青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うに~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~うだ うだ~ ~うち うち~ うっ~ うっかり~ ~うつ うつ~ うで~ ~うなずいた
うに~
うま~ ~うまい うまい~ ~うまく うまく~ うむ~ ~うる うる~ うるさい~ ~うれし

「うに~」 6085, 66ppm, 1734位

▼ うに~ (478, 7.9%)

35 ない 14 なかつた 11 斯うにも 7 仕様が 6 手の, 見えなかつた 5 ならない, ならないこと, 仕方が, 思へなかつた 4 しようの, ぢも, ないので, なつた, ならないの, 思はれない, 思へるの, 辛抱が

3 [11件] しない生れると, ないの, ならないので, ならないもの, ならない事, ならなかつた, 思はれて, 思はれなかつた, 思はれる, 思へない, 見える

2 [42件] ありませんし, うその, して, しません, しませんでした, しやう, ないが, ないと, ないね, ないやう, ない病氣, なくよく, ならないと, ならないところ, ならなかった, ならぬ, ならん, なりませぬ, なりません, なる, なるまいが, まだそこ, 出来ないので, 分りかねる, 堪らないこと, 堪らないの, 彼うにも, 思つた, 思つて居た, 思はれた, 恁うにも, 涙が, 父の, 眼鼻が, 考へられない, 聲が, 苦痛に, 見えた, 見えたの, 見えないので, 見えません, 見えるの

1 [230件] あらぬ尻, ありません, ありませんそんな, ありませんですから, ありませんね, ある, い, うまいとは, おかったるく, お侍, お前さんから, かうにも, くさりだらう, ことう欠, この頃, これは, ごまかすこと, さしはさむ隙間, しないが, しないの, しなかつたの, しめって, しょが, しようがない, するから, する事, せず, せずまことに, せず雲, その融通, それは, たとえつべく目, ぢ, つてと, つまらない, どうにかした, ないこと, ないし, ないなとを, ないのに, ないまつたく, ないやがて, ないペンギン, ない九, ない冷酷, ない奴ぢ, ない手紙, ない歌, ない毎日, ない話, ない誰, ない郷土的, ない餅, ない魂, なかつたの, なき事, なくお松, なくよくよく, なく執拗, なく山田, なく想像, なく日, なく貧居, なしやつぱり将門, ならずに, ならず微か, ならぢやつ, ならないその, ならないものぢ, ならない人間, ならない何うに, ならない様, ならない次第, ならない物, ならない状態, ならない町人達, ならない運命, ならなくなって, ならぬかも, ならぬこと, ならぬし, ならぬの, ならぬ一種, ならぬ奴, ならぬ日, ならぬ者, ならんでな, ならん他, なりは, なりませんからね, なり最近, なるから, なると, なるの, なるまいと, なるまい一度, なるもの, なる事, なる場合ぢ, なる間柄, やりやう, ハヤ, ボーメンズを, 不安であった, 不思議でならない, 人は, 人気の, 仕よう, 仕方なし, 仕様の, 仕樣, 其様な, 凝つとして, 出せない感じ, 出来ないもの, 出来なかった, 出来ん者, 動きが, 動きの, 千々に, 又つい, 可笑しくつて耐ら, 合点の, 名残惜く, 唯可, 堪へられず部屋, 堪らない気, 堪らなかった, 堪らなかつた, 堪らなくな, 堪らなくなって, 多少の, 大變, 女の, 学僧衆は, 実に華族, 居耐え難う, 己が, 役が, 御難だ, 心が, 心の, 怒を, 思はない声, 思はれないこと, 思はれないやう, 思はれない程, 思はれます, 思はれません, 思はれるし, 思はれるの, 思ひます, 思ふが, 思ふの, 思へた, 思へますが, 思へるが, 恐か, 成らない, 成らなかった, 成らなかったら鉄砲, 成らぬので, 我慢が, 手に, 拭ひ去れなかつた, 持堪へる, 支へ, 救はれない, 旅費が, 暈やっ, 有得, 死に切れん, 氣味の, 水が, 洗面所の, 為ない, 為や, 無い, 無いので, 無い容態ぢ, 無い風, 無し, 無理だった, 燐寸を, 爲樣の, 物柔かく, 理由無しに, 私が, 私は, 答えられない筈, 考へられたの, 聞えなかつたの, 聞れず, 聽えた, 胸が, 自動車の, 自由が, 致しやす何うに, 花吉にはネ, 苦しい, 苦しくなっ, 落着か, 見えざれば, 見えずかへ, 見えない平凡そのもの, 見えない癖, 見えない種類, 見えぬ, 見えましたが, 見えます, 見えますが, 見えるけれど, 見える眉, 説明の, 足りない, 踵を, 辛かった, 辛くなった, 逃げよう, 遣繰の, 遣繰りの, 酷い目, 長くて, 長すぎるらしい, 限らないで, 離れ難, 面白くない, 面白くなかった, 高級ものは, 鹿熊なんどの

▼ うに~ (256, 4.2%)

35 つてゐる 17 つてゐた 8 つたのを 7 つたから 6 つてその, つて居た, つて来た 5 つて来る 4 つて, つてから, つて來た 3 つた境内の, つてあわて, つても 2 つたのである, つた程, つてし, つてゐました, つてゐます, つてを, つて主人を, つて居ります, つて居る, ツて

1 [125件] がれに, さつて, さるで, つた, つたぢや, つたなうむ, つたのが, つたのだ, つたのだつた, つたので, つたのであります, つたのでしたらう, つたのと, つたのは, つたのよ, つた人の, つた仇敵を, つた商館の, つた境内に, つた子供が, つた彼女が, つた時は, つた時ふと, つた時支へて, つた時細木夫人は, つた有難う, つた私である, つた練吉は, つた羽織の, つた荒れ果てた, つた野次馬を, つた静子の, つた靜子の, つてあ, つてあの, つていまのは, つてしまつ, つてしまつた, つてすや, つてずら, つてどうしても, つてどなりつけられ, つてね, つてひどく, つてふら, つてまた, つてまだ, つてやけに, つてゆつくりした, つてよし, つてゐ, つてイワン, つてクルリと, つてポンポン, つて一寸と, つて一方は, つて了うた世の中である, つて云つたあの, つて今から, つて今度は, つて以來は, つて來さうだつた, つて來ました, つて來る, つて八五郎の, つて出, つて出た, つて勇吉が, つて半分は, つて参ります, つて只手拭を, つて外を, つて大岩の, つて夫婦は, つて妙に, つて実にもう溌溂, つて居りました, つて幾度止めた, つて庭へ, つて廊下の, つて後ろに, つて怒ります, つて悲鳴を, つて慌て, つて挙げた, つて援けを, つて擲つ, つて斯うい, つて日が, つて来, つて来ました, つて櫂を, つて歸つて來た, つて死ん, つて死んだ, つて殺し, つて泣いた, つて泣き出したい, つて灯が, つて狼狽へて, つて皿の, つて眠つてを, つて窓を, つて自害を, つて若僧に, つて見えた, つて見おろした, つて見る, つて跳ね起き, つて逃げ出した, つて逃出した, つて逃出しました, つて這入れなかつた, つて連歌師貞阿, つて重三郎が, つて銀簪で, つて額を, つて飛出さう, つて飛込ん, つて飛込んだ, つて餌を, つて驚い, アと, ア玉, ツてる

▼ うに~ (180, 3.0%)

25 てゐた 24 てゐる 8 て居る 4 て, てその, て居ります 3 てお, てをります, て見, て言 2 かじ, て二三日, て居た, て斯ん, て被, て訊いた, て身體, て送

1 [83件] たりしました, たり大事さうに, たり惱, つくりとして, てこれ, てしかし, てしばらくじっと, てそば, てそら, てつまらぬ, てのぼつ, てはびつくり, てはまた, てはります, ては下さいません, てもあかん, ても鼻, て中庭, て云, て何, て何時, て働い, て冠つて, て別れた, て十吉, て口, て向う, て命がけ, て唾, て問うた, て喰, て坐, て墓場, て寝, て小さく, て居ました, て平次, て彼, て手伝, て抱, て掌, て時々, て曳かれ, て林, て無言, て留る, て眺めた, て眼, て私, て突, て立ち止りました, て立つ, て笑つて, て給金, て舟, て見せた, て見やりつ, て見守つた, て谷, て赤ん坊, て逃げ出し, て這つて, て運ん, て静か, て風, て飛ぶ, て食べた, て飮ん, て飲みました, ながら, ながらまた, ながらやつ, ながら一々, ながら何時, ながら振り返, ながら散歩, ながら漸, ながら言, はじめそのうち少し, やあが, やあしない, やぶつ, をらしく

▼ うになつ~ (123, 2.0%)

7122 たので 7 たが 4 たりした 3 たりし, たりする 2 たところ

1 [11件] たか, たその, たら信仰心, たり夜, たり途切れ, たわ, てき, てきました, てしまひます, てるの, てる処

▼ うに~ (118, 1.9%)

14 して 2 こうにか, しなければ, ならないもの, なる, なるだろう, なるの, 切り抜ければ, 遣繰は, 騙して

1 [86件] あの快癒つて, いつもの, おツ怺, お前是非算段を, されなければ, しますから, すましたの, するん, すれば, その他の, それが, ぢけた親爺が, なくなって, なつてる, ならん事, なりさうになつ, なります今夜, なるが, なるだらう, なるだろうと, なると, なるとしても, なるまいか, なるまで, なるもの, なるわ, なる心配, なれと, やれさ, ピカデリー・サアカスを, 一本立で, 不自由ながら, 主人の, 了解めた, 二人とも, 人車が, 仕上げて, 仕樣, 住めるよう, 出來, 取りましただ, 取続いて, 呑み込ませたの, 大河畔, 女給タイプに, 始末を, 工夫し, 後始末の, 心配し, 息を, 成りますよ, 成るかも, 成るだろう, 成るわ, 承知した, 抜けて, 押し込んだが, 押込んで, 挽回出来た, 斯うにか, 次ぎの, 欺うにか, 此うにか, 歩行の, 決しよう, 済ませる, 潜りぬけ, 片付いたの, 片輪者, 目鼻の, 直せそう, 糊塗なっ, 纏まった, 胡麻化し, 胡麻化した, 行った, 見られるもの, 見られる様, 見苦しくない, 誤魔化せますが, 讀めるの, 買うだけの, 辛抱の, 辛抱出来る, 辨慶讀み, 長い日

▼ うになる~ (101, 1.7%)

10 のであつ 5 のを 2 とそれ, と急, のだつた, のである, ので私, のよ, まで竹藪, わたしを

1 [70件] かと思へ, からです, が, が両足, くらゐ仰むかなく, ことが, ことである, ことは, ことも, そんな思ひ, と, とあの, とあわて, といふ感じ, とこれ, とさ, とすぐ, ともう一度, とよく, と人々, と傳三さん, と又, と彼, と恩愛, と抱く, と故意, と旅籠町, と日頃眼, と番頭, と禍, と私, と秘か, のだ, ので, のでございます, のでした, のでやむなく, ので一層, ので痛々し, ので薪, まで熱く, ものなら, やうな, んだ, 仕掛の, 位ゐ, 位痛み, 夜の, 屋井, 度に, 役儀だ, 心が, 心を, 恋愛的な, 意識を, 所が, 手足や, 時は, 男は, 程に, 程二三度も, 程切つた, 自分の, 自分を, 裸蝋燭を, 言葉つきを, 貧血症の, 足を, 身體を, 途端私は

▼ うに~ (93, 1.5%)

51 つた 8 ふ, ふの 4 ひました 2 ひ切つてお婆さん, ふので

1 [18件] つたが, つたこと, つたので, つて, ひこんど中学校, ひながら, ひぬ, ひましたぜ, ひましたそれで, ひましたので, ひます, ひ放つた, ひ放つて, ふが, ふていたが, ふと, ふ癖, やはつ

▼ うに~ (87, 1.4%)

50 つた 13 ひました 52 ひながら, ふので

1 [15件] つたが, つたこと, つたり, ははつて, ひ, ひかけると, ひたいこと, ひ出した, ひ合, ひ合つて, ひ放つた, ひ棄てるの, ふと, ふの, ふ程

▼ うに~ (87, 1.4%)

23 ふの 22 ひながら 5 ひました 4 つたり, ふ 3 ふあの 2 ひ, ひましたツ, ひます, ひ乍ら斯, ひ出した, ふので

1 [14件] はれたので, ひあつ, ひかける見知つたウエイトレス, ひことに, ひころげて, ひに, ひ出したり, ひ出して, ひ出す, ひ合つて, ひ声, ひ崩れた, ひ興じた, ふ八五郎

▼ うに~ (80, 1.3%)

4 思はれない 3 いつて, ひつて 2 ありません, しやぎ, ためかしながら, ない, なかつた, 思ふが, 思へなかつた, 見えなかつた

1 [54件] あまりに稀品, お前たちの, ぐれ雀, これ大, したが, して, しませんでしたが, しやいで, そうする, そんなに好き, ただ個人教育, とげが, ないが, ないの, ない魚, なかった, なかつたの, なさるまいけれど, なしし, 一つの, 不足なかるべし, 勿体ない猟場, 参りません, 及ばずまた, 及びませぬ, 味へ, 小指ほども, 屏風岩の, 当らんじゃ, 得の, 思つた, 思はれません, 思へないの, 思へません, 持って, 描かれては, 方々のを, 日本一だ, 是非入用な, 格別である, 溪谷に, 無い, 考へない, 見えずに, 見えない, 見えますが, 見えませんもの, 見えるが, 解らないだらう, 言つて居ります, 足らん, 軒に, 金が, 頗る興味

▼ うにする~ (47, 0.8%)

