青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おく~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おかあさん~ ~おかげ おかげ~ ~おかしい おかしい~ おかしな~ おかみ~ おき~ ~おきたい ~おく
おく~
~おくれ おくれ~ ~おけ おけ~ ~おし おし~ ~おしまい おしまい~ おじいさん~ おじさん~

「おく~」 7065, 76ppm, 1477位

▼ おく~ (1078, 15.3%)

291 なさい 189 なせえ 72 なさいよ 66 なさいまし 2423 なせえまし 22 なさいな 15 だよ 12 なん 11 だね, なさいと, なせい 7 ですよ, なすって 6 です, なさいましよ, なさえ, なせえやし, なはれ 5 だな, なさいね, なされ, なすった, なせえましよ 4 だった, なさ, なさるな, なせえな, なまし 3 だぜ, だと, なさいますか, なさい旦那, なさい私, なさえよ, なさるか, なせえと, なね

2 [16件] じゃなかった, だからな, だが, でしょう, ですか, ですね, なさいこう, なさいこの, なさいますまい, なさいませんか, なさいよう, なさいッ, なさい今, なさるから, なすってね, なましよ

1 [183件] じゃ, じゃから, じゃったなあ, じゃない, だから, だけど, だそうそう, だその, だぞ, だったけれど, だったと, だったな, だったね, だったのに, だったのにと, だという, だろうな, だわ, だわねえ, だ幾ら, でございます, でしょうか, ですから, ですからね, ですが, ですがねえ, ですぜ, ですと, ですな, ですなあ, ですの, なえ田舎珍, なさいあれ, なさいいや, なさいお, なさいお前さん, なさいお母さん, なさいお腹, なさいきっと, なさいこりゃあ, なさいこれ, なさいずいぶん, なさいその, なさいでないと, なさいでも, なさいとな, なさいとも, なさいどうして, なさいどうも, なさいなんて, なさいはははは, なさいましあの, なさいましこれ, なさいましさ, なさいましさっき, なさいましその, なさいました其の, なさいましだ, なさいましという, なさいましとてもとても, なさいましとも, なさいましどなた様, なさいましもうこ, なさいましわし, なさいましわしゃ, なさいまし二本差, なさいまし出世, なさいまし助けて, なさいまし寒くっ, なさいまし水車, なさいまし私, なさいますな, なさいますまいか, なさいませ, なさいませんと, なさいもし, なさいやし, なさいよと, なさいヨ, なさい三八さん, なさい三四人手分け, なさい与八さん, なさい世間, なさい世間ぢ, なさい五八マア此方, なさい今日一日, なさい今晩, なさい何しろ, なさい傘屋, なさい先立ちますまた, なさい実は, なさい後ろ, なさい御, なさい御免, なさい急いじゃ, なさい戸外, なさい文七親分, なさい最う, なさい櫓臍, なさい気, なさい真個, なさい私ゃ, なさい若し, なさい裸体, なさい親分, なさい親父, なさい許して, なさい銭形, なさい黙って, なさったまあ, なさった上, なさら, なさらない, なさらなかったと, なさらなかったという, なさらなきゃア私ども, なさらなけりゃア, なさらねえか, なさらねえもの, なさらア, なさりまし, なさりゃどんなに, なさりゃァ, なさりゃア, なさりゃ千人力, なさりゃ日本橋, なさる, なさるかい, なさるだかね, なさるだろうと, なさるならどんな, なさるなら願, なさるに, なさるの, なさるので, なさるのでが, なさるまいか, なさるめ, なさるもの, なさるやう, なさるん, なさる御, なさる文楽師匠, なさる旦那, なさる有難い, なさる此, なさる気, なされた, なされや, なさんしと, なさんしょう, なし, なしゃいと, なすったお, なすったお嬢さん, なすったし, なすったそういう, なすったその, なすったでしょうか, なすったの, なすったは, なすったよ, なすったり, なすった多分, なすった姑, なすっちゃ, なすつた恩, なせえましたん, なせえました此間, なせえました私イ, なせえまし後生, なせエ, なは, なはる御新さん, なはれば, なましいう事, なましよね, なますな, なよ, なれ, なんしょ, なハイ, や

▼ おく~ (847, 12.0%)

5247 である 45 です 18 ほうへ 12 だと 11 は惜しい 10 だよ 9 では 8 はよく 7 がいい, が一番, だが, ですか 6 か, さ, じゃ, だった, であります, ですが, はもったいない, よ 5 だから, だろう, であるが

4 [11件] がよい, が必要, でした, と同じ, はいい, は勿体ない, は此後, ほかは, もむだ, もよい, も無駄

3 [21件] おくの, かね, がこの, が何より, が習慣, だそう, でございます, でしょう, でなければ, は, はおしい, はその, はよろしく, は勿体, は将来, は気の毒, ほうの, もいい, も何, をすっかり, 方から

2 [42件] がいちばん, がお, がよろしく, が便利, が妥当, が定法, が宜, が家, が少し, が常識, が普通, が本当, が習い, が順序, だけれども, だぞ, だったが, であった, でございますから, ですな, ですね, ですよ, はいや, はかえって, はこの, はわし, は不安, は勿體, は可哀そう, は彼, は心配, は気, は誰, ほうに, もあながち, もこの, ももったいない, も後学, も悪く, も決して, を忘れ, 方に

1 [353件] おくで大きな, おくの手, おく山猿, おすがた, かい, かうん, かた, かときい, かとをかし, かと小使たち, かと武士, かねえ, かまるで, かみんなあなた様, かも知れない, かも知れません, があたりまえ, がい, がいけない, がいちばん安全, がおっかなく, がくせ, がここ, がじゃま, がすき, がその道, がなんと, がはばかられる, がむかし, がもったいない, がよかっ, がよろしい, が一等効き目, が三十年越し, が上分別, が下々, が不安, が不都合, が事, が仕事, が何, が何かと, が例, が先, が内々, が勝ち, が勝負, が北条家, が双方, が古語, が唯一, が多い, が天, が好き, が子供, が将来, が尊氏, が小, が常, が店代々, が彼奴ら, が情, が惜しい, が慣い, が所司代番所, が旅, が最も, が正当, が残念, が比較的, が気の毒, が無上, が生贄, が癪, が私, が穏当, が第, が精一ぱい, が肝腎, が自分, が至當, が良策, が葉子, が話し出します, が論議, が負っ, が身軽, が附い, くらい穴, ご殿, さえ心得, じゃぞ, じゃとッ, じゃな, すみに, だくらいの, だったとも, だってたいてい, だつたかしら, だという, だな, だね, だろうか, であったから, であったと, であったのに, であって, でありまして, であるか, であろう, であろうか, でございました, でございますあちら, でございますか, でございますが, でございますよ, でござったのに, でしたが, でしょうか, ですから, ですほんの, でないこと, とて若き, とに忙, と云う, と申す, なれば, にさえ蓄髪願, にと云った, になぜ, には名越, には惜しい, に使う, に大, に安泰, に相応しい, に都合, ね, の貞, はあなた, はあぶない, はあんまり, はいけない, はいまわしい, はおかしい, はおもしろい, はお前, はかの, はかわいそう, はけっして, はこれ, はする, はそ, はそこ, はたいへん, はつまらない, はと野, はどう, はどういう, はなん, はほんとに, はまことに, はまずい, はまったく, はまるで, はむだ, はむやみ, はめんどう, はやはり, はわからない, はわが家, はわたし, はわれわれ, はをしい, はエムデン, はモッタイ, はワケ, は一つ, は一体, は一歳, は一生懸命, は一番確, は不, は不安心, は不用心, は人間, は今に, は何, は何となく, は何とも, は何ん, は何事, は働く, は僕, は元来間違い, は公平, は切手, は前, は剣呑, は危険, は古物保存, は吾, は味, は国賊, は夜, は夫茂之助, は妥当, は嫌, は宝, は家, は少し, は工學士, は市民たる, は平気, は年齢二十七, は広い, は当家, は当流, は当然, は心許ない, は必ずしも, は悪く, は悲しい, は惜しみ, は慎重, は手探り, は手紙, は文筆業者, は母, は気がかり, は無用, は無益, は無駄, は珍しい, は田地, は當然, は白身, は真, は真に, は確, は私, は私達, は絶命, は考え抜いた, は自分, は船中, は苟且, は若, は蛇, は見る, は親, は財, は資本, は賢明, は辻褄, は門, は非常, は面倒, は頼まれなく, は風儀, は食糧増産, ひろいあな, べンチ, ほうから, ほうへの, ほうを, ほそみち, ほそ道, まに, まへ, もいつか, もかえって, もしいて, もせめて, もそれら, もつまり, もどう, もまた, もまったく, ももっとも, もやましい, もよから, もよかろ, もよろしく, もわるく, も不安心, も今夜かぎり, も兵法, も勝手, も勿体ない, も却って, も学問, も容易, も平和冥加, も心苦しい, も心配, も必ずしも, も思い残さぬ, も悪い, も惜しい, も惜しかっ, も新, も本意, も業腹, も気の毒, も源十郎, も無事, も無用, も無益, も男らしい, も癪, も第三者, も良かろ, も足手, も身勝手, も軽率, も面白かっ, や茂之助, をかえって, を今, を危険, を好い, を常, を忘れちまった, を忘れなかった, を忘れなかつた, を怖, を承知, を拾っ, を根, を男らしく, を罪深く, を見, を見る, を許し, を適当, を黒木博士, 古寺, 小さな家, 広い場所, 広い洞窟, 惜しいと, 方には, 方は, 方へ, 方まで, 方を, 暗いへや, 木ぶかい所, 白い服, 部屋には, 郭から, 雲わく

