青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「うけ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~いわれた いわれた~ ~いわれる いわれる~ ~う う~ うい~ ~うえ うえ~ ~うけ
うけ~
~うけた うけた~ ~うし うし~ ~うしろ うす~ うそ~ ~うた うた~ ~うだ

「うけ~」 3330, 33ppm, 3553位

▼ うけ~ (2348, 70.5%)

86 いた 50 いる 36 いるの 21 いたの 20 いて 16 いるよう 15 いたが 14 いること 12 いると 11 ゐた 10 いるところ 7 いるので 6 いたよう, いました, います, いるもの, しまった, 彼は 5 いない, いるから, いるが, いるん, ゐる, キラキラと, 下さい, 来たの, 生きて, 私は

4 [11件] いたこと, いた者, いなかった, いるせい, いるという, いる身, きたの, それを, ゐるの, 出て, 来て

3 [22件] いたから, いたという, いたに, いたので, いたもの, いましたが, いるそう, いるらしい, いる者, おります, ここに, これを, それが, やって, わたしは, ゐて, 一人前の, 何事かと, 光って, 立って, 自分の, 退出した

2 [86件] いかにも明るい, いた名人, いた彼女, いた男, いないし, いないもの, いるお, いるかという, いるかの, いるかも, いるだけ, いるとも, いる人, いる人間, いる女, いる市民, いる私, いる頃, おいでに, おられるの, おる, おれは, かれは, きらきらと, くれた, この地方, これに, これへ, しまつ, すぐに, それからそれ, それでなく, それは, どろりと, やった, ゆるやかに, ゐたの, ゐます, ゐるもの, ゐる者, ギラギラと, 一も, 亡びたるは, 今では, 今日に, 余生を, 公けに, 天下に, 天子と, 如水は, 居るの, 帰って, 帰国し, 後も, 搖れて, 更にそれ, 本気に, 来い, 来たもの, 来ました, 来られたか, 来るので, 次の, 此樣な, 気を, 熱いと, 熱くなった, 甘んじて, 生れて, 生徒に, 神酒を, 私も, 緑酒に, 翻ると, 自分を, 若松町の, 言った, 輝く, 静かに, 非常に, 風に, 風の, 首を, 黒, 黙って, 鼻唄交り遣つ

