青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おいた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

えた~ ~えて えて~ ~えらい えらい~ ~える える~ ~おい おい~ ~おいた
おいた~
~おいで おいで~ おいら~ おう~ おかあさん~ ~おかげ おかげ~ ~おかしい おかしい~ おかしく~

「おいた~」 4431, 43ppm, 2719位

▼ おいた~ (807, 18.2%)

137 です 8173 である 32 だが 24 だった 20 であるが, では 19 ですが 14 であった 13 じゃ 12 だよ 11 さ, だから 10 でしょう 8 でございます 7 であるから, ですから, ですよ 6 であったが, であります, でした 5 か, かもしれない, じゃない, だつた, だと, だろうと 4 だろう, は, はその 3 がこの, だけれど, はこの

2 [22件] がいま, が十月十七日午前九時半, が悪かっ, だそう, だという, だユク, ぢや, であろう, でござる, でしたが, ですか, ですがね, で御座いますが, にちがいありません, はそれ, は誰, もそれ, をぼく, を出し, を御, を忘れ, を持っ

1 [188件] かお, かそれ, かな, かふしぎ, かもしれません, かも知れない, かも知れません, か三年坂, か別になんにも, か土瓶, か間もなく, が, がいけなかった, がう, がうまく, がけさ, がこれ, がこんな, がそこ, がそのまま, がたいそう, がなお, がはらはら, がみごと, がもうカラカラ, がやっと, がよう, がわし, が一つふえ二つふえ, が一枚, が今, が今夜, が今朝常吉, が何, が出来た, が呼子笛, が夜半, が大きな, が姉, が急, が恭次郎, が悪く, が惡, が意外, が来た, が歩い, が気がかり, が気の毒, が津島, が物, が良かっ, が誤だった, が運, が間違い, が風, さえ敵, さって, さ自分, じゃが, じゃがその, そしたらママ, だか, だからな, だがね, だすると, だとおし, だとも, だな, だもの, だらうそして, だろうか, だろうかと, だろうが, であったから, であったそう, であったと, であって, であるからと, であるけれども, であろうか, であろうし, であろうそして, でございました, でございましょう馬, でございますが, でございますこういう, でしょうか, ですけれど, ですし, で御座います, とそれから, とはきかえさせ, とはまるで, などが個人展, にはわけ, にもかかわらず, により遺憾, に立つ, はおかしい, はおそらく, はそうした, はできるだけ, はどう, はどういう, はなかなか, はなぜ, はにせもの, ははなはだしい, はもしや, はよくせき, は丈, は下手人, は不, は不思議, は予, は何故か, は信長, は北原ミユキ, は可, は名, は国許, は国運, は坊主, は多少, は実にわずか, は折々, は明治御一新以来, は最後, は機敏, は無論, は私, は種子, は老松町, は自然, は雅子, もあながち, もあんた, もおもしろい, もお前, もこの, もすべて彼, もその, もなにか, もぼく, もわざと, も分っ, も四十面相, も珍し, も貴様, も近江口, をありがたく, をいつの間にか, をおかあさん, をお前様方, をくれた, をこんど, をさっき, をしお, をそのまま, をちゃんと, をとてももともと, をにわかに, をひそか, をようやく, を三輪, を二十五日, を人間, を今度, を仕事, を包み, を取り出し, を夜中, を容器ごと汽車, を小説類, を後で, を念, を栄養, を歌, を町方, を知っ, を知らぬ, を私, を私ら三人, を芥川, を西涼勢, を見, を近頃, 幾枚も

▼ おいた~ (268, 6.0%)

5 それは 4 それが, それも, よい 3 これは, これも

2 [11件] いい, これに, その後の, その晩, どんな女, よいか, よかろう, 娘は, 番を, 私は, 翌二十六年一月

1 [223件] あいつらは, あとで, あとは, あの歎願書, あの舟, あれは, いいで, いいでしょう, いいよ, いいん, いくら丈夫, いつかそこへ, いまだにその, いわゆる神輿洗い, ええ, かなり鋭敏, かれは, けさに, けさ漸く, こいつだけは, こうなり, こう言っ, このこと, この事実, この十円, この場合, こやつ, これが, これにも, これまで, こんなこと, さてそこ, さては八丁堀, さて毎日, しかしこの, しかしまことに, しかし公, そこには, そこへ, そちの, そのうち, そのころ, そのつもり, そのほか, その屋根, その山, その後も, その後同国の, その後奈良女子高師付属実科女学校長の, その後彼からの, その後新道が, その後活動写真武蔵野館の, その意味, その時私, その書, その浴衣, その秘密, その結果, その話, その頃, それからもう, それから彼, それに, それには, そればかり, それらの, それを, ただ自分, ちと編成, ちょっと面白い, ついにお, ついに一人, つぎの, でも法蓮房, とうとう途中, とかく専門学者, とにかくこ, とられ通し, どういうもの, どうしてもノック, どうだい, どうも後味, どうも思う, なお奥州辺, なお念, なかなか返辞, また東京, まだそち達, まだ一言, まだ多分お前たちみんな, もうかれこれ二年, もう好かろ, もしやと, もっと正確, やがて彼, やはりその, やはり三輪式伝説, やる気が, ゆうべち, よいぞ, ようやく姿, よからう, よしよし, よもやこんな, よろしい, よろしかろう, よろしゅうございましょう, わたしの, トンネルの, ヒメササユリと, ロボは, 一将の, 一時話が, 一番早く, 万一ベラベラ, 三夜めには, 三年近くも, 三次が, 上野の, 之は, 予の, 事件報知と共に, 云い合わしたよう, 五ヵ年の, 五人の, 今とな, 今に, 今は, 今やこの, 今や進ん, 今尠, 今度は, 今日は, 今朝は, 今雄吉が, 佐渡様が, 何となくその, 何んな, 余りおそく, 俺は, 僕の, 先方では, 八日後にも, 公爵邸の, 出がけ, 出来ないの, 出来れば, 別にそれ, 前髪は, 十月も, 即刻当山より, 受取ったろうね, 受取つ, 君も, 多数の, 夜を, 大人の, 大臣が, 大詰の, 失策の, 如く彼ら, 妙齢の, 実はその, 実は上野精一さん, 実は手近, 小牧の, 左馬助は, 幾度催促し, 広いので, 当時予が, 当時新築中の, 彼の, 彼は, 彼等は, 御岳様や, 心の, 念の, 急に, 我国の, 戦災で, 日本の, 日本主義的イデオロギーの, 時おくれ, 晴賢の, 木切れが, 本人という, 本文では, 果して春亭, 果てしが, 桂三郎自身の, 案の定これ, 案外早く, 此処に, 法然が, 海東郡の, 源氏が, 産業の, 皇帝と, 相手は, 着いたか, 知合いの, 結局そんな, 翌朝に, 胴着は, 脱党し, 自分で, 舟の, 芸ごとに, 蘇武は, 蛇の, 要するに夙, 警官が, 警視庁の, 貞之助は, 貴様には, 転落し, 近代の, 近所に, 近頃また, 銭形の, 長ずるに, 風邪を, 食事その他は

▼ おいたもの~ (221, 5.0%)

22 である 12 です 10 だった 87 がある, だろう, らしい 5 だが, を 4 だから, だと, であった, でした, とみえ 3 であろう

2 [16件] か, だつた, であるが, であろうが, でしょう, ですから, では, とみえます, とみえる, と見え, と見える, なの, にちがいありません, らしく, を取り出し, を自分

1 [83件] かさて, かそれ, かと狼狽, かどうも, からはほのか, か一気に, か例, がそれ, がない, がのち, が先, が身近, じゃ, じゃったが, だけで十分, だとして, だよ, だろうと, だッ, であつ, でありラディカル, であると, であろうか, であろうと, でおれ, でこの, でこれ, でご, でございます, でございますから, ですが, でそれ, でまた, で丁度, で俺, で強いて, で無論, で自分自身, といえよう, といわなけれ, とは少々, ともいえる, とも思われぬ, とも考えられぬ, と思わるる, と思われる, と考える, と見る, などを集め, なん, にございます, にちがい, について編纂者たち, に從つて, はいつの間にか, はいろいろ, はおのずから, はついに, は江戸時代初期, は見当らぬ, ももはや, らしいので, らしくそこ, らしゅうございまして, をいま君, をだしぬけ, をほどよく, をみやげ, をむざむざ, をもっ, を今, を取りあげる, を後, を整理, を機会, を此度, を窓越し, を見る, を読ん, を読んだ, を鋭利, を集め, 再た会う

▼ おいた~ (131, 3.0%)

44 がいい 18 がよい 8 がい 6 がよく 5 がよかろ 3 がよ, が安全 2 がかえって, が良い

1 [40件] がこっち, がこの, がそ, がまだ, がむしろ, がよかっ, がよかつ, がよご, がよささうです, がよほど, がよろしい, がよろしゅう, が今後, が仕合せ, が先生, が効果的, が却って, が口説, が地震学者, が好かなくっ, が好都合, が安心, が宮, が座, が後, が後に, が心得, が怜悧, が早わかり, が有意義, が此方, が気楽, が確, が私, が話, が通り, が適切, が都合, が面白かろ, のスリッパ

