青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「おい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

え~ ~えた えた~ ~えて えて~ ~えらい えらい~ ~える える~ ~おい
おい~
~おいた おいた~ ~おいで おいで~ おいら~ おう~ おかあさん~ ~おかげ おかげ~ ~おかしい

「おい~」 11208, 121ppm, 874位

▼ おい~ (6941, 61.9%)

111 くれ 94 下さい 69 ある 62 ください 53 あった 40 いた 39 それを 34 あって, くれと, 自分は 33 いる 29 ありました 27 もらいたい 25 あるの 24 あります, 私は 22 次の 21 自分の 20 くれたまえ 18 くれたの, やる 17 くれい, その上 16 彼は 15 いるの, それから, 他に 13 おくれ, くれた, 下さいまし 12 下さいよ, 帰って, 隣りの 11 あったの, あとで, すぐに, そこへ, 今の, 欲しい 10 これを, その間に, ほかに, 下さいませ, 彼女は, 自分で 9 くれるよう, くれ給え, その中, もらいたいの, やろう, よかった, 下さいと, 後から, 急に

8 [11件] いいの, いただきたい, おくん, くれれば, じぶん, それに, やれ, 何か, 外に, 頂きたい, 頂戴

7 [13件] あとから, いいだろう, いただきたいの, いなかった, くれて, くれました, くれよ, 今度は, 出て, 来て, 自分が, 自分も, 行った

6 [16件] あつた, あとは, あるので, いると, くれる, そのあと, ちょうだい, ほしいと, みると, ゆけ, 一人で, 下さいな, 家の, 急いで, 行って, 静かに

5 [35件] あげるから, あったが, ありその, あるが, いいと, いたが, いって, きた, き堀, くれたこと, くれたので, くれたもの, くれぬか, くれると, け堀, それが, それへ, やって, やりましょう, やろうと, 下さいね, 下さいませんか, 下されば, 二人は, 呉れと, 外へ, 女の, 家に, 御自身, 最後に, 欲しいと, 眼を, 私が, 考えて, 貰うこと

4 [48件] あげよう, あしたの, あるだけ, あるねえ, い, いただかないと, いること, いるよう, くれるの, そこから, そのすき, その外, それで, にこやかな, ほしい, もらいたいと, もらいたいね, もらいましょう, もらわなければ, やった, やりたいの, やること, やると, やれと, よいの, 両手を, 今に, 仕事を, 他の, 他人の, 例の, 僕の, 僕は, 呉れ, 外には, 夜に, 女は, 彼が, 手を, 来たの, 私に, 行け, 行ったもの, 誰が, 貰いたいもの, 貰ひ, 頂きたいん, 黙って

3 [117件] あったこと, あったり, ありましたが, あること, あるし, あるその, あるところ, いい, いくん, いざという, いただいて, いただきたいこと, いただきたいと, いたの, いった, いったの, いて, います, いるだけ, いるん, いる点, おく, おれは, お上げなさい, お前は, かれは, くださいませ, くださいませんか, くださいよ, くだされば, くだすった, くるの, くれたが, くれたま, くれとの, くれないか, くれませんか, くれること, くれん, くんな, さつ, そいつを, そうし, そこの, そして, そのひま, そのま, その方, その留守, どこへ, ふたりの, ほかには, みて, みよう, みろ, もらいたいな, もらおう, もらつた, もらわないと, やらないと, やらなければ, やりました, やるという, やれば, ゆくの, よい, よいかと, よいこと, よかろう, ゐる, 一散に, 一方の, 三人の, 下され, 下すって, 不意に, 両方の, 云った, 云つた, 今日は, 何が, 先に, 先生は, 出かけたの, 前の, 吾, 四つに, 奥の, 奥へ, 家を, 彼女の, 後に, 御覧なさい, 必要に, 悠々と, 暫くし, 来た, 武蔵は, 水の, 火を, 物を, 直ぐに, 立って, 竜之, 膝の, 自身の, 藤吉は, 行く, 行ったの, 見て, 訊いた, 貰いたい, 貰いたいの, 貰って, 貰は, 貰ふ, 貰わなければ

2 [283件] あげた事, あげましょう, あげる, あたりを, あったから, あったので, あったよう, あったん, あった大きな, あった長い, あった黒い, あとの, あるだろう, あるはず, あるばかり, あるへや, ある部屋, いいか, いきました, いくの, いざと, いたこと, いただきましょう, いただくと, いた手, いったもの, いっちゃ, いつた, いつでも, いつの, いない, いないよう, いなかったので, いながら, いるから, いるが, いるそう, いるという, いるので, いるわけ, いろいろな, いろいろの, おあげ, おいて, おくこと, おくと, おくなんて, おくべきもの, おくれよ, おけ, おけば, おまけに, お婿さん, お粂, お話を, お通, かれら, きて, きました, くださいお願い, くださいと, くださいな, くださいね, くよや, くれたから, くれたらいい, くれた物, くれという, くれなどと, くれまいか, くれましたので, くれるので, くれるん, くれろ, くんねえ, ここから, ここの, ここを, こちらを, これで, これという, こんどは, さいご, さっさと帰っ, さてかう, しかる後, しまつ, すぐ, すぐあと, すべての, そこに, そこを, そのあげく, そのこと, その人, その地区, その場, その店, その水, その男, その箱, その縄, その翌日, ただ一人, つかわそうよ, つぎつぎと, つぎの, てて, である, どこからか, にげて, のちに, ふいに, ほかの, ほしいもの, ぼくの, ぼくは, ぽんと, またここ, またこっそり, また受話器, みるが, みんなで, みんなに, みんなの, もらいたいこと, もらいたかったの, もらうこと, もらうの, もらえば, もらおうか, もらったが, もらって, もらつたが, もらわねば, や, やった方, やらう, やらぬと, やらねば, やりたいと, やるから, やるが, やるよ, やるん, やる方, やれという, やろうか, やろうかと, やろうという, よいでしょう, よいもの, ようございました, よろしい, われわれが, ゐる冬夜, アッと, アラチョット, クタクタ煮る, タイプの, ドアの, パッと, ピストルで, 一方に, 一本の, 七月二日に, 万事を, 三日目の, 三次は, 上げましょう, 上げよう, 上の, 上洛しない, 下さいましね, 下さる方, 下せえ, 主人の, 二つに, 二人が, 二人の, 今一組の, 仕事に, 他には, 伸子と, 何に, 何を, 俄に, 僅かに, 初瀬は, 力任せに, 反乱を, 吊され夜, 君が, 呉れ給え, 坐って, 堂々と, 夏の, 外から, 天下に, 好いもの, 娘の, 学校が, 実地の, 室の, 害には, 寝台の, 将来の, 少しも, 居ります, 帰ろうと, 幾枚かの, 引返して, 彼女が, 待って, 後の, 後は, 後を, 得る所, 心の, 忘れて, 思い出したよう, 戴きたいと, 戻って, 手に, 文学を, 明日は, 朝は, 木の, 本当によかっ, 柔に, 様子を, 欲しいもの, 此の, 死体を, 殺して, 水から, 源氏は, 煙草を, 犬の, 生活の, 用が, 男の, 皆で, 直ちに秀吉, 相手の, 眺めて, 知らん顔を, 私の, 私も, 窓の, 答えた, 置きますから, 考え直して, 腹を, 自らは, 自分たちは, 自分だけが, 自由に, 船を, 若しもの, 荷物を, 落葉した, 藤吉郎は, 行かなければ, 袋の, 話を, 貰おう, 貰おうか, 貰ひたい, 返事も, 逆に, 部下の, 部屋の, 鉄の, 鍋へ, 隙を, 隣の, 頂きたいこと, 頂きたいと, 頂きます, 首の, 首を, 黙つて

