ~」 6397, 69ppm, 1642位

▼ おまえ~ (1369, 21.4%)

12 それを 11 私の 10 おれの 9 わしの 8 わたしの 7 ここに, だれだ, 何を, 知って, 私を 6 わたしが, 何か, 自分が 5 おまえの, これを, ほんとうに, わしに, 生きて, 自分で, 自分の, 黙って

4 [11件] あの女, いい子, おれが, おれを, ここで, こんなところ, どうする, どこへ, なにを, ばかだ, 人間の

3 [21件] いつまでも, この家, そんなこと, どうした, どこから, なんという, まだ年, まぼろし, わしを, わたしに, 一体どうした, 今まで, 何者か, 俺を, 僕の, 先に, 先へ, 女の, 気でも, 私に, 馬鹿だ

2 [79件] あちらで, あの子, あれを, いいと, いくつだ, いったい何, いつでも, おおかみだい, きつねに, きょうから, きょうは, ここへ, このおれ, この人, これからすぐに, こんなこと, さっきから, しっかりした, すべての, そこで, それが, そんなもの, だれか, どうしてそう思う, どう思う, どこに, どこの, どちらへ, どんなこと, なんだ, なんにも, まだあの, まだ小さい, まだ知らない, まだ立っ, まだ若い, わしが, わしらの, わたしを, 一と, 一人で, 与茂七さん, 今夜この, 今夜も, 何の, 何者かと, 何者だ, 信じて, 僕が, 兄さんに, 声を, 大そう, 子供だ, 子供に, 子供の, 家に, 帰って, 年の, 承諾した, 春が, 本当にしないだろう, 死んで, 気が, 池の, 独りで, 目が, 相変らず, 真の, 知らないか, 知らないの, 私が, 私と, 自分から, 良心に, 血を, 言った, 誰だ, 途中で, 首を

1 [961件 抜粋] あいつに, あきらめても, あそこへ, あちらへ, あのこと, あのプレシオス, あの大きな安, あの奥さま, あの物識り, あの藪八, あの鳥, あれらの小さな鼻, いいこと, いいむすこ, いい毛, いきなり村, いたずらを, いちばん学者な, いったいどうしてくらし, いったいどの, いったいなに, いったいに, いったい貴族, いってたの, いつか大和街道で, いつもうまい, いつもより, いつも人, いないおまえ, いまたいそう, いまに, いままで, いま人間の, いま家へ, いやご, いるかい, うかうかこの, うそを, うまく僕, うんと走っ, おいらと, おしろいくさい, おそらく天下, おとといの, おまえを, おまえ自身が, おりこう, お侍, お岩, お母さんから, お江戸, お父さんが, お疲れ, お風呂, かぎが, からだも, かわいいけれど, かんじんの, きくっと, きっとここ, きっと小型カメラ, きょうばかり, きょう昼過ぎわたしの, けっして一人ぼっち, ここから, ここの, こちらへ, ことばを, このうちの人, このかんかん, このごろ少し, このじいさん, この不合理, この世を, この六月, この大きな町, この子, この定義, この手紙, この最後, この煙筒, この秘密, この裏, この陣笠, この青々, これからどうする, これから先, これから行っ, これほど, こんな処, こん夜は, さっきの, しつて, しまいには, じっとし, すると, ずっと前, せっせとはしっ, そういう私, そうわし, そう聞きわけ, そこに, そのお, そのそば, そのやさしい, そのカギ, その事件, その侍, その口, その姿, その思い遣り, その本場, その池, その目, その者, その跡目, そもそもお, それでだいじょうぶ, それに対して, それも, そんなぜいたく, そんなにびっくり, そんなに不自由, そんなに生まれ変わった, たいそうすばらしい, たしか日吉, ただその, たどんの, たわごとを, だまってろ, だれの, ちっと道楽, ちゃんとそうして, ちょっと, ついさっき, つかれて, できなくても, でたらめばかり, とくな, どういうつもり, どうかし, どうして, どうしてあんな, どうしてその, どうして私, どうして鉤, どうだ, どうも弱い, どうも評判, どこかの, どこのが, どっちから, どのだれ, どれか, どんなに考え, なおどしどし, なかなか感心, なかなか隅, なくしては, なぜそんなに人, なぜ男, なにかが, なにか夢, なにしてた, なにものだ, なわ, なんだろう, なんでこんな, なんとも思わない, なんと答えた, ねむって, はじめてだ, はたしてこんな, ひとりで, ふだんに, へそを, へんに, ほんとうの, ほんとに私, ぼろぼろに, まあ当分, まぎれも, まさしくわたし, またこんな, またなんで, またわし, また懐手, また羽鳥, また賊, まだこわい, まだまだ長い, まだ七つ, まだ原田, まだ小さかっ, まだ居た, まだ歳, まだ病気, まだ骨, みごとに, みにくいと, むかしの, もういない, もうこの, もうその, もうカムパネルラ, もう人, もう奉公, もう女房, もう年, もう気, もう行っ, もう都, もう青春, もとの, ものを, やっぱり私, ゆくが, よいこと, よくその, よくよく生まれた, よく警告, りこう, わかって, わたくしの, わたしと, わたし達に, イギリス語が, イタリア人では, キリスト教徒か, キリスト教徒に, ジョリクール氏の, チュンセや, ドミチウスめを, フォン・ゾンだ, フランネルの, 一スー足りない, 一体だれ, 一体なんで, 一億一心は, 一度厭, 一生けんめいに, 一通りならない, 一郎さんだ, 三人の, 三銭二厘しか, 下に, 世にもりっぱ, 世の中へ, 中身だけの, 主人持ちか, 乞食な, 乱心し, 二十七日の, 二度と私, 亡霊だ, 京だ, 人か, 人は, 人間にとって, 今おれが, 今ごろに, 今すぐ, 今なにか, 今夜どうして, 今日以後当分は, 今日大事な, 今日鼻血を, 今頃な, 他人の, 伊右衛門さん, 会ったの, 何が, 何だ, 何で二, 何という, 何も, 何もかも捨て, 何故そう隠す, 余り固く, 信じなくとも, 俺みたいなやせた, 健康で, 僕にとって, 元来わがままに, 兄妹カフェーの, 全くあすこ, 六合の, 内藤さんの, 冷たい, 出かけて, 分限に, 初めてこの, 利口な, 剣術つかい, 勇気が, 勘ちがいしてる, 勿論だ, 医者と, 十字架から, 十露盤を, 厭か, 口を, 口癖に, 古人の, 可愛い子, 同じ年ごろ, 呆れた, 呑気ね, 命びろいをしているのだぞ, 善良な, 困って, 国もとへは, 土鍋で, 地球人だ, 堀江屋の, 堅い生まれ付き, 墓の, 夏だ, 外へ, 外国の, 多分あの, 夜の, 大国主神と, 大海の, 大臣の, 天下の, 女愚連隊とか, 好いて, 妹, 姉さんに, 姉の, 子だ, 子供が, 字が, 孤独の, 孫策と, 安太郎殿の, 害を, 家の, 家を, 寂しい時, 寒いか, 寒くない, 小さい子供, 小太郎じゃ, 小屋で, 少年探偵団の, 山の, 島村さんの, 市長の, 平吾だ, 平気で, 幸福な, 幸福を, 庫裏なと, 弱いの, 当ても, 彼の, 彼らの, 彼時に, 心で, 怒りゃせん, 思う, 思わない, 急いで, 恐ろしい目, 恥ずかしさ, 悪気の, 情け深いたち, 憂国の, 手の, 手術が, 担生では, 捕まえて, 放縦な, 救いに, 数々の, 日本橋を, 明日から, 明日発作が, 明智先生と, 昨日であった, 昨日ミウーソフが, 晩めしも, 暫く待っ, 書で, 曹操に, 朝倉先生の, 未丁年者, 本を, 本当にせん, 本当に近世, 本当の, 東京に, 松島へ, 果して海洋, 桐の, 楯に, 構わずに, 止めて, 正一で, 武蔵と, 死には, 死ぬぞと, 死ぬほう, 死んだの, 残るの, 毎日出歩く, 汗を, 江戸に, 決して元来そんな, 決して臆, 注意や, 海象に, 火薬を, 無事に, 煤煙防止については, 熊五郎もう, 爺や, 牢から, 狐で, 独りぼっちでは, 生きる決心, 生命を, 男らしい子, 病人だ, 百余歳に, 盗ッ人, 直き, 眼が, 知ってるか, 知らずに, 知らないから, 知らなかったの, 知るか, 石投げ, 確に, 神としての, 稀代の, 立つ事, 竹童じゃ, 笛を, 算術が, 箱だけが, 素人として, 給金を, 縁が, 美しい悪魔, 翼が, 考えるん, 腋の下を, 臨終の, 自分と, 自分に, 自分勝手ばかり, 自由な, 自由に, 自覚し, 船を, 良持どのの, 色気が, 若い, 若いけれども, 英語は, 蛾次郎この, 裏木戸から, 見かけなかったか, 親しくし, 親を, 訝るかも, 誠に正直, 誰かに, 誰にも, 護送される, 走るが, 身体の, 退がれ, 遅い, 達者で, 遠藤博士の, 部屋へ, 部屋住みだ, 酒呑みじゃ, 金の, 釣りに, 銭を, 長福寺の, 降りて, 陶器を, 霊鷲である, 面白そう, 頭が, 顔を, 飛んでも, 騙されて, 髪床へ, 鬼役を, 魚屋の, 鴇という, 黙ってるん

▼ おまえ~ (1143, 17.9%)

36 ような 19 ために 15 ことを 10 好きな 9 家の 7 ところへ 6 ことだ, 家は, 御主人, 目は, 言うこと 5 いうこと, 知ったこと 4 からだを, くるの, 名は, 妻は, 心は, 父は, 眼は, 結婚の, 肉体を

3 [19件] いう通り, いったこと, お母さんは, ことは, ところの, ほかに, ように, 事を, 先生は, 口から, 名を, 命が, 家に, 家へ, 手に, 来るの, 母の, 眼の, 親は

