青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おいら~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~えらい えらい~ ~える える~ ~おい おい~ ~おいた おいた~ ~おいで おいで~
おいら~
おう~ おかあさん~ ~おかげ おかげ~ ~おかしい おかしい~ おかしな~ おかみ~ おき~ ~おきたい

「おいら~」 1550, 17ppm, 6791位

▼ おいら~ (367, 23.7%)

8 ような 7 お師匠さま, 先生が 6 せいじゃ 5 せいじゃあ, 先生は, 手に 4 先生を, 馬は 3 うちの, お師匠様, ことは, ことを, だんなが, 仲は, 兄さん兵隊さん, 先生, 眼が, 組合には

2 [22件] ことかい, だんなじゃ, ところへ, ものだ, やること, 前へ, 勝利は, 叔母さんは, 口は, 寝て, 方から, 方が, 方で, 父は, 目が, 目玉は, 眼の, 知ったこと, 道庵先生, 面を, 頼みを, 顔を

1 [242件] あげたてんぷら, あごに, あだ名も, いいて, いうこと, いうとおり, いうの, いう通り, いったの, いった通り, いとこの, おかしいの, おしゃべりあごもなかなかちょうほうなんだからね, おじいさんは, おじさんたちの, おはこな, お上さんだ, お墓, お嬢様なる, お株を, お母さんや, お父, お角親方, からだ, からだはな, からだを, かわいいもの, かわいがって, こころは, ことだ, このちっぽけ, この中村行き, この心持, この思い詰めた, この眼, この面, しりでも, ために, ためにゃ, だよ, だんなだ, だんなに, できの, とこに, ところに, ところの, なかまで, ふところに, ほうが, ほかに, ほかにゃ, ものだらう, ものは, もんじゃ, オリザみんな倒れ, クロだ, サルフィユ, ナイフを, プリンス, ペテロ, 不動様だ, 不覚だった, 世が, 両親は, 主人の, 乗って, 今の, 仕事も, 代りに, 体は, 借りようッ, 僻耳じゃ, 兄貴分の, 先生じゃ, 先生じゃあねえか, 先生と, 先祖の, 全盛時代とね, 出したの, 出世と, 前じゃ, 前で, 力では, 力よりは, 加勢で, 加勢を, 包を, 博学と, 友達たちよ, 叔母さんだ, 口から, 口笛なんか, 名だ, 名まえ, 名を, 唄で, 地所だったら, 墨を, 声まで, 大事な, 大切な, 女房な, 女房を, 好きな, 妹おいらアこれの, 妹で, 妹に, 姉さんの, 娘つ, 子だ, 子分な, 安全地帯いい, 家じゃ, 家にも, 家は, 山を, 巴里, 弟に, 弟子よ, 影は, 役だったの, 役は, 御同行, 心の, 心は, 心意地だ, 心配する, 恩人は, 情婦だった, 手から, 手じゃ, 手品は, 手紙を, 承知も, 推量だ, 故郷, 料簡ひとつで, 方じゃァ, 方に, 方にも, 方は, 方へ, 方を, 旅の, 旅は, 旦那を, 時計は, 望みでも, 村の, 村長は, 根城な, 槍が, 槍は, 気っぷが, 気に入るわい, 気の, 気持を, 永年の, 父や, 父をけ, 父上ときたら, 父上も, 父親, 父親は, 父親も, 理窟が, 生まれた島, 番だ, 癪に, 目に, 目の, 目も, 目玉が, 目玉の, 相手に, 眼だっても, 眼と, 眼は, 眼鏡に, 知った町, 知って, 知つた町だ, 知らない間, 知恵が, 知恵蔵一つだ, 種族はなんて, 組合は, 絵が, 繩に, 羽を, 考えが, 考えじゃあ, 耳でも, 肉体かよ, 胆剌の, 背中へ, 腕を, 落度に, 蒔きつけた種子, 行く先, 襟く, 襟首を, 見せるな, 見張りは, 親を, 言わねえこっちゃあねえ, 訊くこと, 讐だ, 足で, 足では, 足の, 身は, 身体では, 身体は, 近くで, 近づきにゃ, 追分を, 連れを, 道庵先生が, 道楽から, 邪魔する, 金じゃあねえ, 長上衣を, 長屋の, 闘いは, 面さえ, 預けたその, 頭じゃ, 頭の, 頭は, 頭へ, 頭ん中に, 頼みだ, 頼みは, 頼みァ, 願いが, 食堂は, 馬に, 馬にこそ, 馬術は, 鷲だ, 鼻は

