青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おばあさん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おった~ おと~ おとうさん~ おとなしく~ おなじ~ おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~ おのれ~
おばあさん~
おばさん~ おぼえ~ おまえ~ おまけ~ ~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~ おやじ~ およそ~

「おばあさん~」 1897, 20ppm, 5616位

▼ おばあさん~ (673, 35.5%)

28 いいました 13 答えました 7 たずねました 6 目を 5 いって, それを, 口の 4 孫の, 目が, 私の 3 あわてて, しわの, ほんとうに, 川へ

2 [48件] いい香水, いった, いつもに, いま自分は, いわれました, おじいさんに, おじいさんの, お民, かけて, このめがね, この眼鏡, これを, ご病気, すまして, そう言い, その, たなの, たまげて, だいぶ遠く, だれが, だん, にこにこし, びつくりし, ふいに, ほとんど自分, みんなに, めがねを, もういい, やさしくいいました, やれやれと, 二本の, 住んで, 大喜び, 家の, 小太郎の, 彼の, 思いました, 急に, 手を, 犬を, 眼鏡を, 私が, 私に, 窓を, 耳を, 自分が, 重いつづら, 頼みました

1 [484件] あたしが, あひるさんを, あまりたびたび二郎, あや子を, いいながら, いい人, いい年, いき過ぎようと, いくつかね, いじの, いすを, いそいだん, いそいで, いちいちうなずい, いつか二郎が, いつまで, いつまでも, いつもその, いつも出, いつも卓, いふの, いぶかしがり, いぶかりながら, いまから, いまごろどうしていなさるだろう, いよいよ真面目, いろいろな, いろいろの, うそを, うなずきなから, うなずきながら, うなずきました, うまいもの, うんうんと, お, おこつたり, おじいさんから, おそらく伊東, おちよぼ口, おぢ, おとなしくバタ入れ, おばあさんで, おばあさんなりに, おばあさんらしい, おばけだ, お家へ, お庭, お金を, かう答, かう考へたのに, からだを, がんこ, きこえないので, きっと兄弟げんか, きつと, くびをかしげました, けげんそうに, けっして, こいの, こいを, こうしてし, こうして仕事, こう言っ, こごんで, こしかけて, こっちの, ことしと, こねどりを, このごろひまさえ, このとき, この五円五十銭, この店, この有り様, こはい, こまって, こまりはて, これが, これこれの, これは, これまで, こんなおだやか, こんなふう, こんな穏やか, こんな立派, さいしょは, さうい, さきに, さけんだ, さして, さつ, さびしかった, さも待ちかねた, ざぶりざぶり水の, しげしげと少年, しっかりもの, しなびた手, しんせつで, しんせつに, しんぱいしました, じっと大きな, じつは魔物, じょうだんとも本気, じろじろと, すこしこわい, すこしでも, すつかりおこつ, ずっと私達, ずんずんそば, そういっ, そうやっ, そうよ, そう言っ, そこで, そちらへ, そのまご, そのパン, そのピエロ, その一人びとりの人, その可愛い, その土手, その手, その窓, その話, その赤黒い, その黄色, それぎりだまってしまいました, それで, それでもく, それに, それになん, それは, それほどまで, そんな二円, そんな手紙, そんな私, た, たいくつ, たいそう喜びました, たいへんおこっ, たおれた泰二君, たくさんの, ただひとり, ただ一人, たまが, たまげたよう, たまの, たもとの, だまされたと, だまって, だれも, ついにたまりかね, つかれて, つぎの, つむを, つゆに, つるつるした, つんぼで人, ではお, でもやさしい, でもピエロ, とう, とてもあの, とてもお, ともすると遠慮, どうした, どうしてこんな, どこまで, どんなによろこん, なかなかお, なかなかの, なかなか帰っ, なにか考え, なにも, なほ暫らく障子の, なるほどと, にこにこした, にこにこ笑い, ねこが, ねこに, ねこの, のりを, はじめて人, はじめて気がつい, ばかだ, ひとりもので, びっくりし, びっくりしました, ふしぎに, ふと坊さん, ふろを, ぶるぶると, ぷり, ぷんぷんと, ほかの, まくらの, まさに及第, またお, まただれ, またなんと, また大きな, また大変, また涙, また眠りこみました, まだうすぐらい, まだ發車前, まだ若く, まったく眠っ, みすぼらしいふう, みなの, もうとうていなおる見こみ, もう一度しなびた, もう一度笑っ, もう七十位, もう亡き人, もう伊東, もう切子灯籠, もう此, もう白く, もう金, もう頭, やさしい笑み, やっと銭, やっぱり帰っ, やはりこたつ, やはりふ, やはり此處, やんまを, よく御, よく私, ろうそくの, わざとそういう, わらいました, わらひました, わるい魔女, エリーザを, カイは, キョトンと, クロの, ゲルダが, ゲルダの, コップを, ゴーリキイの, セルに, パンの, ピエロを, モガモガこんな, 一しょけんめいに, 一つ夜具の, 一ぴきの, 一人で, 一体どこへ, 一円お, 一日に, 一里半あまり, 三つの, 下から, 不思議と, 両手を, 中に, 乘物に, 九十三だ, 九十三にな, 九十三年の, 乞食を, 乳母車, 二三日保養し, 二人の, 二人前も, 二円と, 二郎に, 云った, 云つてゐた, 云ひました, 井戸ば, 人の, 今年は, 今朝すぐ, 以前の, 低い声, 何か, 何ごとかと, 何しろ米壽, 何だかせわし, 何だか滑稽, 何で生き, 何の, 何を, 何事が, 何処で, 侘しかつ, 俥夫と, 僕に, 先に, 光子さんの, 八十二で, 内へ, 冬が, 冴えざえとした目に, 出迎えました, 切れの, 初めての, 初めて通る, 勝気な, 北極の, 十円さつ, 千代や, 千代紙を, 半蔵の, 又私, 叫びました, 台所から, 叱る, 同じこと, 困って, 囲炉裏に, 外交辭令を, 夜も, 大きな, 大きな二本, 大きな声, 大そう, 大よろこびでありました, 大変よろこびました, 大抵私, 大根を, 子供の, 子供を, 学校どころで, 孫たちの, 孫の手を, 家では, 家に, 寒竹の, 小太郎を, 小説と, 少女の, 展覧会に, 山を, 峠の, 巾着の, 市場の, 帰って, 帰り道で, 平気な, 幼兒の, 幾年ぶりかで, 幾年ぶりかの, 床の, 庭へ, 廊下越しに, 強いけれど, 当惑そうに, 微笑する, 心の, 心地よげ, 怒って, 怖ろ, 思い出したと, 思わず, 悪いこと, 悲しくて, 悲しそう, 成程と, 或る, 戸を, 戸棚の, 手に, 教えました, 日が, 日ごろから, 日曜日には, 明治初期の, 普段の, 最初は, 木いちごを, 木曾の, 本当に真白, 村の, 横から, 横に, 欲ばった一心, 歎い, 此処に, 死ぬまえ菩提寺, 死んだ兄, 母の, 毎日ドームへ, 気軽に, 泣き, 泰二君の, 海ほおずきの, 深窓に, 炉辺で, 燈火の, 独りさびしく, 独り言を, 玉子と, 王女が, 生きた空, 田舎の, 甲高な, 男の子の, 當時の, 病気に, 白目を, 白髪頭を, 目の, 目鏡を, 盲だった, 盲人だ, 盲目でありました, 眠ったらしい, 眼を, 知りませんねと, 私までも, 立ちあがって, 立ちぎはにちよつと衣紋, 立ち上がって, 立って, 立身に, 端の, 笑いながら, 笑いました, 笑った, 笑って, 米しか, 糸車を, 終點に, 美妙の, 考えて, 耳が, 耳まで, 肩に, 胸に, 胸の, 腰が, 自分かってな, 臼を, 草とる, 葡萄酒を, 虫目鏡を, 蝋とは, 見しらない男, 見知らない男, 言いながら, 言いました, 言って, 言ひました, 註文を, 話が, 貧しい武家暮し, 貧相で, 貴方御存じない, 買物をか, 赤いびろう, 赤ずきんちゃんの, 赤ねこの, 起きて, 足を, 返事を, 遊んで, 運動会へ, 金を, 金切り声を, 金持ちだった, 銀の, 錦絵の, 長刀ほおずきを, 長年の, 門の, 障子の, 雜煮を, 青黄い小さい, 頑固に, 頭の, 頭を, 頼ろうと, 顏色を, 顔を, 風を, 飴チョコを, 魔法が, 魚と, 黒い紗