13 のです 8 のを 5 のでした

1 [21件] から預, が, がそれ, が幼児, が思ひ返し, ことなす, だけで, といふ, とき, と二人, と全く, と思ひ, と然, のでうつ, のでまた, のでドルフ, のは, 堀周吉は, 戸倉十兵衞を, 皆川半之丞の, 藤助を

▼ うに眺め~ (47, 0.8%)

13 てゐた 5 てゐる 4 ながら 3 て居る, やつた 2 て居ります, まは

1 [15件] てそれ, てそんな, てやがて, てゐました, て居た, て居りました, て立ち去りました, て表, て追懐, ながらこんな, ながら切り, ながら歩き, 二人だけの, 入つた, 廻した

▼ うにその~ (46, 0.8%)

2 きれいな, 調理法を, 黒い測候所

1 [40件] いるかの, お椀, くせ十分に, なかの, まっ赤, まつ赤な, 人を, 傍に, 兵隊を, 出発を, 函を, 分に, 場の, 夢の, 寫眞と, 弟子が, 手を, 方の, 方寸の, 日時計の, 時は, 晩中ニコニコ, 机を, 来歴について, 枝などを, 樣子を, 水を, 演説を, 男と, 男の, 癖嬉し, 白い百合, 白い項, 禿げたお, 窓の, 紙包を, 虫眼鏡を, 鐘の, 青年輩を, 顔を

▼ うに~ (44, 0.7%)

3 の顔 2 の傍, の方, を見, を見た

1 [33件] から推薦, が云, が精神病患者, が返事, だつて, にし, には見えました, に白状, の, の乞食, の再, の後, の手, の様子, の考へ, の顏, はこんな, はよう, は幸せもの, は御, は美しい, は考へます, は言葉, は面汚し, をいくつ, をじ, をまじ, を睨め, を落ちつかせる, を見つめた, を見る, を見詰め, を見詰めた

▼ うに見える~ (44, 0.7%)

2 かと思ふ, のだ, のでした, のも

1 [36件] あんなに殴られ, あんなに毆, からポカリ, がその, が兎, が外, が恐ろしい, が此, が淋しい, が稀, が質, ことから, とは, なたしかに, のが, のであった, のである, ので私, のは, はずが, ばかりか心事, ほどじ, ものは, もの必ずしも, ゆゑ, よ, わ, んだ, 坊主の, 姿の, 書物は, 無口な, 男が, 癖に, 石畳だ, 習である

▼ うに~ (42, 0.7%)

2 気の毒だ, 笑ひ

1 [38件] ありが, くみが, づおづした声である, はてなされました, べん, ほさわ, めがの, もへる, 二人の, 仕舞などを, 住を, 俊は, 勝は, 品さんが, 喜代を, 孃さんに, 容易ぢゃありませんね, 富の, 富へ, 寝つて, 察しいたします, 尻の, 挙げに, 月様は, 梅坊は, 樂の, 気の毒です, 気の毒な, 父さまにも, 目に, 經を, 舟に, 若の, 蒲団なんか, 蕎麥の, 蝶の, 辨当を, 首を

▼ うに~ (39, 0.6%)

5 を顰めた 4 をしかめ, を顰め 2 をしかめた, をゆがめ, を歪めた, を見合せ

1 [18件] をあからめ, をあげる, をかしげ, をしかめる, をそむけた, をそる, をだし, をつつこん, をのぞけ, を俯, を出しました, を拭つた, を持ち上げた, を曇らせた, を檻, を歪め, を熱らし, を赤く

▼ うに~ (38, 0.6%)

3 を伏せ, を光らせた, を細め, を細めた 2 を大きく

1 [24件] が覚め, ばかりぱちつかせ, もさめる, をこすり, をしかめた, をしよぼ, をつぶつて, をぱちぱち, をみ, をクシヤ, を伏せた, を光らし, を光らせ, を動かし, を寄せ, を据ゑて稍, を瞬い, を細く, を見張りました, を視, を輝かし, を閉ぢ, を顰め, 覚めた農村

▼ うに~ (37, 0.6%)

7 てゐる 6 てゐた 4 て居た, て居る

1 [16件] てのそのそ, ては顏, てゐました, て二人, ながら悠々, ながら注文, ながら言, ながら身體, ながら首, まもつ, まもつた, やつて, 乍ら上機嫌で, 乍ら續け, 得を, 迎へ

▼ うに~ (34, 0.6%)

2 云ふ, 思ふ

1 [30件] いふこと, いふよりも, これも, その一途, どんなにか, まっさおに, んだり, 不審する, 云つて悪けれ, 今日は, 唯それ, 嗤ひく, 思いました, 思はれた, 思ふ役, 思われたが, 思われるくらい, 悔ま, 惜しい, 惜しく思, 折ふしに, 新五左, 考えずには, 考えたり, 考へる, 腹の中では, 苦笑した, 蔭では, 被申候, 雀を

▼ うに~ (34, 0.6%)

5 を振つた 3 をかしげ 2 を傾げ, を垂れ, を垂れました, を縮めた

1 [18件] から肩, だけ覗い, をうなづい, をかしげた, をさしのべ, をすくめ, をたれ, をのばし, をのべ, をふり, を傾けず, を傾けた, を傾げた, を前屈み, を垂れます, を振り, を横, を縱

▼ うにでも~ (33, 0.5%)

3 なる 2 して, なるが, なると, なれ

1 [22件] してやるもの, しなければ, するから, なるそれ, なるに, なろう, はきはきと, 一寸眼, 付く八時二十五分, 切れば, 叩き潰したかった, 叩き潰したかつた, 大きくさ, 己れ, 平気で, 怯え切つて言, 成りましたもの, 成る此処, 操縦する, 致しますから, 誤魔化せます, 誤魔化せるが

▼ うになり~ (33, 0.5%)

1 [33件] さうな勢, さつきの, しかし又その, そして白い, それからまるで, それと, ながら, ながらいつ, ながらうんうんと, ながらその, ながらも巧み, ながらやつ, ながら彼女, ながら忙しく, ながら急, ながら考へた, ながら階段, 九時頃まっ, 僕の, 内側は, 医者に, 宿へ, 彼の, 或は云, 盛子が, 着物の, 空を, 翌る, 而も, 葉の, 身上を, 途中に, 頭が

▼ うに笑つて~ (29, 0.5%)

6 ゐた 2 ゐたが, ゐる, 見せた

1 [17件] からかう, しまつ, ぽつくり, ゐました, ゐます, ゐるの, ゐるばかり, ゐる者, 出て, 居りました, 居ります, 更に力, 枯れた手つき, 行く, 見送つた, 送り出した, 飲んで

▼ うに~ (29, 0.5%)

17 へた 8 へました 2 へる 1 へて女の子, へると

▼ うにそれ~ (28, 0.5%)

3 を見

1 [25件] から目, ができれ, こそ夢にも, でい, に見とれ, はそれ, は単なる, は芝生, ばつかり考へ, をしなく, をすく, を受け, を受けた, を押し戴い, を拾つて, を持つ, を握つた, を片足前, を留める, を眺め, を私等, を見た, を見送る, を迎, を運び上げ

▼ うに見え~ (28, 0.5%)

3 て案外 2 てなか

1 [23件] たりし, て, てその, てなかなか, てならなかつた, てます, てもその見知らぬ, ても実は, ても根, ても百姓, ても裡, てゐる, て一層, て安き, て定め, て実は, て思ひ, て来た, て決して, て満足さうだつ, て煙, ながら他人, まするな

▼ うにない~ (26, 0.4%)

2 といふ結論

1 [24件] あのお, からもう, から先生, から寝酒, その名, それからまた方々, ために, といふ例, ところに, どうせ連れ, のでしみじみ, のでまた, ので私たち, のにも, やつぱり私は, わけだ, 下著の, 借金の, 四時過, 大胆な, 時刻と, 末の, 本だ, 袋を

▼ うに~ (25, 0.4%)

3 を突ら 2 を尖らせ, を歪め

1 [18件] にし, のうち, の中, まげる癖, を入れた, を入れました, を入れる, を切, を利いた, を動かした, を尖らした, を曲げ, を曲げた, を緘, を緘ん, を開い, を開いた, を開ら

▼ うに~ (25, 0.4%)

2 を振つ

1 [23件] から離さず, にうけ, にとつて, に下げた, に取る, へブラ, をかけ, をかざし, をふつ, を上げた, を伸し, を出しました, を出す, を延ばし, を拍, を拭いた, を拱ん, を持上げ, を挙げ, を振りました, を振る, を揉み, を揉ん

▼ うに~ (24, 0.4%)

4 の躑躅 2 を振つ, を掻いた

1 [16件] がさがる, に戴, に載せた, や胸, をかしげ, をふりました, を下げ, を下げた, を下げました, を振, を振つた, を振り, を振りました, を掻い, を揺すぶる, を擡げ

▼ うに~ (23, 0.4%)

3 の顔

1 [20件] が外国, が海事思想, に二川家, に従い, の君, の姿, の方, の眼中, の角, の言葉, はそこ, はウトウト, は口籠, は夢, は時々, は自分, を振り返つた, を見上げた, を視詰めた, 自から

▼ うに~ (22, 0.4%)

7 ひない 3 ひありません, ひないと 2 ひ無い 1 ひあるまい, ひないが, ひないだらうとは, ひないです, ひないわ, ひない海, ひない腹

▼ うに立つ~ (19, 0.3%)

5 てゐる 3 てゆく, て見 2 てゐた, て居る 1 ては嬉しく, てわら, て二人, て居ります

▼ うに~ (17, 0.3%)

5 をすぼめ

1 [12件] からはづしてなかは籾がら, にかけた, をすくめ, をすぼませた, をならべ, をはり, をふるはせ, を丸く, を窄め, を縮め, を落し, を露出

▼ うに見えた~ (17, 0.3%)

2 事雀躍する

1 [15件] かめよは, がそれ, が上司, が案外, が母, けれどそれ, けれどもこの, のが, のである, ものです, んで何ん, 夫一人が, 娘の, 小六郎, 空から

▼ うにこの~ (16, 0.3%)

1 [16件] お坊さん, きちんとした, みちを, 事を, 二上山と, 二個の, 和尚は, 品々には, 子は, 文句を, 新らしい, 横町へ, 蜜柑は, 親の, 話を, 豪勢な

▼ うになっ~ (15, 0.2%)

2 て, て来た

1 [11件] たりする, てあやまりました, ている, てゐる, て困った, て思はず泣い, て来ましたけん, て海, て行く, て読本, て頭

▼ うに~ (15, 0.2%)

5 を立て 1 が泣き出す, もうるん, をあげ, をかけた, をたて, を出し, を合せ, を立てない, を荒らげ, を高めました

▼ うに~ (15, 0.2%)

3 を悶

1 [12件] じまひ, づくろ, につけ, につける, をくねらし, をすくめ, を恥じ, を悶え, を揉む, を揺ぶつ, を起し, を起す

▼ うに~ (15, 0.2%)

2 をしかめ, を顰め

1 [11件] をあげ, をし, を伏せました, を俯, を出し, を出した, を出します, を反, を擧げた, を赤く, を赧くし

▼ うにした~ (14, 0.2%)

1 [14件] がいつか, がお, ところまで, としてはよろしく, のです, ので私, のも, ほどで, んじゃ, トタンに, 欄干の, 顏に, 顔に, 魚の

▼ うに煙草~ (14, 0.2%)

5 を吸つて 3 を喫ん 2 を吸, を喫し 1 を喫, を喫つて

▼ うに~ (13, 0.2%)

2 へ見える

1 [11件] うかい, うした, うでは, うも, う言, へな, へなつ, へ切, へ思はれる, へ見へる, へ見受けられました

▼ うに~ (13, 0.2%)

1 [13件] が戻つ, に口, に近, の借りた, の方, の顔, はそこ, はもう, は沼, は酔つて, へ語る, を愛し, を見おろし

▼ うに自分~ (13, 0.2%)

2 のもの

1 [11件] で駒, にだけ聞える, の, のお, の名誉, の耳, の胸, の膳, の頬, の顔, の鼻先

▼ うに話し~ (13, 0.2%)

2 てあいつ, て居る 1 てさ, てだ, てゐました, てゐる, て居た, て居りました, て聞かした, 合つ, 合つてゐた

▼ うになりました~ (12, 0.2%)

2 が私 1 から二度大悪魔, から徒歩, が, が平気, が笑つて, の, のでどうにか, のでわたくし, め組の, よ

▼ うに~ (12, 0.2%)

1 [12件] かいつて, かさう, かのプレパラアト, かぷつりぷつり, か不平, か云, か言, でもない, といふよい, べん, も彼, も書きたくなかつた

▼ うにあたり~ (11, 0.2%)

6 を見 1 の人々, をながめ, を眺め, を見廻し, を見廻した

▼ うに二人~ (11, 0.2%)

2 の話, を眺め 1 とも雪, に聽, の会話, の方, の顔, は默つて, を迎

▼ うに思はれた~ (11, 0.2%)

3 からである 2 ので女 1 が私, のであつ, のでわたくし, のは, ほど暗, 風潮が

▼ うに~ (11, 0.2%)

2 をつぶつて 1 の中, をその, をぱちくり, をパチ, を瞬いた, を見, を見合, 醒しく震動, 醒めて

▼ うにしました~ (10, 0.2%)

2 が思ひ 1 が, がすぐ, がそれ, が八五郎, が忽ち, が思ひ直した, が相手, よ

▼ うにそんな~ (10, 0.2%)

3 ことを 1 ことなんか, ことは, ものは, 事を, 偏つて尖, 酵母の, 風に

▼ うにまた~ (10, 0.2%)

1 その長い, つまらなさうに, 一頻り身悶え, 光つた, 厭, 喘き, 張合な, 煙を, 眼鏡を, 考へ

▼ うによく~ (10, 0.2%)

1 おやりなさい, こなし切つて, わかる, 働らい, 出來, 出来た玉菜, 喋った, 噛み碎いた彼, 晴れた日, 鳴くいつも

▼ うに~ (10, 0.2%)

4 座ります 1 ところの, 勉強なさる, 座りまする, 承知の, 無理な, 美しうございます

▼ うに微笑~ (10, 0.2%)

3 した 2 しながら, を漏らした 1 しあふ, したり, して

▼ うに思へる~ (10, 0.2%)

1 からその, が僕, が別に, くらゐ, くらゐだ, のだ, のである, のは, よ, 深い森林

▼ うに~ (10, 0.2%)

4 をひそめ 2 を顰め 1 をしかめ, をしかめた, をひそめた, をよせ

▼ うにあの~ (9, 0.1%)

2 火それだ 1 人の, 声も, 子は, 時には, 晩の, 男の, 離れ技

▼ うにかう~ (9, 0.1%)

1 云つてゐる, 云ひました, 小声で, 言つて泣く, 言ひ, 言ひました, 言ふ, 返事を, 顏を

▼ うにこんな~ (9, 0.1%)

3 ことを 2 やうな 1 事を, 慘めなこつたらありやしません, 歌を, 窮した

▼ うに思はれる~ (9, 0.1%)

2 のである 1 ことだ, といふ, ときの, のであつ, 理由は, 生活も, 迄燃え

▼ うに歩い~ (9, 0.1%)

3 てゐた 2 てゐる 1 てゆきました, て嬉しい, て居た, て居る

▼ うに美しい~ (9, 0.1%)

2 もの 1 かな今日途上, つてことが, ね, ものは, ものを, 花が, 花よりも

▼ うにいふ~ (8, 0.1%)

2 のだつた, のです 1 だけです, のでありました, ものも, んだ

▼ うになった~ (8, 0.1%)

2 んです 1 じゃない, とき間違ひなく, の, のを, ような, わその

▼ うに~ (8, 0.1%)

41 た, つこり笑つた, やりと, やりとして

▼ うに久しぶり~ (8, 0.1%)

1 だつた, だつたが, に今夜, に夜, に田園, に畑仕事, に頭, の小さい

▼ うに~ (8, 0.1%)

1 たりはいつ, たりはひつ, ていきました, てしまった, て來, て来, て来た, て行く

▼ うに好い~ (8, 0.1%)

2 方だ 1 か遠浅, 季節, 季節だ, 季節である, 季節障子を, 日だ

▼ うに~ (8, 0.1%)

2 いて 1 えて來, かされ, きながら, く, くと, こえたが

▼ うに~ (8, 0.1%)

2 をおさへ, を張り出し 1 に下げ, に波打たせ, をはだけ, を反らせました

▼ うに舌打~ (8, 0.1%)

3 をし 2 をした 1 した, して, しました

▼ うに長い~ (8, 0.1%)

1 きせるで, 十本の, 尻つ, 舌を, 間お, 間眺め, 顎を, 顔を

▼ うに~ (7, 0.1%)

6 がひない 1 がひなく

▼ うに~ (7, 0.1%)

1 ように, んで, 塩辛である, 塩辛と, 殻から, 産地の, 産地は

▼ うにわたし~ (7, 0.1%)

2 がわる, の顔 1 どうしませう, はわるい, は人間

▼ うに仕事~ (7, 0.1%)

5 をし 1 にかかりました, を始めました

▼ うに呟く~ (7, 0.1%)

1 と, とまた, のだつた, のであつ, のでした, 彼の, 胸を

▼ うに微笑ん~ (7, 0.1%)

4 でゐた 1 でゐる, で居られました, で見せた

▼ うに思つて~ (7, 0.1%)

1 であらう, やがる, ゐた時, ゐる, ゐるので, 親狐, 随分心配

▼ うに此方~ (7, 0.1%)

4 を見 2 を眺め 1 を向い

▼ うに聞い~ (7, 0.1%)

4 てゐた 1 て居た, て居る, て見る

▼ うに~ (7, 0.1%)

2 をし 1 かけた珍太, が済ん, が済んだ, しあうて, を持つ

▼ うに~ (7, 0.1%)

1 が恋しく, の好き, をやめ, を味, を噛みくだし, を飮ん, 酌みかは

▼ うに~ (7, 0.1%)

1 に皺, の汗, の真中, をこす, を叩きました, を擦つた, を見た

▼ うにあなた~ (6, 0.1%)

2 のほしい 1 のお, の救主, はかう, をたのむ

▼ うに~ (6, 0.1%)

5 なつた 1 なつて

▼ うにこちら~ (6, 0.1%)

1 の仕事, へ近づい, をみ, を見た, を見上げた, を見詰め

▼ うにこれ~ (6, 0.1%)

1 ただ一例, だけ言, でい, に関心, また山羊, を見

▼ うにそつ~ (6, 0.1%)

1 と下, と手, と眼, と見た, と覗き, ぼを

▼ うに~ (6, 0.1%)

1 くゐろ, つたのか, つてゐた, つてゐる, つて來た, にさ

▼ うによい~ (6, 0.1%)

1 こ, しよよい, すべての, 一夜だつた, 何よりも, 部屋も

▼ うに~ (6, 0.1%)

1 から伸び上がりました, ならぬの, の方, へこぼれた, へ出る, を見

▼ うに~ (6, 0.1%)

1 な黒い, 出来だ, 笑し, 笑ひいたす, 胡坐を, 違ひなの

▼ うに思はれ~ (6, 0.1%)

1 さすがに, てしかた, てならぬ, てゐた, て生身, 少年は

▼ うに思ふ~ (6, 0.1%)

1 が, だけで説明, のぢ, のである, のは, 者も

▼ うに~ (6, 0.1%)

1 ういふ, う云, う云った, う云つて, う叫ん, う言

▼ うに~ (6, 0.1%)

1 とわたし, の坐, の横手, の顔, は呟いだ, を見上げ

▼ うに~ (6, 0.1%)

2 を流し 1 を浮かべた, を浮べ, を滾した, を目

▼ うに相違~ (6, 0.1%)

4 ない 1 ないといふ, 無い

▼ うに~ (6, 0.1%)

3 の外 1 から顏, から顔, に顔

▼ うに~ (6, 0.1%)

2 のやう 1 が落ち, とともに一葉, のあたらない, を引い

▼ うにあちこち~ (5, 0.1%)

2 歩きま 1 と出かけた, と枝移り, と歩き

▼ うにいつ~ (5, 0.1%)

1 しよに, てばつ, て駈け, でもそ, までも話し

▼ うにうまい~ (5, 0.1%)

1 わ, 一滴一杯が, 酒ありがたい, 酒であり, 酒最初から

▼ うにうれし~ (5, 0.1%)

5 かつた

▼ うにすまない~ (5, 0.1%)

3 と思ふ 1 と思ひ, わ

▼ うにどこ~ (5, 0.1%)

2 かの味瓜, までもどこ 1 へか出

▼ うになく~ (5, 0.1%)

3 なって 1 ただ人が, 本降りに

▼ うにもう~ (5, 0.1%)

1 とつく, 一年か, 一生けん命こどもは, 十年の, 眞赤に

▼ うに~ (5, 0.1%)

4 かつた 1 すぎる

▼ うに~ (5, 0.1%)

1 から富岡, の方, へ下り, を向い, を向いた

▼ うに人間~ (5, 0.1%)

1 が人類, として生きる, と人間, の智能, の死骸

▼ うに働い~ (5, 0.1%)

2 てゐた, てゐる 1 て居る

▼ うに~ (5, 0.1%)

1 を入れ, を出しきれる, を協, を合せれ, を込め

▼ うに~ (5, 0.1%)

1 にし, にはそれ, のお, のくる, の顔色

▼ うに思へた~ (5, 0.1%)

1 からつて, がその, のでせう, のでそれ, ので私

▼ うに~ (5, 0.1%)

2 へてゐた 1 へて板屋家, へて私, へて行きました

▼ うに~ (5, 0.1%)

1 から覗い, つチョ, を向い, を向いた, を向き

▼ うに死ん~ (5, 0.1%)

1 でしまった, でゐた, でゐる, で了, で了つて

▼ うに~ (5, 0.1%)

2 を浴び, を飲ん 1 がびたびたになつちまつてゐるぞ

▼ うに溜息~ (5, 0.1%)

3 をし 1 をしました, を吐い

▼ うに聞える~ (5, 0.1%)

3 かも知れない 1 が其実普通, やうな

▼ うに~ (5, 0.1%)

1 の出る, をひそめ, をひそめます, を掛けた, を立てた

▼ うに~ (5, 0.1%)

2 を浮かし 1 にさげた, の方, をかけ

▼ うに莞爾~ (5, 0.1%)

4 して 1 しながら

▼ うに見上げ~ (5, 0.1%)

1 て, てゐた, ながら, ながらそれに, 乍らそれでも

▼ うに話す~ (5, 0.1%)

2 のを 1 おぢ, のだ, のである

▼ うに説明~ (5, 0.1%)

2 するの 1 して, しました, をする

▼ うに食べ~ (5, 0.1%)

1 てさも, てゐる, てゐれ, てをりました, て居ました

▼ うに~ (5, 0.1%)

1 に皺, の端, をかみ, を持つ, を鳴らし

▼ うにある~ (4, 0.1%)

1 のか, ので女, ひは, 近江國の

▼ うにお前~ (4, 0.1%)

1 この頃湿気, たちったら仕方, の母アさん, は気の毒

▼ うにしづか~ (4, 0.1%)

2 でつめたい 1 だ山, な時間

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 つと見つめる, つと見入つて, ぶんの, やばじや

▼ うにそこら~ (4, 0.1%)

2 は人魚 1 をかさ, を見

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 っと考, つと見あげ, つと見つめ, つと門

▼ うになかつた~ (4, 0.1%)

2 のです 1 が何となく, が私

▼ うにわら~ (4, 0.1%)

3 ひながら 1

▼ うにガラツ八~ (4, 0.1%)

1 の間伸, の頭, を見やりました, を顧みました

▼ うに丑松~ (4, 0.1%)

4 の顔

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 の向き, は顛倒りさうに, をねぢ, を丸く

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 の機嫌 1 のパクパク, の家

▼ うに呟き~ (4, 0.1%)

2 そのたくさん 1 だんだんいらだつ, 酸つ

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 から外した, をもぐもぐ, を引絞, を歪め

▼ うに喰つて~ (4, 0.1%)

2 ゐるの 1 ゐる樣子, ゐる私

▼ うに四方~ (4, 0.1%)

1 を眺め, を見廻し, を見廻します, を見廻す

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 に弁解, の方, の顔, を愛し

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 だ私, なもの, になります, ひだったの

▼ うに~ (4, 0.1%)

3 ましたから 1 付いた後

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 がへり, てゐた, て了, て居た

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 だと 1 のはう, をライン

▼ うに平次~ (4, 0.1%)

2 を迎 1 の顏, を振り仰ぐ

▼ うに幸福~ (4, 0.1%)

1 だつた, だと, な事, に暮し

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 からない, のええ, のおちつく, を許す

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 つたので 1 つて, ほへた

▼ うに思へ~ (4, 0.1%)

1 たり突拍子, てならない, てならなかつた, て駄目

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 をせいせい, をつく, を吐いた, を殺した

▼ うに掌面~ (4, 0.1%)

2 に載せた 1 でそつ, に載つけ

▼ うに~ (4, 0.1%)

4 と共に倦まず

▼ うに書い~ (4, 0.1%)

2 てゐる 1 てある, て見る

▼ うに泣い~ (4, 0.1%)

3 てゐる 1 て居た

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 したやつ 1 した唖娘, した葡萄

▼ うに生返事~ (4, 0.1%)

3 をし 1 をする

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 を仰いだ 1 の懷中, を見る

▼ うに眺める~ (4, 0.1%)

1 のであった, のです, ので私, ばかりです

▼ うに立派~ (4, 0.1%)

1 だわ, でした, な人, な雲

▼ うに笑っ~ (4, 0.1%)

21 てみた, て野原

▼ うに細い~ (4, 0.1%)

1 眇目を, 眉を, 眞鍮の, 真鍮の

▼ うに義雄~ (4, 0.1%)

2 を瞰 1 には見えた, の方

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 を傾け 1 にはさん, を傾けました

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 を抱 1 が立つ, を立てぬ

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 を出し, を打つた, を鳴す, 嘗めずり

▼ うに見えます~ (4, 0.1%)

1 が自分, が餘程運, ね, よつて

▼ うに見物~ (4, 0.1%)

3 して 1 した後春三郎

▼ うに身体~ (4, 0.1%)

2 を曲げ 1 を動かした, を顫

▼ うに返事~ (4, 0.1%)

1 した, もしない, をしました, をする

▼ うに違い~ (4, 0.1%)

3 ない 1 ないこと

▼ うに遠く~ (4, 0.1%)

1 から取り, の水の上, へ行つて, 離れて

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 へてゐる 1 へながら戻, へながら波打つ

▼ うに~ (4, 0.1%)

1 を叩く, を寄せ, を膨らせます, 笑みながら

▼ うに~ (4, 0.1%)

2 つてし 1 つてフオークを, つて首を

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 たくし達, たまへ, たまを

▼ うにあり~ (3, 0.0%)

3 がたかつた

▼ うにいい~ (3, 0.0%)

2 ことを 1 氣にな

▼ うにうつむい~ (3, 0.0%)

1 ていも, てゐた, てゐる

▼ うにうれしい~ (3, 0.0%)

1 あふれこぼれる熱い, たよりを, のだ

▼ うにお可~ (3, 0.0%)

2 笑な 1 哀さうだ

▼ うにお礼~ (3, 0.0%)

1 の口上, はいっちまった, は済んでる

▼ うにかなり~ (3, 0.0%)

