青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おき~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

おいで~ おいら~ おう~ おかあさん~ ~おかげ おかげ~ ~おかしい おかしい~ おかしな~ おかみ~
おき~
~おきたい ~おく おく~ ~おくれ おくれ~ ~おけ おけ~ ~おし おし~ ~おしまい

「おき~」 2097, 23ppm, 5096位

▼ おきながら~ (320, 15.3%)

4 誰にも 3 私の, 言った

2 [15件] いざと, いつのまにかホテル, この様, それが, まだその, ヤリクリなし, 一人として, 平気で, 更にそれ, 知らん顔を, 約束を, 自分の, 途中で, 間際に, 黙って

1 [280件] あついお茶, あとは, いい立てなさる, いざ一人, いたずらに, いっこう心, いつか見えなくなっ, いつまで, いまさら何, いまさら辺地, いま改めて, いやに, いよいよその, いろいろの, うかと忘れおった, うまいこと裏, ええ人, おかしなこと, おもむろに相手, おれに, おれには, おれの, お伺い, お前の, お姉さま, お銀様, かの燻精, かまえて, けしからん言分ぢや, けろりとし, ここに, この先, この有様, この無愛想, この秀治, こよい, これから働かせる, これでは, こんな北近江, こんな始末, ささやいた, さっき黙っ, さて肚, しかもその, しばらく東京, じかに自分, すぐその, すぐその後, すぐ他, すっかり忘れ, そういった, そうした途方, そうな, そしてそれ, そそんな, そのくせ自分, その上, その人, その代, その前後, その動作, その同じ人, その当時, その後も, その懲らしめ, その次, その病家, その第, その羊, その金, その間際, その青年, それからあと, それくらいの, それで斬られる, それに対して, それは, それも, それを, そんな白々しい, ただ消極的, たよりひとつよこさない, ちっともそこ, ちっとも世間, ついなに, つっ走ったと, とるもの, どうしてそんな, どうしても叱る, どうして廿日, どうして異人館, どこか, どこまでも, なおかつそれ, なかなか実行, なぜ平生, なんだ, なんだつ, なんとなく渡しそびれ, のこのこ嫁入り先, ひとの, ほんとうに, まことし, またこの, またぞろ今夜, また毛利方, まだお, まだ不足, まだ書けず, まだ無電, まるでもの, まるでスポ, もう先方, やっぱりだめ, やっぱり先刻, やにわにすい, やはり考えこん, やはり若い, ゆるゆると, よくもそんな, よくも劉備, よく見よう, ろくに食う, わざとそこ, イヤに, エピミーシウスは, ゴーリキイが, サテ政権を, シェルまで, シャンパンの, ナイフを, ノミ屋なみの, ピリニャークは, ヴェラが, 一人で, 一応司祭者, 一方においては, 一日分の, 一生を, 三十分も, 主人は, 主君と, 事実の, 二ツまとめ, 云った, 互いの, 五郎左衛門父娘は, 亭主を, 人を, 人間の, 今さらその, 今さら仲好し, 今だに, 今では, 今に, 今度居処を, 今更それ, 今更そんな, 今更に, 今更ケチ, 今更猫, 他方に, 他方多くの, 以後は, 伸子は, 何から, 何だ, 何の, 何を, 何んという, 停車場から, 先陣は, 入らっしゃらぬなんかあんまりですわ, 出かけて, 助けて, 厭に, 取次に, 取留めたこと, 台所へ, 右の, 右門は, 同時に一つ, 嘘を, 土壇場に, 夕飯ごろに, 外で, 大した苦, 奥付の, 女中や, 官兵衛九右衛門六郎太夫は, 客の, 富岡と, 師へ, 年は, 廊下を, 弁当を, 弟に, 彼は, 彼らの, 彼等は, 思惑の, 急に, 急用が, 手前が, 持って, 故意に, 文脈の, 日ごろ忘れはて, 明瞭の, 昨晩は, 時を, 暗い所, 更に尾根づたいに高み, 最期も, 末期に, 本にな, 欲念という, 此の, 武蔵へ, 殆ど無表情, 気を, 浅草へでも, 涼しい顔, 濡れた手拭, 火が, 烈しい一点, 物語の, 現れなかったの, 生みっ放し人手に, 用が, 男らしくない, 疑いが, 県庁で, 神のみ, 私と, 私に, 私は, 精一杯に, 約束の, 経済問題に, 続けて, 翌三十日, 老女に, 考え込んで, 聞いて, 肝心の, 自分だけ, 自分だけは, 自分で, 自分も, 自用, 至って物静か, 興奮の, 莞爾と, 葛子の, 藤吉郎が, 藤岡さんに, 血を, 見なかったとは, 記事に, 調子の, 警察が, 責任を, 軽々と小脇, 近頃では, 逃げて, 道庵先生は, 道江は, 還せなんて, 重苦しい空気, 金吾が, 鉄砲が, 阿部伊勢という, 霊岸橋を, 青年部その他に, 面目の, 頭の, 顔を, 騒然と色めき立った, 高貴な

