青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おのおの~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おっ~ ~おっしゃる おっしゃる~ ~おった おった~ おと~ おとうさん~ おとなしく~ おなじ~ おの~
おのおの~
~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~ おばさん~ おぼえ~ おまえ~ おまけ~ ~おも おも~

「おのおの~」 1020, 11ppm, 9830位

▼ おのおの~ (194, 19.0%)

3 時代において 2 家に, 思惟の, 星が, 時代に, 机に, 言葉の, 部署に

1 [177件] いかになやむ, いま黙っ, うちに, お骨折り, がるべくも, ところへ, なかの, ぴちぴち鳴り合う, みちを, ものと, やまと歌から, コマが, コーヒーの, トランクへ, ラジオの, 両刀を, 中でも, 中に, 主人公を, 主張を, 人間としての, 人間の, 人間は, 仕事場で, 住所氏名族籍という, 体内で, 体内に, 作を通じて, 作品が, 作家が, 作家精神の, 供養の, 個人に, 個人の, 價正しく, 公算を, 内にも, 前に, 功を, 功績を, 労働は, 勇と, 勇氣盛に, 区別を, 収入総額によって, 口から, 叫びと, 器量頭腦モラルに, 国と, 国について, 国家とは, 場合に, 場合の, 場面は, 塒へ, 大きくみはった, 夫には, 好みにより, 好み好みの, 姓名が, 子供の, 家へ, 家路に, 尋ねて, 小卓, 屋台で, 履歴書も, 山には, 工夫を, 式の, 弱点は, 弾き方, 得意な, 御意見, 心と, 心に, 心まかせである, 心中に, 心易立てから, 心樂しく晴れわたる, 思うまま, 意味を, 意氣と, 意見を, 成長が, 戦跡を, 所有に, 持ち分の, 持つ得物得物, 持場持場に, 新劇団, 方向に, 方式によって, 方面に, 日の, 時代の, 時代は, 木ぶりを, 梢に, 業務に対する, 権威を, 樹が, 欄に, 正当な, 武勇も, 武器を, 歩みに, 歴史的時代において, 段階は, 段階を通じて, 氏族は, 水際だった, 流儀で, 涙腺を, 淋しさ, 点から, 牛輦を, 物語は, 特性を, 特色が, 生きる立場, 生れ国の, 生を, 生命を, 田の, 申し立ての, 画家は, 目的の, 眼には, 石塊に, 石塊は, 社会と, 社会や, 神を, 立場で, 立場による, 立場の, 素質に, 絵が, 群れが, 考えを, 職工長を, 臆測について, 舞子の, 芸術家が, 荷物を, 落着く, 虫は, 行手が, 行方を, 衣食は, 表象を, 見たという, 觀念を, 角度から, 評議いずれも, 身辺に, 迷いを, 遊戯を, 道には, 適処適処に, 部屋に, 部屋の, 間には, 防備を, 集団, 面影も, 項が, 領土を, 領域の, 領域は, 頬を, 頭字である, 類が, 髷っ, 魂と, 麗筆で

▼ おのおのその~ (129, 12.6%)

5 志を 3 所を 2 分を, 国の, 席に, 生を, 職分を

1 [111件] たびの, よりて, よろしきに, 一半を, 一方の, 一身の, 下から, 中三婦人の, 主ありだ, 伴を, 余沢に, 便利を, 個性を, 働きの, 分限を, 務むべ, 友人知己を, 名前が, 向の, 商業を, 団体を, 国を, 国人たる, 国土に, 国独立の, 土地土地へ, 地位に, 地方に, 境界の, 天分気分にも, 奉信, 学を, 完成せる, 家々の, 専務に従い, 帯刀へ, 常産に, 当事者を, 形姿や, 後継をめぐって, 微妙な, 心の, 志に, 性格によって, 性質を, 懐抱する, 懐抱を, 手を, 才に, 才能と, 扮装を, 持ぬ, 持前の, 政を, 故郷の, 方面を, 旧宅の, 明徳を, 時と, 時代に, 時奇妙に, 最近の, 有する, 服と, 本元に, 村なり, 柄の, 楽しむところ, 様によって, 様式を, 権理通義を, 権義を, 欲する, 民族の, 父母の, 特性によって, 特殊な, 特長を, 用いる語, 盗まれたところ, 盛装を, 真に帰す, 知るところ, 筋により, 経済組織の, 義務が, 聴くところ, 職と, 職に, 職業が, 能によって, 能を, 膨らみの, 藩主の, 見るところ, 親戚を, 認むるところの政府に, 責任を, 賦能を, 赴くところ, 趣味ある, 運命に, 運用を, 適する, 長ずるところ, 関係について, 霊あり, 面を, 領国に, 額に, 食に

