青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~うる うる~ うるさい~ ~うれし うれし~ ~うれしい うれしい~ うわさ~ うんと~ ~え
え~
ええ~ ~えた えた~ ~えて えて~ ~えらい えらい~ ~える える~ ~おい

「え~」 3438, 33ppm, 3552位

▼ え~ (2421, 70.4%)

245 いた 136 いる 76 いるの 37 いるよう 28 きた 25 いたが 21 いたの 17 いました, いると, おります, 来る 12 あって, しまった 11 います, いること, おりました 10 いて, くるの 9 いるので, くる 8 あった, いる様子, それを, 来るの 7 ある, いるお, いるもの, 来るよう 6 いるから, いるん, え, おくん, きて, しまったの, みると 5 いたので, いない, いますよ, いるばかり, 彼の 4 あるの, いるところ, おくと, それから, 下さい, 来て

3 [28件] いたから, いたこと, いたと, いたもの, いたよう, いたん, いった, いても, いますと, いるかね, いるね, いるよ, いるらしい, いる人, いる娘, いる彼, いれば, おりますと, きました, くれ, くれた, 今度は, 彼は, 来ると, 私は, 行った, 頭が, 顔を

2 [86件] いたけれども, いたって, いた力, いた悲しみ, いた時, いた涙, いた父親, いないこと, いないと, いましたが, いましたわ, いようと, いるうち, いるかの, いるが, いるし, いるぞ, いるため, いるだろう, いるとき, いるマダム・セレスティン, いる容子, いる小さい, いる手, いる時, いる段六, いる町, うまそう, おいて, おいで, おく, おりましたが, おりましたよう, おりますから, きたの, くるよう, こない, これに, これを, しまうぞ, しまったので, しまったらしい, しまって, じっとし, そのま, ならない, ますわ, みた, みろ, みんなが, ものとは, ものに, もらって, やった, やらなければ, やるん, ゆく, よみしに, わが室, 一人の, 二人とも, 云った, 五十余人の, 人の, 今に, 今まで, 仕方が, 何でも, 動かない人, 向側に, 夜は, 急に, 手に, 振り回して, 救いを, 来たの, 毒な, 益々複雑多岐, 眼が, 私の, 立って, 自分が, 自然を, 足が, 酒を, 頭を

