青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うで~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~うた うた~ ~うだ うだ~ ~うち うち~ うっ~ うっかり~ ~うつ うつ~
うで~
~うなずいた うに~ うま~ ~うまい うまい~ ~うまく うまく~ うむ~ ~うる うる~

「うで~」 2179, 24ppm, 4930位

▼ うで~ (1169, 53.6%)

501 ないか 103 ありませんか 95 ない 63 ないかと 24 ござらぬか, ないかという 21 無いか 20 なかつた 19 ございませんか 18 なくて 15 ないと 14 ありません 13 ないの 11 あるが 6 あるまい, ないので, なからう 5 ございませぬか, ないらしい, なかった 4 ありませんが, あるまいか, ございません, ござらぬかな, ないかといふ, ないが, なかつたの 3 あるまいが, ないかね, ないやう, 無い

2 [17件] あつた, ありませぬか, あるまいかと, ございませんよ, ないかとの, ないさ, ないで, ないですか, ないといふ, ないん, なかつたが, なかつたで, なくやはり, ねえか, 御座いませんか, 有りませんか, 無かった

1 [121件] あなたも, ありさうかと, ありせんか, ありましょうけれども, ありますが, ありますまい, ありませんかと, ありませんでした, ありませんわ, あるに, あるまいかといふ, あるまい私, いくら私, いけない, いちばん下級の, いらないん, かれの, ございませぬが, ございませんかね, ございませんから, ごわせんか, すむまい, その間に, それが, それは, たいへん待ちかねた, どちらでも, ないあれ, ないかい, ないかねえ, ないかの, ないけれど, ないこと, ないこれ, ないその, ないそれ, ないだらうか, ないぢ, ないでしょうな, ないどころか, ないなど, ないのよと, ないふふ, ないもう, ないもの, ないらしく, ない一時, ない嗜, ない学者, ない料理人, ない男, ない萌黄, なかつたこの世, なかつたし, なかつたと, なかつた事, なくあの, なくこれ, なくして, なくその, なくそれ, なくつて, なくても, なくとも, なくな, なくなった, なくもつと, なく一種, なく他, なく出版事業, なく却つて, なく同時に, なく家庭, なく往々, なく必ず, なく日当り, なく普通, なく晶子さん, なく正直, なく此順序, なく甲, なく痛々しい, なく社会, なく立派, なく蝋燭, なく金, なさ, なし国, なるまいぞ, なんとも思っ, なんにも, のべつ幕, わたくしが, わたしを, コッケイである, シムトン会長が, ジヤーナリストも, モロ警部の, 一匹の, 個人的とも, 南蛮姿絵の, 困る, 売るに, 嫌って, 御座いませぬか, 御座いません, 有りませんが, 母親が, 気を, 気迷う, 無いぢ, 無いの, 無いやう, 無い一時, 無い姑, 無からう, 無く自分, 種々な, 粗抹, 金故に, 高僧にでも

▼ うで~ (173, 7.9%)

26 ない 11 ある 8 なければ 7 ないらしい 6 ないの, ないやう 5 ないが, ないわ 4 ないさ, ないん, よい 3 ないけれど, ないな, ないらしく, ない事 2 あらう, ないこと, ないです, ない貴方, なく, なくただ, なるに, 泊らするといふ, 無い

1 [57件] あるが, あるし, あるの, あろうと, してやらずには, ないあのお, ないけど, ないと, ないとおつ, ないね, ないや, ないよ, ないらし, ないわよ, ない一時, ない不思議, ない分らん, ない努力, ない所, ない来客, ない様, ない顔, ない風流人, なかった, なきや, なきやあ, なくその, なくて, なく不, なく不審, なく別, なく只何となく, なく四時間, なく夫, なく學問, なく平次, なく心中, なく手, なく昔, なく黙然, なしそれ, なし別に, なし荷駄, なるが, なるの, なる此方, よいわいな, よい問題, よい栄, よかった, 今日は, 少しの, 無いさ, 無いだらう, 無いやう, 無いらしい, 無いわ

▼ うで~ (48, 2.2%)

