青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うっかり~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~うしろ うす~ うそ~ ~うた うた~ ~うだ うだ~ ~うち うち~ うっ~
うっかり~
~うつ うつ~ うで~ ~うなずいた うに~ うま~ ~うまい うまい~ ~うまく うまく~

「うっかり~」 2000, 20ppm, 5761位

▼ うっかり~ (296, 14.8%)

62 ている 57 ていた 25 てい 11 ていました 54 ていれ, ておりました, て居る 3 てあの, ていたら, てしまった, てはいられない, てました, て居た

2 [11件] ていられない, ておった, てそちら, てその, てはいけない, ては居られない, てまだ, て今日, て先, て忘れる, て風邪

1 [84件] ちゃあいられる, ちゃあ危険, ちゃいけない, ちゃいらん, てあやまち, ていたらしく, ていつも, ています, ていよう, ておまえ, ており, ておりまし, ておる, てこう, てこの, てすき, てそのまま, てそれ, てたん, てて, てどんな, てなみなみと, てのらのら, てはいた, てはいなかった, てはおられぬ, ては居れない, てまあ, てまちがえられ, てもいねえ, てもいられない, ても居られなかった, てよぶ, てゐる, てアリョーシャ, てネコ, て下手, て乗り越す, て再び, て取り入れる, て取り落した, て口, て大急ぎ, て失礼, て居, て居ました, て居りまし, て居りました, て居れ, て居れない, て崖, て彳ん, て後尾, て忘れ, て忘れた, て恋, て悪い, て新聞, て日本, て昼, て木戸, て本郷, て欺, て正月, て殿下, て沈鬱, て熊蜂, て相手, て真意, て立った, て約束, て落とした, て薬, て質し, て足, て連れ, て過渡期, て降り, て随分, て頭, て駆け附ける, て鴨居, ゃべっておこられちゃたいへんだと思っ, ゃべらんようにしてくれ

▼ うっかりする~ (155, 7.8%)

4 と自分 3 とこっち, とこの, ととんだ, と私, と足 2 と, とお, とすぐ, とその, とひどい, と命, と当人, と甚

1 [120件] とあけすけ, とあべこべ, といたいけ, といわゆる, とおい, とおまえ, とお付, とこちら, とこれ, とずるずる, とそう, とそこ, とそっち, とそれ, とだまされる, ととしとっ, とどこ, とどなりだし, とどんな, とひっかかります, とまた, ともっと古く, とオレ, とヘタ, とユルリ, と一切女房, と不在, と人, と人類文化, と今年, と伝染, と借りた, と僕, と出演, と割っ, と又, と取っ, と合理的文法機構, と同じ, と名前, と土俵, と坂口はん首, と外国, と大人, と姿, と寝そびれ, と屋根, と岩, と帰っ, と引かかる, と彼, と彼女, と御一新, と恥, と悪い, と意外, と愛, と憐れ, と手, と指さき, と敵, と新造, と日本民族, と明日, と時間いっぱい, と曲がっ, と木の根, と棒, と横取り, と機会, と毒婦, と水, と沈ん, と波, と溶けちまう, と滑った, と照代, と目, と直ぐに, と相手, と真面目, と眠く, と眼, と睨めっ, と科学, と秘密, と窓, と第, と網, と罪, と聞きもらし, と肝心, と船, と花江, と芸術, と荷物, と落命, と見事, と親玉, と角, と誰, と謀殺, と踊り, と軽い, と軽率, と辷り倒れ, と迷児, と退治, と逃げられる, と道, と酷い, と重吉, と金魚, と開演時間, と飛ばされ, と食べ過ぎる, と魅入られ, と鳥, と鳴い, なと言っとく

▼ うっかり~ (99, 5.0%)

8 口を 7 眺めて 4 して 2 したこと, 声を, 忘れて, 時間を

1 [72件] おれも, お先き, お頼みした, この怪談, こんな事, こんな場所, その水夫, その点, その花環, なかば糺明する, なった, ものが, アイヌ嘲り, パリでの, 下足札, 乗り, 乗り込んだ乗り物, 乗る気, 二人の, 云った私, 他人の, 僕が, 入った, 出かけて, 出て, 声も, 夜道を, 大軌, 好い気, 打明けて, 捉われ, 日本人に, 是を, 是をも, 来て, 東洋天国を, 正直に, 看過し, 立って, 美人の, 考えて, 聞き流して, 聴き流して, 表の, 見た自分自身, 見つめて, 見て, 見とれて, 見のがして, 見惚れて, 見逃して, 見過して, 親類身よりに, 評判を, 詰まらないこと, 詰まらない冗談, 話した, 読んで, 警戒を, 豹一の, 踏んづけたり, 近寄れません, 通り過ぎて, 過ごして, 間違えたん, 陸へ, 顔を, 顔出しも, 飛んだこと, 飛んでも, 魂が, 鼠という

▼ うっかりした~ (98, 4.9%)

17 ことを 12 ことは, 事は 7 ように 6 事を 3 調子で 2 ことが, ものを, 話は, 返事を

1 [33件] お雛妓, か下駄, こというた, ことも, せりふは, ために, なお, のだ, ものと, もんだ, ような, 事あ, 事の, 事も, 人を, 処を, 動作で, 口は, 口も, 女だ, 所から, 所に, 折から, 様子で, 物を, 物静かさで, 相談も, 瞬間には, 者に, 表情も, 褄が, 返事は, 風で