1 [1283件 抜粋] あったもの, あの素浪人, あやし咲耶子, あること, あるじゃねえか, あるもの, あるわい, ある事実, ある時, いい終る, いくらかでも, いけないよ, いずれこの, いたあまり, いたしばらく, いただきてえもん, いたというのみ, いたのこる片手, いたほど, いたらしい, いたりぬ, いた一匹, いた光景, いた呼延灼, いた尊氏, いた巻煙草, いた張遼, いた手箱, いた本, いた櫛, いた海, いた紙巻煙草, いた若者, いた赤シャツ, いた軽輩武士, いた高柳君, いったが, いつまで, いないし, いないの, いないマズルカ, いない位, いなかったが, いなかったので, いなけりゃならんぞ, いなさるか, いまいな, いますが, いやす, いらしって, いらっしゃいましょう, いらっしゃるの, いられたこと, いるお客, いるかしら, いるこの, いるそれでは, いるだけでも, いるだよ, いるでしょうね, いるな, いるばかりが, いるみじめ, いるよごれて, いるよりは, いるわなないて, いるオルガ, いるタバコ, いる一人, いる下, いる二人, いる二階, いる人々, いる人物, いる例, いる光明優婆, いる八五郎, いる及川, いる古い, いる唯一, いる声, いる女, いる始末, いる川上忠一, いる彼女, いる恣, いる手つき, いる指, いる早瀬, いる書物, いる横堀, いる水夫たち, いる深雪, いる煙管, いる白い, いる眼瞼, いる絵, いる自分, いる苦しかっ, いる赤い, いる鈴子夫人, いる閉じた睫, いる頼母, いる顔色, いる魚, いる鶯, いろと, い他, うとうとと, えあれ, えとこういう, えんだ, えんだがね, おいても, おきますれば, おくくらいの, おけ, おじさま, おったので, おらぬ土地, おられるでは, おりますが, おりますよ, おります通り, おりませんが, おれよ, お前は, お慮外, かく呼ばれた, かの女, きたので, きたり, きた荷物, き又, ください, くださった, くり返して, くるから, くるくる廻る, くるもの, くる戌刻半, くる都心紐育下町, くる響, くれた肉, くれという, くれねば, くれるから, くれるに, くれる約束, くれ給え, ぐいと引摺り込み, けろりと往来, こういっ, ここに, こっちからは, この人, この書, この部屋, この頃, ごもっとも, さっきから, さり氣, しがみついたまま, しっかりし, しまいま, しまいますよ, しまうだろう, しまうでは, しまうので, しまうん, しまったが, しまったどこ, しまったら死んだあと, しまひました, しまふ事, しまわなければ, じっと反対, すぐ岡本, そう言った, そこに, そして片足遁構え, そっと往, そのあと, その先, その声, その政治運動, その片手, その翌年, その間に, それからちょっと, それじゃ, それでも二兩, それ衣物, たしか亡くなった, ただ苦笑, だんだん強く, ちょうどその, ついぞ腹立たし, つと縁, とめども, どこか, なにごとも, ならないの, なりませぬ親方, なるほど一枚, はいはいと, はっきりと, ひそかに, ひるまうと, ほしいよう, まあ何ん, ます, また一つ, また蹈, また青き, まるで現に成つた, みたいと, みたら二万七千, みねえ一段歩, みようとも, みるん, みる指先, もと思い立った, ものだ, もらいたい, もらおうと, やがて針助, やったもん, やつかんなよ, やらうと, やりました, やること, やるよりも, やろうか, ゆくという, ゆく精錬, ようやく起き上った, よくも, よろめいた, ゐた, ゐるばかり, ゐれば, アレ住が, エクスタシーを, グッタリと, シャベルを, スパリスパリと, ト後を, ノッソリと, パッパ, ピストルを, ボンヤリと, メチャクチャに, ヨサファットよりこ, 一わたり診, 一人で, 一場の, 一年の, 一本二本は, 一目散に, 一足とび, 万太郎が, 三べ, 三伏峠まで, 三峰へ, 三度づゝ室へ, 上半身の, 上唇も, 下さる, 下に, 不当の, 世間話を, 串を, 之を, 九時毛勝山頂上着, 二三度左右に, 二千四百米に, 二月夢に, 五十人余りあるいは, 人員の, 人知れず売り, 今は, 今日も, 仏文の, 仙台川岸の, 以上の, 伊那に, 佐古は, 何処っ, 何時のまにか陷つた假睡, 余の, 使つて見よう, 信玄が, 僕の, 兄は, 先生大弱り, 全國, 兩耳は, 共に血肉, 其後一週間ほどは, 内閣を, 再び出現, 凝と, 出獄し, 列伏せりし, 前の, 力なく, 勉強の, 勝手な, 十一年兵部宗勝の, 十二人の, 南股の, 危なく槍, 参りましたよ, 又一つ, 又跳ね, 口へは, 古い楊柳, 叫んだ, 同志社大学に, 向ひなる, 呉れと, 呶号した, 唇を, 唾液を, 四方から, 執拗な, 墨磨る, 夕風は, 夜寒に, 大いに楽しく, 大抵早め, 奥方が, 妙なり, 姫の, 子供等の, 孟徳新書と, 客を, 家へ, 少しだに, 少し無理, 尽くる, 居たんでが, 居られましたが, 山口に, 山手方面を, 岸に, 左門の, 巾を, 市街を, 師の, 平伏を, 幾たびか, 座にも, 引きずり出し而, 弥惣兵衛は, 当時の, 彼女に, 往きかう, 待つて, 徒にも, 御座敷, 心が, 心の, 忍んで, 急ぎ行け, 息苦しいよう, 愈々出来上がっ, 慌てたよう, 懸額, 我の, 手拭いを, 手首まで, 折から, 持って, 捻り上げたと, 敢て, 斑犬の, 新兵衛, 早速あの, 昇り詰めるところ, 昔の, 時計の, 暗がりを, 曰く海神の, 曹操の, 最早秋海棠, 朝日岳を, 村の, 来た, 来てから, 来ないこと, 来るくらいじゃあ, 来るといった, 来るばかり, 来る下手, 来る狂人, 来る筈, 来る衣ずれ, 来る鶴雄, 東京中を, 栃本に, 楽翁の, 櫃を, 武田を, 歩きながら, 殺して, 毎日グラフに, 汝の, 江戸の, 法師野に, 流石の, 海千山千といった, 涙ぐむ清子, 深更までの, 湯に, 潜に, 濛々と, 灯影も, 無色透明浴場も, 爛と, 父に, 片手を, 牛切小町なんて, 独りその, 現れて, 生活の, 用いんこと, 田代へ, 町内組へ, 発車を, 白状させれ, 目玉に, 直ちに行き向った, 真中に, 知らせやがれば, 破格な, 神の, 私と, 秋田領に, 立山に, 笑いながら, 第四, 続く言葉, 置いたの, 翌日清水へ, 耳まで, 腑甲斐なく, 臨終とは, 自分を, 船に, 色彩を, 若旦那さまの, 苦しいの, 英国の, 華やかな, 落としたの, 薄眼, 螢澤に, 行かなかったこと, 行かねば, 行きましたが, 行き遂に, 行く下拵え, 行ったか, 行ったと, 行列の, 衷心を, 裸体で, 見つめて, 覗き見, 覺えて, 言語, 説き出した, 警官たちの, 貴下は, 赤シャツと, 足懸り, 身の毛が, 軍議に, 近所の, 迷亭の, 遊び呆うけられる, 道のべの, 都に, 金山沢を, 長時間にわたる, 隅田川へ, 隨つて御船を, 頂く譯, 頭の, 顎で, 顔へ, 食べる娘, 餓えたる虎, 馬に, 駒を, 高等学校の, 鶯谷へ, 黒平へ

