青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うる~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

うで~ ~うなずいた うに~ うま~ ~うまい うまい~ ~うまく うまく~ うむ~ ~うる
うる~
うるさい~ ~うれし うれし~ ~うれしい うれしい~ うわさ~ うんと~ ~え え~ ~えた

「うる~」 4965, 54ppm, 2170位

▼ うる~ (767, 15.4%)

8 至ったの 5 至らば, 遑あらず 4 物が, 相違ない, 至る 3 ありと, しても, その地, ものなく, 他の, 物も, 私は, 至るであろう, 若くは, 違いない

2 [35件] あらざれば, あり, あるの, いたらむ, いたれり, お味方, すぎない, その動く, とどまるもの, とどめずまた, 及んで, 夫婦の, 女子の, 平面の, 彼が, 彼の, 彼らは, 敵の, 易の, 最も必要, 条件を以て, 東北隅の, 皇帝の, 種々の, 至った, 至らんこと, 至りしかという, 至りしなり, 至りしは, 至りたるなり, 至れる, 言葉も, 足らず, 過ぎないの, 霊魂不滅の

1 [637件 抜粋] あらずただ, あらずや, あらゆる大都市, あらゆる年齢, あるいは闊, あること, いかなる事, いかに営業, いたずらなる, いたった本, いたる, いたること, いたるまで, いたれば, いたれるも, いったん長浜, いとま, おのれの, お花畑を以て, お角さん, かかる大軍, かようの研究, かれら, きまってる, ここは, ここ両, この一青年, この二者, この前後, この夜景, この屋敷, この弾丸, この時代, この歪める, この神, この覚悟, この階級, この黒田家, これが, これへ, これより, これを以て, これ等の, こんどは, ご奉行, さきだち偶然, さらに問, しかずと, しくは, しばしば人, すこし沢, すべての, すべて活動物は, そのいわゆる細, そのため, その一族, その不覚作用, その前後, その各々, その名, その土地土地, その大雨, その学識もと, その怪物, その時, その書きかた, その毛, その水軍, その痩身, その百余人, その目, その秋水, その経験, その豊か, その間に, それと, ただ一理脈, ただ今御, たるほどの, つまり人の, とどまらず人心, どうも傲慢, なお新, はなはだ有効, ふさは, ほとんどあらゆる, またそれ, もとよりその, やと, よき男, よしなきを, より正しき, わが国の, わが次男曹彰, われわれの, アッツ島その他における, ウルムゼルを, ヒトヒトフタヒトなどとは, ブルジョア勃興期の, ボーリユーを, マジナイ神水そのものの, マノン・レスコーであった, メラスを, ロンジュモーの, 一つの, 一七〇クヲタアを, 一泊, 一目を, 三度が, 三日まで, 上戸の, 下田に, 不思議は, 世間一般に, 中国一流の, 主人の, 予が, 予備隊を, 事を以て, 二六時中四方の, 五万の, 五十万の, 五官および, 京弥は, 人の, 人も, 人為の, 人物が, 人間の, 人間関係方面の, 今や外交日, 今後の, 今日の, 今景勝自身兵を, 今玄蕃允と, 仏の, 他に, 任せその, 会津の, 伝教大師この, 似たり, 余の, 余り早, 依然として蝦夷, 価せぬ事, 便宜でも, 信仰の, 俳優澤村曙山が, 倉子も, 個人の, 健康を, 傚って, 僕は, 儒者の, 元就以来の, 充分なる, 先ず独逸古代, 先だちて, 先だつ百四, 兎や, 公の, 六十一歳という, 六尺豊かの, 其の燕, 内心の, 処女航海という, 刑を以て, 到れり, 前任者の, 前後二回汽船にて, 劉備も, 効あり, 動物植物も, 勝えず, 勝えぬで, 北海の, 北海道の, 北米連邦の, 十中の, 十分なりき, 十月革命の, 南は, 南軍は, 即日芽を, 厄日の, 及ばず需要, 及ばぬ, 及びその, 友軍の, 友軍は, 取らず通用, 古エジプト人, 右の, 各地に, 各州の, 同じ, 吹きはじめた春風, 呉は, 商業家の, 喧しくて, 四月十七日以来ひきつづき, 国情一変す, 在位二十八年に, 城中には, 城庭殿廊悉く, 士気の, 売られたる敵, 多分の, 夥しい旗差物, 大, 大坂表から, 大必要, 大樅, 大神楽, 天平四年から, 天災世は, 夫の, 女性の, 妻の, 始めて知る, 婆やが, 子供の, 孔明の, 完全なる, 宗教家中の, 官兵衛との, 実用あった, 容姿端麗に, 容易ならぬ, 宿痾に, 富者の, 対象物の, 尽忠報国至誠そのものの, 巧みで, 巧智極まる, 常情以外, 平常経験, 年少の, 幾分か, 底力に, 弥生の, 張三も, 張玉朱能丘福等の, 当り秩序, 当世的な, 当時の, 当時ギリシアの, 役立つけれど, 彼は, 彼方の, 往々適中, 従来漢川の, 從ひ, 御傾き何, 微力なすある, 徹え, 心理療法の, 忙わ, 性来の, 意なき, 意向は, 慇懃なる, 我が国に, 我国にも, 我国の, 手工細技に, 抑圧の, 抽斎が, 拘らず今, 政治上の, 敗残の, 数多の, 文忠は, 文明精巧の, 新たな, 於て, 日々昔ながら, 日本に, 日本の, 日本人は, 日本劇川上一座の, 日本流の, 旧習を, 時蔵の, 時間の, 晩年期には, 普通の, 暇が, 暇なき, 暇の, 暴動が, 更に恐るべき, 更に深奥, 更に無数, 書物は, 最も妙, 最も自己, 最初この, 有難屋, 服従を, 未来を, 本乗物, 本書の, 本来透明なる, 東京出張員とは, 板で, 柔らかな, 桃花水の, 森山と, 楠氏の, 機械の, 止め互に, 歴史的段階を, 毎に, 毎度かくの, 毛利方では, 水道に, 永遠への, 江南以東の, 江戸ッ児の, 法正と, 洗練さえ, 活動を, 浦島明神と, 海が, 海内の, 海底電線九万七五六八英里を, 温かき心, 湖上の, 湖水や, 満月の, 滝津瀬の, 激しい食慾, 火山脈が, 物なき, 物なく, 物なし, 物理学者の, 犯罪学者としての, 狐狸にも, 狗, 独立以来わずか, 猴その, 獣類が, 珍らしい, 理論活動を, 瓢箪を, 生時に, 生活の, 由緒の, 男子出生, 番屋番屋へ, 百剣林立の, 盛夏八月の, 監守の, 目前の, 真如の, 真生命, 短いズボン, 砂泥の, 礼を以て, 神楽坂署に, 神経繊維と, 神話説話両者の, 秋川家の, 秋涼の, 秋野の, 稗益あり, 種々なる, 穀物が, 突いたの, 第一竜, 等しいもの, 純然たる, 紫玉が, 結婚年齢と, 絶えざるもの, 絶対に, 緑林山野なお, 緑葉染むるがごとく麦田あり, 編者の, 羨望嫉妬の, 老後細川家の, 老母の, 者も, 肉の, 肺腑を, 膳椀の, 自分の, 自分を, 自国の, 自我の, 自然の, 至ったと, 至ったもの, 至って, 至つて人眞に, 至らしめたの, 至らず, 至りいつしか, 至りしが, 至りました, 至り戸数, 至り日本, 至るの, 至るまでの, 至る可, 艶妻が, 若い娘, 若かず云々, 苦しむ, 草木の, 薩州長州においては, 藉り, 蛙などは, 血統を, 袁紹自身の, 裸の, 西洋に, 西洋の, 要する時間, 要なく, 言葉なく, 謝金が, 警察署の, 豁達豪放の, 貴重なる, 資金欠乏の, 賊を, 賽児が, 越したこと, 趙雲子龍が, 趣味的の, 足らなかったとは, 足らぬ者, 足り, 足る, 足るべく校内, 足るもの, 足るや, 足る可, 足守川を, 踟, 踵に, 躊躇する, 躊躇せぬ, 身体は, 軍務と, 近古新教の, 近年の, 近年は, 進歩した, 過ぎざるべし, 過ぎざるも, 過ぎざるより, 過去の, 遑あらざらしむ, 遑あらざる, 遑が, 道を, 道を以て, 道明寺川から, 道衍あり, 遠きを, 都合が, 都合の, 金を, 銭貨を以て, 鋭意し, 長江の, 門口の, 門地閲歴並びに, 限る, 陶酔を以て, 陸遜, 隠忍よく, 雨はなはだし, 雪中に, 霊怪は, 霧やや, 非ざれ, 非ず, 非ずん, 面色墨を, 頗る柔和, 頭脳明晰眼光よく, 風土記の, 風波の, 養父勝家は, 香港の, 馬岱も, 馬鹿げた悪罵, 駒井甚三郎の, 駱和名川原毛黒い, 駿馬に, 高潮の, 高貴の, 魏の, 魚売煙管や, 鶴江まで

▼ うること~ (456, 9.2%)

