青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「えた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

うるさい~ ~うれし うれし~ ~うれしい うれしい~ うわさ~ うんと~ ~え え~ ~えた
えた~
~えて えて~ ~えらい えらい~ ~える える~ ~おい おい~ ~おいた おいた~

「えた~」 1282, 14ppm, 8029位

▼ えた~ (141, 11.0%)

33 である 8 であった 7 です 64 では 3 であろう 2 であったから, であるから, でした, ですが, はその, はひとえに, 可愛いお

1 [66件] か, かということ, かとお, かもしれない, かも知れない, か皆甕, か道, がいけなかった, が手, が雪, さ, じゃない, だから, だが, だった, だと, だとの, だね, であって, であります, である思い上がった心, でございます, とでうつろ, とアゾル, は, はありがたい, はこの, はそういう, はたぶん, はもちろん, はやはり, はカラカラ, はジョイス, は一疋, は中野ただ一人, は何, は如何にも, は実に, は実は, は少なくとも, は彼, は旅僧, は昭和十六年十二月十日, は時, は泉鏡花, は火, は甲斐, は總噸數一千噸位, は西欧文化, もいのち, もこの, もつい, もマリヤン, も五六歳, も全然, も本陣, も気, も沖繩, をきっかけ, をまた, を感づく, を知らせた, を見る, を覚え, ヨ, 干与する

▼ えたよう~ (70, 5.5%)

4 に立 3 になっ 2 なもの, な声, な眼付き, な調子, に, に眼, に肩

1 [49件] だった, であったが, でしたが, でも, な不思議, な口調, な唇, な塵埃, な廓, な形勢, な心もち, な晩, な次第, な気, な激し, な眼つき, な眼付, な話, な趣, な軽い, な顔, な鼈甲, にうなずきまし, にかため, にぎくりと, にそれから, にはっと, にみえた, にも見え, によどん, に両, に中, に唇, に声, に彼, に思いつい, に思った, に感じた, に横手, に牧野, に相, に眉, に神経, に突然, に見える, に身, に飛び立っ, に飛び起き, 見えた田

▼ えたもの~ (56, 4.4%)

4 である 3 であるが 2 がある, だ, だった, であつ, では, でも

1 [37件] かと感心, か一人歸, があるだろう, があるらしかった, だという, だやい手前, であったかも, であったとの, でありこれ, であろうか, であろうが, でしてね, でしょう, です, ですね, ですわ, ですわね, で私, といっ, として力づよく率直, と思っ, と想像, と見え, と鑑定, に相違, に過ぎない, の方, は五十, は勿論, は古往今来たくさん, は大変, は鎌倉, もある, やら, よな, らしい, を私

▼ えたこと~ (50, 3.9%)

6 のない 4 がある 2 があった, に満足, はない, もあつ

1 [32件] かどう, がうれしく, がすでに, が世間, が嬉しい, が客観的, だった, だろう, でありました, である, とこれ, などから考える, について, によつて, に何, の無い深い, はいまだかつて, はこれ, は将来私, は殆, は殆ど, は盜伐者, もすべて, をうれしく, を伝える, を喜ん, を思出, を悦ばず, を知つたの, を私たち, を見せびらかそう, を記憶

▼ えた~ (44, 3.4%)

1 [44件] あつい涙, あとで, いづれも, お前さまは, お十夜, しだいに町, すッ, そのため, その中, その年, その恐ろしい, その折, その時, それから毎夜乾, それでも菊江, それは, ためであろう, ぢつと, つてその, でもやっぱり, また子供, まだ松, もう痛まない, もと, やっと起き, ベタベタと, 仕様のね, 僕は, 判断が, 姿は, 平民に, 彼は, 急に, 早苗は, 渡したあと, 父は, 発明に, 真似を, 矢矧まで, 確かに, 私は, 訊くひま, 追着かない, 都合で

▼ えた~ (43, 3.4%)