▼ え~ (67, 1.9%)

3 事は 2 ことで, ものだ, もんだ, 兵は, 察しは, 鮒は

1 [52件] がある, ことなら, たばるでねえ, たばるでねえッ, たりない, だ, とこなら, ところは, ないの, はちす, は一体, は何, もう来た, もので, ものな, もんだら, 七変わり, 九一金を, 事しか, 人数が, 仲間入りを, 借金は, 値打ちだ, 半人前の, 卵じゃ, 場所は, 声で, 変な, 小僧っ子です, 小遣いを, 年恰好で, 掘出し物を, 時の, 格式だ, 気紛なら, 水の, 男坊主な, 痛事はけえっ, 発表明治二十八年九月, 相場だろう, 眼が, 肱鉄砲くらわしとき, 色文なら, 芸当なら, 芸当は, 若い先生, 赤児が, 道は, 重さ, 金かかる, 間に, 風呂敷包みを

▼ えても~ (59, 1.7%)

3 平気な 2 変るまい, 能く, 釣れやしねえに

1 [50件] いたし, いたの, いちど家へ, いないの, いる, こられるの, すぐほ, その寒, どこからか, のめまだ, のめ何, よろしゅうございます, わかりそう, ガタガタぶる, ノミの, 万々沙汰なし, 健康と, 凍えても, 制え, 圧え, 圧さえても, 容赦なんか, 尽す事, 居ないで, 帯を, 彼の, 彼女の, 後の, 後日謝の, 得意の, 悪い仲間, 愚直な, 木戸は, 構ひません, 毎日一升づゝは, 濠端かけ, 父母の, 眠れないこと, 笠置が, 胸を, 藤色縮緬を, 見限っては, 話した, 転げるから, 農村人は, 込上っ, 鎮まること, 離れて, 頑として引き返さなかった, 顫え

▼ えから~ (40, 1.2%)

1 [40件] あごを, あッち, お留守, これは, して, それじゃ, なんと強い, よう, よかん, ヘイてんで, 一々小言, 一時そういう, 人間の, 何ういう, 先ず禁裏さま, 出て, 南瓜の, 大丈夫で, 定めし狐, 山の手の, 己ハア, 帰ろうと, 帰ろうや, 当分は, 持って, 教えられた一節, 早くなんとか, 早だ, 時々行く, 来て, 毎でも, 気に, 玉虫の, 病人に, 粟の, 糊で, 紀伊國屋でも, 話に, 話を, 貸したが

▼ え~ (40, 1.2%)

1 [40件] あんなにびくびくしねえ, お廻り, かうえ, きょろきょろ地面, それからはあ, それこ, そんね, たって, もう出来た, 下手な, 人ごみに, 仕方無, 何だか気, 何に, 何の, 俺らがにや, 俺達とは, 先刻も, 出される訳, 勤めたって, 同じこと, 善い事, 奇体な, 小鬢から, 御念にゃ, 急に, 戸外へ, 指なんぞ, 暗くなる, 殊勝な, 管あねえ, 米でも, 紫の, 肩白髪櫓掛け, 若い娘, 要らねえな, 親父は, 跡へ, 降つて, 髪の毛が

