青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おくれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おかしい~ おかしく~ おかしな~ おかみ~ ~おき おき~ ~おきたい ~おく おく~ ~おくれ
おくれ~
~おけ おけ~ ~おこう ~おし おし~ ~おしまい おしまい~ おじいさん~ おじさん~ おそく~

「おくれ~」 1999, 19ppm, 6140位

▼ おくれ~ (789, 39.5%)

13 いる 12 いるの 11 いた 9 いるという 8 いたの, いて, しまった 7 いるから, いること, 帰って 5 しまって, ついて, 来た, 来て 4 しまう, 入って, 出て, 到着した, 来る, 歩きながら

3 [12件] いたので, いると, いるのに, しまいました, しまつ, ます, ゐた, ゐたの, ゐる, 来たの, 歩いて, 行くと

2 [37件] あとから, いたこと, いた伸子, いるが, いるし, いるよう, いるん, いる状態, きたの, しばし瞻, なるもの, やって, やって来た, ゐると, ゐるの, ゐるので, 二階へ, 仕方なし, 六月なかばでも, 出ると, 別の, 咲くところ, 困って, 家へ, 帰つて来た, 後から, 息を, 日が, 来たので, 来り, 検査を, 残る, 江の島へ, 発達した, 登場した, 鎌倉を, 開く