3 思うと 2 ある, 云っても, 見えて, 言ふ

1 [32件] あるが, いうだけ, いうほどの, いって, いっても, したならば, したらそれ, したら当然, します, するの, すれば, つたえられて, ジュカンシュは, 云う, 云う大, 云う雛人形, 同じよう, 同時に黒吉, 幾返り, 思いねえ, 思うの, 思ったが, 思ったの, 思ったらパタリ, 思って, 申しました, 考えたらそれ, 聞いて, 自白する, 見るが, 話した, 謂ッた

▼ えたので~ (27, 2.1%)

3 あつた

1 [24件] あらうか, あらう誰, いよいよ文字どおり自炊生活, がす, しかもその, すべてベイコン卿の, ちよツと, みかどは, もう夜逃げ, やっと人心地, 一同の, 丸山の, 何か, 余勢を, 前歯を, 前途に, 咄嗟に, 実は文久二年, 彼は, 格別の, 眼も, 私は, 輿は, 遂に甲板

▼ えた~ (18, 1.4%)

32 でしょう

1 [13件] じゃけど, じゃない, だか, だが, だがな, だつて云, だね, でござんしょう, ですかなあ, ですがね, ですがねえ, ですってね, ですよ

▼ えたという~ (17, 1.3%)

2 ことである, ような

1 [13件] ことに, ことは, ことや, ことを, その話, のか, 事から, 事が, 噂が, 点であろう, 理由で, 話が, 話の

▼ えたまま~ (17, 1.3%)

1 [17件] いつもちょっと沈吟, この矛盾, しばらくは, その場, ただ夫, だんだん憂鬱, である, になっ, の新九郎, ひょいと手, もう火, ニヤリニヤリと, 動けなかった, 大きい児, 未だ同じ, 浮かぬ顔, 眠って

▼ えたから~ (15, 1.2%)

1 [15件] これからただちにその, たまりませんよ, だ, であつ, であろう, でそれ, では, また助け, 丁度おいら, 今に関取, 公遠, 我は, 持たして, 桓子感服した, 虎這う

▼ えたところ~ (15, 1.2%)

1 [15件] から言え, があった, であった, では南, でやがて, ならば, による, のもの, の力, の収穫, はよく, は物, へノック, もあり, を基礎

▼ えた~ (13, 1.0%)

1 [13件] があった, その人, でも悲境, にわざと, に新聞, に逢いたい, の, の光景, の喜び, の有, の用意, わらい声, 殆ど無意識的

▼ えた~ (12, 0.9%)

1 [12件] これを, そいつを, それを, とおも, なしえなかったかという, ねえん, ツ, 何ぞの, 八, 分らなかった, 日出雄少年の, 細い流れ

▼ えたかと~ (12, 0.9%)

4 思うと 3 思ふと 1 きく弥, 云うと, 問は, 思いふと, 思われる

▼ えた~ (12, 0.9%)

1 [12件] がない, だん, であるけれども, です, にそれ, にはその, の身の上, の道, はもう, は更に, は未だかつて, を捉え

▼ えた~ (10, 0.8%)

4 ちがいない 1 かかわらずさらば, しても, しるしを, すぎませんでした, せよ向って, 過ぎないの

▼ えたやう~ (10, 0.8%)

2 な声 1 ですが, な口, な氣, な色, な身, に和尚, に民子, に頭

▼ えた~ (8, 0.6%)

1 がある, で例えば, と思う, のない, は事実, は嬉しい, は滅多, や深林

▼ えた~ (8, 0.6%)

1 だけが烙印, でお, の色, はくもっ, をわし, を伏せ, を光らせ, を挙げ

▼ えたばかり~ (7, 0.5%)

1 だ, だった, でな, では, で一樓中, で東京, で罐づめ

▼ えたものの~ (7, 0.5%)

1 いくたび, これが, ただの, 何の, 匂いを, 文學との, 特別に

▼ えた~ (7, 0.5%)

1 である, でなければ, でなんかそんな, に出来る, に階段, の手入れ費, の藻

▼ えたその~ (6, 0.5%)

