青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おじいさん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~おく おく~ ~おくれ おくれ~ ~おけ おけ~ ~おし おし~ ~おしまい おしまい~
おじいさん~
おじさん~ おそく~ ~おそらく おそらく~ おそろしい~ おっ~ ~おっしゃる おっしゃる~ ~おった おった~

「おじいさん~」 2034, 22ppm, 5238位

▼ おじいさん~ (801, 39.4%)

49 いいました 11 答えました 10 いって, 自分の 8 それを 7 思いました 6 言いました, 頭を 5 びっくりし, 先に, 喜んで, 笑って 4 いったの, いつもの, にこにこし, ほんとうに, 屋台を, 山へ, 目を, 私の 3 おっしゃいました, その前, つえを, どこを, 彼の, 白いひ, 眼鏡を, 笑いました, 言って

2 [38件] いろいろに, いわれました, うろうろし, おばあさんが, おばあさんの, こういうわけ, こういっ, そういっ, そんなこと, たいそう喜びました, つえに, できあがったくわを, なんだろう, にこにこと, 一つの, 下駄を, 不思議に, 北見君の, 声を, 天使の, 子供の, 少年たちに, 帰って, 徳さんの, 海の, 独り言を, 笑いながら, 聞きました, 自分で, 若い時分, 若者の, 親切で, 車の, 雪の, 霧の, 頭に, 顔を, 黙って