1 [545件 抜粋] あの薄暗い, あやか, あるいて, あれは, いいとは, いくから, いたが, いたし, いたずらに波浪, いたって, いたと, いた極東, いた白い, いた躯, いた門人たち, いったが, いとう旅館が, いましたので, います, いますが, いますのでねえ, いるうち, いるか, いるかが, いるかという, いるかも, いるからと, いるこの, いるだけに, いるとか, いるところ, いるならば, いるので, いるのね, いるのみ, いるは, いるもの, いるもん, いるらしく思われた, いるビッコ, いる中国, いる北海道, いる多く, いる妹, いる或, いる日本, いる次第, いる歴史, いる現実, いる社会感覚, いる粗野, いる素質, いる要素, いる赤シャツ, いる連中, いる部分, いる面, うしろに, えっちらおっちら登っ, おしかった, おったん, おりまして, おりますが, お伺い, お志乃, お志乃さん, お静, お靜, かえる保, かけつけたが, かけつけた忍剣, かけつけた蜂矢, きたらざる, きた龍太郎, きて, くるだろうなどと, くるという, くる筈, けい古が, けが人が, ここから, ここに, こちらの, この渡, この郷, こまごまと, これからその, こん棒などを, ごあいさつ, さぞかしお, しかし社会, しかたなし, しかもこんな, しかも低い, しかも速く, しまいましたよ, しまいます, しまいますぜ, しまいますどんな, しまうかも, しまうぞ, しまうと, しまうの, しまうもん, しまったとは, しまったの, しまったもん, しまったよう, しまったわけ, しまったん, しまひ三時半頃, しまふぞ, しまふん, すいた車, すまん, すみません, すみませんでした, ずッ, せがれから, そのかわり, そのとき, その夜晩, その実兄, その日, その池, その犬, その結果新田先生, その花, たび, ちょうど抜け道, つく, では, なお芽吹かず, なお野, なこと, なろうか, のっしのっしと, のろのろついて行きました, はいって, ひとりつきり, ひどく心配, ひどく心配そう, へこたれです, ほかの, まごまごし, また一目散, みんなの, もう一人, やがて偵察機, やたらに, やって来たマダム, やっと, やっとはじめられました, やっと修理, やつと, やはりその, ゆくと, ゐたが, ゐた稻, ゐた英語, ゐましたとさ, ゐるかといふ, ゐるせゐか, ゐるだらうと, ゐる赤シャツ, ゐる間隔, アタフタした, アッカも, イデオロギー的に, ウロウロうごめい, カッフェーへも, ガソリンカーに, ガーエフシャルロッタ登場, コロムビアに, サナエ夫人も, サンフランシスコに, シトシトと, スボートに, ズーッと, ドレスデンに, バスの, ヒルすぎに, フル釜の, ポツリポツリその, レインボーへ, ロンドンへ, 一人は, 一時消息不明に, 一番最後に, 一馬と, 丁度いい, 丁度二時を, 七月の, 三十二年の, 三月は, 上がって, 上陸しよう, 下車した, 不参, 世界大戦前後に, 中学校に, 乗り込んだもの, 九時ごろに, 九時ちかく, 九時頃に, 二人の, 二時近く文ビルへ, 五時十分頃開演, 井川からも, 人口問題が, 人口問題にも, 今朝あらためて, 仲よくはるかドンジリ, 伊那の, 会場へ, 住んで, 体操の, 余らを, 來りぬ, 修祓式を, 停留所に, 側翼の, 先頭に, 入校した, 入社し, 八幡さまの, 八時すぎに, 八橋も, 其着物の, 内海が, 内裏方へ, 凍土の, 凶作に, 出かけた, 出かけたが, 出たる此人, 出た足利直義, 出掛けて, 出獄した, 到頭あした, 前へ, 前列で, 動き出づ, 勝見を, 勤めるよう, 北原武夫なぞも, 北宋の, 十一月の, 十二時頃から, 十月の, 千八百九十四年四月二十日ジムナーズで, 午後一時ごろ, 午後十一時頃に, 半七, 卒業した, 南伝馬町の, 卯月の, 参ったからとて, 参って, 参ります, 參りたる, 取り殘, 叱られるの, 合せて, 同じ中仙道, 同じ店, 同行の, 四時の, 四頭の, 困ると, 困るの, 困るので, 困れば, 執筆され, 士官次室に, 夏と, 大なる, 大事に, 大事を, 大山が, 大次, 大阪着一時半急行券は, 失格した, 失礼した, 女の, 女中と共に, 始まった, 姪や, 嫡男実氏が, 学校から, 安彦と, 完全燃焼の, 定めし当選者, 宝塚ホテルへ, 実に残念千万, 宮城から, 家畜小屋の, 対局が, 将来に, 小さな城, 小半町つい, 居りましたこと, 居る, 居るから, 居ると, 屍に, 帆村探偵が, 帰りにく, 帰邸せざる, 幾人か, 弾が, 形は, 形容詞化した, 彼方の, 往きぬ, 後に, 後を, 従いて, 御免なさい, 御岳の, 必要から, 急に, 我一人, 或は明治, 戻って, 戻る筈, 所轄警察の, 手の者三四百を, 手足まとい, 打ちが, 拝見し, 指揮官らしい, 捕われた者, 掲載された, 日の, 日暮れ近くに, 日本の, 明治三十五年の, 昨今国文学研究の, 最も近く, 最初の, 朝の, 朝倉先生に, 木の葉が, 木曾街道を, 末代末孫に, 村に, 来い, 来いと, 来たけれど, 来たこと, 来たもの, 来たらちやん, 来た土屋, 来た妹, 来た林田, 来た法要坊主, 来た素子, 来るが, 来るじゃ, 来ると, 来るという, 来るん, 東京から, 東京へ, 東洋に, 松本烝治が, 松葉杖を, 校外の, 榊原平七に, 横山へ, 横浜へ, 樹明君, 次郎が, 歌いながら, 歎き侍りける, 正太少年は, 歸つて來た, 歸り, 死なれたため, 死ぬべき病, 死んだこと, 死物狂いに, 母親も, 永万元年頃, 江戸から, 江戸へ, 沼田が, 泊り客の, 泡鳴を, 泣かむわれやまさらむ, 泥まみれに, 流される, 海中へ, 海軍の, 渋温泉に, 無事に, 無常を, 父が, 玄関へ, 現れた, 現れたの, 現場に, 生籬の, 田舎者の, 申しわけありませんでした, 申訳も, 町家に, 目を, 相すみません, 相手を, 相済みません, 真夜半, 着いた長男, 着きました, 着きまして, 着くかも, 矢来の, 知っても, 稲吉が, 立ちまじった日本, 立ったの, 童男と, 笑うという, 素子に, 素子も, 終ったの, 続く者共, 聞えすぐ, 腰を, 自分は, 船島へ, 良寛が, 芝居が, 茂みの, 菊の, 藤枝が, 行き行き, 行くだろう, 行く民子, 行った, 行ったのに, 行ったら菊池氏, 衰弱の, 裏口から, 西から, 見えた寛方先生, 見え隠れに, 見失はぬよう, 見送りそこな, 訪ねて, 謙蔵が, 警部が, 貞造井上の, 貧弱な, 賀茂の, 起きた女中, 起きて, 起床した, 躊躇って, 車を, 輸入され, 追いついて, 追つかけ, 這入って, 這入つて, 逢へ, 遂にかれ, 遅く帰っ, 部下一団と共に, 郵便が, 郵便や, 郷古, 金之助が, 金沢の, 鏡の, 開演, 関白に, 関興張苞が, 闇市で, 階段を, 青ガサ, 青木から, 青木音次郎が, 顕しけめやも, 風守の, 飛んで, 食事の, 食事を, 養生所を, 館を, 首領を, 馳せつけた仲間, 駄目, 駈けつけて, 駈け上がって, 駕籠や, 高浜へ, 鹿島を, 黄色い土埃

