青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おじさん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おく~ ~おくれ おくれ~ ~おけ おけ~ ~おし おし~ ~おしまい おしまい~ おじいさん~
おじさん~
おそく~ ~おそらく おそらく~ おそろしい~ おっ~ ~おっしゃる おっしゃる~ ~おった おった~ おと~

「おじさん~」 1943, 21ppm, 5483位

▼ おじさん~ (481, 24.8%)

10 いいました 5 笑いました 4 笑って, 答えました 3 いう, 目を, 背が

2 [17件] あめを, いつもの, お留守, そういっ, その家, そんなこと, だれですか, どうした, どこの, ラジオの, 三人の, 先に, 子供の, 小栓, 柳生家の, 私を, 誰だ

1 [415件] あたしが, あとからは, あの人, あの光る, あの娘, あの船, あはあは, あまりむずかしい, ある日, いいおじさん, いいなあ, いうの, いかにも馬鹿, いさましくも, いずれも, いそいで, いったいだれです, いったが, いったきり, いつかこの, いつもおこった, いつもちゃんとお, いつもは, いつも元気, いつも買っ, いつ復員, いないよ, いばりました, いまごろ復員なさった, いやな, いらっしゃるとき, うちの, うちへ, うまいん, うんざりした, えらいや, えらい技術者, えんぴつを, おいらよりも, おかしなこと, おかみさんに, おしょさん, おじさんを, おとうさんに, おねがいの, おふみ, おまえの, おらが, おれたちに, お仕事, お仕合わせ, お仕置に, お前が, お客の, お尻, お礼を, お約束, お艶, かいじん二十めんそうだ, かきねの, かれら, かんたん, がっかりし, ききました, きっとあっち, きっとぼく, きっと味方, きっと怒る, きまりが, きみを, きん朝さんという, ぎょっとした, くすくす笑いだしました, けいこを, けっしてしかりませぬ, こういっ, ここで, こっちへ, この上, この家, これから東京, こわい顔, こんなところ, ご存じない, さお, さきに, さけびました, さびしい顔, しかって, しばらくなにか考え, じつはミドリ, ずっと遠い, せっかく年ちゃん, そういう人, そういう人間, そういった, そう感じないです, そこに, そのとおり, そのとき, そのメダル, その火事, そばに, そりゃ半分以上島民, それから, それが, それには, それほど弱虫, そんなちっぽけ, そんな話, たいへん気, たくさんの, たしか探検, たばこを, たぶん自分, たべたこと, だまって, だれです, ちがった方角, ちょっと上, ちょっと私, つつみを, てんでもう縁談, とうとう沈黙, とがめだて, ときどき器械, とりいの, どうしたろう, どうして, どうしてそんな, どうして嫌い, どうしました, どこから, どこに, どこまで, どこも, どっから來た, なお青春, なかなかやってこねえ, なかなか博士びいき, なぜそんなに貧乏, なぜ火星, なにかぶつぶついい, なにを, なまけて, なんでもつまらない, なんという, なんとなくずる, にこにこ顔です, にやにやとして, はしを, はるばるやってきた, ひとりも, ひどいめ, ひばりが, びっくり仰天した, ふと話, ほがら, ほらみろ, ほんとうに, ほんとうの, ほんとにこわい, ほんとは, ぼくが, ぼくこの, ぼくたちを, ぼくらの, またあした, またどんな, まだかしら, まだこの, まだよく腑, まだ下手, まだ強情, まだ生き, まるでくま, みんなが, みんなに, むちゃだ, むっくりおき, もうはじめていました, もうゆかなけれ, もう十六回目, もう此の世, もぐらが, もしおれ, もとから, やさしいみんな, やっぱりここ, やっぱりまほうつかいだねえ, やはりお話, ゆうべその, よく犬, よく眠ってる, よろこんで, わがまま, わたしたちを, わたしを, わらいながら, ステッキで, ステッキを, ズボンに, ズボンの, ダイナマイトの, ポケットから, 一人ずみ, 一人だ, 一彦を, 一彦君と, 一軒ごとに, 一隊の, 三ちゃんの, 不図, 中, 九月中は, 二三日僕の, 二人の, 二冊の, 五十前後の, 井戸ばた, 人違いを, 今お留守, 今どこで, 今どちら, 今の, 今更の, 伝六の, 何か, 何ごとが, 何だい, 何という, 何者, 何者な, 作州だ, 健康診断を, 僕たちに, 僕の, 僕より, 僕を, 兄の, 先ず冒頭, 先ず口, 先生を, 内地に, 前に, 剣術が, 力を, 勇吉と, 半七, 南洋方面へ, 危機一髪檻が, 又黙っ, 口を, 名前が, 君に, 喜んで, 嘘を, 器械の, 四十面相しらない, 地所という, 地表の, 変な, 夏休を, 外で, 多大の, 夜風に, 大きいくろだい, 大きな大きなまるで, 大真面目, 好い心持, 妙な, 嫌いじゃ, 嬉しい, 子供と, 孤独な, 宵の, 家にも, 家へ, 家を, 寝て, 小児の, 少しの, 尼さんにばかり, 左右を, 市塵庵春雄と, 帰って, 帰途に, 年ちゃんの, 幸吉に, 幽霊を, 強いん, 強情っ, 役所から, 彼の, 後ろ姿を, 心が, 心持の, 心配し, 忘れないで, 怖い, 怖い顔, 思いだしたよう, 急に, 怪塔の, 悲嘆は, 懐中電灯を, 戦場の, 手を, 手品の, 探偵の, 改めて一座, 教えて, 新らしく来た, 新聞を, 旅にばかり, 旗本の, 早くから僕たち, 明くる, 明治の, 星空を, 春日町の, 時々その, 時々夜なか, 時計を, 書附を, 朝に, 本から, 東京に, 松葉づえを, 棒を, 槍が, 機械の, 此処よ, 此間から, 武ちゃんで, 武者修行だ, 歿く, 毎日何を, 水門の, 永い間, 汗を, 泥棒でも, 泥棒な, 海の, 海へ, 深川の, 渋々僕, 濡れて, 火星語が, 無いと, 無論喜ん, 片手を, 犬の, 犬や, 犬を, 用が, 用意し, 男だ, 町人だろ, 白い犬, 目が, 相手が, 知ってるか, 破れ鐘の, 私の, 笑いながら, 答えて, 結句おもしろ, 考えた, 考えて, 考えれば, 考え続けたの, 耳の, 職人としても, 肉縁の, 胸に, 自分ひとりで, 自転車から, 舟の, 花林の, 草の, 荷物を, 行き止まりに, 行者じゃ, 見たところ, 見て, 言うん, 訊いた, 話しました, 話の, 説明が, 説明しない, 説明を, 謎を, 貧乏な, 足を, 跛足だ, 透かさず, 遠い知行所, 遠慮し, 野暮天だ, 鉄人, 鉄道へ, 隣の, 青い顔, 非国民だ, 音羽の, 順々に, 頭の, 顔を, 顔色を, 高橋さんだ, 黒い上着, 黒鯛を, 黙りで