▼ おくこと~ (782, 11.1%)

37 にした, にする 22 が必要, にしよう 15 がある 14 にし 1312 ができる, にしました 10 である, です, はない 9 が出来る, が大切 8 ができない, はできない, は出来ない 6 にきめた, になっ, は決して 5 とする, になった 4 ができ, ができた, ができなかった, では, にしましょう, はできなかった, もできない

3 [22件] ができず, ができれ, が出来ない, が多かっ, が肝腎, が肝要, だな, であらう, によって私, に決心, の出来ない, は, はこの, はできません, はできん, は不安, は彼, は必要, もあながち, もできる, も出来る, を忘れ

2 [27件] がよく, が出来た, が出来なかった, が絶対, だよ, ですよ, とした, としよう, にいたします, になる, にもなる, によつて, のできる, はできた, はむずかしい, は出来なかった, は出来ません, は必ずしも, は気がかり, もこの, もまた, も忘れなかった, をおこたっ, を忘れた, を忘れない, を忘れなかった, を教え

1 [350件] あたわず, あるかな, いわゆる基礎付け, かもしれません, からいおう, からし, からずるく, が, があらゆる, がありました, がありましょう, があります, がいちばん, がお前, がこれから, がその, がそれ, ができたでしょう, ができたら, ができないなら, ができなくなった, ができます, ができるだろう, がなぜ, がなん, がまだ, がみんな, がもう, がより, が不可能, が二人, が何, が何時, が俳諧史, が先, が出来たら, が出来ぬ, が出来ませんでした, が出来るであろう, が初期以来, が力, が古典研究, が団子, が困難, が堪えられない, が多, が大事, が大嫌い, が大臣, が少なかっ, が幸い, が役だつ, が役人たち, が心残り, が是非, が是非共必要, が有益, が望ましい, が極めて, が気, が漁場, が絶対必要, が考え, が考えつけられた, が肝心, が苦しい, が適当, こそ必要, こそ批難, さ, さえある, さえ出来ない, じゃ, すらし, そして私的, だあんな, だけでございます, だけで足らない, だけをいつも, だぞ, だって不可能, だと, だろうそして, だわね, であった少なくとも, であなた, であり第, であると, であろう, ですが, ですな, ですね, です又, で一人前, で又, で煩悶, で自身, として, として少なくとも, として散髪屋, とそれから, となっ, となった, なく, なくこれ, なくしかし, なくたとえば, なし, などもある, などをお, なんか出来る, に, にあった, にいたす, にきめ, にしたい, にしたいです, にしまし, にします, にしませう, について問題, にとどめ, にとりきめた, になつて, になりました, になるだろう, にのみ汲々, にまたは, によって人間, によって他国, によって夜中, によって説得, によって逆, によって顧客教育, に不満, に不都合, に中, に何等, に定められ, に成立, に我慢, に最初, に止めたい, に決めた, に異論, に自分, に致し, に致しました, に馴らされ, のある, のできた, のできない, のできなかった, のできぬ, のない, のほう, のむだ, のよう, の出来る, の利, の危険, の必要, の苦痛, の責任, はあなた方, はあの, はある, はあんまり, はいい, はいう, はいつ, はいろいろ, はうそ, はかね, はかわいそう, はこれ, はございませぬ, はしばしば, はたいへんけっこう, はただ, はちょっと, はできぬ, はできませぬ, はどう, はどの, はどんなに, はなかっ, はならない, はならねえ, はなんとなく, はむちゃ, はむろん, はやはり, はよく, はわが国百万, はアウネスト・ブラドンことジョウジ・ジョセフ・スミス, はトルコ, は一生, は一身, は不, は不可能, は不正, は事実上, は人間, は何, は何とも, は便利, は兵道家, は出来, は出来ぬ, は出来ん, は別, は勿論, は危険, は双方, は反っ, は名古屋人士, は呉, は大いに, は大事, は大切, は女王, は好き習慣, は好まない, は安心, は実に, は実子, は容易, は対関東, は将, は将来, は少し, は常に, は当然, は得策, は心配, は忘れず, は忘れなかった, は手順, は政略, は日本, は最も, は有利, は極, は歴史, は沖縄, は清吉, は無し, は犯人, は独り車夫, は現実, は由々しい, は男, は百年河清, は皆, は相, は秀吉, は私, は簡単, は絶対, は罷りなら, は聊か, は自己, は許されない, は許しません, は訳者, は身, は軍部, は酒場交際法, は野, は長火鉢, は随意, は非常, も, もあった, もあったろう, もあれ, もいう, もいくら, もしなくなった, もその, もつい, もできなかった, もできなく, もできます, もできるで, もない, もならない, もよく, も一つ, も亦, も出来なかった, も出来ません, も同じく, も味方, も大事, も安堵, も差し当, も心安立て, も忘れ, も忘れてない, も時に, も更に, も有益, も望ましい, も無用, も無駄, も相手, も禁物, も船, も誰, も黙認, やいろいろ, やらむ, よりもその, をおろそか, をお家, をことわられた, をしなかった, をその, をつい, をなぜ, をみな保身, をゆるされた, を余儀なく, を天性, を女房たち, を好んだ, を得べし, を心, を心得, を忌み, を忘れました, を怠らない, を本質的, を止められた, を決して, を申し出た, を考えついたらしかった, を考える, を考へ, を許さなかった, を許さなかつた, を許されないだろう, を許可, を運, を避けた, 並びにその, 受け取った郵便物, 相成らぬとの

▼ おく~ (673, 9.5%)

6 しよう, 右門は 5 私は 4 いい, いいね 3 こんどは, すぐに, すれば, それが, 静かに

2 [32件] いう, いうに, いそいで, いつて, これからも, その人, まことに右門流, まるで逃げる, サイソクが, 一年過ぎ, 云って, 人民は, 何も, 兄たちのと, 又その, 名人は, 外の, 大変な, 彼は, 水分が, 氷が, 畝の, 私の, 答えて, 紙が, 翌日は, 肉が, 自然と, 言ふ, 誰も, 警官の, 鉄は

