青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「える~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

うんと~ ~え え~ ~えた えた~ ~えて えて~ ~えらい えらい~ ~える
える~
~おい おい~ ~おいた おいた~ ~おいで おいで~ おいら~ おう~ おかあさん~ ~おかげ

「える~」 2016, 22ppm, 5288位

▼ える~ (221, 11.0%)

24 である 13 では 76 であった, です 5 だった, を感じた 4 か, じゃ, だと, でした 3 だが, だろう, だろうか, ように 2 かも知れない, が自分, さ, だから, であります, であるが, をどう, を感じる, 緑色の

1 [109件] お母さんであった, かあい, かときく, かとも思う, かもしれない, か乳, がいかにも, がその, が何より, が大, が容易, が常, が瑠璃子, が目, が美奈子, が面倒, ことでない, じゃない, じゃねえ, すたるじや, だったが, だったそう, だったらこんな, だつた, だろうかと, だわ, だ俺, であって, であると, であろう, であろうかと, でございました, でしたら, でしょう, でしょうが, でしょうけれどね, でしょうねエ, ですから, ですからね, と一緒, と粗相, など大, には他, にも旻, に十分, に感染, に苦しむ, はいわゆる, はお, はこれ, はその, はどう, はアイスクリーム屋, はオ, はヨハン・シュトラウス, は体, は余程, は単行本, は大層, は容易, は己, は当り前, は当然, は彼ひとり, は彼女きり, は思え, は情けない, は支那麻製品, は柄, は熟練, は疳, は知っ, は轟々と, もある, もすっかり, も楽屋風呂以来, も構はず, も瞬間, わるくない, をうす暗い, を不意, を何, を固く, を夢みる, を好みました, を彼女, を恐れた, を抑える, を止める, を見た, を覚えた, を覚えました, を門, ア会社代表の, ウィスキーは, カイロ団長は, 仕業だ, 卵では, 夢を, 如きが, 徳あり, 恐も, 意なるべし, 方へ, 権利を, 目方が, 筋書きさ, 野に, 頭を

▼ えるよう~ (176, 8.7%)

9 な声, にし 7 になっ, になった 6 なもの 3 です, なこと, な気, になりました 2 だ, な人間, な口惜し, な母, な響, に, に口

1 [112件] あけがた, だが, であった, でさも, では, な, なおどおど, なものの, なジャケツ, なパイプ, な人, な何物, な保, な冷たい, な力, な勇敢, な口調, な史学的整頓, な喜び, な噛みつくよう, な境遇, な女, な娘, な子供, な小説, な形, な微動, な思い, な性, な恐し, な息づかい, な恰好, な悲しみ, な悲運, な想像力, な意味, な愛, な愛着, な感じ, な憎悪, な或, な日, な朗らかさ, な期限, な様子, な歓び, な武士, な無, な甲高, な男, な眼, な眼つき, な神経, な種類, な笑み, な胸, な興奮, な花, な衝撃, な身体, な辛辣, な鉄錆, な階下, な震声, な霊智, な音, な顔, な騒ぎ, にいきいき, にぐっと, にささやいた, にしました, にすっかり, にする, にちらちら, にとのみ伝えた, にどうやら, になったれ, になつ, にフィルゼル, に上下, に云った, に余った, に動い, に千鶴子, に呶, に壁際, に多那川, に弱く, に彼女, に思う, に思った, に思われ, に思われる, に悲し, に感じました, に暴れまわっ, に書く, に朗らか, に榮, に正成, に泣い, に消え, に父, に立派, に肩, に膝, に苦悶, に見, に見えた, に響く, に頤

▼ える~ (169, 8.4%)