17 では 87 です 6 である, になる 5 あたわず, あり, ができる, になった, もある, 多し 4 がある, だった, にした, になっ, を知らず 3 ができない, ができなかった, だし, なし, はもちろん, 能わず

2 [34件] あたわざるは, ありて, ができ, ができた, ができませぬ, が出来ない, が出来る, が分る, が多く, が肝要, だが, だと, であった, でないと, で些か, となる, なくん, なしに, ならん, なり, に長, の自由, はこの, はただ, はできない, はできませぬ, は困難, を喜ん, を好めり, を得たる, を得るなり, を知っ, を肯, を見出した

1 [276件] あたかも走り疲れし, あたわざるなり, あたわざるべし, あたわざる等, あたわざる者, あたわざれば, あたわずいずくんぞよく, あたわずして, あたわず人, あまりみごと, あらば, ありての, ありと, あるべきは, あるべしとも, あるも, かい, かね, か否, がありうる, があろう, がいく, ができず, ができなかっただろう, ができぬであろう, ができよう, がなぜ, がほとんど, がわかった, が一層, が不可能, が人間, が出, が出来た, が出来なかった, が出来ます, が出来るであろう, が分かります, が可能, が多い, が大いに, が大切, が大変, が実行, が必要, が有るべき, が正確, が無用, が私, が起こる, さう, しか知らない, じゃ, すこぶる明瞭, すらできない, すら諦らめ, だから, だけで, だとも, だらうか, で, であると, であろう, であろうが, であろうと, でこう, でしょう, ですが, ですよ, でそれ自体, でない, でないの, でない奇蹟, でない現象, でない荒々しい, でなくあって, で先師, で奇, で理知, で私, とし, として死後, とす, とせり, となった, となり, となります, とのち, とはただ, とは信じ, とは思えない, とは思われません, とも思えない, と受, と同じ, と定めた, と拝察, と私, と考えます, と肉体, なかるべく甘き, なかるべし, なかれ, なきにし, なき所, なく, なくし, なくただ, なくまた, なく外見的, なく己, なく当主, なしまで, なの, なん, にある, にし, にて人, になったであろう, になり, になりおる, になるだろう, には違い, にもなっ, によりて生じた, に変り, に定まっ, に幸福, に気, に決定, に當, のできない, の出, の出来ない, の出来なかった, の厚き, の少い, の必要, の深き, の無意味, の範囲, の願欲, はあっ, はありうる, はいかが, はいかなる, はすでに, はその, はそれだけ, はたかだか, はできないであろう, はできぬ, はない, はなく, はフシギ, は予想, は今日限り, は何, は信玄, は入牢肯定, は子供, は実は, は建白, は彼女, は悪, は悪い, は方便, は書, は正行, は求めざる, は目, は真に, は私, は許されない, は重複, は願わしい, ほとんど一年, もありえない, もでき, もできない, もできなかった, もなく, もまた, もわかっ, も世間, も台湾, も同様, も尠, も必ず, も意, も知られ, も風流, やすし, らしいね, らしいや, をするなら, をどうしても, をなさず, をまた, をも許さず, を予知, を信ちやん, を全く, を利用, を勧むる, を君, を否定, を喜び, を奨めた, を嫌う, を学べ, を左門, を得せざりき, を得ない, を得なかった, を得る, を得ん, を得んや, を忘れ, を忘れし, を怠った, を怠るなら, を想定, を意地, を我々, を拒もう, を松江, を欲する, を止めよ, を殆, を求めず, を決して, を物語る, を猶予, を由子, を知ら, を知り, を知る, を確信, を神, を私, を約す, を約せ, を見いだすであろう, を見抜い, を規定, を言われた, を許さない, を許さぬ, を許され, を許す, を認め, を認容, を貴し, を須, 久しければ, 今に, 多きに, 多き風, 多く従って, 多く従つて後世芭蕉派, 多く重大, 少なきため, 少なく旅中, 広く権, 最も肝要, 止まずついに, 無く三百年, 益々多き, 能わざりしなり, 能わざるなり, 能わざる者, 能わざれば, 能わずして, 能わず将, 難し

▼ うる~ (352, 7.1%)

64 である 2113 です 11 では 94 かも知れない, であった, は当然, 道を 3 だが, だろうか, であります, であるから, であろうか, はただ

2 [15件] か私, だと, だらうか, であって, であろう, ですから, に比べ, は一切, は何, ほかは, 作法なりと, 別ある, 日は, 書, 願ひ

1 [170件] かあるいは, かい, かと思え, かと谷村, かな, かもしれぬ, かナポレオン, があっ, がある, が主, が佗, が即ち, が女, が宗教, が実, が後進, が普通, が無理, が自分, ことまで, じゃ, だそう, だったが, だとも, だね, だ戸棚, でありかくして, でありまして, であるか, であるが, である即ち, であろうと, でしょうか, ですか, でなく唯, でなければ, と, と似た, と同時に, と頗る, はあたかも, はいったい, はきっと, はこの, はこれ, はその, はそれ, はなはだしきもの, はむしろ, はもはや, はコミンフォルム, はバケツ, は全く, は全部, は前, は劇場, は又, は只, は吾, は周知, は固, は地方, は多く, は大いなる, は大変, は天平, は女, は寧ろ, は対象, は山口, は愛, は明治, は最後, は果して, は正に, は秀吉, は舌, ほかなし, ほかに, ほかには, もありました, もあれ, もただ罪, も矢田津世子, を偉, を聞け, を見こし, 久しくし, 事例は, 事情および, 人である, 令が, 余儀なきに, 余暇を, 例は, 価格は, 兆しありと, 力あり, 可否, 喜び, 器械をば, 地なり, 声あり, 外に, 媚態を, 実力を, 工風を, 幸にも, 弊害世に, 式なし, 得策なる, 徳, 徳と, 必要なる, 志多く, 意を, 意味ならん, 愛に, 愛は, 愛を, 手段たらしめん, 手段に, 手速きに, 方便である, 方法如何を, 日を, 時に際し, 暇だ, 書の, 書久坂に, 書兼好が, 望み, 望みこの, 望みなき, 望みを, 樹なり, 機会と, 機会は, 法においても, 法を, 法如何は, 犠牲たるのみ, 理あり, 理なく, 理も, 甚だしきもの, 益ある, 短衣, 礼を以て, 符号を, 経世的大, 習慣を, 術に, 装置を, 覚悟を, 詩二編, 謀議が, 資料を, 資格を, 身体たらしめざるべからず, 辞なかるべし, 道に, 道は, 道家に, 遺詔, 間に, 附いた服, 風あり, 風なら, 風を

▼ うるもの~ (329, 6.6%)

30 では 21 である 11 なり 97 でも 4 だと, と考え, にし, はない 3 だという, です, と信じ

2 [24件] あり, あれども, かどう, がある, がたくさん, が多い, ぞ, でありまた, であるかという, であるから, であると, であるの, である以上, でしょうか, でなければ, とすれ, なし, ならば, にアラン, のよう, はなかっ, は寧ろ, は文学, は自分

1 [178件] あらば, あらん, ありその, ありたれば, ありて, ありとは, ありまた, あるも, あれど, か, かということ, かと小左衛門, かと思う, かと私, かもしれない, か漠然と, があっ, があった, がありえない, があろう, がおよそ, がどこ, がない, が両国橋, が果して, が深遠, が無かっ, が真相, が自然, この売, この心構え, さう, じゃ, そういうこと, だけが理解, だけを先月, だろうか, であった, であったが, であったという, であって, であらう, でありしたがって, でありたい, でありなんら, であります, であるかも, であること, であるという, であると共に, である日本, であろう, であろうか, であろうとは, でしょう, ですか, でない, でないぐらい, でないのに, でなかった, でなくては, で光り輝く, ときめ, とした, としてここ, としての超人, とする, とせ, とは今, とは思い, とは思われない, と信じたらしい, と信じられる, と全然, と希望, と思う, と私, と考えられる, と言え, と誰, なかりしなりさては, なく謹み, なけれど, なの, ならず, ならばといふ, なら取り返したく思って, なること, なるやいなやは, なれば, にあらず, にはそれぞれ適当, には平家蟹, にほかならず, にや, に対して卑下, に有形, に相違, のない, の一片, の側, の弊, の感覺, の眼, の限界, の領域, はあるまい, はきわめて, はこの, はこれ, はすべて, はその, はただ, はなし, はなはだ多し, はほとんど, はぼく, はフランス, は一行, は事件, は云う, は人間, は仏, は仏教, は他, は偶合暗中, は先づ, は剣, は即ち, は四国, は実に, は山, は常に, は幻滅, は徳, は徳川時代, は必ず, は数多, は木精, は森, は極めて, は爆撃機, は物凄い, は狂瀾怒濤, は玄則自身, は竹, は紅葉, は肉体, は臣家, は芸術本来, は西洋人, は要するに, は避けた, は金, は颶風, は高き, ほぼ全部, もこれ, もみな愛, も古来決して, やら私, より恋, らしい, をそのまま, をも疑え, をアプリオリ, を以て座, を信じ, を包有, を十七字, を取らざれ, を受けずし, を捕うる, を誹謗, 多し, 教え得るもの, 甚だ多く, 第二号