2 はしない 1 さうなもの

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 にがにがにが, 一番うまい, 十分の

▼ うにきよろき~ (3, 0.0%)

2 よろ 1 よろして

▼ うにしかし~ (3, 0.0%)

1 同時に寂し, 微笑を以て, 悄乎と

▼ うにじろじろ~ (3, 0.0%)

2 眺めますと 1 眺めたり

▼ うになります~ (3, 0.0%)

1 ので慌て, よ, わ

▼ うにはじめて~ (3, 0.0%)

2 だし 1 振向き

▼ うにぼんやり~ (3, 0.0%)

1 と天井, と相手, と見送

▼ うにみえ~ (3, 0.0%)

1 てゐた, て実は, て案外

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 かつてゐる, つと歓声, つと歡聲

▼ うにわたくし~ (3, 0.0%)

2 を見 1 を愛し

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 かしくな, つけて, つけながら

▼ うに一つ~ (3, 0.0%)

1 になつ, の名前, の歴史的知識

▼ うに二上山~ (3, 0.0%)

3 とこの

▼ うに云つて~ (3, 0.0%)

1 いらつし, ゐた, ゐる此見習士官

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 の子, は麺麭, を死ね

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 し何, し出来るならさ, し嬉し

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 に坐, に立つ, へ行つて

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 に立つ, に立つた, を促しました

▼ うに八五郎~ (3, 0.0%)

1 から聽, を振り返りました, を見上げる

▼ うに別れ~ (3, 0.0%)

2 が惜し 1 て若旦那

▼ うに同じ~ (3, 0.0%)

1 いベンチ, 事を, 言葉を

▼ うに吐息~ (3, 0.0%)

2 を洩らし 1 づいて

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 から近寄, ふへ, ふを

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 のやう, の料簡, を世話

▼ うに吹かし~ (3, 0.0%)

2 ながら呼吸 1 てゐる

▼ うに呟い~ (3, 0.0%)

1 たりした, てゐた, てゐる

▼ うに呼吸~ (3, 0.0%)

1 をし, をはづませたものである, を向

▼ うに哄笑~ (3, 0.0%)

1 した, したもの, して

▼ うに啼い~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て遊ぶ, て飛ぶ

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 べてゐた, べる, べ終

▼ うに坐つ~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 て此時代

▼ うに垂れ~ (3, 0.0%)

1 てゐた, てゐる, て實つたの

▼ うに大きく~ (3, 0.0%)

1 なつて, 喚いたが, 限りない

▼ うに~ (3, 0.0%)

2 へ持つ 1 の中

▼ うに少し~ (3, 0.0%)

1 すまして, つかれて, 腰を

▼ うに~ (3, 0.0%)

2 の指 1 う云つて学校

▼ うに帰っ~ (3, 0.0%)

1 てなけれ, て了, て行きました

▼ うに帰つて~ (3, 0.0%)

1 いつた, 来た, 来ても

▼ うに幾度~ (3, 0.0%)

1 かその, か揉み手, か繰返し

▼ うに御座んす~ (3, 0.0%)

3 十六の

▼ うに心配~ (3, 0.0%)

1 してらるな, でまつ, なん

▼ うに思つたの~ (3, 0.0%)

1 だ, でございませう度々, です

▼ うに提げ~ (3, 0.0%)

1 て人込み, て寝台, て見る

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 が長い, のあ, は暮れ雪

▼ うに欠伸~ (3, 0.0%)

2 をし 1 でもする

▼ うに歩く~ (3, 0.0%)

1 といふ, のだ, 人だ

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 の出る, の毒, むつかしげに

▼ うに決心~ (3, 0.0%)

3 して

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 を立て, を立てはじめる, を食つて

▼ うに深い~ (3, 0.0%)

2 息を 1 塵埃の

▼ うに点頭い~ (3, 0.0%)

1 てゐた, て受け容れた, て薄ら笑

▼ うに煽り~ (3, 0.0%)

3 きしんだ

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 らしいお, らしく大声, らしさ

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 をあげた, を挙げ, を舐めました

▼ うに瞬き~ (3, 0.0%)

1 した, ながら自分, ばかりする

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 が茶, を眺め, を見あげ

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 つ立つて, つ込みました, つ込みます

▼ うに~ (3, 0.0%)

3 あがれば

▼ うに笑つて云~ (3, 0.0%)

2 つた 1 はれたが

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 三の, 三局を, 二部に

▼ うに絶えず~ (3, 0.0%)

1 明るい柔しげ, 浪立たせ, 笑つて話し

▼ うに~ (3, 0.0%)

2 しかつた 1 い綺縹

▼ うに老人~ (3, 0.0%)

1 の手, の顏, を眺め

▼ うに~ (3, 0.0%)

3 ました女

▼ うに舌打ち~ (3, 0.0%)

1 をし, をした, をする

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 と花, を愛する, を知らない

▼ うに若い~ (3, 0.0%)

1 書生の, 男の, 画家の

▼ うに苦しい~ (3, 0.0%)

2 のを 1 のと

▼ うに苦笑~ (3, 0.0%)

2 した 1 しながら

▼ うに言つて~ (3, 0.0%)

2 又俯臥 1 居りました

▼ うに訊ねる~ (3, 0.0%)

1 そのたび, と, のであつ

▼ うに~ (3, 0.0%)

3 いて

▼ うに身體~ (3, 0.0%)

1 をふつ, を不意, を曲げ

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 は届いてる, をとつ, を袋

▼ うに鏡子~ (3, 0.0%)

1 が辺, の手, は云

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 へてゐる, へて居る, へながら小さな

▼ うに食事~ (3, 0.0%)

2 をし 1 の仕度

▼ うに飲ん~ (3, 0.0%)

1 でゐた, で富岡, で居る

▼ うに首筋~ (3, 0.0%)

1 をすくめた, を掻きました, を掻く

▼ うに~ (3, 0.0%)

1 の首, を格子戸, を牽い

▼ うに驚く~ (3, 0.0%)

3 のかも

▼ うに髪の毛~ (3, 0.0%)

1 をつかんだ, を伸し, を掴ん

▼ うに默つて~ (3, 0.0%)

1 お辭儀, をりました, 見て

▼ うにあたし~ (2, 0.0%)

1 の肩, はじめてな

▼ うにあつ~ (2, 0.0%)

1 た話, ちへ

▼ うにあれ~ (2, 0.0%)

1 では五郎, は大層

▼ うにあんな~ (2, 0.0%)

1 アメリカ・インヂアンの, 屋根の

▼ うにいや~ (2, 0.0%)

1 なやつ, な事

▼ うにいろいろ~ (2, 0.0%)

1 なもの, のこと

▼ うにうち~ (2, 0.0%)

1 はで, はを使

▼ うにおいしい~ (2, 0.0%)

1 ですよ, 生きること

▼ うにおし~ (2, 0.0%)

2 やべり

▼ うにおれ~ (2, 0.0%)

1 が見える, の影

▼ うにお辞儀~ (2, 0.0%)

1 でもする, をした

▼ うにかう呟く~ (2, 0.0%)

2 と蛇

▼ うにかか~ (2, 0.0%)

2 うにか

▼ うにかかへて~ (2, 0.0%)

1 歩いて, 物干場の

▼ うにかき上げ~ (2, 0.0%)

1 てから袖子, ながら顔

▼ うにかな~ (2, 0.0%)

1 つて呉れる, つて行く

▼ うにから~ (2, 0.0%)

1 だが, だを

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 まつてる, やつ

▼ うにきい~ (2, 0.0%)

1 てみ, て首

▼ うにきつ~ (2, 0.0%)

1 と結んだ, と舞踏會

▼ うにきまっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ うにくすくす~ (2, 0.0%)

1 なさいます, 笑ひ

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 ふおま, ふの

▼ うにここ~ (2, 0.0%)

1 から又, に存在

▼ うにこの世~ (2, 0.0%)

1 は美しい, へは帰らない

▼ うにこの方たち~ (2, 0.0%)

2 の幸福

▼ うにさうな~ (2, 0.0%)

1 んだ, んです

▼ うにさびしい~ (2, 0.0%)

1 いやな, ものである

▼ うにしつかり握られ~ (2, 0.0%)

2 てゐた

▼ うにしない~ (2, 0.0%)

1 でまだ, 人が

▼ うにしばらく~ (2, 0.0%)

1 中を, 少年を

▼ うにしん~ (2, 0.0%)

1 からつきぬけ, とし

▼ うにすき~ (2, 0.0%)

2

▼ うにすまなかつた~ (2, 0.0%)

1 いつもこれ, いろいろお世話

▼ うにすみません~ (2, 0.0%)

1 でした私, と叫んだ

▼ うにそこ~ (2, 0.0%)

1 に立ちはだかつ, の人達

▼ うにそして~ (2, 0.0%)

1 心安げ, 有効に

▼ うにその頃~ (2, 0.0%)

1 の私, は屡々

▼ うにそれでも~ (2, 0.0%)

1 並んだまま, 四角に

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 うとう死んでしまつた

▼ うにだらし~ (2, 0.0%)

1 がない, てしまつたら

▼ うにちよ~ (2, 0.0%)

1 つと眼, つと舌打

▼ うにつらい~ (2, 0.0%)

2 なあ

▼ うにどう~ (2, 0.0%)

1 したかな, して

▼ うにどうして~ (2, 0.0%)

1 僕達の, 知つてる

▼ うにどうにか~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ うにどんな~ (2, 0.0%)

2 つらいこと

▼ うにながれ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, ながらパチ

▼ うになつたん~ (2, 0.0%)

1 ですつて, で驚いた

▼ うにならなけれ~ (2, 0.0%)

2 ば妻

▼ うになれ~ (2, 0.0%)

1 ばいつ, よ

▼ うににこにこ~ (2, 0.0%)

1 しながら, 笑つて眺め

▼ うにのんびり~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ うにはらりと~ (2, 0.0%)

2 開きますと

▼ うにばかり~ (2, 0.0%)

1 して, 致してはを

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 げボー, よいと

▼ うにひと盛り~ (2, 0.0%)

2 ですね

▼ うにひどい~ (2, 0.0%)

1 ネーこんなに, 奴だ

▼ うにひどく~ (2, 0.0%)

1 掻き瑕, 足が

▼ うにびつくり~ (2, 0.0%)

1 したらしかつ, したらしく燈臺看守

▼ うにふくれ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ うにふり~ (2, 0.0%)

1 仰いだ, 返つて

▼ うにぷつんと言~ (2, 0.0%)

2

▼ うにほほ笑みます~ (2, 0.0%)

2

▼ うにみんな~ (2, 0.0%)

2 の幸

▼ うにゆるやか~ (2, 0.0%)

2 な線

▼ うによう~ (2, 0.0%)

1 ございますこと, 寝られた夜

▼ うによろしい~ (2, 0.0%)

1 けれど子供, な朝

▼ うにわかる~ (2, 0.0%)

1 ことも, 人が

▼ うにわし~ (2, 0.0%)

1 は能, をじろじろ

▼ うにわらつて~ (2, 0.0%)

1 ゐながら, ゐる

▼ うにわれわれ~ (2, 0.0%)

2 を魅する

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 べん

▼ うにコソコソ~ (2, 0.0%)

1 と帰つて, と闇

▼ うにバシリスク~ (2, 0.0%)

1 が自分, 自影

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 と処, と掴み

▼ うに一人~ (2, 0.0%)

1 で蚊帳, の男

▼ うに一人ぼつ~ (2, 0.0%)

1 ちだ, ちだと

▼ うに一同~ (2, 0.0%)

1 の監督, を見廻した

▼ うに一杯~ (2, 0.0%)

1 だつた, になつ

▼ うに下目~ (2, 0.0%)

1 になつ, になつて

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 を去っ, を去り

▼ うに世間話~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 腕で, 頬を

▼ うに両手~ (2, 0.0%)

1 で髪, を眼

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 から開け, の一人

▼ うに乘出~ (2, 0.0%)

2 しました

▼ うに乱暴~ (2, 0.0%)

2

▼ うに二三度~ (2, 0.0%)

2 うなづく

▼ うに二三度私~ (2, 0.0%)

2 の足

▼ うに二三度頭~ (2, 0.0%)

1 を左右, を振つ

▼ うに人類~ (2, 0.0%)

1 がよい, とともに旧き

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 までのいきさつ, 見るそれ

▼ うに今度~ (2, 0.0%)

1 こそは姉さん, の黒手組事件

▼ うに仕舞つて~ (2, 0.0%)

2 あつた

▼ うに代助~ (2, 0.0%)

1 を眺め, を見た

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 て, てゐる

▼ うに佇ん~ (2, 0.0%)

1 でゐ, でゐる

▼ うに低い~ (2, 0.0%)

1 のである, 聲で

▼ うに住ん~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で居ります

▼ うに何処~ (2, 0.0%)

1 かへいなくなっ, かへ立去つた

▼ うに何時~ (2, 0.0%)

1 までも何時, までも貯

▼ うに何服~ (2, 0.0%)

1 も何服, も喫ん

▼ うに俯向~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ うに偉く~ (2, 0.0%)

2 なりたいの

▼ うに健康~ (2, 0.0%)

1 だ, の體

▼ うに光つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐれば

▼ うに光らし~ (2, 0.0%)

2 て短

▼ うに光る~ (2, 0.0%)

1 のも, 眼の

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 つて來た

▼ うに全身~ (2, 0.0%)

1 がす, に波

▼ うに兩手~ (2, 0.0%)

1 でかかへ, を眼

▼ うに公園~ (2, 0.0%)

1 です, のみくに座

▼ うに其処~ (2, 0.0%)

1 に彳ん, の座

▼ うに其四枚~ (2, 0.0%)

2 の黒板

▼ うに其邊~ (2, 0.0%)

