青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おのれ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~おった おった~ おと~ おとうさん~ おとなしく~ おなじ~ おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~
おのれ~
おばあさん~ おばさん~ おぼえ~ おまえ~ おまけ~ ~おも おも~ ~おもしろい おもしろい~ おやじ~

「おのれ~」 1952, 21ppm, 5453位

▼ おのれ~ (721, 36.9%)

15 うちに 8 欲するところ 6 ような, 心の 5 心を, 思想の, 欲せざる 4 前に, 力の, 罪を, 身に

3 [13件] からだを, ことを, 中に, 作品の, 内部に, 外に, 女房は, 姿を, 手を, 生涯の, 精神の, 運命の, 道を

2 [51件] すがた, ために, 一切の, 三歳二歳一歳の, 上に, 体臭, 作品で, 作品に, 価値を, 個性を, 動作が, 名を, 命を, 命数を, 妻が, 姿勢を, 岩を, 影に, 心が, 心も, 意志を, 慧眼を, 手に, 旗を, 時代を, 物に, 生を, 生命を, 生活と, 生活の, 生活を, 精神を, 義務を, 職務に, 良心に, 芸術の, 行つたのを, 観念を, 誤謬を, 趣味を, 身の上に, 身を, 身分を, 運命を, 醜い姿, 醜さ, 頭を, 餌食を, 首を, 高慢心, 魂を