9 思う 7 思って 4 思います 2 天人が, 私は

1 [145件] あの狡猾, あらず仁右衛門, あわてて, いい今, いい出して, いうから, いきなり三本縒, いって, いふの, いふもの, いふよりは, いふ事, いわゆるブラマプトラ川, えおい駕籠, こうも, ざぶりと水を, すぐに, すぐ又, すぐ柘植, すれば, そう云っ, その男, それから, それからは, それが, たい子さんは, つまらねえ, どうも最初十二月, どうも馬琴, どこかに, なんとなくばかばかしく, なんのこた, ふくれた, まくり手に, また二, また騒動, まもなく重態, やがて一途, よく育ち, よろしい, わしは, ハッと, 一種の, 七百回近くまでが, 三十二時間かかっ, 下は, 不可ません, 不敵にも, 両親の, 云いだしました, 云うよう, 今でも, 今下っ, 今度は, 仰言, 何を, 偃松は, 初めて呆, 初めて父母, 南日君が, 右側から, 同時に世上行, 同時に深井少年, 唆られた, 嘘を, 大いに安楽, 大きな丸い, 大明神山に, 大概の, 大菩薩岳, 大騒ぎ, 好きな, 妙高続き, 妻の, 子供が, 小さな沢, 尖った岩峰, 尾根は, 左に, 彼の, 心配で, 必ず外出, 忽ち脚下, 思いました, 思いますよ, 思うわ, 思った, 思ったから, 思わず足, 思われる, 急に, 恵振, 惜げも, 想定するなら, 掌で, 教師に, 早その, 最初猩々と, 朝日岳の, 本統の, 東京に, 棒の, 此方からの, 母は, 氏は, 水に, 池が, 浜が, 焼芋の, 爪も, 生き残ったもの, 直ぐ一年志願兵, 眼を, 石突きの, 秀郷が, 稍や, 立って, 縁側で, 考えざるを, 脇, 膝を, 自分の, 自家に, 行手に, 街に, 裾を, 見えて, 見たか, 見た爺むさい, 親仁が, 言い出して, 言って, 言ッても, 赭茶化た, 身体に, 逆に, 金銭という, 長い軸, 間もなく私, 間もなく落合, 間ノ岳の, 闇の, 雷鳴に, 静かに, 麦が

▼ えること~ (121, 6.0%)

4 では 3 だ, である, の出来ない, はない 2 があった, がある, ができた, が出来, が出来る, です, なく連続

1 [91件] あり朝, か, があらう, がありました, があります, がいい, ができ, ができず, ができない, ができないでありましょう, ができる, ができるであろう, がない, がなくなっ, が出, が出来た, が出来なかった, が出来なかつた, が出来ぬ, が出来ました, が出来ます, が出来るであろう, が出来るなら, が出来れ, が深い, さえ出来なくなり, であった, でありましょう, であろう, でたとえば, でなかった, でなく物, で分裂病, で近代的所産, とする, と云え, なしに, なり, にした, にする, にだんだん, になった, になる, によつて, に於, に決めた, に用心, に限り, のできない, の出来ない怒, の出来なかった, の無益, はいつ, はこういう, はできない, はできないで, はないだろう, はならねえ, はならん, は一番, は何, は先, は出来ない, は出来なかった, は出来ません, は太師, は少し, は無い, は真, は真実性, は近代, ばかしに気, またはいっそ, もありました, もある, もかくす, もできない, もできるだ, もなく, も出来ず, も出来ない, をも女, をよく, を始めた, を意味, を承諾, を深く, を知つて, を知らず, を禁じ得ない, 少くとも

▼ えるもの~ (78, 3.9%)

10 では 3 か, かね, だと 2 だった, ならば

1 [55件] かあの, かしら, か何, があったら会っ, があの, があり, があるらしく, がこの, がない, が胎龍, が頭, ごしは, じゃありません, じゃない, だ, だから, だが, だろうか, である, であるから, であるなら, でしょうか, ですか, として御覧, となり, とは言わぬ, と信じ切っ, など五三人左右, なの, ならお, なり, なるか, にぶっつかった, に突然, のご, のない, のほか, の仕業, の裏切り, はけっして, はすでに, はない, はホイホイ, は一つ, は学者, は極めて, は無い, は遠く, は鐵橋, もない, も無, らしい, を凡そ一秒弱, を感じた, を活溌

▼ える~ (64, 3.2%)

