青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うつ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

うそ~ ~うた うた~ ~うだ うだ~ ~うち うち~ うっ~ うっかり~ ~うつ
うつ~
うで~ ~うなずいた うに~ うま~ ~うまい うまい~ ~うまく うまく~ うむ~ ~うる

「うつ~」 2264, 24ppm, 4763位

▼ うつかり~ (350, 15.5%)

6 口を 5 さう 3 人に, 物を, 知らずに

2 [16件] あんな事, それを, そんなこと, 出來ない, 口に, 外へ, 彼は, 手を, 斯んな, 昼寝を, 此方が, 氣が, 祝言を, 聲を, 自分の, 賛成は

1 [298件] あなたと, あんなこと, いい気持, いきなり行つたの, おれは, お傍, お前なんかに, お婆さんと, お湯なんかで, お由良, お見, お話し, からかふ, こいつは, この座敷牢, こんなこと, こんな外套, さうし, ずつて居る, その儘云, その名, その小説, その時間, その癖, その罠, それには, それは, そんなもの, そんな嘘, そんな感情, そんな気ぶり, そんな風, そんな馬鹿, づゝと, でもなかつた, と不平, と太郎, と此話, と路易, と雲, と默つて襖, どうも他人, はひる, は縛れません, ひつか, ひつかかる, または戯談, また耳, みつ子は, ものがすつかり, われわれは, ガラス戸を, スタートする, チューブに, 一刻早く, 一番先に, 一目見た, 一足でも, 上海へでも, 上野屋へ, 下駄を, 不動樣を, 不愉快な, 乘せられた, 二人の, 二階へ, 云つてから, 云ふこ, 交渉を, 人などを, 人の, 人物の, 仏蘭西式に, 他の, 他人に, 会社を, 伜の, 何か, 余計な, 係はると, 信心詣り, 信用出来ない, 俺なんぞにか, 側には, 側へも, 傘を, 僕が, 元の, 兄の, 先へ, 先生の, 入つて, 冗談だ, 冗談も, 出任せな, 出動を, 刺身に, 前の, 前刻, 前後の, 勘辨する, 勝負事に, 午砲などに, 卑しい口調, 口へ, 口出しは, 口笛を, 可愛らしい小鳥, 同意する, 吸つた息の, 喋つてし, 喋つてどんな, 喰べ, 四疊半の, 四角張つたことを, 塔に, 外の, 外へも, 夜を, 夜歩きは, 夢でも, 夢中に, 大事な, 大変な, 大金の, 奉公人を, 女に, 女中が, 好奇の, 妻君の, 娘から, 子供に, 安定感を, 客が, 将棋を, 小猫, 常陸へは, 帽子の, 庵崎さんに, 引擦りこん, 役得でも, 彼が, 往来へも, 御安心, 心付けを, 恍惚と, 悪いこと, 悪魔の, 想像した, 懐中へ, 戯談も, 戸なんか, 手でも, 手は, 手も, 手燭を, 手間取つて居る, 批難めいた, 承諾し, 押へ, 押込にでも, 拾つて力を, 指の, 挑戦する, 掌面を, 提灯を, 教師に, 散歩にでも, 敬意を, 敬語でも, 文句を, 新聞も, 日本人などは, 日本人を, 早過ぎ, 時刻を, 最後まで, 月か, 木蔭の, 本所あたりへ, 本文の, 本當, 框際の, 桜を, 歌ひ出し, 正氣みたい, 正直過ぎる, 此處まで, 毒藥を, 気が, 氣を, 水を, 河童の, 油斷し, 油斷を, 治三郎に, 洗濯も, 滑つた口は, 滞在し過ぎる, 火繩を, 無心にも, 無視し, 照子の, 父か, 父は, 片手に, 片手を, 物などを, 現はれる, 現在の, 甞めた, 用ゐた, 用心させる, 町中などを, 町方の, 番頭さんに, 痴川に, 発表した, 皿を, 相槌は, 真似を, 眠つて畢つたので, 眼に, 眼を, 眼鏡を, 神妙に, 禁制を, 私の, 私は, 種を, 空腹の, 笑ふ, 答へて, 約束は, 素姓を, 素晴しく, 素直に, 締め忘れ, 美しい木戸前, 美味さうな, 羽搏きで, 者, 自分から, 自分が, 自分等の, 舌を, 草も, 菊代を, 落第する, 蓴菜の, 蕁麻の, 表の, 袖と, 裏口を, 觸つても, 言つた, 言つたのに, 言つてし, 言つて挨拶し, 言へねえ, 言葉も, 詮索立てを, 話が, 話題にな, 調子に, 變な, 買へ, 賛同し, 贊成しかねない, 跫音を, 転害門を, 軽ん, 返事が, 返事も, 追つ, 逆らふと, 遺失した, 酒の, 酔へ, 金なんか, 金の, 釵を, 錢形平次を, 鐵心道人の, 長きこと, 間違へて, 隱せない, 離れ家へ, 顎を, 顏を, 顔を, 風に, 風邪を, 餘計な, 首を, 騷ぎを, 鸚鵡返しに, 鹿児島乗込の

