青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うわさ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~うまく うまく~ うむ~ ~うる うる~ うるさい~ ~うれし うれし~ ~うれしい うれしい~
うわさ~
うんと~ ~え え~ ~えた えた~ ~えて えて~ ~えらい えらい~ ~える

「うわさ~」 1124, 12ppm, 9049位

▼ うわさ~ (246, 21.9%)

46 して 22 聞いて 11 耳に 6 きいて, すれば, 聞くと 4 した, したり, すること 3 しました, するの 2 はじめた, 生んで, 聞いた, 聞いたこと, 聞いたとき, 聞きました, 聞きましたので

1 [117件] いいふらして, いうてても, いたしました, おまんが, きいた, きいたこと, きいたの, きかれて, ききました, きくと, きくまでも, この家, ご存じです, したの, したばかりの, したばっかりに, しだしたの, しないこと, しない日, しなかった, しながら, しばしば耳, しますが, しますとき, しますの, しようが, し始めた, するもの, する時, する木村, たてや, たてられて, たよりに, なさったその, はじめるほど, まきちらしたばかり, もれききながら, よく承っ, よんだ, チラと, チラチラ交ぜ, バカに, 世間では, 交わす堂上, 人から, 人が, 伝えた, 伝えたほか, 伝えてからの, 伝え和田峠その他, 伝え聞いて, 作るには, 信じて, 信じ貧しい, 半蔵に, 吉宗は, 吉次も, 否定され, 問い糺して, 城下に, 大坂表で, 始める, 左衛門町の, 幾たびも, 引く種, 思いだしたそれ, 思いながら, 思い出して, 急に, 打ちけすため, 拾って, 持ち出されお, 持ち出すと, 持っては, 最近に, 東片町の, 残した, 生む, 皆し, 知らない旅びとは日, 知らなくたって, 知りません, 立てた, 立てられた優れた美貌, 立てられると, 絶えず耳, 聞いたが, 聞いたとかいう, 聞いたのでな, 聞いたまた, 聞いたよう, 聞いたればこそ, 聞いても, 聞かない, 聞かなかったが, 聞かぬ, 聞きおよんで, 聞きつけすぐさま, 聞きつたえこれ, 聞きつたえて, 聞きながら, 聞きましたが, 聞き生死, 聞くこと, 聞くの, 聞くん, 聞けば, 聞こうとは, 見た, 言いたてられるよりも, 言えば, 言ってたわけ, 語り祇園藤次, 諸藩, 避けて, 酒の, 風靡し

▼ うわさ~ (182, 16.2%)

7 ある 5 たって, 出た 3 たちました, 伝わって, 出て

2 [14件] あった, あったん, あって, あるのみ, あるん, 世間に, 伝わった, 出る, 出ると, 村に, 村の, 毎日の, 立ちました, 立った

1 [128件] あちこちに, あったが, あったので, あったよ, あるが, あるくらい, あるところ, あるならあると, あるの, あんまり騒々しく, いっそう世評, いよいよ事実, いろいろと, いろいろ取沙汰, おこりその, かの女, きまってある, こもごもいたる, こんなに娘, ござりました, ござります, すぐと, すぐに, そこに, そこへ, そのあと, その後その, その途中, その頃漁夫たちの, そんなふうに拡がっ, たちはじめたの, たちはじめると, たちまちあたり, たちまち仲間, たちまち東京中, たちまち近隣, たった, たつと, だれか, だんだん高く, つたわって, とび交って, とりどりでありました, どこからと, どこからとも, どこの, なにかしら, はずみアントニオ, ぱっとひろまっ, ぱっと町じゅう, ぱッと, ひろがった, ひろがって, ひろがるの, ひろまって, ひろまりはじめました, ほんとうである, ぼつぼつ起っ, ますます高く, またどうも, もう一般, もれては, やかましく京都, ややしずまっ, ようやく具体的, よく伝わった, よく出た, 京都方面から, 人の, 伝えられ怪談, 伝わるだけでも, 伝わるまでには, 兵庫神戸まで, 出たもの, 出ても, 出ましたっけ, 出ること, 初めから, 噂を, 四方に, 坂下門の, 夢の, 大きいので, 始まった, 容易な, 宿屋中に, 専ら立った, 尽きない, 尽きなかった, 当時あった, 拡がる, 拡まっ, 拡まった, 早く伝わっ, 桜田門外の, 楽に, 正当には, 残って, 江戸の, 無かった, 獄中に, 王さまの, 生んだ大げさ, 町内に, 盛んに, 私たちの, 立ったため, 立ったと, 立ったの, 立ったもの, 立つと, 絶えないと, 絶えんこと, 総領娘の, 美濃路の, 耳に, 聞え渡ったので, 茶屋で, 話題に, 誰の, 諸国に, 近所にも, 近所近辺に, 酒間に, 頭へ, 頻々として, 飛び出す, 高いほど