▼ おばあさん~ (306, 16.1%)

8 ありました 3 それを, 住んで, 私の, 私を

2 [16件] いいました, いった, いるん, いわれました, こっちへ, ごしん, やっぱりけら, 云ひました, 出て, 急病で, 悪かった, 来ました, 生きて, 窓の, 起きて, 顔を

1 [254件] あって, あなたの, あるいて, あれな, いけと, いたって, いったあの, いったから, いったよ, いって, いつかもうずっと, いつもの, いつも二人, いなくて, いねえじゃ, いふ, いますわ, いよいよ來, いるから, いるこの, うけて, うれしさうに, おいす, おしょさん, おまえたちに, おまえに, おみきと, おもしろいお話, おられるので, お墓, お嫁, お祝いに, お聞きつけなす, お重箱, お金を, お金入を, かごの, かわるがわる, きく, きらいで, くれたとしても, こいが, こいの, こいを, こうして泣く, ここの, こたえました, これは, こんなに寒く, ござった, ござる, しきりと, じっとし, すっとそこ, すわって, そういう, そういう様子, そこだけ, そこに, そのが, そのニュース, その橋, その赤いかん, そばへ, たべるの, つえを, でえ, でた, とくちゃんに, とても人柄, とても僕, どこから, どんぶりの, なくなってから, なくなられてから, なにを, ぬすまれた肉, ねこの, ひとりお, ひとりごとを, ひとりつえに, ひとりぼっち, ひとり店先に, ひどく清造, ひるね, びつくりし, ふっと本, ふと陰, ほんとにまア, また店, まだ若い, みかんを, むつきを, めがねを, もう引越し, やかましすぎる, やはり家, ゆるして, よく歌っ, わざわざ二階, ゐないと, カイを, キンボウと, ゲルダの, コボし, ゴホゴホと, テイブルにかけて, テエブルの, ポツンと, ムンズという, 一人で, 一人住ん, 一段一段階段を, 丁度干し物, 三歳の, 両肩, 丹毒に, 久しぶりな, 亡くなったので, 亡くなったん, 亡くなってから, 亡くなるとき, 人が, 今夜おまえは, 凡ての, 出た, 出迎えました, 化された, 卒中でなくなり, 口ずさんで, 口癖の, 古びたちゃんちゃん, 台所へ, 坊やを, 声を, 夏に, 多くすん, 大きな, 大きなふろしき包み, 大きな声, 奇妙に, 女中と, 嬉しそう, 子供の, 子供を, 学校に, 孫を, 守を, 宮仕, 寒がります, 小さい声, 小さく坐り, 居たら解るん, 居なくなって, 川で, 川の, 帰ったと, 店で, 店を, 座を, 庭い, 後から, 御厄介, 心配し, 怒って, 怒ると, 急に, 息を, 意外にも, 愛嬌よく, 手ずから飲ませる, 手の, 手製の, 承知せんぞい, 折入, 拭いて, 振向く間もなく, 握つて, 教主で, 昨夜ねる, 木蔭などに, 杖あげ, 杖を, 来た, 来たと, 来たという, 梨を, 機嫌が, 死にました, 死んだけれど, 母に, 毎日毎夜同じ, 気の毒に, 泣いて, 泣きましょうよ, 泣き若い, 海の, 灸の, 独りで, 猫の, 王女に, 用事が, 畑と, 留守番役に, 番を, 病気に, 目が, 目顔で, 直ぐ近く, 知らぬ土地, 空を, 突然ぶっ, 突然打つ倒れた, 突然死ん, 立って, 笑ひ, 糸を, 紙の, 縁側へ, 聞かせて, 脳溢血で, 腹を, 自分の, 自慢する, 茶を, 行きずりに, 見えて, 見えなくなったと, 見舞いに, 話題に, 警戒する, 買ったお菓子, 赤ん坊を, 起きた時, 起きるまで, 起して, 転んだと, 転んだの, 農産物展覧会場へ, 迎えに, 追っかけて, 退院なさった, 通りかかって, 金の, 金持ちだ, 銭を, 門から, 陣取って, 障子を, 頼むの, 風呂場に, 鳥居の, 麦を, 黒い頭巾