▼ うつとり~ (197, 8.7%)

16 して 13 とした 9 と, と眼 8 としてゐた 7 とその 6 とする 5 とし, と眺め 4 と塔 3 としてゐる, となり, と目 2 おれの, したやう, した気持, する事, となつ, と今, と耳, と遠く

1 [90件] お耳, きき入, させたの, させます, させる, しすぎたの, しすぎたやう, した, したの, したふり, した人, した少し, した晩, した目, した眼つき, した表情, してなくて, してる時, する, するやう, だか, とあの, といろんな, とうつくしく, とかすめ, とききとれた, とさす, とさせ, とさせた, とさせられる, とさせる, としたうるほひ, として, としてうれ, としてよく, として何でも, として名画, として日, として明けゆく, として立つ, としめり, とそれ, となにもの, となる, とまるで, とみつめる, とみとれ, とハンモツク, と余念, と又, と口, と夢見る, と居眠り, と幸福, と彼女, と心, と月, と朝日, と沖合, と沾, と涙ぐまさう, と珠玉, と睡た, と睡り, と祭壇, と私, と羨望的, と聞い, と聞きとれる, と自分, と見, と見あげ, と見とれ, と見入つた, と見入つて, と見入る, と見守, と見惚れ, と見開い, と視線, と話しつづけた, と軒, と酔う, と野村, と雲, と顏, と首, 和んで, 歩いて, 見入りながら

▼ うつ~ (165, 7.3%)

8 つけの 3 つけと 2 いふの, いふん, ゐた, ゐる, ゐるの, 云ふんだ, 変つたまつかな

1 [140件] あの同期生達, あるかなかな, あるきり, あるの, いい気持, いかにも大勢, いふんぢ, いふんで, いふ問題ぢ, いる, おつ, お巡査さん, お月様, かうお, きつと, くるの, くれた樹明君, くれました, くれるな, くれるの, けがを, さつきこれを, さらさらと, しばらくたつた, しまつ, じたばたしてる, すばらしい提案, それが, それを, つけだ, つけだぞ, つけだよ, つけで, つけ男性, どこまでも, ひつくり返りました, ひとりごとの, ふうだ, ます, まつさ, まはつ, みせました, みなさんお, やつぱり黒点の, ゐたん, ゐて, ゐました, ゐられないので, ゐるあれ, ゐる広い, ゐる店, ゐる父, ゐる群衆, んだ, 一言だけ, 下さい, 下女を, 両方とも, 云つて四人で, 云は, 云ふ, 云ふんぢや, 云ふんです, 代つた自分, 作家として, 來て, 僕の, 兄も, 先生が, 出たいの, 出たが, 去り, 又御, 叫びそれから, 向ふ, 君が, 命がけの, 喜んだ, 囃し立てる, 変つた, 変つたしんみりした, 変つてまた, 多津姉さんとも, 大相腹, 奴さ, 姐さんと, 寢られず, 小河の, 尚流行, 居た旭川, 居る, 居る折, 強いくせ, 悦びますます, 戦を, 拜んだ, 提灯を, 昔に, 會社へ, 朝の, 果樹園の, 殺しぬ, 泣き通し, 生の, 申して, 発表された, 皆な, 私に, 空を, 置くと, 脅かされた, 自ら責め, 花嫁の, 草履や, 菓子を, 蚊帳吊る, 行くと, 街の, 見えを, 見ただけ, 見ても, 見ろ, 言つ, 言ふんだ, 言ふんだらう, 言ふんです, 變つたう, 變つた高調子で, 變つての, 變つて世の中に, 變つて落ちつい, 變つて餘り, 返事を, 進んで, 青々と, 頻りと, 顔を, 驟雨かな, 高く笑, 鳴りつづくので

▼ うつ~ (134, 5.9%)

3 遠くの 2 いうと, した, その中, 南の, 彼は, 打ちつけて, 西の, 音も

1 [115件] あなたの, あの浪人者, いふの, おかあさんは, お先へ, かうなの, かう喉, させて, しくちや, しくつて, したち, した黄色い, しづんで, することさ, するやう, そっと雨戸, そのとたん, ぱらぱら落ち, ほき鼓, またそのまま, まはつ, もう眠っ, よく馴れ, キャラコさんは, スグコイマツテイルとの, ビタミン, 一直線に, 一間だけ, 云うの, 云う恐い, 以前から, 仰向けに, 佐渡が, 來つかん, 依田氏は, 傍の, 僕の, 六ヶ月位たべ通す, 分りませんの, 前から, 前の, 取つて六, 古い異教時代, 同じよう, 向うに, 向うへ, 向ふ, 吸つてみたいわ, 吹く毎, 味方にばかり, 塞りぬ, 壓しつけ, 壓へては, 夢の, 大砲の, 奧へ, 実験室の, 寒けを, 小さかつ, 川下に, 工合が, 己が, 師父なる, 広い, 延ばして, 彼女は, 打ちつけては, 拇指ひとつ鼻に, 明智は, 昔岩手山が, 昼間の, 晴れて, 暗鬼の, 朗らかだ, 木の間を, 松並木が, 森を, 気持が, 汀まで, 泡立つて, 流しこんで, 流れて, 火星兵は, 灰いろ, 玉を, 町の, 白衣の, 秩父の, 立罩めて, 続いて, 続けて, 縁側の, 縁側へ, 見るま, 言ひ下し, 言ふ, 貸家探し, 走つて行つて, 足音も, 蹴散らされて, 通り過ぎた, 遠い処, 遠い向う, 遠くで, 遠く小さく繪, 開こうとも, 間もなく今, 雄弁であり, 電信棒が, 霧が, 飛び去つた, 飛んで, 飲んで, 首を, 騒げなあ

▼ うつかりし~ (77, 3.4%)

14 てゐる 12 てゐた 8 てゐ 4 て居る 2 てゐたら, てゐました, て立止つて

1 [33件] ちやつた, て, ていたら, ていらつ, ている, てこうしの, てそう, てその, てつかんだ, てほか, てまた, てゐられない, てをりました, て一手, て因業, て天, て天子, て少々, て居た, て居ました, て居られやしない, て居りました, て引かれる, て忘れ, て渡船, て百足, て粽, て聞き, て言つたの, て身辺, て陽, て鼬, ながら家

▼ うつかりする~ (66, 2.9%)

4 と人 2 と, とこの, とその, とそれ, とどんな, と自分

1 [50件] とこつち, とこれ, とこんな, とさ, とそんな, とほころび, ともう一度, ともと, とやる, と不在, と仙蔵, と何, と俺, と其の, と博勞, と危く此方, と取り留め, と取返し, と口伝, と命, と大和, と姿, と婚礼, と寝そびれ, と寢, と小さな, と平, と役者, と御新造, と忘恩, と指, と日本, と曲角, と書い, と栄ちやん, と此方, と盃, と知つて, と砂, と神武天皇, と私, と私達, と縁側, と肝心, と船, と見, と起きあがる, と飛んだ, と麺麭, な恐しいよ

▼ うつ~ (56, 2.5%)

5 である 4 家の 3 であった, です 2 かね, だろう, ですか, らしい

1 [33件] か, かしら, が聞こえました, だそう, だった, であるから, であると, でした, でしょうか, といった殺伐, に実弾, はすぐ, はそこ, はそれ, はなかなか, はほのか, はみた, はやめ, はよした, は地, は愉悦, は沈潜, もいる, やの, や福松君, をきい, を半分, を感ずる, 家, 家で, 家福松の, 山辺の, 系統かも

▼ うつちや~ (36, 1.6%)

8 つとい 5 つて 4 つとけ

1 [19件] つたぞ, つちめ, つといち, つとく, つとけい, つとけば, られたとは, られたら尋ねて, られたんでさ, られた時, られちやみじめ, られつちめ, られて, りの, ると, るやう, るん, る事, る権理

▼ うつよう~ (31, 1.4%)

4 にし 3 な音 2 だ, な強い, になる

1 [18件] では, なかっこう, なそんな, なところ, な恰好, な梭, な気ぜわしい, な異臭, な闘争的, にけわしく, にごろりと, にした, にたのんでる, に何時, に縁, に草, に響い, 吸うたつもり

▼ うつすらと~ (30, 1.3%)

1 [30件] した光りを, した紗, たよりない, 向うから, 埃が, 埃の, 夕闇は, 晴れ渡つた, 棚引いて, 水を, 汗ばんで, 汗を, 浮かせて, 濡れて, 烟つ, 煤びて居る, 生えて, 皮膚にの, 目立たぬ程白粉, 眼に, 立ちは, 紅い花, 紅味を, 脂を, 苔づい, 蔽つてゐる, 薄紅い, 薔薇色に, 透けて, 雪が

▼ うつかりした~ (28, 1.2%)

5 ことを 4 ことは, 事は 3 事を 2 真似は 1 お返事, ところには, ものも, ものを, 事が, 手入れも, 拍子に, 浴客は, 言葉の, 間違ひ

▼ うつ~ (27, 1.2%)