▼ うわさ~ (137, 12.2%)

7 よると, よれば, 聞いて 6 聞けば 4 移った 3 聞いたこと 2 なって, のぼって, ろくなこと, 上った, 余念も, 持ちきって, 結びつけて

1 [89件] うけたまわって, うそは, おびえるには, かかっては, きいて, ききましたが, きけば, くるわは, この事実思い, ご登山, すぎなかったもの, そちの, それを, たかい, たかい黄金豹, たがわずあるじ, たがわずけ, たがわぬ人群れ, たがわぬ魯粛, ついで遼東還付の, なったこと, なったの, なりと, なること, なるやう, のぼった, のぼったに, はなが, まどわされて, まもなく当, よう聞いとる, よく出る, よく聞いた, よりますと, よりますとな, 上ったかと, 上るあの, 上るころ, 上るだろうかと, 上ると, 上るの, 伝え聞きやはり, 伝わって, 依れば, 出た楠木多聞兵衛正成, 及び長政, 吉左衛門も, 器量の, 変だ, 志士浪人の, 思い当たった, 恐れて, 惑わされて, 承る汀戸城, 據る, 洩れ聞いて, 移ったとき, 移って, 移ッた, 耳を, 聞いたに, 聞いたの, 聞いたよ, 聞いちゃ, 聞きましたが, 聞きましたで, 聞くと, 聞くのみ, 聞く婦人, 聞く御, 聞く浅草橋, 聞く福原, 聞く黒い, 聴いた支那犬, 聴いた金山, 聴いて, 花が, 違わずこれ, 違わずすでに, 違わず三河殿, 違わず但馬守, 違わず臨, 違わぬ仁君, 遠ざかったから, 釣られて, 震災後めぐっ, 高いくし, 高いげんじゅう, 高いもの

▼ うわさ~ (111, 9.9%)

7 聞いて 2 あるが, うわさを, きいたこと, 実にとりどり, 少しも, 日一日と, 早くも

1 [90件] いったいどこ, いわゆる流言謀説, うそでは, おくびに, おせい様, お粂, かねてから, きいて, ことに平田一門, この辺, さっぱり聞かない, しじゅう伺っ, すぐ拡がる, その日, その時, その談判, それを, たいへんな, たちまち広まった, だんだん大きく, ちょいちょい聞い, とりどりだ, どうか, どうでしょう, どこも, ない, なかなかある, ぱったり止みました, まこと, ますます一同, またおもしろい, また世間, もう東京中, やがて柳生谷, やはり幽霊, 一切いたすまい, 世間に, 事実に, 人の, 依然としてひそか, 全国に, 出ても, 初耳では, 別の, 勝重をも, 半日の, 半蔵らにとって, 半蔵らの, 単にうわさ, 博士が, 口から, 喧しい, 嘘でなかった, 嘘とも, 噂じゃ, 土地の, 土地を, 城下の, 夕焼に, 大きな衝撃, 大変です, 常々詳しく, 幾回と, 徳川八世の, 承わっ, 春吉君に, 時おり出, 木を, 止みません, 海を, 疾風の, 真実な, 確かな, 私も, 端から, 絶えなかった, 絶えなかったに, 聞きませぬから, 聴え, 虚報だ, 解決するだろう, 誰でも, 軍馬よりも, 遠い世間, 金銭の, 隣国の, 頓に高い, 風に, 風の, 高遠藩を

▼ うわさ~ (75, 6.7%)