▼ おき~ (239, 11.4%)

6 いて 4 いるの, ごらん 3 いた, いました

2 [11件] えんだよ, けふの, しまいました, なんだ, なんでございまし, 下へ, 働けばいいん, 出た, 来て, 窓を, 見ると

1 [197件] ああ夢, あとよく, いいよう, いさ, いたから, いたという, いたの, いたらしくあくる日, いたん, いはず, います, いらしたん, いられますよ, いる, いると, いるという, いるよう, いる人, いる家, おいでに, おくれ, おっかさんのく, おりますの, お定め書き, お玄関, お見送り, かいて, かえった, き, きて, くれたこと, けろりとし, こられました, これなき, こんどは, さしつかえなき道理, さてこれから, しようがない, し来れば, じてん車に, すぐと, すぐ朝ぶろ, すっかり拭い, そしておめにかかった, そのこと, そのご, その失せたる, その方, その面相, それに, それにて, たるさとしか, だ, だから, だと, つねに無辜, でありましたから, である, でおさめられて, ですよ, では, とらばよ, どうする, なお釣らしめ, なの, なり, はしごだ, はじめましょう, ひざの, ひる前三人, まえ一人, まずは百尺, まる一日二人暮し, みき, みんな一階へ, ゆふかげに, わが心, わが身ぞ, わが軍, ゐるかい, イルシ航空灯台の, エものだ, カムパニアの, パンを, 一たん家へかへ, 一寸本, 一日どこかへ, 一章終る, 三時頃まで, 下の, 九時頃お, 人の, 他し, 他の, 他心を, 何とうれしかっ, 何れへか, 來る, 侍医を, 僕自身も, 僧堂に, 優には, 元氣, 八時迄に, 出でし旅順, 午前中ずっと, 又氷, 又食, 台所へ, 同じ時候, 哀れと, 困るから, 坐って, 壁に, 夏へて, 外に, 夜は, 夜着を, 大地を, 学者や, 宿るも, 居た, 居たら黒い, 居ります, 居るから, 差し支えは, 帰れば, 広巳, 店の, 彼女は, 往なんせ東, 御飯こしらえ, 御飯も, 御飯前, 憤怒の, 手すりから, 手の, 打ち嘆き妹, 拾ひ, 推究したる, 星虚の, 暖い, 書きたかった手紙, 月光に, 朝夕うちな, 朝迄, 机の, 来たとこう, 来たの, 来たらすぐ, 来ないこと, 来ましたから, 来るだろうから, 来るで, 来ると, 梅が, 森へ, 毛布に, 水を, 氷で, 浅木様の, 湯タンポを, 火の, 牛小屋へ, 礼儀を, 私が, 私は, 素子は, 聴くに, 胯長に, 臥す女ゆゑ, 自然と, 色ふかく, 茂れる, 蒲団を, 藝術の, 行く空, 裁判所へ, 見給, 試に, 話して, 話を, 読みかえしぬ, 諭すべしと, 買ふも, 身じまいに, 部屋という, 酒肴の, 鈴義氏に, 鉄砲洲から, 銀座へ, 間もなくの, 露の, 青い着物, 顔を, 風呂場に, 養ふ

▼ おき~ (166, 7.9%)

4 して, なって 2 このお, ならんで, 出て, 出るのに, 時ちゃんの, 殆どどの, 読んで, 送り来る丸善, 道場へ

1 [140件] あき家, あったん, ある, いくつも, いるかね, おくさん, かくの, かけながら, きちんきちんと受け, ございました, しかも場所, した, しまた, その中, つみかえ待機, どっちかの, なおどんどん, なされ, なされい丹下氏, なりだんだん, なり三日おき, なり夜, なるよう, なる筈, なれば, はれたり, またその, みぞみたいに, やってくる町, やつて, よその, コツコツと, コンマを, ゾシマ長老の, バスが, ポルタワの, マダムの, ユーゴと, 一と, 一人ずつ, 一升ずつ, 七回放送し, 七月一杯外出の, 丈夫な, 三四度続く, 並びて, 之を, 二十分間ずつ, 二晩つづい, 五銭十銭と, 亡くして, 今帰仁拝み, 他の, 代るよし, 何う, 何か, 余の, 使われて, 保姆が, 僕の, 入り, 入りうれしい, 入りまじって, 入れた, 全旅程, 八インチの, 写して, 到着する, 前後四たび程, 匪賊に, 午前中わたしの, 向い合って, 呼びだしました, 呼吸困難に, 団子とか, 壇上へ, 大野木へ, 定期に, 小屋を, 尿意を, 布を, 幾度と, 廷章の, 強心の, 往来し, 往来する, 手当を, 打ちはじめろ, 提げたお, 教室の, 散らして, 時を, 書きうずめこれ, 書き残されて, 替り番に, 来いと, 来たらちょい, 来た客, 来れば, 柱が, 欠かさず通いどうやら, 水を, 満員の, 燈臺通ひ, 王様の, 産卵した, 田舎へ, 畑の, 砲台, 私の, 立ち寄りませんでしたか, 自動車用手提から, 自然便が, 芝口の, 蒲ぼ, 行縢を, 街の, 袴や, 読んだだけ, 読んでも, 起きてないて, 起き上って, 足がかりの, 跨いで, 通って, 逢わせて, 過ぎないの, 適当な, 鐘が, 降るので, 雑誌, 雨が, 食物や, 飲んだ, 馬で, 駿河台下の, 鳴って, 鳴つて, 鳴る柱時計, 黄英の