▼ おいた~ (129, 2.9%)

3316 だが 15 です 6 だろう, ですよ 4 だよ, ですが 3 だから, だがね, だと, だな 2 だね, だもの, ですがね, ですって

1 [25件] じゃあこの, じゃありません, じゃあるまい, じゃねえや, じゃよ, じゃア, じゃ入費, だからね, だそれ, だっけ, だったねえ, だという, だねえ, だわ, だ実, でございます, でございますのに, でしょう, でしょうね, ですか, ですかい, ですから, ですからね, ですね, ですもの

▼ おいたから~ (121, 2.7%)

5 それを 4 です 3 ここには, これを, である 2 だ, 悪いの

1 [99件] あえてここ, あとで, あなたから, あの古い, あの窓, あらためて何, あるいは久慈, あれを, いかにも阿片, いくらでもすくう, いずれ本誌, いまに, いま質問を, いよいよ屋敷, おそらくここ, お前行っ, きっと万事, こう楽, ここで, ここでは, これからこちら, すっかり直る, そいつを, そっくり残っ, その点, それから推し, それについて, それによって, そろ, そんな物, だいじょうぶでござる, だろう, ちょうど読みきり講釈, ちょっと見, であって, でござる, どの位, なの, まあ道中, もしこの, もし縁, よかった, わかるだろう, わたしが, わたしの, ッて, 一人で, 三日の, 今くどくど, 今それを, 今に, 今日の, 今日は, 今頃は, 伊蔵も, 何処かに, 便宜をは, 先に, 先生ぜひ, 六波羅の, 其方に, 再び繰り返さない, 外側に, 多分江戸方, 夜光の, 大きくなっ, 大丈夫, 大丈夫だ, 大堅, 安心しろ, 安心な, 山の神も, 帰ったら戸袋, 帰ったら探して, 心配しなく, 心配せんで, 懸念は, 戦陣国防の, 数時間の, 日本左衛門らは, 明日は, 望みの, 村の, 来て, 案ずること, 此處には, 矢代と, 自分の, 舟を, 見のがすはず, 読んで, 警視庁でも, 議論区々に, 買って, 質に, 逃げる気づかいは, 間違いは, 雷管の, 鳴りっこないさ

▼ おいたこと~ (113, 2.6%)

6 がある, もある 3 だが, です, でも, なの 2 がかえって, が分かった, であったが, を思い出しました

1 [81件] いよいよきょう, から明らか, があった, があと, がありました, があるらしい, がそもそも, がない, がもう既に, がやく, がわかりました, が分かる, が市ノ瀬牧人, が明らか, すぐに, それから人間, ぞ, だ, だから, だけれど, であった, であつ, である, であるが, であろう, でさえ, では, で神社, と見, ならきっと, にする, について伺った, に周圍, に相違, の埋め合せ, の理由, はありません, はいう, はすでに, はたえず, はない, はもうどう, はもはや, は一度, は実に, は既に, は申す, は目前, は紛れ, もあった, もあつ, もない, も小萩, も政府, も無駄, も私, も関係, よな, らしく眼, を, をいま私, をおもえ, をお気づき, をくわしく, をこのごろ, をどう, をふと, を今, を喜んだ, を実に, を思いだし, を想, を母, を申しあげましょう, を知らせ, を知るなら, を私, を譽め, 思ひ出します, 故間違い, 更に事件以後三日目

▼ おいたので~ (112, 2.5%)

5 あつた, ござります 3 それを 2 あらう, ござりまする, 私は

1 [93件] あつて, お邪魔, きっと今井, きみは, けさ二人の, ここでは, ここには, この場合それ, この肌着, これから順々, これも, じけ, せう, そこから, そちは, そのかん, その娘, その後の, その謀臣衆, その軍勢, その金, それが, それに, それらは, つまり言語, のちに, はじめの, また鎌, まだ朝霧, みんなは, もうひとり, わけなく宝冠, わたしたちが, グラつ, フランス国民は, 一人は, 一瞬に, 一貫した, 三人の, 不正を, 二人は, 今は, 今日は, 全体として, 全集物などを, 写真は, 切れて, 前栽の, 力任せで刺した, 助かつて, 十二時近くに, 十二時近くにな, 十月の, 参詣を, 城内の, 塵埃が, 墓地は, 大体の, 婆やは, 少しも, 平田が, 庸三も, 廊下の, 当局は, 彼女は, 怪物が, 恐らく今頃, 招きの, 昨日は, 普通に, 書類入れの, 有名人と, 此寺と, 泥棒は, 父は, 父親は, 狭い庭, 猫が, 生徒は, 皆心得, 示された番地, 私たちは, 私の, 立寄りそこ, 箱は, 見事に, 見舞を, 誰か, 錆びかかって, 障子を, 隣人は, 頼政は, 風呂が

▼ おいたのに~ (60, 1.4%)

2 今に, 違いない

1 [56件] あんたは, いつのまにかその, いつのまにか波, お前たちは, こう遅刻, こう集っ, ここの, こんどの, さきほどお, ぜんたいなにを, それに, だまされて, ちがいありません, ちがいない, とうとう私, どうしてそんな, どうして綱, どこへ, どこまで, どんなに頑丈, なぜ君, ばかに, また変, もうすべて, もう秀吉, もう私, わが命, ウーで, ペンが, ママが, マリユスは, 三両貸せ, 二日も, 今夜の, 今日は, 今見れ, 何だって, 何故あっ, 先生は, 名和殿は, 実にまずい, 差入れられる日限, 徳山は, 折悪しく, 極って, 機関大尉フランクが, 殆ん, 気が, 牛乳も, 矢張り近い, 私が, 自分の, 誰も, 違いなく, 集りが, 黙って

▼ おいた~ (54, 1.2%)

5 見えて 2 云うこと, 云って, 云ふ, 見える

1 [41件] あの醤め, いう, いうじゃ, いふから, したらこの, したらどう, したらトコトン, すれば, その日記, なりの, なると, はがきくれ, ほりこれ, ほりに, みえそこ, もう一昨日, ろ, 云うが, 云った, 云つた, 云つた事も, 今でも, 同じよう, 同じ利分, 埋めた女中, 弁解するであろう, 思う, 思うが, 思うと, 思ったこと, 思ったちょうど, 思って, 思つても, 思ふ, 思ふであらう, 慷堂は, 白木の, 確信出来る, 見えるかくして, 見える表, 見える開けたまま

▼ おいたよう~ (51, 1.2%)

2 だった, なこと, なわけ, な風, に彼, に白く

1 [39件] である, ですけれど, なもの, な室, な島, な形, な感じ, な書き方, な次第, な理由, な記憶, な象, な貝塚, な音, な鮮やかさ, に, にそこ, にみえました, にオンタデ, にゴドウィン氏, に並ん, に井伏さん, に人間, に僕自身, に別世界, に前, に思われる, に枕, に生産用役, に白い, に白かっ, に真黒く, に素直, に自然, に通りかかる, に重く, に銭苔, に離亭, に電話

▼ おいたという~ (46, 1.0%)

3 ことである 2 のです, わけだ

1 [39件] こと, ことが, ことそれは, ことだけ, ことです, ことには, ことの, ことは, ことや, この利点, その兇徒, のか, のでした, のは, のも, のを, ような, わけである, わけです, んです, 一事を, 事を, 事実を, 報告だけしか, 所に, 次第でございます, 残りの, 点に, 点には, 精神科学的の, 老木が, 訳さ, 話です, 話は, 話も, 話を, 質草が, 金具屋へ, 風に

▼ おいたところ~ (42, 0.9%)

1 [42件] お三枝, からするりと, から久助君, この捕虜, その万吉, だんだん殿, だんだん熱, であった, であったが, であの, である, であるが, でいつか, ではたして, で何処, で安い, で男, なので, にある, によって多く, による, に七兵衛, に徳川幕府, のあの, のかす, の歴史, はいずれ, へころがっ, へとってかえしました, へ今夜, へ來, へ娘, よりはこころもち前, をさっき, をはからずも, をぴったり, をま, をウルシ, を見, 丁度周氏, 快く御, 若い人たち

▼ おいたほう~ (34, 0.8%)

12 がいい 4 がよい 3 がよかっ 2 がよかろ

1 [13件] がお, がかえって, がとく, が世道人心, が余韻, が便利, が将来, が得策, が無事, が良かっ, が適当, が鎌倉, を取った

▼ おいたはず~ (32, 0.7%)

54 だが 3 ですが 2 である, では, のお

1 [14件] だがね, だと, であるが, なん, のそこ, のピース, の三人, の古渡唐桟, の場所, の秘密書類, の窓, の第, の藤夜叉, の金

▼ おいた通り~ (31, 0.7%)

15 である

1 [16件] いったいなぜアムラ, おばば, この仕事, だが, であって, でありまして, ですなわち, で阿波, なにしろもう退屈男, にもがけ, にジヤツク, に二階, の意味, の目, ひどく手荒い, もし吾

▼ おいた~ (27, 0.6%)