2 [96件] あとを, いうと, いうとおり, いたずらじゃ, うちの, うちは, おかげで, おっ母さん, お母さんが, か, かたきは, からだ, からだは, ことが, ことなら, ことについて, したこと, すきな, せいだ, その鼻, ためを, とこに, ふるさとだ, ほうが, ほうは, ほうへ, ほかには, ほしいもの, もって, ものだ, ような下卑た, 主人の, 主人は, 云うこと, 今の, 仕事は, 住んで, 体に, 兄の, 力を, 名の, 名まえ, 命を, 声が, 声を, 大好きな, 夫は, 姉だ, 姿が, 子では, 家で, 家には, 左の, 幸福を, 心に, 心持ちは, 息子の, 所へ, 手が, 手で, 手を, 方から, 方が, 方で, 本を, 歌は, 母親が, 母親は, 気が, 気の, 為に, 眼が, 知って, 祖父は, 絵が, 肉体も, 胸を, 腕では, 自由の, 血の, 血書に, 行為は, 親の, 親方は, 親父は, 言いたいこと, 言うとおり, 足を, 連れの, 運命を, 部屋に, 頬っ, 頭は, 頭を, 顔には, 顔を

1 [722件 抜粋] いいと, いいところ, いうエズイタ, いじらしい心根, いってるの, いま望ん, いやな, いること, いるべき場所, いわゆるおじさん, いわゆる後半, うしろの, うたって, うちじゃ, うちへ, おかげさ, おかげでなくなっ, おじいさんも, おだて, おっか, おふくろか, おふくろを, おやじは, おるべき場所, お守りを, お客様に, お寺にも, お師匠さん, お師匠様, お母さんには, お母さんの, お母さんや, お父さま, お父さんに, お父さんは, お父様, お給仕, お聟, かあや, かたを, か弱い翼, きて, きゃしゃな, きょうだいが, きれいな, くさった腹綿, くちびるから, こしかけぬれてるぞ, ことじゃ, ことで, ことと, ことなど, ことなんか, ことばかり, このひと言, この流儀, さして, しおれきった姿, したと, して, しょうね, すがた, すきを, すぐ横, せなか, その右小手, その姿, その生首, その目ぢょうちんで, その被りもの, そばで, ためなら, ためには, ためにも, つばさに, つらだましい, とうさんも, ときより, ところでは, ところに, ともだちが, とらの, なすべきこと, はそれ, はなしだいなんだ, はねで, は感傷, ふしぎな, ふた親では, ふるさとで, ほうから, ほうだ, ほうに, ほかにも, ほしいという, ほねおりは, ほんとの, まだ知らない, みじめな, むすこに, むすめ, もの, もので, ものに, もはや石膏, やうな, やったお金, やって, ようなあきめく, よくいった, わがままだ, イヤあなた, エックス線に, エリザベートとの, ナワ張りは, バカげた疑い, パンを, ミーチャといった, ミーチャも, ラムプの, ヴェニスは, 一生が, 一身上について, 不心得で, 世の中が, 世話になど, 世話を, 両親に対しては, 中に, 丹精で, 主人だ, 主人とは, 主人姫路の, 事も, 事業を, 二人分を, 云いよう, 云うよう, 云う事, 人がらの, 今日の, 仕業だ, 任務に, 伯母さんに, 住むべき場所, 体こそ, 体は, 使命は, 保証人だ, 保証人に, 倉の, 偉大なる, 傍で, 働くとき, 元気の, 兄さんに, 兄さんも, 兄弟か, 兄弟たち縁者の, 先生が, 先生という, 全身は, 処分に, 出現を, 切符を, 判じ文, 前に, 前へ, 力で, 力に, 力の, 勝利を, 勝手だ, 十倍は, 十字架を, 友人が, 友達に, 叔母さんに, 叔父さんの, 叔父の, 取りわけ, 口ぐせじゃ, 口ぶりでは, 口先で, 口説を, 可愛いい眼, 名によって, 名前の, 名前は, 呪われた復讐, 味方だ, 命も, 命才分の, 喜びそう, 噂は, 国の, 国へ, 地上に, 執着は, 墓は, 夢に, 夢ばかり, 奪われた処女, 女なんぞ, 好みの, 好みを, 妊娠だ, 妹分の, 妻の, 姉さんは, 姉の, 姪は, 姪を, 姿の, 姿は, 姿や, 姿絵故, 娘か, 娘は, 娘を, 婿に, 子か, 子なら, 子は, 子供が, 子供は, 字を, 安否が, 実子じゃろう, 家では, 家にも, 家を, 家族の, 容貌は, 寝て, 寝間が, 寺の, 寺も, 寿命も, 将来の, 小ねこ, 居ると, 居る大原, 希望どおりに, 師匠の, 帰らないうち, 帰りを, 年ごろの, 幸福のみに, 店の, 弟に対して, 弟を, 弟弟子だ, 弟弟子として, 彫物を, 役目だ, 後から, 後ろには, 後姿は, 従弟じゃ, 御亭主, 御先祖, 心から, 心ばかりは, 心までは, 心中にだって, 心意気か, 心臓は, 志だけは, 志は, 思ったとおり, 性分を, 恥では, 息ひとつで, 悩める慈父, 悪口言ってる, 悪筆も, 悲しみは, 情婦では, 意義ある, 意見も, 愛する兄貴, 愛だけでもね, 愛は, 愛人だ, 所など, 所の, 手すじを, 手の筋も, 手を通して, 手伝いが, 手帳を, 批評に, 抱いて, 持参金だ, 捕まって, 接待が, 料簡は, 料簡次第で, 方さ, 方へ, 春着が, 書きつけを, 望みの, 望むこと, 望むところ, 村へ, 来るところ, 槌の, 様子が, 欣し, 欲しいもの, 正義を, 歯は, 死装束は, 母は, 母様に, 母親だ, 母親と, 気に入ると, 気に入るよう, 気まぐれの, 気ままに, 気もちは, 気を, 気持ちは, 沈黙は, 治める国, 活動には, 流儀以外の, 湯へ, 漁りした, 潔白を, 為を, 無限な, 父の, 父も, 父親を, 父青木丹左衛門に, 物なら, 物憂げ, 犬か, 猟場を, 生まれた国, 生命は, 生命を, 生涯に, 生涯にも, 町だって, 畑だ, 畑な, 病毒は, 病気と, 痩せ馬, 発作は, 目つきで, 目に, 目より, 直身, 相談は, 真理を, 眸は, 眼で, 眼には, 眼を, 眼球を, 知ったこっちゃない, 知りたい心, 知人か, 砕かれた心臓, 祖先の, 神様は, 空耳であろう, 粗雑な, 精神は, 結婚という, 結婚式を, 絵は, 綿密でない, 罪だ, 罪の, 罪は, 罪業は, 美しい若々しい眼, 美しさ, 義妹とかいう, 習う本, 考えて, 考えどおりやっ, 考えは, 耳が, 耳には, 耳ばかりへは, 耳へ, 聞き違い, 肉を, 肉体は, 肚, 肯かない気性, 背なかで, 胴腹ばかりが, 胸に, 胸にも, 胸は, 胸も, 腕白は, 腕白も, 腹の中も, 腹立ちに, 自由じゃ, 自由に, 船へ, 良人は, 良人楊彪の, 花婿の, 花嫁に, 芸道の, 若さ, 苦悩を, 苦悶は, 茶店で, 葬式は, 血と, 血は, 血書を, 行きたいところ, 行く手に, 術は, 衣裳を, 要求に, 見たこと, 見たという, 見た白い, 見て, 覚悟という, 覚悟は, 親切が, 親友が, 親戚の, 親爺に, 親系には, 言いぐさじゃ, 言うよう, 言ったこと, 言ってること, 言葉を, 話で, 話の, 説明し来った, 謂うこと, 負けよ, 責任では, 貴重な, 赤鬼は, 起きて, 足もとに, 足音が, 身の上に, 身の上ばかり, 身は, 身を, 身寄りじゃあ, 身寄りだろう, 追善供養を, 造った茶わん, 運は, 運命について, 道具は, 選ばれたる人々, 遺族は, 部下の, 酒宴だ, 金の, 鎖を, 長老に, 門出の, 門出を, 雄弁以上雄弁である, 頭に, 頼むこと, 額の, 顔つきで, 顔色が, 顔色は, 食べっぷり, 養母に, 養母も, 首だ, 首と, 首に, 馬の, 馬の背に, 馬面が, 驚きは, 髪と, 魅点だけを, 魚汁が, 鹿を, 黒髪を, 鼻は

▼ おまえさん~ (699, 10.9%)

13 はこの 9 はどこ 8 の家 7 のよう, は 5 のため, のところ 4 のこと, のその, の名, はその

3 [18件] がこの, がその, が私, が自分, どうした, にあげる, のお, のほう, の手, の方, の目, はあの, はどう, はまだ, は何, は誰, もよく, も御

2 [44件] があの, がお, がここ, がそう, がそんな, が子供, が御, が怒る, この子, この頃, だったの, でも, と一緒, と肚, にあげます, に少し, のこの, のもの, の子, の希望, の腰, の言う, の話, の足, の顔, の馬, はお, はここ, はさっき, はそんなに, はどうして, はほんとう, は先生, は千駄木, は好き, は羽, もお, もこの, も大抵, も強情, も早く, を待っ, を知らない, を連れ