1 [539件 抜粋] あくまで孝吉, あけっぱなし, あちらこちらと, あちらへ, あのあらし, あのお年, あまり口数, あめ屋が, あるとき, ある日, ある朝, あんなに疲れ, いいおじいさん, いいたしました, いい気持ち, いくら眠るまい, いちいちその, いちばんかわいがっ, いっしょうけんめい, いっそう用心, いつか天使が, いつとは, いつまでも, いつもきちんと片づけ, いつもにこにこ, いつもより, いつも寒暖計, いましがた, いませんでした, いよいよ声, いろいろな, うさぎを, うつ向きかげん, うれしくって, うれしくて, うれしく思いました, うれし涙, うろたえて, えらかった, おけに, おこった顔, おっかなびっくり立ち上がっ, おとなしいよい子供, おとなしくて, おどろいて, おびえた声, おりおりつえ, おりようとは, お帰り, お料理, お泊まり, お金を, かえって太郎, かしこまって, かつて怒った, かぶりを, からからと, かわいい孫, がみがみと, ききました, きせるに, きせるを, きっと大数学者, きっと鼠, きつねに, きょとんと, くる人々, こう言い, こごんで, こたつから, こっちは, このあたり, このこと, このころ, このとき, このとき筆, この世に, この人形, この古い, この大きなこい, この子供, この山中, この年, この村, この話, これは, これらの, こわくって, ごそごその, さすがに, さぞ路, さっきから, さっきの, さっそくオウム, さびしく暮らした, さらに話, しかたが, しきりに首, しばらく肩, しばを, しみじみと, しょぼしょぼした, しわだらけの, しんせつな, しんるいの, じっとし, じっと少年, すいかを, すぐに, すぐにひきがえるを網, すこしもさわぎません, すずめが, すずめの, すっと行っ, せがれの, せっせとろうそく, そうした子供たち, そう言っ, そこで, そこに, そのかん, その一軒, その後がらに, その後で, その日, その水たまり, その袋, その話し声, それからいろいろ, それが, それでもせがれ, それでも愚痴一つ, それは, それらの, そんな薬, たいへんに, たしかに国王様, たずねました, たった一人ぼっち, たもとの, だいじに, だまって, だれが, だれだろう, だれですか, ちょうどその, ていねいに, てきの, とっとと途, とぼとぼと, どうかし, どうかもう一度天使, どうする, どうなさった, どこからか, どっかへ, どなりました, どれでも, どんなに困ったでしょう, どんなに彼等, どんなに歎, なつかしそう, なにかいっ, なにかひとり, なにかもの, なにか黒い, なにもかも忘れ, なにを, なみ子の, なんという, なんとなく普通, にこにこうなずきました, にこにこ笑っ, にこやかに, にっこり笑いました, にっこり笑っ, ねて, はいって, はげ頭を, はじめて息子, ひざを, ひとり言を, ひるま東一君, びっくりしました, ふしぎで, ふしぎな, ふだん龍雄を, ふと顔, べつに富ん, ほくほくしました, ほとんど毎日, ほんとの, ぼくが, ぼくだけしか, ぼくを, ぼんやりと, まごまごし, まさか出来ない, ますます不審, またさかずき, また問いかけました, また杖, また立ち止まっ, また自分, まだ世間, まだ元気, まだ木, みんなから, みんなに, みんなの, むねを, めったに村, もうすましたもの, もうだいぶ年, もう九十歳, もう大笑い, もう孫たち, もう帰らなけれ, もう来なかつた, もう林, もう疲れ, もう頭, もったいぶったよう, もどかしそう, ものぐさ者です, やさしくたずねました, やさしく云いました, やさしく孫, やっこらしょと, やっとこみたい, やはりこたつ, やはり笑い, ゆらゆらと, ようやくの, よくこの, よくとら, よく金魚, よちよちと, らんや, わざと勝手もと, わざと向こう, わめいて, わらじを, アメリカ捕鯨の, オルゴールを, カーリー鯨アンド・アンニー号という, ガラスの, トウナスが, マルコの, ムンヅリと, ランプの, ルーヴァンの, 一つ一つその, 一ぴき五銭で, 一ぷくの, 一人で, 一寸法師の, 一歩も, 一歩前へ, 七十九歳三十五年撃剣を, 三里ばかり, 上手に, 上機嫌でありました, 不思議な, 両側の, 両手に, 二人の, 二郎の, 五六人の, 亡くなりましたよ, 今まで, 今年ばかりは, 今度は, 今朝その, 仕事に, 仕事の, 仕事場に, 住んで, 住吉の, 体が, 体じゅう水を, 何か, 何やら喘ぎ喘ぎ, 働いて, 兄に, 八十です, 冷たい目, 出かけて, 刀豆煙管を, 力なく, 勇気が, 千三の, 危ぶんで, 又云いました, 口では, 古今で, 叱らなかった, 右を, 名も, 名人な, 問題を, 喜びました, 四つ目垣の, 垣根の, 変な, 大きなしわ, 大きなの, 大きな眼鏡, 大そう, 大事な, 大変同情し, 大将に, 大殿様, 天使に, 天使を, 奥から, 女の, 女房に, 好々爺おばあさんは, 子供が, 子供ばかりには, 子供を, 孔の, 字に, 孫が, 孫たちに, 孫を, 安心し, 実の, 客が, 家に, 家の, 小僧さんたちの, 小屋の, 小屋を, 少しあわて, 少女に, 少年の, 居ないの, 居眠りを, 山で, 山吹の, 帽子も, 平常犬, 年を, 幾つかの, 幾十年と, 床の, 庭へ, 弓の, 引越しを, 後つぎ, 徳人と, 心の, 心配を, 思ったの, 思ったよりも, 思わずつぶやきました, 思案を, 急に, 悲しそう, 悲しんだでありましょう, 意見を, 感嘆し, 懐から, 懐に, 戸を, 手で, 手にとって, 手を, 投げ出されたまんま, 指頭に, 探せば, 政一の, 新聞紙に, 日あたりの, 日ごろやさしい, 日の, 早くから戸, 早く町, 昔いった, 昔この, 春の, 昼すこし, 時々現, 朝家を, 朝起き, 木の実と, 本当に意気地, 村から, 村の, 村はずれの, 松蔵の, 林太郎が, 林太郎を, 根気よく, 桜の, 桜を, 槍の, 気の毒そうに, 気分が, 永生きじゃった, 汽車の, 注意しました, 涙を, 港に, 湖の, 溜め息を, 溜息を, 灰色の, 炉の, 無理に, 熱心に, 父親の, 版下を, 犬に, 独りため息を, 瓜子姫子を, 生き物の, 用事が, 用事を, 田舎言葉で, 申しました, 町に, 町の, 疲れて, 白い粉, 白髪頭を, 百姓が, 目に, 眼鏡の, 石から, 石に, 硫黄山へ, 神さまという, 神さまに, 神前の, 神社の, 税金を, 空に, 空を, 立ち去るとき, 立ち止まって, 笑われました, 箱の, 考えこみました, 耳が, 聞いて, 肝を, 肥料を, 肩から, 脊中を, 自分が, 自分でも, 自分にも, 自分は, 花火を, 花生けの, 若者に, 茅ヶ崎とかに, 荷を, 見失って, 親しげ, 言いながら, 許さないよ, 試合に, 話が, 話して, 話の, 話を, 誓いました, 説明しました, 謡を, 赤ん坊を, 躍り上がって, 軽いつづら, 道, 道ばたに, 部屋の, 醤油屋の, 重々しい口調, 鉄人, 銀行へ, 鍾乳洞の, 長い長い間, 長年猟人を, 隣の, 雪を, 電気を, 静かに, 靴下を, 頼みました, 頼んで, 額の, 風の音だろう, 首を, 髪を, 鳥の, 鼻を, 鼻先から