8 違いない 4 相違ない

1 [15件] うぎ, かかわらず突っ込んだ右, しても, ちが, ちがいない, ちげえねえ, なぜ軽, 今ここで, 分らぬ女子, 拘らず一ヵ月以上, 汝は, 決まって, 過ぎなかった, 違いありません, 違いは

▼ おいたあの~ (26, 0.6%)

1 [26件] きさ, ふところ紙でありました, グランド, スペンサーの, メダルと, レーヨン錦紗を, 一作であった, 十両, 名前が, 夜の, 妹菊路な, 小さい鉄, 少年である, 屋根部屋の, 岩の, 張が, 徴税使の, 生けがき, 神降りの, 私が, 絹衣に, 蝗の, 謎の, 遅留兵, 食事を, 馬車が

▼ おいたまま~ (24, 0.5%)

2 になっ, 行って

1 [20件] うつむいて, うなずくだけ, おうち, かたづけもの, しばらくあたり, しばらくじっと顔, ずっと室内, そこそこに, その周囲, その場, でずっと, でちょいちょい, でふたり, で死体, で科学, で自分, の妻, ふたたび出, 出て, 黙って

▼ おいたその~ (22, 0.5%)

1 [22件] おしまいの, ころ日本では, ひとりです, 上御, 人が, 俥は, 同一の, 報告を, 夜の, 手紙を, 持主の, 指で, 方を, 機械を, 次の, 歌を, 用意の, 監視に, 考えが, 考へが, 記事を, 返事が

▼ おいたじゃ~ (20, 0.5%)

13 ないか 3 ありませんか, ねえか 1 アない

▼ おいた~ (19, 0.4%)

3 である

1 [16件] だ, だから, だが, だし, であったから, であつ, であるから, であるに, です, のあの, のもの, の一万両, の洋燈, の筏, の青, はない

▼ おいたとおり~ (18, 0.4%)

2 である

1 [16件] このよう, この二人, しだいにはやく, その父, その迷宮, で村, な驚天動地, になん, の事情, の伯爵, の日頃, まっくら, 世にも可憐, 早くて, 最も人口, 老いても

▼ おいた~ (18, 0.4%)

4 およし 3 しき事とは

1 [11件] しい, しいさ, しいと, しくその, しく思ひまた, しさ, なにより, なるほどわし, なんの, やめて, よいが

▼ おいた~ (18, 0.4%)

1 [18件] が, がある, がかよう, がすでに, が見付かったら, でピストル, のかたまり, の工面, はどう, もいつの間にか, も下さいません, を三円, を二度スラ, を何時しか, を受け取り, を役立てる, を持出させ, を父親

▼ おいたって~ (16, 0.4%)

2 それを

1 [14件] あんなうつくしい, いいよ, いうじゃ, しょうがない, ピカピカする, 仕様が, 何にも, 内々取ってた, 可いん, 同じこと, 探偵の, 無論よかろ, 知れたもん, 誰かから

▼ おいたこの~ (14, 0.3%)

1 [14件] 一書を, 十二歳の, 国第, 墓場の, 小舟の, 島に, 広告を, 手の, 数学的操作が, 樹の, 男同じ, 眦の, 義務を, 野に

▼ おいただけ~ (14, 0.3%)

2 です, では, なの 1 あって, だった, だったの, である, でした, ですぐ, で彼ら, で持病

▼ おいたけれど~ (13, 0.3%)

1 [13件] いつと, お前も, お次は, お絹, これも, ちょうどいい, もう少し休ん, もし団員, やはり同じ, よくもう一度相談, 僕は, 其の時, 彼に

▼ おいた~ (13, 0.3%)

2 すると

1 [11件] いいこと, した, しては, しなければ, しようとして, するから, するならないない, なさるん, なすったのに, なすっても, 仰せ遊ばしますると

▼ おいた~ (13, 0.3%)

2 は決め

1 [11件] があり, が抑, であった, であったが, である, ですから, なん, もあった, やら話した, をうっかり, を政子

▼ おいた~ (12, 0.3%)

1 [12件] 今が, 庄の, 柳が, 桃を, 神への, 給金の, 花が, 茶わんを, 隣りの, 風呂に, 駕と, 骨の

▼ おいた~ (11, 0.2%)

1 [11件] いくら頭, さもなければ單, どうかを, どうじゃ, またどれ, れ草, 今出す, 小さな備前徳利, 小説の, 知れないの, 秘書官の

▼ おいた~ (11, 0.2%)

1 [11件] その日付, てると, てるの, なお或, わたしも, デュパンが, 三枝子は, 又その, 地図なども, 窓も, 茶棚には

▼ おいたわけ~ (11, 0.2%)

3 です, では 1 さ, じゃありません, じゃない, で, でございます

▼ おいた~ (11, 0.2%)

1 [11件] から取っ, から古びた, が人力車, でわかる, で何もかも, で尚, などは自分, へ出る, へ来ました, まで細心, をも厳重

▼ おいたつもり~ (9, 0.2%)

2 である, でしたが 1 じゃ, だったが, だったのに, では, なん

▼ おいた~ (9, 0.2%)

1 のハープ, のレーヨン錦紗, の一条, の二つ, の写真器, の手紙, の洋杖, の目印, の隠れ穴

▼ おいた場所~ (9, 0.2%)

1 が判らない, です, に戻っ, へくる, へ逃げる, までどれ, もこの, をまた, を暗示

▼ おいた自分~ (9, 0.2%)

2 のそれ 1 の刀, の家, の着衣, の荷車, の部下, の鉄砲, をとがめた

▼ おいたため~ (8, 0.2%)

1 なの, に, にお, におしまい, に今年, に冥土, に出来たらしい, に隙

▼ おいた~ (8, 0.2%)

2 が顫, で襯衣 1 がはたはた, に持っ, を捻る, を額

▼ おいた自動車~ (8, 0.2%)

1 がまちかまえ, が容易, で搬び, に乗せました, に乗っ, に乗った, へ埋まり, へ埋まる

▼ おいたかも~ (7, 0.2%)

2 知れないぞ 1 しれない, しれねえが, じを, 知れぬ, 知れぬと

▼ おいたわし~ (7, 0.2%)

1 の巾着, や, やお, やのこの, や気, や父, や私

▼ おいたわり~ (7, 0.2%)

2 になる 1 になっ, になろう, の言葉, もよく, 下されたこと

▼ おいた荷物~ (7, 0.2%)

2 をヤ 1 が見えない, は大かた, をとり, を両, を忘れ

▼ おいた部屋~ (7, 0.2%)

1 と二つ, と云っ, のドア, へいっ, へ一人, へ上りました, へ入っ

▼ おいたところが~ (6, 0.1%)

1 いつという, たちまち全国, だんだん家族, ついその, 果たして予想どおり事実, 邪魔にこそ

▼ おいたとは~ (6, 0.1%)

1 いい得られぬ, 信じません, 気が, 気がつかなかったよ, 知るまい, 考えられない

▼ おいたやう~ (6, 0.1%)

1 にそれ, にまさに, に夫人, に小杉放庵, に思ふ, に明治二十三年一月興行

▼ おいた品物~ (6, 0.1%)

1 だ, の名, の数々, はごくわずか, は荷造, を矢鱈無性

▼ おいた~ (6, 0.1%)

1 がある, が首尾, だと, は後, も入れ, をやっと

▼ おいた駕籠~ (6, 0.1%)

1 でただ今, にいざない, にひらり, に飛び乗り, へ乗っ, をうたせ

▼ おいたお金~ (5, 0.1%)

1 で, をお, をもっ, を今一度, を持つ

▼ おいたかと~ (5, 0.1%)

1 思うせつな, 申すの, 確かめたし, 言うこと, 訊いたら肺病人

▼ おいたそう~ (5, 0.1%)

1 だが, だけれども, である, です, では

▼ おいたそれ~ (5, 0.1%)

1 が悪かっ, に月, を, をいま植木屋, をやはりそのまま

▼ おいただけの~ (5, 0.1%)

1 ことだ, 値打ちは, 手数の, 物が, 金子を

▼ おいたといふ~ (5, 0.1%)

1 やうな, 亡父の, 安心も, 川路らが, 畑の

▼ おいたなり~ (5, 0.1%)

1 かれは, すっかり忘れ, でお, では, で拙者

▼ おいたはり~ (5, 0.1%)

1 なさるやう, になつ, になつて, には他人, の閲

▼ おいたものの~ (5, 0.1%)

1 さてこの, 一つ村の, 下に, 仔細を, 献酬また

▼ おいた~ (5, 0.1%)

1 でさて, でなお, で技術, で自由競争的, の男の子

▼ おいた~ (5, 0.1%)

1 がある, がいる, が今夜, とみえます, は幾ら

▼ おいた~ (5, 0.1%)

1 いちょうの, 仕事が, 喊声を, 太刀を, 鞄ほどの

▼ おいた手紙~ (5, 0.1%)

1 が一通目, なん, のよう, やら慰問品, をそっと

▼ おいた~ (5, 0.1%)

1 という工合, には危なく, には締り, にゃあ, の早朝

▼ おいた着物~ (5, 0.1%)

2 は早 1 がない, の包み, までがぐっしょり

▼ おいた~ (5, 0.1%)