1 を見, を見廻し

▼ うに冷たく~ (2, 0.0%)

2 見える

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 と立ち止ま, ツと

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 の奥様, の方

▼ うに動い~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ うに動かし~ (2, 0.0%)

1 て居ります, ながら

▼ うに動く~ (2, 0.0%)

1 と同時に, のであつ

▼ うに勿躰~ (2, 0.0%)

1 ないこと, ない省み

▼ うに半ば~ (2, 0.0%)

1 は呆然, 打消す口吻

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 恥かし, 襟垢を

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 揃へ, 澄して

▼ うに受け~ (2, 0.0%)

1 て跼りました, ながら思はず

▼ うに口元~ (2, 0.0%)

1 を動かし, を掩うた

▼ うに口笛~ (2, 0.0%)

2 をふき

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 の目, の車麩

▼ うに右手~ (2, 0.0%)

1 の親指, を額

▼ うに向う~ (2, 0.0%)

1 の方, へ行

▼ うに吠え立て~ (2, 0.0%)

2 てゐた

▼ うに吹聴~ (2, 0.0%)

1 するの, するもの

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 はひ得なかつた, ふこと

▼ うに咳ばら~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ うに咽喉~ (2, 0.0%)

1 をならしはじめました, を鳴らし

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 など歌つて, を合

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 でも吐, などを吐く

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 ひました, ひ返されて

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 をならし, を鳴

▼ うに喘い~ (2, 0.0%)

1 でゐる, で来た

▼ うに報じ~ (2, 0.0%)

1 て來, に来た

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 のなか, のやう

▼ うに大きな~ (2, 0.0%)

1 御所柿の木を, 欠伸を

▼ うに大声~ (2, 0.0%)

1 で笑つて, をあげ

▼ うに女房~ (2, 0.0%)

1 の顏, や子供たち

▼ うに女教師~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 ずと

▼ うに孝行~ (2, 0.0%)

1 だよ, だネ

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 を抱き上げ

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の顔

▼ うに寄つて來~ (2, 0.0%)

1 て, て受取つて

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 と手, と河

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 かつた, さうにつ

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 てばかりゐ, てをりました

▼ うに寢臺~ (2, 0.0%)

1 の上, の傍

▼ うに対手~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ うに小さな~ (2, 0.0%)

1 瓶を, 老婆で

▼ うに小首~ (2, 0.0%)

1 を傾けた, を傾げ

▼ うに山雀~ (2, 0.0%)

2 の籠

▼ うに左様~ (2, 0.0%)

1 だネ, で御座いますのねエ

▼ うに差し~ (2, 0.0%)

1 のぞいて, 覗く

▼ うに巻煙草~ (2, 0.0%)

1 をふかし, を燻し

▼ うに帳面~ (2, 0.0%)

1 をしらべ, を繰

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 になるなら, ひに

▼ うに店先~ (2, 0.0%)

1 の二畳, へ出

▼ うに座つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる子ども, 居た病人

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 を横ぎつてゆくところだつた, を歩い

▼ うに弁解~ (2, 0.0%)

1 した, したの

▼ うに引き~ (2, 0.0%)

1 さが, ずつてゐる

▼ うに引ずる~ (2, 0.0%)

1 下駄の, 私の

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 き出した, みます

▼ うに当人~ (2, 0.0%)

1 の大原, も其の

▼ うに彼女~ (2, 0.0%)

1 は云, を見つめた

▼ うに彼等~ (2, 0.0%)

1 の噂, を僕

▼ うに待つ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て心配

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 から見え, に師

▼ うに後ろ~ (2, 0.0%)

1 へもたれた, へ退り

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 へてゐた, へるの

▼ うに思はれました~ (2, 0.0%)

2 からわたし

▼ うに思はれます~ (2, 0.0%)

1 けれども, つて女の

▼ うに思ひ~ (2, 0.0%)

1 ながらやう, 止つてゐた

▼ うに思ひます~ (2, 0.0%)

1 から, が元来

▼ うに急い~ (2, 0.0%)

1 で戸, で胸

▼ うに愛し~ (2, 0.0%)

1 てさ, てゐる

▼ うに懷手~ (2, 0.0%)

1 をし, をした

▼ うに成っ~ (2, 0.0%)

1 ても追い懸ける, てゐました

▼ うに成つたの~ (2, 0.0%)

1 であらう, である

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 の明いた, をあけ

▼ うに手紙~ (2, 0.0%)

1 を其処, を其處

▼ うに承はりました~ (2, 0.0%)

1 からなか, がこの

▼ うに折々~ (2, 0.0%)

1 それを, 見上げる

▼ うに持つ~ (2, 0.0%)

1 て來, て廻つて

▼ うに振舞~ (2, 0.0%)

1 ひ陸, ふ

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 へて来, へて遊覧人

▼ うに支配人~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ うに散歩~ (2, 0.0%)

1 して, する先生

▼ うに日本的~ (2, 0.0%)

1 とは云, な道徳

▼ うに早く~ (2, 0.0%)

1 お寝み, 仕事を

▼ うに明るい~ (2, 0.0%)

1 心持で, 眼覺める

▼ うに明るく~ (2, 0.0%)

2 て匂

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 の殿様, はこの

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 めぐりの

▼ うに春三郎~ (2, 0.0%)

1 に言, の顏

▼ うに時々~ (2, 0.0%)

1 夫の, 顔を

▼ うに景氣~ (2, 0.0%)

1 のよい, よく飮

▼ うに暫く~ (2, 0.0%)

1 握つて, 眺めて

▼ うに最う~ (2, 0.0%)

1 あと一と, 命も

▼ うに椅子~ (2, 0.0%)

1 から妙子, の上

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 って居る, つてんだ

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 はなささう, へとる

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 がみ, をならした

▼ うに死んだ~ (2, 0.0%)

1 はずの, 方が

▼ うに母親~ (2, 0.0%)

1 の古, の顏

▼ うに活きた~ (2, 0.0%)

1 仕事に, 舞台

▼ うに浦島~ (2, 0.0%)

2 には思はれた

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 といふもの, は急

▼ うに海藻~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ うに漂つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, 来る

▼ うに漕い~ (2, 0.0%)

1 でだんだん, で通

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 の働き, をつけ

▼ うに炉辺~ (2, 0.0%)

1 から立つ, へ急いだ

▼ うに焼け~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て仕舞い

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 をすう, を吐い

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 して

▼ うに片足~ (2, 0.0%)

2 を踏み出した

▼ うに牡丹~ (2, 0.0%)

1 いろの, に唐獅子

▼ うに独語~ (2, 0.0%)

1 すると, を言

▼ うに生活~ (2, 0.0%)

1 が難, したこと

▼ うに申訳~ (2, 0.0%)

1 がない, ないと

▼ うに白い~ (2, 0.0%)

1 方が, 歯を

▼ うに盗賊~ (2, 0.0%)

1 にもう, のピストル

▼ うに相手~ (2, 0.0%)

1 の腕, の顔

▼ うに眠つて~ (2, 0.0%)

1 ゐた, ゐるかの

▼ うに眺めた~ (2, 0.0%)

1 がどうせ, が今

▼ うに眼蓋~ (2, 0.0%)

1 を伏せ, を伏せた

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 を云つて霧, を言つた

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 の強い, は好き

▼ うに秋晴~ (2, 0.0%)

1 のなか, の日脚

▼ うに突立つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる自分自身, 居りましたが

▼ うに立止つて~ (2, 0.0%)

2 聞いて

▼ うに笑顏~ (2, 0.0%)

1 をつくつた, を見せました

▼ うに笑顔~ (2, 0.0%)

1 をつくつた, を見せました

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 を置きました, を開け

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 から滑り落ち, の中

▼ うに粗末~ (2, 0.0%)

2 な硝子戸

▼ うに紙包~ (2, 0.0%)

1 を左, を開け

▼ うに緊張~ (2, 0.0%)

2 して

▼ うに美奈子~ (2, 0.0%)

1 に口, をジロ

▼ うに羽搏~ (2, 0.0%)

1 きを, をする

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 へ深, へ込んだ

▼ うに聞え~ (2, 0.0%)

1 てくる, もした

▼ うに聞えた~ (2, 0.0%)

1 のである, ので一寸

▼ うに胡坐~ (2, 0.0%)

1 を掻きました, を組ん

▼ うに腕組~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ うに腰かけ~ (2, 0.0%)

1 て両脚, 女の子を

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ うに良人~ (2, 0.0%)

1 の顔, は云

▼ うに苦い~ (2, 0.0%)

1 顔せず, 顔を

▼ うに苹果~ (2, 0.0%)

1 の匂, の匂ひだ

▼ うに荒々しく~ (2, 0.0%)

2 屋根を

▼ うに荷物~ (2, 0.0%)

1 をさげた, を負

▼ うに蒲団~ (2, 0.0%)

1 から顔, を匍

▼ うに蒲團~ (2, 0.0%)

1 から右手, を匍

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 りましたから, を握つた蒸し

▼ うに薄暗い~ (2, 0.0%)

1 奥へ, 家へ

▼ うに見えました~ (2, 0.0%)

1 が掛り合, よさつき

▼ うに見せる~ (2, 0.0%)

1 必要など, 文学に

▼ うに見つめ~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐました

▼ うに見てた~ (2, 0.0%)

1 がひとり, が終

▼ うに見へる~ (2, 0.0%)

1 のだ, 右の

▼ うに見ゆる~ (2, 0.0%)

1 ところで, 礎の

▼ うに見詰め~ (2, 0.0%)

2 てゐた

▼ うに見送~ (2, 0.0%)

1 つて居た, つて居ります

▼ うに覗い~ (2, 0.0%)

1 てをります, て居ります

▼ うに覚悟~ (2, 0.0%)

1 のまえだ, をきめ

▼ うに親しみ~ (2, 0.0%)

1 あふと, のある

▼ うに言つて腰~ (2, 0.0%)

1 の煙草入, をのばした

▼ うに言葉~ (2, 0.0%)

1 を継いだ, を継ぎました

▼ うに計算~ (2, 0.0%)

2 する者

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 でもいふ, を述べた

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 して, 話す

▼ うに謝罪~ (2, 0.0%)

2 られて

▼ うに走つ~ (2, 0.0%)

1 てゆく, てゐる

▼ うに起ち~ (2, 0.0%)

1 上つた, 上つて口々に

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 を引擦つて, を早めたがる

▼ うに路地~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ うに踊つて~ (2, 0.0%)

2 居た事

▼ うに踏みにじつ~ (2, 0.0%)

2 たりし

▼ うに躊躇~ (2, 0.0%)

1 したが, するの

▼ うに身構~ (2, 0.0%)

2 へてゐた

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 のところ, の上

▼ うに逃げ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てしまいました

▼ うに通つて~ (2, 0.0%)

1 来た, 行く

▼ うに連れ~ (2, 0.0%)

1 て猛然と, と話し

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 あらず女, あらず役人

▼ うに避け~ (2, 0.0%)

1 ながらいづれ, ながら涙

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 を遠く

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 を揮つて, を置きました

▼ うに長く~ (2, 0.0%)

2 煙の

▼ うに降り~ (2, 0.0%)

1 て來, て行

▼ うに階下~ (2, 0.0%)

1 へ休んださうです, へ降り

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 まつて

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 が降る, の後

▼ うに電燈~ (2, 0.0%)

1 がつい, が故障

▼ うに青年~ (2, 0.0%)

1 の姿, の顔

▼ うに青空~ (2, 0.0%)

1 に浮ん, はどんなに

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 をたて

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 の囲, を撫で

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 ひいつの間にか, ふ

▼ うに食べた~ (2, 0.0%)

1 がそんなに, がバルタザアル

▼ うに駈け~ (2, 0.0%)

1 て来た, て歩く

▼ うに高い高い~ (2, 0.0%)

2 崖の

▼ うに高く~ (2, 0.0%)

1 積んで, 笑ふ

▼ うに鳴い~ (2, 0.0%)

1 てゐた, てゐました

▼ うに~ (2, 0.0%)

2 だねえ

▼ うに~ (2, 0.0%)

1 りながら, り込んで

▼ うに黙つ~ (2, 0.0%)

1 てしまふ, てもじもじ

▼1* [1768件]