▼ おじいさん~ (325, 16.0%)

13 顔を 9 ところへ 5 そばへ, ような, ように, 前へ 4 ことを, 前に, 顔は 3 ようにも, 家は, 家へ, 弾くバイオリン, 持って, 方へ, 顔が

2 [24件] いうこと, いったこと, いったよう, げたの, ことが, ことな, そばに, まほう使, 乞食は, 前を, 坊さんが, 声が, 大事に, 姉の, 姿は, 尽力で, 帰って, 手を, 目は, 耳毛が, 親切ないたわり, 言葉を, 造って, 顔に

1 [202件] あし音が, あとについて, いいなさるとおり, いうとおり, いないま, うしろから, うちで, うちどこな, うちを, うわさを, えりもとへ, おかみさん, おし出す, お世話に, お使い, お侍, お内儀さん, お好き, お守りを, お弟子, お話でした, お話は, かたみである, かわいがって, くつ屋の, くつ屋は, くつ屋を, くるの, くれたバイオリン, こと, ことです, ことや, ころから, したよう, して, しょって, じゃまに, すきな, そばには, そばによって, そばを, たった一人, たんぼに, ついて, てつだいを, とき一郎爺, ところで, ところでしょう, ところに, ところの, とまる処, なくなったころ, ひざに, ひっこむの, ひょっとこが, へやの, へやへ, ほうへ, ほら話, まえに, まわりには, むき出しの, めしあがった後, もとからは, ものぐさを, やり口と, ようだった, コリントの, プレゼントです, 一族で, 一生を, 丁度よい, 三人きりでした, 上に, 上へ, 世話だ, 乞食を, 二人に, 人形が, 今日の, 仕事を, 仕事場へ, 代まで, 代までは, 仲間の, 住んで, 住居は, 体が, 出たあと, 刻み煙草を, 前で, 前まで, 博士であります, 卜者に, 名なし, 呼ばれる声, 命の, 咳ばらいが, 問題でも, 喜んで, 墓の, 変装が, 大きな大黒帽, 太兵衛, 奥方も, 姓である, 姓と, 姿を, 娘なりに, 子供の, 孫が, 孫として, 孫な, 孫の, 家だろう, 家なら, 家に, 家の, 家のです, 小さいけれど, 小屋に, 居るうろ, 巖本善治は, 左手には, 帰りを, 帰るの, 帽子の, 店は, 店を, 庭にも, 庭先へ, 後に, 後について, 心づくしであったろう, 性質を, 息子の, 悠造殿, 患者が, 悪口いう, 慰め手と, 所へ, 手から, 手に, 振り向く方, 故郷を, 文庫へ, 方が, 方を, 望みの, 梟は, 残して, 気に, 気持を, 永生きに, 浴衣を, 消えて, 清らかな, 漁師が, 理髪店が, 病気も, 瘤が, 瘤の, 発明の, 目からは, 目が, 目の下の, 目へ, 着物を, 給仕人に, 緑色の, 老妻, 老眼鏡の, 考えとは, 耳に, 耳の, 耳へ, 胸へ, 胸まで, 腕に, 腕を, 腰かける石, 膝頭に, 西洋人が, 言うこと, 言うまま, 言葉とは, 言葉は, 話という, 話にも, 赤とんぼ位の, 踊りに, 部下の, 金婚式は, 隠居所で, 霊に, 頭の, 頭は, 顔と, 顔の, 馬車が, 馬車に, 髭より

▼ おじいさん~ (288, 14.2%)