2 そこで, 憎むべからず帝王, 憎むべしとね

1 [58件] あまが, うしろの, お代りお代りで, かくべつそれ, これに, これを, しばみの枝の, すきとおる位, すっかり恐れ入っ, たくさんの, だんだん色, だんだん酔, どうしても厭, なにも, ひたいの, まわりが, みなすきとおっ, みんなしゃがん, みんなでとの, みんなや, みんなよろこん, みんなを, みんなキーイキーイと, みんな泣き顔に, みんな舶来ウェスキーで, みんな走り寄っ, もとの, よろこんで, チクチク汗, ホロホロ悔悟, 一同ふうふうと, 三十が, 事実である, 云いました, 今に遺憾, 初め妾が, 十一疋の, 又四へん, 吉野神女を, 声を, 寝て, 得意に, 思わずどっと笑い出しました, 施行じゃい, 早速例, 是れ, 桔梗様の, 次の, 珍らしい, 田の, 社会の, 立ちあがって, 粟つぶを, 胸の, 財布を, 髪の, 鳥のみ, 鳴くと

▼ える~ (53, 2.6%)

2 それに

1 [51件] いざと, いろめかしくみえるの, おごそかに, かまきりを, こちらは, こっちらの, これも, ごとく昇降口, ごとく鋸屑, ごとく顕, つかあ, つまりそいつ, どうだ, のこのこ出, のっそりと, はいって, またこの, まだ其, よちよちし, 一緒に, 不幸に, 丸で, 二つに, 人には, 今に, 伊予の, 何う, 其上今宵は, 出るなんて, 又向き直り, 吉弥ので, 奥麻呂は, 女である, 如き鋭さ, 妻の, 実はこの, 岡村は, 彼の, 待つが, 後代風の, 必然の, 文展出品は, 来て, 白い翼, 眼が, 花に, 苦しまぎれであった, 蟻の, 言うこと, 貧しさ, 這出して

▼ える~ (51, 2.5%)

4 でその 2 で刀, をもっ

1 [43件] でそれ, でひろげる, でハンケチ, で丼, で傍, で包み, で受取っ, で周章て, で器具, で夜具, で宇吉, で帽子, で引込めた, で彼女, で手紙, で札束, で漸, で濁酒, で箸, で脇差, で膝, で茶碗, で薬台, で衣服, で身, で額部, にいきなり, にそれ, に一たびナイフ, に二枚, に刀, に掴まれ, に握られた, に握りしめる, に絵筆, をのばし, を前, を夜具, を寝台, を延し, を探り合っ, を燃えさかる, を膝

▼ える~ (32, 1.6%)

93 だよ, ですよ 2 じゃない, だから

1 [13件] じゃねえ, じゃねえとも, だこういう, だそう, だっ, だったらそっちゃ, だという, だね, だろうけれど, です, でね, でも, ならお菓子

▼ えるかも~ (31, 1.5%)

10 知れない 4 しれない 2 しれないが, しれません, 知れませんね

1 [11件] しれないけれども, しれないと, しれないのに, 知れず, 知れないが, 知れないと, 知れないなどと, 知れない然し, 知れぬが, 知れねえ, 知れませんが

▼ えるやう~ (31, 1.5%)

3 に, になつ 2 な, なもの

1 [21件] だ, であつ, なこと, な声, な惡, な態度, な深, な眼差, な空氣, な風鳴り, になる, にも思はれる, に人, に仕たい, に叫ん, に思はれた, に父, に男, に翻, に自分, に靜子

▼ える~ (27, 1.3%)

2 適しない

1 [25件] こういいました, して, しても, むかって, 他ならぬ, 他意の, 到つた, 口うつし, 基きしなる可, 当って, 心臓の, 持って, 比すれば, 水を, 汲々として, 相違ない, 至ったの, 至つた由來の, 苦労は, 行き球, 連れ愈々, 過ぎなかったの, 違いない, 違い御座いません, 違えねえ今

▼ えるほど~ (26, 1.3%)

1 [26件] おとなに, このまま, この事, ごたいそう, だった, わめいて, 上品な, 冷かな, 冷たくそして, 匂った, 口惜しかった, 大きく世上, 奥歯を, 己は, 彼女は, 心が, 情が, 意見の, 手も, 浅いもの, 滿ち溢れた, 生きたいの, 簡単です, 自由な, 落着い, 鞭うたれた