▼ うる~ (256, 5.2%)

8 しき 7 しさ 3 しい兆, しきかな, 和歌の 2 しきが, しきに, しきを, しき岸の, しき歌を, しき観念を, しく, しく仕立, しみ, しみせよ

1 [212件] あえて怪しむ, あに奇, あまりシナ一方, あるいは酷, いかなる道理, いかにも残念, おもしろし, かえって素人, きし, これいかに, これなり, しい, しい乙女, しい兆し, しい天, しい天日, しい御, しい御台所さま, しい鮮紅, しい黄金色, しうし, しうする, しうする復讎, しかりし客舍, しかりし水莖, しきいけ, しきけしきかな, しきけだかき, しきこと, しきこと姿, しきのみ, しきのみに, しきは, しきゆめみ, しきわが, しきエーエリボイア憐み, しきエーマチエーを, しきシレーナなり, しきヘカメーデーは, しきポリドーレーは, しきマリアよと, しきラチオの, しき一族の, しき一片の, しき乙女子が, しき僧院より, しき友の, しき君が, しき和合の, しき國, しき國の, しき夏の, しき大一宇とも, しき天地の, しき奧深き, しき姿との, しき導者, しき導者マントヴァ, しき師の, しき師斯く, しき弓を, しき微笑なり, しき微笑の, しき愛その, しき愛我を, しき慕は, しき旅宿を, しき日, しき日知らで, しき會釋の, しき樂しみの, しき歌ぞ, しき歌とともに, しき歌よみにては, しき歌天に, しき民ありき, しき氣色にて, しき水族館, しき汝が, しき淑女は, しき物語た, しき琴は, しき生に, しき生の, しき瞳の, しき神の, しき積じ, しき空氣變化なく, しき立姿を, しき笛より, しき絆を, しき聖息に, しき聖歌は, しき聲あかるき, しき背振の, しき花の, しき花は, しき處を, しき詞もて, しき詞を, しき調に, しき調を, しき追憶の, しき都會の, しき音今は, しき音十字架の, しき願ひ, しき風わが, しき鵜戸の, しき黄昏であれ, しくすぐれて, しくせいしこんげん, しくたえず, しくてに, しくもまた, しくも可憐, しくよろず, しくわが, しく信心, しく列ぶおくつき, しく匂, しく吾が, しく四書五經, しく建碑, しく心, しく紅, しく緑, しく茂りあひ風, しく訪れて, しけれど, しければ, しさ今, しみおも, しみすれ, しみ妾, しみ思へるもの, しみ見し乘鞍, その田豕, その田鼠, ただその, ただ人の, はなはだ怪しまざるべからず, はなはだ難き, もののふの, よろしからず, エレーンならず, 上江水は, 世尊の, 世界古今人情の, 主體, 何か, 何方なる, 何時ぞや, 例外の, 俗語漢語新, 倉である, 全く予期意向, 公私の, 到底行, 前にも, 卑怯だ, 厭味少, 右の, 固より, 壮年者の, 多くは, 大いにおもしろ, 大切なる, 大原への, 天に, 天産物のみで, 夷輩が, 女子のみに, 如何にも残念, 如何にも殘念, 学者の, 実の, 当を, 当然である, 彼が, 必定です, 愚かの, 我国に, 指図の, 昔上帝人間に, 更に大, 松も, 極めて非, 決してこれ, 決して適当, 洗濯婆の, 独り耶蘇教に, 生田葵山子と, 異常なる, 皆これ学者の, 皆人の, 知らぬ処, 簡単である, 簡単なる, 羊なり, 羊なりと, 美人の, 義なり, 蛤の, 表門より, 親として, 言うまでもなきこと, 論理上はなはだ, 諭吉の, 通常一般なれ, 霊魂不死説に, 顔色を

▼ うるところ~ (143, 2.9%)

15 によれ 7 による 5 がない, のもの 3 ではない

2 [11件] があった, である, なり, にあらず, にしたがっ, によるにこの, に拠れ, の, の動揺, の印象, もなく

1 [86件] あらば, あり, から判断, がありました, がある, がなけれ, たらずんば, であったが, であったと, であるが, ですが, ではこの, ではなかろう, では先祖, では多分, では火薬, でもない, で右, とはならない, と同一, と物質, なき恨み, なく良心, なし, なりということ, なりというもの, なるが, なれども, にある, にし, にては料理, になる, によります, によるにかく, によるにそのいわゆる, によるにコックリ, によるに二様, によるに同じく, に別離, に噛, に忠, に疑問, に釜鳴り, に非常, のない, の仏性, の偈文, の力, の壮丁, の存, の幽霊談中, の悪魔, の文字, の文銭, の最も, の柳荘相法, の現実, の神, の種々, の解釈, の象, の財産, の賽児, ははなはだ, はグリーンランド, は事, は僅少, は唯物論者, は広く, は彼等, は甚だ, は自ら, までの努力, もない, も減ずる, をすべてここ, を概言, を深く, を知らず, を知らない, を知らなかった, を綜合, を通りかかったら, 低くし, 実に虚, 尽きたり

▼ うる~ (135, 2.7%)

5 思います 4 すれば, 思う 3 信じて 2 いう, いうだけ, 思うの, 神代振り古りぬる, 考えて, 誰が

1 [107件] あるいは重要, いいました, いうだけの, いえども, いかなる心理作用, いったが, いふこと, いふの, いよいよ急ぎ投げ, いわゆる鬼火, いわれる, お思い, さうかと思ふ, さとりたれば, しからば, したら榛, せり, そこに, その志望, その結果同一, ただちに駒, とかく従来, なく程, はなはだ心, またト, よほど得, ん氏の, ん氏を, ん等の, 云うこと, 云うの, 云うよりも, 云う事, 云つて誤, 云われる, 仏説の, 仮定する, 伝えられる, 偶然ながら, 取り下ろして, 同じである, 同じ事, 同じ働き, 同時に他方, 同時に平生冷静沈着, 同時に舅姑, 同様の, 否とに, 唐書に, 固く信じ, 夢想した, 大国主神は, 子の日の, 存候, 実際に, 宣言し, 彼らが, 必ず衝突, 思いますが, 思い九州山陽, 思うから, 思うが, 思うと, 思うん, 思ったの, 思って, 思つては, 思ふ, 思ふ程煩悶, 思わざるごとくに, 思われます, 想像する, 想定せざる, 感じた所, 承知し, 斉しく, 最初牧馬と, 本邦固有の, 李陵は, 極めていた, 狗喜ん, 猫より, 異なりただ, 私は, 第三, 考うる, 考えたに, 考えた愚人ども, 考えました, 考えられる, 考えること, 考えるの, 考える傾き, 考える処, 考える方, 考える軽業, 考へて, 考へるの, 言うても, 言って, 語っても, 誠に竜, 述べた, 野々宮は, 食物が, 騾が, 鬼神さも

▼ うるよう~ (95, 1.9%)

7 になった 4 に思われる 3 である, になる 2 なもの, な気, にでき, になり, になるであろう, に思う, に青黒く

1 [64件] であったら遠く, であるが, ないくつ, なうまい, なこと, なそういう, なそんな, なまず, な事, な人, な人物, な利巧者, な刳舟, な努力, な友だち, な女, な山の上, な微妙, な有様, な機会, な氣, な法, な環境, な真理, な社会, な精神, な統一, な若者, な静か, な頑丈, な黒船, に, にあらゆる, にさせろ, にしてやらね, にしばしば, にそこら, にできあがっ, にできる, にとの大, になっ, になつ, にならなけれ, になりたる, にのたまいし, によく, に人間, に仕組まれ, に定まっ, に定め, に彼, に構える, に生活, に生長, に発達, に私, に精神病者, に自然, に自由, に見える, に規定, に諸子, に配列, 救って

▼ うる~ (88, 1.8%)

3 如くに 2 ために, ゆゑに, 如きは

1 [79件] いまは, この感情, この手記, この書物, この際, これだけは, これを, ごときあさましき, ごときに, ごときは, ごときも, ごとき名, ごとき奴等, ごとき徒, ごとき観念, ごとくあるいは, ごとくあるいはまた, ごとくその, ごとくである, ごとくぶつぶつ, ごとく仕えんという, ごとく哀れみ, ごとく応えざるが, ごとく慇懃, ごとく慕うが, ごとく深い, ごとし, ごとしと, さもなければこんな, しかしウィンスロウ博士, して, そういうもの, そういう約束, その辺, それは, ためには, とにかくに, ともかくも, はたして婦人, よろしい, 三貴人を, 今から, 国家の, 太田嬢は, 如きこれ, 如きなり, 如き低音, 如き拙, 如き習慣, 如くかく, 如くこう, 如くその, 如くならしめたため, 如くなるは, 如くまた, 如く出版当時, 如く危嶂時, 如く善悪, 如く学ぶが, 如く左, 如く答えざるが, 如く聞こえますから, 如く謝るが, 如し, 如しとは, 山人とても, 故にこの, 故にこれ, 故に西洋, 故に記憶, 故に起る, 数千に, 果してその, 水夫らが, 消したかも, 琉球にては, 自分からは, 舞台には, 虎の