▼ えては~ (36, 1.0%)

3 いなかった 2 ならぬと, ゆけど, 痛憤やる

1 [27件] いけない, いけないと, いけねえ, いたが, いないでしょうか, いるが, しての, すこぶる身, そこへ, また続い, ゐますが, ニューヨークの, 事面倒だ, 何時迄も, 居ないが, 居ません, 持って, 晩に, 着古しの, 続いたが, 続き処々月, 続き続いては, 続く工合, 續いた, 見ないが, 談判に, 頬笑める

▼ え~ (35, 1.0%)

3 云って, 問はれ

1 [29件] いうよりも, いったら解ろうに, いっちゃ, いって, いってな, いってるん, くだらぬ事, こんな病身, 一語は, 云うが, 云うても, 云うべきか, 云うん, 云う訳, 云ったが, 云ったきり, 云ったって, 云ったら安心, 云ふんだらう, 叫んだ, 大声で, 御坊に, 思ふん, 挨拶を, 注ぎに, 皆で, 答えるに, 考えた挙句, 顏を

▼ え~ (31, 0.9%)

2 し, 人を, 百万坪で

1 [25件] いかれちゃった両国橋あたり, おどろくけ, して, ちっちゃけ, なったらねえか, なりやがったおまけ, なるわけ, やあ持つ, 一直線に, 出てるん, 出張ろうじゃ, 切られる事, 心得て, 悪く集団農場, 本社とかいふ, 来たの, 畜生棹立に, 縮かまっ, 考えて, 耄碌した, 脅えたと, 若え, 見えたの, 退いて, 驚くお

▼ えこと~ (27, 0.8%)

3 をいう, をし, 云って 2 しょうばい

1 [16件] いやすから, うほ, がある, でしたよ, ないわ, はある, をい, をいっ, をいった, をおや, をしや, を云, を云う, を言, を言いおった, を言う

▼ え~ (25, 0.7%)

4 なんだ

1 [21件] あつて, いって, おれの, するやつ, その代り, なんせ唯, ねらい矢, またしても, わっち, 三人で, 人の, 何か, 元日一日で, 啖呵筋が, 始終槍, 宜く, 弥助, 此方は, 言って, 貰い溜め, 釣は

▼ え~ (22, 0.6%)

2 先生

1 [20件] おらあ, お前の, お客さまの, このオベラカシ, ひとがい, もう此処, トトさんも, 何を, 出て, 大きにお世話, 宜いっ, 少し大きく, 師匠, 念にや, 昼寝を, 曲って, 病人なら, 親方, 駄目だって, 黙ってろよ

▼ えながら~ (18, 0.5%)

1 [18件] お金は, お風呂, きいた, しみじみ語った, そういう節句, その視線, それを, そろそろ暇乞い, ほっそりした, ペンや, 乾いた布巾, 右の, 夕食は, 彼に, 私は, 衣の, 言いました, 語って

▼ え~ (17, 0.5%)

81 が多い, が居る, だそいつ, だなぜ, だふん縛って, だわれ, だオイ, ですねえ, は世の中

▼ え~ (16, 0.5%)

1 [16件] ごぜえます, してやらア, それだけで, もう身, もっと生き, 分けて, 女優某を, 好きじゃ, 差してる筈, 心得て, 持って, 有るけれども, 知って, 知らせてもよ, 聞いて, 附けられ算盤

▼ えたり~ (15, 0.4%)

2 しならん, しに

1 [11件] かしこしと, こは, されど食物, されば, して, しならば, しなるべし, しなるべしかれ氣色, しもの, するとき, する必要

▼ えもの~ (15, 0.4%)

2

1 [13件] あるさ, がいる, だから, で, に生, はそれ, はない, ばかり食ってた, もくわせろ, を, をやる, を沢山, を獲る

▼ えてから~ (14, 0.4%)

1 [14件] すぐ田舎, もう今にもぶん擲ぐられはせぬかといつも逡巡, よびりん, 乗り込んで, 云った, 五条の, 何処へ, 寝とぼけたよう, 尾根の, 改めて御, 神崎与五郎が, 英文を, 部屋を, 銘々専食すべき

▼ えもん~ (14, 0.4%)