▼ おいら~ (282, 18.2%)

3 ここで, これで, それを, 腹が

2 [13件] あいつとは, おいらの, すぐに, ひとりな, まだ十三さ, もうお前, もうこの, 今まで, 何んにも, 叔父さんに, 森に, 自分の, 馬と

1 [244件] あいつ大きらいだ, あきらめきれません, あたま, あとを, あのおじさん, あのお嬢様, あの人, あの荒波, あの難物, あんまり知らねえ, いい気持, いうよ, いっこうかまわねえ, いつか果心居士さまの, いつもかうし, いまそこの, いま大きな, いやだ, いやわたし, いよいよ今夜, おいらが, おまえが, おまえなんかに, おまえの, おめ, お前を, お寺を, お師匠様, お母, お母さんに, お腹が, お近さん, お通さん, お銀様, かつきり一年, くやしいや, こうして俯向, こうして追いかけ, こう見え, ここに, この山, これからいそがなくっ, これから一軒, これから人, これから出かけます, これでも, これを, こんなに丈夫, こんな老人, さっきから, じぶん, そいつを, そうし, その人, その使い, その狐, その蛇, それが, そんなこと, そんな人間, そんな功徳, そんな太夫さん, そんな役目, そんな赤ん坊, ただお前, ただ用心棒, ためを, ちっとも足, ちゃんと突き止め, ちょいと, ちょっくら一まわり町, ちょっと魔人さま, つくづく考えた, とうとう盲, どういうわけ, どだい手妻, どんなに諸国, はじめは, ひげすり閻魔さま, ひと目で, ひどく餓え, ほんとに知らねえ, ほんの使い奴, ぼんやり突, まだおみこしさん, まだお目にかかった, まだ世間, まだ生まれ, みな憎い, みんなと, もういる, もうこうなりゃ, もうとっくの, もう一ぺん軽井沢, もう二日, もう帰らなけりゃなら, もう疾うに土, もう知らねえ, もう行く, もう諦めた, もしそうなったら, もとから, よけいに, キビキビと, クロよ, ゴロ寝, ジュリーの, 一八四五年, 一時間も, 三人とも, 二つ返事で, 五に, 京都を, 人から, 人に, 今いう, 今も, 今一度廿歳代に, 今夜ここで, 今夜も, 今日かぎり出, 今日は, 今逃げ, 今間の, 仕事に, 伊勢者で, 何とも, 何も, 何を, 倒れないで, 兇状持ちで, 先に, 先へ, 出かけるよ, 別に思惑, 前から, 助かったん, 只お前さん, 司令官じゃ, 品川宿の, 喰べ, 因果と, 大丈夫だ, 大嫌ひだ, 天道さまの, 太平洋の, 奉公人しかたが, 嫌いだ, 嫌だ, 子を, 宇治山田の, 安でき, 宮の, 寒うて, 寝るよ, 少しこまった, 幸福だ, 弁信さんお前と, 後ろへ, 得心の, 徳川びいきだ, 心配を, 怖いほどの, 思うがな, 恥じない, 悪いこと, 悲しいクロ, 意地わるく, 持って, 提灯は, 敵に, 文殊様だ, 新手だ, 旅の, 日ごろ善根, 明日の, 昨日こっちに, 曠い, 月曜日に, 朝と, 木の, 本望だ, 桓武天皇から, 槍だけは, 櫛は, 武士に, 死んだの, 死んでも, 残ろう, 毎晩逆上せる, 気が, 気に入られようと, 水を, 湯から, 源吉と, 濡れたって, 烏丸の, 犬畜生だ, 狛家へ, 用心棒に, 申しわけを, 留めようと, 目黒の, 知らない, 知らないぜ, 知らないね, 知らねえが, 知らねえよ, 空から, 絵を, 罪人じゃ, 考えること, 聞いたん, 背中に, 腹がへ, 船頭だ, 茶番の, 茶番を, 草鞋の, 蔦屋が, 薄情だ, 行き兼, 見せねえよ, 見たこと, 親という, 親切で, 親切で教え, 親方の, 誰にも, 諦めた, 貰ッた, 足が, 踊るの, 近々に, 近いうち, 送って, 道庵先生に, 酒は, 鞍馬の, 食いたけりゃ自分, 食べずに, 食潰しの, 高麗村の, 魔人さまの