8 いいました 6 つえを 5 ありました, 住んで 4 帰って 3 出て, 自分の

2 [12件] いった, いったよ, いって, いつもの, いないの, それを, にこにこ笑っ, 云いました, 休んで, 先祖伝来と, 笑いながら, 顔を

1 [230件] あたしの, あちらから, あちらの, あったらば, あって, あやまって, あらわれました, あります, あるもの, いいこと, いいましたので, いいますと, いきなり云いました, いたの, いったかと, いったから, いったと, いった宇宙, いつも畑, いて, いなくなっても, いました, いらしたらとびついて, おこって, おっかさんを, お家へ, お帰り, お湯を, お迎い, かなづちを, からすの, かわいがって, かわいがりすぎたせい, きたの, きて, きねを, きました, くぐりの, けらを, こいを, こういっ, こうし, こう縁側, こくり, ここんとこ, こしかけて, こちらは, このあいだ, このお家, この城跡, この真夜中, この鳥, こまを, こわかった, さっそくやってきました, しかるよ, したよう, しのびよって, じっとさびしい, じっとし, するの, せっかく丹精, せっせと靴, そういった, そうであった, そこでかや, そこに, そこを, そのこと, そのじつ, そのびん, その戦場, たいそう弱く, たえずやさしい, たくさんの, ただひとり, だんだん年, ちゃんとそろえ, ちょこちょこと, つぎの, でて, どっしりと, なかなかもどらない, なくなったのに, なんだか神様, はいって, はじめて見た, ひきとったわけ, ひじょうにしん, ひらきなおるよう, びっくりし, ふいに, べつの, ほんとうに, まずたき火, またあすこ, まだ木ぐつ屋, まだ車, みんなから, もらって, やってきました, やって来て, やって来ました, やっぱり食事, やはりこちら, よちよちと, らんの, ろうそくを, わざと, わすれて, アラジンに, シャツ一枚で, ニコニコ笑っ, パトラッシュを, メグの, 上を, 上端まで, 丹誠し, 二人の, 人間最上の, 今日も, 今晩泊まっ, 仕事を, 伊勢から, 何か, 元気だった, 別に, 助手で, 勲章を, 口やかましいので, 吃驚し, 向こうから, 君に, 堀河の, 声を, 売りに, 大きな望遠鏡, 大へん, 太鼓を, 子供を, 孫に, 安楽椅子に, 小さな車, 小川の, 屋台を, 山の, 帆を, 幼少の, 店先に, 度々声, 張って, 徳利を, 心配そうな, 心配そうに, 心配なさいます, 急病に, 懐から, 戸口を, 打ちました, 抜いて, 持って, 日ごろいっ, 晩までには, 暫らく見えない, 書生さんと, 書生さんといった, 望むだけ, 来て, 来るまで, 松吉杉作を, 棒を, 止めるの, 死になさる前, 死んでから, 殺されて, 毎朝大きな, 泣きおばあさん, 潜りの, 濡れ手拭, 濡手拭で, 無愛想でも, 焼けたらいつ, 犬を, 独り他の, 生き返るわけ, 病気だ, 発企で, 真剣な, 石に, 私に, 筆を, 答えました, 答えますと, 糸を, 紙で, 縁が, 股の, 背びろの, 腰かけた石, 腰かけて, 腰を, 自分が, 自動車に, 茂助の, 草の, 薬を, 見送って, 見送りに, 言いました, 訪ねて, 話したこと, 読んで, 迎えに, 通りかかったもの, 通りかかりました, 重い荷物, 金のく, 釣りを, 鉄板の, 鎮座まします, 長いす, 開成山開発の, 隣り合わせに, 雀たちに, 青年時代一八二〇年, 頸を, 飛び出して, 魔法博士かと, 魔法博士です, 龍雄の

▼ おじいさん~ (119, 5.9%)