1 [1682件 抜粋] あさくまとめ, あた, あちらへ, あなたこなた, あのき, あやしの, ありがたく思います, ある令, あわただしくここ, いかなければ, いささかも, いたあの, いたか, いたくない, いたそう, いたと, いたらしい男, いたわけ, いた中原淳一, いた国老, いた小柄, いた武具, いた潜水艦, いた自身番詰め, いた頼房, いった, いつか一派を, いてよ, いないこと, いないらしかった, いなかったから, いますから, いますので, いまの, いよいよ鎌倉, いらっしゃるはず, いられるか, いるうち, いるかげでね, いるし, いるであろう, いるとは, いるはず, いるらしく何, いるイギリス, いるサミユル博士, いる人達, いる今日, いる傷痕, いる医師小島, いる多, いる容赦, いる師弟, いる感銘, いる敬四郎, いる最中, いる査問, いる浜松, いる父親, いる社会, いる箏, いる自分, いる見せ物, いる誤解, いる部分, いる顔つき, いれば, うす赤く娘, おきますから, おったの, おびただしい魏兵, おられるお方, おりそれ, おりますゆえ, おりませんもの, おるであろう, おる身, お叱り, お母さまを, お豊, かおを, かたくなな, きたこと, きたもの, きた血, きながら, きめたもの, くっきりと, くれ, くれたよう, くれないよ, くれる, くれるね, けいしちょうの, こうごうしくかが, ここを, ことの, このよう, この大, この家, この衣, この道場, これは, ござりますれ, さわいで, しかしこの, しかも善用, しずかに, したこと, しまおう, しまふ, すぐさま潜水夫, すばやく板, ずいぶん勉強, そくざに, そのおそろしい, そのたび, そのままお側, その中, その人間, その場, その後継者, その月, その申し, その職, その顔, それから藻, それと, それ以後は, そんな大任, たえられなくなって, たちまち紅蓮, たまたま旧道, だちょうの, ちょこなんとそこ, つい涙ぐみ, ときどきキラッキラッ, どうかなった, どうと, どこかの, どれも, なだれ帰っ, なんとかし, にわかに烏巣, ぬうと, はじめて光, ぱっと金色, ぴかりと光った, ふたたび家庭, ふる, ほの, ほんの一, まあ御, まいりました, まことに気の毒, またも, まっしろな, まっ黒な, まるで黄金, みだれ, もう一, ものうそう, もらいたいもの, やがて正気, やつて, やるに, やろう, ゆく過程, ゆるゆると, よくよく哀れ, より同じく十六年, らんらんと, わしと, わずかに, ゐたが, ゐた見物人達, ゐなかつた, ゐまして, ゐるから, ゐると, ゐるらしく不安, ゐる手紙, ゐる葉, アユの, カバンを, キラッと, クルクルと, スックと, チョビ安を, ニヤリと, ハッと, ブウーンと, ボキリと, モクひろい, 一たんは, 一・二番だった, 一人の, 一座を, 一時は, 一番奥に, 三大区の, 三戸野の, 上海を, 下さいましたので, 下った天子, 不思議な, 世に出た, 世話を, 中国一円を, 中華料理店の, 九時ごろ寝た, 二人きりで, 二代将軍たるの, 云って, 五丈原の, 交際は, 京都へ, 仄かに, 今も, 今夜夜討ちを, 今度行く, 今朝から, 以来それを, 以来夙夜憂歎し, 以来高松から, 伊緒が, 伝六ともども待ちうけ, 何か, 何やら胸, 作品を, 來た, 來る, 侶を, 倒れかかる刹那, 傷き, 僕が, 僧侶の, 元の, 光る冬, 光る笠, 全く崩壊, 全部で, 八時半頃三鷹附近で, 其光が, 内偵に, 凄いよう, 出るの, 出発した, 切歯扼腕に, 別な, 別方面, 剣を, 動いて, 匂ひ, 区々たる, 千草さんに, 半年近く孤城を, 半焼の, 南画の, 単身この, 厚い層, 厳粛な, 参った, 参って, 参上つかまつ, 又原, 古道具屋に, 右眼が, 同じ邸内, 向後百年ある, 呉へ, 周道は, 和睦の, 善きティト, 喰ふ, 団扇を, 国境の, 城中へ, 堀隊の, 夏侯惇は, 夜啼きを, 夜眼にも, 大モウケ, 大得意, 大袈裟な, 天地人三才の, 天皇への, 失神し, 女だけが, 女学生たちは, 始末を, 婀娜な, 存分合戦の, 安治川の, 官軍の, 室内に, 家の, 宿屋に, 寝そべったり, 将軍家に, 導かれて, 小谷を, 尠なから, 居たの, 居た鈴木, 居り重い, 居るん, 屠蘇を, 岡崎城の, 工事を, 帰った, 帰つた, 帰りたいが, 帰国した, 帳場から, 幾つかの, 庭先へ, 弟の, 当日の, 彼の, 後から, 後初めて, 徐州へ, 心には, 忘る, 念仏の, 思ふど, 恐る恐る干す, 悠然と席, 意外な, 愛生じ, 我は, 戦いますにも, 戦陣も, 扈従の, 手兵三千と共に, 扶持人同様に, 押し込まれて, 持ち伝, 捧げ参らす, 支度し, 敗亡また, 数学などの, 斬り死しようと, 旅の, 日常の, 日本に, 日比谷司令官の, 明るい明るい, 明治四年から, 昨年十月召集され, 暗やみの, 更に新, 書類全部を, 最近の, 木村嘉平が, 本来の, 村, 来たから, 来たと, 来た人, 来た外国, 来た甥, 来た自覚, 来ながら, 来られたの, 来る様子, 枇杷すする, 枠ばりの, 棟梁が, 植は, 槍や, 横川勘平が, 正に帰航, 此の, 武田伊那丸との, 歩いて, 死す, 死霊という, 殺したと, 永仁六年三月佐渡に, 汝よく, 江南に, 江戸を, 沈む, 沖ノ島や, 浄光明寺の, 浦上一族は, 淀橋の, 渡邊崋山が, 源三郎は, 滝沢が, 澄太君と, 火と, 燃え全く, 牢舎に, 独り甚だ, 玉井組の, 生きものの, 生れその, 生田の, 田作の, 甲府へ, 町は, 疑わしき諸国, 痛がっ, 発達した, 白く光っ, 白と, 皮膚が, 益, 盲目に, 眉間の, 眩しいその, 眼を, 知られざる哀愁, 硝子庇が, 神経幹が, 私らの, 空しく死ぬ, 立ちたる, 立った黄口, 竦んだ, 米沢の, 紀伊半島の, 素子は, 終に大いに敗れぬ, 絞罪, 緑色に, 罪も, 美濃の, 羽柴方へ, 聳えて, 育ちました, 育てた, 能が, 自責し, 舟は, 芝口辺から, 荊州へ, 葛城山の, 蔵に, 蘇, 血の, 衆の, 行くは, 行った事実, 袖に, 裏切ったこと, 裸体で, 見たかったの, 見事な, 言つた, 調べて, 謂わば, 豊後守は, 貴方の, 赤, 赤面する, 足もとの, 身に, 輝やい, 近くの, 追放され, 透明な, 通りこし, 週末の, 遊ぶ, 遠い開封, 郷里へ, 酔泥れた, 重茲, 金羽さんらんとして, 鈍銀色に, 銀色に, 長短の, 開け見て, 間喜兵衛が, 関興を, 阿彌陀聲が, 陳武が, 陽気に, 隠密として, 電雷常よりも, 霊福極まりない, 静まり返って, 音の, 頭を, 顕治を, 飛んで, 食って, 飽くなき, 馬春堂の, 馬超を, 駿府表より, 高く高くのし, 魏を, 鳴ります, 黄色く乾い, 鼻に

