青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おなじ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おそらく~ おそろしい~ おっ~ ~おっしゃる おっしゃる~ ~おった おった~ おと~ おとうさん~ おとなしく~
おなじ~
おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~ おばさん~ おぼえ~ おまえ~ おまけ~

「おなじ~」 2431, 26ppm, 4437位

▼ おなじよう~ (398, 16.4%)

14 なこと 64 なもの, な事 3 な目, な顔, にこの

2 [20件] な, なの, な位置, な例, な声, な意味, な養生法, にある, にうち, にお, にここ, にし, によく, に彼, に手, に揃っ, に祈り, に移り変った, に肩, に青い

1 [321件] だ, だという, であった, であったため, であったので, ですから, でそれ, でなくしじゅう, なあ, なあら, なうわさ, なお, なおそろしい, なかっこう, なきけんなこと, なさわぎがおこったらしく, なところ, なな, なふしぎ, なまっ黒, なまる, なもん, なやつ, なりっぱ, なイラクサ, なガラス器, なヘリコプター, な上着, な乗物, な乱行, な二本, な人, な他, な作り, な信仰組織, な兀げた丘, な具合, な切符, な危険, な国, な土気色, な土豪的勢力, な場所, な女, な姿, な婆さん, な媼, な家々, な対天皇観, な岩, な岩片, な岸, な年頃, な形, な径路, な律, な心配, な思いつき, な怪談, な感じ, な態度, な手, な打, な押し問答, な料理, な日, な木箱, な本棚, な松, な柄, な桃太郎, な檄, な歌, な歯がた, な残虐, な残酷, な毛巾, な水色, な浴衣, な片, な状, な状態, な独語, な理窟, な用意, な疼きに, な発育, な社会的政治擾乱, な策略, な箱, な結果, な考え, な膳, な色, な蛇, な言葉, な訴訟, な論理, な貧乏, な贈り物, な赤い, な運命, な道, な郊外, な部屋, な重忠揃い, な鋭い, な雨, な順序, な風情, な髑髏, にあなた, にいいかげん, にいき, にいつも, にうしろ向き, にうなずく, にうまく, にうんと, におなじ, におもしろおかしく, にからみつい, にかれ, にきれい, にくれる, にけむり, にここら, にこっぴどく, にこんな, にさっき, にさるぐつわ, にしかも, にした, にしんぱい, にすすぎ, にすべて, にそこで, にその, にそれ自身, にたたきかえす, にただ, にだしぬけ, にだんだん, にちよ, につっ立った, にとび出し, にどてら, にどんなに, になかなか, になる, になるだろう, にに答えました, にのんき, にはいかない, にはだし, にはっきり, にはなじろみ, にふしぎ, にふたり, にへん, にぼた餅, にまず, にまっ, にまんま, にみえ, にやっぱり, にわたくし, にわるい, にエレベーター, にコックリ, にサッパリ, にスッ, にソヴェト同盟, にナイト, にヒラヒラ, にブルジョア規約, にホール, にマヌエラ, にムンヅリ, に一つ, に万世継続, に不完全, に不意, に世, に両, に両手, に二人, に二締, に五色, に人, に人穴城, に今夜, に何, に健康, に僕たち, に優しい, に八つ口, に兼好, に内, に冷静, に前年度, に厚い, に古典劇, に唯, に喜んだ, に四人, に国, に坐っ, に塀, に壇ノ浦, に士分階級, に変っ, に夜, に大きい, に大地, に大抵, に大阪, に女役者, に宇宙, に少年, に尼前, に山猿, に巻込まれた, に庭, に弁当, に引上げ, に引搦, に当時, に彼女, に怪談, に情けない, に愛し, に憑物, に戦場, に押し片付け, に招かれ, に探偵, に教えます, に断られ, に新富座, に新芽, に日, に日本人, に早くから, に晩, に木戸銭, に本艇, に朱丹, に村ざかいの山, に杖一本, に枯枝, に機会, に殺されたでしょう, に気味, に水, に汽車, に海, に漠々, に爛々, に犯罪事件, に玄関, に王様, に生き, に痩せ, に私たち, に私共, に稽古ごと, に競争, に第, に箔屋, に綱, に羽ばたき, に老人, に考え, に考えた, に胴中, に腰, に臂, に自分, に自己, に舁, に良人, に花, に芸術家, に若々しい, に薄暗く, に虎, に見えた, に見えなくする, に見はり, に見物, に読む, に調子, に足, に身じたく, に近眼鏡, に透明, に通りすぎました, に連発, に野望, に金, に金沢, に長い, に関所, に隣り, に隣座敷, に青ざめ, に音, に頭, に頭痛, に飛ん, に飲まず食わずです, に首, に駈けつづけ, に骨折っ, に魚, に鳩舎, に鳴きつれ, に鶯, に黒い, に黙っ

▼ おなじこと~ (145, 6.0%)

85 です 4 だよ, である 3 だわ, であった, をくりかえし, をし

2 [12件] であります, でした, ですよ, なの, なん, よ, をいう, をおっしゃる, を二度, を繰り返し, を考え, を言っ

1 [88件] おなじ嫋, がいえる, がおこり, がなぜ, がもつ, が云, が毎日無限, じゃない, その時, たしない水, だからね, だぞ, だったでしょう, だという, であつ, であるが, であるという, であれば, でお, できっと, でこういう, でこんな, でございまする, でしょうか, でその, でとても, では, ではござりませぬ, でふだん, で出来る時, で危険, で物, で狩り尽せる, で私, で自分, で若狭屋, で要するに, で誰, で講釈場, ながらむえきの金, ならここ, ならご, ならてめえ, ならと, ならパン屋さん, になっ, に思われます, の繰りかえし, は史上, は藤夜叉さん, は退く, をいいあっ, をいいました, をいい合っ, をおかん, をおなじ, をかんがえついた, をくり, をくりかえした, をくりかえす, をくりかえせ, をくり返し, をくり返す, をこ, をささやきました, をしました, をしよう, をする, を人, を何遍, を同, を命じ終る, を問いかけた, を喋りちらし, を執事, を幾つ, を幾度, を思っ, を次郎, を申した, を申す, を繰りかえし, を繰り返す, を考えました, を考へ, を触れ, を言, を言った

▼ おなじやう~ (77, 3.2%)