▼ おくれ~ (106, 5.3%)

2 八月の

1 [104件] ある筈, おぼん, お婆さんお前は, お盆が, お盆とやら, お経, したあの, したもと, したもの, した受身, した気色, した痛々しい, するもの, する快, ところが, のろさ, は小, ものと, ものに, ものの, やうに, ような, ようには, わけである, を買, ショールを, シロモノとは, ハンド, パラソルを, ボンネットを, 三通りの, 不経済な, 中へ, 事が, 二月である, 人間しか, 人間な, 人間の, 俗人趣味だ, 克服に, 写真である, 刺青を, 副菜物視, 卑劣な, 古い紋着, 古くさい風俗, 古びた帽子, 品を, 商品が, 商売だ, 四月の, 土くさい, 型と, 型の, 場当りを, 太陰暦です, 奇妙に, 婦人雜誌の, 学生と, 小工場, 小芝居廻り, 常識家が, 干からびた事実, 廻り持ち, 形と, 心が, 思いきり明るい, 感情を, 所謂わたくし小説に, 新日本を, 方が, 昔話で, 服が, 本を, 束髪に, 標本に, 洒落なんて, 烙印を, 牡丹桜, 理想主義者です, 盂蘭盆で, 盆, 盆で, 節句まで, 精霊蜻蛉が, 紹介が, 考え方は, 肩身の, 花を, 衣裳や, 製薬なぞが, 話である, 誤りで, 調子の, 貴族生活の, 贅沢品だ, 躾が, 都会風の, 都立ちで, 野暮なやり, 長い上衣, 難は, 雲雀が, 電燈の

▼ おくれ~ (96, 4.8%)

31 して 8 する 5 した 4 したよう 2 したが, したの, したらしく縁側

1 [42件] あると, いかにも残念, いたしまして, いたしますので, いはれなく彼, いわれました, お米, さきに, されて, したか, したという, したのみ, したり, したん, してと, してるそれら, しないでも, しますが, し慴, し頭, するか, するの, するので, するほど, するよう, するらしくまた, するん, する程, それらに, ない, なさるよう, ミジンと, 伴なう, 僕を, 出るふう, 原因であります, 収穫に, 感じられる, 暗黙の, 潜んで, 立ちふさがつて, 致して

▼ おくれ~ (91, 4.6%)

3 いって, 云って 2 いうこと, いうと, いった, 云うの

1 [77件] いう, いうところ, いうのに, いふと, いふ観も, いわれ漱石先生, おっしゃったそう, おッ, お二人, お蝶, お豊, かういふ間, きびしい声, されるいわれ, しきりにおく, ずばずばと, そうお, なったかな, なって, なりますと, なり使い, なる, なると, 下を, 云うじゃ, 云うと, 云うに, 云うのに, 云おうか, 云った, 云われたとき, 仕方を, 仰しゃるので, 優しい声, 口に, 君子は, 命じた, 嘘を, 変な, 太吉は, 安楽椅子に, 小女に, 念じて, 手を, 折から, 教えられる事, 書いて, 泣き, 泣き声を, 申しましたの, 申しましたらいとけない, 申しましても, 申し候ところ, 称せられる, 種々な, 老いの, 聞いて, 腰を, 言いました, 言います, 言うて, 言うの, 言えば, 言った時, 言って, 言つた, 言つた時に, 言つて女房へ, 言ひ含められ, 言へば, 話し合いで, 逐れる, 逢ふ, 頼みゃしないその, 頼めば, 頼んだ, 頼んだ事