▼ おばあさん~ (294, 15.5%)

11 ところへ 6 家の 5 姿は, 家へ 4 そばへ, 手に, 手を, 顔を 3 おうち, おもかげ, ことを, ところで, ような, 家を, 方を, 顔が

2 [18件] うちの, して, ところに, ひざの, ように, 二人が, 分と, 声が, 声を, 妖女は, 家で, 家に, 後を, 所に, 方に, 方は, 方へ, 蔭に

1 [191件] あたま, あとに, いうこと, いうとおり, いた部屋, いったよう, いは, いる小梅, いる所, うしろへ, うちへ, うれしい時, おかゆの, おつや, おへや, お家は, お床, お気に入りだって, お粥, お給仕, お見舞, かたわらに, きねを, くじいた足, くどくどいう, くれた台, くれた四角い, こう言う, ことや, こんな繰, さめざめとして, しやちこばつた足, しわくちゃの, すがた, ずきんを, そういう弾み, そでを, そばに, そばは, ために, ところを, とは反, ねて, はなしです, は万葉調, ひざから, ひとり暮しも, またおばあさん, ままで, やうな, やうに, ゆくの, よい後姿, よちよちに, 一生懸命な, 上に, 不思議な, 予言者が, 予言者は, 事は, 亡くなったとき, 人が, 仲の, 住んで, 体が, 使ひも兼ね, 俥が, 側が, 側で, 側に, 傍で, 傍などに, 先に, 入れて, 前へ, 力では, 又おばあさん, 口に, 名だった, 名は, 名前は, 墓が, 墓に, 墓を, 夏ぼうしを, 大名の, 女王は, 妖女の, 姿が, 姿も, 孫の, 孫みたいな, 孫娘が, 家は, 寢た, 寢て, 小さい姿, 小屋の, 居ないこと, 席を, 帰りを, 帰るの, 帰るまで, 幽霊だって, 店で, 店の, 店はと, 店を, 形見だ, 役目でした, 後について, 後ろからは, 後姿を, 御哥, 御秘蔵, 御飯は, 心が, 心づくしが, 心づくしの, 心持ちが, 思ひ出, 所へ, 手だけで, 手で, 抱えて, 持物だったろう, 教えて, 方からも, 方の, 日なた, 明日着る, 曲つて行つた路地の, 来るという, 案内で, 横っ面を, 機嫌しだいで, 歌を, 止めるまもなく, 正直な, 此處に, 母親も, 泣いて, 滑らかな, 父親安芸守は, 片折戸, 生前の, 生活という, 留守宅には, 白い頭, 白髪を, 目から, 目がね, 目は, 眉は, 着物と, 着物を, 窓の, 立姿が, 第一, 耳に, 聲色に, 背中に, 背中は, 胸に, 脳天から, 茅屋からは, 茶店は, 蒲団を, 薫陶を, 處へ, 表情は, 表札のか, 話だの, 貯金帳には, 足取, 身の, 輪郭を, 間には, 降りようと, 隱居所は, 頭からは, 頭の, 顔, 顔と, 顔ばかり, 顔も, 顔や, 食牛育成における, 養子に, 骨を, 魔法に

▼ おばあさん~ (120, 6.3%)

3 いいました, なって, 連れられて 2 いって, ききました, 伴われて, 向かって, 思われたほど, 言われて

1 [99件] あうため, あきかん, あげました, あげるもの, あげるん, あげる手袋, あるの, お父さんと, お礼を, お辞儀を, かじりついて, きいて, くれたん, けっして, こすりつけて, さっき自分も, しかられると, しかられるので, しつこくたずねました, しては, しろその, しろまた, ずゐぶん苦勞, せっぷんしました, そのこと, たずねて, たずねました, たのんで, つれられて, てつだって, なっては, なりおじいさん, まい月, みんな代りに, むくよう, やっちゃった, やる約束, よくにて, よく孝行, わかるもん, わたして, ゲルダの, 一つ分け, 一人の, 三時間餘の, 世話に, 仕込まれて, 伴われながら, 何んという, 使われてさ, 僕は, 出会いました, 別れを, 助けられました, 化けて, 十一人の, 十円めぐん, 向くよう, 天の, 幸福に, 彼が, 心配させる, 息を, 悪口を, 感謝しました, 手を, 手渡しました, 教えながら, 時々学校, 来て, 正すと, 残して, 注意なさいました, 甘えて, 當つたといふ, 着物を, 続いて, 縁の, 聞いて, 聞かして, 聞きますと, 聞きゃわかるから, 自分が, 萬といふ, 見こまれたらどうしても, 見せて, 見せなければ, 見られぬ前, 言いました, 言って, 訊いたよう, 話して, 話しました, 話を, 送って, 逢つた, 連れられては, 集めがち, 麥生まで