▼ うけながら~ (88, 2.6%)

2 伸子は

1 [86件] いたさい, いっこう朝命, いつまでも, いよいよ神々し, お蝶, かぶりを, さっさと乗り, ざわめいて, しずしずと, しること, じっと私, すでに百里, そこから, その前, その歓待, その為, ただちに忍ガ岡目, ちょっと眉, ついに国会, ともかく停留場, なお泰然自若, にこにこし, ふといい出した, ふと雪代, もうあきらめはてた, やつぱり私は, やわか信長ずれ, ゆくところ, わびた, ストーブを, チンチンチンチンと, 一葉自身が, 九月はじめから, 伊那丸の, 利に, 十四五人の, 却って, 古賀は, 同じ魅入る, 問題の, 埃っぽい, 夕飯を, 夜どおし舟, 天井を, 娘さんの, 孔子の, 寝たい時, 彼は, 彼女は, 微笑を, 心の, 慎一は, 折々笑いました, 新しい感じ, 昨夜の, 沼の, 清高は, 漸蔵主, 片膝, 牛込の, 狭いそれ, 猛之, 甚しく, 甚だしく快活, 発刊の, 秀吉は, 終始一貫里人, 胸に, 胸を, 膝が, 自分だけ, 苦痛を, 裏の, 誠にわがまま千万, 読み終られたこと, 誰にも, 遂に屈伏, 部屋の, 長いこと飾窓, 閉められて, 雄弁に, 青ざめて, 音も, 顏を, 飛んだ失礼, 魚と共に

▼ うけ~ (47, 1.4%)