1 [4174件 抜粋] ああいう, あげて, あげるよ, あちこちの, あったはず, あったドラム缶, あった博士, あった手箱, あった短, あった陶器, あつて, あの位置, あらためて青地, ありアイロン, あり玄関, あるでしょう, あるほか, あるスリッパ, ある刀, ある寝台, ある時期, ある紫檀, あわてふためいて, いいとは, いうか, いきなりわ, いきなり外, いきます, いざとなってまごつかないようにしよう, いただいたら, いただく必要, いたので, いた以上想像, いた自然, いったりんご, いった如き神, いつか直し, いつまで, いないという, いなかったらしい吉川, いやおうなく, いよいよ長く, いるせい, いるひろ子, いる右手, いる状態, いる陣中僧, うちの, おあぐさんの家, おかない巨椋, おくの, おくれよばかばかしい, おこなわれたが, おばん, おらん, お位, お前使う, お島, お求め, お蝶, お金は, かういはれた, かけつけると, かたばかりの, かれちゃ, きさま, きたん, きまった時間, くぞ, くださったので, くだされたい, くれええと, くれたと, くれたまき, くれたジャム入り, くれた嫂, くれた紙ぎれ, くれない, くれなかったん, くれば, くれるだらうと, くれるもの, くれろとか, くれ周馬, くれ考えると, けがの, こういう旗印, こごませて, このばば, この事實, この国, この日川, この衣, これから医学, こんどの, ございます, さいしょは, さっさと札幌, さてこういう, さて三, さて徐ろ, さて真理, さも満足, ざっと三十年, しげしげと彼, しぼらねば, しんたの, じろりと十人, すぐ後, すぐ話題, すっと引, ずっと離れた, そうして春さん, そしてゆっくり, そっと実, そのあと一日, そのつぎ, そのままに, そのまま部屋, その主張, その前後, その国患, その広, その怨み, その次, その目的, その者, その辺, その頭, それからお互い, それからやはり, それから全, それから微笑, それから河野, それから罰, それから闇黒, それでも尚, それとなく自分, それ丈け, そんな相手, ただそれとなく, たった四十分間, だして, ちびり, ちょうどその, ちょッと, つい寝込ん, つぎつぎに, つまらないこと, とこういう, とにかく儂, とるならば, どうなった, どこまでも, どんどん先, なおその, なほいろいろ, にやにやと, のちほど詳しく, はしご段を, ひくい声, ひとり帰る, ふいと, ふたたび湖水, ぶきみ, ほかは, ほとんど同時に雪子学士, ぼて, まいります, まず団体, またがんりき, また伸子, また司馬徽, また新た, また筆, また逆, まちがった情報, まわって, みましょう, みろ宜しき, もうかなり夜, もう一度来, もう逃げ出す, もとの, もらいたいもん, もらいてえの, もらえまいか, もらったのよ, もらはうか, やがて之, やがて非常, やったり, やっぱり密着, やらうその, やるからと, やる分, やろうって, ゆきにくい, ゆけば, ゆらりと振っ, よいよう, ようやく上, よく料理, よみ, よろめくところ, わるいこと, ゐながら, ゐる弟, カクテルを, キリキリキリキリツと, ケルンを, ジャンと, チベットに対する, トランクと, ドンと, ハーモニカを, ビール半ダースで, マタンは, ヨロヨロと, ワクーラは, 一人だけ, 一八〇二年に, 一夜に, 一方は, 一時間ぐらい, 一緒に, 七八間も, 万端は, 三十五倍の, 三月に, 上げたの, 上を, 下さいませぬか, 下さらないから, 下さると, 下せえまし先生, 下田は, 不意打ちに, 両側の, 中務は, 主として不満, 久しぶりに, 亀甲屋が, 二人で, 二十日には, 二時から, 云われると, 交番へ, 人形の, 今それを, 今夜は, 今日明日という, 今更頼み, 仏頂寺と, 他日なし, 休ましてやらなければ, 似せの, 何かの, 何処へ, 何気なく沢子, 使が, 信者の, 停船を, 儲け口を, 先ず己, 免租した, 全体との, 六番目に, 其処を, 再び古谷邸, 写真を, 凶行そのものを, 出た, 出羽守は, 初春早々三河方面へ, 別に玉子, 別当の, 前日の, 助けるという, 勝手へ, 北魏を, 十三日の, 十日ほど, 午後瀬川キミ子から, 卵に, 又候めんどう, 取出そうと, 古藤は, 右手で, 同じ肥料, 向うの, 呉れたまえい, 周馬の, 咄を, 嘘を, 国から, 地熱発電の, 報らせ, 夏に, 外国へ, 夜永の, 大便所へ, 大地震, 大江山課長へ, 天は, 夫婦で, 女中さんが, 妻に, 娘教祖は, 字面で, 安心させ, 実は読者, 室内から, 家康は, 寒吉は, 寝物語を, 将来何か, 小六, 小走りに, 尻尾を, 届けるの, 山田は, 工場に, 市中に, 帰ったらいい, 帰るなんて, 帳尻の, 平馬ひとりが, 幼い小, 床の, 庸三は, 弁護士の, 弟子入り志願者の, 当日に, 彼と, 待つ間もなく, 後彼の, 徒党を, 御殿の, 徳義上かねを, 忘れ一層, 急ぎ足に, 悠然として, 意あり, 憂は, 我身一人内裏へ, 戸外へと, 手放すという, 扱き使って, 折柄沸き起る, 拷問に, 捕まえるさ, 提灯は, 支配人に, 教育が, 文学の, 斎藤隊が, 旅僧に, 日曜日は, 早く外, 明日から, 明智探偵に, 時々吸う, 時々飲む, 晩の, 暗黙の, 曇猛, 最初の, 朝方出発する, 本当に飛ぶ, 来たあの, 来た宿, 来るべき工藝, 桃の, 椅子へ, 構わんけれども, 機会は, 次には, 正しい工藝, 此方側に, 歩を, 死んだの, 殴らないと, 毎日の, 気を, 水加減を, 決してわるい, 油断させよう, 泣き叫ぶ小犬, 洗わないオートミル, 消えたずら, 清二に, 源三めに, 潜伏し, 災害を, 無韻の, 煙草に, 父は, 片脚, 犬ゾリで, 独語の, 王子くんだりの, 生ひ, 用立つ, 男たる, 疑っても, 病室へ, 発音の, 皆は, 直ぐその, 相対した, 真打ちには, 眺める気持, 知らぬ人, 磯五の, 祭の, 私夜中に, 秩序立った飲み, 突くという, 立ちあがった, 立つて, 竹も, 第一次, 筵小屋の, 米屋さんたった, 純文学は, 終日かれ, 続いた宇治山田, 縁から, 罪人にでも, 翁は, 翌朝これを, 考へ, 聴いて, 肥ったから, 胸の, 臣下の, 自分について, 自殺と, 舌の, 芥川家について, 苦も, 草鞋を, 葉子は, 蕎麦を, 虚空へ, 行かう, 行きねえ, 行く怪人, 行ったん, 行つたら, 行者を, 裏口へ, 要所要所, 見られるよう, 親切な, 言う風習, 訪ねて, 話が, 誠によかっ, 読者を, 誰にも, 警官の, 貰いたいが, 貰いましょう, 貰ひたい希望から, 貴公子たちが, 赤十字の, 超人は, 踊る, 車に, 農本的自治を, 迷惑し, 逃げたん, 逃げ出す事, 通夜へ, 過去の, 違い棚から, 郎党どもの, 醗酵させた, 針金が, 銭に, 長い縄, 間もなくど, 陛下が, 隣に, 集った資料, 電灯の, 面倒を, 頂きたいもの, 頂くこと, 順助も, 頼まれたこと, 飛んだめ, 飯を, 首領を, 驕慢に, 魔の, 鳥と, 黒ずんだ草

▼ おい~ (1920, 17.1%)

258 なさい 44 下さい 43 なさいよ 39 なさる 36 なさるん 34 なさるの, なすって 31 なせえ 29 なすった 21 なすったね 20 なさいまし, なされ 18 なさいと 17 なすったの, なすったん, 遊ばすの 15 なさいな 14 なされませ 13 なさいました, なさること 12 なさるから 11 ください, なさると, なされました, 遊ばせ 10 なさいます, なさるが, なすッ 9 おいでを, なさるよう, なされます, なすったな, 遊ばす 8 なさいね, なさるか, なさるところ, なされた, なすったか 7 なさいませ, なさるそう, なされて, 下さいまし 6 なさいましたか, なさいますから, なされたの, なされましたか, なすったんで, 下さいと, 遊ばすこと 5 あそばすの, くだされ, なさいませんか, なすったが, なすったと, なすったという, られる, 下さいませんか

4 [17件] あそばせ, くだされました, なさいという, なさいましよ, なさったの, なさるお方, なさるかも, なされば, なすったから, なすった時, なすっても, なんし, なんだ, 下され, 下すって, 遊ばしましたか, 遊ばすと

3 [33件] あそばして, あそばしました, かね, だい, なさいって, なさいましたよ, なさいましても, なさいましょう, なさいますね, なさるお, なさるし, なさるという, なさるので, なさる方, なさる時, なされい, なされたので, なされましたが, なされましと, なされますか, なされる, なすっちゃ, なすつた, なすつて, 遊ばされて, 遊ばされる, 遊ばしたの, 遊ばして, 遊ばしては, 遊ばします, 遊ばすか, 遊ばすわけ, 願いたい

2 [75件] あそばしたの, あそばしまする, あそばす, あそばすよう, お前が, お前の, かえ, くださいまし, くださいまして, くださったの, くだされい, じゃありません, そのうち, なさいあなた, なさいだ, なさいましたお, なさいましたから, なさいましたので, なさいましと, なさいますか, なさいませう, なさい何, なさらないん, なさらねえか, なさるあなた様, なさるあの, なさるくらい, なさるけれど, なさるだろうと, なさるとも, なさるに, なさるのに, なさるもん, なさる御, なさる時分, なさる様子, なされたが, なされたわ, なされと, なされましょう, なされましょうか, なされますな, なされると, なすったあの, なすったお前さん, なすったそう, なすったのね, なすったよ, なすったよう, なすった事, なすっちゃあ, なすつたぞ, なすつたな, なせえました, なせえましよ, ふくろうに, やすの, 下さいました, 下さいませ, 下さったのに, 下さった時, 下さつて, 今日は, 森の, 遊ばされた時, 遊ばした, 遊ばしたか, 遊ばした方, 遊ばしますか, 遊ばしませ, 遊ばすでしょう, 遊ばすので, 遊ばすは, 遊ばせば, 飲んで