1 [514件 抜粋] あくせくした, あたま, あやまちを, あらゆる思想, いたり, いのちを, うしろに, うちの, うちを, うつつ心が, おちぶれを, お茶羅化が, ことと, この身の上, こぶしの, ささやかな, したこと, しなびた血, そばに, ただならぬ好, つつましい家族, なかに, なさんと, なすべきところ, はかまは, はじめの, ふるさとでも, ほしいものの, ものが, やうな, ゆゑ知らぬ, よしと, よるところ, わきざし, をも梓行せん, を良し, スパルタを, ロマンチックな, ヱネチアに, ヴァニティと, ヴァニティを, 一命を, 一命をも, 一子郁次郎の, 一言の, 一身を, 上下の, 下に, 不勉強, 不愉快な, 不明が, 不死をも, 不運に, 世つぎを, 中へ, 丸いやわらかな, 主人にも, 主人の, 主君とは, 主旨を, 主義と, 主義を, 主義主張の, 事業中に, 人品まで, 仕事を, 仕合せに, 他人の, 仙術で, 任務と, 住家の, 体に, 体系を, 何ものである, 余命の, 作った御殿, 作品が, 作品に対する, 作品を, 使命に, 信じきれない宗教, 信仰を, 信念を, 偉大さによって, 偏見を, 停滞した, 健康について, 偽装を, 傍近く隨は, 傷を, 優越感を, 兄弟を, 光によって, 全部を, 兩のての, 内に, 円を, 冷静を, 処女作の, 処女作聖アントワンヌの, 出世に, 出身地たる, 分を, 分前, 利益を, 前方を, 力が, 力は, 力を, 力先きの方向に, 功にのみ, 功を, 功徳により, 功績によって, 劣等さを, 労働が, 労働との, 勇を, 勇壮の, 勇者なる, 半生を, 危険を, 原稿が, 反響の, 収入として, 口の, 口真似を, 名前までも, 名前を, 名歌, 向こうに, 呆け加減に, 周囲に, 味方と, 命だけは, 哲学の, 唇に, 善行の, 喜びよりも, 固定観念に, 国家を, 地下の, 地位も, 地層を, 地歩を, 坐に, 域を, 境を, 壜の, 声に, 変な, 変り果てた姿, 外套もて, 夢想にたいする, 夢想を, 大望とやらの, 大法を, 天職を, 失敗に, 失言を, 女房こそ, 好まざる飲食物, 好みに, 好みによって, 好む方, 如くなんじの, 妻である, 妻に, 妻のくらい, 妻を, 妻子の, 妻子を, 姉は, 姿の, 威力を, 存在と, 存在の, 安穏を, 官能を, 実価, 家を, 家中の, 容装に, 寝間の, 寿命を, 専門外の, 小さい室, 小さな愚作, 小さな胸ひとつ, 小舟を, 小説の, 局に, 居場所に, 屋敷に, 属する階級, 巣の, 工夫が, 幸福について, 幻が, 幼年時代の, 庇護者の, 座に, 弱點, 強い芳香, 役を, 役目を, 心かと, 心から, 心からい, 心と, 心のみを, 心ひとつで, 心をも, 心境を, 心臓を, 志では, 思いに, 思い出を, 思念開陳は, 思想と, 思想に, 性質を, 恋の, 恋を, 恋愛を, 悪の, 悪事を, 情婦と, 情熱に, 想像と, 想念を, 意地ぎたなさや卑し, 意志で, 意志に, 意思により, 意欲を, 意気地の, 意見を, 愚かさを, 愚かさ拙な, 愚者である, 愛する女, 愛する花, 愛への, 愛情の, 感じそのもの, 感情を, 慈善を, 態度と, 慾を, 憤怒と, 戦いの, 戦利品を, 戸を, 所業を, 手から, 手で, 手の, 手抜かりは, 手柄を, 才能にも, 持って, 持つ最も, 提灯を, 擧動の, 救援と, 救済によって, 敗北を, 敵を, 文体を, 文化の, 文字の, 新調の, 方に, 方には, 方へも, 方を, 旗本にも, 旧主ドン, 旧悪を, 智慧袋が, 書斎とも, 書簡集作成に, 最も信頼, 最善を, 有頂天に, 服装が, 本能に, 村で, 業に, 業を, 槍に, 権利を, 権勢や, 欲するが, 欲する以上, 欲望を, 正義と, 歴史的現実として, 死せる, 死にて, 死も, 死後に, 死骸の, 殺した死骸, 気ちがいめく, 気持ちを, 気持に, 氣弱さを, 油断に, 法則を, 法衣に, 注意力の, 涙もろい, 淪落の, 潔白を, 為す事, 無事だけを, 無力を, 無力卑屈を, 無學, 無智, 無用さを, 熱心がを, 熱心を, 爪の, 父母また, 片足ずつを, 物知りを, 独房を, 独立を, 独自の, 理想と, 理想に, 理想を, 理智と, 生れ落ちた浮世, 生命たる, 生命ならぬ, 生命よりも, 生年月日を, 生活から, 生活との, 生涯をもって, 産物を, 疎忽, 病気に, 病気を, 発したる一語一語, 目で, 目には, 目の, 目を, 目上の, 目前に, 目前の, 眩惑を, 眼のうへの, 眼を, 知を, 知恵と, 知識を, 砂利を, 祖国より, 神の, 神秘な, 神經をも, 私を, 科は, 種属の, 空洞が, 立って, 立てる馬, 立場を, 第一, 答への, 範囲を, 素面へ, 素首を, 絶望を, 織物の, 罪と, 罪の, 群れを, 耳に, 耳を, 職務で, 肉親を, 背なかに, 背に, 背中に, 胸に, 胸へ, 脚を, 腕の, 腕前を, 臓腑を, 自尊心を, 自我おのれの, 自殺の, 舟を, 良心の, 色慾の, 色香を, 芋虫に, 花の, 芸味に, 芸術を, 葉や, 著物, 處女作の, 虚偽を, 血と, 血を, 血潮で, 血脈中に, 行くべき目標, 行く末を, 行動の, 行末を, 行為の, 衣裳の, 袂を, 製作銘を, 襟髪を, 視線を, 観念に, 解き放す情熱, 言葉に, 言葉の, 言葉を, 許に, 詩稿と共に, 誕生の, 誘惑たる, 誠実うたがわず, 誠実だけは, 誤りだった, 調子づいた臭い, 論陣を, 謎の, 議論が, 財も, 財足さむ, 貧弱な, 貰ひ, 足を, 身がかは, 身にも, 身の, 身は, 身ひとつ家の, 身より, 身一つさえや, 身代わりと, 身辺へ, 身邊ちかく, 近くを, 近況の, 迷い, 運動を, 運命開拓の, 道具を, 部屋へ, 重みにて, 重荷たり, 重量に, 重量の, 野心を, 野蛮なる, 門人とは, 陶醉に, 隠れた光, 青春にたいしては, 非に, 面と, 面上に, 面目が, 頑固なる, 領土を, 頬ぺたに, 頭の, 頭上を, 頭髪が, 頽廃的な, 顔が, 顔に, 顔の, 顔を, 願うべきもの, 首が, 首をも, 馬鹿さに, 駕の, 高い趣味, 高さ, 魂おのれの, 魂が, 鶴嘴を, 鼻垂れの