2 入つて, 行って, 通って

1 [41件] いきました, いろいろの, かかりました, ございまする, して, しどくだみ, する, するの, なって, ならないよう, なられて, なられましたので, なること, ゆく気, イオナに, ホテルへ, 上がりました, 出たの, 出て, 医者の, 參りました, 召上っ, 塩漬鰊を, 岡山の, 座を, 手すきが, 持って, 来たの, 来たのに, 来た唯一, 来て, 来るもの, 来るよう, 行きたいと, 行くそう, 行くという, 行くの, 行ったほう, 見えたの, 通はせる, 運ばれた

▼ うけても~ (43, 1.3%)

1 [43件] あれほどの, い, いい, いいだろう, いる, いるの, お恨み, それは, ただの, ちょッと, なんの, めったに大人, やがては, 亭主と, 今度が, 仕方が, 何でも, 何事も, 先祖の, 六百の, 去就に, 唾を, 嘲笑され, 引受けなかったり, 当分は, 彼は, 心根の, 敗れを, 新任の, 殿の, 泣く運動, 相沢家の, 真の, 経済的に, 結局駄目で, 結構三カ年間, 義理を, 翌日か, 自分が, 自分の, 誰も, 金庫の, 関は

▼ うけ~ (35, 1.1%)

2 いがたい, いません, いませんでした, よかった, わず, われない

1 [23件] あるだろう羊羹, いいし, いいに, いいん, い難, い難い, うべき, えぬと, える生活, さびて, すっかりすりへっ, なんにもない, はれないのに, ひて, よいし, わない, わる, われて, 好かろう, 悪いか, 悪いから, 悪かった, 来たん

▼ うけたり~ (33, 1.0%)

4 して 3 した, したこと 2 すると

1 [21件] おとうさんに, さしたり, したの, したもの, したらやっぱり, した傷兵, しながら, すること, とかく自分, ひとりも, ぴょんと丸太, パイナップルを, 二百円の, 助命され, 口書を, 客座へ, 批評を, 敢て, 自然の, 袁紹, 迷惑を

▼ うけ~ (29, 0.9%)

2 つたのは, つてお

1 [25件] かいきと, つた, つたたよりは, つたのである, つた処女のに, つた多々, つた役, つた暗示の, つた検温器を, つた納経帖を, つた通信は, つていと, つてかいで, つてし, つても, つてやくそくした, つてゐる, つて大分, つて孫の手を, つて帰つたので, つて帰りに, つて形式的に, つて御覧, つて正しく, つて膝の

▼ うけては~ (26, 0.8%)

2 いるが

1 [24件] いたものの, いても, いないの, いないらしく思える, くれずうう, このまま, すまないとは, せっせと双紙, たまりません, つぐという, どうか, ならぬ, ゆめで, ゐるが, 吾, 咒文を, 城外へ, 堪りません, 大変である, 御奉公, 恐縮自身から, 生れて, 紅に, 義経の

▼ うけつつ~ (25, 0.8%)

2 ある, それに

1 [21件] あった, あること, あるところ, ある自分, その傾向, ついに学士会院, わずか三千, クラブの, 一呼吸籠めた, 審理は, 御両人は, 忍んで, 手で, 東京行の, 無理な, 琥珀の, 通学し, 雑草の, 静かに, 頻に, 駕籠の

▼ うけ~ (22, 0.7%)

1 [22件] い, いい大名, して, する大衆文芸, つもりで, ないお茶, ように, よくない, バケツたらいなど, 丸麺麭と, 円髷に, 名称だ, 新講談, 由でございます, 絶えないやう, 草餅を, 菓子など, 菜漬が, 蜜柑も, 話が, 豆せんべいなどを, 香の

▼ うけてから~ (19, 0.6%)

1 [19件] かれは, ここ約, しばらく後, すっかり恐縮, それは, のちの, ぼくは, まだ歳月, もう八, ろうやに, グッと, 万太郎は, 入って, 吉宗は, 客舎に, 後は, 日夜肝胆を, 爾来年中, 足かけ三年

▼ うけその~ (16, 0.5%)