4 だなあ 3 だな 2 だね 1 だこれから, だなし, でね, でもし, に着た

▼ えちゃ~ (13, 0.4%)

1 [13件] いけないこと, いけませんぜ, ん, んおらだ, んが, んて, んていう, んは, んを, ァ天道様, ダメです, 困るじゃ, 楽しんでるだけ

▼ え~ (13, 0.4%)

2 なかなかああ, 済むだろう, 目の 1 がすよ, げすまして, なけあ通じねえんで, なろうか, ベソなんか, 私より, 討手に

▼ え~ (13, 0.4%)

2 島田は

1 [11件] いい, いいです, いいの, お米, すぐに, それで, なりますから, よかった, 俺は, 完全に, 跡は

▼ え~ (10, 0.3%)

1 う, うかしましたよ, でもねえだ, でもねえや, でもねえわざわざ, のお, の臭い, を煮てる, を献上, を証拠

▼ え~ (8, 0.2%)

2 めえ 1 内儀さん, 城の, 恥か, 止しなせ, 祭りさ, 願えでん

▼ えので~ (7, 0.2%)

1 げすから, げすが, ござります, ひとり手性の, 久し振, 與助を, 論戦が

▼ え~ (7, 0.2%)

1 ねえ与八さん, ッ, 斬るなら斬って, 書附せ, 知れた事, 見てろと, 見物人めら

▼ えどう~ (6, 0.2%)

2 したという 1 したと, したッ, だという, で糠喰ふんぢ

▼ え~ (6, 0.2%)

1 お客様, ナア, 仙太公, 己が, 此れ, 私が

▼ え~ (6, 0.2%)

1 だから, だと, です, ですか, ですがね, の証拠

▼ え~ (5, 0.1%)

1 どないし, 今こ, 光子さんの, 名前は, 胸の

▼ えこれ~ (5, 0.1%)

1 が私, が顋, でお, に限る, へ出え

▼ えその~ (5, 0.1%)

1 とき思い知っ, 上堂宮の, 日本一の, 早駕籠, 頼みという

▼ えてでも~ (5, 0.1%)

2 いるよう 1 いるだろうと, いると, いるらしい

▼ え~ (5, 0.1%)

1 ご存じなく, みたして, 仕止めるにぞ, 仲間に, 出して

▼ え~ (5, 0.1%)

1 がこれから, これから益満, もせっかく, も腕, れ惡

▼ えお前~ (4, 0.1%)

1 には, のいう, の様, は器用

▼ えそう~ (4, 0.1%)

1 かと言っ, して, すれば, では

▼ え~ (4, 0.1%)

1 どうした, ないにか, もうこの, 思っての

▼ えにしか~ (4, 0.1%)

1 ならね, ならねえぜ, ならねえん, 見えやしねえや

▼ えの側~ (4, 0.1%)

2 にいた, に誰

▼ えやう~ (4, 0.1%)

1 か, だが, とは思はれない, とは思はれぬ

▼ え~ (4, 0.1%)

1 が上野, は山口屋, もお, も鴻の巣

▼ えおら~ (3, 0.1%)

1 あこの, あこんな, が横車

▼ えこの~ (3, 0.1%)

1 寝床ん中に, 捌きばっかりは, 比丘尼は

▼ え~ (3, 0.1%)

21 サこれだけ

▼ えそれ~ (3, 0.1%)

1 でこそ銭形, でこそ錢形, には何

▼ えそれで~ (3, 0.1%)

1 あつしの, 溜飮が, 頼まれ甲斐

▼ えそんな~ (3, 0.1%)

1 バカな, 事が, 御託は

▼ えたりと~ (3, 0.1%)

1 いふべし, したろうか, 人界へ

▼ えって~ (3, 0.1%)

1 んだ, コウ引立って, 言うつもり

▼ えてさえ~ (3, 0.1%)

2 おります 1 居りました

▼ えという~ (3, 0.1%)

1 のは, んです, 方なんです

▼ えなあ~ (3, 0.1%)

1 おれっ, なにが, ケガしてる

▼ え~ (3, 0.1%)

2 また出で 1 それも

▼ えのに~ (3, 0.1%)

1 あんなところ, まあ何, 妾宅に

▼ えまで~ (3, 0.1%)

1 夢現つ, 学校を, 踏みます

▼ え~ (3, 0.1%)

2 ないよう 1 ない平凡さ

▼ えもう~ (3, 0.1%)