▼ える~ (26, 1.3%)

2 で, で叫んだ, で言った

1 [20件] が, がけたたましく, がした, が変, でいいつづけた, でいった, でこう, でそれ, でどなった, でもっ, で三つ, で云った, で号令, で答えた, で言い, と共に甚三, は判然, をもっ, を出し, を押鎮め

▼ える~ (22, 1.1%)

2 が出

1 [20件] がむしょうに, が出来なくなった, が出来ぬ, が出来ません, が急務, じゃあない, じゃありません, であろう, では, でピチピチ, で存在自身, の出来ない, の性質, はない, は出来ない, は男らしく, も出来ない, も出来る, や心臓, 飛び越える事

▼ える~ (20, 1.0%)

2 どうか, どうかしら, どうか分りません, 聴え

1 [12件] あるいは盆栽, えぬかという, どうじゃ, 伐り残さなければ, 分らないので, 判らぬと, 呪えぬか, 土神は, 子を, 御存じです, 知れやせんから, 誠にうき

▼ えるという~ (19, 0.9%)

3 ような

1 [16件] ことが, ことも, のは, ものだ, わけには, 事が, 家族主義は, 希望と, 意味での, 指方立相の, 村も, 点が, 理由からばかり, 神業を, 自由は, 話だ

▼ える~ (18, 0.9%)

2 つかまえて, 踏みつけたよう

1 [14件] かけカアネエション, きれいな, もじゃもじゃ堅め, 又次, 囲んで, 押し込んで, 望むのみ, 欺す, 知り失望, 祈りて, 見つけて, 見て, 見ても, 蹴飛ばした先生

▼ えるので~ (17, 0.8%)

1 [17件] あつた, こんな事, その他の, それから, びっくりしたら, やつぱり船は, 一緒に, 今時の, 困りました, 待って, 心は, 恁る, 聖水を, 蹄鉄が, 近くの, 進歩する, 道徳なる

▼ えるところ~ (15, 0.7%)

1 [15件] があつ, がある, であった, でありまた, となっ, と云えぬ, にあった, のもの, は延若, もある, もあろう, をきく, を見, を見る, 迄はこぎつけよう

▼ えるほどの~ (13, 0.6%)

2 余地を

1 [11件] 俄つんぼ, 厳かさが, 喜びに, 張りの, 情景だった, 敏子の, 沢子の, 深さ, 者は, 軽蔑の, 顔付で

▼ えるわけ~ (13, 0.6%)

3 だが 1 がない, じゃねえ, だ, だね, ですから, ですが, ですね, なのに, はなし, もなく

▼ えるばかり~ (12, 0.6%)

2 である 1 だろうか, であった, であります, でした, です, ですが, では, で何, で広い, 菊の

▼ える~ (12, 0.6%)

1 [12件] が来た, とが大概, と同じ, にやっと, に二尺, に吾等, に秘密, に行方不明, に袂, はどんなに, むしろ深刻, 詠んだ歌

▼ えるから~ (11, 0.5%)

1 [11件] あたいを, いいわ, おめ, だっだ, であった, であらう, です, ッて, 不思議です, 怪しい奴, 洵に

▼ える~ (11, 0.5%)

2 にや人 1 かあるいは, じゃない, だとは, でそれ, となっ, と云っ, の身の上, は少なく, を防堤

▼ えるほどに~ (9, 0.4%)

1 じっと動かなかった, なって, よしなにお伝え, 何かしらしっかり, 拡大され, 残念がりました, 澄み返り明晰, 鋭敏な, 驚いて

▼ える~ (9, 0.4%)

1 が能, であった, な具合, な気持, な濃, になる, に思われた, に綻びた, は実に

▼ える~ (9, 0.4%)

1 だった, には狂暴, の不如意, の年頃, の思ひ, の憎らし, の頭数, 大きい声, 細かった

▼ える~ (9, 0.4%)

1 がある, と解, は, はおの, は人これ, は国民神話, もあるまい, もなく, 計うる

▼ えるかと~ (8, 0.4%)