1 [589件 抜粋] あそばさないよう, あそばさなかったらここ, あそばさぬこと, あそばされる寺, あそばしたそう, あそばしたので, あそばしたよう, あそばした故, あそばした晩, あそばしましたそうして, あそばしますか, あそばしますこと, あそばしませ, あそばすおくがた, あそばすが, あそばすそう, あそばすで, あそばすでございましょうね, あそばすと, あそばすところ, あそばす故, あそばす方, あそばす限り, あそばせと, あそばせ北原さん, あそばせ私, あの火事, あの長い, あられるな, あんばいが, いいかい, いただきましょうと, いただきます, いま燈火を, いま網を, おいでした, おいでと, お前を, お婆さんに, お客様に, お父さんは, お米持参, お茶も, お銭は, かっ, きっと雨, くださいって, くださいと, くださいなどと, くださいね, くださいました時, くださいましと, くださいませ, くださいませんか, くださったじゃ, くださったので, くださるだけの, くだされおい, くだされまじきやという, くだすって, くだすっても, ここから, ここが, ここへ, この中, この罰あたり, これからと, さああれ, じきに春, じっと, じっとし, じゃがこの, じゃがまさかに, じゃさあ, じゃな, じゃろ, そうしたら, そう云った, そしてお, そしてこんな, そっちへ, その報い, それは, たげな, たん, だからお, だから何, ださうだ, つれて, てって, どんなにも, なさいあと, なさいいつ, なさいここ, なさいこちら, なさいこの, なさいこれから, なさいさあ, なさいすると, なさいそうして, なさいそこ, なさいその, なさいそれから, なさいただし, なさいといふ, なさいとの, なさいとは, なさいとばかり, なさいとも, なさいどうせ, なさいましお待ち, なさいましそう, なさいましたかいな, なさいましたが, なさいましたこと, なさいましたな, なさいましたはず, なさいましたもん, なさいましたよう, なさいました今しがた, なさいまして, なさいましてね, なさいましどんな, なさいましな, なさいましなね, なさいましょうから, なさいましょうと, なさいまし何, なさいまし広い, なさいまし江戸, なさいまし神尾, なさいまし私, なさいまし面白い, なさいますそう, なさいますそれ, なさいますだって, なさいますならナゼ, なさいますまあ, なさいます物, なさいませあんがい, なさいませんが, なさいませんし, なさいませんので, なさいわし, なさい一切承知, なさい伝通院, なさい位, なさい加藤, なさい升, なさい奥さま, なさい山, なさい屹度私, なさい左様, なさい御, なさい提灯, なさい此方, なさい泊って, なさい相撲, なさい竹刀, なさい綴喜郡, なさい蚕籠, なさった, なさったお客様, なさったかい, なさったという, なさったので, なさった書物, なさった頃, なさって, なさつたかい, なさらあ, なさらう, なさらないうち, なさらないから, なさらないこと, なさらない前, なさらない時, なさらなければ, なさらぬか, なさらぬの, なさらねえの, なさらねえよう, なさりは, なさりゃア, なさるああ, なさるあれ, なさるうむそれ, なさるお家, なさるかと, なさるからね, なさるくせ, なさるこの, なさるさ, なさるじゃろ, なさるだ, なさるだけの, なさるだね, なさるだろう, なさるだろうという, なさるちゃんと, なさるてえの, なさるで, なさるでしょう, なさるでしょうけれども, なさるでね, なさるとか, なさるとしか, なさるな, なさるならよろしいよろしい, なさるなら休んで, なさるなら沖, なさるのみ, なさるのよ, なさるは, なさるはず, なさるはっと, なさるばかりが, なさるよ, なさるるな, なさるわけ, なさるんで, なさるサ, なさるドレ一丁, なさる上方見物, なさる上皇, なさる串戲ぢ, なさる人たち, なさる先生, なさる口惜しき, なさる子供, なさる少い人たち, なさる尾張名古屋, なさる心弱い, なさる心持, なさる歩兵さん, なさる殿方, なさる活溌, なさる甥, なさる神様, なさる筈, なさる米友さん, なさる罰, なさる茂太郎さん, なさる藤堂様, なさる西洋, なさる親方さん, なさる訳, なさる間, なさる駒井能登守, なされお, なされおいで, なされずいまだに, なされそれとなく, なされたお前様, なされたお方, なされたか, なされたから, なされたこと, なされたそう, なされたぞ, なされたと, なされたとな, なされたばかり, なされたもの, なされたよう, なされた下, なされた今, なされた松坂, なされた頃, なされた騎士, なされては, なされても, なされとりわけ, なされない以上, なされぬか, なされぬ故, なさればこそ, なされふたり, なされましたあなた様, なされましたやら, なされましての, なされますが, なされますぞ, なされますぞや, なされますので, なされまするか, なされまするが, なされませえ, なされませの, なされませんか, なされるな, なされるはず, なされる山県紋也, なされ今日, なされ何, なされ権現さま, なされ琵琶, なされ白井誠三郎, なされ身ども, なさろうと, なしたぞな, なすったお前, なすったお嬢さん, なすったお客, なすったお方, なすったかと, なすったかな, なすったけれど, なすったぜ, なすったそこ, なすったその, なすったそれ, なすっただけに, なすったでございます, なすったとたん, なすったのにね, なすったのよ, なすったひょろ松, なすったらいかが, なすったらしいの, なすったらその, なすったわね, なすったんだい, なすったエ, なすった人, なすった供, なすった御, なすった方, なすった根岸, なすってからに, なすってからの, なすってて, なすってな, なすってね, なすつたから, なすつたのに, なすつたよ, なすつたん, なすつたン, なすつた先生, なせえと, なせえますか, なせエ, なったの, なにを, なるの, なんすか, なんだい, ねえ好い, のだ, のだろう, ひゅう, ほんとに何, ほんにまあよう和女, ましますのに, また来る, まっせ, もし聞かなかったら, よっ, られるの, わけは, エ御免なせ, キンシを, ッて, ツて, ツと, ナニ気遣いな, ヨウ, 一杯機嫌の, 丁寧に, 下さいという, 下さいましあなた, 下さいましお, 下さいましたあの, 下さいましたのに, 下さいましたわたくし, 下さいました上, 下さいました只今, 下さいました方, 下さいまして, 下さいましな, 下さいましょうか, 下さいませぬか, 下さいませんかといふ, 下さいませんでしょうか, 下さいませんでも, 下さいわたくし一人, 下さい梨木平, 下さい若い衆さん, 下さい解剖, 下さったこと, 下さった我々, 下さって, 下さっても, 下さつたの, 下さつたもの, 下さらなければ, 下さる, 下さるかと, 下さるであらうと, 下さるの, 下さるわけ, 下された, 下されたいと, 下されたらそれで, 下されて, 下されば, 下されました, 下されやした, 下すつた, 下すつた相, 中のは, 九ツの, 今においで, 今にじき夜, 今何か, 今夜の, 今明りを, 佐助を, 使って, 其処に, 其様に, 出て, 勉強も, 友情の, 召されい, 召されよ, 向うへ, 向こうへ, 大丈夫だ, 女びなを, 安心し, 左様なら, 帰って, 心配せず, 怪我を, 憫然に, 早苗さんは, 是非取りかえし, 晝までに, 柳屋に, 構や, 母ちゃんは, 決して人, 泥坊が, 無事にね, 猪太郎や, 私が, 私も, 笠松博士が, 粟が, 絞らないでいい, 若い頃, 誰かに, 誰に, 辻斬りかせぎ, 逃げては, 遊ばさず, 遊ばさぬ今, 遊ばされたわけ, 遊ばされました, 遊ばされや, 遊ばされるか, 遊ばしたえ, 遊ばしたから, 遊ばしたので, 遊ばしたのに, 遊ばしたらどんなに, 遊ばしたん, 遊ばした左兵衛, 遊ばした王様, 遊ばした相良金吾様, 遊ばした頃, 遊ばしてから, 遊ばしても, 遊ばしましたの, 遊ばしまして, 遊ばすおつもり, 遊ばすお方, 遊ばすから, 遊ばすが, 遊ばすには, 遊ばすべきでは, 遊ばすゆえ, 遊ばすよう, 遊ばす宮城, 遊ばす血の気, 遊ばす郁次郎様, 遊ばす間, 遊ばせ今お, 邪魔を, 酔ひ倒れる, 鞭で, 頂いた先生, 願いたいの, 願いますかな, 願えたらどんなに, 願って, 騒がないでね, 黙って

▼ おいても~ (320, 2.9%)