1 などはいい, のトランク, の手の甲, の方, の隣り

▼ おいた~ (5, 0.1%)

1 からみんな, のほとり, の入口, の明いた, を思い出し

▼ おいた~ (5, 0.1%)

1 一の, 一段の, 三の, 二の, 二世な

▼ おいたかの~ (4, 0.1%)

2 ように 1 ごとくチェーンブロック, ごとく画

▼ おいたがね~ (4, 0.1%)

1 ぴしぴし遠慮なく, 今に, 今一寸前兄貴が, 今日はからず

▼ おいたそして~ (4, 0.1%)

1 わずかに, 嫁入りを, 彼の, 朝に

▼ おいたとでも~ (4, 0.1%)

2 いうの 1 いうわけ, 云うよう

▼ おいたにも~ (4, 0.1%)

1 かかわらずなにごと, かかわらず勝入, かかわらず夜, かかわらず誰

▼ おいた五人~ (4, 0.1%)

1 の使者, の兄妹, の少年, もの僕

▼ おいた~ (4, 0.1%)

1 で彼, に従って判断, の意味, の還元性

▼ おいた外套~ (4, 0.1%)

2 や上衣 1 を取り, を手早く

▼ おいた大きな~ (4, 0.1%)

2 獲物を 1 熊が, 陥し坑

▼ おいた大事~ (4, 0.1%)

1 な秘帖, な話, のステッキ, の手帳

▼ おいた~ (4, 0.1%)

1 の外, の様子, の財産, の道具

▼ おいた小さな~ (4, 0.1%)

1 包みを, 瓠が, 皿や, 見取図を

▼ おいた~ (4, 0.1%)

1 とは幾分の差, に一番鶏, に率, の気持

▼ おいた~ (4, 0.1%)

1 の縁, をさっと, をよぎつて, を誰

▼ おいた新聞~ (4, 0.1%)

1 である, の一片, の切り抜き, の古

▼ おいた~ (4, 0.1%)

2 の日 1 の晩, の言葉

▼ おいた紙片~ (4, 0.1%)

1 から自分, にここ, をポケット, を美濃守

▼ おいた~ (4, 0.1%)

1 である, でござる, は剥がし, をわすれ

▼ おいた~ (4, 0.1%)

4 る物

▼ おいた~ (4, 0.1%)

1 の上, を壁, を持つ, を提げ出し

▼ おいた~ (4, 0.1%)

1 でお, に悪戯, に跨が, を引張っ

▼ おいた~ (4, 0.1%)

1 にまたがる, の背, を縁先, を解き

▼ おいたいろいろ~ (3, 0.1%)

2 の音響 1 な貝

▼ おいたけれども~ (3, 0.1%)

1 さらに一例, 又明日あたり, 夫は

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 うだから, うである, んと

▼ おいたとき~ (3, 0.1%)

2 です 1 に本

▼ おいたとて~ (3, 0.1%)

1 なんの, 何に, 天下国家の

▼ おいたまで~ (3, 0.1%)

1 である, でべつ, なん

▼ おいたまま彼~ (3, 0.1%)

1 が帰っ, はまた, は自分

▼ おいたもん~ (3, 0.1%)

2 ですから 1 だから

▼ おいたテーブル~ (3, 0.1%)

1 の上, の両, の前

▼ おいたピストル~ (3, 0.1%)

1 でおれ, の最初, を手許

▼ おいた~ (3, 0.1%)

3

▼ おいた一つ~ (3, 0.1%)

1 の, の単純, の宿題

▼ おいた両手~ (3, 0.1%)

2 の手 1 の指

▼ おいた二人~ (3, 0.1%)

1 の内弟子, の刑事, の囚徒

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 だから, だった, で焼い

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 のきき, の事, もあります

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 が一, であります, です

▼ おいた向う~ (3, 0.1%)

2 の座敷 1 で答える

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 の客, の容貌, の景色

▼ おいた山梨~ (3, 0.1%)

3 の木

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 に横, のあげ, を片隅

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 の筋向う, の革財布, は無器用

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 からし, の女中, 始めて芥舟君

▼ おいた時計~ (3, 0.1%)

1 だと, の話, を見

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 で頓服剤, の尽き, は一時他

▼ おいた秘密~ (3, 0.1%)

1 のカメラ, の目, の隠れ場所

▼ おいた美しい~ (3, 0.1%)

1 いま一人の, ものが, 駈落ち者を

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 とまぜます, と卵, と野菜

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 があッ, が來, の準備

▼ おいた若い~ (3, 0.1%)

1 侍と, 稼ぎ人が, 職人に

▼ おいた言葉~ (3, 0.1%)

1 であった, のよ, も口

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 に腹, は, も聞きました

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 と臓物, にかかわらず, のまわり

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 で風, へと急い, を駆っ

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 がある, は一滴, をとうとう

▼ おいた~ (3, 0.1%)

1 の尾頭, をすく, を分配

▼ おいた黄金~ (3, 0.1%)

1 のトラ, の塊, をはじめ

▼ おいたいくつ~ (2, 0.0%)

1 かの凹み, かの菓子

▼ おいたいろんな~ (2, 0.0%)

1 書物の, 果物を

▼ おいたおかげ~ (2, 0.0%)

1 で久しぶり, で敵

▼ おいたからと~ (2, 0.0%)

1 いって, 言はれ

▼ おいたきり~ (2, 0.0%)

1 で黄祖, まだ題名

▼ おいたくずかご~ (2, 0.0%)

1 のかみ, の中

▼ おいたくせ~ (2, 0.0%)

2 にそうして

▼ おいたくらい~ (2, 0.0%)

2

▼ おいたさん~ (2, 0.0%)

1 うんとお, を遊ばせ

▼ おいただけでも~ (2, 0.0%)

1 よいと, 都の

▼ おいただけに~ (2, 0.0%)

1 世間のて, 俺は

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 あらう, せう

▼ おいたとか~ (2, 0.0%)

1 いって, こんどは

▼ おいたとも~ (2, 0.0%)

1 考えられる, 考えられるわね

▼ おいたのち~ (2, 0.0%)

1 に井上さん, やおら立ちあがっ

▼ おいたのよ~ (2, 0.0%)

1 あなたもう, 本当はあの

▼ おいたばかりに~ (2, 0.0%)

1 全財産, 取り返しの

▼ おいたほど~ (2, 0.0%)

1 だから, である

▼ おいたわたし~ (2, 0.0%)

1 の罪, の金入れ

▼ おいたアケチ一号~ (2, 0.0%)

1 でした, にとびのっ

▼ おいたカバン~ (2, 0.0%)

1 から聴診器, を乱暴

▼ おいたガラッ~ (2, 0.0%)

1 八が, 八も

▼ おいた下駄~ (2, 0.0%)

1 を取り出し, を片手

▼ おいた事件~ (2, 0.0%)

1 とちょうど, の連続

▼ おいた二つ~ (2, 0.0%)

1 の豆粒, を柱

▼ おいた二頭~ (2, 0.0%)

1 の栗毛, の馬

▼ おいた五百両~ (2, 0.0%)

1 の小判, もとうに

▼ おいた人々~ (2, 0.0%)

1 をよく, を下

▼ おいた仏壇~ (2, 0.0%)

1 のお, の方

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 の一人, の立派

▼ おいた以上~ (2, 0.0%)

1 そう出る, やがて何とかいっ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 の太守車冑, 名文の

▼ おいた伝国~ (2, 0.0%)

2 の玉璽

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 うも我が, か刺戟

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 といふの, のある

▼ おいた十円~ (2, 0.0%)

1 だけ余計, の金

▼ おいた千円札~ (2, 0.0%)

2 と百円札

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 の父, はこの

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 というなら, は

▼ おいた土蔵~ (2, 0.0%)

1 の中, の戸前

▼ おいた場合~ (2, 0.0%)

1 に初めて, も多かっ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 の八畳, の部屋

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 がいる, の帯

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 がある, が得

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 がおちぶれ, はゆくえ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 が留守, はバケツ

▼ おいた子どもたち~ (2, 0.0%)

1 や書類, や機密文書

▼ おいた宝物~ (2, 0.0%)

1 もこうして, を発見

▼ おいた宿題~ (2, 0.0%)

1 を再び改めて, を想

▼ おいた小刀~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を取る

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 のほう, 隣りに

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 があった, に並ん

▼ おいた平次~ (2, 0.0%)

1 その日, の覚え

▼ おいた弁当~ (2, 0.0%)

1 と渋茶, をつつん

▼ おいた強い~ (2, 0.0%)

1 判断力を, 睡眠剤の

▼ おいた手拭~ (2, 0.0%)

1 を拾っ, を買う

▼ おいた数年間~ (2, 0.0%)

1 のうち, の稼ぎ

▼ おいた文学~ (2, 0.0%)

1 であった, であります

▼ おいた料理~ (2, 0.0%)

1 の残り, を運ん

▼ おいた新宿~ (2, 0.0%)

2 の八百屋

▼ おいた方向~ (2, 0.0%)

1 という, へは走っ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 がいつの間に, を土台

▼ おいた朱房~ (2, 0.0%)