4 な媼, に 2 なこと, なもの, な気持, な目的, にお, にその

1 [57件] でさ, です, でそれ, なの, なる次第, なる畸形, なる詰問, な事件, な人間, な仕事, な作用, な其上の空, な名前, な喜劇, な声, な方法, な日, な漠然と, な立場, な結果, な脛, な諸君, におそるおそる, にこの, になだれ込ん, にねうち, にふく, にみえた, にもつ, にやつぱり地面, に世, に二三寸づゝ, に人, に人間, に働く, に内気, に出, に包み, に呼ぶ, に多, に子供, に幸子, に彼, に彼女, に或は, に提灯, に時計, に海, に無名, に真, に眠られない, に礼, に背嚢, に虫, に言ひ現す, に蹲踞め, に難儀

▼ おなじ~ (41, 1.7%)

1 [41件] あつかった, あなたの, この娘, これを, じぶん, すつかり蟲くつ, なったわけ, なって, なる, なるといふ, なれるん, はめて, また七軒, やたらに, よばれて, ドアの, 世界を, 丸年で, 人は, 動くから, 吉原を, 均しく良い挨拶, 大きいの, 家庭教育に, 強大な, 心得て, 旅にも, 日本ラインを, 機らせた, 死なないたましい, 無害だ, 看做して, 神の, 答えました, 美濃清を, 莫大な, 見えて, 見て, 返り血, 階級闘争の, 食べつけて

▼ おなじもの~ (38, 1.6%)

2 かと彼, だ, だと, でなくとも, を見た

1 [28件] から受けた, がいくつ, がふらふら, が少なくとも, が沢山集, が見えた, だそう, だった, だらう, だろうか, であつ, です, でも, でゐ, で三足, で別に, で名, で時候, で美濃紙八枚, と見えまし, なの, なので, になっ, をたくさん, を二度と, を揃える, を見る, を読み

▼ おなじ~ (26, 1.1%)

2 ですが, でも

1 [22件] いツそ浮世, が三晩續, が続い, じゃ, じゃと云いたいなれ, である, でたとえ, で不, なら探検, なら院, になる, に考へ, のよう, は, はいざなぎ, ばかりやつて, よ明日, をするだらう, を求め, を繰り返さなけれ, を繰返す, 殆ど麹町

▼ おなじ~ (25, 1.0%)

42 もの

1 [19件] から, からである, からと言つて, がこれ, がどう, がまだしも, が五つ六つ, けれど学校, つて, といふ, といふ心構, とはいう, と肚, と言, と説い, ね, わね, んだら, 淡々と

▼ おなじ~ (23, 0.9%)

3 あつた

1 [20件] あつたらう, おてんとう様, せう, そうそう他, つまり自分, ね, も態度, も洗, も画面, も直接, 一杖の, 何處か, 地球自, 女流の, 学問の, 従って歴史上, 生活惨敗者は, 結構です, 表の, 門を

▼ おなじ~ (22, 0.9%)

2 の夕方

1 [20件] があった, であつ, と, におなじ, に一羽, に卜斎, に旗上げ旗下し, に死にました, に泣き虫, に花園, のいく, のこと, のもと, の午頃, の同じ, の夕がた, の夕刻, の夕方帰宅, の朝刊面, の落ちゆく

▼ おなじ~ (20, 0.8%)

2 に空

1 [18件] が見, する支那, だったので, にも霜がれ, に塗りつぶされた, に閃, のみ袈裟, のアフタ・ヌゥン, のソフト, のターバン, のパアティ・ドレス, の下着, の吊り橋, の娘, の袴, の頭巾, の麻, をし

▼ おなじ意味~ (16, 0.7%)

2 のこと

1 [14件] だろうと, でぼく, で世間一般, で客觀的, にとっても差支, になる, に居させられる, に於, の物, の答え, の言葉, の誓ひで, を帰化人, を英文

▼ おなじ~ (14, 0.6%)

2 のだ, のです, んです 1 のかと, のが, のである, のでございます, ので思いだし, ので警官たち, のを, はち

▼ おなじ~ (14, 0.6%)

1 [14件] がこの, が二人, が居る, が早く, が金三円, でありました, ではない, に幾度, に逢うまじき, に関した, のおなじ, の紹介, の顔, をつかいました

▼ おなじ~ (13, 0.5%)

2 の八月

1 [11件] からまた, ですが, に受驗, のエト, の作, の六月, の冬, の十一月, の子, の春, の男の子

▼ おなじ年頃~ (12, 0.5%)

1 [12件] かと思われる, のもの, のフランス, の仲よし, の娘, の少女, の少年, の片方, の猟師, の色, の若い, の高島

▼ おなじ人間~ (11, 0.5%)

1 [11件] がなにか, が人民, だから, だぜ, だったという, であつ, です, という名, と生れ, に生れ, の行為

▼ おなじ言葉~ (11, 0.5%)

2 をくり 1 でも其意味, で述べた, ながら其の, の伝, をくりかえした, をくり返し, をのべ, を何度, を必ず

▼ おなじ~ (11, 0.5%)

1 [11件] ですね, にお, をたどる, をなん, をゆく, を二度, を帰, を引返す, を往, を旗, を踏む

▼ おなじくらい~ (10, 0.4%)

1 かんしゃくも, せいが, だから, ですな, では, な年ごろ, な空, ふしぎな, 大事な, 有名な

▼ おなじところ~ (10, 0.4%)

1 がある, だ, におなじ, にじっと, につい, をくりかえし探した, をまわっ, をめぐっていつ, をグルグル, を三十三回

▼ おなじ~ (10, 0.4%)

2 で泊らね 1 にしばらく, になお, に猶, に留まれ, に舵, へ生々, をとぼついた, を開け

▼ おなじ~ (10, 0.4%)

2 に聞えた, のきれい 1 がある, の名所, の恋人, の花, の諷刺劇, はあっ

▼ おなじ~ (10, 0.4%)

3 な気持ち 1 な事, な信仰組織, な沢道, な話, にとりなす, になる, に鼠色

▼ おなじである~ (9, 0.4%)

1 かことに, がこうして, が乙姫, が国境, が此語, が母, と話した, のは, はずだ

▼ おなじです~ (9, 0.4%)

31 からそれ, が女, が犬, しそれ, わ, わね

▼ おなじ方向~ (9, 0.4%)

1 からひじょうな強風, にむいてる, に目, の一つ, へならん, へ巻い, へ駈けた, を歩い, を真

▼ おなじ~ (9, 0.4%)