▼ おき~ (150, 7.2%)

11 どくだが 6 どくな 4 どくなこと 3 どく様, 小島に, 手を 2 どくさま, どくに, は叔父, は源作, 夜な, 海の, 監房に

1 [106件] いいお, うすぐらいすみ, くらいかた, ことばは, ことやはり, ため小塚ガ原の, つりランプを, ところが, どく, どくじゃが, どくだった, どくだったな, どくだったねえ, どくだな, どくでご, どくでした, どくですが, どくですね, どくと, どくながら, ないよう, ない情, に訊ねた, の叔父, は, はすぐ, は云っ, は停車場, は出会した, は彼, は息子, は悄々, は改札口, は答えた, は肩身, は自分, は走り, は隣家, は頭, ほうに, ものに, ものを, やうな, ような, ように, ウイスキーで, スリーキャッスルを, タガログ語で, トリツクを, ハクライの, ハヤブサ丸へ, マイヨネーズも, 三期に, 中に, 仏像を, 仕事に, 六花が, 凝りしまった肩, 出来ない米, 出来る余裕, 出生のみの, 切札である, 厳つべ, 壁の, 声を, 夜な夜な車, 大魔術, 奥の手が, 小十郎さんさ一杯, 山を, 快速潜水艦隊を, 悪罵が, 文句は, 方へ, 昨日の, 時の, 書信代に, 木々の, 毒さまにも, 気持は, 波間に, 猪口を, 用意ッ, 町を, 留守が, 白いテーブル, 白状を, 白葡萄酒を, 看板, 程ねがいあげます, 端書一枚を, 簡単な, 胃の, 自由だ, 落ちたの, 行事でも, 要所要所, 軒先なぞに, 軒行燈では, 鎌倉通勤が, 間歇性即ち, 陣立てを, 陰徳は, 隣であった, 靴を, 顔を

▼ おき~ (43, 2.1%)

12 して 6 願います 3 らぬ

1 [22件] かたづけに, くった, くってから, されてから, し富ちやん, なさる御, なし得たから, はじめて一ヵ月, 守りましょう, 行ったり, 遊せ, 願いその間, 願いたいの, 願いまするが, 願いますわ, 願い上げます, 願うよう, 願って, 願っとくよ, 願つて, 願ひます, 黒くした

▼ おきいち~ (39, 1.9%)

30 やん 2 やんおきいち, やんが, やん勘忍 1 やんと, やんといふ, やんどう

▼ おきぐらいに~ (30, 1.4%)

2 むすび玉

1 [28件] いくつも, いつ連絡使, おばさんとかいう, お民, かかって, きめて, この井戸, ずっとつづい, やって来た, やって来て, 一つとずつを, 五回にわたって, 井出夫人の, 何度も, 入り江を, 大きなむすび, 大きな油絵, 必ず火, 日が, 日本として, 明るい街灯, 時計を, 来て, 病院へ, 立たされた, 通り過ぎる, 降るので, 頂上の

▼ おきその~ (27, 1.3%)

2 上に

1 [25件] かわりに, ピストルが, 一人一人に, 一端を, 上で, 上の, 上へ, 上残りの, 下に, 中から, 以後なる, 位置が, 周囲へ, 命令を, 時が, 樋の, 横に, 点にばかり, 物音の, 用法をも, 線の, 貴族の, 近所から, 防ぎおきたる所, 頭は

▼ おき~ (26, 1.2%)

6 になった 4 になっ 2 になりました

1 [14件] しなければ, だえ, とは言っ, なされたと, なすったらいい, なすつて, にて候, になつ, になつて, になり, になる, になれ, はおき, もや

▼ おき~ (21, 1.0%)

1 [21件] でこれ, にいろは本, にせき, にとりかえ, にはキッ, には湿布, にやつ, にナイフ, にボー, に一遍, に出し, に午後, に大林清, に妹, に放課後一時間, に時計, に畑, に眼, に眼界, に銀盆, ひに

▼ おきさえ~ (17, 0.8%)

17 すれば

▼ おきそれ~ (17, 0.8%)