1 いうと, いうのに, 丸太で, 云った, 存じて, 思うばかり, 思つた頃八五郎の, 聞かれると

▼ える~ (8, 0.4%)

1 いなかったとも, ずっとずっと後, また相当, 又住民, 大いにある, 翹望だ, 自由も, 苦悩だ

▼ えるじゃ~ (8, 0.4%)

3 ないか, ないの 1 ございませんか, ねえか

▼ えるため~ (8, 0.4%)

1 であった, に, には私, に他, に唇, に座, に誌, の大

▼ えるのに~ (8, 0.4%)

1 そう考えず, 女に, 心を, 気が, 苦しがっ, 限ると, 骨が, 骨を

▼ える~ (8, 0.4%)

1 唯だ, 家に, 急いで, 歩むも, 若きも, 見つかりませんでした, 見ゆ, 長閑なり

▼ える~ (8, 0.4%)

2 を固く 1 あるの, がある, が無かっ, と魅力, はありません, は今

▼ えるには~ (7, 0.3%)

1 ちがいない, 及ばぬ一条, 少くとも, 怺えます, 歴史的の, 自然の, 革命以外に

▼ える~ (7, 0.3%)

2 がない 1 がなかろ, だ, だった, では, の逆説

▼ える~ (7, 0.3%)

2 を踏締め 1 に下駄, も顫, を引き摺っ, を踏みしめ, を運んだ

▼ えるだけの~ (6, 0.3%)

1 もので, 母としての, 理由が, 硫黄の, 職業に, 覚悟が

▼ えるまで~ (6, 0.3%)

1 こうして稼がねえ, そんなこと, またせて, 春の, 水だけで, 見て

▼ える~ (6, 0.3%)

1 いよく, しかない, だ, です, のむき出し, 知ってるだ

▼ える~ (6, 0.3%)

1 とを見た, は紫, をしきりに, を前歯, を開いた, 美しい頬

▼ える~ (6, 0.3%)

1 に発矢, は次第に, は超, をもっ, 愛らしい悲しみ, 涙する愛情

▼ える~ (6, 0.3%)

2 がする 1 がし, が万物, は聴, も聴

▼ えるけれども~ (5, 0.2%)

1 ちょうど昇る, 一方には, 小説は, 従来の, 要するに小説中

▼ えるどもは~ (5, 0.2%)

1 はこんで, みんなお, よろこんだの, 眼を, 緑色の

▼ えるもん~ (5, 0.2%)

1 かみんな金魚, じゃありません, じゃない, だから, ですかよ

▼ える~ (5, 0.2%)

1 すぐと, 其の翌日, 否や, 否小山, 論無し

▼ える~ (5, 0.2%)

1 にし, の手紙, の齢, は夜ごと日ごと, は異常

▼ える~ (5, 0.2%)

1 がある, が有る, さ, じゃあねえ, はあれ

▼ える~ (5, 0.2%)

1 がない, だが, である, ですが, に行かない

▼ えるだけで~ (4, 0.2%)

1 声は, 姿の, 案外変らない, 返事が

▼ える~ (4, 0.2%)

2 やない 1 やありません, やア

▼ えるばかりに~ (4, 0.2%)

1 丁寧に, 烈しく云った, 相接し, 身体を

▼ えるまでに~ (4, 0.2%)

1 なって, 到達し, 毒々しい言葉, 至って

▼ える~ (4, 0.2%)

1 で清水山塊, の南, の頂上, へは出ず

▼ える手先~ (4, 0.2%)

1 で拾っ, で箱, で静か, を覚られまい

▼ える拍子~ (4, 0.2%)

1 にふと, に旨く, に爪, に達也さん

▼ える~ (4, 0.2%)

1 でライフ, は執拗, は雪, を紫色

▼ える指さき~ (4, 0.2%)

1 で巨砲, の加減一つ, を吸盤, を見た

▼ える気持~ (4, 0.2%)

1 で居ます, で甘え, と解き放され, になつ

▼ えるけれど~ (3, 0.1%)

1 それだけ臥, たとえばあの, 鼻で

▼ えるこの~ (3, 0.1%)