▼ おのれ~ (233, 11.9%)

5 忘れて, 愛するが 4 知る者 2 あゆます, むなしくし, 制すること, 卒直に, 悔まず, 抑えること, 犠牲に, 知るもの, 虚う, 表現し

1 [199件] あざけるの, おのれの, かくまで, くじこうと, けがすよう, ごまかしながら, さいなんでる孤独, さがしたが, ささげるという, すて操, その中, その社, つつしみ品行, とがめみずから利己主義者, とらえようと, とり戻しそろそろ, はばかるさま, みがき上げるだけの, もって, よくせん, よく知っ, よりよく, 一致させる, 主張せん, 人の, 仇と, 仏に, 仕合せとは, 侮辱する, 倹約し, 傷つけてまで, 傷つける, 制して, 制しなければ, 制するという, 制する道, 動かす他, 卑う, 卑しみ, 卑下し, 卑下すれ, 去ったこと, 収めて, 取扱ふこ, 叱って, 叱り我, 含有し, 咎めてるもの, 嘲りぬ, 噛めり, 売っても, 売らぬ, 好むもの, 嫌いたもう, 嫌ひ, 嫌忌の, 守りおのれ, 守ること, 守る意味, 客観的な, 害する事, 尊むとともに, 尊敬し, 屈して, 屠った恨, 崇拝し, 引き込む節奏, 弱者と, 心得て, 忘ずる術かれ, 忘れること, 忘れ三たび渠, 忘れ他, 忘れ家, 思想の, 怨まぬこと, 恃み, 恋する女, 恐れる尊い, 恥じる, 恥ぢるばかり, 悪魔に, 愛する我利冷酷, 慎んで, 懲し, 戒めかつ, 打った者, 抑制し, 抑制する, 抛って, 押えながら, 押えること, 持し, 持すること, 指さしたころ, 捨ておのれ, 捨てる水, 撃ち殺して, 支持する, 支配する, 放捨, 救ふたつた, 斃す, 棄てて, 検覈せざる, 欺かざる底, 欺く, 欺くこと, 歌うのみ, 正しと, 正せ自己批判, 武装する, 歯がゆく思わず, 死地に, 死守する, 殺さんと, 殺して, 殺すこと, 比して, 求むる者, 潜めようと, 燃すすさまじい, 獲得せん, 生かせおくいっさい, 生き埋めに, 生身の, 異國人, 疑って, 発表する, 監視しなけれ, 相手に, 省みて, 省る, 知って, 知らないでは, 知らないもの, 知らない骨頂, 知らぬぼろ鞘, 知らねば, 知らんちうの, 知り敵, 知ること, 知るぞと, 破る弓矢, 破壊せず, 確信し, 示しさえ, 示した, 示して, 示しまた, 示すが, 称した, 空しゅうした, 笑おうと, 統べるため, 統御する, 美しくし, 育て, 脱れ得ざれ, 脱却し, 苛責し, 苦しめて, 蔑むという, 蔑んだ, 虚うし, 虚に, 蝕するの, 表現する, 裏切りおのれ, 見いだすこと, 見せびらかし自分, 見る, 覚らずただ, 観た労, 認めて, 認められよう, 語る, 謎の, 護ること, 護る住宅, 護る形, 責むとも, 責めた, 責めつつ, 責めぬそ, 責めるに, 買い被りすぎて, 賛美し, 赤裸々に, 車に, 迫上げ, 釘づける, 防御しない, 隠すこと, 露呈する, 飾りは, 養うと, 馬鹿に, 高うする

▼ おのれ~ (139, 7.1%)