1 [17件] から三, から四辺, が代々御家運, と共に實踐, について詩, に感動, に竹矢来, へ楽屋, をはさん, を叙述, を待っ, を手, を手さぐり, を挟ん, を毎日片端, を眺め, を祖母自身

▼ おきどころ~ (17, 0.8%)

4 がない 3 もない 2 のない 1 がなくなっ, がなくなられまし, が違ふから, に困り, もなかっ, もなく, も違, を誤り解され

▼ おき~ (16, 0.8%)

1 [16件] このくらいに, これさえ, しないわ, しませんから, しませんもの, すまい, そのはじめ, それで, またし, やって, やめて, シャベルや, 五ツ半, 大した規模, 大丈夫で, 本月中

▼ おきそして~ (14, 0.7%)

1 [14件] あなたは, この位置, それとなくそれら, りこうにおなりよ, 入洛の, 勝手口から, 松の, 機宜の, 病気は, 給金を, 自分も, 貸した本, 酌人を, 顔色は

▼ おき~ (14, 0.7%)

2 が, の社 1 ぐさのはなをのせれば, さぶと言ふ, それから又, の背中尾鰭, はれやと, ひたひに, 人ひとりた, 囲みて, 草に, 鹿の子三島亭

▼ おきには~ (14, 0.7%)

1 [14件] 下駄の, 両国橋の, 京都へ, 外国の, 家に, 小屋くらい, 屹度荷馬車が, 必ずマニキュア, 必らず, 椅子を, 番小屋が, 細君に, 起されて, 髯を

▼ おきてを~ (12, 0.6%)

2 破ると 1 ご存じなかっ, もち同時に, りを, 守って, 守らずに, 忠実に, 正しく実行, 無視し, 犯して, 蹂躪

▼ おきみち~ (11, 0.5%)

2 やん, やんが 1 やんこちら, やんこの, やんこれ, やんぼく, やんもう, やん助けて, やん察して

▼ おき~ (11, 0.5%)

1 [11件] がございませぬ, がない, がなく, にひきすえられました, のわき, の竹矢来, は前座, もない, も弁えませぬ, も知らぬ, を失い

▼ おき~ (10, 0.5%)

2 いと存じます 1 いと考へ, いの, いもの, い何故, かったから, かったの, くなかつた, く私

▼ おきてに~ (9, 0.4%)

2 なって 1 したがって, なかりけり, 服して, 無かりけり, 照応する, 縛られて, 違ふと

▼ おきなわ~ (9, 0.4%)

3 やまとぐちという 2 やまとぐちの 1 やまとぐちだ, やまとぐちと, やまとぐちに, やまとぐちは

▼ おき~ (8, 0.4%)

1 ござりました, ずっとされ, ないと, なくて, のこされた, 余りに長く, 鍛えの, 長くなった

▼ おきくさ~ (8, 0.4%)

4 んと 1 んが, んの, んは, んを

▼ おきては~ (8, 0.4%)

1 あるべくも, おのずから実行, たえず世, 仕事いたしました, 先ず食う, 力なし, 堅く守っ, 定家卿の

▼ おき~ (8, 0.4%)

1 しなかった, しようし, せざるを, なく, なしに, 同じに, 意味が, 褪せては

▼ おき小屋~ (8, 0.4%)

2 の中 1 が立っ, なんかで, にあやしい, のなか, のやう, の戸

▼ おきこれ~ (7, 0.3%)

1 が批評, が注意, も甚だしく, を引け, を江刺郡, を粉, を資本

▼ おきたり~ (7, 0.3%)

1 されば, して, し壘壁, し手袋, 人なみに, 又一寸, 本さかん

▼ おきっぱなし~ (7, 0.3%)

2 になっ 1 ていた, でね, で人, にし, にする

▼ おき~ (7, 0.3%)

41 ひか, ひモンペ, ひ隅々

▼ おき~ (7, 0.3%)

1 その頃, ちやんとの, であった, と云う, に渡し, へい彼奴, 自分の

▼ おき~ (6, 0.3%)

1 へたに, へりて, へる余地, 一週間おき位に, 二年おきには, 半分おきに

▼ おきふし~ (6, 0.3%)

1 して, てあけ, に, にかかわり, に馴れ, をわが

▼ おきまた~ (6, 0.3%)

1 おおかみ, かくか, 乗馬も, 印度王の, 村には, 諸大将

▼ おき~ (6, 0.3%)

1 あんな奴, ちやんかと, はその, はもう, は肘, 出で

▼ おきこの~ (5, 0.2%)

1 二人も, 机を, 章では, 考へを, 輪を

▼ おきそこ~ (5, 0.2%)

1 からすこし, から西, で売れる, へ足, を中心

▼ おきたま~ (5, 0.2%)

1 はで, へ, へと言, へり, へ原

▼ おきてが~ (5, 0.2%)

2 あって 1 あるからにゃ, もろいもの, 忠実に

▼ おきての~ (5, 0.2%)

