青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おかみ~ おき~ ~おきたい ~おく おく~ ~おくれ おくれ~ ~おけ おけ~ ~おし
おし~
~おしまい おしまい~ おじいさん~ おじさん~ おそく~ ~おそらく おそらく~ おそろしい~ おっ~ ~おっしゃる

「おし~」 2279, 25ppm, 4729位

▼ おしまひ~ (350, 15.4%)

2520 になる 18 になつ 14 になりました 9 だと, です 6 にする, の方 5 である 4 でした, なさい, になつて 3 か, だといふ, なすつた, なの, にし, になつたの, になり, は, まで見

2 [23件] だし, だつた, だなと, だよ, ですよ, なさる, なさるの, なすつたの, なすつて, に, にした, にしよう, になつた, になつたん, にならない, になれ, にはその, にやア, に溜息, のはう, の句, の所, の日

1 [153件] かとお, かと云, から二, がすこし, さ, だが, だしくじったと, だぜ, だつたよ, だねと, だもう, だらうし, だらうに, だ望遠鏡, であつ, であります, であるが, でございます, ですから, ですぜ, ですそれ, ですつて, ですわ, ではありません, といふの, といふ危険, とします, な, なさい頭, なさつたやう, なさらなくては, なさるつもり, なさると, なさるん, なされば, なすつたつて, なので, にあし, にかういふ, にかのズボン, にこんな, にさせよう, にしたい, にしない, にたうたう, になつて頭, になられました, になりかけた, になりましたさうで, になります, になりやしませんでした, になるらしい, になれないなら, にはあひるさん, にはおかしく, にはそれと, にはとうとう, にはばあや, にはほとんど, にはクルリ, には何, には何だか, には八幡, には吉彌, には女優, には妾, には婦人, には怒つ, には日頃, には死にたく, には毎晩, には私, には私自身, には米, には自分, には花びら, には街, には見上げ, には遊び人, には雪, には題, には鳩, にみんな, にん, にユーモラス, に一番, に二十五六, に云, に云つて, に今, に健康, に十三四位, に君, に小屋, に店, に昨夜, に来た, に栃, に火, に白状, に笑つて握手, に致します, の, のこと, のテケツ, のページェント, の一切れ, の一疋, の一荘, の一足, の九州大學, の事, の二つ, の二隻, の人, の六分圏, の命令, の場面, の声, の天勝, の小さな, の幕, の手合, の格闘, の牛乳屋, の磨き, の船成, の落, はいくら, へ行く, までこれ, までしん, までとつ, までゐませう, まで土手, まで聽, まで行つた時, まで読めなかつた, まで読ん, まで預, もない, やもうすぐ, よ, よ手遅れ, をうた, 少し残し, 迄づー, 迄みんな, 迄やれた, 迄御, 迄漕ぎつけた, 迄田原, 黒い舌

▼ おし~ (164, 7.2%)

6 もなく 3 の身体 2 によく, の顔, は, はなお, ははつ, はむつ, は帰っ

1 [141件] からそう, が不意, が二階, が交番, が何, が余りびっくり, が働い, が去年, が好き, が持っ, が映画, が無理, が白い, が真剣, が眼ざま, が虫, が餌, だけはあまり, だつて気性, というふたり, とは朝, と六蔵, と同い年, と呼び, なくスピード, なく見える, なぞの理想, なぞも何と, などが方々, などに対しては籠, に, にくどくど, にその, にたゆたい, にと客, には気づかれなかった, にむり, にも想像, にも理, に影響, に時々, に気, に胤頼, に酒, の堅い, の声, の子守唄, の実父, の床, の方, の棺, の生前, の老, の肌, の胸, の荷物, の貯金, の遺骨, の郵便貯金, はああ, はあやまち, はあわて, はうなだれ, はおきよ, はお相, はかぶり, はがっくり, はきかなかった, はくすと, はさ, はじっと, はそこ, はその, はだまっ, はともかく, はどう, はふり向い, はほんとに, はまた, はまだ, はまるで, はむき, はむすぼれ, はむりにおしつけた, は一本, は一杯, は一語一語, は不安, は力, は口惜し, は呆れかえった, は太っ, は少し, は帯, は常, は心配, は愛した, は感情, は折箱, は押される, は旦那, は暗がり, は最後, は本所, は板場, は死ぬ, は死後四五時間経過, は殆, は水, は浚, は深く, は燃えいぶる, は片方, は痛快, は百, は相談事, は老女, は考, は耐, は膝, は茶餉台, は見廻し, は豊太郎, は赤く, は赤茶けた, は階下, は露, は黙, もきゅう, もなく剃り上げ, も驚いた, やまあ, をはじめ雇人, をよそ, をわたし, を一ばん, を妾, を抱いた, を煽て, を見た, を近く