2 信じて, 分を, 英雄に, 諸資格, 身命の, 身心を, 面に

1 [125件] お犬, こうと, ここな, この, この業, さすがに, その位, その本屋, ためにこそ, とらえた者ら, なせし, まずはいっ, わたくし物にて, 一番いい, 与えたるすべて, 乗物の, 事, 人物を, 代って, 住所を, 像を, 分なり, 刪潤せし, 前に, 十二万五千石の, 十八の, 呪うたか, 命を, 嘘つきで, 売れっ子なる, 外より, 女の, 女房に, 妻と, 婦は, 學の, 家の, 家を, 導くもの, 尽したる職分, 工事は, 平常より, 平等見, 座の, 強情など, 心の, 心事を, 心地に, 思ひなし, 思ふに, 悦に, 悪党にも, 悪業の, 意志を, 懐裡の, 懲役に, 懷け, 手に, 拷問に, 損した, 文典の, 新家庭, 早く君, 旺壯の, 服従すべき, 望むが, 本意なり, 本来目的として, 本能を, 桜かな, 業の, 業を, 榮譽と, 檮昧を, 櫻かな, 欲するところ, 歌舞伎座作者部屋に, 死ぬるか, 殿の, 民衆の, 為すべき業, 無に, 無沙汰, 物と, 理想の, 生まれた国, 生まれて, 生涯を, 留守中の, 盡したる, 知って, 知りたる限, 知るだけの, 私通せる, 立てつるすぢ, 立脚點を, 絡いし毛布を, 統御する, 股を, 胸だけに, 胸は, 胸裏の, 臆病である, 舞台で, 菊池党以上の, 著書の, 行なわずに, 衣類髪の, 見たほどの, 言海あやまりあるべからむこ, 談理の, 論旨の, 賢明に, 身に, 身の上に, 身辺に, 遊ぶ子守, 過去の, 部屋に, 釣竿装置など, 音節をと, 顔を, 飢える飢えぬの, 飢ゑる飢ゑぬの, 首も

▼ おのれ~ (120, 6.1%)

2 何者じゃ, 生れながらに, 醜いと

1 [114件] あとに, いかに幸い, え讀まぬ, おのれで, かたきの, ここに, このこと, このため, この半, この地, この竹童, すとんと, そのため, そのまま子供, それっきり食べよう, それを, どうかしてる, どうする, どこの, ならぬ, まさしく約束, よくもよくも絹川, チベット政府の, 一つ目小僧に, 一番町なる, 乙に, 人に対して, 人の, 人間と, 今宵も, 他を, 何ゆえ疎略に, 何んじゃ, 何処へ, 何者だ, 偸み聞きし, 兵馬か, 兵馬に, 内に, 分裂し, 前の, 助かっても, 勝の, 十貫目の, 千曲川の, 危険なき, 口を, 古河黙阿弥と, 地下に, 坐蒲団, 天魔太郎, 天魔太郎ッ, 女に, 富貴の, 小坂部, 役所の, 恨も抱かずに, 新九郎であった, 新佛, 日々鬼の, 日本左衛門の, 昼盗人か, 晩唐諸家の, 本郷に, 果報者だ, 楊儀だ, 次子なり, 正月の, 武士か, 武田伊那丸に, 武蔵じゃ, 水瓶を, 法月弦之, 泥棒で, 涼しい善人, 深くは, 清雅高燥の, 漢學者の, 無に, 父よ, 狐狸と, 現在の, 甲に, 畜生, 盗人の, 盗賊だ, 瞞した, 知らず, 空想を, 竿を, 聖母の, 臆病かぜに, 舌が, 落ちたる行燈, 藻を, 蛾次だ, 蛾次郎だ, 西瓜売り, 西蔵語を, 要害の, 親を, 言は, 誰じゃ, 踏板に, 通りすがった, 那珂通高君の, 長崎屋, 阪本の, 顔を, 風なす, 館を, 馳せて, 高田より, 鳥居峠の

▼ おのれ~ (76, 3.9%)

2 反對, 損あれ, 敵するもの, 誇るは, 語られぬ, 配して

1 [64件] おもねること, かかった疑い, くれしなりけりと, この弱み, こもる木の実, こもる藪椿, こもれば, さへも, そむくもの, たば, どんな危害, ふさわしい籠, まさりて物, もっとも厳格, よしと, 不利, 伏せられて, 利なき, 勝ちえたよう, 勝つ, 十二分の力が, 十五分の力ある, 向かって, 向つて齒, 向ひかきくどいた, 告げよ道, 命ぜられて, 嘘を, 囚はれる, 堪へ, 媚びるすべて, 存する偉大, 対立する, 帰って, 年を, 愁の, 懲りて, 懺悔を, 打ち剋, 敗れて, 有利な, 未練残すべき, 殺された累, 潜んで, 盾突くもの, 省みしかも, 真実を, 示したま, 禍いして, 節附せさせよ, 篤からう, 籠つておのれを, 背負う神, 親しく榮轉, 許された範囲内, 誓った秘命, 課し与えた義務, 資すること, 身ある, 近いもの, 適合させ, 還ったの, 顧みれば, 驚けよ