1 であつ, に彼女, に現れたらしい, のおなじ, のもの, の事, ほとんど毎年, 何となく身, 或夜門

▼ おなじ~ (8, 0.3%)

1 をお, 六年相州浦賀に, 境地には, 女子の, 時あれ, 種類に, 第二神来, 茴香も

▼ おなじ場所~ (8, 0.3%)

1 だという, でしかも, では余り沢山, で幾たび, で死ななかった, で死んだ, におなじ, にちゃんと

▼ おなじ姿~ (8, 0.3%)

1 でおぶい, では居られなかつた, に変っ, に見ゆる, のもの夥多, の呂宋兵衛, の陽炎, を見る

▼ おなじ年ごろ~ (8, 0.3%)

2 の子 1 の娘, の子どもたち, の学生, の家内, の少年, の朋輩

▼ おなじ~ (8, 0.3%)

1 が筵三枚, だと, でお母さん, と店, に二カ月以上, のいろ, の若い, へ二度

▼ おなじ時刻~ (8, 0.3%)

1 だと, に, にそれぞれ, に使い, に別れる, に同じ, に輪, に金

▼ おなじ~ (7, 0.3%)

1 のだ, 内容は, 微笑を, 温室咲きの, 状態に, 長さ, 高さ

▼ おなじほどの~ (7, 0.3%)

1 あは, あわいを, 炎天を, 珊瑚六七株を, 距離に, 距離にか, 距離を

▼ おなじ~ (7, 0.3%)

2 の小声 1 だと, にしか見えなかった, にみんな, の人数, の時

▼ おなじ大き~ (7, 0.3%)

4 さの 2 さで 1 さだ

▼ おなじ~ (7, 0.3%)

1 であと, に変じ, のあの, の負け方, をし, をとつ, を現

▼ おなじ方角~ (7, 0.3%)

1 であるので, でなに, にむかっ, へ帰る, へ流れ, を振り向い, を見まわした

▼ おなじ種類~ (7, 0.3%)

1 のもの, の他, の患者, の積み, の積物, の職人村, らしく思へる

▼ おなじ~ (7, 0.3%)

5 の咲い 1 のうて, の廣

▼ おなじ調子~ (7, 0.3%)

1 おなじ声, でいう, できく, でコットリ, に呼吸, の声, をつくりだす

▼ おなじ運命~ (7, 0.3%)

2 かも知れません 1 におちいった, に陥る, のもの, の下, を選んだ

▼ おなじ~ (7, 0.3%)

2 が出 1 おなじ態度, が集る, はなささう, は無, をし

▼ おなじ~ (7, 0.3%)

5 の性向 1 である, で來

▼ おなじ仲間~ (6, 0.2%)

2 の職人 1 が云う, であるから, です, の中

▼ おなじ~ (6, 0.2%)

3 を見た 1 の境, の子, を見せられ

▼ おなじ~ (6, 0.2%)

1 で云う, と姿, に信心, の鳥, をもつ, を眼

▼ おなじ感情~ (6, 0.2%)

4 から迸り出た 1 で迸り出た, の人間

▼ おなじ理由~ (6, 0.2%)

1 からひと, から出, から少年, で形, で落選, によって飛騨

▼ おなじ部屋~ (6, 0.2%)

1 じゃいや, で二度, のランプ, の中, の片すみ, へ行く

▼ おなじころ~ (5, 0.2%)

1 に設けられた, のおなじ, よくない, よし, 大仕掛け

▼ おなじ丹塗り~ (5, 0.2%)

5 にきらめい

▼ おなじ大伴幾流~ (5, 0.2%)

5 の中

▼ おなじ~ (5, 0.2%)

1 にすむ, に半年以上, に寝起き, のうち, へ仕入れ

▼ おなじ思い~ (5, 0.2%)

1 でしたが, の千種忠顕, はセルカーク, は筒井, を抱く

▼ おなじ~ (5, 0.2%)

2 の者 1 にこれ, に於い, の川端

▼ おなじ表情~ (5, 0.2%)

5 をし

▼ おなじ~ (5, 0.2%)

1 がくり返される, でも紅玉, になる, をはじめるなら, を二度と

▼ おなじ~ (5, 0.2%)

2 に相違 1 の方言, を話し, を首句

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 すること, するものの, は御堂どの, 物し

▼ おなじおもい~ (4, 0.2%)

1 に胸, の老, の身なり, を申しこされた

▼ おなじだった~ (4, 0.2%)

2 のだ 1 ことに, ということ

▼ おなじでは~ (4, 0.2%)

1 ありませんか, ない, ないかと, なかつた

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 しで, し其虚, 云つていい, 見えて

▼ おなじなら~ (4, 0.2%)

1 ここで, 先生の, 地球人は, 春さん春さんと

▼ おなじ位置~ (4, 0.2%)

1 にある, に各, に在り, の部屋

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 に旗亭, に死んだ, に紛失, の彌次たち

▼ おなじ姿勢~ (4, 0.2%)

1 でぼんやり, で窓, にかへる, をし

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 が透かし, の妖怪, の旅, の温泉

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 のもの, のポオ助教授, の者, の阿蘇一族

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 おなじ節, に出来た, に溺れぬ, に祭

▼ おなじ時代~ (4, 0.2%)

1 におなじ, に生れた, の女優, を歩ん

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 ずきにや, であつ, をあたえ, を食った

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 がい, がゐ, が参ります, でこんなにも

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 に埋められ, の狢友達, の狸, の貉

▼ おなじ空気~ (4, 0.2%)

3 を吸っ 1 を呼吸

▼ おなじ結果~ (4, 0.2%)

1 で老母, におちた, になる, を表す

▼ おなじ考え~ (4, 0.2%)

1 から電話れんらく, にちがい, にふけっ, をもった

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 がその, の同胞, をわけた, を分け

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 が関白, でも古, のくり返し, を繰り返し

▼ おなじ語彙~ (4, 0.2%)

4 に丹波中郡

▼ おなじ貴人ぢ~ (4, 0.2%)

4

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 だけでも日本人, におさまっ, に結えるち, に陣取っ

▼ おなじ~ (4, 0.2%)

1 の夜更け, の根, 深い国, 深い國

▼ おなじかる~ (3, 0.1%)

2 べし 1 べしこれ

▼ おなじくらいの~ (3, 0.1%)

1 大きさ, 年ごろの, 程度に

▼ おなじぐらい~ (3, 0.1%)