4 いい, よいが 3 いいと, よいで, ようございます, よかろう

2 [12件] いいね, いいの, いいよう, いいん, いつもその, よいの, 人々は, 同じこと, 床の間の, 損は, 自然に, 蚤が

1 [276件] あいつを, あった, あとに, あなたの, あの人, あの家, い, いいけれど, いいだろう, いいでしょう, いいなあ, いいなどという, いざと, いつも新しい, おそらく長く, およそ安土, お供, お尻, お義理, かならずその, きっと送り, けっして萎まない, ここへ, この事, この位心持, この間の, こまるし, これを, さしたる不便, さしつかえないと, さして思慮実力, さし支, しかたが, しゃべらすため, しようがねえ, すぐ壊れる, すぐ馳, そうなるでしょう, そう長く, その為め, それが, それでも中, たった一人, ちょうど飴, できる, とにかくひき, どうせ死ななく, ぬすまれる心配, ふたたび沈み, ふとしたハズミ, まあ当分, まずだんな, まずふぐ料理, まず下関, まず手続き, まず映画関係, まず津田, まず病院, またし, まだ一度, まだ何, もぐもぐと, もとの, やって来たのよ, よい, よいかと, よいだろう, よいであろう, よいという, よいところ, よいもの, よいよう, よい問題, よかった, よささうな, よし, よし丁寧, よろしいでしょう, よろしいです, よろしいもの, わからぬほどの, わしが, わたしが, われわれの, カントが, トマトの, ビクとも, ビルマの, ビーフステーキを, マダの, メキメキと, 一夜の, 一定に, 一度ぎごち, 三両や, 不安心だ, 世の中の, 両方とも, 二十世紀後半の, 人口増加を, 人気に, 人道の, 人間性の, 今が, 今度の, 仕方ない, 仕方ないでしょう, 仕様が, 伊十郎めに, 何だか気味, 何の, 何らの, 何一つ変つて, 何處からか, 保存は, 健康に, 側へ, 備へ, 優に斬れるだろう, 充分身代り, 先ずこの, 先ず第, 先づ一献ぢや, 先づ文学でなけれ, 先慾を, 全然変形, 其れ, 出来ます, 分からないから, 判らないこと, 別に危険, 別に飾り, 別条は, 別段差支えない, 利息が, 効ない, 動かず, 勝てない, 勝てないヘタ, 参列したい, 友情以上の, 可い, 吉原へ, 同じ結果, 同時にその, 君の, 味は, 問題は, 圭子も, 場合に, 夜なか十二時すぎまで, 夜に, 夜光の, 夜遅く, 大きくなる, 大してその, 大丈夫だ, 大丈夫な, 大丈夫に, 大事ない, 大事は, 大事はござりますまい, 大正初期の, 失礼で, 女が, 好いの, 好い事, 始まること, 存分に, 宇宙塵と, 安心され, 宜しいの, 富士山へ, 寒くなし, 小さい彼氏, 小さな髷, 差し支えなかろう, 差当り明日の, 差支ありません, 平治, 年々に, 年中何, 庭さきで, 当然瓦解, 必ずしも無駄, 必要である, 必要な, 忘れては, 悪くなかった, 或はまた鍵, 所詮は, 技も, 探さなければ, 新富町に, 方角は, 早や, 映画館へ, 書いて, 書き出せば, 最後の, 朝暮胸に, 木村に, 椋島を, 検察当局へ, 構わないの, 権利と, 欠かさないの, 死ぬという, 死ぬ人間, 死んで, 気がかりな, 氷へ, 決して不安, 決して危なく, 決して差支えない, 洪水でした, 清潔な, 無駄じゃ, 無駄だ, 物を, 玄卿の, 直ぐに, 相当な利き, 眠られない, 研究発表上何等の, 社会は, 祖国の, 私が, 科学的思想の, 第一, 第一番, 精神と, 紙帳の, 結婚を, 罷らねば, 翌日に, 育って, 能弁に, 脇坂の, 膿血や, 自分が, 自分は, 自滅する, 艇に, 若様を, 若殿の, 葉で, 蒸発を, 蟲が, 行けずと, 装置の, 裸で, 見えなければ, 見る方, 誰にも, 誰も, 資本主義的経済生活は, 農業は, 郊外に, 金の, 間もなくすっかり形, 間違いは, 間違ひ, 陥ちるもの, 隠さねば, 集団強盗が, 非常な, 風が, 飛び出すお, 養は, 駄目だ, 駆けだすやつ, 駆けつけて, 駆け寄つて, 髪の毛一本伸びない, 鬚が

▼ おいては~ (211, 1.9%)

6 ほかに 5 いけない, ない 4 他に 3 後日の 2 あぶない, いけないと, いけません, いつまでも, どうか, ならない, 下さいませぬか, 危険だ, 自分の

1 [170件] あぶないので, あぶない由, あまりに弱い, あまり手前勝手, ありませぬ, あり得ないの, あるべからずと, あるまい, いかがと, いかぬ, いけないそういう, いけないだらうか, いけないの, いけないわ, いざという, いつまで, いつスパイ団, いない, いないの, おため, お伊勢参り, お家の, かえってその, かえって不利, かわいそうじゃ, くせに, くれないん, くれなかった, くれませぬ, こう憤り, この, この世に, この壮挙, この年の瀬, この旨江戸中, この村, ご当家, しなかった, しまいには, その好機, その間に, それから足, それらの, それを, たいへんだ, たたみかけるよう, たったひとり, ちょくちょく目を, つぎに, どうかと, どうだ, どうでしょう, どうにも, どこまで, どんな大事, ないし, なお悪い, なし, ならず対外宣伝, ならないと, ならないといふ, ならないの, ならないので, ならぬため, ひどい熱, ほんとに済みません, また後, また聞える, もったいない気, ゆくすえ源次郎さま, ゆるんで, よろしくない, わが大, わるいと, ゐないの, コゼットは, マーチャント・プリンス, リシアの, 一そう困る, 一つ一つなげこみました, 一人の, 一大事である, 一大事と, 三台五台と, 不可能である, 主人は, 乱れの, 事だ, 二三歩戸外へ, 二日保つ, 人類全体が, 仕事を, 他の, 他国ばかり, 他日国家の, 伊豆の, 伝三郎が, 何事にも, 何日も, 先方の, 兵と, 出るころ, 割高の, 勇一君の, 危険じゃ, 危険千万である, 受信欄と, 同じ型, 同じ調子, 土塀の, 多分その, 夢にもない, 天下の, 奸佞邪智の, 如何で, 如何である, 孔明を, 将来の, 将来家庭を, 当藩, 彼の, 後に, 後図の, 心許ない, 必ずや後, 悪い, 我より, 手先ばかり, 押し寄せて, 文化運動は, 昨日までの, 時を, 末に, 本人や, 本人之, 来る痛み, 気の, 清十郎先生の, 清浄森厳で, 済まないと, 済まねえ酒, 満足し, 父の, 父親の, 物騒じゃに, 玄徳も, 甚だ気, 田畑に, 百年経っ, 縦に, 罰が, 聯絡も, 肩と, 茶人冥利に, 蜻蛉の, 被害地の, 覇業の, 親しい仲間, 身禁門を, 転宅の, 道の, 遺憾なく, 都合の, 酉の, 金切声の, 面倒だ, 音が, 響き砕けて, 順々に, 食べ放題

▼ おい~ (171, 1.5%)

46 まを 8 ほしい 7 まいたし 6 ま乞い 5 ましましょう, 声を 4 まします, ま致します 3 しや, ま申す 2 ひ遊, ますること, まするわ, まも, ま致そう

1 [70件] いうに, いって, いて, いもなく, くれ, くれ市長, くれ野口さん, こさうだ, さん, さん可笑し, しい千浪さま, しうて, しかったよ, しく尊く, しさ, しぼや, しゅうならしった, だの, なむニ, はんが, はん売られ, ひなされ, ひ下さい, ひ遊すから, ほしがられ, まいたした方, まいたして, まいたしましょう, まいたします, まいたす, まが, まごいの, まさえいただけ, ましたが, ましたそれだけ, まして八王子, まして坊や, まして葉ざくら, まして退, まして道, ましなく, ましなければ, ましましょうかねえ, ましまする, ましよう, ましようかな, ましようじゃ, ますると, まするよう, まする時, まする迄, またまわる, まつかまつる, まと, まに, ま仕ります, ま仕る, ま仰せ出, ま申し, ま申しあげます, ま申します, ま申しまする, ま致しましょう, 呼ばれた時, 呼ばれて, 夕方夕焼けが, 答えたよう, 答えました, 言って, 返事を

▼ おいてから~ (156, 1.4%)

