青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おった~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おじいさん~ おじさん~ おそく~ ~おそらく おそらく~ おそろしい~ おっ~ ~おっしゃる おっしゃる~ ~おった
おった~
おと~ おとうさん~ おとなしく~ おなじ~ おの~ おのおの~ ~おのずから おのずから~ おのれ~ おばあさん~

「おった~」 1446, 16ppm, 7210位

▼ おった~ (298, 20.6%)

39 である 282319 です 16 であります 13 じゃ 10 ですが 9 であるが, では 8 でありますが 6 であった 5 でございます 4 だが, でありますから, で御座います 3 じゃな, だよ

2 [11件] かも知れない, じゃから, だと, だろう, だろうと, であったが, であるから, であろう, でした, で御座いますが, も人生

1 [73件] かい, かさえもう, かそれ, かそれとも, かどれ, かもしれぬ, かも知れません, かわかろう, かッ, があの, がその, がインド, が多い, が御飯, が日本, が異彩, が真直ぐ, さ, じゃからなあ, じゃからツイ, じゃしかし, じゃよ, じゃ殊に, だから, だけれど, だそう, だとにかく, だろうが, だ何, であったそういう, であって, でありまして, でありまする, であるか, であるけれども, であると, であるとしても, であろうと, でございましょう, でございますが, ですか, ですから, ですけれど, ですな, ですネー, で御座いましょう, とは非常, と全く, どす, には顔負け, に拠っ, に知らぬ, は, はお, はどこ, は一, は綾子刀自, は藤六, は誤り, もおそらくは, もその, も一つ, も思え, を, をこれ, をも奈良坂勢, をわし, をスッカリ, を君, を清音, を発見, を自分, を見る

▼ おった~ (187, 12.9%)

3 後には 2 あれは, この頃, それが, 何を, 実際に

1 [174件] あの声, あらふしぎ, ある夜己, ある日山, いつの, いつ押しかけ, いやはや, いろいろわび言, おそろしく素早い, おれが, おれも, お燗, かほどの, かりそめ, かわった処, きょう東坊が, こいつは, この出品, この名称, この秘事, この近く, これに, これは, これを, しかし日本人, しばらくする, そこまでは, そのとき光, その一室, その中, その他幾多, その代官, その先, その実, その実験, その後他家へ, その後信長公秀吉公東照宮様と, その方, その時, その連中, その部下, そばで, それでも巍然, それも, それより, ためいらざる口出し, ためであろう, ために, ついに拝面, では雪舟, どうしても秘密, どうやら話し, どこへ, なかなか自若, なぜあなた, ふとある, ふと中, まず何, まず次兵衛, まだ元気, まだ見, やがてそれ, やがてそん, やがて十三歳, やがて夫人, やがて徐に口, やっぱり隠し子, やはり見どころ, ようやく右, よく考え, わははは, アンタの, アンタも, ウールジーの, ジェームス一世の, トリニテー・ハウスは, ドイツにおける, ワシが, 不断可愛がられ, 中頃は, 二十四と, 五年の, 些細な, 交際って, 今と, 今になん, 今も, 今ようやく, 今存命, 今日ついに, 今日は, 今朝江岸の, 仕方が, 何う, 何うじゃ, 何か, 何ぞ用, 作戦の, 俺と, 偶然か, 僕の, 兄貴が, 兼山は, 写本が, 前方の, 化鮫めな, 北陸御, 十三歳の, 同じ楓, 同博士, 向うから, 因果じゃ, 外遊の, 夜中に, 大事な, 大阪の, 女史であった, 婆さんが, 子どもたちの, 学制が, 就中地理学を, 届かなかったか, 島津の, 年老いてからは, 建武中興の, 引廻しを, 当時オランダ総督たり, 形勢も, 彫物の, 後から, 徳川家の, 忠実その, 忽ちこの, 急に, 患者達も, 我が誌, 我等の, 拙者が, 拙者の, 数も, 数日後には, 斉興が, 明日この, 明治十四年に, 時々油断, 時々羽織, 時刻は, 最高の, 東男は, 梵徒は, 段々夜, 母が, 漸う口, 父の, 病後ゆえ道ばたに, 病気ゆえに, 皆新年に, 眼で, 私たちは, 私にとっては, 私も, 紀元前第, 総じて彼ら, 考えて, 聊か肝, 自分として, 自分の, 良う切れた, 見たこと, 貴殿の, 開いて, 雪か, 面白かった, 飢饉なら

▼ おったもの~ (84, 5.8%)