▼ うる~ (75, 1.5%)

2 なん, はない, もなく

1 [69件] あり洋書, あるか, あるとき, がある, があろう, がいた, がいま, がない, がなかっ, がなく, が天体, が直接, さえあった, でありました, であれば, とする, とともに途, と与えられる, と共に途, なかるべし, なきはなんぞや, なくし, なくただ, なく水, なりやは, にあらざる, にし, に福神, に限らざる, の少ない, の幸福, の方, はあまり, はあらで, はいない, はただ, はなかっ, ははたして, はもっぱら, はもとより, はディオニシウス, は一人, は一体, は事物必然, は今, は千人, は受, は常に, は影, は彼ら, は必ずや, は木精, は極めて, は百人, は福, は自ら安, は自分, は芸術, は重, は顔, もあり, もある, もない, もなかっ, も一人, も共に, も出来た, も少く, も活物

▼ うるという~ (74, 1.5%)

7 ことは 5 ことを 3 ことが, ことに, ような 2 ことで, ことも, のか, のである

1 [45件] ことだけを, ことであった, ことにも, ことまで, すばらしい仕事, のだろう, のです, のは, ように, ヒントが, 事務当局の, 事実が, 事実を, 今日の, 伊藤の, 充分の, 利点を, 可能性とに対して, 可能性の, 可能性は, 奇蹟は, 実際の, 実験が, 家を, 家康が, 希望は, 意味で, 教えも, 明文が, 時代が, 時代の, 晴れが, 月も, 機会は, 歴史の, 段階の, 流義であり, 漠然さが, 点に, 点において, 獅子の, 確信が, 考えである, 考えは, 風に

▼ うる~ (70, 1.4%)

2 があったら, であるとは, です, とほりぬけなら, の心, は常人, は極めて

1 [56件] があっ, がある, があるだろう, がおお, がない, がなかっ, が人格者, が何人, が少なかろ, が必ず益々, が本当, が犯人, が限, だけが思想家, であったろうか, であって, である, となっ, となりたい, となるなら, ならいい, ならたいてい, にさ, にし, になれた, に至つて, の一人, の影, の心持ち, の思いつめた, の意, の意志, の身辺, はあろう, はそれ, はた, はない, はほとんど, は世界, は今, は存外, は山, は強き人, は断じて, は確か, は稀, は超人, は驚くべき, もあろう, もまた, も多い, をおどろかす, をさげすみ, をその, を持たない, 多きを

▼ うる~ (63, 1.3%)

2 例と, 要す, 見る

1 [57件] いかんせん, これ能く, ばさんに, や, よしと, 云うこと, 仙人食い終っ, 余儀無く, 便と, 信ず, 傍観し, 取らざれば, 告ぐ, 問う, 喜ばなかった, 孝と, 得ずダンテ, 得た, 得べくこれら, 得可し, 必要なり, 忌む, 忍びて, 忘るる, 思うを, 患て, 悦び給, 悦ぶ, 愍み, 意味す, 拒み文人自ら, 望まざれども, 欲せざり, 欲せざりき, 正直なる, 求む, 求むること, 法と, 無上の, 用いん雑煮腹, 目的と, 知らざりしか, 知りこれ, 知る者, 知れば, 聞きそれ, 聞きシエーナ市中央, 要する, 要す云云, 要せず蝉声, 見るなり, 覺ゆ, 言えるもの, 許すやと, 説くに, 説くは, 須いん

▼ うる~ (57, 1.1%)

3 がある, である 2 あり, と男, は到底

1 [45件] あらば, が必要, が長い, さらに一人二人, であるか, であるが, であろう, としか思われない, とせり, となさば今日以前, となっ, となり, とはなり, とも為し, と定まりぬ, なかれば, なく山間漁村, なしと, なり凡そ, にしたい, になった, になれ, にのみ苦労, の元, の出来なかった, の出来る, の有し, はいかにも, はなく, はほとんど, はミンコフスキー, は出来ない, は出来得ないであろう, は力, は明らか, は欧米共通, は正しい, は疑い, は系, は誰, もせず, を彼, 多く理, 絶えず, 能わざるを以て

▼ うるため~ (43, 0.9%)

4 にはその 2 にはまず, には作者

1 [35件] あらかじめ夜具, なり, に, にあえて, にある程度, にかく, にすぐ, には, にはあまりに, にはこの, にはわれわれ, には人格, には単に, には各, には容易, には幻想, には演劇, には無限, には特別, には著者, にわざわざ, にフィリッピン, にベートーヴェン, に乗っ, に人, に代表者, に作る, に出かけました, に取るべき, に曇る, に衄血, に選ぶべき, の娼婦, の社会的地盤, の能動性

▼ うるとき~ (43, 0.9%)

3 はその 2 はますます, は世に, は他

1 [34件] においては必ず, には非常, のこと, の寂しい, は, はいよいよ, はしばしば, はわが, はわが国, はシガレット電熱器, はスタンド, はヤソ教, は一ノルウェー, は世人, は人, は人みな米国, は信仰, は勢力, は外界, は奈良, は実に, は左, は幻覚, は従来, は死後幾回, は生糸専売, は知らず, は素より, は自, は鉄丸, は関, は電気ストーブ, ももはや, 必ず偃

▼ うる~ (39, 0.8%)

19 どうか 6 どうかは 4 どうかという 1 それのみに, だれが, どうかが, どうかすらも, どうかによって, また尊氏, 人の, 人間の, 何う, 否か

▼ うる~ (36, 0.7%)

2 によれ, のもの

1 [32件] あって, あり, あるもの, がない, である, ではホウコ, では世界, として憤り悲しんだ, と其順序, と異なり, なり, なりと聞く, にあっ, にあらず, にし, に依る, に依れ, に向っ, に由れ, の, の一新聞紙, の事, の法, の深き, は何, は其当時, は大, は好個, またあえて, を以て推せ, を聞け, 必ず虎

▼ うるだけの~ (31, 0.6%)

2 能力を

1 [29件] ある生活條件, ことだ, ことは, ことを, それ以外の, 人間に, 信念を, 信用をも, 充分の, 地歩は, 基礎的素質を, 実力を, 工夫と, 度量を, 心持を, 思想性が, 時間と, 根拠を, 氣もちだけは, 準備を, 穴を, 素養が, 聰明さを, 能力は, 自分の, 自由な, 至誠が, 近代人相応の, 逞しい思想性

▼ うる~ (29, 0.6%)

4 かつた, がつて 2 かつたでせう, がつ, がらした

1 [15件] いま, かと, かるべく少し, かッ, がた, がつた, がつて会, がつて十五分の映画芸術論, がつて相手, がつて私, がらし, がッ, まぎれに, や, 草に

▼ うるしの~ (23, 0.5%)

5 ような 2 ように

1 [16件] はげた大きな, まるい笊, 並木路を, 事だ, 刷目の, 木に, 木は, 木山はぜ, 椀に, 汁を, 細工と, 艶を, 葉が, 鎧を, 闇が, 闇それを

▼ うるそう~ (22, 0.4%)

3 ございますから

1 [19件] がさ首, がす, がすから, ございましょうよ, ございますねえ, ございますゆえ, ござります, ござる, して, てかなわん, てなあちょっと, てならなんだ, てならん, て腹立たしい, である, なった, なったわ, 噂を, 聞し召すやも

▼ うる~ (22, 0.4%)

4 がない, のもの, はない 2 だと, はなく 1 だ, である, でなければ, のところ, はありません, もない

▼ うる~ (21, 0.4%)

2 の特称

1 [19件] があり得ない, がない, が至ったら, にのみ始め, にはその, に今日, に始め, の幸福, の自分, はくる, はこの, はその, は一生, は何日, は何時, は女房, は必ず, は百, は黍

▼ うるはず~ (20, 0.4%)

5 はない 3 がない, もない 1 がなく, だ, だがと, であった, である, であるし, の人, の光, もなく

▼ うるわけ~ (20, 0.4%)

9 である

1 [11件] がない, だ, だと, であったが, でして, です, ですが, では, には無論, はなく, もない

▼ うる~ (19, 0.4%)

4 否や 3 否やを 2 否やは 1 あたかも回向院, その情誼, たちまち生き, 口占し, 否やといふ, 嗚呼牛, 図られず若し, 学派に, 直ぐ彼, 眼徒らに

▼ うる限り~ (18, 0.4%)

1 [18件] その艱難辛苦, でない, では彼ら, において必ず, のあらゆる, のアンドレイエフ, の不祥事, の世界, の御, の忍耐, の忍耐力, の戦争, の手, の日光, の活躍, の調査, の軽装, 探りあげて

▼ うる~ (17, 0.3%)

4 のこと

1 [13件] がありうる, がまだ, ぞ人, であろうかと, のあろう, のいよいよ, のこんなに, の近い, はあの, は多かっ, は待っ, もあら, を待侘

▼ うるから~ (16, 0.3%)

3 である 2

1 [11件] おもしろいの, この点, して, であります, どうしても迷信, ガッカリする, 尚更わからない, 晩食の, 真実に, 邪魔を, 風格によ

▼ うるほどの~ (16, 0.3%)