4 かずら, 舟 2 ぐさは, 草の

1 [15件] ぐさの, と水, などの伝説型, のブツ切り, の信仰上, の稲田, の群, ばしら, へ行く, 柱に, 源氏物語などとは, 猿, 舟に, 草全く, 草黄碧紫紅入り乱れ

▼ うつもの~ (26, 1.1%)

6 がある 5 があった 2 があります, をもっ

1 [11件] あれば, があるべきだ, がない, が多かっ, が気付かれる, たり得ない, だ, となります, は, はない, は幸い

▼ うつそみ~ (25, 1.1%)

9 の人 2 の世

1 [14件] とあらそふ, にありける, になほ, のいま, のか, の今の, の女人, の脱殻, の親, は隠ろひし, もつま, もよき, をうち, を掩

▼ うつこと~ (24, 1.1%)

2 あり, ができません, はできない

1 [18件] があたかも, さえ避け, だらう, では, にしよう, にする, にはなれ, はできません, はやめ, は商業的, は当分, ばかり教わっ, まで承知, もあつ, もできません, もできる, をあきらめ, を生涯

▼ うつちやつて~ (23, 1.0%)

4 置けば 2 置いて

1 [17件] あるん, おかれたん, おけさ, しまう事, な支那人, はおけなくなる, は置かれ, は置かん, は行きたくなし, ふらりふらりと, も, 居るうち, 置いた方, 置いても, 置くわけ, 置け, 行かうと

▼ うつ伏せ~ (23, 1.0%)

3 になっ 2 になつて, に倒れ, に溝

1 [14件] にし, になつたま, になり, になり動かなくなった, になる, になろう, にベッド, にペ, に倒れた, に地, に寝ました, に寝る, に折れるで, の姿

▼ うつ~ (22, 1.0%)

3 た, たの 2 ている

1 [14件] たかの, たよう, ていく, ていたまう, ていました, ているだろう, てね, ての仕業, てゐます, て困る, て時刻, て来ました, て見えます, て間近

▼ うつ~ (22, 1.0%)

1 [22件] がいくつ, がした, がする, がとおく, がぴしゃ, が更け, が此, が無意味, ききたま, きこえぬ, さえ感じられる, で目, なりという人, にそれ, の, のいそがしく, のきこ, の聞えき, は聞えなかった, は近く, 高く, 高く天

▼ うつ~ (20, 0.9%)

13 りと 1 うたないうち, どちらかに, りすつと, りとして, エ, 分らない, 婆が

▼ うつすり~ (16, 0.7%)

2 と雪

1 [14件] こびりついて, と, といい, とそれ, とよみ, と桃色, と殘, と白粉, と真綿, と私, と見えた, と透い, 曇る水盤, 生えそめた毛

▼ うつつて~ (15, 0.7%)

3 ゐた 2 ゐたの 1 からこの, からやつ, しまつたん, ならん, はゐない, は消え, も昼, ゐます, をりました, 輝きオーケストラ

▼ うつすら~ (13, 0.6%)

1 [13件] した松林, した香り, 写つて居ります, 塵が, 意識し, 明るいだけ, 晴れて, 暗くなる, 染まりながら, 浮んで, 白みかけるが, 白粉を, 覚えて

▼ うつ向け~ (13, 0.6%)

2 にし, に倒れ 1 ています, ている, てさき, てばかりいた, て下, て頸, て髪, になっ, になつておいで

▼ うつ~ (11, 0.5%)

3 の音 2 の逆 1 とびちる飛沫, のうねり, のよう, の碎け, の鼓, は波羅密

▼ うつ~ (10, 0.4%)

1 あれは, ごとき等, ごとく小止み, ごとく月光, どんなこと, なくつて, ドストイェフスキー自身は, 一酔漢の, 作者そのものは, 如く月光

▼ うつばり~ (10, 0.4%)

2 の塵ひとつ, の鼠 1 がミシリミシリ, が新しい, にむかばき, に黄, のたはれ, 走る鼠子

▼ うつ~ (10, 0.4%)

2 と, に聴け 1 かがよ, かにあかる, といろいろ, とする, と送りました, 練り続け

▼ うつ~ (10, 0.4%)

71 だからね, だって人, ですか

▼ うつ向き~ (10, 0.4%)

2 になっ, に落ちた 1 になつて, になつて髮, になり, に落ち始め, に長く, の茶わん

▼ うつ~ (10, 0.4%)

5 も出 1 が居る, だけに見える, もあつ, もあり, もある

▼ うつしみ~ (9, 0.4%)

1 て, に, にあ, のこと, の命, の狂, の現在, は悲し, は現身ゆゑ

▼ うつ~ (9, 0.4%)