1 [569件 抜粋] あいつは, あっさり云え, あとが, あとに, あの哀れ, ある支那通, ある秋, いいかと, いいがね, いいぜ, いいその, いいと, いいな, いいのこして, いいました, いいよ, いいわ, いいわね, いいん, いうほどの, いかさま加賀百万石, いきなり両手, いくらかずつ, いざとなつて山野, いずれの, いずれ姉, いって, いつか自然に, いつしか食, いつのまにか母, いつの間にか遊び, いつまでも, いふ程度の, うつ伏せに, おかね, おさや, おしまいには, おっかねえ, おっしゃったあれ, おなじく, おまへの, おもひどほり, お嫁, お客は, お師匠様, かえって生長, かつて自分, かならず雨, きっとなに, きっと人, きょう返事来ました, きりのね, きれいに, くるくる, けっして行く気づかい, こういう堀, こちらからは, このままラッサ, この後, この様子, この次, これからさき憎まれますまい, さあ伝六ッ, さう, さきざきどんな怖, さっさと表, さっさと部屋, さっさと門, さらさらと, さらに駆けつけさせた, さわやかに, ざぶりと波を, しこしこのみが, しずかに, しばしば本来, しましょう, しませう, しようそれ, じきにおなか, すぐ, すぐまた, すぐ夜中, すぐ身支度, すたすたと, すっかり調和, すばやく紙入れ, する, すると, するも, する先, ずいとはいっ, ずばりしかりつけました, せっかく生長, そういう性質, そう変化, そう言っ, そこだけは, そっと仲居, そのままで, そのままどこ, そのまま外, そのまま客間, そのまま弛ん, その一つ, その上, その中, その場, その娘, その年, その手, その方, その日, その晩, その温気, その糸筋, その自分, その色, その語気, それだけで, それへ, それを, そんな事, そんな精神病的傾向, そんな面, そッと, たぶん職人, たんすの, だんだん不, ちょうどいい, とかく立ち枯れ, とんだ目, とんぼでも, どうしてもやはり頭, どうしても二割, どうせ虫, どんな下手, どんな名馬, なおること, なにかはじまり, なにぶんにも, なにより, なんとか味, ぬっと歩み寄っ, のっしのっしと, のっそり立, はたして彼女, はらわたまで, ひとに, ひとりで, ひと夏, ひと足先に, ひらりと, ふたりは, ふり返り, ぺったり長襦袢, ほとんど加わる, まがった人, まがった者, まことにどうもいい, まことに見事, まずなに, まず第, またいつも, またぞろその, またも天上, また安さん, また草香流, まだいう, まだこれからだって, まだよかっ, まっしぐらに, まるで子供, みえる, みんな朝から, むっつりとして, もうかるん, もうそこ, もう取り返し, もしや和女, ものを, やがての, やがて街娼, やがて黴, やんわりと, よい, よかった, わすれて, アクが, オレが, カラカラに, ジャガイモは, タコは, パンが, ピンと凍, マユミさんが, ローソクが, 一か月位で, 一つの, 一つ目様に, 一ヶ月目ぐらいに, 一代の, 一定の, 一年でも, 一年ばかり, 一年中使っ, 一所懸命に, 一昨々日の, 一時間半か, 一晩の, 一枚五圓か, 一種の, 一路急いだ, 一週間眠り続ける, 万事一目瞭然で, 三日目の, 上手に, 不便です, 不意に, 不意の, 世の中に, 中の, 事足りた, 二三年の, 二三日で, 二三日は, 二三日目か, 二三時間で, 二人で, 二人とも, 二月は, 二町ほどの, 云うの, 云う手, 云う日本, 云ったが, 云ったそう, 云ふ, 互ひ, 五十三次名うての, 五日も, 京弥の, 京弥を, 人の, 今夜にも, 今虱が, 他日意外な役に立つ, 件の, 伊呂波四十八文字を, 伝あにいが, 伝六の, 何か, 何の, 何は, 何時でも, 何時と, 何時までも, 使い切れないほど, 例えばゴミとりさん, 便利な, 倍にも, 傍らを, 先の, 兎の, 入用の, 全部白熱し, 八丁堀の, 六松の, 冬は, 冬中煖房の, 冷感が, 凛とし, 凝結らない, 切口から, 別間に, 前後が, 動けなくなって, 化膿し, 北南風が, 双方とも, 台所の, 叱られると, 同じでございます, 同じわけ, 同一で, 同時に日本農民組合, 同苦坊, 向こうは, 味が, 喰うたお客, 嘔きたくなる, 嘘に, 四日や, 四時間くらいは, 困りきった顔, 固まりません, 声を, 夏痩せぬまじ, 夏蜜柑ほどの, 外からは, 夜分に, 大刀を, 大抵の, 大抵半年, 大蛇に, 大阪の, 太い棒, 奇怪な, 女の, 女房は, 奴さん散歩の, 妻の, 始終剥げ, 娘は, 子を, 孑孑が, 孔明は, 実に何, 宮崎県の, 将来つごう, 小さい鏡, 小屋の, 少しくらい, 少時する, 屹度味が, 峠なし, 巻紙が, 平安です, 年々生じ, 年々能く, 幾分粘膜, 広い額, 座頭は, 当分厄介は, 当日五ツ半, 彼らに, 彼女は, 往々に, 後々まで, 後々何かに, 後々御利益が, 後で見る, 後に, 後味を, 得て, 心を, 忽ち露見, 思うか, 急に, 感心した, 慌てて, 懐剣ぬい, 成ると, 手も, 手を, 手頃の, 教育上悪い, 数年後には, 数時間半日でも, 料理に, 日本の, 早いもの, 明智は, 春が, 昨年松江の, 時々私, 晩まで, 東京の, 林檎の, 果たしてその後, 柔に, 構造が, 横丁の, 次の, 死骸の, 母親には, 毎年その, 毎晩寝, 毛が, 毛と, 気味の, 水ぎれに, 決して土竜, 河内介が, 油が, 治郎吉は, 注ぎ込む月, 海綿の, 海綿は, 満潮に, 濃い靄, 火が, 火に, 火口底において, 無能な, 無電技士が, 焼き枯らしと, 焼けて, 熊は, 父さんが, 片一方の, 物事が, 瓜の, 甚だ記憶, 畑の, 畳に, 疾風の, 癇が, 癖に, 発狂する, 白く固まります, 直き, 直ぐに帰りました, 眠さ, 眼の, 瞬く内, 知らず識ら, 石の, 砂や, 秀吉は, 秋に, 秋田ブキが, 立ったまま, 童子が, 第一あれこれ, 箱の, 精神的にも, 継母だ, 緑青毒が, 線路ご, 縁起が, 繰り返し云, 羊は, 翌年の, 翌年も, 翌朝に, 翌朝は, 老人は, 老獪な, 老神主, 腹膜を, 自分も, 自若と, 自身のて, 自身は, 船が, 色の, 芯が, 花が, 芽が, 若い男女, 苺の, 茎から, 茶の間より, 菓物の, 華麗善美を, 蒸れるよう, 虫が, 虫除けや, 蠅が, 蠅の, 蠅は, 袋の, 西洋諸国の, 見るほどぞ, 見る人, 角板の, 言った, 言って, 誤魔化されますよ, 誰にでも, 請合怪我人ぐらいは, 警察の, 警部は, 財産を, 賊は, 走るよう, 返事, 返事を, 退屈男は, 通りがかりの, 遠くへ, 鉄分が, 鋭く烱, 鍋の, 鏡にも, 長く保ちます, 間もなく秋川家, 関節の, 険難だ, 雨で, 雷が, 露八は, 非常に, 面白い, 願い事が, 風船虫が, 首すじの, 黒は, 黙山, 鼠も

▼ おく~ (518, 7.3%)

58 いい 43 よい 14 私は 11 よかろう 10 これは 8 僕は, 彼は 6 私が 5 いいと, いいよ, よいぞ, よろしい, 私の 3 おれは, わしは, 俺は

2 [15件] いいぜ, いいや, おまえは, これらの, それは, どんなこと, よいそして, よいと, よからう, よろしいと, 君は, 君も, 大次, 自分は, 長島と

1 [296件] あいつは, あたりまえな, あっしの, あとで, あなたは, あの妹娘, あるん, ある種, いいさ, いいそれから, いいぞ, いいだろう, いいとか, いいとって, いいん, いい快活, いい江戸, いかに如才, いつかも, いつもの, いやしくも蝉, ええ, ええぞ, おそらくそれ, おほ, おめ, およそ答弁, おれが, お前さんが, お前さんに, お前に, お前の, お前は, お島, けっしてこの, こういう事, こう見え, ここで, ここには, ここは, このたび, このジャンガラ星, この事, この仕事, この作品, この場合, この大波, この宗派, この山, この平和, この手紙, この探偵事実談, この時, この書物, この第六感, この趣向, この辺, この電話, この頃, この食養生, これからは, これからはね, これと, これまで, これを, これ等の, こんな風, ごとき今日, ごとくて, さびしくなっ, して, すくなくとも表面, すべて富豪といふ, そういう彼, そういった才, そう右, そのかわり物, そのとき私, その実験, その晩以来, その晩暖炉, その独楽貴殿, その芸者, その頃, ただ知人, たもつ, たれかが, ですが, とにかく人間, どうか二度と僕, どうか悪しからず今日, なおその, のちにと, ひょっとする, ひろ子は, ふたつの, ほんとうの, まあ当分, まず無難, もうこの, もし僕, もし劉禅, もし君, もっと根本的, ものは, ものも, よいもっとも, よい嫁, よい暫らく, よい相対, よい首, よかろふと, よけいな, よし, よろしいの, よろしいのう, よろしからう, よろしかろう, よろしく候, わしの, わたしが, わたしの, わたしは, わたしゃついぞ, われわれの, われわれは, われわれ日本人は, アメリカでは, アメリカの, アリョーシャは, イワン, オアズケは, オジヤを, オスは, コミンテルンは, ジェソップ氏は, ソヴェト同盟では, チェーホフの, テックス張りの, ディーニュの, パクつい, フョードル・パーヴロヴィッチは, マリユスと, マリユスは, マルクス主義文学といふ, リンカンが, ロロー殿下の, 一時間以前に, 一番巧みな, 一番手堅い, 一體史實なんと, 万一支那兵, 三島君は, 上の, 上田博士も, 上部の, 世に落語家, 世間では, 世間を, 予は, 井深君の, 今度の, 今度洋行を, 今後は, 今日ここに, 今日の, 今日は, 今晩は, 今話す, 以後気を, 以後無礼な, 何も, 何よりだ, 健吉さんが, 僕が, 僕には, 僕らは, 元来食物, 兎に, 六七尋の, 再び前線, 出て, 前の, 前夜犯人を, 勝田氏も, 博多二輪加の, 友吉おやじは, 叔父の, 古代に, 司法省の, 吉本系の, 君達の, 吾儕は, 唄う唄うと, 図体は, 変な, 大宅氏は, 女が, 女といふ, 女の, 女囚は, 女子供を, 女気は, 好い真実, 好からふ, 学校教員といふ, 安定郡の, 宜い, 家主は, 小林氏は, 当時アリョーシャは, 彼の, 後できみたち, 御得心, 心にも, 快天王, 急には, 怪我など, 恋という, 愚かな, 戦いの, 戦前は, 戦国多事の, 批評も, 拙者は, 捲きを, 数年まえ, 方言の, 早いか, 暴徒らは, 杉の, 村尾は, 東京で, 柚子さんは, 橋を, 正倉院, 此れ, 此間, 比島には, 気に, 法律の, 泣き出したの, 洗礼名の, 洲崎の, 浦粕時代の, 深いし, 深田久弥氏に, 物価が, 獄に, 王さまの, 現在の, 画家など, 発音の, 皆の, 目下の, 短歌の, 祖父の, 私を, 私自身としては, 立廻り役者の, 篇中の, 米一升に, 紙帳の, 素麺の, 翁は, 翌日新聞フィガロは, 背後を, 至当だ, 至当であろう, 芸者の, 荒木も, 藷焼酎だ, 虚無主義の, 蟷螂は, 西園寺侯の, 要するに, 要するにわれわれヤマ族, 詐欺の, 語根名詞説が, 調所笑左の, 諸君が, 諸君の, 警視庁の, 貴方は, 起訴前の, 近頃我が, 逆説的饒舌家が, 道江は, 金策に, 銀行に, 震災後の, 鞄は, 食べて, 髪の, 鶴彌, 鼻垂先生と