▼ おじさん~ (269, 13.8%)

5 いいました 4 かたきを, 来て, 答えました 3 持って, 笑いました 2 あのおじさん, ここまで, さけんだ, 云った, 支那へ, 来たよ

1 [234件] あの三人, あの男, ありました, あん時, いいお, いいおじさん, いい按配, いう, いうと, いけないよっ, いじめて, いったこと, いったので, いったよう, いった刑場, いって, いないかと, いましたので, いま牢へ, いま討っ, いらあ, いらっしゃるのに, いるかも, いる時分, いれば, うんうんいっ, おあし, おかしそう, おばあさんを, おばさんに, おもしろいこと, おもしろいもの, お国, お帰り, お帰りなさる, お薬, お越しじゃ, お馬, かけつけて, かわいそうでした, かわいそうに, きたよ, きて, きょうは, くれたもの, こうして力, こうして追い詰められ, こしらえたの, こしらえた器械, このおじさん, この槍一本, こんど新たに, こんど田舎へ, さそったの, じいさんに, じてん車を, すぐ永徳寺, すこし下さった, すてきな, すんで, そういうお方, そう滅多, そのとき, それを, そんな悪党, たが, だいて, だれだか, ちょうど通りかかっ, ついて, つけて, つぶやいた, つれて, とんで, なにした, にらんでの, ひっぱるわけ, ひとりたたみのしい, ひょいと股, びっしょりぬれ, ふところ手を, ぶつくさいいました, ほんとうに, またいい, みんなに, むかし心中を, もぐらを, やっぱりゆうべ, やっぱり人形, らいおんのかわを, わたくしを, わたしの, わめきながら, アパートに, アーサを, ダンビラを, バナナの, ピイピイ笛を, ヴァルセの, 一生御, 三四郎君を, 並べた山吹色, 乗って, 今日は, 今月中に, 今言った, 代を, 伴って, 何か, 何の, 俥を, 働いて, 入れられて, 八王子に, 出て, 出るよう, 前々から, 助けて, 助けに, 助造さん, 半分泥の, 叫びました, 召捕られるの, 召捕られる以前, 君に, 嘘を, 大事に, 好きだ, 好きです, 如何にもうれし, 子供が, 子供たちを, 存外以上, 宇都宮から, 家督を, 寝たっきり, 少女の, 帰って, 店に, 庭へ, 弱音を, 彼には, 得たりと, 御上京, 御年始, 必ずしも怖い, 怒るからね, 思うには, 急に, 急病にでもか, 拾って, 指さした半分浅瀬, 探して, 控えて, 数え切れないほど, 斬った, 来た, 来たから, 来たからにゃ, 来たら槍, 来てね, 来なければ, 来ました, 来ると, 来るよう, 棺桶へ, 槍を, 模範国民だ, 機嫌を, 檻から, 欲しいと, 歩けなくなるじゃ, 死ぬるまで, 死んだ後, 死んでから, 注意した, 活動写真を, 派手な, 潜んで, 牧師や, 病気を, 相手だ, 着物を, 磁石に, 私に, 私の, 立って, 糞まじめな, 納まらなくなった, 署に, 考えて, 聞きとがめました, 聞きました, 腰の, 舳の, 船乗り時代に, 菓子を, 蛭田博士と, 行けなければ, 見せて, 見たの, 見て, 親代わりに, 言うん, 言った, 言った通り, 説明を, 読んで, 警察病院で, 谷川で, 谷底の, 貝殻を, 買って, 走って, 起きた, 足を, 迎えに, 連れて, 連れの, 遊び相手として, 運命や, 道で, 道庵先生に, 里まで, 鉄の, 銅羅声を, 長い黒板塀, 開けようとしても, 隠れて, 顔を, 顔色を, 首を, 駄目を, 鶴嘴を

▼ おじさん~ (260, 13.4%)

8 顔を 5 ことを 4 うちへ, ところへ, 名前は, 話を 3 ために, ところで, ように, 所へ

2 [16件] いうこと, うちの, お国, お家は, お尻, お話が, ほうへ, 姿が, 家の, 家は, 家へ, 店は, 店へ, 方へ, 洋服の, 知って

1 [187件] あけるの, あとに, いうとおり一人, いう相手, いたずらだ, いったこと, いったよう, いない時, いなかは, いるスラヴ領, うしろ姿に, うちでは, うちにも, うちは, うち見たい, おうち, おかげじゃ, おかげだ, おかげです, おかみさん, おすすめで, おっしゃるとおり, おもしろそう, お伽噺を, お友だち, お嫁さん, お守りを, お室, お膝, お蔭で, かたわらに, ことが, ことだ, ことだろう, この目, この話, この頃, そのずる, そばなら, そばによって, たこ一番だこに, ちょうちんの, つれて, ときの, とこに, ところから, ところは, ねがいは, はなしは, ふしぎの, ふともも, ほうに, もって, やさしいの, ような, を借りた, オーバーの, ガスパールの, ハンカチーフが, ハンカチーフです, ポケットなんだか, モウリ博士と, ヴァイオリンは, 七兵衛の, 事何でも, 二人について, 云った変, 介添のみ, 傍へ, 僅かばかり, 先刻から, 分が, 前に, 去った後, 取りなしで, 口から, 名に, 商売は, 嘘つき, 器械の, 塩薪事件は, 声が, 声であった, 大事な, 大木も, 姿は, 娘さんの, 子どもな, 子どもに, 子になんか, 室から, 家で, 家に, 家にも, 家まで, 家を, 寝床へ, 小僧目を, 小説も, 小説一つ書いた, 屋敷へも, 年に, 年取ったからだには, 弟子に, 影法師かと, 御主人, 御商売, 心しだいだ, 心配は, 思うとおり, 恋な, 悪い癖, 意見を, 懸賞には, 戸棚に, 戸棚の, 所書をも, 手に, 手品使いの, 手紙を, 教えて, 文庫が, 方から, 方からは, 方が, 方に, 書いて, 書斎へ, 服だ, 来ること, 様に, 様子を, 歌は, 死体, 毛利博士では, 毛利博士の, 毛利博士は, 気持ちに, 汚れた小倉, 活動が, 生きる月日, 番だ, 発明は, 発案について, 盗みたい物, 目に, 相手を, 真似し, 眼には, 知らない虫, 紙腔琴に, 考えようが, 肩に, 胴中が, 腹が, 舟が, 船が, 菩提寺の, 行くところ, 親切は, 角は, 角を, 言伝てだけを, 話によって, 話の, 話次第では, 説明に, 説明の, 説明を, 謀事が, 買物を, 足の, 足もとを, 躾け, 躾けを, 部屋, 長靴の, 門を, 面を, 頭は, 顔と, 顔の, 首に, 馬鹿, 驚いたの, 骨な, 鳥さしが