▼ おのれ~ (54, 2.8%)

2 亦伯, 知らず世

1 [50件] いつかひとつなる, いつか土地の, かく気, かずま, かっ, ここに, この身の上, その氣分, ただちに代議士, ひたと引き, またいは, またその, また一人, また下げ, また始めて, また機, また驥尾, やがて思い知ろう, 伊右衛門に, 元の, 八寒地獄に, 勘当されたい, 十九年十一月に, 塩冶の, 大同小異の, 始め美人の, 実業家たらん, 寛仁の, 市村座に, 心満ちたらひ, 手伝い申さんと, 招かれて, 捉えられて, 曾て, 某伯, 楽しむこと, 樂しむ, 武士に, 深く首肯き, 熊楠の, 祖父君より, 脇差を, 菓子折に, 許して, 踊りながら, 軍人に, 里の, 風邪等にて, 飽きぬ, 鴉の

▼ おのれ~ (25, 1.3%)

1 [25件] が不義, が狂人, が祈っ, が若殿, こそこの, におしえられよう, に一刻, に食われ, の宿, の巣, の曇った, の生活, の緩怠, の頭上, の風俗, はまだ, は勿体なく, は国, は心して, もいこい, よくも疑がった, よりも畜生, を力づけ, 主殺し, 故に主君

▼ おのれ~ (24, 1.2%)

2 おのれとの

1 [22件] いい交して, おなじさま, しみ, つづけさま, 云つて弓三は, 同じよう, 同じ水準, 同じ齡, 唇を, 喚きざま, 契りけるに, 奴めの, 影と, 彼と, 心を, 思ったが, 木の, 武蔵へ, 現在の, 血相変え, 詞は, 身心の

▼ おのれ自身~ (22, 1.1%)

2 において許す, のなか, の上

1 [16件] から病氣, がノラクラ, が悪い, で恨み痩せ, に対する反抗, の姿, の安全, の生活, の美, の芸術, の足もと, を信じ, を征服, を忘れる, を腐敗, を認識

▼ おのれみずから~ (16, 0.8%)

2 に報告, の中, の生活 1 に対して皮肉, の一つ, の上, の体系, の存在, の法則, の要求, の認識, は猿, 整えられ型

▼ おのれ~ (12, 0.6%)

1 [12件] がわざと, が中, とは何, にも合点, に用, に近い, のよう, の信ぜざる, の知らぬ, の知る, は花川戸, ゆるゆると

▼ おのれひとり~ (11, 0.6%)

1 [11件] が思ひやりにせ, で大理石塊, の事, の心生活, の慾望, の手, の業, の業務, の死場所, の罪, の趣味

▼ おのれ一人~ (9, 0.5%)

2 にのみ係る, の力 1 かねて待たせ, が文明人, と, なりしため, の心

▼ おのれ~ (8, 0.4%)

1 という声, とおめい, とその, と思う, と肚裡, と起ち上がった, よくも, 動くな

▼ おのれ~ (8, 0.4%)

2 に見ろ, 固き守 1 にみよ, に見よ, の言葉, 帰るか

▼ おのれその~ (7, 0.4%)

1 うらみを, 口を, 幕府の, 幼い者, 時, 秘帖を, 醜態で

▼ おのれより~ (7, 0.4%)

1 下れる, 優れたもの, 富める友, 年長けたる, 強い友, 強い者, 穉き

▼ おのれ妖怪~ (7, 0.4%)

5 ござんなれ 2 ござんなれと

▼ おのれ自ら~ (7, 0.4%)

1 のみかおのれ, の利益, の復讐心, の求心的領域, もおのれ, を外, 辛うじて死

▼ おのれから~ (6, 0.3%)

1 こうじゃ, 低めて, 出るもの, 為す業, 短篇化し, 逃げて

▼ おのれこそ~ (6, 0.3%)

1 その神, 天下を, 婚礼の, 怪しいやつ, 逃ぐるな, 阿呆の

▼ おのれ~ (6, 0.3%)