▼ おし~ (164, 7.2%)

40 べりを 20 べり 15 べりで 8 べりし, べりに 7 べりの, べりは 6 べりが 4 べりだ 3 べりする, べりな 2 べりした, べりや, べり小僧

1 [37件] うがつ, かくなる, か様, つていふ, つて事もなげな, ないの, はった, はる心が, はんと, ぶりは, ぶりも, ぶり代りに, べりかと, べりしてん, べりです, べりでと, べりどこか, べりなお, べりなど, べりには, べりも, べりもの, べりよりも, べり上手の, べり仲間や, べり借りた, べり四十雀, べり燕, べり達の, ます, ますじゃ, ますとは, ますの, ます鍋見参という, まな, まの, らく

▼ おし~ (159, 7.0%)

4 むすめ 3 びあるきの御, ように 2 びで, びの, もとに, 上に

1 [141件] あなたの, あること, ある方法, ある筈, いい夏座敷, いい白壁, おたみの女連, おまえさんなら, お爺さんとは, がお握り, がヤカン, が取り次い, が居ります, きいて, きかないところ, きかない複雑, きかなくなった街, きくその, きく廊下, きく海, きく街こっちは, ぎあったほどだがその, ぎようござろう, ぎをつかまつるのみですがお, けむと, こぞうそれに, ごとく, ごとくおし黙りながら, さんが, さんと, そう的はずれ, つよい女, つよさ, できる通路, でも私, というの, という婆ア, とお民, ところから, ところへ, と云う, と恭太郎, と申しやす, と相, どんが, どんという, どんとて, どんなく, どんなんか, どんにも, どんは, どんも, どんを, ないあてがい, ない位置, にも暇乞, に云いつけ, に伝え, に着物, の墓, の宅, はずじゃ, は低, は少しく, は已に, は念仏, は手早く, は肝, ばれに, ひろいむすめさん, びでいらっしゃるんだ, びでおまいりに来た, びでの, びにてうんぬんかしこといったあたり春情春意おのずから, びにてご光来わずらわしたく, びにて見物に, びのご来客ただ今, びの方達は, びめいたりしんみり, びを, ままで, も怪しんだ, よい一殿, よい前山, ようでした, ような, をよん, をよんだ, を手伝っ, を訊問, を隣, ガラスで, ガランドウに, マルタという, 上で, 人の, 人を, 作家群, 作爺さんに, 作爺で, 作爺とは, 別名で, 利く二条流, 利く桜並木, 右門とでも, 名人と, 哀れな, 坂が, 女の, 婆さんを, 婆は, 安物で, 家へ, 小むす, 崖の, 崖上に, 帰りとか, 弥次馬に, 強いどう, 強いの, 強いのに, 感じに, 時は, 月は, 漁舟である, 焼野原, 男の, 番いが羨まし, 皇子, 目と, 私には, 空腹には, 窓一ぱいに, 者が, 腕を, 語根お, 講義が, 通りな, 遙かさ, 長い方法, 間に

▼ おし~ (132, 5.8%)

5 みました 4 いるの 3 あった, おいて, みた, みますと, 電灯を 2 いた, いった, いる, いると, みると, 中へ, 坂を

1 [94件] あちらへは, あるやつ, いたに, いたので, いた上, いた収縮感, いって, いても, います, いやだ, いるうち, いるそう, いるよう, いる伊那丸, いる板戸, いる詩人, おいたが, おいたの, おくが, おたみ, おれが, お手伝いさんを, かたく秘密, きて, くずやは, ください, くるので, くる大きな, くれたまえ, くれませんか, くれられた, くれるんだい, くれる者, げらげら笑, ここの, しばらく待っ, しまいました, しまいましてん, しまったが, そうだ, そこから, それからお, それからその, それから提出, とつぜんそれ, なかへ, はじめて通用, はや今日, ひとりの, みたり, みて, みましたが, ものを, もらって, やった, ゆくと, んだ, パッと, モーターを, 上つ, 下さいよ, 二十四年に, 云った, 五寸ほど, 何か, 僕が, 僕の, 先生は, 四人の, 団員を, 国許の, 土佐の, 大きな岩, 天井へ, 床が, 月小遣だけ, 機械の, 玉手箱を, 石ころみちを, 砂地から, 秘書を, 腹を, 行く兵士, 行く駒, 行った, 言ったこと, 赤外線の, 部下の, 酒場の, 金を, 門を, 電流を, 願書を, 風の