2 頃あやまち 1 ひとが, 丘は, 耳まで, 袖に

▼ えたもん~ (6, 0.5%)

21 だで, でな, と見え, よなあ

▼ えた~ (6, 0.5%)

1 で云った, で叫んだ, で君江, で囁いた, で子供, で言った

▼ えた~ (6, 0.5%)

1 が微, で投げ飛ばす, で竜, の指, は帯, を離し

▼ えた~ (6, 0.5%)

1 がある, が食物, には褒美, はない, は歩く, も或は

▼ えた~ (5, 0.4%)

1 もなんにも, われながら, 云は, 思つてた, 知ってるだが

▼ えたかも~ (5, 0.4%)

2 しれない 1 しれないの, しれぬもう, 知れないが

▼ えたこの~ (5, 0.4%)

1 ひるすぎ, 一篇の, 地位は, 婆にも, 長閑な

▼ えただけ~ (5, 0.4%)

1 であった, でば, で或, なの, 美しゅうなりおったの

▼ えたばかりの~ (5, 0.4%)

1 女で, 年頃である, 床の間の, 病衣に, 鵞鳥に

▼ えたほど~ (5, 0.4%)

1 だった, である, なり, 彼女は, 恐ろしかった

▼ えた~ (5, 0.4%)

1 だって, だ見違えるよう, で五十種以上, へ母, へ盤台

▼ えた言葉~ (5, 0.4%)

1 です, は忘れまい, を使つて, を出鱈目, を破る

▼ えた~ (4, 0.3%)

1 人が, 妙は, 庭を, 献立じゃ

▼ えたため~ (4, 0.3%)

1 しがなくいわんや, だと, ではない, に恋

▼ えただけの~ (4, 0.3%)

1 ことは, 我れ, 本能的利他心が, 琴の

▼ えたのみ~ (4, 0.3%)

1 では, ならずさらに, ならず中世, ならず若い

▼ えたはず~ (4, 0.3%)

1 がない, であったが, である, ですそれなのに

▼ えた~ (4, 0.3%)

1 からは再び, にも働かなく, に咽喉, 直ちに上京

▼ えた~ (4, 0.3%)

1 だ, で全く, の大, 眼が

▼ えたそう~ (3, 0.2%)

1 だ, な白い, に火箸

▼ えただけでも~ (3, 0.2%)

1 なんとなく彼, 十種類くらいの, 無明の

▼ えたつもり~ (3, 0.2%)

1 じゃ, でいた, で得意

▼ えたのに~ (3, 0.2%)

1 おらほんとに, 倣つてその, 腹を

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 ありがとう千歳さん, あれこた三つ, ろこびにぞくぞくしてゐるらしいけはひがさ

▼ えたわけ~ (3, 0.2%)

1 だ, である, でした

▼ えた人物~ (3, 0.2%)

1 が断続的, を他, を彼ら

▼ えた~ (3, 0.2%)

2 の先 1 までよりは一層

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 で腰掛け, で蓋し, のストロー

▼ えた~ (3, 0.2%)

2 ひはうつたうし 1 ひの

▼ えた大きな~ (3, 0.2%)

1 小屋を, 顔を, 鴨を

▼ えた彼女~ (3, 0.2%)

1 にそれら, の労働, はもう

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 が學習, が差引得, の瞼

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 さえある, である, の空

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 な顏, にキョロ, にギラ

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 だけは幸福, までこれ, を異なれり

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 ばかり湧い, を夢, を強いて

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 が牛, の鳴, を従えた

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 に相違, の声, の餌食

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 の住居, はそんなに, は当

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 だがと, だつけ, である

▼ えた~ (3, 0.2%)

1 から思いがけない, に玄子, は既に

▼ えたあと~ (2, 0.2%)

1 の改まった, はその

▼ えたうえ~ (2, 0.2%)

1 でここ, に望み

▼ えたきり~ (2, 0.2%)

1 で長らく, なん

▼ えたって~ (2, 0.2%)

1 なア新吉, 私は

▼ えたとは~ (2, 0.2%)