1 おのれっ, たわけ者がっ, 一角だ, 佐太郎だなっ, 何たること, 昨夜から

▼ おのれにも~ (6, 0.3%)

1 あきての, 半を, 嫌厭を, 恥しう, 打ち克てなかつたの, 節は

▼ おのれまだ~ (6, 0.3%)

1 いうか, いうかっ, よさぬか, われを, 囈言を, 無用な

▼ おのれよくも~ (6, 0.3%)

1 ほざいた, ほざいたな, 地蔵菩薩を, 永い間俺, 秘蔵の, 雑言を

▼ おのれ一個~ (6, 0.3%)

1 で一団, のプライドゆえ, の奢り, の安全, の我意, の欲望

▼ おのれ~ (5, 0.3%)

1 國を, 敏の, 粂をや, 艶痩せ, 菊

▼ おのれこの~ (4, 0.2%)

1 ままおめおめ, 度こそ, 怨みやわか, 話を

▼ おのれどうして~ (4, 0.2%)

2 やろうか 1 くれようかと, やろう

▼ おのれまた~ (4, 0.2%)

2 若しとも 1 打擲を, 灸す

▼ おのれ逃がし~ (4, 0.2%)

2 ては 1 てたまろう, てはと焦心ッ

▼ おのれたち~ (3, 0.2%)

1 のみ栄華, の悲しい, の薬籠中

▼ おのれ~ (3, 0.2%)

1 渡を, 眼を, 縮めること

▼ おのれとの~ (3, 0.2%)

1 戦いの, 戦いを, 直接の

▼ おのれどう~ (3, 0.2%)

3 するか

▼ おのれどこ~ (3, 0.2%)

3 へ行く

▼ おのれのみ~ (3, 0.2%)

2 知る結び目 1 つぶやくべきに

▼ おのれのみが~ (3, 0.2%)

1 光明を, 唯一の, 志を

▼ おのれ~ (3, 0.2%)

1 は消, 伊那丸ずれの, 秋の

▼ おのれ~ (3, 0.2%)

1 しに, としょう, をぬかす

▼ おのれ無礼~ (3, 0.2%)

1 な, なやつ, な挨拶

▼ おのれ盗賊~ (3, 0.2%)

1 とばっさり, 見付けたぞ, 見付けたぞと

▼ おのれいま~ (2, 0.1%)

1 に隠居, 生きて

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 へり見るとき, ッ太郎を

▼ おのれきょう~ (2, 0.1%)

1 というきょう, は遁さん

▼ おのれこれ~ (2, 0.1%)

1 を歐羅巴, を腰

▼ おのれさては~ (2, 0.1%)

1 やさしくいいよっ, 野盗の

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 とは認め, な生

▼ おのれとも~ (2, 0.1%)

2 七人

▼ おのれとを~ (2, 0.1%)

1 対照し, 少しも

▼ おのれに対して~ (2, 0.1%)

1 正直に, 決して他人

▼ おのれひそか~ (2, 0.1%)

2 な花

▼ おのれもう~ (2, 0.1%)

1 三月待て, 二三町先へ

▼ おのれら一族~ (2, 0.1%)

2 の運命

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 お糸, 重兵衛

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 埓な, 埓の

▼ おのれ二歳~ (2, 0.1%)

2 といふ年

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 に篤けれ, を愚

▼ おのれ今度わし~ (2, 0.1%)

2 の領分

▼ おのれ今日~ (2, 0.1%)

1 こそ, も狼藉なす

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 に手, の足もと

▼ おのれ勘兵衛~ (2, 0.1%)

2 もう一度野中

▼ おのれ執念~ (2, 0.1%)

1 く付き, く邪魔

▼ おのれ如き~ (2, 0.1%)

1 性根の, 素浪人に

▼ おのれ常に~ (2, 0.1%)

1 摸擬の, 老臣共の

▼ おのれ故に~ (2, 0.1%)

2 あつたら

▼ おのれ楽しむ~ (2, 0.1%)

2 ものなら

▼ おのれ消え~ (2, 0.1%)

2 つつ飛ぶ

▼ おのれ爆ぜ飛び~ (2, 0.1%)

2 兵微塵なり

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 たること, たるゆゑに

▼ おのれ知る~ (2, 0.1%)