▼ おのおの~ (35, 3.4%)

3 にお 2 の御, も御存じ

1 [28件] が撫斬り, こやつ何, そのお玉, その番付, ただいま先生, とうとう親, にこの, にはわかるまい, にもさだめ, に承りたい, に見せ, に試験, の乗物, の腹蔵, は, はあまりよく, はいったい, はお気, はさいぜん, はまだ, は早く, もお, も大人げ, も寝ませ, よりは少し, 御用心, 詰らんこと, 面白いで

▼ おのおの~ (23, 2.3%)

1 [23件] その職, その職域, その身辺, つかい馴れた一槍, ひと通りさう, 七曜日の, 事実であり, 十二分の興を, 声なき, 手製の, 持って, 潔よい愛情, 無限の, 立って, 線香を, 考へまして, 自分たちの, 自分自分へ, 自慢に, 花蓋片の, 誓った言葉, 違ったすがた, 選ぶ本来

▼ おのおの~ (20, 2.0%)

1 [20件] あるしかも, いろいろな, また無数, 一枚づつ插繪が, 五十人心一つに, 付いて, 付属した, 助力を, 從ふ, 是非この, 未知の, 毎日, 父祖の, 現わ, 画家の, 相当する, 箱提灯を, 繋がれて, 雅麗なる, 風流顔だ

▼ おのおの~ (20, 2.0%)

2 精神に

1 [18件] その人生, その栄光, その涙, その直線的並行落下, その親愛, それぞれ一つの, また近親, 互いに別, 厳密に, 吾人の, 器械的に, 変な, 彫琢されし, 御車を, 自分の, 過去の, 門戸を, 音曲の

▼ おのおの二類~ (9, 0.9%)

7 に分れ 1 がある, の区別

▼ おのおの自分~ (9, 0.9%)

1 の信念, の土地, の室, の情婦, の欲情, の泳ぎ, の生命, の田, を手招き

▼ おのおの~ (8, 0.8%)

2 に唾 1 にし, には帳面, に取りぬ, を出し, を出だし, を延ばす

▼ おのおの別々~ (7, 0.7%)

2 の音 1 に携帯, に生活, に答えよう, の小さい, の時機

▼ おのおのがた~ (5, 0.5%)

1 お出会い, じしんで, は上さま, もひとしく, 見とどけたか

▼ おのおのこれ~ (5, 0.5%)

1 と思う, に一刀, に近い, まで自分, を修め

▼ おのおの~ (5, 0.5%)

1 学問上で, 更にアイウエオ, 色づけ, 身分くる, 重ね合わせて

▼ おのおの一人~ (5, 0.5%)

1 ずつの小者, の主人公, の了管, の従者, の敵

▼ おのおの~ (5, 0.5%)

1 った仕掛け, った因縁, った指導方法, った眼, ってい

▼ おのおの自己~ (5, 0.5%)

1 が故郷, のよし, の信ずる, の立場, の重要

▼ おのおのから~ (4, 0.4%)

1 いのち乞いを, 承りたいくらいじゃ, 数十秒ずつの, 肉体的の

▼ おのおのこの~ (4, 0.4%)