7 である 3 だ, らしい 2 じゃ, じゃが, であります, であるという, ですから, とみえます, と思われる, と見える, と解せられる

1 [53件] か八女, か氏, がその, がです, が久しく, が今, が出, が後世法令上, が漸次, が言わなくなる, じゃがあの, じゃがこの, じゃがなあ, じゃそう, だが, だそう, だと, だという, だわい, で, であった, であって, でありました, でありましょう, であるが, であると, であろう, ですあなたたち, ですからな, ですが, ですら, でそれ, でも, で中, で同氏, で御座います, で御座いますが, とみえる, と信ぜられます, と思われます, と考えられます, と見え, ならば, のみが皮剥製革, のよう, は何やつ, は急, もあります, も遂に, らしく思われる, を, を一所, を全然

▼ おった~ (48, 3.3%)

3 すれば

1 [45件] あからさまに, あっちゃ, あって, いうので, いえ, いたしましても, いって, いっては, いっても, いわるるが, おらぬとは, したら馴染, つけ加えて, みえて, みえどうやら, みえる, 万兵衛, 云うこと, 云えよう, 伝えて, 儂は, 吉さんに, 味方は, 唱える塚, 寺男が, 徳川どのへ, 思います, 思うこの, 思うの, 思った, 思われます, 斯う, 申されたが, 申しましたゆえ, 申します, 申しますから, 知る国史, 見るべきだ, 言い伝えられて, 言うから, 言うので, 言う話, 言って, 言われて, 賞めて

▼ おったこと~ (42, 2.9%)

2 は知っ

1 [40件] があります, があるらしい, がわかる, が分るであろう, が数学, が日記, だ, であったが, であるが, であろう, でしたが, ですがね, とて私, と且つ, と思われます, にもよる, のと調法, のない, はすでに, は世人, は今, は勿論, は実隆, は後鳥羽院, は日本, は日記, は明らか, は明白, は確か, は誰, もあり, もなく, も一大盛名, も今, を, を明らか, を知る, を考え, を考えんけれ, を説明

▼ おったから~ (40, 2.8%)

2 じゃ, である

1 [36件] いくらも, いつの, いま一人の, おれも, かかる狂言, かたわらの, ここにも, この延期戦, こんな困った, そのこと, そのままに, そやつの, それを, つけこんで, であること, でしかして, とうとう追いかけ, なまくら脇差にて, ひと通りならず, 一刀の, 不図難産, 二星学者を, 吾輩一杯, 後世と, 感心し, 折檻に, 旗岡が, 日本の, 書籍を, 曹操の, 法に関する, 法典調査会で, 清音の, 直接間接種々思想問題にも, 風に, 驚いたよ

▼ おったよう~ (37, 2.6%)

4 だが, です 3 に思う 2 じゃが, であるが, でございます, なもの

1 [18件] じゃ, でありますあの, でした, では, で御座いますが, なわけ, な人, な例, な危機, な形迹, な気, にも思います, に大, に思います, に思われる, に想像力, に覚え, に記憶

▼ おったので~ (36, 2.5%)

4 ござります 2 私は

1 [30件] かたわらに, こなたから, この孟, この実験, この庭, この後, これが, これを, せっかくの, その年, もしこれ, よかった, アンソニー夫人が, マヒトすなわち, 他を, 全く溺れた, 地方から, 大概私の, 必ずしもある, 或時, 手廻しだけは, 故なく, 昔は, 更に, 武家に, 江戸の, 源内先生も, 百事思う, 自分で, 酒屋の

▼ おったという~ (31, 2.1%)

4 ことは 3 ことが 2 ことだ, のが, ような, 事は

1 [16件] ことぐらい, ことである, ことでした, のであります, のである, のは, んじゃ, 少彦名命, 履歴を, 悲惨な, 理由で, 訳な, 話, 話じゃ, 話などが, 説が

▼ おった~ (26, 1.8%)

1 [26件] あれあれ棟木, いや, おったか, おらぬか, この雪, これが, さ, そこの, それともそち, ただいまちょっと失念, またその後, まだよく分らない, もしくはかつてそう, わからぬか, ッ, 予の, 何れに, 俺は, 右馬介, 存じて, 手に, 甚内は, 知らぬ, 知らん, 知れません, 覚えて

▼ おったところ~ (26, 1.8%)

3 だが 2 じゃよ, だ, でございます

1 [17件] この盆あたり, じゃ, ぞ, ちょうどその, である, でございますか, でござる, です, ですから, で今, で御座いました, で御座います, で承知, に置き換えられ, へこちら, へ俄然, へ平馬殿

▼ おった~ (26, 1.8%)