▼ おじさん~ (107, 5.5%)

3 なって 2 いただいたの, お辞儀なさい, しても, 向かって, 連れられて, 頼んで

1 [92件] あやまろうかと, いったんだ, いやでも, いやな, おくって, おそわって, おっしゃって, お引越し, お早よう, お目にかかりましたらお, お茶出すだ, お願いし, かえって来た, きいて, ききました, きっと勝つ, くれて, こうたずねた, こうセビリ, この箱, さされた時, すぎなかった, その後の, それを, たあいの, たずねた, たのんで, ちょっとうま, つれられて, どこか, なついて, ひきとられそこ, みだらが, むかって, めぐりあったと, やなあ, よろしくいっ, キッスを, ボンタンを, 万一の, 三人の, 任せる, 会ったら今夜, 似て, 似合わず全く, 元気づけられて, 別れるの, 力を, 取次いで, 叱られてよ, 告げると, 告げ知らせて, 唄って, 四時に, 売りもの, 戦人の, 抱かれて, 持って, 振る舞いたいお茶, 振舞ったくらい, 捕われたこと, 掴まって, 教えました, 教わったよう, 旗を, 渡して, 渡す, 知らせて, 竹のて, 笑われないよう, 笑われるぞ, 聞いたん, 聞きたいけれど, 聞きました, 茶を, 見せた, 見つかると, 言ったり, 託して, 許して, 話して, 話すと, 話を, 貰って, 蹤い, 逢うなんて, 連れて, 違いない, 還ろう, 限って, 青いボタン, 頼むと

▼ おじさん~ (75, 3.9%)

4 一緒に 3 いっしょに 2 おばさんの, なって, ふたりで, 仲よしに, 呼んで, 話を

1 [56件] あたいの, いうと, いわれるの, おばさんが, おばさんで, おばさんとの, おばさんバンザーイ, お友だち, すもうを, どうしていつもいっしょ, なかよしな, なったわたし, カマーリンスキイ, ドンドンと, 一ぱいやった, 並んで, 云いましょう, 云うの, 云えば, 今後の, 仮りの, 僕とは, 先生と, 別れて, 半七, 半分ずつ, 口を, 同じよう, 呼ばれた人, 呼ばれる中年過ぎ, 呼び慣わして, 呼ぶ, 呼ぶと, 呼ぶ小田刑事, 寝ないん, 将棋を, 少年たちとの, 岡さんが, 帰るさ, 強力の, 心の, 思って, 気分の, 火星の, 父との, 相良さんと, 真正面に, 私とでは, 腕を, 親しくなっ, 言い今日, 言うよう, 言えば, 許婚だった, 遊ぶこと, 馴つい

▼ おじさん~ (65, 3.3%)

2 知って

1 [63件] あんまりでいらっしゃいます, いるの, おなかが, おばさんも, こうし, ここで, この問題, この非常時, しかられしかられいっしょ, じきに, すっかりだまされた, そろそろ飽き, そんな事, ついでに, ときどきそれ, なんにも返事, ねえもん, ひどくわかれ, また東京, もう少し落着けない, やっぱし海軍, やはり火星, よく聞い, 一しょに, 一とおりの, 一向頼り, 一緒に, 上げて, 不運に, 人間の, 仕事を, 克巳も, 入るの, 入れて, 出られないかなあ, 同感である, 喜んで, 子どもの, 字が, 実は困っ, 小さいとき, 幾らかの, 後から, 御承知, 急に, 或る, 日本の, 武田の, 泣かないが, 満足な, 留守だった, 留守な, 皆少し, 知ってるの, 考えた, 自分も, 行くかい, 覚えて, 認めないわけ, 返事に, 遠慮せず, 鉱山で, 飛んで

▼ おじさん~ (41, 2.1%)

2 取り巻いて, 知って

1 [37件] うんと笑わせ, おびき寄せた, おやりなさい, こいしがりました, たずねた, たよるしか, つれて, なんでみんな, はなさないよ, やった奴, よんで, 一目みた, 両方から, 偉い方, 助けること, 呼びだして, 呼んで, 困らせるの, 囲んだ, 声援する, 尋ねて, 弥次りました, 待兼ね, 忘れちゃ, 思い出しました, 打てば, 担ぎ上げようと, 救う近道, 残して, 焦らさないで, 真中に, 考えて, 能く, 見ませんか, 起こすん, 載せて, 連れて