▼ おし~ (97, 4.3%)

17 なって 10 立って 3 して 2 たって, なった, なったの, なりました, 依るもの

1 [57件] あるいたので, おかれて, お生まれ, ぐっすり眠った, ころがして, された小鳥, たおれました, ちがいない, つかって, つまつて, つめかけて, なげだされて, なったよう, なった二つ, なった家, なった後, なった軽気球, なった黒い, なぶられるほか, ならびました, ならんで, なりあの, なりヘリコプター, なるところ, なるの, なる批評, なれぬもの, やぶれた剣道方, よく志賀, よる, わらわが, 一杯やる, 京都へ, 即して, 向って, 坐って, 宿老たちも, 小屋を, 廊下に, 後方へ, 怒って, 数十両数百両も, 時やん, 村長を, 歩いて, 浮上らせ, 生きるには, 着手, 睨んで, 立たなければ, 立っての, 立つの, 見えて, 見せて, 跌い, 重みが, 頽れた

▼ おし~ (63, 2.8%)

4 の中 3 へ御 2 ひの, ひ花

1 [52件] から八丁, から四方, から城介, がし, が落ちました, でお, でおふくろさま, ではあまり, ではそれ, では明けくれ, で十年, で湯, とあさい郡, においてのぶ, において菊の節句, にこもっ, にすまわせ, にせめよせた, につかれまし, にと, にのこりましたにんず, にはいく, にはお, には前, には北畠, に住まわれる, に引きとられ, に火, に註し, に鷹匠, のおちました, のほう, の庭, の白木屋, の秘密, の門, は小, は後, ひのに, へお, へおかえり, へおこしなされ, へおつき, へたてこもられました, へはいった, へはせつけられまし, へもおい, をあけわたし, をすき, をにげのび, をぬけ, を捨てる

▼ おしでない~ (48, 2.1%)

252

1 [21件] あの着物, いいよう, いまに, かぎりだれにも, これからお前, それは, でも彼ツ切, ということ, よお前さん, よこうして, よといっ, よセリョージャ, よツ, よ世間, よ独り者, よ誰, 丹頂の, 今夜は, 気から, 猿めの, 身体を

▼ おし~ (41, 1.8%)

2 横断し

1 [39件] いたので, いなければ, いるものの, このまま, とくに手越河原, とらえて, ね, へへへへへ, もう一度叩かれたら, やって, ゆつくり, 一睡も, 三人は, 上下に, 二昼夜くらい, 人形ばかり, 処理しよう, 娼婦の, 子供の, 寸間も, 居られるであろう, 忙しい最中, 恋愛論が, 扱われて, 描写される, 日本の, 歌を, 死んだ横溢的, 洞察し, 眼を, 睡りつづける, 細くなっ, 耳が, 胃袋は, 腹ペコペコだ, 見える目, 見ると, 送らにゃ, 運転し

▼ おし~ (40, 1.8%)

3 つけて, もって 2 して

1 [32件] えてから, かけいる, されて, してやらうよ, しなければ, しますよ, するの, つきかねるから, つけなけりゃ困りますからね, つけは, つける役割, つづけました, なされたので, のぼり切ると, ひき抜き, もった生きかた, もつこと, やったり, 与えたこと, 今度は, 大の, 失った人間, 失って, 強制する, 手伝は, 抱いて, 欲する感情, 立てきって, 置いて, 許さずきれぎれ, 飲み干すと, 高ならせたであろう

▼ おし~ (39, 1.7%)

3 氣を 2 卷紙二尋も

1 [34件] いいかえ弥生さん, いっしょに, うぶ岩, おばさんが, おまえさんも, お前何か, お詣り, げにな, しくてなし, しっかり, する波濤, それは, どんなこと, ねえ香代ちや, わたしが, ジム爺さん, ッ, 一筋縄で, 与の, 五十円なんて, 今に落ツこちらア, 何だ, 姉さん, 巻紙二尋も, 日が, 本当に半ちゃん, 此の, 熱い湯, 芸人じゃ, 酔興の, 重三, 馬鹿馬鹿しい, 騒ぐと, 黒門町の