▼ おくれ~ (84, 4.2%)

6 とって 2 して, とったこと, とらぬよう, とるもの, 取って

1 [68件] おとりに, お取り遊ばす, せめつけるの, とったと, とったの, とつて, とらないという, とらないやう, とらない一方, とらない程度, とらない腕, とらない諸, とらぬ人, とらぬ大久保彦左ヱ門忠教, とらぬ木, とらぬ武士, とらぬ虎吉, とりましたが, とりましょうや, とり猿奴, とること, とるという, とる張苞, ジッと, 二百五十ばかり, 利用する, 取ったの, 取ったらあの, 取ったるぞ, 取った例, 取っては, 取つたこと, 取り返したぜ, 取るぞ, 取るなとの, 取るまいとして, 取るもの, 口惜しがる, 叱つて, 叱りて, 回復した, 征服しなけれ, 急速に, 急速にとり, 感じた, 感じたの, 感じないで, 感じるが, 感じること, 感じるほどの, 持たれるの, 掻いた若い, 次第にあくどい, 気に, 無くする事, 痛切に, 百ばかりも, 示しある, 自覚し, 装って, 見せず脛, 見ること, 覚えたさ, 覚えるが, 覚へ, 詫び山田申楽一行, 重ねたという, 隠して

▼ おくれ~ (62, 3.1%)

14 なって 4 なるかも 3 なつた 2 なつて, ならないうち, なります, なり助けられる娘, なる

1 [31件] しないよう, する習慣, せよ一般, なったらこれ, なった手術, なった様子, なっちゃって, なってから, なっては, なつたつ, ならぬよう始末, なりは, なりました, なりゃしませんか, なり気味, なるぞ, なると, なるの, なるもの, なる場合, なる重体, 似たもの, 倉田工業が, 到着する, 女の, 知らされて, 終り万策ここ, 船頭と, 見える, 食堂を, 駈けつけて

▼ おくれ~ (34, 1.7%)

1 [34件] あらうと, あんまり永い, いたしかた, おざった, お気の毒, かつ恥, ござります, さっそくお, そのあと, だから七月, なぜなら私, ほとんど地上, ほんとによかっ, またかなり, 丁度い, 二階へ, 今は, 今夜は, 即ち普通, 命を, 地下足袋に, 多少滑稽, 天保以後の, 妖艶無比の, 実際的, 年中行事, 朝から, 正直に, 無いよ, 現今の, 私は, 親切に, 誠に有難う, 逢わなかったが

▼ おくれては~ (31, 1.6%)

5 ならぬと

1 [26件] いけないと, いない, いない隙, いなかった, いません, この本陣, それまで, たいへんだ, たいへんです, ならないと, ならぬ, なるまいと, また先の, 一大事, 一大事という, 一期の, 光悦の, 名折れだ, 困るこう, 大変だ, 家内の, 容易に, 居るが, 武田伊那丸さまの, 自身の, 露顕ものだ

▼ おくれ~ (31, 1.6%)

1 [31件] え, え梅喜さん, お前, お関さん, どうも気, はるのや, ジョー爺さんや, ネエ, マホガニイの, ワンピースの, 一生の, 俗悪な, 嘆声は, 姉さんお願いだ, 小母さんが, 小母さんに, 形です, 挨拶次第で, 次郎は, 正統王党派ぶり貴族好み, 源ちゃん, 私が, 私の, 私も, 絵の具を, 考えを, 船頭さん, 蒲田屋の, 郎党共, 鍵なんぞ, 顔を

▼ おくれ~ (31, 1.6%)

3 とらぬ 2 しない, とらぬつもり

1 [24件] いたしますまい, して, しないか, しないよ, ずらりと子供, せじ, せんですよ, とらない, とりません, 一層切実, 伸子にとって, 伸子自身で, 取らぬ, 取らぬつもり, 取らぬもの, 取りませぬ, 取り申さぬ, 取るまい, 大変な, 大變, 実にひどい, 感じなかったであろうが, 猶こわい, 踏んで

