青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おばさん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おと~ おとうさん~ おとなしく~ おなじ~ おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~
おばさん~
おぼえ~ おまえ~ おまけ~ ~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~ おやじ~ およそ~ および~

「おばさん~」 1350, 15ppm, 7662位

▼ おばさん~ (265, 19.6%)

19 ところへ 7 魂魄が 5 ところで 3 家で, 顔を

2 [21件] いうこと, いるとき, こと, ことだ, とこに, ような, 世話を, 亡骸が, 家だった, 家に, 家は, 家へ, 家を, 屍体を, 帰って, 方が, 死体が, 目を, 話に, 身体が, 面は

1 [186件] あとは, あとを, あれ面, いうよう, いったこと, いったとおり, いとこに, いないとき, うちには, お世話に, お化けが, お家も, くどくど言う, こってりした, ことが, ことを, こと思い出し, ご主人, ご亭, しなだれかかって, しゃべるの, すぐま, すみれの, そばに, そばへ, つめたいごつごつ, でなくて, とこの, ところへでも, どこが, はいって, はそれ, ひざに, ほうを, ようで, ように, わかいとき, イヤな, ヌカ味噌, 一日の, 三味線に, 下駄が, 丸くなっ, 主人に, 事なぞ, 二人が, 二番目の, 云うの, 云うよう, 亡霊が, 人形を, 入れられた寝棺, 全盛時代は, 内で, 内の, 内を, 内職の, 処で, 処へ, 前で, 前に, 前身だった, 助手としては, 台に, 名前なんぞを, 呼び声を, 命令が, 坐って, 墓に, 墓を, 声だ, 夢を, 夫で, 奇妙な, 好きだった, 姿が, 姿を, 子供さんは, 室へ, 室みたいに, 家が, 家だ, 家などに, 家の, 寝かされて, 居る所, 屍体の, 屍体は, 帯の, 幻像が, 幽霊としては, 店で, 形見の, 役に, 待てと, 待遇ぶりで, 後嗣に, 御馳走, 思いが, 思い出などは, 恨みが, 意外な, 感じだった, 所に, 所へ, 所まで, 所在不明, 手から, 手だ, 手を, 手紙に, 故郷という, 敷布を, 方から, 方じゃ, 方に, 方の, 方は, 方へ, 方を, 最後の, 最期の, 棺桶を, 様子を, 横に, 死の, 死体は, 死体を, 死面の, 死面を, 焚き残した火, 焼かれ跡, 焼灰, 焼跡である, 生立を, 用事を, 男妾として, 病気見舞に, 目には, 真上に, 着て, 着る着物, 着物に, 着物を, 祟りかも, 祟りという, 立前に, 耳の, 肉体が, 腕前は, 良人を, 蔭から, 薬を, 親切に, 記念が, 記念の, 記念ばっかりは, 記憶で, 許まで, 諒解が, 貯金を, 贈物だらう, 足の, 身体か, 身体から, 身体そのものは, 身体中の, 近代生活に, 返事から, 逼塞も, 遺物である, 長煙管, 随分世話, 隣りに, 面から, 面が, 面影, 頭に, 顔の, 食い辛棒, 首の, 首を, 魂魄だけ, 魂魄は, 魂魄を, 魂魄今度こそは

▼ おばさん~ (258, 19.1%)