1 [16件] ことなれ, ものが, もので, 乗客も, 人でさえも, 余裕は, 元気も, 力も, 大団体, 奥行きの, 自信が, 親しみは, 近隣り, 間土を, 隙間しか, 驚くべき多数

▼ うるかも~ (15, 0.3%)

3 しれない, しれないが 2 知れない, 知れません 1 知れないが, 知れないけれども, 知れないと, 知れないなと, 知れないよう

▼ うるので~ (15, 0.3%)

2 そしてその, 真実愛する

1 [11件] あつた, あつて, この堂守, この登場ぶり, これは, すなわち活きた, はるまいか, 前後足とも, 戦つても, 照, 細い燈心

▼ うるほし~ (15, 0.3%)

2 て, てゐる, ながら店 1 うは, た, てゐた, て止める, て行く, ながら物語, 小山は, 畝を, 草や

▼ うるほど~ (15, 0.3%)

1 [15件] である, でその, なり, な公武合体, な広い, な破れ屋, な顔, 内へ, 十分に, 安手な, 決して現実, 無限定, 牢固たる, 生やさしい, 近くに

▼ うる~ (14, 0.3%)

1 [14件] からまるなんと, がもの, そしてその, その隠された, ぬりの, のきら, またごく, またその, またたとえ, 心が, 掻きでございます, 掻きという, 気持の, 緒締めの

▼ うる場合~ (14, 0.3%)

4 がある 1 があり, があろう, において特に, にはそれ, には列設多科, には同書, には自他共, により, はカニミソ, を左門

▼ うる~ (14, 0.3%)

1 [14件] である, で市, に変わり, に愛, のまじめさ, の余裕, の深き, の表情, は初めて, は加速度, は純粋, を師, を持たなかった, を持っ

▼ うるには~ (13, 0.3%)

1 [13件] いかなる方法, ぜひ因果, まずその, 不便に, 個人的な, 哲学的努力を, 大宝令に, 娘を, 当に, 手段あり, 数学者の, 血統を, 霊魂不滅説によりて

▼ うるにも~ (13, 0.3%)

1 [13件] かかわらず狂人, すべて今日の, せよ家, ほとんど都, 又加え, 受けるにも, 強烈に, 拘らずロッテナム夫人, 特に四, 羞ずるが, 足らず, 邪魔を, 関わらず実は

▼ うるはし~ (13, 0.3%)

2 きすがた

1 [11件] と, とおも, とさ寝し, とにはあらね, と云, と桜, と見ゆる, の人, の夜, の極はみ, の空

▼ うる~ (13, 0.3%)

2 十は

1 [11件] うるとう, そのこと, なおあ, 一尺の, 受けずその, 同様なる, 大なる, 易く又或は, 自在なり, 逃げて, 食わず吐息

▼ うる可能性~ (13, 0.3%)

3 をもっ 2 がある 1 が充分, が高い, すらあるで, などは考えない, はない, をつくっ, をも予想, を暗示

▼ うる唯一~ (13, 0.3%)

3 のこと 2 の方法 1 の人物, の執拗, の大都市, の慰め, の手段, の考え, の遊戯, の道

▼ うるけれども~ (12, 0.2%)

2 支那の, 政治家などは 1 これ物理的自然の, 一般の, 亜米利加は, 利己主義者を, 又思想, 自分という, 自分といふ, 芝居の

▼ うるだけ~ (12, 0.2%)

2 多くの 1 じょうずに, だ文学, である, でなく他人, では, 例話事実談を, 多く取った, 多数の, 明らかに, 立ち入らぬこと

▼ うるといふ~ (12, 0.2%)

1 [12件] ことが, その悲慘, のか, やうな, 交流を, 家康が, 戦術で, 技術を, 科学的役割を, 結論に, 自負は, 詩人の

▼ うるとは~ (11, 0.2%)

1 [11件] おのずから異なる, どうしても思えない, なく思え, 人間という, 思いも, 思ったが, 思はれないから, 思われない, 思われないから, 是をや, 無論思い

▼ うるのみ~ (11, 0.2%)

1 [11件] だから, であった, ならずその, ならずまた, ならず中小学, ならず他, ならず理屈, ならず自分, なり, なりしが, なれば

▼ うるがん~ (10, 0.2%)

2 は姫君 1 の眼, の諷諭, の青い, はこの, はその, は或, は織田信長, よ

▼ うる~ (10, 0.2%)

1 あった, あるの, と時代, にも現れ, によれ, の梅鉢草, の生物, の蝙蝠傘, はあった, を多く

▼ うる見込み~ (10, 0.2%)

3 がある 2 はない 1 があり, がかなり, すらもない, はすでに, はほとんど

▼ うるより~ (9, 0.2%)

4 ほかなし 2 ほかは 1 ほかに, 弁明の, 策の

▼ うる人物~ (9, 0.2%)

3 でしょうか 2 はあなた 1 であるまた, ではない, なの, は船長殺し

▼ うる~ (9, 0.2%)

2 あり 1 あり女子, たまたまあれ, で窓飾, のさ, のならびたれ, の主, の前

▼ うる最大~ (9, 0.2%)

2 の混乱, の犠牲 1 の, の力, の思いやり, の慰め, の重

▼ うるとも~ (8, 0.2%)

2 いざ 1 いかなる修正, そのしろ, なく熟, 受取られずあゝ, 考えて, 青年が

▼ うるばかり~ (8, 0.2%)

1 すやすやと, である, で城, で意味, なりとも, 光水氣に, 稀なり, 草を

▼ うるやう~ (8, 0.2%)

1 なもの, な人性, な仕事, な余裕, な様式, な記録, にならなけれ, に成る

▼ うるをもって~ (8, 0.2%)

1 その唯一, たとい身体, わが日本人, コックリも, 人その, 弱き回転を, 教育の, 目的と

▼ うる~ (8, 0.2%)

1 ある蝮, なくし, の強き, は女, も己, を持っ, を有する, を移し

▼ うる性質~ (8, 0.2%)

7 のもの 1 と関連

▼ うる程度~ (8, 0.2%)

1 によって学説, に秩序, に達した, のもの, のタネ, までに知る, まで持ち, をこえ

▼ うる言葉~ (8, 0.2%)

1 でありますけれども, です, にノルム, に精確, の見当らぬ, は形式的, もない, をもたない

▼ うるかぎり~ (7, 0.1%)

1 あくまで生きぬこう, が田, のもの, の光, の剛さ, の最も, の金塊

▼ うるかという~ (7, 0.1%)

1 ことを, 事である, 問題と, 意味が, 理由も, 見当が, 観点から

▼ うる機会~ (7, 0.1%)

1 があれ, がめったに, などというもの, は望めない, も少なく, をどんな, を持つ

▼ うる~ (7, 0.1%)

1 では, なく明治二十年代, に種々, のこと, を取らざれ, を食わない, 即ち滅び失すべき

▼ うる~ (7, 0.1%)

1 であるが, な親し, のもの, の人物, の次第, の物識り, 迷って

▼ うる能力~ (7, 0.1%)

1 があるべき, と度胸, と権力, のある, は, をもった, を持つ

▼ うる自信~ (7, 0.1%)

2 に恵まれる 1 ありや, さえできれ, も持てません, をつかむ, を持っ

▼ うるせい~ (6, 0.1%)

1 ぞ, っおやおや, っなあ, やき, わい, わえ

▼ うるほどに~ (6, 0.1%)

1 ある社会, 先生を, 成長した, 現代化し得ない, 自分は, 要領を

▼ うるを以て~ (6, 0.1%)

1 するの, その唯一, 多く肥料を, 楽と, 甞て, 迂闊の

▼ うる人間~ (6, 0.1%)

2 の限界 1 が出来あがる, であったであろう, の実際, の無恥

▼ うる余地~ (6, 0.1%)

1 があろう, のない, はまったく, は充分, は十分, を造りたい

▼ うる~ (6, 0.1%)

5 もない 1 である

▼ うる資格~ (6, 0.1%)

2 があった 1 あるもの, がある, がそなわっ, のある

▼ うるあらゆる~ (5, 0.1%)

1 ことは, 可能を, 可能性が, 芸当の, 音響を

▼ うるおい~ (5, 0.1%)

2 のある 1 になる, をお, を見せ

▼ うるしが~ (5, 0.1%)

1 あるだろう, つて居んです, ときどき艶, もみじし, 真っ赤に

▼ うるすべて~ (5, 0.1%)

1 のよい, の大, の方向, はただ, を訊き終った

▼ うるつもり~ (5, 0.1%)

2 に候 1 か, である, では

▼ うるのに~ (5, 0.1%)

1 こうしてハッキリ, 彼は, 必ずしも支那人, 異論が, 鹿を

▼ うるまで~ (5, 0.1%)

1 あらゆる悲しみ, 安眠しない, 戰場を, 汝の, 飽き凶年

▼ うるまでに~ (5, 0.1%)

1 かれら, その戦役, なつた, 至るという, 過ぎぬ

▼ うる事柄~ (5, 0.1%)

3 である 1 であつ, ではない

▼ うる何物~ (5, 0.1%)

2 もない 1 かである, もなかつた, をも受

▼ うる手段~ (5, 0.1%)