63 だろう, や 2 じゃ

1 [12件] じゃと云うだろう, だからの, だが, だぞ, だと, だろうと, でしょうかな, ですからな, ですが, ですがね, なら横浜, やが

▼ おったそう~ (18, 1.2%)

2 だ, である, です

1 [12件] じゃが, すると, だが, だ折々, であります, であれ, でご, でございます, ですけ, では, で御座います, な

▼ おった~ (15, 1.0%)

6 相違ない 2 しても 1 あの通り, したところ, その子分, もうおそい, 極った, 違いない, 釜石の

▼ おった~ (15, 1.0%)

1 [15件] でございました, です, で漂泊生, なの, に四条, に庭, に色々, のすべて, の勢い, の自分, はお金, は立派, は足利義満, もまた, も夫人

▼ おった~ (14, 1.0%)

2 で御座いますが

1 [12件] がある, がやはり, が今, が土地, じゃが, すなわちそれ, であります, であるから, でございます, ですが, でなくては, もバラモン族

▼ おった~ (11, 0.8%)

21 こいつ, しかしまあ, ふやけた脳味噌ども, ア, 主人の, 乞食坊主め, 云おうようなき, 小僧ッ, 武士の

▼ おった~ (11, 0.8%)

1 [11件] がある, が上海, が仕官, が在った, が病い, であった, でした, にも分からなかったであろう, は早く, もあります, もある

▼ おったその~ (10, 0.7%)

1 七百両の, 下で, 人が, 仮名の, 反映では, 時おれが, 時は, 萼弁が, 迷いは, 音自身が

▼ おった~ (9, 0.6%)

1 がある, が頭, は, は明らか, は有名, は疑い, をあらわし, を覚りました, を証明

▼ おったかと~ (7, 0.5%)

2 いうに 1 思うと, 思った, 思ったぞ, 言う事, 訊ねたが

▼ おったかという~ (7, 0.5%)

3 ことを 2 ことは 1 ことが, 事実は

▼ おったのに~ (7, 0.5%)

1 いまインドから, お金を, 二人とも, 出て, 現今の, 相違ない, 隣りの

▼ おったけれども~ (6, 0.4%)

1 いまだ一科, いよいよ自分, さて舞台人, インドは, 一旦解放, 彼は

▼ おったとき~ (6, 0.4%)

1 あの藤蔓, があった, と變, に, にいった, に悪魔

▼ おったわけ~ (6, 0.4%)

2 では 1 か, であります, である, でしたの

▼ おったかを~ (5, 0.3%)

1 しりたいへん, もって, 底の, 知ること, 見る事

▼ おったこの~ (5, 0.3%)

1 土地が, 底の, 藻も, 軍職が, 辺は

▼ おったころ~ (5, 0.3%)

1 からそういう, からの昔なじみ, からの癖, にはこの大きな, に毎

▼ おった~ (5, 0.3%)

1 そちなら, また高千穂, 十一月までは, 数的にも, 殿中においても

▼ おったところが~ (5, 0.3%)

1 この山の上, ペンバ・プンツォという, 十時が, 急に, 果せるかな

▼ おったもん~ (5, 0.3%)

1 さ, だから, だでの, ですから, ですね

▼ おったあの~ (4, 0.3%)

1 ことな, たのもしい若者, 五人の, 咄

▼ おったかも~ (4, 0.3%)

1 知れぬ, 知れぬに, 知れぬの, 知れませぬけれども

▼ おったため~ (4, 0.3%)

1 だったかも, だと, だの, に世界

▼ おったとは~ (4, 0.3%)

1 かぎるまい, ききずて, この河底, われながら

▼ おった~ (4, 0.3%)

1 がその, であるが, をあの, を真正面

▼ おった~ (4, 0.3%)

1 が居た, は後, は絞り, もそれ

▼ おった時分~ (4, 0.3%)

1 でありまして, でいわば, と何, に植物

▼ おった~ (3, 0.2%)

1 せい様と, 藤どのは, 飯が

▼ おった~ (3, 0.2%)

1 その方, どぶん, ッ

▼ おったまた~ (3, 0.2%)

1 やりおった, やりおったずいぶん, 今も

▼ おったものの~ (3, 0.2%)

1 しまいには, 今日東亜の, 逃亡し

▼ おったゆえ~ (3, 0.2%)

1 か来, つい気, ひと搦め

▼ おった~ (3, 0.2%)

1 おれが, それは, だから私

▼ おった~ (3, 0.2%)

1 である, で御座いますから, な事

▼ おった~ (3, 0.2%)

1 であります, はどこ, をやはり

▼ おった~ (3, 0.2%)

1 であるという, でこれ, の五島清太郎氏著

▼ おった時代~ (3, 0.2%)