▼ おくれがち~ (29, 1.5%)

3 になる 2 であった

1 [24件] だ, だった, だった脚, であったが, であったこと, である, でいつも, でした, でその, でムチ, という, とはなるなり, なの, なので, な人たち, な味方, な疑い, にございます, にてぐず, になります, に喘ぐ, に歩い, に流れ下る, の人夫

▼ おくれ~ (20, 1.0%)

16 せに 1 せでは, せなブルジョワ民主革命, せの, 山の

▼ おくれても~ (18, 0.9%)

2 一日とは, 決して翼

1 [14件] いかんぞ, かまわぬ, なんら介意, はいれない, やっぱり気, よいから, ネグラが, 十四日には, 取れるだろうと, 同様だ, 大丈夫死なぬ, 草履は, 赤煉瓦の, 退社の

▼ おくれたり~ (15, 0.8%)

1 [15件] し, しが, したこと, した公卿, して, する時, だなあ, といへども, また災難, まだ暗い, 三日も, 催促を, 早すぎたり, 流れより, 遑て

▼ おくれ~ (14, 0.7%)

1 [14件] つ母ア, りうさん, 園, 母ア, 父つあん, 父上の, 米さんしっかり, 米を, 老爺さんは, 蝶さんお前も, 返事が, 願ひだよ, 駒俺は, 高だ

▼ おくれ~ (13, 0.7%)

1 [13件] が売っ, が家, が息, が死ん, には何, の怒り, は, はきっと, はそれ, は上, は四畳半, は直に, は身

▼ おくれわたし~ (12, 0.6%)

2 はお前 1 だよ, のきらい, はここ, はすぐ, はたびたび, は一人ぼっち, は今, は別に, も, をあの

▼ おくれお前~ (11, 0.6%)

2 なんかとは一緒 1 が居る, が然, に逢っ, のよう, の身の上, はもしや, はやっぱり, も知ってる, を祝福

▼ おくれ~ (10, 0.5%)

1 あったの, あるまいが, しそう, するだろう, せずに, なくな, なく伝声管, やむを得まい, 後悔も, 気ざわりと有

▼ おくれそう~ (9, 0.5%)

2 すれば 1 したら私, したら顔, して, だ, なので, 泣いてたッ, 繰り返して

▼ おくれって~ (9, 0.5%)

1 お父さんが, ば, 三ちゃんお前に, 云うのに, 云ったでしょ芳, 書いて, 申しましたら御, 連れて, 頼むん

▼ おくれこの~ (8, 0.4%)

2 児を 1 ままには, 子の, 御客, 手を, 私に, 私を

▼ おくれ~ (8, 0.4%)

2 て, てば 1 たらよ, たら私ほんとう, ちまいまして, て継母

▼ おくれ~ (7, 0.4%)

1 うしたって, て云う, でもあすこ, でもいい, でも宜, にもお前, んで私

▼ おくれ~ (6, 0.3%)

41 その約束, エ

▼ おくれこれ~ (6, 0.3%)

1 お清, だけの身代, っ切に, は何, をいと, をみんな天井裏

▼ おくれこんな~ (6, 0.3%)

1 とき金之助どんが, 容躰で, 淋しい処, 細い丸い腰, 野郎が, 風で

▼ おくれ~ (6, 0.3%)

1 あたしだ, いいだろ, これからうち, よござん, ロージャ, 欽さん

▼ おくれもう~ (6, 0.3%)

1 いつまでも, 一と, 僕は, 沢山だ, 泣いて, 私ゃそう

▼ おくれ僞善~ (6, 0.3%)

6 の花

▼ おくれそして~ (5, 0.3%)

1 もう少し辛抱, わしの, 仲よく刺繍, 帰る時, 若しお前

▼ おくれという~ (5, 0.3%)

1 お, ふうにも, ような, ように, 触が

▼ おくれながら~ (5, 0.3%)

2 歩いて 1 でも失望, 伝六も, 働いて

▼ おくれながらも~ (5, 0.3%)

1 つよく翼, 上々の, 左右から, 御主用ハ相達, 用向

▼ おくれああ~ (4, 0.2%)