2 すぐに, 右手を, 彼は

1 [150件] あけに, あとで, あなたまで, いきなり, いきなりこう云い出した, いきなりやりこめた, いった, おさえつける愉し, かいつまんで, この席, この留萌, こんどは, こんなこと, ご用だ, さてその, さて主人, さて改まった, さて秀郷, すぐと, すぐ何處, すぐ使番, すばやく逐電, せめて某々, そこい, そっと相手, その内状, その局, その本道, その鍵, それを, そろそろと, たっぷり水, たべるん, だった, つづけた, てめえの, でないと, でなければ, でね, にこにこし, ぱっさりと腕首を, ふいに, ほり出して, またいかにも, またいった, また彼女, また日吉, また裏, もう一度ヒゲ, やっと, やっと悟った, やっと眼, ようやく承知, わが魏, ニッコリした, バスの, ピッタリ押え付けよう, フィリーモンの, 一遍奥の, 一鉄は, 三人の, 三枝氏の, 下へ, 二人の, 二人を, 云うの, 人を, 今度は, 今漸, 仕事に, 何か, 例の, 出かけまして, 出征した, 切るたんか, 前に, 千代子は, 又やって来, 又八, 右の, 右手に, 同じ声, 呉としては, 埠頭へ, 塀の, 大きな机, 大きな盃, 大阪町人に, 妾に, 始めて, 姿を, 実は社長, 宮内はも, 寝室に, 小銃の, 尤もらしくない, 市木さんは, 布を, 平気な, 廊下から, 引続い, 彼も, 彼らは, 彼女は, 徐晃朱霊などの, 思い出したよう, 悠々南, 扉を, 手に, 手を, 指で, 掌で, 料理する, 斬りつけぬ, 更に四, 最後に, 柴田勝家が, 武蔵は, 殿に, 気色ばみつつ, 水を, 独り言の, 田代公吉を, 男は, 男はぶつきら棒に, 白雲は, 秀吉は, 私が, 籤を, 耳鳴りが, 胸を, 脳袋を, 自分の, 蓑を, 行こうとして, 言い足した, 起動棒を, 足早に, 跡を, 軒先の, 重々しく乗りこん, 針ノ木岳あたりで, 開花の, 附けたした, 青い顔, 靴造りは, 額の, 食うの, 馬を, 馬車の

▼ おいでなさる~ (100, 0.9%)

7 のです 5 んだ, んです 4 のでございます 3 そうです, の, のだ 2 がよい, ことで, ところを, とは心得ぬ, のだろう, ようです, んでございます

1 [56件] お約束, か, かそれ, かとね, かな, からね, からねえ一寸, から足, か遠く, ことが, ことに, ことは, ことを, こと猟師と, さきの, そうだ, そうで, そのお, つもり, とあれ, ところで, ところは, とは思われぬ, と仰し, と伝六屋, と思っ, と訊く, なとも御, なよ, なア何, にし, のじゃ, ので, のでご, のでございましょう, のを, はずが, ものだらう, ものです, やう祈り上げます, よう, ようだ, ようでございます, ような, よね, んじゃ, んだろう, んでしょう, んなら, 先方って, 前に, 旅の, 時きっと, 時には, 気で, 積り

▼ おいしか~ (44, 0.4%)

4 つた 2 つたうれし, つたこ

1 [36件] つたありがたう, つたからだの, つたことしは, つたこの, つたさ, つたさすが, つたそれから, つたそれは, つたとろ, つたどうも, つたシヨウチユウ一本なかるべからざる, つた一句も, つた二重の, つた今晩は, つた奥さんは, つた小郡まで, つた岩の上から, つた敬治君の, つた早春の, つた樹明君ありがたう, つた気附薬として, つた沢山, つた湯あがりに, つた焼酎とは, つた焼酎一合十一銭水を, つた生れ, つた生れた, つた私が, つた苣膾は, つた蓬餅も, つた道, つた酒の, つた餅そのものも, つた餅は, つた鮓そのものよりも, つて

▼ おいたり~ (43, 0.4%)

3 して 2 した, 裏門から

1 [36件] あるいは博物館, あるいは国務大臣, これは, さもなければ生きよう, したが, してね, しても, しなければ, しました, すること, すると, するの, するので, するよう, する子ども, する庭, そのへん, つねには, ひまさへ, また濫用, また立っ, もしくは捨て, ポーセの, 世間を, 事件の, 人形を, 今にも喫わし, 別荘を, 報せるべきこと, 小裂, 屋根と, 時によ, 欄干を, 煮え湯を, 過度な, 道端に

▼ おい~ (41, 0.4%)

4 して 3 した若い 2 した一人

1 [32件] お持ちなされ, かけたスポンジ, かけ電灯, こらして, させて, させ応援, したりっぱ, した刀鍛冶, した初心, した女の子達, した子供達, した日本, した瞳, した給仕, つけて, とった, とり申し候えば, とると, ぼんやり眺め, みるもの, りりしくし, 凝らして, 取りました, 呼吸した, 対比し, 帯びて, 強調した, 感じた, 湛えて, 発するゆえ, 見せて, 見ること

▼ おいのり~ (31, 0.3%)

4 をし, をする 2 をお, をしない, をしました, をしよう, 申して

1 [13件] して, でもする, にいこう, のこと, はいつも, もします, をあげる, をおわった, をした, をすれ, を上げました, を上げる, を唱えよう

▼ おいでと~ (30, 0.3%)

3 言って

1 [27件] あらば, いいつけた, いうと, いうのに, いつてる, いわれたので, ひそかに, ぼつぼつ語っ, みえる, シロが, 云った, 云ったらありがて, 云って, 召し使い, 呶鳴った, 呼んで, 命じたのに, 命ずる, 夫は, 寝床を, 猫の, 申しましても, 私が, 私を, 見えて, 言うよう, 障子を

▼ おい~ (30, 0.3%)

3 ぎのこむすめはいいました 2 ぎが, ぎのこむすめがいいました

1 [23件] ぎたちはさけんでいちどに, ぎとそれから殺人さえも, ぎども, ぎどもの目に, ぎどもはみんなわらっ, ぎのこむすめ, ぎのこむすめがこたえました, ぎのこむすめでした, ぎのこむすめに話しました, ぎのこむすめのほうにさしのばして, ぎのこむすめはいっててばやく, ぎのこむすめはかた, ぎのこむすめはこたえました, ぎのこむすめはそれを, ぎのこむすめはちょうど, ぎのこむすめはとな, ぎのこむすめはゲルダに, ぎのこむすめはゲルダを, ぎのこもるお, ぎのむすめはしげしげと, ぎのむすめは戸を, ぎばばがいいました, こころよく岸本

▼ おい~ (28, 0.2%)

1 [28件] あのものすごい, あの巨人金庫, いくら荒れ, こくふ, この三人, こら, こら吹き, こんなきたない, そう後足, そのスリッパ, その窓, そりゃほんと, そんな, ったら, どうした, どうしよう, の長篇小説, の顔, は何故そうじろじろ, は宿直, また妙, もう僕, 今わし, 出たまえと, 吹かんかよと, 早く出, 行かう, 行こう

▼ おいちゃ~ (24, 0.2%)

2 いけない, かわいそうだ, 悪いわ

1 [18件] いけないじゃ, いけないね, いけないよ, いちゃの, ア危いと, ア芳男は, 可哀想だ, 失礼だろう, 悪いがな, 明日から, 昔の, 済みませんわね, 済むまいぜ, 物騒で, 男冥利が, 空罎屋へ, 腕が, 見ても

▼ おいてと~ (24, 0.2%)

2 同じく農業

1 [22件] おっしゃったけれど, なりに, なりの, なり合って, 云った, 光代は, 同じく事実, 同じく人間, 同じく価値, 同じく彼, 同じく生産, 同じく真理, 同じく等質性, 同時に統一, 同様である, 同様に, 同様一冊の, 同様多数の, 同様根本問題である, 同様経験は, 同様読書にも, 張合い抜けが

▼ おい~ (23, 0.2%)

2 そうじゃの

1 [21件] あるあおい, ある唇, ある情景, ある空気, いんに, うえに, おいの, お角親方, こんな難, さればい, と寡, ない野天, ふたりの, よに, 伴大次郎が, 声が, 棒に, 無くなった眼, 蔭から, 金縁の, 鳴く声

▼ おいでよ~ (22, 0.2%)

2 銀三十枚

1 [20件] あの人, お前さんと, お前の, お寄り, お酒, そしたらすぐ, その間に, その黒眼鏡, なにを, むく犬, もう暫く, エンゼルの, 三又土筆と, 余計な, 僕が, 好いかげん, 寒いだらう, 床は, 振り飛ばされない, 顔でも

▼ おいなりさん~ (16, 0.1%)

2 の御託宣, の正体

1 [12件] にざんげ, に手, のお, の神主, は江戸時代, をありがたがらなくなるでしょう, をまつった, をみ, を信心, を売り, を食っ, を食べ

▼ おい~ (14, 0.1%)

2 やすか

1 [12件] けるかも, なる, ようやく弱々しい, よおぼ, 孟も, 家を, 富んで, 気づいて, 満たされ空腹, 立身し, 認められて, 離れて

▼ おいでくださる~ (13, 0.1%)

3 ように, ようにと 1 ことに, とまた, のでしょう, のは, のを, ようお願いします, んです

▼ おいである~ (12, 0.1%)

3 のは 1 お人々, がよろしい, こととばかり, な, などひと通り, のか, は姉君, 御宿所, 豪傑は

▼ おいで下さる~ (12, 0.1%)

3 ようにと 2 ように 1 お客様に, にも及ばんでした, のに主人, のを, やうでしたら, よう, ようにとの

▼ おい~ (12, 0.1%)

1 [12件] あけろ, おおれ, この仔牛, こらっ, こらッ, そう恐がっ, ちょっと来, どうした, なぜ来ない, 何とかいえ, 坐れ, 降りて

▼ おいてでも~ (11, 0.1%)