9 向かって 7 なって 3 話しますと 2 いいました, お礼を, たずねました, 手を, 湯屋で, 聞いて

1 [88件] あいその, あげること, あった野原, あなたを, あやまりおじいさん, いくたび, おっしゃったの, おみやげに, おもしろくない, お祈りを, お願いし, かつがれて, かわいがられたほう, かわるがわる言い, がみがみいわれる, きいて, こうして問われた, こしらえて, しかられるから, しては, すっかり自分, そういわれる, それが, だまって, つかまりこれ, つきつけました, つつみと, つれられて, ときどき, なぜおっかさん, なった, なっても, なりましたが, なる人, ねだって, ねむらされてから, ばばあ, みつかって, もう永久, もらった薬, やって, やりたいもの, スリッパを, 一人の, 万葉風を, 代って, 会ったの, 僕の, 全部飲ませ, 出あいました, 別れなければ, 可愛がられて, 同情を, 問いました, 変装し, 女の子は, 小声で, 山々を, 巻かれたと, 役に, 心配かける, 恐山へでも, 手渡しました, 払って, 教えました, 書いて, 案内を, 植木台へ, 知らせて, 礼を, 聞いたこと, 育てられたの, 行って, 見えて, 見せたらあまり, 見せました, 見送られて, 言い私, 言ったところ, 話して, 近づいて, 連れられその, 酒を, 長茄子, 頼みました, 頼んだとき, 頼んだものの, 飛びつこうとは

▼ おじいさん~ (88, 4.3%)

13 おばあさんは 8 おばあさんが 3 おばあさんとが, 二人で 2 いっしょに, いって, おばあさんに, おばあさんの, 一緒に, 云うの, 子供の, 徳さんとは

1 [45件] あの人, いう, おかあさんは, おばあさん, おばあさんと, おばあさんとは, お話し, この少年, すれちがいざま, ただ二人, なかよしに, ねながら, もう一人, ガロフォリの, ナポレオン, 三人で, 三人のどかな, 三十前後の, 並べて刻ん, 中年の, 二人ばかり, 今の, 仲よしに, 利助の, 十六, 同じよう, 向き合う山, 呼ばれて, 女房と, 子供とは, 孫とは, 孫は, 山の, 幼児とが, 幼児とは, 慕われて, 握手を, 死んだおじいさん, 異って, 相談を, 私の, 老犬, 言つた, 話しかけて, 話を

▼ おじいさん~ (63, 3.1%)

7 おばあさんも 2 もう見, 申しました

1 [52件] あきれた顔つき, あった, あんなにとめた, いつまでも, いるし, うなずいて, うなって, お母さんも, かぜを, かつてこうした, こうしていそがしい, このごろこんな, しばらくそれ, すっかりき, ずが, ずっと以前, そのあと, そのノリ刷毛みたい, そんなに怒りなさらない, たいそうお, とうとうなくなる, とても心配, なくなられたし, はいりたければ, ふだん着に, やはりびっくり, 今度は, 仲間な, 何かじょうだんをいいながらのんびり, 信心が, 叔母さんも, 困りきって, 困りました, 大工さん, 娘も, 子供の, 安心し, 庭の, 後悔し, 手に, 日ごろ知っ, 根まけ, 父親も, 畑仕事など, 白い家, 盗んだの, 目が, 若い時, 茅ヶ崎へ, 行きました, 達者であれ, 釣りに

▼ おじいさん~ (51, 2.5%)

3 見て 2 御輿の, 見ました, 見ると

1 [42件] あわれんで, おどかすので, かつてどこ, して, たすけようと, つぎの, ながめて, なくして, なぐさめました, ばかに, ふりあおぎ笑いながら, みんなが, 不思議に, 世話し, 乗せた船, 仰ぎながら, 入れたいけれども, 呼び止めて, 呼び止めました, 呼んで, 地面の, 家へ, 小父さんと, 手本に, 抱いて, 抱くよう, 指さします, 捨てて, 探ね, 描きました, 泣きはらした目, 満足させなかった, 独りで, 葬って, 見た, 見たこと, 見たろう, 見ましたが, 見上げて, 車に, 送って, 黙って

▼ おじいさんから~ (19, 0.9%)

1 [19件] いろんなこと, おたま, お話を, お部屋, きいたお話, こづきまわされたの, その笛, もらったバイオリン, もらった笛, もらった薬, もらった銀貨, バイオリンを, 二ひき金魚を, 今夜少女に, 弱った金魚, 教えて, 聞いたの, 聞いたまま, 話に

▼ おじいさんには~ (12, 0.6%)