1 ただしい人, だと, りっぱな

▼ おなじぐらいの~ (3, 0.1%)

3 大きさ

▼ おなじわけ~ (3, 0.1%)

1 だ, だよ, で理窟

▼ おなじキャンプ~ (3, 0.1%)

2 にいたんだ 1 に七十日

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

1 とも無き, にうまれあひたる, に二たび遇

▼ おなじ中学~ (3, 0.1%)

1 の一年生, の同級生, へ転校

▼ おなじ動作~ (3, 0.1%)

1 が幾たび, をした, を繰りかえす

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

1 だった, だったの, の家具

▼ おなじ境遇~ (3, 0.1%)

1 にある, におかれる, に置かるる

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

2 のある 1 長くわ

▼ おなじ学校~ (3, 0.1%)

1 で毎日顔, で紅葉, へひきつけよう

▼ おなじ宿~ (3, 0.1%)

1 に木村篤迚, に泊っ, 守るきりぎりす影

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

1 劇場と, 羊子は, 観念を

▼ おなじ山河一帯~ (3, 0.1%)

3 の内

▼ おなじ性質~ (3, 0.1%)

1 で寿詞, のもの, の乗合船

▼ おなじ意見~ (3, 0.1%)

1 で, であった, でおります

▼ おなじ態度~ (3, 0.1%)

2 である 1 おなじ服装

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

1 に新しい, のとお, のみ

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

2 を着 1 をきた

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

2 の事 1 の縁

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

1 に花, へのしかかった, を分

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

2 な氣持ち 1 に白い

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

1 で医者, にはいっ, の面

▼ おなじ状態~ (3, 0.1%)

1 だ, にある, におかれ

▼ おなじ白い~ (3, 0.1%)

1 ただむき, と申しまし, 鳥の

▼ おなじ程度~ (3, 0.1%)

1 に気がかり, のおなじ, の歓喜

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

1 の行かつ, をしかし, を行く

▼ おなじ資格~ (3, 0.1%)

1 でおなじ, で次, になられる

▼ おなじ過失~ (3, 0.1%)

1 を犯しつ, を繰り返し, を繰り返し繰り返し

▼ おなじ~ (3, 0.1%)

1 でおと, にひろびろ, のほか

▼ おなじいろ~ (2, 0.1%)

2 の濃き

▼ おなじお方~ (2, 0.1%)

2 もあり

▼ おなじから~ (2, 0.1%)

1 ざるを, ぬに

▼ おなじかるべき~ (2, 0.1%)

2 を梢

▼ おなじくら~ (2, 0.1%)

1 ゐで, ゐの

▼ おなじくらいに~ (2, 0.1%)

1 その作家, 固く感ぜられる

▼ おなじことば~ (2, 0.1%)

1 で語る, を泣い

▼ おなじこの~ (2, 0.1%)

1 建物の, 蕈を

▼ おなじこんなに~ (2, 0.1%)

2 はつきりした

▼ おなじさま~ (2, 0.1%)

1 なると, にてのぼり

▼ おなじじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんの, ないか

▼ おなじであった~ (2, 0.1%)

1 かどう, からますます

▼ おなじであり~ (2, 0.1%)

1 ブランデスだって, 口の

▼ おなじであろう~ (2, 0.1%)

1 かならずみょうに隔世的夢幻, しこの

▼ おなじのぼり~ (2, 0.1%)

2 になりぬ

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 からいを, ちすのうてなの

▼ おなじみな~ (2, 0.1%)

1 あのひ, のよ

▼ おなじもん~ (2, 0.1%)

1 くを, ぞ

▼ おなじゅうして震災~ (2, 0.1%)

2 の火

▼ おなじ一つ~ (2, 0.1%)

1 のこと, の決心

▼ おなじ世界~ (2, 0.1%)

2 に湧いた

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 觀を, 觀的な

▼ おなじ五説経~ (2, 0.1%)

2

▼ おなじ信徒~ (2, 0.1%)

1 の報告, を働かせ

▼ おなじ信者~ (2, 0.1%)

1 である関係, ではあり

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 ですけれども, にあつ

▼ おなじ働く~ (2, 0.1%)

1 んなら, 仲間を

▼ おなじ内容~ (2, 0.1%)

1 をもたぬ, を具

▼ おなじ写真~ (2, 0.1%)

1 を並ん, を見出した

▼ おなじ劇薬~ (2, 0.1%)

2 をのん

▼ おなじ効果~ (2, 0.1%)

1 のある, を持つ

▼ おなじ名前~ (2, 0.1%)

1 の作家, の産婆

▼ おなじ向き~ (2, 0.1%)

1 にあ, に立つ

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 なの, の食物

▼ おなじ問題~ (2, 0.1%)

1 に苦しめられる, は大正

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 のおなじ, の人

▼ おなじ国者~ (2, 0.1%)

1 だ, だな

▼ おなじ土地~ (2, 0.1%)

1 にあった, に育つた

▼ おなじ地位~ (2, 0.1%)

1 におい, に陷

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 が答えた, でくりかえす

▼ おなじ変若水信仰~ (2, 0.1%)

2 は沖縄諸島

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

2 暴風雨に

▼ おなじ大隊~ (2, 0.1%)

2 の本部

▼ おなじ天皇~ (2, 0.1%)

2 が日本武尊ら

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

2 さの

▼ おなじ女性~ (2, 0.1%)

1 がつとめ, には居たたまれない

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 かえ, に相違

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 の茶所, へ籠っ

▼ おなじ小さな~ (2, 0.1%)

1 巣に, 花が

▼ おなじ屋根~ (2, 0.1%)

2 の下

▼ おなじ山河一帶~ (2, 0.1%)

2 の内

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 の南, へあがっ

▼ おなじ平面~ (2, 0.1%)

1 に立っ, に立った

▼ おなじ年冬~ (2, 0.1%)

2 のはじめ

▼ おなじ心配~ (2, 0.1%)

1 だ, をし

▼ おなじ思ひ~ (2, 0.1%)

1 の人, を語り

▼ おなじ性格~ (2, 0.1%)

2 の神女

▼ おなじ怪物~ (2, 0.1%)

1 がまるで, を見た

▼ おなじ恰好~ (2, 0.1%)

1 にごろん, のまま

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 なり, に日

▼ おなじ手法~ (2, 0.1%)