3 主人が

2 [11件] いい人, いた, いつもの, しっぽを, その晩, ぼくの, イヤな, 主人の, 心配し, 気が, 長火鉢の

1 [233件] ああし, あの意味, あの通り衣裳, ある公証人, あれで, いいました, いい加減な, いきかけてから, いくつだった, いっきに床, いって, いってから, いつかこれと, いつも手内職, いつ名古屋, いなかの, うしろから, うれしそう, おきき, おそろしさ, おっしゃいました, おばさんだ, おやじの, おれい, お千代, お家へ, お礼を, お糸, お金持つてない, きいた, きっと今夜, きょうフョードル・チモフェーイチの, きょ年, くすくす笑っ, くびをふって, この≪天才≫, この叫び声, この言葉, これも, こわいおばさん, こわかった, こんどの, こんどは, さくを, さっさといっ, さっそくヴォローヂャ, ざるに, ざるの, じぶん, すこしでも, すべて命令ずくめで, そう口, そなた, その店, そりの, そりゃ上手, それから男の子, それで, それに, そんな人, たいそうかわいがっ, たいそう怒っ, たのみました, たらいに, だから発声運動, だめを, だんだんおち, だんだんひざ, ちり一つ見のがさない, とびあがった, どうしてこんな, どこかしら, どこかの, どんな人, なおるまで, なかなかしっかりした, なかなかものの, にこにこし, にっこりうなずいた, ねこが, ねこの, ねこを, はじめの, はたらきに, はっと思いだした, びっくりし, びっくりしました, ふふふと, へやには, ほめて, ほんとうに, ぼくらの, ぼくを, またかという, また私, まだ病気, みるみる鬼, みんなが, みんなを, むりに, もと待合, やみの, やみを, よい人柄, よう働い, よけいこわく, わたしに, わたしの, イワン・イワーヌィチの, カバンから, ニヤニヤと, ルーズな, ローリイから, 一時間おくれ, 一糸も, 上手だ, 不服らしく, 中曾夫人, 中村の, 主人に, 二三日うち島へ, 人の, 今まで, 体を, 何だか私, 何だって, 何も, 俊夫君の, 信一の, 俺たちが, 僅かに, 僕たちに, 別段に, 取引所の, 吉野太夫っていう, 吐息を, 善吉に, 喜んで, 外へ, 夜更けを, 大きなざる, 大通りへ, 女だ, 始めから, 娘の, 嫌いな, 子供が, 子供だけは, 子供ッぽい, 客間へ, 家へ, 家政婦さんか, 寝間着に, 尋ねました, 小さなふと, 小言一つ云わない, 少しも, 帰って, 帰りに, 年よりの, 店を, 彼の, 御病人, 心よく, 忘れて, 怖い目, 思わず身ぶるい, 急に, 悪い, 悲しそう, 意味あり, 我が意, 手に, 政ちゃんと, 政ちゃんに, 政ちゃんの, 暗い窓, 朋子に, 朝顔の, 松江を, 楽しかった, 正岡子規の, 此処の, 死んで, 死際に, 毎日昆布の, 毎日石榴の, 気に, 決心した, 洗濯物を, 浜子さんの, 涼みながら, 炊立の, 焼跡の, 片手に, 犬と, 現実に, 畑を, 病人の, 目が, 目を, 相変らず肥っ, 眉を, 知つてゐなさる, 禿の, 私が, 私と, 笑った, 笑って, 終いを, 罪という, 聞きました, 船に, 茶の間に, 要さんの, 親切でした, 観音さんみたいな, 言った, 話を, 誰か, 買った肉, 身ぶるいを, 近所の, 通用ッていうの, 道の, 部屋の, 鎌を, 音楽を, 頬の, 頭を, 顔色を, 骨休めに, 鼻を

▼ おばさん~ (186, 13.8%)