▼ うっかり~ (61, 3.1%)

5 もきけない 3 も利け, をすべらした, を滑らし, を滑らした, を辷らし 2 をすべらせ

1 [39件] から出た, がすべった, が利け, で言いっ, にした, にする, にだせない, には出せず, に出, に出す, に出せない, に出た, に出ました, はきけない, は出せません, へ出, へ出し, へ出た, も利けなくなる, も開かれません, をあい, をきく, をきけません, をすべらし, をすべらせたら, をつい, を出す, を利い, を利かせる, を利く, を利け, を滑らしました, を滑らせ, を辷, を辷らした, を辷らし過ぎた, を辷らす, を辷らせ, を辷らせた

▼ うっかり~ (25, 1.3%)

3 が出せません, をつける 2 を出す

1 [17件] が出, が出せない, が触れる, でも付け, にはしなかったろう, は出せねえ, は出せません, をあげた, をかける, をさわる, をつけ, をつけさせなかった, をつけられねい, を付け, を出し, を焼く, を着ける

▼ うっかり忘れ~ (22, 1.1%)

9 ていた 4 ている 2 てい, てしまっ 1 てしまった, て云った, て大きく, て居た, て返さず

▼ うっかりしてる~ (20, 1.0%)

4 うちに

1 [16件] からであっ, すき間からでも, ととんだ, とのこのこ, と先生, と指, と授けやす, と泣い, と通りすぎちまう, のが, んだ, 時に, 油断の, 洒落者が, 間アに, 隙間に

▼ うっかりその~ (17, 0.9%)

2 手に

1 [15件] ことに, インキの, 下に, 人の, 侮辱を, 友情の, 名を, 女に, 威厳を, 婆さんの, 小説の, 殿様の, 石垣という, 身体にでも, 駕籠に

▼ うっかりそれ~ (14, 0.7%)

1 [14件] で思い上がる, に乗せられる, に聞き惚れ, に触れ, に釣り込まれ, も出来, をおす, をしゃべった, を妨げ, を度外視, を忘れ, を抱えた, を義理人情, を裏書

▼ うっかりそんな~ (13, 0.7%)

3 ことを, ものを 1 ことに, ものは, 事を, 家庭に, 気ぶりが, 素振, 話を

▼ うっかり~ (13, 0.7%)

1 [13件] いって, して, それに, たべられない, 乗って, 出来ないぞ, 出来ませんし, 動けないでしょうとりつけの, 焼けないと, 笑えないかも, 言われない, 買わない内蔵助, 非科学的

▼ うっかり~ (12, 0.6%)

1 [12件] 世辞を, 園の, 坊さんと, 堂参り, 妙どの, 庭にも, 忘れなすったん, 断わりなぞ申, 時儀を, 約束を, 耳に, 雪に

▼ うっかり~ (11, 0.6%)

1 [11件] がお, がこの, がそんな, が洩らした, が答え, が言った, の方, はそう, はその, は本名, も堪らない

▼ うっかりしてた~ (10, 0.5%)

2 んだ 1 かも知れない, けれど四つき, ところが, に違い, のが, のである, ものだ, よ

▼ うっかり信用~ (10, 0.5%)

2 して, すると, はしねえ 1 すること, 出来ないし, 出来ないぞという, 出来ませんよ

▼ うっかり~ (8, 0.4%)

3 て来る 1 ちゃあどんな, ても大変虐待, て来られない, て行っ, て行ったら

▼ うっかり~ (8, 0.4%)

3 を出し 1 でも立てたなら, をかけた, をかける, をすべらしかけた, を掛ける

▼ うっかり油断~ (8, 0.4%)

4 をし 1 した為, はできない, はできねえ, は出来ねえ

▼ うっかりこの~ (6, 0.3%)

1 ままじゃ, 下手な, 先生と, 家を, 物語の, 花を

▼ うっかり云っ~ (6, 0.3%)

1 てい, てしまう, てしまった, てつまらん, て斬られ, て顔

▼ うっかり~ (6, 0.3%)

1 などを害め, に話し, に話せ, をもぐりこませたら, を信じ, を信用

▼ うっかり~ (6, 0.3%)

1 へも寄れ, へ寄っ, へ寄る, へ寄れない, へ近寄れない, 見も

▼ うっかり冗談~ (6, 0.3%)

2 もいえない, も云えません 1 も云え, も言えん

▼ うっかり忘れる~ (6, 0.3%)

2 ところだった 1 ところであった, ところでした, ほど, ような

▼ うっかり手出し~ (6, 0.3%)

1 のできない, はできぬ, は禁物, もできない, をしよう, をする

▼ うっかり~ (6, 0.3%)

2 を許す 1 がつかず, をゆるせない, をゆるめ, を取られ

▼ うっかり~ (6, 0.3%)

1 が出ました, の力, を入れる, を踏み入れる, を蹈, を辷らしちゃっただ

▼ うっかりあの~ (5, 0.3%)

1 人に, 先生から, 前へ, 座敷へ, 連中に

▼ うっかりここ~ (5, 0.3%)

1 が海底都市, の家, へはいっ, へ来, まで口

▼ うっかりこんな~ (5, 0.3%)