1 ことは, 耳に, 葡萄園を

▼ えるだけ~ (3, 0.1%)

1 だ, で変形, で彼

▼ えるつもり~ (3, 0.1%)

1 だったらしい, である, です

▼ えるとき~ (3, 0.1%)

1 が来た, のよう, は彼

▼ えるとは~ (3, 0.1%)

1 なんと困つた, 平生から, 想像出来まい

▼ えるとも~ (3, 0.1%)

1 いいました, きまらぬという, なく茫然

▼ えるのみ~ (3, 0.1%)

1 であろう, で舌, ならずそ

▼ えるものの~ (3, 0.1%)

1 ごとく必死, 実際功, 怒を

▼ える場合~ (3, 0.1%)

1 であろう, の方, はもっともっと

▼ える指先~ (3, 0.1%)

1 で盛ん, を上げ, を固く

▼ える機会~ (3, 0.1%)

1 は永久, をつい, を作っ

▼ える状態~ (3, 0.1%)

1 だった, である, ではなかっ

▼ える~ (3, 0.1%)

1 の心, をながめ, を田舎

▼ える程度~ (3, 0.1%)

1 である, にまで辻褄, のシロモノ

▼ える種類~ (3, 0.1%)

1 のもの, の不調, の人間

▼ える~ (3, 0.1%)

2 える萠 1 える

▼ える~ (3, 0.1%)

1 からで, になる, に終った

▼ える~ (3, 0.1%)

1 が入っ, に横ざま, もみえない

▼ えるくらいの~ (2, 0.1%)

1 ものである, 差が

▼ えるぐらい~ (2, 0.1%)

1 だ, なら苦労

▼ える~ (2, 0.1%)

1 うだ, 云って

▼ える~ (2, 0.1%)

2 せう

▼ えるといふ~ (2, 0.1%)

1 始末で, 感じである

▼ えるほどしか~ (2, 0.1%)

1 ない遭遇以外, ステージに

▼ えるまでの~ (2, 0.1%)

1 不器用さは, 必要は

▼ える~ (2, 0.1%)

1 ほらお金, 横着ものだ

▼ えるより~ (2, 0.1%)

1 ほかに, 他なかつた

▼ えるんで~ (2, 0.1%)

1 坊ちやんが, 正孝此方

▼ えるムンク~ (2, 0.1%)

2 はその

▼ える不思議~ (2, 0.1%)

1 な生きもの, な生活

▼ える世界~ (2, 0.1%)

1 が静か, のよう

▼ える~ (2, 0.1%)

1 腕に, 膝で

▼ える両手~ (2, 0.1%)

1 を周章て, を組合せた

▼ える~ (2, 0.1%)

1 にツート, へでも地震

▼ える事柄~ (2, 0.1%)

1 ではじめ, ではない

▼ える仕来り~ (2, 0.1%)

1 のため, をもっ

▼ える代り~ (2, 0.1%)

1 にいったん, に寧ろ

▼ える~ (2, 0.1%)

1 に向っ, の生れ

▼ える作品~ (2, 0.1%)

1 である, であると

▼ える~ (2, 0.1%)

1 がある, の高名

▼ える~ (2, 0.1%)

2 の尻

▼ える~ (2, 0.1%)

1 はあっ, もねえ

▼ える~ (2, 0.1%)

1 です, は例外

▼ える~ (2, 0.1%)

1 だったと, なの

▼ える~ (2, 0.1%)

1 にも見えない, のよう

▼ える心組~ (2, 0.1%)

1 であった, であつ

▼ える~ (2, 0.1%)

1 に冠する, ばかりでなく

▼ える~ (2, 0.1%)

1 では誰, の特

▼ える~ (2, 0.1%)

1 が多い, に雨畑川

▼ える時代~ (2, 0.1%)

1 だと, になりました

▼ える有様~ (2, 0.1%)

1 だ, でした

▼ える模様~ (2, 0.1%)

1 が描かれ, なり

▼ える~ (2, 0.1%)

1 はしなかった, も挫けた

▼ える~ (2, 0.1%)

1 は大, 依比売

▼ える~ (2, 0.1%)