うにあいつはここ, うにあざやかだけれども, うにあちらこちらを見, うにあって宇都宮, うにあったらおらお, うにあとへ退る, うにあの不きりやうで, うにあの御姉妹は, うにあはれな細い, うにあやまるのです, うにありがたい手紙, うにありがたう助かりましたよ, うにありがたく頂戴した, うにありませんからも少し, うにあるいて来ます, うにぢつ, うにいけないんです, うにいつかの, うにいはれる詮方なく, うにいまは全く, うにいま一生懸命なのよ, うにいよいよ黒つ, うにいらいらするって, うにいらなかつたんだ, うにうかれて居た, うにうたつてゐる声, うにうつくしくなつた, うにうつむきながら歩い, うにうなされてるし, うにうなだれてゐられます, うにうなだれた莟といふ, うにうなづいてをります, うにうなづきながら, うにうなづくのであつ, うにうまいうますぎる, うにうめいてゐる, うにうるさい宿だ, うにうれしいありがたい日だ, うにうろうろして, うにうろついて居る, うにおいしかつた, うにおしげは力, うにおそろしい小説だ, うにおちかはまた, うにおちついてゐない, うにおとなしい犬だ, うにおなかがすい, うにおなりよ, うにおまへはひとり, うにおんつぁん, うにおん身に接吻, うにお伴が些, うにお出かけになりました, うにお出でよ男, うにお前位づうづうしい女はありやしない, うにお力にも成っ, うにお召しに, うにお札を数, うにお母さんは胸, うにお茶などを運ん, うにお見舞に上りませんけれ, うにかう仰るのであつ, うにかう叫ぶのであつ, うにかえてしまいました, うにかけずり廻つてゐる, うにかしはばやし, うにかすかに眉, うにかなしさうに, うにかなしいのに, うにかなって居る, うにかにかにかに, うにかの女に, うにかぶりつくのであつ, うにかまとまつたら, うにからからとわら, うにかわいさうに, うにかわき切つたあたりの, うにきいたのだ, うにきいてる私に, うにきこへませう, うにきたなくてうるさく, うにきまりきつて, うにきやんきやん鳴き立てながら, うにきゆうとグラス, うにきよろづきながら, うにきらきら光つてゐた, うにぎよろりと輝やかせ, うにくすりと笑つた, うにくちばしを向け, うにくるりと後, うにぐつと飲み干して, うにぐわんと行く時, うにはいもんだ, うにこそこそとそこら, うにこっちを見, うにこつこつと登つて, うにこと断れて, うにことこと頭を振, うにこの小さな腕白たちは, うにころんでは起き, うにごたごたしたもの, うにさいてゐる, うにさうだつたと, うにさけつつこつ, うにささげて, うにさも心外さうに默ツて, うにさ眼さ一杯涙ばため, うにしか思ふこと, うにしかめて, うにしかも注意深くやる, うにしげしげ私の, うにしたいのかい, うにした見ちがへる, うにしつかりトルストイの, うにしつかりしてゐたなら, うにしてた方がよ, うにしてるんだ, うにしなびてゐる, うにしばたたいたがやがて, うにしますとをん, うにしゃがんで水, うにしょぼしょぼしながら, うにしよぼしよぼ, うにじいツとこちら, うにじつとしてゐるらしい, うにじろりと見下した, うにじろりと魚を, うにすぎている, うにすこし痩せて, うにすすきはみんな, うにすら感じられた, うにするなら己達と, うにすれば日中, うにすんでゐながら, うにずつと見ご, うにずり上げながら云, うにずるずると横緒, うにせかせかと歩い, うにせめて線香でも, うにせよ青年は, うにそいつを投げ棄てる, うにそっぽむいて, うにそのまま坐らうとも, うにその大きな餌の, うにその後を見送る, うにそよいでゐる, うにそれくらゐの, うにそれではこれを, うにそれらの焼けた, うにそれ等の幼虫, うにそん怒事, うにそんなに爽やかな, うにそツとして置いた, うにろ, うにたえぬことだ, うにたかつてゐる, うにたぶたぶと動い, うにたべてしまつ, うにたまらなくなりました, うにつて整理の, うにだまって少し, うにだまつて少しわらつて, うにだまつてその後を見送つ, うにだめなやつ, うにだんだん赤らんで, うにだ治まる時は, うにちがいないと, うにちぢこまつてゐた, うにちょっとうつむいて, うにちよいと彼, うにちらりと人間を, うにぢろぢろ五位の姿, うについ明治の, うについとはひつ, うにつけてその, うにつけられている, うにつついてゐる, うにつぶやきながら田原, うにつぶやくのであつ, うにつらかつた, うにとどめている, うにとのことに, うにつてこど, うにどうせ幽霊に, うにどくだみが多い, うにどたり音を, うにどっと吹き出したの, うにどれにもこれ, うにない広すぎる暗, うになかった, うになごやかだ, うになさいましたけれどお, うになさらないかも知れない, うになさるんです, うになしまた行乞, うになつかしさうに笑ひ, うになつたことも一二度, うになつちやふわ, うになつちやヂツとして見, うになどと彼は, うにななめにとん, うになみなみついだコツプ, うになめながら素晴, うになめた歯跡である, うになよやかな其の, うにならなくちゃ, うにならしながら小説家, うになりかけたがその, うになりつんのめりさうになり, うになりなが, うになるほどスピードを, うになれるかも知れません, うになんともなかつた, うになんども脚, うににつこりと両, うににやにや笑つたのである, うににやにやにやにや笑って, うにねえ取んだ災難, うにねずみ泣きのやう, うにのぞきながら半分, うにのぞきこんでゐる, うにのばしながら汚い, うにのんでしまふ, うにはい何処か, うにはねたりおどつ, うにはめこんだま, うにはやしたてるのでいつ, うにはらはら吹いて, うにばかなこと, うにばかし追求する, うにばたばた重厚な, うにぱちぱち瞬きを, うにひきつってゐました, うにひつこめて, うにひとつ棄てふたつ, うにひとりで呟い, うにひよつくりと頭, うにひらりひらりと落ち, うにひろめたのは, うにびっくりしたらしく燈台看守, うにびりつこけだと, うにぴちやぴちやといやしく, うにぴつたりと顔を砂, うにはりと, うにふざけてゐた, うにふつてみせた, うにふとい眉を, うにふところから取出す, うにふところ手のま, うにふとすこし頭の, うにふらふらとして来る, うにふり向いて見た, うにふり向いたので私, うにふるへながら一さい, うにふるまつてはゐ, うにぶくぶくと太, うにぶらさげて心臟, うにぶらつとしな, うにい, うにへばりついてゐる, うにべそをかいた, うにべらべらとし, うにべろべろ嘗めながら, うにほどよい日, うにほろほろ泣いて, うにほんのりと露, うにそりと, うにぼくの友だち, うにぢつて生え, うにまあ私は, うにまくし立てるのです, うにまじまじと師, うにまたたいてゐる, うにまたたく瓦斯燈の, うにまだもぢ, うにまつたく落ちついてゐない, うにまつ赤で, うにまるい萩の, うにまアヒドい, うにてゐる, うにみえたつてダメ, うにみえましたのでどうしても, うにみせたエミル・ダンリ中尉といふ, うにみそぼらしくな, うにみなさまに飛んだ, うにみなさん罪のない, うにむかふを指さし, うにむつかしうございます, うにむつかしいと思ふ, うにむつつり黙り込んで, うにむつまじいみんなが, うにむづかしいと思ふ, うにをこすり, うにもいではたべる, うにもうそのまま胸にも, うにもうどうしてもこんなこと, うにもがいて, うにもがいたあげく半身をが, うにもし過つて, うにもじもじして, うにもとはこんなに, うにもなつて来た, うにものめんじゃ, うにもへツへ, うにもろこしを一粒一粒喰つて, うにやってゐます, うにやつとさう, うにやはりうつ, うにやめて了うたん, うにやることに, うにやる気なの, うにゆうべもおととい, うにゆすりながら指切り, うにゆたかな土, うにょうにょして停滞して, うによき口実だ, うによろしくないプラス, うにりつぱだ, うにわからない手合が, うにわが民族の, うにわきに抱, うにわけもなし, うにわざわざ人に, うにわたし個人としては心から, うにわなわなとお, うにわびしい家も, うにわらって女の子, うにわらつて女の子に答, うにわらつて顏を赤く, うにわれはいぶかり, うにゑんだのを, うにイイスタアの卵, うにイギリスらしく獨特, うにエミさんのため, うにオリヂナルな演出, うにカチカチぶっつかった位, うにカムパネルラといつ, うにガスパールはない, うにガーガーと大きな, うにギラギラと光ります, うにクサクサしますわね, うにクツクツと笑, うにクツシヨンに凭, うにクリスチヤンの理想, うにクリームを顔, うにクロイドンを飛び出した, うにゲラゲラと笑つた, うにサロメに扮, うにザポロージェ人達を眺め, うにシルクハットがたかつ, うにジプシイらしく, うにジャンヌにもたれ, うにジョバンニは夜, うにジヨバンニは夜, うにタバコをく, うにタルカンを振りまい, うにダラシなく笑つて, うにチウチウ音をたて, うにヂツと見, うにツルリと長, うにデッキの上, うにトンネルが多い, うにニコニコして, うにニツコリして, うにニヤついたり, うにニヤツと笑, うにニヤリニヤリと笑つて, うにハガキを見せる, うにハヽヽヽと笑つた, うにバサバサと鳴る羽ばたき, うにバスのヘッドライト, うにバンザイやりましょう, うにパクついた, うにパリの貧乏生活, うにヒリリとやられた, うにビールを飲んだ, うにピストルをとりあげ, うにピチンと閉ぢ, うにピッカリと, うにフチたちは何, うにフツと一息, うにフフンとわら, うにフリント市のジェネシイ郡警司フランク, うにプラツトフオームを往, うにプラーゲ旋風を捲起し, うにプールを見廻しました, うにヘラヘラと笑, うにホホホヽと笑つた, うにホホヽヽと笑つた, うにポタポタと落ちる, うにポルト・リシュの戯曲, うにポン公をながめました, うにマセた事, うにムカバキの紐, うにモジモジする和助, うにモヂモヂし乍ら, うにラツプを睨みつけました, うにラムネのくち, うにルクリュ家に親しく, うにルーマニア人も支那人, うにロツヂの中, うにヲヤあなたお加減, うに一ぱい生へそろつ, うに一口に飲みほした, うに一天神来りて, うに一寸笑って, うに一寸それに触つ, うに一寸会釈をする, うに一寸帽子を脱い, うに一寸指先きで自分, うに一寸皿の物, うに一寸膝の上, うに一寸鏡を見る, うに一寸頭を下げた, うに一息に飲んだ, うに一方ばかりを睨んだ, うに一本二本のころ, うに一束にたばね, うに一枚岩の上, うに一生けんめいついて行ったの, うに一生奉公に取つ, うに一睡するひま, うに一緒になつ, うに一羽目白鳥が鳴いた, うに一考した後, うに一郎をふり, うに一風変つた方, うに万年筆を耳, うに三つになつ, うに三つ平げて思ひ, うに三十八度一二分から九度四五分の間, うに三和土の上, うに三度大きく首, うに三方へ張り, うに三毛猫でもあやす, うに三田の眼, うに三輪の親分, うに上眼越しにチラチラ, うに下げてやつ, うに下つた帷を掲げ, うに下つてゐるから, うに下り立つて, うに不孝者であること, うに不安に考へ, うに不平を洩し, うに不思議さうに何もかも不思議さ, うに不景気に見え, うに不服ありげ, うに不自由はありません, うに与へられるならば能所共, うに与へるならばそして, うに且つ凝と, うに世界一の靴屋, うに世間の見る, うに並べてあつた, うに中途で給仕, うに丸くなって, うに丸髷の根, うに主人に話し込ん, うに主義のため, うに振に, うに久保田君の偉, うに久濶の挨拶, うに乗合いの蔭, うにつかつて, うに乞食の言葉, うに乱れ立つたモヤ, うに乳房をかくしました, うに乾いた咽喉を, うに予期しない幸福, うにを欠かなかった, うに二つの袖, うに二つ三つつまみさ, うに二三日前に伊香保, うに二三日前自分の観, うに二三日山の寫生, うに二三服続け様に喫ん, うに二三服續け樣, うに二三種の原稿, うに二三間追つかけ, うに二十三で肋骨, うに二度とはここ, うに二度三度同じ言葉, うに云つたばかりだつた, うに云つたのは志村, うに云つた事があつ, うに云つてうつ向きに長く, うに云つてまともにその, うに云つて妹の脊, うに云つて眼を光らした, うに云つて臺所のこと, うに云はんかてよろし, うに五十銭銀貨三枚を握, うに五十錢銀貨三枚を握, うに井戸の底, うに亡者の数, うにけ流した, うにへ戻られた, うに京都の街, うに亭主に告白, うに人力車を見, うに人類社會への獻身, うに今年のおしまひ, うに今日は御, うに今日重役に会, うに仕合せな, うに仕向けるのが, うにの子, うに他人の名, うに仙太は斯, うに助の, うに以前の話, うに以南さんはお, うに仰向いて見, うに任せた朝顔を, うに伝承して, うに伴いて来た, うに伸しながら奥まつ, うに伸び育つ機会を, うに似た形である, うに佇ませたりする, うにかつた, うに慣れたところ, うに住みよくし, うに体中でハツ, うに体現した最初, うに何げなささ, うに何ぞの端, うに何だかなつかしかつ, うに何もかも不思議さう, うに何やら唸つて, うに何んだつて, うに何度も口ごもりました, うに何病で死んだ, うに何者かが書斎, うに何處へともなく, うに何遍死なうと, うに余計者の銅鑼, うに佛蘭西式調練の小, うに作業に熱中, うに使つてゐる容子, うにたの, うに信じ合ふ, うに信じてるせゐか病気, うに信濃の