1 のついた, の槍

▼ おいた材料~ (2, 0.0%)

1 があらかた, を舌

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 である, に我が

▼ おいた次第~ (2, 0.0%)

1 でございます, です

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 が部屋, の汚物

▼ おいた洋服~ (2, 0.0%)

1 や帽子, を取っ

▼ おいた洋燈~ (2, 0.0%)

2 の油煙

▼ おいた洞白~ (2, 0.0%)

1 の仮面箱, の鬼女仮面

▼ おいた火薬~ (2, 0.0%)

1 が今, の樽

▼ おいた焼酎~ (2, 0.0%)

1 のあった, を出し

▼ おいた物見~ (2, 0.0%)

1 から報ら, の者

▼ おいた理由~ (2, 0.0%)

1 から無論, はだ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 の新田, はふと

▼ おいた百円銀貨~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 のだんだん, はどうも

▼ おいた石櫃~ (2, 0.0%)

1 あらためるまでも, をかかえ

▼ おいた硝子板~ (2, 0.0%)

1 に一面, に結晶

▼ おいた社会~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ おいた秀吉~ (2, 0.0%)

1 と対陣, はいよいよ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 から先まわり, の障子

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 のほう, を忘れ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 があります, を賣り

▼ おいた細作~ (2, 0.0%)

1 の一人, の報ら

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 のこと, を見せ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 をこう, を引く

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 に陥っ, のなか

▼ おいた芝居~ (2, 0.0%)

1 で道化役, の筋書どおり

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 とまったく, のこと

▼ おいた草鞋~ (2, 0.0%)

1 と足袋, を脱ぎ去つ

▼ おいた葡萄豆~ (2, 0.0%)

1 でも何でも, をモー一度

▼ おいた~ (2, 0.0%)

2 をハンド

▼ おいた衣類~ (2, 0.0%)

1 がまだ, やその他身

▼ おいた裏口~ (2, 0.0%)

1 からどこ, の方

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 から七つ八つ, を細目

▼ おいた西瓜~ (2, 0.0%)

1 をひっ抱え, を切らした

▼ おいた記事~ (2, 0.0%)

1 をかかせる, を君

▼ おいた設計図~ (2, 0.0%)

1 に違い, を使っ

▼ おいた近く~ (2, 0.0%)

1 の公衆電話, の逢坂町

▼ おいた遮蔽網~ (2, 0.0%)

1 はよく, は怪力線

▼ おいた金剛石~ (2, 0.0%)

2 を誰か

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 で造られた, のわな

▼ おいた銀時計~ (2, 0.0%)

1 がもし, を受取っ

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 のもの, の飯

▼ おいた長い~ (2, 0.0%)

1 ふろしき包みを, 縄ばしごを

▼ おいた限り~ (2, 0.0%)

1 の弁証法性, の言葉

▼ おいた障子~ (2, 0.0%)

1 がしめ, をソーッ

▼ おいた雑多~ (2, 0.0%)

1 な小袖, な武具

▼ おいた電燈~ (2, 0.0%)

1 に明り, の光

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 を指, を片手

▼ おいた養女~ (2, 0.0%)

1 の五十奴, の梅福

▼ おいた~ (2, 0.0%)

1 はいなくなっ, を逃がし

▼ おいた黒鹿毛~ (2, 0.0%)

1 の背, を一頭

▼1* [1200件]