▼ おいら~ (228, 14.7%)

5 お諏訪様 3 仲は, 持つの 2 お通さん, だれだか, だんなの, 何を, 手で, 手引きを, 舟を, 若え

1 [201件] あずかった, あとで, あの衆, あれを, あんなにか, あんな者, いいの, いうよりも, いやなら, いるため, うたひだす, おじきじき, おっか, おめ, おりんさんを, おんぶし, お世話に, お出ましに, お前の, お嬢様の, お寺へ, お礼を, お菊坊, きっと突, きるから, こうして起してる, こうと, ここに, こしらえ事を, この杉, こんな乞食, こんな事, しっかりした, して, すこうし, するん, ずばりと, そう言え, そのかわいそう, その太鼓, その悪魔, その父上, それを, たまらねえよ, ちゃんとかぎつけ, ちょいと, どこの, なぐられてよ, なんとかし, にらんだに, にらんで, はいって, ひとつその, ひとつ探し, ひとつ舟を, ひとり者だ, まだ顔, みんなと, むっつりと, むっつりの, もしそやつ, もらって, やったなら黙って, やつたなら, よしと, りうりうの, マストに, 一人まえ, 一人前の, 一日に, 一門の, 三人を, 三十一歳の, 不審を, 不意に, 世話に, 乗り出したからにゃ, 今寄っ, 今晩は, 会いに, 何んで, 倒れなけりゃあ, 兄貴の, 先に, 先祖代代の, 先約だ, 光って, 分らねえの, 助勢に, 十五歳の, 十八番の, 十歳ぐれえ, 召し上がるん, 可愛くて, 叱られて, 呂宋兵衛と, 呼びに, 呼出しという, 四歳の, 垣根を, 堺屋から, 変り者じゃァねえ, 夜の, 大物を, 始末し, 媽, 実地を, 宿屋へ, 小笠原島吉と, 帰って, 帰ると, 度胸を, 引き取って, 引き受けたから, 引受けた犬, 往って, 後見だ, 怒りつけるぜ, 悪いやつ, 悪いよう, 悪かった, 意気地が, 慈悲を, 手にゃ, 手柄に, 手紙を, 承知しねえ, 折角捜し当て, 担いで, 拙い絵, 拾って, 持ち出した物, 捕って, 教えるよ, 斬ったの, 明日から, 昨日出会った, 木の, 案内役だ, 櫛を, 歩いて, 死ぬ時, 死んで, 死んでると, 残る恨み, 母さん, 汗水たらし, 江戸で, 汲んで, 沈まずに, 涙を, 済まねえ, 牝馬を, 特別に, 生れると, 甲府へ, 男らしくねえ, 皇帝か, 突き倒されて, 立つね, 笑や, 絵に, 罪を, 考えて, 背負って, 背負ふから何でも, 若旦那と, 茶の間で, 荒れ出した日, 蔦屋へ, 蝋燭は, 行って, 見たん, 見ると, 親方から, 言ったん, 言つたと, 計って, 責めたてると, 貰って, 買えなけりゃ先生, 走る分にゃ, 身ぜにを, 身代りに, 身体を, 車を, 迎えに, 遠方の, 邸へ, 金持ちに, 門を, 附いて, 降りろと, 隠密なら, 頼まれても, 食い物屋と, 馬のか, 馴れない人, 骨折つてチェレ, 鹿の, 鼻くそなら

▼ おいら~ (129, 8.3%)