2 からただ

▼ おのれ薄れ~ (2, 0.1%)

2 ていつか

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 ておれ, ゆらくを

▼ おのれ覚え~ (2, 0.1%)

1 ておれ, て居ろ

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

1 に断っ, に頼まれ

▼ おのれ~ (2, 0.1%)

2 がくり冬

▼ おのれ逃し~ (2, 0.1%)

2 てなる

▼ おのれ遊ぶ~ (2, 0.1%)

2 とた

▼1* [278件]

おのれあって邦, おのれあの小僧ッ神め, おのれあれなるは, おのれいかにもして, おのれいで魂を, おのれいわせて置け, おのれ魔でも, おのれおのれとつづけ, おのれおのれ兄の足もと, おのれおのれ姦婦やい, おのれかっ賊の, おのれかなど月並なる, おのれかの無二の, おのれかもいやうる, おのれがと俊雄が, おのれきっとか, おのれきものぬぎかへて賤, おのれくせもの, おのれくそッ, おのれけしからぬ, おのれこうなったらどうしても, おのれこしゃくなッ, おのれこないだはよう, おのれこよひは暴れん, おのれこんどこそは, おのれ酒を, おのれそういう者は, おのれそこに居た, おのれそのままには, おのれそれ程までにし, おのれただ一刀に, おのれだにこず, おのれってんで武者振り, おのれっと目がけて, おのれであろうが, おのれではこの兄, おのれというおろか者が, おのれとても氏子の, おのれとのみ知れるありて, おのれながらなんでそんな, おのれなども幾たび戦場を, おのれなにとて我れ, おのれならぬものを, おのれにかへる, おのれにくい奴だ, おのれにとっては辛くは, おのれには今少し, おのれに対する特別な, おのれぬけぬけと口, おのれのなわ張りと, おのれのぶざまに身, おのれのみかは亡き母, おのれのみのものとして, おのれはじめて美しと, おのればかりは無事に, おのれひと揉みに, おのれひとり物事を考え, おのれひねり潰して, おのれふかくにも生けどり, おのれぶれい千万, おのれ帰って, おのれほどの才女の, おのれづ娯しむ, おのれまさしく魔性の, おのれまだまだ不幸が, おのれまっぷたつと思い, おのれまで弱い奴, おのれみずから外より便器, おのれみづからその, おのれもとより家道裕ならず, おのれやれ万一思い通りに, おのれやれ死んで鬼, おのれよもや忘れて, おのれよりも優れたる重量, おのれよろしよ, おのれらみなが此, おのれら一生の旅, おのれら不所存な, おのれら二人はいい, おのれら功名顔をする, おのれら厳重に処分, おのれら売女の分際, おのれら末座のさむ, おのれら身を何ん, おのれわすれて昨夜, おのれわれ独り武者顔する憎い, おのれをば殺せと, おのれサア王の憎い, おのれジャヴェル一個のうち, おのれッおのれッと肚裡, おのれッどこへ去る, おのれツ人にあくたい吐きおる, おのれドビュッシイ一派の新しき, おのれフラア・マルチノ其餘の人々とこ, おのれヤレ左門怨みを晴らさで置こう, おのれ一人慈悲ならずとも, おのれ一人権を握らん, おのれ一人江戸ツ児なるを, おのれ一人無事にもどっ, おのれ一人縞の春服, おのれ一人跌き轉, おのれ一人高見の見物, おのれ一体どこの, おのれ一分時もその, おのれ一点みるべきもの, おのれ一箇の智, おのれ一身は, おのれ丈助能くも己を欺い, おのれ三馬敵討のそう, おのれ不忠不義の逆賊めら, おのれ不所存な, おのれ不義もの, おのれ不肖にはあれ, おのれ与右衛門おのれは狐狸, おのれ主君を嘲弄, おのれ久吉今にぞ思ひ, おのれ二君にまみえる, おのれ云わしておけ, おのれ五郎蔵この怨み死ん