1 [11件] この科学, その人, できたの, なくただ, なり立つもの, 同じ狂言, 審理を, 少しでも, 持って, 支那に対し, 犬医者を

▼ おいての~ (11, 0.1%)

1 [11件] ことでした, ことです, ことばであり, 上, 主張である, 午後の, 問わず語りに, 四日めには, 朝われわれは, 舞台って, 話です

▼ おい~ (10, 0.1%)

1 あった, しはじめて, ないて, 否紛れ, 心にまで, 気に入らねえ, 私を, 荷物は, 負けじゃ, 鳴いて

▼ おいでやす~ (9, 0.1%)

1 という声, とこを, とやがて, なにしまひ, のどす, のを, 一寸も, 下河原の, 何を

▼ おい~ (9, 0.1%)

2 はい, アりさーん 1 はい行, はつた, はると, はれ, はれ野口さん

▼ おい早く~ (9, 0.1%)

1 しな, そっちの, はいらんかよ, 何んとか, 光るい所へ, 差配人さんへ, 来て, 納めよう, 行け

▼ おいさん~ (8, 0.1%)

1 から聞かされた, が遠縁, の主張, の統率, はお, は県庁, は親類, を合せ

▼ おいでな~ (8, 0.1%)

1 お嬢さんが, ここへ, さえましよ, ついでに, どんな事だい, 天樹院様の, 揺ぶっ, 行って

▼ おい~ (7, 0.1%)

2 あるもの, をもゆるした 1 ある者, と習俗, も許した

▼ おい~ (6, 0.1%)

1 にお, 二十七八歳色白く, 出づ, 四国屋の, 誰か, 転び出で

▼ おい茂っ~ (6, 0.1%)

2 てその 1 てい, ていた, ている, て人

▼ おいかぶさっ~ (5, 0.0%)

1 ている, ております, て接吻, て来ない, て雨

▼ おいささん~ (5, 0.0%)

1 が今, の方, へ杯, も商売, を呪禁

▼ おいであっ~ (5, 0.0%)

1 てしばし, てその, ては御, てもむだ, て彼

▼ おいでん~ (5, 0.0%)

1 さい, さったの, なあ, ならね, なるに

▼ おいなり~ (5, 0.0%)

2 さん 1 さまへ, さんだ, さんの

▼ おい待て~ (5, 0.0%)

1 といい, 人造人間の, 命が, 張, 電話機に

▼ おいさめ~ (4, 0.0%)

1 になる, はいたしますまい, も今日, 申すこと

▼ おいたち~ (4, 0.0%)

1 がすでに, のこと, のまま, も知っ

▼ おいてからに~ (4, 0.0%)

1 して, しようと, なお毛唐人, ほんまに

▼ おいてさ~ (4, 0.0%)

1 うして, てかよう, ーっと, 街に

▼ おいでなさるだろう~ (4, 0.0%)

1 と実は, と御, と思いました, と思っ

▼ おいとか~ (4, 0.0%)

1 それは, んか, 円味とか, 味わいとかの

▼ おいはぎ~ (4, 0.0%)

1 たちは, などがやたら, にでもつかまった, 事件です

▼ おい~ (4, 0.0%)

1 して, す, ですか, 久しぶりで

▼ おいらく~ (4, 0.0%)

1 などのく, のこむ, の恋, の恋みたい

▼ おい~ (4, 0.0%)

1 いえ, いそれ, い外, やどうして

▼ おい冗談~ (4, 0.0%)

3 じゃない 1 じゃア

▼ おい千二~ (4, 0.0%)

1 この映写幕, その, ちょっと待て, もう東京

▼ おい君君~ (4, 0.0%)

1 が煙草屋, は何科, は汁, もう一ときここ

▼ おいごと~ (3, 0.0%)

1 刺せと, 刺せという, 刺せ自分

▼ おいちゃあ~ (3, 0.0%)

1 いけないよ, くれめ, 風で

▼ おいてという~ (3, 0.0%)

1 ことだった, 糊塗した, 風に

▼ おいてね~ (3, 0.0%)

1 それを, 用の, 薬屋の

▼ おいでよと~ (3, 0.0%)

2 云って 1 云つても

▼ おいばり~ (3, 0.0%)

2 になっ 1 になりすぎます

▼ おいよの~ (3, 0.0%)

2 顔を 1 死骸を

▼ おいわい~ (3, 0.0%)

1 あそばされました, なされました, はまる

▼ おい一彦君~ (3, 0.0%)

1 いよいよ階段, はやくこっち, はやく逃げる

▼ おい~ (3, 0.0%)

3

▼ おい大丈夫~ (3, 0.0%)

1 か, かい, かね

▼ おい~ (3, 0.0%)

2 をつけろ 1 をつけなくっ

▼ おい程の~ (3, 0.0%)

3 宜い

▼ おい茂った~ (3, 0.0%)

1 外見よりも, 山の, 斜面で

▼ おい観世~ (3, 0.0%)

1 また退屈, 少し変, 計られたな

▼ おい諸君~ (3, 0.0%)

1 だまるん, どうだ, やっちまおう

▼ おい邪魔~ (3, 0.0%)

21 になる

▼ おいいなせ~ (2, 0.0%)

1 えよ, えよって

▼ おい~ (2, 0.0%)

2 わや鮭の

▼ おいかぶさり~ (2, 0.0%)

1 そうに, 下の

▼ おいそう~ (2, 0.0%)

1 だ, だろう

▼ おいたりと~ (2, 0.0%)

2 見ゆるほどに

▼ おいぢめ~ (2, 0.0%)

1 になります, 申すの

▼ おいてからの~ (2, 0.0%)

1 こと, 神尾主膳は

▼ おいてけ~ (2, 0.0%)

1 おいて, 堀片

▼ おいてもの~ (2, 0.0%)

2 快楽の

▼ おいてよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, ちぇッ

▼ おいてよりは~ (2, 0.0%)

2 箸の

▼ おいでく~ (2, 0.0%)

2 ださ

▼ おいででも~ (2, 0.0%)

1 あった, 途中で

▼ おいでない~ (2, 0.0%)

2

▼ おいでね~ (2, 0.0%)

1 とうと, 賢い児

▼ おいときます~ (2, 0.0%)

1 から, わ

▼ おいとしい~ (2, 0.0%)

1 が先, ではございません

▼ おいとの~ (2, 0.0%)

1 側に, 方へ

▼ おいながら~ (2, 0.0%)

1 ふたたび綱, 戦いを

▼ おい~ (2, 0.0%)

1 して, それでは持った

▼ おいよい~ (2, 0.0%)

1 よ脹れ, よ迷惑

▼ おい~ (2, 0.0%)

1 やうの, ようだったら

▼ おいカン君お嬢さん~ (2, 0.0%)

2 がきみ

▼ おいニキタ俺~ (2, 0.0%)

2 は出なけれ

▼ おい一杯~ (2, 0.0%)

1 というやつ, 飲もう

▼ おい二郎~ (2, 0.0%)

1 また御, もうそうたびたび話す

▼ おい今日~ (2, 0.0%)

1 は俺, は朝

▼ おい佐竹~ (2, 0.0%)

1 からかうの, からかふ

▼ おい兄貴一~ (2, 0.0%)

2 吠えしようか

▼ おい凸勃今夜~ (2, 0.0%)

1 こそお前, こそお前待合

▼ おい勘作さん~ (2, 0.0%)

1 とぼけちゃ, 忘れたとは

▼ おい君ここ~ (2, 0.0%)

1 は出た, へ来

▼ おい君僕~ (2, 0.0%)

1 はいつも, はさっき

▼ おい君有名~ (2, 0.0%)

2 な万年雪

▼ おい圓朝~ (2, 0.0%)

1 おい分った, どうだ

▼ おい大変~ (2, 0.0%)

1 だ伊藤さん, な事件

▼ おい大金~ (2, 0.0%)

2 がはいる

▼ おい姉さん~ (2, 0.0%)

1 しっかりしなさい, 泣いたって

▼ おい小僧~ (2, 0.0%)

1 こうして歩く, つ

▼ おい岡部~ (2, 0.0%)

1 その瘤, 今ごろ新潟県

▼ おい帆村君~ (2, 0.0%)

1 こんなところ, 相変らず

▼ おい平手~ (2, 0.0%)

1 行って, 詰まらないこと

▼ おい待ち~ (2, 0.0%)

1 な此処, ねえ

▼ おい房枝お前~ (2, 0.0%)

1 お目にかかって, はいい

▼ おい~ (2, 0.0%)

1 がついた, をかし

▼ おい新田~ (2, 0.0%)

1 はじめるぞ, 待て

▼ おい新田お前~ (2, 0.0%)

1 はどこ, はひどい

▼ おい昆虫採集~ (2, 0.0%)

1 に行かう, に行こう

▼ おい杉田~ (2, 0.0%)

1 どうだ, 万一お前

▼ おい杉田貴様~ (2, 0.0%)