1 女性を, 機を, 浜辺において, 終局の

▼ おのおの~ (4, 0.4%)

1 一人一人話を, 切っても, 直ちに清川, 落ち会いました

▼ おのおの二つ~ (4, 0.4%)

3 の類 1 に分れ

▼ おのおの~ (4, 0.4%)

1 なり, な暗, に切り離し, の音

▼ おのおの独立~ (4, 0.4%)

1 した個性, して, の名称, の生活

▼ おのおの一つ~ (3, 0.3%)

1 ずつの軒燈, のもの, の道

▼ おのおの一定~ (3, 0.3%)

1 の平均値, の年月, の方位

▼ おのおの一方~ (3, 0.3%)

1 ならぬ意気込み, の声援者, の特長

▼ おのおの~ (3, 0.3%)

1 の用, を尖らせ, を極め

▼ おのおの虎視眈々~ (3, 0.3%)

1 たるもの, とこの, と睨めあい出した

▼ おのおの~ (3, 0.3%)

1 ごしら, に修む, を鍛

▼ おのおの長ずる~ (3, 0.3%)

1 ところあり, ところあるべき, ところを

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 用心召され, 自分ひとりが

▼ おのおのその道~ (2, 0.2%)

1 によってな, によって拝んだ

▼ おのおのに対して~ (2, 0.2%)

1 この独占, 著しい特質

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 二十五筋のう, 合図を

▼ おのおの一万騎~ (2, 0.2%)

2 をつれ

▼ おのおの一個~ (2, 0.2%)

1 の銃, の長者

▼ おのおの一族~ (2, 0.2%)

1 にむかっ, の兵馬弩弓

▼ おのおの一類~ (2, 0.2%)

2 であるから

▼ おのおの三方~ (2, 0.2%)

1 へ不規則, より相

▼ おのおの世界~ (2, 0.2%)

2 の境

▼ おのおの両方~ (2, 0.2%)

1 から取詰め, に忠実

▼ おのおの五千騎~ (2, 0.2%)

1 をひきい, を擁し

▼ おのおの今日~ (2, 0.2%)

1 は御, まで全く

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 の戦争, もきい

▼ おのおの割拠~ (2, 0.2%)

1 して, の形

▼ おのおの右手~ (2, 0.2%)

1 にあ, にあい

▼ おのおの大刀~ (2, 0.2%)

1 をぶちこん, を拔

▼ おのおの天職~ (2, 0.2%)

1 あり, なりときびしく固く

▼ おのおの好む~ (2, 0.2%)

1 ところあり, ところの

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 へ帰つて, を立て

▼ おのおの家柄~ (2, 0.2%)

2 があっ

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 となる, に隨

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 の室, れの

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 に歸, を譲っ

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 をひき, を持ち

▼ おのおの彼自身~ (2, 0.2%)

1 において解, の役目

▼ おのおの思い思い~ (2, 0.2%)

1 に高飛び, のめかし

▼ おのおの手燭~ (2, 0.2%)

1 持つ習, 持つ習い

▼ おのおの抜き身~ (2, 0.2%)

2 の鎗

▼ おのおの方ここ~ (2, 0.2%)

1 に取っ, へ来

▼ おのおの方ッ~ (2, 0.2%)

2 こけ猿

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 をさげ, を携

▼ おのおの武器~ (2, 0.2%)

1 をたずさえ, を執っ

▼ おのおの決する~ (2, 0.2%)

2 処が

▼ おのおの滿~ (2, 0.2%)

2 てる時

▼ おのおの特別~ (2, 0.2%)

1 なる職業, の個性

▼ おのおの特殊~ (2, 0.2%)

1 の妖怪, の性格

▼ おのおの特色~ (2, 0.2%)

1 ある土産, の一色

▼ おのおの生きる~ (2, 0.2%)

2 流儀を

▼ おのおの異なった~ (2, 0.2%)

1 また優劣, 特殊性を

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 を喫し, を駿足

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 に盾あて, や腰

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 に思ひでよ, の上身

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 の上, を震

▼ おのおの~ (2, 0.2%)