1 で進もう, のくり返し

▼ おなじ提灯~ (2, 0.1%)

1 の顕, の顯

▼ おなじ文句~ (2, 0.1%)

1 であった, をくり返し

▼ おなじ文章~ (2, 0.1%)

1 を読み, を讀み

▼ おなじ方法~ (2, 0.1%)

1 で働く, をとる

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 さで, 稻田文學の

▼ おなじ時節~ (2, 0.1%)

1 がめぐ, が来た

▼ おなじ時間~ (2, 0.1%)

1 にまいります, に縁

▼ おなじ景色~ (2, 0.1%)

1 におなじ, を夢

▼ おなじ暮し~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ おなじ服装~ (2, 0.1%)

1 です, ですわっ

▼ おなじ東京~ (2, 0.1%)

2 の名

▼ おなじ果物~ (2, 0.1%)

2 を運び

▼ おなじ構え~ (2, 0.1%)

1 で男たち, のよう

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 のふし, はまだ

▼ おなじ正月~ (2, 0.1%)

1 の五日, の十一日

▼ おなじ気持~ (2, 0.1%)

1 だらうと, で人民

▼ おなじ汽車~ (2, 0.1%)

1 で来た, に乗り合わせる

▼ おなじ洋服~ (2, 0.1%)

1 がたくさん, のボタン

▼ おなじ流れ~ (2, 0.1%)

1 のお, の身

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 である, の彼岸

▼ おなじ湯屋~ (2, 0.1%)

2 であった

▼ おなじ溜池~ (2, 0.1%)

2 で門

▼ おなじ生活~ (2, 0.1%)

1 がここ, をし

▼ おなじ町内~ (2, 0.1%)

1 で知らない, にある

▼ おなじ疑問~ (2, 0.1%)

1 が起る, をくり返す

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 に逢わされた, 企みを

▼ おなじ立場~ (2, 0.1%)

1 におかれ, になっ

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 おなじ門, で

▼ おなじ系統~ (2, 0.1%)

1 のきがそ, の職業

▼ おなじ組立て~ (2, 0.1%)

2 の床几

▼ おなじ繰り返し~ (2, 0.1%)

1 だつた, のよう

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 用人の, 體を

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 でない処, で饗宴

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 から出た, から生れた

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 に乗り込ん, やぐらにいた

▼ おなじ血筋~ (2, 0.1%)

1 が二代, ながらいつか

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 うらに, や村

▼ おなじ見込み~ (2, 0.1%)

1 でもう, を付け

▼ おなじ足指~ (2, 0.1%)

2 にむすびつけられ

▼ おなじ距離五六尺~ (2, 0.1%)

2 ばかりのところ

▼ おなじ躑躅~ (2, 0.1%)

2 のだらだら

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 をふん, を踏みはずさない

▼ おなじ造形~ (2, 0.1%)

2 と色彩

▼ おなじ郷里~ (2, 0.1%)

1 から来, へ帰る

▼ おなじ銀座~ (2, 0.1%)

2 のバア

▼ おなじ銀色~ (2, 0.1%)

1 ですが, の西洋の

▼ おなじ長屋~ (2, 0.1%)

1 に住ん, の住人

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

2 へはいつた

▼ おなじ雑誌~ (2, 0.1%)

1 にその, の翌月

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 がつづく, で終る

▼ おなじ顔ぶれ~ (2, 0.1%)

1 で星ヶ岡茶寮, の長戸検事一行

▼ おなじ風土記仁多郡~ (2, 0.1%)

2 の一章

▼ おなじ馬車~ (2, 0.1%)

1 に乗っ, に乗込んだ

▼ おなじ~ (2, 0.1%)

1 の紋附, の頭巾

▼ おなじ黒布~ (2, 0.1%)

1 ではりつめ, をかぶり

▼1* [787件]