1 [487件] あの不二屋, あの人, あの娘, あの蕎麦屋, いいえ伝六だんな, いいばか, いいもの, いいよ, いけない, いっそこうしよう, うまく命拾い, おあがりなさい, おぼえて, お千代, お隣り, か, かえ, かね, からメダル, があそこ, があまり, がいい, がいく, がいくらいくら, がいたわる, がいった, がお寺, がかわいい, がこらえなけれ, がご, がした, がたい, がたて, がたとい, がつまらない, がどう, がどこ, がはたらくまえ, がふった, がほんとに, がまた, がみれ, がみんな, がむりやり, がようく, がわが子, がわしたち, がわたし, が一心うち, が一緒, が丁度, が丸多, が二人, が係り合いだ, が初めて, が可愛い, が婆, が寒かろ, が岩路, が帰ったら, が帰る, が怨霊ども, が恍けた, が憤慨, が手伝っ, が承知, が望ん, が来, が浮く, が生れ, が相手, が眠っ, が着, が窮, が美しく, が若い, が見えるだろう, が見た, が賢い, が連れ出し, が金, が面, が顔, が餌, きっと出来る, こそきょう, こっそり次郎松, このめずらしい, この秋兵隊, これからどうする, これから何処, これから行っ, こんなところ, こんな晩, さ, じゃあない, じゃあるまい, じゃあ油断, するどい刄物, ずいぶん薄情, そこで一日, その時, そらあたし, それでも息, たら, だから, だって山, だという, だよ, ちょうどいい, ちょっとき, つなを, て人, ですから, という鴨, とおまえさん, とちょうど, とふたり, とぼけたり, と私, と親子いっしょ, どうする, どうもお, どんなに先さま, なぞちっとも, なぞにしゃべっ, なぞは人間, などどこ, などはそう, なにか粋事, ならまた, なわを, なん, なんかに, なんかの口, なんざ, にお, にお礼, にお願い, にかぎる, にかわいがっ, にくれ, にこんな, にそこ, にその, にちがい, になった, にはさぞ, にはだれ, にはわかってる, にはわかるまい, には心あたり, には根岸, には死霊, には青い, には預けない, にもあの, にもひとつ, にも都合, にゃ聞え, にゃ触れない, にやった, によく, によっぽど, に仕送り, に助けられた, に味方, に御, に抱かれ, に授かった, に掴まれてない, に死ん, に決闘, に用, に着, に聞かれる, に聞きただす, に聞く, に花, に見せ, に言っ, に訊く, に話し, に諦め, に謙遜, に財産, に逢いたい, に逢っ, に頼まれない, の, のいい, のいう, のいなさる, のうわおい, のおそれる, のおっかさん, のおっしゃった, のお寺, のお父さん, のご, のじゃ, ので両親, のびっくり, のまま母さん, のむりもむりではなくなる, のもっ, のもん, のやっかい者, のシリヴェストル, の一料簡, の云う, の兄さん, の判官, の口, の品, の商売, の因縁, の壮年, の声, の大好き, の娘, の子分, の孝心, の学, の尋ねる, の店, の役に立つ, の従弟, の御, の心, の恋人, の息子, の愛情, の所, の持っ, の指, の曲独楽, の書いた, の様子, の正直, の母さん, の気, の燈籠, の物, の生み, の生命, の眼, の眼玉, の知りたい, の秘し, の考え, の胸, の舌しだい, の花畑, の苦労, の落目, の血, の親切, の許婚, の身, の身の上, の顔色, の鳥籠, はあっし, はあわ, はあんな, はあんな小さな, はいい, はいくつ, はいちど人間, はいっ, はいったい, はいつぞや, はいや, はいろんな, はおそれ, はきっと, はけさ, はこちら, はこれから, はこんな, はさぞ, はそんな, はたくさんお金, はたしかに, はたった今, はだれ, はちっとも, はちょい, はどうしてそんなに, はどこかお, はどちら, はなぜ, はなに, はなん, ははじめ, はむほん人, はもう, はやってきなすった, はよそ, はよっぽど, はわけ, はわたし, は一体, は三河町, は下谷, は久助, は人ちがい, は今, は今度, は何と, は何処, は何商ばい, は何日ここ, は何者, は其処, は其後, は利口, は剛情, は千住, は半, は取れないで, は古市, は味方, は和尚さん, は坊さん, は夜, は夢, は大きい, は大工, は女中, は妙, は妹, は子供, は孤児院, は家, は帰る, は幼い, は庄太, は弓, は御存じ, は悪党, は悲しく, は意気地, は戦争, は指, は旅, は根, は楠木正季さま, は此, は死んだ, は毒, は泣き, は無神経, は熱, は独り, は猫, は産まれ変わった, は病気, は目, は知らねえ, は私, は私ら, は若い, は若旦那, は藤代様, は裏伝馬町, は親孝行, は言う, は話, は諸国, は身体, は酒, は鉄五郎, は鋭い, は長い, は長崎骨董, は随分, は顔, は鶏小舎, ばかりがそう, ばかりが知っ, ぶらつきやの, へのあたし, への片思いゆえ, ほどの美しい, まあお待ち, まだわっし, まだ飲む, まったく知りません, までが人, みたよう, もあの, もいっしょ, もいま, もう三杯, もう少し下, もきてる, もこのごろ, もずいぶん, もその, もたいてい, もにげなさい, もはいる, もぶとう, ももう, もやっぱり, もわけ, もアサガオ, も二, も今, も係り, も再び, も判らない, も国姓爺, も変った, も大師さま, も尋常, も山, も年, も弟子ひとり, も忙, も抜からず, も拝み, も殺し, も無事, も無論, も番頭, も相, も知っ, も罪ほろぼし, も行きなさる, も見送り, も達者, も酔興, やはり芸人, よくいま, よく聞い, よりほか, より一枚上手, より上物, をお, をかかえ, をかすった, をここ, をじいっと, をつれ, をどう, をやとい入れた, を家, を屋敷, を思う, を拾った, を斬れ, を毎晩, を相手, を穽穴, を置き去り, を見かけ, を見つける, を見破ってる, を買いかぶった, を迎い, 何とかすばらしい, 全く判らない, 列び茶屋, 名まえ, 呼んで, 大いそぎでとってきておくれよ, 大分酔っ, 寒くは, 御奇特, 思い当ること, 思わず頭, 持って, 断ったろうね, 早く追って, 気に入らないの, 泣いて, 済まないが, 相変らず, 細っかいよ, 行くまえには, 覚えて, 詰まらない願掛け, 起きて, 黙って

▼ おまえ~ (545, 8.5%)

9 行って 4 帰って, 自分で 3 それを, わたしの, 持って

2 [25件] あの子, いて, いなくなってから, かきを, ここに, その決心, そんなこと, たが, つれて, ほんとうに, やあに, りっぱに, わしの, われわれの, 一人で, 一緒に, 代って, 加勢し, 好きだ, 好きな, 彼らの, 悪いの, 敵の, 来て, 知って

1 [469件] あいつを, あうどんな, あきらめられぬと, あたま, あとを, あの男雛, あべこべに, あまいぞと, あまりにも, あまりに多く, あまりわたし, あまり遅れない, あるから, あれほど, あれを, あんないたずら, あんな失礼, あんまりオシャベリ, あんまり痩せ, あんまり賊, いいお手本, いいの, いえと, いくら愛慕, いくら脅迫, いけないね, いけるならいっしょ, いじけないで, いちばんしあわせ者だ, いって, いつかなにか, いつかわたしの, いつかポチなんか, いつか十重の, いつもしあわせ, いつも口ぐせ, いては, いないので, いなくなったとつぜん, いなくなった日, いまどんな, いま弔っ, いま感じ, いやなら, いらなきゃわしら, いるかぎり, いるだけに, いれば, いればこそ, いろ, いわれて, うつしたという, おつれ, おとなしくし, おどし文, おまえが, おらの, おれに, おれの, おれを, お呼びし, お嫁, お母さんの, お浜, お襁褓を, お酒, かえって行く, かぞえ年, かならずうけあう, かまわれたの, かわいがって, かわいくなっ, かんかん虫, きれいでも, くたびれるの, こいつを, こうしてグミ, ここへ, この世を, この世界, この偉大, この北, この師匠, この村, この石, この種子, この網, この老, この車, これから一人, これから迎え, これまで, こんな追放, さぞ心細い, さびしがっ, さッ, して, すぐに, すすめられたの, するよう, そういう以上, そういっ, そう思うならいっ, そう言うなら, そう言っ, そこで, そこに, そこらの, そのとき, そのまま生き還る, そのむす, そのよう, その時分, その気, その者, その蝦夷萩, そばから, そばに, それぐらいな, それに, それほどまで, それほど心配, そんなたてひき, そんなにほしけれ, そんなにわがまま, そんなに尊敬, そんなひどい, そんなふうに考え, そんなもの, そんな気, そんな鳥, たいして望ん, たった一足, たった三年, だ, ついて, つっついたらいい, できそう, でて, ときどき, どうしていつ, どうしてこんな, どうして狐, どうもなるまい, どこか, どこに, どこへ, どんなに僕, どんな寝言, どんな態度, なくて, なって, なにを, なんとかなれ, にいさんを, ぬすまれて, ねじを, のこのこやって来るだろう, はじめてわし, はじめて光, ひとつ小勢を, ひとりで, びっくりする, びんぼうで, ふびんに, へんな, ほえるもの, ほかの, ぼやぼやしてる, また帰っ, まだこの, まだ七つ八つ, まだ十, まだ材木河岸, まだ物心, まだ生き, まだ考え, まったくルミ, まるで別, めくらになんぞ, もし, もしここ, もし男の子, もし軽はずみ, もって, もっと大人, もっと幾日, もらって, やるの, やれ, ゆうべ出会った, よいと, よくつかめる, よくて, よく考えたら, わしが, わしに, わたしから, わたしたちの, わたしを, わるいおまえ, わるいこと, わるいの, わるいん, コソコソと, シャヴァノン村の, ジャクチュウな, ストライキに, チェルマーシニャ行きを, デパートの, ラップランドへ, ヴィタリスという, 一家を, 一日売っ, 一生けんめい探りだそう, 一生懸命に, 一番さきに, 一言の, 万民の, 上手に, 不仕合せだ, 世間へ, 主人か, 主人公だ, 乱暴だ, 五つ六つの, 人間であったら, 今あすこ, 今墓場を, 今夜忍ん, 今年死ね, 今新しく, 今見た, 付いて, 代りに, 以前の, 伊勢まいりの, 会って, 住んで, 何か, 何かの, 何でも, 何といおう, 何処で, 何者かは, 余計な, 作って, 使いの, 使うよう, 使えよ, 供を, 俗世間へ, 信じて, 信じるか, 修道院を, 僕を, 兄さんに, 先か, 先刻した, 先手, 全快する, 共謀の, 出かけるわけ, 前に, 剣で, 勉強せん, 勉強は, 勝って, 十一の, 十年修行すれ, 千代田城へ, 又どうして, 取りもどして, 受けるちょっとした, 受持って, 口うるさく何, 口上を, 可哀い, 可哀そうな, 可愛くて, 名前を, 呑んで, 呼んで, 哀れな, 喜んで, 四つの, 大きくなっ, 大きくなった, 大丈夫だ, 大事の, 大好きに, 天下を, 失望の, 奉公に, 奉行に, 好きだった, 好きで, 娑婆で, 宇乃に, 客人の, 家に, 家の, 富麿じゃ, 寝ぼけて, 射ったの, 居づらい, 巧みに, 平常死んだ, 年始に, 幸福でい, 幻想と, 店へ, 弱いから, 当地の, 待って, 御神縄, 徳の, 心からすいてた, 心からそう思っとる, 心からゆるした, 心に, 必要だ, 思いも, 思うほど, 急に, 怨むの, 恋しくなっ, 悪いありてい, 悪いっ, 悪いん, 悪かった, 惚れて, 憎い女, 憎か, 憤然として, 戦死し, 手を, 手拭を, 押え切れない情熱, 拾って, 捧げる相手, 捨てられた地方, 探して, 救うため, 敷島の, 斃れたら, 日中の, 旦那を, 早く知らせ, 明日どんな, 曳っ張っ, 書いたん, 最後において, 有頂天に, 望んだの, 木の, 来てからも, 来ては, 来るまで, 東京へ, 松長だろう, 棒でも, 楢夫か, 歎い, 此処に, 武蔵様の, 死ねば, 死んだあと, 死んだもの, 死んだらすぐ, 死んだイワン, 母に, 母は, 母を, 気が, 気がついたよう, 汗を, 江戸を, 治めて, 治めるべき国, 泊ると, 温まれば, 漁って, 灯を, 無理に, 物ごころつく, 犯人だ, 独りで, 王さまは, 珍しいの, 現に証人, 現代の, 甘いから, 生きて, 生まれたとき, 生んだから, 用意し, 病気だ, 白紙に, 百人の, 盆槍で, 盗んで, 真の, 知ってるという, 知慧の, 破門された, 神である, 神の, 私の, 私を, 稼いだこと, 窮屈で, 竹槍で, 紙くずや, 継いで, 考え抜かなかったなんて, 聞いとけ, 聞くと, 背に, 腕と, 腹が, 自分の, 自殺しよう, 良い妻, 蔭へ, 行きたければ, 衝突った, 裏道を, 見えたと, 見たいという, 見たと, 見たところ, 見たの, 言いたくなかったら無理, 言って, 言わなくても, 訊けば, 誓いを, 請け合ったん, 謝罪を, 豚の, 負けたから, 貪欲だ, 賛成か, 賛成する, 転びでも, 退屈まぎれ, 逃げるところ, 途中で, 通りかかるじゃ, 逢って, 遠目に, 適任じゃと, 邪慳だ, 郷土を, 酒ずき, 釣りに, 間抜けな, 阿呆, 隆坊, 隠したの, 非常に, 頼むか, 飼主か, 馬車から, 騒ぎ狂いたい, 魚を, 鳴らなくて, 黄金メダルの

