青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おそく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~おくれ おくれ~ ~おけ おけ~ ~おし おし~ ~おしまい おしまい~ おじいさん~ おじさん~
おそく~
~おそらく おそらく~ おそろしい~ おっ~ ~おっしゃる おっしゃる~ ~おった おった~ おと~ おとうさん~

「おそく~」 1222, 13ppm, 8372位

▼ おそくまで~ (269, 22.0%)

13 起きて 3 かかって, 話しつ, 遊んで, 部屋の

2 [16件] ねむりませんでした, 仕事を, 待って, 泥水の, 眠らずに, 背中を, 自分の, 蚊帳の, 話しこんで, 話した, 話し合つた, 話し声が, 話す, 読書, 遊びました, 酒を

1 [212件] あとから, あなたの, あるいは徹夜, あるの, いねむりしいしい仕事を, いました, いろ, いろいろと, いろいろ話, うちこんで, おあつまりなされ, おいでに, おきて, おさわがせし, おどりありこっち, お客が, お寝み, お庄, お引き, お気の毒さま, お皿, お酒, かかりは, かれは, きこえた, さまざまな, さらを, しめじめと, す, すむまいと, せっせと働く, せめたてましたので, そとに, その角, たツ, だった事, ついて, とどまって, とめられて, とめられ翌日, ともって, ともに, ねて, ひとりで, ひどくお, ほつき歩きパリ, まごついて, やらされたん, ゆくえ不明に, よくかせぐ, テンカンテンカンと, トコトンさん, ポーカーの, ランプを, ワア, ワアワア騒ぐ, ワキ目も, 不在である, 久しぶりに, 二人ぎりでいたってそれは, 二階に, 人の, 人通りが, 佃さんと, 佃といた, 何かの, 何千人あるいは, 信長の, 働いた, 働いて, 働かせられて, 僕なんかが, 入れ代わり立ち代わり人, 全部お, 勉強され, 勉強された, 句評し, 喋る, 図書館に, 執筆, 声を, 多勢の, 多計代, 夜店を, 夢中で話し込む, 夫を, 奉祝の, 奥の, 学校で, 学校に, 客を, 室の, 室外に, 宵つ, 家に, 家を, 宿の, 寝こんで, 寝て, 寝んで, 寝台に, 寝物語あゝ, 寢ころん, 封筒を, 小さなランプ, 少女の, 居た, 居れると, 屏風の, 山道の, 岡は, 帰って, 帰らず猫, 帰らん事, 平気で, 床に, 床の, 座談会を, 庵の, 延期せざる, 廻って, 引き留められて, 引止めて, 待たして, 御精, 御飯の, 慰労の, 散歩し, 斯うし, 旅行記の, 暗い密林, 曙町の, 書きもの, 朝は, 机に, 机の, 歩きまわって, 残ったの, 残って, 残つてい, 母と, 母親に, 母親の, 水の, 渠の, 満里子, 漫読, 灯が, 灯りを, 灯を, 炉の, 炉ば, 琴や, 用が, 田畑で, 画架に, 留守に, 皆が, 看病し, 眠った, 眠ったので, 眠つて晴々と, 眠られなかった, 眠りを, 眼が, 睡って, 睡れなかつた, 睡れなかつた私, 研究した, 研究所に, 科学上の, 笠井の, 精神的にも, 紙を, 終日人々の, 結燈臺を, 続けられた, 考えつづけたあげく, 聞える, 聟殿は, 臥る, 興じたこと, 蝋燭の, 討論を, 討議を, 話して, 話し興じた, 話し込んで, 話し込んでると, 話す話して, 語り合, 語る, 読書した, 読経勤行に, 調べものを, 賃仕事を, 賑か, 賑やかだつた, 辛抱した, 酒場で, 酒鮹酒鮹, 針仕事を, 銭湯屋の, 門に, 閑談, 障子を, 飲みあるいて, 飲みつ, 飲んだあげく, 飲んだり, 飲んで, 騒いで

▼ おそくなっ~ (100, 8.2%)