▼ おく必要~ (284, 4.0%)

182 がある 15 があった 7 があります, があろう 5 のある, を感ずる 4 はない, もある 3 があり, がない, を感じた 2 があったろう, があらう, がありましょう, があるだらう, があるだろう, に迫られた, はあります, を力説

1 [30件] からであった, から市内, があっ, があつ, がありました, があるであろう, があるでしょう, がお, がぜひとも, がなくなっ, がなくなった, が不可欠, が大いに, ないわ, のため, は吾, は大いに, は少し, もあり, もあるでしょう, もあろう, も無, をみとめた, を忘れ, を感じ, を感じる, を有, を見る, を覚えた, を認めます

▼ おくよう~ (157, 2.2%)

149 なもの 6 になった 5 になっ 4 にし 3 では, なこと, にした, に命じ 2 な人, にする, になる, に命じた

1 [99件] お命じ, この有村, だ, であります, である, でと, な, ないや, なもん, なら持たないに, な仕事, な処, な場合, な変わったかん, な夫婦, な女, な始末, な悪い, な暇, な望み, な様子, な気, な気もち, な無用, な真似, な細工, な要領, な計略, な連絡, な顔, な馬鹿馬鹿しい, にいたせ, にいたそう, にいっ, にいつ, にしたら, にしなく, にしなけれ, にしまし, にしました, にでもすれ, にといっ, にとお, にときびしく, にとのお, にとのこの, にとふだん, にと命じられた, にと命ぜられた, にと命令, にと女中, にと家来, にと幕, にと念, にと私, にと言っ, にと言った, にと頼ん, になりました, になります, にね, にまた, に云われました, に人, に仰云った, に伸子, に使い, に兵馬, に冷たかっ, に助け, に努め, に努める, に厳命, に国家, に大きく, に夫人, に宿, に小間物屋, に心, に思われ, に指切りげんまん, に提議, に教えました, に書き残した, に申しつけ, に申し付けまし, に知らせ, に要, に言いつけ, に言いつけた, に言いつけとい, に言いふくめ, に言い残し, に言われました, に説い, に道太, に門番, に頼む, 云って

▼ おくという~ (135, 1.9%)

15 ことは 12 ような 6 ことが, のは 5 ことに 4 のが 3 ことの, わけには 2 ことで, のも, ように

1 [75件] おもしろい習慣, こと, ことだった, ことでしょう, こととは, ことな, ことも, ところに, のか, のさえ, はかりごと, ふうだった, わけでしょう, わけな, イタマシサについてね, トリックが, リヴジー先生の, 事が, 事である, 事も, 作戦上の, 便法を, 効果を, 厄介者な, 取りきめが, 名義で, 場処を, 大構想, 奴です, 好条件であった, 工合でした, 工合に, 式の, 心懸け, 心持も, 性です, 意味を, 態度であった, 手である, 手も, 手配を, 投げやりな, 挨拶で, 政府には, 政略も, 新手が, 方法である, 早業が, 条件で, 法が, 消息であった, 点で, 現象への, 用心を, 用心深いの, 由来については, 着想である, 私たちの, 秘密を, 程度の, 種類の, 笑い話が, 考え方は, 自然の, 草に, 落武者の, 表情を, 評判の, 連合国側の, 限度が, 顔を, 風である, 風でも, 風な, 風習が

▼ おくがた~ (121, 1.7%)

10 のお 3 の御, へお, をおす 2 のおこ, のこと, の御殿, はその, は夫, も, もそこ

1 [88件] から, がお, がせつかれる, がそれ, がどう, がふた, が又, が御, が松, が清洲, でもやはり, と一つ, と申されます, にあまりに, にあわせる, にお, にのぞみ, にはいたっ, にはお, には閑静, に懸想, に死なれ, のうらみ, のおん, のおんこ, のおん身, のため, の取りあい, の御せん, の御前, の気, の知りあい, の袖, は, はおい, はおん兄君, はきよすより, はこちら, はことに, はこんな, はしとねの, はしょろうと, はじめ三人も, はた, はちょうど, はどう, はどの, ははら, はひと, はもう, はもの, は三十路, は二じゅう, は二十, は伯母御, は惜しい, は料紙, は最初, は此, は武門, は琴, は申す, は紅, は義理, は花さく春, は香, へだ, もいつ, もお, も久々, も御, も日々, も浅井家, やお, やひめ, やほか, や義理, をいけどり, をうけとる, をうばい取る, をおもらいなされ, をたよっ, をてき, をとひそか, をぬすみ出そう, をひでよし, をむざ, をわが

▼ おくわけ~ (106, 1.5%)

10 にはゆかない 8 にはいかない 6 にもいかない 5 にいかない, にはいきません 4 にはゆくまい, には行かない 3 がない, にゆかない, はない 2 です, にはいきませんでした, にはゆかぬ, にはゆきません, にもゆかない, にもゆきません, にも行かない, にゆかぬ, に行かない

1 [37件] じゃ, じゃが, だ, だが, である, ですから, でも, なの, にいかなかった, にいかぬ, にはいかないだらう, にはいかなくなった, にはいかん, にはまいらぬ, にはまいりません, にはゆかなかった, にはゆかん, には参らないで, には参りませぬ, には行く, にもいかず, にもいきません, にもゆかぬ, にもゆかん, にも参らぬ, にも参りません, にも往かない, にも行かず, にゃいかない, にやいかねえ, にゆかなかった, にゆくまい, に参りません, に行かねえ, に行かん, に行きません, はありません

▼ おく~ (106, 1.5%)

23 がいい 6 がい 5 がよい, が便利 3 がよろしい, が便宜, が得策 2 がどの, がまし, がよ, が却って, が好都合, が都合

1 [46件] がいちばん, がけっく, がすべて, がどれ, がなにか, がはるか, がもっとも, がよう, がよかつ, がよかろ, がよく, がより, がよろしから, が何だか, が何より, が何分, が僕, が写生的, が利益, が勝手, が好い, が安全, が実際, が延びる, が彼等, が得, が心丈夫, が忘れ, が惶, が所謂仕合わせ, が有毒細菌, が正しい, が無事, が相手, が確実, が私, が肝要, が自分, が自然, が良, が親, が親切, が身体, が適当, だった, の一人

▼ おくから~ (98, 1.4%)

3 である 2 いい, だ, わたしを, 心配する

1 [87件] あいすん, あしたもう, あんな女, いけないので, いつまでも, いろいろ不祥, かけど, かまわないと, きっと見つめ, こえを, こどもの, この琵琶湖, こんなこと, さつ, そう思え, その上, その人, それならいい, それまで, であるという, であろう, でした, です, で警察, とびだして, なにか, ぴやぴやした声が, ふたりの, まかり間違って, もつと, よいよう, よく気, わるいじゃ, キッチリ四十ミニュート, シロと, リンの, 一日も, 万が一にも, 万事ぬかり, 乃公が, 今の, 余人は, 八幡丸を, 受取って, 君の, 夜にでも, 大ぜ, 姉さん安心し, 安心し, 宣城を, 尊公も, 小茶ちゃん, 巧くやっ, 弟の, 弦之, 後に, 御苦労だ, 怪物の, 恐ろしい目, 持って, 掘り起して, 時には彼ら, 月賦で, 朝太郎お前夜ふけに, 朝奉行所へ, 来いと, 来年, 正直に, 歯癢ゆく, 死んだの, 異様に, 私の, 聞え出しました, 腕の, 自分で, 落さぬよう, 西宮さんに, 買って, 走り出て, 起たずに, 酔った紛れ, 野毛山と, 雲霧の, 預って, 願わくはこれ, 飛んで, 飼馬桶を

▼ おく~ (95, 1.3%)

7 限る 6 止める 4 止めて, 限ります, 限ると 3 止めよう, 限るの 2 いるの, かぎると, しても, 如くは, 忍びない, 若くは, 足るもの, 過ぎないの, 違いない, 限るという