▼ おまえ~ (337, 5.3%)

4 やるから, 話して 3 しちゃ, それを, ちがいない, まかせる, 逢った

2 [21件] あげる, いいこと, いって, きくが, くれて, その気, そんなこと, むすめ, やる, やるもの, わかるか, ラッコの, 会いに, 向って, 恋を, 悪口を, 相談が, 礼を, 親爺の, 訊いて, 頼みが

1 [272件] ああいう, あうこと, あえて, あげようと, あげるから, あげるよ, あげるわよ, あずけるから, あらわれて, あわせる顔, あんな非道, いい残し, いうの, いちばんよく, いったという, いってるん, うっかり口, おれが, おれの, お台所, お月さま, お目, お礼を, かえして, かなわんよ, かほどまでに, ききたいこと, きこう, くっついて, こいつあいただ, こう手, こしらえて, ことずける, この袋, これほど, こんなもの, さむいおもいは, したって, しろおれ, すこしたのみたい, すすめた唯一絶対, すすめた最後, すすめるが, すれば, ぜひこの, そういう人間, その形, そむいて, そんな悪, た, たくさんな, たくさんの, たよると, だよ, ちっとばかり, つり込まれて, できて, できなかったとき, どうか後生, なって, なんにも言う, はたらいて, ひとつ心得, びろうどと, ぶちまけたけれど, ほんとうの, ほんやくし, まかせるからと, まちがいねえ, みせるもの, もっといい, やった扇, やっても, やまだ吾家の, やらないこと, やること, やるぞとは, やろう, よく似, よく肖, わかったならどうか, わかって, わかるかい, わけも, われわれの, イギリス語を, 一つの, 一つ働い, 一つ話したい, 一つ頼みが, 一と, 一ポンドの, 下さるとの, 下すった, 与えるからかの, 与えるという, 与える魅点, 世間を, 乳を, 云いのこすこと, 云い渡して, 五シルリングやる, 今日やって来い, 仕事を, 代っても, 任せて, 会い度, 会うこと, 会えたらたいへん, 会った, 会って, 伝えたとて, 伴れ添う, 似あって, 似て, 何か, 何でこんな, 何の, 余計やっ, 依って, 僕を, 優しくは, 兇悪な, 全然そんな, 分って, 勉強を, 十シルリング貸しが, 千代田城大奥の, 去られて, 反旗を, 取っても, 可哀そうだ, 向かって, 否定せられた, 呉れたの, 告げて, 告げるが, 命令し, 唯一肉身の, 喋言し, 嘘は, 大事を, 大切な, 大変な, 大将周泰を, 夫の, 奉公する, 好かれん, 委せる, 娘を, 季氏という, 寂しいもの, 小千両, 小遣いでも, 市塵庵の, 帰させ度, 帰って, 帰られては, 年甲斐も, 待ち遠しかった, 御用が, 心配な, 必要な, 忠告する, 息を, 悪いこと, 悪い心, 悪さ, 悪事の, 惚れっ放し, 惚れて, 愛想を, 感心された, 成算が, 手紙を, 打ち明けたん, 持って, 指さして, 授けられた一つ, 支払おうといった, 教えるばかり, 数学の, 明かすの, 望み通りこの, 来いとは, 残忍性が, 気が, 気をも, 気付かせられること, 治療し, 注意しよう, 無暗, 無理にも, 生きて, 用が, 用の, 用は, 番兵を, 疑いが, 発した三つ, 白状しなけれ, 知って, 知らせに, 祈られちゃ, 移植した, 移植しなかったら, 笛を, 約束を, 索かれる魅点, 結婚を, 義務は, 習ってさえ, 聞いて, 聞かせる, 聞かせるお礼, 聞きたいの, 肖た青年, 腹を, 芝居が, 花が, 褒めて, 見えないからって, 見せたくない手紙, 見せる為, 見出したおまえ, 覚えが, 言いたいの, 言いつけたが, 言いのこすの, 言うの, 言ったとおり, 言って, 言わに, 訊くが, 許しを, 話したつもり, 話したの, 話した親方, 話しは, 話し聴かして, 話すと, 話すの, 話す必要, 話そうという, 誓って, 語った, 説明する, 謝ること, 負けないで, 負けない変り者, 負けない嫉妬, 責任は, 質問を, 較べれば, 近づかなかったん, 迷惑は, 通じないの, 遠ざかって, 遣る, 限ったこと, 隠しだてを, 隠して, 難儀が, 霊が, 預けたよ, 預けた短刀, 頼まれたこと, 頼みたいこと, 頼む, 頼もうと, 食わせる豆腐, 駄賃を

▼ おまえ~ (326, 5.1%)

7 待って, 愛して 4 かわいがって, つれて, 連れて 3 ここへ, さがして, 探して, 殺して

2 [16件] だまして, どんなに思っ, ほかの, わしの, 好いて, 婿に, 子供に, 待ち焦がれて, 憎いとは, 捨てて, 接吻し, 死なせて, 残して, 破門した, 見て, 非難しよう