1 [16件] あとで, ために, 一部分を, 上で, 場に, 夫即ち, 懇請に, 指揮下に, 書簡を, 点で, 焦点を, 監視を, 紹介で, 翌日には, 身と, 錯乱した

▼ うけ~ (12, 0.4%)

1 [12件] いい仕事, せず遂に, たされた, なかつた, よい, よかろう, 好かつたの, 如何と, 待遠しいくら, 待遠しいくらい, 教員間の, 聞かなければ

▼ うけ~ (12, 0.4%)

2 だ, ひしは 1 ひました, ひ二十二三, ひ大きな, ひ嫁, ひ日, ひ百兩, ひ盆, ひ首

▼ うけ取り~ (11, 0.3%)

5 に来た 2 て頼家 1 ながら読み, にゆく, に参上, に来ました

▼ うけかた~ (9, 0.3%)

1 が, が東北, ではない, というもの, はし, はちがっ, もむずかしい, わかって, をし

▼ うけそれ~ (9, 0.3%)

1 から二人, が大きく, が実行, が東京, についてまた, によってこころざし, をこの, を無念, を移植

▼ うけまた~ (9, 0.3%)

1 その人, はしなくもその, 一本の, 何かと帝, 使い糜竺, 先生の, 後には, 御諱, 肌着や

▼ うけ~ (9, 0.3%)

1 だね, な唇, な愛くるしい, のよう, の顎, へ入れ, へ血, をし, をちょっと

▼ うけうり~ (8, 0.2%)

2 して 1 でいろいろ, のよう, の偏見, をし, をやっ, を正しく

▼ うけ~ (8, 0.2%)

1 うまいねえ, これに, しない, しないん, しなかつたが, しませんか, 次第に良く, 頗るいい

▼ うけそして~ (7, 0.2%)

1 そのこと, それ以來あなたの, となりの, 収穫の, 義昭の, 肉体を, 食物の

▼ うけての~ (7, 0.2%)

2 よろこびは 1 こと, 代表者は, 溜息だった, 結果から, 話だ

▼ うけとつ~ (7, 0.2%)

41 たが, たの, て私

▼ うけこれ~ (5, 0.2%)

1 だけの時間, にて少し, に応戦, に達する, までお

▼ うけしかも~ (5, 0.2%)

1 それらが, それを, 一軍の, 居住制限によって, 戦争饑饉といった

▼ うけながらも~ (5, 0.2%)

1 その不安, またいく, 女らしいという, 彼が, 珠を

▼ うけ答え~ (5, 0.2%)

1 して, しながら, でないの, は軽快, をした

▼ うけ~ (4, 0.1%)

1 あるじ刑部殿の, ききの, たがい, 綱の

▼ うけてでも~ (4, 0.1%)

1 いたかの, いたよう, いるよう, おるの

▼ うけてと~ (4, 0.1%)

3 長恨歌を 1 うたって

▼ うけ~ (4, 0.1%)

1 する, やって, 狙った媚態露出, 畳の

▼ うけ出し~ (4, 0.1%)

2 の紙 1 に行き, も出来ぬ

▼ うけ~ (4, 0.1%)

2 はらば, ひたるゆゑ

▼ うけ自分~ (4, 0.1%)

1 のうち, の病気, もしずか, も真似

▼ うけ~ (4, 0.1%)

1 におかれ, にも太刀傷, は州, をもっ

▼ うけここ~ (3, 0.1%)

1 に蜀, の寄手, もまだ

▼ うけ~ (3, 0.1%)

1 うたお, うべきそこ, 自分も

▼ うけやがて~ (3, 0.1%)

1 あんない, それに, 生き方が

▼ うけ~ (3, 0.1%)

1 なお気息喘, はもう, は旧師小野忠雄

▼ うけ伯父~ (3, 0.1%)

3 の勝義

▼ うけ工場~ (3, 0.1%)

1 があり, というよう, の小さい

▼ うけいま~ (2, 0.1%)