1 信ぜられない, 義雄も

▼ えたについては~ (2, 0.2%)

1 並み並みでなく, 五〇年の

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 ず喉, ず熱き

▼ えたへで~ (2, 0.2%)

1 机おしやりぬ, 果は

▼ えたほどの~ (2, 0.2%)

1 女泥棒, 満足を

▼ えたまま天~ (2, 0.2%)

2 高く両

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 最上として, 見るたびごと

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 ておっ, てなんて彼ん

▼ えたパイプ~ (2, 0.2%)

1 の火, の雁首

▼ えた人々~ (2, 0.2%)

1 の嘆願, は先

▼ えた唯一~ (2, 0.2%)

1 の利益, の言葉

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 爬虫プレシオサウルスの, 群集が

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 の生首, の群れ

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 で間口, の面影

▼ えた~ (2, 0.2%)

2 の大臣家

▼ えた巻煙草~ (2, 0.2%)

1 に火, のパイレート

▼ えた心地~ (2, 0.2%)

1 がいたします, だった

▼ えた情報~ (2, 0.2%)

1 ではお隣, による

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 にいる, は争われぬ

▼ えた最高~ (2, 0.2%)

1 の智的統一, の詩人

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 にキヨロ, にギラ

▼ えた様子~ (2, 0.2%)

1 で話した, は見えません

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 がし, のする

▼ えた直義~ (2, 0.2%)

1 の強味, は師直

▼ えた知識~ (2, 0.2%)

1 と体験, による

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 じゃア, でがす

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 ではございません, のなか

▼ えた豌豆汁~ (2, 0.2%)

2

▼ えた野狐~ (2, 0.2%)

1 の図, を高

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 に似る, のやう

▼ えた~ (2, 0.2%)

1 が訪れた, だつたの

▼1* [429件]