▼ おばあさん~ (64, 3.4%)

2 ないの, びっくりし, 言いました, 言って, 言葉を

1 [54件] あいさつを, あった, あります, あれだけ, あんまりです, いました, うかうかたぬき, うれしがっ, おじいさんも, おたつ, お母さんも, くもさんも, こつそり一, しろ公, それには, そんなこと, ついて, ですね, どこか, なおりましたし, なくなられたの, ひところよりは, びっくりしました, またしあわせ, まだ生き, まだ達者, もう肩, よほどお, よろしく頼みます, シャボンという, 一つやっ, 一切空, 八釜し, 冬の, 出て, 大へん, 子も, 孫の, 安心したらしく, 平たくなっ, 待って, 御滿足, 悪いやう, 案外平, 死んだ善兵衛さん, 死んでしまつたんで, 片づけて, 目も, 私たちの, 答えました, 褒めた, 言う, 話に, 達者で

▼ おばあさん~ (60, 3.2%)

3 見ると 2 だまして

1 [55件] あつしが, あんなにも, おぶって, お持ちだ, お料理, かかえて, かけさせて, かばおうと, さそつて, したわしく思う, しんせつに, そのままのん, だまそうと, つかまえて, つれて, どんなにか, なぐさめるつもり, のみこみました, みつめました, みても, 伴れ, 倒して, 吹き倒そうと, 呼び止めました, 呼んで, 困らしたが, 困らせるよう, 堀り, 妹の, 子供心に, 幸福だ, 引つれて, 待ちかまえて, 待つて, 思ひ出し, 慰めた, 扶けながら, 押すん, 担ぐつもり, 招く仕度, 捜して, 支えて, 新しく紹介, 無理に, 相手に, 祖母だ, 私の, 脅かすもの, 自分の, 苦しめるよう, 見ました, 見るため, 誘って, 迎えたという, 養わねば

▼ おばあさん~ (45, 2.4%)

2 呼んで

1 [43件] いって, おっかさんの, お父さんが, きりしか, そうだ, てっちゃ, なりました, にらめっこを, みんな鵠沼へ, むすこ, むすめさん, むやみに, 一しよ, 一緒に, 三人きりで, 三人の, 主人の, 二人で, 兄さんとの, 同年で, 同樣守つて, 坊やんの, 夫妻と, 娘が, 娘は, 子供は, 孫と, 心細いおもいを, 手を, 本家とが, 死んだ連合, 母とが, 母親との, 浪ちゃんの, 父とが, 私とは, 私の, 自分との, 自分の, 話し合いました, 赤坊とで, 食べるとき, 骨太で

▼ おばあさんから~ (26, 1.4%)

3 送って 2 もらった銀

1 [21件] いいこと, お粂, きいたこの, きいた不思議, じかに聞いた, たわいも, ふかし薯, もらった三本, もらった笛, よく様々, フランシーヌに, 人間という, 借りたの, 別れて, 女は, 屆けて, 手紙が, 昔話を, 時計屋敷の, 聞いた温泉, 話に

▼ おばあさん~ (22, 1.2%)

1 [22件] おじいさんから, おじいさんの, おっかさんは, お母さんと, お母さんを, お里とも, お里の, お里を, アルベール夫婦にとって, 兄の, 兄や, 兄夫婦の, 兄寿平次を, 姉やらに, 娘と, 娘に, 娘は, 子どもに対しても, 子供の, 焼鳥屋の, 細工場の, 間宮君に

▼ おばあさん~ (13, 0.7%)

2 そうな

1 [11件] が原君, ぜ, とあきれ, というもの, と心, と思っ, な, なア, よ, わ, ア

▼ おばあさん~ (13, 0.7%)