3 ように 2 民間に, 種に

1 [68件] あったこと, あったころ, あった前, あった将軍家茂, あった尾張藩主, あった復興最中, あった石清水行幸, あとを, ある中津川辺, ある名古屋, ある師匠, ある幕府方, ある怪しい, ある狂犬, ある質屋, ある陶謙, いい若者, いわゆる浮名, うちから, おせい様, ことゆえ, ごとくなかなか, たかい鞍馬, たつの, たねに, ために, ついでに, とおり大きな, はきだめな, ひとは, ひろまったも, 一つです, 三両句, 中に, 中心に, 伝えられる時節, 個所は, 出たこと, 出ないこと, 出ない日, 出るころ, 口端に, 外に, 多くは, 如く清雲縹緲, 如く羽柴どの, 如く諸, 実否を, 恋や, 打ち消せないこと, 村に, 横行いたす折り, 残った寂しい, 残って, 波を, 生まれたの, 的に, 盗賊では, 真偽について, 程度でも, 種であった, 種を, 立たぬほう, 立って, 船では, 通り吉岡の, 高い人, 高い黒い魔物

▼ うわさ~ (64, 5.7%)

5 ある 3 伝わって 2 あった, あるが, 伝わった, 聞かざりき住む人

1 [48件] あって, ありそう, ありました, ありますがね, ありますさ, あり中津川辺, あるけれど, かねがね聞く, きいたこと, それで十四日, たちましょうし, だいぶ薄らい, できない, とりどりで, とりどりである, どこから, ない, ないし, なく姿, また一つ, やや薄らぎ, 七十五日経たぬ, 上っちゃ, 下火に, 伝えられた, 伝わりその, 伝わり交易, 伝わり宿場, 何も, 出た, 出たよ, 出る, 出前々, 同時に聞え, 報じて, 幾日とか, 従って, 撒かれた, 気に, 消えて, 無かったらしく, 絶えなかった, 聞いて, 聞えた, 聞かないけれど, 聞かなかった, 過ぎて, 高まりましょうし

▼ うわさ~ (32, 2.8%)

3 もちきりでした 2 ござりました, ござります, 持ちきって

1 [23件] おじゃりました, もちきりです, もちきりな, もちきりました, もちきりらしい, 事実は, 大変な, 存じて, 持ちきりだった, 持ちきりだったよ, 持ちきりでした, 持ちきりです, 持ち切った, 持ち切って, 持ち切りでした, 持ち切る, 持ち切る騒ぎ, 村によっては, 町は, 知り合わせて, 聞いた葉子, 聞いて, 聞くと

▼ うわさ~ (24, 2.1%)

5 をし

1 [19件] がしばらく, が生れる, でおたがいに, なぞは知らない, などに時, によれ, に怒り, に酒, はメグ, は二度と, は信じられない, わけても関ヶ原, をしました, をし出す, をちらり, を一々, を取りかわし始めた, を聞いた, を聞き

▼ うわさ~ (15, 1.3%)

3 ていた, ている 1 てい, ていさっせえた, ていただ, ていました, ています, ていやがる, てたま, ては二, ながら上っ

▼ うわさ~ (15, 1.3%)

3

1 [12件] から, からおもしろい, からなあ, から間違ったら, がおまえ, がね, が京都, が江戸, ぐらいにわたしども, という, とか, なと万太郎

▼ うわさ~ (13, 1.2%)

3 なって 2 いっしょに, なると 1 いい二人, その実現, なり警察, もうすの, 哀惜に, 評判が

▼ うわさにも~ (13, 1.2%)

2 聞いて

1 [11件] うけたまわって, おれは, お聞き, なりかけて, よくお, 上ったか, 上ったはず, 上手と, 彼女は, 心を, 聞き及んでは

▼ うわさでも~ (10, 0.9%)

2 して, 伝わると 1 あると, しいしい来たん, 立てられた日, 聞きたそう, 聞くよう, 訊いたこと

▼ うわさばかり~ (10, 0.9%)

3 して 1 であったが, で一軒, で夫人自身, 乱れ飛んだ, 伺いまして, 全都, 致して

▼ うわさなぞ~ (9, 0.8%)

1 がしきりに, ついぞ立った, で持ち切った, なにひとつござりませぬ, も残った, をしないらしい, をする, をも語り聞かせる, を持ち寄っ

▼ うわさする~ (8, 0.7%)

2 ように 1 だけでした, ときは, にとどめ, のは, ものが, ものも

▼ うわさでは~ (8, 0.7%)

1 どこか, なかった, カイは, ヤリウスが, 太こうでん, 明智の, 袁術という, 鮎川義介翁が

▼ うわささえ~ (7, 0.6%)

1 ありました, ある, したもの, しなければ, たてられて, 巷間に, 洩れ承るに

▼ うわさには~ (7, 0.6%)