65 てから 4 てすみません 2 てから家, てしまいました, てしまった, てもう, て帰っ

1 [75件] たり外出, ていた, ていない, ておばあさん, てかえった, てからずっと, てからだった, てからであっ, てからなら, てから坪内先生, てから宮, てから小野, てから帰っ, てから月, てから東京社, てから私, てから飯島氏夫妻来, てここ, てごめんなさい, てしもうて, てそして, てつや子, てとまっ, てと例, てはといいだし, ては済みません, ては見苦しい, ては負ける, てひどく, てみつば, てもきっと, てもよごさず, ても今日, ても大抵, ても安心, ても心配, ても戻らない, ても晩, ても来やしない, ても泊らぬ, ても犬, ても縫い上げる, てやって来ました, てようよう, てわたくし, てトニイ, てドア, て不平, て会社, て出, て友達, て国府津, て外, て失礼, て山, て差, て帰宅, て彼, て徒歩, て御免, て徹夜, て思いやり, て月, て来る, て正造, て気, て済まない, て済みません, て申訳, て相, て相すみません, て誠に, て起きた, て遅刻, て野菜スープ

▼ おそくなる~ (85, 7.0%)

4 ことが 3 かもしれません, のを, わ 2 から, から止します, ことは, といけない, とお宅, ね, よ

1 [58件] かもしれない, かも存じません, かも知れない, からと思っ, からと誘い, からもう, から母家, がもう少し, けれども, ことだけは, ことも, ことよ, だけで, という, といけません, といつも, といろいろ, とおっしゃった, とお母さん, とか言っ, ときは, とひどく, とへえ, とよく, とデーツコエ・セロー, と一人, と余命, と困る, と大阪, と奧, と家, と思っ, と悪い, と日, と書生, と東, と覚悟, と言っ, と難儀, と風, につれてその, につれて其の, ので, のでいつも, ので笠井, のは, ばかりだ, まであなた, までい, まで何, まで働い, まで千世子, まで母親, ようだったら, ような, わね, 夜の, 故帰らぬ

▼ おそく~ (47, 3.8%)

2 ないよう, 四時過, 年内には

1 [41件] あと五分の間に, あるよう, おそいもの, ここへ, ないさ, ないん, なかった, なく極めて, なったから, なって, なるが, ほのぼの明け, ゆうべの, 一日の, 七日目には, 三代の, 九日か, 二十日うちに, 二十日たったら, 二日とは, 二時か, 五月五日以内であった, 今日明日には, 休暇中には, 公判へ, 公判廷に, 六時前には, 勝手に, 十一時に, 午ごろには, 午後一時頃な, 夕刻までに, 夕景六ツ下がりまでには, 宵過ぎぬ, 帰ろうと, 帰艦せ, 早くも, 明日の, 明朝までには, 昨日の, 目を

▼ おそくなった~ (44, 3.6%)

3 んです 2 と云っ, のだ, のです, のを

1 [33件] いいわけ, から家, から見, が久しぶり, が予定, けれども漸く, ころであった, し私, ぞ, といった, としてもそれ, と問われる, と思っ, ね, の, のかと, のかね, のが, ので, のでしょう, のでホテル, ので中通り, ので眠い, のは, ようだ, わけは, んだ, んでもう, 事情は, 仔細までを, 次第です, 理由を, 罰に

▼ おそく~ (29, 2.4%)

7 ない 2 ありません, あるまい, ないと, ないの

1 [14件] あるまいと, ございますまいと, ないかも, ないから, ないぜ, ないぞ, ないて, ないであろう, ないでしょう, ないという, ない小娘, ない手配, 無い, 無え

▼ おそく~ (25, 2.0%)

3 つて, つてから

1 [19件] つてうちの, つてからの, つてしまつた, つてすみません, つてとう, つては, つても, つてやつと, つてゐた, つてノーエル博士は, つて一人で, つて国勢調査員が, つて帰庵見る, つて樹明君が, つて済なかつた, つて紅足馬さんに, つて變な, つて首領が, ツて

▼ おそくなり~ (22, 1.8%)

2 そうな

1 [20件] くらい夜道, さうだ, それとは, とうとう山, のろのろと, ぴったりとまっ, やっぱりもと, ようやく終電, トミヤサロンから, 二時近く, 今夜あやしい, 体が, 列の, 午後五時すぎに, 夜も, 後藤を, 急いで, 私の, 起きぬけに, 雀ばかりが