3 安心した 2 そうだ, ちっとばかり, 一緒に, 本当の, 焼きが

1 [116件] あの術, いっしょに, いまから, う, うこの, うっかりし, おつか, おめ, おめえのこ, おんなじこッ, お将軍さま, お師匠さま, お美夜ちゃん, きょうは, こいつも, こうま, この人, この隣り, こんなに力, こんな安心, さいころは, さむれえ, じつは帰したくねいんだ, すぐお前, そいつを, そう思う, そう思っ, そう思ってる, そこい, そこらが, その先長, その話, そら涙, どうしていい, なんだか見た, まさかこれ, まだ考えてる, みんなあの, むかしの, もう少し若くっ, もとは, ゆく, よく歌, 一つお, 一人で, 一口やっ, 一度でも, 一生懸命精一杯の, 下町ッ児だ, 乞食に, 五体五倫を, 人出に, 人間だった, 今ちまきを, 今度の, 今朝から, 代々鯨とりだ, 仲間に, 伊勢の, 何かと力, 何だかいや, 何の, 何も, 修業が, 偉くなろう, 初手に, 初笑い, 初耳だ, 叩いて, 坊主の, 威勢を, 嬉しい, 安閑としては, 家になんか, 寝るよ, 居候な, 往く, 後から, 急に, 愕いた, 捕手と, 捜して, 旅に, 日本一太郎として, 日本人だ, 時々悲しく, 本心と, 本望よ, 江戸から, 河原者を, 泣きたくなっちまわあ, 泣けて, 琉球へ, 用が, 癪に, 盗人は, 相談を, 知らないけど, 知らねえ, 知らねえぜ, 砦と, 緩り飲める, 聞いて, 船に, 苦労した, 行きてえな, 行くぜ, 行くには, 裏右門流で, 見て, 連れて, 遠い昔, 都に, 飛んだ奴, 高麗村へ, 鰹が

▼ おいら~ (66, 4.3%)

2 つれて, 相手に, 縛って, 逃がして

1 [58件] いつまで, お前さんの, お見忘れなすった, からかって, くたばらす気, ここで, この弥太一, さんざん悩め, すてて, その陰女, だれだ, だれと, つかまえて, とっつかまえるの, どうする, のっけて, はめりゃあがったな, ふん縛って, ぶんなぐったの, ぶん撲っ, まつて, まつてるか, みんなが, ゆであげて, スープに, バカに, ペテンにかけ, 与兵衛さんが, 出して, 出し抜いて, 助けるため, 可愛がって, 呼んだばっかりに, 呼んで, 困らすん, 大事に, 少しの, 庭口へ, 引取っ, 打ったり, 打つ気, 押しのけて, 捕まえたとき, 捜しに, 毎日待っ, 洗礼祝いに, 渡さないで, 睨みました帰り, 知りなさるめ, 米友と, 縛るだね, 置いてけ, 見ねえ, 見忘れるわけ, 誘惑する, 誤魔化さうたつて, 迷わすその, 連れて

▼ おいら~ (59, 3.8%)

2 見せ見せ, 黙って

1 [55件] あ思えねえ, いっぺえくわしたのも, いわせれば, おくれね, おだし, おべっかを, かしといて, きくこたア, この金包, さっき道を, さなん, そっくりじゃ, そんなこと, だまつて, とっちゃ, とっちゃあ, まかせて, むかって, ゃあもうおよそ, ゃこれがありゃいいんだ, やああの, やあ家が, よく思われ, わかって, クロという, 二十本ばかり, 何を, 呉れゃあしねえ, 喜んで, 売って, 天罰が, 委しく話し, 帰る, 帰れッ, 恵んで, 抛りつけて, 授けたん, 授けて, 文句を, 末寺の, 用かね, 相談し, 素っ, 罪は, 羽織を, 見ごとに, 話したから, 話したん, 負は, 貸して, 貸しな, 返して, 違ひない, 頼みてえという, 頼むより

▼ おいら~ (46, 3.0%)

1 [46件] あすこで, あの太夫, これで, こんな厄介, さっきから, しかし今夜, しょっちゅう知ってる, しよつちう, じいさんに, そのお, その高麗村, ただ親切, ちっとべ, ちょっと考える, とてもだめ, どこまでも, なんだ, ひとつうんと, もうあの, もういけ, もう遠慮, 一てえ, 一人で, 一月娑婆に, 三尺高い, 主人持ちだ, 人を, 何だ, 其の仇討, 夢にも思わなかった, 女房なんて, 奴の, 嬉しくねえ, 安心だ, 役人の, 思わず声, 斬りたくねえ, 泉州産で, 甚右様々の, 生れてから, 男の, 知らねえよ, 米友だ, 義賊の, 虎と, 跡を

▼ おいら~ (29, 1.9%)

5 いっしょに 2 おめ, 一緒に

1 [20件] あそんで, いっしょにへ, おまえは, お前さんの, お通さん, かけッくら, きまってるん, それからお松さん, めぐりあえるの, 一つ鍋の, 二人で, 叔母さんの, 同じか, 同じ目的, 意気が, 猫の, 約束した, 遊んで, 馬とを, 馬を

▼ おいらには~ (25, 1.6%)