月, うに向くの, うにに腰, うに候芸術家最高の事業, うに假髮をお, うに健やかな健啖家, うにみ見るの, うにに坐つた, うに傍目も触れず, うに傾いてゐた, うに傾いた儘搖ぎもせぬ, うに僕キセルなんか隠し, うに優れたものである, うに儲け難くな, うに氣の, うに元気よく歩きました, うにの顏, うに充実した仕事, うに光つたぞ, うに入れてある, うに入口に立つ, うに入院して, うに其後徳川時代を過ぎ, うに其視線が合つて, うに其間を去来, うに其顏を見つめる, うに内證でビール, うに内部を覗き込むでゐた, うにの夜, うに冷かしを言つた男, うに冷かすやうに, うに冷して売つ, うに冷たい風を, うに冷め切った味噌汁を, うに凧上げをし, うに出るんでせう, うに出來なくなつ, うに出入りして, うに出来てゐる, うに出来なくなつて, うに出歩いてゐる, うに切つて廻る燕, うに切ない声で, うに切れて身体, うに切口を輝かし, うに初瀬のする, うに判らないのか, うに判断するは, うに利休の一言, うに利助の顏, うに刷毛を使ひつ, うに刺繍をし, うに剛さん私や貴, うに剛つて濃く淡く色づい, うにの歌, うに劇作家といへる劇作家, うに力強い美しいものを, うにはりました, うにれるやう, うには云つて, うに勉強して, うにして, うに動きまはつ, うに動物にはダーウィン, うに勘定して, うに勝つたとは云, うに勝平を見返つた, うに勿体ない位だ, うに包みかくしてゐた, うに化粧でもし, うにを待つ, うに北山だ, うに北陸の猩々, うに十三や十四, うに十九で死んだ, うに十五世紀以來のテューダー・ハウス, うに十五六歳の時, うに十円紙幣を出し, うに十郎さんにはすまない, うに十銭本の冒険小説, うに十風の顏, うに千代松の顏, うに午後三時を打つた, うに午食後食堂に残っ, うに午餐を味, うに半ば強情さうに言つた, うに半分閉ぢた眼, うに半身を起し, うに卑しい視線を, うに卓子の向側, うに厚く脹れて, うに原稿を向う, うにの方, うに厭味のない, うにつたり, うに及び子澄と, うに友だち扱ひに, うに友達の顔, うに反問した, うに叔母はす, うに叔父さんはお節, うに取つて置かう, うに取り殘されて, うに受け容れらるる, うに受取つた, うに受取つて苦笑した, うに口真似しながら, うに口籠つてゐたが, うに古い桜の, うになり男性的, うに可哀さうだねえ, うに可哀想なのよ, うに可愛がつて, うに可愛らしい顎を, うに合掌した, うに同時に用心ぶ, うに吐く息が, うに向け換えようと, うに君等は, うに吠えたて, うに吠える仕掛は, うに否定する, うに含み笑ひを, うに吸つてから獲物, うに吼えたのださうです, うに呉俊陞氏の脂ぎつた身体, うに呑みはじめたのである, うに呑むのも, うに呑んでい, うに呑気さうに話して, うにやいた, うに呟いたほどだつた, うに周三の顏, うに周次はときどき, うに味噌汁を啜, うに呶鳴つた, うに呻いて狼, うに呻きたつ与里に, うに呻吟つたり, うに呼びかけないではゐられなかつた, うに咲いてゐる, うに咳き込んだかと思ふ, うに哀ツぽい悲しさうな声, うにも可愛, うに哲學すること, うに唄ってゐる, うに唄つてゐるの, うにつたそして, うに唸つてゐる, うに唸つたので忽ち, うに商売向きの雑誌, うに啜つて八, うに啜り泣きを始めた, うに啼くその声, うにつたり, うに喋り合つてゐた, うに喋り立てて一時間, うに喋舌るの, うに喘ぎ始めた勝平の, うに喚く調子が, うに喧伝したの, うに喧嘩をし, うに喫つてゐた, うに喫むのとそこに大きな, うに嘆息した, うに嘉永安政より元治, うに嘔吐して, うに噛み破つてゐた, うに噛んでやがて, うに囁いて居ります, うに囁き合つてゐるの, うに囁やくやうな, うに四十男の傳助, うに四囲を眺めた, うに四圍を眺め, うに困つちまふ, うに困りましたよ, うに困る塵労を, うに固唾を呑む, うに国民を納得, うに国民自体の欲求, うに国越しをし, うにになっ, うに土人のボーイ, うに土崩瓦解に成功, うに土瓶提げて, うに土間に坐る, うにについた, うに地上に直角, うに地平線の方, うに地酒の香, うに地面を見, うに地鞴を踏み, うに坂道の両側, うにつてゐた, うに坐つた洋服の, うに坐りながらもぢ, うに坐り居る三十前後の, うに垂らしてゐる, うに垂れた首を, うに垂れ下つて居りました, うに堀割を隔てた, うに堀周吉は恐ろしく, うに堪えぬ云々, うに場内を見, うに塗りたてたこの, うにに倚凭つて, うに壮麗なもの, うに声顫はせて, うに売切れて有りません, うにを抱, うにな奴, うに夏休みも十日ぐらゐしかないなんて, うに外科醫の一つ一つ, うに多少とげとげしい口調, うにでも, うに夜光の珠, うに夜更けまで繰り返し, うに夢中で口, うに大事は幾つ, うに大切なこと, うに大手をふつ, うに大西の股間, うに大越さんは私, うに天井を仰い, うに太平の世, うに太鼓樓から二階, うにの顔, うに失せていた, うに失った若かった, うに失笑ひを, うに奔放自在にハンドル, うに奔走し始めて, うに奥部屋の古, うに奴さん甚くふさぎこんでる, うに好かれたいならほんた, うに好きな友人, うに好く来て, うに好ことかあ, うにな気, うにに呼びかけた, うにの顏, うに始終話題を, うにを帯び, うに嬉しくお手紙, うにが吸う, うに子供のやう, うに子供たちは燃え, うに子犬を見, うに子鶉はすぐ, うに學校へ出, うにの方, うに安いですね, うに安い安すぎる粒々辛苦, うに安易な心持, うに実行しない, うにの方, うに宴席の芸妓ども, うに家内は些, うに家来が言, うに家路へ急ぎました, うに容易いのである, うに宿へ送り届け, うに富太郎はこの, うに富岡の胸, うに寝返りをうつ, うに寢過ぎてむくんだやうな顏を撫で上げました, うにが多い, うに尊い私も, うに尋ねたのである, うに對手の顏, うに市街の, うに小三郎さんは幸, うに小僧の顔, うに小児が飼犬, うに小刻みに飛び歩く, うに小父さんは手伝つて, うに小生の表情, うに小米さんの様, うに小菴ぐるみじりじりと, うに小言を云つて, うに小鬢を掻い, うに小鳥にむかつ, うに小鼻を蠢め, うに少かったの, うに少なくとも八畳二間が, うに少年を見た, うにをあげ, うに尻ごみして, うに尻尾を振, うに尻端折で働い, うにをふり, うに居住を直します, うに居眠りをし, うに屈んでるので, うに山猫にでも成るだらず, うに山麓で泊つて, うにが繰り返す, うにの端, うに岩魚を釣つて, うに島田髷の鬘, うに崖下の波, うに州外へ逃れ出た, うに左右を眺め眺め, うに左手の掌面, うに差し止めてある, うに差俯向く, うにれも, うに帰るべきはずの, うに帰れ帰れと続け, うに帽子をかぶつ, うに氣で, うに平等の生活, うにをとりたい, うに幸子の顏, うに幸運であ, うにな子, うにがつて, うに広い肩を, うに床屋の耳, うに庖丁で切つて, うにへ捜し, うに店番をし, うに座布団の上, うに座敷をのぞい, うに庭石の上, うに廊下を向う, うにい肩, うに建物を見, うに廻つてゐる水車, うに弄くり廻して, うに引きずり廻は, うに引つ掛つて居た, うに引つかけて京子, うに引ツ返して, うに引上げさうもない, うに引出したのは, うに引摺つて旅人は蹌踉, うに弛んで引つ, うにを見上げた, うに弱虫だなあ, うに強いといふの, うに造を, うに当てられおとぎりさうは金糸桃科の, うに当時は尚, うにばかりの世帶, うに役所から退け, うに彼らが小さな, うに彼ダグラスはあらはれいづる, うに彼方此方を雀, うに彼様竹を割つた, うにつたり, うに待ち遠かつ, うに待ち構えてゐ, うに待って心配, うに待遠しいよ, うに後ずさりをした, うに後ろ傷で往生, うに後悔しますか, うに御存知かとも存じられまする, うに御覧になつて, うにに聞えました, うに微かに薄, うに微笑み乍ら, うに徳利を引出し, うに心掛けなければならぬ, うに心細かつた, うに心苦しいからだはつかは, うに必要な答, うに忍びずして父, うに忍び笑ひを, うに忙しげに, うに忠心の者, うに果といふ, うに快活な調子, うにつてし, うに怒りをこめ, うに怒鳴るのです, うに思えてならなかつた, うに思つた位に, うに思つてそれを彼等, うに思つて笑ふと弟, うに思はず歓喜に, うに思はせたりする, うに思はれだしたのでこれ, うに思はれない汚ない, うに思はれるしつかりした態度あの, うに思ひおくところなく, うに思ひだしては話し話しした, うに思ひつかれて暗い, うに思ひましたしかしその, うに思ひ出し笑ひ, うに思ひ出すからだ, うに性急に述べた, うに怯づ怯づ彼のゐる, うに恐ろしいことは, うにかしさうに体, うに恨む気に, うに恰もキヤンドルの, うに悪いことでございます, うに悪魔だつたら面白い, うに悲しくなつた, うにへた, うに愉快です, うに意味あり気, うに意地の悪い, うに愛したことが, うに愛嬌を振り撒く, うに感慨無量だつた, うに感謝の念, うにへ乍ら, うに態と肩を, うに慰労休暇も過ぎ去り, うに憎らしい奴だ, うに憎んだことも, うに懐しく思ふ, うに懐ろから引つ, うに懐中を開け, うにけきつ, うにから十圓札, うに懺悔致しましたそして, うに成つても何, うに成つて來ました, うに成りましたよ, うに鳴り立てるし, うに我等を見入る, うに場合には, うに戦いてゐました, うに戦きながら踊っ, うに戦争が勃発, うに戯けあつて, うに戯曲を読み得る, うに房一を見上げた, うに手傳つて居るの, うに手摺へ肱, うに手桶を川端, うに手筋を變, うに守るので, うに打ち解けてゐた, うに打算して, うにひ退けながら, うにまは, うに承諾するの, うにへて, うに投げかけたその愛くるしい, うに投網をし, うに折れて出, うに抜け出してふわりふわり, うに抱いてるのにそんな, うにへて放さず, うに押してゐる, うに押しわけながらどうにか, うに押し頂きながら小指, うにひ退けて, うに持ちかけしんみりさせ, うに持ち廻るには, うに持つたまま虚脱した, うに持扱ひながら, うに持込んだ金比羅参り, うにで撫で, うに指さきでそこ, うに指先を眺め, うに指圖をし, うに挑戦しよう, うに挨拶をかへした, うにが開い, うに振りむいて, うに振り向いて其拍子, うに振り返つたお里の, うに振舞つても可, うに振返つて胸, うに控えてゐる, うに掴まれた手を, うに掻き合せながら, うに揉み手をし, うに描いちや駄目だ, うに揺ると其の, うに揺れてゐる, うにられ乍ら體, うに撫でるのでした, うにつて見た, うに擦り寄つて来た, うにと見, うにまるやう, うに放り出したりします, うに故人になられました, うにへてくれた, うにけた, うに敬之進の横顔, うにを睨ん, うに文吾の前, うに文太郎は言, うに文明開化東京の象徴, うに決する能わず黙然, うに公の, うに新聞の切拔, うに新鮮な感受性, うに旅行に行く, うにを捲い, うに日光を吸つて, うに日本の猴, うに旦那も歌, うに早足で歩い, うに昆虫が網, うに明くなつて, うに明けて見, うに昔乾闥婆部の賤民, うにつたのである, うにの陽, うに春之助は眞, うに昨夜のうち, うに是方を眺めた, うに時代錯誤的だと, うに時効にかかつて, うに時勢の刺激, うに時時ひらく, うに時計をつかんだ, うに晝寢をし, うに晴々とした, うに晴れ渡つた夏の大空, うにあらず僅か, うに暑いので廊下, うに暑くなって, うにいのでした, うに暗記して, うに暮して居る, うに暮らしてゐました, うにつて, うにんでる, うに曲つてゐた, うに曲めて開ける, うに書かれてゐる, うに書きあげなければならぬ, うに書きつけながら鶴嘴, うに最後の一瞥, うに會釋して, うには冴え, うに有難いことだ, うに有難うございました, うにかに笑つた, うに朗らかでいろ, うにの頃, うにを読ん, うに本院の侍従, うにが捨てられ, うにを持ち直した, うに東京へ修業, うに林檎かじつてゐる, うに柱時計を見あげ, うには芽ぶく, うに査問の意味, うに栄蔵の心, うにのいが, うにを下した, うに根強い草木の, うに根気よく降りつ, うに案内されて, うに梨枝子はやや, うに森閑としてゐる, うに極めていた, うにから洩る, うに模倣できないもの, うにの顔, うに横目を使っ, うに横眼で清作, うに樹かげに立つ, うにの下, うに檢死をなさらん, うに欄干にもたれ, うになどを唄, うに歌ふみだらな流行唄, うに正しく過したか, うにの大, うに此戸外を通り過ぎた, うに武士の後姿, うに歩きまはつ, うに歩き出して新京橋, うに歩き過ぎるのを, うに歩み入つて, うに歪めて破れた, うに歪んで泣かじ, うに歯噛みをした, うに歸つて來るの, うに歸國して, うに死ぬ者あ, うに残しておく, うに段々を注意深く, うに殺されてしまふ, うに殺してしまった, うに母者人はあれ, うにを吸, うに毛糸などを選り分け, うに毬投をやつ, うに民子がいふ, うにに入, うに気がついておらね, うに気づかずにその, うに気の毒でそして, うに気持をあ, うに水彩畫を描い, うに水蒸氣を含んだ, うに水飴屋の亭主, うにが飾り, うに永くは人, うに求めてゐる, うに求められてゐる, うにの端, うに決っている, うに沈んだ口を, うに沢山召し上, うにの方, うに泣いたふりを, うに泣いてるぢや, うに泣きながらきたない, うに泣きじやくり, うに泣きたてるのです, うに泣き別れでありました, うに泣き声を立てました, うに泣けさう, うに洋燈の灯, うに洋襟を外し, うに洗煉された作法, うに洩れて出た, うに活かせば常に, うにれたわたし, うに浮かれて言, うに浮世の夜, うに浴びて立つてる, うに消え失せて行つたの, うに涙ぐんでゐる, うに液体のやう, うに涼しく見えます, うに深く温めて, うに深く長い息を, うに清算されて, うに清逸の背中, うに済まして来た, うに済まないやうに, うに済みません, うに済んでい, うに済んだんです, うに渡したのは, うに渡らんとて乗馬, うに温めて置いた, うに湖上を遠く, うにのなか, うに滑らかな返事, うに滑りかけて白ら, うにに訊ねた, うに滝尾に呼びかけた, うに漏る雨の, うに演者の呼吸さ, うに漢字を教, うに潰れてお, うに澄みきつてゐた, うに激しい咳を, うにみませんでした, うにて光つて, うに火箸もて雁首, うに灯りのはいらない, うにになっ, うに炉側を立ち上つた, うに烟草を吹かし出した, うに焜爐火にし, うにかつた, うに無いのを, うにも發奮ん, うに照ちやんを見た, うに照子の姿, うに煩悩の火, うに熟して居る, うに熟睡したアルコール, うに熟視める, うに熱い鏡の, うに熱くなつて, うに熱心な人, うに燃えてゐました, うにをよく, うに爪先を見, うにる, うにの民蔵, うに父さんを見, うには観想, うに片手で額, うに片眼を明けた, うに物問ひたげな顏, うに物蔭から出, うに物言ふ声, うに物語られてゐる, うに犯人は完全, うに独りで饒舌, うに独り言を云, うに独言ちた, うに狭い台の, うにか悪漢, うに猴腹を示し, うに獄中の静想, うには私達, うに獨言を云つたの, うには地, うに王朝文學の訣つて, うに珍しい新しいをかしい, うにはし, うに理論を頭, うに琉球の墓, うにが置い, うに埋に, うに生えてゐる, うに生きてゐる, うに生まれてこの, うに生れて来た, うに生憎の霧, うにひたの, うに田中博士の顔, うにの方, うに画いてある, うに画象を通じて自然, うに画面を離れ, うにりながら, うに番人をし, うに畳みながら, うに疊んだ紙片, うに病人を見, うに病変した顔, うに病気のため, うに病院服の前, うに痩せてゐた, うに癒え着いていました, うに発狂して, うにを取つた, うに白くならないの, うに白状して, うに白眼づかひの, うに白足袋を穿いた, うにをみ, うに皆さんと一つ, うに皆んなの顔, うにでさ, うに盛上つた女の膝, うにみ見るので, うに目蓋を閉ぢ, うに目覺めてゐる, うに目送した, うに帰つて来給へと, うに直吉の表情, うに變らず, うに相好を崩し, うに相槌をうつた, うに省三の顔, うに省吾の顔, うに看護婦の顔, うに県庁の方, うに似て, うに眞白な葉裏, うに真似する子供, うに真志保たいへんなん, うに真白な葉裏, うに真赤な顔, うに真鍮の光沢, うに真面目すぎるあまり, うに眠いんだらう, うに眠つたと見え, うに眠つた振りをし, うに眠らうね, うに眠入りながら時々, うに眩きながらやつ, うに眺めましたが直ぐ, うに眺めやるのでした, うに眺め乍ら有太郎, うに眺め佇立んで居る, うに眺望がきかない, うに眼玉をきよろき, うに眼鏡を覗く, うにてゐられた, うに着いてもいい, うにじさうに, うに睨んでいます, うに瞑つて口, うにたいて, うに瞬いたきり默つて眼を, うにを引きあけ, うに知っている, うに知つた自分で惡, うに知つてゐるもの, うに知らないのである, うに知るには味, うに知覺せられるもの, うにを愛する, うに石炭を焚く, うに石甃の上, うに石谷さんはいつた, うに砂糖を貰うた, うに砕けた鉄の, うに顏微笑する, うにばつてく, うに碌々としてゐる, うに碧童にそつ, うに磨滅し去って, うにをそれに, うにを言つた, うにの聲, うに神様が憎く, うに神聖な目的, うに福松の腹, うに私どもを迎, うに私歇的里の蒼い, うに私等親子の愛しみ, うに穂吉はもう, うに穴熊に着せた, うに空想らしく自ら, うに空氣をふるはせ, うに突き飛し合, うに突ツ放した, うに突然胸を, うに窓外を見, うに窓際を離れた, うに窶れた頬に, うに立ちながら肥え, うに立ちあがらうとする, うに立ちすくんでゐた, うに立ちどまって岩, うに立ちどまつて岩, うに立ちどまると, うに立ち上つて自分も仕度, うに立ち去つた後平次の, うに立ち去つてしまひました, うに立ってわら, うに立つた待つてゐた, うに立ら働いて, うに立上つた, うに立上つてその原稿, うに立上つて其原稿を主任, うに立上つて會社に出かけた, うに立働く人々の, うに立去つて行つた, うに立去ってしまった, うに立惑ひて, うにんで話し, うに竹丸を抱き上げ, うに笑ったのです, うに笑つたたつた一人, うに笑つたのである, うに笑つておいでになりました, うに笑つて丑松と一緒, うに笑つて匕首を返し, うに笑つて子供を抱きあげた, うに笑つて男の心, うに笑つて縁に腰掛け, うに笑つて肩をすくめた, うに笑つて言ひました, うに笑つて足早に走り出す, うに笑つて馬にむちをあてながら, うに笑声を洩らした, うにの中, うに箪笥を引出し, うにをとつ, うに築地へ散歩, うにを炊, うに米ちやんが羨ましい, うに粗朶を負う, うに糸子を見, うにね一夕十数疋, うにの這入つ, うにを汚し, うに速く見流し, うに素直に直吉, うに素顔君のそば, うに紫檀の卓, うにつこい, うに細くなつて, うに細めわざと二人, うに紹介した, うに終ってしまっ, うに絡つて來る, うに給仕の者, うにが張つて, うに緑こまやかなる苔生, うに線路の端, うに締め畢り何処, うに編物へ熱中, うに縁側に持つ, うに縛つて居るから, うに縛られながらよそつ, うに縮み上つて晩など, うに繰返してゐた, うにがあたります, うに罵りながらバシイリ, うに美しく装ひし, うに美しく小さき口もと歯並は, うに美味くなければ, うに美津子を, うにを反らし, うに猴よく, うに考えていた, うに考へたりした, うに考へられてゐる, うに考へられた医学で, うに考へられるが此熟語法, うにへながら俯向, うにづかしく思ひます世, うに聞く声が, うに聞こえるが実は, うに聞耳を立て, うに聴いてゐる, うに聴いたのは, うに聴診器を当て, うに職員録を繰返し, うに肥ってゐる, うに肥つた主人が二人, うに肥つた体を起し, うにつた, うに育ち卑しき涕垂, うに背中がづきづき, うに背延をし, うに背延びをしました, うに背後へ撥ねた, うに背負つて来た事, うに胡麻白頭を両手, うに胸苦しくなつた, うに能う出て来た, うに脂下つて居たと, うに脇息に支, うにを拱きました, うに腹這ひにな, うにを乗り出した, うに膝突き合はし, うに膨れて針, うにの孝康皇帝, うに自分自身が迷, うにさうな気, うに至っては土人, うに臺所で働い, うに舌鼓を打つた, うに舞つてゐる, うに舞台へかける, うに舟べりを煙らせた, うに舟遊びをし, うに航海者が慄気, うにをあやつり, うに良介を眺め, うに良子と語らつ, うにつた, うに花環をささげ, うに芸術的価値を発揮, うに苦しくなつて窓, うに苦勞させるわね, うに茶人の著, うに草履を突掛け乍ら, うに荒涼とした, うに荒狂つてゐる海, うに荒馬車を曳い, うにでも売らなけれ, うに萎れた語氣で, うに萎れるのであつ, うに落ち殘つた枯葉が二三枚づゝ, うに葉巻を指, うにぶくれた裘衣, うに葱のにほひ, うに蒲團さ顏つけて, うに蒸し返すとまた, うに蒼ざめ聲を立て, うにの中, うに蔵つてあるので, うに薄い緑で, うに薄笑ふと耳, うに薄緑の山色, うにのやう, うに處女だつた, うにを罵つた, うにがゐた, うに蠅帳を取りのけ, うにを流す, うに行きはしない, うに行列を迎, うに行水をつかつ, うにの四分の一, うに衣服を着, うにから四合瓶, うにふのに, うにに靡く, うに褐色に焼け, うにをかき合せました, うに見あげた少年の, うに見あげるばかりです, うに見えないガラツ八に, うに見せて實, うに見せかけてゐる, うに見せかけるのさ, うに見たので牧田氏, うに見て取らないわけは, うに見へて仕方, うに見まもりながら, うに見やりながら近づい, うに見るんです, うに見下して黒松, うに見入つてゐる, うに見守つてゐる, うに見詰めたがぽ, うに見返すまでもない, うに見返りながら若い, うに見送つてゐる, うに見送つたことで, うに見送りながら何ん, うに見過ごしながらそれ, うにては卯平が, うに視線を脱した, うに覗きに來, うに覗き込で漸く, うに親子拾何人が餓ゑるでせう, うにえるが, うに解してゐたであらう, うに解らないけれど, うに解決されて, うにれるの, うに言つたがそれでも, うに言つて一礼して, うに言つて山田の手, うに言つて文太郎は彼, うに言つて生前に茶器, うに言つて白布の覆け, うに言つて盃をかへす, うに言つて私のため, うに言つて築山の彼方, うに言つて胸の辺, うに言ふたるん, うに言訳をした, うに言語に絶, うに訊いた事が, うに討てている, うに訪ねてよかつ, うに訪れて見る, うに許されている, うにへるので, うにを入れました, うに詩的感興を喚起, うに詫言を述べ, うに詮議せんならん, うに詰め寄るのです, うに詰らん話ばかり, うに話しかけるのです, うに話しこんでゐるあり, うに話し出したと思ふ, うに話し更けて梯子段, うに話頭を転じた, うに誂えの出来, うに誘ひの水, うに語らひしをしばしば, うに説く他人に対する, うに読むすると彼女, うに読んだりした, うににだ, うに誰かが答, うに調子を合, うに諷したが義雄, うに謂ツて外, うに講義をし, うにひました, うに警察の門柱, うに讀み耽つてゐる, うに讀んでゐ, うに豫言して, うにを曇らせ, うに財布から五円札, うに貧乏でお金, うに貧乏人の二宮金次郎, うに貴方が好き, うに買つて来た花, うにかさうに, うに賢明な政府諸公, うにねた, うに赤ん坊に乳, うに赤塚氏の顔, うに赤子をあやし, うに走って来る, うに走り折々船端, うに走り廻つてゐた, うに起つて後ろ, うに超過しながら, うに越後屋重吉はあんなに, うに足らず楽歳には終身, うに足り楽歳には, うに足りるという, うに足踏みして, うに踏出すのです, うにの音, うに蹣跚めき乍ら, うに蹲踞んで火, うに身動きもせず, うに身悶えして, うに軍人は好い, うに転一歩すること, うに軽く点頭いた, うにやかして, うに輝いてゐる, うに輝かしながら, うに輝きだしてゐる, うにばされ, うに轟々たる響を, うにさうに身を, うに近々と相對, うに近づいてきた, うに近代女性の脚線美, うに近頃諸国で結婚問題, うにつて行つた, うに退屈して, うに見して, うに這つて来た, うに通り越してしまっ, うに逢うてよう, うに進んで行く, うに遊ぶ気分さ, うに過ぎてしまった, うになからん, うに道中の名所古蹟, うに國に, うに遠い旅を, うに遠のいてゐる, うに部屋の様子, うに部屋隅の書棚, うに酒好きの酒飲み, うに酒飲は浮ばれない, うにふぢ, うに醫員の方, うに重々しくは家, うに野枝さんは二日, うに金網の窓, うに鋭い秋の, うに鋼鑼の横, うに鋼青の壮麗, うにを開け, うにの中, うに鑑賞するため, うにンが, うに長火鉢の前, うに長谷川の奥様, うに長長と寢そ, うに閉口したいつも, うに開館を報ら, うに関口一家は親切, うに降つて来る, うにへ上げられた, うに陸揚して, うに陽気に話し, うに障子を睥むと, うに隠見して, うにを拾つた, うにつて, うに雑談を交し, うに離屋の中, うにの片, うに雲雀といへ, うに電気燈の少ない, うに電車の中, うに霜夜の横寺, うにれたといふ, うに青木に訊ねた, うにに泣き, うにざるよりは, うに面白さうに何べ, うに面白かったこんなに, うに面皰と笑, うに革命の予言者, うに音声の調子, うに頂上の日つてもの, うに頌揚されなかつたが, うに頑張つてゐる, うに頭痛がし, うに頷いて, うに頻りに立話し, うに頻繁に為替, うに頼りなく光つて, うにを撫で回す, うに顔ぢゆうを, うに顔中に微笑, うに顔色を変, うに顰めた顔を, うに風早學士の樣子, うに風車の後, うに飛び廻ってゐる, うに飛び廻つてゐる, うに食つて居る傍, うに食べるのであつ, うにんで居る, うに飮んだ, うにの實, うに飲みすぎたカフヱーへ, うに飲み乾すのを, うに飲み干してわけ, うに飽くまでも私達の, うに餌箱を見上げます, うに香煎のなか, うに馬乘りにな, うに馬頭観音が明王観音両部, うに馬鹿らしい出来事だつた, うに駄夫を眺め下し, うに駄目ですわね, うに駈出して行く, うにけ寄つて, うに骸骨が残つて, うに體ぢゆうのポケツト, うに高座から客席, うに高慢な人, うに髷節を押, うにをしごき, うに鳥右さんに感謝, うにを見上げました, うに鳴きながら何羽, うに鳴きしきつてゐた, うにのやう, うに鶴石の顔, うに鶺鴒は支那, うに麒麟や鳳凰, うにの如く思ひ乱れ, うに黄昏の水, うに黒ちやんは大きな, うに默ツて所天, うに黙々として宇津, うに黙って彼, うに黙り込んで港町, うに點りつ消えつ靜かに, うに鼻高のシラノ, うにをかき出した, うに咬みを, うに龍子の顔