▼ おし~ (38, 1.7%)

2 ついて

1 [36件] あったから, あってね, あるならば, あるの, きいて, きかない, きかないほど, ききません, きくよう, きくわけ, ついた, ついたから, つかない, つかないの, つきません遠眼鏡, つく, なくて, まじりこむと, みと言ふ, みなる故に, 与えられて, 与えられなければ, 何かの, 何は, 先き, 全く正当, 利いた, 利く筈, 困難な, 強い, 心を, 手まねで, 治って, 籔塚の, 藪塚の, 賑やかに

▼ おしかは~ (36, 1.6%)

2 清三に

1 [34件] うしろへ, お櫃の, ごつ, たしなめるよう, どうしてもごはん, びっくりした, ぶつ, また立っ, もうじいさん, もう愚痴, ランプにまで, 不服も, 二週間ばかり, 云い立て, 云って, 五十四だった, 人間は, 十月の, 固くなっ, 夕飯の, 夫の, 寝衣, 愚痴を, 文字が, 早速富山, 殊更叮寧, 洗濯物を, 為吉の, 生れて, 神棚から, 笑った, 近所へ, 野良仕事を, 鍋の

▼ おし~ (31, 1.4%)

832 から大方, ね, ねえ

1 [14件] えお前, え千賀春さん, お前達私を, からあたい, からそれで, からといふ, けれど大きな, という事実, とおもう, よおせん, わたしも, エ何んか, 何が, 外の

▼ おしもの~ (30, 1.3%)

2 体を, 方が, 方へ

1 [24件] ことが, ことで, ことなら, 世話を, 並べた牌, 体へ, 去ったあと, 存在が, 存在と, 存在を, 希望通りに, 当りだ, 手が, 方から, 方で, 望みとして, 着類か, 立居を, 縁談が, 肩に, 肩へ, 臀の, 顔が, 顔は

▼ おし~ (22, 1.0%)

4 おされも

1 [18件] きかないくらい, きかぬ深い, この面, それから夫人, だったの, ついて, つかないの, ないなら, ない郵便物, なくなった有閑インテリゲンツィア, なくなって, 利かない茫洋, 十分で, 圧されも, 立たなかったの, 立たんそう, 立てて, 要らず安心

▼ おしもを~ (22, 1.0%)

1 [22件] つれて, つれては, わざわざ奥, 世話し, 供につれて, 其処に, 呼んだ, 呼んで, 娶って, 嫁がせたいの, 子供扱いに, 引き寄せ冗談, 手離す, 揶揄って, 残しては, 穢して, 興味深く眺め, 見て, 見ては, 見る眼, 視て, 身近い

▼ おし寄せ~ (21, 0.9%)

5 て来る 4 て来た 2 てくる 1 てあつ, てお茶, てきた, ては大変, てゐた, てゐる, て來, て担ぎ出し, て来, て阿

▼ おし~ (20, 0.9%)

2 のだ, ので私, んだ

1 [14件] せいよ, そうおし, のか, のさ, のでございましょう, のでつい, ので一度, ので見張り, のよ, はれ, は丹波国南桑田郡吉川村, んで, 向の, 私も

▼ おしもは~ (16, 0.7%)

1 [16件] いいん, いつもの, ぼってりと, ニコニコした, 二度も, 同じこと, 呆ん, 多分に, 大仰さに, 夫人の, 女中と, 嬉しさ, 木村さんと, 畏まって, 眼を, 自分に

▼ おし~ (15, 0.7%)

3 言ひ

1 [12件] いふこと, おほし, せきたてて, その社会的, みとの, 二人で, 云って, 申す事, 菜の, 言つてひ, 言われたわ, 話しながら

▼ おしそう~ (14, 0.6%)

3 にし

1 [11件] だろうという, でした, に, にせきたてた, に尋ねた, に敷き, に狛笛, に甲板, に立っ, に答える, に見えた

▼ おし~ (14, 0.6%)

1 [14件] あるものの, そのものとして, つけ難い, つてから, ないの, なして, なし取らす, もたない転々, やはりお, よかった, 事実によって, 今日から, 他の, 資本主義社会そのものの

▼ おしごと~ (13, 0.6%)

2

1 [11件] がある, がおわりました, に来る, のお, のおわった, の出來, の数々, はどんどん, をあちら, をお, を習

▼ おしかりに~ (11, 0.5%)