1 ん, サ今日から, 困つた人, 好い心持

▼ おくれあゝ~ (4, 0.2%)

2 好い心持 1 困つた人, 石灯籠へ

▼ おくれその~ (4, 0.2%)

1 代り茂ちゃんは, 指環には, 結果中学時代に, 言葉が

▼ おくれそれ~ (4, 0.2%)

1 がわし, が僕, が判れ, だから

▼ おくれちゃ~ (4, 0.2%)

1 いない, ならぬと, ならねえぞ, 大変だ

▼ おくれまた~ (4, 0.2%)

1 この上お前, 二三日うちに, 妾は, 降ると

▼ おくれヨー~ (4, 0.2%)

1 大変だ, 山影様が, 文三が, 来て

▼ おくれ咲き~ (4, 0.2%)

1 の山桜, の白梅, の花, の薹

▼ おくれいい~ (3, 0.2%)

1 かい, よ一人, 芽を

▼ おくれおれ~ (3, 0.2%)

2 はそれ 1 がまた

▼ おくれお前さん~ (3, 0.2%)

1 そんな金, の命, の禿頭

▼ おくれお父さん~ (3, 0.2%)

1 がもらい, はこのごろ, は病気

▼ おくれお願い~ (3, 0.2%)

2 だから 1 だよ

▼ おくれかた~ (3, 0.2%)

1 だったのね, ですお正月, を憂慮

▼ おくれ~ (3, 0.2%)

2 のはし 1 を掻いた

▼ おくれじゃ~ (3, 0.2%)

1 ないか, ア私が, ア誠に

▼ おくれそれから~ (3, 0.2%)

1 てん屋へ, 暫らく此處へは, 着物は

▼ おくれでも~ (3, 0.2%)

1 これが, なくグロテスク, なく急進的

▼ おくれにな~ (3, 0.2%)

1 つてし, つてしも, つてゐ

▼ おくれまたは~ (3, 0.2%)

2 大阪パックの 1 判らずじまい

▼ おくれみんな己~ (3, 0.2%)

3 れが

▼ おくれ~ (3, 0.2%)

1 とんまや, はったもの, はんか

▼ おくれ~ (3, 0.2%)

1 後生だ, 本当に私, 若し貫一

▼ おくれ~ (3, 0.2%)

1 じゃこの, すぐなんて, は絶え絶え

▼ おくれ~ (3, 0.2%)

1 あああ, が行っ, は今

▼ おくれ勝ち~ (3, 0.2%)

1 であつ, になつ, に丸味

▼ おくれ~ (3, 0.2%)

3 れは

▼ おくれ早く~ (3, 0.2%)

1 お前を, さ早く, その大

▼ おくれ染物~ (3, 0.2%)

3 やの辰さん

▼ おくれ~ (3, 0.2%)

1 どめ作り, を掻き上げ, を調べ

▼ おくれあの~ (2, 0.1%)

1 かたの, 子たちを

▼ おくれおかあさん~ (2, 0.1%)

1 がかえって, だよ

▼ おくれかも~ (2, 0.1%)

1 しれぬ, 知れぬが

▼ おくれから~ (2, 0.1%)

1 とりかえしの, 来たはず

▼ おくれ~ (2, 0.1%)

1 うしたら, うすると

▼ おくれすぐ~ (2, 0.1%)

1 におまえ, に姉さん

▼ おくれすこし~ (2, 0.1%)

1 ここで, 時間が

▼ おくれそしたら~ (2, 0.1%)

1 お父さんが, その名

▼ おくれそのうち~ (2, 0.1%)

1 千両だけ, 御縁

▼ おくれてからの~ (2, 0.1%)

1 ことで, 手当なんて

▼ おくれでは~ (2, 0.1%)

1 ありません, ない

▼ おくれとは~ (2, 0.1%)

1 いえ碧羅, 人間の

▼ おくれどう~ (2, 0.1%)

1 したの, だったっけ

▼ おくれどうせ~ (2, 0.1%)

1 お静, お靜

▼ おくれなと~ (2, 0.1%)

1 いわれて, 云った

▼ おくれなどと~ (2, 0.1%)