1 ことを, ところへ, 所へ, 時に, 説を

▼ うっかりすれ~ (5, 0.3%)

1 ば単なる, ば喰, ば大, ば我々, ば蓮

▼ うっかりできない~ (5, 0.3%)

1 ぞ, ところだ, ものである, もんです, よ

▼ うっかりぽん~ (5, 0.3%)

2 とし 1 だったの, であると, のぼんやり者

▼ うっかり~ (5, 0.3%)

1 がとんでも, だぜ, です, のよう, は招待

▼ うっかり聞い~ (5, 0.3%)

1 て, ている, ておる, てござる, て顔

▼ うっかり~ (5, 0.3%)

2 ていた 1 愡れた, 遁し, 遁した

▼ うっかり返事~ (5, 0.3%)

1 は出せない, もしかね, をした, をしますまい, をする

▼ うっかりこれ~ (4, 0.2%)

1 だけの金, に関係, は, を言う

▼ うっかりしゃべっ~ (4, 0.2%)

3 てしまった 1 ている

▼ うっかりしゃべった~ (4, 0.2%)

1 ことに, ので勘蔵, ので帰る, ひと言どうか

▼ うっかりとして~ (4, 0.2%)

1 居らるる, 流れ弾に, 立った, 脱石

▼ うっかり~ (4, 0.2%)

1 では遊べなくなりました, へも出られなかった, へ出, へ出る

▼ うっかり大きな~ (4, 0.2%)

2 声を 1 声で, 声は

▼ うっかり~ (4, 0.2%)

1 だか, を換える, を見る, 汲みに

▼ うっかり見る~ (4, 0.2%)

2 と肥え 1 とその, とただ

▼ うっかり言っ~ (4, 0.2%)

1 て, ておしまい, てしまおう, ては飛んだ

▼ うっかり~ (4, 0.2%)

1 に乗っ, の途切れ, も交わされまい, も出来ない

▼ うっかりこう~ (3, 0.2%)

1 呼んだ, 言った後, 言って

▼ うっかりすると~ (3, 0.2%)

1 お袖, お見, 大部分

▼ うっかりそう~ (3, 0.2%)

1 云うもの, 思って, 遠慮深い

▼ うっかりそこ~ (3, 0.2%)

1 へ上がっ, へ触った, へ踏みこん

▼ うっかり云った~ (3, 0.2%)

1 が何卒, は私, 勘弁しろ

▼ うっかり他人~ (3, 0.2%)

1 に話し, の利益, の子

▼ うっかり~ (3, 0.2%)

1 かにぶつけ, か云っ, か饒舌

▼ うっかり出来ない~ (3, 0.2%)

1 ことだ, と思われる, ような

▼ うっかり~ (3, 0.2%)

1 にまわろう, へ出られない, へ出る

▼ うっかり口走っ~ (3, 0.2%)

1 てしまった, てへ, てキャラコさん

▼ うっかり喋っ~ (3, 0.2%)

1 てお母さん, てしまう, てどんな

▼ うっかり~ (3, 0.2%)

1 にい, に悪戯, の誘惑

▼ うっかり悪い~ (3, 0.2%)

1 ことを, 事を, 水を

▼ うっかり歩い~ (3, 0.2%)

2 ていた 1 ている

▼ うっかり歩く~ (3, 0.2%)

1 とひどい, と落ちる, と足

▼ うっかり渡し~ (3, 0.2%)

1 ちゃいけない, ていい, て又

▼ うっかり~ (3, 0.2%)

1 に見入っ, を云う, を買う

▼ うっかり相手~ (3, 0.2%)

1 になる, に釣り込まれ, の名

▼ うっかり~ (3, 0.2%)

1 でもさまされたら, ばたき, もあけられず

▼ うっかり~ (3, 0.2%)

1 でもあけ, をあけた, をひらい

▼ うっかり自分~ (3, 0.2%)

1 の心, の悪事, の言葉癖

▼ うっかり見とれ~ (3, 0.2%)

1 たりした, ている, て居る

▼ うっかり見逃し~ (3, 0.2%)

1 そうです, てしまう, て了

▼ うっかり言えない~ (3, 0.2%)

1 がねえ, ことであろう, 言葉に

▼ うっかり釣りこまれ~ (3, 0.2%)

1 ている, てしまう, て行く

▼ うっかり饒舌~ (3, 0.2%)

1 った, ってきれい, って栄ちゃん

▼ うっかり~ (3, 0.2%)

1 の孔, へでも持っ, を斜め

▼ うっかりあいつ~ (2, 0.1%)

1 の手, をつかまえる

▼ うっかりいい~ (2, 0.1%)

1 心地に, 返事を

▼ うっかりいっ~ (2, 0.1%)

1 てしまっ, てしまった

▼ うっかりこちら~ (2, 0.1%)

1 で早まった, へ足

▼ うっかりしたら~ (2, 0.1%)

1 江戸へも, 象の

▼ うっかりしゃべったら~ (2, 0.1%)

1 おれの, たいへんな

▼ うっかりしよう~ (2, 0.1%)

1 ものなら, もんなら殺られます

▼ うっかりそば~ (2, 0.1%)

1 へはより, へも寄りつけない

▼ うっかりだまされ~ (2, 0.1%)

1 て亀, て了

▼ うっかりどこ~ (2, 0.1%)