1 だ, であつ, とまったく, も技術, を採らない

▼ うる~ (5, 0.1%)

1 な忍び提灯, な眼付, にする, になっ, のいかにも

▼ うる権利~ (5, 0.1%)

1 がある, としてかれ, のみを有し, の象徴, はありません

▼ うる~ (5, 0.1%)

1 がありません, なく黙っ, も知らぬ, を知らない, を知らなかった

▼ うる~ (5, 0.1%)

2 であるから 1 となった, のおの, は嬉しから

▼ うる道理~ (5, 0.1%)

3 がない 1 がなかっ, もなかっ

▼ うる~ (4, 0.1%)

1 いっこは, ほせ, ッて, 辰は

▼ うるしを~ (4, 0.1%)

1 といたよう, とかしたよう, 塗った大小, 流したよう

▼ うるその~ (4, 0.1%)

1 ことが, 大機関, 説はなはだ, 釵を

▼ うる~ (4, 0.1%)

2 あらう乎 1 あらう文子, あらう新た

▼ うるとの~ (4, 0.1%)

1 ことである, こと我が, 強弁も, 説なれ

▼ うるほう~ (4, 0.1%)

1 がよい, た眼, てその, てゐる

▼ うるまでも~ (4, 0.1%)

1 ない, なくただ, なく庵, なけん

▼ うる場所~ (4, 0.1%)

1 が少ない, にし, に非, はこれ

▼ うる~ (4, 0.1%)

1 だと, であ, でないと, の層

▼ うる~ (4, 0.1%)

1 がありました, が近所, だったの, だってあり

▼ うる時代~ (4, 0.1%)

2 なの 1 ではない, にもなっ

▼ うる書中~ (4, 0.1%)

1 にこの, にも, にもいえり, に曰く

▼ うる~ (4, 0.1%)

1 が響い, に, に大和女, は概ね

▼ うる~ (4, 0.1%)

1 とこれ, との二様, に関する著者, は霊魂不滅論

▼ うる状態~ (4, 0.1%)

1 であること, にある, にそろえられ, に帰

▼ うる~ (4, 0.1%)

1 の観念, は怒り, は愛, は断じて

▼ うるごと~ (3, 0.1%)

1 にいまさら, に大将, 呻きを

▼ うるただ一つ~ (3, 0.1%)

1 のほんとう, の期待, の要素

▼ うるとか~ (3, 0.1%)

1 あらゆる方面, そしてさ, そしてそういう

▼ うるとして~ (3, 0.1%)

1 かりに儒, もし王朝時代, 善き意味

▼ うるなど~ (3, 0.1%)

2 その誤用 1 よく大黒祭

▼ うるなり~ (3, 0.1%)

1 この故, また具, 彼は

▼ うるのみに~ (3, 0.1%)

3 して

▼ うるの必要~ (3, 0.1%)

1 なきに, を説き, を説く

▼ うるまでには~ (3, 0.1%)

1 彼は, 往復ほぼ, 意外の

▼ うるまでは~ (3, 0.1%)

1 不断の, 永くその, 自分の

▼ うるものの~ (3, 0.1%)

1 ごとくに, ごとく見える, ごとし

▼ うるゆえん~ (3, 0.1%)

1 となる, のもの, をここ

▼ うるよりも~ (3, 0.1%)

1 なお乏しく, 深く心, 習いという

▼ うる一つ~ (3, 0.1%)

3 の場合

▼ うる世界~ (3, 0.1%)

1 であ, であって, を成就

▼ うる~ (3, 0.1%)

2 に向っ 1 は君ら

▼ うる事実~ (3, 0.1%)

1 が相ついだ, であるが, の上

▼ うる仕事~ (3, 0.1%)

1 でしょうか, の量, はリーダー

▼ うる利益~ (3, 0.1%)

1 がある, はこれ, は决

▼ うる~ (3, 0.1%)

1 いさ, 事業だ, 都会なり

▼ うる~ (3, 0.1%)

1 になっ, の志向, を与えなけれ

▼ うる必要~ (3, 0.1%)

1 あり, がない, がなく

▼ うる所以~ (3, 0.1%)

1 であ, でお, は我が

▼ うる方法~ (3, 0.1%)

1 がありうるであろう, がなかっ, を設

▼ うる最も~ (3, 0.1%)

2 便宜的な 1 神話的な

▼ うる~ (3, 0.1%)

2 なり 1 と同じ

▼ うる~ (3, 0.1%)

2 ではない 1 になる

▼ うる気持~ (3, 0.1%)

1 がわからない, の中, はただ

▼ うる~ (3, 0.1%)

1 にする, に塹濠, に安息日

▼ うる特殊~ (3, 0.1%)

1 な微妙, な現実, の能力

▼ うる生活~ (3, 0.1%)

1 と仕事, の資料, を考え

▼ うる~ (3, 0.1%)

1 が二人, とはどうしても, や

▼ うる自由~ (3, 0.1%)

1 とまち, な魂, の異名

▼ うる言語~ (3, 0.1%)

1 とさらに, はいかなる, はない

▼ うる~ (3, 0.1%)

1 はただ, は立つ, も第

▼ うる~ (3, 0.1%)

1 だけ役に立ちうる, はゆ, は我彼

▼ うる~ (3, 0.1%)

1 が用意, に非, の力

▼ うるいっさい~ (2, 0.0%)

1 の偶発事項, の結末

▼ うるかと~ (2, 0.0%)

1 云えば, 申した

▼ うるからに~ (2, 0.0%)

2 他ならない

▼ うるさかり~ (2, 0.0%)

1 けむ, なむ

▼ うるさげ~ (2, 0.0%)

1 に左手, に退ける

▼ うるさし~ (2, 0.0%)

1 と一トまくり, と思さずや

▼ うるしから~ (2, 0.0%)

2 まる松

▼ うるしと~ (2, 0.0%)

1 云う塗料, 読むの

▼ うるしや~ (2, 0.0%)

1 どろ, ななか

▼ うるじゃ~ (2, 0.0%)

2 ないか

▼ うるだけで~ (2, 0.0%)

1 幸せだ, 自分の

▼ うるとて~ (2, 0.0%)

1 密処に, 新橋に

▼ うるとともに~ (2, 0.0%)

1 受けなければ, 将来起こるべき

▼ うるとまで~ (2, 0.0%)

1 叫んだあの, 叫んで

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 みすが, みすも

▼ うるどんな~ (2, 0.0%)

1 仕事も, 魅力も

▼ うるなどという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 容態振りから

▼ うるなどの~ (2, 0.0%)

1 ことも, 考えは

▼ うるにおいてを~ (2, 0.0%)

2

▼ うるに当たり~ (2, 0.0%)

1 まず余, 天より

▼ うるのみか~ (2, 0.0%)

1 あらゆる在来, 紅葉の

▼ うるの暇~ (2, 0.0%)

1 なから, なしと

▼ うるはしげ~ (2, 0.0%)

2 なること

▼ うるばかりに~ (2, 0.0%)

1 なりぬ, 覚えたりき

▼ うるひま~ (2, 0.0%)

1 にただ, もなく

▼ うるほどな~ (2, 0.0%)

1 将はおるまい, 強大と

▼ うるまま~ (2, 0.0%)

1 にし, に仕払っ

▼ うるもっとも~ (2, 0.0%)

1 やさしい調子, 適切な

▼ うるものこれ~ (2, 0.0%)

1 は王仁, を宗教

▼ うるもの閑静~ (2, 0.0%)

2 な部屋

▼ うるゆえ~ (2, 0.0%)

1 である, に尊貴

▼ うるガラス~ (2, 0.0%)

2 の研究

▼ うるチャンス~ (2, 0.0%)

1 ですから, を設定

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 にはこの, に一

▼ うる人々~ (2, 0.0%)

1 と多く, に向っ

▼ うる代り~ (2, 0.0%)

1 に思想, に新聞

▼ うる代物~ (2, 0.0%)

2 ではない

▼ うる以上~ (2, 0.0%)

1 に自由, はむしろ

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 に使える, の決心

▼ うる作家~ (2, 0.0%)

1 こそは真, はゴルスワージ

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 であったもの, でそれ

▼ うる個々~ (2, 0.0%)

1 の人々, の関係

▼ うる僧侶~ (2, 0.0%)

1 とは思われず, の權能

▼ うる十露盤~ (2, 0.0%)

1 も乗除, も寒村僻邑

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 といつたら, なり

▼ うる土地~ (2, 0.0%)

1 がある, ですよ

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 にあらず, を思い出せない

▼ うる地盤~ (2, 0.0%)

1 がのこされ, の芸術的豊潤さ

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 での犬, ではなかっ

▼ うる境地~ (2, 0.0%)

1 じゃ, であること

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 とはこの, も震え

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 のたまもの, の山羊乳

▼ うる好意的~ (2, 0.0%)

1 な忠告, な悪

▼ うる如く~ (2, 0.0%)

1 に下, に珍重愛惜

▼ うる嬉し~ (2, 0.0%)

1 さと, さの

▼ うる実力~ (2, 0.0%)

1 あっての, 第一

▼ うる年齢~ (2, 0.0%)

2 に達した

▼ うる幸福~ (2, 0.0%)