1 から心して, 體の

▼ おのおの自ら識覚~ (2, 0.2%)

2 せずして

▼ おのおの自家~ (2, 0.2%)

1 の学流, の専業

▼ おのおの身体~ (2, 0.2%)

1 あり, は疲れ果て

▼ おのおの銀鱗~ (2, 0.2%)

2 を光らせ

▼ おのおの隻手~ (2, 0.2%)

2 あるいは両手

▼1* [391件]

おのおのいくぶんか違う, おのおのいわばお互いに, おのおのおのが心, おのおのお預けの身, おのおのがたそれがし, おのおのきまっている, おのおのくだんの場所, おのおのこしらえ置きの覚え, おのおのさいごの, おのおのしかるべき格式によって, おのおのすべてわが胸, おのおのそれについての工夫, おのおのたちへお, おのおのちがった名で, おのおのでありまたすべて, おのおのとある学校の, おのおのとはちがった全く, おのおのについて検討を, おのおのには内側の, おのおのにもお聞きづらき, おのおのぬかりたもうな, おのおのぬかりたまうな, おのおのまずお座つきに, おのおのまた窓が, おのおの不服が, おのおのよきに票, おのおのよくその胸, おのおのよろしぬるみたらしも, おのおのれっきと各大名, おのおのわが生活の, おのおのわが家に帰りつい, おのおのわれを忘れ, おのおのをも代表し, おのおのイリオンの女子, おのおのクマデを買っ, おのおのかどの, おのおの一つかみずつの苧, おのおの一人一役を以て王政維新, おのおの一冊となっ, おのおの一冊ミケランジェロは再読, おのおの一匹の虫, おのおの一回ずつ遭遇, おのおの一団となっ, おのおの一城を持っ, おのおの一幅の襟, おのおの一張をたつ, おのおの一心に請願祈念する, おのおの一本の棒, おのおの一枚ずつ灰皿, おのおの一槽に入れ, おのおの一歩を進めたる, おのおの一番勝負として点数, おのおの一種無形の気風, おのおの一種特別の感化, おのおの一芸を仕ろう, おのおの一軍を与え, おのおの一銭以上十銭二十銭くらいをその, おのおの一長一短があっ, おのおの丁稚と子, おのおの七十里の奥, おのおの万人分の席, おのおのの山, おのおの三千三百三十三体と唱え, おのおの三尺の入口扉, おのおの三本の指, おのおの不同なり, おのおの不抜の自尊心, おのおの与えられた運命が, おのおの岸の, おのおの中等教育の学校, おのおのよ私, おのおのを耐, おのおの九尺の桐丸太, おのおの争うて餌, おのおの二万フィート級以上が立ちならぶ, おのおの二万騎を付し, おのおの二人ずつ八人, おのおの二十人ほどひきつれ, おのおの二十名ずつの兵, おのおの二十銭ずつ持っ, おのおの二軍を編制, おのおの二里十六町まさに天下, おのおの二首あり, おのおの互いに語り合いしは, おのおの五つずつある, おのおの五人なり十人, おのおの五拍子ぐらい時間, おのおの五通りに違う, おのおの人間となるべき, おのおの下せ, おのおの住みし土地より, おのおの体質の相違, おのおの何かしらの郷愁, おのおの何千という家々, おのおの何千何万騎という軍, おのおの使いを派し, おのおの保愛せよ, おのおの個性が異なり, おのおの個性的にかがやき, おのおのに坐れる, おのおの充分の用, おのおのを組み, おのおの入口で黒い, おのおの全く異なりたる宗派, おのおの兩陣の中, おのおの八つあり背中, おのおの六角の柱, おのおの兵車を下り, おのおの其分に応じ, おのおの其御者に命じ, おのおの其船に, おのおの其部下の衆兵分ち整, おのおの具体的の場合, おのおの内密で取引, おのおの出撃すべしと, おのおの初版二千部