4 出て 3 住んで 2 して, わたしの, 一人で, 何か, 居ますから, 通る

1 [167件] あしたお, あなたの, あのトラクター, あわてて, あんなこと, いた, いった, いつに, いねむりをなさっているあいだにじっと, いねむりをはじめたのでおばさんが, いら, いらっしって, いるの, うまかった, おなくなり, おばし, おまえを, おもしろい話, おやつ, お留守番, お祭の, お茶を, かわいそうでなりません, かんべんし, がっかりし, きかして, きせて, きみ子さんを, けさその, こっちへ, これほど, さけんだ, ざるを, そのおばあさん, その代り, その藤舎芦寿賀, それから, それを, そんな風, ただエルリング, たづね, だっこし, だらしの, とても叱った, とらえられたよう, どうしてそんな, どうしても東京, どうの, どれだけ, どんなに優しく, なおいや, にこにこし, ねこの, ねむって, はいって, びっこをひきながらはいって来なかったら, ふろしき包みを, ほんとうに, ぼくらの, まだ慄, まっさ, まっさおに, もうかなり, もろくも, やかましいよ, やつて, よくこれ, わたしたちに, わたしに, イヤな, カヅ子という, シンに, ヒヨコリと, ボンヤリと, メソメソ泣き出し, 上から, 不審がった, 不意に, 中洲の, 云う, 云ったこと, 云ってたよ, 今の, 今日キッスし, 余りお, 優しくわたし, 全権委員の, 凍え死んじゃ, 出されるもの, 前から, 前掛, 化粧箱を, 南さんに, 可愛がっ, 同伴し, 向うの, 呼んだ, 声を, 夕刻から, 大あわて, 封筒を, 居ないん, 居合わせて, 帰って, 帰るとき, 引っ切り, 引取りやした, 心配なさらなくっ, 急に, 恋しくなっ, 息を, 或日向島, 手を, 持ち他, 挙げられたでしょう, 日本橋区へ, 昆布巻きする, 昼寝を, 暮して, 最も強硬, 木挽町だ, 束に, 来た, 来たよ, 来て, 来られて, 来られんよう, 殆ん, 江戸へ, 溺れて, 現われて, 生きて, 生垣の, 白骨で, 盃を, 目を, 私を, 窓の, 笑って, 筍を, 絢子さんの, 罨法を, 自分のね, 花束を, 苦しがっ, 蒼白いけれど, 親切に, 言いながら, 言うのに, 言った, 話されたよう, 読め読めという, 調理場から, 貧乏だ, 赤ちゃんの, 赤ちゃんを, 起きて, 起きてれば, 辛子の, 這い上って, 遺言なさる, 酒を, 鍵を, 階段を, 隠れてから, 髪を, 麦酒と

▼ おばさん~ (94, 7.0%)

5 頼んで 2 お礼を, 云って, 会ったよう, 聞いて, 違いない

1 [79件] あげるわ, あてた依頼状, あのエルリング, あれ風呂敷おとしました, いただいたのよ, お土産, お湯屋, お話ししました, お金の, この冒険, して, しても, すぐ三味線, そう告げた, そう言われ, たのんで, だっこし, つれられて, なついて, ふみつけられた自分, まかせっきり, もしおまえさん, やって, よく見せ, よその, わけの, エルリングは, チョックラ逢いたくなっ, 一任し, 一生懸命に, 事情を, 云わせると, 会うはず, 会って, 似たそれ, 何時もちアんと, 俥も, 出るよう, 出逢わせて, 分って, 分ってるん, 分る, 向かって, 呼ばれて, 大変信用が, 密告され, 恨まれるよう, 或お客様, 手を, 手土産を, 打ちだして, 教へ, 服を, 本を, 次から, 水を, 渡して, 焼いて, 煙草を, 相違なく, 着せる着物, 知らせて, 礼を, 答えられました, 聞いた, 荷札に, 見せて, 話したらひどく, 話し込まれるの, 話を, 軽蔑される, 近々しい, 逢った, 連れて, 雪責に, 頼んだそう, 願って, 食われて, 饒舌ってる

▼ おばさん~ (45, 3.3%)

2 一緒に, 呼んで

1 [41件] いい後家さん, いうから, いうほど, いって, かわります, こうして飲む, この猫, この赤ん坊, そしてあなた様, その男妾, ちいちやん, どっちが, ふうちやん, ほおずきやの, ほかの, ほぼ同格, よく気, フョードル・チモフェーイチは, フョードル・チモフェーイチを, モコウ君と, 何処かへ, 十六七の, 呼ぶでございましゅ, 呼んだり, 呼んでるひと, 喋ったの, 孰が, 或る, 手を, 敏子さんと, 歩いて, 母とは, 男妾の, 皆から, 若い人, 言いながら, 言っちゃ, 言って, 話して, 酒場を, 長年暮らし

▼ おばさん~ (37, 2.7%)

2 このごろは, 娘も

1 [33件] あちこちで, いい人, お出でに, お達者, お雪ちゃんという, このエスター, さびしい顔つき, とてもいい, なかなかの, ひどいです, びっくりしました, みんな留守な, 一人きりです, 一所に, 今の, 今日お出かけに, 因果の, 大変でやす, 女中も, 子どもたちも, 孫さんも, 少し算盤, 心から同意, 暢気過ぎる, 木戸の, 来て, 歌を, 死亡した, 浅公, 素知らぬ顔, 苅田を, 見えて, 言ったこれ

▼ おばさん~ (28, 2.1%)