6 つても 4 つたと, つたに, つた様に 3 つた 2 つたで, つたなら, つた如く

1 [21件] つたからにも, つたその, つたそれも, つたのである, つた一軒の, つた悲し, つた様である, つた苦し, つてこれを, つては, つて呉れ, つて宗教家は, つて島木赤彦氏などは, つて当初は, つて彼の, つて思想に, つて時として, つて決して, つて海を, つて羅馬の, つて谷中村は

▼ うでその~ (34, 1.6%)

1 [34件] ありがたいお, うちに, うへ, うまいこと話, お噂, ことについて, ことを, さつ, ための, ガス栓は, 上金もち, 丸々した, 人たちが, 十貫以上も, 子が, 官打ちの, 少年時代に, 巡査が, 御つかひ, 御信心, 心情は, 悲しい味, 打合せ, 時は, 時分の, 晩はちよつと, 橋の, 海蝕を, 癖時, 第一出版, 細引を, 自分の, 評判は, 顏いろ

▼ うでそれ~ (15, 0.7%)

1 [15件] があまり, がつい, がやがて, が内, が叛逆, が嬉しい, が氣, が都合, じゃあ入り, は嘘, は牛乳配達, は霰, もまた, を取り, を土地

▼ うでこの~ (14, 0.6%)

2

1 [12件] お寺にも, タンクへ, 三浦氏御, 二人は, 家を, 探照燈, 春からは, 男だ, 男の, 近所まで, 通り鐵砲の, 頃に

▼ うで~ (13, 0.6%)

1 [13件] 係りから, 墨附を, 奉行村越長門守樣に, 心配です, 心配な, 手数ながら, 無礼でした, 留守居の, 聖霊が, 苦勞樣で, 苦勞樣でございます, 近所ぢや, 近所の

▼ うでこれ~ (12, 0.6%)

1 [12件] でないと, なら上, にか, に鑑み, はお, はこ, は戦地, は權次郎, も自慢, も附き, より少し, を三十代前

▼ うで~ (12, 0.6%)

2 空に 1 つき出しました, ぶら下げて, まきつけて, 出して, 延ばして, 強打した, 怖がりも, 思い出させます, 見せたもの, 見て

▼ うで~ (12, 0.6%)

1 [12件] の家, の村, の癖, はす, はまだ, はもう, は亡くなつた, は俯向, は大事, は子供, は惡黨, は當家

▼ うで~ (11, 0.5%)

2 氣の 1 くみは, わかれは, 亡んなすつた, 屋敷方の, 慶い, 疲れでございませう, 神さんは, 部屋が, 駒は

▼ うで~ (10, 0.5%)

1 こ, されながら, したり, して, しましたの, する, なって, なれば, みちびかれて, 来る

▼ うでまた~ (7, 0.3%)

2 財産も 1 寛文九年の, 当将軍家, 承元, 複雑した, 諷刺が

▼ うで~ (6, 0.3%)

1 五人組は, 師匠, 庄公一つ富士春仕込みの, 昨夜の, 町内の, 野郎

▼ うで~ (6, 0.3%)

2 を訊い 1 うも, うもねえまア, かに縋りつきたい, も釣瓶

▼ うでまだ~ (5, 0.2%)

1 出かけた事, 十九で, 四十臺だ, 後十日くらゐ, 明けきらないうち

▼ うで平次~ (5, 0.2%)

1 にも手輕, の方, もツイ乘出, もヒヤリ, も膝

▼ うであつし~ (4, 0.2%)

1 からもお, なら百萬兩, も一寸, を親分

▼ うで~ (4, 0.2%)

2 すか 1 すかわしや, ちゃりと

▼ うで~ (4, 0.2%)

1 うして, うでなかつたら十七年, うなれば, 餘つ

▼ うで~ (4, 0.2%)

1 は或, は斯ん, は疲勞, までもち

▼ うで少し~ (4, 0.2%)

1 ばかり手間取りました, も恩人, 気おくれ, 變ぢや

▼ うでしかも~ (3, 0.1%)