えたあおめえ, えたあかつきには右馬介, えたあのやすい本, えたあるうと, えたいざかねての約束, えたうえポーチのところ, えたおいごと刺せという, えたおりのこと, えたかがしれて, えたかぎりの旗, えたかといふことが, えたかとして髪を, えたかの女の, えたきせるから煙, えたぎらばまいらせんほどにしばし待ちたまえ, えたくらいな英傑, えたけれども一人渠は, えたこころもちを引き出された, えたことそれまでは雪子, えたごちそうなん, えたさまが想像, えたそれからも, えたしかしある男, えたじゃねえか, えたすると嫌疑が, えたな, えたそこには頭, えたそしてまたおのづか, えた白坊主の, えたため柄の過ち, えただけでなにも, えたちの艇は水雷艇, えたちゃ皆ここに, えたっけが彼奴, えたつて見ら, えたといふ話, えたとうとい金を, えたときにどんなに, えたとき作者は失敗, えたとき国内的に勤労階級, えたとき小次郎の体, えたところひつこみがち, えたとしても全部を, えたとしましてももしそれ, えたともえったとも, えたどこか愚かしい, えたなかから諸君, えたなつかしさは, えたなり狡猾そうな, えたにても非人にても, えたのち口をひらいた, えたはけがある, えたばかしの白木の, えたひかりの澱, えたふうをし, えたまた構成の, えたまひし迦具土, えたまままっ黒の口, えたままマッチをすろう, えたままマデレーヌの横, えたまま今日も堆い, えたまま佐兵衛は巌流, えたまま俛いて, えたまま吃驚した表情, えたまま呆気にとられ, えたまま多可子の方, えたまま尾をふっ, えたまま左右へ振っ, えたまま帆村の方, えたまま廊の間, えたまま昔の通り, えたまま椅子の脊, えたまま眼鏡越に爪先, えたまま素子は明るい, えたまま自分の部屋, えたまま船橋の欄干, えたまま蓮葉に出ました, えたまま蜥蝪はきっと, えたまま話をする, えたまま足元ばかり眺め, えたまま退屈そうに後ろ, えたまま顔を顰め, えたものそれらのごたごた, えたうだつた, えたやも知れません, えたゆえ悦んで, えたよりももっと良書, えたりきこはた, えたなんでえ, えたアリスが出, えたアルバイトの錺, えたア粂五郎もちゃち, えたウィンジャマー曲馬団がいまニューヨーク郊外, えたオーケストラをその, えたオーリャが壁新聞, えたコレスポンダンスの緒, えたゴリラのよう, えたシエークスピアにどれ, えたセルの袴, えたソヴェト同盟の文化, えたタメシがない, えたて苦勞, えたトロフィを真紅, えたペコペコ三味線の, えたホームズが私, えたマア坊が洗濯物, えたリルケの, えた一人の男, えた一匹の蟒蛇, えた一日にまだまったく, えた一種の福, えた一見剣客と, えた一隊だった, えた三万円を捨て, えた上用意して, えた上銘仙の一反, えた不安と恐怖, えた不幸の子, えた中国少年の頭, えた中年の男, えた中空へ一すじ, えた主従は月, えた乳房重いよう, えた亀の甲の形, えた了簡と大分差, えた予審判事は彼, えた二挺の鋏, えた人気は身, えた人達が後に, えた人間が活き, えた仏蘭西の婦女, えた仏蘭西風の黒い, えた仏見笑が鮮, えた仕立てなどは片手業, えた伴蔵である, えたでしたから, えた位置は, えた佐々が来, えたに膝, えたしは, えた傍観者の批評趣味, えた儘かすかに人影, えた儘眼は華やか, えた儘鳳陽丸の甲板, えた入口だ, えた六十年の期間中, えた兵太郎君が白く, えた其の雰囲気が, えた其時の懷, えた其稲の収穫, えたの風, えた冷笑のよう, えた切り二匹ともゐなく, えた刹那である, えた世紀の, えた加藤なんぞという諸氏, えた努力だと, えた動物ほど忠勇無双, えたの雲, えた南方の禅宗, えた南部表柾の通った, えた危険に比すれ, えた耶の, えた史実の報告, えた史料の範囲, えた合圖で下女, えた名家の跡, えた向日葵のよう, えた咲耶子もいま, えたにはまだ, えた唸り声をたて, えた善事だと, えた喜びの余り, えたによれ, えた囚人姿の虎蔵, えた因念よりもまだ, えた因縁よりもまだ, えた囲炉裏端の話し声, えたでありますから, えた城下の人々, えた堆い感情を通して, えた場合がありうる, えた塩漬けの胡瓜, えた塩肉のハンバーグステーキ, えたの道, えたをみ, えた大型のこの, えた大方齒からの, えた夫婦の, えたはいや, えたは大息, えた姿以外は殆ど, えたを先, えた婆さんの予言, えたでお, えた安心感にとらわれ, えた宗参の胸, えた宝鼎が伝わった, えた家居が見える, えた宿の小さな, えた富士男はすばやく, えた寝台の上, えた小型の