1 [28件] おどかした目, つかまえて, つれて, はじめその, みました, やって, 両手で, 二階から, 凝視し, 呼び起さず或は, 呼出して, 喜ばせて, 安心させた, 座持に, 弓子の, 引っぱって, 御守り下さい, 悪漢どもの, 慕って, 捉えて, 早くたたせたい, 留めいと, 発見した, 起すの, 近所の, 追いかけたの, 連れて, 馬車に

▼ おばさんから~ (18, 1.3%)

1 [18件] からかわれて, だしぬけに, また金二十銭, わたしは, バットを, 乳が, 例の, 借りて, 大根を, 目がね, 童話の, 聞いた, 聞きましたよ, 貰つた茗荷を, 貰つて活け, 閉めだされて, 電話が, 飯を

▼ おばさんという~ (13, 1.0%)

3 のは 2 人の 1 のが, んでしょう, 人でした, 人は, 名が, 名と, 名前を, 女を

▼ おばさん~ (12, 0.9%)

21 からその, から打明け, がその, とかお, とかその, と思った, と気がついた, なン, ね, ねえ

▼ おばさん~ (12, 0.9%)

2 おじさんが 1 あれあんなに, おばあさんに, おまえも, お雪ちゃんが, 冨美ちゃんたちは, 吾家の, 娘さんに, 娘さんらしい, 花子さんも, 金吾おじさんは

▼ おばさんにも~ (9, 0.7%)

1 お礼を, ずいぶんお世話, 下し賜わらず長火鉢, 分るでしょう, 別にそんな, 少し覚え, 楽を, 用が, 笑われるし

▼ おばさんには~ (8, 0.6%)

1 あなたが, おれから, よそよそしくばかり, イヤな, イワン, モオパスサンという, 前に, 甥か

▼ おばさん~ (8, 0.6%)

1 が笑い, が表面, にとっ, にはあまり, のいる, のところ, はあれ, もポール

▼ おばさんでも~ (7, 0.5%)

1 いて, どっちでも, ないだろう, なくなって, 怖いおばさん, 気の, 頼んで

▼ おばさん~ (7, 0.5%)

1 が何, が死んだら, が行きましょう, に似合っ, のよう, は又, も今

▼ おばさん~ (6, 0.4%)

1 かねおくれよ, めえ, 土産が, 言葉では, 變り, 銚子下さ

▼ おばさんおばさん~ (6, 0.4%)

2 と言っ 1 って呼ぶ, てば, といい, 起きて

▼ おばさんあの~ (5, 0.4%)

1 ねえすみません, 人の, 子は, 水出しを, 赤いかき

▼ おばさんこの~ (5, 0.4%)

2 人はね 1 お洋服, ねこの, 本を

▼ おばさんあなた~ (4, 0.3%)

1 の噂, はすわっ, ももう, を追っかける

▼ おばさんたち~ (4, 0.3%)

1 に聞いた, は子供, もぽつぽつ, も来た

▼ おばさんだった~ (4, 0.3%)

1 なあ, のか, のだ, ひとや

▼ おばさん~ (4, 0.3%)

1 ちっちゃな赤ン坊, 中流の, 手拭を, 通して

▼ おばさん~ (4, 0.3%)

2 のだ 1 ので, のでしょう

▼ おばさんなら~ (4, 0.3%)

1 あんな奴, たった今ここ, どんなに室, 品川区に

▼ おばさんなる~ (4, 0.3%)

2 ものに 1 ものが, 福田英子氏と

▼ おばさんイヤ~ (4, 0.3%)

4 なおばさん

▼ おばさん~ (3, 0.2%)

1 という言葉, と呼ばれる, にしよう

▼ おばさんおいら~ (3, 0.2%)

1 のうち, のお, はちっとも

▼ おばさんお前~ (3, 0.2%)

1 がつれ, はなぜ, は連れ

▼ おばさんじゃ~ (3, 0.2%)

1 ないお母さん, ないか, 信用ならん

▼ おばさんだって~ (3, 0.2%)

1 たくさん夢を, 君, 家に

▼ おばさんだの~ (3, 0.2%)

1 だしぬけに, 仏頂寺弥助の, 意気地の

▼ おばさん~ (3, 0.2%)

1 にあった, へつれ, までぶじ

▼ おばさんどう~ (3, 0.2%)

1 した, したん, ですと

▼ おばさんまだ~ (3, 0.2%)