1 が意外, ぐらい立派

▼ おい来た~ (2, 0.0%)

1 ぞ, よう

▼ おい此娘~ (2, 0.0%)

2 の可愛い

▼ おい此方~ (2, 0.0%)

1 へお, へ来なせ

▼ おい~ (2, 0.0%)

1 おめ, 若よ

▼ おい給仕剣~ (2, 0.0%)

2 を二本

▼ おい若い~ (2, 0.0%)

1 お方, の

▼ おい茂り~ (2, 0.0%)

1 うしろには, そしてまた石

▼ おい茂る~ (2, 0.0%)

1 のだ, 日が

▼ おい行こう~ (2, 0.0%)

1 じゃない, ぜ

▼ おい警視庁~ (2, 0.0%)

2 の刑事課

▼ おい通信兵~ (2, 0.0%)

1 全艦隊, 頼むぞ

▼ おい鴫丸さん~ (2, 0.0%)

1 その爺, 聞きたいこと

▼1* [619件]

おいあえてその誤り, おいうさぎよ, おいうつ青柳又八郎の, おいつう遣っ, おいお供さん大きに有難う, おいお爺さんその侍, おいお爺さん今日のう寅, おいお爺さん初めッから怖, おいお爺さん己ア此処迄に四度, おいお爺さん辻駕籠に出, おいお爺さん頭巾を冠, おいかはで春, おいかはが主である, おいからくも味方, おいかわ釣り, おいご覧今日も天子さま, おいささんびっくらしてぽかんとし, おいさ包ざの脇差ざのはぞうしさな, おいしかとです, おいすずの兵隊, おいそれ騙たつた今, おいためになっ, おいたりなどして, おいだき西のをく, おいだってたち上がったの, おいって云うのに, おいつつあったの, おいづるをぬ, おいていうことを, おいていたく歓迎され, おいてくらい路次から, おいてこそ長くもつ, おいてさえくれれば, おいてずつと進撃する, おいてとは正反對, おいてな江戸錦どんとあとから, おいてなんてざまです, おいてはがいじめに, おいてはつつつと小走り, おいてまでも決して和尚, おいてもさッそくそ, おいてをや, おいであったというは幸い, おいであるまいか, おいであるやの噂, おいであればどんなに, おいであろうなどとは夢にも, おいでかいもう忘れ, おいでございませぬか, おいでたら智積院大安寺その他の, おいでとしか思はれませんよ, おいでとまでおっしゃらなくても, おいでなくとも先生, おいでなさるでしょうね, おいでなさるなら早瀬の, おいでなさるんでしたっけね, おいでなと云った, おいでよとだけ云われて, おいでネ一人で, おいで下さるでしょうな, おいで下さるまいか, おいといにならない, おいという返辞が, おいとおいてうまく, おいとがこんどは, おいとくといいよ, おいとはしゆじん, おいとみ子一つダンスをやらう, おいとをしいとは, おいなき家を, おいなど夢にも気, おいなはれとのんき, おいなりさまの側, おいにはそれらの, おいによと言ふ, おいのみでは, おいのりするわよ, おいはぎの出た暗がり, おいせ, おいひであつた, おいひどいことを, おいめいの間, おいめ二人の男女, おいやがて行き行きて, おいよせよ, おいよとお妙, おいよは地に, おいよを見て, おいよーう, おいの, おいろさんも姉さん, おいしたよ, おいアノヨの吉公, おいアリョーシカ聞いてるの, おいアリョーシャいったいおまえ, おいイワンちょっと見, おいイワンほんとうに許し, おいオジサンこの車, おいカムポス俺はなんだか, おいガンベそんなに泣き泣き物, おいキキの奥さん, おいキャプテンとヒューリング, おいケティケルミッシュ君に肩, おいサア行くべ, おいサイクルホールをやろう, おいサエキそうだろうと, おいジョンドレット・テナルディエ卑劣きわまる悪漢, おいスミ枝房枝のいう, おいセミョーン家内が眼鏡, おいゼムを持っ, おいソレと引っ, おいタオルをくれ, おいタクマ君おそまつのない, おいダビット神様はまだ, おいいでしょう, おいチコここに砂糖水, おいチビ待たないか, おいチビおまえ一体生意気, おいチビ改心しろよ, おいッおいらをぶんなぐった, おいッきみは松下, おいッなにをする, おいッみんな入口をかためろ, おいッみんな手をかし, おいッ五郎どうした, おいッ於市どのッ, おいッ誰かおれ, おいこらツ, おいテナルディエ・ジョンドレット君がオピタル大通り, おいトチメンボーを二人前, おいドド久しぶりで故郷, おいドレゴ君分るかい, おいドレゴ君君も是非, おいバロンセリなんで逃げ, おいビール位ゐは, おいピース提督貴官, おいピートこの林檎, おいピート一等兵うて, おいファゼーロしっかりやれ, おいフォン・ゾンせっかくの, おいベルトラン既にかしこ, おいボッブ髭なんか取っちまえ, おいボールがうまく, おいポコちゃん窓から外, おいポチお前は僕ら, おいポーショきさ, おいマントでも取れ, おいミイかい, おいミーロおれが水, おいミーロお前もせっかく, おいモダンさん俺の方, おいリーロフこれは一体どう, おいリーロフそっちだよ, おいヴァイオリンをくれ, おいヴィデ君ありゃなん, おい一九九四号出て, おい一寸待って, おい一寸兼や何, おい一寸手を掛け, おい一彦君司令官のおっしゃる, おい一杯酒を飲もう, おい一枚おくれ何, おい丁坊ほんとをいう, おい三ちゃんどうだったい, おい三千ちゃん本気で云ってる, おい三千円貸せつたら, おい三右衛困ったな, おい三吉もう止め, おい三太二三日すると, おい三河屋へ行つて當つて, おい三田公か, おい三田公あちらにゐ, おい三田公俺は失敬, おい三田公君もコツプ, おい三郎公ついて, おい三階落ちるよ, おい上方者の葛籠, おい上村今何と云, おい下りるよ, おい愛嬌な, おい丸尾なにか入る, おい久しぶりだつたな, おい久保さんおめ, おい久八さん明だるじゃ, おい事件の輪廓, おい事務長銅羅をならし, おい二人が紅葉, おい二十日もかかる, おい二宮君このいきおい, おい二郎二人で行こう, おい二郎何だってそんな, おい京助さんそいつを拾っ, おい人見ここには酒, おい人車に乘, おい人違ひだよ, おい人間てもの, おい仁三仁三兄い, おい今夜は冷える, おい今晩寄席に行かない, おい仕事わたせ, おい仙吉これから四人, おい仙吉お前はもう, おい仲本君もまあ一杯, おい伊兵衛やもう, おい伊兵衛伊兵衛待てよ, おい伊兵衞どんお前が往かなくっ, おい伝兵衛そもそもどういう, おい佐々木ちょっと降り, おい佐伯その風呂敷包み, おい佐吉さん銭湯へ行こう, おい佐藤少しひどい, おい佐藤君どうだつたい, おい何んだ, おいや魘, おい作僕の顔色, おい作手前酔うと, おい係りの者, おい僻むな, おい兄弟分だよ, おい兄弟旦那が載っ, おい兄貴迂散だぜ, おいを考える, おい先生どうしてる, おい先生お前昨夜はどこ, おい先生僕は君, おい光ちゃん大変だよ, おいそこで口, おい八蔵や八蔵, おい兵太太政官の生, おい其方の床, おい其角お前は何, おい冗談ぢやない, おいぶさって, おいて見ろ, おい出してしまえ, おい出でて目, おい出來たよ, おい分限者さんよく覚え, おい別嬪が来, おい前髪の兄ンちゃん, おい加賀山君の公明正大論, おい助けてくれ, おい動力来たね, おい勘作さんお前さんはなんと, おい勘助偉いこと, おい勘次や, おい勝手にしねえ, おい勾坂の, おい十二番はすっかり, おい十介あわてるな, おい千ちゃんたいへんだ, おい千ちゃんあれを見, おい千三屋おれは考えた, おい千二あれがクイクイ岬, おい千二丸木艇は見えない, おい千二何をぐずぐず, おい千太出かけよう, おい半次半次てめえどこか町医者, おい卑怯な犬共め, おい又八何をひとり, おい叔父さんいくら叔父甥, おい口上をいえ, おい古島刑事お前に幽霊係, おい古谷君無電装置を持っ, おい右門大丈夫かな, おい名前は分らない, おい君いま元気にし, おい君いやに落ち着い, おい君お父さんは近頃どう, おい君そばへ寄っ, おい君たちこつちへ, おい君なんだって今, おい君ビールでない恵比寿, おい君マリユスはこの, おい君五年生のやつら, おい君今夜は危い, おい君今日はこれ, おい君俺は七人, おい君善良な警官, おい君地下室へいこう, おい君変なこと, おい君大分おめかしして, おい君対空本部へ電話, おい君巴里で行った, おい君役