1 [13件] から大変, がまぶた, がやりとり, なん, なんて, にむかっ, の誰, はおかしな, はお湯, はゆ, は世間話, を何, を捜す

▼ おばあさん~ (10, 0.5%)

1 かみさんは, くつの, けいちゃん何処に, たつし, なんさんおとし, 困りでしたでしょう, 大事に, 帰んなさい, 待なさい, 鮨でも

▼ おばあさんには~ (10, 0.5%)

1 かぶと虫だろう, べつに身内, まだそうした, わかりますまい, 大変気の毒がってね, 彼の, 心配が, 生れて, 良郎といふ, 身内でもよ

▼ おばあさんです~ (7, 0.4%)

31 しこちら, ね, ねその, ものねえ

▼ おばあさん~ (5, 0.3%)

1 あつた, すこしもじっ, せうね, 孫にあたる, 目の

▼ おばあさんという~ (5, 0.3%)

2 人が 1 のは, ものは, 人は

▼ おばあさんにも~ (5, 0.3%)

1 お民, つゆは, よくそれ, 逢えるでしょうね, 逢わせるし

▼ おばあさん~ (5, 0.3%)

2 のお母さん 1 がくん, にも分かっ, に時計

▼ おばあさんこの~ (4, 0.2%)

1 ひとが, 人に, 千代紙は, 森を

▼ おばあさんたち~ (4, 0.2%)

1 が派手, が風通し, の顔, はどう

▼ おばあさん~ (4, 0.2%)

1 のだ, ので安心, のにね, んです

▼ おばあさんもう~ (4, 0.2%)

1 そんな着物, 五十日たちました, 家が, 家へ

▼ おばあさんより~ (4, 0.2%)

2 嘉ッコの 1 ずっと幸福, 上かな

▼ おばあさんじゃ~ (3, 0.2%)

2 ないん 1 なかったかい

▼ おばあさんとが~ (3, 0.2%)

1 まん中に, 住んで, 入って

▼ おばあさんとの~ (3, 0.2%)

1 日常に, 生活の, 開墾した

▼ おばあさんなど~ (3, 0.2%)

1 みな主人以上の, 大勢いた, 死うせたまいし

▼ おばあさんなんて~ (3, 0.2%)

3 大きなお

▼ おばあさんにな~ (3, 0.2%)

2 つてし 1 つてから

▼ おばあさん~ (3, 0.2%)

1 が何, が駅, は開会

▼ おばあさんおばあさん~ (2, 0.1%)

1 が黒い, とむやみ

▼ おばあさんきっと~ (2, 0.1%)

1 およろこび, 甲府へ

▼ おばあさんこい~ (2, 0.1%)

1 の代金, は食べない

▼ おばあさんこれ~ (2, 0.1%)

1 はなんと, もあげます

▼ おばあさんしっかり~ (2, 0.1%)

1 おつかまんなさい, なさるわ

▼ おばあさんすみません~ (2, 0.1%)

1 がその, ね

▼ おばあさんそっくり~ (2, 0.1%)

1 でした, になった

▼ おばあさんだけは~ (2, 0.1%)

1 いいました, 目に

▼ おばあさんだって~ (2, 0.1%)

1 そっくりはいれ, 三吉には

▼ おばあさんでも~ (2, 0.1%)

1 さすがに, 動いて

▼ おばあさんとは~ (2, 0.1%)

1 あくる朝, 不思議に

▼ おばあさんなりに~ (2, 0.1%)

1 着物も, 若い父親

▼ おばあさんにと~ (2, 0.1%)

2 つては

▼ おばあさんらしい~ (2, 0.1%)

1 ことを, 声が

▼ おばあさん一人~ (2, 0.1%)

1 のお, のきれい好き

▼ おばあさん~ (2, 0.1%)

1 か話, しに

▼ おばあさん~ (2, 0.1%)

1 はどこ, はなぜ

▼ おばあさん大丈夫~ (2, 0.1%)

2 ですか

▼ おばあさん~ (2, 0.1%)

1 を焼い, を焼くけむり

▼ おばあさん~ (2, 0.1%)

1 をあけ, を開け

▼ おばあさん自分~ (2, 0.1%)

1 が歌, は又

▼ おばあさん自身~ (2, 0.1%)

1 にし, の一生懸命さ

▼1* [129件]

おばあさんあした行くん, おばあさんあなたがお作り, おばあさんあれはなに, おばあさんいくつぐらいからお, おばあさんうそでないほんとう, おばあさんうちのお母さん, おばあさんおかあさん自分自分の子, おばあさんおばあさんすずめはどこ, おばあさんおばあさん自分は又, おばあさんおもしろいお話を, おばあさんおれにも, おばあさんお前さん隠居でもしたく, おばあさんお姫様はピラピラ, おばあさんかぶと虫とった, おばあさんからすが怖い, おばあさんからの話が, おばあさんかんにんして, おばあさんがとぼとぼと小径, おばあさんきっとそうですよ, おばあさんきょうはお, おばあさんくたびれたら少しお, おばあさんくもさんちつとも, おばあさんこそ早く入, おばあさんこのごろどうして息子さん, おばあさんこんなめでたいこと, おばあさんこんな大きなやんまが, おばあさん病気で, おばあさんしか見たこと, おばあさんすぐぴんと足が, おばあさんすずめはどこ, おばあさんそこでなにを, おばあさんその他小さい家, おばあさんたまがうち, おばあさんだけならいつ, おばあさんだけと暮らして, おばあさんだつたので老人特有, おばあさんであってそうして, おばあさんでありましたからあや子, おばあさんであるがめづらし, おばあさんでございますよ, おばあさんでしたか, おばあさんといふのは, おばあさんとだけやらされるとき, おばあさんどうしたら私, おばあさんどうかお風呂, おばあさんどうしてなさるかな, おばあさんどんなにして, おばあさんなかなかの上手者, おばあさんなにを採っ, おばあさんなにか落ちましたよ, おばあさんなんだいそ, おばあさんにもね姉様髯が, おばあさんにゃ十度目でも, おばあさんのとほい昔, おばあさんのよげんした, おばあさんはおつしやいました, おばあさんはじぶんのたのしみ, おばあさんはじめお里やお, おばあさんはとぼとぼと家, おばあさんはなわれ一人を, おばあさんははこの, おばあさんはへいきな, おばあさんはも一ど, おばあさんばつか追ひ廻し, おばあさんひいおばあさん達が, おばあさんふしんせつ, おばあさんへんろが, おばあさんほどこの子, おばあさんまあなんてきみの, おばあさんまたそんなこと, おばあさんまで出て, おばあさんまでが恐ろしい洒落者, おばあさんみんながいじめる, おばあさんゆずりのクリン, おばあさんよかったらもう少し, おばあさんよく考えて, おばあさんよりは祖母の, おばあさんわしの身, おばあさんゐるの, おばあさんハイヒールでしょう, おばあさん一ばん好きなもの, おばあさん一銭おくれ, おばあさん三人がぜひ, おばあさん三味線が始まりました, おばあさん二人は竹やぶ, おばあさん二階で嚏, おばあさん五十円で, おばあさん五目ならべ, おばあさん帰ったよ, おばあさん今年は花, おばあさん伊東へ來, おばあさん何もかも見て, おばあさん使って下さい, おばあさん僕一度に三人, おばあさん半蔵のところ, おばあさん友達その人たち, おばあさん吃驚しちや, おばあさん喜んで外, おばあさん困っています, おばあさんの土, おばあさん大した御馳走だ, おばあさん娘孫息子と三匹, おばあさん学校の生徒, おばあさん実は今日は, おばあさん家鴨が, おばあさん小僧がなぜ, おばあさん自身にだって, おばあさん持ってき, おばあさん挽割麦を三斤, おばあさん斯んな写真, おばあさん本当にかかったの, おばあさん来年つて遠いの, おばあさん毎日首を長く, おばあさんを一ぱい, おばあさん浦島太郎のうち, おばあさんの上, おばあさん甘いもの持つ, おばあさんとして出し, おばあさんですよ, おばあさんもかえった, おばあさん自身首を縊, おばあさんが見えるでしょう, おばあさんをくじいた, おばあさん逃げそこなって, おばあさんではなく, おばあさん達女づれは大, おばあさん野原の国広屋, おばあさん野守というの, おばあさんのお