1 じゃけに早速, に電磁気廻転, の事

▼ おった~ (3, 0.2%)

1 である, であるが, に地方

▼ おった次第~ (3, 0.2%)

1 じゃよ, で, であった

▼ おった~ (3, 0.2%)

21 は諺

▼ おった~ (3, 0.2%)

1 この字, そういう話, は並木

▼ おったかが~ (2, 0.1%)

1 この事, 想像される

▼ おったかは~ (2, 0.1%)

1 存ぜぬが, 明かでない

▼ おったじゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないか

▼ おっただけ~ (2, 0.1%)

1 仕合せ者, 破壊後の

▼ おった~ (2, 0.1%)

1 ひとつわしらも, 腰で

▼ おったとある~ (2, 0.1%)

1 のは, のも

▼ おったとか~ (2, 0.1%)

1 云うので, 何人かが

▼ おったとかいう~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことだけは

▼ おったとしても~ (2, 0.1%)

1 お前の, 眼に

▼ おったとて~ (2, 0.1%)

1 さんざん叱りおった, しかたが

▼ おったなどという~ (2, 0.1%)

1 ことが, 話は

▼ おったにも~ (2, 0.1%)

1 かかわらず頗る, 係らずそれ

▼ おったはず~ (2, 0.1%)

1 じゃが, でございます

▼ おったまげて~ (2, 0.1%)

1 見て, 魂も

▼ おった~ (2, 0.1%)

1 さいわいに, ふと見かけ

▼ おった人物~ (2, 0.1%)

1 であったから, 疑いかかったその

▼ おった地方~ (2, 0.1%)

1 の守護, は

▼ おった場合~ (2, 0.1%)

1 には貴様, にわが

▼ おった~ (2, 0.1%)

1 の膝, を連れ

▼ おった~ (2, 0.1%)

1 つづけ打ち, 残らず捨て

▼ おった故おれ~ (2, 0.1%)

1 に金, も力

▼ おった曲者~ (2, 0.1%)

1 に相違, はたしかに

▼ おった~ (2, 0.1%)

1 に死なれまし, や姉

▼ おった浪人共~ (2, 0.1%)

1 はこの, はさぞかし

▼ おった種々~ (2, 0.1%)

1 の俳人, の特権

▼ おった~ (2, 0.1%)

1 だ, の土着神

▼ おった習慣~ (2, 0.1%)

1 が痕跡, を継続

▼ おった~ (2, 0.1%)

1 である, です

▼ おった非人~ (2, 0.1%)

1 すなわち落伍者仲間, の中

▼1* [265件]