1 [44件] あるという, ある秘密室, ある鉄塔王国, いたつたが, いる支配人, およばん, かぎるという, しかずと, すぎない, せよ我々, とどめよう, とどめる, はずゐ, ひそませしいのち, よいもの, よしなく遂に, ニか, 何の, 及ばず戸, 及ばぬぞ, 好ましい時間, 如くはなし, 必要な, 忍びなかっ, 忍びんの, 止めた, 止めたいと, 止めなくては, 止めること, 耐えるならどうして, 象これを, 越した事, 足らず純情, 足りない, 足りないこと, 足るよう, 過ぎない, 過ぎないという, 過ぎなかった, 限りますよ, 限るて, 限るといふ, 限るな, 限るん

▼ おくさん~ (94, 1.3%)

3 がお, の美代子さん 2 の方, の部屋

1 [84件] が, があつ, があぶない, がある, がおまえ, がすこし, が出, が台所, が女中さん, が字, が家来, が御, が旧, って文代, って美しい, でしたか, では, でも, で召使, と仲良く, と女中, と話, と赤ちゃん, にあわなかっただろう, にお, にさようなら, にし, にたのん, になっ, になってる, になんて, になんと, にもその, にも女中, にアドレス, のお, のこと, のねえさん, のよう, のクニッペル, の事, の体, の名, の妹, の寝室, の案内, の正式招待状, の留守, の話, の身, の顔, は, はいつ, はいつも, はご, はその, はたいそう, はどちら, はぼうし, はまだ, はわたし, はヴヴェー, は女中, は日本服, は狂人, は終日床, は重態, は長い, もあり, もきの, も女中, も子ども, や女中さん, や小, を, をそんけいし, をたすけだし, をつれだす, をどこ, をのせ, をひとり, をみつけだした, を今度, を探し出し

▼ おくもの~ (88, 1.2%)

2664 ですか 3 だから, である, ですが, では 2 がある, だと, よ

1 [34件] あり他, かい, かと, かと云, かと出掛けた, かと少年, かと心, かなんて, かよっ, があろう, さ, さあ, じゃな, じゃない, ずら紅い, ぞ, だそう, だね, だよ, であるかと, でお櫃入, でご, でござるぞ, です, ですから, ときめ, として, なの, にされました, はない, もあった, らしい, を書きつけた, 或は演劇

▼ おく~ (71, 1.0%)

75 は出来ない 4 はない 3 がある, にし 2 のできない

1 [47件] あらためていう, ができたなら, ができよう, がどんなに, がよく, がチョイチョイ, が一時間, が出来ない, が出来ましょう, が出来る, が多く, が氣, が永久, が肝要, さ, であったろうと, ですよ, では, ではござりませぬ, でも, とし, とする, にある, にした, にしたいです, にしました, にする, について問題, について考へる, に致します, のできる, は出, は出来ん, は天下, は寧ろ, は記録, もきょう二人, もできない, もぬかり, もむだ, も出来る, も考えないで, や土蔵, を忘れない, を怠らなく, を考える, 更になし

▼ おくつもり~ (66, 0.9%)

5 です 4 だ, では, なん 3 である 2 だが, だった, だったの, だったん, だつたが, だつたの, であつ, なの

1 [30件] か, かしら, かもしれない, だったが, だったけれども, だったと, だった竹童, だね, だよ, だろう, だろうか, で, であった, であったし, であったろうと, でありまた, であるから, でい, でいる, でしたが, ですか, ですが, です机その他本棚, でそいつ, でそっと, でまた, で復一, の自分, も片便り, らしいの

▼ おくため~ (64, 0.9%)

4 であった, である 3 だった, に 2 にその

1 [48件] であったと, でした, です, でそのいわゆる, で渋沢栄一, と思っ, と読者, ならどんな, なら乾いた雑巾, なん, にいったん, にいや, におかれ, にそして, にだ, にとにかく, にはその, にはどういう, には一般に, には神さま, にふとん, にも, によっぱらい, にわざと, にスコーフレール, にマブーフ老人, に世界, に作った, に四匹, に娘, に弁護士控室, に後, に本気, に枕, に眼, に秘密, に苦労, に言, に金魚, に関東軍, の唯一, の善き, の期待, の流言, の酒, わざと三井寺, 夙に散, 弱い隣接民族

▼ おく~ (56, 0.8%)

5 はいって 4 すすんで 3 おくへと 2 あるいて, 身を

1 [40件] いきましょう, いくん, いけば, かくれるん, かけこんで, かけだしました, かけつけて, きえて, すすむほか, すすんだでしょうか, たおれこんで, どなった, にげました, ひき籠もった, ひっかえして, ひつこめ, ふかくはいっ, ほうりこんで, まよって, むかって, もぐりこんで, やってきただ, 入った, 入った高氏, 入るから, 帰ること, 来て, 源三郎ひきこまれる, 疾風の, 移されたよう, 立入ること, 行くほど, 行けば, 走りこんで, 逃げ退いた, 這入って, 通って, 進みますと, 隠遁した, 飛んで

▼ おくほう~ (56, 0.8%)

28 がいい 4 がよい 2 がよく, がよっぽど

1 [20件] がいわゆる, がずっと, がむしろ, がよかっ, がよろしい, がわるい, が万事都合, が便利, が双方, が大儀, が好都合, が得, が急務, が慎重, が早手回し, が有効, が確実, が簡単, の子供, は小言

▼ おくより~ (51, 0.7%)

8 ほかに 6 しかたが 3 仕方が, 外に, 外は 2 ほかなかっ, ほかには, ほか仕方が, 他は, 猫の

1 [18件] いいこと, いたし方は, お勝手口, ない, ほかない, ほかは, ほか今別に, ほか彼には, ほか途が, 一どきにつかつ, 仕方は, 外致方は, 役立てて, 思案が, 昼間は, 気安う存じ, 法が, 自分の

▼ おくところ~ (35, 0.5%)

2 なく尻餅

1 [33件] があっ, がいる, が出来, が家屋敷, が石, だが, だけどうやら, だそれ, だったね, であったが, なき溺れようである, なくヅブ濡れ, なく取, なく浴びせた, なく濡れ, なく眞, などそっと, なン, になる, に或は, に見る, の理由, までは行っ, も存じませぬ, も知らなかった, も鷲, よりう, らしいが, を正面, を知らざる, を知らず, を見る, 無からしめたの

▼ おくの手~ (26, 0.4%)

5 がある 2 が用意, のその, はこれ, をだし, を用意

1 [11件] がかくして, がわかった, が出る, だ, だよ, でした, をすっかり, をだそう, を出しおった, を考えついた, を考える

▼ おくだけ~ (25, 0.4%)

4 である

1 [21件] だから, だった, だと, だよ, であった, でこれ, です, でその, でそれで, では, でよかっ, で事, で僕, で捜査活動, で満足, で爪, で養父, どうした, なの, なら悪, なん

▼ おくといふ~ (24, 0.3%)

3 やうな 2 ことは, 男性の

1 [17件] ことである, ことな, そこに, のは, 上意だ, 上意に, 不経済な, 事が, 小さな四阿, 手段の, 法が, 法は, 目的の, 話は, 返事, 風で, 風に

▼ おくさま~ (23, 0.3%)

1 [23件] おそろしい電報, がお, がみなさん, が取りあっ, が御不, が早く, これからまい, その声, となつかしい, なんだかへん, にも御, によく, に一ふくろ, のお, のおおせ, のすすめ, のへや, はあなた, はどこ, はまだ, は今, へ, ぼっちゃ

▼ おくめん~ (23, 0.3%)

8 もなく 5 も無く 1 なき人柄, なき所見, なくのる, なく一つ, なく出し, なく狙う, なしに, も無い, も無き, をする

▼ おくなんて~ (22, 0.3%)

2 なんという

1 [20件] いけませんよ, いたずらも, いったいこれ, おつ, そんなこと, そんな馬鹿, たとい虎, どんな博物館, なんだかおかしい, へんです, まあどんな, 不注意にも, 云ひかねません, 何て, 卑怯千万だ, 君つまらぬ, 君と, 平地では, 狂気の, 芸当が

▼ おくつき~ (21, 0.3%)

32 に詣で

1 [16件] と思へ, に二人, に今, に変らぬ, に散らす, に詣, に跪き, に銀, のある, の砂, の道, は大, は彼処, もその, を守り申す, を往来

▼ おくつて~ (21, 0.3%)

5 ゐた

1 [16件] あるから, この一団, しまつ, そのなか, た家, もらつて, ゐましたが, ゐる, ゐること, ゐる者, 出たその, 呉れと, 呉れる次々, 来た丘, 行くの, 見せて

▼ おくだし~ (20, 0.3%)

12 になりました 3 になる 2 になっ 1 になった, にならない, になり

▼ おく~ (20, 0.3%)

4 後代算盤の

1 [16件] いままでと, げにふさ, この世の, これまた, それだけじゃ, ほの, 下策です, 不憫なり, 仏の, 何か, 即ち政道, 土の, 心外よって, 惜しいもの, 惜しきもの, 無用で

▼ おく~ (19, 0.3%)

1 [19件] あるいは逆さ, おかぬに, さもなければこれ, すべきでしたね, だ, どうか, どうかという, ないしは何, または世間, また遠く, まったくこれ, もっと手, 二つの, 光は, 六六〇に, 又は原文, 生徒を, 身に, 駒の