1 の絶頂, を一人

▼ うる強力~ (2, 0.0%)

1 な思想性, な精神

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 ではない, の思想

▼ うる彼等~ (2, 0.0%)

2 の生活

▼ うる~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ うる成算~ (2, 0.0%)

1 があるであろう, もある

▼ うる手掛り~ (2, 0.0%)

1 を不当, を残し

▼ うる才能~ (2, 0.0%)

1 であると, でもある

▼ うる文字~ (2, 0.0%)

1 こそ漢音, なり

▼ うる新しい~ (2, 0.0%)

1 友人を, 大道を

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 はまだ, 一層合理的

▼ うる方良策~ (2, 0.0%)

2 なるか

▼ うる時間~ (2, 0.0%)

1 がもどかしく, だけで

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 あり, についてこれ

▼ うる最善~ (2, 0.0%)

1 はつくす, をなしたい

▼ うる未来~ (2, 0.0%)

1 であった, を待っ

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 のおちつき, の喜び

▼ うる条件~ (2, 0.0%)

1 がこの, だと

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 ではない, につく

▼ うる楽む~ (2, 0.0%)

2 喜ぶなど

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 に公式, に必ず

▼ うる物語~ (2, 0.0%)

1 がどんなに, が書きたい

▼ うる状況~ (2, 0.0%)

1 は恐怖, をつくる

▼ うる現象~ (2, 0.0%)

1 であったろう, である

▼ うる理想~ (2, 0.0%)

1 である, を離れ

▼ うる理由~ (2, 0.0%)

1 もある, をもった

▼ うる相手~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, の女

▼ うる種類~ (2, 0.0%)

1 のもの, の雑音

▼ うる立場~ (2, 0.0%)

1 にあつ, は二つ

▼ うる範囲~ (2, 0.0%)

1 はおおよそ, は実にきわめて

▼ うる精神力~ (2, 0.0%)

1 ということ, といふこと

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 のトン数, は一定

▼ うる経験練達~ (2, 0.0%)

2 をつまなけれ

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 だ, のなか

▼ うる自分~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, を予想

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 あり, ではない

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 の若草白妙, の草むら咲き

▼ うる覚悟~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ うる計画~ (2, 0.0%)

1 でないこと, 故毎日毎日目

▼ うる記録~ (2, 0.0%)

1 には乏しい, はほとんど

▼ うる語ば~ (2, 0.0%)

2 で字引

▼ うる説明~ (2, 0.0%)

1 は易々, を見る

▼ うる資材~ (2, 0.0%)

2 に発する

▼ うる途端~ (2, 0.0%)

1 に女, 鋭き気性

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 もなく, を行客

▼ うる部分~ (2, 0.0%)

1 が果してすこし, だけでも凡庸

▼ うる金額~ (2, 0.0%)

1 の多少, はリマ一州

▼ うる限り精細~ (2, 0.0%)

2 な記述

▼ うる限度~ (2, 0.0%)

1 をひろげる, をもっ

▼ うる階級~ (2, 0.0%)

2 が存在

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 だつた, もあらせず

▼ うる~ (2, 0.0%)

1 に認識論こと, に非常

▼ うる革命~ (2, 0.0%)

1 てふ, の使徒

▼1* [636件]