7 なりました 1 なって, なるであらうが, なるでしょう, なるばかり

▼ おしきせ~ (11, 0.5%)

1 [11件] がやっと, で食べる, の感じかた, の晩酌, の酒, の黒紋付, は丁寧, をきた, を貰ってる, を飲んでる, 何本かで

▼ おし~ (10, 0.4%)

2 がつた, くれば 1 がつて, がつて酌婦相手, はせ, はせで, ひへ, ひ祭

▼ おし入れ~ (10, 0.4%)

4 の中 1 てある, といわず, のよう, の前, の戸, まだあけ

▼ おし~ (9, 0.4%)

1 これを, さざえの, に出逢っ, はあと, はもう片時, は例, もう何, 堪忍し, 殿先へ

▼ おしたり~ (9, 0.4%)

2 たたいたり, ひいたり 1 したの, して, ひねったり, 巨人が, 引いたり

▼ おしもが~ (9, 0.4%)

1 うしろ向きに, ニコニコした, 下ると, 不憫だ, 勤めること, 唐沢氏の, 更めて, 決めて, 独りで

▼ おし寄せる~ (9, 0.4%)

2 のであつ 1 あいつに, かと疑われた, のかも, のである, 光景は, 患者の, 波の

▼ おしても~ (8, 0.4%)

1 あかりが, びくとも, びくともしません, よろしい, 大体は, 容易に, 年賀状は, 辛抱し

▼ おしよと~ (8, 0.4%)

3 いへども 2 女の 1 云って, 励まして, 小歌の

▼ おしかさん~ (7, 0.3%)

1 と須磨子さん, によって柔らかく, の方, は支那, は故, もお, 座って

▼ おしだった~ (7, 0.3%)

2 けどあなた 1 かもしれない, ね, のでさすが, 博士も, 雨が

▼ おしころした~ (6, 0.3%)

4 ような 1 低い声, 声が

▼ おし~ (6, 0.3%)

1 だったでしょう, といきどおらし, に部屋, のひきょう, はどれ, はやまやま

▼ おしといふ~ (6, 0.3%)

1 ことあるまじく, 副詞の, 地名では, 様な, 語が, 語はを

▼ おしながら~ (6, 0.3%)

2 見渡す限り 1 その女, ほっそりと, わざわざ門, 坂を

▼ おしやもじ~ (6, 0.3%)

2 の焼けない 1 は一方, をヒヨイ, を出し, を持つ

▼ おしボタン~ (6, 0.3%)

1 があった, がありました, がある, でもあった, のよう, の中

▼ おし問答~ (6, 0.3%)

2 が始まった 1 があった, に耳, のはて, の結果

▼ おしおの家~ (5, 0.2%)

1 があった, が眼, だけであった, に寝, の裏手

▼ おしちぎられ~ (5, 0.2%)

5 でもする

▼ おしなせ~ (5, 0.2%)

3 えよ 1 え, え伊勢崎

▼ おしばい~ (5, 0.2%)

1 がたいそう, の殺され, をうちきり, をさせ, 見とは

▼ おし出し~ (5, 0.2%)

1 が現実生活, て來, て居る, て来た, に力

▼ おし拡げ~ (5, 0.2%)

1 てみ, て使うた, て血族通有, て行く, て行つて

▼ おし~ (5, 0.2%)

3 っていた 1 ってつつましく, って見つめられ

▼ おしあてた~ (4, 0.2%)

1 のを, ままさけんだ, まま未だ, ものと

▼ おし~ (4, 0.2%)

1 え, かつて, はつぎの, 頭は

▼ おしころ~ (4, 0.2%)

1 がされ, がした, がそう, わけおしくま王

▼ おしでは~ (4, 0.2%)

1 お前さん済むまい, きょうの, ないが, なかった

▼ おしとどめ~ (4, 0.2%)

21 てもその, 自分が

▼ おしもに~ (4, 0.2%)

1 四十年増の, 必要な, 行きたくなった, 靴の

▼ おし当て~ (4, 0.2%)

1 ていた, てシクシク, て再びうとうと, 忍び音に

▼ おし~ (4, 0.2%)

4 もなく

▼ おし潰し~ (4, 0.2%)

1 そして酒, てしまう, て全滅, 掴み殺して

▼ おしあて~ (3, 0.1%)

1 てかわいそう, て泣き出した, て眠り

▼ おしいつくつく~ (3, 0.1%)