1 にでも出, へ寝る

▼ うっかりはいり込んだ~ (2, 0.1%)

1 けれど, のであっ

▼ うっかりもの~ (2, 0.1%)

1 が掃除, には解らない

▼ うっかりやられ~ (2, 0.1%)

1 たり何, ては死に切れない

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 の縁側, を見た

▼ うっかり乗っ~ (2, 0.1%)

1 てはそれ, て恍惚

▼ うっかり乗りこん~ (2, 0.1%)

1 でいったら, でその

▼ うっかり会っ~ (2, 0.1%)

1 たって知ん, てはいけない

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 が礼, の悪口

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 へも寄れません, へ寄っ

▼ うっかり入る~ (2, 0.1%)

1 としたたか, のさえ

▼ うっかり出られません~ (2, 0.1%)

1 し, よ

▼ うっかり出る~ (2, 0.1%)

1 ことは, と巻添え

▼ うっかり口出し~ (2, 0.1%)

1 は出来ません, も出来ぬ

▼ うっかり口車~ (2, 0.1%)

1 になど乗せられ, に乗ろう

▼ うっかり喋った~ (2, 0.1%)

1 じゃない, のです

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 なこと, な雪駄

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 なんぞ出歩く, も歩けやしません

▼ うっかり女房~ (2, 0.1%)

1 にでも愛想, の戒め

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 の外, を貸した

▼ うっかり寝込ん~ (2, 0.1%)

1 でしまう, でしまった

▼ うっかり帰っ~ (2, 0.1%)

1 て来た, て来れ

▼ うっかり彼女~ (2, 0.1%)

1 に言い寄っ, を襲った

▼ うっかり忘れた~ (2, 0.1%)

1 のであろう, 与太郎が

▼ うっかり思い~ (2, 0.1%)

2 まちがいし

▼ うっかり悪口~ (2, 0.1%)

1 でもいおう, でも言おう

▼ うっかり手紙~ (2, 0.1%)

1 の整理, をサロン

▼ うっかり持っ~ (2, 0.1%)

1 てい, ていよう

▼ うっかり新聞~ (2, 0.1%)

1 も抱え, も注意

▼ うっかり暮し~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ うっかり歩け~ (2, 0.1%)

1 ばどんな, ば足

▼ うっかり洩らした~ (2, 0.1%)

1 ことが, ことには

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 をそらし, を離せないでしょう

▼ うっかり眠っ~ (2, 0.1%)

1 ている, てしまった

▼ うっかり知らず~ (2, 0.1%)

1 に通る, に過した

▼ うっかり答え~ (2, 0.1%)

2 てしまった

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 でも出したらかみ切っ, を滑らし

▼ うっかり見せられない~ (2, 0.1%)

1 と云う, ほど

▼ うっかり見のがす~ (2, 0.1%)

1 ところだった, ような

▼ うっかり見逃がし~ (2, 0.1%)

1 てしまう, てしまった

▼ うっかり触っ~ (2, 0.1%)

1 ても外れる, て細い

▼ うっかり言った~ (2, 0.1%)

1 がなるほど, 卑怯だ

▼ うっかり言葉~ (2, 0.1%)

1 をかけ, をすべらし

▼ うっかり話し~ (2, 0.1%)

1 ている, て人

▼ うっかり話しかける~ (2, 0.1%)

1 ことが, と怒る

▼ うっかり話題~ (2, 0.1%)

1 がそっち, になっ

▼ うっかり読ん~ (2, 0.1%)

1 だり聞い, でいれ

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

2 もあるけない

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 が這入り過ぎる, につけ

▼ うっかり転職~ (2, 0.1%)

2 して

▼ うっかり遊び~ (2, 0.1%)

1 過ごして, 過したり

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 に迷いまし, を取り違えまし

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 なんか出せ, を出し

▼ うっかり釣り込まれ~ (2, 0.1%)

1 て本職, て訳

▼ うっかり開ける~ (2, 0.1%)

1 と大変, と破れ

▼ うっかり間違え~ (2, 0.1%)

1 て女, て鋏

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

2 を撫でた

▼ うっかり食う~ (2, 0.1%)

1 とプトマイン中毒, と火傷

▼ うっかり~ (2, 0.1%)

1 を引っかけ, を横

▼1* [739件]