2 うしさを 1 うしいほどの, のである, もの, ものだ, 二個の, 仕事でも, 輕い

▼ うつ~ (9, 0.4%)

1 た, ものに, やぶるとも, 全で, 安から, 持て來ら, 数ふる, 海さるにても, 石を

▼ うつ~ (9, 0.4%)

1 がふるえ, が疲れ切った, にそそがせし, はただ, はなかっ, は見えず, をま, を感じ, を挙げ

▼ うつという~ (8, 0.4%)

1 ことじゃ, こととは, ことは, しかけかね, の, 悪党で, 条でも, 風に

▼ うつ~ (8, 0.4%)

3 霰の 1 あられの, 太鼓, 袖も, 鉦皷の, 鳥さへ

▼ うつ~ (8, 0.4%)

3 の音 2 のこまか, のはらはら 1 の音今

▼ うつかり忘れ~ (7, 0.3%)

3 てゐた 1 てし, てしまつ, てしまふ, てゐました

▼ うつ~ (7, 0.3%)

3 たの 1 た, てしまふ, てゐた, て大した

▼ うつため~ (6, 0.3%)

1 である, でした, につねに, にはあまりに, に伊豆, に力走

▼ うつていう~ (6, 0.3%)

1 おつもりかも, ことは, ご相談, のが, わけな, 女中を

▼ うつばかり~ (6, 0.3%)

2 冷たき風 1 そこらの, だつた, でした, な化粧

▼ うつぼつ~ (6, 0.3%)

1 たる不満, たる社会的不満, として句作衝動, として湧き, と眉, の氣

▼ うつやう~ (6, 0.3%)

1 な事, な感じ, な言葉, な過渡的, な香炉, に痛々しい

▼ うつ~ (5, 0.2%)

2 でやむべき, を感じ 1 むがためなり

▼ うつ~ (5, 0.2%)

21 っ, っピストル, 甲斐源氏の

▼ うつたへ~ (5, 0.2%)

1 がある, てゐる, て富岡, にわれ歌, に忘れ

▼ うつつもり~ (5, 0.2%)

1 か, でかなり, でなか, で全く, なの

▼ うつても~ (5, 0.2%)

1 うたれても, ついても, わるくない, 寝つかれなかつた無理, 寝られないあはれ

▼ うつとして~ (5, 0.2%)

1 居ては, 怯気を, 目が, 素早く流し, 過して

▼ うつとは~ (5, 0.2%)

2 いつて 1 おなじ意味, 不届き千万な, 何が

▼ うつ~ (5, 0.2%)

1 まかせては, 五十間位へた, 充分だった, 定つて, 装って

▼ うつ向けた~ (5, 0.2%)

1 ままかしこまっ, まま返辞も, 同じ茶わん, 盥の, 眼に

▼ うつ~ (5, 0.2%)

2 の音 1 の穂, もあわれ, もゆるやか

▼ うつ~ (4, 0.2%)

1 それを, 出されて, 出されても, 出され私

▼ うつそり~ (4, 0.2%)

1 でやつぱり気, として歩い, と立つ, ほんのり

▼ うつたえる~ (4, 0.2%)

1 あらゆる芸術, ものが, 文学を, 要素が

▼ うつたび~ (4, 0.2%)

1 に左腕, に彼, に景気, に白い

▼ うつたり~ (4, 0.2%)

1 した, して, 人きりたり, 硝子を

▼ うつとき~ (4, 0.2%)

2 片脚 1 にはこの, のよう

▼ うつとりする~ (4, 0.2%)

3 やうな 1 のだ

▼ うつには~ (4, 0.2%)

1 二通りの, 意味が, 落ちついて, 都合が

▼ うつ~ (4, 0.2%)

2 そんな子供だまし 1 うつふ, 何といふ

▼ うつふし~ (4, 0.2%)

1 てしまった, になっ, になりたるなり, に伏しましたら

▼ うつ~ (4, 0.2%)

1 うたる, うつぼ, つても, 彼ら平気で

▼ うつ~ (4, 0.2%)

2 人の 1 みよまた, 見る

▼ うつ~ (4, 0.2%)

2 して 1 しに, す

▼ うつかの~ (3, 0.1%)

1 外は, 婆が, 鬼婆の

▼ うつかりと~ (3, 0.1%)

1 お蕗, はじめに, 純造

▼ うつだけ~ (3, 0.1%)

1 だよ, で立ち上ろうとは, 損だ

▼ うつとり蔀戸~ (3, 0.1%)

3 ごしに

▼ うつにも~ (3, 0.1%)

1 其が, 敵の, 若い男

▼ うつので~ (3, 0.1%)

1 あつた, いくども, 知られました

▼ うつリズム~ (3, 0.1%)

1 とがある, とともにはじめて, と同じ

▼ うつ~ (3, 0.1%)