▼ おじさん~ (27, 1.4%)

542 ということ, わ

1 [14件] あれ, からってなに, から知らせ, とかでこの, と思いました, と思っ, なあ, なあと思いました, なと感じた, なァ, な人助け, ものね, ナなん, 兼吉君の

▼ おじさんたち~ (23, 1.2%)

2 が送っ

1 [21件] がおとし, がここ, が舟, にす, にはわからない, にも見せ, に助け, のす, の男らし, はいい, はいったい, はおいら, はかわいそう, はどう, はやっぱり, は一生けんめい, は情, は石, もとうとう, も毎日, をかくした

▼ おじさんから~ (20, 1.0%)

1 [20件] いわれて, お薬, お話を, からかわれて, きかされて, きかれたこと, この答申書, もらったもの, もらった不思議, もらった球, わたくしが, 今更そんな, 教えられたよう, 教わろうかしら, 田舎で, 聞いて, 豆を, 遺産を, 電気を, 電話が

▼ おじさんという~ (11, 0.6%)

4 のは 1 のを, ものの, ものは, ものを, 人は, 方には, 言葉を

▼ おじさんには~ (11, 0.6%)

1 [11件] お母さんと, それが, そんなお金, そんなむずかしい, もうそれ, わからないだろうが, わからないよ, 何とも返事, 年とともに, 手荒には, 男の子が

▼ おじさんこれ~ (10, 0.5%)

2 は何 1 が象, でしょう, でもう, で留吉, はなん, を何, を預か, 貰っといても

▼ おじさんどこ~ (9, 0.5%)

1 かこれ, から来た, がそんなに, がわるい, へいく, へ行きまし, へ行く, へ行った, へ隠れた

▼ おじさんこの~ (8, 0.4%)

1 お店, お茶は, お話後は, 土を, 広い原, 石は, 鉄の, 首は

▼ おじさん~ (8, 0.4%)

1 あんまり騒がない, がギリシャ語, に教え, の中, はやく引き揚げた, は一人, は海東郷, もっと石ころ

▼ おじさんその~ (7, 0.4%)

1 あやしい乞食じいさん, お慰めかたがた, カブトムシに, 人の, 白い細いの, 絵くれよ, 首に

▼ おじさんだって~ (7, 0.4%)

1 えこと, きっとしかる, そう云ってた, 可愛がれないじゃ, 大きになさけ, 性器という, 男一匹だ

▼ おじさん~ (7, 0.4%)

1 ちょっと外出, ちょっと検, にもね, の家, の留守中, はびっくり, を動物園

▼ おじさんあれ~ (6, 0.3%)

1 のこと, はいったい, はなかなか, をどうか, をどうして, を持っ

▼ おじさんぼく~ (6, 0.3%)

1 お友だち, だまって, の兄, は屑, も大きく, をとめ

▼ おじさんみたい~ (6, 0.3%)

1 なしろうと, な人, な野武士, にお, におとし, に半

▼ おじさんもう~ (6, 0.3%)

1 いいよ, いくの, ここは, わかりました, 一ぺん鳴らし, 駄目よ

▼ おじさん~ (5, 0.3%)

1 おいらは, 屋敷へ, 怪我は, 薯を, 酒によって

▼ おじさんおじさん~ (5, 0.3%)

1 から今更, がむかし心中, そんなこと, というの, はこの

▼ おじさんおばさん~ (5, 0.3%)

2 に会った 1 が暮し, のお世話, はいなか

▼ おじさんお前~ (5, 0.3%)

1 が気, こそお前, にも言い分, の物, は眼

▼ おじさんここ~ (5, 0.3%)

1 なんだかあき, に入口, はやっぱり, をあけ, を通しておくれ

▼ おじさんである~ (5, 0.3%)

1 ことを, ところも, とすれ, と知つたの, 市塵庵春雄は

▼ おじさんでは~ (5, 0.3%)

2 ないか 1 ないの, なかった, なくずいぶん

▼ おじさんどう~ (5, 0.3%)

2 したん 1 したもの, したんだい, しよう

▼ おじさんなに~ (5, 0.3%)

1 してるの, してるのよ, してんの, をする, をみせ

▼ おじさんはね~ (5, 0.3%)

1 うた時計を, そのうた時計, その周作, とても正気, やっと石塀

▼ おじさんまた~ (5, 0.3%)