1 てえげ, やめろ, 三輪の

▼ えやつ~ (3, 0.1%)

21 だな

▼ え~ (3, 0.1%)

1 がお, が好い, や描写

▼ え~ (3, 0.1%)

1 の手, の通り旅, の阿

▼ え親分~ (3, 0.1%)

2 が乘 1 が乘出し

▼ えあの~ (2, 0.1%)

1 怠け者が, 梨を

▼ えうめ~ (2, 0.1%)

2

▼ えかと~ (2, 0.1%)

1 心配し, 思えば

▼ えかな~ (2, 0.1%)

2 ううお

▼ えけど~ (2, 0.1%)

1 どんな風, 古い由緒

▼ えこっち~ (2, 0.1%)

1 あお祖父さん, はいつ

▼ え~ (2, 0.1%)

2 う來

▼ えじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないかねえ, によってお

▼ え~ (2, 0.1%)

1 とに立っ, べえて

▼ えそれぢ~ (2, 0.1%)

1 や御意, や親分

▼ え~ (2, 0.1%)

1 弱ったなと, 武

▼ えたりという~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ えだが~ (2, 0.1%)

1 一通り申上げね, 足を

▼ えだって~ (2, 0.1%)

2 放っとけば

▼ えだれ~ (2, 0.1%)

1 がお, だってでき

▼ えてこそ~ (2, 0.1%)

1 梅モドキは, 近くは

▼ えてね~ (2, 0.1%)

1 其上へ, 迷児と

▼ えてめえ~ (2, 0.1%)

1 こそしっかり, の胸

▼ えところ~ (2, 0.1%)

1 へ気がついた, を拵えとい

▼ えどんな~ (2, 0.1%)

1 ことを, 科であんなえれ

▼ えなと~ (2, 0.1%)

1 こさえぐでねえぞ, 云うと

▼ えにくい~ (2, 0.1%)

1 のが, 名で

▼ えの兄貴~ (2, 0.1%)

2 によく

▼ え~ (2, 0.1%)

1 行った吾妻屋永左衛門, 行つた吾妻屋永左衞門供の

▼ えへん~ (2, 0.1%)

1 が, どすわと

▼ えまあ~ (2, 0.1%)

1 俺も, 晝間は

▼ えまた~ (2, 0.1%)

1 笛の, 頼みも

▼ え一丈~ (2, 0.1%)

2 も積んだ

▼ え其の~ (2, 0.1%)

1 代りに, 手で

▼ え~ (2, 0.1%)

2 籠りだあ

▼ え友達甲斐~ (2, 0.1%)

2 のねえ

▼ え~ (2, 0.1%)

1 悔いて, 返りですが

▼ え後ろ~ (2, 0.1%)

1 から追, から追いつい

▼ え~ (2, 0.1%)

2 は透り

▼ え早く~ (2, 0.1%)

1 穴を, 言え

▼ え毎日~ (2, 0.1%)

2 見て

▼ え~ (2, 0.1%)

1 を静め, 萎え怒り

▼ え気の毒~ (2, 0.1%)

1 だあ, なと

▼ え~ (2, 0.1%)

1 にしてえで, を取っ

▼ え~ (2, 0.1%)

1 えと, てえ

▼ え遠慮~ (2, 0.1%)

2 なしに

▼ え~ (2, 0.1%)

1 は幾ら, を取られた

▼1* [235件]