おいたあたりをさわっ, おいたあとで食べ余し, おいたあなたの袷, おいたあべこべ砲を持ちだしたらしい, おいたあんまが来た, おいたあんパンを一つ, おいたいいものを, おいたいくらかの世帯道具, おいたいつものお, おいたいばらの冠, おいたいわしの糠漬け, おいたうえ五百人もかからね, おいただは, おいたおなじ仮面と, おいたおもしろい話や, おいたお前のこと, おいたお召の単, おいたお召し物までがこの, おいたお嬢さんを出し, おいたお蔭はあっ, おいたかぎりでは一, おいたかたちになっ, おいたかなり多額の, おいたかなりシンラツで肩, おいたかは不明である, おいたからこそいざという, おいたからとも気を, おいたからなみなさまがたに, おいたからなどということに, おいたからには必ず会うだろう, おいたかを不思議に, おいたきれいな髪, おいたくさひばりが, おいたいさつのじ, おいたこうした形が, おいたここを這入っ, おいたことこれはオレ, おいたことばである, おいたこと兵庫様にも木村様, おいたこと押入の中, おいたこれまでの節日, おいたこんどは読んだら焼け, おいたこんぶのよう, おいたざを, おいたごまめの醤油, おいたしるしは黒い, おいたすぐに行つて, おいたすばらしい秘密錠な, おいたすべての事業, おいたせいか全身, おいたぜと大笑いでした, おいたそうしたらよほどお, おいたそつちの演劇の講義, おいたその他のこと, おいたそれでこの通り頭, おいたそれらのもの, おいたそんなことは, おいたたくさんの札, おいたただ一つの, おいたたびが今朝, おいたため無事だったとは, おいただき遊ばすに, おいたちっぽけなタオル, おいたやない, おいたってよかないの, おいたといった風に, おいたとおりジャン・ヴァルジャンはたぶん, おいたとおりモンデトゥール街に近い, おいたとおり不幸ほど子供, おいたとおり二人を処刑, おいたとおり他の人々, おいたとおり大庭という停留所, おいたとおり尋常な女, おいたとおり彼女は市場, おいたとおり朝参りましたとき, おいたとおり決死敵前に駆け上がるべく, おいたとおり私は自然淘汰, おいたとおり自分の小さな, おいたとき望みどほり, おいたとき泰亮がたずねた, おいたところけさほどお達し, おいたところソヴェトアジとしての欠点, おいたところ万事その通り, おいたところ二三カ月もし, おいたところ二声か三声, おいたところ先日セットに行った, おいたところ建築法令に抵触, おいたところ自分の君臨, おいたところ雑誌が出, おいたとして見ると, おいたとたん補充兵としての召集, おいたとの記事が, おいたとろろ汁が出来, おいたどじょうを鉤, おいただらしの, おいたなど政宗の, おいたなどの処置から, おいたなどは言語道断, おいたなりになって, おいたについて伊勢の, おいたのでがしょうよ, おいたのでね郊外で, おいたのにと思うと, おいたのにという方へ, おいたはしや右, おいたはしごをのぼっ, おいたばあさんなの, おいたばかしなんだ, おいたひとりの客, おいたびんの底, おいたふくや白いつけ, おいたふたりの警官, おいたふたりいたずらに鋩子先, おいたふろしきでもと, おいたぶんと連絡, おいたぼくらの自動車, おいたまきをくべれ, おいたまことに厄介な, おいたまでのことだった, おいたままいつまで経っ, おいたままここへもどっ, おいたまましずかに窓, おいたまままっさおになっ, おいたままアカデミーというもの, おいたままペダルもきらず, おいたままムシかえしを, おいたまま一同へも釈明, おいたまま一寸上体をのり出す, おいたまま一方のスリッパ, おいたまま勝手に話し合った, おいたまま声の高, おいたまま外套をぬぎ, おいたまま女中のお, おいたまま孔明は牀, おいたまま小平太は思いきっ, おいたまま左の手, おいたまま床に入っ, おいたまま座中を見まわし, おいたまま文女のほう, おいたまま日をすごした, おいたまま正成は考えこむ, おいたまま武蔵は初めて, おいたまま熱心に, おいたまま父はその, おいたまま空間に固着, おいたまま約束の二十年後, おいたまま苦痛のある, おいたまま葉子は険しく細い, おいたまま追手のなんの, おいたまま駅前の通り, おいたみぞはぎ, おいたみたいにすぐ, おいたみんなのお, おいたむらさきのふろしき, おいためいめいの荷物, おいたンだろう, おいたもう一つの, おいたもっとおいしい食物, おいたもてなしは親切, おいたまがら, おいたやつを後, おいたやら探しても, おいたゆえふたたびこれ, おいたゆえそれがお, おいたゆえだいじょうぶこの中, おいたゆえ読者の胸中, おいたゆきがかりがあった, おいたお前の, おいたより十枚も, おいたろうに残念, おいたろうしさ, おいたしいようで何辺, おいたわしゅうござりますれどもうお, おいたわずかな銭, おいたわよもうあん, おいたわれ等の勇士川上機関大尉, おいたんでごん, おいたアンジョーラの傍, おいたイラクサをひと束, おいたウイスキーの瓶, おいたエンマ・ゴルドマンの伝記, おいたエンリコ・フェルミはいう, おいたオルガの姿, おいたオルグとしての責任, おいたカンバス椅子に出, おいたガラスの皿, おいたキカイを身, おいたクロをうばっ, おいたコップへ麦酒, おいたコロッケなどを詰め, おいたコールタールのかん, おいたササゲと薩摩芋, おいたサンドウィッチとコーヒー, おいたシュマン・ヴェール街の果物屋, おいたシロに御飯, おいたジャガイモの削ぎ, おいたジャックナイフをポケット, おいたジャムパンの袋, おいたジルノルマン氏の婿, おいたスケッチの類, おいたステッキの蓋, おいたスープの中, おいたセルロイドの縁, おいたチチコフは翌, おいたテレビジョンの送, おいたトラックにつみこみ, おいたトランクの前, おいたトルストイ全集がある, おいたドアの掛金, おいたナイフがなくなっ, おいたナーシサスの白い, おいたネマキが風, おいたノオトや書き入れ, おいたノートを四ン, おいたハタを紙型用, おいたハムだとか, おいたハメ手にはめこまれ, おいたハーモニカを持っ, おいたバラバラのアルコール漬け, おいたバリケードを破壊, おいたピッケルを取り, おいたフットボールの球, おいたブリキカンをとり出しました, おいたブローニングがない, おいたプレゼントをいざ, おいたヘットのつぼ, おいたベートーヴェンの努力ぶり, おいたホウコグサを載せ, おいたホテル・レジナの切符, おいたボロ建物が, おいたミヤゲの品々, おいたミルクでも飲みましょう, おいたメモをわたした, おいたメリンスの厚い, おいたモロー彗星がわし, おいたユカタだったの, おいたランプが役に立った, おいたルナビゥムが盗まれないであれ, おいたロシナンテの傍ら, おいたたばの, おいた一事でも先生, おいた一人の私服, おいた一件の調査書, おいた一件書類はいっこう家, おいた一体の仏像, おいた一作がようやく, おいた一分銀代価はロンドン, おいた一升は空, おいた一升徳利を囲炉裏, おいた一品そっこくここ, おいた一塊の強, おいた一学であったから, おいた一定額の財産, おいた一家臣にちがい, おいた一封を出し, おいた一昨年の秋, おいた一本の綱, おいた一枚の手札型, おいた一片の文字, おいた一番主な理由, おいた一色直氏が菊池武光, おいた一葉女史の日記, おいた一説は当然, おいた一軒の店, おいた七ツほどの息女, おいた七八冊の, おいた七八名の捕虜, おいた七軒長屋に母親, おいた三ツ葉の根, おいた三個のつづら, おいた三分心の洋燈, おいた三年間はおれ, おいた三日目には京都七条口, おいた三百万両の非常準備金, おいた三百両のうち二百両, おいた三階の五ツめ, おいた上利息に利息, おいた上山一郎君と書生さん, おいた上方ものの母子, おいた上月城は備前, おいた上流の一川, おいた上衣をのろのろ, おいた上野介の首, おいたのよう, おいた下し令状も見たであろう, おいた世界に類, おいたに柏, おいた丸太ん棒で左右二ヶ所, おいた丸石が放りだし, おいた丸窓からそっと, おいたも何, おいた九月下旬のこと, おいた乾草が焼かれ, おいた乾菜まできれい, おいた乾雲丸を掘り出し, おいた予備知識と実際, おいた予備隊までことごとく, おいた予定の屯田兵, おいた事どもを怠る, おいた事実を君, おいた事柄をざっと, おいた二十円の金, おいた二日めの夜, おいた二本の太い, おいた二枚の婦人もちハンカチ, おいた二條の蔓, おいた二通りの親, おいた二銭銅貨で豆腐, おいた二階の三畳, おいた五年間もつづけた, おいた五郎玄関脇の松の木, おいた五雲殺しの罪, おいた京都の地面, おいた人たちを殺した, おいた人夫の短い, おいた仁木頼章や今川駿河守, おいたまでの患者服, おいた今夜の捕物配置, おいた仕事をいかに, おいた仕事火を持っ, おいた仕立ておろしの衣類, おいた仕込みの一刀, おいた以前のお, おいた伊兵衛の書付, おいた休み部屋にした, おいた佐々成政を成敗, おいた佐々木道誉らの兵, おいた佐久間安政の軍, おいた佐久間玄蕃允のまわり, おいた体温器を取り出し, おいた何度も何度, おいた作例はクイーン, おいた使者の間, おいた保証金を返す, おいた信長の遠謀, おいたに乘, おいた俵一八郎庭先へ曳い, おいたは波子, おいた借用申候一札之事, おいた偃月の青龍刀, おいた手紙の, おいた偽造のもの, おいたの輕井澤, おいたは無, おいた元旦料理で僕達, おいたの仲間, おいた先輩が行ったら, おいた兩手をきちんと, おいた八千代サンと二人分, おいた八木弥太郎法達の部下, おいた八畳と納戸代り, おいた公辺へのお, おいた公金の額, おいた六七人の中, おいた六番てがら, おいた兵員たちを引き具し, おいた兵器庫の役人, おいた兵糧は敵, おいた兵馬が絵馬, おいた具足櫃の中, おいた兼好法師へ彼, おいた兼松を憎んだ, おいた内親王を妻, おいた円い空間を, おいた円タクに乗つ, おいた写真と戸籍謄本, おいたの晴れた, おいた冷酒を茶碗, おいた凍土の上, おいた出刀を取っ, おいたを忍ばせ, おいただけでも孫, おいた