1 おもむきなりと, ような, ように, 事成けれ, 許さぬこと

▼ おき~ (5, 0.2%)

2 あせすか, がれ 1 がりこぼし

▼ おきらい~ (5, 0.2%)

1 になっ, になった, になります, の筈, 申して

▼ おきわが~ (5, 0.2%)

1 二人の, 包みを, 押し籠められる, 易占を, 覗いた

▼ おき~ (5, 0.2%)

1 がなく, にこまりし, について考えよう, もなく, もねえ

▼ おき~ (5, 0.2%)

1 がうまい, が多分段々, である, もない, を露出

▼ おき耳面刀自~ (5, 0.2%)

5 と其幽界

▼ おき~ (4, 0.2%)

3 がつて 1 しまいし

▼ おきくらいに~ (4, 0.2%)

1 くり返し尋ねた, そうする, 家を, 私の

▼ おきさて~ (4, 0.2%)

1 その上, ひそかに, 姫と, 相手が

▼ おき~ (4, 0.2%)

1 て, ている, て終, て賜われ

▼ おき~ (4, 0.2%)

1 きめつける歌舞伎, そこへ, よごして, 送ること

▼ おきばかりを~ (4, 0.2%)

3 考へて 1 考えて

▼ おきやがて~ (4, 0.2%)

1 の反動期, 家の, 手桶の, 母手ずから

▼ おき三日おき~ (4, 0.2%)

1 に前後四たび, に大野木, に教室, に馬

▼ おき二日おき~ (4, 0.2%)

2 の夜 1 に自然便, の夜な夜な

▼ おき~ (4, 0.2%)

1 ま, まじく候, も他人, よしさ

▼ おき場所~ (4, 0.2%)

1 からし, がない, で政治, に十分

▼ おき~ (4, 0.2%)

2 の焼跡 1 の中, も出

▼ おき~ (4, 0.2%)

1 は, はさっそく, をし, を招い

▼ おき自分~ (4, 0.2%)

1 が何一つ, はうむ, は家庭教師, も胸

▼ おきいよいよ~ (3, 0.1%)

1 ストライキ決行という, 今度の, 開帳はじまりはじまり

▼ おきかた~ (3, 0.1%)

1 であるから, まで自分, もその

▼ おきがたい~ (3, 0.1%)

1 ものである, 兆しでは, 浪人者と

▼ おき~ (3, 0.1%)

3 へすれ

▼ おきそう~ (3, 0.1%)

2 なもの 1 な氣

▼ おきそれから~ (3, 0.1%)

1 スリギを, ピンセットの, 鳩の

▼ おきただ~ (3, 0.1%)

1 一つだけ, 落着きはらっ, 食物だけ

▼ おきつつ~ (3, 0.1%)

1 いま公園の, 童話, 答える

▼ おきても~ (3, 0.1%)

1 あらで我が, 人の, 駆けつけられるよう

▼ おきてや~ (3, 0.1%)

2 わるいなら 1 さだめを

▼ おきという~ (3, 0.1%)

1 うわさは, わけには, 奴は

▼ おきなし~ (3, 0.1%)

1 に, に保, 読む書

▼ おきなと~ (3, 0.1%)

1 称する怪魚, 翁舞ひと, 言ふ

▼ おきらひで~ (3, 0.1%)

1 ございますの, せうウフフフ, 御座いませう

▼ おき下さいます~ (3, 0.1%)

2 やうに 1 ように

▼ おき二人~ (3, 0.1%)

1 で共同, の火星人, を奥州街道

▼ おき~ (3, 0.1%)

1 がなく, がなくなっ, は色々

▼ おき別に~ (3, 0.1%)

1 それを, 八幡様の, 勅使を

▼ おき四日おき~ (3, 0.1%)

1 にしかいかなくなった, に五銭十銭, に廷章

▼ おき自身~ (3, 0.1%)

1 がそういう, は副将, は将

▼ おきあと~ (2, 0.1%)

1 のかめ, の車

▼ おきいま~ (2, 0.1%)

1 に草花, まで読んだ

▼ おきかに~ (2, 0.1%)

1 あって, 電気を

▼ おきかへて~ (2, 0.1%)

1 みても, 論点を

▼ おきから~ (2, 0.1%)

1 はじまって, 母に

▼ おきぐらいには~ (2, 0.1%)

1 きまって巡回, 学校の

▼ おきぐらゐに配置~ (2, 0.1%)

2 されて

▼ おきここ~ (2, 0.1%)

1 からで, には主として

▼ おきさき~ (2, 0.1%)

1 が油揚げ, です

▼ おきさらに~ (2, 0.1%)

1 出直して, 次の

▼ おきそのまま~ (2, 0.1%)

1 宮城氏を, 帰ること

▼ おきだけに~ (2, 0.1%)

2 なって

▼ おきつぎ~ (2, 0.1%)