1 こそ吾, は嫌い

▼ える~ (2, 0.1%)

1 をしっかり, を抱い

▼ える~ (2, 0.1%)

1 のムシャクシャ, を圧

▼ える~ (2, 0.1%)

1 の影, の香

▼ える言葉~ (2, 0.1%)

1 じゃ, としては甘く

▼ える~ (2, 0.1%)

1 が之, を首尾

▼ える身体~ (2, 0.1%)

1 をじっと, を無理

▼ える身分~ (2, 0.1%)

1 でない, になり

▼ える~ (2, 0.1%)

1 はない, を発見

▼ える~ (2, 0.1%)

1 なく馴れ, もない

▼1* [354件]

えるあたりをめぐる, えるあちらからくる, えるあるいは稚きと, えるうす黄色い油に, えるうちはどこ, えるかい八, えるかぎり振舞うて, えるかつシンミリした, えるかという電報を, えるかとのみいいて, えるかね神田さん, えるかのように, えるかまでは歌にも, えるくらいに寒かった, えるぐらいの顔つきだった, えるだもの, えるけど私あの, えるこころの全部, えることそれは賢者, えること十二回に及んだ, えること食餌を變, える主旨は, えるさえ有るに, えるさる偏狭なる, えるじきをねらっ, えるじゃあねえかええ, えるじゃァありませんか, えるそれは手答え, えるそんな力は, えるぞううっ, えるため顔を歪め, えるだけでも恐ろしい, えるだけに手も, えるちからもなくなっ, えるって法が, えるっていうやつが, えるつまらなさで, えるといったような, えるとか云うちょっと, えるとき于吉はそっと, えるとき五円なにがしか取られた, えるとき自分の生, えるとこだよ, えるとしてももしその, えるとぞこれも, えるとたんに出たの, えるとてッきり吉弥の, えるとわッと, えるどころでは, えるどもが毒虫, えるどもも大よろこび, えるなど以ての外である, えるなどともいいました, えるなどの実験動物とも, えるなどよりはうまいが, えるなり一振り二振りする, えるなんというもの, えるにてありき, えるにもまことに仕, えるにもけえられず, えるのいっぱいはいった釜, えるのねきっと, えるのびやかな皺嗄声, えるのみにあらず主, えるの目であつ, えるはずもなく, えるふりの袂, えるえ, えるほどもあるまい, えるがなく, えるまた滝が, えるまねをし, えるままにし, えるもとのさま, えるもの一方はこまかい紅い, えるもの酷語といえ, えるやくもを見た, えるようすが見える, えるよし聞きたれば, えるばかりでありました, えるわよもっとシッカリ, えるわれの渝, えるをもって見合わせたり, えるを以て北京を, えるイメージが附け加えられる, えるギニヴィアの己, えるスタンバーグの近影, えるてッ, えるナポレオンのよう, えるフリカッセーなぞた, えるペン軸を必死, えるユダヤ人に似, えるロシア人や支那人, える一名の赤十字社, える一大機関のよう, える万物の神秘, えるさすが悪い, える不規則な円頂閣, える両足やカンカラ, えるを知っ, える事實は僕, える二人はただ, える五体幸いにし, える京子の体躯, える人生のさういふ, える人間にのみ不幸, える人類を解放, える仕立屋が居る, える以上私の手, える伊藤整たちの登場人物, える位置にい, えるをくるみ, える何ぞ倹素に, える何物もない, える価値はあるまい, える俯向き加減前髪の冷た, える優しい声で, える先帝の聖旨, える光線が体, える其の手には, えるにお, える内気な娘, えるのもの, える利得は懇意, えるか後, える前言に対しても何分, える医師ででもあった, える千浪の手, える耶の, える口調になる, える懐しと, えるを思い出し, える呼吸をもった, える品物ですぜ, える嗚咽を脆く, えるを修理, える国家であり最初, える地方はいたって, える場処である, える場面はある, える墻踰えずには, えるを迎えた, えるに遣り, える方針は, える大きい掌で, える大和の国, える大峠の路, える大御代に逢, える天下の臣民, える奉納の手拭, える女性をすら通す, えるの愛