2 わからねえ, 歌は

1 [21件] いえないね, いっこうそんな, おいらで, おかしくて, おじさんの, それが, ちゃんとわかる, ちゃんと付い, どうしていい, どうしてもさがしたい, なんにもそんな, ふしぎで, わからねえお嬢様, 何が, 何だかそれ, 分らねえ, 別に当り障り, 山は, 従妹に, 読ませて, 面白くも

▼ おいらにゃ~ (18, 1.2%)

1 [18件] あさっぱり, あ区別, あ口, あ敵, あ死んでる, あ気, あ眼, あ自由, あ解らねえ, そうは, とても越えられ, アそれは, 一向身, 不作の, 平馬は, 歯が, 神田明神が, 竹童っていう

▼ おいらだって~ (17, 1.1%)

1 [17件] あの時, いつまでも, おんなじこと, お君, お客さんじゃ, こうなりゃ, これで, こんなペコペコ, まだ若い, 余程の, 文身ひとつからだに, 生っ粋, 男の, 空に, 詫びを, 間が, 頼まれりゃ男

▼ おいら~ (16, 1.0%)

81 おいらだ, からいい, がと言おう, とでも思つて, なんて言う, よアア, よ鞍馬山, ッて

▼ おいら~ (16, 1.0%)

1 [16件] いくら何ん, いけねえ, この道, こんな匂, じっと縁, つくづくあいつ, 何も, 出世が, 堅気の, 惚れ惚れ見とれてる, 泥棒猫の, 現にたった今この, 行くな, 誰が, 買って, 金が

▼ おいら~ (10, 0.6%)

1 あわて者, うれしくッ, からッ車, この家, こんなに掌, どうもまだ調べ, のせい, ほんとにむね, もうちっとで, 肝つぶ

▼ おいらたち~ (9, 0.6%)

1 で名, と遊び, には鋏, のわかい, はこれ, は罪人扱い, もこの, も鳥, を

▼ おいらにも~ (9, 0.6%)

1 お前の, わからねえこと, わからねえわい, わからねえん, 一ぺえくんな, 似合わねえドジ, 相当に, 覚悟が, 銭くんな

▼ おいら~ (8, 0.5%)

7 んだ 1 のさ

▼ おいらなんぞは~ (8, 0.5%)

1 それから, ちっとも怖い, ひとりぼっちで, 天地間の, 島抜けの, 槍が, 濡れたって, 赤ん

▼ おいら一人~ (7, 0.5%)

1 がやきもき, で帰れる, で武蔵様, の見物, も友達, を目の敵, を置き去り

▼ おいら~ (5, 0.3%)

1 の村, は猟師茶屋, も朝飯, も知らねえ, より他

▼ おいらへを~ (4, 0.3%)

4 申しあげぬの

▼ おいらもう~ (4, 0.3%)

3 やめた 1 尾っぽ

▼ おいらより~ (4, 0.3%)

1 おかみの, 十年ほど, 外にゃ, 油壺から

▼ おいら~ (3, 0.2%)

1 侍という, 師匠様が, 酒を

▼ おいらから~ (3, 0.2%)

1 この包み, ひとつ頼みに, 見ると

▼ おいらじゃ~ (3, 0.2%)

1 ない, ないん, ねえや

▼ おいらという~ (3, 0.2%)

1 人間が, 人間は, 奴を

▼ おいらまだ~ (3, 0.2%)

1 ねむくない, 塩漬樽の, 眠くねえ

▼ おいら~ (3, 0.2%)

1 するけれども, でも呉れ, もこれ

▼ おいら嫌い~ (3, 0.2%)

1 さ, じゃあねえ, だ

▼ おいらぁや~ (2, 0.1%)

2 だよ

▼ おいらおじさん~ (2, 0.1%)

1 と別れ, に聞きたい

▼ おいらおまえ~ (2, 0.1%)

1 と遊び, のきもの

▼ おいらこそ~ (2, 0.1%)

1 叔父さんに, 江戸一番の

▼ おいらこれから~ (2, 0.1%)

1 ブレーメンの, 石滝へ

▼ おいらだけ~ (2, 0.1%)

1 で旦那, 美味い思い

▼ おいらだっても~ (2, 0.1%)

1 早起きしなくち, 生き物な

▼ おいらなんざあ~ (2, 0.1%)

1 怖くも, 駈け出し

▼ おいらにまで~ (2, 0.1%)