1 むとんじゃくに, 上って, 中川瀬兵衛様の, 尾や, 必ず尾ヒレ, 花隈から, 金森家の

▼ うわさ~ (7, 0.6%)

1 それにまたいろいろ, またどんな, 上層部の, 人の, 会津戦争の, 新聞で, 茶室づきあいの

▼ うわさじゃ~ (6, 0.5%)

1 あの男, ありませんか, がまさかに, が何, ないしょに, 聞いて

▼ うわさされた~ (5, 0.4%)

1 が, がとにかく, のでこうして, ほどである, 新進気鋭の

▼ うわさすら~ (5, 0.4%)

3 伝わって 2 ある

▼ うわさから~ (4, 0.4%)

1 で, もし武蔵, 後を, 新将軍吉宗

▼ うわさした~ (4, 0.4%)

1 がこれ, その窓, ところ一度は, 倉地さんな

▼ うわさである~ (4, 0.4%)

1 がわが, が御所, し同時に, 師範生徒は

▼ うわさです~ (4, 0.4%)

1 からね, から皆, ぜ, よ私

▼ うわさなどを~ (4, 0.4%)

1 残して, 気に, 聞かなかったという, 面白そう

▼ うわさせし~ (3, 0.3%)

1 といいし, 人の, 者ありたれ

▼ うわさ~ (2, 0.2%)

1 あるいはたいてい, よくいろいろ

▼ うわさされ~ (2, 0.2%)

1 ていた, ている

▼ うわさされる~ (2, 0.2%)

1 にいたりました, 葉子の

▼ うわさし合う~ (2, 0.2%)

1 のが, もの異国の

▼ うわさし合っ~ (2, 0.2%)

2 ている

▼ うわさせらるる~ (2, 0.2%)

1 からである, ころだ

▼ うわさだの~ (2, 0.2%)

1 身寄りの, 雄之

▼ うわさという~ (2, 0.2%)

1 のは, ものは

▼ うわさとして~ (2, 0.2%)

1 新聞に, 書かれた物

▼ うわさとりどり~ (2, 0.2%)

1 である, に汀

▼ うわさどころか~ (2, 0.2%)

1 この龍巻, 兄弟子ながら

▼ うわさ~ (2, 0.2%)

1 のである, のでございます

▼ うわさなども~ (2, 0.2%)

1 出た, 出どころは

▼ うわさなんか~ (2, 0.2%)

1 して, する余地

▼ うわさにのみ~ (2, 0.2%)

1 聞く数寄屋橋わき, 聞く水無川

▼ うわさまで~ (2, 0.2%)

1 たったが, 立って

▼ うわさよりも~ (2, 0.2%)

1 今でも, 大きかった

▼1* [58件]

うわさいたして居りました, うわさからも知って, うわさこれも定まる, うわさご存じないとは, うわさしあいましたが若い, うわさしあってみんな, うわさしあっただが一向, うわさしましたよ, うわさすればすぐ, うわさせられた子貢, うわさその火は, うわさだけだろう, うわさだけが残って, うわさだけでもわしらの, うわさだけにとどまって, うわさだけのものとも, うわさだけはもうとうから, うわさだったがこれ, うわさであって天龍峡あたり, うわさであったから多少, うわさでございますよ, うわさでしたが出発後, うわさとしてしかはいって, うわさとは縁も, うわさなどあてに, うわさなどから上方や, うわさなどが出ると, うわさなどで持ち切った, うわさなどに過ぎざりき, うわさなどには一切ふれ, うわさにしか過ぎなかった, うわさにだけ聞いて, うわさにだって桜が, うわさにでものぼれば, うわさばかりが飛んで, うわさばなしではありません, うわさいされ, うわさほど悪い所, うわさまでをずいぶん聞きたく, うわさゆえどうか存じませぬ, うわさをすら伝えた, うわさ一つあるでなし, うわさ一時は近所, うわさ七月の暑い, うわさのあの, うわさ以上の塩切れ, うわさ取りとめもなくやかましい, うわさ取るに足らぬ, うわさ好きな人たち, うわさの上, うわさ江戸の方, うわさ申しては勿体ない, うわさ申しあげております, うわさ申し上げている, うわさ相ついで海内, うわさ話し伝達掛の, うわさ通り今日の襄陽, うわさ高いとのさま