1 がある, と鳴い, 野郎が

▼ おしおし~ (3, 0.1%)

2 になっ 1 につめかけ

▼ おしおのこと~ (3, 0.1%)

1 が想いだされた, はまだ, を頼む頼む

▼ おしおも~ (3, 0.1%)

1 さすがに, 吃驚し, 心から嬉し

▼ おしかぶせ~ (3, 0.1%)

1 て見下ろす, て言った, の全体主義

▼ おしかぶせる~ (3, 0.1%)

3 ように

▼ おしから~ (3, 0.1%)

1 ぬいのち, 冷静に, 来る一つ

▼ おししずめ~ (3, 0.1%)

1 ああした, ている, て行かなけれ

▼ おしだって~ (3, 0.1%)

1 いいし, 何にも, 叔母さんが

▼ おしだろう~ (3, 0.1%)

1 とね叱られたです, と気, ね

▼ おしって~ (3, 0.1%)

2 云うん 1 おっしゃってよ

▼ おしなべ~ (3, 0.1%)

1 さ宿る, たる緑, 吹く風

▼ おしひろげ~ (3, 0.1%)

1 ても彼, て一刀, て季候

▼ おしべの~ (3, 0.1%)

1 子房であるらしく, 束の, 残骸らしく思われる

▼ おしもも~ (3, 0.1%)

1 上機嫌である, 今日の, 手を

▼ おしゆん~ (3, 0.1%)

2 ぢや 1 さんと

▼ おし上げ~ (3, 0.1%)

1 て來, て冷, ながら

▼ おし人がら~ (3, 0.1%)

2 が惡 1 が悪い

▼ おし出され~ (3, 0.1%)

2 て来た 1 て来る

▼ おし拭つて~ (3, 0.1%)

2 居る心 1 ゐる心

▼ おし照り~ (3, 0.1%)

2 てあしひき 1

▼ おし迫っ~ (3, 0.1%)

1 てくる, て大変, て波

▼ おしうごかしし~ (2, 0.1%)

2 たりし

▼ おしおと~ (2, 0.1%)

1 はもう, 聞いて

▼ おしお前~ (2, 0.1%)

1 の処, は自由

▼ おしさえ~ (2, 0.1%)

1 したの, つけば

▼ おししっかり~ (2, 0.1%)

2 おし

▼ おしすぐ~ (2, 0.1%)

2 癒して

▼ おしその~ (2, 0.1%)

1 上から, 代り何か

▼ おしたいし~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ おしたくし~ (2, 0.1%)

1 ておい, てくださいまし

▼ おしちゃ~ (2, 0.1%)

2 いけない

▼ おしでなく~ (2, 0.1%)

1 ちゃあ済まない, 自分で

▼ おしでも~ (2, 0.1%)

1 ない者, 口を

▼ おしという~ (2, 0.1%)

1 そういう意味, ところ

▼ おしとどめた~ (2, 0.1%)

1 ものぢや, 愚楽老人

▼ おしとに~ (2, 0.1%)

1 おき直す必要, かかずらって

▼ おしとめる~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ おしひろげられ~ (2, 0.1%)

1 てい, 木材は

▼ おしへて~ (2, 0.1%)

1 くれる道, やらあ

▼ おしべが~ (2, 0.1%)

1 中軸に, 釣り針の

▼ おしほせ~ (2, 0.1%)

2 ん買へて

▼ おしまひおき~ (2, 0.1%)

2 下さいますやう

▼ おしもへ~ (2, 0.1%)

1 向って, 挑みかけるよう

▼ おしもへは~ (2, 0.1%)

1 あれほど, わたくしが

▼ おしポンプ~ (2, 0.1%)

1 をかり, を曳い

▼ おし仕事~ (2, 0.1%)

2 ばかり

▼ おし分け~ (2, 0.1%)

1 てご, てはいる

▼ おし動かす~ (2, 0.1%)

2 ぞいと

▼ おし寄せた~ (2, 0.1%)

2 やうに

▼ おし拡げた~ (2, 0.1%)

2 案が

▼ おし拡げる~ (2, 0.1%)

1 ことの, 様に

▼ おし拡め~ (2, 0.1%)

1 ていうと歴史, られて

▼ おし~ (2, 0.1%)

1 ひ, ひて

▼ おし早く~ (2, 0.1%)

1 おし, おしと

▼ おし流され~ (2, 0.1%)