1 は應永頃, も教, をやめ

▼ うつ太鼓~ (3, 0.1%)

1 だってその, の撥音, を雷

▼ うつ~ (3, 0.1%)

1 に外, のよう, の感

▼ うつ~ (3, 0.1%)

1 かな, にはなれなかった, はない

▼ うつ~ (3, 0.1%)

1 の夜, の晩, の武蔵野

▼ うつ~ (3, 0.1%)

2 の音 1 の音冬

▼ うつ~ (3, 0.1%)

2 のまた 1 の声

▼ うつかりかう~ (2, 0.1%)

1 云つて隣室に, 口を

▼ うつかりしてる~ (2, 0.1%)

1 と号令, 隙に

▼ うつかりすれ~ (2, 0.1%)

1 ば両, ば今

▼ うつかりつかまつた~ (2, 0.1%)

2 まま眠

▼ うつかり見る~ (2, 0.1%)

1 と唯, と騙される

▼ うつかり見惚れ~ (2, 0.1%)

1 てしまふ, て私

▼ うつくし~ (2, 0.1%)

1 と静けし, と靜けし

▼ うつしか~ (2, 0.1%)

1 えられる, へられける

▼ うつしけ~ (2, 0.1%)

2 なくも

▼ うつしでございます~ (2, 0.1%)

1 からやはり, よ

▼ うつしなの~ (2, 0.1%)

1 だが, であろう

▼ うつその~ (2, 0.1%)

1 音もめつ, 黄色くなった

▼ うつたへる~ (2, 0.1%)

1 やうな, やうに

▼ うつちやつた譯~ (2, 0.1%)

1 でも二人, なんで

▼ うつちやら~ (2, 0.1%)

1 うと, なくつちやなん

▼ うつちやん~ (2, 0.1%)

1 だ, だな

▼ うつつたの~ (2, 0.1%)

1 はこちら向き, は子供たち

▼ うつづけ~ (2, 0.1%)

1 ざまには, ざま三日よ

▼ うつては~ (2, 0.1%)

1 歌つた, 溜息を

▼ うつとか~ (2, 0.1%)

1 すかに, 日曜の

▼ うつところ~ (2, 0.1%)

1 だよ, を

▼ うつとり乙姫~ (2, 0.1%)

2 のあと

▼ うつとり望見~ (2, 0.1%)

2 して

▼ うつとり見とれる~ (2, 0.1%)

1 ほどの余裕, ほどの餘裕

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 うつて, うつな

▼ うつならうっ~ (2, 0.1%)

1 てみる, てみろ

▼ うつなり~ (2, 0.1%)

1 たまがはの, 月の

▼ うつはず~ (2, 0.1%)

1 である, はない

▼ うつひま~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, もなかっ

▼ うつぷし~ (2, 0.1%)

1 に寝返っ, に泣い

▼ うつまでは~ (2, 0.1%)

1 お前も, 寝つかれなかったが

▼ うつら添~ (2, 0.1%)

1 ひ來, ひ来る荷

▼ うつら離~ (2, 0.1%)

2 りて

▼ うつ一種~ (2, 0.1%)

2 の吸引

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 った半四郎, になり

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ うつ~ (2, 0.1%)

2 や財

▼ うつ場合~ (2, 0.1%)

1 に親指, のごとし

▼ うつ大雨~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ うつ天蛾~ (2, 0.1%)

2 は肉

▼ うつ子ら~ (2, 0.1%)

2 見れば

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 の虚栄心, は束の間

▼ うつ必要~ (2, 0.1%)

1 あり, はあるまい

▼ うつ拍子~ (2, 0.1%)

1 が明, に入り

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 と鑢, の音ただ

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 だ, なやにっこい

▼ うつ~ (2, 0.1%)

2 ならず心

▼ うつ清し~ (2, 0.1%)

2 花朴の木の

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 たるわが, と茂つて

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 伸る, 小川の

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 の墓, の日

▼ うつ~ (2, 0.1%)

1 のどん, をいたずら

▼ うつ霜柱~ (2, 0.1%)

2 しろし此

▼ うつ~ (2, 0.1%)

2 あり

▼1* [398件]