1 さう, 今日の, 将軍家が

▼ うでそれで~ (3, 0.1%)

2 鎌倉見物の 1 周囲の

▼ うでどう~ (3, 0.1%)

1 なるか, 見ても, 詮索し

▼ うでなう~ (3, 0.1%)

1 ては私, てもこの間, ても術

▼ うでなく~ (3, 0.1%)

2 して 1 てよかつ

▼ うでには~ (3, 0.1%)

2 骨が 1 敬服した

▼ うでやがて~ (3, 0.1%)

1 将軍家の, 後から, 静かに

▼ うで~ (3, 0.1%)

1 などを殺せ, に怨み, の話

▼ うで何ん~ (3, 0.1%)

2 となく 1 にも賭けなき

▼ うで名前~ (3, 0.1%)

1 からし, はわかりません, はジョハナ・インカー・メー・バートルハイム号

▼ うで~ (3, 0.1%)

1 が索靖, の行きつけ, はいち早く

▼ うで氣味~ (3, 0.1%)

2 が惡 1 が惡いくら

▼ うで無く~ (3, 0.1%)

2 つても 1 なつた金

▼ うで近所~ (3, 0.1%)

2 の内儀さん 1 でもそれ

▼ うであの~ (2, 0.1%)

1 よく道, 娘は

▼ うであんな~ (2, 0.1%)

1 のを, 評判の

▼ うでお前~ (2, 0.1%)

1 のやう, もやれ

▼ うでお蔭~ (2, 0.1%)

1 で許され, の申

▼ うでこんな~ (2, 0.1%)

1 厄介な, 町に

▼ うですぐ~ (2, 0.1%)

1 またお, わかつて

▼ うでそこ~ (2, 0.1%)

1 の家, まで行つて

▼ うでそして~ (2, 0.1%)

1 夜明けが, 存分に

▼ うでそれだけ~ (2, 0.1%)

1 の手間, 生活に

▼ うでそれでも~ (2, 0.1%)

1 掘つたところ, 空は

▼ うでどうも~ (2, 0.1%)

1 夜も, 申分が

▼ うでどんなに~ (2, 0.1%)

1 気を, 氣が

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 エへ, ツ

▼ うでまるで~ (2, 0.1%)

1 年中鳥肌だ, 死人の

▼ うでもつとも~ (2, 0.1%)

1 この秋山樣, その頃

▼ うでもとより~ (2, 0.1%)

1 住職を, 株の

▼ うでよく~ (2, 0.1%)

1 お出で下さいました, 伸びた四肢

▼ うでわたし~ (2, 0.1%)

1 が參, の在

▼ うでツイ~ (2, 0.1%)

1 あんな大, 立ちそびれて

▼ うで一向~ (2, 0.1%)

1 眼鼻も, 詰らないもの

▼ うで一寸~ (2, 0.1%)

1 の油斷, 噪いだ

▼ うで丁度~ (2, 0.1%)

1 い, よいところ

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 の月, 總の

▼ うで下品~ (2, 0.1%)

2 に育ちました

▼ うで主人~ (2, 0.1%)

1 の勘五郎, も一寸

▼ うで偶然~ (2, 0.1%)

2 同じ家

▼ うで先刻~ (2, 0.1%)

1 から氣, も橋場

▼ うで八五郎~ (2, 0.1%)

1 にその, はお萩

▼ うで初めて~ (2, 0.1%)

2 警察へ

▼ うで十三~ (2, 0.1%)

1 になる, の時親知らず

▼ うで叔母~ (2, 0.1%)

1 のする, の話した

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 でも時々, も頭巾

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 のひと, はその

▼ うで年頃~ (2, 0.1%)

1 になつて, は五十七八

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 から格子, が不景気

▼ うで断定的~ (2, 0.1%)

1 に言, に言いきっ

▼ うで早速~ (2, 0.1%)

1 先方へ, 股間に

▼ うで~ (2, 0.1%)

2 當に

▼ うで札幌小樽~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ うで死骸~ (2, 0.1%)

1 が刄物, の側

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 がひけ, の長い

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 になる, の毒

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 は漏り, を欲し

▼ うで無口~ (2, 0.1%)