1 に驚くべき, のたばこ

▼ おきてと~ (2, 0.1%)

1 別れに, 致しましょう

▼ おきながらと~ (2, 0.1%)

1 ほりすがり, 思われるほど

▼ おきながらも~ (2, 0.1%)

1 しきりに私, 見ず知らずの

▼ おきなに~ (2, 0.1%)

1 到りつかねども, 被せたもの

▼ おきなの~ (2, 0.1%)

1 用語例の, 背中や

▼ おきなへ~ (2, 0.1%)

1 あきれたぼう, 行き水たき

▼ おきにしか~ (2, 0.1%)

1 いかなくなった, こないよう

▼ おきねえ~ (2, 0.1%)

1 なにも, なんで下

▼ おきばりまつ~ (2, 0.1%)

2

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 やってきた, 逃げだしたし

▼ おき~ (2, 0.1%)

2 へう

▼ おきまず~ (2, 0.1%)

1 将来への, 心当りの

▼ おきまろ~ (2, 0.1%)

1 が家, は人名

▼ おきみやげ~ (2, 0.1%)

1 などいふ, をする

▼ おきわと~ (2, 0.1%)

1 云って, 妻合わせる

▼ おきわという~ (2, 0.1%)

1 娘に, 娘の

▼ おきベッド~ (2, 0.1%)

1 から紫, の上

▼ おき一人~ (2, 0.1%)

1 かえる姿, が袋

▼ おき一応~ (2, 0.1%)

2 第二段

▼ おき三日~ (2, 0.1%)

2 置きに

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 さりますよう, の台

▼ おき下されます~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ おき両手~ (2, 0.1%)

1 をのばし, をひろげ

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 と同時に, に反し

▼ おき人間~ (2, 0.1%)

1 と悪魔, の世

▼ おき土手~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ おき地形~ (2, 0.1%)

2 の波面

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 へ出る, を見

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 と見, は女王

▼ おき寒く~ (2, 0.1%)

2 も時

▼ おき将来~ (2, 0.1%)

1 いい機会, は自由

▼ おき小鳥~ (2, 0.1%)

2

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 から出, の廻し

▼ おき御飯~ (2, 0.1%)

1 がたべられる, のこ

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 ある青年, を静めさせん

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 られたよう, られて

▼ おき我々~ (2, 0.1%)

1 の解決, は印度

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 づから刀, にもっ

▼ おき折々~ (2, 0.1%)

1 お見舞い, 見ようと

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 のある, をみ

▼ おき更に~ (2, 0.1%)

1 云った, 国運の

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 から晩, も昼糧

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 がこ, はもう

▼ おき~ (2, 0.1%)

2 はほしい

▼ おき辻本~ (2, 0.1%)

2 には足賃

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 にむこう, の前

▼ おき長火鉢~ (2, 0.1%)

1 と直角, をおき

▼ おき難い~ (2, 0.1%)

1 が長嶋, 奴でござる

▼ おき靴下~ (2, 0.1%)

2 を二枚

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 を前, を鉄格子

▼ おき~ (2, 0.1%)

1 はね, ふの

▼ おき食後~ (2, 0.1%)

1 のメロン, 出かけ近藤さん

▼1* [465件]