おなじあけっぴろげな態度, おなじある教會に, おなじいるにも窮屈, おなじうたをきく, おなじ腰元でも, おなじおしごとを, おなじおもさを, おなじおもちゃがそのうえ, おなじお姫さまでもかわった, おなじたみの, おなじかぎがもう, おなじかたちですから, おなじかと存じます, おなじかなしかなが, おなじかま首をもたげる, おなじからずといへ, おなじわの, おなじきかといへるは類想, おなじくさうした樂土, おなじぐらゐ彼に馴染, おなじしょうを, おなじけぶりときえる, おなじければ曳く, おなじここよりは広い, おなじこったから, おなじこつなのだ, おなじことぢやない, おなじことなにも心, おなじことものをむだ, おなじこと何も度胸, おなじこと日記を誌, おなじころポートランド刑務所に勤め, おなじころ宮方軍の殲滅, おなじころ鎖国前の享保四年, おなじ姉妹でも, おなじごときの物, おなじまでおじゃる, おなじょうねんのくびのせっこうぞうをかいまた, おなじしらべの京, おなじものが, おなじが, おなじすがすがしい心に, おなじせっこうの, おなじその年の, おなじたくらみをしました, おなじたけのすぐれた, おなじたのしいその声, おなじだいがくと言, おなじつくゑでべんきやうをしてゐましたがどうしても, おなじつづいた空の, おなじでいなかった人物が, おなじでしたよ肝, おなじですきとおってい, おなじでないとぐあいがわるいので, おなじでなくおがまれ通してきた, おなじでなければ新た, おなじときにあれ, おなじならいッその, おなじなれば我が身, おなじなんだ, おなじにおいにちがいありません, おなじにかの猫の, おなじになつてゐ, おなじには聞いて, おなじ黒い麻, おなじはやさで, おなじふうをし, おなじふかさは, おなじふしを二, おなじふしぎの国, おなじほうがくへかえる, おなじほどだった, おなじぼろしを, おなじまで映る事, おなじままだろう雲, おなじみじめな母, おなじむきに連立つた, おなじもの人間た, おなじやって来る, おなじやつをこしらえさせ, おなじゆかりの氏神, おなじゆくものなら, おなじな, おなじよそおいをさせ, おなじんどん, おなじガラス窓の上, おなじキッパリしすぎるなか, おなじクロイドン飛行場からやはり, おなじコンクリートのほら, おなじサイズのが, おなじスコツトランドの或, おなじスピードでなほ夜風, おなじチェコ人でもアメリカ育ち, おなじテムポで消えない, おなじトリックに二度, おなじトンガリ長屋の作爺さん, おなじバスで柳井, おなじピストルだ, おなじベンチに奥様, おなじポーズで坐っ, おなじマーマレードを振舞われた, おなじミュンツァとなる, おなじモーターボートにのりこみました, おなじラテン系といふわけ, おなじワヤでもタチ, おなじ一年のうち, おなじ一座の西巻, おなじ一本の古い, おなじ一本松という, おなじ一楽の鼠, おなじ一流の家がら, おなじ一生の道, おなじ一瞬にすぎなかった, おなじ七卜位だった, おなじ万葉の, おなじ万葉集でも, おなじ三家にジヤン・ポオル, おなじ上代の文献, おなじ上掩いを着, おなじ下宿屋に止宿, おなじ下座の神, おなじ下弦の月, おなじ遠慮さで, おなじ不安に夜, おなじ不思議をかさね, おなじ世田谷にアメリカ人, おなじ世間にはまだ, おなじが幾つ, おなじ中津のもの, おなじ中津藩の上級士族, おなじ中立国であり厳正中立, おなじ中等学校でも普通, おなじ九州のある, おなじ乱暴な調子, おなじ予備門の学生石橋思案, おなじ事情で追, おなじ二人の侍, おなじ二人連の黒装束, おなじ二百歩目でにらみつけよう, おなじ二等車に乗り込ん, おなじ二階では, おなじ井戸へ身, おなじ京都の女性, おなじ人夫すがた, おなじ人種だった, おなじ仁徳記に志都歌, おなじ仁木をつとめる, おなじ仕方で梅湯, おなじ仕組の同じ, おなじ仮面とおなじ, おなじ仰せ言か, おなじ伝承の記憶, おなじさの, おなじ住吉町の人形町通り, おなじ佐々木同族の清高, おなじ余韻がどこ, おなじ作りの人間, おなじ作業ただに繰り返す, おなじ作者が書きました, おなじがあった, おなじよ, おなじ信濃丸に乗, おなじ俳優であるグリュントゲンス, おなじ値段のもの, おなじ健康を保つ, おなじ偽称で難なく, おなじ催眠剤にちがい, おなじ兄弟だった, おなじ先生についた, おなじ兜町にゆかり, おなじ全滅するの, おなじ八幡に仮託, おなじ八重山群島の中, おなじ公家侍のなにがし, おなじ六年生ですが, おなじ六頭立の馬車, おなじ内地のもの, おなじ内職でも刀, おなじ再演ものでも自分, おなじ冒涜罪によつて拘引, おなじおなじ蔀, おなじ冷暖自知, おなじ冷静さでその, おなじ処分をうけ, おなじ出來ごとがあつ, おなじ出来事をももすこし, おなじ出自を持つ, おなじで相手, おなじ刃物を以, おなじ切符のたれかれ, おなじにある, おなじ初陣ならお, おなじを生む, おなじ刺青でも二人立, おなじ刻限になった, おなじ前髪だちの美少年, おなじ割合で監督係, おなじ割長屋にすん, おなじ加減においしく, おなじ加茂の河風, おなじ勤めでも芸者, おなじ包みのなか, おなじされ夥間, おなじ北海道に生れた, おなじ医者であること, おなじ十九のおも, おなじ千代田区にありました, おなじ千代田区内になる, おなじ千羽ヶ淵へずぶずぶ, おなじ半白の頭髪, おなじ協会の生徒, おなじ南米でも新, おなじ単行本御所有, おなじ印象として今日, おなじ友情をね, おなじ取仕切った微笑の, おなじぶえ, おなじ口調で, おなじ廃語らしい, おなじ古典でも時代, おなじを何枚, おなじ叫びをくりかえし, おなじ史材でも歴史科学者, おなじ司祭が俺たち二人, おなじ合図をするなら, おなじ吉野のひき, おなじ肉同, おなじ名代ならやっぱり, おなじ名前ぢやありません, おなじ向島のうち, おなじの世, おなじ呼吸おなじ鼓動, おなじはおそらく, おなじを繰りかえし, おなじ商品だなどと, おなじ商売をする, おなじ四十面相でそいつ, おなじひの, おなじ国学院の人々, おなじ圖柄のは幾組, おなじでもたとへば, おなじ地形を言, おなじ地方に行, おなじ地方根生ひの, おなじ地球において人類, おなじ地球人であると, おなじ地竹と言っ, おなじ坂道をおり