1 きますから, 帰って, 明日おいでよ, 海へ, 降るだろうか

▼ おじさんあの~ (4, 0.2%)

1 塔に, 方たちは, 若い虚無僧, 西洋人の

▼ おじさんこそ~ (4, 0.2%)

1 あぶないよ, どう暮し, 何者だ, 頭が

▼ おじさんすなわち~ (4, 0.2%)

2 小田刑事は 1 小田刑事と, 警視庁の

▼ おじさんそれ~ (4, 0.2%)

1 が変, じゃ高麗村, はちょっと, はどこ

▼ おじさんだった~ (4, 0.2%)

1 の, のです, もの, んだ

▼ おじさんちょっと~ (4, 0.2%)

1 ここへ, このお子さん, 待って, 止めて

▼ おじさんとこ~ (4, 0.2%)

1 から借り, へだ, へでも行く, へ来ない

▼ おじさんなる~ (4, 0.2%)

1 もの, ものが, ものを, 小林助市氏とに

▼ おじさんにも~ (4, 0.2%)

1 たった一度, よくわからない, わからないね, わるいところ

▼ おじさん~ (4, 0.2%)

1 か悪い, がふしぎ, のことだい, の約束

▼ おじさん~ (4, 0.2%)

1 が死ぬ, はちょっと, また出る, も乗せ

▼ おじさんいい~ (3, 0.2%)

1 だろね, でしょう, んだ

▼ おじさんこれから~ (3, 0.2%)

1 こそほんとに, ぼくたちが, 何を

▼ おじさんそれでは~ (3, 0.2%)

1 あんまり愚痴, わたしを, 今日お

▼ おじさん~ (3, 0.2%)

1 あつて, おじさんは, 僕は

▼ おじさんとして~ (3, 0.2%)

1 弾ね, 恐れられてる八丁堀, 親しみかけたの

▼ おじさんとは~ (3, 0.2%)

1 どうしても茶碗, 僕の, 平生から

▼ おじさん~ (3, 0.2%)

1 んだ, 若い時船, 馬鹿たれ

▼ おじさん自身~ (3, 0.2%)

1 ずいぶん骨折っ, のいのち, の書い

▼ おじさんあたい~ (2, 0.1%)

1 が一つ, におくれよう

▼ おじさんあなた~ (2, 0.1%)

1 が行っ, はいったい

▼ おじさんありがとう~ (2, 0.1%)

1 と言いました, なむあみだぶつ

▼ おじさんあんた~ (2, 0.1%)

1 はまあ, は知らない

▼ おじさんいつここ~ (2, 0.1%)

1 へいらした, へ戻っ

▼ おじさんいま~ (2, 0.1%)

1 おめ, のあれ

▼ おじさんうち~ (2, 0.1%)

2 の兄さん

▼ おじさんおいら~ (2, 0.1%)

1 どうしてもお, も一緒

▼ おじさんお待ち~ (2, 0.1%)

1 よ, 遠さ

▼ おじさんお茶~ (2, 0.1%)

1 でやんす, をお

▼ おじさんからの~ (2, 0.1%)

1 原稿を, 言づてを

▼ おじさんきっと~ (2, 0.1%)

1 いらっしゃると, 夕立を

▼ おじさんこっち~ (2, 0.1%)

1 の包み, へも遊び

▼ おじさんじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, 今から

▼ おじさんそんな~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ おじさんだめ~ (2, 0.1%)

1 かいいや, だなあ

▼ おじさん~ (2, 0.1%)

1 何の, 誰だ

▼ おじさんでも~ (2, 0.1%)

1 おばさんでも, なく又

▼ おじさんどうも~ (2, 0.1%)

1 ありがとう, お待たせしました

▼ おじさんなぜ~ (2, 0.1%)

1 この塔, 大利根博士は

▼ おじさんなら~ (2, 0.1%)

1 ば, 大丈夫だ

▼ おじさんなんか~ (2, 0.1%)

1 知るめ, 食物が

▼ おじさんのべい~ (2, 0.1%)

1 に目, はなかなか

▼ おじさんひどい~ (2, 0.1%)

1 じゃねえ, 間違ったら高島田

▼ おじさんぼくたち~ (2, 0.1%)

1 だって親, の少年探偵団

▼ おじさんもう一度~ (2, 0.1%)

1 この階段, 歌って

▼ おじさんもしかして~ (2, 0.1%)

1 弁信さんは, 清澄の

▼ おじさんよく~ (2, 0.1%)

1 来て, 知ってるん

▼ おじさんわかった~ (2, 0.1%)