▼ おそく帰っ~ (22, 1.8%)

5 て来る 3 てくる 2 て来, て来た, て来ました 1 たり泊っ, たり泊まっ, てきた, てきます, てしかられた, てまいりました, てらし, て見る

▼ おそく~ (12, 1.0%)

1 [12件] まだソープ, 九時ごろ, 二十年ぐらいで, 二日前には, 入れず, 出立も, 十一時迄, 御免下さい, 昔の, 気が, 私の, 郵便局が

▼ おそく~ (11, 0.9%)

2 はします, 帰りに, 絹が 1 戻りでした, 手あらい, 着きに, 酒に, 魚を

▼ おそくなりまし~ (11, 0.9%)

61 てと小声, てと言う, てと言った, てまことに, て相すみません

▼ おそくならない~ (10, 0.8%)

3 うちに 2 ように, 方が 1 と油, のだ, 中に

▼ おそく~ (10, 0.8%)

3 出かけて 1 どこかから, なって, わざわざやって来, 日ぐれ, 杯を, 町名主が, 訪ねた

▼ おそくても~ (8, 0.7%)

1 あすの, いけなかった, おかまいなければ, です, もう入る, 今年の, 例え十二時すぎ, 外泊さえ

▼ おそく帰る~ (8, 0.7%)

2 ことも 1 かも知れない, といふこと, とこっそり, ような, 夫の, 時には

▼ おそく~ (8, 0.7%)

1 お物語り遊ばしました, なん, やる食べ物屋, れいの, 愉快に, 考へるので, 読書した, 針仕事を

▼ おそく~ (7, 0.6%)

1 たりなんて武田博士, てしかす, てその, て及ばざる, て重吉, て馬車馬, 虧け

▼ おそくなります~ (7, 0.6%)

2 から 1 からどうぞ, ってママ, と父, ゆえなお, よ

▼ おそく起き~ (7, 0.6%)

1 てここ, てす, て私, 午後から, 午後野上さんの, 配達にも, 食事を

▼ おそく~ (6, 0.5%)

1 のお, の予期, の寝, はその, は夫, は嫁

▼ おそく~ (5, 0.4%)

2 に帰ります 1 に帰る, に戻った, へ帰った

▼ おそくかえって~ (4, 0.3%)

1 わしの, 来たら頼んで, 来て, 来ました

▼ おそくこの~ (4, 0.3%)

1 とき早く, 国最大の, 辺を, 部屋に

▼ おそく~ (4, 0.3%)

2 と私 1 と思います, と料理

▼ おそくなつた~ (4, 0.3%)

1 から見, けれどまた, ので僕, ので勧められる

▼ おそくなりました~ (4, 0.3%)

1 から帰ります, けれど結庵報告書, のでお, 将来の

▼ おそく上っ~ (4, 0.3%)

3 て済みません 1 てその

▼ おそく~ (4, 0.3%)

1 が小降り, のごとく飛び散る, の中, または雪

▼ おそくから~ (3, 0.2%)

1 ひとばんあな, 今まで, 扁桃腺の

▼ おそくその~ (3, 0.2%)

1 ころ売り出しの, 男が, 神社を

▼ おそく~ (3, 0.2%)

1 はあった, 家の, 平均二十時間ときには

▼ おそくない~ (3, 0.2%)

1 うちに, ときめた, 事を

▼ おそくなったら~ (3, 0.2%)

1 あしたの, 今夜は, 自動車で

▼ おそくなつ~ (3, 0.2%)

1 たせゐも, ちま, てしまふ

▼ おそくなれ~ (3, 0.2%)

1 ばなる, ば他, ば夜

▼ おそくめぐる~ (3, 0.2%)

1 圈, 天, 天に

▼ おそくやっと~ (3, 0.2%)

1 それの, 帰って, 雪は

▼ おそく帰った~ (3, 0.2%)

1 ときも, ところで, ので私

▼ おそく帰つて~ (3, 0.2%)

1 きた, 来ると, 来る父

▼ おそく帰宅~ (3, 0.2%)