1 [256件] あきらめて, あそこへ, あそこへは, あたし達の, あほう, あり来たりの, ある庭, ある日パリ, いじめたよう, いっしょに, いつまでも, うちに, うちへ, えらぶよ, えらんだん, おぶって, おぼうさん, おぼえて, お使い, お嫁, お父さんに, お艶, かかえて, からかうため, かわいそうとは, かわいそうに, くすぐって, くれろと, ここに, ここまで, こごえ死, このままここ, この世に, この国, ころさせやしないこと, ころさせやしないよ, ころして, さがしだしてから, させ得るもの, さらって, しかって, しばったりなんか, しばって, しょって, しんようし, そういうところ, その親爺, そんなに束縛, たずねなかったこと, ただの, たべるに, ためして, だましに, ちらと, つかまえるから, てらしに, とかすの, とって, とめて, とろうとは, どうにかすれ, どう呼ぶ, どんな気持, ながいあいだ, なくする, なぐったの, なぐったん, なぐるよう, なめるほど, ぬすみ出して, ぬすんだ女, のろったらその, はじめ臣民一同王子の, ばかに, ほんとうに, ぼくの, みつけたの, みつけたらきっと, やりたくない, よそに, りっぱに, わが子なんて, わたしの, カーチャの, ミリガン夫人の, ワロヴィヤの, 三千里も, 今まで, 代わりに, 何処かで, 使いに, 侮辱する, 信じおまえ, 信じたばかりに, 信じると, 信じ頼って, 信用する, 借りきる代わり, 僕の, 元通りに, 入れて, 冬の, 切なくする, 助けて, 取って, 取りもどしに, 叫ばさせずには, 召捕に, 名ざし, 呉れると, 呼んだの, 呼んだん, 呼んで, 唯では, 嚇かすようだ, 堕落させ, 売るつもり, 夢にも思わない, 大声で, 女優に, 女房の, 好いては, 好きだ, 如何なる理由, 妹の, 娑婆へ, 嫌っとるなどと, 孤児院へ, 学校へ, 守って, 守りたまうじゃ, 宮殿の, 寄せつけないはず, 尊敬し, 尊敬する, 山狩に, 巴里へ, 庵へ, 引き取ったの, 引き取って, 待ったか, 待つて, 後に, 忘れて, 思いきって, 思い起こしたため, 思い込むこと, 怨むから, 愛しうるか, 愛した, 愛しては, 愛する者, 慕って, 慰めようとは, 憎んで, 懐かしみ泣く, 手ば, 打ったからなあ, 打っちゃっときゃあせんからな, 批難する, 抱いて, 押上げて, 拘引しよう, 拘引する, 拝まぬ, 捕まえて, 捕らえると, 捜して, 捨てようなどと, 捨てる権利, 探したが, 探し出します, 探すよう, 接吻しよう, 救っては, 東国へ, 楽しませるもの, 構いつけずに, 死刑に, 殺すただ, 殺すつもり, 殺せない, 殺せるもの, 池の, 渡して, 焼き殺して, 焼く火, 焼く炬火, 産み, 皇后に, 目当てに, 眠らせるまで, 祐けて, 絶対に, 置いては, 置きざりに, 罰するぞ, 肉身の, 育てた時, 自分たちの, 自分の, 自動車で, 自動車に, 自由に, 苦しませても, 苦しめた風, 苦しめてるよう, 苦しめると, 蛾次郎に, 裁判し, 見こんで, 見すてて, 見た最初, 見のがしたくないの, 見のがすかも, 見はって, 見ようと, 見るだろう, 見守って, 見殺しに, 見舞って, 見送りに, 角兵衛獅子にでも, 証人に, 試して, 試験台と, 誘惑した, 調べるの, 諦めきれない, 警察へ, 買ったとき, 贈る, 贔屓に, 赤んぼうの, 起こしたけれど, 起こしたの, 起こして, 起こすから, 起すの, 追いつめたが, 追いまわして, 追っ払ったらわたし, 送って, 連れ戻しに, 連想させられる, 道連れに, 遣すの, 遣ること, 邸から, 鍛えるより, 非難し, 頼みに, 養って, 餌で, 騙りの, 鬼に

▼ おまえたち~ (294, 4.6%)

5 のこと, はみんな 4 のよう 3 のうち

2 [12件] にこの, の住家, の望み, の神, の足, の首, は, はお母さん, はこれから, はなかなか, はなに, は何

1 [253件] あんないたずら, うまくやっ, か, がいう, がいがみ合っ, がくたびれるだろう, がここ, がこの, がこわがった, がその, がそのままそっくり, がもっとよく, がカピ, が今, が帰っ, が弱, が望むなら, が望ん, が朝倉先生, が歯ぎしり, が毎歳, が気, が身, が青い, が飛び出し, ぐらいの葉, こそ死ね, この宮, この男, じぶん, じゃ, そんなところ, だ, だから, だけで承知, だけには話し, だろうな, であろう, でもガシャガシャ, で行っ, といつ, と別れなけれ, と別れる, と約束, どうした, なぜ戸, ならきっと, ならとびあがってなくな, にいっ, にかくし, にかみつく, にこれから, にできる, になんで, にはあの, にはこれ, にはこれから, にはそれでは, にはどっさり, にはわかるだろう, には何, には恩, には聴こえなかった, には苦悩, にほどこす, にもひどく, にもわたし, にも語っ, にわかる, にわざわざ, にケチ, に出来る, に常磐津, に心得, に心配, に悲しい, に捕まっ, に模範, に返し, の, のおかげ, のきくらげ耳, のくる, のこらず, のしん, のじゃま, のせい, のため, のところ, のとった, のねどこ, のほう, のもの, のストライキ, の一味, の一生, の上, の主, の乗っ, の使っ, の力, の勘定, の名代, の唯一, の問題, の喜び, の団長, の困っ, の夢, の奉公, の家族, の巣, の幸福, の幻術, の忠節, の手, の持っ, の望む, の案じ, の槌, の気にいった, の泊ろう, の泳ぎ方, の町, の病気, の盗んだ, の眼, の知っ, の縁談, の見た, の親, の親分, の試験, はあく, はあの, はいくじ, はいく日, はいつ, はいま, はおまえたち, はおれ, はここ, はこども, はこの, はこんな, はご, はさっき, はすきかって, はすこし, はそこ, はその, はとち, はどいつも, はどう, はどこ, はどだい, はなん, はふたり, はほか, はぼく, はまだまだ, はまだよく, はみな, はみんな不幸せ, はみんな相当, はみんな警官隊, はもう, はよい, はよく, はわからない, はパン, は何より, は何者, は保護, は俺, は先祖, は前途有為, は勉強, は勝った, は勝手, は原子爆弾, は名, は名高い, は向う, は土地, は堅く, は外曲輪, は大きく, は大空, は大騒ぎ, は子供, は平等坊, は幸福, は思っ, は愛撫, は慾, は手, は明智, は正, は武門, は死なせぬ, は毎晩, は気, は活動写真, は海, は真剣, は私, は私たち, は稼業, は腹, は自由, は試合, は論争, は頼朝, は鶉坂, までがわし, もあとの, もううち, もおまえたち, もがまん, もこの, もこれから, もそう, もなにか, もひもじい, もよく, もわし, も切符, も同罪, も回向, も大きく, も帰れ, も拾っ, も気, も知っ, も知らぬ, も行う, も覚え, も飽くまで, や海, よくきけ, をこの, をつれ, をまもる, をみんな, を元, を呼ぶ, を心配, を教える, を殺し, を自動車, を驚かす, 若い者

▼ おまえ~ (281, 4.4%)

8 一緒に 6 知って 3 いっしょに 2 あちらへ, ここに, それに, たいせつに, わしの, 一杯, 早く来たら, 気を, 知っての

1 [246件] あたしも, あんなこと, あんまり薄情, いいかい, いいだけ, いくらか温かく, いたの, いちど考えなおさない, いったん盗み, いまごろ金持ちに, いろいろ世話, うあの, うしろを, うちの人だ, うまくばつ, うんと盛装, えらい者, おあがり, おいで, おしまいだ, おじいさんに, おれに, お侍, お光さん, お叱り, お嫁, お家へ, お将軍さま, お艶, お茶ばかり, お願い申し, かわいそうだ, こうして働い, ここの, このあいだ, この節少し, この音楽, これからいろいろの, これで, こわがること, こんなこわい, ごの, さわるもの, しかじか, ずぶぬれだ, そう思え, そのあいだ, そのうち, そのつもり, その一人, その下敷, その従順, その日, その生存競争, その誇り, それには, それは, それを, そろそろ仕事, そろそろ嫁, た, ただでは, だ甲斐, ちっとの, ちっと気, ちと渋く, つきあえ江戸一, つばめの, てつだえ, ともになす, とんだ苦労性, とんだ阿修羅, どういうわけ, どうぞ魂, どんな夢, なかなか学者みたい, なぜ呼ばない, なんなら残るが, のんだくれの, はいれ, はやく家, ひざくりげに, ひっこんでばかり, ひとに, ひと休み昼寝を, もうちっとり, もう帰れ, もう度胸, もう来年, やっぱり箱書き, やつぱりやめたのか, やれって, よく気, よく知っ, よく見, わしが, わしを, わたしの, わらう, アリョーシカが, アリョーシャと, アワ刈りを, サモワルを, 一か, 一しょに, 一人まえ, 一度先生, 一杯やる, 不良じゃ, 中を, 二十四だ, 二千ルーブルという, 人に, 今の, 今年は, 令二も, 体を, 何かの, 侍の, 俺も, 偉いところ, 働くの, 共々に, 共々よろこん, 共に死ん, 出かけて, 出かけるって, 出る人, 出世の, 出家に, 分からず屋, 勇気を, 勉強すれ, 十二三の, 叔父さまの, 叔父さんの, 口笛を, 可哀そうだ, 同じよう, 吹く時, 品質が, 商売では, 喜ぶが, 国へ, 坑中には, 大きくなったであろう, 大きくなる, 大抵承知し, 好いて, 妙齢と, 存外色里を, 学校で, 家へ, 寝ころべ, 寝みお客様, 察して, 寺で, 少し狂人, 屍骸に, 希望を, 年を, 強情な, 御苦労だ, 心なき, 思い切って, 思い見て, 悪いところ, 愛想が, 慾が, 我慢しろ, 戻って, 手を, 手伝わなくっちゃ, 故郷に, 於虎か, 日本の, 早くゆく, 早く来い, 書生だ, 月江に, 本当にその, 来い, 来て, 正しかった, 武装を, 母を, 気がついたって, 気持よく, 淋しかろう, 無事で, 状筒を, 狐を, 生きて, 産まれたふるさと, 用心しろ, 田舎の, 町の, 目に, 眠れないの, 知ってるじゃ, 知ってるとおり, 知ってるな, 知らない, 知るとおり, 確かに, 秀吉さまから, 私と, 立派な, 絵かきに, 縛って, 義朝の, 考えてや, 耳を, 聞いたろうが, 自分という, 自分に, 自宅へ, 芝居が, 若い働き盛り, 薄々は, 薄うす, 藻には, 行かない, 行け, 行ったの, 行って, 見たあの, 見たこと, 見るよう, 覚えて, 覚悟し, 負傷した, 責任が, 退がって, 逃げだそうと, 逃げろ, 酒の, 酷い目, 附き合わねえか, 随分そうぞうしい, 随分親切, 鞍馬の, 頭を, 飛んでも, 鷹匠の, 黙っとれ

▼ おまえ~ (103, 1.6%)