1 さめざめと, 泣きだして

▼ おくれなん~ (2, 0.1%)

1 しょや, でもおまえ

▼ おくれなんて~ (2, 0.1%)

1 イヤな, 云うと

▼ おくれねえ~ (2, 0.1%)

1 お前さっきは, ばあ

▼ おくれねえお~ (2, 0.1%)

1 浜もう, 美夜

▼ おくれやすい~ (2, 0.1%)

1 うこと, なホヽヽヽ私

▼ おくれ何だか~ (2, 0.1%)

1 今年の, 私ア間が

▼ おくれ保叔塔~ (2, 0.1%)

2 へ焼香

▼ おくれ~ (2, 0.1%)

1 に, は忘れ

▼ おくれ~ (2, 0.1%)

1 が彩っ, の牡丹

▼ おくれ~ (2, 0.1%)

1 には行けない, の心

▼ おくれ後生~ (2, 0.1%)

1 だから, です

▼ おくれ悪い~ (2, 0.1%)

1 けれど親類, 奴に

▼ おくれ栄ちゃん~ (2, 0.1%)

1 とさぶ, もうすぐだ

▼ おくれ殿様~ (2, 0.1%)

1 が御用, の御

▼ おくれ江戸~ (2, 0.1%)

1 へ行ったら, を発足

▼ おくれ~ (2, 0.1%)

1 がある, は云わず

▼ おくれ私たち~ (2, 0.1%)

1 の子供, はまだ

▼ おくれ~ (2, 0.1%)

2 三重

▼1* [239件]