▼ おくので~ (19, 0.3%)

2 あつた

1 [17件] あらう, これは, ござります, だれだって, まだ羽虫, わずか三間, 卵の, 夜に, 女中達が, 彼の, 彼女は, 必ず近所, 戸外に, 私は, 米屋や, 誰よりも, 銚子の

▼ おくはず~ (18, 0.3%)

5 はない 3 がない 2 がありません, はなく 1 じゃがこの, だった, である, はありません, はござりませぬけれども, をうっかり

▼ おくには~ (17, 0.2%)

1 [17件] あまりに大切, あまりに細か, あまり幼稚, どこに, もったいないほどの, もったいない位, 事件は, 少し気, 当たらない事, 忍びない, 捨て切れぬ愛着, 本当に惜しい, 無残な, 私にとってよほどの, 絶好な, 自分の, 過分

▼ おくとして~ (16, 0.2%)

1 [16件] おかなければ, その実践, とにかく通俗作家, とりあえずその, なにしろ私, ひとつは, もしそんな, われらが, 一年半か, 作品の, 兎に, 取りあえず浅草, 同じ時代, 君は, 手前たちみんなここに, 明日は

▼ おく習慣~ (16, 0.2%)

3 があった 2 がつい, だった, だったので 1 があつ, がある, だつた, だつたので, であったという, の城塞, をつくっ

▼ おくがね~ (15, 0.2%)

1 [15件] あまり慾, お前さんたちを, お艶さん, かあさんが, ここに, この家, この話, ほんとうに, みんな学校から, 二十面相は, 俺らは, 僕今日は, 其の牝牛, 森の, 舞踏会には

▼ おくもん~ (15, 0.2%)

4 だから 2 か, だよ 1 けえッ, さね, じゃねえ, だ, だせ見たからこそ, ですから, ですよ

▼ おく~ (15, 0.2%)

1 [15件] かときいたら, がし, であったもの, でいるらしかった, ですかって, では, になつたの, にならなかつた, にならん, になりました, にはならないであろう, にはなれませんでした, にもなれない, はなく, はむろん

▼ おく~ (15, 0.2%)

5 はない 2 がなく 1 がない, だったの, です, なの, の窓, の腕車, はありますまい, もない

▼ おくだけの~ (14, 0.2%)

1 [14件] ことで, ことです, ことは, もの, 余地は, 先見の, 取り計らいさえ, 心づかいは, 手数で, 才覚が, 才覚も, 注意まで, 用心をさえ, 考えしか

▼ おく~ (14, 0.2%)

2 てらして

1 [12件] うか, のぞくと, はずかしくも, みると, むき, りには, 下りてから, 有利と, 洞察する, 示した, 窺うと, 開いて

▼ おくほか~ (13, 0.2%)

2 に手段, はない 1 あるまい, ないと, なきもの, にあるまい, にはまったく, はありませんでした, はあるまい, はなかっ, は多く

▼ おく~ (13, 0.2%)

1 [13件] がある, がまち, であったから, でも時に, というの, となった, には油断, の気持ち, はひととおり, は先づないらしい, は其, は滅多, もある

▼ おく~ (13, 0.2%)

3 にはゆかない 2 には行かぬ, にも行かない 1 さ, には参らぬ, にも行かないでしょう, にゃゆかないと, はない, はなかつた

▼ おくんなん~ (12, 0.2%)

111 した御

▼ おく次第~ (12, 0.2%)

8 である 2 です 1 であります, でございまする

▼ おくうち~ (10, 0.1%)

2 に荘園 1 にもはや, にやがて, に七月十一日, に世間, に母親, に震災, に黒味, は世

▼ おくしか~ (10, 0.1%)

5 ない 2 なかった 1 あるまいて, ないと, ない山国

▼ おくの方~ (10, 0.1%)

2 へつづい 1 へあんな, へたどっ, へつれこまれました, へとすすん, へはいっ, へ歩い, へ行っ, へ逃げ出しました

▼ おく~ (10, 0.1%)

2 よい 1 よかろう, 右同断なり, 善からう, 善かろう, 安心は, 惜しい, 肉体及び, 髯を

▼ おく場所~ (10, 0.1%)

1 ができ, がない, が困難, でなかったら洛外, としては大丈夫, との間, などはない, については最も, にも特別, もない

▼ おく~ (10, 0.1%)

1 が多く, が雇主, である, では, でも, と聞け, にても無, はない, はまず, を

▼ おくそこ~ (9, 0.1%)

4 のしれない 2 が知れない, の知れない 1 しれぬ悪知恵

▼ おくやみ~ (9, 0.1%)

2 を述べた 1 になつて, に来ました, に来られました, を流暢, を申します, を申し上げます, を述べる

▼ おく~ (8, 0.1%)

1 びんずるも, 世辞という, 君を, 延にも, 心と, 心を, 船蔵, 身の上さだめし

▼ おくとは~ (8, 0.1%)

1 いわぬ, どういうこと, どんなもの, まるでこの, 何事か, 変な, 思わなかつたよ, 藤枝も

▼ おくのさん~ (8, 0.1%)

1 が松さん, に彼, のよう, の家事, の心, は舅, を可愛がっ, 誠に御無沙汰

▼ おくの部屋~ (8, 0.1%)

1 から茶の間, から調理場, にいる, には何, にひみつ, のドア, の鏡, を出

▼ おく~ (8, 0.1%)

4 の白き 1 に, の重た, は汐, 白き桑はた

▼ おくとか~ (7, 0.1%)

1 えてしてやり, 一律に, 人糞を, 女の, 泳いで, 潜門から, 馬の

▼ おくへと~ (7, 0.1%)

1 かけこんで, これは, さそわれて, すすんで, はいって, ゆんでゆんでと, よじのぼって

▼ おくほど~ (7, 0.1%)

1 その一年中早起き, ならその, 不心得な, 大英国, 恥辱だ, 用心深かった, 竹村にたいして

▼ おくほどの~ (7, 0.1%)

1 ことで, もので, ものどもでも, 余裕は, 家を, 差配人奴の, 話ぢや

▼ おくやう~ (7, 0.1%)

1 なこと, なもの, な手数, な羽目, になつ, に心, に明晰

▼ おく~ (7, 0.1%)

1 がある, が各地, が多い, はなかっ, はまず, もあり, もあるまい

▼ おく義務~ (7, 0.1%)

4 がある 1 があった, がおれ, が私

▼ おく~ (7, 0.1%)

1 が明けがた, のけぬべく, のやう, のよう, は両, ほども知らず, をしづけ

▼ おくその~ (6, 0.1%)

1 人も, 友人の, 戸棚です, 気に, 車の, 金が

▼ おくだけに~ (6, 0.1%)

2 しよう 1 させて, 止めたいと, 留めて, 過ぎません

▼ おくなど~ (6, 0.1%)

1 すべて後日の, とにかく河内平, 愚かで, 朝来急速, 誰に, 飽くまで旺盛

▼ おくのに~ (6, 0.1%)

1 いまだにこの, この下女, この家, 気が, 越したこと, 雨戸は

▼ おくばかり~ (6, 0.1%)

2 である 1 だ, でございますが, でなくより, でなく大手

▼ おく~ (6, 0.1%)

1 なさい, なさいここら, なさいどんなに, なさいな, なさいまし, なさるもん

▼ おく価値~ (6, 0.1%)

3 がある 1 のある, はあります, を持つ

▼ おく方法~ (6, 0.1%)

1 でありましょうとは, である, はない, をおぼえ, を発明, を考えだした

▼ おくかという~ (5, 0.1%)

2 ことを 1 ことは, 気持で, 課題が

▼ おくからと~ (5, 0.1%)

1 いいますので, いう事, いつて, ごく気軽, 言って

▼ おくだけで~ (5, 0.1%)

1 たくさんだ, 乾山の, 汚さぬこと, 沢山だ, 赦された

▼ おくなどという~ (5, 0.1%)

3 ことは 1 こと私には, 理由の

▼ おく~ (5, 0.1%)

21 えか, えとさっき, かりけり

▼ おくまでの~ (5, 0.1%)

2 こと 1 ことだ, ことである, 事で

▼ おく~ (5, 0.1%)

1 いつもの, いなかの, まけふ越えて, まの, 否や

▼ おく~ (5, 0.1%)

1 は, はそれ, は一割五分, は他国, は社会生活上

▼ おく~ (5, 0.1%)

4 がある 1 もあろう

▼ おく~ (5, 0.1%)

2 があった 1 が今, の悪い, もある

▼ おく風習~ (5, 0.1%)

1 がある, がまだ, が広く, などをどうして, は一つ

▼ おくかと~ (4, 0.1%)

1 いうと, いわれたと, 云ふ, 八年前の

▼ おくけれども~ (4, 0.1%)

1 それは, 気紛れな, 私ひとりが, 足あとを

▼ おくだけでも~ (4, 0.1%)

1 ありがたいと, いけないと, 容易なる, 損が

▼ おくぶん~ (4, 0.1%)