1 ですが, で人ぎらひな父親

▼ うで父親~ (2, 0.1%)

1 が亡くなつ, と一緒

▼ うで特に~ (2, 0.1%)

1 また均斉, エスパーニャ側の

▼ うで現に~ (2, 0.1%)

1 地主の, 狩屋三郎さんは

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 を拵, 臭い部屋

▼ うで盛岡~ (2, 0.1%)

2 でも可也

▼ うで相手~ (2, 0.1%)

1 の懷中, を身

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 を立てる, ん這

▼ うで自分~ (2, 0.1%)

1 ながらハラ, の手

▼ うで良い~ (2, 0.1%)

1 あんべ, 術が

▼ うで若し~ (2, 0.1%)

2 役人に

▼ うで錢形~ (2, 0.1%)

1 の親分, の親分さん

▼ うで間もなく~ (2, 0.1%)

1 役人の, 戻つて參

▼ うで雇女~ (2, 0.1%)

2 は一人二人づゝ

▼ うで面目次第~ (2, 0.1%)

2 もない

▼ うで~ (2, 0.1%)

1 が少し, の皺

▼1* [447件]

うであとの掛合事, うであぶなくつて, うであれはわし, うであんまり可愛がり過ぎて, うでいかに贔屓眼に, うでいつでもハメ, うでいつも先頭に, うでいびつな鏡, うでいやもう飛んだ, うでいろいろ話して, うでうかうかすると, うでうちのパパ, うでうつかり物, うでうつり気でその, うでえつへつ, うでおのおのご自分ひとり, うでお勝手の締り, うでお茶でも, うでからかつた, うできぬさやと高野豆腐, うでけれども花嫁さまの, うでちとら, うでこっちから乗込み, うでことによつたら, うで災難でした, うでさあどうぞ, うでさて聖パトリツクの, うでさる諷刺雑誌の, うでしかないやう, うですべて官有林でこ, うですらある, うでそこでこ, うでそしたら直ぐに皆, うでその間にさう, うでそやつに唆, うでそりや綺麗, うでそれではどうかの, うでそわそわしたもの, うでそんなら俺, うでたいがいの家, うでたいへん古い立派, うでたまらなくなります, うでつい先が, うでつまり文士といふ, うで食った, うで云うと, うでところが画商共は, うでとても凌ぎよく, うでどんな土が, うでア, うでなかなか彼は, うでながら子供と, うでなにをすっと, うでなるほど左の, うでなんかもつと, うでなんど海の底, うではじめの八十五騎, うでばったり今度は, うでばらいえん, うでひどく嫌が, うでほんの少し火傷, うでぼんやり歸つて來た, うでまことに和田勢は, うでまさか朗讀した, うでみじめなもの, うでみんなで飲める, うでむかし韃靼人と波斯人, うでむだ足して, うでもともとその橋, うでもののはずみ, うでもの凄かつた, うでがら畜生, うでやはり思ひ出されないの, うでゆかりといふの, うでかつたら, うでよう済まして, うでよもやにひかされ, うでわたくしにうまく, うでオスカア・ワイルドだつたかの, うでジョウと将棋, うでダンスホールへ毎日男, うでヅリヤンが市場, うでノコノコ神田へ, うでハチ切れさうな美しい娘, うでパッカアドの方, うでビーディーバッジをひろった, うでピタリと柄, うでフランス在留の日本人, うでプカアリプカリたばこをふかし, うでヘルマン先生なりふり構はずボロ服, うでマアマア今日はどう, うでと月, うで一個三十錢以上といふことに, うで一同がどかどか, うで一度も顏, うで一日遂に僕, うで一日中眠たさ, うで一時はこの, うで一晩おびえて, うで一生懸命幾太郎を庇つて, うで一種食慾に似た, うで一