4 わしと 3 いっしょに, 一緒に, 同じよう 2 おまえと, ここで, ふたりで, 私とは, 話を

1 [80件] あのナイフ, いるだけの, おいらの, おまえ, おまえの, およびに, おれと, おれとは, おれは, お父さんは, けんかした, けんかしない, こうして寝ず, して, しは, しんみり話した, ちっとも変わり, なら負け, ひと足違いに, わかれて, わしだけは, わしは, わたしが, わたしは, わたしふたりきりだ, ルミには, ロックが, 一しょに, 七との, 二人で, 京弥みたいな, 仲よくこうして, 仲を, 似て, 僕との, 僕とは, 共に来たで, 別れたの, 別れて, 別れなければ, 同じさかずき, 同じじゃ, 同じ部屋, 同一ように, 同様な, 問答を, 喋舌って, 夜も, 大蔵の, 夫婦で, 夫婦に, 宇乃は, 巡査と, 差しで, 思いつめて, 息子には, 意見を, 戦って, 拙者とは, 散歩しよう, 暮しましょう, 楽しく話, 此の, 歩いて, 相棒の, 私の, 結婚する, 花世の, 藻とは, 行き来が, 親密に, 角屋の, 訣れてから, 話して, 近づきに, 遊びに, 重吉とは, 馴染んで, 馴染んでから, 龍平の

▼ おまえ~ (96, 1.5%)

2 の力, は

1 [92件] がいくら, がそれ, が奉仕, が戦国, が敵, が武家, が預言, だ, だけが助かっ, で保護, なら知って, には人間, には判らない, には叔母, には気の毒, にまで心配, にもいろいろ, にも固く, にも恩賞, にも褒美, にも饗宴, に何, に分る, に取っ, に殺されれ, に風流, のいのち, のお父さん, のため, のよう, の世話, の仲間, の住む, の作る, の再生, の婚礼, の子, の年齢, の心, の手, の時代, の歯, の滅亡, の為, の生命, の養育料, はいずれ, はおまえ達, はかまわず寝, はここら, はそこ, はそこら, はだまっ, はどこ, はなん, はほか, はまた, はみな, はもう, はやはり, はわし, は一間, は人間, は以前, は何, は元々, は力, は幼かっ, は幾歳, は持場, は死罪, は相当, は知らない, は自分, は趣味, は退っ, は退散, は酒, は阿闍梨さま, まで村重, もその, もねむれない, も主命, も剣, も大勢, も戻れ, も知らぬ, も覚え, よりも確か, をあわれみ導い, を呼ん, を疑う

▼ おまえには~ (75, 1.2%)

2 分からないん

1 [73件] お恵み, きのう一スー貸し, こがねも, こたえるだろう, この鉛筆, こんな工合, さらに第, そうは, それが, そんなこと, ただこ, たのみが, ちゃんとした, ちゃんと察し, ちょっと意外, できないよ, できるかい, どうしても学資, なにか変わった, はじめてだった, ひどいめ, また一つ, まだとてもできない, まだ分るまい, まだ胆, もうこんな, わかって, わからないかも, わからなかった, わからんこと, わからんだろうな, わかるか, わかるまい, わかるまいが, わかるまいけれど, わしの, キリストが, パンという, リキュールを, 何か, 何を, 優しい亭主, 内治, 分るまい, 分るまいが, 別に頼む, 十六人の, 吉野太夫の, 夜の, 家が, 少し変, 平凡と, 後を, 御厨の, 思案が, 意地悪と, 新しい問題, 早く起き, 歩くこと, 母親なんか, 気の毒だ, 特別に, 生きて, 目の, 私が, 納得が, 聞えない, 衣せる, 親切であった, 誰も, 重たすぎよう, 難しかろう, 面白くあるまい

▼ おまえ~ (71, 1.1%)

3 はどこ 2 つもりたいよう, にこれ, の仲間, は

1 [60件] が, がここ, が可愛い, が泣く, が運ん, だか, だけか, だちかい, にはもう, にはやれない, にも分け, にも親, にわかる, に科, に譲っ, に買わせ, に預けた, のせい, のよう, の仕業, の体内, の手, の望み, の父, の知った, の祖父, の親分, の顔, はいつ, はこの, はさっそく, はそろそろ, はどう, はみな私, はみな重傷者, はわし, は何, は北郷, は幼い, は従来どおり山畑, は村, は盗人, は足, ふぜ, まかせの, までが, までがめそめそ, もいっしょ, もすでに, もずいぶん, もその, もとっくり, もまだ, も勝手, も小屋, も腹, を呼ん, を大きく, を見つけたら, 知って

▼ おまえにも~ (36, 0.6%)

2 それは

1 [34件] いろいろあきらめ, お世話に, くれて, ずいぶん迷惑, だれにも, どんなにこころぼそく, もう時間, よくわかっ, よろしく, わかったわけ, わかって, わたしは, 会うね, 伝えて, 何か, 分るよう, 判ってるだろうそれ, 努力の, 合点が, 同じ祟り, 小判の, 彼を, 時節が, 用は, 神の, 聞えるだろう, 聞こえるかい, 色男でも, 若しそんな, 言っとくよ, 選挙権が, 防腐剤を, 飲ませて, 餌を

▼ おまえ~ (28, 0.4%)

2 は何

1 [26件] どうして生きる, に慈悲, のうち, のほんとう, の亡父行高どの, の子, の後見, の心づくし, の想像, の本心, の着, の首, はいう, はおそろしい, はひとえに, はまず, はみな曹操, は緑林, は謀叛, は身, も夜昼, も集まっ, をただ, をゆるし, を倖, を命

▼ おまえから~ (26, 0.4%)

1 [26件] お願い申せ, きょう限り暇を, そんなことば, そんな物, だに, もらうこと, よく皆, 一ツお願いし, 一物を, 何の, 取ること, 営内の, 昨日の, 毎日新聞を, 永久に, 胸に, 舞えと, 色仕掛けに, 見れば, 親方に, 言うこと, 話して, 足止めを, 送って, 逃げ去ったの, 離れれば

▼ おまえみたい~ (23, 0.4%)

3 なばか

1 [20件] なできそこないの, なやつ, なチンチクリン, な下っ端, な下劣, な井, な婦人, な子, な子供, な小さな, な小娘, な小胆者, な男, な素人, な辛抱, な野育ち, にそう, に京都, に小さい, に帰る

▼ おまえさま~ (21, 0.3%)

1 [21件] が鉄漿, ご自身, すらもう, とは一つわらじ, に捨てられましたら, のお, のため, のゲエ, の家, の腑甲斐, はおれ, はこの, はどう, は偽者, は尊い, は手出し, ばかりが操, も何, をだい, を追いださなく, 捕つかめえて

▼ おまえ~ (20, 0.3%)

3 のお 2 のこと, のところ

1 [13件] がた, がわずらい, がわずらっ, が好ん, というお方, に一目, の噂, は, はわたくし, は天府, へ便り, もあの, を一目

▼ おまえ一人~ (19, 0.3%)

2 では

1 [17件] がどうして, が男, が頼り, ぐらいわしら, じゃあちっと, でゆけ, で考え, で行く, にえ, の問題, の愛, の所有物, の素質, を入れる, を目指す, を胸, 無智

▼ おまえさんたち~ (18, 0.3%)

2 よりももっと

1 [16件] がいくら, にその, にたのみます, に愛, のお, のほう, のほしい, の時計, の知らない, の頭, はどこ, はのん, はバルブレンさん, は北, は江戸, は臆病

▼ おまえこそ~ (17, 0.3%)

1 [17件] あの薬, いいかげんな, いったい何者, いったい何者だい, おれが, その鎧櫃, どうした, もう少しどうにかならぬ, われわれ二人の, 与茂七さん, 何する, 何を, 名を, 大馬鹿, 気狂いだ, 現在わたしと, 生意気を

▼ おまえだって~ (17, 0.3%)

1 [17件] あまりじゃ, いまに, こんなとこ, こんな処, すすんで, まさか私, もう十八, よそへ, りっぱな, 分って, 好きで, 平気そうな, 武蔵様だって, 泣いてるくせ, 知りきって, 私の, 聞いてるだろう

▼ おまえがた~ (15, 0.2%)

1 [15件] こそ深夜, には分, に分け, のそば, の代わり, の休み場, の顔, はあの, はけっして, はよく, は久々, は何, は幽霊, は私, も精いっぱい

▼ おまえだけ~ (14, 0.2%)

2 だよ, 眼が 1 いって, そっと入れ, そんなふう, でしょう, でなくヤコブ, なの, なん, 早く落ち, 残って, 着物き

▼ おまえさん方~ (11, 0.2%)

2 は何 1 の云う, の口, の探す, はお, はさっき, は今回大阪監獄署, は今夜, は行儀, へこの

▼ おまえじゃ~ (11, 0.2%)

3 ないよ 2 ないか, ねえか 1 いかん奈都子, ないおまえ, ない御, なくて

▼ おまえとは~ (11, 0.2%)

1 [11件] あんなこと, おまえの, お別れ, 久しいなじみ, 今どんな, 似て, 同郷らしい, 幾つちがいだ, 話を, 違って, 離れまい決心

▼ おまえさん達~ (10, 0.2%)

1 が繋がっ, はいつも, はそこら, は今, は唯, は竜濤寺, は青蛙神, は馬喰町, を嚇, を救っ

▼ おまえ~ (9, 0.1%)

21 おまえが, おまえだった, からよかっ, から知らない, な, んびらや, ッて

▼ おまえどこ~ (9, 0.1%)

2 の子 1 かそこら, かへ行く, かへ逃げ, が厭, にしまった, に遊ん, へ行く

▼ おまえ自身~ (9, 0.1%)

1 かそれとも, から身, がモスクワ, が人間, でやぶい, で開け, は肚, もあの, もこの

▼ おまえでは~ (8, 0.1%)

1 この刀, ないう, ないか, ないこの, なかった, まったく気ちがい, よくわからぬ, 役に

▼ おまえという~ (8, 0.1%)

2 ものを 1 のは, ものが, 人間と, 呼びかた, 羅馬王家の, 者を

▼ おまえどう~ (8, 0.1%)

2 したの, したん, する気 1 したという, するつもり

▼ おまえなら~ (8, 0.1%)

2 そうする 1 この海, その気, とてもそうは, なあにどこの, ばおじさん, ひじの

▼ おまえより~ (8, 0.1%)

1 するもの, ずっと前, ちっと物知り, ほかには, もっともっと学問, よほど強い, 働くもの, 小さいとき

▼ おまえこの~ (7, 0.1%)