1 にはほ, には女, には聞く, には許されなく

▼ おくまで~ (4, 0.1%)

1 ぢや, である, はいりました, 来て

▼ おくよりも~ (4, 0.1%)

1 まだずっと勿体ない, 娘自身こんなにも, 自分たちの, 賢明で

▼ おく~ (4, 0.1%)

1 ない, ないが, ない炭坑, はない

▼ おく~ (4, 0.1%)

1 がない, はべつに, も失わせ, も知らなかった

▼ おく~ (4, 0.1%)

2 はない 1 はありますまい, はあるまい

▼ おくかといふ~ (3, 0.0%)

2 ことが 1 ことに

▼ おくがの~ (3, 0.0%)

1 ふるでらの, 本位田家の, 雨空に

▼ おくくらい~ (3, 0.0%)

2 だから 1 でも

▼ おくけれど~ (3, 0.0%)

1 このこと, 会わないで, 気を

▼ おくこの~ (3, 0.0%)

1 処置は, 庭に, 現状に

▼ おくさまこれ~ (3, 0.0%)

3

▼ おくそう~ (3, 0.0%)

3

▼ おくそれ~ (3, 0.0%)

1 はいずれ先, は茲, を気付かず

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 それまでは, ジョージ, 弱気を

▼ おくとき~ (3, 0.0%)

1 のしぐさ, は必ず, は日本

▼ おくとしても~ (3, 0.0%)

1 あの仰々しい, 日蓮を, 相手の

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 はるか, はれ, はれな

▼ おくゆえ~ (3, 0.0%)

1 お身, の名, 持って

▼ おく以上~ (3, 0.0%)

1 この部屋, に身, に重要

▼ おく倉庫~ (3, 0.0%)

1 でそして, で御座るの, のやう

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 なかった, はない, はなかっ

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 の主観的, の周到, を救いだし

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 に飼っ, のほう, の奥

▼ おく~ (3, 0.0%)

2 はない 1 がしばしば

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 が多く, と直義, もあまり

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 なこの, になつ, に谷中

▼ おく権利~ (3, 0.0%)

2 がある 1 はない

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 がドンドン, で用, の量

▼ おく理由~ (3, 0.0%)

1 はなかつた, は馬, を少し

▼ おく用心~ (3, 0.0%)

1 であろう, のため, を怠った

▼ おく程度~ (3, 0.0%)

1 でいい, で全部, の代用

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 に泥, は人道, もない

▼ おく限り~ (3, 0.0%)

1 この過程, はどう, またその

▼ おく~ (3, 0.0%)

1 がし, がした, がしました

▼ おくあの~ (2, 0.0%)

1 感じで, 服折や

▼ おくおつもり~ (2, 0.0%)

1 でござるか, ですかい

▼ おくかの~ (2, 0.0%)

1 大いなるロムバルディア人, 自信が

▼ おくからには~ (2, 0.0%)

1 そんな天才, 皇室の

▼ おくがな~ (2, 0.0%)

1 あんまりノコノコ歩き廻らぬ, さきほどは

▼ おくぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ことは, 経済事情の

▼ おくけど~ (2, 0.0%)

1 そういう感傷, 戦争に

▼ おくこれ~ (2, 0.0%)

1 が上品高尚, が俳優

▼ おくこんな~ (2, 0.0%)

1 夜の, 牢屋を

▼ おくこッ~ (2, 0.0%)

1 たな, た女

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 と他, へ

▼ おくさと~ (2, 0.0%)

1 言った, 言ったきり

▼ おくせい~ (2, 0.0%)

1 だと, でもあった

▼ おくそうして~ (2, 0.0%)

1 その管, 他日また

▼ おくそれだけ~ (2, 0.0%)

1 なのね, のこと

▼ おくため足音~ (2, 0.0%)

2 を忍ばせ

▼ おくだり~ (2, 0.0%)

1 なされました, なされますこと

▼ おくつたの~ (2, 0.0%)

1 である, であるが

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 三ヵ日には, 鳴いて

▼ おくでの~ (2, 0.0%)

1 根神が, 略語と

▼ おくといった~ (2, 0.0%)

1 式の, 調子便所へは

▼ おくとかいう~ (2, 0.0%)

1 ことだけは, スペース場所としての

▼ おくとの~ (2, 0.0%)

1 たまひき, 境が

▼ おくと共に~ (2, 0.0%)

1 更に私, 正語序時代

▼ おくなあ~ (2, 0.0%)

1 ちっと解せねえ, 見るたび

▼ おくのこ~ (2, 0.0%)

2 だちの中

▼ おくのみ~ (2, 0.0%)

1 だ, であつ

▼ おくのやみ~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ おくの下~ (2, 0.0%)

2 に庭

▼ おくの客部屋~ (2, 0.0%)

1 のほう, のドア

▼ おくばり~ (2, 0.0%)

1 なされまして, になつ

▼ おくほどに~ (2, 0.0%)

1 大であろう, 御入用

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 その方, 僕は

▼ おくよりは~ (2, 0.0%)

1 ひろって, 兄の

▼ おくれい~ (2, 0.0%)

2

▼ おくわし~ (2, 0.0%)

1 の車, を

▼ おくキリスト教~ (2, 0.0%)

2 の宗教的態度

▼ おく一つ~ (2, 0.0%)

1 の手段, の条件

▼ おく一種~ (2, 0.0%)

1 の呪法, の間違い

▼ おく人間~ (2, 0.0%)

1 ならば, には程よい

▼ おく今日~ (2, 0.0%)

1 の娘心, は切り合い

▼ おく代り~ (2, 0.0%)

1 にうすく, にお

▼ おく以外~ (2, 0.0%)

2 に方法

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 です, のもの

▼ おく余裕~ (2, 0.0%)

1 もあった, もなく

▼ おく便宜~ (2, 0.0%)

1 を平生, を有し

▼ おく値打~ (2, 0.0%)

1 がある, があるだろう

▼ おく傾向~ (2, 0.0%)

1 があった, は全然

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 には他, は本当は何もかも

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 にかう, は不

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 がより, もなく

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 れ, れとい

▼ おく危険~ (2, 0.0%)

2 とほ

▼ おく商法~ (2, 0.0%)

1 の捕虜収容所, の機微

▼ おく場合~ (2, 0.0%)

1 には患者, は今

▼ おく容器~ (2, 0.0%)

1 で道具, の中

▼ おく小屋~ (2, 0.0%)

1 でした, をこしらえ

▼ おく心持~ (2, 0.0%)

1 になった, をいった

▼ おく心要~ (2, 0.0%)

1 がある, を感じる

▼ おく意味~ (2, 0.0%)

1 がある, も興味

▼ おく手段~ (2, 0.0%)

1 がもう, に愛子

▼ おく方針~ (2, 0.0%)

1 であるから, を取りました

▼ おく時間~ (2, 0.0%)

1 がない, が永い

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 がある, であった

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 な句, に云いつけた

▼ おく気持~ (2, 0.0%)

1 がわからない, になった

▼ おく深く~ (2, 0.0%)

1 進もうと, 進んだ

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 では, に御

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 には固い, の忙し

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 の態度, は旅中

▼ おく父親~ (2, 0.0%)

1 に似た, や留守

▼ おく牢人扶養~ (2, 0.0%)

2 の仕方

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 のほか, を中途半端

▼ おく状態~ (2, 0.0%)

1 である, と酷似

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 で釣殿, は明朝

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 があれ, でもありません

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 の上, の手洗

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 にわが子信豊, の御

▼ おく積り~ (2, 0.0%)

1 だ, やが

▼ おく~ (2, 0.0%)

2 になゐふる

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 なの, のこと

▼ おく約束~ (2, 0.0%)

1 をし, を無視

▼ おく納屋~ (2, 0.0%)

1 は高, らしく裏

▼ おく習わし~ (2, 0.0%)

1 がついた, は今

▼ おく考え~ (2, 0.0%)

1 だった, である

▼ おく~ (2, 0.0%)

2 して

▼ おく自分~ (2, 0.0%)

1 の修行未熟, の態度

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 であって, である

▼ おく~ (2, 0.0%)

1 ない調子, もなく

▼1* [425件]