1 かい, それを, わたしあの

▼ おばさんみたい~ (3, 0.2%)

1 な金持, にお, に肥ります

▼ おばさん~ (3, 0.2%)

3 をする

▼ おばさん心配~ (3, 0.2%)

1 して, しなくても, しねえでも

▼ おばさんあたい~ (2, 0.1%)

1 の手, を頼み

▼ おばさん~ (2, 0.1%)

1 何かが, 親類は

▼ おばさんかね~ (2, 0.1%)

1 このところ, 久しぶりだった

▼ おばさんからの~ (2, 0.1%)

1 お手紙, 手紙を

▼ おばさんからも~ (2, 0.1%)

1 月々の, 聞いて

▼ おばさんきょう~ (2, 0.1%)

1 はいい, はおまえ

▼ おばさんこれ~ (2, 0.1%)

1 いつもの, を持っ

▼ おばさんこんな~ (2, 0.1%)

1 のどこに, のよ

▼ おばさんその~ (2, 0.1%)

1 人の, 留置場へ

▼ おばさんでした~ (2, 0.1%)

1 けれどそれでも, 本来は

▼ おばさんです~ (2, 0.1%)

1 から毎年, よ人

▼ おばさんでは~ (2, 0.1%)

1 ない, なく好き

▼ おばさんとこ~ (2, 0.1%)

1 に居候, に行こう

▼ おばさんどうして~ (2, 0.1%)

1 梅の, 野辺山の

▼ おばさんどうしても~ (2, 0.1%)

1 上京する, 放さなけりゃあたい

▼ おばさんどうぞ~ (2, 0.1%)

1 おかけください, お構いなく

▼ おばさんどこ~ (2, 0.1%)

1 かへいった, に居る

▼ おばさんなにか~ (2, 0.1%)

1 御用は, 是非し

▼ おばさんなんて~ (2, 0.1%)

1 いないの, まだ魂魄

▼ おばさんみた~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ おばさんもう~ (2, 0.1%)

1 おすま, 梅の

▼ おばさんわたし~ (2, 0.1%)

1 はいま, よ

▼ おばさん一緒~ (2, 0.1%)

2 に死ん

▼ おばさん今日~ (2, 0.1%)

1 から一日, は面白い

▼ おばさん~ (2, 0.1%)

1 ただなんだか, は五つ

▼ おばさん先生~ (2, 0.1%)

1 はど, は他

▼ おばさん~ (2, 0.1%)

1 ちゃいけない, て行っ

▼ おばさん~ (2, 0.1%)

1 あした来ます, すぐこっち

▼ おばさん~ (2, 0.1%)

1 は, は何処

▼ おばさん~ (2, 0.1%)

1 てごらん, て下さる

▼ おばさん死んだ~ (2, 0.1%)

1 の, のかい

▼ おばさん~ (2, 0.1%)

1 を一杯, 汲みならわし

▼ おばさん荒木さん~ (2, 0.1%)

2 のおばさん

▼ おばさん~ (2, 0.1%)

1 じゃない, で人前

▼ おばさん起き~ (2, 0.1%)

2 て下さい

▼1* [183件]