2 向きませんでした 1 あのセント, すっかりわけ, とてもなつかしい, なにもかもこの, わからないの, 仕事が, 愛だけを, 知らぬ顔を, 聞いて, 面白いお

▼ おじいさん~ (8, 0.4%)

1 やさしく孫たち, 一枚の, 前は, 村に, 無くちゃ, 芸術院とかの, 若いじ, 銀の

▼ おじいさん~ (8, 0.4%)

2 おばあさんが, おばあさんは 1 おばあさんから, おばあさんには, それから虎, 馬や

▼ おじいさんこの~ (7, 0.3%)

1 はさみを, ふえを, 南天は, 四つ街道の, 子を, 小舎の, 部屋の

▼ おじいさんおじいさん~ (6, 0.3%)

2 といっ 1 という, と慕われ, と話しかけ, どうした

▼ おじいさんあなた~ (5, 0.2%)

1 が異国, のおっしゃる, の御, の瘤, はたいへん

▼ おじいさんこれ~ (5, 0.2%)

1 ですか, はどこ, はなん, はやはり, を食べ

▼ おじいさんたち~ (5, 0.2%)

1 と北上川, のゆく, の生活資金, はその, はふり向い

▼ おじいさんです~ (5, 0.2%)

31 か, わねえその

▼ おじいさん~ (5, 0.2%)

2 ものです 1 のだ, のでございます, んだろう

▼ おじいさんみたい~ (5, 0.2%)

2 な人 1 に今日, に子供ら, に年

▼ おじいさん~ (4, 0.2%)

1 帰りか, 紙幣に, 薬屋さんを, 酒が

▼ おじいさんおばあさん~ (4, 0.2%)

1 である, にしろ, の二人, は何で

▼ おじいさん~ (4, 0.2%)

21 とはっと, と思ったでありましょう

▼ おじいさんでは~ (4, 0.2%)

1 ありません, ありませんおばあさん, ないかしら, ないと

▼ おじいさんとこ~ (4, 0.2%)

2 へいく 1 へいっ, へき

▼ おじいさんにも~ (4, 0.2%)

1 かわいい孫, ちかいました, また自分, 見えるし

▼ おじいさん~ (4, 0.2%)

1 が迎え, にとんぼ, にハーモニカ, 買って

▼ おじいさんあの~ (3, 0.1%)

1 くわは, 字は, 発明まだ

▼ おじいさんここ~ (3, 0.1%)

1 は水たまり, へいらっしゃい, へこの

▼ おじいさんじゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんでした, ないかしら, ないぞ

▼ おじいさんその~ (3, 0.1%)

1 かにどう, 木は, 鬼の

▼ おじいさんどうぞ~ (3, 0.1%)

1 お大切, 柿を, 道案内を

▼ おじいさんについて~ (3, 0.1%)

1 どんなところ, 屋根へ, 芝居について

▼ おじいさん一人~ (3, 0.1%)

2 であった 1 だけでした

▼ おじいさん山男~ (3, 0.1%)

1 はあんまり, は山, は栗

▼ おじいさんあんな~ (2, 0.1%)

1 くず屋が, ごみなんか

▼ おじいさんいつ~ (2, 0.1%)

2 帰って

▼ おじいさん~ (2, 0.1%)

1 息子さんの, 曾じいさんかが

▼ おじいさんこそ~ (2, 0.1%)

1 ついこのごろここ, どうおし

▼ おじいさんそんな~ (2, 0.1%)

1 気の, 無理を

▼ おじいさんだった~ (2, 0.1%)

1 が聞い, のです

▼ おじいさんであります~ (2, 0.1%)

1 から小さい, が

▼ おじいさんでも~ (2, 0.1%)

1 かまわないの, 子供は

▼ おじいさんという~ (2, 0.1%)

1 ような, 人が

▼ おじいさんとが~ (2, 0.1%)

1 切って, 甲州裏街道の

▼ おじいさんとの~ (2, 0.1%)

1 ためにも, 仲を

▼ おじいさんとは~ (2, 0.1%)

1 ようすが, 町の

▼ おじいさんとも~ (2, 0.1%)

1 いえるほど, 申します

▼ おじいさんどう~ (2, 0.1%)

1 したの, なすったん

▼ おじいさんどこ~ (2, 0.1%)