おくあいだにすっかり, おくいい手段以外の, おくいかならんか, おくいっさいの物, おくいとまを, おくいろいろな道具, おくいわれがありましょう, おくうねりまが, おくおいしいぞ, おくお上の気, おくお姫さまが知らず, おくお礼はいずれ, おくかおかない, おくかぎりどうにも頭, おくかは家屋の, おくかもしれず, おくからという連中は, おくからとの話は, おくからなたのんだぞ, おくがいいやな, おくがたしだいのいのち, おくがねえこれは, おくがは深み思はね, おくきりなの, おくぎりでいまだかつて他, おくふうを, おくくしになり, おくくらいのもので, おくぐらいな用意, おくぐらゐが関の山である, おくけどね貴島さん, おくげさんか急, おくここにある, おくことサッコラサノサ皿になし, おくことドアをちやん, おくこと二度逢った者, おくこと婦女の身, おくこと宿直手当便所設置その他を獲得, おくこと書斎には淡谷さん, おくこと用器や空瓶, おくこと肝要である旨, おくこと食物と飲物, おくこないだ面白い夢, おくてんへ, おくさまがたに申し上げます, おくさまぶりでなん, おくさまみたいに食物, おくさまカリタはいつも, おくさま駄賃をおくれよ, おくさんたちは決まっ, おくさん一人かと思った, おくさん喋つてるわ, おくさん子供よびもどしたい由, おく当人も, おくずしにならず, おくそれでその時, おくそれらの厳重, おくただし警察に, おくためわしにこれ, おくため一足さきにこれ, おくため今のごとき, おくため書類は山積, おくため私はいま, おくため自分の妻, おくだになかなか容易, おくだりになりました, おくちかずが, おくちろりちろりとひとつ星, おくってこんな恋愛, おくってなことに, おくつたであらう, おくつた浅草花川戸の家, おくつた老人は, おくつてひそかに政治上, おくつて意見を叩き, おくつて樂しんでをりました, おくつて笑ひだした, おくつて貰ひたいの, おくつて鳥の向き, おくつゆも, おくとある日旅の, おくというもここの, おくといふだけの男が, おくといふはこれあに, おくといふも一ツの, おくとかの余地は, おくとでも思ったの, おくとも弦之, おくどうやら貴殿には, おくなぞはよく, おくなどとまたお, おくなどとはもったいないこと, おくなどは自己の, おくなり万一余を, おくなんぞというのが, おくなんぞはもっとし, おくにもそこを, おくにもよかつた, おくにゃここは, おくうちも, おくのいやな性分, おくのひとつ家に啄木鳥飼, おくのほら穴の前, おくのわらの上, おくの中二階のやう, おくの別のいれ, おくの原義である, おくの壁につい, おくの大計を度外, おくの安全なところ, おくの局へつれ, おくの崖の下, おくの扉までひらかせ, おくの教室に集まった, おくの曲谷のいしきり, おくの曲輪にあたってにわかに, おくの書院を清め, おくの橋廊下をこえ, おくの櫓にきのう, おくの洞穴を見, おくの確かりして, おくの策を考える, おくの薔薇の花, おくの讀經の諧音, おくの身体を大切, おくの長屋にす, おくはなはだよろしいです, おくはりあいがある, おくはるこむおよぶの終止法名詞, おくばかりか朝から, おくばかりで少しも, おくばんバさんなどいか, おくひつようがある, おくふうである, おくふさのみつよ, おくへでも海の, おくへとは奥へと, おくへも春が, おくほか仕様がない, おくままに天地, おくみちやん, おくみんなこいつはケレン, おくものすべてであった, おくものぢやから, おくやう明日から山, おくやらさらにがてん, おくやり方です, おくゆえ後詰あるも, おくゆえ高氏どのには多摩, おくよう手配せい, おくよと女主人は, おくりつかハ, おくるる露は, おくわれの思ひ, おくわれわれが今後なに, おくをもって満足せざるべからず, おくんでげすかい, おくアカイアの來, おくオランダ艦隊と印度, おくコンクリートの座, おくジャーナリズムの方法, おくスタンドのかさ, おくスポーツ物理学は極めて, おくバカはない, おくパタンとそれ, おくヒメが怖, おくビーフステキとかハムエツグ, おくフリをし, おくマジナイのごとき, おくマドロスのこと, おくミヤソニツカヤ通のおそろしい, おく一方かくはお, おく一方勅命を乞う, おく下手人がある, おく不謹慎な病癖, おく不運さよ, おくに摘みた, おく丹三郎もこれ, おく主義です, おく了見らしい, おく事情になる, おく事項はもう, おく二の丸のう, おく二千円三千円という金, おく五里ばかり歩い, おく五階屋根裏の大きな, おくにまた, おく仕事もあった, おく以上それには何, おく以外武や権力, おく伊達巻も何, おく余地すらあった, おく作家がゐる, おく光栄を有します, おく其処で先ず, おく内在的な批評, おく内職道具の一つ, おく内証の珍客, おく凡て善い事, おくがない, おくにはまず, おく分量との区別, おく切手が買, おく宿も, おく別に愉しい仕事, おく利益と云え, おく制度を設けた, おくにここ, おく前座じゃねえ, おく労働がある, おく動機を指摘, おく勝手さもあつ, おく化学的注入物がある, おく卑怯者であったの, おく反間苦肉というやつ, おく叙述であります, おく口上書とは二日, おくか, おく可能の点, おくは皆去年あたり, おく吸入器から噴き出される, おく呼吸なんぞもなかなか, おく咲子のもの, おく品物ではない, おく商売気のな, おく因縁がある, おくだといふ, おくかな, おく大きい桶も, おく大きな箱が, おく大事なこと, おく大変な掠奪, おく大岡忠相は今日, おく大月玄蕃は相, おく天地かと味気, おく太いロップを, おく契りは絶えじ, おくには身, おく妨げであると, おくを自分, おく始末であった, おく季節にはする, おく宗教上の純理主義, おく宿屋はほとんど, おく将軍様の世帯, おく小さき包, おく小さな秘密の, おく小我の境, おく小物入れの箱, おく小舎を建てる, おく尺地すらない, おく屋根だったこと, おくのおどろ, おく山まわりの巡吏, おく山猿といっしょ, おく山番の爺, おく工作も大いに, おく巧みな治策, おく帆船や漁船, おくらっしゃい, おく帳面であった, おく幼稚園といっ, おくのお爺さん, おく度胸はもてない, おく張り出しの六畳, おく役廻りで昨夜, おく役目もし, おく役者がその, おく彼等としてはもちろん当然, おく御用でもない, おくと美しき, おく急務もあった, おく惜しさよ, おく我々はどう, おく戸棚は御前様専用, おく所以である, おく手巾の白い, おく手槍を取る, おく抑制の種類, おく控えの間, おくへになる, おく政府が世界, おく故誰かそ, おく文句が多かっ, おく料理は大概, おく料理屋へ行っ, おく施設にたいしては非難, おく時作品が相当, おく時季でしたキャンキャン, おく時彼は世間, おく書類が机, おく有様であった, おくなんかそろそろ, おく条件に阻害, おくを証拠, おく柚子の気丈さ, おくの棒, おく椅子などを物置, おく楽しみなどすべて香気, おく様子が見えた, おく樗蒲一はない, おく横会が絶対, おく機会が得られた, おく機縁にもなった, おく正直者もあるまい, おく武人はたまたま, おく武力を悪用, おくでカリッ, おく気兼があった, おく気分技術ではない, おく気取りでいる, おくになつて, おく決心をしました, おくにはフォルマリン, おく深いところには, おく深いかくしの中, おく深林のくぼへ, おく温床のよう, おく温泉の口, おくの遊女, おくの作用, おく為めの方便, おく為自分桜木さんのところ, おく智の, おく無慙さには堪えられない, おく無駄をはぶかね, おく牢獄であった, おく物好きと将軍家, おく特別な理由, おく現象ではなかっ, おく洲の, おく用向きはなかっ, おく甲州で稼いだ, おく申楽師ともなれ, おくがあっ, おく留守の役目, おく真事ではなかっ, おくであった, おく短章の詞句, おく石造の塔, おく祝儀などを取り出し, おく神尾派の者, おく神魚華鬘の感じ, おくとし, おく秘密の部屋, おく程国家社会のため, おく程豊富には作られ, おく種類の作品, おくだから, おく竹切棒などが折れる, おく三国際の, おく筆墨などはない, おく筑前様では, おく算段である由, おく簡単な装置, おく米友ではない, おく粮倉へ迫っ, おくには一個, おくをとっ, おく細君はだめ, おく結果となっ, おく絵本や雑誌, おく置場にもなっ, おく習いになっ, おく習俗が意味, おくはざる, おく自動車屋が出入, おく自動車製作者の立場, おく良人の了簡, おく花粉が一ぱい, おく茶室は至極, おく草葉に輝い, おくつぱ, おく薄汚い室へ, おくに掘たる, おくも時, おくはあるまい, おくの神棚, おく要求を痛切, おく規則でした, おく規定の場所, おくの無力さ, おく解放運動によって結ばれた, おく言葉さ, おく言訳やら感謝, おくらいを, おく計画だそう, おく記念を求めたかった, おくなの, おくがいくら, おくには行かない, おく責任を感じた, おく賢い方法で, おく越後の南, おく趣味でなく食べもの, おくなどを降り, おく身上じゃありません, おく身構えも忘れなかった, おく車夫である, おくの林ちり, おく迄は眠つては, おく連想から汚, おく連翹と, おくもあろう, おく部屋でインク, おく酔狂者はない, おく重臣すら連れ, おく野蛮な地主的, おく金銀は莫大, おく金銭出入帳に毛, おく金錆のごと, おく門番かとも疑われる, おく限り功にはやり, おく隠し金庫であった, おくの長, おく霜ふかみ杉, おく飛び飛びの, おく餘裕がなくなり, おく香春岳全山, おくもまだ, おく魔法もなし, おくの溜り, おくをついばむ, おく黒崎はなかなか, おく黒白の一石