くらゐを, おのおの別世界の人, おのおの利己の心, おのおの利益のみを争う, おのおのなる嗅神経葉, おのおのを抜い, おのおのをきわめて互いに, おのおの力いっぱいにその, おのおの励む業の, おのおのあるも, おのおの十二三か所からもえ上った, おのおの十五ばかりなる, おのおの十五カ所の代, おのおの十八のカムツァン, おのおの十旒を製し, おのおの十町南側十一町北側七町その中, おのおの千余騎をしたがえ, おのおの千差万別いま真相をつまびらか, おのおの千騎をひっさげ, おのおの口腹の慾, おのおの同様な手紙, おのおの同衾者が自分, おのおのを名, おのおの名称を付け, おのおの命令を下す, おのおのじたま, おのおの喜びて彼, おのおの器物を持ち, おのおの器用に化け, おのおの四十万ルーブリからの金, おのおの固き乳房を, おのおの国権と民権, おのおの国籍本名をあからさま, おのおの土地開拓に努力, おのおのに落ち, おのおの地盤を占め, おのおのの裏山, おのおの報告し合って, おのおののうち, おのおの天下をお, おのおの天険と地の利, おのおの太刀は背中, おのおの奇異の装い, おのおの好悪する所, おのおの妙技をつくし, おのおの安心立命の境裏, おのおの安楽にこの世, おのおの定まりたる職分あらざる, おのおの客膳を前, おのおの家路におもむきぬ, おのおの寝室を分っ, おのおの対句の繰り返し, おのおの専門の話, おのおの専門家を一丸, おのおの尊重し合わなければ, おのおの政府を, おのおの小さな火の, おのおの端折りして, おのおのをなし, おのおの山月にうそぶい, おのおの峻峭な表情, おのおの工夫に富んだ, おのおの希望と平和, おのおの帰り行きし跡, おのおの帰国したが, おのおの帳簿に記名, おのおの幕府を見放し, おのおのについて箸, おのおの弁当を持参, おのおの引かせた馬に, おのおの務の, おのおの形態を比較, おのおの彼自らに向かっ, おのおの得るところあり, おのおの得意の手伝い, おのおの用意, おのおの御用提灯が右, おのおのに不快, おのおの心滿てる時, おのおの志ざす方角へ, おのおの応身として人間, おのおの思いもし諫め合いも, おのおの緩の, おのおの怪我もせず立ち退かるる, おのおの悪疫の地, おのおの情欲あり, おのおのひ描くこと, おのおの想像して, おのおの意思あり, おのおの意見も違っ, おのおの憂鬱な眼差し, おのおの懸命の生き, おのおの戦場場数の功者, おのおの戯曲の文体, おのおの戰鬪心して隈, おのおの所長あるもの, おのおの手わけして, おのおの投票を取り, おのおの持ち味を殺さない, おのおの持つところの, おのおの持分があっ, おのおの持場持場自分所有の品々, おのおのをつけ, おのおののうち, おのおの携帯の番付, おのおの散去し魂, おのおの数個の仏菩薩像, おのおの数冊ずつ買っ, おのおの数町の田, おのおの文殊に劣らぬ, おのおの方あれを見られよ, おのおの方お笑い召されること, おのおの方これにて祝盃, おのおの方はじめ有志のお方, おのおの方ゆだん, おのおの方刀を, おのおの方司馬道場への婿引出, おのおの方大儀に覚え, おのおの方大儀大儀市五郎からお, おのおの方御苦労千万ながら最寄り, おのおの方手抜かりなく, おのおの方組を合せ給え, おのおの明らかな一点, おのおの景気よく飲ん, おのおの智恵あり, おのおの智能と衣裳, おのおの有限無限の両面, おのおの木の葉の裏, おのおの末代にいたる, おのおの東洋学校を設立, おのおの栗鼠のよう, おのおの格式を見せた, おのおの棒杭と藁縄, おのおのに帰る, おのおのに就