, おなじつ, おなじ城下を東, おなじを垂, おなじ場處おなじ樹, おなじ境界にある, おなじ墓場あらしでも或いは, おなじ声優グループの仲数枝, おなじに簾, おなじ夜寒のこほろぎ, おなじ夢みし春と, おなじ夥間で充満, おなじ大学でしたし, おなじ大空の月, おなじ天使が白い, おなじ天候の支配, おなじ天地の中, おなじ夫人がいった, おなじ失敗をくり返す, おなじ奉公人でも嫁, おなじ奉公人どもがただ, おなじ奥多摩の福生, おなじ奥州仙台附近には, おなじを見た, おなじ女学校に通っ, おなじ奴らの仕業, おなじ姥ヶ餅相似たる類のもの, おなじ威力を持つ, おなじを二度, おなじにくり, おなじ子分の善八, おなじで書きつぶし, おなじ学生服をきた, おなじ学習をやり, おなじ学者仲間からはむしろ, おなじ學びの友, おなじ學級に居た, おなじ守護大名ながら下野国, おなじ安泰感をもった, おなじ宗教の信者, おなじ定規を以てすべ, おなじの外, おなじ室町時代でも鎌倉期, おなじ宮廷の重臣, おなじ宮方ながら烏丸, おなじ宵堀川の妓家, おなじ宵越の銭, おなじ家光将軍をうらむ, おなじ容器におさめられた, おなじ容子でひ, おなじ宿場の軒, おなじ寂しさでも, おなじ富士山が見える, おなじ寢どこに三人, おなじさの, おなじ尊氏の子, おなじ小唄だ, おなじ小学校の組, おなじ小形の椅子, おなじ小昼の食事, おなじ小村さんと, おなじ少年がしばらく, おなじ屋号の御, おなじ屋敷うちに例, おなじ屠殺するん, おなじの住民地, おなじ山稼ぎの貝, おなじの上, おなじだけの水, おなじにかへり, おなじ左手のおや, おなじでも一白, おなじの多く, おなじ布地の細紐, おなじ師匠なかま, おなじ師命をうけ, おなじ幅広の前掛け, おなじ年わが子大圓, おなじ年代において海底超人, おなじ年恰好の娘, おなじ年紀ごろのああ, おなじ年齢だと, おなじをよじのぼっ, おなじ幻想を感じる, おなじに眠っ, おなじに帝紀, おなじ庖丁で鰹節, おなじにあつ, おなじ座敷にすわっ, おなじの一隅, おなじ廊下で一つ手前, おなじへ第一歩, おなじ建築と外観, おなじ廿三日のおなじ, おなじありき, おなじと意気地, おなじがうつりました, おなじ従妹でも伸子, おなじ方角に, おなじ御子ながら違う, おなじ御馳走の処, おなじ心もちから, おなじ心地に今宵, おなじ心持ちが感じられる, おなじ心理で幼児, おなじ応接をいたし, おなじ忠義の刀禰たち, おなじが胸, おなじ思考を対照, おなじ瀬さばしる, おなじの辛, おなじ恋愛味は持つ, おなじ恋煩いというの, おなじ悦びに, おなじ悩みながらそれ, おなじ戯盛である, おなじ悪口でもいっそ, おなじ悲惨な生活, おなじの君, おなじなる語, おなじ意味合いのもん, おなじをおぼえた, おなじ感動をわかちあうよろこびだ, おなじ感慨をお, おなじにそだつ, おなじ憂きめを, おなじ戸板の店, おなじにいた, おなじ手口だよ, おなじ手帳にその, おなじ手習い師匠にかよう, おなじ手順で開ける, おなじ扮装の壮佼たち, おなじの歌, おなじ折しも花さき, おなじ押借りのたぐい, おなじ接続詞を連発, おなじ控えの装束屋敷, おなじ摂関家の孫, おなじ放埒仲間を決して, おなじの民, おなじ数字を何辺, おなじ敵地をふむ, おなじ文化でも音楽, おなじ文字である, おなじ文學に精進, おなじ古今集を, おなじ新聞からとっ, おなじに歩みぬれ, おなじ方言で此等, おなじ方面へ押され, おなじ旅店の下, おなじ旅籠を取った, おなじ旅舎へ乗り込ん, おなじ旅館に泊まっ, おなじ族中の者, おなじが見られた, おなじ旗本と云っ, おなじ日の丸でもスケート, おなじ日向に藤豆, おなじ日尊氏は兵庫, おなじ日本人にであった, おなじをおびた, おなじ明かるさに, おなじ明智がもう, おなじ明智先生の助手, おなじ明神様の神木, おなじ昔噺をし, おなじ昔話がある, おなじでも, おなじ時分に出, おなじ時次のお座敷, おなじ時笠置山をよぎり, おなじ時計塔の屋根, おなじの十時ごろ, おなじ晩方に骨, おなじ暖かさに, おなじ暗い電灯が, おなじ暗黒の光景, おなじ暴れ者の若, おなじに見, おなじ書くにし, おなじ書状を投げ込まれた, おなじ最後のもの, おなじ月夜でおなじ, おなじ月影を汲むなら, おなじ木場に山崎屋金右衛門, おなじの中, おなじ条件の倉出し, おなじにもやっ, おなじ東大寺中でも西院, おなじ東歌で古い, おなじ東洋人にややられる, おなじ松籟艸の後半, おなじ松野殿へ弘安元年五月一日, おなじ板野郡板野町でそこ, おなじに殺され, おなじの人たち, おなじ枯野の目, おなじの着物, おなじ柿の木の柿, おなじに風, おなじ梁山伯の女性, おなじに飛びかひぬともいひつべし, おなじにいた, おなじ棟割り長屋でもいつも, おなじ植ゑる事でも植林, おなじを持った, おなじ楽器が私, おなじ楽屋の飯, おなじ構内に引, おなじ横浜に早く, おなじ横顏を一寸, おなじに枝, おなじ樹立に姿, おなじのなか, おなじなるべけれど, おなじに伝右衛門氏, おなじ權力の府, おなじもおなじ, おなじ歌いもので, おなじ歡樂にかへれる, おなじ正義観念の上, おなじ此事亦大阪, おなじ武家に仕官, おなじ武州の内, おなじ武門といっ, おなじだ, おなじり途, おなじ死にかただ, おなじ死に場所だから, おなじ死ぬ気の, おなじ死ぬならお父上, おなじ死ぬならおくがたと, おなじ殺風景にやる, おなじ母子でも在り方, おなじ毒塚と砂原, おなじ毛糸の赤襯衣, おなじがしました, おなじ気もちでゐる, おなじ気位をほこっ, おなじ気候や空気密度, おなじ気分で考へ続くる, おなじ気運の兆, おなじ水色レエスの刺繍, おなじ江戸に住み, おなじ江戸川端ではある, おなじ決死の覚悟, おなじ河内石川の住人, おなじ河原で祈りくらべ, おなじなら泡盛, おなじ洋学者でしたが, おなじに夜泊り, おなじを汲む, おなじに身, おなじ消防夫に遮られ, おなじさまで, おなじに身, おなじ渋谷区のある, おなじ温泉へ入り込んだ, おなじ渾河の水底, おなじ源氏の流れ, おなじ演劇部の仲間, おなじの流れ, おなじ火事に靈岸島, おなじいろ, おなじ炬燵に敷い, おなじ無念にうつむき, おなじ無意識中より作者, おなじ無謀