1 お世辞, 隠れて

▼ おいらのせゐ~ (2, 0.1%)

2 ぢや

▼ おいらばかり~ (2, 0.1%)

1 こんなに褒美, 食べて

▼ おいらひと足先~ (2, 0.1%)

1 にあっち, にけえっ

▼ おいらほどの~ (2, 0.1%)

1 ものに, 泥棒を

▼ おいらみたい~ (2, 0.1%)

1 なちび, な小

▼ おいらァお~ (2, 0.1%)

2 めえ

▼ おいら~ (2, 0.1%)

1 ちが, ちなに

▼ おいら五六人~ (2, 0.1%)

2 で宿営地

▼ おいら同じ~ (2, 0.1%)

1 こたつにあたっても, 雪駄を

▼1* [127件]

おいらぁ実ァもうちっと, おいらあお通りのね, おいらあまた一稼ぎだ, おいらあやだよ, おいらあんたをまい, おいらあ無暗に逃げ出し, おいらいまに傷だらけ, おいらを申しあげぬ, おいらおいらに相談, おいらお前でなくっちゃあ, おいらお前ン処の義作, おいらここに, おいらかねおいらは, おいらかんかん虫の, おいらくたびれたから泊まる, おいらくれえ不仕合せ, おいらぐっすり休みてえんで, おいらこうして, おいらこうして帰って, おいらここへ置い, おいらこれッきりだの, おいらさきに行く, おいらじゃあねえ筈, おいらずいぶん待って, おいら十和田そして, おいらそんなことを, おいらたちなんざあ隠亡の仕事, おいらだけに通る理窟, おいらだけは別物に, おいらちょいちょい父親の, おいらやない, おいらてんとうさまとさい, おいらこれでも, おいらでさえ同じ座敷, おいらですよ, おいらでなくても普通以上, おいらとても癪に, おいらとの間は, おいらとを乗換えて, おいらどうしてもお師匠様, おいらどこへ糞, おいらなどよりもよほど大人, おいらなりに心も, おいらなんのまじないだろう, おいらなんかお絹ぐるみ, おいらなんざあ婚礼のあと四日目, おいらなんざお前さんとこへ来る, おいらなんざア自慢じゃア, おいらなんざ大連湾でもっ, おいらなんぞも家が, おいらなんぞを生きるか, おいらにとってお安く, おいらにやとれぬ, おいらに対しては相当隔てなく, おいらのせえだッてんじゃ, おいらのてがらなん, おいらのどのやぶれる, おいらふたりの名め, おいらほんとをいう, おいらまったく買いたい物, おいらてえ, おいらむだ手間取ること, おいらゆんべから投げ, おいらよりかお前は, おいらよりも年が, おいらアいくら逆上せても, おいらアお腹が痛い, おいらアこれのお, おいらアみんな知てるぞ, おいらア一巡りして, おいらア四合ずつ毎晩逆上薬, おいらア正直だから, おいらア皆な知, おいらちが, おいらトケイの乾物商, おいらハンプシャイアのベドウスさんとこ, おいらリュウトをひく, おいら一人どこから外, おいら一所に死ぬ, おいら一日噛んで, おいら一秒間も考えない, おいら下司下郎だと, おいら考えてるん, おいら仕方がない, おいら勝手に好, おいら古い友達の, おいら呉服橋の北町番所, おいらにも知らなかった, おいら大きらいだまったく, おいら大人ならば, おいら大好きだお, おいらのくせ, おいら子供じゃない, おいら少し腹が, おいら島野とは違う, おいら川越の山育ち, おいら幾年にも見た, おいら心がけのゆかし, おいら整然と旨くやってる, おいらうやつ, おいら方々聞いて, おいら景気の悪い, おいらのほう, おいらに持つ, おいら死ぬ時や, おいら泣き死にはしねえ, おいら父様はなし, おいら生きてる人間み, おいらにさわっちまった, おいら直ぐ出掛けようかとも, おいら知らないぜ, おいら竪板に水, おいら筋立てをした, おいら約束の処, おいらがすっと, おいらが減った, おいら花見に行く, おいら苦いからもう, おいらじゃあねえよ, おいら行ッて見, おいら言葉が廊下, おいら詫びを云われなかった, おいら詰らねえことを, おいら負けたもう一遍, おいら逃げも隠れ, おいら途中でもう, おいらたきだ