初めで入門, おいた初等のラテン読本, おいた経済の, おいた別にそれだけの, おいた別人の首, おいた別当神護寺のこと, おいた別製の林檎パイ, おいた利子もその, おいた前世古代語が役, おいた前掲のチラシ, おいた前途の目, おいた劇団が差当り, おいた劇場の友人, おいた力学の急所, おいた加茂川べりのとある, おいた動きである以上, おいた勘定方が一人, おいた勢田の長橋, おいた医師もいる, おいた十一箇の行嚢, おいた十七日の朝, おいた十両の封金, おいた十九号の切符, おいた十二三両と明日本郷, おいた十二日義元子氏真を留守, おいた十八九の娘, おいた十字架に彼, おいた十数名の警官, おいた十数箇条をつきつけ, おいた十隊の兵, おいた午後不意に竹村, おいた半分のピンヘット, おいた半玉でも持ち, おいた南太平洋水域に踪跡, おいた博士を俺, おいた印籠一つが遺物, おいた即ち目醒めかかった, おいたをソバ湯, おいた原士どももそれ, おいた原子力という宝剣, おいた原文どおりのもの, おいた原稿紙がちやんと, おいた厳格陰鬱なる修道生活, おいた去年の秋, おいた参考紙も失, おいたの家旅館, おいた友人の安藤, おいた反古です, おいた受験証をば私, おいた口入所へ行く, おいた口調でそう, おいた古い楊枝を, おいた古池で宗十郎夫婦, おいた古金でそろそろ, おいた台本で演出, おいた各国使臣とに取り囲まれ, おいた合図の一つ, おいた吉五郎の大工道具, おいた同じく正月の, おいた同族五郎左衛門のせがれ亀次郎, おいた同行者のところ, おいた名刀の嚢, おいた名刺を小林少年, おいた吹流しの麾, おいた呂宋兵衛では, おいた周囲から黒石, おいた味噌屋の方, おいた和書漢書の類, おいた和本を取り出し, おいた和田惟政から俄, おいたが祟っ, おいた咲耶子なる女, おいた哀れ深い遺書, おいた品々を徳川殿, おいた哨兵はひとり, おいた唐びつを掠奪, おいた啓之助の姿, おいた器械屋がある, おいた四つの迷路, おいた四名のうち, おいた四隻の軍艦, おいた国道もはや, おいた園丁は, おいた土人のニストリ, おいた土地の人, おいた在庫金の分配, おいた地蔵菩薩の笈摺, おいたの奥, おいた城兵も鵬翼, おいた城太郎の影, おいた堀田伊太夫の方, おいた堆肥の下, おいた場合凍結が進行, おいたの断面, おいた壁紙で貼られ, おいたを紙鉄砲, おいた変装用のかばん, おいた夏川左近という漁師, おいた夏襯衣や半, おいた夕食の膳, おいた外作品に手, おいた計代の, おいた多賀ちゃんが立っ, おいた夜店用の防水電纜, おいた夥しい音楽は, おいた大刀をお, おいた大勢の者, おいた大名諸武士ら, おいた大島活版店に足, おいた大軍がいる, おいた天竺針には朝, おいた天蔵がどうして, おいたつちよ, おいた太閤殿下に氣, おいた夫人の宮, おいた奇兵を呼号, おいた奥さんはその, おいた奥庭の芝原, おいた女中や夫人, おいた女子はどこ, おいた女房の事, おいたのお, おいたと同じ, おいた姫君の座敷, おいたがこれ, おいた娘たちの中, おいた婚約者の竹花中尉, おいた子分の一人, おいたを取っ, おいた学位請求論文を審査, おいた学校の資格, おいた安全至極の隠れ場所, おいた安宅丸が鎖, おいた安産のお, おいた宋江へ向っ, おいた定式をそのまま, おいた宝蛇を美紅姫, おいた実験にとりかかった, おいたから蓄音器, おいた宮子の手巾, おいた家中のもの, おいた家康が, おいた家族たちを, おいた家臣は身, おいた宿の者, おいた密偵のひとり, おいた密封のもの, おいた寝酒をさげ, おいたのび, おいた封印はいささか, おいた封筒に入れました, おいた封緘の糊, おいた将士の前, おいた尊像を町, おいた魚を, おいた小作人が農具, おいた小型ピストルを取出し, おいた小林少年のこと, おいた小町御門の外, おいた小者の一人, おいた小舎へ運び入れ, おいた小舟へ飛び乗る, おいた小船のところ, おいた小言も半分, おいた小説は, おいた小遣いで古い, おいた小銭までが見えなくなっ, おいた少しばかりの御馳走, おいた少年の懐し, おいた少数の除外例, おいた就職口に行く, おいた居候の浪人, おいた屋敷廻りの片づけ, おいた屋根船に乗る, おいたの一つ, おいた屏風と両わき, おいた屑糸も鞠, おいた山岡美作守の兄弟, おいた山畑を売り, おいた山県三郎兵衛にとっても計算外, おいた山間部隊がいた, おいたのかけら, おいた島村氏の遺髪, おいた巡査の名, おいた工合なかなかよろしい, おいた巨額な金, おいた巾着にも少し, おいた市民はこの, おいた帆村探偵がいなくなった, おいた帆柱の切れ目, おいた帝都東京を焼き, おいたをしめ, おいた帯皮を長々, おいた帯革からそれら, おいた帳簿などを自分, おいた常世神と違つて, おいたがある, おいた鑿を, おいた平中はそう, おいた平明な無理, おいた平静な調子, おいたの七月, おいた幾つかの部隊, おいた幾らかの金, おいた幾枚かの紙幣, おいた広告の著しい, おいた床の間の前, おいた床板落しの陥し, おいた庫裡の内, おいたに蟋蟀, おいた康子をみ, おいた弁解が通る, おいた弁証法が茲, おいたを取る, おいた引出しの中, おいた弟子の愚直, おいた弩弓隊や鉄砲隊, おいた張紙をメリメリ, おいた張青の子分, おいた弾条が毎朝一分, おいた当事者のあ, おいた当時の新聞, おいたがある, おいた形見の姫君, おいた彫刻品が気候, おいた彼女は義父, おいた後それが何者, おいた従って出先軍憲の, おいた御用駕籠に飛び乗る, おいた御馳走はまさか, おいた徳望だった, おいた心理学の雑誌, おいた念仏及び能, おいた急ぎ用意あっ, おいた息切れがし, おいた意味とは全く, おいた愛妾があった, おいた感傷的なそう, おいた慰霊祭の案内状, おいた憂欝がむらむら, おいた懐古園のなか, おいた我が関興張苞らの, おいた戒名を刻んだ, おいたる友人, おいた戸棚の上, おいた所以である, おいた所脇本氏から重ね, おいた手まわりのもの, おいた手巾だのさては, おいた手帳をあけ, おいた手拭いで顔, おいた手桶を取っ, おいた手槍を持とう, おいた手筈によって小林君, おいた手筥がいつのまにか, おいた手織物が東京, おいた手荷物を取纏め, おいた手製のパン, おいた手駕籠に乗っ, おいた掛と, おいた技術乃至技術家, おいた投夷書を手渡す, おいた折しもその辺, おいた折檻状を中野又兵衛, おいた抜け穴から外, おいた押入の扉, おいた拇指痕の報告, おいた拳銃やさっきテレサ, おいた持病の糖尿病, おいた掛金がパッタリ, おいた接見許可証は四つ, おいた提灯が矢, おいた揚句つまらない悪戯, おいた握飯を取出し, おいた操り人形のヒモ, おいた支度は調う, おいた支那米の袋, おいた放射線で円形, おいた政治の没理想, おいたに再び, おいた教えの力, おいたは三千七百, おいた数珠をこれ, おいた数百ポンドの資金, おいた数軒の部屋, おいた文化的自由主義の直接, おいた文句を誰, おいた文字を見, おいた文庫の中, おいた文珠屋佐吉はすぐさま, おいた文章が示す, おいた斎藤の短刀, おいたの牝牛, おいた斜向いの若い, おいた斥候の一隊, おいた墓に, おいた新式の飛行艇, おいた旅僧でございます, おいた旅館へ昼近く, おいた日々はどんなに, おいた日時の下, おいた日本橋の橋たもと, おいた駕籠に, おいた早朝の五時, おいた早桶ぐるみ死人も女房, おいた明るい行燈の, おいた明後日の朝, おいた明智のかえ, おいたというもの, おいた時刻が来た, おいた時間の方, おいた晩方私はおばさん, おいたが島, おいたさに, おいた暗号で小林少年, おいた曲輪五町街の往来途上, おいたでも崩れる, おいた書斎の天井裏, おいた書物を取っ, おいた書生の言葉, おいた書籍を売っ, おいた書面はもう, おいた最後の楽しみ, おいた月毛に乗り換え, おいた月江や次郎, おいたになる, おいた朝粥を拵え, おいた朝鮮芋を取りだし, おいたに天蔵, おいた木剣や手製, おいた木戸から入っ, おいた木箱からは黒い, おいた木綿は荷駄, おいた本丸をめがけ, おいた本宅の方, おいた本隊の佐久間玄蕃允, おいたが一枚紛失, おいた朽木を激流, おいたの大木, おいた材木をもつ, おいたの間, おいたの木の下, おいた松寿丸を打ち, おいた松野縫殿助が先, おいた松長がにたりとさらに, おいたきれは, おいたの尖, おいたのある, おいた枯れ木を取り, おいた架台の上, おいた農園が, おいたの木, おいた柳堤に身, おいたの囲い, おいたや逆茂木, おいた栄二の衣類, おいた栗栖の写真, おいた案内者の大久保某, おいた桐畑の自分, おいたの大樹, おいた桟敷のうしろ, おいたの木, おいたの枯葉, おいた椅子にかけた, おいた椅子テーブルをよけて静か, おいた検温器を出し, おいた楠木家の廻し者, おいた極道の妙, おいた楽器を取り上げ, おいた概念分析なるもの, おいたを手さぐり, おいた樟板の半分, おいた樹明君はどう, おいた樹木が生, おいたの応え, おいた櫓下の大牢, おいた月餅の, おいたの部屋, おいた武大の遺骨, おいた歩きつきでゆったり, おいた取の, おいた殺人会社専務の須原正, おいた毛利向けの二使者, おいた毛皮服にくるまっ, おいた氏家卜全と安藤伊賀, おいた気分だったという, おいた気持が決して, おいた氣持は細川三齋, おいた水ごけだと, おいた水仙の花壜, おいた水瓜を二人, おいた永峯の愛情, おいたを入れる, おいた汚れ物をかけわたした, おいたの向う, おいた決して異議は, おいた沢山な弩弓手, おいたはもう, おいた油揚の白味, おいた治郎左衛門を連れ, おいた法律すなわち尺度, おいた法華経一巻と自, おいた泥棒の足跡, おいた泰平郷対地元部落の融和, おいたひ物, おいた洗濯をし, おいた洗濯物を二階, おいた洛外の腹帯地蔵, おいた洞内の案内図, おいた浦和付近の森, おいた浦和附近の森, おいた浪人部隊と南方, おいた海上数百間の許可距離, おいた海岸にいきました, おいた海面へ小舟, おいた清風山の紅巾, おいた湯島河原の小流, おいた湯殿の戸, おいた漁師の着物とき, おいた漁師たちが宿屋, おいた濃い紫地に, おいた濃緑地に虹色, おいた濡れものを椅子, おいた濫僧の事, おいた瀬戸内海の西部, おいた瀬戸物屋の前, おいた灌木榛の木の小村, おいたを起こし出し, おいた火焔玉もほか, おいた火薬箱が爆破, おいたがどこ, おいた無数の民, おいた無音オートバイにひらり, おいた煙草をつける, おいた熱湯を充分, おいたがころげ落ち, おいた燭台の燈火, おいた爪切鋏を枕元, おいた爺さんの所, おいたのそば, おいた牢屋敷へ妹, おいた特別の二階, おいたをさっそく, おいた独木舟に乗り, おいたの股, おいた玄関の扉, おいた玉乗りの黒い, おいた玉薬がある, おいた王婆を自分, おいた理窟であった, おいたが突然, おいた琵琶に目, おいた瑪瑙の箱, おいたの家族, おいたの梅酒, おいた生命の水, おいた産院がある, おいた用心の脇差, おいた用意が頷かれる, おいた田領の面積, おいたが新宿駅, おいたはもう, おいたの上, おいた略号が全部完全形, おいた番地をたより, おいた番太郎の小屋, おいた畫幀を歸朝後, おいた疑問すなわちどうして, おいたに一俵二両, おいた白い露から, おいた白鉢巻の小布, おいた白鳥だつた, おいた白鼻緒の雪駄, おいた百三十八ポンドというもの, おいた百合子から電報, おいたの上, おいた目標らしいもの, おいた相手は小, おいた相談を実行, おいた眉筆をまた, おいた真実を打ち明けるべき, おいた眼鏡があります, おいた着想になっ, おいた着色用のビスムチル, おいた瞬間に黙っ, おいたのなか, おいた知性と感性, おいた知識ではある, おいた短冊形の切手, おいた短剣を持ちこむ, おいた短篇をその, おいた短銃をつかみ, おいた石灰の粉末, おいた石田大七, おいた砂糖やめりけん粉, おいた砂糖水のガラス鉢, おいたも三分の一, おいた破れ襦袢をいつのまにか, おいたをまた, おいた碁石がない, おいた礼手紙が届いた, おいた社長室の内部, おいた神戸殿の質子, おいた禅坊主と山伏てい, おいた福島町郊外にある, おいた私たちの手紙, おいた科白である, おいた秘蔵の品, おいた秩父銘仙ばかりでもが優に, おいた程度の, おいたも播かれました, おいた種々の区別, おいた穀物も干し, おいた立派なトランク, おいたが馬, おいたをもらい, おいた竹ざおが雪, おいた竹垣を踏み破っ, おいたはこんな, おいた筆蹟から或いは, おいた筈ぢや, おいた筍飯をすっかり, おいた箇所が見つ, おいたのこと, おいたのない, おいたがまた, おいた籐椅子の上, おいた米友は一方, おいたを拾いあげる, おいた粗末な荷車, おいた粮米や金銭, おいた精神科学応用の爆弾, おいた糠袋などを取り出し, おいた納屋へランプ, おいた納戸へこんど, おいたのついた, おいた純白な一少女, おいた撚であります, おいた紙入れが失, おいた紙包を下ろし, おいた素性の知れない, おいた素焼の甕, おいた細い壱銭蝋燭に, おいた細かいかき餅の, おいた細君の顔, おいた紹介者つきの入場券, おいたと白, おいたもたくさん, おいた経験などを話し, おいた結晶を代用, おいた結果低い女房勤め, おいた統制の悪夢, おいた絵具箱を取り出し, おいたのハンケチ, おいたに貴様, おいた編笠をき, おいた縄ばしごがなくなっ, おいた罐詰もすっかり, おいたまでがまだそのまま, おいた美人の全身, おいた老女にさえ自分, おいた老婆の身, おいた老母が曹操, おいた老臣の平手中務, おいたがその, おいた者幾十人かはおります, おいた聖母像までもち出し, おいた肌着や用意, おいたがあった, おいた背広服に着かえ, おいた背景で描いた, おいた胚子も多い, おいた能登ノ介め, おいた脇坂甚内安治と蜂須賀彦右衛門正勝, おいたを懐, おいた腹心の者ども, おいたが時間通り, おいた働自転車を, おいた自分たちの立場, おいた自己の考, おいた自覚が充分, おいた自責の念, おいた自転車のうしろ, おいた興亡の公式どおり, おいた舗石の三分の二, おいたの本, おいた舞台で着る, おいた舞踊曲の奏, おいた程を貴方ひとり, おいた般若の面, おいた船縁へ向っ, おいた船長の顔, おいた船頭は腰, おいたのしげみ, おいた芳香馥郁たる老人ども, おいたのう, おいた苗床の薦, おいた若芽を天心, おいた英文の海難報告書, おいた茅屋の板戸, おいた茶わんに注ぐ, おいた茶布巾と茶碗, おいた茶碗をみます, おいた茶菓を女中, おいた草深い野が, おいた草花もしばらく, おいた荘王の寵姫, おいた莫大の金子, おいた菊池半助配下, おいた菜葉だけを白湯, おいた菠薐草を泥, おいた落とし穴だったの, おいた落葉をもつ, おいた蒲団を再び, おいた蓆旗の繩, おいた蕎麦がもう, おいたをかぶせ, おいた薬湯を与える, おいたやヒース, おいた藁苞の道中差, おいた藍弁慶の男, おいた藤吉郎こそ咎めら, おいた藤田東湖の吉野, おいたでこれ, おいた處迄漕ぎ行き頑丈, おいたやり線香, おいた蚊帳へ総勢六人, おいたの飛びだす, おいたを貰, おいた行方不明の子供, おいた行間に何, おいた衝突の危険, おいた表口の戸, おいたを後ろ前, おいたが今朝, おいた裁縫室があっ, おいた裁縫用の鏝, おいた装束に着換える, おいた裏切り者はすべて, おいた裏庭の調査, おいた裏手の逃路, おいたがない, おいた西洋手拭で顔, おいた西門慶から取っ, おいた見せ金のやう, おいた見当によって千隆寺, おいた見覚えのある, おいた規則がある, おいた覚えがある, おいた言伝を話しだした, おいた計画の一つ, おいた計略ではない, おいた記録の一つ, おいたです, おいた証文なの, おいた評判やまた, おいたを夕食後両親, おいたを述べた, おいた誓紙の如く, おいただがね, おいた調べ整うたか, おいた調所の部屋, おいた論文や本, おいた諜者から矢作, おいた葛孔明の, おいた諸種の接尾語, おいた講和条件の内容, おいた財布がない, おいた貧民と罹災民, おいた責任もあり, おいた貯金と土地, おいた貴公のその, おいた貴金属類十ポンドほどを法本, おいた質人の紀伊守之助, おいた質問を学校帰り, おいた質屋の蔵, おいた質素な洋館, おいた赤んぼうをつれ, おいた赤坂仲の町の俳優尾上梅幸, おいた赤坊のおしめ, おいた赤髪黒奴の蛮夷隊, おいた走り書の一通, おいた路傍の水仙, おいた路地へ入っ, おいた踏石がとりのけられ, おいた蹄係に美事, おいた轎舁きがひょっと登っ, おいた辛毘の妻子一族四十人, おいた辨當を持つ, おいた近代の科学的天文学, おいた返事のよう, おいた迷子札を持っ, おいた途端神谷は起ち, おいた通りこれもみな, おいた通りそれにはそち自身, おいた通り五七の桐, おいた通り全体は運動, おいた通り六年前自分が不覚, おいた通り勤め方の後始末, おいた通り四畳半をきちんと, おいた通り地の利を峠, おいた通り尠なからず, おいた通り彼れ若林鏡太郎, おいた通り彼らは疾病, おいた通り日和田とやらへ野馬, おいた通り歴史が云っ, おいた通り沖縄人の祖先, おいた通り牛馬医たる伯楽, おいた通り相対空間の導入, おいた通り谷もそれ, おいた通り関平劉封の二人, おいた通り鶯という鳥, おいた舟の, おいた造船力とか水路, おいた造花と色, おいた連中がゾロゾロ, おいた運びどおりでよい, おいた運命は万事自分, おいた過去の亡霊, おいた道中差しを取りあげた, おいた道中着物は, おいた道具をマント, おいた道具箱の道具, おいた道楽根性の方, おいた遺物であった, おいた郵便馬車で出発, おいた配給のビール, おいた酒杯を取りあげ, おいた酒瓶をもう, おいた酒蔵から大きな, おいたクロム酸アンモニアを, おいた重い息を, おいた重大な報告, おいた重要な遺書, おいた野良犬がとうとう, おいた金剛杖を再び, おいた金包のこと, おいた金包みを肌, おいた金塊をその, おいた金子があれ, おいた金歯を持っ, おいた金珠錦繍の贈物, おいた金蔵の声, おいた金銀が土, おいた金銀その他日本第一流の骨董類, おいた金魚を殺し, おいた鉄淵禅師すらあれ, おいた鉄瓶がちんちん, おいた鉄砲と火縄, おいたをおろした, おいた銀子それとまた焼き場, おいた銀座の或, おいた銀色の小型ピストル, おいた銀行がつぶれ, おいた銚子を燗銅壺, おいたをねらっ, おいた錫杖が出来上る, おいた鍋墨をその, おいた鍍金の時計, おいたのおきよう, おいたを抜き取る, おいただけが残っ, おいたがあった, おいたにそれ, おいた長押の槍, おいた門下の四高足, おいた門札をかけ返す, おいた門番や守衛, おいたに世の中, おいた間道を縫い, おいた防塞だろうが, おいた限界を突破, おいた陳倉の城, おいた陸中南部の出来事, おいた隠密が露見, おいた隣家の洋食屋, おいた隣座敷の男, おいた雉子の話, おいた雑誌や書物, おいたを掘り出し, おいた雪舟がいつか, おいた電灯を捻りました, おいた電話のこと多賀ちゃん, おいたものや, おいた青いおはじきも, おいた青天白日旗を自動車, おいた青銅仮面をひらく, おいた青黒い病人じみた, おいた青龍刀をとる, おいたを悟った, おいた非常袋を掴む, おいたは持ち帰られました, おいたです, おいた頭巾を取り上げ, おいた頼みを, おいた風呂敷づつみを斜めに背負い, おいた風景を尻, おいた風習の国, おいた風船球がなかっ, おいた飛脚どもはどう, おいた飛行具を身, おいた食事を摂った, おいた飯島好造という青年, おいた飲食店の男, おいた飼犬がけたたましく, おいた餉台の横, おいたをつけ, おいた馬岱を再び, おいた馬車に乗っ, おいたのはんた, おいた駒平の知合, おいたの方, おいた騎士物語の一部, おいた高札をひき抜い, おいた髪結が来た, おいたの帝族, おいた魏延です, おいたに塩, おいた鰹節と池田さん, おいただ, おいた鳥喰のほう, おいた鳴子が水欄, おいた鶴嘴を持出す, おいた麻衣を著, おいた黄母衣以下の先頭, おいた黄色い内側を, おいた黒奉書の袷一枚, おいた黒田殿の嫡子松千代