うっかりああも申し上げました, うっかりあぐらを組んだ, うっかりあけられんからねこの, うっかりあすこへ落ちたら, うっかりあたしが訪ねたら, うっかりあなた方が奥さん, うっかりあみ棚に預けた, うっかりあやまったら書く事が, うっかりありのままを書き, うっかりあれの手, うっかり眠りを, うっかりいうことなどを, うっかりいかにもさよう同眼, うっかりいくとたちまち, うっかりいたしまして, うっかりいたしましたヘエ, うっかりいった冗談, うっかりいよいよ近寄ること, うっかりうちのそば, うっかりうめくことが, うっかりおじさんだと, うっかりおとしてしまった, うっかりおとといの晩, うっかりお代さんに知れ, うっかりお出かけなさいますと, うっかりお嬢様の御, うっかりお尋ねもんだなんて, うっかりお祝いを忘れ, うっかりお話しするわけ, うっかりお隣の家, うっかり手紙の, うっかりきくもので, うっかりきみに所書き, うっかりこいつは毒, うっかりこうしてはいられません少し, うっかりこしらえましたものでございます, うっかりこだわっている, うっかりこっちが有頂天, うっかりことばもだせない, うっかりごちそうもこしらえられませんでした, うっかりさからうと毒棒, うっかりさわっては祟り, うっかりさわりでもすれ, うっかりさわるとあぶない, うっかりした仕損いで, うっかりした捌き方を, うっかりしちゃったんです, うっかりしとったん, うっかりしとるとそんな, うっかりしないで足もと, うっかりしまい忘れたのでした, うっかりしゃべられないんです, うっかりしゃべりかけましたが急, うっかりしゃべりませんでございますからあの, うっかりょうだんに占いなどを, うっかりじゃないか, うっかりじゃあないわね, うっかりすごしてしまっ, うっかりすべらせたノミの, うっかりせんとい, うっかりそういういいかた, うっかりそちの口車, うっかりそれらの寓話, うっかりそッちを, うっかりだまされるところだった, うっかりちょっかいを出そう, うっかりつかれたという, うっかりつき合うとやかましい, うっかりつけていい, うっかりつけっ放しにし, うっかりつまらぬ事を, うっかりつりこまれて太陽, うっかりつり込まれ出かけて見, うっかりつれこまれようとしてあわて, うっかりいたの, うっかりできぬぞ, うっかりでたらめな批評, うっかりでも学ぶと, うっかりとは明かされぬないし, うっかりとまってぱっと, うっかりとも目の留まらぬ, うっかりとんだところへ, うっかりなくなったのに気, うっかりなさらんように, うっかりにせ物に, うっかりぬいでしまった, うっかりのぞいたりしよう, うっかりのぞいたらこちらの, うっかりはいってゆけません, うっかりはいることも, うっかりはせまわってふらふら, うっかりばかなこと, うっかりばかげたことを, うっかりひっかかっちゃ大変, うっかりひとの世話, うっかりひとりでかた, うっかりぶちでもしたら, うっかりぷんと嗅いで, うっかりへたなまね, うっかりべかッこを, うっかりほかの本物, うっかりまちがったことを, うっかりもり過ぎて, うっかりやってしまわれるらしい, うっかりやっちまっただけに自分, うっかりやらされてい, うっかりだん, うっかりよけいな質問, うっかりよそで私, うっかりらしく手に, うっかりわかせない位な, うっかりわめいては先方, うっかりアミにひっかかった, うっかりオルチー夫人の話, うっかりカッとなっ, うっかりガラスのかけら, うっかりガン首が胴体, うっかりキューを彼, うっかりギンに疑い, うっかりクロロフォルムの罎, うっかりサービスすりゃエロ, うっかりスパナーで下, うっかりスリだなんて, うっかりズボンのポケット, うっかりソビエットの治下, うっかりソヴェト同盟へなんか行けない, うっかりドジを踏ん, うっかりネタを曝ら, うっかりノイローゼにもなれません, うっかりノホホンでいよう, うっかりバカな見込み, うっかりバーゼル止まりの客車, うっかりパンと答え, うっかりパン屑なんかと一緒, うっかりフロイドにでも聞かせる, うっかりベンチへ腰, うっかりボクが使い走り, うっかりポケットからインテリ, うっかりマスクを人, うっかりレヤチーズの壮烈, うっかりロセスなぞは肩, うっかり一二言答え返した, うっかり一刻早く三五郎, うっかり一座を見廻そう, うっかり一本を見のがす, うっかり一枚のフィルム, うっかり一歩も入れなかったであろう, うっかり一盃ほして, うっかり一般の人, うっかり一言口を滑らした, うっかり一語落としたり, うっかり丁半とでも間違われる, うっかり七兵衛とおっしゃる, うっかり上等のアイスクリーム, うっかり下手なこと, うっかり下町にだってある, うっかり下駄を踏み返さない, うっかり不動様を縛る, うっかり世上の人, うっかり両替屋へ持っ, うっかり主人に挨拶, うっかり久慈に頼んだ, うっかり乗せられてはならない, うっかり乗った子供が, うっかり乗りましたのでございます, うっかり乗り込んで参りましたら, うっかり乗れないものに, うっかり乗れませんねえ, うっかり乗越しをする, うっかり乗込もうものなら, うっかり乙姫さまにいわれた, うっかり云い出した通りに, うっかり云い出すかも知れない, うっかり云うので