1 仏像を, 子が, 子守唄を, 巾着ッ切さんに, 手紙を, 爛漫と, 穴から

▼ おまえその~ (7, 0.1%)

1 うちを, おきんという, お金が, ときは, へんの, 文字春という, 時は

▼ おまえなんか~ (7, 0.1%)

1 いくらかかっ, かないっこない, もう帰っ, 一人ぼっちで, 一体どんな, 殺しゃしないよ, 知って

▼ おまえひとり~ (7, 0.1%)

1 だ, でこんな, では運ばれぬ, で夢, で町, で逃げ, に任せなけれ

▼ おまえ行っ~ (7, 0.1%)

2 てきめ 1 てくれる, てしらべ, てよく, て始末, て御覧

▼ おまえさんどこ~ (6, 0.1%)

1 からきた, のいぬ, へいっ, へ行きなさる, へ行く, を見てる

▼ おまえだけは~ (6, 0.1%)

1 乗せて, 天使の, 教えて, 笑ったり, 笑わないね, 親友だ

▼ おまえだった~ (6, 0.1%)

3 のか 2 のだ 1 のいま

▼ おまえとの~ (6, 0.1%)

1 ために, 仲も, 兄弟の, 結婚ロマンス, 話を, 間には

▼ おまえどうか~ (6, 0.1%)

3 して 1 したの, すると, 頼むから

▼ おまえどうして~ (6, 0.1%)

2 来たの 1 あすこを, あの連中, ここへ, やるもの

▼ おまえなんかに~ (6, 0.1%)

1 たのしまれて, つかまるもの, わかって, 天下の, 慰めて, 用は

▼ おまえ~ (6, 0.1%)

2 とこの 1 うちへ, だろう, ちのおとうさんは, ところの

▼ おまえおれ~ (5, 0.1%)

1 に喧嘩, のうち, の女房, の親父, はおれ

▼ おまえさんがた~ (5, 0.1%)

1 につかまりっ, の欲しい, はいずれ, はどちら, も間

▼ おまえさん何~ (5, 0.1%)

3 をする 1 か探し, をそんなに

▼ おまえたち二人~ (5, 0.1%)

1 がアザラシ, だけで行っ, とくに男の子, のうち, の生活

▼ おまえなんぞ~ (5, 0.1%)

1 いつまで, おしゃべりより, なにも, 小さくなっ, 雑兵では

▼ おまえまでが~ (5, 0.1%)

1 おれを, お父, こんなめ, そんな告げ口, 女房の

▼ おまえ~ (5, 0.1%)

1 がちがった, が立っ, でもちがった, にする, は確か

▼ おまえ見た~ (5, 0.1%)

3 かや 1 か, かい

▼ おまえ~ (4, 0.1%)

1 仏壇が, 冬の, 半長右衛門なんて, 連れし

▼ おまえ~ (4, 0.1%)

1 きさま, ゆうべは, 泣き虫の, 隣家の

▼ おまえくらい~ (4, 0.1%)

1 だったろうかね, な妙齢, 人を, 怠ける髪結

▼ おまえここ~ (4, 0.1%)

1 にいた, におっ, にこう, へ掛け

▼ おまえさんそれ~ (4, 0.1%)

1 はほんと, はよく, はわし, よりかいな

▼ おまえさん一人~ (4, 0.1%)

1 では, で奢る, なの, を置き去り

▼ おまえそれ~ (4, 0.1%)

1 はほんとう, は本気, をなぜ, を気づかなかった

▼ おまえなんぞに~ (4, 0.1%)

1 止められて, 聞いて, 言うこと, 買われると

▼ おまえにゃ~ (4, 0.1%)

1 あちょうど, あ廓, 九目だ, 目の

▼ おまえに対して~ (4, 0.1%)

1 それは, 僕が, 口に, 恥ずかしげ

▼ おまえはね~ (4, 0.1%)

1 おれとの, この森, どこも, プール

▼ おまえ~ (4, 0.1%)

1 大蔵の, 女子供, 子供たちを, 次郎には

▼ おまえ~ (4, 0.1%)

2 をする 1 じゃ, を笑っ

▼ おまえあれ~ (3, 0.0%)

1 と朋輩, に会う, は月

▼ おまえこれから~ (3, 0.0%)

1 は自分, 世界中を, 無闇と

▼ おまえさえ~ (3, 0.0%)

1 いて, いれば, よければ

▼ おまえそんな~ (3, 0.0%)

1 事は, 怖い顔, 黙ってなんか

▼ おまえたいそう~ (3, 0.0%)

1 くわしいな, もなく, 上き

▼ おまえたち兄妹~ (3, 0.0%)

1 に引合せる, の総代, を養育

▼ おまえたち領民~ (3, 0.0%)

1 がお, の心, をむごたらしい

▼ おまえでも~ (3, 0.0%)

1 ないくせ, よかろう, 役に立つぞ

▼ おまえとも~ (3, 0.0%)

1 これが, 久しい馴染み, 会わないからね

▼ おまえなどは~ (3, 0.0%)

1 同い年で, 父が, 知らないでも

▼ おまえなんぞは~ (3, 0.0%)

1 来るん, 気の, 牢へ

▼ おまえにだって~ (3, 0.0%)

1 わかりそう, 分るだろ, 同じこと

▼ おまえにとって~ (3, 0.0%)

1 不幸な, 何より幸福, 帰って

▼ おまえにとっては~ (3, 0.0%)

1 まったくの, 何より大切, 神様の

▼ おまえに対する~ (3, 0.0%)

1 わたしの, 情熱は, 答えは

▼ おまえばかり~ (3, 0.0%)

1 でなく鶏ちゃん, では, でも

▼ おまえよく~ (3, 0.0%)

1 お辞儀を, 知って, 知ってるね

▼ おまえよりも~ (3, 0.0%)

2 私の 1 年を

▼ おまえ一人っきり~ (3, 0.0%)

2 なん 1 に何もかも

▼ おまえ~ (3, 0.0%)

1 かんかん虫, もうひとこと, 親方んだって

▼ おまえ何処~ (3, 0.0%)

1 から来た, の子, へ行く

▼ おまえ~ (3, 0.0%)

1 でもみた, でも見, でも見た

▼ おまえ知っ~ (3, 0.0%)

1 ている, ているだろう, ておい

▼ おまえ~ (3, 0.0%)

1 の気もち, の釵, をおぶう

▼ おまえ間違っ~ (3, 0.0%)

3 てはいません

▼ おまえあっ~ (2, 0.0%)

1 てあたし, てのお

▼ おまえあの~ (2, 0.0%)

1 ぴかぴか光る, ヴァラームの

▼ おまえぐらいの~ (2, 0.0%)

1 年ごろで, 年輩で

▼ おまえこのごろ~ (2, 0.0%)

1 やっと世間, 買わないな

▼ おまえこれ~ (2, 0.0%)

1 をあげる, を持っ

▼ おまえこわい~ (2, 0.0%)

1 のか, ものだ

▼ おまえさんここ~ (2, 0.0%)

1 にいたけれ, にたくさん牛

▼ おまえさんルミさん~ (2, 0.0%)

1 かい, かえ

▼ おまえじゃあ~ (2, 0.0%)

1 なかった, 甲府の

▼ おまえずいぶん~ (2, 0.0%)

1 大きくお, 長いあいだ東京

▼ おまえたちおれ~ (2, 0.0%)

1 のため, はずっと

▼ おまえたちこいつ~ (2, 0.0%)

1 をひんむい, をシーツ

▼ おまえたちふたり~ (2, 0.0%)

1 がそば, への同情

▼ おまえたち四人~ (2, 0.0%)

1 で明智, の命

▼ おまえだけが~ (2, 0.0%)

1 女じゃ, 特にかくかくの

▼ おまえだけを~ (2, 0.0%)

1 こんなに小さい, 恋しい形見

▼ おまえだれ~ (2, 0.0%)

1 だね, なの

▼ おまえちょっと~ (2, 0.0%)

1 わたしの, 手を

▼ おまえ~ (2, 0.0%)

1 あそこの, んだ

▼ おまえなかなか~ (2, 0.0%)

1 いけるねえ, インテリだ

▼ おまえなぞ~ (2, 0.0%)

1 の知った, 知るめ

▼ おまえなどに~ (2, 0.0%)

1 会って, 頼んで

▼ おまえなに~ (2, 0.0%)

1 しに, をする

▼ おまえなん~ (2, 0.0%)

1 だってそんな, でもわたし

▼ おまえなんだか~ (2, 0.0%)

1 うれしそう, 賊を

▼ おまえはな~ (2, 0.0%)

1 さっき店の, たゆまず思い起こさねば

▼ おまえはなんて~ (2, 0.0%)

1 器用な, 弱ん坊

▼ おまえほど~ (2, 0.0%)

1 おれが, 口やかましい女

▼ おまえほんとに~ (2, 0.0%)

1 いいの, 済まないよ

▼ おまえまで~ (2, 0.0%)

1 こんなところ, 言いつけ口

▼ おまえをも~ (2, 0.0%)

1 幸福に, 殺そうと

▼ おまえ今夜~ (2, 0.0%)

1 も休む, 泊まって

▼ おまえ今日~ (2, 0.0%)

1 は商い, も一つ

▼ おまえ地下室~ (2, 0.0%)

2 へ行った

▼ おまえ~ (2, 0.0%)

1 にゆく, をもらったら

▼ おまえ幾歳~ (2, 0.0%)

1 じゃ, になる

▼ おまえ御苦労~ (2, 0.0%)

1 だが, でも案内

▼ おまえ早く~ (2, 0.0%)

1 かえって用意, 行って

▼ おまえ本当に~ (2, 0.0%)

1 するかい, どこへ

▼ おまえ~ (2, 0.0%)

2 れるかい

▼ おまえ源こう~ (2, 0.0%)

1 だな, っていうの

▼ おまえ知らない~ (2, 0.0%)

1 か, かえ

▼ おまえ行つて~ (2, 0.0%)

2 きめて

▼ おまえ達二人~ (2, 0.0%)

1 のこと, のほう

▼1* [356件]