想, える姿鼓の緒, える婦人あり病める者, える子供の自分, えるで, える安二郎の乱暴, えるさに, える寛之助を安心, える寺院を中心, える対抗意識としてあらわれる, える将監峠を登る, える親が, える小僧に案内, える小細工脅迫虚僞が無い, える尼君の庵, えるの回想, える工夫をしてやろう, える左手で刀, えるの宿屋, える帰結はかく, える平田氏も不人気, える幽霊どもを見た, えるの気魄, えるに尻尾, える彼女は人妻, える御国なり, える心地しつ, える必要がある, える性質をもっ, える怨み柱に絡んだ, える恐ろしい光を, える息使いと一緒, える恰好をつけた, える悪人多からず, える意気を持つ, える態度に出た, える懐しきものの, える我が皇室を, える所以の意, える手付でその, える手段となっ, える手脚に見えた, える批評で安心, える技術を学ばぬ, える抗議の叫び, える抱擁と, えるでむやみ, える数刻の時, える新しい宮居の, える新人たちは進歩的, える新築の家, えるである, える方式が我朝, える明治元年三月より三十三ヶ月, えるの小菅, えるに翔り行く, えるなり, える時そこに新, える時刻であつ, える時夫人へ私, える時息子ばかりが巴里, える時梅子は玄関, える時母親が示す, える時計を持っ, える時額田王の歌った, えるがなかっ, えるには, えるがどうして, える木の葉と共にまた, える本多中務の娘, える枕木や, える格闘者とも言うべき, える様子もない, える標杭にあいぬ, えるに出, える欠点のない, える次第であります, える歴史は存在, えるはついに, えるであった, えるに目, えるがし, えるでいっぱい, える汝ような鬼, える流石に孔孟仏老, えるの相, える海月を攫ん, えるは少しく, える湯治場である, えるに髪, える無数の汽笛, える燕王の語, える片手を頸, えるという字, える牢屋がある, えるのよう, えるに背尾, える猛獣の間, える理由は何, える生存者に取っ, える生活をうち, える男女を一人一人, える男海を渡る, える白衣の女人, えるをより, える相手だが, える看護婦に助手, える県道と村道, える真似して, える真昼の静けさ, えると柔らか, える眼精には素より, える睫毛の間, える瞬間のこと, えると温か, えるが小躍り, える神津島でも八丈島, える空間がありました, える立場ではない, えるの音, えるのなか, える筋合いのもの, える素性不明の者, える統治の洪範, えるを見るごとく, える美徳はすべて儒教, えるより遠く, える羽毛のよう, える習慣は南方諸島, える僧は, える者一人もなく, えるを売っ, えるは端的, えるをしめ, えるをこらえ, える腹立たしさで, えるの上, える膝頭を踏ん張り, える臙脂色の裾, える自分の影, える自己一流の仕方, える自由を得た, えるにて購う, えるさえあった, える色彩はすべて, えるのゆくえ, える芸子ありしが, える苦悶の声, える茶碗にて呑まさるれ, える葉子の美し, える虚無のよう, えるの眼玉, える蝦夷の日高見国, えるもなくなった, える表徴である, える襦袢の袖, えるもない, える視線と棕櫚, える計り物を商, えるをあまり, えるなるかな, える議論の出る, える護摩の火, える負債を消却, える責任でしょうか, えるではない, える赤児の泣声, える足元を踏, える距離ではなかっ, えるすこぶる多し, えるのあたかも, える軽い風に, える通りですが, えるがすっかり, える道みちもわたし, える部分である, えるの草, える野生を帯びた, える釜伏峠の上あたり, えるをつまん, えると, える銃口で指し示した, える間もなく車は, える間向うを見, える間道は此山, える関係ではない, える阿世潟峠は此二山, えるに曝され, える陽気さはなく, える際崖を下っ, える雑木が繁っ, えると泥, える霊的動揺の雰囲気, えるを揉ん, えるを見やりました, える顔立ちであったが, えるのもの, える風情も無, える風篠突く雨, えるのよう, える黒い肉太の, える黒土から咽ぶ, えるがものいう