者にならない, おい君湯に行こう, おい君私は今一つ, おい君綱をつかっ, おい君老人をつきのけ, おい君自分の大望, おい君裁判所の連中, おい君貞ちゅう女, おい周馬ちょっと待ち, おい呼売一枚くれ, おい四ツ目屋酒代をくれ, おい四度素帰をした, おい回したり用, おいにひとり, おい土居君の妹さん, おい土生ゆうべは貴公, おい圭ちん踊ろうか, おい坊さんお城坊主, おい坊やさぞ痛かっ, おい坊主火鉢の火, おい堀田出かけようぜ, おい塀和を一度, おい塀和君君怒つた, おい増田俳句でも作らう, おい多々羅君などと云う, おい多四郎どうした, おい大きな声を, おい大坂止さんか, おい大将唖聾のまねなんざあもう古手, おい大将失礼だけれど, おい大村また書物, おい大町どうもいけません, おい天狗この空, おい天麩羅を持っ, おいと支拂つて差支, おい女の子おまえはここ, おい女丈夫お前は命, おい女中彼処の畳, おい女中茶漬茶碗へ水, おい女房よその家, おい奴さん合札が無く, おい好い物を, おいなこと, おい姉さんお前さんちょっとこの, おい姉さんお前否だと, おい姉さんお茶をおくれ, おい姐さん以心伝心で口説い, おい姐さん用がある, おい姐さん銚子の代り, おい娘子お前此の溝, おい娘蝋燭を持っ, おいや, おい婆さん大きに御苦労, おい婆さんお前何をする, おい婆さん俺達は地獄, おい嬶ア大切に取って置き, おい子供っ, おい子供原稿用紙だ給仕, おい助どん此, おい孫兵衞さん旦那様が十両下, おいべエ, おい守夫さん何とか云つて, おい安さん此方へ来ねえ, おい宮崎清ちゃんがそんな, おい家賃はいくら, おい宿の先生, おい宿屋はどう, おい富士が見える, おいべえ, おい寝惚けちゃア, おい小僧さん腕車よりおそい, おい小僧ッあぶないっ, おい小僧此処へ坐, おい小六と烈しく, おい小六十郎気のきかぬ, おい小夜やちょっと, おい小川起きないかい, おい小川僕はこう, おい小泉厭やに蒸す, おい小浜わが機, おい小浜兵曹長そこで誰, おい小男さんもう夜, おい小畑女にでもふられた, おい小野遅いじゃ, おい局長こんどは信号, おい居るか, おい居眠りなんかする, おいがねの大将, おいを取っ, おい山頭火しつかりしろ, おい岡部お前も満足, おい岩太郎話して, おいつまらんこと, おい岸われわれはこれからたいへん, おい島ちゃんそんなに拗ねん, おい川上そういえ, おい巡礼さん何処の巡礼さん, おい左膳こうして手ぶら, おい左陣さん計られたね, おい帆村君今の飛行機, おい帆村君何を考え, おい帆村君敵か味方, おい帆村君空気抜けの, おい師匠おまへは, おい師匠何うした, おい帰るのか, おい平田盃を廻したら, おい幾ら金を取った, おい弁当を二, おい張ぼくたちは一体どう, おい彦太郎風土記を読め, おいの時, おい待ちたまえ何を云う, おい後生だヘッ, おい徴発だ, おい急ぐには及ばない, おい怪塔王このへん, おい怪塔王もうこのへん, おい怪塔王僕はじつ, おい愚蔵起きろ, おい懐しい変り者め, おい程え, おい房枝あんまりしおれ, おい房枝なにをいっ, おい手紙が来, おい払うためだけ, おいき出し, おい撃方やめろ, おい教えてくれ, おい文学者俺と一緒, おい新さん好い儲口, おい新吉さんお前本当にどうした, おい新吉さん何んだって彼奴, おい新吉冗談じゃア, おい新米一体これ, おい新米土管のなか, おい旅順に着いたら, おい旦那と私, おい旦那様のお, おい明かりをつけろ, おい昨夜枕元で大きな, おい時刻が来た, おい有望有望と韋駄天, おい本郷松倉いったい何, おい机博士だせ, おいを持て来い, おいてごらん, おい来るだろうかな, おいをも一つ, おいを取っ, おいの市, おい柿丘お前の勝利, おい梟君君はいったい, おい楢雄とあわて, おい権九いやさ権九郎何んと俺様, おいが落ちる, おいをとれ, おい正太君しっかりしなさい, おい此ドレスなあ, おい此野郎お前が下手人, おい武田君君は相, おい武蔵っ, おいるよ, おい民弥さん民弥さん往生して, おい気がついたか, おい気味のわるい, おいくれ, おい水原最前から貴公, おい水戸これからホーテンス, おい水戸誰がそんな, おいだ, おい沙門遁世のご, おい沢山だ, おい河合どうしたら, おい泊りに行かう, おい法達いぶすの, おいあの写真, おい洋燈を消せ, おい海嘯であすこ, おい淋しいだろう, おい清公お前も生意気, おい満里子何うしたんぢやこれしき, おい潜り込んで己, おい無電員第四斥候隊, おい無電員何か現場, おいかない, おい燕作ちょっと手, おいつぁん, おい爺さんもう宜い, おい爺さんそれぢや餘ンまり, おい爺さん何をそう, おい牛頭の仙ちゃん, おい犬どもに一つ敬意, おいの俺, おい獣貴様マヌエラさんというお, おい率八空き腹だろう食いたい物, おい玉太郎の玉ちゃん, おい甚内それはそう, おい生蕃とはだれ, おい田中早く銃, おい由公御前こうやっ, おい由兵衞さん何か忘れ物, おい甲谷君はあの, おい番頭この間はいかいお世話になっ, おい番頭さん何とかしなけれ, おい番頭さん私ア道連の小平, おい番頭君早く電流, おい白木これじゃしようが, おい白木宝探しの暗号, おい白秋長柄の鎌, おいの自負心, おい相棒妻恋坂だとよ, おい眞達さん一寸聞きねえ, おい真事もう行こう, おい真名古君どうした, おい禿鳶六七年ほど前, おい立派なもん, おいよ, おい竹下俺がね堀口, おい竹内下らない噂, おい竹童おれとお, おいを掛け, おい笑うのは, おい米主妙案はない, おい級長あまり騒ぎ回らない, おい素六どこへ行く, おい紫錦気を付けろ, おい綾麿知ってるかい, おい編笠を求め, おい美津子階下で呼んでる, おい老いぼれ油虫よ, おい耿紀こんな所, おい背広作れるぞ, おい胸囲の一インチ, おい腕白もの目, おい自動車一万里の速力, おい船頭さんお前は森山さん, おい艇夫お前は何, おい若衆お頼, おい若衆深川の木場, おい苦沙弥先生さすがに, おい苦沙弥君君が主人, おい茨木考えがある, おい蒲田可い, おい蔵人行って, おい蔵太あの古, おい薬品どろぼう, おい藤井君も何となく, おい藤枝ちよつとちよ, おいの子, おい蛾次公まだふところ, おい蜂矢君君が幽霊, おいこれから三田公, おい行かうか, おい行くんだ, おい西岡ちよいと待つ, おい見えるか見えない, おい見たか今の, おい話せわしの, おい誠子さっきの茶, おい諸公われわれだって多少, おい諸君なに遠慮の要らない, おい豆腐屋売るの, おい豆腐屋今晩は世話, おい豊ちゃんどうなんだい, おい貝谷油断をする, おいどうする, おい貢汝そんなこと, おい貴公十返舎ではない, おい貴様この包, おい貴様何のため, おい貴様達謝まって, おい贅六俺たちはモングリ, おい赤尾のちょっと, おい車夫奥様にさういふ, おい車屋今度は猿楽町, おい車屋真砂町まで行く, おい車屋金助町だ, おい車屋長町の新町, おい車掌さん大変だ僕, おい轉宅はしない, おい辰公手を貸し, おい近藤行って, おい近藤何を云う, おい近藤君どうした, おい追い手の, おい逃がすつもりか, おい通い詰めた人達, おい速記たのむよ, おい運転手俺は綺麗, おい運転手君道がちがやしない, おい郭何を云う, おいをしろ, おいだ, おいよこれ, おい醤買石今すぐわし, おい重りたる細径を, おい金しゅう起きろやい, おい金公はいねえ, おい鉄嶺へは降りる, おいだよ, おいう, おい鐵此方へ寄れ, おい長庵おれアこんな情け, おい長次やお前, おい長次さん何うした, おい隠したっても役に立たねえ, おい離れるな, おい之丞, おい電話はどうしても, おい露八向うへ行く, おい青江がんばれ, おい青江力をおとす, おい青江司令官から感状, おい青江麻綱はいよいよ, おい鞍乗の尾根路, おい須田君電車賃かし, おいへ針, おい頭梁喜助頭梁お祝, おい顔子狗よ, おい風間お前は知らんだろう, おい食べものだよ, おいを止めない, おい馬作しっかりしねえ, おい馬公おめ, おい馬春堂いい加減に少し, おい駈けまわし, おい駕籠に乗る, おい駕籠屋本所へやれ, おい験温器はまだ, おい高ちやんもう, おい高見の見物, おいが阿, おい鶯妹しっかりする, おい鹿ではない