おくれあああのおおきな川, おくれあかいかざりを, おくれあそこへばかりは妾, おくれあたいの父, おくれあたしを, おくれあんたと先夜, おくれいっそ死にたいという, おくれいつでも父様, おくれいとしいヴィクトル, おくれいよいよお正月の, おくれうちではもう, おくれうんちんは, おくれおっ母アだ, おくれおまえたちがけんか, おくれお前自身で取り, おくれお父つぁんの病気, おくれお爺さんカラどうも酔, おくれお礼はする, おくれお茶を御馳走, おくれお迎えがあっ, おくれかい鎖に, おくれかつ周到でない, おくれかというと, おくれからか張りの, おくれからだは健康, おくれきっとその恩, おくれけちけちするなよ, おくれこうだ, おくれさあすぐに, おくれさうなので, おくれざらんとして戦っ, おくれひるげ, おくれしかも道筋では, おくれじゃあ着替えを, おくれずっと四角く歩い, おくれせめて死ぬだけでも, おくれそうしたら半クラウン, おくれそうして火を, おくれそこを抜いた, おくれその後のこと, おくれそんなもの, おくれそんなに心配する, おくれたった今出て, おくれちゃあいけないからって, おくれちやふわ, おくれちょうど人目にも, おくれってって泣きましてね, おくれってばッ, おくれついにあえない戦死, おくれてしもてまにあいませなん, おくれてばかりでほんとに, おくれといったは面白いと, おくれといふ文面なら, おくれとかうしろめたさ, おくれときやがら, おくれとにかくあのお, おくれとのお艶, おくれどうか慈悲を, おくれどうしてそんなほんとう, おくれなどの時草多き, おくれについてまくし立てたり, おくれについての面に, おくれにて既に買手, おくれによって起るユンカートゥム, おくればかなこと, おくればへのまうり, おくれひとり歩みて, おくれほんとうにどう, おくれほんに替り目で, おくれまあ何て, おくれまで利用し, おくれみな採られると, おくれみんなと釣り, おくれみんな免して, おくれもし僕が, おくれもっとも兎丸が, おくれやすいうて, おくれやっとちらほら咲きはじめたばかり, おくれやっぱりあの佐太郎, おくれよう老夫, おくれよよ気が付きましたかへと, おくれわたし用が無い, おくれゑゑつまらない事を言, おくれイエサ未だ二十二, おくれと乞う, おくれシテお國, おくれジェコブよ, おくれセリョージャお前さんの苦労, おくれチーフメーツは青く, おくれピエロよ, おくれメネラオスすぐれし王, おくれヨーッ来て, おくれラズーミヒンが力, おくれロージャまだお前, おくれ一杯機嫌の一人, おくれ一汗絞つて清々, おくれ七人此処へ集めた, おくれ七時すぎに目, おくれ七草はすなわち, おくれ三号おくれと, おくれ三階へ一緒, おくれ乃公は帰る, おくれ久しぶりでいい, おくれ二人往かなければ, おくれ二銭おくれで, おくれ京一郎が妾, おくれ亭主のため, おくれの裾, おくれ人身御供というの, おくれ人選の任, おくれ今おまえが家, おくれ今に皆んなを, おくれ今夜はお客, おくれ今度こそはきっと, おくれ今朝早く出さなけれ, おくれ仕事でたんまり, おくれの来賓, おくれ他人でないわたし, おくれ伯父さんがいい, おくれ何時まで此処, おくれ俊亮も今度, おくれでも自動車, おくれ僅か四百哩を, おくれ僕いま網を持っ, おくれ兄さんも大, おくれに角顔, おくれ全くお前と, おくれ別れの杯, おくれ十時頃になる, おくれ十町に二三町後, おくれ半年ほど患って, おくれ去年の十月誂ら, おくれ取り申すまじき事, おくれ哀さう, おくれ咲き一輪をさして, おくれ啓蒙の手段, おくれ四月になる, おくれが困る, おくれ場所と時間, おくれへ, おくれ柔よ, おくれ大事な体, おくれ大人二枚に子供一枚, おくれ大切の刀, おくれ大病人がある, おくれや老, おくれ婆さんお前に昨夜, おくれ学校の塀, おくれ定めし殿が, おくれ実に困ります, おくれへ帰つて, おくれ家内息災で商法, おくれ小増さんも時々, おくれの中, おくれ巣鴨まで行っ, おくれ工合険悪工合にはびっくり, おくれが汚れる, おくれ帰つておくれ何時, おくれ帰宅して, おくれ店先で言, おくれ後で好い, おくれ従って収穫が, おくれ御新姐は, おくれが今日, おくれ必ずやりますから, おくれ悉皆私が, おくれるい事では, おくれを合わし, おくれの入る, おくれだ, おくれ早う早う, おくれ明日にでもお金, おくれ昔通りになろう, おくれ昔馴染みのお前さん, おくれ昼食に, おくれ本当に寒いから, おくれの者, おくれ栄ちゃんおらあおめえ, おくれ正太さん後生だから, おくれ此処まで来, おくれ武蔵逃げるの, おくれ死体を仰向け, おくれ死水だけは取っ, おくれ殊に暮では, おくれはあなた, おくれ母さんを許し, おくれ毎晩夜店に売っ, おくれ気の毒だが, おくれ気味になっ, おくれに入り, おくれ永い目でとは, おくれ汽車にもおくれ, おくれ洗濯しなくちゃ, おくれ浜町まで上下, おくれ焦げくさいよ, おくれ煙草をおくれ, おくれ申訳これなく候草枕, おくれに心, おくれ畜生汝が女狂い, おくれ疲労と空腹, おくれ病人がうと, おくれ病気で芸, おくれ痛いッ放し, おくれ盗みはしない, おくれ目障りだ, おくれ相沢さんには私, おくれの上, おくれ禄高も少い, おくれ私ゃア出て, おくれ私ゃア別に成りましょう, おくれ私共が何, おくれ立派にやっ, おくれ糞受板にあがる, おくれ肴ア何か一品, おくれでも立てなきゃ, おくれが来, おくれ若衆は是, おくれ苦くしちゃ, おくれ蜜蜂を飢えさせ, おくれ誠一よカヤ, おくれか知ってる, おくれ警察の目, おくれおくれ, おくれ貧乏人の日なたぼっこ, おくれ身体にさえ触らなきゃ, おくれ返事はいらない, おくれ送りの女, おくれに迷い, おくれ遠慮はいらない, おくれ邪魔だよ, おくれの芋, おくれ釜鬼ここは何処, おくれのやつ, おくれ雑誌を貸し, おくれ雪沓を踏み込ん, おくれ面倒だから, おくれ飛騨行きまで延び, おくれ髪コハ心得ずと, おくれ鳥居様遊興のお座敷