うつひだ彼方見, うつあらゆる冷罵侮辱を, うついざ出社せ, うついとかすかに, うつうちに抜けだし, うつうつろな声, うつおと頻りにきこ, うつお前の頸, うつお茶は冷めたく, うつかと思われつつ, うつかみ相合傘で, うつから飛んだわずらいを, うつからけものは, うつからにゃうぬ, うつかりいひしを得, うつかりかう呟いだひよいと, うつかりしてて, うつかりしとるとそんな, うつかりしないで足下, うつかりだよ眞個, うつかりなくなつたの, うつかりねだると姐さん, うつかりねぼけてしまつて, うつかりのるのは, うつかりゆくがま, うつかり借りた金の, うつかり入らうものなら, うつかり入るのさへ, うつかり出かけるわけにも, うつかり出られないが失敬, うつかり出掛けることも, うつかり動くと耳, うつかり口説かれないぢや, うつかり口走られると命がけ, うつかり叱ることも, うつかり吐いてし, うつかり吹いてし, うつかり吹きだして, うつかり喋ると声, うつかり噛んでしまつたのでそこ, うつかり尋ねて行, うつかり居睡すると否や, うつかり巻きこまれて一人, うつかり帰ると待つ, うつかり引きうけてし, うつかり強がりを言, うつかり忘れたのだ, うつかり恐れ入つたりする, うつかり戯れたらひどい仕返し, うつかり打ちあけられないぞあいつ, うつかり書いて叱られる, うつかり止めさせようとでもすれ, うつかり歩いてゐた, うつかり歩けませんよ, うつかり死ねませんよ, うつかり漏らしたのを, うつかり疑ひの目, うつかり発すると相手, うつかり紛れて此土, うつかり縛るわけにも, うつかり繰り返して了, うつかり置いて來, うつかり置き忘れたことは, うつかり罵つたら君が, うつかり聞き漏らしたのでもう一度, うつかり聞されたら今で, うつかり荒立てるわけにも, うつかり落したのを, うつかり見てゐた, うつかり見れば其時, うつかり見外される虞れ, うつかり見惚れるはずみに, うつかり触らうものなら, うつかり訊いちやつた, うつかり誤つて, うつかり読むと, うつかり読んでしまつたの, うつかり踏み潰して軸, うつかり蹴とばしてこの, うつかり近付きにくいので, うつかり閉めずに置いた, うつかり阿母に, うつかり飛び出したら風邪を, うつかり飛んでもない, うつかり飛んだ事を, うつかり飛出すわけにも, うつかり飛込めねえ早く, うつかり騙されたがあれ, うつかんで見, うつぎともいはれる卯つ木, うつぎやくましでの林を分け, うつぎやばらの大きな藪, うつさは, うつくらしの音, うつくりなくに, うつくるほしさ, うつこうる身は, うつこと相手方となり, うつこの天下の, うつさしたもの, うつしく咲きて, うつしけき百円紙幣を, うつしけるが余り, うつしこまれたように, うつしされるという, うつししている, うつしたての飯櫃, うつしだ通常の読売, うつしとめて置く, うつしなれずじき気どり, うつしぶきも赤かっ, うつしまゐら, うつしも寫した描きも, うつしんなるの, うつじゃないか, うつすらとしか雪の, うつすらとしてゐるの, うつすり化粧した顏, うつすり地の上, うつすり微笑を湛, うつすり日のさした, うつすり白粉を刷, うつそうとする, うつそみのけふいめの, うつそりぢや, うつそりめ何をし, うつそり顔を出した, うつそれが心, うつそ身のうつつ, うつたえ得る場面の, うつたしかに新しい世界, うつたつてかへる, うつたつきも張り合, うつたへどころのない, うつたら無かつ, うつたる兜の, うつたんぢやない, うつやつちまう, うつちふやつか, うつちやつて來るわけ, うつちやつて御国のため, うつちやつて心持のい, うつちやつて手をひく, うつちやつて草と作物, うつちやりつぱなしじやあんまりひどい, うつちやるもんぢや, うつちやツてや聞かう, うつちや何うだ, うつつて幾千の燭火, うつつなげに草, うつづきあいにあたっ, うつづくのだ, うつてかかつた, うつてかはつて一言の, うつてから案の, うつてかわつたいい機嫌, うつての勢ハひとかけ合セにて, うつてへツへ, うつてるこちとら, うつてを諸藩, うつ神の, うつといふ響が, うつとうしさ, うつとうしろの方, うつところ其處には作者, うつとて下部の, うつとも言うたらしく, うつとりさせてゐた, うつとりさせられるやうな, うつとりさせるに相違, うつとりしながら戀, うつとりしようなど, うつとりねむるやうな, うつとり傾聴して, うつとり口をあけ, うつとり思ひ出すやうに, うつとり浸つてゐました, うつとり眺め入つて, うつとり眺めゐるもあり, うつとり見入つてゐたが, うつどうもいやだ, うつどころの段, うつなどの非常手段を, うつなんてそんなこと, うつに対してすつと, うつのにまだ明るい, うつはに盛らずかし, うつはね幕の, うつはは汚なし異, うつばかりになった, うつばり暗澹たる焦熱, うつひとはない, うつひと葉にも涙, うつひな人に交, うつふたあつ三つ, うつふたりはふ, うつふつふ, うつふつふつふ, うつぷして苦悶のため, うつほかに何, うつほどもなく片, うつまで商人は, うつまでも目は, うつまでより添う, うつみたいに平たい, うつむひてゐる女を馬鹿, うつむりのなやましうて夢のやう, うつむろは戸, うつやとんかん, うつゆえんは掘りさげ, うつな父者, うつよりも自分で, うつらうつらといろいろ, うつらうつらぼくは東京, うつらざらん, うつらしてゐた, うつらぼくは東京, うつら心やのん, うつら心地で住めなく, うつら眼になべて, うつら舞ふ髭長, うつら蝶追ふ, うつるるものは, うつ雪の, うつわけじゃア, うつわたくしの欲望, うつをのこの立てる, うつニ力なく又, うつパンチも泣い, うつヒッポトオスを庇, うつファンターの声, うつモルトケの戦法, うつ一事に終生, うつ一人の, うつ頬が, うつ事一百それより背, うつ五分前のところ, うつの心, うつ人物もいる, うつ今日の感想, うつさ可, うつに既に, うつとおなじ, うつ勇気がない, うつ動作が自然, うつの今来, うつひて, うつ向けがちに従っ, うつ向け加減にし, うつ問屋で払った, うつ団扇の, うつつ胆, うつの外, うつ墨縄の, うつがそこここ, うつ夕ぐれの庭, うつ學の, うつ大き太鼓は, うつ大きな活字, うつ大勢の足音, うつ大地の健康, うつ大城の鼓, うつ大学の芝生, うつ大波小波である現実, うつ大海の波, うつ天空のこえ, うつ女性との社会関係, うつ姿が見られた, うつにコーリヤ, うつ安良礼松原住吉の弟日娘, うつあらば, うつ寂寥と孤独, うつ小手しらべに, うつ小雨の音, うつ尻尾の尖, うつ山ざくらかな, うつ川波の音, うつ鋲の, うつの暮, うつ床上の置き時計, うつに一つづつ結節, うつの日車, うつ弾丸にやられ, うつ影法師は, うつ待ちに待った, うつ後肢の鰭, うつの臓, うつ心臓に残っ, うつ思案して, うつ性質のもの, うつ恰好をし, うつ悪魔は思うつぼ, うつ悲しき男を, うつた思ひは, うつに解すれ, うつの響き, うつ感じだった, うつ懐しい着物で, うつるもの, うつ手とり死なむと, うつ手筋を見破る, うつ抜きに抜き, うつ拝む如くに, うつという棒, うつ敵船をさぐっ, うつほとばしり, うつ日頃の智慮, うつ明け方までに厠, うつ明日の兆し, うつのつれづれ, うつ時手前もやっ, うつさ, うつ照る磯, うつたぬしも, うつ朝風に虫籠, うつ未熟な而, うつ柄杓の音, うつ柱時計を見かえりつ, うつも重い, うつ椿ちるうぐひす, うつのひまびま, うつの音, うつ歓喜の調子, うつ気の毒な小鳥たち, うつ気分には働き, うつ気持にはなれます, うつの音, うつ水滴が二人, うつ水禽の啼き, うつ波なだれ落ちたちまち不二, うつ波濤の音, うつ波音に灯, うつ院の, うつ満ち汐の, うつの翁, うつべに足, うつの奔馬達, うつ火映り見れば, うつ為めに十年, うつ牡丹雪の玉, うつ甘酒を作っ, うつも起らないだろう, うつ用意をし, うつ畑打人形は悲しき, うつ百姓のかげ, うつを私, うつ眞際に芥川夫人, うつ真似をし, うつ真実性をもっ, うつ眺め渡した, うつ石峨々として水急, うつ石目一鏨も残り, うつの音, うつの煙, うつ秋濤の響き, うつ立業では鬼ごっこ, うつ童馬追う男, うつのこと, うつがあり得ないであろう, うつ美しい夫人の, うつ習慣ができかかつ, うつ老婆も泣い, うつの子, うつ取坊, うつな砧, うつ芸術性を湛え, うつ荒廃の美, うつ落葉の二片三片, うつ蕎麥のこぼれ, うつの音, うつ外れず然, うつ記号のやう, うつ豪雄のオヂュシュウス, うつ豪雨の物すごい, うつ責め苦の庭, うつの音, うつい雨, うつ迫力を文章, うつを辿っ, うつも今日, うつさえもっ, うつ銘々の心臓, うつ間もなく電鍵から, うつに映れ, うつ集団発狂あり左右, うつの音, うつの下, うつ震動音の響, うつかな, うつ青柳又八郎の剣, うつ青銅のアキルリュウス, うつとも考えまし, うつ音雨のごとし, うつより野遊, うつの如し, うつひありて, うつ高度の精神, うつの向日葵