おったああよくでかした, おったあるいは今も, おったあれが駆けこんだ, おったいろいろなもの, おったいわゆる南部地方に, おったうす寒い人里は, おったおとよに対し今日, おったお前がかく, おったお祖父さんは探し, おったかとばかりみずから馬を, おったかとも思われるけれども, おったかのごとく吾, おったからにほかならぬ, おったがなア, おったくせにちゃんと, おったくらいだから, おったぐらいのことで, おったけれどそれでもこの, おったこと今日の需要者, おったころあれほど主張, おったころ京へ売りつけ, おったころ先代の番頭今居定助, おったころ樹木の枝, おったそこへ, おったざまの悪, おったすべての者, おったずいぶんりっぱに, おったそこでインドに, おったそちの手の内, おったそれを離させる, おったそれから当分うちに, おったそれだけの音, おったため二三人が軽い, おったため教授の嫉妬, おったため逆上したに, おっただけで個人としては, おったって引張りと, おったすれども, おったといった言葉であります, おったとおりであった, おったとき歴史や小説, おったところ今日宿望を果し, おったとでござります, おったとのことである, おったとも言います, おったどこかのナグレ浪人共, おったなおそれから, おったなと苦り切って, おったなどとはとんだ迷惑, おったには駈けおったよう, おったのでないまだにいぶかしく, おったのみならずこの, おったばかりでなく彼, おったばってブリキを, おったひとり子でご, おったふうであった, おったほど物分りの, おったほどの趣味家で, おったまだ鞍も, おったゆえ否やなく通行, おったゆえ直参旗本の意気地, おったよく帰って, おったよほど大きな物, おったよりも悪かった, おったわれわれ時代の書生, おったんでそのわりに, おったアンタを直接, おったインドの説, おったエゾノヒナノウスツボエゾハマハタザオウシノケグサエゾオオバコツメクサノコギリソウイワレンゲなどもこの, おったギリシアのアテネ, おったコマ人を一ヶ所, おったサンデマン宗の事, おったチェルシーなの, おったデヴィッド・カッパーフィールドのよう, おった命を, おったメリー・ライオンという女, おったロードスターを購っ, おった一事件のみはそのまま, おった一人坊っちが, おった一千七百九十九名というもの, おった一方は, おった一縉紳の生活, おった一般世人の観念, おった一行の者, おった七ヶ国のコマ人一千七百九十九人, おった埓者軍律に, おった不幸なる人々, おった不正ダイナマイトを十本, おった世人はそれ, おった主人は目ざとく, おった主義のため, おった久良ではない, おった乾山は模様, おった事柄であるから, おった二人ともモンテス博士, おった人間として最高, おった仕事について述べよう, おった仕様のない, おった令嬢はこいつ, おった以上まず十中八, おった伊兵衛の仇, おった伊勢守正弘が世, おっただと, おった俗法師であったらしい, おった俘囚の勢力, おった盛という, おった兄さんのロバート, おった兄弟が一疋, おった公座を砕いた, おった六年前の算盤, おったにその, おった内地の人, おった凝視だけで, おった出雲守ですが, おった卑怯者も一度, おった友川某という旗本, おった名高い教訓家だ, おった周術が病死, おった唐橋大内記, おったを, おったである, おった国民が俄然, おった国際法の書, おった地頭なるもの, おった垂訓にも悖る, おった城下の店持ち, おった場所は今, おった大尉だった筈, おった天蓋がつるし, おった太古の状態, おった妖怪の総数, おったはどう, おった婆羅門の教え, おったのよう, おった学校は田舎, おった学生が逸早く, おった安生順四郎に草山, おった安藤弘氏を当時, おったとロセッチ, おった寄宿舎からは福澤先生, おった密書の書き方, おった小判の包みじゃ, おった山カゴがグラグラ, おった山人が狩猟, おった幽霊をだし, おった幾多の奇怪現象, おったで俺, おった強い自信を, おった当世に人そのもの, おった当家主人が県, おった形跡がある, おったのでき, おった御旗楯無の宝物, おった徳川時代においても前号所載香畝生君, おった思想を辿る, おった意向から察, おった愛国社なんぞと違う, おった感じではもっと, おった我が同胞中の, おった我国民は始めて, おったがはじまった, おったの事, おった故におらが, おった故八幡へ行っ, おった故名は小吉, おった故大久保勤次郎という先生, おった故胸ぐらを取っ, おった故腹這うよう, おった故金が思いよらず取れる, おった故門弟になった, おった文明に比べ, おった新八がおれ, おった新小川町のとにかく, おったには獲物, おった日ごろの口, おった日遊びにきた, おった昔何かにつけ, おった時この間亡くなられた浅井先生, おった時大変世話になった, おった時期があり得る, おった時毎日上官の靴, おった時病人が袖口, おった朝日の黄色, おったの棒, おった公卿の, おった案内状とパッス, おった梵語の表, おった楠平と申す, おったじゃ, おったの手際, おった江戸の男, おった法則は義理, おった浮浪民の土着, おった満都の士民, おったでもあった, おった片方にのみ非常, おった牛肉の缶詰, おったなどは常, おった猿楽の能役者, おった理由はただ, おった田舎の姉, おった甲斐があった, おったでも良家, おった町人どもか, おった留守にもファラデー, おった矢先ですし, おった石撃をし, おった社会的な地位, おったは大きな, おった秘密などは刑部, おった空気の中, おった笑止な織田侍, おった一操縦室の, おった筋書とみゆる, おった系図に至っ, おった結果遂にエタ年寄役, おった継母が何, おったが一時, おった老人はこの, おった職業や境遇上, おったから夫, おった自分も側, おった若い女の, おった英国の医者ヘンリー・フォールズ, おった荒川豊蔵君が多治見, おった菫花の模様, おった落方が少々, おった蔵元屋の祝言, おった虚無の世界, おった蝦夷もこれ, おった行帰りからその, おった衣食の料, おった記録に基づい, おった許広平女史と遂に, おった証拠品やら書類, おったがある, おったを汎, おったの方, おった謹慎も今日, おったでこれ, おった軽輩のため, おった辻斬りの下手人, おった通りです, おった選手だけが難, おった部落の由, おった都合が好かっ, おった野武士なんてみんな, おったでもあれ, おった金子を横領, おったを埋め, おった門弟が哲学者, おったにもファラデー, おった闘牛師の仕出し, おった陸軍の士官, おった際オランダ語のレプュブリーク, おったが後, おった頃二三度姿を見た, おった頃茅野雄は蘭人, おった頃貴さまは青洟, おった頭山とワシ, おったが足, おった馳走のおかげ, おった高い薄に, おったの生命, おったが何故