1 この老骨, なお退却中

▼ うけかつ~ (2, 0.1%)

1 は諒闇, 送ったかに

▼ うけがたく~ (2, 0.1%)

2

▼ うけこの~ (2, 0.1%)

1 国鉄道の, 裾野の

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 ういふ, うだが

▼ うけさて~ (2, 0.1%)

1 こそ大, ようやく久子

▼ うけずし~ (2, 0.1%)

2 て竜燈

▼ うけそう~ (2, 0.1%)

1 だが, だったらずいぶん

▼ うけそのうえ~ (2, 0.1%)

1 帰国し, 投げ縄

▼ うけそれから~ (2, 0.1%)

1 まじまじと, 内地へ

▼ うけたま~ (2, 0.1%)

2 はつて

▼ うけついに~ (2, 0.1%)

1 その水の手, 黙りとおして

▼ うけてからは~ (2, 0.1%)

1 お松は, 一層これ

▼ うけてを~ (2, 0.1%)

1 ります, り外国語

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 ござります, 召食ものといふ

▼ うけでは~ (2, 0.1%)

1 かなはじ, アメリカへ

▼ うけとして~ (2, 0.1%)

2 よばれ候上

▼ うけには~ (2, 0.1%)

2 甘いところ

▼ うけやすく~ (2, 0.1%)

2 します

▼ うけよう~ (2, 0.1%)

1 ではない, にもこの

▼ うけわたし~ (2, 0.1%)

1 するだけ, に生命

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 からは暗, 見ぬ鷲

▼ うけ入れ~ (2, 0.1%)

1 であり女, よ

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 作用を, 汽車の

▼ うけ又一方~ (2, 0.1%)

2 其頃平塚雷鳥女史等の

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 もなき, も幼名

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 を危難, を棄て

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 だが, の高慢

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 で話, のうけ

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 廟の, 革命時代には

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 が, はおととし以来

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 には玄徳, に野戦病院

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 妾腹から, 葬送の

▼ うけ必死~ (2, 0.1%)

1 にうち, の働き

▼ うけ或いは~ (2, 0.1%)

1 功あり, 本領安堵その他の

▼ うけ或は~ (2, 0.1%)

1 切支丹に, 飛箭に

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 なりとて, を分担

▼ うけ易い~ (2, 0.1%)

1 何か, 年頃であった

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 とうけ, とのあいだ

▼ うけ江戸~ (2, 0.1%)

1 のお, よりする

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 の性, は九谷陶

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 はり, ふと否

▼ うけ~ (2, 0.1%)

1 いだ六代目, いだ店

▼ うけ近頃~ (2, 0.1%)

1 ぐん, ではめずらしい

▼ うけ遠く~ (2, 0.1%)

1 大西洋上に, 辺陬の

▼1* [331件]