□□□□□□□□□□、其の美くし, えあいにく襷がねえ, えあっしゃだんなのそのこたついじりが気に食わねえ, えあっちへいってろ, えあつしの口一つ, えありゃ女でござんす, えあるめえ, えあれだろう字, えあれえ大隅さん, えあんた此の金, えあんな人間の, えいくつ出たんで, えいつのまにあんな女の子, えいなせえ, えいまに太陽様, えーあああ, えうちから居りやす, ええらいところを, えおいらの父上, えおらたちは知らなかったです, えおれの包, えおんつぁん, えお前さんそれは無理, えお前たちがばか, えお嬢さん御得心, えお母様宜く, えお話を聞い, えお金くれえと, えかもしれねえが, えからってもう来, えからといって, えからばきば, えがね十二人とも, えけれども旦那にも, えこいつはすげえや, えこいつらは間, えここれはいっ, えことしびれをきらし, えこりゃア一番縁を, えこれさへありや, えこんどこそはおれたち四人, えこんな小え, えしと与惣次は, えせっかくドイツ帝政の, えその後二時間餘にし, えそりゃあどうした, えそれから一つ山を, えそんなら此, えそンなこと, えたけくらべ, えたしかに鯨は, えだから言って, えだってのにかかあの, えちやあいやあよ, えつつあらむ, えつつもなお伝統, えつもりだ, えてかの女の, えてからは通学を, えてさ何だッ, えてぞ奏しける, えてという御感慨, えてにッこりと, えてばかりいなかった, えてやがった, えでも来て, えといった陽気でい, えとして示すの, えとはどうでござん, えどういうことな, えどうしてぬけ出したの, えどうも女を, えどころがねえで, えどころか殺すぞよ, えどっかの嬢様, えなてがらは, えなどとだみ声を, えなにが気に入ら, えなんだってんだい, えなんとマア名主が, えなんとも思うもん, えにとつくりお前, えにのはえ冷たく, えには負けべ, えにまでして, えにもほどがあらあ, えのおいらもさいころ, えのでなそれで先生, えの其時拵へた, えはずじゃねえ, えはやく帰っちまえって, えひとたび確信する, えまでは行けずかな, えまんじゅう一つなら一分間, えみたいな奴, えみなの衆同じ悪事, えみんなして, えみんなお前のした, えむっつり右門にゃ, えもう少しで息, えもっと沢山遣るから, えやう筈はない, えやがて膳部も, えやすい方法を, えやつらだ, えよしんば風にや, えはむとちきりしきみはわれにそむきぬ, えサ, えわしぁこれから廻国に出かける, えエエ悪いこた, え頼むから, え何だ, えっ走り, え一ツ爪尻でえ, え一振り振って, え三日もいっしょ, え三百石の田地持, えへのぼっ, え不自由して, え与吉待てえと, え亭主のお前, え今お前がいう, え今お前様が入らっした, え今日上総の天神山, え他所さ行ったん, え位置が違う, え何事も明日, え何処え往, え何千軒とも知んねえ, え先生に描い, え兵藤さん危ねえ, え出掛に己ア肩叩, え初めっから, え助太刀に, え千人殺せば, え卑怯なばからしい, えうが, え名所だにの, え向うは泥坊, え呆痴な苦労, え喉佛がピリピリ, え四人を四人, え土地から家, え土用前に採つ, え地上にある, えばかりの家探し, え多助さんこうやっ, えは出来ねえ, え夢幻の中, え智識さ五十年の, え大丈夫だ美人, え大夫が其の, え大金になる, え天下御免であの, え失礼しました, え奥様は其の, え奴ぢやありません, え奴らだ, え好いですけどもナ, え好きな役者衆, え獲鳥, え嬉しいだろうな, え客人がその, え富さんの口前, えはそいつ, えいせえ, え小癪に障る, え巡査呼んで, え左様だら, え年イ取ると, えは同じ, え彰義隊は誰, え城内の, え念仏やお, え悲しい苦しいと思うたら, え意気ときっぷ, え憎らしい野郎も, えはた, え手前こそ嘘, え手前そんなら行方, え支那さわいでるが, え教師なんて馬鹿野郎, え敦子さま俺あバカ, え方弁当持ってるだか, え旦那様が悪い, え旦那様槍で横っ腹, え早い話が, えが紺屋, え最う了簡罷りなら, え月夜じゃない, え根性が無く, え梅舎錦之助さまとおっしゃっ, え欲しけりゃ自分で, え止めやがれ, え此家の兄哥, え此方からお, えに打ち克つ, ええ可哀そう, え汝げ見せるもの, え汝ア幾歳になる, え決して手出しは, え沢山よい夢, えの側, え礼者ええ, えをぱッぱと, えだろうな, え狐店の白ッ首, え城を, えは虚, え私ア白っ子かと思えやした, えなかなか費用, え素人じゃねえ, え絹片一つあっても, え義理にもつまん, えはあるだ, え自分の居ツ家, えの中, え苦しいもんだ, え蒸気車というもの, え蘭奢待の名香, えがうまい, え親分これであつし, え誠に無理な, え貴方若し困るなら, え貸元衆真壁村の仙太郎, え逃げも隠れ, え野郎共しずかにしろ, え錢形の親分, え間違いのない, えはない, え頬ぺたが落こ, え頬ぺたが落ちらあ, え馬子にも衣裳, えなんていう, えして