長火鉢, えた小富士や富士権現, えた小男を一振り, えた尾根の上, えた山人に何, えた峻壁の頭, えた巡査がモンペ姿, えた巻麺麭だの, えた帯留の金, えた幇間踊り, えた幕府などはとうに, えた平民どもが低い, えた幾多の小曲, えた幾日の骨折り, えた形跡がなく, えた影法師におまえ, えた彼らがこれ, えた彼方の彼方, えた彼独特の議論, えた後イスランドは衰微, えた後前に駕籠, えた心持で一夜, えた忍び足の法, えた思いです, えた思想を私, えた怨めしそうな, えた怪放送だね, えた怪物のよう, えた恩賞であること, えたを愬, えた愛らしい姿で, えた憐れな孤児, えた懐紙は手, えた所爲か非常, えた抽斎の長男恒善, えた探偵ごつこ, えた支那服の主人, えた支那蕎麦が本当に, えた支那青年の一団, えた政治と思えない, えた数字でないこと, えた数隻のスペイン商船, えた文子であつ, えた新子に, えた日本国民すべての心, えた明智探偵のほか, えたの事, えた時それが人間, えた時代には食物, えた時分医者から滋養分, えた時微かな夏, えた時肩越に振仰い, えた時運と権力, えたには, えた暗号小説はわずか, えた暴徒であった, えた書物を再び, えた曹操は思い, えた最初のそして, えた最高記録はこの, えたじゃねえ, えた本所の馬鹿囃子, えたでも後, えた東京語の返事, えた果物を頬, えたのよう, えた楊枝を手, えた権臣土部家の機密, えた横一文字の口, えた横目をもつ, えたを断り, えた機械らしい音, えたが落ちた, えたの世界, えたをうた, えた正成はどこ, えた武家が今度, えた武蔵独自の哲学, えた気持です, えた気持ちになりました, えた水準へ五年, えた洋一はぼんやり, えた浪士の, えた浴衣に映る, えたが胸, えた満足感が大きく, えた溜飲を下げ, えた滅法界に力, えたでしょう格子, えた煙管を吐出す, えた爽快な時節, えた片手を後, えた牛車を彼, えたが一匹, えた牡鹿の群, えた犬ころをよ, えた独特な趣味, えた猟人から唐, えたと, えた獣たちが吠え, えた現状生活に対しての自省, えた理由が別になお, えた瑛子が佇ん, えたとすれ, えた生徒が真に, えたが立っ, えたはまだ, えた當時の, えたにまた, えた白緑の, えた白道の上, えた白雲師匠への尊敬, えた相当な侍たち, えたかは盾, えた看護婦さんがテレス, えた眼付きをし, えた眼色を見返した, えた睫毛の長い, えた社会的産褥と革命的分娩, えた神経から来る, えた神経系統の特殊, えた秋海棠の花西瓜, えた程度では中, えた稲田の夕景色, えた穀物はなくなる, えた積りでも何だか, えただの白樺, えた粉雪なので, えた粟野さんはいつのまにか, えた細い声で, えた結果をことごとく, えたの無慙さ, えた經驗から思ひ, えた群集であった, えた義理じゃある, えた職らしい, えた老人や女達, えた老爺までが一緒, えた考えをし, えた考事を又, えたが細り, えたの底, えた脚色が自然, えた自分の声, えた自動車の運轉手, えた自我の確立, えた興奮に私, えたのボーイ, えたを見せ, えた芝居茶屋の酔, えた花壻になりたくない, えた若手の剣客, えただと, えた草木は皆聲, えたへ燐寸, えたの實, えた蒼白い顔を, えた蔵人もまた, えた黄色地に, えたは無き, えた藥屋の看板, えたのよう, えたなん, えたのやう, えた蛾次郎が邪魔物, えた蝦蟇の眼玉, えた街路を矢, えた表情になっ, えた襦袢の袖口, えた見聞の判断, えた観世水の羽織, えた誇りだけで, えた調子に変っ, えた談話をし, えた責任を持つ, えた費用をどういう, えたとは云, えた赤土のなか, えた赤靴を規則通り, えた赭顔白髪の夫, えたの歌, えた趣きも書い, えた跫音が深夜, えたのかる, えた農奴目録は実に, えた連中がぞろぞろ, えた遊藝を資本, えたへは出られなく, えた部屋の二側, えたがつき, えた野原にそ, えたで心, えた金之助は三十年増, えた金剛石のをはじめ, えたはみな, えたで鹽迄買, えた錺職になり, えたをねらっ, えた障子の音, えた隠密は必ず, えた鷄は, えた集団を所々, えたは雌, えた雛形が落第, えた雪道を器用, えた零下十度の風, えた非人の住ん, えたをたてた, えた頃昔の主人, えたがこうして, えた額際を小夜子, えたをし, えた風物でした, えた飴屋の笛, えたを喫, えたで私等, えた驚きをもっ, えた髪の毛じゃござんすまい, えたの毛, えたのささやき, えたは殺生, えたの蒲焼, えたを朝廷, えたのよう, えたの朦朧, えた若い資産家, えたがやって来