1 かいこれ, これ時計だろう

▼ おじさん一人~ (2, 0.1%)

1 であんまり, で行っ

▼ おじさん切符~ (2, 0.1%)

1 だぜ, はある

▼ おじさん助け~ (2, 0.1%)

2 ておくれよ

▼ おじさん堪忍~ (2, 0.1%)

2 して

▼ おじさん大丈夫~ (2, 0.1%)

1 だよ, ですかって

▼ おじさん怪塔王~ (2, 0.1%)

1 が僕たち, は魔法

▼ おじさん戦人~ (2, 0.1%)

1 のお話, の話

▼ おじさん~ (2, 0.1%)

1 の上手, を持っ

▼ おじさん自分~ (2, 0.1%)

1 で行っ, の手

▼ おじさん近い~ (2, 0.1%)

1 うちに, ところに

▼1* [272件]

おじさんあすから私, おじさんあすこの寺内, おじさんあたしのお, おじさんあたらして, おじさんあめ屋さんになった, おじさんあわてなくてもよい, おじさんあんまり口惜しいもの, おじさんいけないかい, おじさんいたら教えておく, おじさんいっしょにおよい, おじさんいっぱいくったわね, おじさんいつ帰ったの, おじさんいよいよ事件が, おじさんいるかい, おじさんうぐいすを聞きました, おじさんおいでなん, おじさんおいら子供じゃない, おじさんおじさんなんだっておいら, おじさんおじさん大変だよ, おじさんおまえは海象, おじさんおやじはまだ, おじさんおら残飯貰いじゃねえ, おじさんお出でなさい只今, おじさんお前どこから来た, おじさんお参りをする, おじさんお嬢さんはあたし, おじさんお寺は止そう, おじさんお銭をここ, おじさんお願いです, おじさんおばさんか, おじさんかなと思いましたが, おじさんかんにんして, おじさんがたは僕, おじさんがとほうも, おじさんきょう死刑になった, おじさんこの死人, おじさんこいつです, おじさんこうなっては, おじさんこちらにも海, おじさんこれポケットから出し, おじさんこんどあめ屋さんになった, おじさんこんなものを, おじさんせいが, おじさんごめんよ, おじさんご用があったら, おじさんさあ歩いて, おじさんさるでもたぬき, おじさんてあげよう, おじさんしっかりなさい, おじさんしばらくこなかったね, おじさんしょげちゃ駄目, おじさんじゃあない, おじさんじゃんけん, おじさんすいかをもい, おじさんすみませんがこれから, おじさんそいでもねまちがえ, おじさんそそそんな礼儀, おじさんその後何かかわったこと, おじさんそりゃあ違うよ, おじさんそれから氷水一ツ, おじさんそれでも海よりか, おじさんそんならほか, おじさんそんなにきょろきょろしてる, おじさんたこをお家, おじさんたぬきや象, おじさんだいじょうぶですか, おじさんだけはわたしを, おじさんだってもこわくない, おじさんだれなの, おじさんだろうと気がつい, おじさんちゃんと家に, おじさんついててくれなく, おじさんであったか知らない, おじさんですか, おじさんでないとしたなら, おじさんでなければ果して, おじさんとうとうやって来たねえ, おじさんとかいって, おじさんところだけつけ, おじさんとしてのそれだけを, おじさんとても万一わたくしの, おじさんとの前で, おじさんどうした, おじさんどうしてそんなにいろんなもの, おじさんどうぞぼくを, おじさんどうも色々ありがとう, おじさんなぞは大へん, おじさんなつかしい克巳が, おじさんなにかありませんか, おじさんなら隠さずに申します, おじさんなんだっておいら, おじさんなんかが幽霊に, おじさんなんかに聞かれるの, おじさんなんかの行方不明事件の, おじさんなんかも以前が, おじさんなんぞ畑の, おじさんなんだかこらあで, おじさんなんて呼ばないこと, おじさんなんの用がある, おじさんにさえほんとうの, おじさんにとってけっしていい, おじさんにゃ深刻に, おじさんに対しては気持ちよく感じた, おじさんに対する好意以上の, おじさんねえそれで, おじさんねずみにおばさんねずみ, おじさんねむの花, おじさんはじめ子供たちはみんな赤トラ, おじさんはと見れば, おじさんはもうずうっ, おじさんひとりで行っ, おじさんほんとに入れて, おじさんまあ心配しなく, おじさんまだぼくらを, おじさんまりをかくし, おじさんまるで中を, おじさんっけた, おじさんもぐらはどういう, おじさんもしもあなたが, おじさんもね七十くらいの, おじさんもべいを, おじさん浮かぬ顔, おじさんやっぱり退却する, おじさんより先に, おじさんらしいので安心, おじさんわたし, おじさんわかってるだろうその薩摩守, おじさんわたしはもし, おじさんわたしいま寝て, おじさんわたし十日ばかり前, おじさんミドリを早く, おじさん一口乗らないか, おじさん一寸店番し, おじさん与し易しと, おじさん与八さんにはわたくし, おじさん世間ではやはり, おじさん久しぶりですねえ, おじさん人様から頼まれ, おじさん今夜は遊ん, おじさん今度は大, おじさん今日は, おじさん今晩は, おじさん今頃どうしてこんな, おじさん以外の何物, おじさん仮面強盗は立派, おじさん何だかポツンと降っ, おじさん何処の人, おじさん保田の岡本, おじさん俺らはこの, おじさん僕たちの町, おじさん元気でいて, おじさん先刻泥鰌が欲しい, おじさん入ったのかい, おじさん六天山の方角, おじさん冷たいラムネ, おじさんの絵, おじさんったん, おじさん労働したこと, おじさん動いちゃいけない, おじさん五郎ッていう, おじさん友釣りってむずかしい, おじさん叔父さんの親切, おじさん商人は腹, おじさんいったね, おじさん地獄極楽なんて嘘ッ八, おじさんがここ, おじさん場合が場合, おじさんってどこ, おじさん出来だ, おじさん大きくなったら大学, おじさん大変だよ, おじさん大黒天の耳, おじさん天草軍記の話, おじさんのほう, おじさん妙見様から私, おじさんが読めない, おじさん家業で芸妓衆, おじさん少しこの辺, おじさん左門洞にのがれる, おじさん帰るのを, おじさん帽子の縁, おじさん幾つなんだい, おじさん弁信さんが心配, おじさんの忠勤, おじさん役者のまね, おじさん彼方から来た, おじさん待ってくれ, おじさん商売が, おじさん忘れていた, おじさん怖い者いた, おじさん怖くはない, おじさん急用がある, おじさん愛用の葉巻, おじさん人って, おじさん戦争をする, おじさん抜けられたよ, おじさん押してやろう, おじさん教えてくれる, おじさん日ヶ窪へ行く, おじさん日本一の金持, おじさん早く行こうレッスン, おじさん早く早く窓を, おじさん昨夜はどこ, おじさん暫くでございました青梅, おじさん有難うもう大丈夫, おじさん朝日タクシイの若旦那, おじさん本当かい, おじさん本陣に泊っ, おじさんている, おじさん東京へ帰ったら, おじさん染屋の宿, おじさん株屋殺しの真犯人, おじさん梯子か竹竿, おじさん武蔵野が遠く, おじさん毛利博士の最後, おじさん気味が悪くなかったろうか, おじさん法斎呼ぼうか, おじさんの話, おじさん清廉潔白の廉, おじさんの名, おじさん犯人は分かりました, おじさんがあります, おじさん白熊をうっ, おじさん白痴でも人間, おじさん相撲取ろう, おじさんつてる, おじさん知っています, おじさん知ってないかい, おじさん知ってるかい背, おじさん知ってるなら教えておくれよ, おじさん砂糖黍たべようか, おじさん私たちまで食べます, おじさんとぶ円盤, おじさん竹内さんまことにご苦労様, おじさん第六感だよと, おじさん約束どおり白金を取りかえし, おじさんおくれよ, おじさん素晴しいわ, おじさんをくれよ, おじさん聞いている, おじさん聞きましたかペンキ屋, おじさんが抜けた, おじさん蝶々や蜻蛉, おじさん行ってやる, おじさん被入しゃい, おじさんを剃っ, おじさん見えただからお茶, おじさん見つかったのでしょう, おじさんがある, おじさん説明がうまい, おじさん読めましたよ, おじさんをこしらえ, おじさん貴方はマア, おじさん買っとくれ, おじさん貸しとくれよ, おじさん辛抱して, おじさん遊ぼうよ, おじさん遠いところを, おじさんはある, おじさん酒好きかい, おじさん金太郎さんの本, おじさん銀座の宝石事件, おじさん鋸山のある, おじさん閨技って何, おじさん露地の陰, おじさんをおくれよう, おじさん顔色がわるい, おじさん風呂場の隅, おじさん魔法博士ってほんとう, おじさんを釣ってる, おじさん鶴どんが蛇, おじさん黄金が欲しけりゃ