脈の妖氣, うで七五のせまい, うで上總屋の奧, うで下女一人を使つて, うで下男の久六, うで下谷まで伸せ, うで下郎の癖, うで愛想の, うで不安になつ, うで与力に関係, うで且きりやうのよく, うで世帶の苦勞, うで主人榮右衞門の末, うで二世を契つた男, うで二十三四のこれ, うで二年の年期, うで二氏はそれぞれ, うで二階の一円席, うで五十を越し, うで五十年輩のニヤニヤ, うで五日にはきつ, うで今日だけつとめさせる, うで今朝三輪の萬七親分, うで今朝私が來, うで以来そこを提灯ヶ淵, うで仲間では評判, うで伐採すること, うで伝説による, うで何うにも仕方, うで何だアといふ, うで何とかして, うで何となく御守殿風, うで何方かと言, うで何辺かお, うで信濃のもの, うで俵屋は先代, うで偉い方だ, うで僕らは何, うで全く氣の, うで全身の筋肉, うで八方から網, うで八月末から九月初め, うで其の通りで, うで典型的な頼母, うで内心困つたこと, うで再び目を, うで凄い女です, うで出店も別家, うで切支丹達はそれ, うで初歩からいきなり, うで別に他から, うで到底口先には, うで制作すべきもの, うで勝手な系図, うで勞働に馴れた, うで十八九の娘, うで千代松は其の, うで千兩箱を店, うで千鶴子は傍, うで半分は嘘, うで半搗米を食べなく, うで危險で不可い, うで原稿紙をくれ, うで去年より一層, うで六とは, うでつてゾツと, うでに唾液, うで叫びや旗, うで哀さう, うで可哀想ですから, うで右大将家もよろこび, うで同氏の指導, うでは眞ツ赤, うで喰ツてゐる, うで四十五だと, うで四十年配の太, うで四国町へ行く, うで四國猿と同じ, うで四庫簡明目録には鄭樵, うで四文錢を糸, うで団体おことはり, うで土蔵の二階, うで土藏の床下, うで地方の旧家, うで執拗で頑固, うで堅い方で, うでに入る, うで阿彌, うで多分大きな仕事, うで多血質で先づ申分, うで騷ぎの, うで大いに期待し, うで大きな聲を, うで大きに有難う, うで大倭の社, うで大分危くなりました, うで大変なさわぎ, うで大抵な者, うで大概の方, うで大澤傳右衞門お家を狙, うで天下泰平と書い, うで天狗様も二人一所, うで奇妙なに, うで奉公人とも客, うでの濡縁, うでの家, うで女房は大, うでに自分, うで始終母様が, うでのお, うで婿になる, うで嬉しいぢや, うで子供の多, うで存分に可愛らしく, うで存外またこんな, うで守屋さんはそこ, うで宝塚のこと, うで実ははつきりした, うでの出ハナ, うでから大, うでを解く, うで将軍の上覧, うで小ぎれいな靜, うで小さい物を, うで小倅めといふの, うで小屋から葬, うで小料理屋や出合茶屋, うでえこき, うでの中, うで山の手からわざ, うで岩魚の眼玉, うでのごとく, うで川口も, うで次は, うで平安朝の昔, うで平常通り少しの, うで平生の勉強家, うでひ宗吉, うで幼名を阿古屋丸, うで幾松はそれつ, うでに就い, うで御ぐるみ引, うでさう, うで強つて傍近く召使ひ度, うで当時二十七歳のお, うで役人たちが火, うで役者皆大くさり, うで彼時代前後に於い, うでは日本酒, うでも言, うで徳利や猪口, うで心理学者にいはせる, うで心細かつた, うで心配でなら, うで忠綱さまはそれ, うで快活な五六人, うでさが, うで恐ろしいきかん氣, うで息子と娘, うで情熱的な宗吉, うで意固地な牧師, うで意外に早く, うで我々がそれら, うで我国でのモルガン, うで我慢がならなかつた, うで所謂水呑百姓の果て, うでの付けやう, うで手前お守りをいたす, うで手掛りを引出す, うで手水に行く, うで手足の五人分, うで招魂社のお祭, うで掛り人の與茂吉, うですのに, うで放埒で勘當, うで敵将が君, うで新しい世界を, うで新手の対策, うで日本へ来る, うで日本橋の若葉, うで日本語でいへ, うで旦那は赤松院門前町, うで早い話が, うで早くするつもり, うで旭川はその, うで明るく静かで, うで春之助もまた, うで昨夜から土藏, うで時々びつくりする, うで時間をつかまる, うで討を, うで暫らく叩いたり, うで暫らく考へ込ん, うで曲者の入る, うで最初のうち, うで會社も大きい, うで月齋と雪五郎, うでから飲まされる, うで本人もそれ, うで本当にどうしてまたそんな, うで朱実が, うで松楽館は大, うで林蔵と猪, うで染井からわざ, うで柳原封疆の見当, うで梅干の種, うで正直さうな男, うで正直者らしいうち, うでの振, うで此家の主人, うで此次のにはまだ, うで武家は氣, うで武藝のたしなみ, うでり次第, うで殊に長唄に, うで殺生なこと, うで母親は妾, うでも餘, うで毎晩物干臺, うで氏子一同大喜びで御座います, うで水神と地霊, うで水谷八重子と東宝劇団, うで江島屋鹿右衞門少なからず, うで江戸には親類, うで決して退屈しない, うで泰道さんに頼まれ, うで流石は三宅博士, うで流行作家といふもの, うで清左衞門は全く, うで渡り者らしい強か, うでの量, うで無色無臭實によく, うでうで其の, うで照覧あれは事, うで甚だ覺束ない, うで生一本な性格, うで申分なく用人, うで申譯もございません, うで痛々しいものさへ, うでは笑つて, うで目黒から使, うで直ぐ翌日から, うで直接当将軍家, うで相州さまにとつて, うで相当の豪傑, うでに氣, うで眼鼻立までがつ, うでつ張りあの, うで石花菜を食べる, うで碁盤の目, うで祖父が死んだ, うで禅師は古人, うで私たちには思ひ, うで私どもにはただ, うで秋日和に汗ばんだ, うで穂吉もそれ, うでつぽ, うで窒息してから, うで立樹の間, うで箪笥の中, うで簡單にはわかりません, うでも白粉, うで紅屋の支配人, うで結城左京をはじめ, うで結構なこつちや, うでの上, うで綺麗でどうも, うで羊羹色の紋附, うで美しくはない, うで美女の裸身, うでして, うで肉感的でさ, うで肺部の腫, うで背後から肩, うで脂肪質で眼, うでが仲, うでへ綿, うで臆病らしくて, うで自慢の短刀, うでだけ借り, うで良医が用, うで色々有難う, うで芝居一体に走る, うで若い女子は, うで若旦那が滅多, うで荷役の指図, うで菊五郎の踊り, うで萬葉の感じ, うで蘿月はお, うで蚊帳の中, うでにも匂, うで裏側の浪宅, うで裏門に立ち, うで裸一貫の自分, うで親分がこれ, うで親分さん方に何ん, うで誠に嬉しいと, うでにでも敵意, うで諸書に傳, うで警防団の青年たち, うで豪いな, うでくび, うで身上の爲, うで身動きは出, うで躯幹脚部と上, うで軍人社会では誰, うで辛抱して, うで辨慶の小助, うで近代僧侶気質として私, うで近頃は初物あさり, うで速力を基本, うでを歩き, うで道すがらの御, うで道具に暇どっ, うで道子を見, うで道樂者の半次郎, うでに色, うで遠く水に, うで遺言状がなくなれ, うででも飲まなけれ, うでふといつもそんな, うでにも家, うで金之助も孫三郎, うで釜鍋庖丁一切の名産, うで鈴木の石, うで長い間お, うで関西ではかなり名, うで随分古くから縁籍, うで隣席に一人, うで隨分豆腐屋の茶碗位, うで難儀な搜, うで青木さんの洋行, うで面倒なこと, うで面白くないん, うでは階下, うで頃日箕山さんは蘭軒, うで頭腦のいい, うで頼もしいこんな好い, うでから血, うで之助, うで骨董は親, うで高山線へ乗る, うでの毛, うで鬼婆アの角, うで魚扁に骨張つて, うでが上