おきあいだの雑巾, おきあなた方に渡す, おきあらためて挨拶し, おきいざとあら, おきいただきたくこの儀, おきいま利根を渡っ, おきうまいごちそうを, おきえと並んだ姿, おき茶漬の, おきおりふし夕月の下, おきおんかたの知れ, おきお母さんのまえ, おきかいておい, おきかえっている, おきかたがた南蛮国の地理, おきかたがた生死の大, おきかへなさい, おきかりにその表面, おきがたき不審である, おきがたしとなっ, おききしてきい, おききなさるがよい, おきくださるまいか, おきぐらいの割に, おきぐらゐに繰りかへ, おきぐらゐにくるその發作にみじめ, おきぐらゐにはきまつて巡囘する筈, おきぐらゐに何千倍かの昇汞水, おきぐらゐに構へが動く, おきぐらゐに着物を着, おきげんをそこねる, おきぶの, おきこっちは特許, おきこんどはおはじき, おきこんろにかけた, おきさきさまだって私生児, おきさきたちがうち, おきさすがに河北, おきさっきから静か, おきざみになりながらのお説教をお, おきした今は, おきしばらく喋って, おきしもえば, おきゑつつづき, おきすぐにまた, おきすべし面会に, おきずつ印象深いもの, おきせつせと, おきそこで偶然と, おきそしてさてさだめし私, おきそのまましばし口を, おきその間に孔明, おきそれで家賃を, おきそれでもなおネズミに, おきそれにこの急場, おきそれらの人々, おきそろそろと撫でまわした, おきそんな陥し穴, おきそ道をつとめ, おきために作者, おきたりとあり, おきたりねたりの時間一日ずつと, おきたるを見た, おきといふ, おきちょうど正午に, おきてからねるまでに, おきてこそは私などが, おきてぞなげくそこ, おきてという具合に, おきてとしてそなた, おきてなんぞお手あか, おきてについてイエズスは, おきででもありぁしないかとさえ, おきでも言って, おきといった具合に, おきとか半月おきとかに, おきとかにぼつぼつお願い, おきところどころその通訳, おきとはこれいかに, おきどうやら夕立が, おきどこぞしかるべき, おきどころ心持の変化, おきどころ次第である, おきどのみち二人は, おきどんなやりかた, おきなお庫内いっぱいに, おきなが来たぞう, おきなだの鹿の子を, おきなという大魚, おきなとかいう大魚, おきなどにこの様子, おきなども近い将来, おきなもいつしかと, おきならべ低い, おきなわという日本語と, おきなをぞやらむとおもふに, おきなを実在のおき, おきについて皆で, おきにと云ったの, おきにということに, おきぬけに大森, おき悪婆, おきのちに寺, おきばなしにし, おきひたすら演劇芸術の, おきひとりでそれ, おきびしゅうお叱りを, おきふし佗ぶる恋, おきふし我れに, おきふし我が身なれんもの, おきふたをあけ, おきへでももぐりこんで, おきへと流して, おきべやなどがあります, おきべやにとびこんで, おきべやをとびだすと, おきほかはみんな押し入れ, おきほどづつに, おきほどに立って, おきほどの正確な, おきほんの夜明け前の, おきまたなおお目, おきまたはとんとん葺きなどと, おきまっせ, おきまで残しな, おきまるで腫れものにでも, おきみやげたる紙の操作, おきむすぶ梅の, おきもう一方の, おきもう少し具体的な, おきもしくは七年おきに, おきゃあせの相場を狂わそう, おきゃがりこぼしのだるまのように変にフラフラ, おきゃくがはやくかえっていって諭吉がねる, おきゃんきゃらの手に負えない, おきゃん達が最初, おきやかもひかなし御代, おきやすいうて, おきやっぱり借金の, おきゆるみ蓬は, おきよもきた, おきよを家へ, おきらひだとか云, おきらひで私が何事, おきらひなお母さまがどんなに, おきれいの薄荷, おきをだまし, おきわには弟妹, おきアンナ・リヴォーヴナは, おきキリスト教徒たらしめる旨, おきコニャックをくれ, おきシューラの金髪, おき放して, おきテーブルの端, おきドアをとざし, おきて紀州明光丸, おきバタを取り分けた, おきプリンの中, おきマストや帆桁, おきモストルグへ出かく, おきヨーロツパに株主, おきレンズをだし, おき一人画室のソファ, おき一令いつでも弑逆, おき一卷の絲, おき一町おきといった具合, おき一言の答え, おき万一の場合, おき万事手順通りに防空壕, おき三十里おきの要, おき三時迄の余暇, おき三里おきにある, おき上って煖炉, おき上つてさけびました, おき上りまして泣き疲れ, おき上客があった, おき世界と日本, おき眼を, おきのたくさん, おき丸の内にある, おき主上臨幸のせつ, おき乏しいかなしげな, おき二分おきになお, おき二軒おきの軒行燈, おき二里おきにならん, おき二階は八畳, おき五色の紙, おきの名, おき人倫の道, おき人間宿命の解脱, おき今に皆に, おき今日は杜若二, おき仕事せざるを, おきもみな, おきへて読み, おきれて, おきとも申訳, おき何とぞ危機の, おき何れにし, おき作品発表の自由, おきの茶ダンス, おき候えば荼, おき候口上書一通写し進じ候, おき候所ふと蔵ハ外, おき候間御受納, おきのディ, おき僕らの誇り, おきはし, おき先日通りに物, おき先生が価値, おき入口にいる, おき隊汗みどろに, おき全く心を, おき全盛をきわめ, おき八おきして, おき八方おさ, おき八百屋の