おばさんあたしこれから一生懸命, おばさんあっちへ行っ, おばさんあんな様子を, おばさんいい声だ, おばさんいきなり踊出した, おばさんいくつになんなさる, おばさんいつも勝手ばかり, おばさんいま灯りをつける, おばさんいやに鬱い, おばさんいろんな聖者さまの, おばさんおじさんなつかしい克巳, おばさんおどろくでしょうね, おばさんおばさん家は何処, おばさんおらには何, おばさんお変りもありません, おばさんお湯へ行く, おばさんお茶のみにお出で, おばさんお金は私, おばさんかと思ったら, おばさんかぶれになる, おばさんかも判らんけに, おばさんかわいそうなおばさん, おばさんがなおぶって, おばさんがねたべたいたべたい言ってたの, おばさんている, おばさんきんにょ, おばさんこいつは死にかけてる, おばさんこらこんなダズマ, おばさんこれおじさんのを借りた, おばさんこれおばさんとこの, おばさんこれ俺にくれない, おばさんごっこをする, おばさんさえお雪ちゃんの, おばさんしっかりなさいよ, おばさんじゃあいくら傍, おばさんすぐにニコニコ, おばさんすなわち私の, おばさんすると私は, おばさんずいぶん固く結え, おばさんそういうあなたの, おばさんそこへお, おばさんそんなんじゃ, おばさんそんなに急いで, おばさんたら私が, おばさんだけならたとえ, おばさんだけがいまでは, おばさんちょっと出掛けます, おばさんちよつと手伝つて, おばさんって呼ぶの, おばさんつるを折っ, おばさんであったがこれ, おばさんであるとしてもその, おばさんであればこそ白骨, おばさんであろうとは随分, おばさんでなくそのうち, おばさんといったような, おばさんとかいう人が, おばさんとかを避けるため, おばさんとがしきりに意見, おばさんところの異人さん, おばさんとして相当の, おばさんとしても多少の, おばさんとの家で, おばさんともあるべきもの, おばさんとやらがこの手, おばさんとやらのことも, おばさんどうかしたの, おばさんどうぞなにかさせて, おばさんなぞが来て, おばさんなり姉さんなりという, おばさんなんとだらしの, おばさんについて誰にも, おばさんにつき纏わされるよう, おばさんにとっても得易から, おばさんにまでなって, おばさんに対して気持ち悪く, おばさんねずみお婿さんねずみ, おばさんのねまきの, おばさんはじぶんのし, おばさんはちきれるほど脂, おばさんははほろりと, おばさんひらけたのね, おばさんほどにもない, おばさんほんとうに連れ, おばさんぼく睡くないもの, おばさんぼんと正月, おばさんそんな心配, おばさんまた恐がるからな, おばさんまりがはいった, おばさんもねヘイスティングズで, おばさんよく眠るね, おばさんよとあいての, おばさんより借りる, おばさんをも思い出す, おばさんエチエネットそれからたった, おばさんホントに辛い, おばさん一家のこと, おばさん一寸マア御, おばさん万沢へ出よう, おばさん三味線を持っ, おばさん三年や五年, おばさん中学生の太一君, おばさん二十四五になる, おばさん二十銭貸して, おばさん二盆おくれ, おばさん人間の記憶, おばさん今夜は牛肉, おばさん今晩は, おばさん以外の人, おばさん僕おばあさんの帰る, おばさん僕お腹がすいた, おばさん元金が利息, おばさん助けて, おばさん勘定をたのむ, おばさん却ってお慰みかも, おばさんい加減, おばさん呼んで来ます, おばさん堪忍して, おばさんに思わない, おばさん大抵ぢや, おばさん夫婦は二階, おばさん女の子は小さい, おばさんいよう, おばさん寝たのかい, おばさん屑屋よりこの, おばさんは無い, おばさん帰りが遅い, おばさん帰るよ, おばさん当てて御覧, おばさん彼女は最初, おばさん待っていらっしゃい, おばさん御機嫌ようと女房, おばさん御覧なさい, おばさん必ずしもイヤな, おばさん忘れましたか, おばさん扱いにしない, おばさん放して頂戴, おばさん教えてく, おばさんの暮方, おばさん早く介抱し, おばさん時間ちゃんとね, おばさん未だナカナカです, おばさん本当よ, おばさん来たねおばさん, おばさんがうまい, おばさん死ぬまで重宝, おばさん気がついた御褒美, おばさん気の毒なおばさん, おばさん気取りで附い, おばさん決して悪い人, おばさん法斎呼ばして, おばさん注いでくれ, おばさんがわいた, おばさん物語りて, おばさんはなに, おばさんの親類, おばさん生きなければならない, おばさん留守をお願い, おばさん留守番をし, おばさん病気なのよ, おばさん相手にひそひそ, おばさん知らないか, おばさん知れないように, おばさん私気ばらしに, おばさん竹内さんの下宿, おばさん吹くの, おばさんがなくなった, おばさんと針, おばさんの宝くじ屋さん, おばさんりだったでしょう, おばさん繁ちゃんが, おばさん肌身に附け, おばさん船渠へ行っ, おばさん良いでしょう, おばさん薄情というもの, おばさん蝶々が好き, おばさん見つかったのか, おばさん詰らねえものを, おばさん謝っといて下さい, おばさん赤ン坊をおぶってる, おばさん近頃どんな工合, おばさんが来, おばさん鳥渡と良之助