1 そうに, ている

▼ おし流された~ (2, 0.1%)

1 ほどで, 揚句に

▼ おし潰された~ (2, 0.1%)

1 ように, 屋根の

▼ おし無く~ (2, 0.1%)

1 はあれ, ば彼

▼ おし~ (2, 0.1%)

2 ぬいで

▼ おし通した~ (2, 0.1%)

1 までだ, 曲で

▼ おし~ (2, 0.1%)

1 になった, の方

▼ おし鎭め~ (2, 0.1%)

2 る程

▼ おし隠し~ (2, 0.1%)

1 てしいて, てしまう

▼ おし隠す~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ おし~ (2, 0.1%)

1 し, して

▼1* [312件]

おしあがってくる, おしあけてこうもり, おしあけつぎの部屋, おしあけると晴れ, おしあけ中からカンヌキ, おしあけ庭の面, おしあってサト子, おしあていやいやをし, おしあゆの口, おしいよいよの時, おしうけてあれ, おしうなって来た, おしおいよいよ, おしおから聞いた話, おしおくられてゆく, おしおさらばじゃ, おしおせんという名, おしおの立ち上る気, おしおの姿が眼, おしおの母の三七日, おしおの母親は十一月, おしおの許へ行っ, おしおの返答なきに, おしおはようよう顔を, おしおまえ夢でもみた, おしお前さんに怒っ, おしかいと尋ねた, おしかさなるように, おしかさん一人について何時, おしかたづけてしまった, おしかとは田畑の, おしかにかまわず篩いや, おしかには無断で, おしかの愚痴が, おしかぶせた態度に, おしかめになっ, おしかも楽しそう, おしかりなくお察し, おしがくっと歯, おしがっていた, おしがりして来た, おしがるには及ばない, おしきっと助けて, おしくま王忍穂井忍坂など, おしげつて云うの, おしげはぶつきら棒に云, おしげ自身もいい気, おしこくって持っ, おしこめから出し, おしさげられクシャクシャに, おしされてはね吊, おしさ羞を含ん, おししようといふ, おしじき終わりますからね, おしじゃないか, おしじゃあないか, おしすえたものな, おしすがり泣きし子ゆゑに, おしすすむほかに, おしするのであつ, おしすゝめる拍車, おしずさんと云っ, おしずみになる, おしそのうちあの野郎, おしそら起き上るん, おしそれも半ば, おしそんな絶望的な, おしたくられ到頭行進, おしたてさせに, おしためて罠, おしたらしい柔かさだった, おしだまつてもの, おしついでにみんな, おしつこ臭い船底, おしつつんで心, おしつぶつて泣くまいと, おしつぶつて外のこと, おしつまつた日のなか, おしつむれば電子, おしつもった大晦日三百六十五日の, おしてまで厄介を, おしである日々の, おしでしたしこの, おしでないと大粕, おしでない持ちあわせの鼠薬, おしでなかったり拗ねた, おしでなかつたり拗ねた, おしとかお前は, おしとしては結局プロレタリアートの, おしとねにつかれようと, おしとねが二枚蒔絵模様の, おしとねに一匁いくらという, おしとねを設ける, おしとも違ふ, おしとよませて居る, おしとを示しながら, おしどんなに泣こうが, おしなさえよ與助が, おしなすから五郎はん, おしなだめるように, おしなつくんなさる, おしなと申しますと, おしなどハ致し, おしなべ雪積める山, おしならべ, おしならべるかも知れなかつた, おしなんし, おしについては古事記伝に, おしにはたえないのよ, おしにも映画や, おしぬぐっていた, おしああおし, おしねむくって仕様, おしのという大そう, おしのび給わって, おしのみは即ち大き, おしはのみこのやつ, おしばりすること, おしひしゃがれ首を, おしし桐, おしらしい, おしべは虻の, おしべはと見ると, おしべよりも長く外方, おしほどいて, おしまげて腰を, おしまげられず日常の, おしまず平和を, おしまとめて又, おしまひあなたのすき, おしまひごろはもう, おしまひつていふやう, おしまひ仕方なしに, おしまひ兄さんはよほど, おしまひ口先でおだて, おしまひ坊や死んで, おしまひ赤ひげがこつち, おしまひ野狐がついてる, おしまわした遠浅は, おしむらがって来る, おしもう直ぐピアノも, おしもよいぎたなや, おしもんで祈りはじめました, おしゃくをおたのみなされましておくがた, おしゃべりしてかまいませんしまたたとえばあなた, おしゃべりのからすはすぐ自分の上, おしゃべりのてまえもほとほともて余すほど, おしゃべりはやめてくれといったきびしい声だった, おしゃべりをしたいわけではありませんが小さく固まっ, おしゃべりをやめてしまうおそれがあったからほどよく, おしゃもじのようなものや耳かきの大きい, おしゃもじを最大につかっ, おしゃもじ一本しか持たない, おしゃもじ面にそっくり, おしゃらくな歳どんからはじまる, おしゃりこうべでも連れて, おしゃるしゃんと遊ぶこと, おしゃるならまるでニース, おしゃれではないたしなみだおれは美女, おしゃんす事わいの苦, おしやくをしよう, おしやつた, おしやまで平次の, おしやめくらの, おしやれておい, おしやれたか, おしょうばんの形であった, おしょうばんの御馳走をたべます, おしょさんのうちへあそびに来た, おしょさんはなんでだまって煙草なんか長い, おしようタキノやア, おしよとか一緒に, おしよね我慢を, おしよろ高島, おしらさまをあそばせる, おし粉屋で, おしろおしろの白木屋, おしわたって今日, おしデスクを楯, おし一人はいでたち, おし一喜一憂一哀一楽来往常ならずして, おし上つてこれは当時市内各区, おし上つて今日こそは最も, おしさりまするよう, おし下しして, おし下しおし下しして, おし並べられまるでアマゾン河畔, おし並んでいた, おし乍ら教訓を得る, おし今にゼススさまマリヤさまのみ, おし付けてゐる, おしが何だか, おし倒されひどい傷, おし假名遣ひの, おし入ってみる, おし入り拔身を下げ, おし入れた上から, おし出された表現が, おし出す火鉢にあたって, おし分けられて背, おし切れそうにも, おし勉強おしもう直ぐピアノ, おし包んでしまった, おし十日の小屋, おし亭あたり昼席へ, おし原っぱのほう, おし及ぼしてき, おしの中, おしひながら, おし咽喉はだいじだ, おし圓太郎さんてば, おし堪忍して, おし堪忍おし堪忍して, おしへ出た, おし安心して, おし芳さん癪が, おしになった, おしかむ, おし廊下へ飛びだした, おし強いやつなら, おし強情な子, おし彼女に天狗流, おしには解剖学実習室, おしをたしかに, おし戴いて見せた, おしの, おし拭っていた, おし擴げたのである, おし擴げようとして居た, おし擴めて行, おしで病ん, おし明神様のあたり, おし曲げて折らん, おしと竹べら, おしよ, おし梶原様のお, おし楢夫兄さんがわからない, おしてていた, おし止め奥様には, おし止めたので, おし止めましたが, おし止めるような, おし殺したような, おし沈めてゆく, おし流して四年, おし流すことも, おし流れて来る, おし浩然の気, おし測れぬものが, おし照る月の, おし照れりほととぎす心, おし物凄き山中を, おし物凄く清水の, おしを実らす, おし申してくれ, おし留む衆は即ち, おし番号を書いた, おし畳まれたるに, おしてたるま, おし相談なら後, おし破るなり, おし禁めたるその, おし立てて迎え, おし簇擁として騎馬軍旗, おしめさせた, おし籠められたこと, おし給う唯一の, おしを後, おし縋り泣きし子ゆゑに, おし縮められた肉体の, おし羽觴を飛, おしとりて, おしとをお送り, おし薄い空気草履の, おし覚えてろ, おし詰つた二十六日の晩, おし詰めて江戸, おし詰めここの先手本多出雲守忠朝, おし詰められれば逃げきれる, おし貫かれた結果である, おし倒おす, おしならば, おし載く富士の, おし込みに居, おし込むのも, おし込められている, おし込んだ次第では, おし返し近東のつよい, おし迫つたある日, おし退けて行かう, おし退けたのが, おし退けられてし, おし通して物, おし通すつもりなら, おし進むあたってくだく, おし進むならば道義日本, おし進めたとも見られないで, おし進められて行き, おし進めることに, おし遣られ又此方, おし部屋の外, おし鎮めましたけれどいつ, おし鎮めるように, おし隠したものでした, おし隠したらいいで, おし静まっている, おし静めつつ足早, おしべ降る, おし飯米のこと, おしの口, おしがこの, おし默らせて