小僧, おきの観点, おき公判の途中, おき其上に柱, おき其真を把握, おき具合がわるかっ, おき内室には十美人, おきで肩, おき判断の材料, おき刷毛毛氈の類, おき前夜の複雑, おき包みのなか, おき十重二十重のうち, おき午前中仕事して, おき半ば自分の直覚, おき半分ごろおこったところ, おき半町おき一町おきといった具合, おき印刷工場のベンチ, おき厳刑を請求, おき民間で, おきを拭い, おき食糧だけ, おき司教のため, おき同じ条件を, おき同じく朝倉景鏡に, おき同時に大飛躍, おき同然になっ, おき哲学者といふ奴, おき唐ぶりたる冠衣, おき商売をもたせ, おき問注所にて怯み, おき四人の同志, おき四六時中憂き身をやつし, おき土産です, おき坊さんのお, おき城中過ぎて, おき執権へも言っ, おき声高にしゃべり, おき多くの作家, おき多摩の長流, おき夜行列車の通る, おき事件に, おき大切ということ, おき大衆の精神生活, おき天寿を待っ, おき太郎左衛門は武蔵, おき夫人の居室, おきである, おき女中が渡し, おき女性としては珍, おきさ, おきが毎, おき妻子と睦みあう, おき始終それを, おき姫君を引き起こし, おき姿は幔幕, おき孤立させ運動, おきねについてはまことに, おき密かに会わせ, おきさで, おき寒いと外套, おき寝室からもっ, おきべの順序, おき寺男にはその, おき尊氏の姿, おき生死後先生より, おき小さい橋は, おき小さな揚蓋から, おき屍体を検視, おき屏風まで立てまわし, おきは濫伐, おき山陰へ討ち, おきり手, おきを経, おき床わきには蒔絵, おき強いて自分を, おき彼女の心, おき彼等は各, おき彼自身は毛城, おき後彼等を地獄, おき後者の中, おき従って貨幣地代は, おきすらんなさ, おき心配で苦しみ抜かせ, おき必ずしもそれの, おき忘れて逃げち, おき急ぎ帰途に, おき放送が, おきという人情, おき成立しては, おきれの, おき我と淑女と, おき或はそれに, おきは匹夫, おき接待役の近, おきへなけれ, おき敬二郎がそれ, おき数かぎりなき蜘蛛, おき新年宴会の席上, おき新手の十万, おき日本で翻刻, おき日本女の部屋, おき旧したる菅笠, おき明日にも自分, おき映画すら断然, おき時としては二日おき, おき時に應じ, おき時には二三週間二三ヵ月おい, おき時機を待っ, おき時計のコチコチ, おきになっ, おき暫し籠より, おき書きかへておく, おき朝係役人を案内, おき木戸に立っ, おきをよん, おき杉村は房, おき松さんは膝掛け, おき板前をもち, おき枇杷は花, おき架台の上, おきは杖, おき格闘中に踏みにじった, おきをかつい, おき次に新聞包を, おき次に突然決定を, おき歌澤の師匠, おき此便間に合, おき武家によるよき, おき歩道に立っ, おき死にもの狂いで, おき殺人ののち, おき毎朝仕丁がそれ, おき毛織の布, おき民族間の人道, おき決してばらばらに, おき油断を見すます, おき法律の勉強, おき法隆寺の建築, おき津ものなはり, おき活動を見, おき流もとにあった, おき深更まで何, おき清十郎の行く先, おき満山満寺の捜査, おき灰色がかっ, おきが来, おきる後, おき燗酒がすぐ, おき父ハイドンの慈愛, おき牛めし屋を開業, おきが人児, おき玄徳は孔明, おき珍しいことに, おき實に, おき現象の決定性, おき瑞巖寺に王座, おき生時の存在, おき発育盛りのゴールデン・エージ, おき白昼全く火, おきの上, おきをつぶりました, おき目下日本演劇史の, おき直義はそれ, おきの辺, おき短檠の灯, おき石子詰の蛇籠, おき社交界には芸者, おき神縄を張り, おき秀吉はその, おき私達は立ち去らう, おき築港を築き, おき篤くもてなして, おき結婚は事務, おきふ頃, おき給わりますように, おき絵画は秋, おき縦横に道, おき美的感動によって自ら, おき羽将軍のことば, おき翌日父母舅姑が蓋, おき翌晩闇夜を幸い, おき翌朝を待つ, おき翌朝壻方より返し, おき老樹のしづく落つる, おき肌着のお, おきもたせ, おき舞台に若干, おき艱苦辛酸を日常, おきも褪せる, おきを咲かす, おき若い恋人たちの, おき茄子の出る, おき少なく手軽, おきなるふたり, おき荷物は岩の上, おき藁縄の綱火, おきが喰, おきの足, おき衛兵長の某, おき表門の扉, おき表面がほとびた, おきのたてつけ, おき西部方面はこれ, おき親戚の方, おき観察と想像, おき言葉のよく, おき証拠はこの, おきは縫子, おきよりも奈良, おきえたらある, おきかに目, おきが襲, おき賊将張梁の首, おき賜われば足りまする, おき賢吉には漁師, おき農産振興に尽し, おき近在近郷の百姓, おき透明人間が家, おき道具を設備, おき遠いまはり道, おき遮二無二錠を, おきをとらせ, おき酒樽のタガ, おき重いふたを, おき金太郎はブリツヂ, おきをかけず, おき長いゴム管で, おき長島の城, おき隠し立てして, おき難き奴, おき雨中を濡れ, おき電話があったら, おきのひる, おきのさき, おきの蓋, おき願いますよ, おき願わしゅう存じますが, おきの吹く, おき風貌態度も調べ, おき食い気に徹する, おき飾り物とする, おき餞別には何, おきをまっすぐ, おき高氏が何, おき高野豆腐に椎茸, おきの留守, おきを確, おき黒坊人形は手