うるあいだは凝る, うるあたりまできた, うるあなたなの, うるある種の, うるいちばん不快な事柄, うるいつもの親し, うるうちでその, うるかぎりそこを楽しい, うるかぎり右にても左, うるかぎり忠実であった, うるかぎり急速に増大, うるかぎり明瞭な自, うるかぎり最善の努力, うるかぎり無意味なこと, うるかぎり甘美な気分, うるかぎり隣人の愛, うるかごの一種四つ手, うるかすといふこと, うるからだにあらず, うるかんぜん帽子という, うるきょうの会, うるくらいこんな風, うるくらいにこちらの, うるくらいの心持ちが, うるたやう, うるけていて, うるけれど現実の, うるこころに変り, うるこころそれには, うるこそ策の, うることばなく立った, うること一万余一兵ごとに一嚢, うること乱杭逆茂木を打ったるごとく, うること二年余の後, うること六十年延義という人, うること勿からん, うること十九年未だ嘗て一言, うること商人に最も, うること四十八時間ついに判然, うること奴隷の主君, うること宗廟に仕うる, うること容易なるもの, うること普通の花, うること生に事, うること稀ならぬ当時, うること莫れと, うること西洋人のごとくならしめな, うること非常に大, うるこれなり, うるこれ能く忍ぶなり, うるこゑや京の町, うるさえしおらしく可, うるさそうに一喝, うるさまに見ゆる, うるさ過ぎはしない, うるしがないはずは, うるしなどの物税を, うるせいだれが行く, うるせいッ談義などは, うるせい坊主だ, うるせい奴等だ, うるせい離せったら, うるせい默んねえか, うるそして描きうる深刻, うるただ可能である, うるただし地方教育官庁が, うるただひとりの御, うるたちのもの, うるため十分なるゆえ, うるため壁に蛇, うるため彼まづ杖, うるため日本においてそれ, うるため請ふこの, うるため跳る疾さ, うるだけが愉快である, うるだけに進んで, うるだに慨歎すべき, うるだれもいなかった, うるちの玄米でつく, うるちやあずきや切り餅, うるふ俗信, うるというは非常な, うるというを以て賞を, うるとうなどの音韻, うるときわれ神に歸ら, うるところいっさいの嫌疑, うるところ一様にあらず, うるところ区々ではある, うるところ皆七人を驚かさざる, うるところ種々の疑問, うるところ誰でもおそらく, うるとしても現在の, うるとてはまず他人, うるとでもいふの, うるどの部屋にも, うるなかれかね, うるなと不熱心, うるなどとは存じも, うるなどはそもそも乱賊, うるなども容易でない, うるなりとてすなわち餡, うるなんてすぐには, うるにあたり書中所記の, うるにあたりてかくなしき, うるにかの蝋燭の, うるにさえ時々は, うるにのみ急しく, うるにばくちを, うるにやあらん腰板, うるによって彼の, うるによるものである, うるに従って斬るという, うるのみにて乱鬢の, うるのみにては未だその, うるのみのことなれ, うるのみを以て教育とは, うるの一なりけり, うるの学塾にし, うるはしおとめのいはほ, うるはし花こそこもれ, うるはし露よりも, うるひたむきな情熱, うるひとは, うるひまさへあり, うるふといふ宿場, うるほか手足一つ動かす事, うるほどしかない, うるほどもないしかも, うることの, うるまでの力ある, うるまねして, うるむしろそうあるべきもの, うるものそれはただ, うるもの万物の理, うるもの全て物質で処理, うるもの夫に仕うる, うるもの正直なり飲食, うるもの殆んど, うるもの病は伝染致命, うるもの試むる者悪しき者, うるもの象に事, うるもの附木草履など鬻ぎ, うるやいなやそれについては, うるやいなやは余が, うるやう豫め備へしむる, うるやと窃に, うるやも計るべからず, うるやるせない懐疑な, うるようそこに防禦工事, うるよしもない, うるよと思う, うるよりはいさぎよく死, うるるるこれは, うるわしがただ, うるわれわれ代議士たちのため, うるだ, うるアイヌの幣束イナホ, うるエタ巻物などの類, うるオカミサンはたしかに, うるオメカケ連を活躍, うるカギはあった, うるカルチュアーの機会, うるショウブは昔, うるセンチメンタルな可憐, うるトリックはほとんど, うるプロバビリティーがある, うるマジナイ中には抱腹, うる一もとの木蔭, うる一事は東北偏土, うる一人の人, うる一例はその, うる一個独立の科学, うる一員を除く, うる一手です, うる一棟の別, うる一点はその, うる一番正当な価格, うる一種の支持, うる一葉より上, うる一部の長所, うる万全な措置, うる幸福な, うる不幸は癒される, うる世の中です, うる主権に離れた, うる乳房はここ, うる予算であったらしい, うる事がらがどれ, うる事一千三百里という, うる事今の南米, うる事件であるが, うる事大流行で鯡, うる事已むを得ざる, うる事数日なり, うる事昔にかわり, うる二人称の相手, うる二次三次のそなえ, うる五六歳の女の子, うる五千年の歴史, うる人たちが集っ, うる人びとにあっ, うる人心をはッ, うる人身御供として案内人, うる人間的感情をぼく, うる仁王尊をはじめ, うる今日明日となった, うる仔細はない, うる仕掛けをし, うるの一ツ, うる他殺かも知れない, うる仙人のよう, うる以上師たる者には師, うる以外の難解, うる位置にある, うるもなく, うる体制を整え, うる体勢を敵, うる体験をもっ, うる何等の激越, うる作品でなければ, うる価値もつけよう, うる便宜をも峻拒, うる便益は甚だ, うるの如き, うる保障を握った, うる信徒を有する, うる俸給だけにても一カ月二千五百ポンド, うる個体の数, うる値打のある, うる偉大なる詩, うる健脚を有し, うる傾向を現, うる儀式装飾のごとき, うる優秀な創造力, うる先生となる, うるもありませんでした, うる克子はたった, うる世界の, うる全てのこと, うる全智全能は時に, うる公益とこれ, うる兵力はせいぜい, うる其事は甚だ, うる具体的実践的なパースペクティヴ, うる具眼者がいない, うる内容は自己表現, うるして, うる凡てのもの, うる分類法と知るべし, うる切なさ逃げ, うる初瀬の花, うるを持っ, うるにここ, うる副作用の成分, うる割目をこしらえられる, うる力そこに君子, うる力役はやすし, うる功徳である, うる勇気がある, うる勇蔵の答え, うる動員力はせいぜい, うる動物は一種類, うる動物的な危な, うる勢力がだんだん, うる化粧問屋の大尽, うる十二人の美女, うる原則はそれだけ, うる原田なにとて輪, うるスクリュー四段膨脹エンジンの, うる双方の声, うるさえ慄い, うる可らざる暴行, うる可憐でやさしい, うる可能の限り欲, うる史料は何一つ, うる吉報などを報告, うる同額の金, うる名称であるから, うる味気なさ, うる和歌山県の官公吏, うるだ, うる哲学は語る, うる唯一つの策, うる善良な人間, うる喜楽の性格, うる器量ではなく, うる困難な事態, うる国民があるでせう, うる国民性はうらやむべきである, うる国語は全然, うる國際補助語とする, うる在来からの処生上, うる地獄は彼, うる地球上たった一つ, うる坊さん花薊の軟, うるにとめ, うる堂々たる口実を, うる場処はいくら, うる場合これが自由, うる境界へ達し, うる境遇の不幸, うる変名であり東雲, うるはない, うる外國の大, うる多くの友人, うる多数を示す, うる多様な人物, うる夜半の鐘, うる大いなる問題であっ, うる大きさだ, うる大義名分がある, うる天使の数, うる天晴豪傑かくて, うる天質のいとど, うる女ばらと見たれ, うる女学校の屋根, うる女郎山の古い, うるが吾, うる如他部は地上, うる姿勢となっ, うる婆さんであつ, うる存在であって, うる学者もない, うる定家全歌集, うる実力者であるに, うる将士はせいぜい, うる将軍らしい, うる汽船, うる少女が現われます, うる屋敷は思い当らない, うる岩窟のクラ, うるかな, うる工夫などあんな, うる幸運な学者, うる幼児の如く, うる幽霊談について事実, うる幾多の人, うる幾種かの未見資料, うる庶民生活というもの, うる延喜二年の, うる弱き葦である, うる強い力の, うる強烈な自然, うる形勢の地勢, うるなきその, うる役者の芸, うる従って過去無限の, うる御札も一つ, うる微分は人間, うる心境はまさしく, うる心理でなに, うる心配さえ生じる, うる忠告や訓戒, うるが毛頭なけれ, うる思いの切な, うる恐れがある, うる悦びには限りあり, うる悪い事態を, うる情緒の反応, うるれの, うる愛国心の全体, うる感じは愉悦, うる感動で胸, うる我げにいかに, うる我等の感銘, うる戒法を持つ, うる戦争でアメリカ, うる戦法は, うる所作ならば, うる所作事をし, うる手段たるや何れ, うる批評や論難, うる批評眼だが, うるいとなき, うる擬似作用で本邦, うる擬宝珠をほんのり, うる支度ができ, うる攻撃は僞善的, うる政変といえ, うる政府の最大主眼, うる名づく, うる故悔いの最も, うる敏捷な接待, うる教会のドグマ, うる教師は学生, うる教科書はたんに, うる教訓というもの, うるでないこと, うる文辞の宝玉, うるの刃, うる斯二十万坪の活きた, うる方法等すべて同時に提供, うる方途はない, うる施設とはいえない, うる旁音楽取調所の生徒, うる旅人の情, うる日時と場所, うる日本紙幣というもの, うる明確なぬきさ, うるの夕, うるは余, うる時四六時中警笛におびやかされ, うる時節が来たなら, うる時馬かはゆし, うる普通の人間, うるさえなく, うる暴擧とかいふこと, うる暴風雨の人格化, うるの日, うる書篇を読む, うる書記生兼図案家常にウシマレス大王, うる最大便宜に止め, うる最大荷重についてなん, うる最小限の細か, うる最後の果実, うる最悪の状態, うる最高度の生命, うる望みがある, うる木像はよく, うる木曾川の早い, うる材料との義, うる条件下の汽船, うる林相の無常, うる栄養学校であるかも, うる根拠となる, うる桶一つが五十ガロン入り, うる極度の勇気, うる極限の状態, うる様子だが, うる権威の望み, うる権詐詭奪の手段, うる機會はなかつた, うる機運を逸すべから, うる機関の類, うるの世代, うる次第であります, うる武器としては何, うるの音, うる歴史の上, うるの唯一, うるよ, うる水引は結び, うる氷水商おもいおもいに, うる河童は一種, うる流盻はその, うる淑女の恩惠, うるさとにおいて, うる深刻な自然, うる清水その他沢山な供養物, うる温和な連中, うるを熱く, うる源氏は前生, うる準備ができたら, うる滝太郎の手, うる滝菜水引草など皆野, うる潜在能をもった, うるである, うる為めに鉄, うる智, うる無垢の人, うる無機物質ばかりでできあがった, うる無限境がある, うるゆるばかり, うるには指揮者, うる葉の, うる特典を得, うる特異な人事現象, うるを斬り, うる犯人だ, うるなれば, うる狂暴無比な光, うる猿猴も等しく, うる獅子も象, うる現在の親, うる現実ではない, うる理法となっ, うる生命をもつ, うる生徒に対して深い, うる産業予備軍としてある, うるも見ゆ, うる田植笠早やおもしろし, うる甲斐ならめ, うる異質的存在を指し示す, うる疑問である, うる病者を救う, うる療術の輩, うる白い紙や, うる白き衣を, うる白くて光, うる白酢ではだめ, うるの事業, うるを取上げ, うる目的を以て曲馬団, うるの人間らしい, うるとしての世界観, うる短所を批評, うる破壊力は瞬間, うる確實な中心, うるにて他人, うる社会の創造, うるだけれど, うる秋暮の物悲し, うる稀有な場合, うる種族が人間社会, うる積りに候, うる空気のため, うる符丁のごとき, うる符号の如き, うる一の, うるのこと, うる等みなわが東京青山, うるか, うる範囲内でのあらゆる, うる粘土のやう, うる精神の高, うる精鋭な武器, うるは一丈, うる素質の持主, うる細帯でした, うる紳士達だ, うる組織が悪く, うる経典の言葉, うる経験を取り扱う, うる結果か考える, うる結納金は母, うる統一を学んだ, うる絵具にて手早く, うる絶対に帰一, うる総額は一ポンド, うる緑竹の中, うるも芸, うる習性を身, うる習慣であったが, うる者いま一の日輪, うる者たちだった, うる者どもはまだ, うる者一は言語上, うる聖者は体験, うる肉体的存在なりと, うる胆力は世に, うる能わざらしむるものであるから, うるも悪い, うるは人気, うる自動車も東京都内, うる自然の感化, うる自身となる, うる至孝子を教, うる舞子頭に転訛, うるは初め一, うるでもない, うる芸術だと, うる芸術家を尊, うる連中の, うる苦労のタネ, うる茶道の廃墟, うる葉子に取っ, うるなり, うるの中, うる薬品が入っ, うるまでゆくべし, うる處牡丹もと紫今は白紅, うるの粗悪, うる血気の四士, うる衝動力は藤原時代, うる衣服のすべて, うる衣服帯下着履の類, うる衣服飲食引っ越し家作に時日, うる裏白の葉, うる要はないかも, うる見極めがついた, うる見解で全く, うる言語学の利益, うる訓戒も友人, うる訓諭そういう放送, うる記事中鼠は大黒天神, うるでその他, うる証明が得心, うるはストラボン, うるである, うる調法な抜け道, うる議会政治をむかえる, うる豊富にし, うる豊満で厚艶, うる賀正の書, うる賞与金の募集, うるの男, うる趣旨に叶う, うる足場は皆無, うるはなかるべし, うるの坂, うる近くにあり, うる近代戯曲の一見本, うる過去の事歴, うる道具屋だのいろ, うる道徳はこれ, うる部類でいわば, うる郷愁の子守唄, うる釈明というの, うる重き苦しみに堪え切れなくなっ, うる重量は一・〇〇八, うるに関する研究, うる金持だけがともかく, うる金銀宝石は粲, うるを乞う, うるを握っ, うる長雨の降る, うる間さんが来, うる関係がない, うるはなかっ, うる闘争本能の根体, うる限り兵力を整え, うる限り内省の機会, うる限り列挙せんと, うる限り尋常に話しあっ, うる限り簡にし, うる限り肉交を避けよ, うる限り読者を釣っ, うる除夜の鐘の数, うる陸地は多く, うる雑草を取る, うる難しさを, うるの供饌, うる静かな落ちついた態度, うるとなれ, うるである, うるあって, うるをなし, うる風俗道徳までをも改革, うる風情に彳む, うる風景である, うる風雅と実用, うるなどを享, うる香水の匂い, うる魚商が盤台, うるのよう, うるもぞ啼きし