うけあしきを見, うけあっと思う間もなく, うけあつた, うけあのような, うけあやうい瀬戸ぎわをいくたびも女史に, うけあるいは促進せられ, うけあれ丈しっかりした, うけあわやこの清高, うけいかばかりか嬉しゅう, うけいかめしい辞令書を, うけいささか亮先生に, うけいやで毒々しく, うけおそらくはその協力, うけおまけに解雇, うけお前の女房, うけお父さんはあらゆる, うけお腹にコンニヤク, うけお詫びいたしたが, うけかかる結末を, うけかくて彼, うけがいは平静, うけがわなかった, うけきびしい療養を, うけぐらぐらと大, うけこうした境界, うけこうして罪障の, うけここ数年来寝食を忘れ, うけことに嫂の, うけさらに元気に, うけしかし女としての, うけしどろもどろの浮足, うけすでに彼には, うけそいつも鳴り出す, うけそういう人たちが, うけそこには苛酷, うけその後は転々, うけその後二三の道場, うけその後当時越路太夫と云った, うけその後白鳥会の一員, うけそれぞれ兵隊となり, うけそれぞれ良縁を結ん, うけそんな地位の, うけただちに密談に, うけたとえ一百の, うけたびたび劉皇叔の, うけたまえの損害, うけちゃア立派な, うけっぱなしの笑いかた, うけつい四五日前から, うけつまりは公認, うけてか如来の, うけてからになさいましよ, うけてからも精勤賞を, うけてさう云, うけてしもうた孔明は, うけてなでむかわが, うけてなあわし一人の, うけてにたきも, うけてのみました, うけてやらふとする, うけとことこと橋, うけともいふ, うけともにたのしむ, うけとりあえず外国船に, うけどうしてもそれを, うけどうやらくらしを, うけどのように, うけどれも皆, うけどんな歩きかたを, うけほさうかと, うけにくいもので, うけにへへん, うけのっしのっしと奥殿, うけのっぴきならぬところ, うけはよかつた, うけひまをし, うけまず稲荷を, うけまたはそれとの, うけまっしぐらに彼, うけまったく仰天いたしました, うけまもなく根岸監獄の, うけまるで観戦屋という, うけみな疲れ世, うけみな飽満して, うけもよかつたし, うけやうはない, うけやけこげ最後, うけやすいことだ, うけやっと四五年前に, うける, うけわけても眼は, うけエルンスト・トルラーやカイゼル, うけカッとなり, うけカーチス戦闘機も四機, うけクリスチャンになった, うけケルンでは哲學者, うけゲンコも貰います, うけミソギをうけた, うけ一つの幸い, うけ一ヶ月間昏酔したが, うけ一城の守り, うけ一座はそれ, うけ一心伝道たらずと, うけ一戰にも及ばずし, うけ一時は狂気, うけ一時そちも丹左, うけ一瞬みなわれを忘れた, うけ一緒におさまっ, うけ七年たった昭和十三年, うけ万歳の声, うけ下諏訪付近の混乱, うけ中央アジアで特殊, うけ中条流の一流, うけ久しぶりに男子, うけ乍ら勇猛のユウリュピロス, うけ二代目の後嗣, うけ二十の時, うけ二千四百両からの小判, うけ五ヵ年の間, うけ京都稲荷の神官, うけ人びとと酒, うけ人民は足もと, うけ今日呉の水軍, うけ仔細聞いたばかり, うけ仕事をもらつ, うけ仲間になっ, うけ伊賀の滝川三郎兵衛, うけ会場はどこ, うけの面目, うけ余り遠く古来, うけへとて座頭, うけ候あいだぎょうてんつかまつり, うけの手あて, うけ僚艦の一〇二, うけ児島の城, うけ入れ側も見てくれ, うけ入れ研究して, うけ入院出来るよう, うけ八州を討つ, うけ六月朔日の夜半, うけ兵糧不足と病人, うけ刃物がなく, うけ判事試補にまでなった, うけ利家金森不破の三名, うけ刻限まで寝, うけ前々代からの政治改革, うけ勅使を盤河, うけ勇者のほ, うけ勝ちなのに, うけ勝家なりと名乗っ, うけ半死半生にされ, うけ南部ロシアのウクライナ地方, うけ取り乍ら一言かう言つて, うけ右府様の麾下, うけ県出張所から, うけ同じくこの極楽主義