大層, うっかり云えないがっ, うっかり云わない方が, うっかり五臓といっ, うっかり井戸端に釣瓶, うっかり人前に顔, うっかり今日のよう, うっかり仕出かした事だ, うっかりと口, うっかり他言したら, うっかりを振り向ける, うっかり何処の学校, うっかり余分にやっ, うっかり作品が書けぬ, うっかり作家が口, うっかり使ってしまっ, うっかり便りをしよう, うっかり信じて翌晩, うっかり信じられないぞと千之助, うっかり信心詣りも, うっかりの定吉, うっかり借りた高利の, うっかり偶然実在の人, うっかり電報を, うっかりを忘れ, うっかり兄さんに打ち明けよう, うっかり先生の前, うっかり光子さんが私, うっかりの名, うっかり入って行ったら, うっかり入ろうものなら蚯蚓, うっかり其処へござっ, うっかり其方へ足, うっかり円タクの運転, うっかり処分されて, うっかり出かけることは, うっかり出られないが失敬, うっかり出会したら難儀だろう, うっかり出合ったのが, うっかり出来きせんぜ, うっかり出来しませんしそれに, うっかり出歩くことも, うっかり出逢った者の, うっかりをぬく, うっかり切ってしまいました, うっかり切り出しても先方, うっかり切符を渡す, うっかりを抜け, うっかり判らなくなることが, うっかり利いて立聞き, うっかり助言を請う, うっかり労働者住宅の窓, うっかり動いて次の間, うっかり動かされないそこら一面硝子破片の, うっかり動かしてはいけない, うっかり勘弁するもの, うっかり勝利の前ぶれ, うっかり医師が言う, うっかり博士を忘れ, うっかり参詣なんかしいしょう, うっかり友人に手紙, うっかり取って置きの考え, うっかり取り違えてきた, うっかり取る処を, うっかり受け取りはした, うっかり口外すると, うっかり口答えでもしよう, うっかり口走られると命がけ, うっかり叫び声をあげ, うっかり可愛らしい小鳥を, うっかり吉次が口, うっかり同行の人々, うっかりを言う, うっかり吐いた嘘の, うっかり吹いたらばどんな, うっかり告白して, うっかり鳴ると, うっかり呼びかけないほど彼, うっかり呼べないや, うっかり咲きそうな, うっかり咳ばらいもできない, うっかりまで持っ, うっかり唐人をこんな, うっかり商売気を出し, うっかり問屋場へ引渡す, うっかりべってしまっ, うっかり喋るな冗談, うっかり喋れないんだ, うっかり喋舌るの, うっかり喜んでいられない, うっかり喧嘩は出来ねえ, うっかり喧嘩アしられません, うっかりべる, うっかりけるよう, うっかり嘗めた事を, うっかり四人家族と口走った, うっかり四畳半の障子, うっかりにのっ, うっかり国境へ入り込ん, うっかり園丁に象, うっかり在りかを告げる, うっかり地面に置いた, うっかり坂野の名, うっかり坊ちゃんなんと言おう, うっかり坊主を侮辱, うっかり垣根際に寄る, うっかり場所を選定, うっかり売っちまった訳で, うっかり変装して, うっかり外してしまった, うっかり外人もよっ, うっかり夜歩きは危, うっかり夜道はできません, うっかり大事をもらし, うっかり大地をける, うっかりと憑む人, うっかり失礼なまね, うっかりまで深く, うっかり奥方と申, うっかり女の子連れて, うっかり女中にも手出し, うっかり奴さんの云う, うっかり好奇心をおこし, うっかり好意を見せよう, うっかりの言葉, うっかり始めるのは, うっかり姿を隠したら, うっかり孔子の言葉, うっかり孝之進が洩した, うっかり安心して, うっかりを載せられぬ, うっかり宿を乞うた, うっかり寄ってその, うっかり寛いでその, うっかりてしまう, うっかり寝床を離れる, うっかり専務にわるい, うっかり将軍助平などといおう物, うっかり卓子の, うっかり小便にやる, うっかり小船を陸, うっかり小説の筋, うっかり居られないでだ, うっかり居合わせる男は, うっかり居眠りの頬杖, うっかり居睡りでもし, うっかり山浦丈太郎の身近, うっかり嵌り込んだら抜けられませんぜ, うっかり差し出るからこんな, うっかり巻莨を取出し, うっかり市中を歩い, うっかり帰してやったら, うっかり帰られなくなったのは, うっかり帰ると忽ち, うっかり帰れ帰れと追いやった, うっかり常々の習慣通り土居画伯, うっかり帽子の茶系統処, うっかり平吉の言う, うっかり平和な古, うっかり平服で物, うっかりを貸そう, うっかりのさき, うっかり店先に並べ立てた, うっかり廊下や窓, うっかり建てられないような, うっかり引っかかっていたら, うっかり引入れられそうだった, うっかり引金を引く, うっかり張りきった気分の, うっかり弾みをつけれ, うっかり当人に聞い, うっかり役得でも稼ぐ, うっかり彼等にすれ違っ, うっかりっちゃ, うっかり後ろを見せれ, うっかり後口を廻ろう, うっかり御馳走になっ, うっかり復習を怠る, うっかり心付けをし, うっかり忘我的研究をつづけ, うっかり応じたら私は, うっかり思い違えて本当に, うっかり思はれるような, うっかり怠け込んだからだ, うっかり急ぐと乗っ, うっかりを打, うっかり恍惚と彳ん, うっかり恐ろしいことを, うっかりを吸, うっかり意見がましい, うっかり感心も出来ません, うっかり感情的のこと, うっかり慶四郎にもたれかかっ, うっかり懐中電灯はつけられません, うっかり戦争も出来ない, うっかり手水に行っ, うっかり手間取っている, うっかり転った, うっかり打ちあけられるもので, うっかり打ち明けると恐ろしい, うっかり打明けようとした, うっかり承諾した, うっかり投書したの, うっかり折紙をつけ, うっかり抱いて太, うっかり押込にでも入られ, うっかり拒絶すると, うっかり拙者が君, うっかり持たせられず神棚へ, うっかり持ちあげると板底, うっかり持ち出せない問題だ, うっかり持ち出せなかったもんでしょう, うっかり持つと手, うっかり持病の小便, うっかりで突こう, うっかり挟んだものと, うっかりると, うっかり捨てておいた, うっかり捨てられないと米友, うっかり捨てるのを, うっかり授与されて, うっかり接吻したあの, うっかり攻められないぞ, うっかり放し飼いはできねえ, うっかり放屁したので, うっかり教えられん伝授料が, うっかり敬服ばかりし, うっかり敬重なんぞをし, うっかり文句などは付けられない, うっかり新聞記者の耳, うっかり日本を大きく, うっかり昂奮して, うっかり明けて角力取, うっかり明けるなえ, うっかり明るみへ出る, うっかりの町名, うっかり昨日会社でも佐久間さん, うっかり時刻を過し, うっかり智恵も出せねえ, うっかり曲者も歩けやしない, うっかり書いたというわけ, うっかりか何, うっかりの端くれ, うっかりを読む, うっかり本当のこと, うっかり村方で殺る, うっかり来たのが, うっかり来客を取次い, うっかり東京に帰ったら, うっかり松茸を二, うっかり枝道へ分け入っ, うっかり案内を頼めない, うっかり案内者などになる, うっかりを出, うっかり植木の新芽, うっかり槇氏も頷きかえす, うっかりを搦むと路, うっかり欄干にもたれ, うっかりされて, うっかり正面から名乗っ, うっかり歩けないくらいであった, うっかり歩行かれるん, うっかり死なれねえ死ぬにゃどなた, うっかり死ぬわけには, うっかり死ねません棺も, うっかり死んだと誤認, うっかり残した指紋が, うっかり残した吸取紙の, うっかりにでも云おう, うっかり民族自身の持っ, うっかり気付かなかったのだ, うっかり水たまりへ足, うっかり水火の術, うっかり永くながめて, うっかり江戸の町, うっかり汽車にも乗れなくなります, うっかり河童の国, うっかり油菓子をひとつ, うっかり注射でも怠ろう, うっかり注意して, うっかり洛中は歩けぬ, うっかり洩らしてはいけない, うっかり洩れ出すのを, うっかり流しの下, うっかり海水浴の出来ない, うっかり海賊のほう, うっかりをこぼし, うっかり渡そうとして, うっかり渡ると水, うっかりの帰り, うっかり源様と知らず掛かりました, うっかり滑った口は, うっかり無心にも来られ, うっかり無意味で入れたの, うっかり熊の胆などを買う, うっかり物思に沈ん, うっかりに見つけられ, うっかり率直に独語, うっかりらし思うて, うっかり甘口に乗った, うっかり生きてると間違え, うっかり用心させると, うっかり上げて, うっかり申して進げ, うっかり申しあげたら御殿様に, うっかり申し出るとかかり合い, うっかり男達に見付かる, うっかりへは物騒, うっかり畜生谷なん, うっかり病死も出来ない, うっかり痴川に手紙, うっかり発する不正な, うっかり発見けたりする, うっかり目アキに突き当られ, うっかり相槌も打てぬ, うっかり看過すこと, うっかり真に受けまいと, うっかり真似事もなりません, うっかり真意に近い, うっかり眠りでもしたら, うっかり眠る訳にも, うっかり眠ろうものなら, うっかり眼下の海, うっかり眼前の座蒲団, うっかりされて, うっかり矢萩につく, うっかり矢面には立てなかった, うっかり知らぬ人を, うっかり短剣を忘れ, うっかりを卸せなくなる, うっかり社会部の連中, うっかり社長矢野さんの家, うっかり祈ったり願掛け, うっかり祝言をさせられない, うっかり禁句とは心, うっかり禿頭の話, うっかり私撥なんか持っ, うっかり移住して, うっかり税庫の棟梁, うっかりをこぼされたら, うっかり窓枠へ片足, うっかり止まると, うっかり立ち上った拍子に, うっかり立ち入ったところは, うっかり立ち止まったり屁, うっかり立てば頭, うっかり笑ってしまった, うっかり笑顔なんかできません, うっかり笠森仙太郎と誤認, うっかりうる途端, うっかり答えたが, うっかり答えることは, うっかりをわたし, うっかり粗末にし, うっかり約束をし, うっかりにうけ, うっかり紙入れを家, うっかり紙数を費やす, うっかり素人下宿に泊っ, うっかり素姓を隠し, うっかり組めないくらいのこと, うっかり結城の自, うっかり緩めた把手に, うっかり緩める処を, うっかり置いて来, うっかり羽織袴でも着用, うっかり考えこんでいる, うっかり惚れて, うっかり聞いたままを, うっかり聞きもらして尋ね, うっかり聞き流したがうまく, うっかりを脱ぐ, うっかりなどでアメリカ, うっかりの中, うっかり脇差を渡した, うっかりへかけ, うっかり腕白どもにへし折らせる, うっかりをかけられ, うっかり腰かけさせられないよ, うっかり腰弁さんを下宿, うっかりの上, うっかり自分たちの現実判断, うっかり致しまして確かめません, うっかり舁夫が向, うっかりへあがっ, うっかり色街の妓, うっかり芝居に乗れぬ, うっかり花鳥の術中, うっかり若槻ロンドン軍縮会議全権の批評, うっかり菓子でもつまもう, うっかり萬朝忘れて, うっかり落としていった, うっかり葉子の口車, うっかりをご馳走, うっかり薬なぞ服まない, うっかり藁草履の底, うっかり蛇笏を賞讃, うっかり蝋燭の火, うっかり蝶番いでない処, うっかり融通をきかせた, うっかりの付いた, うっかり行かれないような, うっかり行くわけには, うっかり行けないわ, うっかり行こうものなら, うっかり衝突ったは, うっかり裏山へは登れませぬ, うっかり製作室へ入っ, うっかり見そこなっていた, うっかり見たばかりであっ, うっかり見つかると私共, うっかり見のがしてしまいます, うっかり見のがしたろうがあたし, うっかり見まもっている, うっかり見上げただけで, うっかり見張りをゆるめ, うっかり見物して, うっかり見落とす気づかいもない, うっかり見込みを付けよう, うっかり見送ってじゃ, うっかり見過されるぐらいの程度, うっかり覗いてみます, うっかり親分にさわるまい, うっかり解くわけに, うっかり触ると消え, うっかり触れば生き, うっかり触れませんよ, うっかり言いますと母, うっかり言い過ぎたことに, うっかり言うと斯, うっかり言うまいと思った, うっかり言わでものこと, うっかり言われない権幕に, うっかり計画の内容, うっかり計算に入れなかった, うっかり訊いて私, うっかり許せないと伝統的, うっかり評判を立てる, うっかり話しこんでしまった, うっかり話すつもりだった, うっかり話せないほどの大きな, うっかり話頭が籠城時代, うっかり誘い出されて向島, うっかり誘い出されたと見えます, うっかり誘われて覗き, うっかり誤ってでも人, うっかり誤認して, うっかり読み通っていた, うっかりにももらす, うっかり調子に乗りました, うっかりをうたい, うっかり警戒を怠っ, うっかり財産の話, うっかり貰ってしまった, うっかり貴方に見せられない, うっかりたくされ卵子, うっかり買えないのだ, うっかり買われやあしない, うっかり買物のため, うっかり起き上がろうものなら, うっかり起すことも, うっかり足音でも立て, うっかり跨いで怯えた, うっかり踏みつけて殺し, うっかり踏み外すと池, うっかり踏み滑って後, うっかり踏んでしまった, うっかり踏ん込むと殺し, うっかり踏付けて足, うっかり踏込みでもする, うっかり踏込めませんぜ, うっかり身上に未練, うっかり身動きし様もの, うっかり車湯へ出, うっかり軒燈に近づいた, うっかり転害門を見過ごし, うっかり辷り落ちたにちがい, うっかりよらぬが, うっかり近づくよりは遠巻き, うっかり近づけないそこでともかく, うっかり近寄ったらどんなに恐ろしい, うっかり近寄らないがいい, うっかり近寄ると忽ち, うっかり近寄る近寄ったら両方の, うっかり近寄れねえでいた, うっかり返してやった, うっかり返辞が出来ない, うっかり迷ってしまう, うっかり追い立ててほんとに, うっかり追っ払うわけにも, うっかり逃がすと事, うっかり逃げ出すことは, うっかり逆らったらどんな祟り, うっかり途中でやめさしたら, うっかり這入れば直ぐ, うっかり通って怪我, うっかり通りかかるとひっかからず, うっかり通り過ぎてしまった, うっかり通ることが, うっかり速度を緩めよう, うっかり逢う訳に, うっかり連れ込まれるのである, うっかり連中の仲間入り, うっかり進むと下山, うっかり進めないらしいよ, うっかり量に, うっかり過したかもしれない, うっかり過分に賞め, うっかり走りを, うっかり遣っちゃったんではっと, うっかり邪魔をし, うっかり部分的な柱, うっかり部屋の中, うっかり酸漿に歯, うっかりへ出る, うっかり野宿も出来, うっかり量り込まずにな, うっかり金博士の部屋, うっかり釣り込まれまして自分, うっかり釣込まれたような, うっかりをまた, うっかり鉄心道人の悪口, うっかり銀座を歩けない, うっかり銭形平次を誘い出し, うっかり長く起きて, うっかり長湯して, うっかり長煙管を提げた, うっかり閃いて来る, うっかり閉めずにおいた, うっかり障って手, うっかり雪路を上った, うっかり電報を打っ, うっかり霊媒の体躯, うっかりを立て, うっかり頬冠りが, うっかりをもたげる, うっかり頷いてしまった, うっかりを打ち付け, うっかりを出す, うっかり風車にもたれ, うっかり飛ばしてしまった, うっかり飛びついて行けない, うっかり飛びつかない方が, うっかり飛び出していっ, うっかり飛び込もうものなら, うっかり飛び込んで朝鮮服, うっかり飛び込んだらとんだ八幡, うっかり飛んで来る, うっかり飛んだ事を, うっかり食い気を出した, うっかり食ったので工合わる, うっかり食べられないと思いました, うっかり食べられませんよ, うっかり食べるとあと, うっかり飲むとまだ, うっかり飲んだのかも, うっかり馬車へも乗れないらしい, うっかり馬鹿にはされない, うっかり馴染の茶屋, うっかり騒ぎを大きく, うっかり驢馬をふやす, うっかり高笑いもできなくなった, うっかり魔女に向っ, うっかりを買う, うっかり黙ってはいっ, うっかり黙り込んだ自分を