, おのれ衛士の, おのれ人間の子を傷, おのれ今にどこかで, おのれ今忝くも尊い光景, おのれ仙臺にありき, おのれ伊之助さん譬え許嫁の女房, おのれ伊兵衛と申す, おのれ何で人を, おのれ何処へ, おのれ何者じゃ, おのれのくれた, おのれ健かに草, おのれ入水の覚悟, おのれ六波羅奉行と称え, おのれまた次, おのれ其の儘に, おのれ冥途へゆけ, おのれ分捕ってくれる, おのれを見, おのれ化ける水の, おのれ卑怯なり口, おのれ参ったか, おのれ等しく猛く, おのれの横さま, おのれを惜しまぬ, おのれ君子の背後, おのれの大, おのれを受けつる, おのれ和田呂宋兵衛きょうこそはかならず, おのれは置かねえ, おのれ啼くなり, おのれ坊主の分際, おのれ坊主め動くな, おのれ場所柄をも弁えず, おのれ夜中人の住居, おのれなる盾, おのれ大野惣兵衞吾は稻垣小三郎, おのれ太い奴と, おのれに隠し, おのれひて, おのれ妖怪変化のたぐい, おのれ始めて上田先生が, おのれ姦婦やい, おのれ姫尊也といつ, おのれに光春, おのれ家光おぼえたか, おのれ容色自慢だけにいまだ, おのれ宿にのこり, おのれ尊氏に幕府, おのれ小癪な憎い, おのれ売りめ, おのれ幼い御嫡子, おのれ強盗か, おのれ影武者であったな, おのれの少女, おのれ彼奴が正気, おのれ待っておれ, おのれ待てッ, おのれに悔, おのれ忘れしか秘密, おのれ思ふにはかなき, おのれ怪しからん奴だ, おのれ怪塔王おれまでふりおとそう, おのれ山伏めらこの, おのれ意慾すれば, おのれ愛しも笛, おのれさも, おのれ憎いはこの, おのれ成り代わろうとし, おのれ討ちに, おのれ手なみを見, おのれ手向いするか, おのれ揺りあぐる声, おのれ参に, おのれ数年前駿河なる清水港, おのれ文部省奉職中編纂のもの, おのれ日本の薩摩国鹿児島, おのれ曲者いずこ, おのれ有するポダルゴス, おのれ極悪の山大名, おのれ欲無限の我, おのれなむとつきつめぬいきいきとまたも赤子, おのれの敵, おのれ江島屋め人に怨み, おのれ法師め人を馬鹿, おのれ浅ましい奴, おのれ浜川さまを手, おのれ漢朝の世代, おのれ焉馬を判者, おのれ無上と誇らへり, おのれ無体なこと, おのれ燕作ごとき素町人, おのれ爺めえせ物知, おのれ犠牲を得, おのれ狐狸か魔性, おのれ独り高く取り, おのれ之助, おのれ猿めがだましおった, おのれ獻身者となら, おのれ生け捕って正体, おのれ生意気な画板め, おのれ画板め今乃公, おのれ異国の町, おのれ益満と行く, おのれ盗人待ちおろうぞ, おのれがみえぬ, おのれ直にまゐ上り, おのれ眺めたりし, おのれに物見, おのれ知らずて, おのれでも己, おのれ空中を泳ぎ, おのれ笑ったな, おのれ二の, おのれ等これに足る, おのれ等喧嘩を売ろう, おのれ等敵の寄せぬ, おのれ紅き水蜜桃の, おのれ素直になり, おのれ耀き頸か, おのれ自ら神明に, おのれ船路のさまたげ, おのれ若年寄の顕達, おのれ苦しく命の, おのれ荒神様がつい, おのれ之助, おのれ蜘蛛の奴, おのれさえねば, おのれ血迷うたか, おのれ要らざる差し出口を, おのれ見ろと一足, おのれの敵覚悟, おのれ解く事を, おのれへらく, おのれ許そうか, おのれ証拠が何処, おのれ貴様まで怨み, おのれ之丞, おのれ身悶え手を揚げ, おのれに, おのれ辞せんと, おのれ迯げやア, おのれ逃がさじと枕元, おのれ逃がしたらそれまで, おのれ逃げようとて逃がす, おのれ逃げるとは卑怯, おのれ途方もない, おのれ還らずば生け, おのれ邪法の外道め, おのれ邪魔な奴, おのれ野良犬のよう, おのれを持逃げ, おのれふとたじろがず, おのれかさずに, おのれ鐘巻自斎, おのれ馬鹿女め今に見よ, おのれと成つて, おのれ魔王と叫び, おのれの親