1 した, して, する事

▼ おそく~ (3, 0.2%)

1 についた, にはいった, を出

▼ おそく~ (3, 0.2%)

1 が出勤, の両手, を迎え

▼ おそく~ (3, 0.2%)

1 に入りました, へゆく, へ下り

▼ おそく起きた~ (3, 0.2%)

1 ので大, ものが, 朝ほど

▼ おそくうち~ (2, 0.2%)

1 で標準スピード, へかへりました

▼ おそくおき~ (2, 0.2%)

1 てかえった, てしまいました

▼ おそく~ (2, 0.2%)

1 出たらあれ, 明朝に

▼ おそくかつ~ (2, 0.2%)

1 じゅうぶんに, 不意に

▼ おそくした~ (2, 0.2%)

1 のだ, のやら

▼ おそくたずね~ (2, 0.2%)

2 てきました

▼ おそくなるだろう~ (2, 0.2%)

1 から, ね

▼ おそくなるでしょう~ (2, 0.2%)

1 でも十一時, ね

▼ おそくなるまい~ (2, 0.2%)

1 とし, とする

▼ おそくまた~ (2, 0.2%)

1 かなりの, ドイツ人の

▼ おそくまでも~ (2, 0.2%)

1 ねむらないで, 晝間中でも

▼ おそくももう~ (2, 0.2%)

1 二時間ばかり, 四五日の

▼ おそくベーカー街~ (2, 0.2%)

1 にやって来た, に帰っ

▼ おそく一人~ (2, 0.2%)

1 で戻っ, で用足し

▼ おそく二階~ (2, 0.2%)

1 の書斎, の自分

▼ おそく仕事~ (2, 0.2%)

1 から帰っ, でもし

▼ おそく先生~ (2, 0.2%)

1 はふだん坊ちゃん, は壁

▼ おそく~ (2, 0.2%)

1 て行っ, でたる

▼ おそく出た~ (2, 0.2%)

1 のですぐ, 月の

▼ おそく出発~ (2, 0.2%)

1 して, するが

▼ おそく参上~ (2, 0.2%)

1 いたしまして, 致しまして

▼ おそく土産~ (2, 0.2%)

1 などを提げ, を持つ

▼ おそく学校~ (2, 0.2%)

1 へ出, へ行きました

▼ おそく宿~ (2, 0.2%)

1 の門, へもどる

▼ おそく~ (2, 0.2%)

1 がけに, ながらおっかさん

▼ おそく~ (2, 0.2%)

1 つた, つて

▼ おそく帰りがけ~ (2, 0.2%)

1 に何, の人

▼ おそく彼女~ (2, 0.2%)

1 が付き添っ, は静か

▼ おそく戻っ~ (2, 0.2%)

1 てきた, てくる

▼ おそく~ (2, 0.2%)

1 ては夜, て誰

▼ おそく来た~ (2, 0.2%)

1 のです, 美しい情

▼ おそく東京~ (2, 0.2%)

1 から電話, の御

▼ おそく歩い~ (2, 0.2%)

1 てい, てくださる

▼ おそく生れた~ (2, 0.2%)

1 だけな, ばかりだ

▼ おそく~ (2, 0.2%)

1 からの帰り, をうろつい

▼ おそく発車~ (2, 0.2%)

1 して, すると

▼ おそく~ (2, 0.2%)

1 をさまし, をさました

▼ おそく着い~ (2, 0.2%)

1 て来た, て船

▼ おそく知った~ (2, 0.2%)

2 ために

▼ おそく私たち~ (2, 0.2%)

2 はひどく

▼ おそく落ちる~ (2, 0.2%)

1 のでちょっと, 椿の

▼ おそく訪ね~ (2, 0.2%)

1 て来, て来る

▼ おそく~ (2, 0.2%)

1 がある, をする

▼ おそく通りがかり~ (2, 0.2%)

1 にいたずら, の交番

▼ おそく酔ひ~ (2, 0.2%)

1 倒れて, 痴れて

▼1* [303件]