かしめよ, おのおのを整, おのおの理を, おのおの武裝そのま, おのおの死力を尽し, おのおの死者の慰藉, おのおののよう, おのおの泣かんばかりに鞍壺, おのおの流儀ありつて, おのおのに其船, おのおの淫行を免れん, おのおの火繩を消し, おのおののよう, おのおの無事なりさわれ不慮, おのおの無念無想の盃, おのおのについて安らか, おのおのへ接近, おのおのに着する, おのおのを上げ, おのおの特徴のある, おのおの独特な形, おのおの独自の美, おのおの率ゆ十の船, おのおの琵琶を抱い, おのおの殺の, おのおの生きた心地も, おのおの生れついた身, おのおの生死もまた, おのおの生活のため, おのおの異なり容易に, おのおの異なれる領域を, おのおの異様の地勢, おのおの異色のある, おのおの惧の, おのおの百人ばかりずつ太竹, おのおの百匹ぐらいずつの牝, おのおの盛衰と消長, おのおの盛装を凝らし, おのおの押し拭, おのおの目的物から飛来, おのおの相分れて, おのおの相手の健康, おのおの眠りに就きました, おのおの知らむアカイアの, おのおの知名の士, おのおの神馬砂金を伊勢, おのおの競って出金, おのおのを取っ, おのおのを分ち, おのおの答えるところを, おのおのに記號, おのおの破と, おのおの結婚の誓文, おのおの結末を着けた, おのおの織物の腕, おのおのから纜, おのおの美しい夢に, おのおの美味道楽の体験, おのおの羯鼓を打ち, おのおの胸いっぱいに抱え, おのおのに撚り, おのおの腰帯一つになる, おのおのについた, おのおの臥床にはい, おのおの臨機の処置, おのおの自分たちの家, おのおの自分一人の悲しい, おのおの自宅へ帰った, おのおの自己流の角度, おのおの自由行動を取っ, おのおの至誠の本心, おのおの舳先に紋所, おのおの莫大な遊民, おのおの藍光の目, おのおの行きたい方へ, おのおの衣食の富源, おのおの見るところによって, おのおの過ちて, おのおの解決したり, おのおの討ちて衆, おのおの誓式を行う, おのおの談論を交わし, おのおの豊田の一族, おのおの貝殻を投げ入れる, おのおの負けず劣らず火焔の, おのおの財布に手, おのおの貧富にしたがっ, おのおのして, おのおの賑やかなすて, おのおの贔負とする, おのおのを一, おのおの足腰をのばした, おのおの身分資力に応じ, おのおの軍勢を率, おのおの近藤の居間, おのおの速度を異に, おのおの連れ立ち行く, おのおの進んで辻斬退治, おのおの過去の緊張, おのおの道化など云っ, おのおのつたもの, おのおの違っております, おのおの違った音を, おのおの違つた時間に覗い, おのおの遠く散らかった, おのおの選ぶ土地に, おのおの酒瓶肉盤をささげ, おのおの酒肴を持参, おのおの重要な地位, おのおの金子十両と酒肴, おのおの鋭く鎗琢け, おのおの鎖帷子の着込み, おのおのを振りかざし, おのおの鑑定しだいにし, おのおの長い竹竿を, おのおの門弟があった, おのおの門弟三千と称せられ, おのおの防ぐ事九度攻むる事九度に, おのおの陣所へ帰っ, おのおの陣營に或は, おのおのじ曰, おのおの隊伍を組ん, おのおの離散して, おのおの霊魂不滅説を異に, おのおの青くなって, おのおの青銅の, おのおの非常な発達, おのおのの色, おのおの順次に茶, おのおのを變, おのおのに就き, おのおの飽ける時, おのおのを手, おのおのの尾, おのおの駄句り合いは, おのおの騒ぐな騒い, おのおのさ六間, おのおの高い煙突が, おのおの鹿爪らしく憂慮気, おのおの黒衣の一端, おのおの黒衣素足手に牙剣, おのおの黙して仕事