, うけ同君に誘われ, うけ同時に天下へ, うけ同時に大いに初々しい, うけ同月の中旬頃, うけの脣, うけ君臣共にこれ, うけ蒙も, うけ命令を受取っ, うけ国民としての自覚, うけ城内城外この大軍, うけは水引草, うけ外来民特有のねばり強い, うけも明け, うけ夢寐の間, うけ大学を出, うけ大小チョン髷名も二官, うけ大村純忠のため, うけ大田洋子は朝日, うけ天王寺別當にもな, うけ天皇と同じ, うけは寄所, うけの寧子, うけをもっ, うけに従う, うけ完膚なきまでに, うけ宝蔵院流の槍, うけ実に不思議千万な, うけ宣告書を読みあげ, うけ家名にも泥, うけ寿はあちら, うけ小川女史が光田園長救癩四十年, うけ居合を吉川家, うけ山口はなん, うけ山田地方の人々, うけ山越しに連れ, うけ工廠は全滅, うけの手, うけ左のはうんと, うけは大小, うけ広島に入隊, うけ引きはしなかった, うけ弥七郎の帯び, うけを受け, うけ後主の詔, うけ徳川の大, うけをむなし, うけ応えをし, うけ念仏の法門, うけ忽ち五町歩乃至, うけもたえだ, うけ悄然として若い, うけ想像したこと, うけ感泣して, うけ感激のなみ, うけ慶応三年六月十七日第九番目, うけ成都宮の華陽門, うけ戦国中期までの長い, うけ拘置所のぐるり, うけ持ちの年増, うけ掠奪された聖母像, うけ政治演説もし, うけ教育者として活動, うけの敏感, うけ日ごろの知識, うけ日時の指示, うけ旦那寺をも定めたれ, うけ早速に兵, うけ明治三年一家東京に移る, うけ易かったもの, うけ暴動ケンカの元兇, うけ更にあらしで, うけ最も強烈に, うけ最後に眉間, うけ最近には遂に, うけ朝廷に十五万俵, うけ本丸の一棟, うけ本年初頭帰朝の予定, うけ本陣内の青畳, うけ本願寺からながめ, うけ東京へとって返し, うけ東京市深川区から市会議員, うけ東京高裁に控訴, うけ某地へ志す, うけ柴進と相識, うけ校内図書室の神戸市史中, うけ根岸から急い, うけの色, うけ棄教をせまられる, うけの日朝廷, うけ殿中で刺殺され, うけは山巒, うけ永遠きはみなき, うけ汝等をめぐらす, うけ江戸表へまいりまし, うけ沼田の本領, うけ流言蜚語は旺, うけ浪人の牟礼, うけ涕涙再拝して, うけもする, うけ渡しを間違, うけせぬもの, うけの車, うけ燒盡されし日, うけ独立したいから, うけを国恩, うけ甲州の御, うけ男女交際を行い, うけ益々進退の, うけ目下臥床中です, うけ目前明らむ思い, うけ直ちに岸野の, うけ携えて, うけの堅い, うけ破門され故郷, うけに顧みられざりし, うけ秀吉の意, うけ私大の教師, うけ科学というもの, うけ立ち別れた部将たち, うけ童子二名に万, うけ二回に, うけ筋金を入れ, うけへもなく, うけ給候めてたく, うけ絶命して, うけ継ぎ受け継いだ結果, うけ自ら士卒の先頭, うけ自殺を決意, うけ苦患は次, うけ荒唐無稽的となり, うけ莫大な財宝, うけはエオロ, うけ藤堂与右衛門高虎も一隊, うけ血紅のよう, うけ行手の海, うけ袁紹には二度, うけ褒賞を賜わった, うけ西洋料理の御馳走, うけ急の, うけを失っ, うけ記憶のまにまに, うけって呉, うけ試驗を經, うけ詩集や短篇集, うけ詭計にか, うけ諸方の敵方, うけ警察のとりしらべ, うけ警視庁に入れられた, うけ仕事の, うけ賤しき勞にいそ, うけに大袈裟, うけ身一方で待つ, うけ身体がこ, うけ軽らかな息, うけ輿望は早く, うけしめられ芟除, うけ通詞稽古所に通, うけ遂には侵入者, うけ部将土屋昌次は奮戦, うけはれたもの, うけ金沙灘を彼方, うけ有候, うけ雷横以下なおさらブラブラ歩き, うけ非常に落胆, うけ面白く感じた, うけ面目もござらぬ, うけ革命からはなれ, うけ鞭打れ縲絏, うけをはねられ, うけの如く関外, うけの直, うけ鳥原青年とともに艇夫室, うけ鴎外の, うけ黒い血が, うけ鼻血を出した