おそくあくるに苦, おそくあの女が, おそくあるべき間の, おそくあんなに酔って, おそくうす暗い湯殿の, おそくうちよせた波について, おそくうなぎを取り, おそくおいでになった, おそくおかえりになりまし, おそくおくっていった, おそくおなり遊すので, おそくおもたいものが, おそくお出かけでしたな, おそくかえり八時過, おそくかけしふすまに, おそくかさかさと巣, おそくかの碧眼の, おそくかへつてき, おそくむら喜内之, おそくこうして亀井の, おそくここを立った, おそくこの世に出たみんみん, おそくこれからゆくこと, おそくこんなところに, おそくさせ結局これらの, おそくしか咲かないもの, おそくしかもびしょびしょと, おそくしづかに歩めり, おそくしないということ, おそくしましたと云い切らず, おそくするために, おそくするならむ, おそくせず我等は, おそくそこらをうろつく, おそくそのうえ一方が, おそくそれをうで, おそくそれ等は見ず, おそくたべるとレートクリーム, おそくついたから謎, おそくつきましたどうかし, おそくつまりけさ早く, おそくできることなら, おそくできれば出席, おそくでしたが銀座通り, おそくでなくっちゃ帰りません, おそくでなけれは戻, おそくでもあると, おそくということに, おそくとつぜん不吉な, おそくとにかくねに行く, おそくとは足が, おそくとも直ちに太子, おそくとんでいる, おそくどうしたわけ, おそくなっちゃってと云う, おそくなどなると, おそくならば今一度湖畔, おそくならなければ帰っ, おそくならんように, おそくなりあはて, おそくなりおきたのは, おそくなりかけていた, おそくなりしてその, おそくなりすぎていた, おそくなりにけり南瓜畑, おそくなりねたのが, おそくなるなら今少し, おそくなるらしいのでがっかり, おそくなれず藤山一郎と, おそくなれないから今日, おそくなろうがどう, おそくにでもなりましたらおいで, おそくにはこの間浅草の, おそくのこのこ訪ねて, おそくはじまった急テンポという, おそくはじめて巣鴨へ, おそくひそかに院, おそくひとりひそかに帰りき, おそくひどく酔っぱらって, おそくひろ子は前後左右, おそくびんぼうな人たち, おそくふと気づいて, おそくぽかぽかと部屋, おそく夜中の, おそくまでの各船隊, おそくめしをたいた, おそくもう二時, おそくもっと苦痛が, おそくもどることはも, おそくやがて面会時間が, おそくやってくるような, おそくよく来たと, おそくよばれて余り, おそくわが方にかへ, おそくわざわざひとりで, おそくアイビキした女, おそくアイピング村のはずれ, おそくアパートへ戻っ, おそくアムラがひだ, おそくエキモスは葦笛, おそくケルンを立っ, おそくシャヴァノンに着く, おそくドアを叩い, おそくノーベル賞級で十五級止まり, おそくハネがおそい, おそくホテルに著い, おそくワンワンワンとはげしく, おそくヴァン・ダインを読ん, おそく一つ一つたんねんに珍重, おそく一緒に御飯, おそく三原から歩い, おそく三河の足助重範, おそく上がって御, おそく両国の小屋, おそく中橋がヒサ, おそく主として女房に, おそく二人がつれだつ, おそく五人の子供, おそく亢奮して, おそくにお茶, おそく人々が寝静ま, おそく人家と人家, おそく仕上げただけの物, おそく伊藤と連絡, おそく佐々の一行, おそく何処やらの室, おそく作曲家の友人, おそく停車場に入り, おそく働くような, おそく僧正ガ谷へ行っ, おそく八幡から入洛, おそく八幡連中来庵星城子鏡子井上杉山さんの四人, おそく出かけてお, おそく出かけたけれ共今年に, おそく出したものにも, おそく出るころであった, おそく出席しそもそも, おそく別れて朝, おそく動く道路の, おそく勝治の家, おそく十一時すぎにやっと, おそく十時十一時頃までも往来, おそく十歳くらいの時, おそくんところ, おそく君らはもう, おそく国道をド, おそく土堤のほう, おそく夕飯の膳, おそく夜道を帰っ, おそく川狩には, おそく大月大佐の元気, おそく太田はふたたび, おそく夫婦者が泊つたの, おそく失礼ですけど, おそく女房が東京, おそく女郎買いにでもさそい, おそくはどうして, おそく妾宅を訪れ, おそく始まってゆう, おそく始まるように, おそく姫山を立った, おそく宗久に追いまくられ, おそく定めたけれども彼, おそく富士洞窟の奥, おそく寝る下町も, おそく寝所へ入った, おそく小田急に乗った, おそく少女は自分, おそく就寝一ねむりしたと, おそく差しだしておいた, おそく巴里に着い, おそく帰つたのでは, おそく帰られたりする, おそく帰るじぶんには, おそく帰宅おみやげのお菓子, おそく広島から戻っ, おそくをしまっ, おそく庸三が, おそく引きあげて来た, おそく強くよわく上に, おそく怒ったっておんなじ, おそく思いがけない女の, おそく思い立ったんで御, おそく急病を発した, おそく恐れ入りましてございます, おそく慣れない気苦労の, おそくひは, おそくを繰り, おそく戻つて来, おそく戻られたそうだ, おそくあらいに, おそく手紙つきぬ女, おそく拝領町屋のお, おそく敬治君が戻つ, おそく整列におくれ, おそく新宿のマーケット街, おそく新町につき淋しい, おそく新聞を畳ん, おそくの暮れる, おそく日本へ帰った, おそく昇るころの, おそく昼食をぬき, おそく時には泊っ, おそく暮れ早い山峡, おそく書いてしかられ, おそく有年の光明寺, おそく早くと, おそく木沢医師がよばれた, おそく本船を放れりゃ, おそく本艇は白みゆく, おそく札幌についた, おそくに向っ, おそく来すぎたのでかえった, おそく来なすったんだ, おそく来ましたんです, おそく来ることを, おそく東北の方, おそくについた, おそく林町よりよばる, おそく横濱をのがれ出し, おそく樹明兄来訪友達と二人, おそく樹明君が来, おそく樹明君来庵何か胸, おそく歌われる夜曲を, おそく武田大佐と清少年, おそく歩きながらハンドバッグ, おそく歩きはじめたわが子の, おそく歸つたのでは, おそく歸つた切り今にな, おそく毎日帰って, おそく汽車にのっ, おそく泥酔して, おそく浅草の方, おそく清洲にはいった, おそくのではずれ, おそく火種を絶, おそく父親が仕事, おそく縫うかたわら, おそく生まれたんだ, おそく生れている, おそく生れたらしい娘に, おそく着いたばかりな, おそく着きて河鹿, おそく石屋から火の玉, おそく石川の許, おそく神保町を歩い, おそく神戸へ来ました, おそく秋川さんから電報, おそく笹村は蓋物, おそく築地の吉田, おそく精神の上, おそく紀国坂を急い, おそく素子が病室, おそく自分の部屋, おそく自動車で家, おそくで通った, おそくへ帰りたかった, おそくはしげっ, おそく芝居から帰っ, おそくの開く, おそく落ち水聴く, おそく蒔付けが晩, おそく行き果つまじき, おそく行ったので僕, おそく訪れた男が, おそく試写会がもたれた, おそく話し込みに来た, おそく豹一は友人, おそく走っている, おそく起きるとすぐ, おそく起きるならわしだった, おそくをこごめ, おそく迄も續け, おそく迎えにでる, おそくを相手, おそく途中でストローバヤ, おそく通る徒歩者は, おそく進行し場面, おそく遊撃隊は第, おそく郡書記が通りすがり, おそく郵便局のしるし, おそく酒宴にまねかれた, おそく酔って帰っ, おそく酔樹明君がやつ, おそく酸化第二鉄, おそく長島君のうち, おそくをたたい, おそくの追分, おそく電車から降りた, おそく電車通りにひとり, おそく非常に酔つて帰つて, おそく風呂にはいつ, おそく風間を停留場, おそく食べたからわたし何, おそく食べようと思っ, おそく食事をし, おそく飲んで帰り, おそく香住といふところ, おそくごや, おそくの人力車, おそく駈け出した若者ばらは, おそく一は, おそく高村軍曹の許