な沙汰, おなじ無遠慮な口, おなじ煙草を備え, おなじ照る日に, おなじ煩うても美しい, おなじともし頃, おなじ父母いただくと, おなじをかさね, おなじ版畫でも筆者, おなじ物事の解, おなじ犠牲がかず知れず出, おなじ犠牲者でしょう, おなじに振袖, おなじ狂暴なグロテスク, おなじ猿楽町の大きな, おなじでも山獺, おなじ玉脇の妻, おなじ王子で生れた, おなじ理屈で起る, おなじ理窟であるが, おなじ生き物のうち, おなじ生むなら聖人に, おなじ生態を語っ, おなじ生首提灯のしかも, おなじ用法なの, おなじの行事, おなじ男性として見る, おなじの方, おなじ畜生でもいくらか, おなじの上, おなじいで入院, おなじ病人をもの, おなじ病室に寢, おなじ病気にかかっ, おなじ病魔の手, おなじ発心をした, おなじ白地の浴衣, おなじ百姓おやじレイニンがゴッホ, おなじ皇室の, おなじ皇統なのに, おなじ監獄からの追跡者, おなじ目ざましをくれるなら, おなじ目鼻ともおぼえず, おなじになる, おなじでも金沢, おなじ瞬間に追撃ち, おなじ碧色にて吹く, おなじをもっ, おなじ社會行事である, おなじ神様である, おなじの夕暮, おなじ称号であり之, おなじ稼業の家, おなじにその, おなじ空気穴があります, おなじ空間にじっと, おなじから朝日, おなじ立ち場なん, おなじ童名にまだ, おなじに流れ, おなじの園生, おなじ竹槍を毎晩, おなじ笑いをもらした, おなじ筋道を逆行, おなじ管轄の署内, おなじ節分の夜, おなじ範疇に入り, おなじ米町川の上流, おなじ粕淵村の大字湯抱, おなじ精霊でも時に, おなじ紀州田辺の糸川恒太夫, おなじ紀州田邊の絲川恒太夫, おなじなる靄たち, おなじ紅白粉をつかっ, おなじ紅色にし, おなじ紅葉館の舞妓, おなじ附きの, おなじがあります, おなじの末尾, おなじ紫系統の紺, おなじ組下の綿貫三八, おなじ経過を執っ, おなじ結核性の病, おなじの服, おなじにおろし, おなじ練馬区にすん, おなじの, おなじ縁台に腰かけ, おなじの片, おなじ言の, おなじ置炬燵にことよせ, おなじの警官, おなじ美しさで, おなじ美丈夫ながら兄宮, おなじ美男の若い衆セルゲイ, おなじ美術學校へはひる, おなじ羽色の烏, おなじ老中阿部豊後守忠秋の番, おなじへの人, おなじ考へ方から, おなじ職人の源次, おなじ職業をこころざし, おなじ肺結核で死去, おなじ背かたちだ, おなじ背かっこうの男, おなじ背戸に孫, おなじ背景の前, おなじの皇子, おなじ胴衣身のたけ此, おなじれられない運命, おなじ自尊心でも矜, おなじに向, おなじ舞台に立っ, おなじ舟芸人といえ, おなじ航路でおなじ, おなじ色あい同じにおい, おなじではある, おなじ芝居を幾度, おなじ芭蕉の句, おなじ花壇のなか, おなじ芸妓屋町に住居, おなじ苦しい思いを, おなじ苦しみを体験, おなじ苦労をした, おなじ苦悩をまだ, おなじ苦悩憂悶にもがき, おなじ英語の書籍, おなじ草花でも彼, おなじ荒唐無稽でも多少, おなじの中, おなじの日, おなじべに寄っ, おなじ蒔絵の台, おなじの上, おなじの日, おなじのまえ, おなじ藤原びとでもまだ昔風, おなじの不思議, おなじ行き方です, おなじ行動をとる, おなじ行装で大きな, おなじ表紙で押し通した驚くべき, おなじの緒, おなじにはかよふと, おなじ裁縫のお, おなじれだそう, おなじをした, おなじ装幀で相応, おなじ裏通りのもう少し, おなじ裏長屋でもお, おなじ複雑でも当代, おなじのかかった, おなじ襟のか, おなじ西園寺公宗に幕府側, おなじ西岸に棲めれ, おなじまちがいを, おなじ見解で, おなじ覚悟になっ, おなじ親類でもこんなに, おなじ観光都市の鳥羽, おなじ言うのなら, おなじ言語効果が現ずる, おなじ計算だ, おなじ詩人の處女, おなじ話題に執着, おなじがある, おなじ説経正本の, おなじ談理の境, おなじが土塀, おなじ護送されるにも, おなじ谷川の水, おなじの鼻, おなじ貴人じゃ, おなじ貸金の督促, おなじ赤白の運動帽, おなじ起りを持つた, おなじ起伏しのころ, おなじ起原を持つ, おなじ足あとがつく, おなじ足幅で彼女, おなじ路傍に脚, おなじ路地のなか, おなじのうへにあつ, おなじ身の上になる, おなじ軌道につかう, おなじ軒下にじっと, おなじ軽い服装だった, おなじ輝きを放つ, おなじ返事であった, おなじ返辞が幾たび, おなじを起す, おなじ逆立ちでもフランス風, おなじ通りで古本店, おなじ速力でついて行かね, おなじ速度で引きあげ, おなじ逼塞なかま, おなじ過程が考へられる, おなじ道化服をき, おなじ道楽の一蓮托生, おなじ部厚な猪口, おなじ部類にはいる, おなじの人, おなじに住みける, おなじ里漆間の翁, おなじの露, おなじ野中の道, おなじ野心を抱く, おなじ野趣に対して私, おなじでなくては, おなじ金属でした, おなじ金澤の町, おなじ釣り師仲間でふだん, おなじ釣り道楽の仲間, おなじの人魚, おなじの十字架, おなじを払い, おなじ鋭気をもった, おなじ鎌倉にいる, おなじさに, おなじ長いしっぽを, おなじでおなじ, おなじ門葉の一人, おなじ関係に似た, おなじ闇祭りの晩, おなじ闘いが再び, おなじ附近で眉目, おなじにいた, おなじ陣営にあり, おなじ隔たりがふたつ, おなじ雑記帳へも書い, おなじ雜誌にまだ, おなじに逢つて燒出, おなじ難儀をみる, おなじ難渋をし, おなじ電信がはいっ, おなじ霊場でかう, おなじの藁屋同士, おなじ露地のなか, おなじ露店商から電気コンロ, おなじ頃七条河原に集合, おなじ頃従五位下筑前守であつ, おなじ頃蓮の咲き, おなじ題目であった, おなじ顔かたちをした, おなじ顔つきのお, おなじ願いごとで参詣, おなじ風船でも水, おなじ食べもので劬, おなじ飾りが水, おなじから今日半日, おなじながら, おなじ駅路をたどっ, おなじ骸骨のシャツ, おなじ髑髏の燈籠, おなじを觀, おなじさな, おなじ高等學校をおなじ, おなじを呼ぶ, おなじ鳥類のなか, おなじ鶴ヶ岬の, おなじの巣, おなじ麹町だが, おなじの上下, おなじ黄色い葉の, おなじ黒い髪黄色の, おなじ黒シャツすがただ, おなじ黒人の歌, おなじ黒衣をつけ, おなじの緒, おなじ鼓動すっかり大小, おなじ345です