1 へゆけ, まで他人

▼ おじいさんはと~ (2, 0.1%)

1 くいに, くいらしい顔

▼ おじいさんはね~ (2, 0.1%)

1 からだに, 海じじいと

▼ おじいさんほど~ (2, 0.1%)

2 きれいで

▼ おじいさんよく~ (2, 0.1%)

1 いらっしゃいました, 考えて

▼ おじいさんよりは~ (2, 0.1%)

1 粋な, 鬼の

▼ おじいさんわたし~ (2, 0.1%)

1 が拾っ, は今

▼ おじいさん息子さん~ (2, 0.1%)

1 のところ, の声

▼ おじいさん明日~ (2, 0.1%)

1 から私, はこの

▼1* [111件]

おじいさんあちらへはお, おじいさんあっちへどい, おじいさんあんたは白い, おじいさんいくらで見せる, おじいさんいくら人がよく, おじいさんいまでもこの, おじいさんいまここを通っ, おじいさんいま金色のやつ, おじいさんうんと心配してる, おじいさんえりまきをし, おじいさんおかあさんが空, おじいさんおじいさんあなたの瘤, おじいさんおまえも来, おじいさんかが焼いた鱒, おじいさんからのおくりもの, おじいさんからもその不思議, おじいさんきっときつねに, おじいさんきつねなんかまあどう, おじいさんこれからどうするつもり, おじいさんこんどのくわは, おじいさんこんど僕いいお, おじいさんこんなところに, おじいさんこんな大きなおたま, おじいさんさえいれば, おじいさんしっかりして, おじいさんじゃあないの, おじいさんずいぶん立派な, おじいさんせっかくだが, おじいさんせんだって買って, おじいさんそっくりでしょう, おじいさんだけは直しものでも, おじいさんだってそうさ, おじいさんだまってだいじな, おじいさんだめですよ, おじいさんちょうせんぶなあるの, おじいさんでありましたからすぐ, おじいさんでさえそれじゃ, おじいさんでしょうか, おじいさんといった仲間が, おじいさんとしてゆっくり大, おじいさんとても変な, おじいさんどうか僕に, おじいさんどうせその木, おじいさんどちらですか, おじいさんどの毛で, おじいさんなどの言うこと, おじいさんなにか不自由な, おじいさんならば鉄人, おじいさんなんかいないわ, おじいさんなんぞと来たらお前さん, おじいさんなんだか夢の, おじいさんにでおうたら, おじいさんにとって可愛い尊いなくては, おじいさんにまでおなじよう, おじいさんかぎも, おじいさんのくびに, おじいさんはしりとり歌が, おじいさんはつぎのよう, おじいさんばかりだよ, おじいさんばけものも, おじいさん煙草を, おじいさんへのおみやげに, おじいさんほんとうに困っ, おじいさんまた来年こっちへ, おじいさんまでやってきました, おじいさんまでが苦しくなっ, おじいさんゆっくり飛びましょう, おじいさんそれでもなかなか, おじいさんわるいきつねが, おじいさん三銭下さいな, おじいさん五十になる, おじいさん井戸は深い, おじいさん来る, おじいさん今あちらで咳, おじいさん今ここを大きな, おじいさん今ごろまでどこ, おじいさん今どこにいらつ, おじいさん今年は豆, おじいさん今日はいい, おじいさん似だから可笑しい, おじいさんか昔, おじいさん勇ましいぜ, おじいさん台風だろうかね, おじいさん娘さんおばあさん学校の生徒, おじいさん寒い晩です, おじいさんだ居, おじいさん巡査さんはいや, おじいさん来させて下さる, おじいさん椅子は, おじいさんでもちがっ, おじいさん江戸ッ子の小, おじいさん泣かんでいい, おじいさんを流さん, おじいさんたいて, おじいさんの醤油屋さん, おじいさん病気かしらと思つて, おじいさんがあった, おじいさん神さまの子供, おじいさんがたて, おじいさん立っています, おじいさん老耄なさった, おじいさんでも痛ん, おじいさんを持っ, おじいさん若い松ぼっくりは, おじいさんが若く, おじいさん重いつづらに, おじいさんが過ぎやしません, おじいさん金魚はみんなじょうぶ, おじいさん銀貨が一つ, おじいさん食用がえる, おじいさんの豆