おまえあいつに向かっ, おまえあしたはゆっくり, おまえあすこへ行っ, おまえあたしの親, おまえあちらの方, おまえあんまりという, おまえいくら歯ぎしりした, おまえいってくれる, おまえいつのまにそんなにうまくなった, おまえいまではきっと, おまえうちは米屋, おまえおいらは薄情, おまえおなかがすいたろう, おまえお母さんが憎い, おまえお袋さんの薬, おまえお送り申して, おまえかい夕方扇屋の, おまえからの便りが, おまえからもすすめて, おまえからようく言伝, おまえがた二人が父親, おまえがと小声に, おまえがな大阪市長なんて, おまえのどくだ, おまえきっとうけあうか, おまえきょうも仕事, おまえきょう非番だろう, おまえきりだから, おまえきんの口, おまえくそッ, おまえくりねずみといったの, おまえくわの葉, おまえぐらいな年の, おまえこういうものを, おまえこないだっからおじさん, おまえころされるよ, おまえ両親に, おまえごくろうだ, おまえご飯は, おまえさきにお, おまえさんあしたからお, おまえさんいくつにお, おまえさんおいらがだれだ, おまえさんお礼もたっぷり, おまえさんたちねこをいじめた, おまえさんたちふたりはあの, おまえさんなんの用なの, おまえさんばかだよ, おまえさんほんとうに長之助, おまえさんゆうべみたいに引っこみ思案, おまえさんら二人の相談, おまえさんわたしの所, おまえさんダンスに行ったら, おまえさんマッチを出しなさい, おまえさんルミだね, おまえさん二斤におしなさい, おまえさん二階だろう降りて, おまえさん今までどこ, おまえさん今夜出られないの, おまえさん仲間のこと, おまえさん何処へ行く, おまえさん何歳になる, おまえさん先へおいで, おまえさん先月の初旬, おまえさん取調べに来た, おまえさん外の高張提灯, おまえさん寡夫かい, おまえさん往って来る, おまえさん心当たりはない, おまえさん支度は, おまえさん方夫婦の身の上, おまえさん旅へゆきなさる, おまえさん朝っぱらから飛んだ, おまえさん橋を渡っ, おまえさん正直そうな顔, おまえさん歩をお, おまえさん毎日行くん, おまえさん気分がよく, おまえさん町内へ帰る, おまえさん病院をまちがえた, おまえさん目あきだね, おまえさん耳の方, おまえさん自分のうち, おまえさん裁判のほう, おまえさん近ごろなにをし, おまえさん達二人はどう, おまえさん金沢へは何日, おまえさん鬼の図, おまえしばらく相手を, おまえぶんの, おまえじきかぜをひく, おまえじゃねえおれが, おまえすきだろう, おまえすべてだよ, おまえそこはいい, おまえそばはすき, おまえそれでもいいか, おまえそんなに力を, おまえアちがわ, おまえただどなり込んで, おまえたちここはま, おまえたちそこからよく, おまえたちのはたくさん, おまえたちみな出て, おまえたちみんな挽き肉にし, おまえたちみんな頭をばりばり, おまえたちめいめいに森, おまえたちスターて何だか, おまえたち一ばんから六ばん, おまえたち三人のくびもとぶのだよ, おまえたち何の科, おまえたち兄弟は孔明, おまえたち先輩の頑固さ, おまえたち奥へいっ, おまえたち奥さん連ばかりで, おまえたち姉妹も同罪, おまえたち子ども二人で雌牛, おまえたち庶民を守る, おまえたち成金の奴, おまえたち手を出し, おまえたち本村の八幡さま, おまえたち母子をうたがっ, おまえたち気がつかなかった, おまえたち生命のやり取, おまえたち甲板のうえ, おまえたち腹が減っ, おまえたち自身の或いは, おまえたち萱の穂, おまえだいじなお宝じゃ, おまえだけでも私を, おまえだけに目が, おまえだけのことで, おまえだろう口笛を, おまえだわかってもくれ, おまえちょいと枝折戸, おまえつかれている, おまえかけないの, おまえであったらこんなに先生, おまえであるか, おまえでさえ嫌って, おまえでないか, おまえでなくてやつ, おまえとかいうほどの意味である, おまえとこにはいりたい, おまえとってくれぬ, おまえとてもそのまま黙って, おまえとなりへつれ, おまえとにかく自分も, おまえどうぞ私の, おまえどこぞのお客さま, おまえどころじゃない, おまえなかよしだったおまえ, おまえなぜわらわない, おまえなぞにそんなやさしい, おまえなぞをわが子と, おまえなどとは行く道, おまえなどの持つ時計, おまえなどまでもそんな事, おまえならではそれ, おまえならもらってみせる, おまえなら間に合うかもしれない, おまえなんかの来る場所, おまえなんかもなにかいい, おまえなんざ役不足だ, おまえなんぞが行ったって, おまえなんぞの出る幕, おまえなんぞを恐れは, おまえなんて大きくお, おまえなんというたって, おまえにだけは云う, おまえについて来るため, おまえになんか教えて, おまえによってわたしの, おまえにんにく灸はどこ, おまえねぼけてたんだろ, おまえねむってはいなかった, おまえのうでの力を, おまえはぞんさいな, おまえはねないんだ, おまえはよう来ました, おまえはんのいなか, おまえばかりが女では, おまえばかりとおまえを, おまえばっかりかいな, おまえひとつ出かけて, おまえひとつ試合を申しこん, おまえへそくりを三両, おまえへの恋の, おまえほどの男前の, おまえぼくの幸福, おまえまけたらいかんぞソンキ, おまえまさか明智に, おまえまたゆうべ忘れた, おまえまだそんな所, おまえむすめは, おまえもうお嬢様にな, おまえもう一度くだって, おまえもぐってみろ, おまえもと言って, おまえものを知らねえ, おまえもはや十六歳たしか, おまえやってごらん, おまえやれはやくせい, おまえよそ行きのやぶいり, おまえよりはそれは, おまえらうちのコト, おまえらしくもない, おまえらなにを役所, おまえらふたりがしゃべりだしたら, おまえらふたり十五郎に化け, おまえら十八人のうち, おまえら口がきける, おまえら四人きりか, おまえら土左舟のうち, おまえら山荘の召使, おまえら手わけして, おまえら朝早いのう, おまえら枕元で馬鹿騒ぎ, おまえら自身の守り, おまえざとあんなことをしたんじゃないの, おまえわからないと, おまえわしの顔, おまえわたしがまっすぐ, おまえわたしたちといっしょ, おまえジェロームの言った, おまえドッコイあなたの行末, おまえヘソ曲りなこと, おまえラップランドってどこ, おまえヴァルセではなに, おまえ一人きりだからな, おまえ一人位はどう, おまえ一体生意気だ, おまえ一度も来た, おまえ一緒に行っ, おまえ一足さきに吉原, おまえ七之助に頼まれ, おまえ久子だって六年生, おまえ亡びて一日, おまえ今夜秀八に金, おまえ今晩あたりうれしいこと, おまえ今書において天下, おまえ代って裂い, おまえ代りにここ, おまえ以外の者, おまえ保証人はある, おまえのこと, おまえ個人が生きがい, おまえ停車場へ行く, おまえに独り, おまえ六年のあいだ, おまえ内密で, おまえておくれ, おまえ叔母さんの話, おまえ可愛い奴だ, おまえ右大臣家をお, おまえ名前を覚えたろう, おまえ坊さんになった, おまえ坑夫になりたい, おまえ売り飛ばすつもりな, おまえ大丈夫かえと, おまえ大人になった, おまえ大変なこと, おまえ大庭さんがギュウギュウ質問, おまえ大西博士を知ってる, おまえが読める, おまえ学校へゆきたいだろう, おまえ安心して, おまえ宮本へつれ, おまえの仕事, おまえ寒いか, おまえ寒くはない, おまえ寒ければかまわない, おまえ巾着切かえ, おまえ帰ってくれ, おまえ帰ろうってどこ, おまえからおいで, おまえ後生だから, おまえ心配して, おまえ故郷はどこ, おまえ料簡違いだよ, おまえ新しいお客が, おまえ方匹夫ずれが指, おまえ方夫婦をよほど, おまえ日記をつけ, おまえ明日を待つ, おまえ昨日あの女, おまえ書いてくれ, おまえ本当のところ, おまえから里, おまえ案内して, おまえが見える, おまえ様がたはお, おまえ正体がわかったろう, おまえ正気でそんな, おまえのこと, おまえ毎日見世へ出, おまえをかい出す, おまえ決してうっかりした, おまえ沢庵様の後, おまえ泣いたりなんかし, おまえ泣いてるネ泣いてる, おまえ泣き上戸に, おまえ泰二じゃない, おまえ生きてたのか, おまえ産婆さんとこへひとっ走りいっ, おまえ甲斐の信玄, おまえまでわしゃ九十九, おまえ直ぐに白壁町, おまえ知らねえじゃねえ, おまえ知らんのか, おまえ秀吉様をはじめ, おまえは福慈, おまえ篠原さんへはいる, おまえ篤胤先生のおれ, おまえ老いぼれたな, おまえ考えている, おまえがない, おまえがどきどき, おまえを煮てる, おまえ自身頑な現実, おまえ船頭でわし, おまえ花札でバクチ, おまえ芸妓になった, おまえ英語がしゃべれる, おまえをのん, おまえ蝶子なるもの, おまえへいっ, おまえにかぜ, おまえ違いじゃ, おまえ見届けに行く, おまえ言っておくれだ, おまえ証人に立っ, おまえ話したのか, おまえ誰袖に頼まれ, おまえっているか, おまえ警官のピストル, おまえ賢二じゃない, おまえ近ごろはなに, おまえ追い出されて来た, おまえ逃げて来た, おまえ逃げるんだ, おまえ透明人間にでもぶつかった, おまえ達ふたりに預ける, おまえ達みたいな町人根性, おまえ達何して, おまえ達自身を欣, おまえ郵便報知という, おまえをし, おまえ鉄砲の音, おまえ隠しちゃあいけ, おまえをふところ, おまえを赤く, おまえ飛行機乗りは見張り, おまえ食べないかい, おまえ食事は済んだ, おまえもって